あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:カレー・エスニック > カレー

石川県の緊急事態宣言解除後に初めて店内飲食したお店の紹介です。

約1か月と2週間ぶりの店内飲食でした。

本当は小松市内で別のお店に行こうと思っていたのですが、行ってみると何と!テイクアウトのみ。そこで急きょ前から行こうと思っていたこちらのお店に足を延ばしました。

距離的には相当足を延ばしたのですが、考えてみたら小松市から出たのも約1か月ぶりかな?
プラシッダ

今日紹介します「プラシッダ 加賀店」に到着したのはお昼ちょうど頃。

中に入ってみると、考えていることは皆同じ?店内はまずまず混雑していました。
プラシッダ (3)

ただ、前は喫茶店だったのかな?座席の配置がゆったりとしていて、いわゆる「ソーシャルディスタンス」はしっかり確保できていましたね。よかったです。

それにまだテイクアウトを頼まれるお客さんも多く、お店は相当忙しそうでした。

この手のお店は料理が出されるのが早いのですが、この日は忙しかったのでそこそこかかりました。

こちらはインド・ネパール料理のお店です。働いている方を見るとネパールの方。石川県にもインドカレーのお店が多いですが、そこで働いている方もネパールの方が多いのです。
プラシッダ (5)

ランチメニューです。色々揃っていてお値段もお手頃。ただ、このようなインドカレーのお店ではこのぐらいの値段がスタンダードです。
プラシッダ (4)

単品メニューも色々ありました。

私はチキンティッカが不要だったので、一番安い「Aランチ(税込780円)」にします。選べるカレーの種類が日替わり・野菜・ダル(豆)・キーマの4種類のみ。

この日の日替わりはキーマと玉子ということだったので、私はそれにしました。
プラシッダ (6)

最初に野菜サラダが出されます。そこそこしっかりとしたボリューム。
プラシッダ (10)

カレーの辛さは5段階から選べました。私は真ん中の中辛です。食べてみると私のはちょうどいい辛さでした。
プラシッダ (11)

日替わりカレーはキーマと玉子で、最初玉子は生卵かとも思いましたが、ゆで卵が半分でした。カレー自体もトロッとサラッの間ぐらい?甘さも感じる複雑な味だったです。
プラシッダ (12)

そしてカレーにはナン。大きなサイズです。ステンレスのトレイに乗り切っていません。(笑い)
プラシッダ (8)

妻は「ツーカレーランチ(税込980円)」です。こちらは、野菜カレーともう1種類、お好みのカレーをチョイス出来るもの。妻は「ほうれん草キーマ」にしていました。チキンティッカも付いています。
プラシッダ (9)

辛さは4辛で頼んでいましたが、私の一つしか違わないのですが、やはり辛かったです。とても大きなナンでボリュームありましたが、2人とも全部食べきることが出来ましたよ!
プラシッダ (7)

ランチにはドリンクも付いています。私はラッシー。
プラシッダ (13)

妻はホットチャイです。冷たい物は最初に、温かいのは食後に運ばれてきました。

インドカレーのお店はどこもそうなのですが、この値段でたくさん付いて満足なランチなのでいつも驚きです。ご馳走様でした。

プラシッダ 加賀店
石川県加賀市大聖寺南町ホ59-4
TEL 0761-73-1331
11:00~14:30,17:00~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

10日前に石川県の緊急事態宣言が解除されて、飲食店は一部を除いて通常営業してもよくなりました。

しかしながら、お店によっては5月一杯まではテイクアウトのみのところが意外に多く、特に夜主体のところは慎重に営業形態などを考えていられるようで、なかなかすぐに!というわけにはいかないようです。

さて、この週末、我々はどこかにランチを食べに行こうと思いネットで調べたのですが、そのようなこともあって適当なお店が見つからずに、急きょテイクアウト路線に変更。

また普段は夜だけの営業でなかなか行かないところ!という条件に引っかかってきたのが、加賀市大聖寺「多国籍料理spice-スパイス」です。

こちらのお店は通常は夜だけの営業。タイやベトナム料理を中心とした東南アジアのエスニック料理を食べさせてくれるお店として人気のようです。
スパイス

「多国籍料理spice-スパイス」は大聖寺の街中にあって、ご覧のような独立した建屋です。

テイクアウトは基本5月いっぱいまで続けられるそうです。朝10時前に電話で予約を入れてお店まで取りに伺いました。
スパイス (12)

ちなみにテイクアウトは以下のような形です。

・注文時間(期限)
午前お渡し→当日10:30まで
午後お渡し→当日16:30まで
※ただしオードブルは前日までの受付
・受渡し時間
11:30~13:30
17:30~19:00

店内を了解いただき写真撮影させていただきました。
スパイス (6)

緑に囲まれた落ち着いた空間。インテリアも心地よい感じですね。

以下がテイクアウトメニューです。
.
◇MENU◇
◎ガパオライス…814円
◎タイ風グリーンカレー…814円
◎タイ風渡り蟹のカレー(プーパッポンカリー)…1,452円
◎タイ風ビーフンのセンミーヘン…759円
◎ベトナム風生春巻き…594円
※すべて税込価格

ほとんど鶏肉が使われているので、私は唯一食べることが出来るタイ風渡り蟹のカレー「プーパッポンカリー」にしました。妻は「タイ風グリーンカレー」です。
スパイス (7)

大聖寺から家までは遠いので、どこか近くで食べようということで、お店から車で3分ほどのところにある石川県九谷焼美術館の裏の「ふれあい広場 古九谷の杜」で食べることにしました。
古九谷の杜 (6)

ここは象設計集団というところが石川県九谷焼美術館も含めて設計を行っていて、代表の富田玲子さんは故丹下健三氏門下。

相当昔、私も彼らが手がけた能登の縄文真脇遺跡の環境デザインワークショップのお手伝いを少しさせていただいた時のことを思い出しました。懐かしいです。
古九谷の杜 (5)

新緑の季節で気持ちがいいです。
古九谷の杜 (2)

小川の上に架けられている小屋?のようなところにテーブルとイスがあったので、こちらで食べることにしました。
スパイス (10)

私が食べた「プーパッポンカリー」は、ベースはレッドカレーで、渡り蟹とココナツミルクでじっくり煮込んであって、ココナツミルクが効いていてそれほど辛いわけではありませんが、渡り蟹のうま味がじわ~と口の中で広がってる感じでとても美味しかったです。

こちらはお店でも人気のメニューのようです。

ただ食べるときすでに冷めていたのと、外だったので渡り蟹を捌いて食べるのが少し大変でした。^^;
スパイス (8)

「タイ風グリーンカレー」のほうはスパイスが効いた辛口カレーで具沢山だったようですね。

夜のみの営業だと、なかなか大聖寺までは食べに来ることが出来ないのが残念ですが、通常営業開始後にお店の賑わいが戻ることを願っております。ご馳走様でした。

多国籍料理spice-スパイス
石川県加賀市大聖寺耳聞山119
TEL 0761-72-0145
17:30~23:00(L.O.22:00)
火曜休(祝日の場合翌日休)
※テイクアウト期間中の営業は記事内に記載


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昔あった東京ストアというが石川県に本社があったスーパーマーケット。

残念ながら2013年1月18日に民事再生法の適用を申請して倒産しました。

その時点で石川県内に何店舗か営業していたうち、小松市幸町にあったお店は、富山県射水市に本社を置くアルビスが引き継ぎ、またその後、北陸新幹線が通ることになり若干位置を変えて新しく建て替えしたのです。
アルビス

今回、4月に新しくなった「アルビス小松幸町店」に行き、朝食のパンと、家での食事用のレトルト食品などを買ってきたので紹介します。

まぁ、普通に売っているものを紹介してもしょうがないので、これは!ということで今回紹介するのは、成城石井のコーナーがあったこと。

成城石井といえば、ご存じの方も多いと思いますが、東京の高級住宅街の世田谷区成城に本店がある「高品質な食料品主体のスーパーマーケットチェーン」です。いまはコンビニ大手ローソンの傘下のようです。

その成城石井が出しているオリジナル商品をこちらで扱っているのです。これはうれしいですね。

昔の東京ストアの時も、おや?と思うような商品を扱っていたので、小松幸町店も同じでうれしいです。

さて、成城石井のレトルト食品は、やはり少し高いのですが、安全安心な食材と製造工程で作られています。
アルビス (8)

今回2種類のレトルトカレーを買いました。もちろんカレー以外にも色々揃っていましたよ。

私はこちらの「スパイシーカレー」を食べました。
アルビス (10)

有機キヌアとガルバンゾビーンズを使用。9種類のスパイス配合していて、動物性由来の原料や化学調味料不使用なのもうれしいです。名前の通りスパイシーなカレーで美味しかったです。

妻は「バターチキンカレー」です。
アルビス (9)

パッケージに「骨付き肉を煮込んだ旨味たっぷり」と書いてあった通り、丸鶏から炊きだしたチキンブイヨンとトマトソースの酸味、そして24か月熟成のパルミジャーノ・レジャーノを使ってコクを出しています。

ちなみに、こちらのカレーを盛ったお皿は輪島の輪島塗「輪島キリモト」の「千すじ小福皿」というもので、桐本さんが「漆の器でカレーが食べたい」という想いから誕生した小福皿なのです。

本当にカレーをスプーンでガツガツ食べてもキズが付かない漆器で、普段使いしやすいですよ!

私のも同じ技法で作られた「千すじ鉢」です。

そして店内の「ALBIS BAKERY」で買ったパンについても紹介します。今回こんな4個を買い求めています。
アルビス (2)

ここは100円前後で色々な種類のパンを楽しむことが出来るのがうれしいですね。

「ALBIS BAKERY」アルビス内のパン屋さんについては、同じ小松の城南町にあるお店のことはこちらに書いています
アルビス (4)

私はこちらの「枝豆チーズ(税別98円)」を食べました。ほんのりチーズの味でした。
アルビス (3)

妻は「明太じゃがフランス(税別128円)」です。
アルビス (5)

娘は「極旨カレーパン(税別98円)」。

あと「のり塩こんぶ(税別98円)」は母が食べています。

新しくオープンしたので当然きれいなお店で、レジも最新のシステムが入っているようでしたが、ご年配の方が使い方がわからずに時間がかかっているケースがありました。そのあたりサポートする人がいたら、レジ担当の方が作業を中断せずにできるのになぁ~?と感じました。ご馳走様でした。

アルビス小松幸町店
石川県小松市幸町3丁目119
TEL 0761-22-8377
9:00~21:45
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログでテイクアウトの紹介のみに移ってから早1ヶ月と5日間。

その中でカレーのお店が、今回で3軒目となります。

パンのお店が多いのですが、前にもちらっと書きましたが、カレーというのはテイクアウト向きと言えますね。

トッピング類さえ考えなければ、オーダーから出来上がるまでの時間も短いので、その場で頼んで家に持って帰ってからでも温かく美味しく食べることが出来ます。
チャンピオンカレー (6)

今日は皆さんにもおなじみの「カレーのチャンピオン 小松店」です。私のブログで紹介したのは、ずいぶん前のことです。何と!15年半前のことです。びっくりです。
チャンピオンカレー

もちろん、それ以降行っていないわけではなく何度かお邪魔していますが、前は一度紹介したところは書かなかったことが多かったので間が開きました。現在のように毎日アップするようになってからは、原則行った時は書くようにしています。

さきほどカレーはテイクアウト向きだと書きましたが、この新型コロナウイルスの問題は、そんなカレー店にとっても大問題なのは変わりありません。

やはり経営的には大打撃でしょう!?

FC店が多いのではないかと思いますが、個人経営のお店の場合は家賃や従業員の給料の問題など色々あるでしょう?なかなか大変ですね。
チャンピオンカレー (3)

さて、こちらのお店は店舗での飲食も時間を短くしていますが可能です。しかし、行ったのはGW中でしたが、お客さんは奥に3名。カウンター席はご覧のような感じで、写真に写っていないところにお一人いらっしゃいました。テイクアウトのお客さんは私が待っている間に2人来ました。

そしてカウンターの中には4名の店員さんが働いていました。

メニューについては、基本は変わらないと思いますが、久しく行かない間に何となくバリエーションが増えたような気がします。
チャンピオンカレー (2)

この中から私は、これまでオーダーしたことがないメニューを頼むことにしました。
チャンピオンカレー (8)

こちらの「選べるサラダカレー(ミニサイズの持ち帰りで税込820円)」です。ライスはミドルサイズにして+30円。こちらは、トッピングがエビフライかウインナーかコロッケの3種類の中から1種類選べました。私はエビフライです。食べてみると、久しぶりの金沢カレーの味!何となく懐かしさが。^^;
チャンピオンカレー (9)

そしてこちらのサラダが付いてきます。女性の意識したメニューでしょうか?美味しく頂けました。

でもサラダはミニトマトとコーン以外はいつものキャベツです。

妻は「ヒレカツミドルカレー(税込700円)」を食べました。
チャンピオンカレー (7)

ヒレカツが美味しかったと言っていましたね。

予約してなかったのでお店で少し待ちましたが、家に持って帰って食べても熱々で食べることが出来たのでお店で食べるのと変わりがないように感じました。ご馳走様でした。

カレーのチャンピオン 小松店
石川県小松市白嶺町1-7-1
TEL 0761-23-6621
11:00~22:00 
水曜休(祝日の場合は翌日休)
※当面の間11:00~20:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松にカレーを食べさせてくれる新しいお店が立て続けにオープンしました。

小松にも色々お店がオープンしていくというのはうれしいことです。

先日紹介した、旧「みなとや食堂」跡に4月20日オープンした「小松西町食堂aniki no curry」に続いて、小松駅前にも新たに印度レストランのお店がオープンしたのです。
印度バルAlmaas

それが「印度バルAlmaas」という名前のお店。

調べてみると、公立小松大学のインド人の准教授の塩谷・サルフィ・マクスーダさんがオーナーだそうで、小松駅前のビルに入っている大学に学食がないので、そんな学生のためにもという理由からオープンしたようです。

本来であればランチタイムは学生向け、夜はインド料理バルで営業される予定だったようですが、新型コロナウイルスの影響でしばらくはテイクアウトのみの営業となっています。

ちなみに、マクスーダさんは野々市にあったインドカレーの名店「ルビーナ」をやられていた方でもあります。

「ルビーナ」は残念ながらいまは閉店していますが、私のブログではこちらに書いています

あと余談ですが、さらにびっくりしたのが4月29日のオープンの日に、新聞に折り込みチラシが入っていたことです。
印度バルAlmaas (2)

大手資本のお店ならばあるかな?と思いますが、このような個人営業の飲食店では珍しいと思います。まぁ、こんな時期のオープンだったので一気に知名度上げるためかもしれません!?
印度バルAlmaas

その折込チラシの裏?にメニューが書かれています。

インド系のお店だと、肉が鶏か羊のところが多く、こちらもそうでした。
印度バルAlmaas (6)

私は必然的にこの中から豆を使用したものをチョイスすることになるわけですが、普段見慣れない名前のメニューがあってので、それを頼んでみることにしました。
印度バルAlmaas (8)

それがこちらの「チョーラプーリ(税別700円)」という品。持って帰る間に揺れて容器にカレーが付いてしまっています。^^;
印度バルAlmaas (9)

ひよこ豆のカレーとインドの揚げパンがセットになっています。

カレーはスパイスが口の中で複雑に絡み合って感じることが出来る美味しいカレーでした。辛さも私に合う中辛ちょい増し的な感じでした。

ただ、揚げパンのほうは家に持って帰ると、フニャとしてしまって、2枚の間にカレーを挟んで食べると言ったことは難しいですね。こちらはお店で食べてみたいです。

妻が頼んだのは、「チキンマサラカレー(税別650円)」。
印度バルAlmaas (10)

メニューに書かれていた唯一の唐辛子マークがついていたメニューです。当然よりスパイシーですね。
印度バルAlmaas (7)

それに「オニオンクルチャ(税別350円)」も頼んでいます。こちらも焼きたての方が美味しいでしょうが、玉ねぎの甘みが感じられ、これだけでもお酒のつまみに良さそうでした。
印度バルAlmaas (3)

ちなみに、テイクアウト用の窓口は玄関左手のこちらの窓からになります。

店内で飲食できるようになった暁のメニューがどうなるのかわかりませんが、店名の「印度バル」の冠からすると、カレーのお店ではなく、あくまでも「スパイス料理」のお店を目指しているのでしょう!?乞うご期待です。ご馳走様でした。

印度バルAlmaas
石川県小松市土居原町268-1
TEL 0761-66-8170
11:30~20:30
日・月曜休
※5月7日はお休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ