あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: ベーカリー・パン

パン屋さんというのは比較的新規出店しやすい業種なのでしょうか?

もちろん単に売るだけではなく、自分のところで作って売るお店のことですが、まぁ、パンを焼くオーブンがあれば出来るといえばできるとは思うのですが、それにしても石川県内でも新しいパン屋さんが色々オープンしていますね。

今年4月、尾山神社のすぐそばに新しいパン屋さんが出来ていたので行ってきました。

白い壁に小さなショップネーム。
COYA (9)

空き家だったところをリノベーションされていますが、目立たないのでパッと見、パン屋さんではないような感じです。

中に入り、了解を頂き店内を撮影しました。
COYA (5)

女性の方お二人で切り盛りされていて、オーナーの田尻さんはせせらぎ通りのひらみぱんで働いておられた方です。

小さなお店で、パンの種類はそれほど多くはありません。ハード系が主体のようでしたが食パンも。
COYA (3)

窓の外には緑が見えて、お店のパンが緑を背景にすると生き生きとして見えたのは気のせい??
COYA (4)

カヌレやレモンケーキなども並べられていました。

2階のカフェスペースは日曜日のみの営業です。我々は土曜日に行ったため営業していなかったので、写真のみ撮らせていただきました。
COYA (7)

白い壁に、窓の外に見える木々の緑が目に映えます。美味しいコーヒーを飲みながら緑を眺めてゆったりと出来る空間でしたよ。

では私が買い求めたパンを紹介します。
COYA (11)

私と妻は「いちぢくとクリームチーズ(250円)」と、
COYA (12)

「クルミとチーズ ブラックベリー入り(250円)」を半分カットして食べました。
coya1

中はこんな感じです。左が「クルミとチーズ ブラックベリー入り」で、右が「いちぢくとクリームチーズ」です。

「クルミとチーズ ブラックベリー入り」は、クルミもたっぷりで小麦の風味を楽しめるパンでした。美味しかったです。
COYA (10)

娘には「とうもろこしのぱん(200円)」を買いました。

こちらは見た目は柔らかそうな感じのパンでした。

人気のお店で10時からオープンしていますが、売切れ次第閉店なので、お好みのパンがある場合は早目に行かれたほうがよろしいかと思います。ご馳走様でした。

COYA.
石川県金沢市尾山町13-2
TEL 076-222-5271
10:00~なくなり次第終了
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログではパンのお店を意外と多く紹介しています。

しかし、食パンの紹介はほとんどしていません。

普段の平日の朝はご飯ですが、休みの日はパン食が多い我が家。しかし、そんな休日のパンはすぐに食べられる惣菜系のパンを買うことが多いからです。

食パンだとオーブントースターを出して焼く手間がかかったりしますから。^^;

今回、全国的にも高級食パンブームの火付け役と言われる人気の「乃が美はなれ」が小松販売店を3月にオープンしたと知り行ってきました。
乃が美

たぶん、食パンだけの紹介をするのは、今回が初めてだと思います。

こちらは販売店となっているので、パンそのものをこちらで作っているわけではありません。金沢の方から運んでくるのでしょう?

「乃が美はなれ」の食パンのファンで小松に住んでいる方にとっては、わざわざ金沢まで足を運ばなくても済むメリットは大きいと思います。
乃が美 (4)

了解を頂きお店の中を写します。
乃が美 (6)

「日本の食パン、名品10本。」に選べれているようです。

ただ、こちらのお店ではレギュラーサイズの2斤のものしか置いていませんでした。個人的には1斤で十分だったのですが……。^^;
乃が美 (3)

作った日は柔らかいので翌日切ってくださいとお店の人に言われたので、翌朝厚めに切って食べ、残りは冷凍にしました。

ハムエッグとハムを生で1枚と共に、食パンを生で食べました。
乃が美1

一口食べると、口の中に確かに甘さが広がり、口当たりの滑らかさといい、生で食べたほうが美味しいと言われるのがよくわかりました。

パンの耳も、耳というよりは焼菓子の外側のような感じでそのまま食べてもいけましたね。

使用材料を見ると、卵不使用ですが、見るとマーガリンが使われています。それに砂糖も。甘さを出すためでしょうか?

気になったので少し調べてみると、マーガリンについてはトランス脂肪酸が一般的なバターよりも少ないものを使用していると書かれていました。砂糖についても三温糖となっていました。

なるほど、安心して食べることが出来ますね。

全国の都道府県すべてに出店している「乃が美はなれ」。これからも食パンのみの販売に徹するのか興味があるところです。ご馳走様でした。

乃が美はなれ 小松販売店
石川県小松市若杉町1-60
11:00~19:00
※完売次第終了
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

田上エリアに人気のパン屋さんが何店かあります。

ディプシー

今日紹介します「ディプシー(DIPSY)」は、店内にカフェスペースがあって、7時からモーニングサービスを楽しむことが出来るのです。

ちなみに調べてみるとオールタイムでモーニングサービスが可能ということで、ある意味凄いお店なのです。

さて、我々はイタリアンのお店「Luce(ルーチェ)」でランチを食べた後、近くだったので翌日のパンを買い求めに立ち寄りました。

先ほどの「べっからい あいん しゅりっと」も、すぐ近くにありますね。

また「ディプシー(DIPSY)」は「保存料・着色料などを使用しない体に優しいパン」で人気です。

店内はゆったりしています。多くのパンが並んでいましたが、この時間帯はだいぶ少なくなっていました。
ディプシー (3)

アンパンマン、カレーパンマン、バイキンマンなどのキャラクターのパンも並んでいますね。

このあたりは、まだまだ住宅が建っているエリアで、小さなお子さんがいる家庭が多いので、このようなキャラクターのパンが売れるのでしょう?

では買い求めたものを紹介します。

私が食べたのは、こちらの優しい味のカレーパンでした。
ディプシー (11)

店内撮影の了解を頂きパンの名前と金額を写したはずなのですが、このカレーパンのみ撮ってなかったようです。^^;
ディプシー (14)

切ってみるとこんな感じです。
ディプシー (8)

妻は「豆乳キッシュ たまねぎ&ベーコン(180円)」。
ディプシー (10)

妻と半分ずつ食べた「フリュイ(220円)」はフルーツとナッツがいっぱい。切ってみるとこんな感じです。
ディプシー (13)

美味しかったです。
ディプシー (9)

娘は「チーズエピ(180円)」はゴーダとクリームチーズがたっぷり使われていました。
ディプシー (12)

こちらの食パンは母用の「バナナ食パン(150円)」です。バナナの風味で甘い仕上がりのパンでしたね。

カフェ併設でイートインが出来、モーニングサービスや、詳しくはわかりませんが食べ放題も出来たりするらしいので、使い勝手がいいパン屋さんです。ご馳走様でした。

ディプシー(DIPSY)
石川県金沢市田上町神35
TEL 076-233-3157
7:00~18:30(売り切れ次第終了)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

1980年のイラン・イラク戦争による第二次オイルショック以降あたりからだと思いますが、団体旅行の数はめっきりと減りました。

それ以前は、全国各地にドライブインや団体客をターゲットにした温泉旅館などがあって隆盛を極めていましたが、その後については皆さんが知るようなことで、今の状況になってから久しいですね。

南加賀の方も加賀温泉郷など大きな打撃を受けて、閉館に追い込まれた温泉旅館は数知れずです。

さて、石川県内に、団体客を対象にしたような、いわゆるドライブインと言われる施設は現在どれくらい残っているのでしょうか?

グルメ系で有名なところで、同じ加賀市の「ドライブイン富士」などがありますが、こちらも団体客から個人客にシフトしているようです。

今日紹介します「月うさぎの里」は、元は1993年にオープンした「加賀漆芸童夢うるし蔵」だったところです。

オープン当時は、ドライブインとは銘打っていませんでしたが、大型バスで乗りつける団体客が大きなターゲットでした。

当時、平城遷都1300年のマスコットキャラクターの「せんとくん」をデザインしたことでも有名な籔内佐斗司氏の彫像がたくさん敷地内に設置されているということで話題になりました。(オープン時は「せんとくん」はまだ発表されていませんでしたが)

私も行ってブログで紹介しましたが、閉館になったため記事はすでに削除しています。

その後紆余曲折を経て、いまは「月うさぎの里」として営業しています。
月うさぎの里 (9)

「うるし蔵」の施設をほぼそのまま活用しています。

「月うさぎの里」はやはり施設の構成上、バス旅行の団体さんをターゲットにしているようです。
月うさぎの里 (8)

行った日は平日でしたが、多くの大型バスが駐車場に止まっていて、中のレストランや売店も多くの人で賑わっていました。

需要側の団体旅行の絶対数が激減しても、供給側がそれ以上に減少して、結果選択肢が少なくなって、こちらの「月うさぎの里」の経営が成り立っているのかもしれません。
月うさぎの里 (5)

店内には久しぶりに入りました。いまでも籔内佐斗司氏の彫像がたくさん敷地内に残っていました。
月うさぎの里 (4)

その敷地内にたくさんのうさぎを半放し飼いにして、来た人の心を和ませています。

今回私は、こちらにパン屋さんがあることを知って買いに来たのです。
月うさぎの里 (6)

「ベーカリーうさぎのパン屋さん」となっていますが、お土産屋さんの一角にあるソフトクリーム・ジェラート・テイクアウトコーヒーなどを売っているところに併設されたお店です。
月うさぎの里 (10)

最初、ドライブインのような施設にパン屋さんのニーズがあるのか不思議でしたが、バスの中で食べたりするんでしょうね?

かわいいうさぎちゃんのパンもありましたが、私が翌朝食べたのはこちらの「ポークウィンナーロール(190円)」です。
月うさぎの里 (13)

サクッとしたデニッシュ生地にジューシーなウィンナーが入れられています。
月うさぎの里 (11)

妻は「いちじく&クルミブレッド(220円)」。ソフトとハードの中間ぐらいのパンでした。
月うさぎの里 (12)

娘は「ベーコンエピ(250円)」です。

お値段は若干高めかもしれません。

この日の収穫は、いまでもドライブインのような施設が健在で、需要があるということを知ったことでした。やはり無くなると困る客層が必ずあるということですね。

まぁ、もっとも経営的に成り立っているかどうかは知る由もありませんが…。ご馳走様でした。

月うさぎの里 
石川県加賀市永井町43-41
TEL 0761-73-8116
9:00~17:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

イオングループのパン屋さんといえば「カンテポーレ」というお店を思い浮かべるかもしれません。

しかし「カンテポーレ」ブランドは元々は旧マイカル系列のブランドのパン屋さんです。

今日紹介します「bread Factory(パン工場)」は、元々イオングループのパンの製造を行っていたところが母体のブランドとなっていて、「カンテポーレ」に比べるとカジュアル路線でパンの単価も安くなっています。

さて、そんなイオングループのお店は石川県内に多数ありますが、自前のベーカリーが入っているのは、現在6店舗。その内、5店舗が「カンテポーレ」ブランドで、今日紹介します野々市南店のパン屋のみが「bread Factory(パン工場)」ブランドなのです。

今回、近くのお店でランチを取る予定だったので、イオン野々市南店に立ち寄り翌朝のパンを買うことにしました。
パン工場

イオンのお店は写真撮影が禁止です。そのためパン売り場の雰囲気など紹介できませんが、売り場の一角にパン専用コーナーがあって、そこそこの種類のパンが並んでいました。

その中から私は以下のパンを買いました。ちなみに食パンなど一部を除いて、惣菜パン・菓子パンはすべて1個100円!安いです。
パン工場 (6)

まず私が食べたのは、こちらの「枝豆ハムスティック」です。ロングサイズで意外と黒コショウがきいていてスパイシーなパンでした。
パン工場 (7)

妻は「カレーナン」です。味のほうは確認していません。
パン工場 (8)

娘はこちらの「カレーウィンナー」だったかな?
パン工場 (9)

母は「スイートポテトデニッシュ」です。甘い菓子パンですね。

「パン工場」は、何と言っても、やはり1個100円という値段がうれしいですよね!?ある意味スーパーマーケットに入っているパン屋さんらしい?と言えるかもしれません。ご馳走様でした。

パン工場 野々市南店
石川県石川郡野々市町上林4-747
 イオン野々市南店
TEL 076-246-8125
24時間営業
年中無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ