あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 甲信越

今日は長野に出張した時に宿泊したホテルについて書きます。

全国各地にあるコンフォートホテルはアメリカ発のホテルチェーンで、小松市にも小松インター近くにあったのですが、今年7月に「ホテルエコノ小松」に名称変更しています。

コンフォートホテルは私も出張時に時々利用します。

今回、長野出張のときに長野駅に近くにあるコンフォートホテル長野を利用しました。

コンフォートホテルは各ホテルとも朝食が無料です。ただし各ホテルで内容が違っていて、過去の私の経験から言ってもすべてが満足できるものかといえばそうではなかったと思います。

もっとも無料なのでぜいたくは言えませんが。

コンフォートホテルに限らずビスネスホテルでは無料の朝食を食べることが出来るところも多いですが、ここは種類や内容的にも満足できる朝食でした。

朝食は1階の専用コーナーで取ります。ウェルカムドリンクもこちらで飲むことが出来ました。朝食は6時半からやっているのもうれしいです。
コンフォートホテル長野

夏休み中ということもあって、子供連れの家族がいらっしゃいました。
コンフォートホテル長野 (2)

バイキング形式です。
コンフォートホテル長野 (4)

こちらが私が取ってきたものです。やはり取り過ぎていますね。^^;

思っていたより品数が豊富で、サラダの種類が多かったのがうれしかったです。

日替わりで出されるようですが、野菜のミックスサラダと、この日のサラダとしてクスクスと赤レンズ豆のグレインズサラダがありました。春雨サラダもありました。(以上、下の段に盛ってあるものです)
コンフォートホテル長野 (5)

上の方は温野菜にトマトペンネサラダとソーセージ、そしてスクランブルエッグ。

スープも日替わりで、この日はオニオンスープ。ヨーグルトとフルーツもありました。
コンフォートホテル長野 (6)

ただ、こちらの日替わりメニューのピラフは何だったのでしょう?ビーフらしき破片が目につきましたが、バター風味のピラフだったかな?味がイマイチピンとこないといいますか味が薄かったです。

そのため、こちらのピラフは残してしまいました。すみません。

置かれていた料理で食べなかったものが何種類かありましたし、この内容だったら普通千円以上の料金を取ると思います。よかったです。ご馳走様でした。

コンフォートホテル長野
長野県長野市南千歳1-12-4
TEL 026-268-1611
朝食
平日6:30~9:00
土日祝:6:30~9:30
宿泊者は無料


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

道の駅シリーズ。初めての新潟県にある道の駅の紹介になります。

小松から長野まで260km強。JRで北陸新幹線で行くと自宅から約2時間ほどですが、車だと途中休憩を入れて約4時間かかります。そう思うと新幹線は早いですね。

今回、富山経由で長野まで仕事で移動するにあたって、人数の関係もあって車で移動することになりました。その道中、休憩した道の駅の紹介です。

利用したのは「道の駅 あらい」。上信越自動車道の新井パーキングエリアに隣接しています。

あいにく信越地方に大雨が降っているときで、雨の中、高速の駐車エリアから道の駅までかけ足で入りました。

高速道路のPA自体はトイレのみしかないような小さなものですが、「道の駅 あらい」は大きな道の駅で色々なお店が並んでいました。
道の駅あらい (8)

地場産野菜も販売しています。
道の駅あらい

こちらはくびき野情報館という施設で、この辺りの観光情報などを知ることが出来ます。

私ともう一人、少し小腹が空いたので何か食べることにしました。
道の駅あらい (7)

入ったのは新潟・長野のお土産を売っている「カンパーナあらい」の中の一角にあった「まるよし」というお店です。
道の駅あらい (3)

カニ飯とうどんのお店です。

それほど量はいらなかったので、カニめしとうどんのハーフサイズが付いたミニミニセット(税込600円)を頼み、2人でシェアして食べることにしました。

こちらが炊き込みご飯のカニめしです。

紅ズワイを使っています。新潟は紅ズワイが有名で、その中で糸魚川にある能生漁港も有数の水揚げ量を誇る港のようです。
道の駅あらい (6)

その能生漁港から直送の紅ズワイを使用していると書かれていました。しかしツメが一本のみ。^^;

まぁ、値段が値段なのでぜいたくは言えません。

確かにこのカニめしは美味しかったです。ほんのりとカニのうま味が上品にご飯に染み込んでいました。
道の駅あらい (5)

うどんのほうはこちらですが、私はあまり食べていないので感想は書きません。

あと、お土産屋さんで、ご覧の2点を買いました。
道の駅あらい (11)

「レルヒさんのカレーカシュー(税別450円)」と「佐渡さざえ味噌(税別700円)」です。

「佐渡さざえ味噌」は佐渡産サザエを、ネギを加えた味噌で仕上げてあり、ご飯や酒のお供によかったです。
道の駅あらい (12)

「レルヒさんのカレーカシュー」のほうは、カシューナッツとカレーという意外(でもない?)な組合せだったので思わず買ってみました。
道の駅あらい (13)

カシューナッツにカレーがほんのりコーティングされていて、これはこれでアリかな?ご馳走様でした。

道の駅 あらい
新潟県妙高市大字猪野山58-1
TEL 0255-70-1021(くびき野情報館)
まるよし
TEL 0255-70-1880
新潟県妙高市大字猪野山55-16
 カンパーナあらい
10:00~18:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

高橋邦弘さんという蕎麦打ちの名人がいらっしゃいます。

大分の杵築に「達磨」という蕎麦のお店を営む傍ら、蕎麦のお弟子さんの育成のために全国各地をまわっているかたです。


今日紹介します「蕎麦にしざわ」のご主人は、高橋名人の一番弟子だったかたのお店「安曇野 翁」で修業。いまは翁達磨グループの一員として名前を連ねているということでした。

今回、長野に行った時にランチを食べに行ってきました。

人気のお店だとわかっていたので、早めの時間にお店まで向かいます。
蕎麦にしざわ

何となくいいおそば屋さんの雰囲気が外観からも伺えます。

今年の6月で15周年を迎えられています。

店内に入ると、ゆったりとスペースが取られていて、席が配置されています。落ち着いて食事が出来そうです。
蕎麦にしざわ (2)

奥には蕎麦を打つ部屋と、その上には翁達磨グループのお店が紹介された所在地地図が掲げられていました。

もちろん国産の玄蕎麦を自家製粉した手打ちですね。
蕎麦にしざわ (4)

お品書きは比較的シンプルな構成でした。

甘皮まで引き込んで作る田舎そばがありましたが平日はやっていないようです。
蕎麦にしざわ (3)

私が頼んだのはこちらに書かれていた「冷やかけそば(税込1,100円)」。
蕎麦にしざわ (10)

夏季限定で、郷土野菜の丸ナスの素揚げをのせた、冷たいかけ汁の蕎麦でした。丸なすといえば小布施の丸なすが有名ですが、産地は分かりません。
蕎麦にしざわ (11)

のど越しのいい蕎麦が、キ~ンと冷えた汁によって、より滑らかに感じました。
蕎麦にしざわ (8)

ミョウガもたっぷり入っていて、他に山菜と大根おろしが少し添えられていました。

一緒に行った人は、一人は「鴨ざる(税込1,350円)」。
蕎麦にしざわ (12)

鴨は国産の合鴨肉を使用して、ネギとの相性がよかったみたいです。
蕎麦にしざわ (14)

蕎麦はあら塩で食べる選択肢もあります。
蕎麦にしざわ (9)

もう一人は「かき玉そば(税込950円)」。暑い夏にあんかけの蕎麦でした。^^;

最後にはそば湯が出されます。
蕎麦にしざわ (13)

早い時間なので、サラッとしたそば湯だと思いましたが、意外ととろみもあってとても美味しいそば湯でしたね。最近飲んだ中では一番かな?

いや、さすがに信州そばの本場で人気なお店だけあります。美味しかったです。ご馳走様でした。

蕎麦にしざわ
長野県長野市高田1943
TEL 026-263-2433
11:00~16:00
月曜休(祝日の場合は火曜休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

県外で食事のお店に行くときは、石川県のお店に行くより念入りに下調べをして探します。

最近はあまり見当違になることは少なくなりましたが、それでもたまに、心の中で「失敗した」と思うことがあります。^^;
とくべえ

今日紹介します「とくべえ駅前店」は、最初、お店に着いたときお世辞にもきれいとは言えない外観を見て少し心配しましたが、いい意味で見当違いのお店でした。

結論を先に書けば、とてもよかったです。料理はどれも美味しくて特徴もありました。満足です。見くびっていました。ごめんなさいです。

場所は長野駅からもほど近い場所。狭い路地に入ったところにひっそりとある居酒屋です。

人気のお店で、この日も大雨が降る日だったのですが、我々の後、次から次へとお客さんが入ってきました。
とくべえ (4)

我々は3名で訪れましたが、こちらの囲炉裏のある小上がりの席に通されます。
とくべえ (7)

まずは生ビールで乾杯。
とくべえ (3)

お通しは「もずく酢」。長野で「もずく」が出されるとは思いませんでした。

こちらがお品書きですが、それほど特徴があるわけではありませんげ、単価はリーズナブルでした。
とくべえ (5)

では、頼んだ料理について紹介します。
とくべえ (9)

最初は「揚げ出しどうふ(450円)」です。中にはとろとろのお豆腐が入っていました。
とくべえ (10)

「ニラ玉(450円)」はニラと溶き卵と共にスープがたっぷり入って熱々。これから長野が寒くなった時に食べると体も暖まるでしょう?
とくべえ (11)

「イカの香味揚げ(600円)」は揚げ立てで、この揚げ方が上手でした。
とくべえ (12)

「アスパラベーコン(800円)」は、シンプルにアスパラとベーコンだけかと思っていたら、アスパラとベーコン以外にも色々な野菜が入っていました。

こちらは「丸なす鉄火味噌(550円)」。
とくべえ (14)

長野は「小布施丸なす」が有名ですが、夏の時期が旬。素揚げした丸なすや野菜に鉄火味噌という直接食べるいわゆる「なめ味噌」をからめた一品で、美味しかったです。
とくべえ (13)

甘辛で酒がすすむ逸品でした。
とくべえ (8)

私は食べていませんが「もつ煮(550円)」も頼んでいます。
とくべえ (16)

最後に頼んだのは、こちらのお店のスペシャリテ「コロッケ(650円)」です。
とくべえ (15)

この巨大なコロッケ(650円)を揚げるには相当な技術が必要だと思いますが、これが本当に美味しかったです。
とくべえ (17)

中はとろとろのクリーミーな感じで、一人のときだとこれだけ食べたらお腹いっぱいになるぐらいのボリュームで、我々のように3人でシェアして食べるとちょうどいいボリュームでした。

以上、3名で飲み食いして一人3,700円強。長野の郷土料理を堪能できるお店ではありませんが、コスパ的にも味的にも満足できるお店でした。ご馳走様でした。

とくべえ駅前店
TEL 026-228-2525
長野県長野市北石堂町1366
月~土 17:30~23:00(L.O.21:30)
日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

前回から何となく間が空いてしまいました道の駅シリーズ。
道の駅小布施 (3)

今回は長野県にある「道の駅オアシスおぶせ」です。

上越自動車道上下線兼用の小布施パーキングエリアに隣接していて、高速道路から降りずに利用できるハイウェイオアシスになっています。

ここは小布施総合公園にも隣接しています。
道の駅小布施

駐車場のお隣には、地元農家の直売所があって、季節の果物が色々売られていました。
道の駅小布施 (2)

お土産売り場やレストランのある建物は木造の立派な建物です。
道の駅小布施 (4)

レストランは天井が高くて開放感ある作りでした。
道の駅小布施 (6)

また、お土産処では北信州の色々なお土産を買うことが出来ます。
道の駅小布施 (5)

私がお土産売り場で買って食べたのは「オブセ牛乳のプリン」。「オブセ牛乳」で作られた「オアシスおぶせ」の限定商品です。
道の駅小布施 (8)

私は、その中でも期間限定のブルーベリー味を食べてみました。360円だったかな?

下層には食感が残ったジャムのようなブルーベリーがいれられていて、ほんのり甘さ控えめのミルクプリンとの相性も良かったです。
道の駅小布施 (14)

他にお土産として買い求めたのは、長野土産としては定番の「八幡屋磯五郎」の一味と七味。

長野県限定販売のテーブルマーク「ホームラン軒」の信州味噌仕立てカップラーメンと、「ピリ辛おつまみ野沢菜メンマ」。
道の駅小布施 (12)

信州味噌仕立てカップラーメンは、信州名物の野沢菜がたっぷり入っているようですが、まだ食べていません。

「ピリ辛おつまみ野沢菜メンマ」はビールのつまみによかったです。

小布施ハイウェイオアシスオリジナルの和菓子「栗くるみゆべし」と「元祖とうがらしの種」も買ってみました。
道の駅小布施 (13)

小布施は栗の里と呼ばれていて小布施栗が有名です。これから栗の季節で楽しみです。

あぁ、「元祖とうがらしの種」は、長岡市の「越後製菓」のお菓子ですね。^^;

長野へ車で行くことがめったにないので、長野の道の駅の紹介は最初で最後かもしれません。^^; ご馳走様でした。

道の駅オアシスおぶせ
長野県上高井郡小布施町大島601
TEL 026-251-4111
9:00~20:00
食事ラストオーダーは19:45


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ