あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:九州 > 福岡

今回の沖縄・九州出張で福岡から小松に戻る最後に福岡空港でうどんを食べることにしました。

福岡といえば、博多ラーメンがまず思い浮かぶ人が多いと思いますが、うどんも美味しいことで有名です。

私のブログでも福岡のうどんについては何度も取り上げていますが、讃岐に代表されるコシが強くて、いわゆるエッヂがきいたうどんとは違って、コシの弱いうどんが特徴です。

のど越しで食べると言いますか、タモリさん曰く「コシなんていらない」「うどんは飲み物」ということなのです。

言ってみれば「ダシで食べるうどん」ということで、美味しいダシをうどん自体が吸って味が増す、と。大阪のうどんも同じような傾向がありますね。

私のブログで過去に西日本各地のうどんを比較した記事もこちらで書いています。興味がありましたらお読みください。

さて、そんな福岡のうどんですが、トッピングの中で特徴のある2種類のものがあります。

それは丸天とゴボ天です。丸天はその名の通り丸い形をしていて、魚のすり身を練って揚げたもの。ゴボ天はゴボウの天ぷらです。

今日紹介します「博多やりうどん別邸 空港店」で、この2種類のトッピングの両方が乗せられている「やりうどん」を食べたので紹介したいと思います。
やりうどん (12)

福岡空港は今、滑走路の増設に伴うターミナルビルのセットバック&リニューアル工事の真っ只中。その3階に新しくなったレストラン街に「博多やりうどん別邸 空港店」はあります。
やりうどん (11)

ここは元々は「はち屋空港店」として営業していたお店を、今回のリニューアルに伴い、リ・ブランディングしてオープンしたようです。
やりうどん (3)

新しいお店なので、中もきれいです。うどん店のような趣ではなくおしゃれな造り。女性の入りやすさも狙ったのでしょう?確かに私が行った時も夕方でしたが、女性の一人客やグループ客のほうが多かったです。
やりうどん (5)

メニューには博多うどん店でよく見られるようなメニューが並んでいました。

しかし、私は入る前から「やりうどん(800円)」を食べることは決めていたので、見るのもそこそこに「やりうどん」を頼みます。
やりうどん (6)

5分くらい待って出されたのがこちら。一目で超ロングなゴボ天に目が行きますね。

このゴボ天は、「黒田節」の母里友信の逸話の元となった、福島正則から拝領した天下三名槍の1つ「日本号」に例えているようで32cmの長さがあります。

左上にそば猪口のような器に入れられているのは刻みネギと細かな天かす。右上には柚子こしょうと一味も添えられていました。

まずは汁を一口飲みます。焼あごと煮干し、色々な削り節のきいた澄んだ雑味のないダシで上品で美味しいです。

ただ、この長いゴボ天があるおかげで、うどんが食べにくいので、まずはゴボ天を半分ぐらいの長さにするべくかじりつきます。

スジもなくサックリと歯切れのいいゴボ天で、揚げ立てでしょう?

反対に、うどんの上に乗せられている丸天は、ゴボ天と違って超柔らかい。中に刻まれて入れられているきくらげや人参の食感が感じられました。この丸天もダシがしみて美味しくなっていました。
やりうどん (8)

そして博多うどんの特徴を確認すべくうどんを食べます。ただ柔らかいだけではなくモチモチ感もあっていい感じでした。なかなか美味しいです。
やりうどん (9)

うどんを少し食べた後、天かすとネギ、そして柚子こしょうと一味を入れて完食です。

ボリューム的にはそれほどでもありませんが、家に帰って一杯やりたかったので、こちらではこの一杯でおしまい。ご馳走様でした。

博多やりうどん別邸 空港店
福岡県福岡市博多区大字上臼井767-1
 福岡空港国内線ターミナルビル 3F
TEL 092-623-8821
7:30~21:00(L.O)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

12月に行ったお店の紹介はこの後も続きますが、今回は12月分についての早めの未公開編です。

まず最初は輪島塗の話題から。

輪島塗といえば、石川県が誇る日本を代表する伝統工芸品として有名です。

伝統工芸品というと、高級で高額、そしてアートとして観賞するもの、みたいなイメージがありますが、輪島塗は素晴らしく長持ちする実用品・日用品でもあるのです。

昨年11月18日にテレビ朝日系列で放送された「世界が驚いた→ニッポン!スゴーイデスネ!!視察団」という番組でも輪島塗が紹介されていました。

そこで紹介されていたのは、輪島塗の「輪島キリモト・桐本木工所」さん。

伝統工芸品の世界が保守的な色合いが強いのですが、代表の桐本泰一さんは、輪島塗の業界において色々なチャレンジを行っている方なのです。
キリモト (5)

私も何度かお会いしたことがありますが、とてもエネルギッシュに活動をされていて、いつも感心させられっぱなしです。

番組では「縁が薄くなめらかで優しい口当たりなのに、丈夫で長持ち」の理由を、ご本人が海外から視察に来ていたかたにうまく説明されていました。

我が家では、「輪島キリモト・桐本木工所」さんのところで作られた塗り箸やお皿を使っていますが、今日は番組でも取り上げられていた輪島塗の特徴である「布着せ」と「輪島地の粉」を使用し漆を塗り重ねて仕上げる蒔地技法が使われている「千すじ小福皿(ねず/ベンガラ) 」を紹介したいと思います。
キリモト (11)

この千すじ小福皿は「漆の器でカレーが食べたいという想いから誕生した小福皿」です。
私は、カレーもいいがパスタも食べたい!ということで、パスタを作って盛り付けてみました。(パスタにしたのは単純に家ではカレーを食べないことが理由?)
キリモト

角度によって黒く見えたり、弁柄色に見えたり、食べ物が映えますね。

表面硬度が高く傷つきにくいから、金属のスプーンを使っても大丈夫ということです。

それに薄くて軽いのもありがたいです。
稚加榮 (2)

ちなみにこのパスタは、福岡空港で買い求めた稚加榮の「いかめんたい」を使っためんたいパスタ。生パスタを使って妻が作ってくれました。美味しかったですよ!
キリモト (7)

こちらは我が家でいま二人が使っているお箸です。
キリモト1

金沢にもお店があります。皆さんも一度「輪島キリモト」のものを手に取ってみてください。輪島塗の概念が変わるかもしれませんよ。

輪島キリモト・金沢店
石川県金沢市茨木町56-3
 鞍月舎C-1
TEL 076-254-0058
11:00~18:00
水曜休

お次は、あの日本酒の杜氏四天王の一人で、御年84歳のレジェンド、農口さんの新酒の話題です。

昨年末、年も押し迫った12月26日の夜に我が家にも届きました。

小松観音下町に新しく「農口尚彦研究所」が出来て、そこで作られた初めての酒です。

このお酒はクラウドファンディングで事前に「農口尚彦研究所」投資していたお礼の品の位置付けです。本醸造酒 5,500円コースで限定300名。これで無濾過生原酒の720ml2本もらえました。
農口

なかなかおしゃれなボトルとラベルのデザインです。
農口 (7)

九谷焼の釉離金彩の技法保持者で人間国宝 吉田美統氏が酒のパッケージングを。また大樋焼の十一代 大樋長左衛門氏がアートディレクターとして就任されています。

値段的にはお店で買うよりは高い本醸造ですが一番最初の酒なので価値があるかなと思って投資しました。まぁ、これもブロガーのサガですね。^^;

肝心の味のほうですが、やはり能登杜氏の造る酒でほんのり甘さを感じ、口の中ではまろやかさと芳醇な香りを感じる酒でした。切れも良かったです。
農口 (2)

そして、このようなお手紙入りでした。

農口さんも御年84歳。それほど長い期間酒造りを行うことは出来ないと思います。そういった意味でも貴重なお酒ではないでしょうか?

最後は12月に行った鹿児島の話題。

鹿児島へは沖縄から移動しました。私も初めての経験です。

その日は朝の移動。とてもいいお天気で鹿児島の錦江湾に沿って鹿児島空港に着陸する飛行ルートからは、長時間桜島の雄姿を望むことが出来ました。
鹿児島 (5)

少し噴煙をあげていましたが、雄大な桜島には積雪もまだなく、しばし休んでいるような姿にホッとしました。
鹿児島中央駅 (2)

鹿児島には一泊しましたが、この写真は鹿児島中央駅のイルミネーションです。
アービック鹿児島 (3)

それに今年の大河ドラマは鹿児島の西郷隆盛をテーマにした「西郷どん」。ホテルなどにもポスターが張られ、街角にも色々飾られていました、今年は鹿児島が盛り上がりそうです。

あと、鹿児島といえばグルメ分野ではさつま揚げが有名です。鹿児島では「つけ揚げ」と呼ばれています。

私が好きなさつま揚げのお店は、「玖子貴(きゅうじき)」というお店です。
玖子貴

「玖子貴」については、過去にもこちらで書いていますので、詳しいことはそちらを見てもらうとして、今回買い求めたのは博多駅のマイング博多駅店で、こちらのお買い得品として売られていたものです。バラで買うより200円お得だそうでした。

日持ちがするものではなく、生のさつま揚げで翌日までしか持ちません。さっそく家に帰って食べました。
玖子貴 (3)

「やきもろこし」と、こちらの「葱しお天」、
玖子貴 (4)

そして「ごぼう(というネーミングだったかな?)」が特に美味しかったです。これは期間限定でした。ご馳走様でした。

玖子貴(きゅうじき)マイング博多駅店
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
 JR博多駅マイング
TEL 092-483-6077
9:00~21:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福岡県も、西に世界有数の漁場として知られる玄界灘を控え、新鮮な海の幸が豊富に獲れるところです。

私も福岡に住んでいるときには、美味しい魚介に舌鼓を打ったものです。

今回、久しぶりに福岡の鮨店に入りました。
鮨隆 (16)

鹿児島に出張の折り、福岡空港から九州新幹線へ乗り継ぎ途中にランチを食べるところとして選んだのは、博多駅前にある「鮨隆」です。

筑紫口の地下街(地下鉄)一番東の出入口(6番)のあるビルの2階にお店はあります。
鮨隆 (13)

階段かエレベーターで2階に上がると、ご覧のカウンター席が目の前に現れます。そしてテーブル席や座敷などもあり、思ったより広いお店でした。
鮨隆 (17)

私がお店に到着したのは13:30という遅い時間帯だったので、カウンター席には誰もお客さんは居ませんでした。一人の私は、カウンター席に案内されました。
鮨隆

こちらがランチのお品書きです。

平日11:30~14:00間は、サラダや茶碗蒸しが付いたお得なランチメニューがあります。

実は、こちらのお店を選んだ理由は、ランチの寿司セットについている貝汁が美味しそうだったから。

寿司セットは、5,940円のあまかせから、1,620円の並まで7段階。その中から私が選んだのは下から3番目の「中(2,160円)」。寿司セットには茶碗蒸し・貝汁・サラダが付いています。

7段階の違いは、主に量よりも質の差。私の頼んだ「中」は一番少ない8貫で、それより安い徳用が12貫だったりします。
鮨隆 (4)

オーダーをしてから、トイレに行っている間に、もう、こちらのサラダと茶碗蒸しが出されていました。

そして、付け台には、握られた寿司が2貫乗っていました。^^;

ランチ、それも「中」ランクでありながら、一貫一貫出してくれるのはうれしいのですが、何となく戻るのを待ってから出して欲しかったですね。
鮨隆 (5)

まずは白身から。ナメラとスズキかな。

活きの良さそうな食感でした。

そして、そのあと、5貫がほぼ一度に出てきました。
鮨隆 (6)

こちらはししゃもの卵「とびこ」。
鮨隆 (7)

マグロと、左のはなんだったかな?タイラギ炙りでしょうか?

思い出せない、というかネタの説明は一切ありませんでした。^^;
鮨隆 (8)

こちらのイカには大葉がサンドされ、胡麻が振りかけられています。サーモンは炙ってありました。

ここで楽しみだった貝汁も出てきました。
鮨隆 (9)

写真ではわかりにくいかもしれませんが大きなお椀です。
鮨隆 (10)

あさりが十数個入っています。貝汁はあさりの旨みが味噌汁に染み込んでさらに旨みが増します。

しかし、握りの方が7貫出されたあと、残りの一貫が出てきません。
鮨隆 (12)

貝汁も含めて全部食べ終わっても出てこないので、「8貫ではないのですか?」と聞きました。そこで、やっと、こちらのエビを忘れていたことに気づいてくれたようです。^^;

ちゃんと、謝ってくれたのでノープロブレムです。

握りの内容は、「中」ランクではこんなものでしょう?ぜいたくは言えません。

サラダや茶碗蒸し、そして大きな貝汁が付いて2,180円はお得な値段だといえます。ご馳走様でした。

鮨隆(スシリュウ)
福岡県福岡市博多区博多駅東1-12-1
TEL 092-431-6046
月~金
11:30~14:00
17:00~23:00(L.O.22:30)
土・祝
11:30~14:00
17:00~22:00(L.O.21:30)
日曜休(連休の場合は最終日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

珍しくお土産の紹介です。九州で買った人気の品です。

福岡空港大改装中だということは、先日の因幡うどんの紹介のときに触れました。

行ったのが2月の後半ということで、ちょうど苺、「あまおう」の季節。

空港内のお土産屋さんには、「あまおう」を使ったお菓子類が、ここぞとばかりに並んでいます、

そんな中、私が買ったのは、これらの品々です。
福岡土産 (2)

福岡の和菓子の老舗、石村萬盛堂の「あまおう苺鶴乃子」と、花福堂「まっかな苺のミルフィユ」。季節限定の商品です。

「まっかな苺のミルフィユ」はホワイトデー用のパッケージ?白色でした。中もホワイトチョコレートを使用しています。

さて、今回紹介するのは「伊都きんぐ」の「どらきんぐ生」という生菓子です。
あまおう苺

こちらの品は11月下旬~5月末頃までの「あまおう」の収穫期間限定の商品。今回、家へのお土産で1個410円で4個買い求めました。
あまおう苺 (3)

中には糸島産「あまおう」が、丸ごと1粒ぜいたくに使われています。

苺のブランドとしては全国区となった福岡の「あまおう」。

その「あまおう」をあんこでくるみ、さらに塩バニラでくるみ、それをどら焼きのような生地の皮でくるみ焼きあげたものです。
あまおう苺1

通常どら焼きよりは団子っぽい形ですね。中にあまおう苺が、丸ごと1粒入っているので当然といえば当然です。
あまおう苺  (2)

生地はしっとりとしています。切ってみるとこんな感じです。見ただけで美味しそうです。

あんこの甘さを塩バニラの塩分と「あまおう」の甘酸っぱさが、絶妙に混ざり合ってとても美味しいです。

410円と、少し値段は高いのですが、その価値は十分あります。家族全員が美味しいと言っていました。

塩バニラ以外には、普通のバニラ味、抹茶味があって、他にも「あまおう」が1個丸ごとではなく刻んだりクリームにしたりしたり、値段を抑えたものも何種かありましたが、空港で買えるのは全部ではありません。

伊都きんぐ 福岡空港店
福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1
 福岡空港ターミナルビル内北側出発ゲート前仮設店舗営業
TEL なし
6:30-21:00
無休

お次は鹿児島名物のさつま揚げ。

さつま揚げという呼称は、今でこそ鹿児島でも一般に呼ばれますが、主に東日本での呼び名。関西、とくに大阪では「天ぷら」の中に包含されていたりしています。鹿児島では一応「つけ揚げ」というのが正式な呼称です。

そのさつま揚げの業界でも、いまトレンドとして新しい、創作系?のオリジナルさつま揚げが人気となっています。

今日紹介します「玖子貴(きゅうじき)」という難しい読みのお店は、鹿児島県日置市に本社があって、鹿児島中央駅に本店があります。

東京では「COREDO室町2」にもお店を出しています。

すべて、お店で揚げ立てのを販売していて、ほかにネット通販もやっています。

今回鹿児島に出張があり、お土産を調べていたら、ここは「黒柳徹子とマツコがTV番組で絶賛した鹿児島の人気店」だということを知りました。

私はミーハーではないと思いますが、あの黒柳徹子さんとマツコデラックスが押すのならば一度買ってみようと思い立ち寄りました。
玖子貴 (5)

しかし、実は買ったのは博多駅にあるお店です。^^;

何故か、出来立てが美味しいさつま揚げ。鹿児島で買うよりは飛行機で帰る地、福岡で買ったほうがいいと思ったからです。

ということで、博多駅の駅ビル内、マイングに入っている「マイング博多駅店」で買い求めました。
玖子貴

黒柳徹子さんとマツコデラックスが一押しなのが「やきもろこし(270円)」と「葱しお天(227円)」。(金額はすべて税込)
玖子貴 (4)

特に「やきもろこし」は累計100万個を突破している人気商品なのだそうです。

こちらのお店、さつま揚げの内容やビジュアルも、他店とは少し異彩を放っています。
玖子貴 (7)

「やきもろこし」も、まさにとうもろこしの見た目を彷彿とさせてくれる形状で、切るとこんな感じです。

味の方も、とうもろこしの甘み、中のさつま揚げも、その日に揚げられたものは温めると、柔らかくて甘みとうま味が口に中に広がります。

とうもろこしは、缶詰のものを使っているわけではなく、北海道産のとうもろこしを焼いてまぶしているのです。そのため、お値段も少々お高くなっています。
玖子貴 (10)

「葱しお天」はこんな感じです。ネギの風味が練り物そのものの味をさらに引き立てます。
玖子貴 (6)
 
他にはこんなのも買い求めました。「エビレンコン(130円)」「ごぼうかき揚げ(162円)」「たっぷり安納芋(270円)」「みたらし生姜だんご(180円)」です。
玖子貴 (12)

どれも素材の味を大事にした仕上がっているさつま揚げで、脂っこくなくとても美味しかったですよ。

玖子貴(きゅうじき)マイング博多駅店
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
 JR博多駅マイング
TEL 092-483-6077
9:00~21:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

福岡空港が、いま大きく変わろうとしています。
因幡うどん

滑走路をもう一本増設するにあたって、その前の誘導路の複線化工事が進んでいます。そのため、現在のターミナルビルを今の位置からセットバックして増築する大掛かりな工事が進行しています。
福岡 (2)

小松と福岡の路線の搭乗ターミナルがあった第一ターミナルビルも取り壊されるために解体工事中でした。
因幡うどん (2)

ご覧のように、天井にもビニールがかかっている状態で、至るところが工事中。仮設の状態のところも多く、地下鉄の駅から搭乗口までも距離が遠くなったりして、だいぶ混乱している状態でした。
因幡うどん (4)

そのリニューアルの一貫として、2017年1月に福岡空港内の2階に新しく完成したフードホール「the foodtimes」がオープンしました。
因幡うどん (5)

全350席を持つ大きなスペースに、ご覧の8つのお店が入っています。一般的なフードコートより、デザイン的にも凝っていて、落ち着いた空間です。

フードコートの性格上、ラーメンやカレー、ハンバーガー、カツ丼などファストフード系のお店が多いですね。

私が行った時点では、これらのうち、まだ工事している最中のところもありました。

私がその中から選んだのは、福岡うどんで人気店「因幡うどん」。
因幡うどん (6)

昭和26年創業という老舗の一軒で、私のブログでも本店や博多駅にあるお店について過去に紹介したことがあります。

「因幡うどん」は自家製麺。塩分が均一になるように一晩寝かせた塩水を混ぜ生地をこね、足で踏み、さらに一晩寝かせて麺を作ります。

いまでは、機械化も進んでいるようですが、足踏みは人の足でやらないとダメだとか、前に聞いたことがあります。

工場で、茹であがる少し前の状態して、各店に配送。お店では最後にひと茹でされ完成です。

さて、「因幡うどん」には今回、福岡から小松に帰る最終便に搭乗する前に、少し腹ごしらえをしに入りました。

家に帰ってからも飲み食いするので、うどん一杯だけを頼むつもりで入りました。
因幡うどん (7)

メニューはこんな感じです。

福岡空港店限定メニュー「博多鶏うどん」なんていううどんもありましたが、鶏チャーシューのようなお肉が乗せられていたので、涙ながらにパス。

そこで、前に因幡うどんで紹介したのは、何れも「丸天うどん」だったため、今回は「ごぼう天うどん(税込530円)」を頼むことにしました。

フードコートなので、セルフサービスです。
因幡うどん (10)

うどん自体はお店の方が作ってくれ、こんな感じで出来上がります。ごぼう天もその時点で乗せられて出されます。ただ、セルフサービスなので、代金を払い、ネギなどの薬味を乗せて席まで持っていき食べるころには、ごぼう天は汁を含んでベチャとしてしまいます。
因幡うどん (12)

できれば、ごぼう天は別皿に乗せて出してくれたらうれしいと思いました。

あと、他のお店では、ごぼう天は一つ一つのごぼうに衣を付けて揚げていたり、それをまとめた形のが多いですが、こちらのは丸い、いわゆる立ち食い店でよく見られる形状で、衣の量の方が多くごぼうの量が少なかったです。

また、工場で衣の部分は機械で作られますが、ごぼうをのせるのは手作業で行われています。

このあたり、いい悪いではなく、昔からの因幡うどんの流儀のようです。
因幡うどん (14)

しかし、さすが博多うどん。逆にお汁を吸わせた方が美味しいです(笑い)。

柔らかくて、澄んで雑味の少ないダシとの相性、抜群です。

ダシは昆布とカツオ節にイリコやサバを加えて取っています。因幡うどんの汁は私の好きな味です。

出張や旅行のときに、少し小腹が空いたとき、時間がなくてもサッと食べることが出来るので重宝しそうです。ご馳走様でした。
福岡 (7)

そうそう!福岡からの帰りの飛行機、きれいな夕陽を見ながらのフライトでしたよ。

因幡うどん 福岡空港店
福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1
 福岡空港国内線ターミナル 2F
TEL 092-611-1011
8:00~21:30(L.O.21:00)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ