あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:中国・四国 > 香川

高松に出張があり、高松に住む友人とバーで待ち合わせをしました。

夜の9時過ぎに到着。ホテルにチェックインをしてからそのバーに徒歩で向かいます。

2月の下旬ともなると温かい日が多くなりますが、高松は日中の気温は上がったようですがさすがに夜は寒かったです。

あまり知らない土地ではバーには行かない私ですが、今回、高松に出張がある前の週にエスメラルダに行ったら、中田くんにこちらの「ダンク(Cocktail Bar Dank)」というバーを紹介してもらいました。

店名はドイツ語で「感謝」という「ダンケシェン」から来ています。

「ダンク」は、日本バーテンダー協会所属の女性バーテンダーのかたが経営されています。

女性バーテンダーのかたも昨今は珍しくはないとは思いますが、でもまだまだ少数派だと思います。

しかし彼女は全国大会にも何度も出場して、創作カクテル部門で3位に入ったこともある実力派バーテンダーなのです。

ちなみに今年10月に開催される日本バーテンダー協会主催のコンテストの全国大会は徳島です。

エスメラルダの橘くんも出場します。

お店は、古い雑居ビルの1階にありますが、少し奥まった場所で目立たないですね。
ダンク (2)

こちらの大きな木製のドアを開けて中に入ると、奥に細長いお店で、手前の方にカウンター席があって、手前側がカウンター席になっていました。
ダンク (15)

カウンター内の棚には蒸留酒系が多く並んでいました。
ダンク (7)

蒸留酒好きの友人は喜んでいました。カウンターの上に入りローズモルトが。
ダンク (13)

チャームが出されます。
ダンク (3)

まず頼んだのはジントニック。先にお店に行っていた友人がジントニックを飲んでいたので私の相乗り。ジンはタンカリーでお願いしました。
ダンク (4)

おつまみのメニューはこんな感じ。
ダンク (5)

この中から頼んだのはこちらのミックスピザです。
ダンク (11)

遅い時間だったのですが、新大阪で軽く食べただけだったので、お腹が空いたので頼みました。^^;

特にピザについては可もなく不可もなくです。

彼女は何度かNBA(日本バーテンダー協会)の大会で入賞しているのですが、その時に入賞したカクテルを飲んでみようと思い、何か作ってくれますか?とお聞きしたら、いまは作られていないお酒があるらしく、一つだけ出来ると言われたのが、2003年の全国大会で創作カクテル部門で3位を獲得したカクテル「ロイヤル・パープル」です。
ダンク (10)

こんなお酒で作られています。ベースはジンで、アナナスのパイナップルリキュールと巨峰のシロップを使用。
ダンク (8)

飲みやすかったですが、少し甘めのデザート系カクテルでした。
ダンク (12)

お口の中が甘くなったので最後の一杯は愛媛産のブラッディオレンジを使ったミモザです。シャンパンベースですが、ブラッディオレンジってのがいいですね!?

お店ではオーナーの女性バーテンダーともう一人女性のバーテンダーの方がいらっしゃいました。皆さんも是非一度行ってみてください。ご馳走様でした。

ダンク(Cocktail Bar Dank)
香川県高松市丸亀町9-7
 杉山ビル1F
TEL 087-851-1020
19:00~26:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は高松と岡山で宿泊したホテルの朝食編です。

一人で宿泊するホテルの場合は、ほとんど寝るだけなので安いホテルでも問題ありません。

それに最近はビジネスホテルでも中位ランクのところは、地方でもいわゆるインバウンド客のためにいいところが取りにくいと言った問題もあります。

場所的には夕食を食べるために、なるべく繁華街に近いところに取ることが多いです。

今回、四国高松では、これまでよく利用していた高松ワシントンホテルが営業をやめたため、新しく高松シティホテルに変更しました。

こちらのホテルは昔からあるビジネスホテルで、繁華街にも近く周辺に飲食店がたくさんあります。

部屋はリニューアルされていてきれいでしたが、シンブルルームは狭い部屋でした。

当初、ホテルで朝食を取る予定でしたが、前に紹介した通り、高松にこの春転勤になった友人と朝食を一緒することになりました。

うどん店では、うどんと玉子の天ぷらのみ食べたので、少し野菜をとりたいと思い、ホテルに帰った後にビュッフェで軽く追加で食べることにしたのです。
高松シティホテル (2)

朝食会場は2階で、料金は600円と安いです。
高松シティホテル

種類はそれほど多くはありませんが、ご飯やおかずは、それなりに揃っていたような気がします。
高松シティホテル (3)

そんな中から食べたのは、ご覧のように野菜サラダと少々のおかず、味噌汁、そしてコーヒーです。ご馳走様でした。

高松シティホテル
香川県高松市亀井町8-13
TEL 087-834-3345
7:00~9:00
朝食料金600円

お次は岡山で宿泊したホテル「岡山ビジネスホテル アネックス」です。

岡山駅から歩いて数分、まわりは飲食店街が並ぶエリアにあって便利なホテルです。

一昨年もこのホテルを利用しました。

朝食は1階のフロントの前、ラウンジエリアで取ることになります。広いスペースです。この日の朝7時過ぎ、それほどお客さんはいなかったですね。
岡山ビジネスホテル (3)

朝食は950円。パンやご飯、おかずの種類もまずまず充実しています。
岡山ビジネスホテル (2)

パンは毎朝焼いているようです。

スープバー、ドリンクバーも充実していました。
岡山ビジネスホテル (4)

この日私はこんなものを食べました。サラダ多めで炭水化物は少なめです。

ただこちらのホテルで注意が必要なのは、ホテルの朝食としては珍しくお休みの日があることです。毎週月曜日が休みになっています。ご馳走様でした。

岡山ビジネスホテル アネックス
岡山県岡山市北区本町9-16
TEL 086-224-4111)
朝食
7:00~9:00
料金950円
月曜休
※月曜祝日または振替休日の場合は火曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

高松の夜。後から合流してくるメンバーと一緒に2次会へ。

行ったのはホテル近くのうどん屋さん「うどん棒 本店」。
うどん棒

調べたら営業が20:30終了ということで、20時過ぎに電話を入れて大丈夫か確認した上でお邪魔しました。
うどん棒 (2)

高松のうどん屋さんは、昼の営業までのところが多いのですが、このあたりは高松でも繁華街で飲み屋街でもあります。そのため20:30まで営業しているのです。

ここへは約10年前に一度行っています。その時は一人で「ちゃんぽんうどん」なんてのを食べていますね。

1982年創業という、昔から人気のお店です。懐かしいです。

そういえば大阪駅前第3ビルの地下2階の飲食店街にもお店がありました。こちらでも「ちゃんぽんうどん」を食べています。^^;

終了間際、2組のお客様がいらっしゃいました。
うどん棒 (5)

お品書きです。
うどん棒 (4)

懐かしの「ちゃんぽんうどん」もありました!770円と10年前から50円値上がりしています。

入って即ラストオーダーだったので、まずは生ビールを頼んで、おつまみ系と締めのうどんを全部オーダーします。
うどん棒 (6)

おつまみは天ぷらの盛り合わせを2つ頼みました。添えられていた抹茶塩で食べます。
うどん棒 (7)

あと、後から合流した人は「たこ天うどん(700円)」を頼んでいて、たこ天が別盛りだったので、こちらもおつまみにして飲みました。
うどん棒 (9)

うどんは温かいのと冷たいのを選べ、彼は冷たいうどんです。
うどん棒 (8)

あと、「けいらんうどん(550円)」を締めに頼んでいます。

「けいらんうどん」は京都のうどん屋さんでメニューにあるうどんで、ようは「あんかけ卵とじうどん」ですね。

うどん自体は細めのもので、のど越しを大切にしていると思いました。

熱々の餡と一緒で、これからの寒い季節にはうってつけのうどんです。ご馳走様でした。

うどん棒 本店
香川県高松市亀井町8-19
TEL 087-831-3204
11:00~15:30
17:00~20:30
水曜休(祭日の場合は振替あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今春高松に転勤となった友人と一緒に朝うどんすることになりました。

彼はほぼ毎日のように、こちらの「うどん さか枝」に朝飯を食べに来ていて、その様子がSNSにアップされているのを見ていたので、いつか行こうと思っていましたが、まさか朝に行くとは!(笑い)

今回、高松に出張することになり、調べたらホテルから近いことがわかって、朝飯をこちらのうどんにすることにしました。

行く前日に連絡を取ったら、当日はこちらのお店に行くということで、朝6:40にお店の前で待ち合わせをして入ることに。
さか枝

ホテルから歩いて10分ほど。香川県庁の近くですが、お店は住宅街の中にあります。こんな場所にうどん屋さんがあるとはびっくり!的な場所で、やはり地元の人がお客さんなのでしょうね?

早朝5時からの営業。朝の営業時のお客さんは基本地元の人です。たぶん常連さんが多いのだと思います。

何も言わずともうどんが出される人が多く、朝食をこちらで済ますのでしょう?

友人の事前説明を受け店内に入ります。

広いお店ですが、ランチ時には順番待ちの列も長くなると友人は話していました。

ちなみに、セルフのお店、列が出来ていないとどちらまわりかわからないのですが、こちらのお店では入口から入って右側からいくようです。
さか枝 (5)

メニューはこんな感じ。セルフ店なのでシンプルです。下にはおにぎりやおいなりさんが並んでしました。また、右下に見えるステンレスのものは出汁が貯められているタンクです。

私は昨日から連荘でうどん三昧だったので、かけうどんの小(190円)を頼みます。
さか枝 (3)

190円でも安いですが、友人は10円値上がりしたと言っていました。
さか枝 (4)

あと、天ぷらは玉子を一つ頂きました。天ぷらあげはどれも一品100円です。

自分でうどんを温めなおして出汁をかけ、ネギとしょうがを盛り付けて席に着きます。

出汁はイリコと昆布だしが強めに出ていますが、とても上品で美味しい出汁です。

うどんは色が白くて、コシの強さとのど越しの良さのバランスが取れている美味しいうどん。

出汁といい、うどんといい、さすがうどんにうるさいうどん県民に愛されているお店だけあります。人気なのがわかりますね。
さか枝 (6)

玉子の天ぷらは半分に割ると、中から黄身がとろ~りと現れます。
さか枝 (2)

友人が食べたのはこちら。肉厚の大きなお揚げが乗っていました。こちらも美味しそうですね。

290円で私はお腹も満足できました。この日は何と!友人がご馳走してくれました!ありがとうございます。そしてご馳走様でした。

うどん さか枝(さかえだ)本店
香川県高松市番町5-2-23
TEL 087-834-6291
5:00~15:00頃
※売り切れ次第終了
日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

北陸と四国は地理的にも時間的にも遠い地方です。

小松から香川県高松に行くには、乗り継ぎの待ち時間次第ですが、4時間50分弱ほどかかります。往復だけでほぼ一日仕事です。^^;

正直、電車の移動だけで疲れますね。

まぁ、でも、温かい四国。11月下旬に入ったところで朝晩は冷え込みましたが、太陽が出ている間は温かくで過ごしやすく、やっぱり瀬戸内海に面しているところ。冬はうらやましいです。

さて、到着した午後、仕事を済ませて、その日は高松市内のホテルに宿泊。チェックインしてから仲間と高松市内のお店で食事をすることに。
おか村

チョイスしたのは、「くいもんや おか村」というちょっと高級な居酒屋と言ったほうがいいでしょうか?上品な店構えのお店です。

ご主人は福井県越前市出身。奥さまとお二人で切り盛りされています。ちなみに奥さまは香川ではなく徳島出身でした。
おか村 (4)

カウンター席と小上がりの席があって、我々は3名で小上がりの席に案内されました。
おか村 (7)

そちらからカウンターのほうを見たらこんな感じです。
おか村 (6)

小上がりのところに掲げられていた黒板メニューがこちら。

お店のウリは、ご主人の出身地の福井からわざわざ取り寄せている新鮮な魚介と、福井のご当地グルメを楽しめること。ちなみにご主人はホテルの和食料理店で長年腕を磨いていたようです。

そのご主人の友人に福井の魚屋さんと漁師さんがいるようで、新鮮な食材を遠くに居ながら取り寄せることが出来るということです。

特に冬の季節はズワイの越前ガニや香箱ガニも食べることが出来るのです。雄は一杯4,000円。雌の香箱が2,000円。まぁ、いいお値段です。でも昨今高騰続きなのでお店で食べる値段としては良心的だと思います。
おか村 (8)

あとは、こんなメニューがありました。
おか村 (9)

さっそく生ビールで乾杯です。
おか村 (10)

まずは野菜からということで「野菜サラダ(700円)」を頼みます。海苔がいい仕事していました。
おか村 (11)

刺身の盛り合わせは4種類で、カツオ・〆鯖・天然鯛・タコでした。どれも新鮮で美味しいお刺身でしたね。

酒の肴として福井名物「鯖へしこ切身(700円)」を頼みます。新鮮な鯖を糠漬けしたものを焼いて食べます。
おか村 (13)

香川でへしこが食べられるとは思いませんでした。添えられている大根スライスと一緒に食べると、辛さが少し和らぎます。
おか村 (12)

もちろん日本酒を頼みます。頼んだのは福井の吉田酒造「白龍」純米吟醸。これだけで何杯でも飲めそうです。
おか村 (18)

「あげ焼きネギ味噌(600円)」も、厚揚げにネギ味噌をまとわせて食べると、これまた酒のつまみには最適でした。味噌が濃厚で、揚げを食べた後でもちびりちびり残った味噌を食べます。
おか村 (17)

こちらは「ハムカツ(900円)」。厚く切られたハムがジューシーで美味しかったです。
おか村 (14)

これは私は食べませんでしたが「すじ肉豆腐(700円)」。美味しかったそうです。
おか村 (16)

最後は、いまや希少価値?となっている白州のハイボールを2回ほどお代わりしたと思います。

以上3名で飲み食いして、一人5千円弱。料理のクオリティといい、酒も美味しいし、満足できる一軒ではないでしょうか!?ご馳走様でした。

くいもんや おか村
香川県高松市瓦町1-11-11
 渡辺ビル1F
TEL 050-5589-6714
17:30~23:00(L.O.22:30)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ