あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:和食系 > 天ぷら・うなぎ

浜松のグルメといえば、うなぎと餃子が有名です。

我々の年代だと、「うなぎ=浜松」のイメージが強く、うなぎの生産量も静岡が日本一ではないかと思われている人が多いと思いますが、実は日本で一番うなぎの生産量が多いのは鹿児島県なのです。静岡県は第4位です。

しかしながら、過去の栄光?うなぎ屋さんの軒数については、静岡県、特に浜松市が一番なのです。

そして特徴的なのは、浜松は日本の中間点あたりなので、関東風、関西風、両方のお店が市内に混在しているという点。なかなか面白いですね。


そこで今日紹介します「うなぎの佳川」は関東風のうなぎを食べさせてくれるお店です。

関東風のうなぎの特徴は、一度蒸すという工程が入ることによって「外はカリっと中はふんわり」と仕上がるのです。
うなぎの佳川

「うなぎの佳川」は、いわゆる大箱のお店で郊外型の和食レストランのような建物で目立ちます。
うなぎの佳川 (4)

店内も仕切りで囲われたテーブル席が多く、グループや家族連れの方をターゲットにしているようで、ゆったりと食事が出来るスペースが確保されていました。
うなぎの佳川 (2)

お品書きです。
うなぎの佳川 (3)

うなぎ以外にも定食や御膳のセットメニューがありました。

我々は「うな重(2,600円税別)」を頼むことに。
うなぎの佳川 (5)

「うな重」はうなぎ一切半使われています。ちなみに「上」は1尾使われています。
うなぎの佳川 (6)

国産うなぎにこだわっていて、そして焼き方にも特徴があります。(もっとも、こちらのお店に限らず浜松のうなぎ屋さんでは、浜松産うなぎと謳えないところは辛いかも?)

溶岩石焼という溶岩石を熱して、その遠赤外線で焼くことによって、関東風の特徴である「外はカリっと中はふんわり」を、より強く感じさせてくれるように仕上げているのです。

タレも、創業40年を越える間、継ぎ足しているようです。

食べてみると、確かに「外はカリっと中はふんわり」と仕上っていましたが、でも浜松に来て食べた甲斐があったと思わせてくれるほどではなかったです。言ってみれば無難な味だったかもしれません。^^;

小鉢・吸物・漬物が付いていました。
うなぎの佳川 (7)

吸物は肝が入っていました。

今年以降もうなぎの稚魚、しらすの漁獲高が厳しいのが続くと言われています。だんだんと庶民の手の届かないところに行ってしま「うなぎ」でしょうか……?寂しいですね。ご馳走様でした。

うなぎの佳川
静岡県浜松市中区船越町53-4
TEL 053-464-5300 
月~土
ランチ11:30~14:30
ディナー17:00~20:30
日・祭日
11:30~20:30
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

BS-TBSの人気番組「吉田類の酒場放浪記」。

私も興味のあるお店のときは録画して観ています。

紹介されるのは主に都内のお店が多いのですが、たまに地方にもロケに出ていて、石川県では金沢に一度、北陸に一度来ています。

吉田類さんを観ていると、本当にお酒が好きなのだなぁ~、といつも感心しています。

その吉田類さんは、毎年一度、石川テレビの「吉田類の地酒に乾杯」という特別番組のために石川県のお店を巡っているのをご存じでしょうか?

番組自体は石川県の酒蔵を紹介するのが目的の番組ですが、その中では県内のおいしいお店についても紹介をしています。興味のある方は次回の放映(2019年冬?)をお楽しみに!

さて、今日紹介します山中温泉の天ぷら割烹「たねだ」というお店は、前述のBS-TBS「吉田類の酒場放浪記」北陸の回で石川県内で唯一紹介されたお店なのです。
たねだ

お店の冠に天ぷら割烹と付いているように、天ぷらを中心に色々な料理を楽しめる割烹店です。

割烹というと敷居が高いように感じる方も多い思いますが、ここ「たねだ」はランチメニューは至って良心的な値段設定で、気軽に楽しむことが出来るといううれしいお店なのです。

場所は山中温泉の中心「菊の湯」のある広場に面しています。

お店自体は3階建ての自社ビル?の1階にあって、カウンター、小上がり、座敷と広い店内、そこをお昼はご年配のご夫婦で切り盛りされていました。
たねだ (3)

吉田類さんのサインとBS-TBSの「吉田類の酒場放浪記」番組ポスターが張られていました。
たねだ (4)

お昼のお品書きはこんな感じ。
たねだ (5)

夜の一品料理もホワイトボードに書かれていました。

私は、お昼の品書きから、天ぷらがウリということ、そしてお値段もお手頃だったので、上天ぷら定食(1,350円)を頼むことにしました。

オーダーが入ってから揚げはじめます。10分ほど待って出されたのがこちら。
たねだ (7)

メインの天ぷらに小鉢が2皿、漬物、そしてご飯と味噌汁という内容。
たねだ (9)

こちらは「中華くらげときゅうりの和え物」と漬物、味噌汁です。

ご飯は普通のご飯茶碗で、普通盛り。そのかわりお代わり自由でした。個人的には最初からたくさんではなく、この方がうれしいです。案の定、お茶碗一杯でちょうどお腹が満足となりました。ご飯は美味しかったです。

肝心の天ぷらのほうも、さすがに良かったです。エビも頭もしっかり揚げた状態で添えられていました。
たねだ (8)

野菜や魚も色々盛られていて、この値段としては満足度高かったと思います。ちなみにネットで調べたら野菜は自家菜園で作っているということです。(この暑い時期の野菜までそうなのかはわかりません)
たねだ (13)

定食にはランチ時はコーヒーが付いてきましたが、夏だったので自動的にアイスコーヒーでした。

いつも思うのですが、温泉地にある割烹をはじめとする和食のお店って、客層はやはり地元の人なのでしょうね?

ランチを食べに来ていたのは地元の方のようでした。夜はどのようになっているか興味のあるところです。吉田類さんのように「地酒に乾杯」といきたいところです。ご馳走様でした。

たねだ
石川県加賀市山中温泉薬師町ム-29
TEL 0761-78-1214
11:30~14:00
18:00~23:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

神奈川県には、横浜や箱根などはよく行きますし、昨年は小田原にも行きました

しかし、湘南・江の島辺りには行く機会はほとんどありません。

今回たまたま辻堂に行くことがあり、お昼ご飯を食べに入ったお店について書きたいと思います。
五島

お店の名前は「天ぷらと天丼 五島」。場所は辻堂駅のすぐ近くですが少し路地に入ったところにお店はあります。
五島 (2)

お店の前にメニューが掲げられていますが、これ以外にも種類があって、店内のお品書きにはもっとたくさん書かれていました。お昼も夜も同じお値段のようです。

店内に入ると、ご夫婦でしょうか?お年配のお二人で切り盛りされていました。

小さいお店でカウンター6席と小上がりに3卓。でもこれで20名ほど入れますね。

関東の天ぷらのお店なので、当然、関東風の天ぷらを食べさせてくれます。

関東風は衣に卵を混ぜゴマ油で揚げますが、関西風は卵を入れずにサラダ油で揚げる違いがあります。

天つゆも違いますが、基本、関東のほうが天ぷらも天つゆも濃い色となっています。

我々は4人で、各々好きなものを頼みました。結果、全員別なものを頼むことに。

値段は丼が1,050円。定食が1,550円とわかりやすい設定です。
五島 (7)

私はかき揚げ丼です。蓋付きの丼で出されます。かき揚げが丸いのでそれほど蓋からはみ出していませんでしたが、他の人のはしっかりはみ出しているほど。一目見ただけでボリュームがあるとわかりました。
五島 (8)

実際、上に乗せられているかき揚げのボリュームがすごかったです。衣も厚かったしタネの種類と量も多かったです。

蓋を開けるとゴマの香りがほんのりとします。しかし、それほど強くなかったので、油はブレンドして使っているのかもしれません。

使われているタネは小海老・イカ・小柱・オクラ・さつまいも・なす・かぼちゃ・玉ねぎなどなど。本当にたくさんの種類が使われていました。

タレもたっぷり目にかけられていました。それほど甘くなく、私の好みの味でしたね。

最初、ボリュームがあっても食べきれるかな?と思っていましたが、かき揚げのボリュームが意外と多くて、ご飯を残してしまうことに。^^;

衣の厚みが思ったよりあったためです。
五島 (6)

赤だしと白菜の漬物も付いています。この白菜の漬物はボリュームある天ぷらの丼には口直しに欠かせないお供でしたよ。

一緒に行った人が食べたものも紹介していきます。
五島 (3)

こちらは「海老、魚、野菜天丼(1,050円)」。たぶん、私のかき揚げ丼のタネと同じような感じでしょうか?
五島 (4)

こちらは「いか野菜天丼」です。いかの厚みがすごかったです。
五島 (5)

この「えび天丼」だけは色味があまりありませんね。とは言っても天ぷらは丼に一緒に盛られているとビジュアル的には何が何だかわからないのがつらいところです。^^;

しかし、他の3名も味とボリュームとも満足していたようです。

この値段でたっぷりボリュームで揚げ立ての天ぷらが食べられるというのはうれしいですね。ご馳走様でした。

天ぷらと天丼 五島
神奈川県藤沢市辻堂2-6-6
TEL 0466-36-5500
11:30~14:00(L.O.)
17:00~21:30
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ここは、「中目黒いぐち」という焼肉の人気店の新業態のお店です。

少しややこしいのですが、店名に「中目黒」と入っていても、場所は恵比寿です。

そして、お店の場所も宝探しのような、看板も案内もなしという秘密のアッコちゃん真っ青の秘密基地のようなお店なのです。

ビルは本当に古いペンシルビルでエレベーターもありません。その5階にお店はあります。

まぁ、今の時代、スマホのナビ機能を使えば、住所さえわかればその場所にたどり着けるので大丈夫だと思いますが、初めての場合、5階にあるお店まで階段を上がってく途中「本当にこんなところにあるの?」といった不安を覚えるようなところです。

たぶん、カメラか何かついているのでしょう?我々が5階まで行くと、お店の人がドアを開けて迎えてくれました。

この「中目黒いぐち」のグループは、現在、都内に6店舗展開しています。

狭いお店で、一枚板のカウンターに席が8席ほど。他に個室も一部屋ありました。

今回我々は東京の友人夫妻と一緒に4名で伺い、カウンター席に座りました。
中目黒いぐち 上ル

カウンター内には「五葉松」が置かれていて、ライトアップされています。全体的に暗い店内に一つのアクセントをつけていますね。

「天麩羅・串揚げ おまかせコース(税別4,980円)」というメニューのみしかありません。全23品ついています。

旬食材を少量多種で出される「いぐち・スタイル」といういわゆるピンチョススタイルで提供されます。鮨屋の「おまかせ」一本のお店のようですね。

鮨も天ぷらも、新鮮なネタを目の前で握って(揚げて)すぐに食べるのが美味しい料理なので、このスタイルは私も好きです。
中目黒いぐち 上ル (2)

黒七味や一味などは京都の原了郭さんのを使っていました。
中目黒いぐち 上ル (4)

まずは生ビールで乾杯です。

一応、鶏と豚肉が苦手だということを伝えたところ、その代わりに最後の〆のラーメンに変更してくれるとのことでした。

「中目黒いぐち」定番の品が最初のほうに出されます。
中目黒いぐち 上ル (8)

最初に出されたのは「フランス産フォアグラのコロッケ」。最初から濃いめの一品ですね。手前のほうにはお塩が振られています。
中目黒いぐち 上ル (12)

こちらは「季節の茶碗蒸しをワンスプーンで」と銘打たれた品。上品なお出汁でした。
中目黒いぐち 上ル (13)

「ひと口カツサンド」と「8時間かけて取った贅沢鶏スープ」です。このスープが最後の〆のラーメンにも使われるのですね!?
中目黒いぐち 上ル (15)

「野菜の和サラダ」。
中目黒いぐち 上ル (18)

ここからおすすめ天ぷらが出されます。
中目黒いぐち 上ル (16)

まずは「北海道十勝 新田牧場より空輸 大地のほっぺのホクホク天ぷら」。まさにホクホクの味です。
中目黒いぐち 上ル (17)

「口直しの大根おろし」のあとは、
中目黒いぐち 上ル (20)

「車海老」。油切れがよく、カラッとしつつもジューシーな仕上がりです。
中目黒いぐち 上ル (21)

「キス」と「イカ」。
中目黒いぐち 上ル (22)

「江戸前穴子」は添えられているスポイトの中のタレで食べます。
中目黒いぐち 上ル (23)

こちらは「鶏天」ですが、私は食べません。
中目黒いぐち 上ル (24)

「レンコン」も食感よく。
中目黒いぐち 上ル (25)

「しいたけ」。こちらは肉の代わりに出されました。

ここからが「おすすめ串揚げ」に変わります。
中目黒いぐち 上ル (27)

左が「懐かしいハムカツ」。右が「子持ち昆布」。
中目黒いぐち 上ル (28)

他の人には「豚ロース」と「牛ヒレ」が出されています。
中目黒いぐち 上ル (29)

こちらは「かき揚げ」で、ニンジンを使っていました。
中目黒いぐち 上ル (30)

こちらは、天ぷらに戻って季節のお野菜4種としてだされた、右から「さつまいも」「銀杏」「マシュルーム」「アスパラ」です。

以上が、天ぷらと串揚げで出された品です。
中目黒いぐち 上ル (32)

そして、肉の品の代わりに私に出してくれたのが、「8時間かけて取った贅沢鶏スープで作ったらーめん」です。これは妻と半分にシェアした量です。

麺は少し柔らかめでした。でもスープがやはり美味しいのでラーメンとしても完成度が高い逸品でした。
中目黒いぐち 上ル (14)

私は生ビール一杯の後はハイボールに切り替えています。
中目黒いぐち 上ル (7)

日本酒も色々あって、私以外は日本酒を飲んでいました。
中目黒いぐち 上ル (26)

お酒もだいぶ飲んだようで、一人1万円強かかりましたが、値段以上の満足感があったと思います。

少量ずつ、色んな種類の味を楽しめ、酒呑みにはたまらないお店でした。おすすめの一軒です。ご馳走様でした。

中目黒いぐち 上ル
東京都渋谷区東3-25-6
 楠ビル5F
TEL 050-2018-3414m
17:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

神保町はいまでは学生の街ですが、書店&古本屋の街でもあります。

地下鉄神保町周辺では、平日でもご年配の方々(だけではありません)が古本屋で掘り出し物をだ探していらっしゃいます。

そのため、このあたりのお店の中でも老舗と言われる飲食店も多く存在しています。
はちまき

書店の街と言うことで、昔から文化人が多く訪れる街としても知られていますが、今日紹介します天ぷらのお店「はちまき」は、昭和初期に創業して、戦後の昭和20年代からいまの場所で営業を続けていられる老舗のお店です。
はちまき (12)

昭和の時代の常連には江戸川乱歩や井伏鱒二といった文化人が名を連ねていて、店内にも昭和の時代の古き良き時代の写真がたくさん飾られていました。
はちまき (2)

老舗の天ぷらというと、お値段もそこそこして敷居が高そうに思えますが、こちらのお店は非常に良心的なお値段で美味しい天ぷらを食べることが出来ます。

今回、我々は夜に伺いました。

お店の標準コースだと5,000円ですが、リーズナブルな宴会プランもあって、我々はそちらをお願いすることにしました。3,500円です。

コース内容としては、先付けとお造り3点、そして天ぷらが8品、ご飯、味噌汁、デザートが付いてきます。一応、滞在可能時間が2時間30分となっていました。
はちまき (4)

まず最初にサッポロラガービールを頼みます。生ビールはありませんでした。
はちまき (3)

先付けはお酒のアテになりそうなものばかりです。
はちまき (5)

お造りです。イカ、ホタテ貝柱、アジが少量ずつです。

メインの天ぷらは、2回に分けて運んでくれます。天ぷらは出来立てをカウンターで食べるのがいいのですが、テーブル席だったので止むを得ません。

後で調べたら、希望の回数に分けて持ってきてもらうことも可能なようです。
はちまき (8)

かぼちゃ、海老、しし唐、穴子。
はちまき (9)

ピーマン、キス、海老、ナスとあと一品、何だったかな?

HPでは8品になっていましたが、9品出されました。

毎朝築地市場で仕入れた魚介や野菜がタネとなっています。ただ食材自体は江戸前かどうかはわかりません。

こちらのお店では、高級なとうもろこし油とごま油をブレンドしているようです。油切れも良く香ばしい仕上がりの天ぷらでした。美味しかったです。
はちまき (10)

ご飯とお味噌汁も付きます。
はちまき (11)

そしてデザート。
はちまき (6)

お酒のほうは私はハイボール。後は日本酒などを適当に頼んで、締めて一人6千円強でした。少しお酒を頼み過ぎたようです。^^;

老舗の天ぷら屋でありながら、リーズナブルに美味しい天ぷらを楽しむことが出来るいいお店でした。そうそう!ランチメニューもお得な感じでしたよ!ご馳走様でした。

はちまき
東京都千代田区神田神保町1-19
TEL 050-5592-6225
月~土
11:00~21:00
日・祭
11:00~20:00
無休(元旦はお休みのようです)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ