あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

タグ:あべのハルカス

天王寺駅や阿倍野周辺は、あべのハルカスを中心に再開発がほぼ一通り終わったようです。

街全体が様変わりしたようにきれいになりました。

さて今日紹介します「青いナポリ イン・ザ・パーク」は、天王寺駅や天王寺公園に隣接する天王寺公園エントランスエリアにあります。
青いナポリ (18)

1015年10月にリニューアルオープンした「てんしば」と命名された場所で、ここからあべのハルカスも全部見渡せます。
青いナポリ (15)

天王寺動物園にもつながるエリアは芝生が広がり、都心では珍しい開放感あふれる場所となっています。
青いナポリ

その中に大きなレストランとしてあるのが「青いナポリ イン・ザ・パーク」で、大きな店内は外の空間も含めると200名ほど入ることが出来るほどです。
青いナポリ (3)

本店は東京の小石川にあります。

今回、我々はランチを食べに出かけてきました。
青いナポリ (7)

2階もあって天井が高くて開放感があるお店で、2階は結婚式の2次会や各種宴会などにおすすめです。
青いナポリ (6)

店内にはピザを焼く薪窯もありますね。
青いナポリ (5)

ランチメニューはこんな感じです。
青いナポリ (4)

ランチメニューは、いわば日替わりランチ的な位置付けの「AOI NAPORI 青いナポリ イン・ザ・パーク ランチ(1,380円)」。
青いナポリ (2)

パスタ系は「パスタランチ(950円)」と「生パスタランチ(1,050円)」の2種類。

ピッツアァ系も「ピッツァマルゲリータランチ(950円)」と「ピッツァビアンカランチ(1,050円)」の2種類になっていました。

パスタにはスープとパン。ピッツァにはスープのみが付いています。

またパスタと「ピッツァビアンカランチ」のピッツァの種類は日替わりになっていて、各々1種類のみ。このあたりはもう1種類ずつくらい設定があってもいいと思いました。それは私は肉が苦手なので、今回、生パスタランチかピッツァマルゲリータのどちらかしか選択肢がなかったからです。

そこで私は「生パスタランチ」をチョイス。シェフ吉本おすすめのもちもち生パスタランチだそうです。
青いナポリ (9)

まずスープが出されます。ミネストローネです。野菜たっぷりなのがうれしいです。
青いナポリ (10)

パンはフォカッチャ。熱々でハーブも適度にきいていて好みの味でした。
青いナポリ (11)

そしてメインのパスタ「サーモンとスナックエンドウのトマトソース」です。
青いナポリ (12)

生パスタはフィットチーネですね。サーモンとスナックエンドウもたっぷり。トマトソースのシンプルなお味でした。
青いナポリ (13)

一緒に行った人が頼んだパスタランチのパスタは「牛ミンチとマッシュルームラグーソースと冬キャベツ」でした。

大きな箱のイタリアンレストランで、まぁ、平日はそれほど満席にはならないだろうと思いましたが、ふと思ったのが、そんなに人が入る可能性があるときは、何人のスタッフで運営するのか?ということでした。凄いですね。ご馳走様でした。

青いナポリ イン・ザ・パーク
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町5-55
 てんしば内
TEL 050-5589-9174
ランチ11:00~15:00(L.O.) 
ディナー
月~木/日17:00~22:00(L.O.)
金土祝 17:00~22:30(L.O.) 
CAFE 月~木/日 11:00~22:30(L.O.)
金土祝 11:00~23:00(L.O.)
年末年始 施設に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

飲食業界では、人気のメニューがあったら、それを真似て自分のお店でも出す、と言ったことはあるのだと思います。

あまりにも似ている場合は、元祖だとか本家だとかの呼称を付けたり、極端な例では争いごとになったりするケースがありますね。

今日紹介します「グリルキャピタル東洋亭」と東京の「つばめグリル」。

この東西2つの老舗洋食店のハンバーグも、前菜として出される丸ごとのトマトサラダ、アルミホイル包みハンバーグステーキ、ベイクドポテトなど、まさに瓜二つ!前々から気になっています。

1897年創業の京都北山に本店がある「グリルキャピタル東洋亭」。昔、なんば店に行った時のことはこちらで書いています

一方、東京の「つばめグリル」についてはこちらに書いています

ここまで似ていると、先ほど書いた訴訟にまで発展してもよさそうなものですが、ネット上ではそんな記載は見つかりませんでした。

創業は「グリルキャピタル東洋亭」のほうが古いのですが、このハンバーグを出したのは「つばめグリル」のほうが先。どなたかが書かれていましたが「グリルキャピタル東洋亭」の現社長が東京での修業時代に「つばめグリル」のハンバーグに感動してレシピを教えてもらったという記載がありました。事実かどうかはわかりませんが修業先が「つばめグリル」だったのかもしれません。

その関係もあってか、「つばめグリル」は関西には店舗展開していませんし、「グリルキャピタル東洋亭」も関東にはお店を出していないのです。何らかの棲み分けがされているのだと思います。

前置きが長くなりました。本題に移ります。
東洋亭 (3)

「グリルキャピタル東洋亭 あべのハルカス店」はあべのハルカス近鉄本店タワー館のあべのハルカスダイニングというレストラン街の13階にあります。

あべのハルカスダイニングのレストランの中でも人気のレストランで、ランチ時には早い時間帯から行列が出来ることで知られています。
東洋亭 (6)

この日も11:40ごろでしたが、すでに4組ほどの順番待ちが出来ていました。ちなみにこちらのランチタイムは夕方17時までとなっています。
東洋亭 (2)

洋食屋さんなので、洋食系のメニューは一通りそろっています。

しかし、断トツの人気メニューは「東洋亭ハンバーグステーキ」です。

ランチメニューで一番ベーシックなAランチには「まるごと完熟トマトサラダ」と「パンまたはライス」が付いてきます。
東洋亭 (4)

オーダーしてほどなく「まるごと完熟トマトサラダ」が運ばれてきます。冷たいトマトがこの時期うれしいです。下に敷かれているツナとたまねぎのドレッシングもいい感じです。
東洋亭 (7)

その後10数分待って、アルミホイル包みハンバーグステーキとバターを添えたベイクドポテトが熱々の鉄板にのせて提供されます。この熱々の鉄板には気を付けたほうがいいです。私もあわややけどをしそうでした。^^;
東洋亭 (8)

アルミホイルを破るときのわくわく感が人気の理由の一つ。ナイフで破くと湯気が立ちのぼります。

手ごねの粗挽きミンチ肉をオーダーが通ってから丁寧に焼き上げているようで、ジューシーでありながらしっかりとした食感を残しています。
東洋亭 (11)

こちらは「和風ハンバーグステーキ」です。こちらはアルミホイルに包まれていませんが、同じく熱々の鉄板にのせて提供されます。Aランチの値段は「東洋亭ハンバーグステーキ」よりも少し安い1,260円でした。

ハンバーグを切って和風だれにつけながら食べます。目玉焼きも乗せられていますね。
東洋亭 (9)

パンはバゲットでした。こちらはそれほど特徴あるわけではありません。

場所柄と平日のお昼ということもあって女性客がほとんどでした。我々がお店を出るころにはさらに行列が長くなっていました。さすがに人気のお店のことだけはあります。ご馳走様でした。

グリルキャピタル東洋亭 あべのハルカス店
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
 あべのハルカス13F
TEL 06-6654-6684
11:00~23:00(L.O.22:00)
不定休(あべのハルカス近鉄本店に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ターミナル駅の近くだと、色々なお店があって食べるところを選ぶだけでも迷います。

和洋中と、ジャンルも色々あって、まずはそこから迷ったりすることがありますが、歳と共にすんなりと和食系を選んでしまう自分がいます。

また人が多く集まる所にある人気なお店は、ランチ時は行列覚悟で行かないダメです。行ってみたらあまりにも順番待ちが凄くて諦めることもあります。個人的にはせいぜいが10分ほどが限界です。
望月 (2)

さて、今日紹介します「旬の御馳走 望月」の場所はあべのハルカスの近くです。
望月 (9)

雑居ビルの2階にあるので目立たなく、飛び込みのお客さんを獲得しにくい感じがしますが、事前に調べると人気のお店のようです。

店内に入ると、そこそこ広い店内。大人数の宴会も可能な感じで使い勝手もよさそうです。
望月 (3)

掘りごたつ式の席へ案内されます。
望月 (4)

ランチメニューはこちら。

本当は日替わり定食が狙い目だったのですが、肉だったので諦め、次に焼魚の種類を確認したら鯖。鯖も家やお弁当で毎週のように食べる食材なのでパス。

結局、私が頼んだのは天ぷら定食でした。
望月 (6)

天ぷら定食にはサラダと小鉢2つ、ご飯・味噌汁・漬物が付いています。
望月 (7)

天ぷらはオーダーごとに揚げるようで、少し時間がかかりましたが、揚げ立てのほうが美味しいから○です。内容は海老2尾、キス、ナス、カボチャ、あと何だったかな?^^;
望月 (8)

こちらは一緒に行った人が頼んだ焼魚定食のメイン、鯖と玉子焼き。鯖もオーダーが入ってから焼いているようです。
望月 (5)

あと、日替わり定食の牛カツがこちら。大きな牛カツでした。

値段的にもお手頃なランチでした。ご馳走様でした。

旬の御馳走 望月
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-17
 巴ビル2F
TEL 0120-952-773
11:30~14:00
17:00~23:00
日祝17:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

あべのハルカスもオープンして早いものでもう3年2ヶ月が経過しました。

相変わらず人気があるようですが、残念ながら数年後にはあべのハルカスを超える高さのビルが東京に完成するようで、日本一の称号もそれほど長くはないということです。

このあべのハルカスが出来たということで周辺の再開発も進み、阿倍野周辺は10年前とは様変わりですね。

さて、今日紹介します会席料理のお店「四季 旬香」は、そのあべのハルカスからすぐのところにあります。
四季 旬香 (8)

お店自体は地下にありますが店内はそれほど広くはありません。

懐石・会席料理のお店で、料理のクオリティもありながら比較的リーズナブルな和食を楽しめるお店ということで人気です。

我々は、そんなお店にランチを食べに行ったので紹介したいと思います。

さきほど懐石・会席料理のお店と書きましたが、肩肘張らずに楽しめるのは夜だけではありません。ランチも800円から日替わり定食などもありとてもリーズナブルなのです。

この日の日替わり定食は「蓮根の挟み揚げと山芋の短冊揚げ」でした。私はそちらをお願いします。
四季 旬香 (5)

出されたのがこちらです。揚げ物はもちろん揚げ立てで、サクサクのレンコンの食感がいきています。山芋のもねっとりした食感でレンコンとの食感の違いを楽しみことが出来ました。
四季 旬香 (6)

定食には小鉢・温玉・味噌汁・漬物が付いています。ご飯と味噌汁はおかわりが可能になっていましたが、私は逆にご飯を残してしまいました。^^;
四季 旬香 (7)

小鉢・温玉・漬物はこんな感じです。
四季 旬香 (3)

こちらは、一緒に行った人が頼んだ焼魚定食(800円)」。
四季 旬香 (4)

焼魚はサバかサワラがチョイス出来、こちらはサワラの西京焼き。すぐに出されたので、これは残念ながら先に焼いてあったものを温めなおしています。

夜は行ったことがないので何とも言えませんが、たぶん、お昼同様、リーズナブルに美味しい料理を楽しめるのではないでしょうか?ご馳走様でした。

四季 旬香(しき しゅんか)
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-17
 巴ビルB1
TEL 050-5868-5947(予約専用)
06-6629-1145(問合せ専用)
11:30~14:00 17:30~23:00(L.O.22:30)
日曜休(連休の場合は最終日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪に住んでいた時には、ランチにはよくうどんを食べに行っていた。

大阪のうどんは、私のブログでも何度も書いているが、基本的には、柔らかくてのど越しで出汁と一緒に食べるうどん。小松うどんにも似ている感じだ。

一昔前までは、讃岐うどんのようなコシの強いうどんがもてはやされていたが、近ごろはうどんも多種多様なうどんが紹介され、柔らかなうどんも全国的にも認知されてきたのではないだろうか?このへんは個人的にはうれしい。

今回、久しぶりに大阪のうどんを食べに行ってきたので書きたいと思う。
きらく

行ったのはあべのハルカス近鉄本店の地下にある「大阪釆なりうどん きらく」。「釆なり」は「はんなり」と呼ぶ。

「はんなり」とは、主に京都を中心に関西で使われている言葉で「上品ではなやかな感じがするさま」のことだ。確かに、関西のうどんは、そんな感じのするうどんかもしれない。
きらく (4)

平日のランチで入ったのだが、お客さんは女性客や家族連れ。ビジネスマンも多かった。天王寺のターミナル直結、近鉄百貨店の地下という場所柄だろうか?
きらく (2)

さて、ランチを食べに入ったのだが、夏の献立メニューとしては、このようなメニューがあった。

私はその中から、「日替わりおうどんの定食(950円)」を頼んだ。
きらく (5)

この日の日替わりは、ナスとハモの天ぷらうどん。ハモの季節で、はんなりとした食感と味である。もちろん揚げ立てで、サクッとした天ぷらで美味しい。ナスも大きなのが入れられていた。
きらく (6)

うどんは、意外とコシが強く、艶やかで、のど越しもいい。小麦の香りがする美味しいうどんだった。
きらく (7)

つゆも少し甘めだったが、うどんにも天ぷらにも合っていた。

セットにはお稲荷さん2個と香の物が付いてくる。お稲荷さんも美味しかった。
きらく (3)

こちらは一緒に行った人が頼んだ「きざみ九条ネギうどん」。刻んだ揚げに出汁がシュンで、それに九条ネギの食感と旨みが加わって美味しかったそうだ。

ちなみに「きつねうどん」は大阪が発祥である。

デパ地下内飲食店で、値段的にも良心的な設定。そして味的にも納得できたのでおすすめのお店かもしれない。ご馳走様でした。

大阪釆なりうどん きらく 阿倍野店
TEL 06-6625-2391
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
 あべのハルカス近鉄本店タワー館B2F
10:00~22:00 (L.O. 21:30)
無休(あべのハルカス近鉄本店の休みに準ずる)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング      

このページのトップヘ