あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:カレー・エスニック > カレー

9月18日から東京発着の「Go to トラベル」キャンペーンの予約が解禁になりました。

そして、この4連休は全国の観光地は久しぶりに少しにぎやかさを取り戻したようです。私も約半年ぶりに東京に行ってきました。

さて、千代田区神田界隈はカレーのお店が多いことで知られています。

周辺に大学や専門学校などが多くあるので、学生たちが利用するのでしょう?

私のブログでも過去に神田エリアのカレーのお店を何件も紹介したことがあります。

ただこのコロナ禍の影響もあってか、惜しまれつつ閉店するお店もあるようですね。

今日紹介します「カレー&オリエンタルバル 桃の実」は、このあたりでも人気のカレー店で、こちらの水道橋店はその2号店になります。
桃の実

お店はそれほど広くはありません。夜はバル営業をされているようです。
桃の実 (2)

お店の前に出されていたメニューです。
桃の実 (4)

メニューはチキン・キーマ・マトンの3種類のみ。値段はチキンとキーマが単品で880円(税込)。マトンは1,100円(税込)です。

私は、この中で唯一食べられるのがキーマだったので、それにしました。

また、プラス150円(税込)で、「自家製ピクルス」「ダル(挽割豆のカレー)」「サブジ(野菜のスパイス炒め)」の3点が付くカレープレートをチョイスすることができたので、そちらもお願いしています。

出されたのがこちら。
桃の実 (3)

スパイスたっぷりで、特にカルダモンとクローブが効いていました。あとメニューにはやや辛口となっていましたが、十分辛くて、食べているうちに汗がたっぷり出てきましたね。(^^;

この日のサブジはほうれん草と野沢菜?のような感じでした。同じくセットのピクルス含めてカレーの辛さを和らげる役割になっています。

このダルが変わっているというか、最初口当たりが甘くて、徐々に辛さが襲ってくる感じ。美味しかったです。

もちろん、メインのキーマのほうもスパイシーでオリエンタルな風味がたっぷりで、とても美味しいカレーでしたよ!さすが人気のお店でした、ご馳走様でした。

カレー&オリエンタルバル 桃の実 水道橋店
東京都千代田区神田三崎町1-1-14 三崎町大島ビル1F
TEL 03-5577-2879
月~金
ランチ11:30~14:00(L.O.)
ディナー18:00~19:30(L.O.)
※20:00閉店(アルコール提供は19:00まで)
土11:30~16:00(L.O.)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪はコロナウイルスによる感染重症者が増えていますが、仕事などで大阪に行かれる方はご注意くださいね。

さて、大阪のスパイスカレーは奥が深いです。さすがスパイスカレーの日本でのブームの先駆けの地!?と言えるでしょう?

今回は天王寺にあるスリランカのスパイスカレーを食べさせてくれるお店の紹介です。

ちなみに小松にもスリランカレーを食べさせてくれるところがあって、「小松西町食堂aniki no curry」という名前で今年4月にお店をオープンさせていて、私のブログではこちらで紹介しています

スリランカカレーは、私も最近まであまり食べることがなかったカレーです。

スパイスカレーがブームになってから知ることとなりましたが、カレーの種類が多いことでも有名で、日本のような島国のスリランカカレーはインドやパキスタンと違って肉や野菜だけではなく魚介のカレーも種類が豊富なのが特徴の一つ。私にとってはうれしいカレーです。

副菜が多いのも特徴ですかね?

私のような素人は、カレーの本場はインドで周辺の国々も同じようなもの?と言ったような知識でしかないのですが、実は国やそのエリアによって当然ですが違いがありますね。

海外の方が日本食といえば一つのようなイメージを持つことと同じです。
ポンガラカレー (3)

今日の「ポンガラカレー」は大阪と東京で何店舗か経営されていて、オーナーの方は心斎橋のバー「アノニマス」を経営しているのですが、少年期からカレー&スパイスに対して探求を続け、「究極のカレー 2020 関西版 総合グランプリ受賞」など、大阪だけにとどまらずカレーの分野では知る人ぞ知る方なのです。
ポンガラカレー (2)

外観はポップな感じで、店内もカジュアルです。スリランカを感じさせてくれる要素はありませんね。
ポンガラカレー (4)

メニューもファミレス風?と言っていいかもしれません。
ポンガラカレー (9)

しかしカレーの種類が豊富です。

元々スリランカカレー自体が多様なスパイスを組み合わせて作るため、メニューの種類が多くなるのでしょう?おかげで楽しめます。

これらの中から私が頼んだのは「ベジプレート(税込1,280円」。まぁ、野菜カレーです。
ポンガラカレー (11)

その日の野菜カレー5種類と副菜3種類、パパダムが付いてきます。
ポンガラカレー (13)

ライスは「バスマティライス」という香り米の一種をチョイスすることが出来たので、私はあまり食べることが出来ないそちらでお願いしました(プラス100円)。このお米はビリヤニでもよく使われるもので、水分の含有量が少なくサラッとした食感が特徴です。

カレーは日によって違って、この日の5種類のカレーは「レンズ豆のカレー」「きのこカレー」「ラッサム」「サンバル」「野菜カレー」だと思います。

すべてがスリランカカレーではなく、インドなどのカレーが含まれていますね。

副菜は何なのかわかりません。

まずは一通りカレーを少量ずつ食べてみます。

「ラッサム」は酸味と辛さが一番あって、他はそれほど辛くはなかったです。
ポンガラカレー (14)

この後、すべてのカレーを「バスマティライス」にかけて、これまた少しずつかき混ぜて食べると、色々なスパイスが絡まって複雑な味に変化していきます。これがスリランカカレーを食べる楽しさですね。副菜も好みに応じて混ぜて食べています。

こちらは一緒に行った人が頼んだ「SPICE魂カツカレー(税込980円)」。
ポンガラカレー (10)

その名の通りスパイシーだったようです。

世界には色々なカレーがあって、日本でも食べることが出来る種類が増えていくことはうれしい限りです。ご馳走様でした。

ポンガラカレー天王寺MIO店
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-39
 天王寺ミオ本館11F
TEL 06-6777-5677
11:00~20:00
休みは天王寺ミオ本館に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

スパイスカレー人気が続いています。

世の中には色々なスパイスがあるようで、当然名前すら知らないようなスパイスも一杯あるでしょうし、昔と違って物流がよくなり世界中から色々なスパイスが日本に入ってくるようになりました

4月20日にオープンした「小松西町食堂aniki no curry」は、小松に居ながら、そんなスパイスをたっぷり使った本格スパイスカレーを楽しめるお店として人気が出ています。
アニキノカレー (9)

ご存じの通りコロナ禍の中、こちらのお店はオープン早々店内飲食は自粛していて、テイクアウトのみの営業を余儀なくされていました。

緊急事態宣言が解除されてしばらくして店内飲食が解禁。この度、初めて店内で食べてきたので紹介したいと思います。

私もオープン間もなく行って、カレーをテイクアウトしてきています
アニキノカレー (2)

外観には前のみなとや食堂の面影が残っていますが、店内はガラッと変わっています。
アニキノカレー (5)

前回お邪魔した時は窓際の席のイスなどが配置されていなかったのですが、いまは各席の間にアクリル板を置くなど感染対策もバッチリで店内飲食を開始されています。
アニキノカレー (4)

このアクリル板は可動式なので、家族の場合は取り外すことが出来るのが便利でした。

他のお店では固定されているところなどあるのですが、この場合家族などで食べる場合少し不便なところがありました。

設計は店舗リノベーションがお得意のスウェイデザインが手がけていて、白と黒を基調としたスタイリッシュでシックなデザイン。
アニキノカレー (10)

カウンターの上にはスパイスがずらりと並んでいます。国内で手に入りにくいものはスリランカから取り寄せているようです。
アニキノカレー (7)

メニューは基本は看板メニューである「スリランカカレープレート(税抜1,200円)」と日替わりカレー(この日はキーマカレーで税抜900円)。

「スリランカカレープレート」はメインのカレーは通常はチキンorポークで、日によってプラス別のものが加わったりします。

この日はイカで、肉が苦手な私は迷わずイカをチョイス。
アニキノカレー (12)

右側にかけられているのがメインのスリランカカレー。そして副菜が色々添えられていました。

メインはパリップというスリランカの豆カレーで、レンズ豆を使用したカレー。

あとイカ以外の副菜として、ピーマンと干し海老の炒め物、能登産トマトカレー、ナスのモージュ、パセリのサンボル(ふりかけ)です。
アニキノカレー (13)

そしてパパダム(豆粉煎餅の薄揚け)が刺さっていました。

メインの豆カレーのほうは、最初ココナッツで甘みを感じるのですが、あとでしっかりと辛さが襲ってきます。

その他の副菜も、辛みや酸味など微妙に味付けが異なっていて、最初はそれぞれ食べ途中で混ぜて食べると複雑な風味に味変。とても美味しかったです。
アニキノカレー (11)

妻はチキンを選んでいました。プラス100円で辛さがプラスできる「カッタサンボル」という副菜を追加。唐辛子とライムの風味ですっきりとした辛みが加わります。

テイクアウトでも美味しかったのですが、やはりお店で食べると数段美味しさが増すような気がしました。

コロナ禍の前、3月に現地スリランカでカレー作りを探求されてきたオーナーご夫妻、これからお店のファンが増えていくことでしょうね!?ご馳走様でした。

小松西町食堂aniki no curry
石川県小松市西町69-1
TEL 090-2836-8425
11:00~14:00(L.O.)
日曜・月曜休、火曜隔週休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県の緊急事態宣言解除後に初めて店内飲食したお店の紹介です。

約1か月と2週間ぶりの店内飲食でした。

本当は小松市内で別のお店に行こうと思っていたのですが、行ってみると何と!テイクアウトのみ。そこで急きょ前から行こうと思っていたこちらのお店に足を延ばしました。

距離的には相当足を延ばしたのですが、考えてみたら小松市から出たのも約1か月ぶりかな?
プラシッダ

今日紹介します「プラシッダ 加賀店」に到着したのはお昼ちょうど頃。

中に入ってみると、考えていることは皆同じ?店内はまずまず混雑していました。
プラシッダ (3)

ただ、前は喫茶店だったのかな?座席の配置がゆったりとしていて、いわゆる「ソーシャルディスタンス」はしっかり確保できていましたね。よかったです。

それにまだテイクアウトを頼まれるお客さんも多く、お店は相当忙しそうでした。

この手のお店は料理が出されるのが早いのですが、この日は忙しかったのでそこそこかかりました。

こちらはインド・ネパール料理のお店です。働いている方を見るとネパールの方。石川県にもインドカレーのお店が多いですが、そこで働いている方もネパールの方が多いのです。
プラシッダ (5)

ランチメニューです。色々揃っていてお値段もお手頃。ただ、このようなインドカレーのお店ではこのぐらいの値段がスタンダードです。
プラシッダ (4)

単品メニューも色々ありました。

私はチキンティッカが不要だったので、一番安い「Aランチ(税込780円)」にします。選べるカレーの種類が日替わり・野菜・ダル(豆)・キーマの4種類のみ。

この日の日替わりはキーマと玉子ということだったので、私はそれにしました。
プラシッダ (6)

最初に野菜サラダが出されます。そこそこしっかりとしたボリューム。
プラシッダ (10)

カレーの辛さは5段階から選べました。私は真ん中の中辛です。食べてみると私のはちょうどいい辛さでした。
プラシッダ (11)

日替わりカレーはキーマと玉子で、最初玉子は生卵かとも思いましたが、ゆで卵が半分でした。カレー自体もトロッとサラッの間ぐらい?甘さも感じる複雑な味だったです。
プラシッダ (12)

そしてカレーにはナン。大きなサイズです。ステンレスのトレイに乗り切っていません。(笑い)
プラシッダ (8)

妻は「ツーカレーランチ(税込980円)」です。こちらは、野菜カレーともう1種類、お好みのカレーをチョイス出来るもの。妻は「ほうれん草キーマ」にしていました。チキンティッカも付いています。
プラシッダ (9)

辛さは4辛で頼んでいましたが、私の一つしか違わないのですが、やはり辛かったです。とても大きなナンでボリュームありましたが、2人とも全部食べきることが出来ましたよ!
プラシッダ (7)

ランチにはドリンクも付いています。私はラッシー。
プラシッダ (13)

妻はホットチャイです。冷たい物は最初に、温かいのは食後に運ばれてきました。

インドカレーのお店はどこもそうなのですが、この値段でたくさん付いて満足なランチなのでいつも驚きです。ご馳走様でした。

プラシッダ 加賀店
石川県加賀市大聖寺南町ホ59-4
TEL 0761-73-1331
11:00~14:30,17:00~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

10日前に石川県の緊急事態宣言が解除されて、飲食店は一部を除いて通常営業してもよくなりました。

しかしながら、お店によっては5月一杯まではテイクアウトのみのところが意外に多く、特に夜主体のところは慎重に営業形態などを考えていられるようで、なかなかすぐに!というわけにはいかないようです。

さて、この週末、我々はどこかにランチを食べに行こうと思いネットで調べたのですが、そのようなこともあって適当なお店が見つからずに、急きょテイクアウト路線に変更。

また普段は夜だけの営業でなかなか行かないところ!という条件に引っかかってきたのが、加賀市大聖寺「多国籍料理spice-スパイス」です。

こちらのお店は通常は夜だけの営業。タイやベトナム料理を中心とした東南アジアのエスニック料理を食べさせてくれるお店として人気のようです。
スパイス

「多国籍料理spice-スパイス」は大聖寺の街中にあって、ご覧のような独立した建屋です。

テイクアウトは基本5月いっぱいまで続けられるそうです。朝10時前に電話で予約を入れてお店まで取りに伺いました。
スパイス (12)

ちなみにテイクアウトは以下のような形です。

・注文時間(期限)
午前お渡し→当日10:30まで
午後お渡し→当日16:30まで
※ただしオードブルは前日までの受付
・受渡し時間
11:30~13:30
17:30~19:00

店内を了解いただき写真撮影させていただきました。
スパイス (6)

緑に囲まれた落ち着いた空間。インテリアも心地よい感じですね。

以下がテイクアウトメニューです。
.
◇MENU◇
◎ガパオライス…814円
◎タイ風グリーンカレー…814円
◎タイ風渡り蟹のカレー(プーパッポンカリー)…1,452円
◎タイ風ビーフンのセンミーヘン…759円
◎ベトナム風生春巻き…594円
※すべて税込価格

ほとんど鶏肉が使われているので、私は唯一食べることが出来るタイ風渡り蟹のカレー「プーパッポンカリー」にしました。妻は「タイ風グリーンカレー」です。
スパイス (7)

大聖寺から家までは遠いので、どこか近くで食べようということで、お店から車で3分ほどのところにある石川県九谷焼美術館の裏の「ふれあい広場 古九谷の杜」で食べることにしました。
古九谷の杜 (6)

ここは象設計集団というところが石川県九谷焼美術館も含めて設計を行っていて、代表の富田玲子さんは故丹下健三氏門下。

相当昔、私も彼らが手がけた能登の縄文真脇遺跡の環境デザインワークショップのお手伝いを少しさせていただいた時のことを思い出しました。懐かしいです。
古九谷の杜 (5)

新緑の季節で気持ちがいいです。
古九谷の杜 (2)

小川の上に架けられている小屋?のようなところにテーブルとイスがあったので、こちらで食べることにしました。
スパイス (10)

私が食べた「プーパッポンカリー」は、ベースはレッドカレーで、渡り蟹とココナツミルクでじっくり煮込んであって、ココナツミルクが効いていてそれほど辛いわけではありませんが、渡り蟹のうま味がじわ~と口の中で広がってる感じでとても美味しかったです。

こちらはお店でも人気のメニューのようです。

ただ食べるときすでに冷めていたのと、外だったので渡り蟹を捌いて食べるのが少し大変でした。^^;
スパイス (8)

「タイ風グリーンカレー」のほうはスパイスが効いた辛口カレーで具沢山だったようですね。

夜のみの営業だと、なかなか大聖寺までは食べに来ることが出来ないのが残念ですが、通常営業開始後にお店の賑わいが戻ることを願っております。ご馳走様でした。

多国籍料理spice-スパイス
石川県加賀市大聖寺耳聞山119
TEL 0761-72-0145
17:30~23:00(L.O.22:00)
火曜休(祝日の場合翌日休)
※テイクアウト期間中の営業は記事内に記載


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ