あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 鉄板焼・粉もの

言わずと知れた粉もん文化の地、大阪。

お好み焼きは広島などとも覇権?を争っていますが、こと「たこ焼き」となると大阪は他地域を寄せ付けないほどの強さを誇っています。

ミナミの中心地、なんば・道頓堀などを歩くと、至るところにたこ焼き屋さんが軒を連ねているほどです。

私が大阪に住んでいた5年前も確かにたこ焼きのお店も多かったのですが、これほど外国の方がたこ焼きを買い求めているわけではなかったです。

最近の海外からの観光客の増加に伴い、たこ焼き屋さんに行列を作っているお客の様子を見ていると、めちゃめちゃ外国人の数がいますね!?びっくりです。たこ焼きも国際的な食べ物になったのかな?

お店のよってはそんなお客さんの変化に応じて韓国(在日?)の方を雇っていたりします。

さて、久しぶりに道頓堀近くのホテルに宿泊した夜、一軒目を居酒屋で、そして〆をたこ焼きで!ということで行ってきました。

大阪でたこ焼きを食べるのは本当に久しぶりです。といいますか、粉もん自体を食べるのも久しぶりといえば久しぶりなのでした。^^;
あっちち本舗 道頓堀店 (6)

我々が入ったお店は「あっちち本舗 道頓堀店」という、西成に本店があるお店です。

西成といえば粉もん発祥の地であり、そこで生まれたたこ焼きの有名なお店が「あっちち本舗」なのです。

雨が降っている平日、多くの人が雨の中順番待ちをしていました。我々もその順番に並びます。10分ほどかかりましたが、我々の番です。

4名で行ったので、3種類ほど頼んで、みんなでシェアすることにしました。
あっちち本舗 道頓堀店 (2)

頼んだのは、まずは一番ベーシックな「ソース」。
あっちち本舗 道頓堀店 (5)

そして、お店の一番人気だという「しょうゆマヨネーズ」。
あっちち本舗 道頓堀店 (4)

あとはさっぱりと食べることが出来る「ポン酢」です。何れも9個入って税込500円です。ちなみにネギはサービスなので遠慮なくお願いしましょう!
あっちち本舗 道頓堀店 (3)

なお、地下にはイートインできるスペースがあります。

ここではたこ焼きを焼くのは銅製の鉄板ではなく、あえて技術が必要な鉄製の鉄板を使用することで、極限まで薄くカリッとした皮とやわらかいトロっとした中身のたこ焼きを作っているとのこと。また、使用するタコも冷凍物を一切使用せず生ダコを使用しているようです。

生地にはたっぷりのカツオダシをきかせていて、美味しいです。やはり人気のお店だけあります。

人気のお店なので、常に焼きたてのたこ焼きを食べることが出来るのですが、焼きたてゆえにやけどに注意が必要ですね。

私ももう一歩でやけどしそうになりました。^^;

たこ焼きも、本当に久しぶりに食べましたが、やっぱりたこ焼き、好きですね!(笑い)

そうそう!もちろん生ビールも一緒に頼んでいますよ!

最近、粉ものを何となく遠慮してあまり食べなくなりましたが、たまには美味しいたこ焼きもいいと思いました。ご馳走様でした。

あっちち本舗 道頓堀店
大阪府大阪市中央区宗右衛門町7-19
TEL 050-5868-5078(予約専用)
06-7860-6888(問合せ専用)
日~木・祝10:00~翌2:00
金・土・祝前9:00~29:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

新年あけましておめでとうございます。今年も「あさぴーのおいしい独り言」をよろしくお願いいたします。

さて、ここ1年ほど、2~3回飛び込みで行って満席だったため諦めた「京祇園ねぎ焼 粉」。
粉 (11)

今回は前回お邪魔した時と同じく、日曜お昼からギンギンに冷えた生ビール片手に美味しいねぎ焼にありつくことが出来ました。^^;

14時開店の5分ほど前にお店に行って並んで待った甲斐があり、「いつもの席なら2席空いています」ということでラッキーでした。

お店は平日は18時オープンなのですが、日曜日のみ14時オープンです。

普段は平日でもなかなか予約が取れないお店として有名ですが、日曜日のオープンから16時ぐらいは意外と狙い目です。

予約客で満席であったとしても、日曜午後はそれほど腰を落ち着けて食べる人は少ないので運が良ければ1時間ぐらい空いているときがあるのです。

この日も小一時間ぐらいの気持ちでサクッとオーダーして、サクッと飲み食いしてお店を出ることにしました。

2時オープンと同時にカウンター席と小上がりの席は埋まりました。相変わらずの超人気です。
粉 (2)

まずは、お決まりのギンギンに冷えたジョッキで飲む生ビールです。

粉さんでは、これを飲まないと始まりません。

毎回頼む出し巻きは今回はパス。お願いしたのは「餃子」「とり皮せんべい」「元祖ねぎ焼き」の3品です。
粉 (3)

粉さんは相変わらずの手際の良さでオーダーを次から次へとこなしていきます。
粉 (4)

人気の出し巻きに至っては、ものの30秒ほどで完成です。早いからと言って美味しくないわけではありません。逆に手際の良さと比例して美味しくなるのでしょうね。
粉 (6)

最初に出された餃子がこちらです。
粉 (7)

餃子は味噌だれでいただきます。もちもちの皮にジューシーな餡。生ビールに最高に合います。
粉 (8)

「とり皮せんべい」は妻の胃袋に収まります。こちらもビールです。
粉 (10)

そして最後に登場したのが「元祖ねぎ焼き」。

モチッとした食感の薄皮で包まれた大量の九条ネギ。噛むと弾けます!

私も他の鉄板焼きやお好みのお店でねぎ焼きを頼むことがありますが、こんなに格別な美味しさのねぎ焼きはなかなかお目にかかることが出来ません。

以上を、生ビール2杯とともに食べて締めて2,910円也!美味しいのにコスパも最高というからには人気が出来るも必然ですね。ご馳走様でした。

京祇園ねぎ焼 粉
石川県金沢市片町2-7-21
TEL 076-261-5033
18:00~26:00
日曜14:00~
水曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ