あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:中国・四国 > 香川

高松出張の時に宿泊したホテルの紹介です。
JRクレメントイン高松 (10)

「JRクレメントイン高松」は、JRホテルクレメント高松(写真左側)のお隣に2018年10月にグランドオープンした新しいホテルです。

カジュアルなビジネスホテルですね。
JRクレメントイン高松 (7)

正面から見ると、手前の先端側が鋭角になっている変わった形のホテルです。

まだオープン間もないので、中は当然きれいです。
JRクレメントイン高松 (9)

フロント階は2階で、そこのロビーから瀬戸内海も見ることができます。
JRクレメントイン高松 (8)

ライブラリーコーナーの共有スペースもあって温かみのある空間でした。
JRクレメントイン高松 (5)

部屋は狭いですが、加湿器付きの空気清浄器なども完備されていて快適に過ごすことが出来ました。

朝食は2つのパターンがあって、1階の瀬戸内海鮮料理舟忠というお店でとるメイン料理2種類から選べる和朝食と、同じく1階のプロントでとる軽洋食スタイルの朝食です。

私は朝はいつも軽めなので、プロントでとる軽洋食スタイルをチョイスしました。
JRクレメントイン高松 (6)

こちらのプロントは四国初上陸だそうです。

昨年、小松にオープンした「ホテルグランビナリオ」というホテルに出来たプロントも北陸初上陸でした。

ちなみに小松のプロントは「Cafe & Bar PRONTO + Books(カフェ&バー プロントブックス)」ということでブックコーナーを併設しているという珍しいカフェとなっています。
JRクレメントイン高松

こちらのプロントは、そんなコーナーはありませんが、ウッディーな内装で落ち着いてお茶することができそうな空間でした。

洋軽食は、焼き立てトーストとサラダ、ドリンクがセットになっています。

シンプルなトーストセットとハムチーズトーストセットの2種類から選ぶことが出来、私はハムチーズトーストセットにしました。
JRクレメントイン高松 (3)

ドリンクはコーヒーを頼みました。こちらのコーヒーは最初に渡されるので、こちらを飲みながら席で待ちます。

それほど混んでいませんでしたが、7~8分ほど待って席に運ばれてきました。
JRクレメントイン高松 (4)

ハムとチーズを乗せてトーストされたパン、サラダ、ゆで卵、そしてヨーグルトといった内容です。

まぁ、至って普通のカフェモーニングですね!?

朝のひと時、ゆっくりとこんな朝食もいいでしょう……?ご馳走様でした。

JRクレメントイン高松
香川県高松市浜ノ町1-3
TEL087-811-1200
モーニング
CAFE&BAR PRONT(プロント)
7:00~10:00(最終入店9:30)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

たかが「うどん」!されど「うどん」!

香川県に行くと「うどん県香川」は奥が深い!と感じます。

私が住む地元小松市はうどんで町おこしをしていますし、私自身もうどんが好物なので、うどんに関しては県外に行っても気にかけています。

シンプルに小麦・塩・水の3つの素材だけで作られる「うどん」。素人目には味はどこも変わらないのでは?と思ってしまいがちです。

もちろん、一部のお店だけは他と味が違う!と感じることもありますが、まぁ、他のお店はそれほど驚くほどの味の違いを感じません。

しかし、香川県のうどんは、行く店々にうどんの顔、個性があると感じます。

「うどん」とは、少し科学的に書くと小麦粉の2種類のタンパク質「グルテニン」と「グリアジン」が、水分子と結合し「グルテン」になり、弾性と粘りのある「コシ」を持つようになるのですが、この「うどん」を打つ時の個性が香川のお店ごとにこだわりがあるのだと思います。

今日紹介します、高松市の市街地から少し車で行ったところにある「手打麺や 大島」は、これまで香川で食べた「うどん」の中では一番細い部類に入るお店です。

元々は「馬渕手打製麺所」でしたが、お店のご主人が年齢から引退するということで、この場所からも比較的近いところにある「大島うどん」の弟さんが、店を閉めるのはもったいないということで跡を継がれています。

そして2015年10月から店名を「手打麺や 大島」に変えています。

人気のうどん店で、お昼時は順番待ち覚悟のお店なのです。
手打麺や 大島 (11)

こちらの写真は食べ終わったあと写した写真ですが。私がお店に着いた12時過ぎは10数名の順番待ちが出来ていました。

セルフ店です。
手打麺や 大島 (10)

有名人のサインなども掲げられています。
手打麺や 大島 (9)

こちらで天ぷらなど惣菜類を取ると同時にうどんをオーダーして料金を支払ってから、ダシと薬味を別な場所に移動してかけて席に着きます。
手打麺や 大島

私はちくわの天ぷらを一つと、入口に掲げられていた「しっぽく始めました(冬季限定)」の文字に魅かれて、そちらをお願いしました。1玉で440円です。
手打麺や 大島 (5)

「しっぽく」といえば長崎の「卓袱」を思い出しますが、ここ香川では冬の間家庭で食べる郷土料理として知られています。
手打麺や 大島 (4)

大根・にんじん・里芋・鶏肉・しめじ・油揚げ・こんにゃくなど盛りだくさんの種類が入っています。このあたりはお店や各家々で違うようです。

ダシは、イリコとカツオのバランスがいいタイプでした。

かけうどんは別な場所でダシを掛けますが、しっぽくうどんは一緒にかけて出されます。煮込み汁として他の調味料を加えているのかもしれません。でも美味しいです。
手打麺や 大島 (8)

うどんは、讃岐うどんとしては細めの麺でした。しなやかなコシのうどんで、ほど良い弾力で好きなタイプです。
手打麺や 大島 (3)

一緒に行った人は、かけうどんと、コロッケ(50円だと言っていましたが安いですね!?)、おにぎり1個を食べていました。

本当はシンプルなかけうどんを最初食べるのが筋かもしれませんが、「しっぽく」の誘惑に負けてしまいました。^^; ご馳走様でした。

手打麺や 大島
香川県高松市太田下町3013-1
TEL 050-5596-1708
10:00~15:00
第1・3・5日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

高松に出張があり、高松に住む友人とバーで待ち合わせをしました。

夜の9時過ぎに到着。ホテルにチェックインをしてからそのバーに徒歩で向かいます。

2月の下旬ともなると温かい日が多くなりますが、高松は日中の気温は上がったようですがさすがに夜は寒かったです。

あまり知らない土地ではバーには行かない私ですが、今回、高松に出張がある前の週にエスメラルダに行ったら、中田くんにこちらの「ダンク(Cocktail Bar Dank)」というバーを紹介してもらいました。

店名はドイツ語で「感謝」という「ダンケシェン」から来ています。

「ダンク」は、日本バーテンダー協会所属の女性バーテンダーのかたが経営されています。

女性バーテンダーのかたも昨今は珍しくはないとは思いますが、でもまだまだ少数派だと思います。

しかし彼女は全国大会にも何度も出場して、創作カクテル部門で3位に入ったこともある実力派バーテンダーなのです。

ちなみに今年10月に開催される日本バーテンダー協会主催のコンテストの全国大会は徳島です。

エスメラルダの橘くんも出場します。

お店は、古い雑居ビルの1階にありますが、少し奥まった場所で目立たないですね。
ダンク (2)

こちらの大きな木製のドアを開けて中に入ると、奥に細長いお店で、手前の方にカウンター席があって、手前側がカウンター席になっていました。
ダンク (15)

カウンター内の棚には蒸留酒系が多く並んでいました。
ダンク (7)

蒸留酒好きの友人は喜んでいました。カウンターの上に入りローズモルトが。
ダンク (13)

チャームが出されます。
ダンク (3)

まず頼んだのはジントニック。先にお店に行っていた友人がジントニックを飲んでいたので私の相乗り。ジンはタンカリーでお願いしました。
ダンク (4)

おつまみのメニューはこんな感じ。
ダンク (5)

この中から頼んだのはこちらのミックスピザです。
ダンク (11)

遅い時間だったのですが、新大阪で軽く食べただけだったので、お腹が空いたので頼みました。^^;

特にピザについては可もなく不可もなくです。

彼女は何度かNBA(日本バーテンダー協会)の大会で入賞しているのですが、その時に入賞したカクテルを飲んでみようと思い、何か作ってくれますか?とお聞きしたら、いまは作られていないお酒があるらしく、一つだけ出来ると言われたのが、2003年の全国大会で創作カクテル部門で3位を獲得したカクテル「ロイヤル・パープル」です。
ダンク (10)

こんなお酒で作られています。ベースはジンで、アナナスのパイナップルリキュールと巨峰のシロップを使用。
ダンク (8)

飲みやすかったですが、少し甘めのデザート系カクテルでした。
ダンク (12)

お口の中が甘くなったので最後の一杯は愛媛産のブラッディオレンジを使ったミモザです。シャンパンベースですが、ブラッディオレンジってのがいいですね!?

お店ではオーナーの女性バーテンダーともう一人女性のバーテンダーの方がいらっしゃいました。皆さんも是非一度行ってみてください。ご馳走様でした。

ダンク(Cocktail Bar Dank)
香川県高松市丸亀町9-7
 杉山ビル1F
TEL 087-851-1020
19:00~26:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は高松と岡山で宿泊したホテルの朝食編です。

一人で宿泊するホテルの場合は、ほとんど寝るだけなので安いホテルでも問題ありません。

それに最近はビジネスホテルでも中位ランクのところは、地方でもいわゆるインバウンド客のためにいいところが取りにくいと言った問題もあります。

場所的には夕食を食べるために、なるべく繁華街に近いところに取ることが多いです。

今回、四国高松では、これまでよく利用していた高松ワシントンホテルが営業をやめたため、新しく高松シティホテルに変更しました。

こちらのホテルは昔からあるビジネスホテルで、繁華街にも近く周辺に飲食店がたくさんあります。

部屋はリニューアルされていてきれいでしたが、シンブルルームは狭い部屋でした。

当初、ホテルで朝食を取る予定でしたが、前に紹介した通り、高松にこの春転勤になった友人と朝食を一緒することになりました。

うどん店では、うどんと玉子の天ぷらのみ食べたので、少し野菜をとりたいと思い、ホテルに帰った後にビュッフェで軽く追加で食べることにしたのです。
高松シティホテル (2)

朝食会場は2階で、料金は600円と安いです。
高松シティホテル

種類はそれほど多くはありませんが、ご飯やおかずは、それなりに揃っていたような気がします。
高松シティホテル (3)

そんな中から食べたのは、ご覧のように野菜サラダと少々のおかず、味噌汁、そしてコーヒーです。ご馳走様でした。

高松シティホテル
香川県高松市亀井町8-13
TEL 087-834-3345
7:00~9:00
朝食料金600円

お次は岡山で宿泊したホテル「岡山ビジネスホテル アネックス」です。

岡山駅から歩いて数分、まわりは飲食店街が並ぶエリアにあって便利なホテルです。

一昨年もこのホテルを利用しました。

朝食は1階のフロントの前、ラウンジエリアで取ることになります。広いスペースです。この日の朝7時過ぎ、それほどお客さんはいなかったですね。
岡山ビジネスホテル (3)

朝食は950円。パンやご飯、おかずの種類もまずまず充実しています。
岡山ビジネスホテル (2)

パンは毎朝焼いているようです。

スープバー、ドリンクバーも充実していました。
岡山ビジネスホテル (4)

この日私はこんなものを食べました。サラダ多めで炭水化物は少なめです。

ただこちらのホテルで注意が必要なのは、ホテルの朝食としては珍しくお休みの日があることです。毎週月曜日が休みになっています。ご馳走様でした。

岡山ビジネスホテル アネックス
岡山県岡山市北区本町9-16
TEL 086-224-4111)
朝食
7:00~9:00
料金950円
月曜休
※月曜祝日または振替休日の場合は火曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

高松の夜。後から合流してくるメンバーと一緒に2次会へ。

行ったのはホテル近くのうどん屋さん「うどん棒 本店」。
うどん棒

調べたら営業が20:30終了ということで、20時過ぎに電話を入れて大丈夫か確認した上でお邪魔しました。
うどん棒 (2)

高松のうどん屋さんは、昼の営業までのところが多いのですが、このあたりは高松でも繁華街で飲み屋街でもあります。そのため20:30まで営業しているのです。

ここへは約10年前に一度行っています。その時は一人で「ちゃんぽんうどん」なんてのを食べていますね。

1982年創業という、昔から人気のお店です。懐かしいです。

そういえば大阪駅前第3ビルの地下2階の飲食店街にもお店がありました。こちらでも「ちゃんぽんうどん」を食べています。^^;

終了間際、2組のお客様がいらっしゃいました。
うどん棒 (5)

お品書きです。
うどん棒 (4)

懐かしの「ちゃんぽんうどん」もありました!770円と10年前から50円値上がりしています。

入って即ラストオーダーだったので、まずは生ビールを頼んで、おつまみ系と締めのうどんを全部オーダーします。
うどん棒 (6)

おつまみは天ぷらの盛り合わせを2つ頼みました。添えられていた抹茶塩で食べます。
うどん棒 (7)

あと、後から合流した人は「たこ天うどん(700円)」を頼んでいて、たこ天が別盛りだったので、こちらもおつまみにして飲みました。
うどん棒 (9)

うどんは温かいのと冷たいのを選べ、彼は冷たいうどんです。
うどん棒 (8)

あと、「けいらんうどん(550円)」を締めに頼んでいます。

「けいらんうどん」は京都のうどん屋さんでメニューにあるうどんで、ようは「あんかけ卵とじうどん」ですね。

うどん自体は細めのもので、のど越しを大切にしていると思いました。

熱々の餡と一緒で、これからの寒い季節にはうってつけのうどんです。ご馳走様でした。

うどん棒 本店
香川県高松市亀井町8-19
TEL 087-831-3204
11:00~15:30
17:00~20:30
水曜休(祭日の場合は振替あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ