あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:おろしそば

今日は4年半ぶりに訪れた山中温泉の蕎麦屋さん「手打蕎麦 だんくら」の紹介です。

前回のことはこちらをご覧ください
だんくら

前に書いたときは「真新しい建屋」と書きましたが、どうも築80年以上の建物を改装したお店のようです。

12:45ごろにお店に到着。店内には一組だけお客様がいらっしゃいました。他の方は食べられてもうお店を出られたようです。
だんくら (7)

お店にはご覧の「越前手打ちそば 池田流 岡本道場 師範 岡本康雄」という看板が掲げられていて誇らしげです。

ここは福井県産の蕎麦粉を石臼で手挽きし、手打ちした越前蕎麦を食べさせてくれます。

だんくら (3)
基本のお蕎麦は「外二」。蕎麦10に対して小麦粉2の割合で打たれています。
だんくら (4)

今回お邪魔したら、メニューに限定5食、それも土・日・祝日限定の「寒〆十割蕎麦」があるということで、まだありますか?とお聞きしたら、ちょうど2人分あるということで、そちらを食べることにしました。「寒〆十割蕎麦」はプラス100円となります。

「寒〆十割蕎麦」とは、丸岡産玄蕎麦を収穫後低温管理して一か月以上雪の中で寝かせ、自然乾燥させた後、石臼で手挽きしている蕎麦のことです。

それだけ手間がかかっているということです。手間がかかった分、蕎麦のうまさが凝縮されるわけで期待大です。

普通、冷水につけてから寒風にさらして乾燥させた「寒ざらし蕎麦」というのがありますが、より寒さにさらされて甘みと風味が増すということなのでしょうね?
だんくら (8)

私はそんな蕎麦粉を使った「おろしとろろそば(950円)」を頼みました。
だんくら (11)

とろろは蕎麦にかけられていて、おろしはつけ汁の中にあらかじめ入れられています。お店の方にぶっかけて食べてくださいと言われたので、その通りにして食べます。
だんくら (13)

まず一口、蕎麦だけで食べます。凄いコシというか弾力・歯ごたえです。

前回食べた外二の蕎麦よりは色が黒っぽかったです。さすがに蕎麦の風味も強いです。
だんくら (12)

あと前回付いていなかった小皿として昆布と椎茸の佃煮が付いていました。
だんくら (15)

そば湯も出されます。
だんくら (9)

妻のほうは「つけとろざる(950円)」です。
だんくら (10)

つけ汁に大根おろしととろろがあらかじめ入れられています。

まぁ私のとの違いは、つけて食べるか、ぶっかけで食べるかの違いです。

2回目の訪問で寒〆十割蕎麦という、また違った魅力を発見でき、美味しくいただけました。ご馳走様でした。

だんくら
石川県加賀市山中温泉中津原町ハ124-6
TEL 090-8094-3187
11:00~16:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先日紹介しました「そば処 大喜」でおろしそばを食べてから向かったお店です。

そば屋さんの場合、往々にして一杯のボリュームが少なめなところがあります。

そのため、2杯食べてお腹的にはちょうど良かったりします。

一方、グルメブログをやっていると、基本休みの日しかネタ探しをできないので、休日一日でいかにネタを多く稼ぐかも重要になってきます。^^;

ということで、この日2軒目のそば屋さんです。
石勝食堂 (10)

「石勝食堂」。こちらのお店は三国の海岸線からほど近いところにあります。

「そば処 大喜」と同じく「越前坂井 辛み蕎麦」メンバーのうちの一軒です。

辛さの指標は「R-12~R-15」ということで「ピリッと辛い~辛い」ということになっていました。

店名に食堂と付いていることからもわかる通り、こちらのお店はそばの専門店ではありません。
石勝食堂 (9)

内部もまさに食堂の趣ですね。
石勝食堂 (3)

うどんやラーメン、丼物などがメニューに載っています。福井のご当地グルメの一つであるソースかつ丼などもメニューにありました。

しかし我々は、初志貫徹で「おろしそば(580円)」を二人とも頼みます。

もっとも、それ以外お腹には入りそうにないということもありましたが。^^;
石勝食堂 (6)

出されたのがこちら。
石勝食堂 (8)

中太のいなかそばで、ツヤがあります。そのためのど越しのいいそばでした。太さはきれいに切り揃えられていました。

コシも強く辛み大根の力強さにも負けない風味でよかったですね。

切れのいいダシでしたが、さすがに辛いので飲み干すことは出来ません。そして、さすがにそばも2杯目を食べるとお腹も満足になったようです。

あと、こちらのお店でも、そば湯はまだ提供できないと言われました。12時頃でしたが残念です。

GW前半の休日でしたが、お客さんは地元の方ばかりのようでしたね。ご馳走様でした。

石勝食堂
福井県坂井市三国町南本町4-11-12
TEL 0776-81-2719
11:30~15:00
17:00~20:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログでも過去何度か紹介してきました福井県坂井市の辛み蕎麦。

今年も折を見て紹介していきたいと思います。
そば処 大喜

今年最初の紹介は港町三国町のお店「そば処 大喜」です。

越前坂井 辛み蕎麦」というご当地グルメを盛り上げるチームみたいなのがあって、こちらのお店もメンバーの一軒。

その名の通り、辛味大根を使用した辛口のダシが特徴のそばです。一般的な「おろしそば」のように大根おろしはかかっていません。ダシの中に絞り汁として溶け込んでいるのです。

「越前坂井 辛み蕎麦」では、そのそばの辛さを映画の年齢制限の指定のような「R+数字」で表記していますが、こちらのお店は「R-12~R-15」ということで「ピリッと辛い~辛い」ということになっていました。

お店自体はそれなりに年季が入っている感じで、ネットの紹介ではお店を始めてから30年ほど経過しているようです。
そば処 大喜 (2)

内部はうどん・そば・丼を出す食堂のような感じで、その通りメニューにはうどんや丼物など色々ありました。そばの専門店ではないのですね。

メニューを見るのもそこそこに、オーダーしたのはもちろん「おろしそば(550円)」です。
そば処 大喜 (4)

あと、私のほうは妻とまったく同じものでは面白くないと思い、こちらの「たぬきおろしそば(600円)」にしてみました。
そば処 大喜 (5)

まずはダシを一口。確かに辛みがすぐに舌にきます。

そばは二八で太めの田舎そば。もちろん手打ちです。
そば処 大喜 (6)

見た目よりはのど越しがとてもいいそばです。コシも強いです。

ダシが辛いので、歯ごたえがある太めのそばを噛みながら食べるとちょうどいい感じです。

そば屋さんの場合、そば一杯あたりのボリュームは少な目です。

丼物とのセットもありかもしれませんが、我々はもう一軒ネタ取得のためにこれで終わりにしました。

ただ、そば湯はまだ提供できないと言わました。お店がオープンしてから時間が経っていないからですが、少し残念でした。

11:20頃に伺ったので、お客様はそれほどいませんでしたが、出るころには何組か店内に入って来られました。人気のお店のようです。ご馳走様でした。

そば処 大喜
福井県坂井市三国町宿48
TEL 0776-81-2016
12:00~15:00
17:00~20:00 19:30くらい(L.O.)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

道の駅シリーズ、今回は鳥越道の駅「一向一揆の里」です。

鳥越と言えば、戦国時代に「百姓の持ちたる国」として一向一揆衆が納めた国として、その城跡があることでも知られています。
鳥越城

鳥越城と、二曲城(ふとげじょう)の二つです。
二曲城跡 (6)

二曲城跡には、山道を10数分登る必要があります。こちらが天守があった場所。小さな山城跡でした。
二曲城跡 (3)

しんどい思いして登りきったあと、見晴らしもいいですよ。
二曲城跡 (5)

しかし、こんなところに大勢の人が詰めていたのかと思うと不思議な感覚でしたね。

本題ではないので、この話題はこの辺でやめますが、道の駅「一向一揆の里」の裏には「一向一揆歴史館」や「農村文化伝承館」などがあり、鳥越の歴史を学ぶことが出来るのでそちらを見学されるのもよろしいかと思います。
道の駅鳥越

直売所の「食彩館せせらぎ」では、地場産の山菜・野菜・お米・とち餅などが揃っていて、私も時々ですが買い求めます。
道の駅鳥越 (2)
道の駅鳥越 (10)

今回は、こちらの瀬戸にある「伝好」出口商店の「おぼろとうふ(350円)」。
道の駅鳥越  (2)

このおぼろ豆腐。少々値段は張りますが、本当に大豆のうま味を感じることが出来る美味しい豆腐です。
道の駅鳥越  (3)

森こんの「手作り玉こんにゃく(465円)」も買い求めました。生芋こんにゃくで、これも美味しいですよ。

両方ともこれまで何度か買い求めています。
道の駅鳥越 (3)

また鳥越はそばの里としても有名です。美味しいそばを食べることが出来る「手打ち そば処」が道の駅「一向一揆の里」に併設されています。
道の駅鳥越 (9)

「手打ち そば処」で、そのそばを食べてきました。

13時少し前にお店に入りましたが、店内は満席。5分ほど待って席に案内されます。
道の駅鳥越 (5)

メニューはこんな感じ。

少しメニューの種類が少なくなったようです。

GWの最初の日だったので混雑していたため。注文したものが出されるまで20分以上待つことになりました。
道の駅鳥越 (6)

私は、こちらの「なめこおろしそば(700円)」です。ぶっかけですね。

そばは鳥越産で自家製粉による手打ちそば。ただ厨房で調理するのは地元のおばちゃんたちでしょうか?
道の駅鳥越 (7)

妻は「おろしそば(500円)」。ワンコインで食べられるのがうれしいです。
道の駅鳥越1

そば湯はそばと一緒に出されました。
道の駅鳥越 (8)

ちなみに、こちらではそば打ち体験もできるようです。

小松からも30分もかからず行けることが出来るので、私も時々利用する道の駅です。人気がありますね。ご馳走様でした。

道の駅「一向一揆の里」
食彩館せせらぎ
石川県白山市出合町甲36
TEL 076-254-2888
4~11月
9:00~16:00
12~3月
9:00~15:00
2~4月は月曜休、他は無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

富山に行くと、お昼に何故かそばを食べることが多いです。

イメージ的には福井もそうなのですが、富山もうどんよりは蕎麦!的な感じでしょうか?

さて、この日も富山でのランチ。伺ったのは「そば処 ほたる」。

こちらでは、「越中八尾おわら風の盆」で有名な八尾で自家栽培している蕎麦の実を石臼で自家挽きした手打ちの蕎麦を食べさせてくれるのです。
そば処 ほたる

神通川の堤防のすぐ脇にお店があって、大きな建物ですぐにわかります。

元は何の飲食店だったのでしょうか?大きな配膳室もあったりして、和食系のお店のようです。ご主人は脱サラで蕎麦のお店をやり始めているようですが、お父さまも飲食店関係の仕事だったらしいので、もしかしたらこちらのお店がそうだったのかもしれません?
そば処 ほたる (6)

中に入ると、織舞ギャラリーがあって、そこで裂き織(パッチワークキルトの一種?)の展示会が催されていました。奥さまのほうが教室をされているようです。

奥に入ると建物の大きさの割には食べるスペースは小さかったです。それにしてもイスとテーブルは食堂みたいですね。^^;
そば処 ほたる (7)

こちらにはスレッドアートという下絵に沿って絹糸をカンバスに貼り付けて描くアートも飾られていました。

営業は蕎麦のお店によくあるお昼のみの営業。
そば処 ほたる (4)

で、お品書きがこちら。
そば処 ほたる (3)

私はテーブルに置かれていた、「本日のおすすめ」と書かれていた「季節の変わりそば2色蕎麦」に目が行きました。

そこには「ふきのとうそば」と書かれていたのです。「ふきのとうそば」というのは食べたことがなかったので即そちらを注文することに。
そば処 ほたる (5)

「ふきのとう」も3月一杯ぐらいまでが季節なので、ちょうど終わりの頃。こちらも八尾産です。

2色ということで、もう1色は普通のざるそばです。

「ふきのとうそば」はそばに練り込んであります。そのため淡い黄緑色をしています。
そば処 ほたる (9)

つけ汁が2つ付いています。「ふきのとうそば」のつけ汁はふきのとう自体で香りづけしているものと思われます。
そば処 ほたる (10)

「ふきのとうそば」からもかすかに香りがするのですが、天ぷらにした時のものよりは少ない香りです。それをカバー?するためにつけ汁にも入れているのかもしれません。

ざるそばのほうも含めて、少し細打ちのそばはのど越しもよく美味しくいただくことが出来ました。
そば処 ほたる (8)

一緒に行った人は、一人は「天ぷら山菜そば(1,200円)」。
そば処 ほたる (11)

もう一人は「おろしそば(900円)」を頼んでいました。
そば処 ほたる (12)

そば湯は、あらかじめポットに入れられて置かれていました。ある意味飲み放題なのでしょうが。これは少し味気ない気がします。

そば自体は美味しくいただけましたし、アートに理解があるオーナーさんだと思うので、食べるエリアのスペース作り、もう少し工夫されてもいいのかと思いました。いらぬおせっかいですみません。ご馳走様でした。

そば処 ほたる
富山県富山市婦中町塚原141-1
TEL 076-465-3200
11:30~15:00
火曜,第2・4日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ