あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:九州 > 鹿児島

鹿児島という暖かい土地にも、いくつかおでんが有名なところがあります。

だいぶ前に紹介したことがあります「吾愛人(わかな)」というお店では「みそおでん」がウリでした。
金久 (3)

今回、1軒目で飲み食いした後にふらっと立ち寄ったのが、鹿児島中央駅の構内、フレスタ鹿児島の2階にある「ぐるめ横丁」の「金久」という、元々は立ち飲みだったと思われるようなスタンドタイプのテーブルにイスが置かれているお店です。

狭いお店です。まぁ、会社帰りや出張帰りに軽く仲間と一杯!的な使われ方が適しているお店でしょう?

私は、今回は軽く一杯だけということで、こちらの「今すぐ飲みたい!セット(税込1,080円)」をお願いしました。
金久 (4)

セットには、キリン一番搾り樽生、枝豆。
金久 (5)

そして三角厚揚げ・たまご・大根・たこ串の4種類のおでん盛り合わせが付いてきます。お得なセットになっていますね。

「金久」のおでんのウリは「薩摩塩おでん」。

シイタケや昆布からだしをとり、鹿児島県枕崎産のかつお節で追い鰹をし、ミネラル豊かな塩「星の砂塩」で仕上げた「塩おでん」なのだそうです。

「星の砂塩」という、「鹿児島県最南端の与論島の沖合いから汲み上げた海洋深層水」を原料として作られています。
金久 (6)

さっぱりとした味で、塩のうま味もきいているようです。からしではなく大分産の「柚子胡椒」をつけて食べたらおいしかったですよ。
金久 (2)

この日は、このセットだけでお店を出ましたが、おでんはご覧のメニューにも出ている通り色々揃っていました。お値段も手ごろです。

今回のセットは1,080円という値段で、軽く安く済ませるにはもってこいのセットでした。ご馳走様でした。

金久(かねきゅう)
鹿児島県鹿児島市中央町1-1
 えきまち1丁目鹿児島
TEL 099-298-5145
10:00~23:00(L.O.22:30)
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

鹿児島出張の折りにランチを食べたお店について書きたいと思います。

鹿児島というと、黒豚や薩摩地鶏が有名で、どちらかといえば「肉」のイメージが強いのですが、意外と魚介類についても多くの種類の魚介が豊富に獲れるところなのです。

ただし、県内での消費量は少なく、他の都道府県に運ばれて消費されることが多いのですが……。

マグロはミナミ・キハダ・カジキなど全国1~2位の漁獲高を誇っていますし、養殖ではブリ・カンパチ・クロマグロ・ウナギが1位などとなっています。

あと、かつお節の生産も盛んで、国内生産量の約7割を鹿児島で作っているのです。

さて、今回、美味しいづけ丼を、税抜き価格ですがワンコイン500円で食べることが出来るお店があるということで行ってきました。
桜勘

お店は鹿児島中央駅の前にある駅前商店街、一番街の中央に位置するアエールプラザの1階にあります。
桜勘 (3)

ランチは、お店の前の黒板に掲示されていました。

日替わり定食が2種類で800円。この日はサーモンとイワシフライ。刺身やサラダも付いていて魅力的でしたが、鶏料理も入っていてNG。^^;

そして、ワンコイン500円(税抜)で食べることが出来るカンパチは、づけ丼が普通のと、赤づけの2種類、そして刺身・塩焼・天ぷら・かき揚げ・マヨ和えの各定食、さらには天丼と、これらすべての種類のカンパチを使ったメニューがワンコイン500円(税抜)なのです。

カンパチは養殖です。さすが鹿児島がカンパチの養殖全国一を誇っているだけのことはあります。
桜勘 (4)

私は、こちらのお店で食べるの初めてなので、最初は一番オーソドックスな「づけ丼」にしてみました。

出されたセットがこちら。みそ汁と漬物が付いています。
桜勘 (5)

薄めに切られており、甘辛のたれに漬けこまれたカンパチが思ったより多めに盛られていました。

垂水市の海で育つカンパチ「海の桜勘」を使用しています。

たれの味はちょうどいい塩梅で、養殖なので脂が乗ったカンパチとの相性も良かったです。美味しいです。

ご飯の量は男性には少なめだと思いますが、私のとってちょうどいいボリュームでした。
 
ワンコイン500円(税抜)で食べることが出来るのが、やはりうれしいですね。お昼時はいつも混雑しているのもわかる気がしました。ご馳走様でした。

づけ丼屋 桜勘
鹿児島県鹿児島市中央町22-16
 アエールプラザ1F
TEL 099-298-5550
月~金
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:30~22:00(L.O.21:30)
土・日・祝
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~22:00(L.O.21:30)
不定休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

鹿児島にほぼ一年ぶりの出張でした。
チキンブラザーズ (3)

夜は会社の仲間と一緒に、鹿児島中央駅からほど近い場所にある「チキンブラザーズ」というお店に行き飲み食いしました。

最初「チキンブラザーズ」という名前を聞いて、鶏肉専門店かな?と心配しました。鶏肉が特に苦手なことは言ってあったので、それはないだろう?とは思いましたが、お店の前に着いて安心しました。^^;
チキンブラザーズ (4)

江口浜漁港や出水長島から直送の魚がウリの海鮮炉端焼きのお店だったからです。提灯には「朝獲れ地魚」とも書かれています。
チキンブラザーズ (22)

それに野菜も鹿児島産の新鮮な有機野菜を使用しているようです。楽しみです。

オーナーはネバーランドというところが鹿児島市内に展開する「チキン野郎」というグループの店舗で修行を積み独立されたようです。

2階の店舗にあがります。お店は靴を脱いで入ります。
チキンブラザーズ (5)

案内された一番奥の席からカウンターと板場の方を覗くと、こんな感じです。

上の写真は18時半ごろ。そこそこ広めのお店でしたが、私が行った月曜の夜は、だんだんとお客さんご増えとても混雑していました。

さて頼んだものを紹介していきます。
チキンブラザーズ (6)

お通しは「茶豆炒め」。
チキンブラザーズ (2)

飲み物は、この日はハイボールで攻めてみました。こちらのジャンボハイボールは1.5杯分の大きさです。^^;
チキンブラザーズ (7)

野菜はグリーンサラダを頼みます。

そしてお店の名物料理は「絶品!朝獲れ刺身」「炙りしめ鯖」「大根のからあげ」の3種。当然、全部頼みます。
チキンブラザーズ (9)

刺身は「刺身三種盛り(980円)」。江口漁港直送のタイ、出水長島直送の茶ぶり、天使のエビです。あと、ホタテとチャンジャも誰かがオーダーしました。

エビは身を食べて、残った頭は、後で炉端焼きをして食べることが出来、頭から尻尾まですべて食べれます。
チキンブラザーズ (10)

「炙りしめ鯖」は、肉厚で炙ることによって脂のりのりも最高になります。
チキンブラザーズ (17)

「大根のからあげ(580円)」のほうは最初、大根を唐揚げ?美味しいの?と、あまり期待していなかったのですが、これが意外と言っては失礼ですが美味しかったです。おでんのように煮込んだものを揚げているのか超熱々で、見た目熱そうに見えないのでかぶりつくと火傷を負いますよ!気を付けてください。
チキンブラザーズ (19)

こちらも名物の一つ「さつまチキブラ南蛮(680円)」です。私は当然食べていませんが、外はカリッと中はジューシーだったそうです。
チキンブラザーズ (11)

「地鶏の刺身(780円)」だったかな?^^; こちらも当然食べていません。
チキンブラザーズ (14)

こちらは「川辺産地鶏の炭火焼(880円)」だったかな?肉系のことはあやふやなのであまり信用しないでください。^^;

そして炉端焼きも頼みます。
チキンブラザーズ (13)

こちらの「活き貝3ブラザース」は1,980円。これは2人前の内容です。

ホタテバターの醤油焼き、サザエのだし醤油焼き、ジャンボはまぐりという内容です。七輪を使った浜焼きスタイルです。
チキンブラザーズ (15)

醤油をかけると、ジュッと音がして貝汁を合わさりうまみが増します。貝は、こんな食べ方が一番美味しいかもしれません。
チキンブラザーズ (18)

こちらの「ごぼう天」は、スティック状に切られたごぼうで、噛みごたえ食べ応えがありました。
チキンブラザーズ (25)

デザートもだれか頼んでいましたが私は食べていません。

以上、6名で飲み食いして、一人5,000円強。今回は私は前述のハイボールを2杯しか飲みませんでしたが、さすが鹿児島県人はお酒が強いです。^^;

美味しい魚介類が揃っていて、リーズナブルに楽しめるお店だと思いました。ご馳走様でした。

チキンブラザーズ
鹿児島県鹿児島市西田1-3-21
 ゴールドビル2F
TEL 099-296-9767
18:00~24:00(L.O.23:00)
日曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ