あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:おでん

大阪に泊りがけの出張に行くと、これまでは大体、心斎橋近辺で宿泊するのですが、今回初めて阿倍野のホテルに宿泊することにしました。

仕事を終えて、一緒に行った人と軽く一杯することにしました。

行ったのはJR天王寺駅の駅ビル「天王寺MIOプラザ館」のM2F「エキうえスタンド」にある「酒処つかさ」。

ここは梅田で人気の「わすれな草」という居酒屋グループが初めて天王寺に出したお店です。「わすれな草」には肥後橋にあるときから私も行っていて、移転後のお店はこちらで紹介しています

また同じ系列の「酒場やまと」という、こちらも人気のお店についても、こちらで紹介しています
酒処つかさ (2)

外観は昔懐かしい昭和の匂いのするお店ですね。

大阪はまん延防止措置が出される3日ほど前でしたが、すでに飲食店の客足は遠のいていました。

こちらのお店はコロナ禍前は、連日行列ができるお店としても知られていますが、夜の19時少し前というゴールデンタイムにも関わらず、予約なく伺いましたがすんなりとケーブル席に座ることが出来ました。
酒処つかさ (7)

テーブル間にはビニールの仕切りが天井から下げられています。
酒処つかさ (3)

表に出されていたお品書き。
酒処つかさ (4)

こちらも。良心的な値段です。

店内はそれほど広くはないのですが、普通であれば25名以上座れる席がありました。

我々2人が入った時は半分ぐらいしか埋まっていませんでした。人気のお店でも影響はありますね。
酒処つかさ (5)

まずは生ビールで乾杯です。
酒処つかさ (6)

まず頼んだのは、すぐ出てくると予想しての「おでん盛り合わせ(748円)」。

シュンだ大根、玉子、糸こんにゃく、焼き豆腐、牛すじという内容でした。シュンでいて美味しかったです。
酒処つかさ (9)

「串カツ」は、エビ(165円)2尾、玉ねぎ(132円)、ちくわチーズ(165円)。もちろん揚げたて。
酒処つかさ (13)

一緒に行った人が頼んだ串焼き。私は食べていません。
酒処つかさ (18)

こちらは「激辛チョリソ(528円)」。激辛と書かれていましたが、それほどではなかったです。
酒処つかさ (16)

「真イワシ塩焼(418円)」は大きなイワシが一匹丸ごとワタまでそのままで塩焼きにされていました。
酒処つかさ (10)

あと「チャンジャ(418円)」と、
酒処つかさ (12)

「白身魚の梅しそ揚げ(638円)」も頼んでいます。
酒処つかさ (14)

生ビールのあと頼んだアルコールは、日本酒がこちら。
酒処つかさ (15)

最後は角ハイボールで締めています。

ちなみに、お店のウリとして1日1匹限定で幻の魚と言われる高級魚クエを捌いているようですが、今回は頼みませんでした。

以上を飲み食いして。一人3,600円ほど。コスパ的にも味的にも満足。さすが人気の居酒屋グループのお店だけありました。ご馳走様でした。

酒処つかさ
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-48
 天王寺MIOプラザ館 M2F
TEL 06-6777-1808
11:00~23:00(L.O.26:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

大阪の堀江といえば、インテリアや家具、ファッションなど色々おしゃれなお店が立ち並ぶエリアです。

私が大阪に住んでいた時も何度か足を運びました。

今回宿泊したホテルが堀江エリアに比較的近かったので、堀江の北のほうにある居酒屋に行くことにしました。

「たこ焼きとおでん 石橋」という、こちらは株式会社SASAYAホールディングスというところがやっている居酒屋です。

こちらに行こうと思った理由は、もちろん久しぶりに大阪の粉物を食べたかったこと。そして、浅利出汁のおでんが食べられるといったことからでした。

阪神高速の四ツ橋料金所のそば。地下鉄の四ツ橋駅からもすぐ近くです。
たこ焼きとおでん 石橋 (2)

外観は、居酒屋風情満点。

営業時間は朝の4時まで!宣言解除で元に戻ったのでしょうね。
たこ焼きとおでん 石橋 (11)

店内に入ると、昔の民家を改装したような感じでした。ロフトの席もあるようでした。
たこ焼きとおでん 石橋 (7)

お品書きです。
たこ焼きとおでん 石橋 (5)

たこ焼きメニュー。
たこ焼きとおでん 石橋 (6)

おでんメニューです。
たこ焼きとおでん 石橋 (4)

「お店の楽しみ方」なんてのも、ありました。

初回なのと我々は2人だったので、基本、これに従って頼んでみることに。
たこ焼きとおでん 石橋 (10)

まずは生ビールです。

お通しは、うずらの卵でした。おでんかな?珍しいお通しです。

そして、「おでん五種盛り合わせ(1,386円)」。
たこ焼きとおでん 石橋 (14)

最初、2つオーダーしようとしたら、量が多いので1つで十分ではないですか?とお店の方が言ってくれたので、そのようにしたら、確かにそうでした。

自家製の練り物と牛すじ、シュンだ大根、コンニャク、そしてあさりがたっぷり。

浅利出汁は、おでん種として大量に入っているからなのでしょう。美味しいです。
たこ焼きとおでん 石橋 (12)

これは「塩だれきゅうり(418円)」。

酒のアテにいい。

こちらは、お店の楽しみ方に書かれていた「水蛸ポンズ(748円)」。
たこ焼きとおでん 石橋 (16)

大ぶりのたこが使われていますね。吸盤が大きいです。

たこを頼むと、時々固くてなかなか噛めないものが出されることがあるのですが、こちらのはそうではなく、適度な弾力でした。

締めはもちろんたこ焼きです。

おすすめの「しお」と「出汁」を頼みます。
たこ焼きとおでん 石橋 (19)

「しお」は自家製のゆず塩。

さっぱりとした、たこ焼き本来の味を楽しむことが出来ます。
たこ焼きとおでん 石橋 (18)

「出汁」はおでんの出汁で食べるたこ焼きで、あさりの出汁がいい仕事しています。

残念ながら「お店の楽しみ方」に書かれていたあさりかけ飯は、お腹が満腹になってきたので頼みませんでした。
たこ焼きとおでん 石橋 (15)

生ビールの後に頼んだアルコールは「メガハイボール(858円)」。
たこ焼きとおでん 石橋 (17)

そして「デュワーズハイボール(550円)」です。

以上を飲み食いして、一人4,200円ほど。まずまずのコスパでした。

おでんとタコ焼き以外にもおすすめメニューが色々あったのですが、今回は食べることが出来なかったのが残念です。ご馳走様でした

たこ焼きとおでん 石橋
大阪府大阪市西区北堀江1-1-3
 四ツ橋日生ビル別館 1F
TEL 050-5571-9555
11:30~翌4:00(L.O.3:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

静岡に出張は久しぶりでした。

静岡県といえば、太平洋に面していて、新鮮な魚介が水揚げされる港が多いことで知られています。

水揚げ高でいえば、キハダマグロやカツオ、あとサクラエビなども日本一で知られています。

あと、個人的には生シラスを長い期間食べることが出来るのがうれしいですね。

今回、静岡市へ朝から移動。午前中の仕事を終えて一人でランチを食べることに。

静岡駅まで戻って、駅のアスティの中の飲食店街で取ることにしました。

静岡名物は色々ありますが、やはり海の幸を食べましょう!
海ぼうず (3)

チョイスしたのは「海ぼうず アスティ店」。

「海ぼうず」については本店に8年前に一度行ったことがあります

静岡のご当地グルメを色々楽しめるお店で満足した記憶があります。

さて、アスティ店も人気のお店で、お昼時でしたが緊急事態宣言が解除されて間もないころだったので、観光客や出張のビジネス客が少なかったからか、それほど混雑していませんでした。
海ぼうず (4)

店内は感染対策もしっかりされていました。
海ぼうず (6)

オーダーはこちらの端末で行います。
海ぼうず

ランチメニューです。静岡グルメのランチメニューが色々ありました。
海ぼうず (7)

静岡では、生シラスを食べたい欲求が強かったのと、マグロも有名なので、その両方を楽しむことが出来る「まぐろしらす丼(990円)」を頼むことにしました。

生シラスについては用宗港が有名ですが、表に出ていたメニューには「生」の表記があったのですが、端末メニューにはなぜか書かれていません。
海ぼうず (13)

出されたのがこちら。
海ぼうず (14)

しらすは生姜醤油で、マグロはワサビ醤油で食べます。

あと、鈴岡と言えば「静岡おでん」がご当地グルメとして知られています。
海ぼうず (10)

その中でも「黒はんぺん(130円)」が有名。そちらを単品で頼みました。

青魚が材料の「黒はんぺん」は、食感も白いはんぺんに比べて、多少ざらつき感がありますが、小骨まで材料にしているので体にはいいでしょう。
海ぼうず (12)

こちらのかつおぶしの粉をかけて食べました。久しぶりの静岡おでん。懐かしい味でした。

本当は夕食時に行って、酒を飲みながら、静岡おでんと生しらすを楽しみたかったのですが、この日の夕方に大阪に移動していまったので、次回にのお楽しみということです。ご馳走様でした。

海ぼうず アスティ店
静岡県静岡市葵区黒金町4
 ASTY静岡東館
TEL 054-202-1500
月~土
11:00~23:00(L.O.22:30)
日・祝
11:00~22:00(L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日から愛知県がまん延防止等重点措置が適用されました

この内容は、先月名古屋に出張があったときに行った内容です。

一昨日「チカ酒場のり」というお店を紹介しました。

今日も、同じ名古屋伏見地下街にあるお店を紹介したいと思います。
酒津屋 伏見店

い「酒津屋 伏見店」という名前のお店で、栄にある「森の地下街」内にある老舗の大衆食堂「酒津屋」の姉妹店です。

今回は仲間3名でお邪魔しました。

通路に4人掛けのテーブル席があったのですが、この「伏見地下街」の通路自体には冷房がなく暑かったので、店内のカウンター席に並んで座りました。
酒津屋 伏見店 (4)

お品書きです。
酒津屋 伏見店 (5)

こちらも。
酒津屋 伏見店 (3)

そして、こちらのお店のせんべろセットです。3つの種類があって、どれもなかなかお得な設定です。

我々はオーソドックスな「せんべろセット(1,000円)」を頼むことに。

前に紹介した「チカ酒場のり」では、税抜き千円でしたが、こちらのお店のせんべろセットは正真正銘税込み千円ぽっきり。素晴らしいです。

9種類の中から3種類選べるおつまみと、名物のエビカツ、そして枝豆とドリンク一杯付いています。
酒津屋 伏見店 (6)

ドリンクの生ビールと枝豆。
酒津屋 伏見店 (9)

おつまみは、私は玉ねぎ串・揚餃子・新生姜。

こちらはエビカツ。
酒津屋 伏見店 (7)

揚げ物は揚げ立てで美味しかったです。特にエビカツは名物と言われているだけあって美味しかったです。
酒津屋 伏見店 (8)

こちらは一緒に行った2人のおつまみです。
酒津屋 伏見店 (11)

あと頼んだのが、「牛スジどて煮(490円)」と、

みそおでんの大根と玉子(各130円)。
酒津屋 伏見店 (12)

味噌文化の名古屋のおでんはもちろん味噌味のおでん!足がシュンでいました。普通のおでんよりも酒が進みます。
酒津屋 伏見店 (13)

そして「手作りポテトサラダ(380円)」です。

あと、他の人もおでんやサバの煮込みなど頼んでいましたが写真は写していません。
酒津屋 伏見店 (10)

生ビールのあとのアルコール、私はデュワーズのハイボール(350円)を2杯飲んでいます。

以上飲み食いして、締めて6,700円ほど。コスパ的にも素晴らしいですね。おすすめです。ご馳走様でした。

酒津屋 伏見店
愛知県名古屋市中区錦2-13-24
 伏見地下街TEL 052-231-9277
月~金
11:00~23:00(L.O.22:30)
土・日・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

金沢で久しぶりにうどんを食べてきました。

金沢市兼六園周辺文化の森に10月25日移転開館した「国立工芸館」に行く前のランチ。

母を連れて行ったので車で移動。そのため「国立工芸館」の近くで駐車場があり、かつ柔らかい食べ物といった条件に合ったのが、「うどん割烹 どんすき 本店」だったわけです。
どんすき (2)

こちらは「兼六園」の小立野口からすぐ近く。景観にマッチするよう倉作りの店構えです。
どんすき

お店の前には大きなサンプルケースがありました。

先祖代々四国にて製粉業を営んでいた家系だそうで、先代の時に金沢に移住。この地にうどん屋を開業されています。
どんすき (4)

店内は広く、1階と2階、1階は我々が座ったテーブル席に、こちらは小上がりの席。各席には鍋用のコンロが設置されています。2階は座敷があるようです。

人気のお店で、いいお天気の土曜日だったのですが、11:45には満席になっていました。

お品書きです。
どんすき (5)

こちらは小松の中佐中店のような「うどん鍋」が有名なようで、お品書きにも色々な種類がありました。
どんすき (6)

定食や一品料理も充実していますね。

私は最初「うどん鍋」にしようかな?と思ったのですが、意外と具に肉が入っているのが多かったので、お店の前にサンプルが出ていた「ランチ定食(税込980円)」を頼むことにしました。
どんすき (12)

もっとも、こちらにも鶏のから揚げが付いているので、こちらは妻の胃袋へ!
どんすき (15)

ちなみに日替わりと書いてありますが、刺身と鶏のから揚げは一年中同じ定番メニューだそうで、この日おでんだった惣菜のところのみが日によって違うようです。
どんすき (13)

うどんは自家製でしょうか?塩は本場讃岐より取り寄せているようです。食べてみると、少し太めでもちっとした食感。確かに讃岐と石川のうどんの中間のような食感ですね。
どんすき (16)

出汁に欠かせない昆布・鰹節・いりこも讃岐から取り寄せているほどのこだわりで、汁も美味しいですね。
どんすき (14)

ご飯はかやくご飯でした。
どんすき (9)

妻は「酒(ささ)うどん鍋」。酒好きだけあります。

「地元酒蔵より仕入れる、山廃仕込みの酒粕」を使用した汁で煮込んだうどん鍋。汁は粕汁そのものです。でも地元酒蔵とはどこなのでしょう…?

私も少し食べましたが、確かに個性的なうどん鍋で美味しかったです。
どんすき (10)

母は「天ぷら鍋」を食べています。
どんすき (11)

うどんと長ネギが入れられた鍋と、天ぷらは別々で出されます。

天ぷらは揚げ立てなのでそのまま食べてもok。
どんすき (18)

天ぷらを鍋に投入して煮込んで食べていました。

値段も手ごろで、地元だけではなく兼六園などの周辺観光地を訪れた観光客にも人気なのでしょう?おすすめのお店でした。ご馳走様でした。

うどん割烹 どんすき 本店
石川県金沢市石引4-2-1
TEL 076-231-0441
11:00~21:00
隔週火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ