あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:カレー・エスニック > カレー

皆さんは日本テレビ系列(制作は読売テレビ)の「秘密のケンミンSHOW」は観ているでしょうか?

人気番組なので観ている方が多いかもしれませんが、私はほぼ毎週見ています。

この時間帯の読売テレビ制作の番組は「どっちの料理ショー」なども含めてファンなのです。^^;

さて、今年8月に「秘密のケンミンSHOW」で金沢カレーが2度目の紹介となりました。

私のブログでは、各店舗をくまなく紹介するわけにはいかないのですが、金沢カレーのお店については数多く紹介してきました。もうあまり紹介するお店はないかな?と思っていたところ、いやはや重要なところを忘れていました。

それが今日紹介します「てきさす」です。
てきさす

インデアンカレーのFC店のときは覚えていませんが、私はたぶん今回初訪問です。人気のお店なので今さらの紹介になりますがお許しを。

お店は金石街道沿いにあります。1970年にインデアンカレーのFC店としてお店をオープンされてから約50年。お店自体は数年前にリニューアルされています。
てきさす (4)

で、インデアン=テキサス(てきさす)?なるほど。
てきさす (2)

メニューです。カレーが一番ですが、他にもスパゲッティやピラフ、定食類がありました。
てきさす (3)

意外とメニューの種類が多いですね。色々揃っていて何を食べようか迷うほどです。

それにどのメニューも良心的な値付けがされています。

私はこちらのお店の人気メニューの一つである「ヤサ玉(野菜玉子)カレー(税別695円)」を頼むことにしました。

「野菜玉子カレー」はインデアンカレーの流れをくむお店ではメニューにあるところが多いかもしれません。小松のアルバのメニューにもありますね。

この値段で、サラダにスープ、そして食後のドリンクまで付いています。
てきさす (6)

まず最初にサラダとスープが出されました。

スープはこの時期珍しいカニのスープでした。サラダもしっかりとした量でうれしいです。
てきさす (5)

そして出された「ヤサ玉(野菜玉子)カレー」。一見ボリューム的にはそれほどでもないと思いましたが食べてみると意外にボリュームがありました。

野菜は細切りキャベツと玉ねぎスライス。その上にトロトロの薄焼き玉子が乗っています。
てきさす (8)

カレーは、濃いブラウンというか、見た目的には今のインデアンカレーよりは黒い感じがします。

少し辛めでコクがあって洋風に味が振られています。

玉子焼きを溶かしながら一緒に食べると味がマイルドになります。美味しいです。さすがに人気店名だけありますね。
てきさす (9)

食後のドリンクはコーヒーかジュース。私は真夏並みの暑さの日だったのでアイスコーヒーをお願いしました。

この内容で税別695円というのは価値があります。そして美味しいカレーでした。人気なのがわかります。ご馳走様でした。

てきさす
金沢市松村1-365
TEL 076-268-3230
11:00~15:00
17:00~21:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

尼御前SA(下り)のフードコートが3月にリニューアルオープンしています。
アマゴテラス (8)

レストラン尼御前だったエリアが、その名も「アマゴテラス」に変わってのお披露目です。

小松から関西や中京方面などに行くときは、小松を出発してすぐのサービスエリア。帰りはあと少しで到着といった位置にあるので、あまり利用しないサービスエリアです。

しかし、このサービスエリアは一般道からも利用できる構造になっているので、本当にたまにですが利用することがあります。

今回、梅雨真っ只中でしたが。天気予報が若干外れてとてもいいお天気になってきたので、急に思い立って橋立方面にお出かけしてみました。

加賀海岸国定公園に位置しているため、こちらのサービスエリアのすぐ近くに日本海を見ることが出来ます。駐車場に車を停めて歩いてすぐなので気分転換にもいいでしょう?
尼御前 (3)

行ったのはいいお天気だったのと、梅雨時の雨が止んでいたため空気が澄んでいて、潮風も心地よく、しばしの散策を楽しむことが出来ました。

さて、昔は高速道路のSAやPAにある飲食店は、素早く食べることが出来れば味は二の次みたいなところがありましたが、現在は利用者の要求度合が高くなってきて、ご当地グルメや高級なメニューなど、いわゆる差別化を打ち出していかないと、高速道路以外の飲食店も含めた競争に負けてしまうのです。

ちなみに「アマゴマルシェ」は、この地の名前、尼御前と市場を意味するフランス語の「マルシェ」を組み合わせた造語です。
アマゴテラス (7)

明るく開放的なフードコートに変身を遂げていますね。
アマゴテラス (3)

見やすいメニューが入口にあります。
アマゴテラス (9)

地元産の食材を使ったり、ご当地グルメとして売り出しているメニューなどが並んでいてうれしいです。
アマゴテラス (10)

フードコートなので、最初にこちらで食感を買い求めます。色々な電子マネーが仕えるのがうれしいですね。

当然セルフサービスです。
アマゴテラス (6)

私は、今回こちらの「カレー王国石川」コーナーでカレーを食べることにしました。

こちらでは6種類の石川県内各地のご当地カレーが常時楽しめます。

「アルバ」「チャンカレ」「ゴーゴー」「国産牛ステーキ アマゴカレー」「花咲くいろは 金沢カレー」そして「野菜にかける 俺たちの能登カレー」の6種類です。

「アルバ」「チャンカレ」「ゴーゴー」などはいつでも食べることが出来るので、私は今回食べたことがない「野菜にかける 俺たちの能登カレー」を食べてみることにしました。「国産牛ステーキ アマゴカレー(1,600円)」以外の他のカレーは700円ですが、こちらは1,080円と少しお高めでした。

このカレーはレトルトで販売しているカレーのようで、その名の通り野菜にかけて食べると美味しいカレーのようです。
アマゴテラス (11)

こちらがそうです。素揚げされた野菜が乗せられています。プラス、キャベツもたっぷりです。
アマゴテラス (4)

天気がよく景色がいいので、窓際のカウンター席に座って、海を眺めながら食べることにしました。
アマゴテラス (12)

テラス席もありますね。向こうに見えるのは橋立漁港。夕方は渋む夕陽がきれいでしょう?

さtて肝心の味の方ですが、意外にスパイシーで甘みを感じた後で辛さがくるタイプ。野菜に合う感じがしました。美味しかったです。

天気がいい日は最高なロケーションで、食べる量も味もアップすること間違いなし!?皆さんも是非どうぞ!ご馳走様でした。

アマゴテラス
尼御前サービスエリア下り線
石川県加賀市美岬町尼ゴジ3-2番地外
TEL 0761-75-2611
24時間営業
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私は出張やプライベートで全国色々な空港をよく利用します。

最近は前ほど空港内の飲食店を利用しませんが、それでも時々はランチを食べに入ったり、帰りの便に乗る前に空港で夕食を取ったりします。

さて、小松から札幌に行くためには、やはり航空機を利用します。

そして札幌に出張した時は、必ず1度はスープカレー食べています。


今日紹介します「ジアス ルーク&タリー(The Earth rook&tarry)」は、その「スープカレーlavi」の隣に位置しているお店で基本はバーなのです。

空港にバーとは、何とも思い切ったお店ではないかと最初はびっくりしました。

さらに、こちらのおすすめメニューが、スープカレーだと知って2度びっくりでした。

今回、小松から羽田を経由して新千歳空港に移動。直行便は小松を12:15に出発する便のみなので、正直ビジネスには使い勝手が悪いのです。ただ今は乗り継ぎ便割引があって、直行便より安かったりするので助かります。

乗っている時間は直行便よりは長くなり疲れは少し大きくなると思いますが、11:05に新千歳空港に到着するので午後から仕事が出来るというメリットのほうが大きいです。

今回、札幌市内に向かう前にこちらのお店で、人気のスープカレーを食べ腹ごしらえしてから目的地に向かうことにしました。

ターミナルビル3階に市電通り食堂街というエリアがあって、そこに「ジアス ルーク&タリー」があります。
ジアス ルーク&タリー

こちらのカウンター席はカジュアルに一杯やるところ。

こちらが街中にある本格的なバーと同じような作りで、落ち着いて一杯やれるスペースになっていました。
ジアス ルーク&タリー (12)

ランチは、こちらのスペースで食べます。行った時間が早かったので私が最初のお客でしょうか?
ジアス ルーク&タリー (4)

了解を頂き店内の写真を写します。
ジアス ルーク&タリー (2)

最初から食べるメニューは決めていたので、メニューを見ずにオーダーします。
ジアス ルーク&タリー (8)

人気ナンバーワンの食事メニュー「帆立貝柱のスープカレー」がこちらです。

大きなホタテ貝柱が3個入っていました。
ジアス ルーク&タリー (11)

食材は道産食材を主に使っているようでオホーツク直送の新鮮な帆立の貝柱や、彩りきれいな野菜が素揚げされ、たっぷり使われていました。

肝心のカレーのほうは、トマトの酸味とココナッツミルクの甘みで、旨みが出ていて、そしてマイルドなカレーでした。美味しかったです。

1,600円とちょっとお値段高めのスープカレーですが、一度は食べてみる価値はあると思います。ご馳走様でした。

ジアス ルーク&タリー
 The Earth rook&tarry
北海道千歳市美々987-22
 新千歳空港ターミナルビル3F
TEL 050-5890-7881
ランチタイム
10:30~15:00
カフェタイム
15:00~18:00
バータイム
18:00~22:00(L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県加賀エリアには南アジア系の方が多く住んでいるのでしょう?

至るところに、インドや南アジア系の料理を食べさせてくれるお店が存在しています。

有名どころでは「ガネサ」や「カマナ」です。また、イオンモール新小松に「神戸インドカレー・新小松店」というお店が昨年10月にオープンしています。

小松では昔は「インド厨房 マニプリ」や「スパイス王国CURRY KING」なんてお店もありましたが、いまは残念ながら閉店しています。

さて、今日紹介します白山市鶴来Let's(レッツ)内に5月24日にオープンした「スカラーズ インディアンカフェ&ナンカリー(Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry)」。

今回、6月の初旬の日曜日に、こちらで久しぶりに本場の「ビリヤニ」の味を楽しんできました。

石川県内にある南アジア系、特にインドやパキスタン系のお店では、メインはカレーになりますが、こちらのお店ではカレー以外にも本場の南インドの料理を楽しむことが出来るのです。それに同じインドカレーと言っても北と南では大きく違いますからね!?

さて、「ビリヤニ」ですが、いま全国的にもプチブーム。

ネットでは世界三大炊き込みご飯の一つと言われているなんてことが書かれていましたが、そうです。松茸ご飯やパエリアと同じく炊込みご飯の一種です。

そういえば金沢片町にもビリヤニ専門店がオープンしていますね。

Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (20)

「スカラーズ インディアンカフェ&ナンカリー(Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry)」は、Let's(レッツ)というスーパーマーケットの一角にお店があって、最初お店の外観からはわからなかったです。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (18)

この場所は、前は「ガネサ」だったところで、カレーのお店が続くことになるのですが、前がカレー店でダメだったところに入るという、なかなかの自信。楽しみにお店に行きました。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (2)

お店の外に、ご覧のようなホワイトボードに書かれていますが、先端大学に留学していたインドの留学生OGが運営しているようです。なるほど、だから鶴来にあるんですね!?
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (17)

店内に入ると、何となく和風な感じで、インドの国旗がインド料理を食べさせてくれるお店出ることを感じさせてくれます。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (16)

食べ放題のランチビュッフェがメニューにありました。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (5)

ただ今回の目的は「ビリヤニ(税別780円)」を食べることに決めていたので、初志貫徹です。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (8)

「ビリヤニ」は、こちらの週末メニューに書かれていました。あと、聞いたことがないようなメニューが並んでいます。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (4)

テーブルに置かれていたお水にはフルーツが入っていました。少し甘さを感じる水です。

そして、最初にこちらが出されました。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (11)

パーパドという南アジアの極薄のクラッカーの様なものです。

メキシコ料理のトルティーヤの堅焼き版みたいな感じで、日本のおせんべいのようでもありました。

これが超スパイシーで、最初食べたらむせてしまいました。^^;

そして「ビリヤニ」が出されます。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (13)

お米はインディカ米で超ロングサイズ。日本ではまだそれほど見ることは出来ませんね。特に石川県では。

ただ「ビリヤニ」でしたが、煮込むというより混ぜ合わせたような仕上がりで、また、ネットで調べた時にベジタリアンのお店で「野菜 ビリヤニ」と書いてあったのですが、お店のメニュー表記には「野菜」の文字が消えていました。

でも、確かに肉のような食感と味のものが入っています。

メニューには使われている材料には肉と書かれていなくて、野菜・大豆としか書いてありません。どんな具材が使われているかはよくわからず食べました。わかるのは上に乗せられているカシューナッツぐらい?^^;

あとでわかったことですが、肉と思ったのは大豆原料のソイミートですね。確かにベジタリアンなお店です。

ボリュームが多かったです。全部食べきれなくて残してしまいました。すみません。

何れにせよ、スパイシーで初めての味を楽しむことが出来ましたよ。
Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry (14)

あと、こちらのたぶん「ダヒー」と呼ばれるインドで作られるヨーグルトの一種で、英語では「カード(curd)」もついていました。ほどよい酸味で美味しかったです。

食材も、日本ではあまり食べることが出来ないものもあったりして、本場の南インドの味を楽しめたのはよかったです。ご馳走様でした。

スカラーズ インディアンカフェ&ナンカリー
 Scholar's Indian Cafe & Naan-Curry
石川県白山市鶴来下東町26
TEL 080-1981-5747
11:00~15:00
17:00~21:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

この頃、カレーネタが多くなってきています。夏こそカレー!汗をかいてデトックスですね。

さて、カレーのトレンドは時代と共に変わってきていると思いますが、ここ2~3年はやはり「スパイスカレー」でしょうか?

大阪発祥と言われる「スパイスカレー」は、いまでは全国で食べることが出来ます。

ここ石川では、金沢カレーがご当地カレーとして多くのお店が県内にありますが、少しずつ「スパイスカレー」を食べることが出来るところが増えてきているようです。

今日紹介する野々市の「KOTTA(コッタ)」もその一軒。
コッタ (2)

前から人気のカレー屋さんだとは知っていたのですが、今回初めて行ってみました。

さて、一口に「スパイスカレー」と言っても定義があるわけではありません。カレーそのものがスパイス抜きには作れないものですから、大きなくくりではすべて「スパイスカレー」ですからね。

調べてみると、「スパイスカレー」とは南アジア、特に南インドやスリランカのカレーを指すようで、とろみが少なくスープカレーにも近いような感じで、酸味と辛さが強いのが特徴です。

こちらのお店は元フレンチのお店だったそうです。

店内はそのため一般的なカレーのお店よりは広いです。
コッタ (4)

カウンター席が主体ですが、テーブル席もありました。
コッタ (6)

ランチメニューです。

種類はそれほど多くありません。

基本スパイスチキンカレー・インド風エビカレー・野菜カレーの3種類で、その他こちらの季節限定メニューがありました。
コッタ (7)

私はチキンがNGなので、南インドエビと野菜カレー2種のあいがけの「南インドプレート(1,300円)」を頼むことに。
コッタ (10)

まず野菜サラダが出されます。

金沢カレーのお店とかではトッピング類を調理する時間は多少かかりますが、オーダーしてほどなく出されます。しかしこちらのお店はオーダーを受けてから一人分ずつ作っていくので多少時間がかかります。

出されたのがこちら。
コッタ (13)

2種類の野菜カレーは、ジャガイモとかぼちゃ。もちろんそれ以外にも野菜は使われていました。

インドのカレーといえば主食はナンが有名ですが、南インドのほうは温暖で稲作が盛んなので、ライスと一緒にカレーを食べるのが主流のようです。

ちなみに我々はライス普通盛り(180g)でお願いしましたが、大盛り(300g)まで無料でした。

また辛さは1~5まで選べます。私は3でしたが、それでも辛かったです。
コッタ (11)

付け合せとして、玉ねぎにかつお節をまぶした和風味のものが出されたのですが、これが辛さの緩衝材になってくれましたね。

ピクルスも少量ですが添えられていました。

スパイスにそれほど詳しくはありませんが、クミン、カルダモン、クローブ、ローリエなどが使われていたでしょうか?

野菜2種とエビのカレーが微妙に味の変化があって、かつスパイシーそのもののカレーの風味に食欲がそそられ、美味しくいただくことが出来ました。

妻のほうはチキンカレーと野菜2種の「南インドプレート(1,200円)」。辛さは4を頼んでいました。
コッタ (12)

辛いもの好きの妻も辛かったそうです。
コッタ (16)

食後にチャイを頼みます。最初から砂糖入りのチャイで甘かったです。

この日、我々含めて10数名のお客様。我々が食べ終わったころには「品切れのため閉店します」という張り紙が出されていました。普通に考えるとこんなに早く終了することは考えられないのですが、この日だけなのかは聞かなかったのでわかりません。

今流行りのスパイスカレーを、ここ石川でも食べることができるのがうれしいですね。ご馳走様でした。

KOTTA(コッタ)
石川県野々市市若松町2-53
TEL 090-4329-8319
11:30~15:00 
18:00~21:30(L.O.21:00)
火曜と月曜夜休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ