あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:中部(石川除く) > 福井


この8日までの10連休というかたもいらっしゃるとは思いますが、私は5日まででした。

先日、GW前半についてアップしたばかりですが、今日はGW後半について。

GW後半はお天気にも恵まれましたね。

おかげで行動制限のない3年ぶりのGWの混雑でした。

まず3日は、福井までドライブ。

福井と言ってもあわら・坂井市という小松からは北陸自動車道を利用すると30分強で着いてしまう近場です。
金津創作の森美術館

目的は金津創作の森美術館で開催されている「KOSEI KOMATSU EXHIBITION 光と影のモビール 森の夢」を見ること。妻のリクエストでした。

金津創作の森美術館へ行くのは4年8ヵ月ぶりです。前回のことはこちらに書いています
金津創作の森美術館 (34)

さて、小松宏誠氏のことは私はまったく知らなかったのですが、彼は「浮遊」ということに興味を持ち、「自然からの発見と、素材やテクノロジーを駆使した繊細で美しい、次世代のモビールアートの世界」を作り出し、動きのある大規模なインスタレーションを展開しています。
金津創作の森美術館 (60)

オープン時間前に着いたので、まずは屋外展示のほうを先に見ることに。
金津創作の森美術館 (10)

いいお天気だったのと新緑の季節なので、展示作品が映えます。
金津創作の森美術館 (13)

小松宏誠氏の作品は「鳥」や「羽根」をテーマに、「軽さ」「動き」「光」をキーワードに加えて、独創的な作品を編み出しているのです。
金津創作の森美術館 (49)

展示はすべて写真・動画の撮影ok!
金津創作の森美術館 (45)

特に展示物に動くものが多かったので、動画撮影している女性の方が目立ちました。
金津創作の森美術館 (48)

この「KOSEI KOMATSU EXHIBITION 光と影のモビール 森の夢」展は6月12日まで開催されています。興味のある方は是非見に行ってください。

金津創作の森美術館
福井県あわら市宮谷57-2-1
TEL 0776-73-7800
KOSEI KOMATSU EXHIBITION 光と影のモビール 森の夢
~ 6月12日(日)
10:00~17:00(最終入場16:30)
会場:美術館 アートコア
月曜休館(祝日の場合は開館、翌平日休館)
観覧料 一般 600円

お次はGW期間中、毎年開催されている「風と緑の楽都音楽祭」について。
金沢駅 (3)

今年のテーマは「ロマンのしらべ~金沢が浪漫に染まる」。昨日まで石川県立音楽堂のコンサートホールで行われていました。

5月4日の金沢市内は、久しぶりに県外からの観光客が大勢!ごった返していました。
金沢21世紀美術館 (2)

金沢21世紀美術館も凄い人でしたね。
石川県立音楽堂

さて、今年はこの日の2つのコンサートを聴いてきました。「風と緑の楽都音楽祭」のたくさんあるプログラムのうち「慟哭するエルガー!~宮田大×チェロ協奏曲」と「クリストフ・コンツのメンデルスゾーンに酔う」です。

一昨年は「風と緑の楽都音楽祭」そのものが開催中止。昨年は規模を縮小して開催。今年も規模を縮小しての開催でしたが、昨年よりは大きな規模での開催となりました。
石川県立音楽堂 (6)

でも、コロナ禍前はコンサートホールの演目は満席のことが多かったのですが、今年は2つのコンサートとも少し空席がありました(昨年はコンサートホールでは聴いていないのでわかりませんが)。

まず午前は「慟哭するエルガー!~宮田大×チェロ協奏曲」。

宮田大さんは「題名のない音楽会」などTV番組にも時々見かける日本では人気のチェロ奏者。昨年の「風と緑の楽都音楽祭」でもゲストとして出ていまして、我々も聴きに行っています。
http://asap.blog.jp/archives/43761499.html
それ以来、妻がファンになり、その後の金沢のコンサートを聴きに行っていて、今年も妻のリクエストで行くことになりました。

演目はブラームス:ハイドンの主題による変奏/エルガー:チェロ協奏曲で、オーケストラはセントラル愛知交響楽団、指揮はクリストフ・コンツ氏。

やはり生の演奏は迫力があって、チェロの奏でる音の振動まで感じるような気がしました。

午後の「クリストフ・コンツのメンデルスゾーンに酔う」のほうは、午前中に指揮をしていたクリストフ・コンツ氏が、オーケストラ・アンサンブル金沢とヴァイオリンで共演、そして指揮もしていました。

こちらも聴きごたえがありましたよ。

最後に「第113回 九谷茶碗まつり」について。

最終日の5日、帰省していた子供たちと一緒に九谷陶芸村会場に小一時間巡ってきました。

今年は分散開催になっていて、九谷陶芸村会場は臨時の会場など設けられていませんでしたが、それなりに多くの人出。
ハレクタニ (2)

ざっと巡って、こちらの小皿を5客分
ハレクタニ (5)

ハレクタニ」という北野陶寿堂が立ち上げたブランドで、現代の生活に馴染むようなデザインの九谷焼を展開しています。

皆さんはどのようなGWを過ごされたでしょうか?来年はすべての制限なし、かつマスクなしで「ブラボー」と叫べるようなGWであってほしいものです。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日は福井県のパン屋さんの紹介です。
麦客

場所は坂井市三国町にある「焼きたてパンの店 麦客(マイカ)」というお店です。

福井県北部のそば巡りの帰りに買い求めに行きました。

実は、最初あわら市の他のお店に行ったのですが、土曜日でしたがお休み。もう一軒はすでにパンが売り切れ、三国のそば屋さんで食べているときに検索して見つけたこちらへ急行した次第です。

もう20年近く営業しているのでしょうか、昔から地元の老若男女問わずのお客さん向けにパンを作り続けていらっしゃいます。

比較的小さなお店でした。
麦客 (2)

店内にはハード系から菓子系までパンがいろいろ並んでいて、お値段も手ごろでした。

全体的にはソフトなパンが多いような気がします。

小さな子供さんからご年配の方まで家族全員が食べられるパンを作っているようです。

では、今回買い求めたものを紹介します。

私が食べたのは「あらびきウインナー(162円)」です。
麦客 (8)

少し外側が固めでした。中はこんな感じです。
麦客 (9)

ウインナーが一本丸ごと入っているのではなく、小さく切られたものが入っていました。

妻はこちらの「チーズフランス(172円)」。
麦客 (7)

ソフトなタイプです。
麦客 (6)

母には「クリームパン(151円)」でした。

どれも値段はリーズナブルですね。

地元に長く愛されるパン屋さんは老若男女が楽しめるお店でした。ご馳走様でした。

麦客(マイカ)
TEL 0776-82-4557
福井県坂井市三国町中央2-3-20
7:00~19:00
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

福井県北部のそば巡りの合間に一服したお店の紹介です。

Nora」という坂井市三国町にあるアグリツーリズモを体験できる施設にあります。
Noraカフェ (18)

ミニ動物園・いちご狩り・農園レストラン・宿泊・パスタ食堂・カフェなどがある複合型のところで、駐車場は第5駐車場までありました。大きな施設ですね。

ミニ動物園まであるので、いいお天気で家族連れに方が多くいらっしゃいました。
Noraカフェ (19)

ヤギがのんびりとひなたぼっこ。

ちなみにAgritourismo(アグリツーリズモ)とは、「アグリカルチャー(農業)とツーリズム(観光)をあわせた造語で、農作業を手伝いながら宿泊する」という意味があるようです。
Noraカフェ

さて、我々が入ったのは「Noraカフェ」。イチゴを使ったパフェ・スイーツ専門店&カフェです。
Noraカフェ (6)

店内に入ると、こちらではイチゴを使ったケーキやプリンが売られています。
Noraカフェ (5)

メニューにはイチゴのパフェなど並んでいます。

2階がカフェスペースになっていて、イートインする場合は、まずはカウンターでオーダーをして料金を支払って2階に上がって呼ばれるのを待つわけです。
Noraカフェ (8)

2階は多くの人が入れるスペース。

広い窓から太陽の光が注ぎ込んで明るい空間でした。

呼びブザーが鳴って取りに行きます。

我々が頼んだのは「いちごプリンアラモードパフェ(900円)」と「いちごのカフェオレ」。

「いちごプリンアラモードパフェ」は細長くて不安定な形状で、セルフサービスのため2階まで持って上がるとき緊張しました。汗
Noraカフェ (11)

自家農園で作られてたいちごがたっぷり使われています。あとはプリンとパイ、そして生クリーム、上にはチョコがトッピングですね。細長いので少し食べにくかったです。
Noraカフェ (12)

「いちごのカフェオレ」のほうはいちごの風味が楽しめるカフェラテ。

いちごミルクのほんのりいちごの風味。甘さは控えめでした。

なお。いちごの季節以外は旬のフルーツを使った商品になるようです。

駐車場が5か所ありますすが、近くの駐車場は混みあっていましたが、他はそれほどでもなく、カフェのほうも我々がいる間は、行った時点で他の方はお一人だけいらっしゃっただけでした。

あと、人手不足なのか飲み食べ終わったグラス類が返却スペースにたくさんたまっている状態でした。汗

「アグリツーリズモ」という、ある意味先進的な試みの複合施設。ちょうど今がイチゴの旬の時期で、GW期間中多くのお客さんで、さぞや賑わうだろうと思います。ご馳走様でした

Noraカフェ
福井県坂井市三国町池上53-1
TEL 0776-97-8783
10:00~17:00(L.O.16:30)
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

福井県北部のそば屋さん巡りPrat2です。

今日のお店は坂井市三国にあるそば屋さんです。

坂井市といえば「越前坂井辛み蕎麦」というのをPRしていて、私も過去に何店舗か紹介したことがあります

また坂井市の丸岡地区は蕎麦の産地として知られていて、早刈りの在来種のそばとして有名です。緑がかったきれいなそばですね。

この日、2軒目として伺ったのは、比較的車通りが多い道路沿いにある「そば処 あおき」。
そば処あおき

こちらの大きな看板が目印です。こちらのお店は、さきほど紹介した「越前坂井辛み蕎麦」のグループには入っていません。
そば処あおき (2)

看板の割には外観はこじんまりとした感じのお店。
そば処あおき (7)

到着したのは13時少し前でしたが、お店はカウンター席と4人掛けのテーブル席×2、小上がりの座卓席×2が満席。コロナ禍で席を間引いていることもあるのかもしれませんが人気なのですね。いい立地なので観光客が多く利用しそうです。

数分待ってテーブル席に案内されました。
そば処あおき (4)

お品書きです。
そば処あおき (5)

種類が豊富です。
そば処あおき (6)

どうも天ぷらがウリなようで、私は「天おろしそば(1,300円)」を頼むことに。人気№1だそうです。

出されたのがこちら。
そば処あおき (10)

福井の「おろしそば」だと削り節がかけられていますが、こちらのお店はざるそばのように刻み海苔がかけられていました。
そば処あおき (13)

大根おろしはつけ汁に事前に入れられていました。ぶっかけではなくつけて食べるおろしそばですね。少し甘さを感じるツユでした。大根も辛さはそれほど辛くありません。

福井の「おろしそば」といえば、太めのそばに辛めの大根おろしのコンビのところが多いのですが、こちらのお店は一線を画しています。

また、そば粉自体は福井県産のを使用しているようですが、同じ坂井市に丸岡そばがありますが、どうもそちらではないような気がしました。
そば処あおき (11)

ウリの天ぷらは揚げたてで衣薄め。海老1尾と野菜類。お店の方が大根おろしのつけ汁につけて食べるのがおすすめと言っていたので、そうして食べました。

天ぷらを天丼で食べているお客さんが何組かいらっしゃいましたが、天丼にも向いているかもしれません。

妻は「おろしそば(700円)」です。
そば処あおき (9)

私の「天おろしそば」より量が少し少なめでしょう。

なお、私の天ぷらとそばは妻とシェアして食べています。

そばも2軒目となると、食べ終わったあと満腹感が相当ありました。

観光客の方が、福井県の「おろしそば」のイメージで入ると少し戸惑うかもしれません。しかし総合的には天ぷら含めて美味しいお店だったと思います。ご馳走様でした。

そば処 あおき
福井県坂井市三国町加戸119-10-32
TEL 0776-81-2883
10:30~15:00
そばが無くなり次第終了
第2・第4木曜、金曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

久しぶりに福井県の北部、あわら市と坂井市三国へ行きそば屋さん巡りをしてきました。

これまで何度か行っていますが、今回約4年ぶりになります。ここ2・3年は大野・勝山に行っていました。

小松を出て大聖寺を通り、あわら市へ入ります。

まずお邪魔したのは、あわら温泉街の中にある「そば処 日の出屋」という老舗のそば屋さんです。

あわら市観光協会のページで「香り高い福井県産最高級そば粉とあわら地区の良質の天然地下水を使って打ち上げた、こだわりの手打ちそばをご提供しております。」と書かれていたので行ってみることにしたわけです。

小松から45分ほどで到着。意外と便利です。
日の出屋 (2)

風情を感じる建屋ですね。

開店時間の11時少し過ぎたころにお店に入りました。先客はいません。
日の出屋 (10)

店内です。了解を頂き写真を撮りました。そばを打つスペースが見えます。
日の出屋 (4)

小上がり席。
日の出屋 (5)

そしてお品書きです。
日の出屋 (6)

これ以外にも丼などありましたが、それほど種類は多くありません。
日の出屋 (9)

出されたそばの素揚げです。

私は、「こがねそば(990円)」というのが気になり、そちらを頼むことに。
日の出屋 (11)

「こがねそば」は、おろしそばに焼いた福井のあぶら揚げをトッピングしてあるそばです。
日の出屋 (15)

少し緑がかった色合いのそば。あわら市のお隣、坂井市の丸岡はそばの産地ですが、丸岡在来種の早刈りそばは緑がかったきれいな色のそばとして知られているので、たぶん、丸岡産のそば粉を使っているのだと思います。またそばは地下水を使って打っているようです。
日の出屋 (14)

別に入れられていたツユをぶっかけしていただきます。色が薄めで少し甘みを感じる上品なダシでした。

そばは太めの切り方をするお店が多い福井では珍しい細切り。丸岡在来種の早刈りそばはのど越しがいいので、そうしているのかもしれません。

焼いた油揚げもgood!確かにのど越しのいいそばでおいしかったです。

大根おろしは最初それほど辛みがないと思っていたら、後から辛さがきました。美味しいそばです。

妻のほうは「おろしそば(660円)」。
日の出屋 (13)

福井と言えば「おろしそば」と言えるほど有名ですが、こちらは大根おろしが一緒になったツユをぶっかけて食べます。

この後、もう一軒行く予定だったので、量がそれほど多くはない「おろしそば」でないと、一軒でお腹がふくれてしまいます。ちょうどいいボリュームでした。

人気のお店ですが、我々が行った時間が早かったので、お店を出るまで他のお客さんはいませんでした。しかし人気なお店なのがわかるそばの味だったと思います。ご馳走様でした。

そば処 日の出屋
福井県あわら市二面34-43
TEL 0776-77-2274
11:00~20:00
水曜・第三木曜・1/1・1/2休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ