あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 食堂・デリカテッセン

加賀市の玄関口といえば、加賀温泉駅だと思います。

しかし今の加賀温泉駅は、いまからちょうど50年前までは作見駅という駅名で、特急など停まらない小さな駅でした。

それが、大聖寺駅と動橋駅の特急停車駅争いの結果、漁夫の利?を得る形で今の加賀温泉駅に改名して特急停車一本化、現在に至っているのです。

私も西口のほうには時々行きますが、東口のほうにはこれまで行ったことがありませんでした。

そんな加賀温泉東口の近くにある「末広亭」でランチを食べてきたので紹介します。

さて、私のブログでも近頃は町の食堂を取り上げることがあります。

前はあまり取り上げてこなかったのですが、町に普通にあるような食堂も昨今減ってきているのではないかと思い、記録・記憶のために書くようにしています。

調べてみると相当昔からあるようなお店だったので、いまのコロナ禍のなかで営業しているかどうかわからないと思い事前に電話をして向かいました。

カーナビに電話番号を入れていくと、ホント、加賀温泉駅から100メートルぐらいの位置にあるお店でした。
末広屋 (12)

年季が入っている建屋ですが、喫茶店のような外観かもしれません。
末広屋 (6)

店内は、こちらのカウンター席と、
末広屋 (4)

小上がり席。

コロナ対応は特別取っているようには見えませんが、広い店内にはお客さんが私だけだったので大丈夫でした。
末広屋 (5)

私はカウンター席に座りました。ビリケンさんが置かれています。
末広屋 (2)

メニューです。
末広屋 (3)

和洋中多様なメニューです。

普段ならこのての食堂では、私は木の葉丼を頼むことにしているのですが、メニューにはなく私はメニューの一番最初に書かれてた「野菜炒め定食」を頼むことに。

「野菜炒め定食」を食べるのは久しぶりかもしれません。

で、値段のほうですが、これはこの原稿を書いていて気が付いたのですが、メニューでは880円となっていますが実際は950円でした。メニュー表が古いのかもしれません。

「野菜炒め定食」を頼む客が少ないのかもしれません。下準備から初めてそれなりに時間がかかりました。

調理はご年配のご主人が担当。中華鍋を使って調理されていました。メニューの構成を見ても元々は中華料理がメインの調理人だったのかもしれませんね。
末広屋 (8)

定食には煮物と酢の物の小鉢と漬物、味噌汁、ライスが付いています。ライスは少なめでお願いしています。
末広屋 (9)

野菜炒めはもやしなどの野菜たっぷり。肉は豚バラなどではなくハム系だったので私にとってはよかったです。少し油多めでしたがおいしくいただくことができました。ご馳走様でした。

末広亭
石川県加賀市作見町ワ3-3
TEL 0761-74-2382
[10:00~23:30
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県内には多くの温泉地があります。

石川県内の温泉地はコロナ禍のなか苦戦が続いていますが、6月から石川県が実施した「泊まって応援!県民限定 宿泊割」によって、石川県民が県内で宿泊した場合は最大半額補助が出ていたことがあって、少し息をつけたところがあるのではないでしょうか?

実際、ネットで予約状況を確認すると、特に高級旅館は8月一杯は満室のところがいくつかありました。

私も利用しようと思っていたのですが、旅行代理店に電話してもつながらず、ネットで来店予約するにも1ヶ月以上先まで一杯という状況で諦めました。

さて、今日紹介する加賀市山中温泉は、石川県内でも人気の温泉地です。

元々個人客の利用比率が高い温泉地なので、個々の温泉旅館で違いはあるでしょうが、頑張っておられるところが多いのではないでしょうか?
山中温泉 (23)

さて、そんな山中温泉のメイン道路「ゆげ街道」。昨年22年間にわたる工事がやっと終了しました。ずいぶんときれいになったものです。
肉のいづみや

そんな「ゆげ街道」にある人気のお肉屋さん「肉のいづみや」は、メディアなどでもたびたび取り上げられているお店です。
肉のいづみや (3)

著名人や有名人の写真やサインが店内に飾られていますね。「まいう~!でおなじみの石塚さんのもあります。
肉のいづみや (4)

お肉が並んでいます。能登牛などの和牛がおすすめのようです。
肉のいづみや (2)

手作りの焼豚や惣菜が人気で、それらの中でも一番人気はコロッケです。じゃがいもがたっぷり入って、お店の本業であるお肉と合わさったコロッケ。
肉のいづみや (6)

こちらが人気のコロッケです。俵型で一個120円。注文すると、その場で揚げてくれます。そのため少し待ちました。

前は店内で食べることが出来たのですが、コロナ禍の中、店内飲食は禁止になっています。

私は過去何度も買い求めていますが、今回は2個買い求めて家で夕食の時に食べました。

肉のいづみや (7)
時間が経っていても外側のサクサク感が残り、中のじゃがいもがザクッとした感じでホクホク感があって、人気なコロッケだということがわかりました。ご馳走様でした。

肉のいづみや
石川県加賀市山中温泉南町ニ16
TEL 0761-78-0144
9:00~19:00
日9:00~15:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

うどん・そば・丼物などのいわゆる店屋物の飲食店。

時々私のブログでも取り上げていますが、今日は能美市旧根上に近い場所にある小松市の「こだぬき」というお店です。
こだぬき (9)

小松市民センター近くの交差点の隠れた位置にひっそりとあります。建物は立派な造りですがあまり目立たない感じの作りです。

相当前からこの場所にあった気がしますが、いつからあるのでしょう?
こだぬき

お店の前には信楽焼のたぬきの置物がありました。
こだぬき (7)

中に入ると店内は意外に広く、カウンター席と小上がりの席にはだいぶ人が入ることができそうです。

先客は一人だけ。私は小上がりの席に座ります。
こだぬき (6)

こちらがお品書きです。
こだぬき (5)

内容的には典型的?な店屋物のお店。

この中から私が頼んだのは、近ごろこの手のお店で頼む定番メニューの「木の葉丼(税込750円)」。
こだぬき (4)

こちらがセットです。何となく、これを食べないといけないような感じになってきました。^^;
こだぬき (3)

「木の葉丼」はボリュームがありました。そして見た目よりも汁ダクでした。普通に美味しいです。
こだぬき (2)

セットにはお味噌汁と漬物が付いています。

家族経営でお店をされているのでしょうが、常連さんに支えられている感じがします。末永く営業されることを願っております。ご馳走様でした。

こだぬき
石川県小松市大島町丙65
TEL 0761-24-5335
11:00~16:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

激辛好きの人が世の中に数多くいます。

私は少し辛党なほうですが、普通より少し辛いくらいが好きで、妻の方が辛さには強いかもしれません。
竹乃家

さて今日紹介します金沢八日市出町にある「竹乃家」。

こちらのお店は、そんな激辛好きな人を喜ばせてくれるお店なのです。

さて、石川県白山市は「剣崎なんば」が名産として知られていて、毎年夏になると「KARA旨グランプリ」という激辛グルメを競うイベントなどあったりしますが、こちらのお店は2018年のゴールドグランプリを取っています。

そしてその勢いで何と!激辛グルメ日本一決定戦「京都KARA-1グランプリ2018」でゴールドグランプリしたことがあるのです。凄いですね。
竹乃家 (12)

その時のメニューがお店の外の幕に書かれていました。「とろけるパイカの旨辛丼」!
竹乃家 (5)

パイカとは豚バラ軟骨の事だそうです。つまり肉なので残念ながら私は食べることが出来ません。
竹乃家 (7)

メニューの種類も豊富なのですが、こちらは一般的なもの。他にも色々あって肉系のものが多くありました。
竹乃家 (6)

そして、こちらが昨年のお店の人気ランキング。

私はこれらはほとんどダメだったのですが、別に日替わりやサービスランチのメニューがあって「日替わりランチ(税込850円)」が、この日は「スズキのカルパッチョ」だったので、そちらとお頼むことにしました。
竹乃家 (8)

出されたのがこちら。
竹乃家 (9)

スズキのカルパッチョにはクリーム系のタレが。ご飯のおかずというより白ワインの肴といった感じです。^^;

柚子胡椒を付けて食べました。
竹乃家 (10)

小鉢に煮物が2種類付いていました。

一緒に行った人が頼んだサービス品は「豚バラとカンクン菜の塩タレ炒め丼(税込750円)」です。
竹乃家 (11)

温泉玉子を崩して柚子胡椒を混ぜながら食べていました。
竹乃家 (3)

あと、こちらのお店、マンガ喫茶にも引けをとなないようなマンガ本が多く揃っていた、お邪魔した時も一人で来られているお客さんはマンガを読みながら食事をしていました。

ランチタイムはお値段もお手頃でボリューム的ににも満足で、色々ユニークなメニューがあったり話題が多いお店で、激辛や肉好きの方にはおすすめです。ご馳走様でした。

竹乃家
石川県金沢市八日市出町27-2
TEL 076-249-5392
11:00~15:00
17:00~21:00
月曜・第3日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県内でうどんの老舗として名があがるのは「加登長」「お多福」「中佐」など?

「加登長」は小松が発祥です。10年ほど前までは小松駅前にお店があったのですが、いまは残念ながら小松市内には「加登長」と名の付くお店はありません。現在は金沢市内に何店舗かありますね。

「お多福」は加賀地方には広くお店が点在しています。

一方「中佐」については小松市のみ、それも現在営業しているのは、今日紹介します「中佐本店」と、城南町と小松空港の2店舗ある「中佐中店」の3店舗のみとなってしまいました。
中佐本店

小松市内で製麺所を持っている「中石食品」も、元々は中佐から出たお店です。

まぁ、私が子供のころは、小松市内にあるうどん屋さんといえば出前営業が主体だったと思います。記憶では我が家御用達?のうどん屋さんは、うどんだけではなくそばや丼物などもやっていて、ある意味、準ハレの日に店屋物を取るといった使い方をしていました。

今回私は「中佐本店」に久しぶりにお邪魔して、うどんではなく丼物を食べてきたので紹介したいと思います。

丼物といえば、皆さんはどんな丼物が好きでしょうか?「牛丼」「カツ丼」「親子丼」「他人丼」「玉子丼」「天丼」「うな丼」などでしょうか?

意外と肉系のものが多いですね。

私のブログで丼物といえば定番になっているのが「木の葉丼」。肉が苦手な私は、丼物の中では、色々な材料が使われている「木の葉丼」が好きなのです。ただ小さいころは「木の葉丼」を食べた記憶はなく、社会人になってから食べるようになりました。昔から小松のうどん屋さんにもあったのかな?

今回はそんな「木の葉丼」を食べに「中佐本店」にお邪魔しました。
中佐本店 (6)

この日は13時少し前にお邪魔しましたが比較的空いていました。
中佐本店 (5)

お品書きはこちらです。
中佐本店 (4)

色々種類が多くなった感も。
中佐本店 (3)

こちらが私が頼んだ「木の葉丼」です。
中佐本店 (7)

見た目はオーソドックスなビジュアルです。昔から慣れ親しんだ木の葉丼ですね!?
中佐本店 (8)

蒲鉾、青ねぎ、シイタケ・タケノコ・すだれ麩の煮物を卵で綴じてあります。

汁はそこそこかけられていていますが、いわゆる汁ダクというほどではなく、ちょうどいい塩梅でした。
中佐本店 (9)

もちろん味噌汁と漬物も付いています。

どこか懐かしい味がする「木の葉丼」でしたね。

小さいころの昔を思い出させてくれるお店が長続きしてくれることを願っています。ご馳走様でした。

中佐本店
石川県小松市福乃宮町1丁目100
TEL 0761-22-1270
11:00~21:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ