あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:中部(石川除く) > 富山

富山といえばうどんより蕎麦でしょうか?

確かに私のブログでも蕎麦を紹介していることが多い気がします。

この日、実はうどんを食べようと他のお店に向かったのですが、お盆明けということもあったのでしょう?臨時休業でした。^^;

そこで急きょ、前に行ったことある「そば処 ほたる」にお邪魔することにしました。
ほたる

前回のことはこちらに書いています。見たら昨年4月以来の訪問でした。
ほたる (5)

お店の様子については前回書いていますので割愛します。またメニューも同じでした。

蕎麦は八尾の畑で自家栽培。店主自らが石臼で挽いて打った蕎麦を食べさせてくれます。。

ちなみにこの日の「季節の変わりそば」は梅。
ほたる (6)

しかし私は、入口に置かれていた、こちらの「オクラ蕎麦(税込1,000円)が気になったので、それを頼むことにしました。

ご主人が自家栽培しているオクラを使った蕎麦ということで、「季節の変わりそば」のときのようにオクラが練り込まれているのかと思いましたが、たっぷり摩り下ろしてネバネバ感たっぷりのオクラが上に乗せられていました。
ほたる (4)

ぶっかけで食べます。

細打ちののど越しのいい蕎麦が、オクラによってさらにツルツル食べることが出来ました。これはこれでアリです。
ほたる (2)

一緒に行った人は一人は温かい「山菜そば」。
ほたる (3)

もう一人は「おろしそば(900円)」を頼んでいます。

蕎麦を自家挽きしているところは色々ありますが、自家栽培までして蕎麦作りをしているところはまだまだ少ないと思います。貴重なお店ではないでしょうか?ご馳走様でした。

そば処 ほたる
富山県富山市婦中町塚原141-1
TEL 076-465-3200
11:30~15:00
火曜,第2・4日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

富山でランチをしたときのお店について紹介します。

「カフェブルーリーブス(cafe BLUE LEAVES)」は、富山空港へ向かう道の途中。マンションというか4階建てのアパートの1階にあります。
カフェブルーリーブス

富山空港から来ると、あまり目立たない作りで気が付かないかもしれません。

営業はランチの時間帯のみ。潔いです。
カフェブルーリーブス (2)

内装はシンプルでナチュラル感があります。

我々が伺ったとある平日は、女性のオーナー?のかた一人で切り盛りされていました。中にもしかしたら誰かいたのかもしれませんが?
カフェブルーリーブス (3)

ランチメニューはこんな感じです。

A(1,000円)とB(1,200円)の2種類ですが、お得なのは、メニューにも書かれていますがAとB両方とも頼むセットです。1,600円とお得になっています。一応、Aの単独メニューからおにぎりと、Bについてくるミニサラダはありませが、それでもすごくお得な価格設定になっています。

Aメニューは、野菜たっぷりプレートに玄米おにぎりとスープ付きで1,200円となっています。
カフェブルーリーブス (7)

ナムルのような感じのものあったり、とにかく使われている野菜の種類が半端なく多いのです。30種類ほど盛られているそうですが、見えるところでは、ヤングコーン・オクラ・カブ、キュウリ・ナス・カボチャ・サツマイモ・トマト・紫玉ねぎ・セロリ・もやし・ニンジン・カイワレ・レタス・ミョウガ・ごぼう・スプラウトなど。あと中にキャベツがあったかな?他にもあったかもしれません。

ひじき煮や松前漬のようなものも添えられていました。

写真ではわかり辛いかもしれませんが、ボリュームが凄いのです。
カフェブルーリーブス (10)

ドレッシングは白いのがヨーグルト、濃い色のはエゴマを使ったものでした。
カフェブルーリーブス (4)

寒い時期はせいろ蒸すになるようですね。ご覧の「富山やくぜん」の認定書も置かれていました。

Bメニューのセットは次の6種類から選ぶことが出来ました。

グリーンカレー
サラダアボカド丼
ねばとろ丼
タコライス
チキントマト煮込み
喫茶店の鉄板ナポリタン

この中から私はタコライスをチョイス。
カフェブルーリーブス (14)

出されたのがこちらです。タコミートとレタスがたっぷり。温泉玉子も乗せられていて、これらを混ぜて食べます。スパイスは押さえてあって大人しい味のタコライスでした。
カフェブルーリーブス (12)

一緒に行った人が頼んだのは、グリーンカレーと、
カフェブルーリーブス (11)

喫茶店の鉄板ナポリタン。喫茶店の鉄板ナポリタンは名古屋の喫茶店で出されるタイプの熱々鉄板に溶き卵を敷いた上に乗せられていました。
カフェブルーリーブス (13)

ちなみに、タコライスやグリーンカレーのご飯は玄米ご飯。

よく噛んで食べましたが、さすがにA+Bのボリュームが多かったので、私は少し残してしまいました。すみません。
カフェブルーリーブス (15)

あと、ランチにはこちらのスープも付いてきます。

AとB、両方セットで食べると、男の私でも食べきれませんでしたが、ヘルシーでセットの料理も色々選べてお得感もあるので、やはり両方頼むことをおすすめしますね。ご馳走様でした。

カフェブルーリーブス
 cafe BLUE LEAVES
富山県富山市萩原552-1
 アクアマリーンマンション1F
TEL 090-2830-1151
11:00~15:00
日曜・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

富山といえば、配置薬、つまり富山の薬売りで有名な土地柄です。

先用後利という「用いることを先にし、利益は後から」システムや、懸場帳という今の時代の顧客データベース、それに「おまけ」の販促ツールを用いるなど、当時としては画期的な商売上手の薬売りだったようです。
薬都 (26)

今日紹介します越中反魂丹本舗「池田屋安兵衛商店」は、前にも紹介しかことがありますが、実は、今回改めて行ったのには理由があります。

前に行った時に臨時休業だった薬膳料理のお店「健康膳 薬都(ヤクト)」でランチを食べるためです。リベンジですね。

富山の薬売りで名をはせるお店で、どんな薬膳料理を食べさせてくれるのか、興味深々だったからです。

お店は池田屋安兵衛商店の2階にあります。
薬都 (8)

意外と広いスペースでゆったりと食事を楽しむことが出来ます。

このような場所なので、他のお客さまもあまり話もせずに黙々と食べていらっしゃいました。^^;

ウリは「健康膳」と呼ばれる薬膳料理。2,160・2,700・3,240円の3種類の設定となっていて、基本前日までの予約が必要ですが、少人数だったら当日でも大丈夫なようです。

あと、玄米膳(800円) しゅうまい膳(1,000円)というメニューもありました。

もちろん、ランチ以外にもカフェメニューもあります。

「健康膳」はベースの2,160円の内容に、天ぷらかデザートが付いて2,700円、両方とも付けて3,240円となります。

私はベーシックな2,160円のにして、妻は薬膳のデザートに興味があったのでデザート付にしました。
薬都 (9)

この日のお品書きはこんな感じです。漢方で用いられる材料が色々使われていますが、おっと!肉類が2つもあります。^^;
薬都 (10)

まず出されのは、野草茶で、十薬・鳩麦・杜仲。
薬都 (11)

そして豆乳豆腐です。周りには新蓮根が添えられていました。少し弾力がある滑らかな豆乳豆腐でした。
薬都 (13)

夏野菜と氷見うどんの炊き合わせで、一番下に冬瓜と氷見うどん。
薬都 (16)

上に茄子・長芋・ミョウガが乗せられていました。上品なお出汁で食べさせてくれます。
薬都 (17)

和紙で蓋がされているのは、「豚の角煮 冬瓜とクコの実のココット」。
薬都 (20)

紙を取り除くとこんな感じです。味的にも体にいい感じがします。
薬都 (19)

お吸い物は「高麗人参と鶏団子のスープ」。上品なお味です。
薬都 (22)

竹皮に包まれて最後に出されるのは「黒米の山菜おこわ」。
薬都 (23)

黒玄米(黒焼き玄米)の上に、しいたけ・真竹?・クリ・うずら・フキの煮物が乗せられています

黒米はそのままでも十分風味があって食べられますが、ゴマ塩も添えられてくるのでそちらをかけながら食べます。よく噛んで食べるので、口の中で旨みが増す感じがします。デトックス効果がありそうな気がしますね。
薬都 (18)

香の物は白菜ですが、陳皮入りでした。
薬都 (24)

妻が食べたデザートは、たんぽぽコーヒーのシフォンケーキ、クコのアイスクリームでした。こちらのほうはそれほどインパクトはありませんでした。

ちなみにたんぽぽコーヒーですが、コーヒー豆は使用されていないコーヒーです。

やはり、この内容は石川県では体験できません。薬の富山の面目躍如ですね。ご馳走様でした。

健康膳 薬都(ヤクト)
076-425-1873
富山県富山市堤町通り1-3-5
 越中反魂丹本舗
 池田屋安兵衛商店 2F
11:30~14:00(L.O.13:45)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログでは、全国的に名の知れたチェーン店のことは紹介しないようにしています。

まぁ、わざわざ私が紹介しなくてもいいといったことからです。

今回、スターバックスのお店を紹介しようと考えたのには理由があります。

それは、一つは、7月9日にスタバがプラスチックのストロー全廃というニュースを見たということから。

もう一つは、期間限定で加賀棒茶を使った新しい「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ」を食べるためです。
環水公園 (8)

スタバが使用するプラスチック製ストローは、年間10億本を超えているようが、それに代わるものとして導入するのは、リサイクル可能なプラスチック製のふたと、「代替となる素材」のストロー。それは紙製になるようです。

一気に変えるということですが、さすが世界的な企業ですね。
環水公園 (23)

話は変わって、こちらの富山環水公園店は、富山市内の環水公園内にあるスタバのお店で、2008年に「ストアデザイン賞最優秀賞」を受賞して「世界一美しいスタバ」と呼ばれるようになったことがあります。
環水公園 (11)

日本の店舗では初めての受賞で、こちらのお店のあと、福岡大濠公園のお店も同じ賞を受けているようです。
大濠公園 (10)

この写真は、私が4月に福岡に遊びに行った時に撮影したものです。

行ったのは3連休の土曜日。朝9時15分に到着しましたが、店内はほぼ満席状態でした。
環水公園 (2)

さすがに「ストアデザイン賞最優秀賞」を受賞しているだけあって、外観も周りの景色と調和していて素敵です。
環水公園 (3)

中から眺める景色もよく、ゆったりゆっくりと過ごすことが出来ます。

そして、こちらが加賀棒茶のフラペチーノです。「加賀 棒ほうじ茶」と、少しネーミングもひねってあります。税込669円とちょっとお高め?
環水公園 (4)

スタバの新プロジェクト「STARBUCKS JAPAN WONDER PROJECT」という、「世界も注目する日本の食文化やストーリーを、多くの人にもっともっと楽しんでほしいから。日本中にある素敵なモノゴトを再発見するプロジェクト」のために開発された記念すべき最初の商品なのだそうです。

最初の商品に加賀棒茶が選ばれたということは凄いですね。

一番下の層にほうじ茶ジェリー、間にはホワイトチョコレートクリーム、一番上はほうじ茶フラペチーノで、甘い中にもほうじ茶のほろ苦さを感じさせてくれる美味しさ。暑い日であっという間に食べて(飲んで)しまいました。

気になるカロリーも372kcalと軽め。ジェリーのツルッとした食感も面白かったですね。

7月19日までということ急きょアップすることにしましたが、皆さんも是非試してみてください。ご馳走様でした。

スターバックス富山環水公園店
富山市湊入船町5富山富岩運河環水公園
TEL 076-439-2630
8:00~22:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

妻の仕事のアッシー君で富山に行き、待ち時間の合間と合流してからアート見学してきました。

まずは、一緒に行った富山県美術館から。

軽井沢に千住博美術館というのがあって、そこが凄い!ということを聞いた妻が行きたいということで行ったのが富山県美術館で開催されていた「高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展」です。
環水公園 (20)

富山県美術館は昨年8月にグランドオープンした新しい美術館で、私もすでに2回ほど行っています

高野山には大阪に住んでいるときに行ったことがありますが、とてもスピリチュアルを感じる場でしたが、世界遺産高野山。そして世界的にも有名な真言宗総本山金剛峯寺の襖絵を、千住博氏が描くということで興味深々でした。

ちなみに、ご存じの方も多いと思いますが、千住博氏の弟は作曲家の千住明氏。妹はヴァイオリニストの千住真理子さんです。
富山県美術館 (4)

今回、襖絵完成記念として、富山県美術館を皮切りに巡回展が開かれ、障壁画44枚が初公開されるというのです。
富山県美術館 (5)

千住博氏は滝をモチーフに描くことが多いかたで、今回も、その滝がモチーフとなっていました。
富山県美術館 (11)

実物は撮影禁止なのですが、別の部屋で、ご覧の写真のようなデジタルイメージとして再現されていて、ここは撮影ok。皆さん、写真を撮っていました。

富山県美術館での開催は7月29日(日)までです。
富山県美術館 (14)

あと、「コレクション展 II」というのもやっていて、これは草間彌生さんの「太陽の雄しべ」とアンディ・ウォーホルの「マリリン」という作品です。

こちらは10月23日(火) までの開催です。

高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展
2018年6月9日(土)~7月29日(日)
9:30~18:00(入館は17:30まで)
水曜休館
一般1,300円、大学生950円

お次は、一人で行った富山城跡にある2つの施設。
富山市郷土博物館 (11)

富山市郷土博物館は、富山城の城郭を復元したもののように見えますが、富山産業大博覧会の記念建築物として建設されたもので、単にお城を模した建築物です。
富山市郷土博物館

その内部が富山市郷土博物館となっていて、中世以来の富山城の歴史を紹介する展示を見ることが出来ます。
富山市郷土博物館 (2)

富山藩は、加賀藩第3代藩主前田利常の次男の利次が初代藩主で、10万石の領地を持っていました。
富山市郷土博物館 (6)

展示は、それらを含めた富山城の歴史や武士の暮らしぶりなどを紹介しています。

いまは「富山城とサムライたち」というのをやっていて、9月9日(日)まで開催されています。
富山市郷土博物館 (7)

あと、3階に上ると展望台になっていて、富山市内を見ることが出来ます。

富山市郷土博物館
富山市本丸1-62
TEL 076-432-7911
9:00~17:00
大人 210円
年末年始(12月28日~1月4日)休館
その他臨時休館あり

そして、同じ敷地の庭を挟んだところにある富山市佐藤記念美術館にも行ってきました。
佐藤記念美術館

立派なお庭です。
佐藤記念美術館 (4)

展示のほうは「花鳥風月を楽しむ~富山ゆかりの美術」という企画展をやっていました。
館内には「助庵」「柳汀庵」の2つの茶室が移築されていました。

中は写真撮影禁止だったので紹介できません。

企画展の開催は9月30日(日)までです。

富山市佐藤記念美術館
富山市本丸1-33
TEL 076-432-9031
9:00~17:00
大人 210円
年末年始(12月28日~1月4日)休館
その他臨時休館あり

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ