あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 和食系

目的のお墓参りを済ませてお昼前に小田原に戻りました。

この後、電車で東京に向かうわけですが、移動する前にランチを済ませます。

行ったのは「炭火RoBATa酒場 OHASHI(オハシ)」という小田原駅に近い場所にある居酒屋です。

前日、小田原に着いたときにお昼お邪魔した「魚がし」とも目と鼻の先です。
オハシ

こちらの階段から2階に上がったところにお店があります。
オハシ (4)

店内はカウンター席とテーブル席、我々が座った掘りごたつ式の小上がり席がありました。

ランチメニューは月替わりです。なのでこの内容はすでに変わっていると思います。お店のウリは「マグロ」。天然本マグロにこだわっているようです。
オハシ (3)

お品書きです。

この中から私と妻が頼んだのは「脂とろとろ本マグロの丼(1,480円)」。特別価格となっていました。
オハシ (8)

出されたのがこちら。ドレッシングがたっぷりかけられたミニサラダと味噌汁が付いていました。

赤身、ハチノミ(頭脇肉)、中トロなど、本当に色々な部位のマグロの切り身がたっぷり盛られていました。
オハシ (9)

筋っぽく見えるところもありましたが、新鮮だからかそれほど気にならないほど柔辛く身が厚くて食べ応えバッチリ!

マグロがウリのお店だけのことはあります。美味しく頂くことが出来ました。
オハシ (10)

母は「まかないちらし(850円)」を頼んでいました。

漬けになっているバラちらし丼ですね。
オハシ (5)

ランチタイム時はドリンクがタイムサービスとなっていて、生ビールが1杯320円!
オハシ (7)

ついつい頼んでしまいます。^^;

本マグロをこの値段で、これだけたっぷり食べることが出来るところは地元石川ではあまりないと思います。ご馳走様でした。

炭火RoBATa酒場 OHASHI(オハシ)
神奈川県小田原市栄町2-8-38
 中戸川ビル2F
TEL 050-5571-7109
11:00~14:30(L.O.14:00)
土・日・祝日 11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー:17:00~23:00(L.O.22:00)
年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先週に引き続き、今週も蕎麦を食べに出かけてきました。
亀平

金沢市新神田にある「香り蕎麦 亀平」というお店です。

ブランドオフと道を挟んだところにあります。

11月の土曜日の12時ごろに念のために予約を入れて伺いました。

行った日、我々が到着した時間はカウンテーにお一人のみお客様がいました。

こちらのご主人、今年夏に行って私のブログで紹介した、かほく市の「亀屋」の息子さんのようです。

お店を継がずに金沢でご自分のお店を出したのですね。

ということで、まだ40歳前の若いご主人です。
亀平 (2)

外観も店内も蕎麦屋の雰囲気とはちょっと違った感じで面白いです。
亀平 (3)

お品書きです。
亀平 (4)

こちらもそうです。
亀平 (5)

この中から私は「天二色せいろ(価格はすべて税込1,650円)」を頼みました。

こちらは「せいろ」と「粗挽き」の2種類の蕎麦を楽しめて、それに野菜の天ぷらが付いているセットです。
亀平 (6)

「せいろ」は外一の九割蕎麦のようで、「粗挽き」は十割蕎麦です。

野菜の天ぷらは塩で食べますが、まず最初、その塩に「せいろ」と「粗挽き」を少しつまんでつけて食べてみました。

「せいろ」の二八ではなく外一なので、「粗挽き」との差はそれほどなかったような気がしました。

「粗挽き」の打つ太さが違っていたならば、もう少し感じたかもしれません。しかし冷たく水切もよくさてれていて、のど越しがよく蕎麦の風味を感じる美味しい蕎麦でした。
亀平 (10)

つけ汁もかえしがきいた美味しいつゆでした。
亀平 (6)

天ぷらは当然揚げ立てでサクッといい感じでした。
亀平 (8)

妻は「かき揚げ天せいろ(1,480円)」で、蕎麦を粗挽きに変えていました(+100円)。
亀平 (9)

かき揚げも美味しそうですね。かき揚げには天つゆが付いていました。
亀平 (11)

最後には何も言わなくともそば湯が出されます。ちょっとつけ汁が多すぎたかな?

かほく市の「亀屋」の息子さんだけあって、蕎麦そのものにこだわりが感じられるいいお店でした。ご馳走様でした。

香り蕎麦 亀平
石川県金沢市新神田2-12-2
TEL 076-292-1156
火~木・日11:30~15:00
金・土11:30~15:00,18:00~21:00
月曜休(休日の場合は翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松から小田原まで、米原で新幹線に乗り換えて3時間半。

今回、ここ小田原を起点として富士山麓でのお墓参りが主目的の旅は始まりました。

到着してレンタカーを借りる前に、少し早めのランチを取ることに。
うおがし (12)

事前に捜してあったお店が「魚がし」という、戦前は魚の仲介業を営んでいた、小田原港で獲れた新鮮な魚料理にこだわっている老舗のお店です。

小田原駅から徒歩で2~3分ほどの場所にあります。

寿司と和食のお店で、ランチ時は順番待ちが出来るほど人気です。今回開店前に到着できるということで予約入れずにお店に向かいました。

開店時間の11時の10分前に到着すると、すでに待っている女性のお客さんが2名。

我々のすぐ後にも順番を待つ人が付きます。やはり人気のお店のようです。
うおがし (4)

お店の間口は狭いですが、奥行きがそこそこあって、さらには2階にも席がありました。
うおがし (7)

思ったよりも多くの人が入ることが出来そうですね。
うおがし

こちらがランチメニューです。「お昼のサービス」と書かれていて限定50食となっていました。

ちなみに、私はこちらの「ちらし(1,100円)」を頼みましたが、通常のメニューだと1,400円になっていました。同じ内容なのか不明な点がありますがお得です。
うおがし (9)

「ちらし」はネタの種類が豊富でマグロも2切れ入っていてよかったです。
うおがし (10)

お吸い物も付いていました。
うおがし (2)

こちらのお店はアジ寿司が有名なようで、妻と母はこちらの「アジと生しらすの握り(1,400円)」を食べています。各4貫ずつの8貫。小田原は1年中生しらすが食べられるのでうらやましいですね。
うおがし (11)

すりおろしたショウガをのせたアジ寿司に、レモンをしぼって食べます。美味しかったようです。

開店前に順番が出来ましたが、その後お店は満席になるようなことはありませんでした。
ランチタイムはお得な値段で、新鮮な旬の魚介を使った寿司や料理を楽しめるお店でお勧めです。ご馳走様でした。

魚がし
神奈川県小田原市栄町2-8-39
TEL 0465-23-1170
11:00~21:00(L.O.20:40)
木曜休(木曜日が祝祭日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近蕎麦のお店の紹介が多くなっています。

秋から初冬にかけて新そばの季節なので、知らず知らずにそばのお店に足を向けるのかもしれません。

もっとも、今の時代、そば粉の保存技術が発達してきているので、昔ほど新そばでなければ!と言ったことではなくなったかもしれません。(ツウの方はこだわりがあるかもしれませんが)

さて、今日紹介します野々市市の「そば処 敬蔵」は、主に福井県産を使って石臼挽き自家製粉したそばを食べさせてくれるお店です。
敬蔵

お店は独立した店舗でお昼のみの営業です。
敬蔵 (3)

暖簾をくぐると、すぐにそば打ちの部屋と石臼挽き自家製粉の部屋が現れます。

つなぎを加えず挽きたての荒挽粉と水だけで打つ十割のこだわりのそばがここで打たれているわけです。

店内に入ります。
敬蔵 (11)

カウンター席。
敬蔵 (4)

座敷席は畳にテーブル仕様。
敬蔵 (5)

我々は小上がりの席に案内されました。
敬蔵 (8)

お品書きです。色々な種類のそばが並んでいます。上が冷たいそばで下が暖かいそば。
敬蔵 (10)

壁にも張られていました。

それらの中から私が頼んだのは「塩つゆおろしそば(900円)」。
敬蔵 (14)

醤油を使わず塩だしで食べるおろし蕎麦です
敬蔵 (15)

大根おろしは中辛となっていましたが、かなり辛めの大根おろしでした。
敬蔵 (18)

薬味を乗せて塩だしをぶっかけて食べます。
敬蔵 (20)

太打ちの10割蕎麦は外側の固い殻の部分を少し加えた粗挽きで、色は相当黒っぽいです。すごくコシがあって、のど越しで味わうそばではなく、よく噛んでそばの風味を感じながら食べるそばでした。なかなかの他では味わえないそばかもしれません。

あと、こちらのお店の名物だと書かれてた鰊(にしん)を使った「にしんジャガ(500円)」も頼んでみました。
敬蔵 (19)

自家製の甘辛く炊いたにしんとジャガイモや根菜。上品な味でにしんが本当に柔らかくておいしかったです。
敬蔵 (12)

妻のほうは「鴨汁そば(1,400円)」。こちらは温かい鴨汁に冷たいそばの組合せ。

本来は細打ちなのですが、太打ちに変えてもらっていました。

こちらのほうも美味しかったそうです。
敬蔵 (21)

最後にそば湯が別の器に入れられて出されました。

なかなかの個性のそばで印象に残るお店でした。ご馳走様でした。

そば処 敬蔵
石川県野々市市本町1-8-28
TEL 076-294-1486
11:30~14:30
※売り切れ終了あり
水曜、第3火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県には天ぷらの専門店が意外に少ないことは、昨日書きました。

東京にはそんな天ぷらの専門店がたくさんあります。

神田神保町界隈にもいくつかの天ぷら専門店があって、人気のお店が何軒かあります。

しかしながら、その一軒である「天丼いもや 二丁目天丼店」が昨年3月に惜しまれつつ閉店しました。

話は変わりますが、私は順番待ちが嫌いで、人気のお店であまり順番を待ってまで食べることはしません。ランチでも予約が可能であれば出来るだけ予約をして行くようにしています。

特に東京は人口が多く、ビジネス街や学生街ではランチ時は順番待ちをしないと食べることが出来ないお店が多く、なるべく時間をずらして食べに行くようにしています。

さてまた話を戻します。

この日、ランチを食べようと別なお店に行ったのですが、何とお休み!
いもや (7)

そこでそこから近かった天ぷらの名店「いもや」に向かいましたが、すでに外には15名ほどの順番待ちが出来ていました。

その時は、まぁ、天ぷら専門店なので10数分ぐらいで中に入れるかな?と思っていたら、入るまでに30分以上かかってしましました。^^;
いもや (2)

店内は狭くカウンター8席。どうりで時間がかかるはずです。ビジネスマンの姿が多いですね。
いもや (4)

天ぷらはご年配の大将がお一人で揚げていられました。他女性2名の方がいらっしゃってテキパキと仕事をされていました。
いもや

こちらのお店は、ランチは基本は「天ぷら定食(750円)」と「エビ定食(950円)」。消費税アップの時点で100円値上がりしているようです。あとランチでも季節の単品物のオーダーが可能です。

今回私は「エビ定食」を頼みました。

天ぷらを揚げる音が心地よいです。江戸前なのでゴマ油で揚げます。

出されたのがこちら。
いもや (6)

エビ4尾と春菊・かぼちゃとシンプル。

他の人のネット上の書き込みでは海苔も付いていたのですが、なかったような気が…?

いま海苔の価格が高騰している影響でしょうか?
いもや (5)

定食にはもちろん、ご飯と味噌汁が付いています。天つゆには最初から大根おろしが入れられていました。漬物は別料金でしたが頼んでいる人が多かったですね。

天ぷらの味はさすがのもので、当然衣はサクッとして中のエビは少しレアさが残る感じでよかったです。

でも東京の人って順番待ちを苦にせずに根気のいいかたが多いですね。ご馳走様でした。

天ぷら いもや
東京都千代田区神田神保町1-32
TEL 03-3292-0575
11:30~15:00
17:00~19:30
(但し土曜日は15:00で営業終了です)
日・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ