あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: カレー・エスニック

カレーの全国チェーンといえばすぐ思い出すのが「カレーハウスCoCo壱番屋」。

石川県でいえば金沢カレーの「チャンピオンカレー」や「ゴーゴーカレー」が挙げられますね。

さて、今日紹介する「100時間カレー」も全国で急速な店舗(FC)展開を図っているところです。

「100時間カレー 御経塚店」については昨年の今ごろ行って紹介していますが、東京神田カレーグランプリで初のV2達成したお店ということをウリにしています。

今回はイオンモール白山のオープンと同時に出来た「100時間カレー イオンモール白山店」です。
100時間カレー

実はこの日は、世界的なパティシエである辻口シェフのお店「カフェ ドゥ アッシュ イオンモール白山」でカレーメニューが追加されたということで出かけたのですが、我々が到着した時にはすでに売り切れ。残念でした。

ということで、口の中がカレーモードだったので、こちらのお店に入ることにしたわけです。

3階のフードコートにあります。

GW期間中だったので、イオンモール白山は多くの人で混みあっていました。
100時間カレー (3)

メニューです。

「100時間カレー」では東と西でメニューの種類が微妙に違っています。あと、御経塚店にはあった、あのたむけんプロデュースの丼メニューの設定はありませんでした。

面白いことに御経塚店は西日本のメニューだったのですが、こちらイオンモール白山店では東日本のメニューになっていました。ただし、念のため家に戻って調べたら、現在は御経塚店も東日本メニューなのかもしれません。

野菜カレー以外はすべて肉系のメニューで、必然的に私は「半日分の野菜がとれる野菜カレー(869円)」。
100時間カレー (4)

ここ数か月、値上がりしているところが多い中で、ここは昨年の時と同じ値段でした。
100時間カレー (9)

野菜の内容は、季節によって変えているようですね。

御経塚店では、オーダーするときに辛さのチョイスが可能でしたが、こちらでは辛さ調整用のペーストを自分で好みで加えるやり方。味的には御経塚店の紹介の時に書いているので書きませんが、100時間かけて作られたカレーは、他のカレー店のものと比べると格段にコクがあります。
100時間カレー (5)

妻が頼んだのは「三元豚ロースカツカレー(979円)」。
100時間カレー (8)

手仕込三元豚のロースかつカレーで、「1枚1枚丁寧に手仕込したロースカツ!」と書かれていました。

いわゆる欧風カレーですが、金沢カレーの本場での今後の動向や如何に!ご馳走様でした。

100時間カレー イオンモール白山店
石川県白山市横江町1681
 イオンモール白山3F
076-214-6202
10:00~21:00(L.O.20:30)
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

北陸新幹線が2024年春に金沢から敦賀まで延伸されます。

北陸新幹線と言えば、山間部を通る距離が長く、高崎~金沢間では48%と約半分がトンネル区間。車窓から景色をゆったり眺めながら、というわけにはいかないのではないでしゅか?

しかしながら、金沢から加賀温泉までの区間は加賀平野を通るためトンネルがありません。

その中でも特に木場潟沿いに走る区間は、木場潟越しに白山を眺める絶好のビューポイントになるはずです。

もっとも、そのおかげで木場潟近くに家を持つ方は、これまで満喫してきた景観がスポイルされるわけですが…。

今日はそんな木場潟近くにある「スパイスカフェ S-(エスライン)」の紹介です。

今回9年ぶりに訪れましたが、その時のことはこちらで紹介しています
エスライン

南国風?の建物。1階が駐車場で2階がカフェ。
エスライン (5)

店内はエスニックな雰囲気を醸し出しているインテリア。そしてカジュアルな雰囲気です。
エスライン (2)

北陸新幹線の高架が出来てしまったので、きれいに木場潟を見ることができなくなってしましました。残念です。
エスライン (6)

土曜日ですがお店は男性の方お一人で切り盛りされていました。

ランチメニューです。
エスライン (3)

東南アジアや中米、ハワイなどの料理が並んでいました。
エスライン (11)

単品メニューも色々あります。
エスライン (13)

値段設定が良心的ですね。

ランチメニューの中から私は「メキシカンタコライス(890円)」を頼むことに。
エスライン (16)

タコライスといえば、いまでは沖縄料理のイメージが強くなってきましたが、元はメキシコ風のアメリカ料理。

合挽肉と赤いんげん豆のスパイスとトマト煮込みのメキシカンチリビーンズのエスニックなタコライスでした。

妻のほうは「グリーンカレー(790円)」。前回と同じものを頼んでいますね。
エスライン (17)

こちらにはまずサラダが出されます。
エスライン (20)

前回グリーンカレーにはスープが付いていたのですが、今回無くなっていました。
エスライン (19)

コナッツミルクで、最初甘さがきて後でグリーンペッパーの辛さが来る、比較的マイルドなカレーだったようです。
エスライン (14)

なお、ドリンクも付いていますが、冷たいドリンクのみで、温かいものは別料金になっていました。

我々はアイスティーを頼みましたが、何も言われずに最初に出てきました。

値段的はリーズナブルなので、エスニック料理が好きな人にはうれしいカフェです。ご馳走様でした。

スパイスカフェ S-(エスライン)
石川県小松市今江町5-358
TEL 0761-24-1115
11:30〜15:00/18:00〜23:00
金土祝前日は〜24:00
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

加賀市に平松牧場直営の「MooMooまきば」というジェラートを販売している人気のお店があります。

その近くに、「ぶどうやさん西村」という、秋にぶどう狩りを楽しむことができるぶどう農園があって、むかし私もぶどう狩りとバーベキューを仲間と楽しんだことがありました。

そして数年前までは、「プリモピアット」というイタリアンレストランがありましたが、残念ながら閉店になってしまいました。

そんな場所にカレー屋さんが出来たと知り行ってみることに。
カレー&カフェ CHIQUITA チキータ (10)

ぶどうの季節はまだなのと、冷たい雨が降っていたので、何となく寂しい感じがします。
カレー&カフェ CHIQUITA チキータ

カレー&カフェ CHIQUITA チキータ (2)

カレー店の内装はたぶんイタリアンレストランのときのままだと思います。そして広いスペースです。

お店は女性の方お一人で切り盛りされていました。最初、「ぶどうやさん西村」の方がやられているのかと思いましたが、場所を借りているとのことでした。

お店に到着したのが、12:40ごろ。平日だったからかもしれませんが、店内に他のお客さんはいません。
カレー&カフェ CHIQUITA チキータ (4)

カレーのメニューです。
カレー&カフェ CHIQUITA チキータ (6)

カフェメニューです。

メインのカレーは基本1種類で、トッピングの内容によってメニューが違うというメニューでした。

私はカレーメニューの中から、「野菜カレー(950円)」を頼むことに。
カレー&カフェ CHIQUITA チキータ (7)

まずサラダとコンソメスープが出されます。

待っていると厨房から野菜を揚げている音が聞こえます。

ほどなく出されたのがこちら。
カレー&カフェ CHIQUITA チキータ (9)

彩りきれいな野菜が素揚げされてより鮮やかな色になっていて、食欲をそそります。

見た目は辛そうに見えなかったのですが、カレーは意外といっては失礼ですが辛口でした。

個人的にはスパイスカレー的な味で好きなカレーです。
カレー&カフェ CHIQUITA チキータ (8)

こちらは、付け合わせとして出されたらっきょうと福神漬けです。

場所的な問題もあるかと思いますが、頑張っていただきたいと思います。ご馳走様でした。

カレー&カフェ CHIQUITA チキータ
石川県加賀市分校町263-5
TEL 0761-76-6877
11:00~20:00
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

山中温泉で昔から地元の人に親しまれてきた喫茶店「喫茶森」。

オーナーが高齢となって惜しまれつつ閉店しました。

その「喫茶森」のお隣にあるのが、神奈川県から移住してきた方が営んでいるセレクトショップ。

その方が「純喫茶」を新しいコミュニティの場としてもう一度復活させたいと願い、クラウドファンディングを行ったところ、100万円を超えるお金が集まり、リニューアル工事を完了。昨年11月にシェアキッチンの店として再オープンさせているのです。

昔の名前を残したいという思いから「喫茶森」という店名はそのままに、お店はいわゆる日替わり店長方式で運営。現在何人かの方がお店の運営を行っています。

私は妻が仕事で不在の日に、隔週の金曜17時~22時と土曜10時~16時担当している「みちに八角」が提供しているスパイスカレーを食べてみたくて出かけてきました。
喫茶森

外観はきれいにリニューアルされていました。
喫茶森 (3)

「純喫茶」の看板はそのまま。

11時にお店に到着。先客はいませんでした。
喫茶森 (4)

店内は、全部はクラウドファンディングでは賄いきれなかったようで、少し時間を感じさせてくれる箇所がありました。

カウンター席に座り、一応食事メニューを確認するとスパイスカレーとしては「イノシシのキーマカレー」一種類のみ。ほかにはシフォンケーキとドリンクしかないというのでした。

ガーン!事前にネットで調べていたときはジビエのことは出ていなかったのですが、この時期は、小松市にあるジビエの生産加工拠点「GibierAtelier加賀の國」のイノシシ肉のカレーにしているとのこと。
みちに八角

肉そのものが苦手で、ましてやジビエ肉など食べたことがない私ですが、唯一の救いはキーマカレーだったこと。

お聞きすると、「クセがなく食べやすくヘルシーですよ!」と教えてくれたので、清水の舞台から飛び降りるつもりで頼みました。

しばらくで出されたのがこちら。
みちに八角 (2)

スパイスの香りがすごいです。お店の名前にある八角も入っているのかな?汗
みちに八角 (3)

スパイスカレーですが、辛さはあまりなく、辛さが欲しい場合は、出してくれた地元で作っているこちらの一味唐辛子をかけてください、ということで、そこそこの量をかけて食べました。

長芋のピクルスが添えられていました。

カレーなのでイノシシの肉の風味をそれほど感じることはなく、他の肉のキーマカレーのように私は食べきることが出来ました。美味しかったです。
みちに八角 (5)

なお、ドリンクメニューはこちらです。

さて、コロナ禍が終焉しないと山中温泉に県外茅の観光客が戻ってこないでしょう。早く終焉して日常が戻ることを願っています。ご馳走様でした。

みちに八角
加賀市山中温泉東町1丁目マ21
 喫茶森
TEL 080-1263-8312
営業日と時間はインスタページで確認



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

阿倍野界隈は、私が大阪に住んでいた10年前からは大きく様変わりしていますね。

核になるのはあべのハルカスですが、それに連動する形で周辺エリアも変化を遂げています。

私が住んでいるときは、まだ古い建物がたくさん残っていて、昭和な感じがする町でした。

さて、今日紹介します「あべのダイニング バズ」。
あべのダイニング バズ

あべのハルカスから少し南に進んだところにあるアートキューブビルという雑居ビルの3階にお店はあります。
あべのダイニング バズ (3)

階段を上って店内に入ると中はエスニックな雰囲気?意外と広いです。
あべのダイニング バズ (7)

カウンター席とソファー席がありました。
あべのダイニング バズ (4)

こちらがランチメニューです。

カレーがメインですが、エスニック系メニューもありますね。
あべのダイニング バズ (6)

黒板には夜のメニューの一部が書かれていました。

私は「合挽きキーマカレー(900円)」を頼みました。

出されたのがこちら。
あべのダイニング バズ (9)

大阪がブームの火付け役となったスパイスカレーです。辛さは中辛程度でしょう。

野菜が生とマリネ処理されたものが乗せられていました。

ピンク色なのは赤い根菜ビーツ(beets)のライタという、インドのヨーグルトの和え物のようなもの。酸味がありました。
あべのダイニング バズ (10)

ライスはバスマティライス。バスマティライスはインドやパキスタンなどで栽培されている香り米のことで、最近は石川県でもバスマティライスを使ったカレーを食べさせてくれるお店が何軒か出てきましたが、まだまだ少ないです。

最初、カレーのみとバスマティライスで食べます。水分があまりないバスマティライスはカレーと一緒に食べると生命が宿るようです。
あべのダイニング バズ (11)

そのあとは野菜などを全部混ぜて食べました。
あべのダイニング バズ (8)

一緒に行った人は、「牛タンとシシトウのカレー(1,000円)」を食べています。

味や食感の違いなどが口の中で混在する感じで、スパイスカレーの醍醐味ですね。スパイスカレーブームはまだまだ続きそうです。ご馳走様でした。

あべのダイニング バズ
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-1-15
 アートキューブビル3F
TEL 050-5457-2803
11:30~15:00
18:00~22:00
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ