あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:中国・四国 > 岡山

今日は高松と岡山で宿泊したホテルの朝食編です。

一人で宿泊するホテルの場合は、ほとんど寝るだけなので安いホテルでも問題ありません。

それに最近はビジネスホテルでも中位ランクのところは、地方でもいわゆるインバウンド客のためにいいところが取りにくいと言った問題もあります。

場所的には夕食を食べるために、なるべく繁華街に近いところに取ることが多いです。

今回、四国高松では、これまでよく利用していた高松ワシントンホテルが営業をやめたため、新しく高松シティホテルに変更しました。

こちらのホテルは昔からあるビジネスホテルで、繁華街にも近く周辺に飲食店がたくさんあります。

部屋はリニューアルされていてきれいでしたが、シンブルルームは狭い部屋でした。

当初、ホテルで朝食を取る予定でしたが、前に紹介した通り、高松にこの春転勤になった友人と朝食を一緒することになりました。

うどん店では、うどんと玉子の天ぷらのみ食べたので、少し野菜をとりたいと思い、ホテルに帰った後にビュッフェで軽く追加で食べることにしたのです。
高松シティホテル (2)

朝食会場は2階で、料金は600円と安いです。
高松シティホテル

種類はそれほど多くはありませんが、ご飯やおかずは、それなりに揃っていたような気がします。
高松シティホテル (3)

そんな中から食べたのは、ご覧のように野菜サラダと少々のおかず、味噌汁、そしてコーヒーです。ご馳走様でした。

高松シティホテル
香川県高松市亀井町8-13
TEL 087-834-3345
7:00~9:00
朝食料金600円

お次は岡山で宿泊したホテル「岡山ビジネスホテル アネックス」です。

岡山駅から歩いて数分、まわりは飲食店街が並ぶエリアにあって便利なホテルです。

一昨年もこのホテルを利用しました。

朝食は1階のフロントの前、ラウンジエリアで取ることになります。広いスペースです。この日の朝7時過ぎ、それほどお客さんはいなかったですね。
岡山ビジネスホテル (3)

朝食は950円。パンやご飯、おかずの種類もまずまず充実しています。
岡山ビジネスホテル (2)

パンは毎朝焼いているようです。

スープバー、ドリンクバーも充実していました。
岡山ビジネスホテル (4)

この日私はこんなものを食べました。サラダ多めで炭水化物は少なめです。

ただこちらのホテルで注意が必要なのは、ホテルの朝食としては珍しくお休みの日があることです。毎週月曜日が休みになっています。ご馳走様でした。

岡山ビジネスホテル アネックス
岡山県岡山市北区本町9-16
TEL 086-224-4111)
朝食
7:00~9:00
料金950円
月曜休
※月曜祝日または振替休日の場合は火曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

岡山編の最後は、買い求めたお土産と岡山市内のイルミネーションについて紹介します。

まずはイルミネーションのほうから。

宿泊したホテルが近くったので、夕飯の前に少し見学しました。

岡山市内には、中心部を南北に流れる西川用水があって、その両岸を緑道として整備した公園が西川緑道公園です。
岡山イルミネーション (7)

そこが冬の間イルミネーションで飾られるのです。

今年のテーマは「西川イルミ'18」~はな ひらく ひととき~。約12万球のLEDイルミネーションで包まれます。
岡山イルミネーション (6)

ゆるやかに点灯する光で、開花する花々を演出します。 ブルーとホワイトの四角形のイルミネーションが点灯し、アイリスガーデン(アヤメの咲く水辺の庭園)をイメージして「はな ひらく」様子を表現しているようです。
岡山イルミネーション (5)

このイルミネーションは、平成31年2月14日(木)まで西川緑道公園(桃太郎大通り~あくら通りまで約550m)で開催されていて、点灯時間は17時~23時となっています。

お次は和菓子のお話。

岡山県のお土産といえば、桃やマスカットなどのフルーツ類や、桃太郎伝説に由来する吉備団子などが有名ですが、今回紹介するのは、それほど県外に知られているわけではない、地元の人が推薦する、いわば隠れた名物というべき和菓子です。

それは岡山市の古くからある表町商店街の一角にある老舗和菓子店「翁軒」が作っている「調布」というお菓子です。
翁軒 (3)

創業は明治22年。今年で創業128年になりますか?
翁軒

本店は戦後早々再建された当時のままの姿です。このあたりは古い商店がたくさんあるのですが、その中でもひときわ存在感があります。
翁軒 (6)

「調布」は、カステラのような生地の中に求肥を包んであるお菓子で、1個はサイズ的に小さいお菓子です。
翁軒 (7)

カステラ生地にあんこを包んでいる和菓子は多いと思うのですが、求肥っていうのがミソですね。そういえば吉備団子の皮も求肥でした。

求肥はあんこほど甘くは無く、舌触りもやさしいので、甘いものが苦手な私のようなものでもペロリといけちゃいます。
翁軒 (5)

箱に入れたちゃんとして物も売っていますが、どうせ家で食べるので、こちらの簡易パックのものを2つ買い求めました。ちなみに簡易パックだと箱代がかからず1本税込80円とお手頃なお菓子です。

消費期限が4日間なので、家に着いて早めに食べました。生地がやさしい味でいい仕事していましたね。ご馳走様でした。

御菓子司翁軒
岡山県岡山市北区表町3-6-37
TEL 086-222-5462
10:00~19:00
火曜休(除く祭日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

岡山もご当地グルメが色々あるところです。

「津山ホルモンうどん」「ひるぜん焼きそば」「えびめし」「ばら寿司」などですね。

 特に「ひるぜん焼きそば」は、2011年の第6回B-1グランプリで優勝するなど全国的にも知られています。

まぁ、しかし、出張で行っても岡山市以外には行かないのでなかなか食べることが出来ません。

さて、今回の「楽食楽座 きえん」は地元の人がランチに連れて行ってくれたお店です。
きえん (6)

中心地からは少し外れたエリアにあって、このあたりでは人気の居酒屋らしいです。お昼も営業していてランチ時も多くのお客さんで賑わっています。

今回、我々は7名という大人数で行きました。お昼前の早めの時間にお店に向かいましたが、その時点でも駐車場にはたくさん車が停まっていました。
きえん

入口におかれていた黒板にこの日のランチメニューが書かれています。

店内はこんな感じです。広いです。
きえん (7)

靴を脱がなくてもいいテーブル席から埋まっていくようで、我々は7人という人数だったので、座卓の席に案内されます。

ランチにはメイン料理に小鉢2品・ご飯・漬物、味噌汁が付いて850円とお手頃な値段設定でしたが、カキフライは900円、AとBのセットメニューが1,000円となっていました。

肉系のメニューが多く、私はカキフライをオーダー。出されたのがこちらです。
きえん (4)

カキフライは中ぐらいのサイズが5個、タルタルソースで食べます。揚げ立て熱々です。
きえん (5)

ご飯は中でお願いしましたが食べきれませんでした。^^;

小鉢は冷奴に根菜のゴマ和えだったかな?
きえん (3)

こちらは一緒に行った人が頼んだ日替わりの肉豆腐です。
きえん (2)

あと「塩サバ&とろろ」がこちらです。

食べ終わって出るころにも多くのお客さんが駐車場に入ってきます。やはり人気なのですね。

あと元気がいい店員さんがテキパキ仕事している姿が印象的でした。ご馳走様でした。

楽食楽座 きえん
岡山県岡山市北区下中野721-101
 ロイヤルロード・サワ1F
086-245-3665
11:30~14:00
17:00~24:00(L.O.23:30)
日曜17:00~22:30(L.O.22:00)
第3日曜、月曜休(祝祭日を除く)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


素敵なお店だったのですが、8時までの約束で入ったため、少し不完全燃焼。

そこで2次会に行こうと、その場で近くのお店を検索して見つけたのが、今日紹介します「AQUAVIT」というバーです。

電話をかけて空いているということでさっそく向かいました。

お店は飲食店ビルの2階にありますが、ディスプレイや照明などに相当こだわっているお店づくりをされています。それもそのはず、デザイナープロデュースだそうです。
AQUAVIT

こちらは階段に上がる前のエントランスです。
AQUAVIT (2)

通路にローマの観光地として有名な「真実の口」がありました。ローマにある実物は私も見たことがありますが、こちらのはサイズ的には小さいものです。

店内は広いです。そしてインテリアも素敵です。パーティやハレの日使いも出来るお店ですね。

行ったのが20時15分ごろということで、お店はそれほど混雑していません。そこで了解を頂き写真を写します。
AQUAVIT (3)

こちらは我々が案内されたテーブル席からカウンター席を見たところ。

そんなおしゃれなバーということで、ちょっとビビりましたが、意外と料金は良心的な設定です。何と!チャージも無料なのです。
AQUAVIT (5)

こちらはメニューの一部です。明朗会計ですね!

では、飲んだもの、食べたものを紹介します。

まずおつまみから。こちらの2品は「自家製生チョコの盛り合わせ(980円)」と「漬け直しオリーブの盛り合わせ(580円)」。
AQUAVIT (12)

超ロング皿に乗せられて出されました。

そういえば、お店の料理はネーミングも面白いし、インスタ映えするメニューも多いようです。
AQUAVIT (13)

これはエビのアヒージョ(680円)だったかな?
AQUAVIT (14)

当然、バゲットも頂きました。
AQUAVIT (9)

飲んだものですが、これは何だったかな?「パッソアオレンジ」だったかな?生絞りオレンジ浸かっているとか言っていましたが、2軒目なので覚えていません。^^;
AQUAVIT (10)

ハイボールらしきものも飲んでいますね?あんまり覚えていませんが、^^;
AQUAVIT (11)

こちらへは5人で行ったのですが、目の前に座った彼はバーボンをロックで飲んでいました。

丸い氷、最近、あまり見ていませんね。というか最近ウィスキーをロックで飲まないからですが。

他のメンバーも色々好きなのを頼んでいました。

まぁ、この日は積もる話もたくさんしていたので、写真を撮るのもそこそこになりましたが、そんなには飲み食いしていません。締めて一人3千円くらいだったでしょうか?

お店の雰囲気やメニューもよく、そしてコスパがいいというおすすめのお店だと思います。ご馳走様でした。

AQUAVIT(アクアビット)
岡山県岡山市北区磨屋町8-26 2階
TEL 086-222-3578
17:45~24:00頃
日曜休(月曜日が祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の出張では岡山でも一泊しました。約2年ぶりでした。

この日の仕事を終わらせてホテルにチェックインした後、地元のメンバーと一緒に行ったのが、岡山でも人気の和食(居酒屋)のお店「季節料理かたやま」です

事前に調べたところ、岡山市内でも人気上位に位置するお店として知られています。

色々な土地に行くと、やはりその土地の名物料理を食べてみたいと思うのが人情ですが、岡山でも瀬戸内海で獲れる魚介を中心に、旬の野菜などを楽しみたいと思って、このお店をチョイスしました。
季節料理かたやま

外観はこんな感じです。派手な暖簾が目印です。

開店したのは2011年ということですが、人気のお店なので平日でも満席のことが多く、予約していった方がいいでしょう。

実際、我々は最初、3名で予約を入れてあったのですが、地元のメンバーも合流したいということで2名追加しようと電話したら、平日にもかかわらず予約が混んでいて20時までだったらok。それも2人のみカウンター席で別々という条件でした。^^;

18時半にお邪魔したら店内はほぼ満席。我々は一人遅れての参加ということで、最初は小上がりの席で4名で始めることに。

まずは岡山の地ビールで乾杯です。
季節料理かたやま (5)

「香りの麦 然(ぜん)」という吉備土手下麦酒造醸造所のビールで、1本1,000円と少しお高いビール。

カスケードホップをふんだんに使用していて、香りといい味といい、苦みがあって個性がほとばしる地ビールでした。

料理メニューの種類は多いです。
季節料理かたやま (7)

こんな感じです。
季節料理かたやま (6)

まずは刺身の盛り合わせをオーダーします。ロングな皿に6種類が盛られて出されました。
季節料理かたやま (8)

左から岡山名物の一つ、鰆(サワラ)の塩たたき・たいらぎ貝柱・鯛。
季節料理かたやま (9)

こちらは〆鯖・うに・ヒラメ。

刺身はどれも美味しかったです。ただサワラは熊本、たいらぎは愛知、サバは青森が産地でした。

こちらのお店の人気の名物料理を2品頼みます。

「さばの味噌煮」と「クリームコロッケデミソース」です。両方ともむちゃくちゃ美味しかったです。
季節料理かたやま (11)

「さばの味噌煮」は、味噌が決め手でしょうが、大きめのさばをじっくり煮込んでいて、箸を入れるとサクッと切ることが出来て、身の中まで味噌の旨みが染みこんでいました。これはなかなかの逸品です。
季節料理かたやま (13)

「クリームコロッケデミソース」は売切れで2個しかなかったので、4人で半分ずつで食べました。

和のテイスト
季節料理かたやま (15)
のデミグラスソースがかけられていて、中のとろ~りとしたクリームとの相性も抜群でした。丸ごと1個食べたかったです。
季節料理かたやま (12)

岡山は黄ニラも有名です。牡蠣と湯豆腐と一緒にお鍋でいただきます。1,680円です。黄ニラの下に牡蠣がたくさん隠れていました。
季節料理かたやま (16)

こちらは、私は食べていませんが「豚足と大根煮(550円)」。
季節料理かたやま (18)

「おかべの厚揚げ焼き(580円)」は、白石商店の豆腐専門店「豆腐処おかべ」の厚揚げを使っています。表面はカリッと、中はジューシー熱々に焼かれています。醤油をかけると油揚げの表面ではじくほどでした。
季節料理かたやま (17)

「ゆうたの甘~い玉子焼き(560円)」という面白いネーミングの玉子焼きでした。名前の通り甘めの味付けでしたが美味しかったです。
季節料理かたやま (10)

ビールのあと、日本酒(何だったか忘れました)とハイボールを頼んでいます。日本酒の品揃えも個性的なものが多かったような気がします。

さて、このあたりで約束の20時になったのでお店を出ることになりました。5名で一人5千円弱ほどだったでしょうか?

料理はどれも美味しいものばかりでしたし、食材にもこだわっているようで、さすがに人気店だけのことはありましたね。

今回は滞在時間が短かったため、次回再訪して今度はゆっくりと飲みたいお店です、おすすめです。ご馳走様でした。

季節料理かたやま
岡山県岡山市北区平和町4-11
 平和地所ビル1F西
TEL 086-226-3131
17:30~23:00(L.O22:30)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ