あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:中部(石川除く) > 静岡

今回の目的の墓参。

場所は富士山麓にあるのですが、最近は小田原でレンタカーを借りて移動しています。
レストランふじおやま

さて、今日紹介する「レストランふじおやま」は国道246号で唯一の道の駅。

駐車場はそこそこ広いのですが、トラックが多く、乗用車の駐車場も満車の状態でした。

しかし、道の駅の中はそれほど混雑しているわけではなかったです。なんでやろ?

さて、足柄山といえば金太郎で有名です。
レストランふじおやま (2)

熊にまたがる金太郎!熊も金太郎もマスクしています。笑

天気が良ければ富士山が見えることがウリの道の駅。この日は天気は晴れだったのですが、残念ながら富士山の周辺には雲がかかっていて姿は見えませんでした。
レストランふじおやま (16)

中に入ると、どこの道の駅と同じように地場産の野菜を売るコーナーがあります。

お土産売り場も充実していました。
レストランふじおやま (8)

レストランです。
レストランふじおやま (7)

こちらも広いスペース。両側に席がたくさんありました。

木のぬくもりを感じる空間です。

12:15ぐらいでランチタイムだったのですが、それほどお客さんはいませんね。しかし、駐車場の混雑を考えると不思議です。
レストランふじおやま (4)

メニューです。
レストランふじおやま (5)

こちらも。色々揃っていますね。
レストランふじおやま (13)

この日は富士山の姿が雲に隠れて見られなかったので、リベンジで「富士山カレー(800円)」を頼んでみました。
レストランふじおやま (12)

スープとサラダが付いています。

肝心のカレーのほうは、それほど辛くはなくマイルドな味。ただ、ご飯の量に比べると私にはルーの量が足りませんでした。
レストランふじおやま (14)

妻は「きのこトロロそば(700円)」。
レストランふじおやま (11)

義母は「ざるそば(550円)」です。

お土産で買ったのはこちらの「ふじおやま金太郎バウム」。静岡県小山町のオリジナルバウムクーヘンでグルテンフリーのヘルシーバウムなようです。
レストランふじおやま (20)

私は食べていないので味についてのコメントはなしです。

コーラはめったに買わないのですが、この富士山限定のボトルが有名だということで買ってみました。
レストランふじおやま (23)

こちらは静岡デザインです。山梨のデザインは富士山のデザインが少し違うようですね。

富士山が見えればそれだけで価値がある道の駅ですが今回は残念でした。ご馳走様でした。

レストランふじおやま
静岡県駿東郡小山町用沢72-2
TEL 0550-76-5258
モーニングコーヒーと朝食8:00~10:30
醤油ラーメン9:00~19:00
通常メニュー10:30~19:00
年末年始、不定休あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

静岡に出張は久しぶりでした。

静岡県といえば、太平洋に面していて、新鮮な魚介が水揚げされる港が多いことで知られています。

水揚げ高でいえば、キハダマグロやカツオ、あとサクラエビなども日本一で知られています。

あと、個人的には生シラスを長い期間食べることが出来るのがうれしいですね。

今回、静岡市へ朝から移動。午前中の仕事を終えて一人でランチを食べることに。

静岡駅まで戻って、駅のアスティの中の飲食店街で取ることにしました。

静岡名物は色々ありますが、やはり海の幸を食べましょう!
海ぼうず (3)

チョイスしたのは「海ぼうず アスティ店」。

「海ぼうず」については本店に8年前に一度行ったことがあります

静岡のご当地グルメを色々楽しめるお店で満足した記憶があります。

さて、アスティ店も人気のお店で、お昼時でしたが緊急事態宣言が解除されて間もないころだったので、観光客や出張のビジネス客が少なかったからか、それほど混雑していませんでした。
海ぼうず (4)

店内は感染対策もしっかりされていました。
海ぼうず (6)

オーダーはこちらの端末で行います。
海ぼうず

ランチメニューです。静岡グルメのランチメニューが色々ありました。
海ぼうず (7)

静岡では、生シラスを食べたい欲求が強かったのと、マグロも有名なので、その両方を楽しむことが出来る「まぐろしらす丼(990円)」を頼むことにしました。

生シラスについては用宗港が有名ですが、表に出ていたメニューには「生」の表記があったのですが、端末メニューにはなぜか書かれていません。
海ぼうず (13)

出されたのがこちら。
海ぼうず (14)

しらすは生姜醤油で、マグロはワサビ醤油で食べます。

あと、鈴岡と言えば「静岡おでん」がご当地グルメとして知られています。
海ぼうず (10)

その中でも「黒はんぺん(130円)」が有名。そちらを単品で頼みました。

青魚が材料の「黒はんぺん」は、食感も白いはんぺんに比べて、多少ざらつき感がありますが、小骨まで材料にしているので体にはいいでしょう。
海ぼうず (12)

こちらのかつおぶしの粉をかけて食べました。久しぶりの静岡おでん。懐かしい味でした。

本当は夕食時に行って、酒を飲みながら、静岡おでんと生しらすを楽しみたかったのですが、この日の夕方に大阪に移動していまったので、次回にのお楽しみということです。ご馳走様でした。

海ぼうず アスティ店
静岡県静岡市葵区黒金町4
 ASTY静岡東館
TEL 054-202-1500
月~土
11:00~23:00(L.O.22:30)
日・祝
11:00~22:00(L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日は静岡で宿泊したホテルの朝食の紹介です。

静岡のご当地グルメといえば、浜松市の遠州エリアや、東の方の伊豆半島近辺のものが思い浮かびますが、静岡市内となるとパッと思いつくものといえば、静岡おでんぐらいではないでしょうか?

静岡おでんについても私は7年ほど前までは知らなかったくらいで、温かい静岡のイメージにはおでんは無かったのです。^^;

しかし、静岡にも出張で行く機会が多くなって、行くと必ず静岡おでんを食べることになってきました。


静岡おでんの特徴は、黒い煮汁と竹串が刺さった状態で出されること。それにイワシやカツオの削り節がかかっていることです。

素材的には黒はんぺんが特徴でしょうか?
ホテル ニューシズオカ

今日紹介します「ホテル ニューシズオカ」は、静岡駅の南口からすぐにある便利なホテルです。料金もお手頃なビジネスホテルでした。

こちらのホテルの朝食バイキングで、そんな静岡おでんが食べられるのです。

おでんには朝食のイメージは薄い?まぁ、そんな堅いこと言わずに食べてみましょう!

朝食は1階で食べます。850円です。
ホテル ニューシズオカ (3)

こちらの写真のフロントの奥のほうに見えるドアの中が食事場所です。
ホテル ニューシズオカ (9)

料金は安いのですが、それ相応のレベルの朝食でした。
ホテル ニューシズオカ (4)

品数は多かったです。ただもう一つそそられるものがなかったですね。
ホテル ニューシズオカ (8)

その中から私は、こんな感じで取ってきました。みすぼらしい盛り方ですみません。^^;
ホテル ニューシズオカ (7)

あとカレーライスを少しです。
ホテル ニューシズオカ (5)

そして静岡おでん。汁が黒くて何があるのかわかりません。
ホテル ニューシズオカ (6)

取ってきたのがこちらの4種類。タマゴ、コンニャク、大根、黒はんぺん。味がシュンでいました。

浸かっておでんの色も黒いです。削り節はかけ忘れです。^^;

これはこれで美味しいかったです。

ホテルの朝食の紹介では「しぞ~かおでん」と書かれているので、「海ぼうず」や「しぞ~か」などのお店を運営する「海ぼうずグループ」から仕入れているのかもしれません。

今回味噌汁はインスタントだったので飲みませんでした。

まぁ、値段的に贅沢は言えませんね。ご馳走様でした。

ホテル ニューシズオカ
静岡県静岡市駿河区森下町1-7
TEL 054-283-8811
朝食 6:45~


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は浜松で宿泊したビジネスホテルの朝食を紹介します。

今回は「リッチモンドホテル浜松」に宿泊しました。
リッチモンドホテル浜松 (6)

リッチモンドホテルグループは全国にホテルを展開していて、各地のホテルでは朝食に、ご当地グルメのメニューを積極的に取り入れているところが多くあります。

今回宿泊した「リッチモンドホテル浜松」は、浜松駅からは少し離れた場所にありますが、繁華街に近く、浜松城公園にも歩いて5分くらいとビジネスにも観光にも便利なホテルです。

比較的大きなホテルで、1階の朝食会場も広いスペースがありました。朝は6:30から営業しているのもうれしいです。

浜松はご当地グルメが多い場所で、うなぎと餃子が代表格。そのほかにも粉物の遠州焼きなどあります。
リッチモンドホテル浜松

朝食はビュッフェスタイルで、特徴は浜松のご当地グルメが色々楽しめること。そして品数も多く和・洋・中と楽しめる構成になっています。
リッチモンドホテル浜松 (2)

写真のピントがあっていませんね。すみません。

色々食べたいものがありましたが、私はこんなものを取ってきました。
リッチモンドホテル浜松 (4)

いつも通りの野菜中心です。
リッチモンドホテル浜松 (3)

最近は炭水化物は極力とらないようにしているのですが、うなぎご飯は欠かせないでしょう?^^;

野菜系のお惣菜も色々揃っていました。

浜松餃子は、昨晩食べたので1個のみ。^^;

手作り豆腐も美味しかったです。
リッチモンドホテル浜松 (5)

あとは、こちらのヨーグルトにオレンジ、そしてドリンクです。

バイキングはついつい取りすぎて食べ過ぎてしまうことが多く注意が必要です。^^;

糧食の料金は宿泊者が1,200円でしたが、内容・味とも満足できる朝食でした。ご馳走様でした。

リッチモンドホテル浜松
静岡県浜松市中区元城町218-1
TEL 053-450-5575
6:30~10:00(9:45最終入店)
大人1,200円(宿泊者以外は大人1,500円)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


そこで食べていたら、浜松のご当地グルメの浜松餃子をこのままだと食べることが出来ないと途中で気が付きました。

そこで急きょもう一軒餃子を食べに行きたくなりネットで調べたら、近くに「濱松たんと」のお店があるということで向かうことに。

「濱松たんと」は本店に約5年前に行っています。浜松市内に4店舗、そして名古屋やホノルルにもお店があります。

その時のことは「一軒で遠州名物料理が手ごろな値段で楽しめるうれしいお店で、旅行や出張で浜松に来た人におすすめ」とブログで書いていました。

いま読み返すと、本当に色々な料理を楽しんでいますね。

今回は2軒目ということで軽く飲み食べするのみ。
たんと

お店の外観です。庶民的な雰囲気です。
たんと (2)

外に出ていたメニュー看板。やはり色々なメニューがありました。
たんと (3)

まずはハイボールで乾杯です。

何か、遠州地方の乾杯の掛け声があるようで、それがジョッキに書かれています。

「やらまいか!おいしょお~!!」

店員の方の音頭で我々もその掛け声で乾杯をさせれれました。^^;

このあたりは個人的にはやめてほしいところかもしれません。
たんと (4)

お通しは、豆腐に浜名湖産の海苔がかけられたもの。きれいな緑色です。
たんと (7)

そして急きょ行くことになった理由である浜松餃子を頼みます。14個で800円。
たんと (5)

遠州浜松産のブランド豚肉「遠州夢の夢ポーク」や三方原で収穫されたキャベツなど地元産にこだわっていて、当日の分はその日に作って、作り置きはしないようです。鮮度にもこだわっているようですね。キャベツたっぷりで食感がシャキシャキして美味しかったです。
たんと (6)

あと頼んだのは、こちらの「たんとサラダ(580円)」のみ。

以上、サクッと飲んで食べて二人で3,000円!安いです。2軒でお腹も満腹になりました。ご馳走様でした。

濱松たんと 有楽街店
静岡県浜松市中区肴町318-17
TEL 053-458-2511
 FJビル1F
17:00~25:00(L.O.24:30)
無休 ※年末年始休みあり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ