あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 旅館・ホテル・オーベルジュ

関西はインバウンド需要が大きくなりすぎて、宿泊施設をはじめとする観光インフラが付いていっていない気がします。

昨年後半は韓国からの観光客が激減して一服ついた感じがしますが、それでもホテルなどが予約しづらかったことは変わりません。

特にビジネスの場合、急に出張で行かないといけなくなった時は困りますよね!?

そして需要が増えて供給が追い付かないと、自ずと宿泊料金が値上がりしていくのも困りものです。

しかし12月に大阪に出張があり、ホテルの予約をネットでしましたが、そこそこいいホテルを選ぶことが出来ました。秋の観光シーズンが終わって12月の中旬になったら若干単価が下がって、予約も取りやすくなったからかもしれません。

今回、値段と利便性、そしてホテルの新しさで決めた「ヴィアイン心斎橋四ツ橋」について紹介します。
ヴィアイン

「ヴィアイン」は、ご存じJR西日本系列のビジネスホテルです。

結論から書くと、ここがなかなかよかったです。

まずオープンが昨年7月と新しいホテルであること。そして値段がお手頃。3つ目は朝食がよかったことです。

地下鉄四ツ橋線四ツ橋駅の出口の隣にあって、雨に濡れないので便利です。

1~2階がイオンのスーパーが入っていて、3階がフロント。
ヴィアイン (3)

フロントスペースは広くて明るいです。
ヴィアイン (2)

こちらが部屋です。広くはありませんがベッドダブルサイズで、心地よい睡眠が確保できました。

そして朝食ですが、ビジネスホテルの朝食といえば、大体がバイキングのビュッフェスタイル。しかしこちらは日替わりのセットでの提供となっていました。

朝食は和食か洋食かをチェックインの時に選ぶ必要がありました。

私はバイキングの場合は和食系のものを好んでとりますが、今回は気分を変えて洋食にしてみました。
ヴィアイン (4)

実は和食のほうが豪華な感じだったのですが、鍋物が付いていて、そちらが大阪名物の「肉吸い」だったことも洋食にした理由です。^^;
ヴィアイン (12)

朝食はこちらの3階の朝食コーナーで取ります。
ヴィアイン (5)

明るくてゆったりとしたスペースが確保されています。

朝食は1,000円(税別)でした。ちなみに宿泊料金は日によって違っていて私が宿泊した日は朝食込みで税込7,500円でした。
ヴィアイン (9)

この日の洋食セットはこんな感じです。
ヴィアイン (10)

ちゃんと、内容が書かれたペーパーが添えられています。

まぁ、内容的にはオーソドックスなセットかもしれませんが、フルーツとヨーグルトが付いているのがうれしいです。
ヴィアイン (8)

別にウインナーソーセージグリルも出されました。
ヴィアイン (11)

バゲットに、こちらの半熟卵のコドルド・エッグにジャガイモのピュレの「エッグスラット」を乗せて食べます。
ヴィアイン (6)

スープとドリンクはドリンクコーナーでセルフサービスとなっていました。
ヴィアイン (7)

最初の方でも書きましたが、新しいホテルで気持ちのいい朝を迎えることが出来て、かつ朝食もgood!というおすすめのホテルでした。ご馳走様でした。

ヴィアイン心斎橋四ツ橋
大阪府大阪市西区新町1丁目5番10号
TEL 06-6533-5489
7:00~10:00(L.O.9:30)
朝食料金は税別1,000円


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

沖縄で泊まったホテルについて書きます。

沖縄からは、なぜか朝の便で次の目的地へ移動することが多いため、交通の便を考えてモノレール「ゆいれーる」の旭橋駅の近くでホテルを取ることにしています。
トリフィート那覇旭橋 (8)

今回宿泊したのは「トリフィート那覇旭橋」という2019年10月オープンしたばかりの新しいホテルです。
トリフィート那覇旭橋 (7)

この辺だと那覇市の中心街で飲食店が多く、食べるお店に事欠きません。

またモノレールの駅に近いので、空港や那覇市内の観光エリアへの移動も便利です。

ジャンル的にはビジネスホテルに近いかもしれませんが、那覇市内と言っても街全体リゾート地みたいなものなので、観光客にとっても便利なホテルと言えるかもしれません。

沖縄は小松からより台湾からの方が近いわけで、宿泊した日も台湾か中国からかわかりませんが、華僑系の宿泊の方が多い気がしました。

今回、ステイ開業記念プランというので入りました。朝食付きのプランです。

新しいホテルはやはり気持ちがいいですね。
トリフィート那覇旭橋 (5)

部屋もそこそこゆったりした作りで、ベッドのある空間とユニットバス&トイレの間には引戸がありました。
トリフィート那覇旭橋

朝食は1階のロビー・フロントの前の、こちらのスペース「Cafe Kwazie(カフェ クワッチェ)」で取ります。早朝6:30から営業しているのはうれしいです。
トリフィート那覇旭橋 (9)

食べるスペースは広くてトロピカルな雰囲気。

もちろんビュッフェスタイルです。
トリフィート那覇旭橋 (10)

見た目、料理もトロピカルな雰囲気?もちろん、色々な種類の料理が並んでいて、沖縄の料理も色々並んでいました。
トリフィート那覇旭橋 (11)

こちらの左下は「クーブイリチー」という昆布と切り干し大根の炒め煮です。その隣にはご存じ「にんじんしりしり」です。これらは沖縄料理ですね。
トリフィート那覇旭橋 (12)

パンのコーナーです。
トリフィート那覇旭橋 (15)

こちらは味噌汁とスープコーナーです。

今回2泊しましたが、1日目と2日目の並んでいる料理の種類はあまり変わりありませんでした。
トリフィート那覇旭橋 (16)

その中から1日目はこんなものを食べました。パンは一切れのみ。

はい。小食でしょう?(笑い)リゾート地に来るとついつい夜飲み食いの量が多くなるので朝は節制です。^^;
トリフィート那覇旭橋 (18)

食後にヨーグルトとコーヒー。
トリフィート那覇旭橋 (19)

二日目です。サラダ中心。健康第一です!スープはクラムチャウダーにしました。パンは小さなクロワッサン。

何となく沖縄でホテルの朝食を取ると、朝から明るい気持ちになるのはなぜでしょう?ご馳走様でした。

トリフィート那覇旭橋
沖縄県那覇市西1-11-19
TEL 098-860-6430
朝食6:30~10:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ホテルオークラといえば日本でも有数のインターナショナルホテルの一つです。

お値段もそれなりなので、私は残念ながら宿泊したことがありません。

この日、当初こちらに行く予定はなかったのですが、他の予定が時間短縮されたりして、急きょ予定に組み込みました。

最寄りの地下鉄の駅からは少し歩きます。このあたりは坂道が多く、行きは少し疲れました。もっともこのクラスのホテルに宿泊する人は、地下鉄利用と歩きで来る人は少ないかもしれません。

旧のホテルオークラ東京本館は1962年に開業。2015年8月31日に閉館となっていますが、石川県出身の著名建築家の故谷口吉郎氏がロビーの設計を手掛けていて有名でした。
ホテルニューオータニ (6)

「谷口吉郎・吉生記念金沢建築館」に行った時のその足跡を紹介しているコーナーで、このロビーの設計のことが書かれたパネルが展示されていました。
ホテルニューオータニ (4)

新しくオープンした「The Okura Tokyo」は41階の高層タワーのプレステージタワーと、左側のヘリテージウイングで構成されていて。「伝統と革新」をコンセプトに、旧本館の「日本の伝統美」を継承しており、プレステージタワーのロビーも、故谷口吉郎氏の長男で建築家の吉生氏により、本館ロビーを精緻に復元しているのです。
ホテルニューオータニ (8)

ロビーフロント階は5階になっています。天井が高く贅沢な空間。さすがにホテルオークラです。
ホテルニューオータニ (22)

今回、同じ階にある「オーキッド オールデイダイニング」でお茶をすることにしました。
ホテルニューオータニ (10)

天井が高くて、窓も大きく開放的な空間です。もちろんインテリアも細部まで行き届いています。もちろんサービスもしかりです。
ホテルニューオータニ (12)

ティータイムメニューです。
ホテルニューオータニ (11)

ここには書かれていませんが、ケーキとドリンクがセットになった「ケーキセット(税サービス別1,650円)」というのがあったので、我々はそちらをお願いすることに。
ホテルニューオータニ (14)

ケーキはサンプルを席まで持ってきてくれます。で、ここから選びます。

私は秋らしく「柿のタルト」にしました。
ホテルニューオータニ (17)

柿の甘さを引き立たせるために、他は甘さ控えめで全体的に上品な仕上がりでした。美味しかったです。
ホテルニューオータニ (15)

ドリンクは「ブレックファスト ロイヤル」を頼みました。お茶はポットで出されます。アッサムとセイロンのブレンド紅茶。甘いケーキにはこちらの方が合うということで頼んでみました。

紅茶らしい味だった気がします。
ホテルニューオータニ (16)

妻は「ブルーベリーのムース」だったか?聞いたらなんだったか忘れたようです。

ドリンクは「アールグレイ フィネスト」でした。ベルガモットの香りがいい紅茶ですね。

さすがにオークラホテルのメインダイニング。リッチな気分で優雅なひと時を過ごすことが出来ましたね。ご馳走様でした。

オーキッド オールデイダイニング
東京都港区虎ノ門2-10-4
 The Okura Tokyo プレステージタワー5F
TEL 03-3505-6069
6:30~22:00
ランチ11:30~14:30(L.O.)
ディナー17:30~22:00(L.O.)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

山中湖と東京の旅。最終日の東京でのホテルは渋谷で取りました。

だいぶ前にハロウィンネタとしてアップしましたが、その日に宿泊したホテルです。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (25)

それは渋谷に昨年オープンした「渋谷ストリーム」に入っている「渋谷ストリームエクセルホテル東急」という東急系のホテルです。

「エクセルホテル東急」のブランドは「東急ホテル」の一つ下のブランドで、「東急REI ホテル」の上位に位置しています。

シティホテルの中では中位ぐらいの位置付けでしょうか?

新しいホテルだけにきれいです。それに渋谷という外国の方が多く集まるエリアを意識したホテルになっています。

「渋谷ストリーム」のコンセプトは「渋谷から世界へ 感性を刺激するホテル~THE SHIBUYA SENSIBILITY~(ザ シブヤ センシビリティ)」。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (40)

「クリエイティブワーカーの聖地」という渋谷に合わせたクリエイターが住まう空間をイメージしてデザインされています。

ホテルらしくないホテルと言えるかもしれません。外国人のゲストの方が多かったです。

ホテルのフロントは4Fで、客室は9F~13Fになります。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (4)

泊まった日がハロウィンだったのでロビー・フロントもハロウィン仕様でした。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (10)

泊まった部屋はスーペリアツイン。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (7)

内装はシンプルで家具は木製の温かみのあるデザイン。モダンな感じでまとめられています。いわゆる「ヴィンテージモダン」と言われるスタイルですね。

部屋にはいわゆるドレッサーがありません。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (20)

大きな窓があって、我々の部屋からは宿泊した翌日の11月1日オープンした渋谷スクランブルスクエアを目の前に見ることが出来ました。

朝食はホテル4Fの「バー&ダイニング TORRENT」で取ることになります。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (38)

ロビーと一体感のある空間になっていました。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (46)

完全なバイキングでなく選べるメインディッシュとの組み合わせとなっています。

「生ハムエッグベネディクト」「フレンチトースト&浅草ミクニハムのベーコン」「オムレツ(プレーン/トマト/ハム/チーズ/ミックス)」「目玉焼き」から選ぶことが出来ました。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (51)

私は「オムレツのミックス」です。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (50)

妻は「生ハムエッグベネディクト」を頼んでいました。

メイン以外のサイドディッシュはビュッフェ形式です。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (47)

こちらはサラダとシリアルのコーナー。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (48)

私が取ってきたものはこんな感じ。サラダはたっぷり。他は控えめです。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (53)

フルーツとヨーグルトです。
渋谷ストリームエクセルホテル東急 (54)

最後はコーヒー。

昨日の夜は食べすぎたので控えめな量にしました。

変貌を遂げる渋谷駅のすぐ近くで便利なホテルで気軽に利用できそうな感じでした。朝食もお値段お手頃で美味しかったです。ご馳走様でした。

渋谷ストリームエクセルホテル東急
東京都渋谷区渋谷3-21-3
TEL 03-3406-1090
朝食:4Fバー&ダイニング TORRENT
7:00~10:00(L.O.09:30)
大人2,062円(税別)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

山中湖はご存じ富士五湖の一つです。

2013年には「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の一部として五湖とも世界文化遺産に登録されています。

私は昔、来たことがありますが、覚えてないほど前のことです。

観光編で山中湖周辺については書きましたので、今日は宿泊したホテルについての紹介です。

今回、山中湖で宿泊したのは「富士マリオットホテル山中湖」。

マリオット・インターナショナルは世界最大のホテルチェーンで、ウェスティンやシェラトン、ザ・リッツ・カールトンなど著名なホテルをいくつも抱えています。マリオットはそのメインブランドのホテルです。

マリオット系列のホテルにはそれほど泊まったことがありませんが、5年ほど前に大阪に大阪マリオット都ホテルがオープンした時、泊まったことがあります

さてホテルは山中湖畔から車で2~3分のところ、緑の中にあります。
富士マリオットホテル山中湖 (2)

前は「ラフォーレ山中湖」というホテルだった建物を2017年に全面改修してリブランドしています。

外観は、前が企業の会員制倶楽部「ラフォーレ倶楽部」のホテルだったからか、何となく企業の保養所のような感じに見えなくもないですね。

カテゴリーとしてはリゾートホテルで、テニスコートなどを完備しています。地下にはフィットネスセンターも。また、夏のシーズンでは色々なアクティビティも楽しめるでしょう?

ただ、ホテル内にお土産やドリンクなど売る場所がなく、ドリンクはベンダーコーナーで買うことが出来ましたが、ちょっと不便かな?

空間デザインは「ZA DESIGN Inc.」というところが担当しています。
富士マリオットホテル山中湖 (16)

エントランスロビーは華やかさはないものの、落ち着いたトーンでまとめられていますね。
富士マリオットホテル山中湖 (15)

行ったのがハロウィンのころだったので飾り付けされていました。
富士マリオットホテル山中湖 (4)

部屋はスーペリアツインで、ゆったりとした作りで内装はシンプルな感じ。今回3名で宿泊するのでエクストラベッドが置かれていても、狭い感じはしませんでした。

反面ドレッシングルームは狭かったです。

温泉は露天風呂付きが1階のみ。2階は普通の大浴場です。そのため日によって男女が入れ変わります。
富士マリオットホテル山中湖 (48)

露天風呂は広いのですが、まわりの景色で見えるのは木々のみです。

泉質はアルカリ性単純温泉ですがかけ流しではなく、加水加温しています。美人の湯・美肌の湯と言われているようです。
富士マリオットホテル山中湖 (9)

2階のお風呂はこちらですが、ただお値段高めのホテルにもかかわらず、お風呂で使用するタオル類は部屋から持っていかないとダメなのはマイナスでした。
富士マリオットホテル山中湖 (21)

食事はロビー階にある「Grill & Dining G(グリル&ダイニングG)」で取ります。飲食の場所はここのみです。

ディナーは「メインが選べるセミブッフェ・ディナー」となっていました。
富士マリオットホテル山中湖 (29)

まずはシャンパンで乾杯。一番ベーシックな「G.H.Mumm Grand Cordon NV(G.H.マム グランコンドン)」。
富士マリオットホテル山中湖 (25)

料理のほうは、メインの魚と肉料理はこちらのメニューからチョイスして、前菜やデザート、スープ、パン、ドリンクなどはブッフェスタイルになっています。
富士マリオットホテル山中湖 (22)

こちらは燻製の前菜コーナーです。
富士マリオットホテル山中湖 (27)

サラダとドレッシング。もちろん食べ放題です。
富士マリオットホテル山中湖 (30)

最初はこんなものを取ってきて食べました。

こちらは「沼津港直送の鯛の煮付けスモーク風味」と鍋物。
富士マリオットホテル山中湖 (40)

温野菜とクラムチャウダーです。
富士マリオットホテル山中湖 (36)

こちらの鮭とイクラは、本当は「鮭の親子丼」用のネタをおつまみにして食べました。

そしてメインのほうは何種類から選べるわけではなく、魚と肉が1種類のみのお決まり。
富士マリオットホテル山中湖 (37)

魚は「富士山の伏流水で育った甲斐サーモンのオーブン焼き 甲州味噌のベアルネーズソース」。

ベアルネーズソースは、フランス料理の伝統的なソースですが、意外とバターたっぷりで濃厚で美味しいのですが、カロリー高そうです。^^;

肉料理が「富士桜ポークのサルティンボッカ ソテーした茸を添えて」でしたが、肉が苦手ということで変更してもらいました。
富士マリオットホテル山中湖 (41)

私には「鯛のグリル」です。岩塩で食べました。

泡の後のワインは、せっかく山梨に来たのだからと「テイスティングセット(赤白各税・サ別2,000円)」を頼むことに。

白は「甲州テロワール・セレクション祝」と「勝沼ソーヴィニヨン・ブラン」。
富士マリオットホテル山中湖 (34)

「勝沼ソーヴィニヨン・ブラン」は柑橘系のフレッシュなアロマを感じる爽やかな飲み心地で「甲州テロワール・セレクション祝」は日本国有の品種甲州ぶどうで作られたフルーティでキレのいい甘さを感じるワインでした。

赤の方も同じテイスティングセットでお願いして、こちらは「ハラモブラック・クイーン2015」と「ルミエール プレステージ クラス メルロー」。
富士マリオットホテル山中湖 (38)

「ハラモブラック・クイーン2015」は原茂ワインの樽熟成。鮮やかな赤色をしていて果実味もいい感じでした。

「ルミエール プレステージ クラス メルロー」のほうは深みのある濃い赤で、酸味が心地よく渋みや甘みとのバランスもいい赤でした。
富士マリオットホテル山中湖 (23)

食後のデザートも色々揃っていました。
富士マリオットホテル山中湖 (42)

ティラミスに、
富士マリオットホテル山中湖 (45)

ジェラートコーナー。
富士マリオットホテル山中湖 (43)

私は軽めでフルーツポンチです。
富士マリオットホテル山中湖 (44)

ドリンクはコーヒーか紅茶を選べます。私は紅茶にしました。

お値段的には税・サ別で6,500円相当なので、満足度は高いディナーだったと思います。

翌朝の朝食も、ディナーと同じ場所で取ります。

朝食の方もメイン?の卵料理のみ選んで、あとはビュッフェスタイルで楽しむようになっています。
富士マリオットホテル山中湖 (53)

パンの種類は豊富でした。
富士マリオットホテル山中湖 (55)

サラダとチーズ&シャルキュトリーコーナー。
富士マリオットホテル山中湖 (68)

フルーツ、シリアル、ヨーグルトコーナー。
富士マリオットホテル山中湖 (69)

ヨーグルトは我が家でも毎日食べているBIOでした。

副菜も色々。
富士マリオットホテル山中湖 (59)

こちらのほうは和の副菜です。
富士マリオットホテル山中湖 (56)

洋のもの。

富士マリオットホテル山中湖 (58)

スープに吉田うどんもありました。
富士マリオットホテル山中湖 (61)

私が取ってきたのは、こちらと、
富士マリオットホテル山中湖 (63)

こちら。それほど量は多くありません。
富士マリオットホテル山中湖 (65)

あと、ここの朝食の特色は、スクイーズドジュースやスムージーを始め色々なドリンクが揃っていたことです。
富士マリオットホテル山中湖 (67)

色鮮やかです。一口サイズで何種類も飲めます。
富士マリオットホテル山中湖 (52)

卵料理のほうはオーダー表に書き入れて、卵料理の担当の方に渡すと、出来上がったらテーブルまで持ってきてくれます。出来立ての熱々なのを楽しむことが出来るのでうれしいですね。
富士マリオットホテル山中湖 (70)

私は「ハムとほうれん草のコアオムレツ」です。
富士マリオットホテル山中湖 (62)

母は「目玉焼き」でした。
富士マリオットホテル山中湖 (60)

朝食の料理などの種類も豊富で選ぶのが苦労するほど。ディナーも含めてクオリティのほうはさすがマリオットです。満足できました。

ホテル自体でゆったり体験しながら楽しめるといったリゾートホテルではありませんが、自然の中でゆっくりゆったり過ごして休暇を満喫するにはいいホテルだと思いました。ご馳走様でした。

富士マリオットホテル山中湖
山梨県南都留郡山中湖村平野1256-1
TEL 0555-65-6400
朝食7:30~11:00(土日祝 7:00~)
※ブッフェは10:00まで
ディナー17:30~21:00(21:00L.O.)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ