あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:和食系 > 鉄板焼・粉もの・串カツ

個人的には肉が苦手なので、お肉メインのお店にはあまり行きません。

焼肉や焼き鳥、ホルモン、もつ鍋などのお店です。

しかし、ちょっと変かもしれませんが、肉ミンチのハンバーグやソーセージなどは食べることができるので、たまには妻にお肉を食べてもらいたいと考えてお肉のお店に同伴することがあります。

今回紹介します「石焼ステーキ贅 ゼイ 白山店」も、事前にハンバーグがメニューにあることを確認してから行くことにしました。
贅

白山市のラスパ白山敷地内にあって独立した店舗。新潟県に本社がある株式会社サルーンという会社がやっています。

新潟を中心に東北・北陸に店舗を展開していますが、石川県には金沢と白山市に2店舗ありますが、もしかしたらFC店かもしれません。

11時半にお店に到着するとすでに満席のようで、店頭にあった予約システムに名前と携帯電話の番号を入力して待ちます。

順番が来るとスマホに電話がかかってくる仕組みで、店内で密な状態で待つことを避けるような仕組みなのです。コロナ禍のなかで取り入れたのかもしれません。
贅 (8)

順番が来て店内に入ると、一部テーブル席はコロナ禍のなか間引きされていました。
贅 (6)

こちらがメニューです。立派なメニューでした。
贅 (3)

ランチは種類が豊富で、そして値段が良心的な設定なのがうれしいです。

私はこれらの中から「贅ハンバーグランチ(税抜800円)」を頼むことにしました。
贅 (13)

出されたハンバーグは熱々の鉄板の上に乗せられています。ハンバーグは170gで私には十分なボリューム。ハンバーグの上にはレモンとバターが、下には玉ねぎ、脇にはもやしが添えられています。

ソースは甘口のバーベキューソースでした。
贅 (16)

鉄板が熱いのでソースをかけると湯気が立ちのぼります。
贅 (17)

ハンバーグを切るとこんな感じです。
贅 (15)

ご飯は白ご飯か梅ご飯を選ぶことができ、私は普通のお店ではあまりメニューにはない梅ご飯にしています。ほのかな梅の香りの風味付けされたご飯とカリカリ梅でこれだけでもご飯が進みました。

妻は「ヒレステーキランチ(税抜1,390円)」を頼んでいました。
贅 (12)

こちらは石焼です。熱々に熱せられた石の上の乗せられたヒレステーキをソースにつけて食べます。

ソースは3種類からチョイスできて、妻はお店の一番人気の「オニオンソース」。ガーリックオイルも無料サービスでした。

あと、こちらの「くせになる海苔サラダ(税抜650円)」も頼んでいます。
贅 (9)

韓国海苔とチョレギサラダのようなドレッシング、少し塩気が多かったかもしれませんが、肉料理を食べる前に食物繊維をお腹に入れる事前準備が大切ですね!

行ってみると、お店はきれいでシステマティックな運営、豊富なメニューにリーズナブルな価格、なかなかよかったです。11:30に満席になる理由がわかりました。ご馳走様でした。

石焼ステーキ贅 ゼイ 白山店
石川県白山市倉光6
 ラスパ白山敷地内
TEL 076-259-1129
平日11:00~15:00,17:00~22:00(L.O.21:30)
土日祝11:00~22:00(L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

コロナ禍の中、飲食業においては新しいお店をオープンさせることは相当勇気がいるのではないかと思います。

実際、小松市でも新店オープンを取りやめたりしているとの話も聞きます。

今後どのようになっていくのかはわかりませんが、景気の動向含めて難しい決断ですね。

さて、今日紹介します小松市飴屋町アーケード内に7月オープンした「たこ焼バル ももんが」。
たこ焼バルももんが (16)

こちらは場所的にはすぐ近くの東町にある「おばんざい」で気軽に飲めるお店として人気の「町屋ばる 山水悠」と同じ経営です。

本来ならば、この場所を居酒屋としてオープンさせる予定だったようですが、コロナ禍のためテイクアウト可能なたこ焼きをメインのお店に変更したということです。

そのため「町屋ばる 山水悠」で料理を担当している店長が掛け持ちで「たこ焼バル ももんが」のほうも切り盛りされているようです。

ちなみに「町屋ばる 山水悠」については、前回コロナ禍のなか、テイクアウトのお弁当を紹介しています

こちらがオープンする前からお店の情報を知っていたのですが、しばらく前に北陸朝日放送の番組で紹介されていたのを録画で観て、早々その週の土曜日のオープン時間に行ってみました。
たこ焼バルももんが (6)

お店自体は、前は小料理屋だったのでしょうか?そんな感じのお店で居抜きで使っていますが、たこ焼き中心に変更したため、外観から焼き場のところに受け渡しの窓口が新たに作られていました。
たこ焼バルももんが (7)

我々はランチタイムの早めの時間に伺いましたが、先客は居ません。
たこ焼バルももんが (8)

カウンター席に座り、メニューを見渡します。
たこ焼バルももんが (5)

たこ焼きや焼きそば以外にも居酒屋メニューがありました。
たこ焼バルももんが (9)

色々なものを食べてみたかったので、少しずつ頼むことに。

妻は「ももんがLUNCHセット」の「たこ焼き焼きそばセット(950円)」です。
たこ焼バルももんが (11)

焼きそばは、この手のお店で出される焼きそばそのものでした。
たこ焼バルももんが (12)

ドリンクと小鉢が一皿ついています。
たこ焼バルももんが (10)

ドリンクは妻はランチビールです。プラス200円でした。
たこ焼バルももんが (13)

たこ焼きはたこ焼きの味そのものを楽しむために素焼きを頼んでいます。

テレビの番組では「出汁が決め手」と紹介されていましたが、明石焼きのような感じで、出来立て熱々のたこ焼きは外はカリッと、中はクリーミーで出汁が効いていて美味しい!熱いのでやけどに気を付けなければいけないですが、素焼きで食べても美味しいたこ焼きでした。

カツオ&サバ節、シイタケなどから丁寧に取った出汁のようです。
たこ焼バルももんが (3)

私はこちらのたこ焼きメニューから2種類頼むことに。

メニューに書かれている3番が重複していたのはご愛嬌ですが、私はしばらく前に北陸朝日放送の番組で紹介されていた「ねぎゆず出汁醤油ポン酢(越田醤油と国造柚子)」が気になっていたのでそちらを頼んでみました。
たこ焼バルももんが (15)

出されたのがこちら。

テレビで紹介されていたのとは、少々違っていました。テレビではたこ焼きの素焼きの上にたっぷりネギが乗せられていましたが、こちらはたこ焼きは素焼きで、出汁醤油の中にのみネギ入れられていました。もしかしたら単品とセットでは違う?そんなことはないでしょう?
たこ焼バルももんが (14)

あと9番のこちらの「オリーブオイル&バジル」も頼んでいます。両方とも6個で各450円です。

個人的には出汁の美味しさを感じることが出来る素焼きで食べるのがおすすめです。

まだソースを食べていないので次回はそちらにしてみます。ご馳走様でした。

たこ焼バル ももんが
石川県小松市飴屋町63
TEL 0761-27-2203
11:00~23:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎週とは言わないまでもいつも観ている日テレ系列の番組「秘密のケンミンSHOW」(いまは「秘密のケンミンSHOW極」)。

石川県の話題はどちらかといえば少ないのがたまにキズですが、楽しい番組です。

その「秘密のケンミンSHOW」で2018年10月に白山市吉野にある「山法師」が取り上げられていました。

ご存知の方が多いと思いますが、こちらのお店は人気で、番組でも紹介されていましたが、順番待ちが必須のお店なのです。

私は甘いものが苦手なので、これまであまり興味を持たなかったのですが、昨年、白山比咩神社の表参道に「おもてや」という姉妹店がオープンして、そちらの方に伺ってブログで紹介したことがあります

今回、お休みの日に白山麓をドライブしたあと、お店の前を通りかかるとお客さんがいなかったので立ち寄ることにしました。
山法師 (4)

茅葺のお店です。昔の村にあるようなお茶屋さんの風情?梅雨だったからか待っているお客さんはいませんでした。
山法師

我々はランチを食べたお店で少ししか食べられなかったこともあって、たこ焼きを買ってイートインすることにしました。
山法師 (2)

マヨネーズは普通のと、からしマヨネーズを選ぶことが出来ます。私は普通のを頼んでいます。
山法師 (3)

山の緑を見ながら熱々の焼きたてを食べました。普通に美味しいですが、たこ焼きのほうはそれほど特徴があるわけではないですね。

そしてテイクアウト用で買い求めた大判焼きは、定番のこしあん・つぶあん・カスタード・白あんなど色々種類が揃っていて、かつ毎月限定のあんも設定されています。

7月は瀬戸内レモンあん(200円)とそのスペシャル(250円)。せっかくなのでその2種類を買い求めて食べ比べしてみることにしました。
山法師 (11)

母にはこちらのこしあんです。なお、あんこの特徴などは前に紹介していますので、興味のある方はそちらの方を確認願います。

我々が食べた瀬戸内レモンあんとそのスペシャルを半分に切った写真がこちら。
山法師 (9)

左がスペシャルでチーズが入っています。お店の特徴である薄皮の中にあんこがたっぷり入っていますね。

瀬戸内レモンあんは、食べる前は甘さが抑えてあるのかな?と勝手に思っていたら違ってやはり甘かったです。

逆にチーズが入っているスペシャルのほうが甘さが抑えられている感じがしました。

この2種類は7月限定だと思うので、いま8月は別なのに変わっていると思います。

お店は土日、祝日は予約不可。平日は予約可能。真夏の時期も混むのでしょうか?わかりませんが皆さんも一度是非どうぞ!ご馳走様でした。

山法師
石川県白山市吉野春25
TEL 076-255-5977
10:00~18:00
火曜休
※火曜日が祝日の場合は営業
12月中旬から4月上旬?まで冬季休業


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

緊急事態宣言が解除されてから初めての泊りがけの出張は広島でした。

夜に広島入り。前なら会社の仲間と一献やるところですが、新しい生活様式などを考えて一人で夕食を取ることにしました。

ホテルの近くでお店を探します。

広島一の歓楽街である流川。多くの飲み屋さんが軒を並べるエリアです。

今回は街の中まで入らなかったのでわかりませんが、コロナ禍の中、多くのお店では厳しい状況であることは想像に難くないと思います。

今日紹介します「ふみちゃん 流川店」は、その流川町の手前にあるお店です。流川町には入りません。
ふみちゃん

場所柄深夜まで営業しているので人気なお店で、コロナの影響がなければ平日でも満席になることが多いということでした。

平日の夜、19:40頃に伺いました。
ふみちゃん (9)

広島なのでカープカラーの赤色一色!
ふみちゃん (8)

著名人のサインがたくさん飾られていましたが、たぶんカープの選手のも多いのでしょう。
ふみちゃん (6)

私は一人だったのでお隣の方から2m離れた一番端のカウンター席に座って、目の前の鉄板で焼かれるのを見ながら飲み食いしました。お店の方は全員マスクを着用されています。
ふみちゃん (4)

メニューです。
ふみちゃん (3)

それほど種類が多いわけではありませんね。
ふみちゃん (2)

頼んだのは、まずは生ビールと「とりあえず…」と書かれていた素早く出せるおつまみの中から「チャンジャ(350円)」を頼みました。
ふみちゃん (5)

確かにチャンジャは速攻で出されました。
ふみちゃん (12)

こちらも「とりあえず…」にあった「ホタテのわさび漬け(350円)」です。

鉄板焼メニューも色々あって、私は「げそ焼き」を頼むことに。
ふみちゃん (10)

レモンを絞ってもらいます。

敷かれているキャベツ、甘みが出て美味しいです。

最後の〆はもちろんお好み焼きです。一番人気「ふみちゃんスペシャルそば(1,150円)」を頼みました。
ふみちゃん (13)

豚肉・生イカ・エビ。玉子・野菜が入っていました。

そばはカリッ焼かれていて、キャベツが蒸されて甘みが増しています。美味しいお好み焼きでした。
ふみちゃん (11)

ドリンクはハイボールを頼んでいます。

以上飲み食いしてお代は締めて4,000円を少し超えるくらい。独り飲みなので、こんなものでしょう?

コロナ禍の中、お客さんはまだまだ戻ってきていませんでしたが、広島のお好み焼きの味は健在です。ご馳走様でした。

ふみちゃん 流川店
広島県広島市中区堀川町1-20
TEL 082-542-8777
11:30~27:00
日・祝11:30~24:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

広島のご当地グルメの代表格がお好み焼き。

私も広島に行くたびに一度は食べています。

今回の出張でも現地のメンバーと夜に食べに行ってきました。

行ったお店は「みっちゃん総本店 八丁堀本店」。

昭和25年(1950年)創業という広島のお好み焼き屋さんとしては古くからあるお店で、今の広島のお好み焼きの形を作ったのが、こちらのお店のご主人である井畝満男氏だといわれています。

私のブログを見てみると13年前に一度お邪魔しています。この時はお店は別な場所にありましたね。
みっちゃん

冷たい雨が降る夜の18:15。順番待ちのお客さんがいました。

我々は予約を入れてあったのですぐに案内されます。
みっちゃん (3)

一番奥の席です。そこから店内を写したのがこちら。多くのお客さんで賑わっています。

広島のお好み焼き屋さんは予約不可のところも多いのですが、こちらは時間帯や人数によってはokということでありがたかったです。
みっちゃん (9)

お品書きです。
みっちゃん (7)

こちらもです。
みっちゃん (5)

お好み焼き以外にも色々おつまみの種類が充実しています。
みっちゃん (13)

まずは生ビールで乾杯!

最後にお好み焼きは食べるということで、まずはおつまみです
みっちゃん (11)

私は食べませんでしたがお店のおすすめメニューの「牛すじ煮込み(450円)」。
みっちゃん (15)

広島名物の牡蠣を使った「牡蠣焼き(880円)」はもちろん頼みました。

大粒の牡蠣で美味しかったです。
みっちゃん (14)

全国的には知られていませんが、こちらも広島名物の「がんす焼き(380円)」。魚のすり身、言ってみればさつま揚げのようなものをフライにしたものです。
みっちゃん (12)

これは「さきいかの辛旨あえ(350円)」。ピリ辛で酒のつまみにいいですね。
みっちゃん (16)

「ホルモン焼き(830円)」は私は食べていません。
みっちゃん (17)

そして「もやし炒め(380円)」です。
みっちゃん (18)

「野菜と海老の炒め物(680円)」はお好みソースがかけられていました。ちなみに、このお好みソースもこちらのお店が発祥ということです。

少し甘めのソースかもしれません。
みっちゃん (19)

こちらは「豚キムチ(630円)」ですが私は食べていません。
みっちゃん (21)

そして最後の〆に頼んだお好み焼きは、こちらは生イカ、生エビ、豚肉、玉子が入っている「スペシャルのそば入り(1,150円)」と、
みっちゃん (22)

「スペシャル」にプラスして、イカ天、それに餅まで入っていて、ネギたっぷりかれられている「DXスペシャルのそば入り(1,550円)」を2枚頼んでシェアして食べました。

これだけ美味しいおつまみがあれば酒がすすむのは当たり前!

生ビールの後は「ハイボールのダブ
みっちゃん (20)
ル(500円)」を数杯飲みました。ダブルはウイスキーが2倍で入っているということです。

これだけ飲み食いしたらさすがにお腹がいっぱいになりましたね!

以上飲み食いして一人4千円ほど。広島のお好み焼き発祥と言われるお店は庶民の味方でした。ご馳走様でした。

お好み焼 みっちゃん総本店 八丁堀本店
広島県広島市中区八丁堀6-7
TEL 082-221-5438
平日
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:30~21:00(L.O.20:30)
土日祝11:00~21:00(L.O.20:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ