あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:関東(東京除く) > 神奈川

目的のお墓参りを済ませてお昼前に小田原に戻りました。

この後、電車で東京に向かうわけですが、移動する前にランチを済ませます。

行ったのは「炭火RoBATa酒場 OHASHI(オハシ)」という小田原駅に近い場所にある居酒屋です。

前日、小田原に着いたときにお昼お邪魔した「魚がし」とも目と鼻の先です。
オハシ

こちらの階段から2階に上がったところにお店があります。
オハシ (4)

店内はカウンター席とテーブル席、我々が座った掘りごたつ式の小上がり席がありました。

ランチメニューは月替わりです。なのでこの内容はすでに変わっていると思います。お店のウリは「マグロ」。天然本マグロにこだわっているようです。
オハシ (3)

お品書きです。

この中から私と妻が頼んだのは「脂とろとろ本マグロの丼(1,480円)」。特別価格となっていました。
オハシ (8)

出されたのがこちら。ドレッシングがたっぷりかけられたミニサラダと味噌汁が付いていました。

赤身、ハチノミ(頭脇肉)、中トロなど、本当に色々な部位のマグロの切り身がたっぷり盛られていました。
オハシ (9)

筋っぽく見えるところもありましたが、新鮮だからかそれほど気にならないほど柔辛く身が厚くて食べ応えバッチリ!

マグロがウリのお店だけのことはあります。美味しく頂くことが出来ました。
オハシ (10)

母は「まかないちらし(850円)」を頼んでいました。

漬けになっているバラちらし丼ですね。
オハシ (5)

ランチタイム時はドリンクがタイムサービスとなっていて、生ビールが1杯320円!
オハシ (7)

ついつい頼んでしまいます。^^;

本マグロをこの値段で、これだけたっぷり食べることが出来るところは地元石川ではあまりないと思います。ご馳走様でした。

炭火RoBATa酒場 OHASHI(オハシ)
神奈川県小田原市栄町2-8-38
 中戸川ビル2F
TEL 050-5571-7109
11:00~14:30(L.O.14:00)
土・日・祝日 11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー:17:00~23:00(L.O.22:00)
年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松から小田原まで、米原で新幹線に乗り換えて3時間半。

今回、ここ小田原を起点として富士山麓でのお墓参りが主目的の旅は始まりました。

到着してレンタカーを借りる前に、少し早めのランチを取ることに。
うおがし (12)

事前に捜してあったお店が「魚がし」という、戦前は魚の仲介業を営んでいた、小田原港で獲れた新鮮な魚料理にこだわっている老舗のお店です。

小田原駅から徒歩で2~3分ほどの場所にあります。

寿司と和食のお店で、ランチ時は順番待ちが出来るほど人気です。今回開店前に到着できるということで予約入れずにお店に向かいました。

開店時間の11時の10分前に到着すると、すでに待っている女性のお客さんが2名。

我々のすぐ後にも順番を待つ人が付きます。やはり人気のお店のようです。
うおがし (4)

お店の間口は狭いですが、奥行きがそこそこあって、さらには2階にも席がありました。
うおがし (7)

思ったよりも多くの人が入ることが出来そうですね。
うおがし

こちらがランチメニューです。「お昼のサービス」と書かれていて限定50食となっていました。

ちなみに、私はこちらの「ちらし(1,100円)」を頼みましたが、通常のメニューだと1,400円になっていました。同じ内容なのか不明な点がありますがお得です。
うおがし (9)

「ちらし」はネタの種類が豊富でマグロも2切れ入っていてよかったです。
うおがし (10)

お吸い物も付いていました。
うおがし (2)

こちらのお店はアジ寿司が有名なようで、妻と母はこちらの「アジと生しらすの握り(1,400円)」を食べています。各4貫ずつの8貫。小田原は1年中生しらすが食べられるのでうらやましいですね。
うおがし (11)

すりおろしたショウガをのせたアジ寿司に、レモンをしぼって食べます。美味しかったようです。

開店前に順番が出来ましたが、その後お店は満席になるようなことはありませんでした。
ランチタイムはお得な値段で、新鮮な旬の魚介を使った寿司や料理を楽しめるお店でお勧めです。ご馳走様でした。

魚がし
神奈川県小田原市栄町2-8-39
TEL 0465-23-1170
11:00~21:00(L.O.20:40)
木曜休(木曜日が祝祭日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は横浜に行った時に利用したホテルについてです。

ちょうどラグビーのワールドカップが開催する日で、新横浜駅周辺のホテルは混雑していて、だいぶ前に予約を入れたのですが、予算内ではこちらのホテルしか予約が取れませんでした。

エコノミーなホテルでしたが、ホテル自体は新しい感じで、リニューアルしているのでしょうか清潔感がありました。
新横浜SKホテル

部屋の中です。それほど広くはありませんが必要最低限のものは揃っていて、シモンズ製のベッドでよかったです。

それと最近この手のビジネスホテルに泊まって感じるのですが、無料の無線LANが遅くて使い物にならないことがあるのですが、こちらは快適でした。

またミネラルウォーターが1本サービスで置かれていました。
新横浜SKホテル (2)

朝食は宿泊者には無料で提供されます。
新横浜SKホテル (3)

場所は明るくそれなりに広いです。

前日のチェックイン時に使用時間帯の確認を取られたので、一杯の人かな?と思って出かけると、7時の時間帯はほとんどお客さんはいなかったです。ちなみに6:30からやっています。

朝食の内容は、パンとドリンク(コーヒー・紅茶・オレンジジュース)、そしてヨーグルトが付いている簡単なものです。
新横浜SKホテル (4)

一応セルフサービスのようですが、この日はお客さんが少なかったからか座る場所まで運んできてくれました。

パンはクロワッサンとアップルデニッシュの2個。無料なのであまり期待してはいけませんね。^^; ご馳走様でした。

新横浜SKホテル
神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目2-9
TEL 045-476-0088
朝食は6:30から


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日紹介した「無垢-muku-ツヴァイテ」を食べた後、新横浜ラーメン博物館で食べた2杯目のラーメンの紹介です。
新横浜ラーメン博物館 (6)

一軒目はドイツという海外生まれのラーメンでしたが、2店目は日本の最北端、利尻にあるラーメン店「利尻らーめん味楽」。

私は北海道は何度も行っていますが、行ったことがあるのは北は旭川までで、利尻島は行ってみたいと思うけれども石川県からは時間距離が遠すぎますね。

今日紹介します「利尻らーめん味楽」は「ミシュランガイド北海道2012,2017特別版」のビブグルマンに選ばれている人気店ですが、さすがに利尻島名でラーメンを食べに行くわけにはいかないです。でも、それだけを目当てに行く人もいるようです。
新横浜ラーメン博物館 (20)

お店の前の食券機で食券を買って、お店のかたの案内で店内に入ります。
新横浜ラーメン博物館 (14)

ちょうど混雑が始まった時間帯で、5分ほど待ちました。

こちらのお店が2杯目ということで、今回もミニサイズのメニューを食べます。「ミニ焼き醤油らーめん(税込570円)」です。
新横浜ラーメン博物館 (17)

だされたのがこちら。

見ただけで美味しいのがわかります。具材はチャーシュー、キクラゲ、メンマ、海苔。

最初に一口飲みます。極上のスープだと思います。

スープは日本三大昆布のひとつ「利尻昆布」をぜいたくに使って作られる、透き通ったうま味を感じることがスープ。豚骨や鶏ガラ、野菜を煮込んでいますが、あくまでも主役は「利尻昆布」ですね。それに焦がし醤油を加えてうま味を引き出させてあります。
新横浜ラーメン博物館 (18)

麺は中太のちぢれ麺。熟成麺です。黄色い色ですが、ここまで黄色いのは卵を加えているのでしょうか?

ちぢれ麺がスープを適度に絡めこんで口の中に入ります。さすがに美味しいですね。

こりゃ、わざわざ利尻まで食べに行く人の気持ちもわからんではないかな?

今回、新横浜ラーメン博物館でチョイスした2軒は大正解でした。もっとも他のお店も美味しいのでしょうが。ご馳走様でした。

利尻らーめん味楽 新横浜ラーメン博物館店
神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
 新横浜ラーメン博物館B2F
TEL 045-471-0503
月~金11:00~22:00(L.O.21:30)
土11:00~22:30(L.O.22:00)
日・祝10:30~22:00(L.O.21:30)
不定休(新横浜ラーメン博物館に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

旅行や出張で東京や大阪などに行くと、ランチ時に長い行列が出来ているのをよく見ます。

都会の方は長い順番待ちでも苦にならない人が多いのか、私としてはアンビリーバボーです。

私の場合は県外のお店はディナー行くときは基本、必ず予約を入れます。
さくら庵 (2)

今日紹介します新横浜駅にほど近いところにある「割烹 さくら庵」。今回予約してあったのですが、何と!予約が入っていませんでした。^^;

「聞いていない」と言われたので携帯電話の発信履歴を見せましたが、予約はお客にとって大事なことなので、割烹を名乗るからにはしっかりしてほしいと思いました。

この日は、予約客で一杯ということではなかったので、カウンター席に一緒に行った人と座ることが出来たました。

さて、こちらは割烹というより居酒屋と思ったほうがいいでしょう?
さくら庵 (15)

カウンターの目の前がすべて焼酎など酒瓶の置き場になっています。^^;

コースもあるようですが、ほとんどの人はアラカルトで頼んでいる感じでした。
さくら庵 (3)

お品書きです。
さくら庵 (4)

まずは生ビールで乾杯。
さくら庵 (5)

お通しは湯葉豆腐です。
さくら庵 (6)

では、頼んだものを紹介します。
さくら庵 (11)

最初はサラダからが定番で「アスパラサラダ(750円)」。アスパラが少し茹で過ぎの感も。マヨネーズも別皿で欲しかったです。
さくら庵 (9)

こちらは「ピリ辛こんにゃく(450円)」で、その名の通りピリ辛でした。濃い味で酒が進みます。
さくら庵 (7)

「ニラ玉(550円)」も頼んでいます。つゆダクでした。
さくら庵 (10)

「ししゃも(480円)」はスリムなししゃも。
さくら庵 (14)

「厚揚げネギミソ焼(550円)」は、こちらも酒が進むおつまみ。
さくら庵 (13)

最後に「金目鯛かぶと煮付け(980円)」も頼んでいます。金目鯛は東伊豆町稲取の金目鯛が有名ですが、神奈川から静岡にかけてよい魚場があります。
さくら庵 (8)

お酒のほうは生ビールのあと、ハイボールと、
さくら庵 (12)

カウンターの上にボトルが並べられていた屋久島の芋焼酎の「三岳」をロックで2杯ほど飲みました。

以上飲み食いを二人でして締めて1万円強。大体予想通りの値段でした。ご馳走様でした。

割烹 さくら庵
神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目6-15
 新横浜ビネスビル3F
TEL 045-476-5758
休みは未確認


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ