あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 旅館・ホテル・オーベルジュ


今日はクエグゼクティブフロアの宿泊者に限って利用できる、33階にあるエグゼクティブラウンジでの飲食について書きます。

こちらでは、チェックインした後で立ち寄ったカフェタイム。そして朝食もこちらでとることが出来ます。

カフェタイムは前回の施設編で書きましたので、今回は朝食編です。

エグゼクティブラウンジでの朝食は6:30~10:00に利用可能。ビュッフェ形式です。高さ120mからの景観は素晴らしく、博多湾と市街が一望できます。
シーホーク (32)

この日はいいお天気で、朝日が差し込んで明るいラウンジでの朝食となり、とても気持ちがよかったです。

追加料金なしで利用できるビュッフェなので、使われている食材もそれほど高級ではなく、また食べきれないほどの種類が並んでいるわけではありませんが、ベーシックなものは一通りそろっていて満足できる内容だったと思います。
シーホーク (65)

和と洋が中心で、こちらは和食系の品が並んでいます。
シーホーク (68)

こちらは洋食系です。
シーホーク (67)

フルーツとサラダ。
シーホーク (71)

パンとデザート。
シーホーク (76)

マンゴーラッシーがありました。
シーホーク (70)

シリアルもあります。

それらの中から我々が食べたのはこんな感じです。
シーホーク (77)

妻はホテルの朝食では珍しくご飯を食べましたが、私は炭水化物はこの日は控えることにしました。味噌汁のみ頂きます。
シーホーク (75)

和食系では九州のご当地グルメも楽しめます。さつま揚げとからしれんこん、明太子。
シーホーク (73)

洋食系はエッグベネディクトやサラミ・ハーブソーセージ・サーモン、チーズも何種類かありました。
シーホーク (82)

サラダ。
シーホーク (83)

フルーツは食べましたがデザートは今回はパス。
シーホーク (89)

ヨーグルトを食べます。
シーホーク (86)

ドリンクはエスプレッソを。大きなカップに注ぐと少しだけだったのでダブルにしました。

結局、昨晩は食べすぎだったのであまり取らないでおこうと思っていましたが、ついつい取りすぎてしまいますね。反省です。

もちろん、取ってきたものは残すことなく2人ですべて食べましたよ。
シーホーク (81)

33階からの景色もご馳走の一つです。都会にいながらリゾート気分を味わっての朝食、いいものです。ご馳走様でした。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は、今回福岡で宿泊したホテル「ヒルトン福岡シーホーク」についての紹介です。
シーサードももち (4)

設計はあのシーザー・ペリ。大阪では、あべのハルカス(基本設計)や国立国際美術館。羽田空港第二ターミナルビルもそうです。

「都市型リゾートホテル」というコンセプトで建設されたホテルで、最初は旧ダイエー資本のもと「シーホークホテル&リゾート」として開業。ダイエーが経営再建で売却。その後はJALホテルズに運営委託され、名称も「JALリゾートシーホークホテル福岡」に変更され営業していましたが、こちらも日本航空の経営再建の一環として手放し、今に至っています。

私も、「シーホークホテル&リゾート」のとき、確か2000年ぐらいに一度泊まったことがあり、今回が2回目ということになります。
シーホーク (16)

外観は博多湾に漕ぎ出す巨大な船をモチーフに。千室を超える部屋は全屋オーシャンビュー。ホテルのお隣はヤフオクドームです。
シーホーク (5)

もちろん、前回宿泊の時からは部屋や写真の巨大なアトリウム内にあるレストランや、
シーホーク (9)

ショッピングエリア「シーホークギャレリア」など大きく変わっていました。
シーホーク (20)

今回は、ちょっとリッチにエグゼクティブフロアに宿泊することにしました。
シーホーク (2)

もっとも、エグゼクティブフロアといっても、飛行機とのパック料金ではそれほど高くなるわけではなかったのでそうしました。
シーホーク (11)

エグゼクティブフロアに宿泊した場合、33階にあるエグゼクティブラウンジを無料で利用することが出来ます。
シーホーク (23)

朝食もこちらでとることが出来、昼間はカフェタイム、17時からはカクテルタイムとしても利用できます。

ただ、カクテルタイムは17:00~19:00で、この時間は普通はディナーの時間ですよね?せめて21時ぐらいまではやってほしいと思いました。

当然のことながら我々が外でディナーをして戻ってきたときにはやっていませんでした。

カクテルタイムには食事も準備されているようで、ここで済ます人はいいかもしれませんが、エグゼクティブフロアに宿泊する人は、それを目的にディナーを済まそうという人はそれほどいないのではないかと思いますが……?

ラウンジについては、今日はカフェタイムのときに利用した時のことを書きます。
シーホーク (31)

周りに高い建物がないので見晴らしがよく、天気のいい日で福岡の街も一望できました。

博多湾を眼下に望むことができて、福岡空港に着陸する飛行機を眺めながらぼんやりするのもよさそうです。

そしてお隣にはヤフオクドーム。やはり巨大です。
シーホーク (25)

カフェタイムにはドリンクはもちろんケーキ類やクッキー、ナッツなども楽しむことが出来ます。
シーホーク (27)

こちらに来るまでにだいぶ歩いたので、冷たいドリンクを飲みながら、
シーホーク (30)

マカロン
シーホーク (28)

ケーキ
シーホーク (29)

ドライフルーツとナッツなどをつまみました。
シーホーク (34)

なお、朝食の紹介については後日します。
シーホーク (41)

部屋のほうですが、エグゼクティブフロアでもスタンダードツインは通常の階と部屋と同じだと思います。
シーホーク (55)

リゾートホテル仕様でバスルームやバスタブも広め。アメニティも充実していました。

何よりもエグゼクティブフロアは30階以上の部屋なので、眺めが最高です。
シーホーク (50)

我々の部屋は福岡タワー側。シーサイドももちも間近に眺めることが出来ます。
シーホーク (62)

夜景はこんな感じです。

なお、エグゼクティブラウンジ内はWi-Fi環境が無料で使えますが、部屋は有料でした。ただヒルトン・オナーズの会員は無料で、この会へはチェックイン当日入会するとその宿泊日から無料で使えるので、それに入ったほうがいいでしょうね。
シーホーク (63)

あと、エグゼクティブフロア宿泊者は岩風呂も無料で利用することが出来たり、これは宿泊者全部なのですが、フィットネスジムも無料でした。

客室数1,053室のアーバンリゾートホテルで全室オーシャンビュー。施設内でも色々なことができる充実したホテルライフを楽しめました。

朝食編は2日後にアップります。


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の旅では、箱根では前に紹介した小涌園グループの旅館。東京では品川プリンスホテルに宿泊しました。
品川プリンスホテル (22)

品川プリンスホテルではNタワーというビジネス向きのホテル。4年ほど前にリニューアルされていて、宿泊者専用のビジネスラウンジのインテリアと朝食に興味があってチョイスしてみました。
品川プリンスホテル (2)

それに、ホテルでは自律走行型デリバリーロボットを配備していて、ドリンクのルームサービスのオーダーが入った時など、こちらのロボットが部屋まで持ってきてくれます。
品川プリンスホテル

エレベータも自動で乗りこなすのですよ。世の中どんどん進化していますね。

我々は夕方チェックインを済ませて、ディナーまでの時間でNタワーの最上階17Fにある「ビジネスラウンジ」に早々行ってみました。宿泊者は4時間まで無料で利用できます。
品川プリンスホテル (5)

古い建物なのですがリニューアルされているのできれいです。エレベーターホールも床にタイルが敷き詰められたおしゃれな仕上げでした。
品川プリンスホテル (9)

内部もシックでモダンなインテリア。落ち着いて仕事や読書などできそうな空間です。
品川プリンスホテル (7)

パソコンで仕事をしやすいように区切られたコーナーや、プリンター、コピー、スキャナー、FAXなどのビジネス複合機も完備しています。
品川プリンスホテル (13)

ご覧のミーティングルームも完備されていました。
品川プリンスホテル (11)

我々はサプリメントドリンクの「マルチビタミン60%」。11種類の果物に11種類のビタミンを添加してあるドリンクを飲んでしばし体を休めました。
品川プリンスホテル (16)

朝食のほうも同じ場所で宿泊者は無料で食べることが出来ます。
品川プリンスホテル (18)

卵料理や、製法にこだわったベーグル、グラノーラ、ヨーグルトなどがありました。
品川プリンスホテル (17)

ベーグルがウリで、自由が丘にある「ジュノエスクベーグル(JUNOESQUE BAGEL)」のベーグルを食べることが出来ます。
品川プリンスホテル (20)

私は一昨日、昨日と食べ過ぎの感もあったので、これらのものを飲んで食べて終わりにしました。
品川プリンスホテル (21)

スープも美味しかったです。ご馳走様でした。

品川プリンスホテルNタワー
東京都港区高輪4-10-30
TEL 03-3440-1111
朝食
平日6:30~9:30
土日は7:00から


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日の夕食編に引き続き、今日は朝食編です。

夕食は食べる時間を決める必要がありましたが、朝食は6:30から9:30の間、いつでもokでした。

場所は夕食を食べたところと同じ、ダイニング「はこね」。

私たちは7時過ぎに食べに行きました。

夕食のときは奥の半個室スペースのところでしたが、朝は一番入口のテーブル席に案内されました。
小涌園 天悠 (117)

入口から見ると、やっぱ広いダイニングですね。キッチンもオープンです。

朝食メニューは和と洋、どちから選ぶことが出来ます。

私は珍しく洋食膳で。妻と義母は和食膳をチョイスしていました。

まずオレンジジュースが運ばれてきます。
小涌園 天悠 (116)

そして洋食膳では、コーヒーが運ばれてきましたが、コーヒーはいつ持ってくるか聞いてほしかったです。個人的には食後に持ってきて欲しかったですね。最後に飲んだら冷たくなっていました。
小涌園 天悠 (126)

そのあと、ご覧のセットが運ばれてきます。
小涌園 天悠 (127)

スーパーフードの入った3種の自家製飲むサラダとグリッシーニ。
小涌園 天悠 (130)

左から「箱根西麓三島人参、りんご、オレンジ、アマニオイル」「ヨーグルト、豆乳、グレープフルーツ、チアシード」「ビーツ、赤パプリカ、クランベリー、アサイー、蜂蜜」です。3つとも少量でした。

モーニングシリアルに南箱根の「特濃 丹那牛乳」をかけて食べます。
小涌園 天悠 (131)

スープは「トマトスープ」。小さな器に入っています。
小涌園 天悠 (128)

メインのたまご料理は、プレーンオムレツ、スクランブルエッグ、目玉焼きの中から選べますが私はオムレツでお願いしました。どちらかというとしっかり焼かれています。

ベビーリーフサラダ、富士湧水ポークのハムとベーコンが添えられています。
小涌園 天悠 (133)

パンは5種類。クロワッサン・デニッシュ・竹炭トースト・抹茶トースト・フォカッチャ。
小涌園 天悠 (129)

デザートとしてフレッシュフルーツです。
小涌園 天悠 (124)

和食膳のほうはこんな感じでした。

箱盛りとして小田原産蒲鉾・山葵漬け・海苔の佃煮・お浸し・しらすおろし・明太子・牛肉のしぐれ煮というラインナップ。

別盛りでサラダ、曽我の梅干と漬物、湯豆腐、小田原産の鯵の干物、出し巻き玉子も。
小涌園 天悠 (125)

小田原の名物もあって、和食膳のほうが地元を感じさせてくれますね。

ご飯は白米かお粥を選ぶことが出来ます。妻はお粥でした。味噌汁はしじみ。

そして果物ヨーグルト掛けが付いていました。

和・洋とも、多品種少量で色々な味を楽しむことが出来る内容でした。ご馳走様でした。



箱根小涌園 天悠
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
TEL 0460-82-5111
客室総数 150室
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

さて、施設編に続き「箱根小涌園 天悠」の夕食編です。

秋といえば味覚&食欲の秋。色々な食材が実りを迎え、まさに実りの秋。そんな時期に美味しい料理を食べるときは「至福の時間」でもあります。
「箱根小涌園 天悠」の夕食は、特別客室利用のお客さまは部屋食ですが、その他の部屋のお客さまは5階にあるダイニング「はこね」でとることになります。

ダイニング「はこね」も結構な広さがありますが、大きく2回に分けて、時間帯を選んで予約する必要がありました。

1回目は17:30か17:45。2回目が確か19:45か20:00だったと思います。サービス対応の問題もあるのかもしれません。我々は17:45でお願いしました。

メニューは基本は季節ごとに変わりますが、連泊の場合は違うメニューに変えてくれます。

今回は秋のメニューということですね。

ダイニングの入り口から、オープンなテーブル席が並んでいます。
小涌園 天悠 (51)

我々は奥のほうにある、仕切りがある半個室のテーブル席に案内されました。こちらのほうがまわりを気にせずに楽しむことが出来ます。
小涌園 天悠 (57)

まずは生ビールでのどの渇きを癒します。

では、出された料理を紹介していきましょう。

まずは前菜で、「ポルチーニ茸と鶏のスチーム生ハム巻き」「鴨のコンフィと柿のブロシェット」「菊菜と占地のお浸し」「さつま芋ムース」「海老天の巻寿司バルサミコ風味」といった構成。
私は事前に豚と鶏肉が苦手と伝えてあったので、内容を変更してくれていました。そのため「ポルチーニ茸と鶏のスチーム生ハム巻き」と「鴨のコンフィと柿のブロシェット」は食べていません。
代わりに出されたのは、アボカドを使った料理と、あと何だったかな?忘れました^^;

こちらはフォアグラです。
私にはラタトゥイユでした。

御椀は「松茸の土瓶蒸し」です。秋の味覚の代表格ですね。
松茸のほかには鯛・海老・銀杏・三つ葉が入っています。酢橘を絞ってまずはスープを飲みます。
飲み干して、土瓶の中の具を食べます。

お次に出されたお造りは、鮪・はた・帆立・汲み湯葉・自然薯。最初フタがしてあって開けるとドライアイスの煙が出ました。
内容的には、いつも北陸の美味しい刺身を食べている身としては、少々物足りない気がします。
魚料理は「太刀魚パン粉焼き」。地海苔のバターソース仕上げで香ばしいパン粉と海苔の風味がほんのりとするソースで美味しくいただくことが出来ました。
肉料理は、国産牛ロースのステーキでソースは和風。付け合せには、紫芋のピューレ・大黒占地・白木耳・米茄子が添えられています。
小涌園 天悠 (65)

食事は「釜炊き松茸ご飯」。早めから火をつけて目の前で炊き上がるまでグツグツ。
茶碗によそって炊き立て熱々を食べます。少し芯が残る感じですが、松茸の香りが染み込んで美味しくいただくことが出来ました。
お漬物と赤だしも付いています。
最後のデザートは「パティシエ特製デザート盛り合わせ」。
栗、抹茶、かぼちゃなどを使ったケーキとジェラート5種。私は少し残してしまいました。

あと、生ビールの後頼んだお酒についても紹介しておきます。

私は「神奈川県地酒コース」という、料理とマリアージュ形式になっている地酒セットです。

出される料理に合わせた設定になっているようですが、3種類とも一度に出されるので、途中でわからなくなりどうでもよくなりました。^^;

一応、1番の純米の「箱根山」は前菜と椀物。2番のこれまた純米の「松美酉」にはお造りと魚料理に。3番目の純米吟醸「白笹鼓」には肉料理となっていました。

格60mlで2,000円(税別)。旅館価格ですね。^^;
小涌園 天悠 (68)

妻のほうはワインです。まずは白で「日本のあわ 勝沼甲州」。柔らかな辛口といった感じでフルーティな口当たりです。
お次は「穂坂マスカット・ベーリーA」というロゼのような色合いのワイン。こちらもフルーティでした。

以上が、この日の夕食に飲んで食べた内容です。一品一品のメニューが奇をてらわずしっかり味付けされていて好感が持てました。

ただ、大きな旅館だからかわかりませんが、料理がどんどん運ばれてくる感じが少し気になりました。何となくせかされているような気がして。

価格的には高級旅館の領域に入る「箱根小涌園 天悠」。客層もアダルトな方々が主体だと思いますが、それに合う夕食内容でした。ご馳走様でした。

施設編はこちらです。

箱根小涌園 天悠
神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
TEL 0460-82-5111
客室総数 150室
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ