あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 洋食系

片山津の小高い丘に建つ「ホテルアローレ」。
ベラヴィスタ (26)

広い敷地にホテルや結婚式場、大人数がパーティできる会場、温泉やプールまであって、この辺では珍しいリゾートホテルです。

ただ、過去においては経営的には厳しくて、運営会社が確か2度ほど変わっています。

とある平日、午後から通院のため休みを取った日。ランチを食べるために久しぶりに行きました。

いいお天気だったので、ホテルを一周して写真を写しました。
ベラヴィスタ (24)

晴れた日は緑と青い空に囲まれたホテルの施設が輝いて見えました。

ホテルアローレには、日本料理の「竹翠」とイタリア料理が主の「ベラヴィスタ」の2つのレストランがあります。
ベラヴィスタ (2)

「竹翠」については過去に書いたことがありますが、「ベラヴィスタ」は初めての紹介です。
ベラヴィスタ (5)

「ベラヴィスタ」のランチタイムは、選べるメインディッシュにビュッフェ形式の前菜や主食、デザート食べ放題が付いているイタリアンランチバイキング。

メインディッシュの内容によって値段が違う設定です。
ベラヴィスタ (6)

こちらのように、Aコース(大人税別1,800円)、Bコース(大人税別2,300円)、Cコース(大人税別2,800円)の3つで、さらに平日は限定の2,000円のキャンペーンコースの設定がありました。

11月は「能登牛・能登豚のハンバーグ チーズのせ」で、私はこれにすることに。

2種類のチーズとイタリアの野菜のトマト煮込み「カポナータ」が添えられていました。

ベラヴィスタ (15)
意外とボリュームがあって、これだけでも十分お腹がふくれそうです。
ベラヴィスタ (9)

こちらのメイン以外はビュッフェ形式なので、自由に好きなものを好きなだけ取ってきて食べることが出来ます。

前菜・サラダ・ピザ・パスタ・デザートなど一通りのものは揃っていて種類も満足できる内容でした。
ベラヴィスタ (13)

私はそれほど多くは取らないでおこうと思うのですが、ついついあれもこれも!となってしまいます。
ベラヴィスタ (16)

あと、食後のデザートにコーヒー。

食べ残すのは嫌なので、これら取ってきたものはすべて食べました。おかげで満腹です。

なので、私はホテルの朝食は別ですが、レストランではあまりバイキングのお店や食べ放題には行かないようにしています。^^;
ベラヴィスタ (17)

窓の外には白山連峰の山並みや柴山潟が見え、ホテルの敷地の池や木々の緑を眺めながら、ゆったりとした食事を楽しめるのは、リゾートホテルだからこそ。ご馳走様でした。

テラスレストラン ベラヴィスタ
石川県加賀市柴山町5-1
 ホテルアローレ1F
TEL 0761-75-8000
ランチタイム11:30~15:00(L.O.14:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の山中湖と東京への旅行。東京では友人夫妻とディナーを楽しみました。

お店は池尻大橋にある「Don Giovanni(ドン・ジョバンニ)」というイタリア料理のお店です。モーツァルトのオペラ曲「ドン・ジョバンニ」と同じ名前ですね。
ドン・ジョバンニ

400年前から伝わる伝統的なイタリア・フィレンツェの本場そのままの味が楽しめることで人気のレストランです。

今回、こちらのお店をチョイスしたのは、石川県能美市仏大寺の人気のイタリア料理のお店「イタリア料理 イル ボッツォロ」の女性シェフが、ここで修業されたことがあるからです。

実は、今回ご一緒した東京の友人夫妻が石川県に来た時に、ランチで「イル ボッツォロ」にお邪魔したことがあって、その時にお話を伺って知ることとなりました。

夫妻は前に池尻大橋のこちらのお店の近くに住んでいたことがあるのです。これも何かのご縁ということで今回お邪魔しました。
ドン・ジョバンニ (8)

「Don Giovanni」のオーナーシェフはイタリアフィレンチェ生まれのジョバンニ・チェンニさん。店内に彼の若かりし頃の写真が飾られていました。

行った時はちょうど彼はイタリアに帰国中で、日本人の奥さまが色々お話してくださいました。
ドン・ジョバンニ (4)

こちらは店の前に出されていた一部メニューです。
ドン・ジョバンニ (28)

店内はこんな感じでアットホームな雰囲気のレストランでした。
ドン・ジョバンニ (7)

まずはスプマンテで乾杯です。
ドン・ジョバンニ (9)

最初に出されたのはイタリア語で「小さなトースト」と言う意味の「クロスティーニ」。細かく刻んだ野菜のマリネのようなものを乗せて食べます。
ドン・ジョバンニ (10)

アンティパストは、「自家製サラミと生ハムの24ヶ月熟成、カプレーゼ、サラダの盛り合わせ」。

とろ~りとした食感の生ハムでした。
ドン・ジョバンニ (11)

続いての「ムール貝の白ワイン・レモンペッパー蒸し」は、宮城産だったかな?のムール貝をレアに仕上げてあって、スープは、本場簿イタリア料理の塩気の多く効いた味ではなく、ほどよい塩気と酸味で飲み干せるほど。

このあたりは日本に長年住んでいるジョバンニ・チェンニさんが、日本人の舌に合った感じで仕上げてくれていますね。
ドン・ジョバンニ (12)

今回、プリモピアットとしてパスタはオーダーしていなくて、「ポルチーニと栗のリゾット」を頼みました。
ドン・ジョバンニ (13)

イタリアから取り寄せた、こちらの大きな生ポルチーニ茸を使用しています。生のポルチーニ茸を食べるのは久しぶりです。
ドン・ジョバンニ (14)

チーズの匂いに負けないポルチーニ茸の風味がライスに染み込んでいます。

このような旬の味覚を日本で食べることが出来るとはうれしいですね。
ドン・ジョバンニ (17)

セコンドピアットの魚料理は、こちらは鯛のアクアパッツァのようですが、確かグリルしているとか話されていたような気がします。^^;
ドン・ジョバンニ (18)

美味しかったです。

肉料理は「タリアータ」。焼いた牛肉を薄く切って皿に盛りつけるシンプルなイタリア料理のことで、フィレンチェの名物料理の一つだそうです。
ドン・ジョバンニ (19)

こちらは牛のティーボーンのロース肉を使用して、バルサミコソースで濃厚な肉のうま味を飽きがこないように食べさせてくれました。

赤ワインにピッタリです。
ドン・ジョバンニ (15)

飲んだのはLionello Marchesi社の「Poggio Alle Sughere Morellino di Scansano(ポッジョアーレ スゲーレ モッレリーノ・ディ・スカンサーノ)」。

黒ブドウ品種サンジョヴェーゼを使った赤ワイン。カベルネ・ソーヴィニヨンも10%含まれていています。

あと食後には強いお酒グラッパを飲んでいました。
ドン・ジョバンニ (23)

こちらはグラッパの中で人気のベルタ社「GRAPPA INVECCHIATA ELISI(グラッパ・ディ・バルベーラ・カベルネ・ネッビオーロ エリージ)」。辛口のグラッパでボトルの裏ラベルに日本語で「福祉のエリージ」と書かれていました。

「ベルタ蒸留所は ミラノにある 精神的、知的障害者の社会参加をサポートするための非営利団体『友愛と友好協同組合』のプロジェクトを支援しています」ということらしいです。
ドン・ジョバンニ (24)

最後のドルチェは、まずこちらはイタリアの家庭で作られるジェラート「セミフレッド」。チョコチップが散りばめられています。
ドン・ジョバンニ (25)

2つめは「チョコレートムース」。アーモンドのような香りを持つリキュール「アマレット」がアクセントでした。
ドン・ジョバンニ (29)

我々は飲んでいませんが、こちらはイタリアの都市ポルト チェザレオのリキュールで「Mirto Terra dei venti」です。

以上4名で飲み食いして、締めて5万円ほど。お酒をだいぶ飲んでいるので納得のお値段でした。

さすがフィレンチェで生まれ育ったオーナーシェフのお店。本場の味を楽しむことが出来て、さらには日本人の口に合うように仕上げられている料理の数々。今回、残念ながらオーナーシェフのジョバンニ・チェンニさんにお会いすることが出来ませんでしたが、とても楽しむことが出来たのでよかったです。ご馳走様でした。

Don Giovanni(ドン・ジョバンニ)
東京都世田谷区池尻3-21-33 セリーヌ池尻大橋1F
TEL 03-6453-2697
ランチ(木~日)12:00~15:00(L.O.14:00)
※祝日月曜ランチ営業
ディナー(火~土)18:00~23:00(L.O.21:30)
(日)2:30(L.O.21:00)
月・火曜(隔週)休
※火曜は予約があればオープン可能


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京出張の時は東京の会社の仲間と飲むことがあります。

まぁ、そんな時は居酒屋に行くことが多いのですが、今回は少し年代が若い人たちと行くことになり、ちょっと違ったジャンルのお店に行くことに。

個人的にはバル・バール、ビストロなども大好きなのでWelcome!です。
ZAPPA

今回お邪魔したのはJR水道橋駅からほど近い場所にあります「ZAPPA(ザッパ)」という、イタリア系なのでいわゆるバールのお店です。

とても古いビルの1階にありました。
ZAPPA  (4)

内装は昔のパブのような感じです。
ZAPPA  (3)

カジュアルなお店で若い人向きかもしれません。
ZAPPA  (5)

料理のコースは2,300円のフランクコースから設定がありました。

我々は2,800円のザッパコースにしました。そして+1,500円で飲み放題も付けることに。。なお飲み放題は2時間です。
ZAPPA  (6)

まずは生ビールで乾杯です。

では、出てきたものを紹介していきます。ただし最初にお断りしますが、この日は色々話が弾んで、料理の説明を聞いてなかったケースが多々あり、食材などの内容が不確かなことがあるかもしれません。
ZAPPA  (7)

まず出されたのは「シャキシャキ葉野菜のサラダ」です。こちらは少し食べた後に写しました。
ZAPPA  (8)

「惣菜3種盛合せ」は「俺のポテトサラダ」「スモークサーモン」、あと一つは肉系で食べなかったのですが何かな?「鶏レバーのコンフィ」かな?滑らかな食感のポテトサラダ美味しかったです。

料理は大皿で出されますが、大体、この一皿に3.5人前ぐらいの量だと思います。
ZAPPA  (10)

パンはフォカッチャが出されました。
ZAPPA  (9)

こちらは「シャルキュトリー3種盛合せ」です。生ハム・サラミ・パテドカンパーニュ。
ZAPPA  (12)

「鮮魚のカルパッチョ」は、魚は何だっただろう?サワラさったかな?
ZAPPA  (13)

「自家製ソーセージ」は太めのを3人でシェアして食べます。ジューシーでした。
ZAPPA  (14)

「鯛のアクアパッツァ」だったと思います。
ZAPPA  (15)

こちらは「牛リブロースのグリエ」。ポテトフライがたっぷりと添えられていました。

今日のパスタは「懐かしの俺のナポリタン」。飲み放題でこのあたりはだいぶ酔いが回っていて写真撮り忘れていますね!?^^;

ボリュームがあって懐かしい味のナポリタン。美味しかったですよ。
ZAPPA  (16)

最後にはデザートも付いていました。

この料理内容で一人2,800円のコースは、とてもお値打ち感があって味的にも満足できました。
ZAPPA  (11)

あと、飲み放題は、ビールはもちろん、ワインやハイボールなどもokで、白はミネラル感のあるものでした。この日は呑み助ばかりいたので、相当の量飲んでいます。お店も持ち出し確実だったでしょう?

料金は一人4,800円ほどだったのでコスパも最高でした。ご馳走様でした。

ZAPPA(ザッパ)
東京都千代田区三崎町2-10-5
 カズクニビル1F
TEL 03-3230-2233
月~金17:00~23:30(L.O.23:00)
土16:00~23:00(L.O.22:30)
日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

飲食業の世界では前のお店が閉店になったあとを、ほぼそのままの形で引き継いで新しいお店をオープンすることが多々あります。

それを居抜きというらしいですが、飲食店に限らずかもしれませんが初期投資はなるべく抑えたほうがいいことは間違いないことです。

今日紹介します能美市辰口に10月13日オープンした「サムライボゥラーズ」は、この同じ場所でのここ3年ほどで3軒目の運営者変更になります。

前は「Lanit cafe Joki(ラニ カフェ ヨキ)」、そしてその前は「SORA cafe」だったところです。
サムライボゥラーズ

辰口丘陵公園の近くで、仏壇屋さんの隣の細いわき道から入る、少しわかりにくい場所にあります。
サムライボゥラーズ (2)

外部はこちらの写真ですと、違いはシュールでポップ?なイラストが飾られているくらいかな?
サムライボゥラーズ (6)

あと、手作りのデッキテラスが増設されています。
サムライボゥラーズ (5)

店内はほぼそのまま居抜きで使っているようです。
サムライボゥラーズ (8)

天井には「SORA cafe」のときの「空」が描かれたままです。
サムライボゥラーズ (19)

さて、「サムライボゥラーズ」のオーナーは県外より移り住んできた方。なぜ能美市に縁が出来たのかなどわかりませんが、何れにせよ昨今このような方が増えてきているようです。うれしいことではありますね!?

さて「サムライボゥラーズ」は、洋食系の食事が出来るカフェといったところでしょうか?
サムライボゥラーズ (7)

ランチメニューがこちらです。

特徴としては、健康に気を使った糖質オフのメニューが色々あるということです。
サムライボゥラーズ (10)

こちらはスイーツとドリンクメニューです。

私は、ランチメニューの中から「押し麦で作るシーフードドリア」を頼んでみました。

妻は「鶏ハムと塩こうじハンバーグ」です。

各、サラダとスープがセットになったAセット(税込1,100円)、それにドリンクが付いたBセット(1,300円)、さらにデザートが付いたCセット(1,600円)というラインナップでした。

私はA、妻はCを頼んでいます。
サムライボゥラーズ (12)

まずサラダとスープが出されます。

サラダは、この時期出回っている地元レモンを絞ってオリーブオイルをかけて食べてください!と言われたのでその通りに食べます。ヘルシーです。
サムライボゥラーズ (14)

もちろんドレッシングも用意されていました。

スープは野菜のうま味だけ?で作られた味だと思います。
サムライボゥラーズ (16)

そして私の食べた「押し麦で作るシーフードドリア」がこちらです。
サムライボゥラーズ (17)

ベシャメルソースの下に「押し麦めし」が現れます。

「押し麦」とは、精白した大麦に水と熱を加えてローラーで押したもののことで、メニューに書かれている説明では、別名「食物繊維の宝庫」と言われるもので、お米よりも糖質が低く血糖値の上昇を抑える役目もあり、水溶性食物繊維を多く含んでおり腸にもやさしい、皮膚や髪の健康維持にも、貧血対策にもおすすめのカラダにやさしい食材なのだそうです。 

そんなにお米のご飯と違和感ない食感で美味しくいただくことが出来ました。
サムライボゥラーズ (13)

妻の「鶏ハムと塩こうじハンバーグ」です。ハンバーグは合挽き肉で小さめのサイズでした。
サムライボゥラーズ (15)

ご飯は五穀米でした。

チョイスしたデザートはベイクドチーズケーキ。こちらのは糖質10g以下に抑えたもの。
サムライボゥラーズ (18)

小麦粉の代わりにおからパウダー、砂糖のかわりにエリスリトールという代替甘味料などを使っていて、トッピングのソースも砂糖を使わずベリーとエリスリトール、レモン汁で煮詰めたもの、生クリームにも砂糖の代わりにエリスリトールを使用して糖質10g以下を実現しています。

私も一口食べましたが、焼いてあるのですが、何となくレアな食感で自然な甘さで美味しかったですよ!

ドリンクはコーヒーを頼んでいます。

さて場所的には正直厳しいところではないかと思いますが、末永く能美市で頑張っていただければうれしいです。ご馳走様でした。

サムライボゥラーズ
石川県能美市辰口町631-1
TEL 0761-27-2376
営業時間は夜営業も始められるようなので後日記載


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市から軽海~中ノ峠を経て鳥越に抜ける国道360号の途中に原町というところがあります。

平安時代に書かれた「平家物語」の中に、平清盛の寵愛を受けた仏御前の物語が載っていますが、その仏御前が生まれた町が、ここ原町なのです。

そんな山あいの町に一軒の新しいカフェが8月14日にオープンしました。
陽だまりcafe (5)

ただ新しく店舗を作ってということではなく、古民家を改装してカフェにしています。

お店の名前は「陽だまりcafe」。

10月の初旬、まだ夏の余韻が残る休日に、妻と二人でランチを食べに出かけてきました。

ご年配の女性の方と、年齢的には女性のかたよりはだいぶ若い男性の方、お二人で切り盛りされていました。親子でしょうか……?お店と同じところに住んでおられるようです。

男性のほうがシェフで、彼は金沢の「RESTAURANT BAR GRILL & GRALL」で働いておられたようです。

外観は元々あったのでしょうか?玄関のところに小さな屋根が付いていて、原色でペイントされています。でも、この彩色は何となく違和感が……?^^;
陽だまりcafe (8)

店内はカウンターの設置や厨房まわりはだいぶ改装されていますが、客席のある壁や窓は前のままに少し手を加えた程度です。
陽だまりcafe (19)

行った日も雨上がりで天気が回復に向かうとき。店名のような「陽だまり」になってきました。窓の外には、間近に山が見えて、雨上がりだったため緑と空の青さがきれいでした。
陽だまりcafe (6)

ランチメニューです。ほかランチタイム以外のメニューが色々ありました。
陽だまりcafe (7)

ジャンルとしては洋食ですね。

この日のおすすめは「オムライス」でしたが、何かメリットがあるのかは聞かなかったのでわかりません。

私はこの中からお店の名前が冠されてる「陽だまりプレート(880円)」にしてみました。

我々の前に先客が2組いたのですが、1組はすでに食事中で、もう一組2名のお客さんの次だったのですが、シェフお一人で料理を担当されていて、出されるまで少し時間がかかりました。
陽だまりcafe (17)

「陽だまりプレート」は、内容的にはハンバーグとサーモンソテー+サラダ&ライスと一緒にワンプレートで出されます。別に自家製?ピクルスも添えられていました。食器やトレーはシンプルで余計な飾りはありません。
陽だまりcafe (18)

反対側から見るとロコモコ丼のようなビジュアルです。

ハンバーグとサーモンソテー、奇をてらった感じではなくシンプルに美味しかったです。

妻のほうは限定5食の「ステーキ丼(880円)」です。
陽だまりcafe (15)

まぁ、ステーキというよりローストビーフのような感じですが、たっぷり盛られていてお得でした。
陽だまりcafe (16)

味の方もよかったようです。
陽だまりcafe (20)

ランチにはセットドリンクが付いてきますが、私は紅茶で妻は棒茶を頼みました。

この場所でお店をやるようになった経緯などお聞きしないのでわかりませんが、営業的にはなかなか難しい場所ではないかと思いますが、頑張ってほしいと思いました。ご馳走様でした。

陽だまりcafe
石川県小松市原町参号17
TEL 0761-58-1539
11:00~20:00(ランチタイム11:00~14:00)
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ