あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: カレー

札幌に来ると、必ず一度はスープカレーを食べる機会があります。


今回、新千歳空港は地震の影響で飲食店街が閉店していることがわかっていたため、空港に移動する前に札幌駅のビル内で食べることにしました。

こちら「奥芝商店 実家」は札幌駅のパセオウエスト1階にあって、昨年6月21日にオープンした比較的新しいお店です。
奥芝商店 実家

コンセプトは「懐しい実家」ということで、お店に入ると「お帰りなさいませ」と迎えてくれます。逆にお店を出るときは「行ってらっしゃい」です。

外観も内装も昭和の雰囲気でまとめられています。

BGMは昭和40年代?の歌謡曲が中心で、インテリアといい、昭和の良き時代のノスタルジーを感じさせてくれます。
奥芝商店 実家 (9)

私はカウンテー席に座ります。目の前のガラス張りの中が厨房です。
奥芝商店 実家 (6)

メニューの一部はこんな感じ。メニューとしては肉系のが多かったです。そしてほぼすべてが1,500円以上というお値段高めの設定です。

そして、こちらのお店のウリは濃厚な海老スープ。スープカレー界に海老スープブームを巻き起こしたことで有名です。

ここ「奥芝商店 実家」のスープはその海老スープのみの設定で、食材にも相当こだわっています。

そのため、価格設定は少し高めでしたが、それに見合う価値はあったと思います。

私は肉系のメニューは避けて「えびづくしカリーの巻(税抜1,580円)」を頼むことにしました。

15分ほど待って出されました。
奥芝商店 実家 (10)

巨大な器に豪快に盛られています。ライスは普通サイズで220g。このライスの器と比べてみても、スープカレーの入れられている器の大きさがわかってもらえると思います。
奥芝商店 実家 (13)

ちなみにこちらの水差しも巨大サイズでした。
奥芝商店 実家 (5)

辛さは「睦月」から「師走」までの12段階から選ぶことができて、私は4番目の卯月にしましたが、これでも相当な辛さでした。

食べていると汗がだんだん出てきます。
奥芝商店 実家 (11)

肝心の海老のほうは、色々な種類の海老を焼きや揚げなど色々な方法で調理されていて、なかなか楽しめましたよ。

海老の揚げ煎餅も乗せられています。あと、ゆで卵半分や豆腐なども。

海老以外の野菜類もたくさん乗せられていました。

カボチャ、レンコン、ニンジン、水菜、ジャガイモ、オクラ、キャベツたっぷりなど。根菜類は素揚げされています。

ボリュームもあって、ライスが普通サイズだったのですが十分お腹がふくれました。

ベースの海老スープのみでも海老100%の風味ですが、それに、これでもか!と海老がプラスされているスープカレー。しばらく海老は食べたくない?ほどのパンチのきいた味でした。人気のお店なのがわかります。ご馳走様でした。

奥芝商店 実家
北海道札幌市北区北6条西2
 PASEO WEST1F
011-213-5660
11:00~22:00(L.O.21:00)
無休(パセオ休業日に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢カレーは全国的な知名度を持つようになりました。

しかし、一口に金沢カレーと言っても各店で味などが微妙に違っています。石川県民は個人個人好みのお店の味があると思います。

味の違いについては過去にも何度書いているのでここでは書きませんが、私はやはりアルバ派です。

こればかりは好みの問題ですが、一言でいえば「最後まで飽きがこない味」だからです。
アルバ

さて、「カレーの市民 アルバ 小松本店」は年に何度もお邪魔するお店ですが、同じカレーばかりブログで紹介するのも何なので、前回からカレー以外のメニューも紹介していっています。

今年4月に、「カレーの市民アルバ 小松駅店」で本店にもないメニュー「玉子野菜カレー」を紹介しました

今回は本店に設定されている「野菜玉子スパゲッティ(税込900円)」について紹介したいと思います。
アルバ (6)

紹介する前に情報として、メニュー価格が8月より値上げになっていました。そして何故かメニュー表示が税抜表示になっていました。そのため半端な金額が記載されていますが、支払うときはジャストの値段になります。
アルバ (3)

新しい価格のメニューもアップしておきます。
アルバ (2)

さて、今回は行く前から「野菜玉子スパゲッティ」を食べる予定だったので、カウンター席に座りすぐにオーダーしました。

カレーだと比較的早く出されますが、「野菜玉子スパゲッティ」はあまりオーダーする人がいないのでしょう?少し時間がかかりました。もっとも時間がかかると言っても10分まではかかっていませんが。
アルバ (4)

当然といえば当然なのですが、キャベツがトッピングされていません。その他は小松駅店で食べた「玉子野菜カレー」と似ています。

そういえば思い出しましたが、この「野菜玉子」のカレーやスパゲッティは白山市にある「キッチンユキ」のメニューだったものを、アルバの先代のご主人が自分のお店でも出すようにしたのだと思います。前回の「カレーの市民アルバ 小松駅店」をアップした時に教えていただきました。
アルバ (5)

味のほうですが、調理しているのを見なかったので、麺は炒めるときに軽く塩コショウで味付けされているのかわかりませんが、薄めの味付けで、少量の甘辛のソースと少し酸味のあるサワークリームのようなソースを混ぜて麺に絡めないと味が淡白に感じます。

やはり「野菜玉子カレー」のほうが好みかな?

何れにせよ、このメニューは他の店舗では設定がないの、小松本店のみで食べることが出来る貴重?なメニューです。是非一度お試しを!ご馳走様でした。

カレーの市民 アルバ 小松本店
TEL 0761-22-6027
石川県小松市竜助町160
11:00~21:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

神保町はカレーの激戦区です。言ってみればカレーの聖地と呼んでいいかもしれません。

欧風カレーとしては、おなじく神保町の「ボンディ」が有名ですが、今日紹介します「ガヴィアル」も人気の欧風カレーのお店です。

平日のランチ時に仲間を連れだって4名でお邪魔しました。
ガヴィアル (12)

小さな雑居ビルの2階にお店はあります。
ガヴィアル (2)

11:40頃だったのですが、店内は8分くらい埋まっていました。
ガヴィアル (3)

カレーメニューはこんな感じです。
ガヴィアル (5)

ランチは他にも日替わりメニューがあって、人気の野菜カレーと他一種類の具の組み合わせになっているようです。この日はホタテかチーズ。

単品メニューは少しお高いですが、日替わりメニューは2種類のカレーが楽しめて、しかも1,100円!頼まないわけがありません。

我々4名全員が「野菜+ホタテ」を頼んでいました。

ちなみに野菜カレーの単品は平日15時以降。土日は終日のみの提供なので、野菜カレーを平日のランチに頼もうとすると日替わりメニューになるということですね。

辛さは甘口、中辛、辛口の3種類から選べて、私のみ辛口にしてみました。
ガヴィアル (8)

カレーが出てくる前に、「ボンディ」と同じく茹でたジャガイモが出されます。

でもバターが添えられれていませんでしたね!?サイズも少し小さめでした。
ガヴィアル (4)

テーブルには福神漬けとらっきょうも置かれています。
ガヴィアル (10)

ライスには細かく刻まれたチーズが乗せられていました。
ガヴィアル (6)

そして肝心のカレーのほうですが、たくさんの玉ねぎを使って出される自然な甘みを感じることが出来て、その後で辛さが来る感じで、欧風カレーの特徴が出ています。
ガヴィアル (11)

ルーは創業以来、継ぎ足しを続けているそうで、何となく、大阪のカレーにも似ている味だとも感じましたが、28種類の香辛料をブレンドしているだけあってコクがあってとても美味しかったです。

野菜もホタテも、具がたっぷり入っていて、日替わりメニュー1,100円は安いと感じましたね。

見た目よりボリュームもたっぷりで、ライスを少し残してしまいました。ご馳走様でした。

ガヴィアル
東京都千代田区神田神保町1-9
 稲垣ビル2F
TEL 03-6273-7148
11:00~21:30(LO)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

札幌に行くたびに一回はスープカレーのお店に行って食べています。

今回も小松に戻る前の最終の食事を食べるときにスープカレーのお店に入りました。
lavi (6)

新千歳空港ターミナルビル3階の飲食店フロアに、市電通り食堂街というエリアがあって、6店舗ほど店を構えています。
lavi (12)

食堂街には、このようにむかし走っていたような市電のモニュメントがあったりします。
lavi (2)

「スープカレーlavi」は札幌市内と、ここ新千歳空港に5店舗お店を構える人気店で、ランチ時にはどこも順番待ちが出来ているようです。

我々がお店に到着したのは12:15頃。案の定、順番待ちの行列が出来ていました。15名ほど待っていました。
lavi (4)

飛行機の時間までは少しあったので我々も名簿に名前を記入して待ちます。20分ほど待ったでしょうか?やっと席に案内されました。

オーダーしたあともスープカレーが出来上がるまでに20~30分ほどかかると書かれていたので、ランチ時には食べ終わるまでに確実に1時間以上はかかることになります。

このあたりを考えて行ったほうがいいでしょうね?
lavi

メニューは主なものはこんな感じでしたが、メニューに書かれていてもその日ないものが3種類ほどありました。

メニューにはチキンや角煮、そしてジビエなどの肉系のものが多く、私が食べられるのは「八百屋の野菜カレー」しかありません。当然それをオーダーすることになります。

カレーの味はベーシックなものにプラス、エビスープやココナッツスープもチョイスすることが出来ました。私は一番人気だということでエビスープにしてみました。なお、エビやココナッツスープには追加料金がかかります。
lavi (3)

エビスープは甘エビの頭と香味野菜から取るブイヨンに、仕上げに入れるブラックタイガー丸ごと加えてスープを作っているようです。

一緒に行った人のは、ベースとなるカレースープは12時間掛けて丸鶏・げん骨・牛骨と一緒に厳選した15種類のスパイスや香味野菜から作られたブイヨンに、さらにじっくり8時間掛けて玉ネギと挽肉、そして季節ごとににふんだんに厳選したトマトを使って作られたキーマペーストをブレンドするという手間のかかったオリジナルスープなのです。

ちなみに私の頼んだ「八百屋の野菜カレー」のエビスープには200円プラスが必要で、計1,350円となります。

あと、辛さやご飯の量も選ぶことが出来て、私は辛さ5番辛さ・ライス普通でお願いしました。

一緒に行った人は3辛のライス小。ちなみに3番が中辛レベルだそうです。でもメニューに書かれていた50番なんてのはどんな辛さなのでしょうか?
lavi (11)

出された「八百屋の野菜カレー」がこちら。入れられている野菜はレッドムーン・にんじん・ピーマン・かぼちゃ・ブロッコリー・いんげん・なす・えんどう・ごぼう・オクラ。
lavi (9)

たくさんの種類が入っています。あと味付き卵も半分入っていました。5辛は色味から辛そうに見えますが、それほどでもなかったです。

しかし「カレーは飲み物」とはよく聞きますが、スープカレーはもっとドリンクですね。(笑い)

味的にはエビの旨みがとても効いています。コクもあり美味しかったです。
lavi (7)

一緒に行った人は「やわらかチキンカレー(1,150円)」。こちらも美味しかったそうです。

しかし、お勘定のとき、個別の支払いはダメということで一緒に私が払いましたが、小松に戻って気が付いたのは3,100円という合計金額でした??合計は2,500円のはずですが……。

その時は疲れていたのと、消費税のこととかライスが無料だったか?などが頭に浮かんでその場ではあまり意識しませんでした。また電子マネーで私が一緒に払ったため気が付きませんでした。

払ってしまった自分が悪いのでいいのですが、レジは混雑していなかったので、やはり別々に支払させて欲しいと思います。そうすれば何を食べたか伝えるので、単価がおかしいと気が付いたかもしれません。

何れにせよカレーは美味しかったので、新千歳空港を利用される機会があれば、一度食べてみる価値はありますね。ご馳走様でした。

スープカレーlavi 新千歳空港店
北海道千歳市美々
 新千歳空港ターミナルビル3F
TEL 0123-21-8618
10:30~20:30(L.O.20:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

度々訪れる「口中カレーモード」。この日もそうでした。

最近は、そんなときは「アルバ」に行くことが多いです。^^;

今回は訳あって本店ではなく小松駅店へお邪魔しました。
アルバ (2)

小松駅店はスピードが重要な駅構内のお店なので、本店とは違ってカレー以外のスパゲッティやドライカレー、定食類のメニューの設定がオープン時はなかったのですが、いまはスパゲッティがメニューにのっていました。

一方、「小松駅店」には本店にはないメニューがあります。
アルバ (7)

それが「玉子野菜カレー」です。本店には「玉子野菜スパゲッティ」はあるのですが、「玉子野菜カレー」の設定がないのです。

私も「玉子野菜スパゲッティ」も「玉子野菜カレー」も過去に食べたことがないので、今回その「玉子野菜カレー」を食べるために小松駅店に行ってみました。

とある日曜日のお昼。北陸新幹線の駅高架工事が始まった小松駅の駅にある便利な「カレーの市民アルバ 小松駅店」。

11:40ごろにお店の中に入り、食券機で食券を買い求めてカウンター席に座ります。
アルバ (3)

この時間帯は2割ぐらいの入りで混雑はありません。

もちろん初志貫徹で「玉子野菜カレー」をオーダーします。

あまりオーダーが入らないメニューだからでしょうか?出てくるまで10分ほどかかりました。
アルバ (5)

見慣れたステンレス製の皿と先割れスプーン。そしてキャベツ。しかし見た目はカレーっぽくなくオムライスのようです。
アルバ (6)

しかし、中にはしっかりとカレーがかかっています。

野菜は玉ねぎ、長ねぎ、ピーマン、ピクルス、しいたけなどが入っていて、それらが炒められ玉子でとじてあるのがカレーの上に乗せられている感じです。

そのためボリュームもあって、普通サイズでも満腹になりました。

まぁ、カレーそのものを味わうには、フライ系のトッピングをチョイスしたほうがいいと思いますが……?

駅にあるお店にとっては少し手間がかかるでしょうが、こんなメニューもたまには食べたくなるお客さんもいると思うので、うれしいメニューだと思いました。ご馳走様です。

カレーの市民アルバ 小松駅店
石川県小松市土居原町13-18 JR小松駅
TEL 0761-22-3750
11:00~20:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ