あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 食堂・デリカテッセン

激辛好きの人が世の中に数多くいます。

私は少し辛党なほうですが、普通より少し辛いくらいが好きで、妻の方が辛さには強いかもしれません。
竹乃家

さて今日紹介します金沢八日市出町にある「竹乃家」。

こちらのお店は、そんな激辛好きな人を喜ばせてくれるお店なのです。

さて、石川県白山市は「剣崎なんば」が名産として知られていて、毎年夏になると「KARA旨グランプリ」という激辛グルメを競うイベントなどあったりしますが、こちらのお店は2018年のゴールドグランプリを取っています。

そしてその勢いで何と!激辛グルメ日本一決定戦「京都KARA-1グランプリ2018」でゴールドグランプリしたことがあるのです。凄いですね。
竹乃家 (12)

その時のメニューがお店の外の幕に書かれていました。「とろけるパイカの旨辛丼」!
竹乃家 (5)

パイカとは豚バラ軟骨の事だそうです。つまり肉なので残念ながら私は食べることが出来ません。
竹乃家 (7)

メニューの種類も豊富なのですが、こちらは一般的なもの。他にも色々あって肉系のものが多くありました。
竹乃家 (6)

そして、こちらが昨年のお店の人気ランキング。

私はこれらはほとんどダメだったのですが、別に日替わりやサービスランチのメニューがあって「日替わりランチ(税込850円)」が、この日は「スズキのカルパッチョ」だったので、そちらとお頼むことにしました。
竹乃家 (8)

出されたのがこちら。
竹乃家 (9)

スズキのカルパッチョにはクリーム系のタレが。ご飯のおかずというより白ワインの肴といった感じです。^^;

柚子胡椒を付けて食べました。
竹乃家 (10)

小鉢に煮物が2種類付いていました。

一緒に行った人が頼んだサービス品は「豚バラとカンクン菜の塩タレ炒め丼(税込750円)」です。
竹乃家 (11)

温泉玉子を崩して柚子胡椒を混ぜながら食べていました。
竹乃家 (3)

あと、こちらのお店、マンガ喫茶にも引けをとなないようなマンガ本が多く揃っていた、お邪魔した時も一人で来られているお客さんはマンガを読みながら食事をしていました。

ランチタイムはお値段もお手頃でボリューム的ににも満足で、色々ユニークなメニューがあったり話題が多いお店で、激辛や肉好きの方にはおすすめです。ご馳走様でした。

竹乃家
石川県金沢市八日市出町27-2
TEL 076-249-5392
11:00~15:00
17:00~21:00
月曜・第3日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県内でうどんの老舗として名があがるのは「加登長」「お多福」「中佐」など?

「加登長」は小松が発祥です。10年ほど前までは小松駅前にお店があったのですが、いまは残念ながら小松市内には「加登長」と名の付くお店はありません。現在は金沢市内に何店舗かありますね。

「お多福」は加賀地方には広くお店が点在しています。

一方「中佐」については小松市のみ、それも現在営業しているのは、今日紹介します「中佐本店」と、城南町と小松空港の2店舗ある「中佐中店」の3店舗のみとなってしまいました。
中佐本店

小松市内で製麺所を持っている「中石食品」も、元々は中佐から出たお店です。

まぁ、私が子供のころは、小松市内にあるうどん屋さんといえば出前営業が主体だったと思います。記憶では我が家御用達?のうどん屋さんは、うどんだけではなくそばや丼物などもやっていて、ある意味、準ハレの日に店屋物を取るといった使い方をしていました。

今回私は「中佐本店」に久しぶりにお邪魔して、うどんではなく丼物を食べてきたので紹介したいと思います。

丼物といえば、皆さんはどんな丼物が好きでしょうか?「牛丼」「カツ丼」「親子丼」「他人丼」「玉子丼」「天丼」「うな丼」などでしょうか?

意外と肉系のものが多いですね。

私のブログで丼物といえば定番になっているのが「木の葉丼」。肉が苦手な私は、丼物の中では、色々な材料が使われている「木の葉丼」が好きなのです。ただ小さいころは「木の葉丼」を食べた記憶はなく、社会人になってから食べるようになりました。昔から小松のうどん屋さんにもあったのかな?

今回はそんな「木の葉丼」を食べに「中佐本店」にお邪魔しました。
中佐本店 (6)

この日は13時少し前にお邪魔しましたが比較的空いていました。
中佐本店 (5)

お品書きはこちらです。
中佐本店 (4)

色々種類が多くなった感も。
中佐本店 (3)

こちらが私が頼んだ「木の葉丼」です。
中佐本店 (7)

見た目はオーソドックスなビジュアルです。昔から慣れ親しんだ木の葉丼ですね!?
中佐本店 (8)

蒲鉾、青ねぎ、シイタケ・タケノコ・すだれ麩の煮物を卵で綴じてあります。

汁はそこそこかけられていていますが、いわゆる汁ダクというほどではなく、ちょうどいい塩梅でした。
中佐本店 (9)

もちろん味噌汁と漬物も付いています。

どこか懐かしい味がする「木の葉丼」でしたね。

小さいころの昔を思い出させてくれるお店が長続きしてくれることを願っています。ご馳走様でした。

中佐本店
石川県小松市福乃宮町1丁目100
TEL 0761-22-1270
11:00~21:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日お知らせしましたが、今日もテイクアウトネタです。

今日のお店はアル・プラザ小松店の2階にあります「和食 三宝」というお店。私のブログで3年前にランチを食べに行ったときに紹介しています
三宝

スーパーマーケットの中にあるテナントなので、店内飲食はお手頃なお値段で家族そろって楽しめるお店だと思います。

アル・プラザ小松店もフードコートは無くなり、テナントで入っていたお店もだいぶなくなりましたが、こちらのお店は喫茶店やフォストフードのお店を除くと唯一残って頑張っているところなのです。

今回のコロナ禍、スーパーの売り場は前とそんなにお客さんの入りは変わっていないかもしれませんが、飲食店はやはり影響があります。

この日は妻が仕事で不在だったため、一人で食べるお弁当を買いに行くことに。

店内飲食が可能でしたが、お客さん2組ぐらいいたでしょうか?寂しいですね。
三宝 (3)

日替わりのお弁当意外にもテイクアウトメニューが色々ありました。

私は「日替り弁当(税別850円)」を買い求めました。
三宝 (5)

この日の「日替り弁当」のおかずは、サバの柚庵焼き・だし巻き玉子・ぜんまいおから煮・唐揚げ・炊合せという内容で、ご飯が黒米でした。
三宝 (6)

サバの柚庵焼きはおかずになりましたね。
三宝 (7)

黒米はよく噛んで食べます。黒米には糠にビタミン・リン・カルシウムなどのミネラルを多く含み、白米よりも高い抗酸化機能を持っているといわれているので、新型コロナウイルスにも打ち勝つことが出来るでしょうか!?

内容とボリュームについては、お値段に見合った内容だったでしょう?美味しかったです。ご馳走様でした。

※石川県の緊急事態宣言が解除されましたので、現在テイクアウト営業されているのかご確認願います。

和食 三宝
石川県小松市園町ハ23-1
 アル・プラザ小松店2F
TEL 0761-24-6067
月~日
11:00~20:45(L.O.20:00)
アル・プラザ小松の休日に準じる
※この時期営業時間が変わっているかもしれません


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

5月7日まで休業のようです。

今日紹介するのは「Yahataすしべん」というお店ですが、たぶん皆さんもよくご存じでしょう?
ヤハタすしべん

こちらの持ち帰り用の袋で、マサカリならず大きなお箸を抱えている金太郎?のようなキャラクター。「はっちゃん」という名前です。
ヤハタすしべん (9)

石川県内の幹線道路を走っていると、至るところで見かけますね。

株式会社八幡という羽咋市にある会社がやっていて、石川県内にたくさんのお店を展開しています。

私は20年以上?前に一度能登の方のお店に行った記憶があります…?^^;

調べてみると最初はうどん屋さんで、その後、寿司の卸、そして今の形態になったようですね。その昔からお弁当だけではなく飲料なども含めて色々なものを売っていて、ある意味現在のコンビニの走りのようなお店だったということのようです。

そして最初のお店が、羽咋市の八幡神社の前だったので名前が「すしべん」ということです。

私のブログではこれまで紹介したことはありません。

昨今の新型コロナウイルスの影響で、ランチに飲食店で食べることを控えていますが、とはいえお昼はテイクアウトでも、お店で作られたものを食べたいと思っております。

そこで日曜日に「Yahataすしべん 福留店」まで買いに出かけました。

店舗は白山市以北にしかなく、能美市以南にはありません。福留店が小松市から一番近いと思われるところになります。
ヤハタすしべん (4)

お店は朝早くから営業されていますが、私が行った11時頃はお客さんは誰もいませんでした。もしかしたらコロナのことがなければ、もっとお客さんがいるのかもしれませんが。
ヤハタすしべん (3)

お惣菜が色々ありましたが、私は最初からパックになったお弁当を買い求めました。
ヤハタすしべん (5)

私が食べたのは「竹の子ご飯弁当A(税別463円)」。竹の子は今が旬ですね。
ヤハタすしべん (8)

ご飯が竹の子ご飯。量はそれほど多くなく私にはちょうど良かったです。竹の子ご飯は上品な味で飽きが来ない感じでした。

竹の子は、天ぷらと煮物にも入っています。

おかずのほうですが、イカはヤリイカでゲソもありました。あと、海老フライ・肉だんご・ほうれん草ごま和えなどです。

妻は「にぎり寿しB(税別491円)」で、ネタはマグロ・鮭・蒸し海老・サーモン・さより・玉子・うなぎなど。
ヤハタすしべん (6)

店名に「すし」が入っているので、こちらもおすすめです。

新型コロナウイルス騒動がいつまで続くかわかりませんが、こちらのお店は変わらず営業されるみたいですね。ご馳走様でした。

Yahataすしべん 福留店
石川県白山市福留町570-2
TEL 076-277-3322
6:00~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

新型コロナウイルスの件で多くの飲食店が影響を受けています。

そんな中、店内で飲食を控える人が多くなったために、テイクアウトに活路を求めるところが増えています。

今日紹介します小松市原町の「味茶房旬庵」は、今回の騒ぎとは関係なく元々から「旬庵ダイニング」という名でテイクアウトやデリバリーのお弁当を作っていました。昔は南浅井にお店を出していたこともあります。

私のブログでは、何度か過去にランチの紹介をしたことがありますが、今回はテイクアウトのお弁当の紹介です。

旬庵の河野ママとは古いお付き合いで、同じ小松市の大和町で「あん庵」とうお店もやられていましたが、残念ながら閉店になってしまいました。
旬庵 (3)

現在は原町のこちら「味茶房旬庵」の1店舗に専念されていますが、ただ、今は新型コロナウイルス騒ぎの影響でお店の中での飲食は休止中。テイクアウトのお弁当のみの営業となっています。

今回、事前に連絡を入れて、今日のお昼前に取りに行きました。
旬庵 (2)

まだ桜が見頃で見事な花を咲かせていました。
旬庵 (6)

玄関の軒下にはツバメがいて、巣作りの真っ最中!春爛漫です。
旬庵 (4)

店内には森秀一さんの色紙が。

お弁当は同一種類5個以上で5千円以上の場合、白山市ぐらいまでだったら配達もしてくれますが、注文は遅くとも配達の2日前までにお願いしたいということでした。

取りに行ける場合は注文は前日でokです。

お店のモットーは「新鮮な野菜をふんだんに使ってカラダに優しいお弁当をつくっております。」ということで、調味料にもこだわって作られています

色々な場面で重宝するお弁当を美味しく楽しむことが出来るので、今回の新型コロナウイルスの影響からSTAY HOME!

家でお弁当をたべることにしました。

今回私がお願いしたのはブログネタ的なこともあって、3種類を一個ずつお願いしています。
旬庵 (8)

まずは一番お手頃な値段の「おまかせ弁当(税込648円)」。その日の仕入食材で内容が変わるのだと思いますが、見た目ではわかりにくいですが、この値段でこの内容とボリュームにはびっくりです。(ちなみにいまはボリュームアップサービス中とのことでした!)
旬庵 (11)

この日のメインはサバの塩焼。そして2個入っているソーセージハンバーグは最近発売になったばかりの「さばソーセージ」だそうです。
旬庵 (9)

こちらは「満(みつる)弁当(税込1,080円)」。ご飯は炊込みご飯に変更してもらいました。追加+50円です。
旬庵 (10)

「おまかせ弁当」にプラス「チキンカツ」「子持ち昆布巻き」「コーンと枝豆の薩摩あげ」「しそ団子揚げ」などがプラスされています。
旬庵 (7)

こちらは「椿(つばき)弁当(税込918円)」。こちらにはサバが入っていないのと、ご飯が少し少ない代わりにいなり寿しが2個入っているのが違いかな。
旬庵 (12)

「おまかせ弁当」と同じく、これら2個もボリュームたっぷりで食べ応えがありました。もちろん、味の方もgood!

新型コロナウイルスで気分が沈みがちになるかもしれませんが、テイクアウトのお弁当もこんなに充実した内容だったら、気分楽しく食事が出来ますね。ご馳走様でした。

味茶房旬庵(旬庵ダイニング)
石川県小松市原町87-1
TEL 0761-58-2568
11:30~14:00
現在はテイクアウトのみ営業
日・月・火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ