あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:カレー・エスニック > カレー

大阪のカレーといえば近年いくつかの有名店が東京進出を果たしていて、さらにはスパイスカレーが人気です。

逆に東京から大阪に進出しているカレー屋さんはどのくらいあるのでしょうか?

さて一方、東京神田といえばカレーの激戦地として有名です。「カレーの聖地」とも呼ばれているほどです。

神田では毎年「神田カレーグランプリ」というカレーの人気投票イベントが行われていて、カレーの街「神田」を盛り上げています。
マジカレー (12)

今日紹介します「マジカレー」は、その「神田カレーグランプリ」の輝ける2018年度のグランプリ店なのです。
マジカレー (14)

そんな「マジカレー」。関西初進出店が、こちらの「マジカレー あべのHoop店」だということでランチを食べに出かけてきました。
マジカレー (2)

あべのHoopの地下にフードコートがあって、その一角に「HONEBUTOムーチョ」という肉バル×ワインのお店があります。
マジカレー (3)

その昼間の営業していない時間帯を間借りで利用しているのです。まぁ、いわゆる「間借りカレー」というお店ですね。
マジカレー

こちらがメニューです。

私はもちろん、「神田カレーグランプリ」でグランプリを受賞した時の提供メニューだった「グランプリカレー(正式名称:チーズフォンデューソース掛けハンバーグカレー)」を頼むことに。値段は税別1,000円でした。

普段は健康に気を付けて、この手のカロリーの多いメニューは頼まずに「野菜カレー」などを頼むのですが、今回はネタ的にこれしかないと思ってオーダーしました。^^;

最初にレジでオーダーして、その場で料金を支払って、お知らせブザーで呼ばれるのを待ちます。
マジカレー (6)

店内にも食べるスペースはあるのですが、「HONEBUTOムーチョ」の席は、バーなどにある背の高いイスで食べにくそうだったため、フードコート内共通の飲食コーナーで食べることにしました。
マジカレー (10)

こちらが「グランプリカレー」ですが、カレーは一種類でメニューの違いはトッピングの違いです。辛さも選ぶことは出来ません。もっとも辛さについては、スパイシーな欧風ソースで、それなりに辛いので個人的にはちょうどよかったです。

このカレーは工程に100時間かけて作られているそうで、個性が際立っているわけではないのですが、やはり美味しいです。そして飽きのこない味に仕上がっていますね。
マジカレー (11)

ハンバーグのほうは手ごねということでしたが、それほど特徴を感じるわけではありませんでした。とろ~りチーズとの相性がよかった気がします。
マジカレー (8)

一緒に行った人は、こちらは「特製ビーフカレー(税別730円)」。
マジカレー (9)

あともう一人は「グランプリカレー」のチーズ無しの「手ごねハンバーグカレー(税別900円)」を頼んでいました。

「神田カレーグランプリ」でグランプリを取ったカレーだけあって、バランスのいいカレーだと思いました。ただ大阪のカレー業界も激戦だと思いますので、今後の動向が気になります。ご馳走様でした。

マジカレー あべのHoop店(MAJI CURRY)
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30
 あべのHOOPB 1F
TEL 06-6626-2757
11:00~17:00
休みはあべのHoopに準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「カレーの市民 アルバ」は私がよく利用するカレー店です。

しかし、いつも本店に行くことが多く、他のお店はあまり利用しません。

やはり何となく本店の方が美味しい気がするからです。

ただ、よくよく考えてみるとカレールーそのものはアルバの工場で作られているはずなので味に変わりはないと思われます。

今回は約7年以上ぶりに粟津店にお邪魔してみました。
アルバ粟津

粟津店は旧国道8号線の南部中学校の近くです。こちらのお店が直営なのかフランチャイズなのか、いつも原稿を書くとき疑問がわきます。お店にいるときに思い出せば聞けるのに……。(-_-;)

本店のほうはランチタイムは平日でも混雑していますが、こちらは空いていました。

粟津店のメニューがこちらです。
アルバ粟津 (2)

カレーのフランチャイズチェーンの場合、ローコストオペレーションを目指して、ルーを工場で作ったり、メニューの数を絞り込んだり統一したりするわけで、チャンピオンカレーの場合はメニューは各店(ほぼ)同じだと思います。

ただアルバの場合はちょっと違って、本店はメニューの種類がとても多く、小松駅店と粟津店はちょっと絞っています。また逆に本店にはないメニューがあったりします。

このメニューの作り方を見ると、本店と小松駅店は同じようなメニューの作りなので、粟津店のみフランチャイズなのかもしれません。

本店のようなスパゲッティはありませんが、カレーうどんなんてメニューがありました。

私は粟津店オリジナルメニューだと書かれていた「ベーコンエッグカレー(税込700円)」を頼むことにしました。
アルバ粟津 (5)

こちらはサービスで出されたミニサラダです。本店や小松駅店ではこのようなサービスは無いので、やはり集客のためでしょうか?
アルバ粟津 (3)

そして「ベーコンエッグカレー」。卵は2個使われています。
アルバ粟津 (4)

中にはちゃんとアルバのカレーが隠れています。味については今さら書く必要もないでしょう!?

比較的空いているので、粟津以南の方は、こちらのお店の方が便利かもしれません。ご馳走様でした。

カレーの市民 アルバ 粟津店
石川県小松市矢田野町ホ135-1
TEL 0761-43-2030
10:00~21:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

皆さんは日本テレビ系列(制作は読売テレビ)の「秘密のケンミンSHOW」は観ているでしょうか?

人気番組なので観ている方が多いかもしれませんが、私はほぼ毎週見ています。

この時間帯の読売テレビ制作の番組は「どっちの料理ショー」なども含めてファンなのです。^^;

さて、今年8月に「秘密のケンミンSHOW」で金沢カレーが2度目の紹介となりました。

私のブログでは、各店舗をくまなく紹介するわけにはいかないのですが、金沢カレーのお店については数多く紹介してきました。もうあまり紹介するお店はないかな?と思っていたところ、いやはや重要なところを忘れていました。

それが今日紹介します「てきさす」です。
てきさす

インデアンカレーのFC店のときは覚えていませんが、私はたぶん今回初訪問です。人気のお店なので今さらの紹介になりますがお許しを。

お店は金石街道沿いにあります。1970年にインデアンカレーのFC店としてお店をオープンされてから約50年。お店自体は数年前にリニューアルされています。
てきさす (4)

で、インデアン=テキサス(てきさす)?なるほど。
てきさす (2)

メニューです。カレーが一番ですが、他にもスパゲッティやピラフ、定食類がありました。
てきさす (3)

意外とメニューの種類が多いですね。色々揃っていて何を食べようか迷うほどです。

それにどのメニューも良心的な値付けがされています。

私はこちらのお店の人気メニューの一つである「ヤサ玉(野菜玉子)カレー(税別695円)」を頼むことにしました。

「野菜玉子カレー」はインデアンカレーの流れをくむお店ではメニューにあるところが多いかもしれません。小松のアルバのメニューにもありますね。

この値段で、サラダにスープ、そして食後のドリンクまで付いています。
てきさす (6)

まず最初にサラダとスープが出されました。

スープはこの時期珍しいカニのスープでした。サラダもしっかりとした量でうれしいです。
てきさす (5)

そして出された「ヤサ玉(野菜玉子)カレー」。一見ボリューム的にはそれほどでもないと思いましたが食べてみると意外にボリュームがありました。

野菜は細切りキャベツと玉ねぎスライス。その上にトロトロの薄焼き玉子が乗っています。
てきさす (8)

カレーは、濃いブラウンというか、見た目的には今のインデアンカレーよりは黒い感じがします。

少し辛めでコクがあって洋風に味が振られています。

玉子焼きを溶かしながら一緒に食べると味がマイルドになります。美味しいです。さすがに人気店名だけありますね。
てきさす (9)

食後のドリンクはコーヒーかジュース。私は真夏並みの暑さの日だったのでアイスコーヒーをお願いしました。

この内容で税別695円というのは価値があります。そして美味しいカレーでした。人気なのがわかります。ご馳走様でした。

てきさす
金沢市松村1-365
TEL 076-268-3230
11:00~15:00
17:00~21:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

尼御前SA(下り)のフードコートが3月にリニューアルオープンしています。
アマゴテラス (8)

レストラン尼御前だったエリアが、その名も「アマゴテラス」に変わってのお披露目です。

小松から関西や中京方面などに行くときは、小松を出発してすぐのサービスエリア。帰りはあと少しで到着といった位置にあるので、あまり利用しないサービスエリアです。

しかし、このサービスエリアは一般道からも利用できる構造になっているので、本当にたまにですが利用することがあります。

今回、梅雨真っ只中でしたが。天気予報が若干外れてとてもいいお天気になってきたので、急に思い立って橋立方面にお出かけしてみました。

加賀海岸国定公園に位置しているため、こちらのサービスエリアのすぐ近くに日本海を見ることが出来ます。駐車場に車を停めて歩いてすぐなので気分転換にもいいでしょう?
尼御前 (3)

行ったのはいいお天気だったのと、梅雨時の雨が止んでいたため空気が澄んでいて、潮風も心地よく、しばしの散策を楽しむことが出来ました。

さて、昔は高速道路のSAやPAにある飲食店は、素早く食べることが出来れば味は二の次みたいなところがありましたが、現在は利用者の要求度合が高くなってきて、ご当地グルメや高級なメニューなど、いわゆる差別化を打ち出していかないと、高速道路以外の飲食店も含めた競争に負けてしまうのです。

ちなみに「アマゴマルシェ」は、この地の名前、尼御前と市場を意味するフランス語の「マルシェ」を組み合わせた造語です。
アマゴテラス (7)

明るく開放的なフードコートに変身を遂げていますね。
アマゴテラス (3)

見やすいメニューが入口にあります。
アマゴテラス (9)

地元産の食材を使ったり、ご当地グルメとして売り出しているメニューなどが並んでいてうれしいです。
アマゴテラス (10)

フードコートなので、最初にこちらで食感を買い求めます。色々な電子マネーが仕えるのがうれしいですね。

当然セルフサービスです。
アマゴテラス (6)

私は、今回こちらの「カレー王国石川」コーナーでカレーを食べることにしました。

こちらでは6種類の石川県内各地のご当地カレーが常時楽しめます。

「アルバ」「チャンカレ」「ゴーゴー」「国産牛ステーキ アマゴカレー」「花咲くいろは 金沢カレー」そして「野菜にかける 俺たちの能登カレー」の6種類です。

「アルバ」「チャンカレ」「ゴーゴー」などはいつでも食べることが出来るので、私は今回食べたことがない「野菜にかける 俺たちの能登カレー」を食べてみることにしました。「国産牛ステーキ アマゴカレー(1,600円)」以外の他のカレーは700円ですが、こちらは1,080円と少しお高めでした。

このカレーはレトルトで販売しているカレーのようで、その名の通り野菜にかけて食べると美味しいカレーのようです。
アマゴテラス (11)

こちらがそうです。素揚げされた野菜が乗せられています。プラス、キャベツもたっぷりです。
アマゴテラス (4)

天気がよく景色がいいので、窓際のカウンター席に座って、海を眺めながら食べることにしました。
アマゴテラス (12)

テラス席もありますね。向こうに見えるのは橋立漁港。夕方は渋む夕陽がきれいでしょう?

さtて肝心の味の方ですが、意外にスパイシーで甘みを感じた後で辛さがくるタイプ。野菜に合う感じがしました。美味しかったです。

天気がいい日は最高なロケーションで、食べる量も味もアップすること間違いなし!?皆さんも是非どうぞ!ご馳走様でした。

アマゴテラス
尼御前サービスエリア下り線
石川県加賀市美岬町尼ゴジ3-2番地外
TEL 0761-75-2611
24時間営業
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私は出張やプライベートで全国色々な空港をよく利用します。

最近は前ほど空港内の飲食店を利用しませんが、それでも時々はランチを食べに入ったり、帰りの便に乗る前に空港で夕食を取ったりします。

さて、小松から札幌に行くためには、やはり航空機を利用します。

そして札幌に出張した時は、必ず1度はスープカレー食べています。


今日紹介します「ジアス ルーク&タリー(The Earth rook&tarry)」は、その「スープカレーlavi」の隣に位置しているお店で基本はバーなのです。

空港にバーとは、何とも思い切ったお店ではないかと最初はびっくりしました。

さらに、こちらのおすすめメニューが、スープカレーだと知って2度びっくりでした。

今回、小松から羽田を経由して新千歳空港に移動。直行便は小松を12:15に出発する便のみなので、正直ビジネスには使い勝手が悪いのです。ただ今は乗り継ぎ便割引があって、直行便より安かったりするので助かります。

乗っている時間は直行便よりは長くなり疲れは少し大きくなると思いますが、11:05に新千歳空港に到着するので午後から仕事が出来るというメリットのほうが大きいです。

今回、札幌市内に向かう前にこちらのお店で、人気のスープカレーを食べ腹ごしらえしてから目的地に向かうことにしました。

ターミナルビル3階に市電通り食堂街というエリアがあって、そこに「ジアス ルーク&タリー」があります。
ジアス ルーク&タリー

こちらのカウンター席はカジュアルに一杯やるところ。

こちらが街中にある本格的なバーと同じような作りで、落ち着いて一杯やれるスペースになっていました。
ジアス ルーク&タリー (12)

ランチは、こちらのスペースで食べます。行った時間が早かったので私が最初のお客でしょうか?
ジアス ルーク&タリー (4)

了解を頂き店内の写真を写します。
ジアス ルーク&タリー (2)

最初から食べるメニューは決めていたので、メニューを見ずにオーダーします。
ジアス ルーク&タリー (8)

人気ナンバーワンの食事メニュー「帆立貝柱のスープカレー」がこちらです。

大きなホタテ貝柱が3個入っていました。
ジアス ルーク&タリー (11)

食材は道産食材を主に使っているようでオホーツク直送の新鮮な帆立の貝柱や、彩りきれいな野菜が素揚げされ、たっぷり使われていました。

肝心のカレーのほうは、トマトの酸味とココナッツミルクの甘みで、旨みが出ていて、そしてマイルドなカレーでした。美味しかったです。

1,600円とちょっとお値段高めのスープカレーですが、一度は食べてみる価値はあると思います。ご馳走様でした。

ジアス ルーク&タリー
 The Earth rook&tarry
北海道千歳市美々987-22
 新千歳空港ターミナルビル3F
TEL 050-5890-7881
ランチタイム
10:30~15:00
カフェタイム
15:00~18:00
バータイム
18:00~22:00(L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ