あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:中部(石川除く) > 長野

久しぶりに軽井沢まで日帰りで行ってきました!今日はサイクリングで巡ってきたところを紹介します。
軽井沢

北陸新幹線が金沢まで延伸してとても便利になりました。

15年ほど前、友人の結婚式が軽井沢であった時、小松から車で5時間ほどかかった記憶がありますが、以来、軽井沢は遠いところというイメージがありました。

しかし、今回は小松を7:20発のダイナスターに乗り、7:48金沢駅発かがやき、長野駅で8:59発のはくたかに乗り換えて、9:29に軽井沢駅に到着。

所用時間2時間9分という短さです。便利になったものです。

今回はレンタサイクルで軽井沢を、約半日という短い時間ですが巡りました。

今回利用したレンタサイクルは、スポーツタイプの車種で電動アシスト付き。旧軽・南軽・中軽と周りましたが、結局電動アシストはあまり使いませんでした。

この日の朝、家を出るとき、軽井沢は午後から雨の予報で、ところによっては雷雨も!という心配な天気でした。しかし晴れ男の私!観光している間は、雨が降ったのは飲食をしているときや屋内にいる時。ラッキー!と思っていたら最後の最後、レンタサイクルを返却しに向かう途中、ひどい夕立に見舞われました。^^;

さて、今日は軽井沢で巡った観光場所について紹介します。

まず向かったのは雲場池
雲場池 (2)

「スワンレイク」とも呼ばれる、六本辻近くにある静かな池です。お天気がイマイチだったのでいい写真が撮れませんでしたが、風のない晴れた日には青空や周りの木々が水面に映ってとてもきれいなようです。軽井沢の観光コースとなっています。
旧軽井沢銀座

その次にお土産等を買うために旧軽井沢銀座へ。旧軽井沢銀座はお盆の休みということで超混雑。歩くのも大変です。

聖パウロカトリック教会

軽井沢聖パウロカトリック教会は1935年に英国人のワード神父により設立された教会です。

次に万平ホテルまで移動しました。
万平ホテル (2)

ここは、元ビートルズの今は亡きジョンレノンも御用達だったことで知られています。

軽井沢を代表するクラシックホテルで、歴史を感じさせてくれる建築ですね。
万平ホテル (4)

ジョンレノンがよく利用したカフェテラス。凄い順番待ちでした。^^;

このカフェで有名なのは、ジョンレノンの希望で作られたというロイヤルミルクティーなのだそうです。

旧軽周辺の話題はこれくらいにして、レンタサイクルで足を延ばしたのは、軽井沢千住博美術館です。
軽井沢千住博美術館 (4)

先月、富山市美術館で開催されていた「高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展」を見に行って、軽井沢に行った時には是非見てみたいと思っていたところです。

設計は金沢21世紀美術館の設計でも知られるSANAAの西沢立衛氏。
軽井沢千住博美術館 (7)

館内は写真撮影が禁止だったのが残念ですが、曲線を多用し内部もRガラスを使ったり、どこか金沢21世紀美術館の造形に似ていました。

ちなみに、館内は緩やかに傾斜が付けられた大きな一つの空間のランドスケープデザインで、建築を担当した会社もさぞかし大変だっただろうなぁ~?と思いました。
軽井沢千住博美術館

こちらのカフェ・ショップ棟は別な方の設計です。
軽井沢千住博美術館 (8)

いまやっている展示は「At World’s End -新作「地の果て」に至るモチーフの系譜-」という展示をやっています。12月24日までです。

東京藝術大学大学院在学中のビルシリーズからいまのウォーターフォールシリーズに至る過程を知ることが出来ました。

軽井沢千住博美術館
長野県北佐久郡軽井沢町長倉815
TEL 0267-46-6565
9:30~17:00
At World’s End -新作「地の果て」に至るモチーフの系譜-
2018.3.1~12.24
開館時間
9:30~17:00
入館16:30まで
火曜休(祝日の場合とGW,7?9月は開館)
冬期休館:12月26日より2月末日
一般1,200円

ここから北にレンタサイクルを走らせます。中軽井沢駅の北あたりです。

このあたりは星野リゾートの敷地で、協会は、有名な「星のや」や「ホテルブレストンコート」などの宿泊施設、「ハルニレテラス」などの観光施設などが集まっています。
ホテルブレストンコート

この建物はホテルブレストンコート。
ホテルブレストンコート (3)

いいインテリアですね。
軽井沢高原協会 (3)

こちらはホテルブレストンコートに隣接する軽井沢高原教会。冒頭書いた友人の結婚式とはDJなどでおなじみの井上浩二氏が式を挙げた教会なのです。懐かしいです。

そして「軽井沢 石の教会 内村鑑三記念堂」。今回行ってみたかったところの一つです。
石の教会 (2)

結婚式が行われていましたが、ちょうど我々が到着した15時から見学が可能になりラッキーでした!
石の教会 (5)

キリスト教指導者の内村鑑三氏の顕彰を目的として建てられた教会です。有名ですね。
石の教会 (11)

オーガニック建築として石とガラスだけで出来ています。設計はアメリカ人建築家ケンドリック・ケロッグ氏。内村鑑三の無教会思想が反映された設計になっているのだそうです。
石の教会 (7)

地下は内村鑑三記念堂となっていました。

地上にある礼拝堂内は写真撮影が禁止でしたが、すごい幻想的な空間で、こんなところで式をあげたいと思うでしょうね?

なお、「ハルニレテラス」については後日、ひと休みのため入ったカフェの紹介と共に書きたいと思います。
軽井沢ニューアートミュージアム

そして再度、軽井沢駅周辺に戻り、ディナーを食べる前に入ったのが軽井沢ニューアートミュージアム。設計は建築家・西森陸雄氏。
軽井沢ニューアートミュージアム (6)

1階は無料スペースでライブラリーが併設。

2階が有料で企画展示。いまは「今、世界で再評価され続けている日本人作家」というのをやっていました。

世界で活躍するさまざまな日本人作家とその作品を軽井沢ニューアートミュージアムの視点でクローズアップしている展示でした。
軽井沢ニューアートミュージアム (11)

出品作家(50音順敬称略)は、靉嘔、磯辺行久、猪熊克芳、草間彌生、高松次郎、中西夏之、ミズテツオ。特に長野県松本市出身の草間彌生さんの作品が充実していました。この企画展は8月26日まで。ちなみにこの企画展はシリーズ化されるようで、今回が第1回記念展でした。
軽井沢ニューアートミュージアム (10)

ちなみに館内は1階は写真撮影可能。企画展は不可でした。

軽井沢ニューアートミュージアム
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢(大字)1151-5
TEL 0267-46-8691
10:00~17:00(7~9月は18:00まで)
入館は閉館30分前まで
火曜休(祝日の場合は翌日)
冬期間の休館あり
今、世界で再評価され続けている日本人作家は8月26日まで
一般大人1人1,200円

あと、北陸新幹線で戻るまでの時間で、軽井沢駅の南側にあるプリンスショッピングプラザにも行ってみました。
プリンスショッピングプラザ (5)

夜だったので、あまり全景がわからなかったのですが、広大な敷地に、さすが軽井沢だけあって、高級ブランドのお店が多くありましたね。
プリンスショッピングプラザ (2)

なお、飲食したお店やお土産については、後日順次アップしていきます。

軽井沢滞在時間10時間半という短い時間でしたが、とても満喫できました。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

長野は言わずと知れた信州そばの里です。

信州そばは長野県で食べられるそば全般を指していることが多く、長野県内には各地で色々そばの産地や名物そばがあります。

「戸隠そば」や「冨倉そば」「安曇野そば」「凍りそば」「おしぼりそば」など枚挙にいとまがないほどです。

「うどん」にとって香川県が聖地なように、そばの場合は長野県がそうだと言えるかもしれませんね。

今回、長野に出張があり、ランチにはやはりそば!ということで、そばの専門店を探して行ってみることにしました。

1月の寒波が襲来したときで、標高が300mを超える長野市はめちゃ寒かったです。
西屋敷 (2)

行ったお店は、茅葺の古民家を使用していることで有名な「そば処 西屋敷」です。
西屋敷 (4)

広い庭もあり、さぞかし昔は立派な旧家だっただろうと思われる家を、ほぼそのまま使っていて、店内には昔の調度品が数多く置かれていました。
西屋敷 (5)

お座敷から見える庭も立派ですが、この日は雪が積もっていて一面が銀世界。
西屋敷 (6)

お店の営業時間はお昼の時間帯のみで、メニューはご覧の通り。

そば以外は天ぷらのみ。いわゆる「そば屋で一杯」的なメニューはありません。

そばには「寒ざらし」「極上」なんていう気になるメニューもありました、

そこで、各々好きなものをオーダーしていると、お店の方がメニューに載っている「二色もり」と「極上」を合わせて「三色もり」として「二色もり」と同じ値段でできますよ!と言ってくれました。そこで我々3名はそちらにすることにしました。

後から来られた団体のお客さんが話している内容を小耳に挟んだところ、「三色もり」は「予約限定」のメニューのようです。もしかしたらタイミング的にラッキーだったのかもしれません?

待っている間にこれらのものが出されます。
西屋敷 (7)

こちらはお漬物3種。

長野は野沢菜に代表される漬物も有名ですが、この漬物が美味しかったです。。

豆のようなのは鞍掛豆という豆を漬けたものです。漬物ですが、コリッとした食感が印象的でした。
西屋敷 (9)

あとこちらの煮たかぼちゃとさつまいも?を味噌で合えたものも出されました。甘みの中に味噌の味がして美味しかったです。

これらを食べながら待っているとほどなくそばが運ばれてきます。きれいに盛りつけされています。
西屋敷 (10)

一番白いのが「更科」。一番濃い色が「もり」。中間が「極上」です。すべて十割で細切りのそばでした。

「極上」とは、そばを挽くときに石臼をゆっくり回して作るそばで、滑らかな舌触りのいいそばを作っているのでしょう。

まずは各1~2本を何もつけずに食べてみて、そのあとで一食ずつ薄い色から食べていくことにしました。

戸隠そばを除いては、そばは湯がいた後の水切りが大事だと言われますが、こちらのそばは切れすぎていました。最後の一番黒っぽいもりそばは、麺同士が少しくっついているほど。^^;

そばつゆは、超濃いめ。かえしの割合が多いのでしょう?つけ過ぎずに食べます。

薬味は、わざび・大根おろし・ネギでした。大根おろしは京野菜の青味大根をすったような色味の辛味のあるもの。

肝心のそばのほうは、まず更科は真っ白に近いので、そばの香りはあまりしないのですが、その分甘みとのど越しの良さが特徴的です。

「極上」は、さすがに品のいいそばに仕上がっています。「もり」は一番そばらしさを感じさせてくれます。
西屋敷 (13)

デザートに干し柿とリンゴが出されました。
西屋敷 (12)

そしてそば湯も。濃いねっとりしたそば湯です。

各々3種類のそばを食べ比べることが出来る「3色もり」。メニューには載っていませんが、3名以上(?)でお店に行かれて興味のある方はお店の方に聞いてみてはいかがでしょうか?もっとも予約をされるのが一番ですね。

さすがそばの本場です。特徴あるこだわりのそばを食べさせてくれるお店でした。ご馳走様でした。

そば処 西屋敷
長野県長野市高田1153
TEL 026-228-2484
11:00~14:30
日・月・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ちょうど大寒のころ、久しぶりの長野出張でした。

めちゃ寒い中、わざわざ寒いところに行かなくても…、と思いながらの出張ではありました。北陸と違って雪が少なくていいかな?とも思っていましたが、その時点では北陸より積雪が多かったみたいです。^^;

ホテルにチェックインして、寒いのでホテルから近いお店に入ることにしました。
信州長屋酒場

お店の名前は「信州長屋酒場 長野駅善光寺口店」。長野駅善光寺口店となっていますが、信州長屋酒場の経営するお店はここだけのようです。

お店の看板がわりでしょうか?「こも樽」がずらりとと並んでいます。壮観ですね。
信州長屋酒場 (38)

ご覧のくぐり戸から中に入ります。少し出入りしにくいです。

昔の古民家で使われていた材料でしょうか?色々なところで古い戸や板などが使われています。
信州長屋酒場 (3)

中に入ると、わざわざ太鼓を鳴らすというアトラクション?もあって歓迎してくれますが、めちゃ寒い日だったので、本当は早く奥のほうに入りたかったのですが、そのためにしばし待たされました。^^;
信州長屋酒場 (9)

店内はこんな感じです。

大きなカウンターがコの字にあって、壁際は古いガラス戸で隣と区切られたボックスのテーブル席になっています。
信州長屋酒場 (11)

我々は出来り口近くのボックスのテーブル席に案内されました。しかし、この場所は出来り口の近くだったのでとても寒かったです。そして太鼓の音もよく聞こえて少し耳障りなところも。^^;

店内の照明は昔の家を想像させるような暗めのものです。ただ年配者にはメニューを見るときちょっと不便でした。^^;

長野の郷土料理をウリにしているお店で、お酒も長野全74蔵の地酒、長野の全ワイン蔵のものが揃っているそうです。

今回は、そんな地酒を長野の郷土料理を中心に楽しんでみることにしました。
信州長屋酒場 (12)

まずは生ビールで乾杯です。あまりに寒かったのでグラスサイズにしました。
信州長屋酒場 (19)

お通しはサーモンを使った鍋で一人500円です。
信州長屋酒場 (8)

ご覧のように一人一人、専用の鍋をコンロで温めてくれて出されます。500円は少しお高いお通しかもしれませんが、寒い日にはうれしいですね。

では、頼んだものを紹介していきます。
信州長屋酒場 (17)

まずは、「菜の花の天ぷら(680円)」。大ぶりな菜の花と白身魚がたっぷり盛られています。天つゆで食べます。揚げ立てで美味しいです。
信州長屋酒場 (13)

これは「長芋にこごり(490円)」。短冊に切られた長芋の粘りがいいです。
信州長屋酒場 (14)

これは「おしゃもじ焼き味噌(390円)」で、その場で最後の仕上げとしてバーナーでこんがり焼いてくれます。
信州長屋酒場 (20)

これは日本酒に最高のアテとなりました。
信州長屋酒場 (18)

こちらのせいろに入れられて出されたのは、
信州長屋酒場 (24)

「信州ソーセージの盛り合わせ(890円)」。その場で燃料に火をつけて温めなおして食べますが、ソーセージはどれもジューシーでした。
信州長屋酒場 (29)

この大きな壺に入れられて出されたものは「信州壷サラダ(990円)」。わざわざ「封印」と書かれている帯まで付けられています。
信州長屋酒場 (30)

中のサラダは普通のサラダでした。この壷の意味は何かあるのでしょうか??
信州長屋酒場 (31)

「白ねぎ一本焼き(290円)」も見た目重視。花がつおをかけて食べます。
信州長屋酒場 (36)

「川えび唐揚げ(450円)」はサクッと揚げ立てで良かったです。
信州長屋酒場 (33)

最後に頼んだのは「野沢菜炒め(590円)」。こちらも酒のアテに良かったですね。
信州長屋酒場 (21)

以上を肴に飲んだお酒は、私は長野のワインのグラスワイン(490円)。たぶんイヅツワインでしょうか?
信州長屋酒場 (26)

あと、「コーシー焼酎(590円)」何てのも珍しいので頼んでみました。色目も薄いコーヒーのような感じです。

昔、長野では焼酎を飲む文化がなかったので、焼酎のにおいを消すためにコーヒー豆を入れたコーヒー焼酎として飲んだようです。ミカド珈琲豆を使用しています。
信州長屋酒場 (34)

確かに飲み干してみると、コーヒー豆が残っていました。味もコーヒーの味がほんのりして個人的には気にいりました。
信州長屋酒場 (37)

ハイボールも一杯頼んでいますね。
信州長屋酒場 (23)

他のメンバーは日本酒で、棚田や松代城、原酒大雪渓(890円)大信州(680円)何てのを頼んでいて、私も少しだけ頂きました。

以上飲み食いして一人5千円弱。店員の方も元気よく店内にも活気があって、インスタ映えするメニューの数々など、印象に残るお店でした。ご馳走様でした。

信州長屋酒場 長野駅善光寺口店
長野県長野市南石堂町1418-12
 千石長谷川ビル
月~木
17:00~24:00(L.O.23:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ