あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:中部(石川除く) > 富山

恒例の未公開編は3月の分です。

3月にシンガポールに行ってきたことは既報の通りですが、チャンギ国際空港発の便が深夜2時発。ところが空港に着いたのは日付が変わろうしている0時間際で、日本航空の出発ターミナルであるターミナル1の出国後の免税店は、DFS以外はほんの少ししか開いていませんでした。^^;
ラフロイグ

そのため、ウイスキーのシングルモルトと、お菓子類を慌てて買い求めただけで終わりました。
シンガポール  (7)

その菓子の中の一つが「チリ・プラウンロール」です。
シンガポール  (6)

ピリッとしたチリソースの辛味とエビの風味がする春巻き風のスナック菓子です。お酒にも合うシンガポールの定番お土産ですね。

まぁ、でも、菓子類は中国系の人が多い国のものよりは、日本で作られたスナック菓子の方がやはり美味しいです。

あと、こちらも定番かな?マーライオン・チョコなどもお土産として買い求めています。
 
お次は、妻が富山で買い求めてきた「パンオーレ」のパンです。
パン・オーレ (8)

富山インター近くにお店はあります。本格的なスペインの石窯で、中はしっとりふっくらとして、より香ばしく焼きあげられているパンを売りにしているお店です。イートインスペースもあるようです。

だいぶ前に事なので、記憶があいまいですが、私は、こちらのパンを食べました。
パン・オーレ (7)

ベーコンと海苔をサンドしてあります。
パン・オーレ1  (2)

こちらは富山といえば昆布が有名ですが、そんな昆布が練りこまれたパンです。2種類の昆布を練りこまれています。
パン・オーレ (5)

こちらはカレーパン。
パン・オーレ1

小さめのロールパンからはみ出たソーセージが特徴のパンです、
パン・オーレ (6)

あと、これは何だったかな?^^;

富山のパン屋さんはなかなか行けませんが、石川と同じように色々な美味しいパン屋さんがあるんでしょうね?ご馳走様でした。

パン・オーレ
富山県富山市掛尾61-1
TEL 0764-64-5752
7:30~19:30
月曜休(祝日の場合は火曜日)

最後は、能美市辰口に昨年オープンしたイタリアンのお店「ソリッソ」です。
ソリッソ

いまや人気のお店になっていますが、こちらの「ソリッソ」、実はテイクアウトのケーキも美味しいと人気なのです。
ソリッソ (4)

前回お邪魔した時は、食後のデザートで3種類のケーキを少しずつ食べましたが、今回は、テイクアウトで買うために訪れました。
ソリッソ (5)

買い求めたのはベイクドチーズケーキとカボチャチーズプリンです。
ソリッソ (6)

両方ともヤギのミルクから作られたチーズを使っているようです。
ソリッソ (7)

両方とも濃厚ですが、後口はすっきりとして美味しかったですよ。

カボチャチーズプリンは北海道かぼちゃとクリームチーズで濃厚でありながら食べやすい味でした。

お店で料理と共に楽しめますし、またテイクアウトでも楽しめるのはうれしいです。

ちなみに、これからも新作のスイーツを色々作っていくようなことをご主人は話されていました。益々楽しみなお店ですね。ご馳走様でした。

農家レストラン&チーズケーキ専門店 sorriso
能美市徳山町井12-2
TEL 076-146-6280
11:30~16:00
18:00~22:00
火曜休(ほか月曜も休のときあり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

久しぶりに富山のお店の紹介です。
うえ原

今日紹介します「手打 そば処 うえ原」は、金沢方面から行くと富山インター出口の少し手前、北陸自動車道の側道すぐそばにあるのですが、婦中の住宅街の中にあって、お店の場所は目立たず非常にわかりにくいです。

元々お住まいだったところを改装されたのでしょうか?1階がお店になっています。
うえ原 (7)

さて、正午前にお店に到着すると先客が一組。あと一つあったテーブル席は予約客用になっていて、我々は奥にある座敷の席に通されます。

テーブル席の部屋には薪ストーブがあったのですが、それでも足りないのでしょう?ファンヒーターも置かれていました。さらに我々の通された座敷の座卓の席の下には床暖房が入っていました。

座布団をひっくり返して座ると、とても暖かったです。外気は真冬の気温で部屋はそれほど暖かくはなかったのですが、足元が暖かいといいですね。

最初、中に入ってもなかなかお店の方が出てこられなくて、あれ?と思ったのですが、どうもこの時は女性のかたお一人で切り盛りされていたのです。

このようなひっそりと佇むそば屋さんは、何となくですが、趣味が高じた熟年の男性が営んでいるイメージを持つのですが違ったようです。^^;

そのあと正午少し前にお手伝いされる女性の方がいらっしゃいました。
うえ原 (3)

そのようにお一人で切り盛りされているのだと、品数は絞ってもよさそうですが、意外と言っては失礼ですが、お品書きには色々なそばやうどんまで並んでいました。
うえ原 (5)

こちらに書かれている、限定の玄そば(1,000円)も気になります。玄そばを石臼で自家製粉しているようですね。
うえ原 (4)

そんな中から私が頼んだのは、この玄そばも食べることが出来て、とろろとおろしも味わえる「そば三彩(1,400円)」です。
うえ原 (9)

玄そばには、海老と山菜の天ぷらが添えられていました。お品書きには海老天のみ書かれていましたが、山菜が加わったのは季節的にたまたまだったのしょうか?つゆをかけてぶっかけで食べます。
うえ原 (12)

また、天ぷらが乗せられたそばは玄そばですが、正直、とろろやおろしに使われているそばとの違いがわかりませんでした。^^;

同じ挽きぐるみで打たれているので、見た目も似たような感じです。こちらのお店の蕎麦は細めで、柔らかさと、コシというより粘りを感じるそばでした。女性の店主?のかたがそばを打っているためでしょうが、女性的なそばと言っても良いかと思います。

ただ少し残念だったのは、そば自体が若干固まっていてつゆでほぐして食べないとくっついてきたことです。一人で切り盛りされているためにあらかじめ段取りされているのかもしれません。

でも、そば自体は美味しいそばでしたし、つゆも濃いめでしっかりとダシが聞いているタイプでよかったです。
うえ原 (11)

こちらのおろしそばには、紫大根の辛味大根が使われています。
うえ原 (10)

とろろそばの上に乗せられていたわかめは鳴門産。シャキッとした食感がありました。

ボリューム的にも、3皿食べると満腹になって十分です。
うえ原 (13)

最後に出されたそば湯は濃いめのもので、とろみがある私の好きなタイプ。時間帯から考えてそば粉を加えているのも知れません。
うえ原 (8)

こちらは、一緒に行った人が2人とも同じものを頼んだ「鴨南蛮」です。こちらも美味しかったと言っていました。

何となく、そば屋さんって、こんな場所でひっそりとやられているお店が好きです。素材にもこだわっていて、そば自体も美味しかったですしおすすめのお店です。ご馳走様でした。

手打 そば処 うえ原
富山県富山市婦中町分田142-5
TEL 076-465-1330
11:30~14:30
夜は予約のみ(5名以上)
木曜休
 


気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング 

久しぶりのラーメンネタかもしれません。

暑い間は、さすがにラーメンを食べに行こうとは思わなかったためですが、最近はラーメンそのものを昔ほど食べたいと思わなくってきたのも事実です。歳をとったからでしょうか?^^;

さて、今回富山に仕事で行った折り、9月の終盤の台風の影響でとても寒い日だったこともあり、ラーメンでも食べようということで、久しぶりにラーメン店に行きました。
麺屋 つくし

そこでランチを食べたお店「麺屋 つくし」について書きます。

富山といえば「富山ブラック」が有名ですが、「麺屋 つくし」は味噌ラーメンが美味しいお店として有名で、富山で毎日行列が出来るお店の一つでもあります。

それもそのはず。何と!あの有名な札幌の「すみれ」の流れをくむお店なのです。「すみれ」といえば新横浜のラーメン博物館に出店し一躍全国的な知名度を得ました。

大昔に私も札幌の本店にも行ったことがありますが、ブログをやり始める前だったために残念ながら写真などは探してもありませんでした。

しかしながら調べてみたら、京都駅の京都拉麺小路に、「すみれ」が出店した時に一度食べに行っていて、そちらで書いていましたね。

行った日、台風が太平洋沿岸沿いを通過している最中で、大きな雨粒が落ちてくるような悪天候でしたが、11:50頃でお店はほぼ満席。我々は幸い、4人掛けのテーブル席に座っていた2人連れの方に席を移動していただいて、すぐに座ることが出来てラッキー!
麺屋 つくし (3)

壁には、ラーメンの世界で有名な方々のサインなどが多く張られていました。

「すみれ」は札幌のお店ということで、味噌ラーメンがウリですが、こちらの「麺屋 つくし」も当然味噌ラーメンがウリです。

ということで、味噌ラーメンを頼むことにしましたが、一緒に行った2人が味噌ラーメンを頼んだのを見て、同じものを頼むのも何なので私は違うものと!ということで、辛味噌ラーメン(850円)というちょっと変化球で攻めてみることにしました。
麺屋 つくし (5)

しばらく待って出されたのがこちら。

見た目もそうですが、他のお店で「辛味噌」というネーミングが付いていると相当辛いところもあるのですが、こちらのお店のはそれほど辛くはありません。かけられているラー油の量もそれほどではないことがわかります。

逆にこのほうが味噌の旨みを引き出してくれて、個人的には普通の味噌ラーメンよりも好きな味かもしれません。

もちろん、ベーシックな味噌ラーメンの基本、もっと言うと「味噌だれ」の良さがあるから成り立つ公式でしょう?
麺屋 つくし (4)

野菜、ニンニク、ひき肉などを一緒に炒めて、コクと旨みを引き立てています。濃厚ですが、ショウガが味を締めてくれていて後口もよく、札幌から取り寄せている玉子ちぢれ麺に適度に絡んで、相当完成度の高いラーメンになっていると思います。美味しいです。
麺屋 つくし (6)

具材は、とろとろのチャーシュー1枚、メンマ、キクラゲ、炒めた野菜が少量です。

薬味として、白髪ネギと普通のネギ両方が乗せられています。

「辛味噌ラーメン」。これからの寒くなる季節にもピッタリです。

富山といえば「富山ブラック」だけがクローズアップされがちですが、こんな美味しい味噌ラーメンが食べられることはうらやましいですね。ご馳走様でした。

麺屋 つくし
富山県富山市太郎丸本町3-10-1
 第2サクラギビル
TEL 076-423-2941
11:00~14:45(L.O.)
月~木 夜営業18:00~21:00(L.O.)
金曜夜/18:00~21:45(L.O.)
土曜祝夜/17:00~21:45(L.O.)
水曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ