あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 旅館・ホテル・オーベルジュ

北海道は梅雨がないと言われています。

しかし近年では梅雨のような天気が続くこともあるようで、これも温暖化の影響でしょうか?

本州では梅雨の期間は雨が降りジメジメした日が続きますが、さすがに北海道はそんなうっとうしさを感じない爽やかな天候の日が多いのです。

そのため、この時期に北海道を訪れる観光客も多く、ホテルが混雑しているのか、早めに予約しないといいホテルが取りにくいのです。それに料金も高めに設定されています。

今回の出張では、いつも泊まるホテルは予約で満室。探して見つけたのが「R&Bホテル」です。

「R&Bホテル」は他のエリアでも利用することがあり、ワシントンホテル系列のビジネスホテルです。

札幌駅から南へ歩いて数分のところにホテルはあります。

2階がフロントでしたが、エレベーターやエスカレーターが無く階段のみ。バリアフリー的には少し…?でした。
R&Bホテル札幌

朝食は2階のロビー階に席があって、そこで食べます。ホテル宿泊者は無料です。

朝食はホテルの中で焼きあげたパンが4種類。
R&Bホテル札幌 (2)

定番のバターロールとクロワッサン以外にも日替わりのパンが2種類ありましたが、日替わりで食べたいものがなかったので、私は定番のバターロールとクロワッサンを食べました。
R&Bホテル札幌 (3)

それと味付きのゆで卵を1個。

ドリンクはコーヒーや100%ジュース(オレンジジュース・野菜と果実のジュース)。

それと、選べる3種類のスープ(コーンスープ・ビーフコンソメ・枝豆のクリームスープ)。

私は枝豆のクリームスープを飲みました。

無料の朝食なので贅沢は言えません。

観光シーズンだったのでホテル料金も、通常のR&Bホテルの単価よりは高かったですね。ご馳走様でした。

R&Bホテル札幌北3西2
北海道札幌市中央区北三条西2丁目1-30
TEL 011-210-1515
朝食6:30~9:30


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

無料で朝食を出してくれるホテルが増えました

ただ無料の場合は、パンとドリンク、それにゆで卵ぐらいの簡易的な朝食のケースが多いのですが、今日紹介します「ヴィアイン飯田橋後楽園」は有料の千円以上かかるようなホテルの朝食とも遜色ない内容でした。

もっとも、ホテル料金に朝食代を含んだ料金が設定されているとも言えるわけですが、宿泊料金から考えても納得できる料金体系でした。
ヴィアイン飯田橋

昨年オープンした比較的新しいホテルで、当然、施設もきれいです。

こちらはJR西日本系列のホテルでビジネスホテルを全国に展開しています。
ヴィアイン飯田橋 (9)

その手のホテルとしてはロビーや室内も広く使い勝手がいいホテルでした。
ヴィアイン飯田橋 (8)

ただ、最寄りの飯田橋駅からは6分ほどかかりました。

朝食会場は10階。見晴らしのいい場所です。6時半からやっているのもうれしかったです。
ヴィアイン飯田橋 (7)

明るくて広いスペースで気分良く朝食を食べることが出来ます。
ヴィアイン飯田橋 (5)

朝食そのものもバイキング方式で色々な種類の料理を楽しめて、よかったです。

あと、前日パンだったので食べませんでしたが、焼き立てパンがウリのようで種類が豊富でした。
ヴィアイン飯田橋 (3)

私は前日美味しいものを飲み食べしすぎたので、この日の朝食は控えめにしようと思いましたが、しかし、こちらの「深川めし」を見て、ついつい量を取りすぎてしまいました。^^;
ヴィアイン飯田橋 (4)

食後にヨーグルトも。
ヴィアイン飯田橋 (6)

チェックインの時、満室なので朝食が混雑すると聞いていたので、6:30のオープンと同時に行き食べました。早い時間帯だったからと席数が多かったので、それほど混雑しませんでした。

快適に美味しくいただくことが出来ましたね。ご馳走様でした。

ヴィアイン飯田橋後楽園
東京都新宿区新小川町4-11
 ヴィアイン飯田橋後楽園10F
TEL 03-3235-5489
朝食6:30~9:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

歳を重ねるごとに体にガタがきていることは自分としてもわかります。

グルメブログをやっていると、他の人からは「太っている?メタボ?」とか「不健康?」と言われることがあるのですが、見た目は太っていません。

いや、正確に言えば、ブログを始めたのが15年ほど前で、その途中10年ほど前までは今より8~9kgほど太っていましたが、運動と食べるものや量を変化させて、現在は標準体型以下になっています。

グルメブログなので量を食べているように見えますが、年々、1食あたり食べる量は減らしてきています。特に炭水化物は。

たとえば昔は、「ラーメン+炒飯」→「ラーメン+半炒飯」で、いまは「ラーメンのみ」。その「ラーメン」も食べる機会がめっきり減りました。

また、食べる時も最初はサラダ系。「ファーストベジ」を心がけていますし、アルコールを飲んだときは炭水化物は食べないようにしています。おっと!寿司は別腹です。(笑い)

さて、そんな感じで気を付けてはいるのですが、気になるのは健康。そこで今回、人生初の人間ドックを受けてきました。

今回受けたのは1泊2日のコースで、脳ドックも一緒でした。
やわたメディカルセンター (9)

受けたのは、やわたメディカルセンターの健診センターです。

多くの人が受診しにきていました。

新しくてきれいな病院で、設備や体制的にも整っていて、システマティックに検査が進みました。

結果は問題なしでした。詳しいことはここでは書きませんが、1泊2日の人間ドックの場合、昼食2回とホテル宿泊、そして夕食まで付いています。

朝は2日間ともナシ。ナシというのは午前中の検査のため取ることが出来なかったからです。

ランチは2回ともやわたメディカルセンター内のレストランで食べます。
やわたメディカルセンター

こちらがレストラン。もちろん、一般の方の利用は可能です。

人間ドックの受診者は、専用メニューからチョイスするようになっていて、定食や丼・うどん・そばのセットメニューが中心で、カレーもメニューにありました。

1日目、私はこちらのうどんのセットです。
やわたメディカルセンター (3)

天ぷらうどんにサラダ、そしておにぎりまで付いています。検診の途中に炭水化物こんなに食べていいのでしょうか?^^;

そのあたりが気になって、おにぎりは半分ぐらいしか食べることが出来ませんでしたね。

やわたメディカルセンター (5)
ドリンク付きでした。私はコーヒーを頼みます。

2日目の終了後のランチは、こちらの海老フライカレーです。
やわたメディカルセンター (8)

こちらにはケーキが付いていました。普段なら食べるのですが、こちらもケーキはパスです。

定食メニューもそれなりのボリュームで、何となくヘルシーメニューばかりかな?と予想していたのですが大外れでした。^^;

さて、宿泊は小松インターチェンジ近くの「ルートイングランディア小松エアポート」。

やわたメディカルセンター (7)
隣接する「ビズコート」という新しい建屋の部屋でした。
やわたメディカルセンター (6)

部屋の中はこんな感じです。
グランビア小松 (3)

夕食は1階の「旬彩ダイニング 和海(nagomi)」で取ります。

メニューは決められていました。

和食の御膳のような内容です。
グランビア小松 (9)

ステーキに刺身、茶碗蒸し、枝豆豆腐?デザート付です。

こちらでも明日の検査のことが頭にあって、炭水化物にデザートはパスしてしまいました。

しかしながら何と!生ビールまで付いていました。まぁ、正確にはドリンク一杯付きで、その中に生ビールが含まれているということです。
グランビア小松 (6)

こちらは我慢できません。美味しくいただきました。

つまみに枝豆もお願いして、こちらは実費で支払います。せいろに入れられて出されます。蒸し立て熱々です。

まぁ、人間ドックは緊張の時間が続くので、ランチや夕食の時ぐらいは、美味しい料理を食べて、しばし人間ドックのことを忘れたほうがいいかもしれません。ご馳走様でした。

やわたメディカルセンター内レストラン
小松市八幡イ12-7番地
TEL 0761-47-3164
10:00~17:00(L.O.16:30)
日曜、祝日、第2・4・5土曜休

旬彩ダイニング 和海(nagomi)
石川県小松市長崎町4-116-1
ルートイングランティア小松エアポート内
TEL 050-5847-7505
朝食6:30~9:00
夕食18:00~22:00(L.O.21:30)
日・月曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は静岡で宿泊したホテルの朝食の紹介です。

静岡のご当地グルメといえば、浜松市の遠州エリアや、東の方の伊豆半島近辺のものが思い浮かびますが、静岡市内となるとパッと思いつくものといえば、静岡おでんぐらいではないでしょうか?

静岡おでんについても私は7年ほど前までは知らなかったくらいで、温かい静岡のイメージにはおでんは無かったのです。^^;

しかし、静岡にも出張で行く機会が多くなって、行くと必ず静岡おでんを食べることになってきました。


静岡おでんの特徴は、黒い煮汁と竹串が刺さった状態で出されること。それにイワシやカツオの削り節がかかっていることです。

素材的には黒はんぺんが特徴でしょうか?
ホテル ニューシズオカ

今日紹介します「ホテル ニューシズオカ」は、静岡駅の南口からすぐにある便利なホテルです。料金もお手頃なビジネスホテルでした。

こちらのホテルの朝食バイキングで、そんな静岡おでんが食べられるのです。

おでんには朝食のイメージは薄い?まぁ、そんな堅いこと言わずに食べてみましょう!

朝食は1階で食べます。850円です。
ホテル ニューシズオカ (3)

こちらの写真のフロントの奥のほうに見えるドアの中が食事場所です。
ホテル ニューシズオカ (9)

料金は安いのですが、それ相応のレベルの朝食でした。
ホテル ニューシズオカ (4)

品数は多かったです。ただもう一つそそられるものがなかったですね。
ホテル ニューシズオカ (8)

その中から私は、こんな感じで取ってきました。みすぼらしい盛り方ですみません。^^;
ホテル ニューシズオカ (7)

あとカレーライスを少しです。
ホテル ニューシズオカ (5)

そして静岡おでん。汁が黒くて何があるのかわかりません。
ホテル ニューシズオカ (6)

取ってきたのがこちらの4種類。タマゴ、コンニャク、大根、黒はんぺん。味がシュンでいました。

浸かっておでんの色も黒いです。削り節はかけ忘れです。^^;

これはこれで美味しいかったです。

ホテルの朝食の紹介では「しぞ~かおでん」と書かれているので、「海ぼうず」や「しぞ~か」などのお店を運営する「海ぼうずグループ」から仕入れているのかもしれません。

今回味噌汁はインスタントだったので飲みませんでした。

まぁ、値段的に贅沢は言えませんね。ご馳走様でした。

ホテル ニューシズオカ
静岡県静岡市駿河区森下町1-7
TEL 054-283-8811
朝食 6:45~


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は浜松で宿泊したビジネスホテルの朝食を紹介します。

今回は「リッチモンドホテル浜松」に宿泊しました。
リッチモンドホテル浜松 (6)

リッチモンドホテルグループは全国にホテルを展開していて、各地のホテルでは朝食に、ご当地グルメのメニューを積極的に取り入れているところが多くあります。

今回宿泊した「リッチモンドホテル浜松」は、浜松駅からは少し離れた場所にありますが、繁華街に近く、浜松城公園にも歩いて5分くらいとビジネスにも観光にも便利なホテルです。

比較的大きなホテルで、1階の朝食会場も広いスペースがありました。朝は6:30から営業しているのもうれしいです。

浜松はご当地グルメが多い場所で、うなぎと餃子が代表格。そのほかにも粉物の遠州焼きなどあります。
リッチモンドホテル浜松

朝食はビュッフェスタイルで、特徴は浜松のご当地グルメが色々楽しめること。そして品数も多く和・洋・中と楽しめる構成になっています。
リッチモンドホテル浜松 (2)

写真のピントがあっていませんね。すみません。

色々食べたいものがありましたが、私はこんなものを取ってきました。
リッチモンドホテル浜松 (4)

いつも通りの野菜中心です。
リッチモンドホテル浜松 (3)

最近は炭水化物は極力とらないようにしているのですが、うなぎご飯は欠かせないでしょう?^^;

野菜系のお惣菜も色々揃っていました。

浜松餃子は、昨晩食べたので1個のみ。^^;

手作り豆腐も美味しかったです。
リッチモンドホテル浜松 (5)

あとは、こちらのヨーグルトにオレンジ、そしてドリンクです。

バイキングはついつい取りすぎて食べ過ぎてしまうことが多く注意が必要です。^^;

糧食の料金は宿泊者が1,200円でしたが、内容・味とも満足できる朝食でした。ご馳走様でした。

リッチモンドホテル浜松
静岡県浜松市中区元城町218-1
TEL 053-450-5575
6:30~10:00(9:45最終入店)
大人1,200円(宿泊者以外は大人1,500円)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ