あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:九州・沖縄 > 沖縄

出張で宿泊するホテルはいわゆるビジネスホテルです。今日はそんなビジネスホテルで食べた朝食編です。

まずは、神戸新開地駅の近くにあるホテルサンルートソプラ神戸アネッサの和洋食ビュッフェ朝食について。

このホテルは比較的出来てから新しく、きれいなホテルでした。

ご多分に漏れず中華圏の宿泊客が多かったです。
サンルートホテル (2)

朝食はビュッフェ形式。

こちらでは、最高級炊飯器で炊き上げる地元兵庫県産のお米の食べ比べができます。
サンルートホテル

おかずの種類も豊富で、もちろん、パンや洋食の品もたくさんありました。
サンルートホテル (3)

私は、こんなものを食べました。最近はあまり大量には取らずに少量ずつ多くの種類を食べることにしています。

ご飯は雑穀米です。よく噛んで食べます。
サンルートホテル (5)

フルーツとヨーグルトもあるのがうれしいですね。ご馳走様でした。

ホテルサンルートソプラザ神戸アネッサ
兵庫県神戸市兵庫区湊町4丁目1-11
TEL 078-578-7500
モーニング6:30~10:00
(9:30最終入店)

お次は、久しぶりに宿泊した高松市の「高松ワシントンホテル」。高松では古くからあるホテルです。

実は、このホテル、1月8日で営業終了しました。^^; 昔からお世話になっていただけに寂しいです。
高松ワシントン (3)

ご覧のようにホテルの最上階に朝食場所があって、見晴らしのいい空間で食べることが出来ます。
高松ワシントン (5)

朝食はこちらもビュッフェ形式です。
高松ワシントン (4)

元々は宴会場だったところでしょうか?食事する場所が2部屋あって広いスペースでした。

並べられている料理はそれほど特徴があるわけではありませんでしたが、まずまずのバリエーションで、香川の郷土料理の一つでしょうゆ豆もありました。
高松ワシントン

あと、うどん県らしく、モーニングうどんもありました。私はみそ汁代わりに頂きました。ご馳走様でした。

高松ワシントンホテル
香川県高松市瓦町1丁目2-3
すでに営業していません。

最後は沖縄に出張時に宿泊した那覇東急REIホテル。

ゆいレールの旭橋駅からも近く、国際通りにも歩いて5~6分ほどの距離にあるビジネスにも観光にも便利なホテルです。

今回2泊しましたが、毎日違った種類の料理も色々あって、連泊でも飽きないと思います。沖縄では連泊される人も多いと思うのでうれしいですよね。
東急REI (4)

12月だったので沖縄の日の出は7時過ぎ。夜が明けていくのを眺めながらの朝食です。
東急REI (5)

パンの種類が豊富で、ホテルで焼きあげるクロワッサンやデニッシュ、バゲットなど。1日目はトルティーヤもあって、色々巻いて食べたりしました。
東急REI (6)

パスタ・ピラフも一種類ずつあって、少しずつ違った味を楽しめるのがうれしかったですね。
東急REI (8)

一日目に食べたのはこんな感じ。スープというか味噌汁は沖縄のゆし豆腐が入ったもので、パスタはめんたいパスタでした。
東急REI  (2)

二日目は、こんな感じ。ピラフはバターがきいていましたね。ヨーグルトはフルーツを乗せて食べます。

場所柄、オープン前から多くのお客さんが7時のオープン前から待っています。ただ食べるスペースが広いので料理をとるときは若干混雑しますが食べる場所がなくて困ることはなさそうでした。ご馳走様でした。

那覇東急REIホテル
沖縄県那覇市旭町116-37
TEL 098-869-0109
モーニング7:00~9:30

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

国際通りから少し入ったところに、泡盛カクテル発祥の地とされる「The Dick」というバーがあります。
The Bar

「The Dick」は発祥のお店らしく、県内47全酒造所の泡盛を揃えて、泡盛を使った色々なカクテルを飲むことが出来るそうです。
The Bar (2)

さて、一方、沖縄には泡盛マイスター協会という組織もあって、そこのオーナーの方が今日紹介します「The BAR」と、先ほどの「Bar Dick」などを元々経営していたそうですが、いまは別々の経営です。

実は、小松のオーセンティックバー「エスメラルダ」の中田くんに紹介してもらったのは「The Dick」だったのですが、電話して中田くんの面識のある小嶺さんというバーテンダーの名前を出したら、今日は「The BAR」のほうにいらっしゃるということで、そちらにお邪魔することにしました。

一軒目の居酒屋でそれなりに飲んでいたので、あまりこちらでは飲むつもりはなかったのですが、一杯だけというわけにはいかないと思い、カクテルを2杯飲みました。しかし泡盛のカクテルはさすがに強烈で、2杯でだいぶ酔っぱらいました。^^;
The Bar (3)

「The BAR」は、この日、小嶺さんお一人でオペレーションしていました。行ったのは平日でしたが、お店はカウンター席にボックス席もいくつかあって、とても広かったです。「えっ!一人ですか?」と思わず口ずさんでしまったほどです。

お店は20時オープン。私は20時半ごろお店に入りましたが、ボックス席に2人のお客さんがいました。

一人でカウンター席に座って、「エスメラルダ」の中田くんのことなどお話しながら、泡盛を使ったカクテルをおまかせで作ってもらうことに。
The Bar (5)

一杯目はシンプルな泡盛をトニックウォーターで割る、いわばジントニックの泡盛版ですね。確かに泡盛の味がしました。

私はお酒を飲むときはつまみがないと飲めないので、何かおつまみになるようなものをお願いしたら、調理して出すようなメニューは無く、乾き物しかないとのこと。^^;
The Bar (6)

そこで、普段あまり頼まないのですが、ナッツ類を出していただきます。

2杯目はショートカクテルをお願いたら、出されたのがこちら。名前は忘れてしまいましたが、最初の口当たりは少し甘口で、後で泡盛の味がほんのりと感じられるショートカクテル。帰ってウェブで調べたら「響」という名前のカクテルかもしれません。
The Bar (7)

しかし、これが強かった。普段アルコール度数の高いお酒はあまり飲まないので、すぐに酔っぱらってしまいました。

このカクテルを作り終えたころに、9名の団体の客さんが飛び込みでお店に来られたので、私のほうは、飲み終えて即お店を出ることに。

12月のそれほど観光客の入りが多くない季節、そして平日とはいえ、なかなか一人でこの広いお店を切り盛りするのはさすがに厳しいですね。おつまみ系のナッツのみでは辛いと感じました。休前日や繁忙期もお一人なのでしょうか?何はともあれご馳走様でした。

THE BAR(ザ バー)
沖縄県那覇市久茂地3-15-15
 第2やまこビル2F
TEL 098-869-6201
20:00~26:00(L.O.25:30)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

沖縄のご当地グルメとして知られている「沖縄そば」。

沖縄に行ったら食べないわけにはいかないでしょう?

ただ、「沖縄そば」や「ソーキそば」は、豚肉の存在感がハンパない食べ物です。肉が苦手な私は、あまり過去に食べたことがありません。

沖縄には7~8回ほど来ていますが、たぶん食べたのは1回だと記憶しています。

そんな沖縄そばを今回食べに入ったお店が「宮良そば」です。
宮良そば (13)

場所は国道330号線、いわゆる浦添バイパス沿いです。北部・中部方面から那覇に向かう途中にあります。

先ほども書きましたが、私は肉が苦手なので、なるべく三枚肉やソーキがトッピングされていない沖縄そばを探して見つけたのがこちらのお店なのです。

こちらには「やさいそば」の設定があります。

なかなか大きいお店ですね。
宮良そば (3)

店中も多くのお客さんが入ることが出来そうです。
宮良そば (2)

メニューを見ます。基本はこちらの5種類。メニューを見る限りはお店としては八重山そばがメインなようです。

私は初志貫徹で「やさいそば」を頼みます。大が700円、中が620円、小が500円となっていましたが、私は中でお願いしました。
宮良そば (7)

麺は太麺と普通麺をチョイス出来、私は太麺でお願いしました。
宮良そば (4)

テーブルに、「沖縄そば指南の書」が置かれていて、食べ方について教えてくれています。

その教えの通り、まずはスープを一口飲みます。上品で何となくうどんのダシにも似たような風味がしました。薬膳としても使われている長命草(サクナ)なども入っていることで健康にも良さげで味も美味しいです。
宮良そば (8)

麺は写真での見た目はうどんのように見えますが、分類としては「中華めん」。モチッとした食感が印象的でした。スープにも合っていました。
宮良そば (9)

途中でフィファチという香辛料と紅ショウガを入れて味を変えて楽しみます。
宮良そば (10)

フィファチとは基本胡椒の一種のような香辛料。八重山諸島でよく使われているようですが呼び名も少し違うようです。シナモンに似た風味もしました。

乗せられている野菜もシャキッとした食感で、全体としても美味しかったです。

こちらは一緒に行った人が頼んだ「八重山そば」。サイズは小で500円。
宮良そば (6)

八重山そばの特徴は具材に、醤油とみりんで煮た豚の赤身とかまぼこを細切りにしたものが乗せられていること。

私は食べていないのでわかりませんが、スープや麺は私の食べた「やさいそば」と同じでしょう。
宮良そば (11)

なお、こちらのお店では「そば」を頼むと、食べ放題のサラダバーついてくるのもウリの一つとなっています。
宮良そば (5)

どうもオーナーが女性の方で、そんな気遣いがうれしいと思います。

少しですが沖縄独特の野菜も置かれていましたが、味がわからなかったので今回は取るのを止めました。^^;

お昼時は大勢のお客様が来て、店内は混雑していました。人気なのですね。ご馳走様でした。

宮良そば
沖縄県浦添市当山1-7-17
TEL 098-876-7082
平日11:00~15:00 17:00~21:00
土日祝11:00~21:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

那覇での2日目の夜に行ったところは、ホテルから歩いて3分ほどの距離にある「ちぬまん 泉崎店」というお店でした。

沖縄にしては寒い日で、薄手のコートがないとホント寒かったです。
ちぬまん

国際通りからは少し離れた、周辺は飲食店もポツリポツリとあるだけの比較的静かなエリアにお店はあります。
ちぬまん (18)

お店は居酒屋としては人気が高く、平日でも賑わっていました。
ちぬまん (3)

入口には生け簀もありました。

前日の「ちゅらさん亭」では沖縄料理を専門に食べましたが、こちらでは、沖縄料理ではなく居酒屋メニューを中心にお願いしています。

こちらのお店も「ちゅらさん亭」と同じく魚がウリなのですが、沖縄のカラフルな地魚ではなく、日本全国の居酒屋でメニュー設定されているような魚が主体でした。
ちぬまん (2)

メニューの種類が豊富で、内容も沖縄ご当地グルメより本土でも食べられるようなメニューが多かった気がします。

最初は沖縄ということでオリオンビールで乾杯と思ったのですが、何と!オリオンビールを置いていない!沖縄ではどんなところでも置いていると思ったのですが……?^^;
ちぬまん (9)

気を取り直してプレモルで乾杯!このプレモルは250円で、アルコールはとても良心的な値段。そしてお通しは枝豆です。温かい土地なのでこの時期でも枝豆が収穫されるのかな?それとも冷凍でしょうか?

では頼んだものを紹介していきます。
ちぬまん (11)

まずはサラダは「シーザーサラダ温玉添え(580円)」。カリカリのベーコンが乗せられています。
ちぬまん (12)

昨晩食べることが出来なかった「島らっきょう(480円)」。塩漬けです。酒のつまみにいいですね。精も付く感じです。
ちぬまん (15)

こちらは魚メニューで人気第1位だという「鯖とろ一夜干し炙り(半身580円)」。まぁ、サバは本土で食べたほうが美味しいかな?
ちぬまん (20)

同じく焼物は「焼き牡蠣」。牡蠣はさすがに沖縄では養殖されていないでしょうね?
ちぬまん (14)

はまぐりは一個いくらだったか忘れました。
ちぬまん (13)

「豚バラ」は2本で320円。私は食べていません。
ちぬまん (17)

「マグロの酒盗(320円)」はハイボールのアテに頼みました。
ちぬまん (16)

角ハイボールも1杯200円という安さです。このあたりは酒呑みにはうれしいですね。
ちぬまん (21)

「チャンジャ(320円)」もおつまみの最後に頼みました。
ちぬまん (19)

そして最後の締めで「海鮮チヂミ(480円)」を頼みます。メニューに「自家製本格韓国仕込み」と書かれていましたが、韓国で仕込みとはどういうことでしょうか??

二人で7千円強。コスパ的には満足です。特にお酒の価格はとても良心的でしたね。ご馳走様です。

ちぬまん 泉崎店
沖縄県那覇市泉崎2-4-2
TEL 098-836-2660
18:00~25:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

久しぶりに沖縄に出張がありました。約8年ぶりです。

同じ便に高校の修学旅行の団体が搭乗していて飛行機は満席。日本列島が寒波に襲われていた日に沖縄行きのフライトがあり、飛ぶかどうか心配でしたが、日頃の行いがよかったせいか無事飛びました。

そして那覇空港に到着。那覇の最高気温はその日は19度!

しかし、19度でも沖縄のうちなんちゅにとっては、20度を切ると寒い日なのだそうです。^^;
ちゅらさん亭

さて、今回、沖縄に行くにあたって事前にホテルの近くで食べるところを探しました。そうしたら今日紹介します「ちゅらさん亭」がヒットしたのですが、沖縄に行く3週間ほど前の秘密のケンミンSHOWという番組を観ていたら、沖縄の郷土料理としてイカスミを使った料理を紹介していたのですが、その中でここ「ちゅらさん亭」のイカスミカレーが紹介されていたのです。

ただでさえ人気のお店なのに、もしや満席になるとまずいと思って翌日急いで予約を入れました。(笑い)
ちゅらさん亭 (5)

沖縄料理といえば、すぐに豚肉を使った料理を思い出します。しかしこちらは魚介料理をウリにしています。私にはうれしいお店ですが、温かい海に育つ魚は色鮮やかな魚が多く、北陸に住む者にとっては何となく美味しくないようねイメージがありますね。
ちゅらさん亭 (3)

お店の外には大きな生け簀が出されていて、セミエビもたくさん出ています。
ちゅらさん亭 (37)

店内は入ってすぐのところにカウンター席が。奥がテーブル席になっていてインテリアが海というか深海風?というか、沖縄風というべきか、デコレーションが派手。^^;
ちゅらさん亭 (6)

さて、沖縄に来たからには乾杯はオリオンビール。
ちゅらさん亭 (8)

オリオンビール。昔は生ビールもなく超軽口でそれほど美味しいと思わなかったのですが、いまはgood!です。美味しかったです。
ちゅらさん亭 (10)

お通しにイカの口、イカトンビ?
ちゅらさん亭 (16)

こちらの海ぶどうはサービスです。最後にも色々サービスの品が出されて太っ腹でした。
そしてメニューを見渡しオーダーします。
ちゅらさん亭 (19)

まずは、入口の看板にもカラフルな魚の絵がたくさん描かれていましたが、沖縄の魚を味わってみることに。

あんまり知識がないので、そのあたりはお店のほうに任せた方が賢いと思い、刺身盛り合わせをオーダー。2人前で2,800円です。
ちゅらさん亭 (18)

色々、私が食べたことがない魚の刺身ばかりで、説明は受けたのですが、聞いたことがない名前ばかりで名前が覚えられませんでした。^^;
ちゅらさん亭 (20)

「ゴーヤチャンプルー」。ゴーヤもいまは旬ではありませんが何となく本場の味です。
ちゅらさん亭 (23)

「イカスミソーメンチャンプルー(650円)」はアオリイカを使っています。これが美味しかった!イカスミが絶妙にソーメンに絡んでつまみとしても最高でした。
ちゅらさん亭 (29)

「天然もずく天ぷら(650円)」。小松で「がじゅまる」というお店で昔食べたことがありますが、もずくを天ぷらで食べることは石川ではあまりないかもしれません。なぜかハサミも一緒に出されましたが、切らないと食べられないほどの大きさではないのでそのまま食べます。
ちゅらさん亭 (27)

「てびち煮付け(950円)」は私は食べません。
ちゅらさん亭 (21)

「ミミガー和え(600円)」も同じくです。
ちゅらさん亭 (24)

「豆腐よう(500円)」はチーズのような濃厚な味です。
ちゅらさん亭 (26)

「ジーマーミ豆腐(450円)」はピーナッツソースで食べます。
ちゅらさん亭 (28)

ねっとりとした食感でヨーグルトのようですが、美味しかったです。
ちゅらさん亭 (25)

「ラフティー(750円)」も私は食べていません。

締めはもちろん「秘密のケンミンSHOW」で紹介された「イカスミカレー(500円)」です。
ちゅらさん亭 (30)

イカスミのコクが加わって美味しいです。
ちゅらさん亭 (32)

あと「グルクン骨ごとチャーハン(650円)」も頼みました。骨ごとなので食感もいい感じで魚の旨みも感じられた逸品でしたね。
ちゅらさん亭 (22)

飲んだお酒は泡盛古酒「菊之露 8年古酒30度」、他ハイボールや焼酎など色々みんなで飲みます。
ちゅらさん亭 (35)

こちらのあら汁はサービスです。
ちゅらさん亭 (36)

デザートとしてパイナップルがサービスで出されました。
ちゅらさん亭 (38)

帰り際にお店の外で、サーターアンダギーもサービスもらえました。

食べたかった島らっきょうが無くて残念でしたが、色々なものを食べることが出来て良かったです。

以上、5名で飲み食いして締めて17,000円強。コスパも最高ですね。人気のお店の理由がわかりました。ご馳走様でした。

ちゅらさん亭
沖縄県那覇市東町5-15
TEL 098-861-0476
17:00~25:00(L.O.24:00)
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ