あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: ベーカリー・パン

マリアージュドゥファリーヌ

その1階にあるのが今日紹介します「マリアージュ ドゥ ファリーヌ 金沢店」です。

「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」とはフランス語で「粉の結婚」という意味で、1号店は三重県菰野町にあります。

辻口博啓さんといえば、調理と製菓の専門学校などを運営している経営者でも有名で、石川県内にも「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」というカフェとスイーツのお店を2店舗持っています。

こちらのお店は前にも書きましたが、その専門学校の実地研修の場としても活用されていて、生徒さんが実際のビジネスの場で腕を振るうことが出来る貴重なお店となっています。
マリアージュドゥファリーヌ (6)

店名の通りに「粉」にこだわり、金沢有機小麦の自家製粉で生地を作り、店内厨房のスペイン製の石窯で手作りで薪によって焼いています。
マリアージュドゥファリーヌ (11)

ちなみに「ル・グリル ドミニク・ブシェ カナザワ」のパンは、ここで作られています。
マリアージュドゥファリーヌ (13)

店内は広く明るく、そしてたくさんのパンや菓子類が並べられています。ただ私は夕方に行ったので、パンの種類はだいぶ少なくなっていました。店内にはイートインスペースがあって、焼きたてをその場で食べられるのはうれしいですね。。

厨房には学生さんらしいかたが働いています。
マリアージュドゥファリーヌ (15)

では私が買い求めたパンを紹介します。
マリアージュドゥファリーヌ (17)

これは私が食べた「地中海野菜&ブロッコリーのフォカッチャ(200円)」。柔らかい生地のフォカッチャでした。
マリアージュドゥファリーヌ (16)

こちらの「リュスティッククルミとカリカリベーコンチース(150円)」も少し食べましたが、本当にカリカリで美味しかったです。
マリアージュドゥファリーヌ (18)

妻は「松坂牛入りカレーナン(200円)」を食べていました。柔らかいナン生地に、スパイシーなカレーが入っていて、松坂牛という豪華さ。その割には値段もリーズナブルです。作っているのが学生さんだから?

あと、自家製の松坂牛となっていましたが、三重県のお店で松坂牛でも飼っているのでしょうか……?地産地消にもこだわりのあるお店だとウェブで紹介されていましたが、能登牛は使わないのでしょうか?などと変な突っ込みをしたくなります^^;

金沢でも一等地。このような贅沢なお店で研修ができる生徒さんはうらやましいですね。卒業後の活躍が期待されます。ご馳走様でした。

マリアージュ ドゥ ファリーヌ 金沢店
石川県金沢市香林坊1-1-1
 香林坊アトリオ1階
TEL 076-255-3219
平日7:30~18:30
土日祝8:00~18:30
売切れの場合閉店
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪に出張に行って、これまでパンを買って家に帰ることはありませんでした。

今回、たまたま週末の出張で、大阪駅で翌日の朝食用のパンを買って帰ることにしました。

お店は「デ・トゥット・パンデュース エキマルシェ大阪店」。大阪駅にあるエキマルシェの中にあります。
パンデュース (14)

桜橋口改札の隣で目立つ場所にあって、広いスペースと相まって、多くのお客さまで賑わっています。

普通、このような賃料の高い場所にあるパン屋さんは、製造は自社の工場でおこなって、お店では売るのみののところが多いと思いますが、こちらは店内に厨房を持っています。
パンデュース (15)

「デ・トゥット・パンデュース」とは「みんなのパンデュース」という意味だそうで、駅構内という場所柄、気軽に買い求めることができるようなパン作りを目指しているようです。
パンデュース (2)

中には、パンのミニチュア?などが飾られていたりして、かわいいお店です。売られているパンは、ハード系より惣菜系のパンの種類が多く、サイズとしてはだいぶ小さめでした。
パンデュース (3)

単価は200円前後が多いのですが、小さいので1個ではお腹は膨れそうにないと思い、2個食べられるように買い求めました。そうなると一人400円ほどになるのでコスパ的にいいわけではありません。もっとも場所柄しょうがないですよね?

さて、買い求めたパンを紹介します。
パンデュース (19)

私は「大人のカレーパンR18(200円)」と「おいしいセミドライトマトとモッツァレラを乗せたバジルのフォカッチャ(200円)」を食べました。

「大人のカレーパンR18」は、ウマズグリーンペッパー(青唐辛子ベースの辛味調味料)入りの辛口のカレーパン。スパイシーな香りと味で、まさに大人向けです。

なお、カレーパンは他にも何種類かありました。
パンデュース (16)

「おいしいセミドライトマトとモッツァレラを乗せたバジルのフォカッチャ」はソフトな食感で、パン生地の中にバジルペーストが入ってイタリアンな香りのするパンでした。
パンデュース (17)

あと、「ほうれん草と黒ごまチーズのフォカッチャ(200円)」を妻と半分ずつシェア。こちらはしかっかりめのフォカッチャ。チーズ風味もしっかり、ゴマの風味がほんのりで美味しかったです。
パンデュース (20)

一番高い「ほうれん草のガレット(300円)」は妻の胃袋に消えました。
パンデュース (18)

「オリーブオイル入りチャバタ(120円)」はイタリア語で「スリッパ」が語源の平べったく四角いかたちのパンのことです。シンプルな味のパンです。
パンデュース (21)

あと「ミルク食パンハーフ(240円)」も買い求めています。

個性的なパンが多く、どれもが普段食べたことがないような風味を楽しむことができましたよ。機会があればまた買い求めに行きたいと思います。ご馳走様でした。

デ・トゥット・パンデュース エキマルシェ大阪店
 de tout Painduce
大阪府大阪市北区梅田3-1-1 エキマルシェ大阪1F
TEL 06-4797-7770
7:30~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

幸いにも私自身は食物アレルギーはありませんが、現代社会には色々なアレルゲンが存在しています。

特に小さな子供にとっての飲食物が引き金となったアレルギーの発症に対して、親は注意深く対処されていると思います。

そんな食物アレルギーの中で3大アレルゲンと言われているのが「卵、牛乳、小麦」。少し前までは「卵・牛乳・大豆」でした。

「卵・牛乳・小麦」。そうです!通常、パンに使われている材料ばかりですね。ということは、小麦粉の代わりに米粉を使ってパンを作れば、3大アレルゲンなしのパンが出来るということでしょうか……?

今日紹介します小松市南浅井にある「卵・乳アレルギー対応パンのtonton」は、店名にも表れている通り卵と牛乳を使用していないパンを作っているパンの製造メーカーなのです。

前に寺井のアルビスの中に入っている「食パンのtonton(トントン)」について過去にブログで紹介したことがあります

しかし、最近まで「卵・乳アレルギー対応パンのtonton」の工場に併設されている直売のお店があることは知りませんでした。あくまでも工場だけだと思っていました。

お店のネット販売を見ると、手広くやられているようで、卵と牛乳を使用していないパンの種類も豊富にありました。

専用工場で作っているため、卵・乳製品の微量混入の心配がないんのだそうで、それが人気なようです。この工場で製造されたパンは冷凍され全国に発送されます。
tonton (5)

さて、こちらの直販店では、冷凍前の出来立てのパンを買い求めることが出来ます。場所は南加賀公設市場前の道路を挟んだ食品関係の会社が集まっているエリアにあります。

パン屋さんですが、工場なので併設の直売店も11時からの営業と、一般的なパン屋さんよりは遅いオープン時間です。

今回、オープン時間少し前に到着。オープンまで車の中で少し待ちました。
tonton (4)

11時に店内に入りましたが、まだパンはあまり並んでいなく、工場から前室みたいな場所に徐々に出されてきている最中でした。
tonton

このあたりも、直接売り場に出すと卵・乳製品が混入する恐れを極力なくしていくために、このような部屋を設けているのでしょう?
tonton (11)

さて、我が家では、パンの朝食のときは惣菜系のパンを食べるのですが、惣菜系のパンは少し待っていると出てきました。ただ、この日の朝は3種類しかないということで、その3種類を買い求めることに。

では、私が買い求めたパンを紹介していきます。
tonton (8)

買ったのは「ウインナーパン(税抜160円)」。
tonton (7)

「ハムマヨコーン(税抜160円)」。
tonton (9)

「焼きカレーパン(税抜160円)」。
tonton (10)

「シュガークロワッサン(税抜224円)」の4つです。

味的には、卵・乳製品を使っていないため、大人しいというか優しい味で、若干物足りなさは残ります。

私は「ハムマヨコーン」を食べましたが、このマヨネーズも卵不使用ということですね。

食物アレルギーの方もパンは食べたいと思います。そんな方にとっては必要なパン製造会社だと思います。ご馳走様でした。

卵・乳アレルギー対応パンのtonton
石川県小松市南浅井町イ103~12
TEL 0761-58-0554
11:00~16:30
土・日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ある日、Webで少し調べていると「世界カレーパン協会」というワードが引っ掛かってきました。


何と!小松市にある「ククーのパン」のカレーパン(お店の商品名は「カレードーナツ」)が1位になっているではないですか!?

おお!すごい!!

ということで、その後、色々調べてみましたが、「世界カレーパン協会」は、とある方が書いているグルメジャーナリストのグループで「最強カレーパン批評」というのを展開しているようですが、このグループ(個人?)以外のページでは見かけない名前でした。^^;

ちなみに、「日本カレーパン協会」というのも存在していて、こちらのほうは正式な協会として存在していました。

ちなみに、「日本カレーパン協会」におけるカレーパンの定義とは、「カレーがパンに包まれており、焼くもしくは、揚げたもの。カレーパンとはカレーを具とする惣菜パンの一種である。」ということでした。
 
ということで、今日紹介するのは小松に古くからあるパン屋さん小松「ククーのパン」です。
ククー (5)

正式には丸加製パン株式会社という名前で、小松市の山間部、尾小屋で産声を上げたパン屋さんです。

美容と健康に良い「発芽玄米食パン」をウリとしていて、菓子パン・調理パンの種類も豊富です。

お店自体も年季が入った外観です。

今回は、私と妻と娘用に「カレードーナツ(160円)」を3個。母用にこちらの「レーズンパン」を買い求めました。
ククー (2)

「カレーパン」ではなくなぜ「カレードーナツ」なのか!?

理由は揚げているから。もっとも、揚げていても「カレーパン」という名前で打っているところがほとんどだと思います。

見た感じは、他のカレーパンよりは色が濃いですね。

切ってみると、中はこんな感じです。
ククー (4)

パンの生地が厚いです。他店では、生地が薄く空間が多く空いているカレーパンもありますが、こちらのはしっかりパンの厚みがあって、それがカレールゥを包み込んでいるので、「あぁ、パンを食べている」という気持ちになります。

なかなか美味しいですよ!これまでなぜ知らなかったのか!?不明を恥じたいと思います。
ククー

あと私は、このレーズンパンも買い求めています。

値段も手ごろで、「カレードーナツ」というネーミングも何となく新鮮でした。まだまだグルメの領域でも知らないことが近くに色々あることを知りました。ご馳走様でした。

ククーのパン
石川県小松市小寺町乙152
TEL 0761-22-4372
7:30~20:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

少し前に行った内容ですが、うっかり書くことを忘れていました。^^;

記憶もだいぶ薄らいできているので、間違いがあるかもしれません。お許しを。
カワギシベーカリー (7)

さて、「カワギシベーカリー」は大聖寺にある昔からあるパン屋です。

工場併設のパン屋さんで、売り場の大きさから見ると少し大きすぎる気がします。給食用のパンでも作っていたのでしょうか?
カワギシベーカリー (8)

言ってみれば昔ながらのパン屋さんの雰囲気で、簡素な売り場に、これまた昔懐かしいパンがいろいろ並べられていました。

ハード系のパンはなかったと思います。惣菜系や菓子パンが多かったですね。

では買い求めたものを紹介していきます。
カワギシベーカリー (10)

私が食べたのは確か、こちらの「オニオンマヨ(160円)」。すみません。味のほうは覚えていません。^^;
カワギシベーカリー (11)

「カレーパン(130円)」は、ビジュアル的には美味しそうですね。確か妻が食べたかな?
カワギシベーカリー (2)

これは「ウインナー君(180円)」というネーミングのパン。
カワギシベーカリー

妻はあと「アップルパイ」も食べていたと思います。
カワギシベーカリー (4)

こちらは「豆パン(120円)」です。母用に買ったものですね。
カワギシベーカリー (6)

「つぶアンパン」はサービスでいただきました。ありがとうございます。

いつもサービスのパンをお出ししているのでしょうか、たまたまでしょうか……?

今回は、すぐに書かなかったため記憶が定かではなく、簡単な紹介に終わってしましました。すみませんでした。そしてご馳走様でした。

カワギシベーカリー
石川県加賀市黒瀬町ヘ-50
TEL 0761-72-1142
月~金・祝・祝前
7:30~18:30
土7:30~17:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ