あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 食堂・デリカテッセン

日本で唯一、波打ち際を車で走ることが出来る「千里浜なぎさドライブウェイ」。
千里浜レストハウス (11)

最近、砂浜が浸食で大きくえぐられているといったニュースを見ました。

その「千里浜なぎさドライブウェイ」の出入口に位置し、昔から観光客中心に人気だった「能登千里浜レストハウス」があります。

50年以上前にオープンしてから日本海を一望できるレストランとして多くの利用客でにぎわいましたが、平成のバブル崩壊後は、大型バスで観光するといった団体旅行の需要が激減し、苦戦していました。

経営的は相当苦しくなっていたことは間違いなく、昨年に和倉温泉の有名旅館、加賀屋のグループに入り経営を立て直すことになり、そして今年2月に「能登千里浜レストハウス」の内外装を大幅にリニューアルしてオープンしています。

今回、七尾からの帰りに立ち寄り、軽く小腹を満たすために入ることにしました。
千里浜レストハウス

外観はそれほど大きく変わっているわけではありません。こちらの大きな看板は新調されていますね。
千里浜レストハウス (16)

新しく海側にウッドデッキが備え付けられて、これからの季節は外に出ることが出来るようになりました。
千里浜レストハウス (10)

レストランのほうは、入り口にお祝いの花がたくさん飾られていました。

店内は、私が「能登千里浜レストハウス」に行ったのはもうだいぶ前になるので、元々がどんな内装だったか記憶にありません。
千里浜レストハウス (2)

そのため、当時と比べてどうのこうのはわかりません。ただ、お土産売り場は落ち着いた色合いの内装で明らかに昔とは違うだろう?と思います。
千里浜レストハウス (3)

レストラン内部は広く、構造的には大きくは変わらないだろうと思われます。300人ぐらいは一度に入れそうです。各テーブルに浜焼き用のグリルが設置されていました。

今の時代、ここが一杯になることあるのでしょうか?

ここでは、三次水産直営店の能登牡蠣を使ったメニューをウリに、ほか能登の海産物などを浜焼きにして楽しむことが出来ます。

私はこちらのお店で前から名物だと言われている「貝めし」を頼むことに。

タッチパネル式の券売機で食券を買うと、自動でオーダーが通り、出来上がると番号で呼ばれます。
千里浜レストハウス (6)

こちらが「貝めし」です。大きな陶器製の貝型の器に入れられています。お吸い物と漬物が付いています。
千里浜レストハウス (7)

炊き込みご飯で、小さめのアサリが入っていました。
千里浜レストハウス (9)

妻は私の「貝めし」をつまみにして生ビールを飲んでいました。

食べ終わって、お土産売り場をぐるり。加賀屋で扱っている品が多く置かれているようでした。私は能登名物イカ団子を買って帰りました。

300人は入れるレストランに客をそこそこの人数呼び込むのはなかなか難しいだろうと予想しますが、加賀屋さんの動員力に期待というところでしょうか?ご馳走様でした。

能登千里浜レストハウス
石川県羽咋市千里浜町タ4-1
TEL 0767-22-2141
10:00~17:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

関西の緊急事態宣言が明けた後でしたが、今回の出張は車で移動しました。

遠いところだと、どうしても公共交通機関を使わざるを得ないのですが、関西だと車での移動の場合でも、それほど移動時間が変わらないので、少しは感染リスクは下がると思います。

今回、戻りがお昼時間を挟んでの移動となったので、途中でランチを食べることになりました。

ちょうどお昼ごろ、北陸自動車道の杉津パーキングエリアのあたりを通過。休憩がてらこちらでランチをすますことにしました。
杉津PA

杉津パーキングエリアには、俳人松尾芭蕉の句碑が建てられていて、高台の位置にあるので、句碑と松越しに敦賀湾・若狭の海を望むことができます。
杉津PA (9)

もちろんこちらの展望台からの眺望のほうが素晴らしいですけど。
杉津PA (11)

またこちらの「ゆうひのアトリエ」が隣接していて、2009年には恋人の聖地に認定されているのです。その名の通り夕陽が日本海に沈む時間帯がきれいだと思います。
杉津PA (13)

さて、杉津はパーキングエリアなので、売店や飲食スペースは狭いです。
杉津PA (14)

なので小さめのフードコートですが、テラス側の席からは敦賀湾の雄大な景色を眺めながら飲食できるのがウリです。
杉津PA (6)

メニューには、福井のご当地のソースカツ丼や越前そば、そしてフードコート定番のカレー、麺類など、一通りのメニューが並んでいます。
杉津PA (2)

ご覧の食券機で食券を買うとオーダーが自動的に通るようになっていて、そのまま好きな席に座って呼び出されるのを待ちます。
杉津PA (4)

私は「焼き鯖丼(税込850円)」を頼むことにしました。

敦賀の名物といえば、「浜焼さば」と「とろろ昆布」だと思っているので、やはり敦賀名物を食べないわけにはいきません。
杉津PA (7)

味噌汁とたくわんが付いていました。
杉津PA (8)

焼き鯖をほぐしたものが乗せられていて、そしてへしこが1枚(笑い)。本当は焼きたての「浜焼さば」が美味しいのですが、この値段でぜいたくは言えません。「浜焼さば」はまたの機会です。

「焼き鯖丼」は、混ぜた甘酢生姜がアクセントになっていました。

ただご飯が多かったので、少々具が足りなくなったのと、満腹になったので途中でリタイヤしました。(^^;

一緒に行った人たちは、福井と言えば「おろしそば」ということで食べていました。

あと、家へのお土産で、売店でこんなお物を買い求めています。「とろろ昆布」ももちろんです。
杉津

家に帰って、うどんを作って、さっそく「とろろ昆布」をかけて食べています。

最近、高速道路を通行した時に飲食店を利用することが少なくなりましたが、たまにはいいかな?ご馳走様でした。

杉津(すいづ)パーキングエリア(下り)フードコート
福井県敦賀市杉津73-5
24時間営業、無休
問合せ0770-28-1231
(7:30~19:30)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

加賀温泉駅は、加賀温泉を利用する観光客が多く利用する駅です。
加賀温泉駅 (2)

現在、北陸新幹線の駅舎の建設が進んでて、昔の駅の面影は全くありません。

しかしながら、現在はコロナ禍のため、加賀温泉駅を利用するお客さんは大幅に減っていると思います。

駅に隣接するショッピングセンター「アビオシティ加賀」には、そんな観光客をターゲットにしたお土産売り場がありますが、我々が行った日曜のお昼時、そのエリアにお客さんは一人もいませんでした。

さて、そんな北陸新幹線の延伸をにらんで、「アビオシティ加賀」では店舗のリニューアルが行われています。
加賀食テラス (2)

今回、その一環としてお土産売り場に隣接したフードコートがリニューアルして「加賀食テラス」という名前で2月20日にオープンしたとTVや新聞のニュースで知り、妻と早々行ってきました。

新しくなった「加賀食テラス」は多目的スペースとなっています。
加賀食テラス (3)

木が基調の暖かく感じる空間。地場産の木材を使用していて、一部には赤い紅殻(べんがら)格子を用いてありました。
加賀食テラス (7)

あと、テレワーク可能なスペース、アーティストの作品展示ギャラリー、地元の魅力を映像で発信するデジタルサイネージなどの設置がしてありました。

前フードコートにもう一軒あった、自家製麺の加賀十万石うどんの「おいでや 加賀アビオシティ店」はなくなって、ピノキオという麺類やたこ焼きなどのスナックのお店が1軒だけ営業されていました。

我々はこちらで軽食程度食べていくことに。
加賀食テラス (4)

こちらがメニューです。種類は多いです。ただ、同じフロアにうどん・そばのお店があるため、こちらではうどん・そばのメニューはありません。
加賀食テラス (5)

たこ焼きのところにあった「ミックス焼き(税込460円)」というのが気になったので、そちらを注文。たこ焼きのたこの代わりに海老とホタテが入っているものです。
加賀食テラス (6)

やや大きめなサイズのが6個。マヨネーズは抜きです。

あと、こちらの「ミニラーメン(税込400円)」も。味噌・塩・とんこつが選べて、我々はとんこつ味を頼みました。
加賀食テラス (8)

ボリュームは確かにミニ。でも小腹が空いたときに食べるにはちょうどいいメニューですね。
加賀食テラス (9)

ただ、フードコートはスピードが大事ですが、それほど混雑しているとは見えませんでしたが15分以上かかりました。オープンして間がなかったので慣れていなかったのかもしれません。

フードコートとしては、一応スペース的にもう一軒お店が入る空間があったので、コロナ禍が過ぎれば別なテナントが入るかもしれません。ご馳走様でした。

ピノキオ
石川県加賀市作見町ル25-1
TEL 0761-72-8702
 アビオシティ加賀「加賀食テラス」内
10:00~20:00
休みはアビオシティ加賀に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日紹介します小松インター近くの「お好みハウスよねだ」。
お好みハウスよねだ

小松インターから小松空港方面に向かう幹線道路沿いという、とてもいい場所にあるお店です。しかし外に看板がまったく無いのでちょっと分かりづらいかも。

私は20年以上前、子供がまだ小さいときに2度ほど食べに行った記憶があります。

その時の記憶では、広い店内にお客さんがたくさんいたことを覚えています。

しかしながら数年前から、お店の看板も破壊?されたままになっていて、飲食店だということもわからないし、ましてやお好み焼きのお店だとはまずわからない状態になっていました。私も時々お店の前を通っているのですが、本当にやっているの?と思っていました。

ある時ネットで調べていたら、どうもやっていそうなので、電話して確認してからランチを食べてきたので紹介したいと思います。

駐車場は広く、店内も駐車場に見合った広さです。
お好みハウスよねだ (4)

私は一人だったのでカウンターの端に座って写真を写します。

奥のほうに見える、お好み焼きの鉄板付き座卓が設置されている小上がりの席がずらり並んでいます。
お好みハウスよねだ (2)

「お好みハウスよねだ」という名前で、昔の記憶では本当にお好み焼きメインだったように記憶していますが、お品書きを見ると色々なメニューがありました。うどんやそば、ラーメン、丼物など、いわゆる食堂メニューですね。
お好みハウスよねだ (3)

私は、この時期、お好み焼きのお店に立て続けに行っていたので、この日はお好み焼き以外のものを食べようと少し考えて、結局、鉄板を使わないメニューの「木の葉丼(税込680円)」を頼むことにしました。

「木の葉丼」は、私のブログでいえば食堂シリーズで頼む定番メニューです。すみません。お好み焼きのことを紹介できなくて。

数分待って出されたのがこちらです。
お好みハウスよねだ (5)

「木の葉丼」は普通きのこ類は椎茸が使われていることが多いのですが、こちらはしめじでした。

ご飯は汁だくではありませんでしたが、ボリュームがあったのでご飯を少し残してしまいました。すみません。
お好みハウスよねだ (6)

お味噌汁は付いていません。お茶と漬物です。

お店の休みや営業時間について、ネット情報がなく、確認すればよかったのですが確認できませんでした。すみません。そのあたりの情報は電話で確認の上、伺ってください。ご馳走様でした。

お好みハウスよねだ
石川県小松市長崎町ア-45-1
TEL 761-23-2882
営業時間と休みについてはお店に確認願います



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

食堂シリーズが続いています。
まえだ

今日は白山市の石川県道195号沿いにあるうどん・そば・定食のお店「まえだ」の紹介です。

新しく出来るイオンモール白山の近くです。車の交通量が多く、なかなかいい場所ではないでしょうか?

イオンモール白山がオープンすると、この辺の道路が混雑しそうです。

昔からお店自体は知っていましたが、今回が初めての訪問です。

妻が仕事でいない休日のランチ。一人で出かけてきました。小松からは車で30分かからないくらいです。

うどん・そばは自家製麺。看板にいくつも表記されています。

店内に入ると、ご主人が大きな声で迎えてくれます。
まえだ (2)

カウンター席とテーブル席があって、ご夫婦で切り盛りされていました。
まえだ (3)

こちらがお品書きです。うどん・そばと、
まえだ (4)

丼と定食。

通常、この食堂シリーズの場合は木の葉丼を頼むのが定番なのですが、こちらのお店にはなかったのと、この日は寒い日だったこともあって鍋焼きうどん(税込750円)を頼むことにしました。

この手のお店で鍋焼きうどんを頼むのは超久しぶりです。
まえだ (5)

数分で出されたのがこちら。鍋には蓋がしてあります。
まえだ (6)

開けると、こんな感じです。煮込まれているのでそのままだと猫舌の私は無理。

取り皿に移して少し冷まして食べます。
まえだ (7)

煮込み用の麺ではなく普通のうどんを使用していました。

煮椎茸・卵・焼き豆腐・薄揚げ・赤巻き・エノキ・鶏肉・長ネギという具。

出汁は、少し甘めでしたが上品なお出汁。煮込みには適していましたね。

寒い日にホッとできるランチでした。ご馳走様でした。

まえだ
石川県白山市宮永町1946-1
TEL 076-275-2229
11:00~15:00
17:00~20:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ