あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:うなぎ

「福喜寿司」といえば「つるぎ福喜寿司」を思い浮かべる人が多いかもしれません。

また、私のブログで紹介したことがある「まっとう 福喜寿司」というお店もあります。

ちなみに「まっとう 福喜寿司」のご主人は「つるぎ福喜寿司」で働いていた方が独立して作られたお店です。

そして今日紹介するのが能美市の「福喜寿司」なのです。

これら3軒は資本的なつながりはありません。

残念ながら事故で亡くなられた「つるぎ福喜寿司」の先代のご主人と、能美市の「福喜寿司」のご主人が同期で、お二人とも金沢にあった「福喜寿司(現在の香林坊東急スクエア裏)」で兄弟弟子として修業されていたようです。

さて、こちらの「福喜寿司」のご主人は能登出身で、いまは息子さんが跡継ぎで一緒に切り盛りされていました。
福喜寿司

お店は能美根上駅からも近い場所にあります。立派な造りです。
福喜寿司 (5)

伺ったのは1月のとある日曜日のお昼。お店の前の駐車場は1台分のみ空いていて後は満車。これは一杯か!?と思い店内に入ると、団体のお客様がいらっしゃったようで、カウンター席や小上がりの席は誰もお客さんがいませんでした。
福喜寿司 (4)

お店自体は、加賀地方の昔ながらの寿司店のように、割烹を兼ねたようなお店で、寿司だけではなく色々な料理を楽しめるお店になっています。
福喜寿司 (3)

ランチメニューは、基本は普通のにぎり(税別1,600円)と上にぎり(税別2,700円)、そして盛り合わせ寿しと上盛り合わせ寿し(税別2,400円)の4種。

我々は上にぎりを頼んだつもりでしたが、お勘定のときに値段を確認すると上盛り合わせ寿しが出されたようです。

でも結果的には上盛り合わせ寿しでも満足でした。
福喜寿司 (8)

まず出されたのはこちらの4貫。甘えび、ヒラメ、イカ、中トロ。
福喜寿司 (9)

続いてカニとうなぎ。
福喜寿司 (11)

軍艦でウニとイクラ。
福喜寿司 (12)

最後に細巻で、うなきゅうとエビ明太だったかな?
福喜寿司 (10)

きのこと豆腐のすまし汁が付いていました。

基本的には、この地で昔から出されている握り寿司でネタ的にもオーソドックスなものばかりでしたが、逆にそれが安心できました。

カウンター席でご主人とも色々お話しながら食べることが出来て、家族経営ってこともあってアットホームな雰囲気のお店でしたね!ご馳走様でした。

福喜寿司
石川県能美市大成町リ-96-1
TEK 0761-55-1166
11:30~14:00
17:00~23:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は浜松で宿泊したビジネスホテルの朝食を紹介します。

今回は「リッチモンドホテル浜松」に宿泊しました。
リッチモンドホテル浜松 (6)

リッチモンドホテルグループは全国にホテルを展開していて、各地のホテルでは朝食に、ご当地グルメのメニューを積極的に取り入れているところが多くあります。

今回宿泊した「リッチモンドホテル浜松」は、浜松駅からは少し離れた場所にありますが、繁華街に近く、浜松城公園にも歩いて5分くらいとビジネスにも観光にも便利なホテルです。

比較的大きなホテルで、1階の朝食会場も広いスペースがありました。朝は6:30から営業しているのもうれしいです。

浜松はご当地グルメが多い場所で、うなぎと餃子が代表格。そのほかにも粉物の遠州焼きなどあります。
リッチモンドホテル浜松

朝食はビュッフェスタイルで、特徴は浜松のご当地グルメが色々楽しめること。そして品数も多く和・洋・中と楽しめる構成になっています。
リッチモンドホテル浜松 (2)

写真のピントがあっていませんね。すみません。

色々食べたいものがありましたが、私はこんなものを取ってきました。
リッチモンドホテル浜松 (4)

いつも通りの野菜中心です。
リッチモンドホテル浜松 (3)

最近は炭水化物は極力とらないようにしているのですが、うなぎご飯は欠かせないでしょう?^^;

野菜系のお惣菜も色々揃っていました。

浜松餃子は、昨晩食べたので1個のみ。^^;

手作り豆腐も美味しかったです。
リッチモンドホテル浜松 (5)

あとは、こちらのヨーグルトにオレンジ、そしてドリンクです。

バイキングはついつい取りすぎて食べ過ぎてしまうことが多く注意が必要です。^^;

糧食の料金は宿泊者が1,200円でしたが、内容・味とも満足できる朝食でした。ご馳走様でした。

リッチモンドホテル浜松
静岡県浜松市中区元城町218-1
TEL 053-450-5575
6:30~10:00(9:45最終入店)
大人1,200円(宿泊者以外は大人1,500円)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

浜松のグルメといえば、うなぎと餃子が有名です。

我々の年代だと、「うなぎ=浜松」のイメージが強く、うなぎの生産量も静岡が日本一ではないかと思われている人が多いと思いますが、実は日本で一番うなぎの生産量が多いのは鹿児島県なのです。静岡県は第4位です。

しかしながら、過去の栄光?うなぎ屋さんの軒数については、静岡県、特に浜松市が一番なのです。

そして特徴的なのは、浜松は日本の中間点あたりなので、関東風、関西風、両方のお店が市内に混在しているという点。なかなか面白いですね。


そこで今日紹介します「うなぎの佳川」は関東風のうなぎを食べさせてくれるお店です。

関東風のうなぎの特徴は、一度蒸すという工程が入ることによって「外はカリっと中はふんわり」と仕上がるのです。
うなぎの佳川

「うなぎの佳川」は、いわゆる大箱のお店で郊外型の和食レストランのような建物で目立ちます。
うなぎの佳川 (4)

店内も仕切りで囲われたテーブル席が多く、グループや家族連れの方をターゲットにしているようで、ゆったりと食事が出来るスペースが確保されていました。
うなぎの佳川 (2)

お品書きです。
うなぎの佳川 (3)

うなぎ以外にも定食や御膳のセットメニューがありました。

我々は「うな重(2,600円税別)」を頼むことに。
うなぎの佳川 (5)

「うな重」はうなぎ一切半使われています。ちなみに「上」は1尾使われています。
うなぎの佳川 (6)

国産うなぎにこだわっていて、そして焼き方にも特徴があります。(もっとも、こちらのお店に限らず浜松のうなぎ屋さんでは、浜松産うなぎと謳えないところは辛いかも?)

溶岩石焼という溶岩石を熱して、その遠赤外線で焼くことによって、関東風の特徴である「外はカリっと中はふんわり」を、より強く感じさせてくれるように仕上げているのです。

タレも、創業40年を越える間、継ぎ足しているようです。

食べてみると、確かに「外はカリっと中はふんわり」と仕上っていましたが、でも浜松に来て食べた甲斐があったと思わせてくれるほどではなかったです。言ってみれば無難な味だったかもしれません。^^;

小鉢・吸物・漬物が付いていました。
うなぎの佳川 (7)

吸物は肝が入っていました。

今年以降もうなぎの稚魚、しらすの漁獲高が厳しいのが続くと言われています。だんだんと庶民の手の届かないところに行ってしま「うなぎ」でしょうか……?寂しいですね。ご馳走様でした。

うなぎの佳川
静岡県浜松市中区船越町53-4
TEL 053-464-5300 
月~土
ランチ11:30~14:30
ディナー17:00~20:30
日・祭日
11:30~20:30
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

春本番を迎えて、里だけではなく山の方も暖かくなってきました。

そんな陽気に誘われて、久しぶりに山中温泉まで足を延ばしました。
明月楼 (23)

伺ったのは山中温泉の観光名所の一つ「こおろぎ橋」のすぐ近くにある「料亭 明月楼」です。
明月楼 (22)

私は初めて入るお店です。何せ料亭ですからね。そんなに行けるわけがない!?

こちらのお店は夜利用すると、会席料理が基本でそれなりに料金がかかります。でもランチは意外にお手頃な値段で美味しい鰻料理を楽しむことが出来るのです。

前までは近くにある「離れ」のほうで鰻のランチを楽しめたのですが、いまは「離れ」のほうはクローズ?しています。
明月楼 (2)

で、この日は本館でいただきました。

何せ料亭なので、お部屋がたくさんあります。ランチといえどもその座敷で取るわけで贅沢な気持ちにさせてくれます。
明月楼 (6)

我々が通された部屋は鶴仙峡を眺めることが出来る鶴仙の間。眼下に緑と大聖寺川を眺めながら食べることが出来ます。

ところで私は、鰻の専門店にはあまり行きません。よってブログでもあまり登場しません。理由は絶滅危惧種にも指定されたニホンウナギを保護するため!というのはウソで、高いからです。^^;

色々な味を楽しむためには少々お高くても行くのですが、単品ではもったいない?と思うからでしょうか…。
明月楼

ランチのお品書きはこんな感じ。

その中から私は「鰻まぶし(税サ込3,560円)」を頼みました。
明月楼 (13)

出されたのがこちら。名古屋のご当地グルメ「ひつまぶし」はお櫃に入れられていますが、こちらではうな重の入れ物です。うなぎの切り方もよりざっくりした切り方でした。

粉にした木の芽山椒が添えれれているのも料亭らしいです。
明月楼 (18)

そして薬味です。
明月楼 (19)

作法?の通り、まず最初はそのままで食べ、
明月楼 (20)

2杯目は薬味を乗せて。
明月楼 (21)

3杯目は出汁をかけて食べます。

鰻は国産鰻を生簀に泳がせて余分な脂を抜いています。焼き方は関西風で、蒸さずに焼かれていて、香ばしさが残っています。皮もしっかりとした感じで食感が残っていました。

明月楼 (16)
また「鰻まぶし」なのでタレはそれほど濃いめに塗っているわけではありません。

こちらのお店の出汁は、カツオと昆布の出汁と、加賀市打越産の煎茶がミックスされたものを使用していて、ほのかな煎茶の香りとカツオと昆布のうま味が仲良くケンカせずに、また、うなぎの香ばしい香りを邪魔せず美味しい出汁になっていました。美味しかったです。

妻は「うな丼(上)3,240円(税サ込)」。
明月楼 (14)

特上が1尾使い、上は3分の2ですね。並は半尾でしょうか?ご飯の中にも鰻が隠れていました。

見た目ですが「鰻まぶし」のよりもしっかり焼かれていてタレも厚く塗られている感じでした。
明月楼 (17)

肝吸と漬け物が付いています。

妻も美味しかったと言っていました。

鰻の専門店に行って食べるのもいいですが、広いお部屋でいい景色を眺めながらゆったりとした気分で鰻を食べるというのもオツなものだと思います。皆さんもいかがでしょうか?

ランチは部屋代もかからないのもありがたいです。ただ、お店と駐車場が少し離れていますので注意が必要です。ご馳走様でした。

料亭 明月楼
石川県加賀市山中温泉下谷町ロ1-1
TEL 0761-78-0103
ランチ11:00~14:00
ディナー17:00~22:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昔の小松の旦那衆は粋でした。

夜な夜な街に繰り出しては、美味しい酒と肴に舌鼓を打っていました。

そんないい時代があったからこそ、小松の街中には今も割烹や会席、料亭が街のいたるところにあるのです。
割烹つか1さ

さて、そんなお店の中の一軒である「割烹つかさ」。創業してから50年弱経過している老舗です。昨年の初めにランチでお邪魔して、一度ブログでも紹介したことがあります

今回は、会社の仲間と夜飲み会でお邪魔したので紹介したいと思います。

ディナーでの利用で2階のお座敷の部屋でしたが、今の時代は畳の上に座卓ではなく、テーブルにイスというセッティングになっています。

現代人は長時間畳の上に座ることが苦痛になってきたのでしょうね?

今回、コース料理でお願いしています。8品出されました。なお、コース料理は4,000円からとなっています。

では、出されたものを順番に紹介していきます。
割烹つかさ

「先付け」です。枝豆、とうもろこし、鴨肉、海老唐揚げと野菜の煮物。
割烹つかさ (2)

「刺身」は、甘えび、イカ、サワラ、ヒラメ。一般的な内容ですね。
割烹つかさ (3)

「椀物」はしんじょうのおすまし。上品なお味です。
割烹つかさ (4)

「焼き物」は鮭。
割烹つかさ (5)

もう一品ローストビーフも出されました。
割烹つかさ (6)

「蒸し物」は、もち米と豆?を団子にして蒸しあげたものに、うすめの餡がかけられています。
割烹つかさ (8)

「揚げ物」は天ぷら。アスパラ、白魚、かき揚げなど。
割烹つかさ (9)

最後に出された「酢の物」は「うなきゅう」でした。

今回のコースはご飯ものとデザートはなしでお願いしました。そして量より質重視ということもお願いしてあって、一品の量も少な目。個人的にはこんな感じがうれしいです。
割烹つかさ (7)

アルコールは最初は全員生ビールで乾杯。その後、私はハイボール。他の人は焼酎の水割りや日本酒は神泉の生酒を飲んだり、福井の黒龍を飲んだりしました。

以上飲み食いして、締めて一人7,500円ほど。少し飲みすぎだったのかもしれません。^^; ご馳走様でした。

割烹つかさ
石川県小松市東町34-1
TEL 0761-22-0934
11:30~14:00
16:00~22:30(L.O22:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ