あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:中部(石川除く) > 福井

福井県の大野市は名水百選に選ばれており、さらには2015年には「水道水がおいしい市町村Best5」で日本一に選ばれているところです。

その大野で2014年5月にオープンした「モモンガコーヒー」。可愛いモモンガのイラストが目印です。
モモンガコーヒー (15)

この日、たまたま店の前を通りかかり、ブルーボトルコーヒーと同じような水色のマークを見て面白そうだと思い、入ってみることにしました。
モモンガコーヒー

目立つようでひっそりとあるコーヒー専門店です。

帰ってからお店のHPを見て見ましたが、なかなかのこだわりのお店でした。

こちらの「大野大人図鑑」では、オーナーが大野でコーヒー専門店を開くに至ったいきさつを読むことが出来ます。彼の大野という場所で淹れるコーヒーへのこだわりを感じさせてくれるいいストーリーが書かれています。感動しました。
モモンガコーヒー (14)

さて、お店の中に入ると、自家焙煎機があって、コーヒーのいい香りが立ちこめています。
モモンガコーヒー (13)

色々の豆を扱っていて、ネットでも販売をしているようです。
モモンガコーヒー (3)

店内は窓に面してカウンター席。半地下の場所にソファー席などあって、半二階という思われる場所は倉庫になっていました。
モモンガコーヒー (4)

我々はカウンター席に座りメニューを見渡します。

ホットコーヒーが一番飲むべきものだとは思いましたが、この日、越前大野城まで登ったり、街中を散策したりしてのどが渇いていたので冷たいドリンクが欲しくなりました。
モモンガコーヒー (6)

珍しいアイス系のコーヒーもメニューに載っていたので、少し選ぶのに迷いましたが、私は結局「アイスラテ(520円)」を飲むことにしました。
モモンガコーヒー (10)

一番下にエスプレッソダブル。その下にミルクの二層になっています。のどが渇いたので一気に飲んでしまいました。^^;

ビスケットもサービスで添えられています。

妻は「バレンシアソーダ(550円)」です。
モモンガコーヒー (9)

こちらはエスプレッソ+ソーダ+オレンジの三層ですね。きれいです。かき混ぜて飲むのがもったいないくらいです。

スッキリとしたあとくちで、オレンジがアクセントになっています。美味しいです。

我々がお店に入った時はお客様はいなかったのですが、その後、店内で飲む人や豆を買い求める人など何組かいらっしゃって賑わいました。

色々こだわりのコーヒーも飲めると思いますが、次回のお楽しみということで。ご馳走様でした。

モモンガコーヒー
福井県大野市元町8-17
 中央共同ビル 1F
10:00~19:00
土日祝10:00~18:00
火曜、第3日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福井県立恐竜博物館には、子供が小さいころは2度ほど行ったことがあります。
恐竜博物館

開館は2000年。大きくなってからは行く機会がなかったので、行ったのは15年ぶりくらいかもしれません。

そうそう!途中一度近くまで行ったので寄ろうと思ったのですが、下のほうの道路まで順番待ちの車の列が出来ていたので諦めたことがあります。

今回も土曜日ということで、朝一に行こうと白峰経由で車を走らせます。そして9:20頃に到着すると、第一駐車場は三分の一ぐらいの埋まり具合でした。
恐竜博物館 (3)

オープン時間は9時です。まぁ、このぐらいの時間だったら通常の土曜日は館内の混雑もそれほど気にはならなかったです。

で、まず最初に立ち寄ったのは、地上階フロアにある「カフェDino(ディノ)」。
恐竜博物館 (14)

この日、私は家で朝食を取らなかったのでお腹が空いていました。そこで最初に入ったのですが、我々が最初のお客様でした。
恐竜博物館 (6)

ここでの目的は、「恐竜バーガー(560円)」を食べること。
恐竜博物館 (10)

この恐竜バーガーは恐竜の足跡の形をしたバンズで作られたハンバーガーです。

まぁ、ブログネタですね!?^^;

朝早くだったのにすぐに出されたということは、パテは事前に作ってあったのでしょう?この手のお店ではやむを得ないです。
恐竜博物館 (12)

バンズを外すとこんな感じ。ポテトフライもたっぷりついていました。
恐竜博物館 (11)

あと、これは「恐竜ラテ(500円)」。恐竜のラテアートが描かれていますが、造形的には今一つかな?^^;
恐竜博物館 (8)

こちらのお店では、フクイザウルスの玉子カレーという恐竜型のナゲットが乗せられてカレーなんてメニューもあったりして、子供たちも大喜びすること請け合いです。

さて、食べ終わったので展示を見ることにしましょう!
恐竜博物館 (15)

しかし、いつ来ても「福井県立恐竜博物館」は建物も展示も素晴らしいですね。
恐竜博物館 (25)

本当に太古の地球はこんな感じだったのか!?と思うくらいよくできています。

展示物を真剣に見て周ると半日はゆうにかかるでしょう。

今回はだいぶ駆け足で見て周りました。

展示は「恐竜の世界」「地球の科学」「生命の歴史」の3つのゾーンから構成されています。
恐竜博物館 (24)

大型復元ジオラマ。いつ見ても精巧な作りです。
恐竜博物館 (20)

発掘現場を間近に感じながら発掘体験ができる「野外恐竜博物館」何てのも出来ていましたが、今回は立ち寄りませんでした。

今回短い時間の滞在でしたが、久しぶりに童心に帰って楽しむことが出来ました。そしてご馳走様でした。

福井県立恐竜博物館
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
TEL 0779-88-0001
9:00~17:00(入館は16:30まで)
一般720円、高・大学生410円、小・中学生260円
未就学の幼児、70歳以上の方は無料
第2・第4水曜・年末年始(12月29日~1月2日)休館
その他施設点検等のため臨時休館有

Dino(ディノ)
恐竜博物館内
TEL 0779-87-1109
9:00~17:00(L.O.16:30)
不定休(恐竜博物館に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

とある土曜日に思い立ったように越前大野・勝山に行って散策してきました。

越前大野・勝山に行くのも久しぶりです。

まず大野市です。大野市は福井県嶺北地方では観光都市として有名で、名所旧跡も多いところです。

話題なのが、天空の城としても全国的に有名になってきました越前大野城。

天空の城と言われる状況は、10月から4月末頃の色々気象条件が重ならないと雲海のような霧がたちこめないので、なかなか見ることが出来ません。

そして、その天空の城を見るには、お城のある亀山に昇るのではなく、別な山に登ってみないと見ることは出来ないのです。

我々は、お城のほうを見学するべく、お城がある亀山に登ります。

日本では安土桃山時代後期から江戸初期まではお城は山に築かれていました。敵が攻めにくくなるという理由ですが、攻めにくいということは、見学する我々も大変だということです。^^;

南門から20分ほど坂道を登ってお城に到着です。お城へ登る道は整備されていて歩きやすかったです。
越前大野城 (2)

天守自体は1795年に焼失して以降再建されていませんでしたが、1968年(昭和43年)に鉄筋コンクリート造りにより建てられています。
越前大野城 (5)

入場料金は大人200円。内部は鎧兜などが展示されていて、最上階からの眺めも素晴らしいです。

お城を見学の後、城下町のほうを巡ってみることにします。

大野の城下町は碁盤の目に整備されています。それが「北陸の小京都」と呼ばれる所以です。

大野の街で有名なのが朝市。
大野 (3)

七間朝市通りの朝市は、400年以上の歴史を誇り、朝7時~11時頃まで毎朝開かれていますが、この日はその時間帯には間に合いませんでした。^^;

後日機会があればまた紹介したいと思います。

その朝市が開かれている道路や周辺の商店街をぶらり歩いて入ったのが、「OCONOアートプレイス」。
cocono (18)

明治期に利用されていた古民家をリノベーションした施設で、館内は3つのギャラリーのほか、ショップ、カフェが併設されていました。
cocono (2)

ギャラリーの見学には200円の料金が必要です。
cocono (19)

ちょうど行った時は、ギャラリーオープン記念で、虹の画家 靉嘔(あいおう)氏の新作展「New Prints 2013.2017恐竜シリーズ」が開催されていました。
cocono (8)

恐竜の作品は写真撮影okでした。

ポップなイラストで楽しい気持ちにさせてくれますね。

COCONOアートプレイス
大野市元町12-2
TEL 0779-64-4848
9:00~17:00
月曜休(祝日の場合は翌日)、年末年始

靉嘔 AY-O「New Prints 2013.2017恐竜シリーズ」
-水金地火木土天海冥・今何時・白亜紀多"-
COCONOアートプレイス オモヤギャラリー
3月21日~7月16日
大人 200円
中学生以下 無料
団体(30人以上) 100円

このあと、南部酒造にも立ち寄りました。
南部酒店

越前大野は日本百名水「お清水」がある名水の里で、また酒造好適米「五百万石」の日本有数の産地でもあります。

当然、大野で作られる日本酒は美味しいと言われています。

普段、大野の酒は小松ではなかなか手に入りません。こんな時に試に買い求めてみました。

「花垣 茶木屋 純米原酒」です。蔵直限定でこちらでしか売っていない酒です。
南部酒店 (3)

アルコール度数18度でしっかりとした感じの酒で、これからの季節はロックで飲むといいですよ!とお店の方にお聞きして、家に帰って冷やしてロックで飲んでみました。

確かにしっかりとした味でコメの旨みを感じさせてくれる日本酒だったと思います。

南部酒造場
大野市元町6-10
TEL 0779-65-8900
9:00-17:00
1月の日曜休

最後は勝山市の施設です。

ちょうど、「八助」というそば屋さんに行くときに見つけて入ることにしました。
ゆめおーれ勝山

一言でいうと、織物産業の歴史や織物のしくみが学べる施設です。
ゆめおーれ勝山 (6)

昭和の時代に活躍していた実際の繊維機械が動いてるのを見ることが出来ます。
ゆめおーれ勝山 (4)

間近で機織りの機械が動いているのを見るのは初めてかもしれません。

石川県でも、同じようなものが多く活躍していたんでしょうね?勉強になりました。

ちなみに、いま国会でも働き方改革の議論が盛んですが、昭和初期の繊維産業で働いていた女工さんの休みは月に2日だったそうです。^^;

はたや記念館ゆめおーれ勝山
福井県勝山市昭和町1丁目7-40
TEL 0779-87-1200
9:00~17:00
12月29日~1月2日休館
入館無料

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

道の駅紹介シリーズは、初めて福井の道の駅の紹介です。
道の駅 みくに (20)


行った日はGWということもあって、大勢の人で賑わっていました。
道の駅 みくに (10)

屋外では陶器市もやっていました。
道の駅 みくに (2)

メインの建屋は福井のお土産類や農産物の直売所があり、大きなスペースを割いています。北陸でも販売コーナーとしては大きなほうではないでしょうか?
道の駅 みくに (4)

その中でも、こちらの「手作り工房」が人気のようです。特に「ねりもの工房」が人気のようで、出来立ての練り物を求めるお客さんでいっぱいでした、私も買い求めようと思ったら、いま出ている分はすべて予約済みだそうで、次回は40分くらいかかりますと言われ断念。

そこで買い求めたのは、福井の嶺北地方で有名な油揚げと、同じく福井で有名な日本酒「梵」の純米大吟醸酒粕に漬けこんで作られた「クリームチーズの粕漬け」。
道の駅 みくに (8)

「クリームチーズの粕漬け」は酒粕の香りがほんのりして、日本酒でもワインでも合うようなチーズでした。

そして夕飯で食べるお惣菜として「キャベツミンチカツ」「ズワイガニ入りクリームコロッケ」。

私は「キャベツミンチカツ」を食べましたが、キャベツのサクッとした食感を感じるジューシーなミンチカツでした。
道の駅 みくに (12)

レストランは地元特産品飲食コーナーとなっていて、地元でとれた農産物や魚介などを使用したメニューを楽しむことが出来るようですが、今回は入りませんでした。

三年子花らっきょをトッピングした「らっきょラーメン(800円)」なんてユニークなラーメンもあるようでした。個人的にはらっきょうは苦手な方なので遠慮したいのですが…。^^;
道の駅 みくに (13)

レストランの入り口付近に飾られていたこちらは、大相撲の優勝力士に昔贈られたことがあるらっきょう入りのトロフィーです。もらった力士も逆に大変だったのでは?

あと、らっきょう資料館もあるとネットでは書かれていましたが、わかりませんでした。

道の駅 みくに (18)
最後に私は、同じ敷地にある高橋牧場直営の売店で、オリジナルソフトクリーム(320円)を買い求めました。
道の駅 みくに (16)

4月末なのに初夏のような暑さだったので、冷たいものが欲しくなったからです。

三国にある高橋牧場で搾乳された新鮮な牛乳を使用した、濃厚で爽やかなソフトクリームです。人工甘味料や香料などを一切使わずに作られていて、それほど甘くなく美味しかったです。

道の駅は本当にどこも賑わっていますね。ご馳走様でした。

道の駅 みくに・ふれあいパーク三里浜
福井県坂井市三国町山岸67-3-1
TEL 0776-81-6392
9:00~18:00(施設により異なる)
ファーム高橋手造りミルク工房
9:30~17:00
8・9月は休みなし


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先日紹介しました「そば処 大喜」でおろしそばを食べてから向かったお店です。

そば屋さんの場合、往々にして一杯のボリュームが少なめなところがあります。

そのため、2杯食べてお腹的にはちょうど良かったりします。

一方、グルメブログをやっていると、基本休みの日しかネタ探しをできないので、休日一日でいかにネタを多く稼ぐかも重要になってきます。^^;

ということで、この日2軒目のそば屋さんです。
石勝食堂 (10)

「石勝食堂」。こちらのお店は三国の海岸線からほど近いところにあります。

「そば処 大喜」と同じく「越前坂井 辛み蕎麦」メンバーのうちの一軒です。

辛さの指標は「R-12~R-15」ということで「ピリッと辛い~辛い」ということになっていました。

店名に食堂と付いていることからもわかる通り、こちらのお店はそばの専門店ではありません。
石勝食堂 (9)

内部もまさに食堂の趣ですね。
石勝食堂 (3)

うどんやラーメン、丼物などがメニューに載っています。福井のご当地グルメの一つであるソースかつ丼などもメニューにありました。

しかし我々は、初志貫徹で「おろしそば(580円)」を二人とも頼みます。

もっとも、それ以外お腹には入りそうにないということもありましたが。^^;
石勝食堂 (6)

出されたのがこちら。
石勝食堂 (8)

中太のいなかそばで、ツヤがあります。そのためのど越しのいいそばでした。太さはきれいに切り揃えられていました。

コシも強く辛み大根の力強さにも負けない風味でよかったですね。

切れのいいダシでしたが、さすがに辛いので飲み干すことは出来ません。そして、さすがにそばも2杯目を食べるとお腹も満足になったようです。

あと、こちらのお店でも、そば湯はまだ提供できないと言われました。12時頃でしたが残念です。

GW前半の休日でしたが、お客さんは地元の方ばかりのようでしたね。ご馳走様でした。

石勝食堂
福井県坂井市三国町南本町4-11-12
TEL 0776-81-2719
11:30~15:00
17:00~20:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ