あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 和食系

コロナ騒ぎの中、あまり行けなかったジャンルのお店が寿司店です。

2月に東京からの客人とお邪魔した金沢の「志の助」に行ったきり、今回4か月半ぶりに寿司店にお邪魔しました。

寿司店といっても回転寿司ですが、本当に久しぶりでしたね。
もりもり寿し (16)

行ったのはアピタ松任店敷地内にある「もりもり寿し 松任店」。

石川県では、「すし食いねぇ!」「金沢まいもん寿司」と並んで人気の三羽烏と呼ばれるところです。

しかし「もりもり寿し」は、いまどきお店でHPを持っていないので不思議です。それほどPRしなくてもお客が来るといった自信があるのでしょうか?

6月末の土曜日の11:30頃お店に到着。店内に入るとまだ席はたくさん空いていました。しかし、12時前には満席で数組の順番待ちが出来ていました。

カウンター席はイスが間引かれていてキャパが減少していることもあるのかもしれませんが、ひと頃は休日は長時間待たなければならなかったことを考えると、やはり影響はあるようですね。

我々はカウンター席に座ります。
もりもり寿し (4)

回転寿司でしたがいつも通りレーンは廻っていましたが、寿司は廻っていません。ただし元々、私はレーンに流れている寿司は食べないので関係ありませんが。^^;
もりもり寿し (5)

一応メニューがありますが、オーダーはタッチパネルで行います。
もりもり寿し

いつも通り、3貫盛りや5貫盛りを頼むことに。
もりもり寿し (2)

こちらは「北陸五点盛り(税別1,190円)」です。
もりもり寿し (7)

メニューでは、ガスエビ・梅貝・いか黒作り・ノドグロ・白エビとなっていましたが、ガスエビではなく赤イカでした。ガスエビのほうがよかったかな?^^;

いか黒作りは富山湾のほたるいかをしているのかもしれません?
もりもり寿し (8)

「まぐろ五点盛り(税別1,300円)」は、大トロ・トロ・中トロ・ネギトロ。赤身。トロ系は凄く脂が乗っていました。
もりもり寿し (15)

「かに三点盛り(税別700円)」は、ずわいの生と冷凍もの、かに味噌の3貫でした。
もりもり寿し (9)

こちらは「煮穴子(税別240円)」です。口の中に入れるとほろりととろけるような食感です。
もりもり寿し (10)

「活サザエ(税別480円)」は逆にコリッとしたちょっと固めのサザエでした。
もりもり寿し (11)

なかなか生では食べることが出来ない「真イワシ(税別280円)」はネギと生姜で。脂が乗っていました。
もりもり寿し (14)

「うにいくら(税別480円)」も頼んでいます。
もりもり寿し (13)

あと、「青のりの味噌汁(税別240円)」ですね。

以上を妻と二人で食べて一人2,700円ほど。まぁ、いいネタ中心に食べているので納得のコスパかな?

最後のお勘定の時、3度目でやっと来てくれたのは少しマイナスでしたが、ネタは新鮮で脂が乗っていて美味しかったですよ!ご馳走様でした。

もりもり寿し 松任店
石川県白山市幸明町256
 フェアモールアピタ松任店敷地内
TEL 076-259-0788
11:00~22:00(L.O.21:45)
※21:30が最終入店
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

緊急事態宣言が解除されてから初めての泊りがけの出張は広島でした。

夜に広島入り。前なら会社の仲間と一献やるところですが、新しい生活様式などを考えて一人で夕食を取ることにしました。

ホテルの近くでお店を探します。

広島一の歓楽街である流川。多くの飲み屋さんが軒を並べるエリアです。

今回は街の中まで入らなかったのでわかりませんが、コロナ禍の中、多くのお店では厳しい状況であることは想像に難くないと思います。

今日紹介します「ふみちゃん 流川店」は、その流川町の手前にあるお店です。流川町には入りません。
ふみちゃん

場所柄深夜まで営業しているので人気なお店で、コロナの影響がなければ平日でも満席になることが多いということでした。

平日の夜、19:40頃に伺いました。
ふみちゃん (9)

広島なのでカープカラーの赤色一色!
ふみちゃん (8)

著名人のサインがたくさん飾られていましたが、たぶんカープの選手のも多いのでしょう。
ふみちゃん (6)

私は一人だったのでお隣の方から2m離れた一番端のカウンター席に座って、目の前の鉄板で焼かれるのを見ながら飲み食いしました。お店の方は全員マスクを着用されています。
ふみちゃん (4)

メニューです。
ふみちゃん (3)

それほど種類が多いわけではありませんね。
ふみちゃん (2)

頼んだのは、まずは生ビールと「とりあえず…」と書かれていた素早く出せるおつまみの中から「チャンジャ(350円)」を頼みました。
ふみちゃん (5)

確かにチャンジャは速攻で出されました。
ふみちゃん (12)

こちらも「とりあえず…」にあった「ホタテのわさび漬け(350円)」です。

鉄板焼メニューも色々あって、私は「げそ焼き」を頼むことに。
ふみちゃん (10)

レモンを絞ってもらいます。

敷かれているキャベツ、甘みが出て美味しいです。

最後の〆はもちろんお好み焼きです。一番人気「ふみちゃんスペシャルそば(1,150円)」を頼みました。
ふみちゃん (13)

豚肉・生イカ・エビ。玉子・野菜が入っていました。

そばはカリッ焼かれていて、キャベツが蒸されて甘みが増しています。美味しいお好み焼きでした。
ふみちゃん (11)

ドリンクはハイボールを頼んでいます。

以上飲み食いしてお代は締めて4,000円を少し超えるくらい。独り飲みなので、こんなものでしょう?

コロナ禍の中、お客さんはまだまだ戻ってきていませんでしたが、広島のお好み焼きの味は健在です。ご馳走様でした。

ふみちゃん 流川店
広島県広島市中区堀川町1-20
TEL 082-542-8777
11:30~27:00
日・祝11:30~24:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

緊急事態宣言が解除されて、6月19日に都道府県をまたぐ移動自粛も解除されました。

私もこれまで仕事でもプライベートでも石川県外から出ることをやめていましたが、解除されてから初めて県外に仕事で出ることに。

その最初の場所は福井市。まぁ、お隣の件から徐々にですね。

さて、福井といえば蕎麦!?と私の記憶に刷り込まれています。

行ったのは福井市内からは足羽川沿いを上流に車で数分行ったところにある「音市楼 かくれ庵」という蕎麦屋さん。
音市楼かくれ庵

入口には門があって高級店の趣?その名の通りの隠れ家的なお店です。

早めの時間帯だったのですが、すでに駐車場には多くの車が停車していました。
音市楼かくれ庵 (2)

門をくぐって中に入ると最初に「石窯ピッツァZIO -チオ-」があって、その奥に「音市楼 かくれ庵」があります。

ピザと蕎麦が一緒の敷地にあるというちょっと変わった形態ですね。

店内に案内されると、我々が通されたテーブル席とカウンター席の部屋は、3組ほどのお客様がいらっしゃいましたが、車の量を見ると空いている感じがしましたが、どうも個室や大部屋があって、そちらにグループでお越しの方がいらっしゃったようです。
音市楼かくれ庵 (3)

通されたのは吹き抜けのある部屋で明るくて開放感があります。玄関の昔ながらの佇まいとは違った雰囲気です。
音市楼かくれ庵 (5)

こちらは定番のお品書き。
音市楼かくれ庵 (4)

ランチのセットメニューです。
音市楼かくれ庵 (6)

他にも色々あって、そば屋さんとしては種類が豊富なお店でした。

私はランチのセットメニューから、こちらの「ひつまぶしとお蕎麦の膳(税別1,600円)」を頼みました。
音市楼かくれ庵 (8)

小鉢・香の物・味噌汁が付いてきます。

小鉢は茄子の煮びたしでした。
音市楼かくれ庵 (9)

ひつまぶしを食べる時は、まず最初にほどよくかき混ぜて、お椀に盛って山椒を少しかけそのまま食べます。
音市楼かくれ庵 (12)

2杯目は薬味を乗せて。
音市楼かくれ庵 (13)

3杯目は出汁をかけて。
音市楼かくれ庵 (14)

4杯目はお好きな食べ方で!ということですが、4杯目を食べるほどの量ではありませんでした。

でも、お蕎麦があるのでそれで充分です。
音市楼かくれ庵 (11)

蕎麦はおろしつゆにつけて食べます。自家製のつゆは出汁やかえしにこだわって作られていて濃いのですが、おろし汁の辛味と混ざっていい塩梅のおろしつゆでした。辛み大根が心地よいです。

細めの蕎麦を最初何もつけずに食べたら、蕎麦の風味が鼻に抜けていい感じ。

おろしつゆに漬けて食べると、のど越しがよく噛むと細いのに腰が強くてしっかりとした蕎麦で好きなタイプ。弾力のある美味しい蕎麦でした。
音市楼かくれ庵 (15)

そば湯はそば猪口に入れられて個別に出されました。

一緒に行った人は「ヒレカツとお蕎麦の膳(税別1,500円)」を頼んでいましたが、写真を撮り忘れました。^^;

この内容でひつまぶしと美味しいおろしそばが付いて1,600円はお得で満足度高しですね!?ご馳走様でした。

音市楼 かくれ庵
福井県福井市下馬2-1906-5
TEL 0776-33-5838
月~金
ランチ11:30~14:30
カフェ14:30~17:30
ディナー17:30~20:30
土・日・祝
ランチ11:30~15:00
カフェ15:00~17:30
ディナー17:30~20:30
火曜、第一月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

夏になると飲食店では夏季限定のメニューを加わえるところが多いと思います。

蕎麦屋さんの場合は、真冬でも冷やした蕎麦を食べることが出来るわけですが、夏野菜などの季節の食材を使って、より夏の季節にふさわしいメニューを設定してくれるところも多々あって、私もそんなメニューを見つけると、ついつい頼んだりすることがあります。

蕎麦屋では、いわゆる「変り種蕎麦」として蕎麦に色々練り込んだり、具材として乗せたりして夏向きの涼しさを演出するような形で実現しています。

蕎麦との相性のいい夏向きの具材を使ったメニューとしては「すだち蕎麦」などが有名ですね。大阪福島に「蕎麦 まき埜」というお店があって、そちらの「すだち蕎麦」が美味しくて有名です。私も大阪に住んでいた時に行きました

ちなみに今日紹介します小松三日市商店街にある「ふる里の味 すみげん」は、「蕎麦 まき埜」にフグの子を卸しているようです。
すみげん

さて「すみげん」は、いわゆる乾物屋さんですが、2016年3月より店内で蕎麦の飲食を始めています。そして今では早い時間に蕎麦が売切れになる日があるほど人気の蕎麦屋さんになっているのです。

乾物屋さんだけに、自慢のかつお節を使って作る出汁が秀逸です。

今回、この6月6日から夏季限定でメニューに加わった「ごまトマト蕎麦」を食べに出かけました。

「ごまトマト蕎麦」は2種類。「冷かけ」と「つけ」があって、どちらも小松特産のフルーツトマトと、すみげん特製の出汁、そして練り胡麻が使われています。「冷かけ」「つけ」共一日5食限定です。

昨年から食べることが出来たのですが、昨年は行くことが出来なかったので、今年はスタート早々に食べに出かけました。
すみげん (3)

席にはアクリル板の仕切りが出来ていて、新型コロナウイルス対策もバッチリです。

私は「冷かけ」を頼みました。出されたのがこちらです。
すみげん (4)

普通の蕎麦とは違っていて、なかなかそそられるビジュアルではないですか!?
すみげん (5)

胡麻が沈んでいるので、よくかき混ぜて食べます。

すみげん自慢の出汁の旨み、胡麻のほのかな甘味、そして小松市特産のフルーツトマトをふんだんに使っていて酸味がプラスされ、うまくバランスが取れた汁になっています。

フルーツトマトはそれほど甘いものを使っていなくて、どちらかというと酸味を多めに感じる夏向きなものでよかったです。

一方の「つけ」のほうはより胡麻の風味が増していて、少し甘めのタレにつけての蕎麦になります。こちらの方も機会があれば食べてみたいと思います。

昨年新作メニューとして出すとき、小松産の食材を使いたいという思いが強く、何度も試作を繰り返して今の味にたどり着いたとお聞きしました。その甲斐があったのではないでしょうか!?

これから本格的な夏がきますが、「ウイズ コロナ」のなか、熱中症にも気を付けながら、冷たく美味しいそばを食べて夏を乗り切っていきましょう!ご馳走様でした。

ふる里の味 すみげん
石川県小松市三日市町9
TEL 0761-22-4214
9:30~19:00
蕎麦は11:30~売切れ次第終了
水曜休(蕎麦は木曜日も休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

3月下旬に行った金沢の「A_Restaurant(ア レストラン)」以来、コロナ禍の中、夜の飲食店については我慢していました。皆さんもそうだったと思います。

個人的にはグルメブログをやっているので、少しでも行ってお金を使いたかったのですが、とりあえず緊急事態宣言の当初期限だった5月末まではやめておこうと決めていました。

そしてその通り、ついに6月6日の土曜日に解禁しました。

最初のお店として伺ったのは、土居原町「割烹 有川」。私の好きなお店の中の一軒です。もう32年以上もこの場所で頑張っておられます。
有川

有川 (7)

こちらは地元で獲れた美味しい魚貝を使って、定番からアレンジされた料理まで、テキパキと素早く作っていく姿は見ていても惚れ惚れします。

さて、「ウイズ コロナ」ということで、お店でも色々な対策を施していました。
有川 (2)

入口から入ると、こちらの消毒。自動です。
有川 (16)

カウンターの席も3・2・2でアクリル板で仕切られていて、カウンターの中と外も同様です。安心して飲み食いできますね。
有川 (4)

久しぶりに飲むお店での生ビール!やっぱり家で飲むのとは違う感じがします。

お通しとしての突出しは八寸の様な位置付けです。破竹とイワシの煮物、鮎の甘露煮、酢の物です。これだけでも酒が進みそうな内容でした。
有川 (8)

お造りの盛り合わせのほうも盛り沢山!何種類も盛られています。
有川 (9)

脂が乗ったトロやノドグロ、イワシ。白身や味も美味しかったです。いつもながらネタがいいですね。

コロナ禍で社用の接待需要が極端に減少しているので、今の時期、本来であればそういったところに流れるいいネタもお手頃値段で仕入れることが出来るのかもしれません。
有川 (10)

私は2杯目はハイボールにしました。
有川 (12)

妻は農口研究所の本醸造とか飲んでいました。
有川 (11)

もう旬の最後の時期だったホタルイカとイワシのヌタ。柔らかいホタルイカで美味しかったです。
有川 (14)

これは、この時期旬の「トロあんこう肝」。あら塩で食べます。珍しいかもしれません。でも濃厚なあん肝なので、さっぱりと塩だけで食べるのがいいかもしれませんね。

乗せられているのは秋田名物の「いぶりがっこ」です。
有川 (15)

「穴子の白焼き」も頼みました。この穴子も大ぶりで脂がとてものっていました。大根とわさび醤油で食べます。美味しいです。
有川 (17)

こちらは「カジキの串揚げ」ですが、串ではなく爪楊枝でした!

以上、飲み食いして2名で1万円ジャスト!仕入値が安かったのかもしれません。でも素晴らしいです。

約2ヶ月と10日ぶりの夜の外食となりましたが、「割烹 有川」にして正解でした。いつもながら美味しい料理に舌鼓を打つことが出来て満足です。ご馳走様でした。

割烹 有川
石川県小松市土居原町399-1
TEL 0761-23-3787
昼の部(予約のみ)
ディナー17:30~22:30(L.O.22:00)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ