あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:かき揚げ

久しぶりの小松のご当地グルメ「小松うどん」ネタです。
うどん工房 穂の香

小松市若杉町の「うどん工房 穂の香」。香箱ガニの時期に食べることが出来る「香箱ガニと加賀レンコンのすり流しうどん」が有名で、前回私のブログで紹介しています。

昨年は香箱ガニが不漁で「香箱ガニと加賀レンコンのすり流しうどん」の提供時期が短くて、このシーズンは食べることが出来ませんでした。残念!

行ったのは季節は春、カニは禁漁期間に入ったあとの週末、春の嵐が吹いた3月最後の土曜日です。

我々がお店にいるときも、突風で何かが飛んできたのでしょう?勝手口のガラスが割れるというハプニングがありました。

こんな時期に強い南風が吹くのは、こちらでは珍しいことです。

さて、「うどん工房 穂の香」は小松うどんの認定店で、美味しい小松うどんを食べることが出来ることで人気です。

特にお休みの日のランチタイムなどは混雑していることがあり、注文した品が出されるのに少し時間がかかることもあります。
うどん工房 穂の香 (4)

こちらがお品書き。
うどん工房 穂の香 (3)

こちらも。
うどん工房 穂の香 (2)

小松のうどん屋さんでは蕎麦もやっているところが多いのですが、こちらはうどん専門のようです。

前日に金沢でグルメ三昧をしてきたので、この日のランチは軽めにしようと思い、私は「いなりうどん(715円)」を頼むことに。
うどん工房 穂の香 (9)

白山市のご当地ブランド「白山固どうふ」を使って作られた油揚げが丸ごと1枚入れられていました。
うどん工房 穂の香 (11)

うどんは小松産と国産の小麦粉をオリジナルブレンドした自家製のこだわり。細めのツルッとした食感でしっかりとしたコシも感じられるうどんで、上品な出汁と共に美味しいです。
うどん工房 穂の香 (10)

妻は、お店の名物に「吹き寄せかき揚げうどん」というのがあるようで、そちらを頼んでいました。
うどん工房 穂の香 (6)

かき揚げはビジュアル的にもいい感じで、魚介類と季節野菜がたっぷり入ったボリューム感のあるもの。
うどん工房 穂の香 (8)

供えられていたレモン塩を付けて私も半分食べましたが、揚げ立てサクサクでおいしかったです。人気の一品なのがわかります。
うどん工房 穂の香 (7)

うどんは温かいうどん、釜あげ、ざるの3種類からチョイスできて、妻は温かいうどん、つまり素うどんですね。

小松市のご当地グルメ「小松うどん」の盛り上がりがイマイチな感じもしますが、「うどん工房 穂の香」のようなお店が増えると、もっと活気が出来るのかもしれません。ご馳走様でした。

うどん工房 穂の香
石川県小松市若杉町3-21
TEL 0761-21-9418
11:00~15:00
17:30~20:30
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

うどんの世界では讃岐うどんが世の中を席巻している気がします。

全国どこへ行っても「讃岐うどん」という看板を見かけます。

しかし香川県以外で食べる「讃岐うどん」は、正確には「讃岐風うどん」と呼ぶべきかもしれません。

そんなお店では「エッジが効いている」とか「コシ・弾力がある」などの表現が飛び交っていますが、個人的には博多や大阪の柔らかいうどんが好きです。

さて、今日紹介するのはJR飯田橋駅近くにある人気のうどん居酒屋「雅楽(がらく)」。
雅楽

お昼はランチメニューが人気で順番待ちの列が出来ているようです。

ランチタイムのオープン時間は11:30。私がお店に到着したのは11:45ごろ。この日は1組だけが外で待っていました。ラッキー!?
雅楽 (3)

並んでいる間に、こちらのお品書きを渡されて、オーダーの確認をされました。
雅楽 (2)

外からうどんを打つ場所を見ることが出来ます。

店内はそこそこ広いです。

うどん店ながら、女性客が多い気がしました。

お品書きの中から私が頼んだのは「雅楽のかきあげうどん温(1,100円)」。
雅楽 (4)

出されたのがこちら。

「じゃこ山椒めし」と「サラダ」のどちらか一品を選べましたが、私は「サラダ」をチョイス。これが正解でした。
雅楽 (7)

うどんはシンプルな素うどん。でも、本当にうどんと出汁の美味しさがわかるのは、素うどんです。
雅楽 (8)

ただ、角は丸みがあって表面のコシが強いわけではなく、全体的にもっちりとした食感と弾力がすばらしく、噛み応えがあるうどんで美味しいです。

小麦の風味がダイレクトに伝わりました。

特にこちらのお店では〇〇うどんといった表記はなかったのですが、讃岐系だと思います。
雅楽 (6)

かきあげはしっかりとした衣が付いたものだったので、「じゃこ山椒めし」だと食べきれなかったのではないかと思います。

サイズ的にはそれほどではないのですが、中には海老と玉ねぎが入っていました。こちらも美味しかったです。

このクオリティのうどんを食べさせてくれるところは、それほどないかもしれません。人気なのがわかります。ご馳走様でした。

雅楽(がらく)
東京都千代田区飯田橋3-7-3
 岡田ビル1F
TEL 03-3239-8848
11:30~14:30
17:00~24:00(L.O.23:30)
日曜・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

個人的にはブログでは全国的に名が知れたお店は紹介しないことにしています。

しかし、石川限定とか、季節限定のメニューなどがある場合は、たまに書いたりします。

丸亀製麺
今日は、久しぶりに讃岐うどんの人気店「丸亀製麺 小松店」に行き、季節のメニューを食べてきたので書きたいと思います。

「丸亀製麺」では、打ちたて茹でたての讃岐うどんを食べることができることで人気で、小松店もランチタイムには必ずと言っていいほど行列ができています。

前回からは8年半ぶりほどでしょうか?ずいぶんご無沙汰していました。

今回、久しぶりに行くことにしたわけは、初春から初夏までの季節限定の「あさりうどん」を食べること。

前々から人気のメニューだとは知っていて、妻もこの季節になると食べているのですが、私は初体験でした。

3月のとある日曜日、ちょうどお昼ごろにお店に入りました。
丸亀製麺 (6)

こちらがこの時のメニューでした。
丸亀製麺 (4)

順番待ちは10数名。まぁ、短いほうでしょうか?数分で我々の番が来ました。

私はもちろん「あさりうどん並(630円)」を頼みます。こちらがそうです。
丸亀製麺 (11)

噂に違わず、あさりが山盛りで乗せられていますね。
丸亀製麺 (13)

こちらの写真は食べた後のあさりの殻。何粒入っていたんだろう?

しかし、「丸亀製麺」の「あさりうどん」に使われているあさりは、大粒のぷりぷりの身が特徴ですね。

ただでさえ美味しい出汁に、あさりのエキスが染み出て、さらに美味しくなっている気がします。
丸亀製麺 (12)

うどんのほうも、フレッシュなコシのある麺。並が630円で、このうどんを食べることができるのは、さすがです。

妻は今年の新作「辛辛あさりうどん並(690円)」を頼んでいました。
丸亀製麺 (8)

唐辛子たっぷりの辛口の「あさりうどん」です。
丸亀製麺 (10)

あと我々は、こちらの「ジャンボカニカマ天(税抜155円)」と、
丸亀製麺 (9)

「野菜かき揚げ天(税抜120円)」を食べています。

ブログネタとしては、冒頭書いた通り丸亀製麺は基準外なので、今後紹介することはあまりないと思いますが、「あさりうどん」は、うどん好きな私としては毎年食べに行きたくなるメニューです。

ちなみに「あさりうどん」は6月上旬まで。「辛辛あさりうどん」は4月中旬までやっています。

皆さんも食べていない方は一度食べてみることをお勧めします。ご馳走様でした。

丸亀製麺 小松店
石川県小松市今江町4-49
TEL 0761-22-7444
11:00~22:00(L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

岡山駅近くでサワラ丼を食べさせてくれるお店があるということで行ったらお休みでした。

そこで、食べログで検索して、点数が高かったこちらのお店に行くことに。

前日に讃岐うどんの本場でうどんを食べてきたばかりですが、「セルフうどんいりこ(よし田や 和兵衛)」という名前のうどん屋さんです。

岡山駅の近くにある第一セントラルビルの地下街「グルメアベニュー」の中にあります。
セルフうどんいりこ

お店は「よし田や 和兵衛」という屋号で営業しているので、最初わからずに通り過ぎてしまいました。
セルフうどんいりこ (2)

セルフ営業のお店で、ちょうど12時過ぎだったので混雑していましたね。
セルフうどんいりこ (3)

8~10人ほど順番待ちができていましたので、私も列に並んで何を食べようか、こちらの惣菜が並んでいる棚に目をやりながら進んでいきます。
セルフうどんいりこ (6)

結局、入り口のところに「カレーうどん」のメニューが掲げられていたので、久しぶりに「カレーうどん」にすることにしました。

ただ、入り口に掲げられていたのには、基本のカレーうどん以外に、野菜や牛すじなどのメニューが書いてあったのですが、基本のカレーうどんしかなかったです。

そこで、「カレーうどん小」+野菜かき揚げという組み合わせにしています。

「カレーうどん」以外のうどんを頼んだ場合は、ダシを自分でそそいで、薬味を入れて完成となりますが、「カレーうどん」はお店の人がカレーをかけて渡してくれます。
セルフうどんいりこ (4)

汁がたっぷりの「カレーうどん」。意外とスパイシーでした。

店名が「うどんいりこ」ですが、それほどいりこだしが効いていないようです。
セルフうどんいりこ (5)

うどんを食べていくと、当然、カレーの汁が残ります。本当ならばご飯を投入して締めたほうがいいのでしょうが、炭水化物はなるべく控えたいので、野菜かき揚げを投入してカレーをたっぷり含ませて食べてしまいました。

私が食べている間にも次から次へとお客さんが入ってきます。

回転が速いのですが、食べ終わって出ることには店外にまで順番の列が伸びていました。人気なのですね!?

偶然でしたが、岡山で美味しいうどんが食べられるとは思っていなかったので良かったです。ご馳走様でした。

セルフうどんいりこ(よし田や 和兵衛)
岡山県岡山市北区本町6-36
 第一セントラルビル B1F
TEL 086-234-0078
11:00~16:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

昨年末に久しぶりに四国は香川県に出張がありました。
連絡船うどん (8)

しかし滞在時間は短く、うどんも手短に高松駅構内にある「連絡船うどん店」で済ますことにしました。

13年前に行った時のことはこちらに書いています

ただし、7年ほど前に一旦閉店になっていて、「めりけんや」がそのあとを引き継ぎ、2,014年に「連絡船うどん店」となって再出発しているのです

ちなみに、このお店のすぐ近くに「めりけんや 高松駅前店」もありますね。私のブログではこちらで紹介しています

小松からJRを乗り継いでお昼前に高松駅に到着。

最初実は別なうどん店に行こうと思って向かったら、閉店になっていました。(^^;コロナ禍で閉店になったのかな?

そこで、急遽、高松駅まで戻り「連絡船うどん店」に入ることに。
連絡船うどん (2)

「連絡船うどん店」は、駅構内からも外からも入ることができる便利なお店です。
連絡船うどん (3)

立ち食いのお店ですがセルフではありません。
連絡船うどん (7)

入って食券売機で食券を買い求めます。
連絡船うどん

メニューの種類は少なめ。天ぷらなどのトッピングも別オーダーではなく、あくまでもうどんとセット。天ぷらの種類もかき揚げととり天のみというシンプルな設定でした。

私は「かき揚げうどんの並(税込520円)」を頼みました。
連絡船うどん (4)

食券を渡すとすぐに出されました。早っ!

麺は讃岐うどんらしいモチッとした食べ応えのあるもので、ダシもイリコが効いたものでしたが、いかんせん少しぬるかった。

器を温めてあるとか、湯がく時間を少し長めにするとか、もう少し温かいとうれしかったです。
連絡船うどん (5)

また、うどんは手打ちでしょうか?見た目は機械で打ったような気がしました。
連絡船うどん (6)

一緒に行った人は「とり天うどんの並(税込520円)」です。

こちらのお店もコロナ禍の影響か、前は夜も営業していたのですが、現在は朝からランチタイムだけの営業になっていました。夜食べにくるお客さんは観光客が多いのでしょう?コロナに負けずに頑張ってほしいものです。ご馳走様でした。

連絡船うどん店
香川県高松市浜ノ町1-20
JR高松駅構内
7:15~14:15
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ