あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 洋食系

能登半島には穴水、中島など、牡蠣の産地として有名なところがあります。いわゆる「能登かき」のブランドとして知られていますね。

さて、私とは昔から色々なところでお付き合いがある、加賀市出身の北出さんという方がいます。
北出さん

彼は住宅建築など手掛ける工務店の社長から、釣りのルアーの世界的な会社に転身して、シンガポールを拠点に世界中を飛び回り、その後日本法人の社長を務めていたという、少しユニークな経歴を持つ人間です。

今度は、能登で牡蠣の養殖の会社にご縁ができたということで、昨年家族揃って七尾に転居してきました。

今回、彼に久しぶり…たぶん10数年ぶり?に会うことが出来、元気な姿を見てうれしかったです。
瀬上水産4

彼の仕事場は、七尾湾の西湾でも最南端に位置していて最も多くの小河川が海に流れ込むところにある、瀬上水産という七尾市の奥原地区で能登牡蠣をやっている会社で、今回そこが「オイスターガレージ389」というオイスターバー形式のレストランをオープンさせたのです。
瀬上水産5

冒頭書きました穴水や中島と並び、奥原地区でも美味しい牡蠣が養殖されています。

こちらの牡蠣は、ミクロン単位の濾過フィルターや紫外線UVランプを通過させた水により作られる「滅菌海水」で処理されていて、成分検査で生食用として認められ安心・安全。

その中でも大きなサイズで芳醇な牡蠣は「奥原プレミアム」と呼ばれ、その牡蠣を堪能できるレストランが「オイスターガレージ389」なのです。
オイスターガレージ389 (3)

場所は和倉温泉街から南へ3kmほど。西湾が見えてきたら、この電柱の小さな目印のところを左折するとお店があります。
オイスターガレージ389

外観はまさにガレージそのもの。

しかし店内はきれいにリニューアルされています。
オイスターガレージ389 (4)

お店は現在は予約のみの営業で、ご覧のようにカウンター10席のみで非対面レイアウト。隣との席の間隔は十分とってあって、間にはアクリル板が設置されていました。

コロナ禍でオープンしているので、あえてこのような形式にしたようです。
オイスターガレージ389 (9)

メニューです。能登かきを使った色々な料理を楽しむことができます。

お店の一押しは「奥原プレミアム シンプルスチーム」。

牡蠣といえば直火で焼くイメージですが、本当に美味しい食べ方は蒸し焼きなのです。

これはカニもそうなのですが、直火だと水分が飛んでしまって、せっかくの旨みが失われてしまうからです。
オイスターガレージ389 (11)

Lサイズの「奥原プレミアム(税別3個900円)」がステンレスの鍋に入れられて出されました。4個あるのは追い牡蠣をしているためです。追い牡蠣は1個250円、2個450円、3個700円でした。

鍋の中には少量の水のみ。シンプルな料理法なので、牡蠣の良し悪しが風味に現れます。

オイスターガレージ389 (13)
蒸し上がりフタを開けると、湯気が立ち上ります。同時に磯の香りが鼻に抜けて早く食べたいという衝動が沸き起こります。
オイスターガレージ389 (18)

さすが「プレミアム」と名がつけられているだけに粒が大きく、私がいつもスーパーなどで買うものとはモノが違います。

牡蠣の旨みがそのまま楽しめ、ぷりんとした牡蠣の食感と塩梅も最高!マジでおいしかったです。
オイスターガレージ389 (15)

私は運転なので飲めませんでしたが、妻はソービニヨンの白ワインを飲んでいました。うらやましい。

お次は「奥原プレミアム しゃぶしゃぶ」。Lサイズ5個で1,650円(税別)。こちらも追い牡蠣しています。
オイスターガレージ389 (20)

出汁を取るために小さめの昆布が一枚入れられている鍋に、まず野菜を入れて野菜のうま味を出し、そのあと牡蠣を30秒ほどつけてポン酢で食べます。
オイスターガレージ389 (22)

先ほどの「シンプルスチーム」とはまた違った美味しさで、こちらも最高の牡蠣の食べ方ですね。
オイスターガレージ389 (23)

あと「味噌かきのコンフィ」を頼んでいます。
オイスターガレージ389 (21)

「メインに迫る究極のサイド」という触れ込みの逸品。2個で650円(税別)。

牡蠣を味噌仕立てにしバケットに乗せてトーストしてあります。牡蠣は味噌仕立ても合います。

こちらは「かきグラタン Tom's Style」。850円(税別)です。
オイスターガレージ389 (25)

オイスターガレージオリジナルのグラタンで、超濃厚なチーズの風味がクセになる味。上には牡蠣が乗せられ、ベシャメルソースの中には里芋が隠れています。

熱々のチーズと牡蠣の相性が思いのほかよかったです。車で来たのを後悔するほど、ワインが欲しくなる一品でした。

「奥原 スーペリアル カキフライ」など、ほかのメニューについても食べてみたかったのですが、この日は、この後もグルメツアーを継続する予定だったのでこの辺りでやめました。残念!
オイスターガレージ389 (24)

以上を飲み食いして5,400円ほど。お値段的にも満足です。北出さん、ありがとうございました。

次回は泊りで来たくなる一軒です。皆さんも是非どうぞ!ご馳走様でした。

オイスターガレージ389
石川県七尾市奥原町下389
TEL 0767-62-1616
11:00~14:00
17:00~21:00(L.O.20:30)
日曜夜、月曜休
※当面予約の方のみ
※予約の受付は営業時間のみです


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

当初、昨年春にオープン予定だった金沢港クルーズターミナルが、昨年の6月に延期されてオープンしています。
金沢港クルーズターミナル (22)

私のブログでも、こちらで紹介していますが、海と空の青さに映える白い建物は、石川県が建築した建物らしくない?かもしれません。
海の食堂 BAY ARCE (16)

私は前回のとき、梅雨の晴れ間のいいお天気の日でしたが、入ろうと思っていた施設内のレストラン「海の食堂 BAY ARCE(ベイ アルセ)」が多くの人が順番待ちしていたため諦めた経緯があります。

年を越してからは、その時ほどお客さんは来ないだろうと予想して、3月のとある土曜日のランチタイムに再訪しました。

読み通り、11:40頃で半分弱の入り。すんなり席に案内されました。

こちらのレストランはメイプルハウスが運営しています。先週「MAPLE HOUSE 本店」にいっているので、2週連続メイプルハウスのお店に行っていることになります。
海の食堂 BAY ARCE (7)

壁と天井は白とアクセントブルーが基調の明るい店内。床材とパーティション・テーブルは木調で柔らかい感じのインテリアになっています。
海の食堂 BAY ARCE (15)

また、こちらのレストランは客席フロアが3層になっていて、窓から一番遠い席でもオーシャンビュー!海がよく見えるようになっているのがGood。行き交う大型船舶を間近に見ながら飲食できます。

ただ、前回はとてもいいお天気で海も青かったのですが、この日は曇天で眺望はイマイチでした。
海の食堂 BAY ARCE (2)

ランチメニューです。

チョイスはベイアルセランチ(税込1,450円)とハントンランチ(ドリンク付きで税込1,400円)のみ。

ベイアルセランチは、この日のメイン料理はパスタが2種類と本日のライス、そして+400円となりますが特別シーフードとして、「魚介たっぷりブイヤベース」の、計4種類の設定がありました。ドリンクとデザートは追加料金が必要でした。
海の食堂 BAY ARCE

こちらの単品料理はランチタイム以降のメニューとなっていて、
海の食堂 BAY ARCE (4)

ディナータイムメニューも別にありました。。
海の食堂 BAY ARCE (5)

私はこの中から「魚介たっぷりブイヤベース」を頼むことに。
海の食堂 BAY ARCE (10)

まず前菜盛り合わせが出されます。魚より肉系が多かったです。

そしてメインのブイヤベース。
海の食堂 BAY ARCE (12)

こちらに使われている魚介は、能登ふぐ、能登がき、ワタリガニ、ムール貝、あさり、イカ、エビ。野菜も含めて色々な味を楽しめる内容です。

スープはトマトとサフランの風味が効いていて、魚介のうま味もたっぷり出ている感じがして美味しかったです。
海の食堂 BAY ARCE (13)

スープにバゲットを付けて食べると、これまた美味でした。

妻はパスタAの「生ハムとドライトマトのオイルソースパスタ」を頼んでいました。
海の食堂 BAY ARCE (14)

めちゃオイリーな感じではありませんでしたが、塩気がほどよい美味しいパスタだったと思います。

いまはコロナ禍で寄港できずにいますが、大型客船が着岸しているときなどは優雅な気持ちで飲食を楽しむことができそうです。

この日はお天気がいまいちでしたが、次回は太陽が出ているときにでも再訪できればと思っています。ご馳走様でした。

海の食堂 BAY ARCE(ベイ アルセ)
石川県金沢市無量寺リ65
 金沢港クルーズターミナル2F
TEL 076-214-4464
10:00~17:00
ランチタイム11:00~14:00(L.O.)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

全国各地には色々なブランド牛があります。

有名なものとしては、但馬・神戸(兵庫県)、飛騨(岐阜県)、松坂(三重県)、近江(滋賀県)、山形、仙台(宮城県)、宮崎、佐賀などが知られていますね。

これらのブランド牛は、お値段も相当高く取引されているので、気軽には食べることができないのではないでしょうか?

ただ残念ながら、私は肉が苦手なのでこの手のブランド牛には全く興味がないです。

牛肉は脂が少ない部位なら食べることができるので、逆にアメリカやオーストラリア産の赤身の肉のほうが嬉しいのです。

さて、そんなブランド牛ですが、石川県に能登牛というブランド牛があります。

調べてみると、「能登牛銘柄化推進協議会」の証明を受けた牛のみが「能登牛」と認可されているようで、現在、年千頭ほどが出荷されています。

そんな能登牛をウリにしている「てらおか風舎」というレストランがあることは前々から知っていました。今回「てらおか風舎 金沢店」に妻と行って、久しぶりに能登牛を食べてみることにしました。
てらおか風舎

本店は志賀町富来にあって、石川県にはほかには金沢店のみ。富山の小矢部のアウトレットにもお店があります。

元々、能登の老舗の肉屋さんだったところが展開しているレストランですね。
てらおか風舎 (23)

入り口には能登牛取扱店である証明盾がありました。
てらおか風舎 (6)

店内は広かったです。
てらおか風舎 (7)

2月の暖かい土曜日のランチタイムにお邪魔しましたが、お客さんの入りは3~4割程度。

我々の座ったテーブル席は、コロナ禍のため窓に向かって並んでの着席でした。
てらおか風舎 (3)

土日の休日メニュー。
てらおか風舎 (4)

こちらはハンバーグなど洋食メニューです。
てらおか風舎 (5)

私はこの中から「風舎ハンバーグとエビフライ(税別1,800円)」を頼みます。ご存じの通りハンバーグは食べられます。(^^;

プラス洋食のセットメニュー(税別500円)を頼んでいて、こちらのセットにはパンかライス、ミニサラダ、コーヒー・紅茶又はシャーベットが付いています。
てらおか風舎 (11)

まずミニサラダが出されます。
てらおか風舎 (17)

そして出された「風舎ハンバーグとエビフライ」がこちら。能登牛と国産牛が半分ずつの合挽きでした。
てらおか風舎 (18)

ソースがたっぷりで、切ると肉汁がたっぷり出てきています。真ん中の黄色いところです。

このハンバーグはさすがに美味しかったです。エビフライは小ぶりなが2尾。プリンとした食感で美味しかったです。
てらおか風舎 (16)

私はライスを頼んでいます。
てらおか風舎 (21)

そして食後はドリンクではなくシャーベットを頼んでいます。

妻が頼んだのは「能登牛ダイスカットランチコース(税別3,600円)」。
てらおか風舎 (9)

最初に「本日のスープ」。コーンポタージュです。
てらおか風舎 (10)

そして「能登牛生ハムのせ彩りサラダ」。この生ハムを見るとサシがきれいに入っていますね。
てらおか風舎 (12)

メインの「能登牛ダイスカットステーキ(120g)」。いろいろな部位が混ざっています。下には野菜がたっぷり敷かれているのもよかったようです。
てらおか風舎 (13)

こちらのソースをかけます。
てらおか風舎 (15)

パンは食べやすいサイズのものでした。
てらおか風舎 (14)

食後のプチデザートです。
てらおか風舎 (20)

ドリンクはミントティを頼んでいました。
てらおか風舎 (19)

ランチで食べるには少し高級な能登牛ですが、能登牛ダイスカットランチコースは比較的お手頃に楽しむことができるのでおすすめかもしれません。ご馳走様でした。

てらおか風舎 金沢店
石川県金沢市寺地2-2-2
TEL 076-242-0050
11:30~14:30
17:30~22:00
火曜 (祝日の場合営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

大きなターミナル駅近には必ずと言っていいほど、フードコートとか〇〇横丁といった飲食店の集合体のスペースがあります。

昔ではいわゆる「飲み屋街」という形ででしょうか?

昨今ではよりおしゃれな「フードホール」が人気ですが、我々のような年代は〇〇横丁の立ち飲みのお店で一杯やるというほうが気軽に利用できます。

さて、九州・福岡の玄関口、博多駅には、博多口・筑紫口両方に飲食店が集積するエリアがあります。これらはコロナ禍前まではどこもにぎわっていましたが、緊急事態宣言が発出されたりなかなか厳しい状況が続いています。
ニューコマツ

今日は博多デイトスの1Fにある「博多ほろよい通り」の「ニューコマツ」という人気の大衆欧風酒場を紹介しますが、こちらはカウンターのみの狭いお店。地元の食材を使った洋風のアレンジ料理が人気でいつも順番待ちが絶えないようです。

博多ほろよい通りには、このようなお店が軒を並べています。

小松市に住んでいる私としては「ニューコマツ」という店名に愛着を覚えました。

こちらは、福岡では天神、大名・今泉など数か所お店がありますが、東京にも進出しているようですね。
ニューコマツ (2)

メニューです。これ以外にも黒板メニューがありました。
ニューコマツ (6)

こちらはドリンクメニュー。

まずは「薩摩GOLD(700円)」という鹿児島の地ビールで乾杯。(金額表記はすべて税抜き)
ニューコマツ (4)

サツマイモのが原料という珍しいピリスナータイプのビールで、琥珀色がきれいです。程よい苦みとコクがいい地ビールでした。
ニューコマツ (5)

お通しはアボカド塩昆布とポテトサラダ。アボカド塩昆布は酒のつまみとして秀逸でした。ポテトサラダも美味しかったです。
ニューコマツ (7)

こちらは「マッシュルームと生ハムのサラダ(500円)」です。生ハムがたっぷり入っていました。
ニューコマツ (9)

福岡といえば私が好きなゴマサバが名物ですが、こちらのお店にはなく、代わりに「ごまカンパチ(780円)」がありました。脂ののったカンパチに濃厚なゴマダレが合います。
ニューコマツ (14)

普通の枝豆のようですが「わさび枝豆(380円)」という、わさびの風味が付いた枝豆です。
ニューコマツ (15)

これは「うずらの卵とチーズの味噌漬け(380円)」。こちらも酒のアテによかったです。
ニューコマツ (12)

あとこちらのお店のウリの料理の一つ「明太子チーズ アヒージョ(500円)」を頼んでいます。混ぜてバケットに乗せて食べると美味でした。
ニューコマツ (11)

一緒に行った人が頼んだ「ハイカワセット(500円)」というハイボール1杯ととり皮2本が付いたお得なセット。
ニューコマツ (10)

右側は「だるまハイボール メガ(699円)」で、普通のハイボールの約2倍の量のものです。

料理は洋をベースとしながら和寄りにアレンジしたものがあって、へぇ~という感じで楽しめましたし、味もバッチシです!

これらを飲み食いして二人で7千円いっていないというコスパにも満足でした。ご馳走様でした。

ニューコマツ
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
 博多デイトス 1F 博多ほろよい通り
TEL 050-5597-1831
11:00~24:00
(ホットミールL.O.23:00他L.O.23:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

私のブログでは、全国的に名が知れているチェーン展開の飲食店はあまり紹介していません。

誰もが知っていてわざわざ紹介する必要がないと思っているからです。

またイオンモール新小松店に大きなスペースを持つお店については、たぶん大手資本のお店ではないかと思っていました。
ファーマーズエッグキッチン (11)

そんなことで、今日紹介しますイオンモール新小松店1階の小松食回廊にある「ファーマーズエッグキッチン」についても、てっきり大手資本が展開しているブランドだと、つい最近まで思っていたわけです。

ところが、経営は金沢に本社がある株式会社トコシエというところで、「ファーマーズエッグキッチン」はそこが展開しているブランドだったのです。

お店は石川県内にはイオンモール新小松のみで、ほかには富山に2軒ありました。

こちらはオムライスと窯出しプリンの専門店として、富山県セイアグリーの健康卵を使った、こだわりのオムライスや窯出しプリンを提供しているお店なのです。

そんなお店「ファーマーズエッグキッチン」にランチに行ってきたので紹介したいと思います。
ファーマーズエッグキッチン (12)

お店の正面には、いろいろなオムライスのサンプルが並んでいました。

1階の角に位置してるため2面がガラスとなっていて、店内は明るいです。
ファーマーズエッグキッチン (7)

内装はファミレス風ですね。
ファーマーズエッグキッチン (2)

オムライスのメニューです。
ファーマーズエッグキッチン (3)

こちらも。
ファーマーズエッグキッチン (6)

冬季限定メニュー。

そして、「Go To EAT キャンペーン」関連のお得なメニューがありました。
ファーマーズエッグキッチン

私はこの「Go To EAT キャンペーン」の中の「たっぷりチーズとトマトソースのオムライス」を頼むことにしました。

通常は税込みで1,180円ですが、キャンペーン価格で税込1,000円となります。Go To EAT食事券2枚で食べることができるわけですね。
ファーマーズエッグキッチン (8)

こちらのお店のオムライスは、いわゆるタンポポオムライス。オムレツがライスの上に乗せられていて、割るとご覧のようにライスを覆い隠すようになります。我ながらきれいに割ることができましたね。
ファーマーズエッグキッチン (9)

また、ライスはケチャップライスかバターライスがチョイスできます。私はケチャップライスを。トマトソースと被るかな?とも思いましたが、バターライスはカロリーのことを気にしてしまいました。(^^;
ファーマーズエッグキッチン (10)

ご存じの通り、私は鶏肉が苦手なので、ライスに鶏肉が入っていたら抜いてもらおうと思ってお聞きしたら、具は細かく刻んだベーコンと玉ねぎだそうで、よかったです。

確かに、具は細かく刻まれているからか、ほとんど入っていないような食感でした。そして汁気が多いので、時間がない人でも流し込んで食べられるおじやのような感じでした。

トマトソースは酸味が効いた味で玉子との相性はよかったです。

本当は、もう一つのウリの窯出しプリンも食べようと思ったのですが、オーブン故障中で売り切れとなっていました。残念!

しかし、キャンペーンのおかげで1,000円で食べられたため、このオムライスは満足度が高かったです。ご馳走様でした。

ファーマーズエッグキッチン
石川県小松市清六町315番地
TEL 0761-20-8530
10:00~21:00
イオンモールの休日に準じる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ