あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

タグ:うなぎ

昔の小松の旦那衆は粋でした。

夜な夜な街に繰り出しては、美味しい酒と肴に舌鼓を打っていました。

そんないい時代があったからこそ、小松の街中には今も割烹や会席、料亭が街のいたるところにあるのです。
割烹つか1さ

さて、そんなお店の中の一軒である「割烹つかさ」。創業してから50年弱経過している老舗です。昨年の初めにランチでお邪魔して、一度ブログでも紹介したことがあります

今回は、会社の仲間と夜飲み会でお邪魔したので紹介したいと思います。

ディナーでの利用で2階のお座敷の部屋でしたが、今の時代は畳の上に座卓ではなく、テーブルにイスというセッティングになっています。

現代人は長時間畳の上に座ることが苦痛になってきたのでしょうね?

今回、コース料理でお願いしています。8品出されました。なお、コース料理は4,000円からとなっています。

では、出されたものを順番に紹介していきます。
割烹つかさ

「先付け」です。枝豆、とうもろこし、鴨肉、海老唐揚げと野菜の煮物。
割烹つかさ (2)

「刺身」は、甘えび、イカ、サワラ、ヒラメ。一般的な内容ですね。
割烹つかさ (3)

「椀物」はしんじょうのおすまし。上品なお味です。
割烹つかさ (4)

「焼き物」は鮭。
割烹つかさ (5)

もう一品ローストビーフも出されました。
割烹つかさ (6)

「蒸し物」は、もち米と豆?を団子にして蒸しあげたものに、うすめの餡がかけられています。
割烹つかさ (8)

「揚げ物」は天ぷら。アスパラ、白魚、かき揚げなど。
割烹つかさ (9)

最後に出された「酢の物」は「うなきゅう」でした。

今回のコースはご飯ものとデザートはなしでお願いしました。そして量より質重視ということもお願いしてあって、一品の量も少な目。個人的にはこんな感じがうれしいです。
割烹つかさ (7)

アルコールは最初は全員生ビールで乾杯。その後、私はハイボール。他の人は焼酎の水割りや日本酒は神泉の生酒を飲んだり、福井の黒龍を飲んだりしました。

以上飲み食いして、締めて一人7,500円ほど。少し飲みすぎだったのかもしれません。^^; ご馳走様でした。

割烹つかさ
石川県小松市東町34-1
TEL 0761-22-0934
11:30~14:00
16:00~22:30(L.O22:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お盆のときは飲食店はどこへ行っても混雑しています。

お盆には休みのお店も多いので、やっているところにお客さんが集中してしまい、家族みんなで食べに行くときなど苦労することもあります。
海天すし (19)

そんなお盆のとある日。ちょうどお墓参りに行ったときに、そのままみんなで夕飯を食べるために「海天すし」にお邪魔してきました。ここは我が家でも、テイクアウトの寿司を買って家で食べたりすることがある回転寿司なのです。

混むのはわかっていたので、17時過ぎという早目の時間に到着。この時間だったらすぐにボックス席に案内されました。

この後、17:30には順番待ちが出来て18時前には店内の待つための椅子が満杯になるほどでした。読みは当たりました。

こちらのお店、昔は、土日でもこのような順番待ちは見たことがあったのですが、最近では、これほどの順番待ちが出来るのはGWとお盆、正月のとき以外はあまり見なくなりました。

私のブログでは「海天すし 小松平面店」については、4年7か月前に紹介しています

また、小松南店についても今年初めに行っています

寿司自体は江戸前の仕事をしているわけでありませんが、ネタの新鮮さと高級ネタの品揃えが豊富でお値段的にもリーズナブル。好きな回転寿司店です。
海天すし (11)

ネタの種類も豊富で、店内の黒板には当日限定のおすすめ品が書かれています。

今回は、寿司を多く頼むより、私と妻のほうはつまみ系のものを頼んで飲むパターン。母と娘は握り中心で頼むという使い方です。

食べたものすべて写真を写したわけではありませんが、食べたものを紹介したいと思います。
海天すし

まずは生ビールを頼み、備え付けの用紙にオーダーを書き込んでお店の人に渡します。

普段あまり食べることがないものを中心に頼むことにしました。
海天すし (5)

まずは野菜からで「グリーンサラダ(298円)」。ドレッシングも添えられていました。
海天すし (2)

これは「活あわびの刺身(598円)」です。この大きさだったらあわびと呼んでいいものかな??^^;
海天すし (7)

「カキフライ(358円)」は揚げ立てでサクッとしていました。
海天すし (3)

「おつまみ穴子(598円)」も頼んでみました。寿司ネタ用ですね?それほど脂が乗っているわけではありません。
海天すし (9)

この後、私は焼酎を。妻は日本酒を頼みます。「獺祭(998円)」と何だったかな?
海天すし (14)

そして握りに移ります。まず頼んだのはボタンエビです。大きなボタンエビでした。値段は398円で安いです。妻と母も同じく頼んでいました。

このボタンエビは一貫のみの値段で、あとは一皿を頼んで妻と二人で一貫ずつ食べました。
海天すし (18)

こちらは「かすご(298円)」。「かすご」は「春子」と書きます。本鯛の稚魚のことで、その名の通り春の時期に産まれた小鯛です。小鯛を軽く酢でしめてあります。
海天すし (10)

「能登ふぐ昆布締め(398円)」はポン酢でさっぱりと食べます。
海天すし (15)

「はもあぶり(358円)」もさっぱり系です。
海天すし (17)

「あゆ塩あぶり(398円)」だったかな?
海天すし (13)

「うなぎ(498円)」も頼みましたが、こちらは焼いてから時間が経っていたのでイマイチでした。^^;
海天すし (6)

母と娘が頼んだ「白身の五貫盛り(998円)」はノドグロ、ふぐ、えんがわ、鯛、あと一つは何だろう?カンパチかな?
海天すし (4)

こちらも二人が頼んだ「店長五貫盛り(998円)」で、ノドグロ、中トロ、赤身、サーモン、ブリ。
海天すし (8)

娘は豚汁も頼んでいました。

相変わらずの人気でしたが、お盆のこの時期、ネタ的には少し厳しい感じがしましたが、居酒屋使いも出来て、一人これだけ飲み食いしても3千円強で済むというのは、やはりありがたいですね。ご馳走様でした。

海天すし 小松平面店
石川県小松市平面町カ74-1
TEL 0761-24-0448
11:00~21:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は今の夏2度目の土用の丑の日。

7月25日のときは浜松に行っていながら「うなぎパイ」でしたが、今日はイラストのうなぎでした。^^;
円満朝市 (2)

そんな土用の丑の日に、小松市の本光寺で恒例の「円満朝市」が開かれました。
円満朝市

「円満朝市」へは11年ぶりとなります。私のブログでは12年前に行った時のことをこちらで書いています
円満朝市 (13)

「円満朝市」は、4月~10月の間、毎月第一日曜日の朝5:30~7:00に開催されていますが、最初に開催されたのが平成14年の7月ということで、すでに15年以上経過しているのです。素晴らしいですね。
円満朝市 (4)

この日も朝早くからですが大勢の方が来ていて、やはり人気です。

朝市というからその名の通り、色々なお店が出ています。惣菜、日本酒、お菓子、野菜、くだものなど盛り沢山。カイロプラクティックなどもやっていました。

私は、まずはインテリアデザイナーでイラストレーターでもある森秀一さん(KAZUさん)の元へ。
円満朝市 (3)

毎回、色んな所で素敵なイラストを描いておられます。ちなみに今年の暑中見舞いに頂いた絵葉書には、こんな素敵な金魚が書かれていました。
円満朝市 (20)

今回は、夏らしくうちわに絵を描いてました。そこで私も1枚書いてもらうことに。
円満朝市 (14)

目の前には、夏らしいスイカや花火、金魚などのイラストが描かれたうちわも並べられていましたが、それでは面白くないし、何のイラストにしようか迷いましたが、ちょうど今日が土用の丑の日ということもあって、うなぎの絵がいい!と思いお願いしてみたところこころよく描いていただきました。1枚千円でした。

それがこちらです。
円満朝市 (18)

ウナギの蒲焼というお題は少し難しそうでしたが、ものの数分でサッと描いていただきました。思わずかぶりつきたくなるほどの出来です。

そのあと、小松うどんのところへ行き、円満うどん(350円)を一杯食べることに。
円満朝市 (6)

きつねうどんです。暑い日に熱いうどんも暑気払いにいいでしょう!?
円満朝市 (5)

本光寺教務主事の河合さんも客引きされていました。彼はCMに出たり本を出したり、それにミュージシャンだったりします。多芸な方です。

久しぶりの「円満朝市」。相変わらずの盛況ぶりでした。短い時間でしたが楽しかったですよ!お世話をされている方に感謝です。

松陽山 本光寺
石川県小松市本折町52
TEL 0761-22-0638

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

皆さん、今日でいよいよ2016年も終わりです。皆さんにとって今年はどのような年でしたでしょうか?

さて、今年最後のお店の紹介です。残念ながら蕎麦のお店ではありません。^^;

久しぶりに小松のうなぎの名店「かけだ」でランチを食べました!11年半ぶりに紹介します。

「かけだ」といえば昔は「どじょう」も有名だったのですが、「どじょう」のほうはなかなか商売的に厳しいのか?やめてしまったようです。

「かけだ」のどじょうは我が家でも人気で、お盆やお正月には百本単位で買い求めていました。残念ながら「どじょう」の安定供給が難しくなったのかも……?

「小松西俣で初のドジョウ養殖開始」なんてニュースも見たような気がしますが、その後どうなったんでしょうね?
かけだ

さて、久しぶりに「かけだ」のお店の中に入っての食事です。うなぎは時々買いにいくときがあるのですが、その時は入口の右側にある窓の方で受け渡しをしてくれます。

昨今、ご存じの通りウナギの価格が高騰して、我々庶民の口にはなかなか入らなくなりました。当然、うなぎ屋さんで食べる場合も、高級料理の位置付けになってしまいました。^^;
かけだ (3)

お品書きはこんな感じ。
かけだ (6)

私は「ふわとろひつまぶし上(2,900円)」をお願いしました。

ひつまぶし上(2,800円)に山芋のすりおろし「とろろ」がプラスされたものです。
かけだ (4)

「ひつまぶしの召し上がり方」の通りに食べ進めます。
かけだ (9)

まずは、お茶碗にとってそのまま。香ばしいうなぎの香りが食欲をそそりますね。
かけだ (10)

途中で「とろろ」をかけると、違った味と食感でさらに美味しさが加わります。
かけだ (11)

2杯目は、薬味を乗せて食べます。

そして最後は、だし茶をお願いしてお茶漬けにして食べます。
かけだ (12)

熱々のだし茶でわさびを溶かすと、ツンとわさびの香りが心地よく改めてお腹がリセットされる感じでした。
かけだ (5)

妻は「うな重の上(2,600円)」を頼んでいました。

やはりテイクアウトよりは焼きたてをお店で食べるほうが格別です。

しかし、「かけだ」は炭で焼いているわけではないのですが、何故かおいしいんですよね?
かけだ (13)

デザートも付いてきます。ごま・抹茶・バニラの3種類からチョイス出来ますが、私は抹茶、妻はゴマを頼みました。

うなぎも絶滅危惧種に指定されましたが、日本人にとってはうなぎは昔から切っても切れない縁があります。

こんなに高くなって少し寂しい気もしますが、これからも美味しいうなぎをリーズナブルな価格で食べさせてくれることを願っております。ご馳走様でした。

最後に、今年もブログをお読みいただきありがとうございました。 来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎えください。

かけだ
TEL 0761-21-6774
石川県小松市日の出町3-173
11:30~14:00
17:30~20:00
火曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ