あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 和食系

今日で3月終わりますが、この2020年3月は新型コロナウイルスによって世界中が大混乱に陥りました。

私のブログは大体3週間から1ヶ月ぐらいのネタがストックされていますので、まだこのあたりにアップされている内容は、大都市もまだ感染が急拡大している時ではなかったときに行ったお店です。

今日この時点で加筆しているときは、東京も大変な状況で今後予断を許さない状況です。

しかしながら、いま現状では、飲食店などお客さんの数が減って大変な状況だということも聞いてもいます。

このままの状況が続くと飲食店の中でも危ないお店が出てくると予想されますね。

私としては、新型コロナウイルスに対して適切な知識を持ち、また適切におそれながら、いまのところ、逆にお客さんの数が減って、お店の中で3密の状況はかなり回避できていると判断しているので、飲食店にも出来る限り行って、微力ながら応援していきたいと考えています。

さて本題です。

今日紹介するお店は「美味処 幡生の荘」という名前で、産業道路沿い辰口丘陵公園の「青山」という交差点のすぐそばにあります。
幡生の荘 (21)

こちらの「北陸リビング社」という建物の1階にありますが、基本は居酒屋のようです。

今年1月に新しく新築オープンした、「ログとあそび道具 BAUM」というログハウス造りのお店のお隣ですが、本当に「ひっそり」とという文字がぴったりくるお店で目立ちません。

前々からお店の存在が知っていましたが、ネット情報もあまりなく、居酒屋なのでいまもお昼に営業しているのかわからないので、ランチのやっている時間帯に産業道路を通るときにとらっと横目で確認していましたが、いつもやっているかどうかがわからなかったので、これまで行かずにいました。

今回、いつもの通り産業道路を通りお店を横目で見ると、お店の中に電気が付いているのがわかったので、この日は他のお店でランチを食べる予定でしたが、急きょ立ち寄ってやっているのを確認して入ることにしました。

これが正解でした!

いや、穴場と書いたら失礼かもしれませんが、満足できるランチ内容でした。おすすめです。

行ったのは、とある土曜日の11時半過ぎ。

中に入ると、正面にカウンター席があって、左手奥に小上がりのテーブル席が3つ。
幡生の荘 (2)

右手の花嫁のれんのようなものがかかっている奥も席があるのでしょうか?それほど大きなお店ではありません。
幡生の荘 (6)

入る手前にはKazuさんこと森秀一さんの絵手紙が張られていました。

こちらお店、ネット情報では女性3名で切り盛りされていると書かれていたのを見かけましたが、ちらっと男性の方が厨房にいらっしゃたような気がしました??
幡生の荘 (18)

我々は入って左側にある小上がりのテーブル席に案内されました。こちらの写真は我々が来る前からいらっしゃったお客さんが帰られた後で写したものです。もちろん、了解の上で写しています。
幡生の荘 (5)

こちらがランチ?のお品書きです。

ネットでは土日祝日の昼限定の「辰口浪漫ランチ」というのがあると書かれていましたが、その設定はありませんでした。
幡生の荘 (3)

その代わりといいますか、釜めしのメニューがあったので、久しぶりに釜めしを食べたくなったので二人ともそちらを注文することに。

釜めしを食べるのは小松市芦城公園隣の「一山楼」で食べて以来。

しかし、「一山楼」ではコースの一品だったので、ちゃんと釜で出されるのを食べるのは、一昨年の秋に鶴来の「いろり料理・釜めし もりしげ」で食べて以来です。

私は「木の子釜めし(税込1,500円)」を頼みました。

釜めしは注文を受けてから炊き上げていきます。
幡生の荘 (7)

数分後、これらのものが一度に出されました。
幡生の荘 (9)

出された後、火が消えるまで待ちます。それが10分強ほどかかったでしょうか?その間に出された小皿の惣菜類はすべて食べてしまいました。^^;
幡生の荘 (8)

あと、こちらの「魚フライのあんかけ」も食べ終えてしまいました。美味しかったです。
幡生の荘 (15)

火が消えてフタを取りよくかき混ぜて食べます。
幡生の荘 (16)

たっぷりと盛られている木の子は舞茸・しめじ・なめ茸。中でも特に舞茸がいいうま味を出してくれていました。

甘みもあって、味付けもちょうどいい塩梅でした。とても美味しいです。
幡生の荘 (17)

途中で添えられていた紅しょうがを加えて味変です。

炊き上がるころにお味噌汁が運ばれてきました。ちょうどいいタイミングですね。
幡生の荘 (11)

季節の酒粕仕込みのなめこ汁。こちらもいい塩梅です。
幡生の荘 (13)

妻は「海の幸釜めし(税込1,500円)」。
幡生の荘 (12)

海老とホタテ、干し桜海老も乗せられていて、こちらの方も美味しかったです。

食後にはコーヒーかデザートのどちらかが付いてきます。
幡生の荘 (20)

デザートがこちら。アイスクリームでした。思ったよりもボリュームがありました。
幡生の荘 (19)

小皿の惣菜類も美味しかったので、夜のメニューもたぶん美味しいと思われます?

残念ながら家からそれなりに距離があるので夜に食べに行くことはできませんが、お近くのかたは行かれてみてはいかがでしょうか?もちろんランチもおすすめですよ!ご馳走様でした。

美味処 幡生の荘
石川県能美市辰口町573-1
TEL 0761-51-2310
11:30~13:30
17:00~23:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

鮨 志の助」のお師匠さんである「小松弥助」の森田さん。

昨年11月には国の「現代の名工」にも選ばれているほどで、88歳の今でも現役で鮨を握っていらっしゃいます。

先日も友人のSNSを見ていると、いまでも素材を変更するほどに熱心で、マグロを豊洲から仕入れるように変えているとか?凄いですね!?

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんも一度で虜になったほどです。

そんな森田さんの、小松にお店があった時のお弟子さんだったのが「鮨 志の助」の前田さん。もっとも、もうだいぶ前のことなので、いまだに小松弥助のお弟子さんという紹介するのも気が引けるのですが……。
志の助

さて、「鮨 志の助」へは東京から来る客人と毎年この時期にご一緒することにしています。昨年のことはこちらに書いています

小松にお店があるときは、年に何回かは行っていたのですが、昨今は年に一回、この時期にお邪魔するのがお約束になっています。

お店は水曜日、日曜日、祝日がお休みで、その曜日は市場がお休みのときがある日で、仕入の関係があって休みになっています。

それ以外の日は昼と夜の営業になっています。

今回、2月の3連休の初日の土曜日にお邪魔しました。いつもの通り友人夫婦と一緒に金沢駅からタクシーで向かいます。

18時のオープン時間にお邪魔すると、我々以外の席はすでに埋まっていて、食事が始まっていました。
志の助 (2)

我々もさっそくカウンターの席に座り、まずはビールを頂きます。

いつもの通りの、まったくのおまかせで宴は始まりました。

これまたいつもの通りの定番の品々が出されます。

この頃にシーズンがほぼ終了となったタラの白子。スーパーなどでは、なかなか新鮮なのを手に入れるのは難しいのですが、やっぱりハリが違いますね!?
志の助 (3)

口に入れて噛むと、口中にとり~りとした舌触りと共に白子のほんのり甘い風味が広がります。
志の助 (4)

万寿貝(白貝)のバター醤油焼きも変わりなく美味しいです。
志の助 (5)

寒ブリはもちろん天然で上品な脂が乗ったのを、おろし醤油でいただきます。
志の助 (7)

イカは冬の時期はヤリイカ。ゲソと身を、あら塩や、生姜・わさびを薬味にしょう油に付けて、お好みで食べます。ゲソは皮をむいてあります。

私はあら塩で食べることがおおいですが、塩気がイカの甘みを引き立ててくれます。
志の助 (8)

その後はガスエビとノドグロの刺身。ノドグロの脂のノリが凄かったです。
志の助 (9)

加能ガニは、足身の上に、ミソと胴の身を和えたものを乗せてあります。こちらもどれだけでも食べていたい美味しさです。そろそろカニの季節が終わりますが、年々漁獲高が減少している加能ガニ。今後が心配ですね!?

このあたりで握りに移ります。
志の助 (11)

まずはヤリイカ。3枚におろして細かく刻むのは、「小松弥助」の森田さん譲りの技です。
志の助 (13)

甘えびはその名の通り本当に甘いです。
志の助 (12)

こちらは鯛をほんのりと昆布締めにしてあります。
志の助 (14)

ウニも濃厚な味。
志の助 (15)

ヅケは、ちょうどいい塩梅の漬け具合です。
志の助 (16)

トロの炙り、個人的な呼び名は「アブトロ」。炙ってうま味がドバッと出ています。
志の助 (17)

梅貝は身が厚く美味しい!
志の助 (18)

アジは、これまで気づきませんでしたが、意外と小ぶりなアジを使用しています。で、この美味しさ。大きいだけが脂のノリと美味しさを決めるわけではないのです。

巻物は手巻きで「ネギトロ」。
志の助 (19)

トロの濃厚な味を刻んだ白髪ネギが引き立てます。
志の助 (21)

最後は「うなきゅう」でした。安心のレギュラー陣を堪能できました。満足満足。
志の助 (20)

最後のほうにはあら汁が出されます。

いつのながらの丁寧な仕事ぶりをしっかり感じることが出来る鮨でした。
志の助 (6)

ビールの後のお酒は志の助では毎回小松の蔵元「東酒造」の「神泉」大吟醸です。

あと「獅子の里」も頼みました。

今回は以上飲み食いして2人で45,000円ちょっと。消費税アップもあって少々かかりましたね。^^;

でも、グルメな友人夫妻がわざわざ「志の助」の鮨を楽しむために、毎年金沢に来るほど惚れているのがわかります。ご馳走様でした。

PS:志の助さんにお邪魔した明けの週からコロナウイルスの影響が色濃く出始めました。飲食関係は特にディナータイムに影響が出ています。本当はそんな時こそ夜食べに行ってあげたいのですがなかなか…。早く鎮静化してほしいですね。

鮨 志の助
石川県金沢市入江3-73
TEL 076-216-5280
12:00~14:30
18:00~21:30
水曜、日曜祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

うどんとそば、どちらが好きと言われれば「うどん」のほうが好きです。

しかし、東京に来たときはそばを食べます。

少し前までは、残念ながら東京のうどんは好みに合わないお店が多かったのですが、近ごろは全国各地のうどんの味を楽しめるお店が出来てきたので、うどんも選択肢になったところです。

先日は西新橋の博多うどんのお店を紹介しましたが、今日はそばのお店の紹介です。
かんだやぶそば (2)

行ったのはJR水道橋駅と神田駅の間ぐらいの位置にある「かんだやぶそば」。
かんだやぶそば

「やぶ」といえば東京のそば屋さんの大看板の一つとして知られています。

前のお店は1923年に建てられた数寄屋造りのお店でとても情緒があったのですが、2013年2月に火災により半焼して、新しく建て替えられています。

でも新しくなっていますが、前の建物の面影を感じさせてくれます。

さて、昔からそば屋における老舗御三家というのがあって、江戸生れの「藪」、大阪が発祥の「砂場」、信州の「更科」がそうなのですが、その「藪そば」の中でも江戸の町では藪御三家(かんだやぶそば、並木藪蕎麦、池の端藪蕎麦)というほど、こちらは昔からの格式あるそば屋なのです。

今回、仲間4名と一緒に夜に行ってきました。昔からそば屋で粋に飲むのが江戸っ子!?我々もそれを目指して飲むことにしました。

到着したのが18:25分ぐらいでしたが、お店はまだ1~2分の入り。
かんだやぶそば (4)

しかし我々が飲み食いしている間にほぼ満席近くになってきました。
かんだやぶそば (8)

そばのお品書き(一部)です。
かんだやぶそば (6)

肴のお品書きです。
かんだやぶそば (7)

こちらもです。
かんだやぶそば (5)

季節のおすすめもありました。

では、頼んだものを紹介していきます。
かんだやぶそば (11)

まずは生ビール(税込770円)。エビスでした。そして、この蕎麦味噌がお通しということかな?でもレシートには載っていなかったのでサービスでしょう?

でも、この蕎麦味噌だけで酒が相当飲めそうです。^^;
かんだやぶそば (17)

こちらは「やきのり(税込715円)」。そば屋では当然火種を置いたのり箱に入れられて出されます。フタには北斎の「凱風快晴(赤富士)」が描かれています。

のりのいい風味がしますね。
かんだやぶそば (10)
これは「そば屋の刺身」ともいわれている「かまぼこ」。これで税込825円します!びっくりです。

小田原産の極上蒲鉾だそうです。さすがに滑らかな舌触りでした。

かんだやぶそば (12)

季節のおすすめからは「牡蠣の南蛮漬け(税込1,100円)」を頼んでみました。大ぶりなのが3粒入っていました。
かんだやぶそば (18)

それに「季節の天ぷら(税込1,650円)」もお願いしています。こちらは6種類の冬の天ぷらでした。
かんだやぶそば (20)

「穴子焼き(税込2,145円)」は白焼きでお願いしました。最初時間がかかるといわれましたが、時間そんなにかかりませんでした。

こちらもちょっとお高いですね。^^; 小ぶりの穴子ですが、スダチを搾ってわさびしょう油で食べると、上品な穴子の風味を楽しむことが出来ました。

締めはもちろんそば。
かんだやぶそば (23)

私は「せいろそば」ではなく「せいろうそば(税込825円)」。艶やかでのど越しのいいそば。
かんだやぶそば (24)

そばつゆは昆布とカツオの濃いめのもの。「かえし」が違うのでしょう?他にない風味を感じました。
かんだやぶそば (22)

一緒に行った一人は「かけそば(税込825円)」です。
かんだやぶそば (25)

最後にはもちろんそば湯が出されます。サラッとしたそば湯でした。
かんだやぶそば (14)

あとアルコールのほう、私は長野のそば焼酎「草笛」のそば湯割りを頼んでいます。焼酎は少し薄めでしたが、ダブルでそばの風味を楽しむことが出来ました。

以上飲み食いして一人4,500円ほど。それほど食べるものは頼んでいませんが、まぁ、老舗で粋に飲み食いできるので満足感が違います。ご馳走様でした。

かんだやぶそば
東京都千代田区神田淡路町2-10
TEL 03-3251-0287
11:30~21:00(L.O.20:30)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ちょうどこの日、この周辺で講習会があり、近くでランチを食べることになりました。

このあたりには全国各地の名物うどんのお店が何軒かあって、この日も讃岐・稲庭・博多の各うどんのお店の内からどれにしようか少し迷いました。

しかし最終的に、私が過去に住んでいてその当時何度も食べに行ったことがある博多うどんのお店に行くことにしました。

ひと昔前までは、ラーメンでもうどんでもそうなのですが、ご当地の名前が付いていても、東京など大きな都会では味的にはあまり満足できないお店があったりしたのですが、最近は相当近い味を楽しむことができるところが増えてきたように思います。

さて、行ったお店は「はし田たい吉 新橋店」。
はし田たい吉 (17)

調べてみると、元々は六本木ヒルズに博多うどんの「はし田」というお店があって、そこが3年連続ミシュランガイドブックにビブグルマンに選べれていたのですが残念ながら閉店。その後、オーナーのかたが福岡でうどん居酒屋「たい吉」を営む弟子の中川光雄さんとパートナーを組んで再度お店を出したという経緯のようです。

まず入口の食券機で食券を買って中に入ります。
はし田たい吉 (6)

お品書きです。

お店は小さなお店で店内はカウンターのみ14席。
はし田たい吉 (4)

入口付近にうどんを製麺する場所がありました。福岡糸島の小麦粉で毎日仕込む自家製麺です。(他の情報では国産小麦となっていたので、そのあたり仕入状況によって変わるのかもしれません?)

オープン時間は11時半なのですが、見る見る店内は埋まっていき、10分ほどで満席になりました。人気なのですね!?

私は、博多うどんといえば「ごぼう天うどん」だと思っている方なので、当然それを頼みます。「かけ」で600円です。まぁ、東京という場所柄、このぐらいはします。
はし田たい吉 (13)

出されたのがこちら。
はし田たい吉 (15)

うどんです。艶やかですね。ダシも澄んでいて美味しそうです。

博多うどんは、ダシを美味しく食べるために柔らかな食感を大切に作られているところもあるので、その辺を意識しながら楽しむのがオツなのです。

出汁はかつお節とあごだし。ことらも博多うどんのお約束。個性はそれほどなく万人受けする味かもしれません。
はし田たい吉 (14)

「ごぼう天」は別皿で出されます。

サクッとした食感を楽しみたければ、揚げ立てなのでそのまま食べ、汁に浸したほうが好みであれば、うどんの上に乗せて食べます。
はし田たい吉 (12)

こんな食べ方の心得みたいなものもカウンターに置かれていました、
はし田たい吉 (16)

私の場合は半分そのまま。残りはうどんを半分ぐらい食べてから上に乗せて食べることに。
はし田たい吉 (11)

途中で少し柚子胡椒も溶かしてアクセントをつけて食べました。
はし田たい吉 (8)

カウンターの上には他にも調味料系が色々ならんでいました。

全体的にはバランス重視の仕上がりの博多うどん。飽きのこない味で人気が出来るのも頷ける気がします。

東京に居ながら美味しい博多うどんを食べることが出来るのはうれしいですね!?ご馳走様でした。

はし田たい吉 新橋店
東京都港区西新橋1-15-7
TEL 03-6257-3009
月~金
11:30~麺が無くなり次第 営業終了
土・日・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私は約11年前まで福岡に住んでいました。

2年間という短い期間でしたが、住んでいる間に感じたのは、とても住みやすく食べるものも美味しく、福岡という街にすっかり魅了されました。

もう一度どこにでも住んでいいというなら福岡に住みたいと思っているほどです。

残念ながら石川県に住んでいる人はあまり福岡のことを身近に感じていないと同時に、福岡の人も同じで石川県のことを知らない人が多いのです。

そんなことからか、全国的に知られている博多ラーメンや明太子は別として、福岡の味覚を石川県で楽しむことができるお店が意外と少ないのです。
うまかっちゃん

今日紹介します山代温泉に一昨年の10月にオープンした「酒楽旬肴 うまかっちゃん」は、このあたりでは珍しい九州料理のお店。

場所は山代温泉といっても、少し中心から離れた場所にあって、むかし「串蔵 」だったところを居抜きで使用しています。

何となく商売的には厳しいところのような気がしますがどうでしょうか?

そういえば、同名のインスタントラーメンがありました!九州限定販売ですが。

基本居酒屋ですがランチ営業をされているので、今回はランチにお邪魔しました。
うまかっちゃん (3)

カウンター席です。2階は個室のようです。
うまかっちゃん (4)

小上がり席です。
うまかっちゃん (2)

こちらがランチメニューです。これだけ見ると九州料理はありませんが、メニューに書かれていないもので、長崎ちゃんぽんとか皿うどんというメニューがあるのです。

店長が長崎の五島列島出身で、福岡に20年以上住んでいた方。その関係もあって長崎からちゃんぽん用の麺やかまぼこなどを取り寄せて作っている本場の味覚を味わえる逸品なのです。

ということで私は、長崎ちゃんぽんを頼むことに。
うまかっちゃん (5)

出されたのがこちらです。ボリューム満点です。
うまかっちゃん (6)

野菜たっぷりのちゃんぽんで、野菜以外もアサリやイカなどの魚介も入っていました。それらをとんこつスープと一緒に炒めてうま味をスープに加えて美味しく仕上げてありますね。美味しいです。

完食して、満腹人りました。

夜はなかなか山代温泉まで食べに行くことはできませんが、九州料理が食べられることに興味はあります。機会があれば行ってみたい気がします。ご馳走様でした。

酒楽旬肴 うまかっちゃん
石川県加賀市山代温泉19区128
加賀温泉駅より車で13分
TEL 0761-77-0144
火・水・木11:00~14:30(L.O.14:00)
金・土11:00~14:30(L.O.14:00)
月~土18:00~23:30
月曜のお昼と日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ