あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: カレー・エスニック

一言で「カレー」と言っても千差万別です。

そして、日本人はカレー好きの人が多いと思います。

私が子供のころは、家でカレーが食卓に並ぶことがよくありました。

石川県のご当地カレー「金沢カレー」や、北海道発祥といわれる「スープカレー」、大阪発祥といわれる「スパイスカレー」など、ここ20年ほどの間に全国的に知られるようになったカレー。本当にバラエティーに富んできました。

個人的にはこれらのカレーはすべて好きです。

今日紹介する金沢市保古の「アイリーカレーハウス」は、基本スパイスカレーだと思うのですが、ジャマイカ風のカレーです。この3月末で9周年を迎えます。

私自身はジャマイカでカレーが名物料理だとは全然知らなかったのですが、まぁ、言ってみればカレーも「スパイス料理」の一種。世界中で食べられている料理なわけです。

そういう意味では、日本のようにスパイスではなく、料理に発酵調味料を多用する国のほうが珍しいのでしょうね。

人気のカレー店で、小麦粉を使わないグルテンフリー、さらには油も極力使わずに、コクと自然なとろみは大量の玉ねぎを使って出しているヘルシー志向のカレーなのです。

こちらに「こだわりと特徴」が書かれています。

我々は、2月末の土曜日のランチタイムにお邪魔しました。
アイリーカレーハウス (2)

カレーのお店らしく、黄色い建屋です。

少し家を出るのが遅くなったたため、お店に到着したのが12時ちょっと過ぎ。コロナ禍で店内に入るお客さんの組数を抑えていることもあって、20分ほど待ちました。お店で名前を言って車の中でウェイティングする形態でした。
アイリーカレーハウス (15)

お店の中は、kadsmiidaさんの絵が壁一面にペインティング。BGMはレゲエとジャマイカの雰囲気の中でカレーを楽しむことができます。
アイリーカレーハウス (9)

ランチメニューです。ディナーメニューは別にあるようです。
アイリーカレーハウス (8)

何も言わなくてもセットになっていました。
アイリーカレーハウス (10)

セットにはこちらの「塩こうじサラダ」とドリンクが付いています。ドリンクは私も妻もハットチャイ。最初に両方とも出されました。
アイリーカレーハウス (11)

メインのカレーは私は「黒ゴマのヤサイキーマセット(税抜1,100円)」をチョイス。

カレーソースは2種類から選べて、オリジナルソースとココナッツ。私は普段はあまり食べないココナッツにしてみました。
アイリーカレーハウス (13)

ライスは「玄米入りうこんごはん」で、S(150g)M(250g)L(350g)が料金変わらず。LLは600gで+200円でした。ターメリックによるきれいな黄色をしています。

私はMです。玄米入りなのでよく噛んで食べたほうがいいですよ。

カレーのほうはココナッツと黒ゴマの風味が効いているので、スパイシーですがそれほど辛くはありません。素揚げされたナス・ニンジン・ジャガイモなどが乗せられています。使われている野菜は無農薬自家栽培をされているものもあるようです。

妻はだいぶ悩んだ末、「炭火焼きジャークチキンカレー(税抜1,100円)」を頼んでいました。
アイリーカレーハウス (14)

スパイシーなチキンで、さらにはパクチーをトッピングで追加(+100円)。妻は美味しかったと言っていました。

この手のカレーを食べさせてくれるところは、石川県内には少ないので重宝しそうです。

石川県だと、どうしても金沢カレーのイメージが強いのですが、「アイリーカレーハウス」のようなカレー店が増えてくると個人的にはうれしいですね。ご馳走様でした。

アイリーカレーハウス
石川県金沢市古府1-181
TEL 076-259-5181
11:00~21:30(L.O.21:00)
火曜休(祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

月に1度は訪れるカレー食べたいモード。

最近、金沢カレーを食べていないということで、金沢カレーのお店に行くことに。

アルバやチャンカレなどメジャーなところばかり紹介していては面白くないので、たまには違ったお店ということでチョイスしたのが、野々市市の金沢工業大学の近くにある金沢カレーのお店「カレーハウス・ジャン」。

金沢カレーのルーツとも言われている「カレーのチャンピオン」は、この金沢工業大学近くに本店がありますが、「カレーハウス・ジャン」はその「カレーのチャンピオン」本店の一軒建物を挟んだところにあえて店を構えています。

私はつい最近までお店の存在を知らなかったのですが、創業して20年ほど経過しているようです。
ジャンカレー

建物には「ジャンカレ」と書かれていますが、色も黄色に赤とイメージで「カレーのチャンピオン」通称で知名度がある「チャンカレ」と似ていますね。

ライバル心が垣間見えます。
ジャンカレー (2)

入ってすぐに食券機があって、そちらで食券を買い求めて、店員さんに渡して席に座ります。
ジャンカレー (6)

店内には学生の街なので、コミックがたくさん置かれていました。
ジャンカレー (4)

土曜日の12時少し前でしたが、お客さんは一人だけでした。土曜日は大学がお休み?なので逆に少ないのでしょうか?

メニューは、肉系が多かったです。おすすめは「チキンカツカレー」のようです。チャンカレのLカツカレーと同じメニューもありましたが、肉の種類で差別化を図っているのかもしれません。

私は「あらびきウインナーカレー(税込650円)」にしました。

チャンカレではオーダー後に間髪入れずに出されるイメージですが、こちらは数分かかりました。あらびきウインナーがそれほどオーダーされないのかもしれません。

出されたのがこちら。
ジャンカレー (5)

お約束のステンセス製の皿と先割れスプーン、そして千切りキャベツに福神漬け。

いつも思うのですが、福神漬けなどは、欲しい人が自由にとって食べられるほうがありがたいです。好みがあるので。

そしてカレーの見た目も金沢カレーそのものですね。あらびきウインナーは半分に切って2本。個人的には食感を考えると2本そのままのほうがよかったかも?

あと、目玉焼きがすべてのカレーにデフォルトで乗せられています。

味のほうも、まぁ、金沢カレーそのものといった感じですが、こちらのカレーは最後まで飽きずに食べきることができました。ご馳走様でした。

カレーハウス・ジャン
石川県野々市市高橋町19-14
TEL 076-294-3999
11:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

日本食といってもいいカレーですが、日本中個性あるカレー文化が根付いています。

福岡にも色々なカレーを食べさせてくるお店があって、私のブログでも過去に色々なお店を紹介しました。
欧風ライスカレーKen's

今日は約15年前、私が福岡に住んでいるときに一度紹介したことがあるカレーのお店「欧風ライスカレーKen's(ケンズ)」へ再訪したので書きたいと思います。なお、過去の内容はこちらをご覧ください。近くのカレー店「文化屋カレー店」と一緒の記事になっていますが。

本当に久しぶりなので、昔のことなどさっぱり記憶がなくなっていますが、こうやって過去の内容を今確認すると、タイムマシンに乗って過去の自分の様子を思い出させてくれるので懐かしさがこみ上げてきます。

中は狭いお店でカウンターとテーブル席で10名ほどで一杯になります。夜は仕込みがあるためやっていなくランチタイムのみの営業。コロナ禍でテイクアウトにも力を入れていました。

さて、店名の冠にも欧風カレーと書かれている通り、時間と手間暇かけて作られたフォンドボーをベースで作られています。

また煮込みから一晩氷点下で寝かすことによって、とろみとコクを出しているようです。
欧風ライスカレーKen's (3)

こちらがメニュー。
欧風ライスカレーKen's (4)

サラダとのセットのメニューです。

ルーは基本一種類でメニューの違いはトッピングの違いですね。

私のこの中から人気の「たっぷり茄子カレー(税込750円)」を頼むことに。ご飯の量を少なめにしたので50円マイナスになりました。
欧風ライスカレーKen's (9)

まずはカレーを一口。コクがあります。

何となく、小松のアルバのカレーに似ていなくもないです。美味しいです。
欧風ライスカレーKen's (10)

途中で無料の鶏がらのスープを頼んで、最後の締めにかけて食べると、カレーおじやのように口の中をリセットすると同時に違った風味を楽しむことができました。
欧風ライスカレーKen's (11)

でも、14年前の私のブログの内容を読む限りは、このスープのことは書かれていないので、それ以降に追加されたサービスなのでしょう?でも、変化させていくことは大切だと思います。
欧風ライスカレーKen's (5)

辛さを追加できるものや、酢、らっきょう、ピクルス、福神漬がそろっていました。
欧風ライスカレーKen's (6)

一緒に行った人はお店の人気No.1だという「佐賀牛・伊万里牛使用の牛とろ肉入りカレー(税込930円)」を。
欧風ライスカレーKen's (8)

もう一人は同じく人気No.2だという「若鶏レバーとハツの長ネギカレー(税込880円)」を頼んでいました。
欧風ライスカレーKen's (7)

本当に久しぶりに伺いましたが、福岡のカレーの奥深さを垣間見た気がしました。ご馳走様でした。

欧風ライスカレーKen's(ケンズ)
福岡県福岡市博多区住吉5-1-6
TEL 092-473-4747
月~土11:30~14:00
日・祝11:30~15:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

ひところに比べたら石川県にはインドカレーのお店がだいぶ増えました。

特に、インドやスリランカ出身の方々がカレーのお店を各地で出していて、それらのお店ではとてもリーズナブルな値段で本場の味を楽しむことができるようになりましたね。
シャルマ (2)

さて今日紹介します「インドダイニング シャルマ 野々市店」は、石川県では老舗のインドカレー専門店だと思います。

私のブログで過去に紹介したことがあるかと思っていましたが、調べたらどうもないようです。

ただ、もちろん行ったことはあります。今日紹介する野々市店とは別なお店ですが。

さて、行ったのは1月中旬の土曜日。寒い日でした。
シャルマ (11)

野々市店は、倉庫造りのお店で店内は広く天井が高いのです。広い空間で開放感があっていいのですが、冬は逆に少し寒いです。
シャルマ (5)

こんな時は辛いカレーで発汗!?
シャルマ (6)

メニューです。こちらはマサラカレーですね。
シャルマ (7)

インドの伝統的なムガールカレーもありました。
シャルマ (8)

セットメニュー。
シャルマ (10)

タンドリー料理とナンの種類も豊富です。
シャルマ (9)

ランチセットは休日でもokなようです。
シャルマ (3)

この日の日替わりカレーは、ご覧のようなメニューでした。

チキンだったので、私は単品メニューからチョイスすることに。

そして頼んだのが「インド風スープカレー」のジャンルから。肉系が多かったのですが私は「ベジタブルカレー(税抜1,000円)」です。
シャルマ (14)

あくまでもインド風なので、本場のインドカレーとは違って日本人の口に合うカレーにアレンジされていました。
シャルマ (18)

ただ野菜たっぷりで、そして意外にスパイシー。個人的には好きな味でしたね。
シャルマ (15)

ライスはサフランライス。ボリュームありました。

妻は「日替わりランチ(税抜900円)」。11:00~14:30限定です。
シャルマ (13)

日替わりカレー2種にサラダとライスかナンが付いています。コスパがいいメニューです。

この日のカレーは、チキンコプタという鶏団子の入ったトマトベースカレーと、マタニパニールという白山市の名物「堅豆腐」を使用したクリームベースのカレー。

私もマタニパニールを一口食べましたが、甘口のカレーでクリーミーなテイストでした。
ナンは大きなもので食べ応えがありそうです。

ただ妻曰く、ステンレスのお皿なので寒い日はすぐ冷めてしまうのが難点だと話していました。

最近、小松にもスリランカのスパイスカレーのお店ができたり、一口にカレーといっても金沢カレーやインドカレーなど、選択肢が増えてきたことはうれしい限りです。ごちそうさまでした。

インドダイニング シャルマ 野々市店
石川県野々市市横宮町13-22
TEL 076-272-8897
平日
ランチ11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー18:00~22:00(L.O.21:30)
土日祝日
11:00~~22:00(L.O.21:30)
水曜休(祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング


コロナ禍で緊急事態宣言が発せられた時期(4月)にオープンした「小松西町食堂aniki no curry」。

お店の方は、「まぁ、何でこんな開店のときにコロナ?」と思ったかもしれません。

こちらのお店には私は、緊急事態宣言期間中はテイクアウトメニューを。緊急事態宣言解除後はすぐにお店に食べに行きましたし、我が家では妻が一番マイブームなお店らしく、私もお付き合いで行く間にファンになっていきました。

今日は、この年末年始に立て続けに行っていたので、その2回で食べたカレーを紹介したいと思います。
アニキのカレー (6)

場所は、前は24時間営業のお店として知られていた、ご存じ「みなとや食堂」。
アニキのカレー (5)

外観はほぼそのままですが、店内は大幅にリノベーションされていて、昔からあった地下室もスパイス倉庫として活用されています。
アニキのカレー1 (8)


まずは年末のお店の営業最終日に伺った時のこと。
アニキのカレー (3)

この日私と妻が食べたのは「スリランカカレープレート(1,200円)」。

いつも通りのチキンとポーク、そしてこの日はラムの設定がありました。
アニキのカレー (9)

ただ、何れも肉系なので、しばし悩んだ末にポークならば何とか食べられるかな?と思って頼みました。


この日の副菜はパリップというレンズ豆のカレー、ポテトカリー、キャベツと豆苗のテルダーラ、シーニサンボル、パセリサンボル、エビポルサンボルという構成。

テルダーラはスリランカの炒め物、サンボルはふりかけとか和え物の意味ですね。ということからエビポルサンボルはエビのココナッツふりかけということ?

パパダム(豆粉煎餅の薄揚け)も刺さっています。
アニキのカレー (11)

まずはメインのカレーやちょこちょこ個別に副菜を食べ、徐々に色々な副菜を混ぜ混ぜ。最後が全部混ぜて味変を愉しむのがスリランカカレーの醍醐味です。

スリランカカレーは一緒に野菜が取れるのがうれしいです。

この日はアニキが事情で不在だったため、少しマイルドな味でした。
アニキのカレー (8)

妻は同じく「スリランカカレープレート」のチキンで、ライスを数量限定のバスマティライス(+150円)に変えています。

以上が年末で、2021年の営業開始日に行ったときは、帰省中の長男と一緒でした。

この日はスリランカからの留学生が食べに来ていました。
アニキのカレー (7)

この日、私と妻が頼んだのは、新春スペシャルカレーということで「甘海老出汁カレーのソフトシェルクラブ添え(1,500円)」という新作のメニュー。今年のウリにしようと考えられているメニューらしいのですが、年末に行ったときから比べるとスパイシー度が増していました。
アニキのカレー (2)

甘海老のうま味がしみ込んだカレーで美味しかったです。ソフトシェルクラブはその名の通り、殻まで柔らかくすべて食べることができます。

この日の「スリランカカレープレート」の副菜は、パリップ、かぼちゃカリー、キャベツと豆苗のテルダーラ、なすのモージュ、パセリサンボル。
アニキのカレー

息子は「チキンとラムの合い盛りカレー」。

スリランカの留学生が「お母さんの味です」と感想を言うほど、小松で本格的なスリランカカレーを食べることができるので皆さんも是非!

そうそう!2021年はお休みが基本、水・木に変わるようです。今年も何度かお邪魔すると思いますので、よろしくお願いします。ご馳走様でした。

小松西町食堂aniki no curry
石川県小松市西町69-1
TEL 090-2836-8425
11:00~14:00(L.O.)
水曜・木曜休、他不定休あり



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ