あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 和食系

「福喜寿司」といえば「つるぎ福喜寿司」を思い浮かべる人が多いかもしれません。

また、私のブログで紹介したことがある「まっとう 福喜寿司」というお店もあります。

ちなみに「まっとう 福喜寿司」のご主人は「つるぎ福喜寿司」で働いていた方が独立して作られたお店です。

そして今日紹介するのが能美市の「福喜寿司」なのです。

これら3軒は資本的なつながりはありません。

残念ながら事故で亡くなられた「つるぎ福喜寿司」の先代のご主人と、能美市の「福喜寿司」のご主人が同期で、お二人とも金沢にあった「福喜寿司(現在の香林坊東急スクエア裏)」で兄弟弟子として修業されていたようです。

さて、こちらの「福喜寿司」のご主人は能登出身で、いまは息子さんが跡継ぎで一緒に切り盛りされていました。
福喜寿司

お店は能美根上駅からも近い場所にあります。立派な造りです。
福喜寿司 (5)

伺ったのは1月のとある日曜日のお昼。お店の前の駐車場は1台分のみ空いていて後は満車。これは一杯か!?と思い店内に入ると、団体のお客様がいらっしゃったようで、カウンター席や小上がりの席は誰もお客さんがいませんでした。
福喜寿司 (4)

お店自体は、加賀地方の昔ながらの寿司店のように、割烹を兼ねたようなお店で、寿司だけではなく色々な料理を楽しめるお店になっています。
福喜寿司 (3)

ランチメニューは、基本は普通のにぎり(税別1,600円)と上にぎり(税別2,700円)、そして盛り合わせ寿しと上盛り合わせ寿し(税別2,400円)の4種。

我々は上にぎりを頼んだつもりでしたが、お勘定のときに値段を確認すると上盛り合わせ寿しが出されたようです。

でも結果的には上盛り合わせ寿しでも満足でした。
福喜寿司 (8)

まず出されたのはこちらの4貫。甘えび、ヒラメ、イカ、中トロ。
福喜寿司 (9)

続いてカニとうなぎ。
福喜寿司 (11)

軍艦でウニとイクラ。
福喜寿司 (12)

最後に細巻で、うなきゅうとエビ明太だったかな?
福喜寿司 (10)

きのこと豆腐のすまし汁が付いていました。

基本的には、この地で昔から出されている握り寿司でネタ的にもオーソドックスなものばかりでしたが、逆にそれが安心できました。

カウンター席でご主人とも色々お話しながら食べることが出来て、家族経営ってこともあってアットホームな雰囲気のお店でしたね!ご馳走様でした。

福喜寿司
石川県能美市大成町リ-96-1
TEK 0761-55-1166
11:30~14:00
17:00~23:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

妹家族とはお盆と正月に家族で集まり食べに行くのですが、いつもお正月のお店選びには苦労します。

正月三が日に営業しているところは、全国チェーンのお店は多いのですが、地元の方が営んでいるお店は休んでいるところが多いです。
魚萬

今年は、昨年お邪魔した「北陸海鮮炉端 魚萬」が正月いつから営業しているか不明だったため、とりあえず1軒目で電話してみると、3日は営業しているということでラッキーでした。

前回はオープン何日目かでお邪魔していて、こちらで書いています
魚萬 (3)

基本は炉端焼ですが、ビストロメニューなども色々あって、和洋お好みの料理を楽しむことが出来るお店です。
魚萬 (5)

今回は7名ということで案内されたのは2階の座敷の部屋。ただ、何組かのお客様が一緒でした。ちなみにこの日は座敷は満席状態でした。

ただ、タバコokなので、隣のお客さんのタバコの煙がもろに流れてくるのがとても気になりました。
魚萬 (2)

小松の酒蔵の酒樽が並べられていますね。

音楽は70年代のナツメロがかかっていました。
魚萬 (10)

まず最初の乾杯の酒は、今年は元旦からお腹の調子がおかしくて、私は芋焼酎のお湯割りです。

頼んだものですが、お正月ということで混雑しているので、あらかじめ一人千円ほどで刺身入りの肴を準備してもらっていました。
魚萬 (7)

刺身がこちら。ブリ・甘えび・タコ・ホタテ。まぁ、市場がやっていないので冷凍などで比較的保存が効きそうなネタですね。
魚萬 (9)

あとは枝豆、
魚萬 (11)

ホルモンの鉄板焼と、
魚萬 (14)

こちらのシュウマイも含まれていたのかな?

プラス追加で頼んだもの一部のみ紹介です。子供たちが色々頼んだのですが、写真は写しているものとそうでないものがあります。
魚萬 (8)

こちらは最初に頼んだ「農園直送野菜サラダ(580円)」。飲む前にまずは野菜からです。
魚萬 (13)

炉端焼きで「サザエ(380円)」。
魚萬 (12)

「だしだく出し巻き玉子(580円)」は、確かに食べると出汁が口の中に飛び出してきました。写真を写す前に何個か食べられた後で写したものです。
魚萬 (15)

あと、お茶漬けなんかも頼んでいますが私は食べていません。

以上飲み食いして一人3千ほどとコスパ的には満足度高いです。味の方も前回も書きましたがよいです。ただ、タバコのことは分煙とか何とか改善してほしいところではありますね。ご馳走様でした。

北陸海鮮炉端 魚萬
石川県小松市大和町8
TEL 0761-58-2578
17:30~24:00(L.O.23:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年末、コンビニが元旦営業するとかしないとか、といったニュースが流れていたのも記憶に新しいところです。

コンビニなどない時代はお正月の過ごし方は自宅で一家団欒が定番でした。

私が小さいころはコンビニやイオンモールのようなショッピングモールなどなく、どのお店も正月の初売りは3日からが常識。

朝はお雑煮。昼夜はお節や豆餅を食べるのが当たり前でしたが、いまは便利な世の中(実際はどうかわかりませんが)で、元旦から色々なお店が営業しています。

我が家では元旦のお昼から夜にかけて、お取り寄せしたお節料理をほぼ食べ終わり、2日の朝はお餅を食べ、お昼になるとそろそろ別なものが食べたくなり、妻と息子の3人で寿司でも食べようと外出しました。

向かったのは「回転寿司すし食いねぇ!小松沖店」。イオンモール新小松店の前にあって124席も席がある大きな店舗。約4年前に一度、ブログで紹介しています

息子は関西の方に住んでいるので、帰省すると日本海の海の幸を食べたいということでチョイスしました。

本当は廻らない寿司のほうがいいのですが、さすがに正月2日、それもお昼からやっている寿司屋さんはないので、回転寿司の中でも人気のこちらのお店にしたわけです。

2日の日は遅めの朝食だったため、13時ごろにお店に到着。予想はされていたものの相当数の順番待ちの列が出来ていました。
すし食いねぇ (2)

結局1時間強待ちの14時過ぎに席に案内されました。
すし食いねぇ (4)

オーダーはこちらのタッチパネルで行います。

では食べたものを紹介します。
すし食いねぇ (5)

「すし食いねぇ!」は、金沢港と氷見港直送の新鮮な魚介をウリにしていて、この日はこんなネタが食べられました。
すし食いねぇ (3)

「金沢港直送の握り3貫(値段はすべて税抜で480円)」は、天然真鯛・カマス・コチかな?カマスの寿司は珍しいですね。
すし食いねぇ (9)

「氷見港直送握り3貫(480円)」は、赤カレイ・真ハタ・カワハギだと思います。
すし食いねぇ (8)

こちらは「本マグロづくし3貫(890円)で、赤身・中トロ・トロ。マグロの値段が高騰してるため価格も高値安定でしょう?
すし食いねぇ (11)

こちらは「長崎ハーブ鯖(290円)」で、2人分が一皿で出されました。でも、しっかり2枚の皿が付いていました。一皿2貫ずつ出してもらったほうがいいですね。
すし食いねぇ (19)

長崎ハーブ鯖とは養殖サバのブランドで、エサに4種類の西洋ハーブを混ぜて育てているサバのことでサバの生臭さがなく美味しいです。
すし食いねぇ (16)

こちらは「アワビ(350円)」。値段安いです。
すし食いねぇ (10)

こちらは息子が頼んだ梅貝。
すし食いねぇ (15)

あと「アオリイカ(350円)」や、
すし食いねぇ (12)

寒ブリだったかな?
すし食いねぇ (14)

それにこれは何だったかな?色々頼みましたね。
すし食いねぇ (18)

最後はうなぎの手巻きで締めました。
すし食いねぇ (13)

お味噌汁は磯のり汁(250円)も頼んでいます。

重複しているネタは紹介していませんが、以上2人でちょうど20皿を食べて、締めて一人3千円弱。納得のコスパです。

さすが人気のお店だけあって、我々が食べ終わって帰る15時半過ぎでも長蛇の順番待ちでした。凄いですね!?この日一日でどれだけの売り上げがあるのか興味がわきますね。ご馳走様でした。

回転寿司すし食いねぇ!小松沖店
石川県小松市沖町528
0761-24-1151
11:00~21:30(L.O.21:00)
ランチ月~土曜
11:00~16:00(祝日除く)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

歳と共に食が細くなっていく気がします。

グルメブログをずっとやってきているので、元々はそれなりに食べる方だとは思っていましたが、ここ数年は気持ち的にも量を食べる意識が弱まっているのを感じます。

そんな関係で、ボリュームがウリのお店には極力行かないようにしていたり、最初から大盛りがわかっている場合は「ご飯少なめ」でお願いするようにしています。

今回紹介する「ひかり屋 天王寺ミオ」は、決して大盛りがウリのお店ではありませんが、ついついネタ的に面白そうだといった理由で頼んだメニューが、思ったよりメガ盛り過ぎて、久しぶりに食べすぎてしまいました。^^;

「ひかり屋 天王寺ミオ」は、JR環状線の天王寺駅上にある駅ビル「天王寺MIO 本館」の11階にあります。

調べてみると、際コーポレーションという東京の会社が展開しているようで、ここは飲食店を中心に色々なブランドで手広く店舗展開をされているグループでした。

個人的にはあまり知らないブランドばかりでしたが、「紅虎餃子房」や「上海バール」などは街で見かけることがあります。
ひかり屋

店構えは際コーポレーションお得意?の中華系ではなく、百貨店や駅ビル、地下街などでよく見かける、うどん・そば・和食系のレストランのような感じです。
ひかり屋 (5)

店内は、それほど「和」に寄った作りではありません。
ひかり屋 (4)

表にあったサンプルケースには、色々な品が並んでいますね。

天ぷら、そば・うどん、丼全般のお店です。

私はその中から「はみだし天丼(税別1,190円)」を頼むことに。
ひかり屋 (3)

お品書きのビジュアルが気になってのオーダーです。
ひかり屋 (8)

出されたのがこちらですが、実際に出された現物の方が、お品書きより凄い感じです。
ひかり屋 (7)

フタは無くてもよさそうなものです。(笑い)

あまりに種類が多いので、フタに一部を取り分けて写真を写してみました。
ひかり屋 (10)

穴子、イカ、エビ2尾、なす、かぼちゃ、キス、しいたけ、ししとう、サツマイモ、舞茸、他何があったかな?わからなくなるほどの種類の多さとボリュームです。

見たとたんに、ご飯は全部は食べることが出来ないと悟りました。

そこで、天ぷらを中心に食べながら合間に少しずつご飯を食べる戦法にチェンジ。

これだけの量だといくら揚げ立てだとしても途中で飽きてきて、案の定、ご飯は数口しか食べることが出来ませんでした。^^; 反省です。
ひかり屋 (6)

一緒に行った人は「鶏ゆずうどん(税別890円)」を頼んでいました。こちらの方はさっぱり系の味です。

しかし、私が食べた「はみだし天丼」。税別1,190円で、この内容とボリューム。たくさん食べる方にとってはいいお店だと思います。ご馳走様でした。

ひかり屋 天王寺ミオ
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-39
 天王寺MIO 本館11F
TEL 06-6770-2452
11:00~23:00(L.O.22:00)
休みは天王寺ミオに準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

イオンモール新小松店がオープンして、そろそろ4年が経過しようとしています。
つるさく (6)

最初のころの超混雑する状況は、特定の日を除いてはなくなりました。

飲食店のほうも、相変わらず順番待ちが出来ているところは、もりもり寿しくらいで、他のお店は順番待ちせずとも入れることが出来ます。

2階にあるフードコートに関しても、席がなかなか確保できなといった状況は土日でもそれほどなくなったのではないでしょうか?

さて、昨年末のとある土曜日。用事がありお昼前にそれを済ませて、2階にあるフードコートでランチを食べることに。

これまで入ったことがないお店の中で今回チョイスしたのは「讃岐うどんの心 つるさく」という讃岐うどんのお店です。

こちらは、帰ってブログを書くために調べると、「はなまるうどん」の系列でした。知りませんでした。

「はなまるうどん」と同じような価格帯のお店に思うのですが、こちらのブランドはイオングループのショッピングセンター向けのようです。

全国に9店舗あって、すべてがイオングループのショッピングセンターにありました。

フードコート自体がセルフ方式なので、こちらもセルフ方式のお店。賑わっているようです。

讃岐うどんのお店ですが、おでんがメニューにありました。

システムは、香川県にある讃岐うどんのお店のように、天ぷらを取ってうどんをオーダーして最後に料金を払う方式です。

私はヘルシーに「サラダうどん(税別640円)」というのがあったのでそちらに。
つるさく (2)

野菜たっぷりで、タレというかドレッシングというか、味が3種類から選ぶことが出来、私は生姜風味だったかな?にしました。
つるさく (4)
ように各店舗ごとで製麺しているわけではありませんが、コシがあってモチッとした食感。普通盛りでしたが食べ応えがあります。
つるさく (3)

あと、天ぷらの「げそ天(140円)」を一つ。これが固かったです。丈夫な歯を持っている私でも苦戦。衣のみ口の中に消え、ゲソが裸状態になっても噛みきれず…。^^;
つるさく

妻は、こちらの期間限定「牛肉と玉子うどん(税別640円)」を頼んでいましたが、味付けが少々甘かったようです。もっとも個人の好みなので、甘めの味付けがお好きな方は食べてみてください。ただしいつまでの期間限定かわかりません。

フードコートにあるお店なので、手早く食べるには適したお店でしょうね?ご馳走様でした。

讃岐うどんの心 つるさく イオンモール新小松店
石川県小松市清六町315
 イオンモール新小松2F
TEL 0761-25-1870
10:00-20:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ