あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:関東(東京除く) > 神奈川

今回の墓参の旅は小田原から出発することにしました。

東海道新幹線で小田原入りし、箱根に移動する前にしばらく小田原市内を観光することに。
小田原 (7)

JR小田原駅には、巨大な小田原提灯が掲げられています。

小田原といえば、有名なものとして小田原提灯、かまぼこ、梅干しなど。今回は、これら関連の施設も少しまわりました。

さて、ここ小田原は江戸時代には東海道小田原宿の宿場町としても栄えていますが、歴史上有名なのは豊臣秀吉の小田原征伐です。
小田原城 (6)

その舞台となった小田原城はM戦国時代最大といわれる規模を誇った城で、豊臣秀吉も攻略に時間がかかったようです。
小田原城 (7)

また、「小田原評定」という、いまでは「いつになっても結論の出ない会議や相談」という意味に捉えられている言葉でも知られていますね。
小田原城 (13)

小田原城は1960年(昭和35年)に鉄筋コンクリート構造で建てられたものです。

今回我々は昨年、平成の大改修を終えた天守閣に登ります。一人500円です。
小田原城 (11)

リニューアルされたばかりなので内部はきれいです。でも、天守閣は鉄筋コンクリート構造なので、昔の城の趣はあまり感じられないのが残念です。

中は小田原城の歴史を知る上でのパネル展示などがありました。
小田原城 (17)

天守閣の最上階の見晴らしは最高で、小田原市内はもちろん、太平洋や真鶴半島など見渡すことが出来ます。

小田原城
神奈川県小田原市城内6番1号
9:00~17:00(入館は16:30まで)
※6~8月の土・日・祝、および8月15日~19日は19時まで
12月31日~1月1日休館
12月第2水曜日は館内整理のため休館
入館料 天守閣単独券
個人一般500円

お次は、小田原のご当地グルメについて。まずはかまぼこです。

江戸時代の小田原は沿岸漁業が盛んでした。この魚を保存利用するために小田原蒲鉾が杜氏のご当地グルメとして作られ、箱根を越えるときの食糧として、また大名の参勤交代のときのお供として重宝されたようです。
鈴廣 かまぼこの里

小田原にはかまぼこを製造販売しているところは色々ありますが、一番大きなところは、鈴廣だと思います。

この鈴廣さんが「鈴廣 かまぼこの里」という大きな観光施設を作っています。
鈴廣 かまぼこの里 (3)

かまぼこの歴史や不思議、素材や栄養のことなど、楽しみながら学べる施設「かまぼこ博物館」と、かまぼこや干物などを買い求めることが出来る「鈴なり市場」などの施設で構成されていて、行った日も多くの観光客で賑わっていました。
鈴廣 かまぼこの里 (15)

「かまぼこ博物館」では、ガラスごしでかまぼこ職人たちの技を間近で見ることができますし、実際のかまぼこづくりも体験が可能となっていました。
鈴廣 かまぼこの里 (10)

「鈴なり市場」では、試食も出来て、私もかまぼこなどを翌日帰りに立ち寄って買おうと思ったのですが、思わぬ渋滞で時間がなく立ち寄ることが出来ませんでした。残念。

鈴廣 かまぼこの里
神奈川県小田原市風祭245
TEL 0465-22-3191
平日9:00~18:00
土・日・祝9:00~19:00
無休

お次は、もう一つのご当地グルメ「梅干し」について。

小田原駅前に梅干博物館という「小田原街かど博物館」の一つがあり、こちらも箱根行きの合間に立ち寄りました。
ちん里う (7)

老舗の梅干専門店「ちん里う本店」がお店の奥に作っている小さな博物館です。
ちん里う

中に入ってびっくりしたのが、各年の梅干しが飾られていたことです。古いのは明治時代のも。もちろん、私の生まれたうん十年前のもちゃんとありました。
ちん里う (2)

明治元年に使われていた大きな梅干しを漬ける樽や1900年ごろから使われていた古いレジ(会計機械)などもありました。

こちらも、翌日帰る前に立ち寄って買って帰ろうと思っていましたが、時間がなく立ち寄ることが出来ませんでした。すみませんでした。

梅干博物館
老舗の梅干専門店ちん里う本店
神奈川県小田原市栄町1-2-1
 駅前ビル1階
TEL 0465-22-4951
9:00~18:00
元日のみ休み

続いては、同じく小田原名物の干物のお店です。
小田原 (3)

ひもの専門店が駅前にあって、何店舗も販売するところを持っている有名なところのようです。

店内には、本当にたくさんの干物が並べられていました。

ひもの専門「山安」
小田原市栄町2-1-29
TEL 0465-21-1137
10:00~18:00
無休

最後に「小田原街かど博物館」については、こんなところもありましたという紹介だけ。
小田原 (2)

薬博物館」です。済生堂薬局小西本店というお店ですが、行った時には営業されているのかわからない感じだったので中には入らずに駅のほうに戻りました。

済生堂薬局小西本店(薬博物館)
神奈川県小田原市本町4-2-48
TEL 0465-22-2014
8:30~19:00
日・祝休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日の夕食編に引き続き、今日は朝食編です。

夕食は食べる時間を決める必要がありましたが、朝食は6:30から9:30の間、いつでもokでした。

場所は夕食を食べたところと同じ、ダイニング「はこね」。

私たちは7時過ぎに食べに行きました。

夕食のときは奥の半個室スペースのところでしたが、朝は一番入口のテーブル席に案内されました。
小涌園 天悠 (117)

入口から見ると、やっぱ広いダイニングですね。キッチンもオープンです。

朝食メニューは和と洋、どちから選ぶことが出来ます。

私は珍しく洋食膳で。妻と義母は和食膳をチョイスしていました。

まずオレンジジュースが運ばれてきます。
小涌園 天悠 (116)

そして洋食膳では、コーヒーが運ばれてきましたが、コーヒーはいつ持ってくるか聞いてほしかったです。個人的には食後に持ってきて欲しかったですね。最後に飲んだら冷たくなっていました。
小涌園 天悠 (126)

そのあと、ご覧のセットが運ばれてきます。
小涌園 天悠 (127)

スーパーフードの入った3種の自家製飲むサラダとグリッシーニ。
小涌園 天悠 (130)

左から「箱根西麓三島人参、りんご、オレンジ、アマニオイル」「ヨーグルト、豆乳、グレープフルーツ、チアシード」「ビーツ、赤パプリカ、クランベリー、アサイー、蜂蜜」です。3つとも少量でした。

モーニングシリアルに南箱根の「特濃 丹那牛乳」をかけて食べます。
小涌園 天悠 (131)

スープは「トマトスープ」。小さな器に入っています。
小涌園 天悠 (128)

メインのたまご料理は、プレーンオムレツ、スクランブルエッグ、目玉焼きの中から選べますが私はオムレツでお願いしました。どちらかというとしっかり焼かれています。

ベビーリーフサラダ、富士湧水ポークのハムとベーコンが添えられています。
小涌園 天悠 (133)

パンは5種類。クロワッサン・デニッシュ・竹炭トースト・抹茶トースト・フォカッチャ。
小涌園 天悠 (129)

デザートとしてフレッシュフルーツです。
小涌園 天悠 (124)

和食膳のほうはこんな感じでした。

箱盛りとして小田原産蒲鉾・山葵漬け・海苔の佃煮・お浸し・しらすおろし・明太子・牛肉のしぐれ煮というラインナップ。

別盛りでサラダ、曽我の梅干と漬物、湯豆腐、小田原産の鯵の干物、出し巻き玉子も。
小涌園 天悠 (125)

小田原の名物もあって、和食膳のほうが地元を感じさせてくれますね。

ご飯は白米かお粥を選ぶことが出来ます。妻はお粥でした。味噌汁はしじみ。

そして果物ヨーグルト掛けが付いていました。

和・洋とも、多品種少量で色々な味を楽しむことが出来る内容でした。ご馳走様でした。



箱根小涌園 天悠
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
TEL 0460-82-5111
客室総数 150室
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

さて、施設編に続き「箱根小涌園 天悠」の夕食編です。

秋といえば味覚&食欲の秋。色々な食材が実りを迎え、まさに実りの秋。そんな時期に美味しい料理を食べるときは「至福の時間」でもあります。
「箱根小涌園 天悠」の夕食は、特別客室利用のお客さまは部屋食ですが、その他の部屋のお客さまは5階にあるダイニング「はこね」でとることになります。

ダイニング「はこね」も結構な広さがありますが、大きく2回に分けて、時間帯を選んで予約する必要がありました。

1回目は17:30か17:45。2回目が確か19:45か20:00だったと思います。サービス対応の問題もあるのかもしれません。我々は17:45でお願いしました。

メニューは基本は季節ごとに変わりますが、連泊の場合は違うメニューに変えてくれます。

今回は秋のメニューということですね。

ダイニングの入り口から、オープンなテーブル席が並んでいます。
小涌園 天悠 (51)

我々は奥のほうにある、仕切りがある半個室のテーブル席に案内されました。こちらのほうがまわりを気にせずに楽しむことが出来ます。
小涌園 天悠 (57)

まずは生ビールでのどの渇きを癒します。

では、出された料理を紹介していきましょう。

まずは前菜で、「ポルチーニ茸と鶏のスチーム生ハム巻き」「鴨のコンフィと柿のブロシェット」「菊菜と占地のお浸し」「さつま芋ムース」「海老天の巻寿司バルサミコ風味」といった構成。
私は事前に豚と鶏肉が苦手と伝えてあったので、内容を変更してくれていました。そのため「ポルチーニ茸と鶏のスチーム生ハム巻き」と「鴨のコンフィと柿のブロシェット」は食べていません。
代わりに出されたのは、アボカドを使った料理と、あと何だったかな?忘れました^^;

こちらはフォアグラです。
私にはラタトゥイユでした。

御椀は「松茸の土瓶蒸し」です。秋の味覚の代表格ですね。
松茸のほかには鯛・海老・銀杏・三つ葉が入っています。酢橘を絞ってまずはスープを飲みます。
飲み干して、土瓶の中の具を食べます。

お次に出されたお造りは、鮪・はた・帆立・汲み湯葉・自然薯。最初フタがしてあって開けるとドライアイスの煙が出ました。
内容的には、いつも北陸の美味しい刺身を食べている身としては、少々物足りない気がします。
魚料理は「太刀魚パン粉焼き」。地海苔のバターソース仕上げで香ばしいパン粉と海苔の風味がほんのりとするソースで美味しくいただくことが出来ました。
肉料理は、国産牛ロースのステーキでソースは和風。付け合せには、紫芋のピューレ・大黒占地・白木耳・米茄子が添えられています。
小涌園 天悠 (65)

食事は「釜炊き松茸ご飯」。早めから火をつけて目の前で炊き上がるまでグツグツ。
茶碗によそって炊き立て熱々を食べます。少し芯が残る感じですが、松茸の香りが染み込んで美味しくいただくことが出来ました。
お漬物と赤だしも付いています。
最後のデザートは「パティシエ特製デザート盛り合わせ」。
栗、抹茶、かぼちゃなどを使ったケーキとジェラート5種。私は少し残してしまいました。

あと、生ビールの後頼んだお酒についても紹介しておきます。

私は「神奈川県地酒コース」という、料理とマリアージュ形式になっている地酒セットです。

出される料理に合わせた設定になっているようですが、3種類とも一度に出されるので、途中でわからなくなりどうでもよくなりました。^^;

一応、1番の純米の「箱根山」は前菜と椀物。2番のこれまた純米の「松美酉」にはお造りと魚料理に。3番目の純米吟醸「白笹鼓」には肉料理となっていました。

格60mlで2,000円(税別)。旅館価格ですね。^^;
小涌園 天悠 (68)

妻のほうはワインです。まずは白で「日本のあわ 勝沼甲州」。柔らかな辛口といった感じでフルーティな口当たりです。
お次は「穂坂マスカット・ベーリーA」というロゼのような色合いのワイン。こちらもフルーティでした。

以上が、この日の夕食に飲んで食べた内容です。一品一品のメニューが奇をてらわずしっかり味付けされていて好感が持てました。

ただ、大きな旅館だからかわかりませんが、料理がどんどん運ばれてくる感じが少し気になりました。何となくせかされているような気がして。

価格的には高級旅館の領域に入る「箱根小涌園 天悠」。客層もアダルトな方々が主体だと思いますが、それに合う夕食内容でした。ご馳走様でした。

施設編はこちらです。

箱根小涌園 天悠
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
TEL 0460-82-5111
客室総数 150室
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

今年の箱根の宿泊は、箱根小涌園グループの一番新しい旅館「天悠」でした。
小涌園 天悠 (141)

ワシントンホテルなどを展開する藤田観光グループの温泉旅館で、箱根小涌園といえば、東京から多くの宿泊客が利用する温泉&宿泊施設です。
小涌園 天悠 (43)

2017年4月20日開業した施設なので、当然きれいで気持ちがよかったです。
小涌園 天悠 (42)

今回は施設編ということで書きます。後日、順次、夕食・朝食についても書いていきます。
小涌園 天悠 (10)

「天悠」の周辺には、藤田観光グループが経営している2018年1月10日をもって閉館する予定となっている「箱根ホテル小涌園」や、温泉テーマパーク「ユネッサンス」などの施設がありますね。

全室客室展望風呂付きとなっていて、基本は和室にツインベッドが供えられたタイプの部屋。
小涌園 天悠 (108)

9階建てですが、駐車場がある位置は5階で、最初の写真で見えるのが外輪山が眺められる部屋で、裏側が渓谷側になっています。
小涌園 天悠 (45)

外輪山側は遠望を眺められるのがいいのですが、駐車場に面しているので、バルコニーに設置されている室内露天風呂に入るときはブラインドを下ろして利用する必要があります。
小涌園 天悠 (23)

部屋の露天風呂の湯船は信楽焼の浴槽でした。

我々は、料金をプラスする必要がある最上階の9階の「最上階客室」の渓谷側のお部屋に宿泊しました。

天井が高く、より開放的なのがウリ。まぁ、基本、2名利用がベースで設計されているので、3名利用ではそれほど広くはありませんが。
小涌園 天悠 (16)

今回は、ちょうど滝があり、渓谷を流れ落ちる川を眺められる部屋だったので、滝の音とマイナスイオンたっぷりの気持ちのいいひと時を過ごすことが出来ました。
小涌園 天悠 (17)

最上階の部屋には、ご覧のロフトのようなスペースも備え付けられていますが、この使い勝手、あまりあるようには思えませんでした。
小涌園 天悠 (22)

ベッドは、英国王室御用達で世界有数のラグジュアリーホテルで使用されているという、イギリスのスランバーランド社製のもの。いい眠りが出来たと思います。
小涌園 天悠 (112)

部屋にはシャワースペースも備え付けられていました。

温泉は箱根十七湯の一つ「小涌谷温泉」で泉質はナトリウム-塩化物泉。

大浴場は2か所。5階の渓谷側には「車沢の湯」。6階の外輪山側には「浮雲の湯」。

「車沢の湯」は緑に囲まれ「呉坊の滝」を眺めながら入れる露天風呂があり、「浮雲の湯」は6階の位置ですが屋上にあって、空間と湯船が一体になった感覚を楽しめる開放感あふれる露天風呂でした。

ウリは6階にある「浮雲の湯」。「天空の湯」「インフィニティ温泉」とも呼ばれていますが、残念ながら写真撮影はNGで、どんな露天風呂なのかはこちらをみてくださいね。

なお、両方のお風呂は毎日交代で男女が入れ替わります。
小涌園 天悠 (39)

湯上りには5階にあるロビー階にお茶やコーヒーが飲めるところありました。ここの足柄茶というピーチフレーバーの冷たいお茶が美味しかったです。
小涌園 天悠 (92)

1階にはスパやバーもあり、このフロアから「呉坊の滝」や神社の鳥居があるところまで登ることが出来ます。
小涌園 天悠 (31)

食事の後、散歩がてら歩いてみました。少し寒かったですが、気持ちがよかったですよ。

小涌園 天悠 (111)
さて、朝、部屋から日の出を眺めることが出来、清々しい空気感の中、気持ちのいい目覚めです。

夕食編はこちらです。

箱根小涌園 天悠
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
TEL 0460-82-5111
客室総数 150室
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ここ最近は箱根に宿泊して富士山麓に墓参するパターン。

今年も、箱根に宿泊してお墓参りを済ませ、その後、少しの時間、箱根の観光地を巡りました。

しかし、箱根というところは本当に観光資源が豊富ですね。温泉、自然、美術館など、毎年行っていても見るところが尽きません。

さて昨年、本当は今日紹介する仙石原と大涌谷に行く予定でしたが、あいにくのお天気で諦めたこともあって、今年はそのリベンジということで行ってきました。
大涌谷 (18)

今年4月22日放送のNHKのブラタモリ「箱根~箱根の地獄が 極楽を生んだ!?~」の回で、箱根が出来た訳、的な内容だったのですが、その時番組のスタート場所が大涌谷だったのです。

そんなこともあって、今年は必ず行ってみたいと思っていました。

私も昔、一度だけ行ったことがあるのですが、すでに記憶も曖昧な状態。今回、いいお天気に恵まれたこともあって、短時間でしたが楽しむことが出来ました。

行ったのは11月初旬の平日でしたが、大涌谷は本当に混雑状態。他の観光地同様、中華系の方が多く来ていました。
大涌谷 (7)

2015年6月末の小噴火以来、周辺の観光地にも色々な影響があったようですが、いまはほぼ前の状態に戻っているようです。辺りに硫黄のにおいが立ちこめていて、火山地帯なんだなぁ、と実感させられます。
大涌谷 (2)

いいお天気だったので、富士山もきれいに見ることが出来ました。
大涌谷 (17)

そして、大涌谷名物と言えば、寿命が7年伸びると言われる黒たまごです。
大涌谷 (12)

大涌谷くろたまご館で買い求めました。5個500円。まだ温かい状態ですね。
大涌谷 (13)

卵の表面が黒いのは、温泉の成分の鉄分が付着して、それに硫化水素が反応して硫化鉄となったものです。
大涌谷 (16)

その場で早速食べてみました。何となく、普段食べるゆで卵とは違った味のようにも感じられましたね。^^;
仙石原 (6)

さて、大涌谷に行く前に立ち寄ったのは、仙石原のすすき高原。昨年も立ち寄ったのですが、濃い霧でほとんど見ることが出来なかったのです。
仙石原

無料の駐車場から10分ほど歩いたところにある、一面すすきの穂が風で揺れる雄大な景色で見ごたえがありました。
仙石原 (5)

本当は、朝焼けや夕焼けで黄金色に見える時間帯がおすすめのようです。
仙石原 (11)

11月末までが見頃です。

この後立ち寄った「箱根ラリック美術館」についても紹介しておきますね。
ラリック美術館

アール・ヌーヴォーとアール・デコの時代に宝飾とガラス工芸の世界で活躍し、作家でもあった、ルネ・ラリック氏。

そんな彼の生涯を綴っているのが「箱根ラリック美術館」です。
ラリック美術館 (12)

私も今回初めて訪れましたが、展示されているオリエント急行の実物の客車と庭のきれいさに感動しました。
ラリック美術館 (18)

オリエント急行の実物の客車は、1988年のフジテレビ開局30周年記念特別企画「オリエント急行日本一周」で実際に日本国内を走った実物です。番組内容自体、バブルの時代らしい企画ですね。^^;
ラリック美術館 (25)

ヨーロッパでも実際に使われていた本物が持つ凄さを垣間見ることが出来ました。
ラリック美術館 (22)

あと、きれいに手入れされた芝と色づく木々のコントラスト。箱根の景色、流れる小川などを借景にした落ち着いた庭は一見の価値があります。
ラリック美術館 (28)

あぁ、美術館で展示されていたジュエリーやガラス工芸。私にはわかりません。^^;

これからが紅葉も本番。観光客で混雑するでしょうね?

箱根ラリック美術館
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186番1
TEL 0460-84-2255
9:00~17:00(入館は16:30分まで)
一般入館料は1,500円
無休(展示替のため臨時休館あり)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ