あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:関東(東京除く) > 神奈川

箱根シリーズ、今回は2日目のお昼に食べたものの紹介です。

最近、地元ではあまりフランス料理のお店に行っていなかったので、久しぶりにフランス料理のお店の紹介です。
箱根ハイランドホテル

とは言っても、今日紹介します箱根ハイランドホテル内のレストラン「ラ・フォーレ」は、グランド・キュイジーヌの伝統技法をベースに日本料理の食材や技法、盛り付けを取り入れた「フレンチジャポネ」というジャンルだとHPには書いてあります。
箱根ハイランドホテル (3)

ちなみに、箱根ハイランドホテルは今年開業60年を迎えています。
箱根ハイランドホテル (8)

木々もだいぶ色づき始めた景色を、一面ガラス張りの大きな窓から眺めながら楽しめるレストランです。
箱根ハイランドホテル (22)

内装もホテルのレストランらしく、ヨーロッパのモダンフレンチの象徴「濃紺と金」で彩られていますね。

さて、我々は事前に予約を入れて伺いました。

「ラ・フォーレ」の特徴は、ガーデンブロッシュの薪火で焼く料理。ガーデンブロッシュでは、「ロティサリー」「スモーク」「グリル」の3つの料理法でお客様を楽しませてくれるようです。

ランチメニューは、ホテルのダイニングなので、コースはそれなりのお値段ですが、気軽に食べることが出来るセットメニューもありました。

一番人気は仙石原ランチで3,326円(税込)。

「サラダ風 オードブル」「メインディッシュ(魚又は肉料理)」「パン又はライス」「パティシェより本日のスイーツ」「コーヒー又は紅茶」という内容。

妻と義母は、このセットを頼み、私は1日10食限定の「薪火焼きハンバーグセット(税込3,326円)」にしました。

「薪火焼きハンバーグセット」には、サラダ、スープ、パン又はライス、コーヒーが付いています。
箱根ハイランドホテル (18)

まず私のサラダと、
箱根ハイランドホテル (11)

スープが運ばれてきます。

サラダは瑞々しく、スープはカボチャのポタージュで甘くてとろ~りスープでした。さすがホテル仕様です。
箱根ハイランドホテル (9)

メインの薪火焼きハンバーグは、こちらのガーデンブロッシュの薪火で焼いてくれます。
箱根ハイランドホテル (15)

出されたのがこちら。外側は香ばしく薪火で焼かれた感じがします。
箱根ハイランドホテル (19)

少し残念ですが、焼き過ぎの感があって、当初期待したほどの感動はありませんでした。火の調節が難しそうです。

添えられていた野菜も薪火で焼かれているようで、こちらは野菜の甘みが引き立っていました。
箱根ハイランドホテル (17)

パンは2種類です。
箱根ハイランドホテル (21)

ハンバーグにはデザートは付いていなくて、コーヒーのみです。

妻と義母が頼んだ仙石原ランチのほうは、最初の「サラダ風 オードブル」がこちら。
箱根ハイランドホテル (12)

スモークサーモンです。薪火でスモークされているのでしょうか?

メインは、「豚肩ロースの薪火焼き 森の茸ソース」か「本日の魚介料理と彩り野菜のグリル」のどちらかのチョイス。
箱根ハイランドホテル (14)

妻は「豚肩ロースの薪火焼き 森の茸ソース」を。
箱根ハイランドホテル (16)

義母は「本日の魚介料理と彩り野菜のグリル」。魚の種類は何だったでしょうか?忘れました。今見るとこちらも薪火焼きのようですね。
箱根ハイランドホテル (20)

仙石原ランチのデザート「パティシェより本日のスイーツ」は、レアチーズケーキとシャーベット、フルーツ。

いいお天気の日。日差しがさんさんと降り注ぐ店内で美味しいガーデンブロッシュの薪火で焼いた料理の数々。箱根も美味しいレストランがたくさんあって羨ましいですね。ご馳走様でした。

箱根ハイランドホテル「ラ・フォーレ」
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原品の木940
 箱根ハイランドホテル
TEL 050-5571-6208
朝食7:30~9:30
ランチ11:30~14:00
ディナー17:30~20:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小田原ネタが続きます。今日は、小松市ともご縁がある市川宗家に関係があるお話です。

歌舞伎の演目で歌舞伎十八番というものがありますが、小松市の安宅関を舞台とした演目もその一つで、有名な「勧進帳」です。

昨年の10月に、実際の安宅関で初めて海老蔵さんが演じています。

そんな歌舞伎十八番の中に、「外郎売」という演目があり、その舞台となっているのが、今日紹介します、小田原の「ういろう本店」なのです。

「ういろう」とは「外郎」と書きます。これは苗字でもあるんですね。

創業が永正元年(西暦1504年)というから凄いです。500年以上続いているんです。

今回、その本店に行って来て、お茶とお菓子で一服してきましたので書きたいと思います。
ういろう (23)

ういろう本店」は小田原城のすぐそばですが、お城のような造りです。

お城の天守でもなく、このような姿は江戸時代から続いているようです。お殿様にも了解済みだった言うことが書かれていましたが、これも凄いことです。
ういろう (16)

歌舞伎の「外郎売」は私も実際の舞台は見たことがありませんが、調べてみると外郎売の口上が見どころのようです。

外郎売の口上は、現在では、俳優・タレント、アナウンサーの養成所などで発声練習の教材として使われているというもので、それだけ早く難しいということです。

それを市川團十郎さんや、海老蔵さんは、当然噛みもせずに演ずるわけです。

さて話は変わりますが、皆さんは「ういろう本店」と聞いて、和菓子の「ういろう」を思い浮かべるでしょう?
ういろう (7)

私の住む石川県や、東海より西に住んでいる人にとっては、「ういろう」といえば名古屋の「ういろう」のほうがなじみがありますが、関東に住んでいる人にとっては「ういろう」は小田原のほうがなじみがあるようです。

「ういろう」発祥の地はいろいろ諸説があるようですが、小田原の外郎家のご先祖様が関係しているようです。(もともとの「ういろう伝来之地」碑は福岡博多区にあります)

もともと「ういろう」は「外郎」という薬の名前で、銀色をした小さな粒状の丸薬。痰をきり、口内清涼や消臭によいとされる大衆薬で、江戸時代の人々にとっては万能薬だったようですが、少し前の時代の「仁丹」と良く似た形状・原料です。
ういろう (19)

話を戻しますが、今回お邪魔した「ういろう本店」では、薬の「ういろう」とお菓子の「ういろう」を両方同じところで売っているという珍しいお店なのです。
ういろう (2)

今回、そのお店に併設されているカフェで、「ういろう本店」で作っている和菓子とお茶を楽しんできました。

お菓子は月替わりで、基本、上生菓子の品揃えです。妻と義母はういろうを使った「銀杏」という上生菓子を。そして飲み物は妻は抹茶、義母はコーヒーを頼んでいました。
ういろう (13)

ういろうで銀杏の形を作って、中に餡が入れられている上生菓子です。
ういろう (15)

私は上生菓子は甘いのでちょっと苦手。そこで秋真っ盛りということもあり、こちらの「秋日和(600円)」という和風プリンを頼みました。
ういろう (12)

かぼちゃを使った変わった和風のプリンでした。お茶も付いています。
ういろう (11)

そして帰りに買い求めたのは、こちらの「栗ういろう」と、
ういろう (29)
ういろう (30)

薬の「ういろう」です。
ういろう (27)

「栗ういろう」はこんな感じで、それほど甘くはありませんでした。お茶請けに良さげでした。

世の中、老舗と呼ばれるお店は数あれど、ここは本物の老舗です。ご馳走様でした。

ういろう本店
神奈川県小田原市本町1-13-17
TEL 0465-24-0560
月~土
10:00~1730(4月~10月)
10:00~17:00(11月~3月)
日 10:00~1700 
水曜,第3木曜,大晦日,元旦休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小田原といえば、江戸日本橋から京都に向けて東海道を行くと、箱根を越える手前の宿場町だったところです。

東海道はご存じ、京都まで五十三次ということで宿場が53ヶ所ありました。ここは最初の宿場があった品川から数えて9番目に位置する宿場町で、箱根という難所を超えるために、しばし足を休める必要があることから宿場町として栄えたようです。

今日はそんな小田原でランチを食べたお店の紹介です。

お邪魔したのは「寿庵」というそば屋さん。大正9年、小田原駅の開業とともに創業したという老舗のそば屋さんです。
寿庵

店構えも、昔の旅籠の趣を感じさせてくれるような雰囲気を醸しだしています。

私たちは、朝、家を出るのが早かったこともあり、11時のオープンと同時にお店に入りました。

内部はこんな感じ。きれいなお店です。
寿庵 (4)

お品書きです。
寿庵 (2)

その中から私が頼んだのは「宿場そば(1,700円)」です。

これは、先ほども紹介しました、小田原が9番目の宿場町だったことにかけてメニュー化されたそばなのです。

9種類のそばを楽しめるという引っ掛けですね。
寿庵 (11)

上の写真の左の上から下に順番に刻み海苔・ちくわの磯辺揚げ・ネギ。

2番目の列が上から、大根おろしに小ネギと一味・海老天・錦糸卵と椎茸煮。
寿庵 (10)

こちらの写真で一番右の列の上から、海老天に隠れてわかりにくいですが、大根おろしに小ネギとゴマ・ととろ・山菜の計9種類です。

肝心のそばのほうものど越し良く、そばの風味も感じられる美味しいそばでした。他に、小田原名物のかまぼこと漬物も添えられていました。

そばはボリューム的には2人前ぐらいあるそうです。この「宿場そば」は色々な味を少しずつ楽しめてよかったですね。
寿庵 (6)

妻の母は「とろろそば(900円)」を頼んでいました。
寿庵 (7)

最後にそば湯を飲み干して満足です。オープンしてから間がなかったので、サラッとしたそば湯でした。
寿庵 (13)

この後、江戸時代とは違って、レンタカーで箱根の温泉にひとっ走り!わずか40分ほどで旅館に到着です。

昔の人は大変だったんですね~?お疲れ様でした。そしてご馳走様でした。

寿庵
神奈川県小田原市栄町2-1-26
TEL 0465-22-2862
11:00~20:00
火曜のみ11:00~15:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の墓参の旅は小田原から出発することにしました。

東海道新幹線で小田原入りし、箱根に移動する前にしばらく小田原市内を観光することに。
小田原 (7)

JR小田原駅には、巨大な小田原提灯が掲げられています。

小田原といえば、有名なものとして小田原提灯、かまぼこ、梅干しなど。今回は、これら関連の施設も少しまわりました。

さて、ここ小田原は江戸時代には東海道小田原宿の宿場町としても栄えていますが、歴史上有名なのは豊臣秀吉の小田原征伐です。
小田原城 (6)

その舞台となった小田原城はM戦国時代最大といわれる規模を誇った城で、豊臣秀吉も攻略に時間がかかったようです。
小田原城 (7)

また、「小田原評定」という、いまでは「いつになっても結論の出ない会議や相談」という意味に捉えられている言葉でも知られていますね。
小田原城 (13)

小田原城は1960年(昭和35年)に鉄筋コンクリート構造で建てられたものです。

今回我々は昨年、平成の大改修を終えた天守閣に登ります。一人500円です。
小田原城 (11)

リニューアルされたばかりなので内部はきれいです。でも、天守閣は鉄筋コンクリート構造なので、昔の城の趣はあまり感じられないのが残念です。

中は小田原城の歴史を知る上でのパネル展示などがありました。
小田原城 (17)

天守閣の最上階の見晴らしは最高で、小田原市内はもちろん、太平洋や真鶴半島など見渡すことが出来ます。

小田原城
神奈川県小田原市城内6番1号
9:00~17:00(入館は16:30まで)
※6~8月の土・日・祝、および8月15日~19日は19時まで
12月31日~1月1日休館
12月第2水曜日は館内整理のため休館
入館料 天守閣単独券
個人一般500円

お次は、小田原のご当地グルメについて。まずはかまぼこです。

江戸時代の小田原は沿岸漁業が盛んでした。この魚を保存利用するために小田原蒲鉾が杜氏のご当地グルメとして作られ、箱根を越えるときの食糧として、また大名の参勤交代のときのお供として重宝されたようです。
鈴廣 かまぼこの里

小田原にはかまぼこを製造販売しているところは色々ありますが、一番大きなところは、鈴廣だと思います。

この鈴廣さんが「鈴廣 かまぼこの里」という大きな観光施設を作っています。
鈴廣 かまぼこの里 (3)

かまぼこの歴史や不思議、素材や栄養のことなど、楽しみながら学べる施設「かまぼこ博物館」と、かまぼこや干物などを買い求めることが出来る「鈴なり市場」などの施設で構成されていて、行った日も多くの観光客で賑わっていました。
鈴廣 かまぼこの里 (15)

「かまぼこ博物館」では、ガラスごしでかまぼこ職人たちの技を間近で見ることができますし、実際のかまぼこづくりも体験が可能となっていました。
鈴廣 かまぼこの里 (10)

「鈴なり市場」では、試食も出来て、私もかまぼこなどを翌日帰りに立ち寄って買おうと思ったのですが、思わぬ渋滞で時間がなく立ち寄ることが出来ませんでした。残念。

鈴廣 かまぼこの里
神奈川県小田原市風祭245
TEL 0465-22-3191
平日9:00~18:00
土・日・祝9:00~19:00
無休

お次は、もう一つのご当地グルメ「梅干し」について。

小田原駅前に梅干博物館という「小田原街かど博物館」の一つがあり、こちらも箱根行きの合間に立ち寄りました。
ちん里う (7)

老舗の梅干専門店「ちん里う本店」がお店の奥に作っている小さな博物館です。
ちん里う

中に入ってびっくりしたのが、各年の梅干しが飾られていたことです。古いのは明治時代のも。もちろん、私の生まれたうん十年前のもちゃんとありました。
ちん里う (2)

明治元年に使われていた大きな梅干しを漬ける樽や1900年ごろから使われていた古いレジ(会計機械)などもありました。

こちらも、翌日帰る前に立ち寄って買って帰ろうと思っていましたが、時間がなく立ち寄ることが出来ませんでした。すみませんでした。

梅干博物館
老舗の梅干専門店ちん里う本店
神奈川県小田原市栄町1-2-1
 駅前ビル1階
TEL 0465-22-4951
9:00~18:00
元日のみ休み

続いては、同じく小田原名物の干物のお店です。
小田原 (3)

ひもの専門店が駅前にあって、何店舗も販売するところを持っている有名なところのようです。

店内には、本当にたくさんの干物が並べられていました。

ひもの専門「山安」
小田原市栄町2-1-29
TEL 0465-21-1137
10:00~18:00
無休

最後に「小田原街かど博物館」については、こんなところもありましたという紹介だけ。
小田原 (2)

薬博物館」です。済生堂薬局小西本店というお店ですが、行った時には営業されているのかわからない感じだったので中には入らずに駅のほうに戻りました。

済生堂薬局小西本店(薬博物館)
神奈川県小田原市本町4-2-48
TEL 0465-22-2014
8:30~19:00
日・祝休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日の夕食編に引き続き、今日は朝食編です。

夕食は食べる時間を決める必要がありましたが、朝食は6:30から9:30の間、いつでもokでした。

場所は夕食を食べたところと同じ、ダイニング「はこね」。

私たちは7時過ぎに食べに行きました。

夕食のときは奥の半個室スペースのところでしたが、朝は一番入口のテーブル席に案内されました。
小涌園 天悠 (117)

入口から見ると、やっぱ広いダイニングですね。キッチンもオープンです。

朝食メニューは和と洋、どちから選ぶことが出来ます。

私は珍しく洋食膳で。妻と義母は和食膳をチョイスしていました。

まずオレンジジュースが運ばれてきます。
小涌園 天悠 (116)

そして洋食膳では、コーヒーが運ばれてきましたが、コーヒーはいつ持ってくるか聞いてほしかったです。個人的には食後に持ってきて欲しかったですね。最後に飲んだら冷たくなっていました。
小涌園 天悠 (126)

そのあと、ご覧のセットが運ばれてきます。
小涌園 天悠 (127)

スーパーフードの入った3種の自家製飲むサラダとグリッシーニ。
小涌園 天悠 (130)

左から「箱根西麓三島人参、りんご、オレンジ、アマニオイル」「ヨーグルト、豆乳、グレープフルーツ、チアシード」「ビーツ、赤パプリカ、クランベリー、アサイー、蜂蜜」です。3つとも少量でした。

モーニングシリアルに南箱根の「特濃 丹那牛乳」をかけて食べます。
小涌園 天悠 (131)

スープは「トマトスープ」。小さな器に入っています。
小涌園 天悠 (128)

メインのたまご料理は、プレーンオムレツ、スクランブルエッグ、目玉焼きの中から選べますが私はオムレツでお願いしました。どちらかというとしっかり焼かれています。

ベビーリーフサラダ、富士湧水ポークのハムとベーコンが添えられています。
小涌園 天悠 (133)

パンは5種類。クロワッサン・デニッシュ・竹炭トースト・抹茶トースト・フォカッチャ。
小涌園 天悠 (129)

デザートとしてフレッシュフルーツです。
小涌園 天悠 (124)

和食膳のほうはこんな感じでした。

箱盛りとして小田原産蒲鉾・山葵漬け・海苔の佃煮・お浸し・しらすおろし・明太子・牛肉のしぐれ煮というラインナップ。

別盛りでサラダ、曽我の梅干と漬物、湯豆腐、小田原産の鯵の干物、出し巻き玉子も。
小涌園 天悠 (125)

小田原の名物もあって、和食膳のほうが地元を感じさせてくれますね。

ご飯は白米かお粥を選ぶことが出来ます。妻はお粥でした。味噌汁はしじみ。

そして果物ヨーグルト掛けが付いていました。

和・洋とも、多品種少量で色々な味を楽しむことが出来る内容でした。ご馳走様でした。



箱根小涌園 天悠
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
TEL 0460-82-5111
客室総数 150室
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ