あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 道の駅

小松市にある「道の駅こまつ木場潟」の直売所「じのもんや」では小松市産の安全・安心な農産物・特産物が売られています。
道の駅木場潟

人気の道の駅で週末などは多くの人で賑わっていて、お昼前後は駐車場も混雑しています。

私も毎週のように地元の野菜などを買い求めるために利用しています。

さて小松市の農産物の中で出荷が多く人気の高い野菜としてトマトが挙げられます。
道の駅木場潟 (11)

春から秋にかけて色々なトマトが出荷されていて、北陸3県では一番の出荷量を誇っているのです。
道の駅木場潟 (9)

そんなトマトを使ってJAなどが商品開発した「こまつもんブランド」の商品がたくさんあって、こちらの直売所「じのもんや」でも多くの種類が売られているのです。
道の駅木場潟 (12)

今回、店内のレストラン「レストラン味処四季彩」で夏メニューがスタート!このトマトを使ったメニューを食べてきたので紹介したいと思います。

夏メニューとしては「冷しトマトらーめん」「冷しかき揚げ小松うどん」「冷し丸いもとろろそば」などがあって、私は今回「冷しトマトらーめん(税込650円)」を食べてみました。
道の駅木場潟 (2)

こちらは通常メニューです。
道の駅木場潟 (3)

食券を買うと自動的にオーダーが通ります。便利です。
道の駅木場潟 (4)

飲食するエリアは広く多くの人が飲食できるのですが、いまはコロナ禍のなか、カウンター席のイスは間引きされて、一人一人の間にはアクリル?の仕切り。テーブル席にも間には仕切りが設置されていました。

数分待ったでしょうか?番号が呼ばれカウンターに取りに行きました。
道の駅木場潟 (5)

「冷しトマトらーめん」は紅白の色合いでビジュアル的には涼しげな感じです。

白いのはネギではなく大根の千切りです。

トマトはルイベ状態というか、だいぶ凍った状態のものが多く、そのまま食べるとかき氷のようでトマトの酸味と相まって、クール感が半端ない感じ。^^;

出汁も効いていて、甘さはあまりなくトマトの酸味もあって、本当に夏向きの冷麺でした。
道の駅木場潟 (7)

麺は中細のストレートで、こちらはコシが半端なくあって、噛み応えがありました。

まだ湿度がない爽やかな日だったのですが、これから暑くなると、このギンギンに冷えた「冷しトマトらーめん」が食べやすくなってくるだろう?と思います。ご馳走様でした。

レストラン味処四季彩
小松市蓮代寺町ケ2番2
 道の駅こまつ木場潟内
TEL 0761-25-1188
直売所 8:30~18:30(11月~3月は18:00まで)
レストラン9:00~18:30(4月~10月)L.O18:00
9:00~18:00(11月~3月)L.O.17:30
1月・2月の間は水曜休、正月 1月1日~3日
それ以外は無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県の白山市と岐阜県白川村を結ぶ「白山白川郷ホワイトロード」。

毎年6月上旬から11月初旬までの短い期間ですが、多くの車が利用する人気の有料道路です。

しかし今年は、石川県側で発生した土砂災害の復旧工事のため、石川県側のみ全期間通行止めとなりました。残念です。

そんな「白山白川郷ホワイトロード」を石川県側から利用する場合、ほとんどは国道360号線を通って、「道の駅瀬女」の前を通行します。
道の駅瀬女 (6)

「道の駅瀬女」について、過日煮込みうどんの有名店「瀬女峠茶屋」を紹介しましたが、今日は同じ「道の駅瀬女」にある「白山観光物産センター」と中にある「山のパン屋さん 瀬女」についての紹介です。
道の駅瀬女 (5)

「山のパン屋さん 瀬女」については約2年ぶりの紹介になります。

緊急事態宣言明けの5月末の蒸し暑い日でしたが多くの人で賑わっていました。

店内では3密を避けるための工夫が色々施されていました。
山のパン屋さん (9)

たとえば「山のパン屋さん 瀬女」やレジには透明なビニールのスクリーンがかけられています。
道の駅瀬女 (3)

私は今回、「白山観光物産センター」内でこちらのハチミツを買い求めました。税込で2,230円。とちの花から獲れたハチミツです。

あと買い求めたパンについても紹介します。

ただ、わざわざこちらのパン屋さんのみを目的で訪問する人は少ないと思います。

まぁ、ついでと言ってはなんですが、他の飲食や買い物をしたときに買い求めることが多いのではないかと思います。
山のパン屋さん (5)

パンメニューはこんな感じですが、私が行ったお昼時はあまり種類が並べられていませんでした。

しかし少し待っていると、いくつか新しく焼かれて出されたので、それらを買い求めることに。
山のパン屋さん (14)

私が食べたのは、ちょうど焼き上がったところの「あらびきソーセージ(税込220円)」。

半分に切るとこんな感じです。
山のパン屋さん

18cmもある粗挽きソーセージでした。生地は柔らかく少し甘めでした。

妻は「カラメルバナナ(200円)」。
山のパン屋さん (15)

バナナのペーストが入った甘い菓子パンだったようです。
山のパン屋さん (13)

娘にはツナマヨ入りの「ツナパン(税込180円)」です。

冒頭書きましたが「白山白川郷ホワイトロード」は今年は通行止めとなりましたが、この道の駅は人気なので、それほど影響はないのかもしれません。ご馳走様でした。

白山観光物産センター
石川県白山市瀬戸寅163-1
TEL 076-256-7172
9:00~17:30
山のパン屋さん 瀬女のパンは10時ごろから焼き上がり
(新型コロナの影響で時間短縮10:00~16:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

久しぶりの道の駅の紹介は、津幡町にある「道の駅 倶利伽羅源平の郷」です。
倶利伽羅源平の郷

今から840年ほど前の平安時代末期寿永2年5月11日(1183年)6月2日に、この地倶利伽羅峠で源氏と平家が戦っています。

それが「倶利伽羅峠の合戦」で「砺波山の戦い(となみやまのたたかい)」とも呼ばれます。

「倶利伽羅峠の合戦」では、源氏の木曽義仲軍が「火牛の計」と言われる奇襲で平氏を破ったことが語り継がれているわけですが、数百頭の牛の角に松明をくくりつけて敵中に向け放つということが実際可能だったかどうかなど疑問を呈する学者もいるようです。

さて、そんな合戦の記憶を偲べる施設が「道の駅 倶利伽羅源平の郷」なのです。

先月、津幡町に行ったついでに立ち寄りました。
倶利伽羅源平の郷 (3)

こちらは津幡町の見どころを紹介する情報棟。
倶利伽羅源平の郷 (2)

入口には「火牛の計」をモチーフにした大きな牛のモニュメントが飾られていました。
倶利伽羅源平の郷 (7)

中には戦の様子が描かれた屏風など、倶利伽羅峠の今昔や歴史を、パネルや映像で紹介したり、町の概要がわかる品々が展示されています。
倶利伽羅源平の郷 (8)

そして「倶利伽羅塾」という宿泊が出来る施設と、中には宿泊客以外も利用できる入浴施設「源平の湯」があります。その右側には飲食が出来る食堂「源平茶屋」が併設されています。
倶利伽羅源平の郷 (4)

「源平の湯」は残念ながら天然温泉ではなく「別府温泉(湯の華)」の湯質感を再現した自然派の人口温泉でした。
倶利伽羅源平の郷 (11)

こちらには入浴客などがくつろげるスペースがありました。
倶利伽羅源平の郷 (9)

道の駅なので、津幡町の農産品や特産品などを売るスペースなどもあり、
倶利伽羅源平の郷 (10)

わたしはここで、ハルディンの「チキンケバブロール(税別380円)」と
倶利伽羅源平の郷 (17)

これだけ入っていて150円と安かったショウガを買い求めました。
倶利伽羅源平の郷 (16)

「ハルディン」という単語、調べてもわかりませんでしたが、お店か何かでしょうか??
倶利伽羅源平の郷1

ちなみに「チキンケバブロール」は私はチキンが苦手なので食べていませんが、クミン・コリアンダー・キャラウェイなどの香辛料が使われていたようです。

皮は全粒粉で作られたものでした。

日本の中世の歴史に興味がある人にとっては興味深い道の駅ですね。

道の駅 倶利伽羅源平の郷
石川県河北郡津幡町字竹橋西239-14
TEL 076-288-1054
24時間営業
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

道の駅シリーズ。初めての新潟県にある道の駅の紹介になります。

小松から長野まで260km強。JRで北陸新幹線で行くと自宅から約2時間ほどですが、車だと途中休憩を入れて約4時間かかります。そう思うと新幹線は早いですね。

今回、富山経由で長野まで仕事で移動するにあたって、人数の関係もあって車で移動することになりました。その道中、休憩した道の駅の紹介です。

利用したのは「道の駅 あらい」。上信越自動車道の新井パーキングエリアに隣接しています。

あいにく信越地方に大雨が降っているときで、雨の中、高速の駐車エリアから道の駅までかけ足で入りました。

高速道路のPA自体はトイレのみしかないような小さなものですが、「道の駅 あらい」は大きな道の駅で色々なお店が並んでいました。
道の駅あらい (8)

地場産野菜も販売しています。
道の駅あらい

こちらはくびき野情報館という施設で、この辺りの観光情報などを知ることが出来ます。

私ともう一人、少し小腹が空いたので何か食べることにしました。
道の駅あらい (7)

入ったのは新潟・長野のお土産を売っている「カンパーナあらい」の中の一角にあった「まるよし」というお店です。
道の駅あらい (3)

カニ飯とうどんのお店です。

それほど量はいらなかったので、カニめしとうどんのハーフサイズが付いたミニミニセット(税込600円)を頼み、2人でシェアして食べることにしました。

こちらが炊き込みご飯のカニめしです。

紅ズワイを使っています。新潟は紅ズワイが有名で、その中で糸魚川にある能生漁港も有数の水揚げ量を誇る港のようです。
道の駅あらい (6)

その能生漁港から直送の紅ズワイを使用していると書かれていました。しかしツメが一本のみ。^^;

まぁ、値段が値段なのでぜいたくは言えません。

確かにこのカニめしは美味しかったです。ほんのりとカニのうま味が上品にご飯に染み込んでいました。
道の駅あらい (5)

うどんのほうはこちらですが、私はあまり食べていないので感想は書きません。

あと、お土産屋さんで、ご覧の2点を買いました。
道の駅あらい (11)

「レルヒさんのカレーカシュー(税別450円)」と「佐渡さざえ味噌(税別700円)」です。

「佐渡さざえ味噌」は佐渡産サザエを、ネギを加えた味噌で仕上げてあり、ご飯や酒のお供によかったです。
道の駅あらい (12)

「レルヒさんのカレーカシュー」のほうは、カシューナッツとカレーという意外(でもない?)な組合せだったので思わず買ってみました。
道の駅あらい (13)

カシューナッツにカレーがほんのりコーティングされていて、これはこれでアリかな?ご馳走様でした。

道の駅 あらい
新潟県妙高市大字猪野山58-1
TEL 0255-70-1021(くびき野情報館)
まるよし
TEL 0255-70-1880
新潟県妙高市大字猪野山55-16
 カンパーナあらい
10:00~18:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

6年半前に無料化された「のと里山海道」はほとんどの区間が片側2車線化となりとても走りやすくなりました。

個人的には七尾に向かう場合は「のと里山海道」を通って行くことが多く、国道159号を使うことはありませんでした。

今回、前に紹介した「ヴィラ・デラ・パーチェ(VILLA_DELLA_PACE)」でランチを食べる予定だったので、国道159号を通りました。目的地に行く途中、休憩がてら中能登町にある「織姫の里なかのと」に立ち寄ることに。
織姫の里なかのと (2)

新しい施設のようです。駐車場も広かったです。

また、この手の施設には珍しいドッグランもありました。

入って右手にはフードコートの「織姫ダイニング」、左は「産直館 織姫市場」があります。
織姫の里なかのと (7)

あと、こちらのトイレも開放的で一見の価値があります
織姫の里なかのと (4)

「産直館 織姫市場」には、能登の風土を活かして作られた朝採り能登野菜や中能登町の名産品などを購入できます。
織姫の里なかのと (10)

我々は、妻がいつも愛飲している「能登のはとむぎ茶」と、ちょっとエリアが違いますが金沢砂丘サイダー「すいか姫」です。
道の駅織姫の里なかのと

「すいか姫」は甘くて爽やかなサイダーでした。
織姫の里なかのと (6)

「織姫ダイニング」では、こちらの「能登の甘酒ソフトクリーム(400円)」を買ってい食べました。

織姫の里なかのと (12)
乳製品・卵・小麦粉・砂糖を一切使わないソフトクリームなようです。
織姫の里なかのと (8)

中能登産の甘酒やサボテンから抽出した成分をいれて、甘味を出していますが、そのためか滑らかさは少し足りませんが美味しかったです。

甘酒のうま味というか、お酒が好きな人にはうれしいソフトクリームかもしれません。ご馳走様でした。

道の駅織姫の里なかのと
石川県鹿島郡中能登町井田部10-1
TEL 0767-76-8000
10:00~19:00
水曜,年末年始休

お次は有名な「七尾フィッシャーマンズ・ワーフ能登食祭市場」。
能登食祭市場 (7)

私も何度も訪れています。七尾の観光施設の中でもメジャーな存在です。
能登食祭市場 (3)

七尾湾に面していて、晴れた日は青い空と海に潮風をいっぱい受け気持ちがいいです。
能登食祭市場 (5)

中には四季折々の能登の祭りをはじめとした観光情報の提供などあって、七尾市の石崎奉燈祭のキリコがディスプレイされています。
能登食祭市場 (10)

また、グルメや海産物や能登の銘産品の販売するお店がたくさんあって、お盆の時期ということもあり多くの人で賑わっていました。

私はかまぼこ製造販売で有名なスギヨで、練り物串を一本買って、その場で食べました。本当は能登かかし揚げを食べたかったのですが、残念ながら売切れでした。
能登食祭市場 (11)

食べたのは「さつま串タコ(税込170円)」です。ちょうど揚げ立てのが頂けたので、より以上美味しかったと思います。
能登食祭市場 (13)

あと、杉野屋与作ブランドでネットで売られている「与作揚げ」をお土産で買いました。4個入りで600円(税込)です。
能登食祭市場 (15)

家でそのまま食べましたが、素材のタラとのど黒のすり身は滑らかな口当たりに仕上げた上品揚げかまぼこでした。

久しぶりに行きましたが、天気もよくひと休みに最適でしたね。ご馳走様でした。

能登食祭市場
石川県七尾市府中町員外13-1
TEL 0767-52-7071
1階 8:3018:00(グルメ館は店舗により異なります)
2階 11:0014:00,17:0022:00(店舗により営業時間は異なります)
火曜休 ただし祝日は営業
(7~11月は無休)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ