あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:関西 > 大阪

今日は大阪で買い求めたパンの話題です。

小松に戻る前に翌日の朝食用に買い求めました。

初めて天王寺のパン屋さんで、天王寺駅ビルの天王寺MIO1階にある「ブレクレール」です。
ブレクレール (6)

株式会社レアールパスコベーカリーズというころがやっているお店で、他に「PAUL」などいろいろなブランドを持っています。

多くの人が行き交う天王寺駅の1階にあって便利なお店ですね。

お店も大きくパンの種類がとても豊富でした。一等地で路線価が高い場所ですが、店内で焼き上げたパンを買い求めることができるので人気です。

いろいろ興味を引くパンもあったのですが、その中から私は「しお枝豆のカマンベールスティック(税抜190円)」を買って食べました。
ブレクレール (10)

枝豆とカマンベール入りチーズが中に入っていて、切るとこんな感じです。ゲランドの塩がトッピングされていました。
ブレクレール (11)

このパンは、私が大阪に住んでいた時欠かさず見ていたMBSの番組「魔法のレストラン」で6月13日に紹介されていたようです。サクッとした生地でいい塩梅でした。

妻には「とろ~りバジルフロマージュ(税抜240円)」。
ブレクレール (8)

チーズにバジルペーストをのせて焼き上げてあります。

娘には「塩だれキャベツドッグ(税抜180円)」。
ブレクレール (7)

ウインナーとキャベツにチーズをのせて焼き上げてあります。

母には「純生クリームパン(税抜150円)」です。
ブレクレール (4)

柔らかいパンで北海道ミルクを使ったクリームだそうです。

これだけ多くの種類ンパンがあるので、飽きることなく楽しむことができますね。ごちそうさまでした。

ブレクレール
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-39
 天王寺MIO 本館1F
TEL 06-6770-1004
7:00~22:00
不定休(天王寺ミオ準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は大阪出張で宿泊したホテルの紹介です。

今回利用したのは「ホテルトラスティ心斎橋」。10年半前に福岡から大阪に転居するとき住まいを探しに来たときに宿泊したのがこちらのホテルでした。

それからもしかしたら一度ぐらいは宿泊したかもしれませんが、懐かしい感じがしました。

心斎橋駅から3分ほどのところにあって便利です。

コロナ禍の前は値段も高めに推移していて、満室の時が多かったため、なかなか泊まることができませんでしたが、いまは値段も手ごろになっています。

ホテルの方にお聞きすると、こちらはインバウンド需要に特化していたわけではなかったので影響はそれほど大きくなかったようです。
ホテルトラスティ心斎橋 (11)

外観はちょっとヨーロッパの雰囲気?エントランスやロビー含めて一般のビジネスホテルとは違って少し高級です。
ホテルトラスティ心斎橋 (3)

部屋のサイズはビジネスホテル並み?で施設そのものは少し古いかもしれません。

さて今のコロナ禍のなか、朝食はレストランで食べることが出来ずに、朝食BOXでの提供に変更されていました。
ホテルトラスティ心斎橋 (6)

内容はハムとチーズのパニーニ・お惣菜・サラダ・冷製スープ・コーヒー、又は紅茶(ホットのみ)となっていて、毎日同じメニュのようです。私は連泊したのですが確かに同じでした。
ホテルトラスティ心斎橋 (5)

1階のレストランまで取りに行く必要があります。
ホテルトラスティ心斎橋 (4)

中には誰もいなかったからか、こちらで食べてもいですよ!と言われましたが、部屋で食べるつもりだったのでお断りました。

セットはこんな感じ。
ホテルトラスティ心斎橋 (10)

冷製スープはジャガイモ。惣菜はフリッタータのようなイタリアオムレツとキャロットラペをはじめ各種マリネ。野菜サラダもありとてもヘルシーな内容です。
ホテルトラスティ心斎橋 (9)

アルミホイルに包まれていた中にはパニーニ。厚みがあり、惣菜含めて全部食べたら結構ボリュームがありました。本当は暖かく食べたかったですが。

この日、ホテルの稼働率がどのくらいかはわかりませんでしたが、大阪自体がインバウンド需要に支えられていた側面があると思うので、ホテルの苦戦は続くのかもしれませんね。ごちそうさまでした。

ホテルトラスティ心斎橋
大阪府大阪市中央区南船場3丁目3-17
TEL 06-6244-9711
朝食BOX受け取り可能時間は7:00~9:30


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の大阪出張では予約変更がきかないお安いチケットを購入していました。

仕事が終わりサンダーバードの時間までに少し時間があったので、大阪で軽く食べて帰ることに。

結果的にはサンダーバードが1時間以上遅延したので、ここで少しお腹に入れておいたことが正解でした。

行ったのは天王寺駅の真上にある天王寺ミオプラザ館。このフロアには「ミオえきッチン&LOOP」と「エキうえスタンド」というのがあって、「エキうえスタンド」では立ち飲みで気軽に飲み食い出来るお店が軒を並べています。

JR天王寺駅改札すぐそばという地の利を生かして、電車待ちの時間に軽く一杯!なんて使い方が出来るということです。
すしまる

すしまる (2)

フジオカンパニーというところがやっていて、寿司メインですが「牡蠣とワイン」という店名からもわかる通り、ワインを飲みながら牡蠣や寿司を楽しむといった、少し女性客を意識した展開になっています。

実際、私が食べた日も女性一人のお客さんが半分以上占めていました。

行く前にネット情報で、千円で握り5貫に牡蠣1P、そしてワイン一杯ついているセットがあるということで、情報をよく読まずに行きました。

そしてスパークリングを頼み、この日の牡蠣を食べていたら、スタンプ押しましょう!とお店の方が話してきました。事情が分からずお聞きすると、この千円のセットは「ちょい飲み手帖」という主に関西で発行されているグルメ本の企画セットだったのです。^^;

「ランチパスポート」のようなものですね。

でも今回はお店の方にokしていただきました。ありがとうございました。
すしまる (9)

ワインはイタリアのスプマンテです。こちらのお店ではワインはグラスで頼んでも1杯500円とリーズナブルな設定です。
すしまる (11)

牡蠣は宮城女川産で、ソースがこちらの5種類からチョイスできます。私は「うに醤油」でお願いしました。
すしまる (7)

握り5貫がこちら。
すしまる (12)

まぁ、北陸に住んでいる者としてはそれほどではなかったのですが、値段を考えれば満足。
すしまる (6)

で、このセットだけでは申し訳なく思って、白ワイン(500円)を追加で飲んでしまいました。^^;
すしまる (13)

フランスの辛口です。

これで合計1,650円ですから、駅上にこのようなお店があって、仕事帰りにサクッと飲んでつまんで帰る!大阪の人がうらやましいかもしれません。ご馳走様でした。

すしまる 天王寺MIO店
050-5597-0649
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-48
 天王寺ミオプラザ館M2F
11:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

行ったのは7月中旬。大阪でも陽性者が増えていた時でしたが今の状況よりはだいぶ少なかったです。

前にも書きましたが、夕飯を食べるときは、3密を避け、グループや若い人が行くようなお店はなるべく避けるために、今回は沖縄料理のお店をチョイスすることにしました。

行ったお店は「東心斎橋 ほおずき」。
ほおずき (3)

ご覧の通り私がいる間は他のお客さんは誰もいませんでした。
ほおずき (5)

行った日の前日はそこそこお客さんが入っていたとお店の方が話していましたが、この日は私が帰るまで一人きり。少し寂しい感じもしましたが、安全であることは間違いないですね。
ほおずき (7)

沖縄料理も食べられますが、専門店ではなく沖縄料理以外にも色々なメニューがありました。もつ鍋もウリなようです。
ほおずき (6)

最初、入口に出ていたメニューに石垣島ビールがあるということで、そちらを飲みたかったのですがありません。そこで、缶ビールでしたがオリオンビールを頼みます。
ほおずき (12)

お通しです。沖縄料理ではありませんね。オーナーが沖縄出身かお聞きしたらそうではないようです。

そして頼んだのはまずは野菜ということで「海ぶどう入り琉球サラダ(税抜780円)」。
ほおずき (14)

沖縄直送の海ぶどうがたっぷり盛られています。そしてゴーヤも。特製ドレッシングが美味しかったですね。

ただスーチカーという沖縄の豚を塩漬けにしたものが入っていて、そちらは残してしまいました。

お次は「沖縄直送島らっきょう(税抜500円)」。沖縄の島らっきょうを塩漬けにしてあったものです。
ほおずき (15)

私は普通のらっきょうはそれほど好きではないのですが、沖縄の島らっきょうは大好きです。
ほおずき (16)

こちらは「もずく天ぷら(税抜600円)」。
ほおずき (18)

最後に頼んだのは「ゴーヤと麩のチャンプルー(税抜720円)」。
ほおずき (19)

削り節がたっぷりと掛けられていて、混ぜるとこんな感じ。ゴーヤと麩がたっぷりです。

麩は沖縄の車麩が使われていました。車麩といえば金沢が有名ですが、沖縄でも車麩があるのですね。ただ金沢の車麩とは食感や味はだいぶ違いました。
ほおずき (11)

こちらのお店では、このメニューのように置いている泡盛の種類が豊富。

そこでアルコール2杯目は沖縄本島南部の「残波(税抜500円)」。30度なので水割りで。
ほおずき (13)

沖縄では5:5で割って飲むのが一般的です。やはり沖縄料理に合います。

次に「久米仙白(税抜500円)」。こちらは25度なのでロックでいただきました。
ほおずき (17)

琉球ガラスのグラスがきれいです。

以上を飲み食いして5千円ほど。一人で飲み食いしたのでこんなものでしょうか?

何れにせよ大阪に居ながら沖縄料理を楽しめるお店で、ちょうど沖縄へ行ってきたばかりだった私にとっては旅の思い出に浸れたひと時でした。ご馳走様でした。

東心斎橋 ほおずき
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-17-1
 コスミビル2F
TEL 050-5869-8144
月~木17:00~26:00(L.O.25:00)
金17:00~27:00(L.O.26:00)
土14:00~27:00(L.O.26:00)
日・祝17:00~25:00(L.O.24:00)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪は和食に関しては他の地域に比べて色々なところで秀でているのではないでしょうか?

そのため和食系のお店で美味しいところが多いのではないかと思います。

今日紹介するのはあべのキューズモール4階にある「和食 たちばな あべのキューズモール」。

大阪に住んでいた時から、こちらの系列のお店には何度かお邪魔したことがあります。

6年ほど前に紹介した天王寺都ホテル新館の地下一階にあった「四季自然喰処たちばな 阿倍野本店」は残念ながら閉店してしまったようです。

「立花エンターテインメント・ワン株式会社」という関西で手広く飲食店を展開しているグループのお店で、母体が淀川区の鮮魚店が発祥ということです。そのため特に魚介に関しては定評があるようです。
たちばな

お店はあべのキューズモールのガーデンエリアのところから入ります。
たちばな (3)

大きいサンプルケースと、こちらの外に出ていたメニュー。
たちばな (5)

店内は広いです。
たちばな (9)

元々、テーブル間も広く取られているので3密ではありませんね。

こちらはランチの定食類のお品書きです。
たちばな (6)

私はこの中から平日限定の「金華さば開き定食(税込1,000円)」を頼むことにしました。

金華さば開き・ざる豆腐・ごはん・汁物・香の物が付いて税込1,000円は安いですね。
たちばな (8)

まず最初にこちらのセットが運ばれてきました。

明太子と高菜と豆腐の薬味ですが、明太子と高菜とは福岡のお店みたいです。

それにメインは金華さばという宮城名物。まぁ、大阪は福岡と宮城の間といえば間ですが…。

ちなみに明太子は「うめ屋」のもので食べ放題でした。
たちばな (10)

そしてセットが運ばれてきます。
たちばな (11)

大ぶりなさばが金華さばと呼ばれるようですが、こちらは小ぶりなものです。でもほどよく脂が乗っていて美味しかったですよ。

ご飯もお代わり自由で、明太子と一緒にお腹いっぱいになるまで食べることが出来ます。千円でこの内容だとお得でうれしいですね。

和食 たちばな あべのキューズモール
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1
 あべのキューズモール4F
050-3476-4895
月~日
11:00~23:00
無休
※あべのキューズモールの休みに準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ