あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:中部(石川除く) > 長野

長野は言わずと知れた信州そばの里です。

信州そばは長野県で食べられるそば全般を指していることが多く、長野県内には各地で色々そばの産地や名物そばがあります。

「戸隠そば」や「冨倉そば」「安曇野そば」「凍りそば」「おしぼりそば」など枚挙にいとまがないほどです。

「うどん」にとって香川県が聖地なように、そばの場合は長野県がそうだと言えるかもしれませんね。

今回、長野に出張があり、ランチにはやはりそば!ということで、そばの専門店を探して行ってみることにしました。

1月の寒波が襲来したときで、標高が300mを超える長野市はめちゃ寒かったです。
西屋敷 (2)

行ったお店は、茅葺の古民家を使用していることで有名な「そば処 西屋敷」です。
西屋敷 (4)

広い庭もあり、さぞかし昔は立派な旧家だっただろうと思われる家を、ほぼそのまま使っていて、店内には昔の調度品が数多く置かれていました。
西屋敷 (5)

お座敷から見える庭も立派ですが、この日は雪が積もっていて一面が銀世界。
西屋敷 (6)

お店の営業時間はお昼の時間帯のみで、メニューはご覧の通り。

そば以外は天ぷらのみ。いわゆる「そば屋で一杯」的なメニューはありません。

そばには「寒ざらし」「極上」なんていう気になるメニューもありました、

そこで、各々好きなものをオーダーしていると、お店の方がメニューに載っている「二色もり」と「極上」を合わせて「三色もり」として「二色もり」と同じ値段でできますよ!と言ってくれました。そこで我々3名はそちらにすることにしました。

後から来られた団体のお客さんが話している内容を小耳に挟んだところ、「三色もり」は「予約限定」のメニューのようです。もしかしたらタイミング的にラッキーだったのかもしれません?

待っている間にこれらのものが出されます。
西屋敷 (7)

こちらはお漬物3種。

長野は野沢菜に代表される漬物も有名ですが、この漬物が美味しかったです。。

豆のようなのは鞍掛豆という豆を漬けたものです。漬物ですが、コリッとした食感が印象的でした。
西屋敷 (9)

あとこちらの煮たかぼちゃとさつまいも?を味噌で合えたものも出されました。甘みの中に味噌の味がして美味しかったです。

これらを食べながら待っているとほどなくそばが運ばれてきます。きれいに盛りつけされています。
西屋敷 (10)

一番白いのが「更科」。一番濃い色が「もり」。中間が「極上」です。すべて十割で細切りのそばでした。

「極上」とは、そばを挽くときに石臼をゆっくり回して作るそばで、滑らかな舌触りのいいそばを作っているのでしょう。

まずは各1~2本を何もつけずに食べてみて、そのあとで一食ずつ薄い色から食べていくことにしました。

戸隠そばを除いては、そばは湯がいた後の水切りが大事だと言われますが、こちらのそばは切れすぎていました。最後の一番黒っぽいもりそばは、麺同士が少しくっついているほど。^^;

そばつゆは、超濃いめ。かえしの割合が多いのでしょう?つけ過ぎずに食べます。

薬味は、わざび・大根おろし・ネギでした。大根おろしは京野菜の青味大根をすったような色味の辛味のあるもの。

肝心のそばのほうは、まず更科は真っ白に近いので、そばの香りはあまりしないのですが、その分甘みとのど越しの良さが特徴的です。

「極上」は、さすがに品のいいそばに仕上がっています。「もり」は一番そばらしさを感じさせてくれます。
西屋敷 (13)

デザートに干し柿とリンゴが出されました。
西屋敷 (12)

そしてそば湯も。濃いねっとりしたそば湯です。

各々3種類のそばを食べ比べることが出来る「3色もり」。メニューには載っていませんが、3名以上(?)でお店に行かれて興味のある方はお店の方に聞いてみてはいかがでしょうか?もっとも予約をされるのが一番ですね。

さすがそばの本場です。特徴あるこだわりのそばを食べさせてくれるお店でした。ご馳走様でした。

そば処 西屋敷
長野県長野市高田1153
TEL 026-228-2484
11:00~14:30
日・月・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ちょうど大寒のころ、久しぶりの長野出張でした。

めちゃ寒い中、わざわざ寒いところに行かなくても…、と思いながらの出張ではありました。北陸と違って雪が少なくていいかな?とも思っていましたが、その時点では北陸より積雪が多かったみたいです。^^;

ホテルにチェックインして、寒いのでホテルから近いお店に入ることにしました。
信州長屋酒場

お店の名前は「信州長屋酒場 長野駅善光寺口店」。長野駅善光寺口店となっていますが、信州長屋酒場の経営するお店はここだけのようです。

お店の看板がわりでしょうか?「こも樽」がずらりとと並んでいます。壮観ですね。
信州長屋酒場 (38)

ご覧のくぐり戸から中に入ります。少し出入りしにくいです。

昔の古民家で使われていた材料でしょうか?色々なところで古い戸や板などが使われています。
信州長屋酒場 (3)

中に入ると、わざわざ太鼓を鳴らすというアトラクション?もあって歓迎してくれますが、めちゃ寒い日だったので、本当は早く奥のほうに入りたかったのですが、そのためにしばし待たされました。^^;
信州長屋酒場 (9)

店内はこんな感じです。

大きなカウンターがコの字にあって、壁際は古いガラス戸で隣と区切られたボックスのテーブル席になっています。
信州長屋酒場 (11)

我々は出来り口近くのボックスのテーブル席に案内されました。しかし、この場所は出来り口の近くだったのでとても寒かったです。そして太鼓の音もよく聞こえて少し耳障りなところも。^^;

店内の照明は昔の家を想像させるような暗めのものです。ただ年配者にはメニューを見るときちょっと不便でした。^^;

長野の郷土料理をウリにしているお店で、お酒も長野全74蔵の地酒、長野の全ワイン蔵のものが揃っているそうです。

今回は、そんな地酒を長野の郷土料理を中心に楽しんでみることにしました。
信州長屋酒場 (12)

まずは生ビールで乾杯です。あまりに寒かったのでグラスサイズにしました。
信州長屋酒場 (19)

お通しはサーモンを使った鍋で一人500円です。
信州長屋酒場 (8)

ご覧のように一人一人、専用の鍋をコンロで温めてくれて出されます。500円は少しお高いお通しかもしれませんが、寒い日にはうれしいですね。

では、頼んだものを紹介していきます。
信州長屋酒場 (17)

まずは、「菜の花の天ぷら(680円)」。大ぶりな菜の花と白身魚がたっぷり盛られています。天つゆで食べます。揚げ立てで美味しいです。
信州長屋酒場 (13)

これは「長芋にこごり(490円)」。短冊に切られた長芋の粘りがいいです。
信州長屋酒場 (14)

これは「おしゃもじ焼き味噌(390円)」で、その場で最後の仕上げとしてバーナーでこんがり焼いてくれます。
信州長屋酒場 (20)

これは日本酒に最高のアテとなりました。
信州長屋酒場 (18)

こちらのせいろに入れられて出されたのは、
信州長屋酒場 (24)

「信州ソーセージの盛り合わせ(890円)」。その場で燃料に火をつけて温めなおして食べますが、ソーセージはどれもジューシーでした。
信州長屋酒場 (29)

この大きな壺に入れられて出されたものは「信州壷サラダ(990円)」。わざわざ「封印」と書かれている帯まで付けられています。
信州長屋酒場 (30)

中のサラダは普通のサラダでした。この壷の意味は何かあるのでしょうか??
信州長屋酒場 (31)

「白ねぎ一本焼き(290円)」も見た目重視。花がつおをかけて食べます。
信州長屋酒場 (36)

「川えび唐揚げ(450円)」はサクッと揚げ立てで良かったです。
信州長屋酒場 (33)

最後に頼んだのは「野沢菜炒め(590円)」。こちらも酒のアテに良かったですね。
信州長屋酒場 (21)

以上を肴に飲んだお酒は、私は長野のワインのグラスワイン(490円)。たぶんイヅツワインでしょうか?
信州長屋酒場 (26)

あと、「コーシー焼酎(590円)」何てのも珍しいので頼んでみました。色目も薄いコーヒーのような感じです。

昔、長野では焼酎を飲む文化がなかったので、焼酎のにおいを消すためにコーヒー豆を入れたコーヒー焼酎として飲んだようです。ミカド珈琲豆を使用しています。
信州長屋酒場 (34)

確かに飲み干してみると、コーヒー豆が残っていました。味もコーヒーの味がほんのりして個人的には気にいりました。
信州長屋酒場 (37)

ハイボールも一杯頼んでいますね。
信州長屋酒場 (23)

他のメンバーは日本酒で、棚田や松代城、原酒大雪渓(890円)大信州(680円)何てのを頼んでいて、私も少しだけ頂きました。

以上飲み食いして一人5千円弱。店員の方も元気よく店内にも活気があって、インスタ映えするメニューの数々など、印象に残るお店でした。ご馳走様でした。

信州長屋酒場 長野駅善光寺口店
長野県長野市南石堂町1418-12
 千石長谷川ビル
月~木
17:00~24:00(L.O.23:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ