あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:おばんざい

私のブログで埼玉県のお店を紹介するのは今回初めてです。なぜかこれまでご縁がありませんでした。

埼玉県は移動ではしょっちゅう通るところですが、経由するばかりで、宿泊は他のエリアですることが多かったからです。

今回は仕事で大宮に出張があり、珍しく大宮駅近くのホテルで宿泊しました。

しかし、さいたま市へは金沢から北陸新幹線のかがやきで2時間強。小松からも2時間半ほどで大宮駅に到着します。北陸新幹線のおかげでずいぶん便利になったものです。

今回、その日の仕事を終え、ホテルにチェックイン。その後、事前に予約を入れてあったこちらのお店「点ス(ともす)」に仲間と一緒に食事をしに行きました。
大宮駅

ちょうど関東地方が大雪だった日で、大宮駅前も雪国の様相です。

雪も降り続いている中、何とかお店に到着しました。
点ス

道路に面したところはビニールで囲われていて、中が丸見えです。真冬は外に面した側は寒そうですね。

お店の名前は「点ス」。これで「ともす」と呼ばせます。変わった店名です。

お店のウリは、毎日、金沢漁港から直送で日本海の海の幸を取り寄せていること。今回、こちらのお店を選んだ理由もそこにあります。

お店は炉端焼きと居酒屋を足したような感じで、気軽に入ることが出来るお店です。
点ス (28)

中に入ると、コの字の大きなカウンターがあって、その中は炉端焼きの調理場になっていました。
点ス (5)

奥にはテーブル席があり、我々はそちらの方に案内されました。

メニューの種類も豊富で、変わったネーミングのものもありました。

では、食べたものを紹介していきます。
点ス (3)

お通しは「湯葉刺し」。湯葉がお通しで出されるのは珍しいですね。
点ス (2)

乾杯のビールは「ASAHIエクストラコールド」。

余談ですが、この「エクストラコールド」を頼む時いつも思うのですが、ビールがキンキンに冷えているのに、なぜグラスのほうをもっと冷やしておかないのか!?ということです。すぐに普通の生ビールのようになってしまうからです。

さて、食べたものを紹介していきます。
点ス (8)

まず頼んだのは、こちらの「おばんざいお任せ3種盛り(714円)」です。煮物3種は「ロールキャベツ」「大根とタコの柔らか煮」「ナスの煮びたし」。

これがなかなか美味しかったです。タコも柔らかくて、他のもダシがしゅんでいてよかったです。
点ス (9)

海鮮サラダだったかな?も頼みました。魚介たっぷりでした。
点ス (10)

金沢漁港直送をウリにしている「本日の刺盛3種盛り(1,200円)」は、カンパチ、マグロの赤身とトロ、生タコ、イクラ。
点ス (14)

そして海苔と酢飯が添えられていて、手巻き寿司としても楽しむことが出来る配慮がされています。

しかし、この内容では金沢漁港から直送されたものは少ない気がしますね……。
点ス (13)
点ス (15)

「だし巻き玉子(609円)」はふわふわで上品な味付け。オーダーを受けてから作りはじめます。

あと、お店の名物の「生削り節のおひたし(399円)」も頼んでみました。
点ス (18)

その場でかつお節を削ってかけてくれます。今の時代、インスタ映えする演出も大事ですよね。
点ス (20)

削りたてかつお節の香りがします。かつお節だけでもおつまみになります。そしておひたしと一緒に食べるとおひたしのダシとかつおのうま味がプラスされ、より美味しくなります。

この削り節はかつお節専門問屋の「丸眞」のものだそうです。
点ス (11)

こちらはあん肝です。ポン酢をかけて食べますが、はやり濃厚な味でした。
点ス (12)

こちらは「れんこんとエビの挟み揚げ」。あら塩で食べます。
点ス (23)

あと、炉端焼きのメニューも頼んでみました。と言ってもこちらの「大しゃもじつくね」のみですが。^^;
点ス (26)

ハリのある黄身をかけて食べると、より濃厚なうまみを感じることが出来ました。
点ス (17)

飲み物のほうは、生ビールの後は、私はハイボール。

他の人は、日本酒を色々頼んでいました。茨城の「来福」や新潟の「たかちよ」、栃木の「仙禽」、青森の「陸奥 八仙」などです。私は今回日本酒は一口も飲みませんでした。

以上、飲み食いして一人5,000円強。大体思った通りのお値段でした。

この日は大雪の日で、お客さんもそれほどいなかったのでわかりませんが、普段は賑わっているお店なのだろうと感じるとることが出来ました。ご馳走様でした。

点ス(ともす)
埼玉県さいたま市大宮区仲町1-33-4
 逸志ビル1F
TEL 048-643-6801
月~土17:0~25:00(L.O.24:30)
日・祝17:00~23:00(L.O.22:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松の人気の中華料理店「餃子の勝ちゃん」。

その前にあるのが、今日紹介します「旬菜 まつ村」です。
まつ村 (12)

私も5年半ほど前に一度行っていますが、その時は軽く飲み食いした感じでした。

今回は、妻が不在だったため、珍しく出張帰りに一人で訪れました。

ご主人は東京のチェーン店のお店で修業。その後、金沢の老舗「つば甚」で働いてから独立し、今のお店を出しています。

「つば甚」には私は行ったことがありませんが、毎年、建築家の「家楽舎木田さんのお花見で「つば甚」の弟さん、鍔さんとご一緒させていただいています。

さて、店構えも立派で、店内はカウンター席が6席ほどと小上がりに堀ごたつ式の4人掛けの座卓席があります。
まつ村 (4)

後ろにはお庭も見える落ち着いた空間で、一人で行っても落ち着いて飲食が出来る空間です。

奥さまとお二人でお店を切り盛りされているので、大勢の団体さんの予約は受けられないとのことでした。ある程度の人数んの場合は貸切にすると話されていました。

そして先付けやお通しがないのも、お店によっては時々肉が出されることがあるので、個人的にはそのほうがうれしいです。
まつ村

その代わりに、カウンターの上に並んでいるおばんざい料理から何品か頼むシステムです。
まつ村 (3)

その他のお品書きはこんな感じで、それほど多くの種類があるわけではありませんが、手に入ったその日の旬の食材を中心に季節ごとに調理法を変えて出してくれるようです。
まつ村 (5)

私は、まずはこちらの「水菜と舞茸のからし和え」。生ビールはエビス。
まつ村 (6)

からしの風味でほんのりとした辛さでした。水菜もシャキッとしていてよかったです。

そして「ブリ大根」を頼みます。
まつ村 (7)

ブリ大根は、大根に煮込み汁をブリの旨みが染みこんでいて、この色合いです、しゅんでいます。美味しいです。

「はす蒸し」も頼みます。
まつ村 (9)

「はす蒸し」は私の好きな一品です。上品なうす味の餡でダシが蕪に染みていて、こちらもいい塩梅でした。
まつ村 (10)

最後にもう一品。カウンターの上に置かれていた椎茸、能美産だということでしたが、これを焼いてもらうことにしました。

酢橘を絞り、ポン酢につけて食べます。

焼いたときに旨み成分であるグアニル酸やグルタミン酸がたっぷり出て美味しいですね。
まつ村 (8)

お酒を生ビールの後、ハイボールを2杯のんで締めて5千円弱。安心して楽しめるお店ですね。ご馳走様でした。

旬菜 まつ村
石川県小松市土居原町395-1
0761-23-0208
17:00~
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私もよく利用する片山津の「かぼちゃ村」。

ここには、今日久しぶりの紹介になります「おばんざい今昔 いちごいちえ」をはじめ、欧風居酒屋料理の「ラ・ヴィーヴ」、村カフェの「アレ・コレ」などの飲食店のほか、ケーキや焼菓子の「ア・ポワン」や「moku moku」というソフトクリームを売っているお店などがあります。

どこも人気のお店で、お休みの日には予約が必要なほど賑わっているお店もあります。

これらのお店を率いているのは、(有)トラントの渡辺代表。しばらくお会いしていませんが、色々なところでご活躍されています。
いちごいちえ (20)

さて、今日紹介します「おばんざい今昔 いちごいちえ」には、これまでは休日にしか行ったことがありませんでした。ちなみに前回は4年半前に来ています。基本、居酒屋ですがランチ時も営業しています。
いちごいちえ (2)

この日、午後に通院のため、その前にランチを食べに行きました。お店に伺うのは4年半ぶり。平日に行くとなれば、平日限定の「よくばり御膳(1,000円+税)」を食べてみたいと前から思っていました。
いちごいちえ

夏の暑い日の12時半ごろにお店に入ります。店名への思いがご覧の通り掲げられています。
いちごいちえ (6)

お店は2階にあり、一人の私はカウンター席に通されました。店内は半分くらいの入りです。
いちごいちえ (10)

一応、メニューにひと通り目を通します。「よくばり御膳」以外のランチメニューは、こんな感じです。

海老と旬菜の天婦羅御膳(1,280円+税)
七種おかずの昼ご飯(1,380円+税)
海鮮丼 御膳(1,480円+税)
朝採れ地元鮮魚のお造り御膳(1,680円+税)
牛フィレグリル御膳(1,680円+税)
加賀 漁火(いさりび)御膳(2,180円+税)
和牛ステーキとお造里の一期一膳(2,280円+税)

少し高めかもしれませんが、内容は量・質とも満足できる感じでした。

私が頼んだ「よくばり御膳」は週替わりメニューになっていて、この週は、今週の主菜が「ベーコンとチーズのポテトコロッケ たっぷりオーロラソースで」。そして、「本日の小鉢二種」「茶碗蒸し」「炊き込みご飯または白ご飯※この日の炊き込みご飯は高菜漬けとツナの炊き込みごはん」「香物」「味噌汁」という内容です。
いちごいちえ (13)

それほど時間がかからずに出されたのがこちら。充実した内容です(入荷状況により内容が変更になる場合があるそうです)。
いちごいちえ (19)

主菜の「ベーコンとチーズのポテトコロッケ」には、別添えのオーロラソースをかけて食べます。サラダもたっぷり添えられているのがうれしいですね。

揚げ立てホクホクのゴロリじゃがいもは、いい食感で美味しかったです。

「茶碗蒸し」には海老や鶏肉、ギンナンなどの具材もしっかり入っていました。
いちごいちえ (16)

小鉢の和え物も美味しかったです。
いちごいちえ (15)

「高菜漬けとツナの炊き込みごはん」も、いい塩梅で高菜の味がしみて美味しかったです。ごはんはおかわり可能でしたが、この量だけでも十分というか多いくらい?私は少し残してしまいました。
いちごいちえ (17)

平日限定ですが、「よくばり御膳」はコスパも良く、内容や味にも満足できるランチでした。

さすがに長い間人気のお店です。ランチでも妥協がない感じがしました。ご馳走様でした。

おばんざい今昔 いちごいちえ
石川県加賀市片山津温泉丁12-1 かぼちゃ村ビル
TEL 0761-74-8564
11:30~14:30(L.O.)
18:00~24:00(L.O.23:00)
火曜休(カレンダー次第で変更有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京に仕事で行った時、ランチに何を食べようか迷うことがあります。

色々なお店があり過ぎることも理由の一つですが、チョイスの基本「安い!早い!美味い!」ということで少しでもいいお店に行きたいからです。

そんな条件で選んでいくと、時間が限られるランチ時には麺類やカレーというのが大きな選択肢になってきます。

ただ、暑い時期は汁物は少し敬遠しがちで、特にラーメンは夏の時期は対象外にしています。^^;

さて、今日紹介する「カレーと食菜の店 ベル」は、カレーの専門店ではありません。

しかし、カレーの専門店にも負けないカレーが食べられることで人気のお店のようなので行ってみることにしました。
カレーと食菜の店 ベル

雑居ビルの2階にお店はあります。

階段の上り口にメニューが掲示されていました。そして、上部にテント地の看板?を見る限り、相当年季があるお店のようです。
カレーと食菜の店 ベル (5)

2階に上がると、カウンター席のみの小さなお店で、カウンターの中ではご年配のお母さんと、お母さんより少しお若く見える男性の方お二人で切り盛りしていました。
カレーと食菜の店 ベル (2)

メニューを見ると「お母さんの味 行列のできるメニュー」と書かれています。内容的には「午後から元気が出る煮物定食」や「明日も元気になるお魚定食」「癖になる絶品カレーライス」などと、食べたくなるようなキャッチコピーが付いた品々が並んでいました。
カレーと食菜の店 ベル (8)

私は、その中から「1/2カレーライスと煮物盛り合わせ(850円)」を選ぶことに。

こちらのお店のウリは、メニューからもわかる通りカレーライスと煮物であり、このメニューならその両方を味わえることができるからです。

それに個人的には、炭水化物をがっちり取りたくないという意図もあったからです。

カウンターにはおばんざいが並んでいます。ウリの煮物中心ですね。
カレーと食菜の店 ベル (4)

私の1/2カレーライスがこちら。
カレーと食菜の店 ベル (6)

そして、一緒に行った人が頼んだ「癖になる絶品カレーライス」がこちらです。

写真では、大きさの違いがわかりませんね……?^^;

それほど辛くないカレーですが、野菜の旨みが溶け込んでいて、とろみというか粘度も適度にあって、どこか懐かしい味と言いますか、まさに家庭のカレーの味という評価が適切です。

確かに癖になるかもしれません。

あと「1/2カレーライスと煮物盛り合わせ」に付いている煮物盛り合わせがこちらです。
カレーと食菜の店 ベル (3)

野菜と高野豆腐、がんもどき、ひじきの煮物で、少し小さめのお皿でしたが山盛りに盛られています。味のほうは、まさに「お母さんの味」という感じでしたが、少し私にとっては濃いめの味でした。
カレーと食菜の店 ベル (7)

具だくさんの味噌汁が付いています。豆腐やわかめなどがたっぷり入っていました。

1/2カレーライスと煮物盛り合わせと具だくさんの味噌汁で、お腹はかなり満腹になりました。

「安い!早い!美味い!」というチョイスの基本通りのお店でした。たまには、こんな家庭の味を楽しめるお店でランチもいいですね。ご馳走様でした。

カレーと食菜の店 ベル
東京都千代田区飯田橋2-4-1 2階
TEL 03-3263-6398
11:30~14:00/17:30~20:30
土曜、日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ