あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:関西 > 京都

京都で麺類といえば、はんなりと「うどん」やこってりの「ラーメン」を思い出します。

蕎麦屋というのは私のイメージにはあまりありません。

そんな京都伏見にちょっと変わった美味しい蕎麦のお店があると聞いて行ってきました。

お店の名前は「手打ち蕎麦 いまふく」。京阪深草駅の近くです。
いまふく

店構えは高級なお店のようで入りにくい雰囲気が漂っています。暖簾がなぜか小さい!?(笑い)

この日は13時少し前の遅い時間に伺いました。

人気のお店だとは知っていましたので、この時間でも混んでいるかと思いましたが、お客さんは居ませんでした。

お店自体は狭く、テーブル席が3つで8席。カウンターが3席。

ご主人は前は寿司職人だったようですが、蕎麦職人に転身されているようです。
いまふく (24)

先ほどのカウンター席が写っている写真に、寿司のネタケースが写っているのはその名残りです。なかなかユニークな経歴ですね。

前は寿司と蕎麦の混合メニューだったようですが、いまは蕎麦に比重が置かれているようです。
いまふく (7)

そして、こちらのお店がユニークな点はもう一つ。それは、蕎麦の産地と種類の組合せが尋常ではないことです。
いまふく (3)

お店の外にも蕎麦の産地が掲示されていましたが、すごい種類です。この種類分、蕎麦を打ってあるのでしょうか?
いまふく (8)

品書きはこんな感じです。
いまふく (9)

そんな中から我々全員が選んだのは、「二色盛り(税込1,100円~)」。

細切り・粗挽き・黒から二種類選ぶことができますが、粗挽きを選択のときは+100円割増しになります。

あんまり考えるのもめんどくさかったので、ご主人にお任せすることにしました。^^;
いまふく (12)

蕎麦のつゆ、薬味、そしてあら塩も出されました。いいですねぇ~。

そして1枚目でだされたのは「細切り」です。産地はブレンドでしょうか?聞きませんでした。注文を受けてから茹ではじめます。水切りもしっかりされています。
いまふく (14)

そしてラザニアのような幅の広い蕎麦が2枚添えられています。

まずは何もつけずに食べてみます。そばの風味が鼻に抜ける感じがします。美味しいそばです。

そのあとはあら塩と付けて食べます。あら塩のほうがそばの甘さを感じることが出来ていいですね。

蕎麦つゆは関西風より少し濃いめでしょうか?ワサビを蕎麦に乗せて少しつゆに付けて食べると、これまた変化を楽しめてよかったです。

2枚目は田舎風の「黒蕎麦」。粗挽きと普通の細切りの間ぐらいですが、太さは先ほどの「細切り」と同じでした。
いまふく (19)

より蕎麦の風味を楽しめますね。

ランチの時間はこちらのちらし寿司が付いてきます。「小」か「中」が選べますが値段は一緒。「中」でもご飯茶碗一杯くらいだということで我々は全員「中」にしました。
いまふく (16)

さすが、前は寿司店だったお店だけあります。酢飯もちょうどよかったです。

もちろん、蕎麦湯も出されます。濃厚な蕎麦湯で、かくはん棒まで添えられていました。
いまふく (20)

濃いので、かくはん棒でかき混ぜながら飲まないと、下のほうに溜まるのでしょう?
いまふく (21)

生姜も出されました。蕎麦湯に入れて飲むといいそうです。
いまふく (22)

最後にはデザートも付いてきます。

蕎麦を揚げたもの、そばのプリン、抹茶ういろう。蕎麦をたっぷり使っているものでした。

ランチメニュー、1,100円でこの内容、一品一品のこだわり、もちろん味のほうも満足できるものでした。ご馳走様でした。

手打ち蕎麦 いまふく
京都府京都市伏見区深草町通町26
075-643-1958
火~木
11:30~14:00(14:00まで来店要)
金~日
11:30~14:00(14:00まで来店要)
18:00~21:00(L.O.20:00)
月・第一火曜休
9月~10月臨時休業あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

皆さま、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、大阪に住んでいるときから、京都に行くとは立ち寄って買い求めていた「原了郭」の黒七味。
原了郭 (2)

本当に久しぶりにお土産で買いました。
原了郭 (3)

いまでは、飲食店、特に麺類などをやっているお店などに行くと、「原了郭」の黒七味を置いているところも多くなってきたようです。

創業は1703年と、300年以上経っている老舗で、創業時は香煎と呼ばれる漢方薬のようなものだったそうです。

元禄の時代から一子相伝で守り伝えられた秘伝の味で、今の時代でもご当主のみが作っているということを、だいぶ昔、日本テレビ系列の「どっちの料理ショー」で紹介されているのを観て興味を持ち買い求めたのが私の最初でした。
原了郭 (7)

原料である唐辛子と山椒粉、白ごま、黒ごま、けしの実、麻の実、青のりを炒った後、手でもみ込んで香りを引き出していますが、その作業により黒に近づくようです。

しばらく京都に行っていなかったので、黒七味も使っていなかったのですが、今回久しぶりに買い、寒くなると湯豆腐や鍋料理に使ってみたいと思います。
原了郭 (6)

そういえば、いつの間にかカレーも食べることが出来るようになっていました。

原了郭
京都府京都市東山区祇園町北側267
TEL 075-561-2732
10:00~18:00
無休(1月1日・2日を除く)
※奥のカレー屋のみ第1水曜日

お次は豆吉本舗というお店です。
豆吉本舗 (8)

高台寺から「祇園ねぎ焼 かな 東店」に向かう途中で、よさげなお店だなぁと思って入ってみました。

豆菓子専門店ですね。

雰囲気やお豆のお菓子ということで、京都にあるところからと思いましたが、違ったようです。^^;

しかし、中に入ってびっくり!すごい種類の豆菓子が並んでいます。
豆吉本舗 (6)

よくぞこれだけの味を開発したものです。目移りしてどれにしようか迷いました。
かな (7)

その中から、一応、お店の人気No.1という京都店限定の「ほうじ茶みるく豆(390円)」はすぐに決定。
豆吉本舗 (11)

上品な甘さで、これまた上品にほうじ茶の味がしました。美味しいです。

あと一つは、こちらはビールのつまみにと思って買い求めました。
豆吉本舗 (13)

ガーリック黒胡椒豆です。最高級のそら豆「張家口(チョウカコウ)産(490円)」を使っているそうです。可視化にガーリックと黒胡椒がクセになる味でした。

お値段的にはちょっと張るお菓子ですが、たまにはいいのではないでしょうか。

豆吉本舗 祇園下河原店
京都府京都市東山区下河原安井月見町21
TEL 075-533-6064
10:00~19:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

京都の冬は寒いです。

私も学生時代京都で4年間過ごしましたが、当時は雪もよく降ったし、夜は本当に底冷えした記憶があります。

初冬であれど、京都を歩いているとやはり体が冷えてきます。そんな時には小腹が空いた胃を満たしてくれるのと、暖かいものを食べて温まるという二重の効果を狙って、おやつの時間ではありましたがうどん屋さんに入ることにしました。

入ったのはちょうど通りかかった「ぎをん 常盤」です。
常盤 (9)

創業は大正11年ということで、京都ではそれほど老舗というわけではありませんが、うどん屋さんという範疇では十分に老舗と言えるでしょう?お店はそばや丼物もやっています。

地元や観光で訪れたお客様にも京都のはんなりとした味を楽しめる人気のお店です。

私はうどんが好きなので、こちらでは最初からうどんを食べることを決めて入ることにしました。
常盤 (10)

入ろうとした時に玄関先に置かれていた商品サンプルが目に飛び込んできました。「常盤名物ハイカラうどん」。
常盤 (2)

名物とあらば食べてみないといけません。さっそく店内に入りテーブル席に座ります。ランチの営業時間帯終盤だったので、それほど混んではいません。

そしてお品書きをさらっと見回してから、初志貫徹で「ハイカラうどん(700円)」を頼みます。
常盤 (5)

さて、京都のうどんは上品で澄んだ出汁が特徴です。こちらのお店では利尻産の昆布を1年以上寝かせ、かつお節は土佐の宗田節、枕崎のさば節、熊本牛深のうるめ節のブレンドしたものを使って出汁をとっていました。
常盤 (6)

いや、これがなかなか美味しいお出汁でした。
常盤 (7)

うどんは、平たい形状で名古屋のきしめんに似た形状の平打ちうどん。地元の方から「常盤のきしめん」と親しまれていたようです。

最後に「ハイカラうどん」についても触れておきます。

「ハイカラうどん」は関東で言うところの「たぬきうどん」ですね。素うどんに揚げ玉が入ったものです。

しかし京都では「たぬきうどん」といえば、あんかけうどんの上に刻んだ油揚げを乗せたものを指すので(実は金沢でも昔からあるお店ではそうなのです)、それを区別するために「ハイカラうどん」という名前で呼んだのだとか?

ここではこれ以上詳しいことは書きませんが、12年前に私のブログで紹介した小松の「中久亭」のところで詳しく書いていますので、興味のある方はそちらを読んでください。

「ぎをん 常盤」のハイカラうどんには、天かすの他にもほうれん草・ネギ・細く切ったかまぼこ・花がつおが入っていました。

何となくハイカラな感じがします(笑い)。美味しかったです。ご馳走様でした。

ぎをん 常盤
京都府京都市東山区新橋通大和大路東入2丁目橋本町412
TEL 050-5890-1402
ランチ12:00~15:00
月~木18:00~22:00
金・土18:00~23:00
日・祝休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

京都東山にある高台寺は京都でも人気の観光スポットで、特に紅葉の季節は人気があり多くの観光客が訪れます。

一方、京都といえばお茶の産地宇治があるところで、何となく京都=日本茶といったイメージがあると思いますが、実は2016年のコーヒー(1世帯当たり)消費量日本一は京都なのです。

このあたりは金沢もそうなのですが、お茶どころや茶の湯が盛んなところはお菓子やスイーツもよく食べ、それがコーヒーの消費拡大にもつながっているということも関係あるのだと思います。

さて、先日も紹介しました高台寺の特別展「八十山和代 竹取物語」を見に行った折りに、休憩に入ったお店を紹介したいと思います。
スロージェットコーヒー (26)

スロージェットコーヒー」の高台寺店です。
スロージェットコーヒー (25)

正式には「高台寺 御茶所」となっていて、境内というか駐車場の一角に新設されています。

高台寺は、その名の通り高台にあるお寺で、駐車場からは京都市内が一望できます。
スロージェットコーヒー (28)

こちらの「スロージェットコーヒー 高台寺」からも八坂の塔や沈む夕陽を眺めながらゆったりと美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。なかなかいい場所です。
スロージェットコーヒー (11)

お店に入ると正面にカウンターがあって、まずは左のレジカウンターでオーダーをします。
スロージェットコーヒー (5)

コーヒーはオーダーが入ってから一杯一杯ドリップするので、客席で出来上がるのを待ちます。

呼び出しのブザーがなり取りに行きます。セルフサービスです。

ただ気になったのは、セルフなのでお客さんが飲み終わったあと自分で片づけるわけですが、その後、お店の人が特にテーブルを拭くでもなく、次のお客がそのままそのテーブルを使うわけです。

また、テーブルやイスもそのままの状態になっていて、きれいな形ではなく、見た目もイマイチな感じがしました。
スロージェットコーヒー (14)

店内は広いです。京都は観光地なので、これでも満席になって順番待ちが出来るのですね。夕方近くはさすがに空いていました。

「スロージェットコーヒー」について少し書きますと、東京は足立区千住東1丁目生まれの純日本の会社が運営しています。

店名の「スロー(SLOW)」とは「生豆から焙煎して一杯ずつ丁寧にドリップ」ということで、「ジェット(JET)」とは「深煎り豆をエスプレッソマシーンで高速抽出」という意味。お店のウリである2つのコーヒーの作り方を意味するワードを並べて店名にしているんですね。

私は「高台寺ブレンドコーヒー(430円)」を頼んでみました。
スロージェットコーヒー (20)

一言で表現すると、すっきりやさしい味のコーヒーでした。浅煎りに近いです。

そして一緒に頼んだのはこちらの「丹波黒豆、玉露抹茶のバターケーキ(600円)」。
スロージェットコーヒー (19)

バターケーキですが軽めのケーキで、それほど甘くなく添えられていた丹波黒豆を使ったあずきと生クリームも上品な甘さでした。「高台寺ブレンドコーヒー」にも合いましたね。

場所的には最高のところで、京都の歴史ある街並みを眺めながらゆったりとした気分に浸りながら楽しめるのはいいお店だと思いました。ご馳走様でした。

スロージェットコーヒー 高台寺
京都府京都市東山区高台寺下河原町526 高台寺
TEL 075-533-7480
9:00~17:30(L.O.)
※イベント時は 9:00~22:00(L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢で予約がなかなか取れないことで知られている片町のねぎ焼きのお店「粉」さん。

私も直前に行きたいと思ってもなかなか空いていません。
高台寺に小松の竹の画家、八十山和代さんの特別展を見に行った後、小松に帰る前に京都で腹ごしらえをして帰ることにしました。「祇園ねぎ焼 かな 東店」へは前回お邪魔してから8年ぶりの訪問になります。

予約なしで5時ごろにお邪魔したら、席は空いていました。

「祇園ねぎ焼 かな 東店」はお昼12時から通しで営業されているので、夕方の早い時間だと空いているのではないかと勝手に思っています。

昔行った時と内部は変わっていないように感じました。

今回、私の右側には昼間からだいぶ酒を飲んでいるあ感じのご年配グループ(もしかしたら、このお店内での知り合いかもしれません)、

左には後からお店に入ってきた女性観光客3名連れ。昔はそれほど女性の飛び込みのお客さんは居なかったような気がします?

さて、私は「粉」さんに行くと、とりあえずビールと同じように、とりあえず「特製だし巻き」をオーダーします。
かな (6)

今回も同じようにお願いすると、恒例のギンギンに冷えたジョッキに生ビールを注いでくれます。
「特製だし巻き」のほうも手際よく出来上がります。
そして、お店の名前にも書かれている「ねぎ焼き(税別600円)」を頼まないわけにはいかないのです。
今回は、冬ということもあって牡蠣入り(税別1,000円)でお願いしました。
名前の通りネギがたっぷり入っています。もちろん、プリプリの牡蠣も。
2杯目のハイボールを頼んでつまみとして食べましたが、やはり美味しいです。
かな (13)

この日、おやつ時に小腹が空いたので、うどんを一杯、別なお店で食べたのでお腹もちょうどふくれてきました。そこでもう一杯ハイボールを飲んでおしまいにしました。

以上締めて3,500円ほど。お腹もふくれていい気分で家路につきました。ご馳走様でした。

祇園ねぎ焼 かな 東店
京都府京都市東山区東大路安井北門通月見町
075-561-4529
12:00~26:00
月曜・第3火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ