あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 旅館・ホテル・オーベルジュ

今年4月に石川県の加賀市橋立をはじめ全国10市町が「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」というテーマで日本遺産に認定されました。


今回、北前船寄港地の日本遺産認定は、福井県では敦賀市と南越前市(河野)が対象になっていますが、なぜか三国は入っていません。

さて、そんな三国も昔は北前船で大いに繁栄をしました。

当時は三国湊と呼ばれて大いに賑わっていたのでしょうね?
みくに隠居処 (29)

さて、今日紹介します「みくに隠居処」は、その北前船の時代に、全国を往来する北前船の船員や地元の人々の為に屋敷を開放したことが始まりとされていて、そんな施設を再興?したものだとWebでは書かれていました。

2017年4月24日にオープン。元々この場所はいまのオーナーの実家で民宿だったところを改修したようです。

一応、「新業態の旅館」としての営業がメインのようですが、一般の人が利用できるレストランを併設していて、ディナータイム以外にモーニング・ランチ・カフェでの利用が可能です。いわばオーバルジュのような位置付けです。

今回私は、朝、家で朝食を食べずにこちらに直行。オープンの9時にお店に入りました。
みくに隠居処 (11)

エントランスはこんな感じ。

客室は3部屋だけの小さな旅館です。
みくに隠居処 (4)

食事をするスペースは大きな窓で明るくきれいです。
みくに隠居処 (30)

私はお願いして、2階にあるテラス席で食べることにしました。

モーニングが9時からというのも中途半端な気がしますが、たぶん、9時までは宿泊客専用になっているのでしょうね?(ディナー営業がないのも同じ理由?)

まぁ、普通朝食は9時までに済ませることが多いと思うので、9時からの営業というのは苦しいかもしれません。

この日は土曜日だったのですが、私がお店にいた9:45まで、他のお客さんは一人だけ1階で食べていらっしゃいました。

こちらのお店はランチメニューは豊富でしたが、モーニングはモーニングセット(税込777円)一種類のみ。当然私はそれをオーダーします。
みくに隠居処 (21)

出てくるまでに館内撮影の許可ももらって写します。
みくに隠居処 (25)

梅雨入り前のそれほど蒸し暑くない朝で、テラスからは三国の海、港も見え、気持ちよくテラスで食事することが出来ました。

ここ三国は「日本の夕陽百選」にも選べれていて、夕方、日本海に沈む夕日を眺めながらの夕食も最高でしょうね?
みくに隠居処 (23)

さて、モーニングセットには、厚切りのトーストに、
みくに隠居処 (22)

スクランブルエッグ、太めの生ソーセージ、ベビーリーフのヘルシーサラダ。そしてデザートはヨーグルトが添えられていました。

この太い生ソーセージがジューシーで美味しかったです。
みくに隠居処 (24)

飲み物はコーヒーやソフトドリンクが選べましたが、私はコーヒーをお願いします。豆はスタバと同じものを使っていました。


ちなみに、こちらのお店は会員になると、メニューの値段のディスカウントや、コーヒーお代わりのサービスなどもあるそうですが、私は遠いので遠慮しました。
みくに隠居処 (27)

そうそう!あと、こちらでは、「おさかな集積所 おとと」という、魚の買取を行う「おさかな集積所おとと」が併設されていました。また、釣った魚を自ら捌いて食べることが出来る「捌き所」が併設されていて、釣った魚を仲間と食べること可能となっているなど、ちょっとユニークな旅館&レストランになっています。

モーニングセット自体はこんなものでしょうが、テラスでのモーニングは他のお店ではなかなか得難い体験でした。ご馳走様でした。

みくに隠居処
福井県坂井市三国町宿3-7-22
TEL 0776-82-8558
9:00~16:00
モーニング9:00~11:00
ランチ11:00~14:00
カフェ14:00~16:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ここは、昨年11月放送の「幸せ!ボンビーガール」で水トアナウンサーが宿泊したホテルです。
AQUEEN HOTEL (22)

写真は少し離れた場所から写しています。地下鉄の駅から500mぐらい離れたところにありますが、近くにはショッピングセンターもあったりして、ロケーションは悪くありません。
AQUEEN HOTEL (21)

日本でいえば、いわゆるデザイナーホテルのような感じで、ロビーや通路、部屋も新しくてきれいでした。
AQUEEN HOTEL

水トアナウンサーが宿泊した部屋はいい部屋でトイレはウォシュレットでバスタブもあったようですが、私の泊まった通常の部屋は、シャワーのみでトイレもウォシュレットではありませんでした。

3月の夜も蒸し暑い感じでエアコンは欠かせません。

また、シンガポールは水の問題もあって、シャワーの水もそれほど勢いがよくなかったです。^^;
AQUEEN HOTEL (3)

夜の部屋からの景色はこんな感じで、朝起きて見たら、こんな(下の写真)感じになっていました。
AQUEEN HOTEL (19)

さて、グルメブログなので朝食にも触れておきます。
AQUEEN HOTEL (18)

朝食は2階です。中国系のゲストが8割ほどです。やはりどこ行っても中国からの観光客が多いですね。
AQUEEN HOTEL (7)

ビッフェスタイルで、それなりに種類も豊富でした。中華系の人口が多い国でホテルの宿泊者も中国系の人が多いからか、中華系の料理が主体でした。
AQUEEN HOTEL (8)

南国らしくフルーツの種類も多くありましたよ。
AQUEEN HOTEL (17)

私は室内から出て、外で外気を浴びながら食べることに。2階のテラス席です。
AQUEEN HOTEL (16)

日中は暑いのですが、行った3月中旬は、朝晩はそれほどでもなく、意外と気持ちよく朝食をとることが出来ました。
AQUEEN HOTEL (9)

朝食付きシングルで約12,000円。シンガポールは日本よりも食住に関してはは物価が高いですね。

アクイーン ホテル パヤ レバー
 Aqueen Hotel Paya Lebar
33 Jalan Afifi Aqueen Hotel - Paya Lebar, Singapore
+65 6713 9999

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

会社勤めをしていると、出張も時々あるかたも多いと思います。

今日は、そんな出張時に宿泊するホテルの朝食についてです。

まぁ、それほどいいホテルには泊まることは出来ませんが、泊まった時はホテルの朝食も楽しみの一つです。

最近は、ホテル専用のダイニングではなく、同じ建屋に入居している直接ホテルとは関係ない飲食店が、朝食を提供しているところが多くなりました。

まずは、だいぶ前に横浜に行った時に利用した「コートホテル新横浜」です。
コートホテル (3)

ちょうど、ハロウィンの時期だったので、ホテル内はハロウィンのディスプレイが至るところに置かれていました。
コートホテル

英国王室御用達の一流ベッドを全室に導入しているなど、値段の割にはいいホテルでした。
コートホテル (6)

このホテルの朝食は1階の「串ダイニング 桜山」というお店でとります。ここは串焼きと創作料理を中心としたお店ですが、朝食はバイキング形式で、並べられている品にはあまりその面影はありません。
コートホテル (4)

しかし、和食と洋食を中心に30種類以上の豊富なメニューを取り揃えいるようで、サラダも豊富。横浜らしく中華系の品もあったりして、バラエティ豊かでした。
コートホテル (7)
コートホテル (8)

私はこの日は、前日の過度?の飲み食いのため、ご飯やパンの炭水化物類はほとんど食べずに、朝から麻婆豆腐などタンパク質中心、そして野菜系プラスでまとめてみました。
コートホテル (9)

地域の特色も出ていてバランスもいい朝食でしたし、夜はダイニングのお店ということで落ち着いた空間で美味しく頂くことが出来ました。ご馳走様でした。

コートホテル新横浜
神奈川県横浜市港北区新横浜2-13-1
TEL 045-471-0505
無休

お次は「晴れの国」岡山へ行った時に泊まったホテル「岡山ビジネスホテル アネックス」です。

この周辺は、岡山でも飲食店が多くあるエリアで、夕飯を食べたり飲んだりするには便利なところです。


部屋には羽毛布団を使った「デュベスタイル」のベットメーキングで、睡眠にこだわっているホテルでした。料金もリーズナブルです。
岡山ビジネスホテル (2)

こちらのホテルの朝食は1階でとります。夜は「サカナバル レオン」というスペインバルのようですが、朝食は関係ないみたいです。
岡山ビジネスホテル (3)

バイキングスタイルで、毎日焼きたてのパンやご飯を食べられ、スープバー、ドリンクバーも充実していました。おかずの内容は一般的です。
岡山ビジネスホテル

私はいつも通り炭水化物は最小限。ご覧のようなものを食べました。

品揃えや味的にはそれほど岡山の特徴はありませんでしたが、美味しく頂けました。ご馳走様でした。

岡山ビジネスホテル アネックス
岡山県岡山市北区本町9-16
TEL 086-224-4111
無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

前回の夕食編に引き続き朝食編です。

朝食も夕食のときと同じく食事処でとります。ただ、夕食のテーブルとは違っていました。

食事時間は7:30もしくは9:00のどちらかを選択しなければいけません。夕食のときも思ったのですが、このあたりはもう少し柔軟であってもいいのかな?と。

さて、夕食がなかなかいい内容だったので、朝食も期待をしながら席に着きました。
界 箱根 (63)

まず出されたのはすり流し。

先付は、霜降(そうこう)をイメージして作られています。

霜降とは二十四気の一つで、10月23日頃(2016年は10月23日)および立冬までの期間のことを指します

秋が一段と深まり朝霜が見られる頃で、朝晩の冷え込みが厳しくなり日が短くなったことを実感できる季節のことを表しているようです。

ははは。しかし、この先付が何だったか聞いたけど忘れてしまいました。^^;
そのあと、お盆に乗せられて、こちらの一式が運ばれてきました。う~ん、日本人に生まれてよかったなぁ~!ってな内容の朝食ではありませんか!?
一番上に置かれているのは、焼き物で「真鯵開き 塩麹干」です。塩麹のうまみが上品で潮の香りを引き出しています。

珍味三種としては「イカの塩辛」「こんぶ梅」「焼きかまぼこ」。
炊き合わせはお品書きでは「鶏肉と豆腐のつくね」ですが、
私はさつま揚げでした。
界 箱根 (66)

鍋は「柔らか湯豆腐」。火をつけて沸騰してきてしばらく煮込むと、水分に豆乳が溶けだして白濁します。

こちらは胡麻だれで食べます。絹のような滑らかな豆腐でしたね。大豆そのものがいいんでしょう?

蒸し物は「温泉玉子 山葵」。
 
あとは白飯、味噌汁、香の物、デザートとしての本日の果物が並べられています。
界 箱根 (58)

ちなみに、ロビーでは、食後などに無料で飲み物をセルフですが飲むことが出来ます。

こちらの旅館は、朝もゆったりとした時間を過ごすために12時がチェックアウトの時間になっています。緑あふれるロビーでお茶しながらまったり過ごすのもいいでしょう?

あと、私が宿泊したのは平日だったため、全館満室ということではなかったようです。

客層も少し高めのかたが多いようでした。また、いまは海外からのお客様も多いようで、台湾からの団体のお客様の姿も見かけました。

そのせいかわかりませんが、大浴場に入るとき、夕方、夜、朝と3回利用したのですが、日本人の方お一人しか会うことがなかったです。

施設サービス編でも書きましたが、今度、4階の部屋は全室リニューアルするということで、露天風呂付きの部屋も増えるようです。期待したいですね。

施設サービス編はこちらをご覧ください。

夕食編はこちらをご覧ください。

星野リゾート 界 箱根
神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋230
TEL 050-3786-0099
チェックイン15:00
チェックアウト翌12:00
年中無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング   

前回、施設サービスについて紹介しましたが、今日は夕食について書きたいと思います。
 
突然ですが、箱根の名物料理って何かありますか?パッと思い出す料理は無いですね?

まぁ、特に箱根に行くのに、これを食べたい!と思って来たわけではないので、それほど気にはなりませんが…。

さて、「界 箱根」の施設サービス編については先日紹介しましたが、今日は夕食編です。

温泉旅館の楽しみといえば、もちろん温泉と料理です。

どんな料理が出されるのか、レストランで食べるときよりも期待が高まる度合いが高いのではないでしょうか?

最近は、温泉旅館でも食事処で食べるところが多くなりました。
界 箱根 (25)

施設サービス編でも書きましたが、「星野リゾート 界 箱根」は「桜庵」という廃業した旅館を一部リノベーションしています。お食事処についても、元は宴会場だったところに間仕切で半個室にして、グループごとに食事が出来るようにしています。

食事時間は18:00もしくは19:30のどちらかを選択する必要があります。他の時間ではダメなのかは確認しませんでした。

サービスしてくれる女性の方は社員の方です。それも、まだ入社してそれほど経過していないだろうと思われる若い方でした。

ただ、星野リゾートも社員教育には力を入れている会社なので、料理を出すタイミングやお酒などもスムーズに出てきて不満に感じることはなかったです。

それでは、出されたものを順番に紹介していきましょう。
界 箱根 (29)

まず先付けは、「サーモンと野菜のマリアージュ」という名前で、ガラスの器に入れられているのは三層のムースです。左に置かれているのは食前酒でした。
界 箱根 (30)

八寸は「干し椎茸香煎揚げ」「茸の茜揚げ」「蓬麩の胡桃田楽」「甘海老の老酒漬け 酢橘釜」「長芋すり流し 辛子酢ゼリー」「果実の白和え」「鶏と干し葡萄の松風」「落花生旨煮」。秋らしい盛り付け、目で楽しめ味でも楽しめました。これが和食のよさですね。

また色々な調理法で、少しずつ楽しめるのがうれしいです。
界 箱根 (33)

椀物は私以外は「錦秋鶏しんじょう 振り柚子」。こちらも秋らしい盛り付けです。
界 箱根 (35)

私は鶏が苦手なので、あらかじめ伝えてあったら、別の料理に変えていただきました。ただ、何だったかこれまた記憶が……。^^;
界 箱根 (38)

お造りは「界箱根流」と題して、海老の卵黄味噌漬け、マグロのちり酢、イサキは蕗山椒(ふきさんしょう)縒り大根、帆立貝には塩昆布と酢橘、太刀魚には青梅、アオリイカには塩辛と大葉、アジには納豆醤油に縒りニンジンが添えてあります。

これまた一品一品、味付けを変えてあるという手が混んだお造りですね。
界 箱根 (41)

実は、こちらの黒い器の下には、赤い皿が敷かれていて、そちらにはさらに一品隠れていました。
界 箱根 (43)

焼き物は「鮭の幽庵漬けとお松茸の袱紗(ふくさ)焼き」。ほんのり柚子と松茸の香りを感じる逸品でした。

ちなみに袱紗(ふくさ)焼きとは、「2枚の布を表裏に合わせた生地」のように焼きあげた料理法で、今回の場合、鮭と松茸を薄く衣で包んでありました。
界 箱根 (45)

煮物は「茄子の葛饅頭 蒸し雲丹 海老の芝煮」。茄子の葛饅頭、柔らかくてダシがしみていて美味しかったです。
界 箱根 (46)

台の物は私以外は「豆乳メレンゲ鍋」でした。ふわっとした豆腐のメレンゲが乗せられます。
界 箱根 (51)

これまた豚肉が苦手な私には、鯛のしゃぶしゃぶ鍋が用意されていました。お手数をおかけしました。^^;
界 箱根 (47)

食事は、ご飯、止め椀、香の物。ご飯は白いご飯でした。ご飯、美味しかったです。
界 箱根 (53)

デザートは3種類から選べました。
界 箱根 (56)

私は「ほうじ茶のクリームブリュレ」を食べました。
界 箱根 (54)

妻は「界箱根特製 軽やかなチーズのムース」。
界 箱根 (55)

妻の母は「秋のおすすめ 栗のデザート」と、3種類とも頼んでみました。^^;

さて、これらの料理と共に飲んだアルコールについても最後に触れておきます。

私は日本酒飲み比べセットは2,300円。
界 箱根 (32)

地元神奈川(海老名)の酒蔵「泉橋酒造」の右から「吟の泉 山廃 純米大吟醸」「紀 山廃 純米吟醸」「恵 純米吟醸」です。どれも飲みやすいお酒でした。

妻のほうは、「特選 ワインコース(3,800円)」。

旅館のソムリエがセレクトしたワインを楽しめます。 
界 箱根 (31)

先付・八寸・椀物にはシャンパンの「グラン・クリュ・クレイエール」を合わせます。
界 箱根 (40)

お造り・焼き物には妻の好きな白「サンセール」。
界 箱根 (44)

鍋・台の物には赤で「フルーリー・レ・モリエ」というセレクトでした。

私も妻も、夕食ではお酒とつまみを楽しむほうなので、最後のご飯にはこだわりがありません。

内容的には、色々な食材を使い、色々な調理法で楽しませてくれる、「星野リゾート 界 箱根」の夕食は、満足度が高かったです。ご馳走様でした。

施設サービス編はこちらをご覧ください。

朝食編はこちらをご覧ください。

星野リゾート 界 箱根
神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋230
TEL 050-3786-0099
チェックイン15:00
チェックアウト翌12:00
年中無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ