あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:和食系 > 鉄板焼・粉もの・串カツ

緊急事態宣言が解除されてから初めての泊りがけの出張は広島でした。

夜に広島入り。前なら会社の仲間と一献やるところですが、新しい生活様式などを考えて一人で夕食を取ることにしました。

ホテルの近くでお店を探します。

広島一の歓楽街である流川。多くの飲み屋さんが軒を並べるエリアです。

今回は街の中まで入らなかったのでわかりませんが、コロナ禍の中、多くのお店では厳しい状況であることは想像に難くないと思います。

今日紹介します「ふみちゃん 流川店」は、その流川町の手前にあるお店です。流川町には入りません。
ふみちゃん

場所柄深夜まで営業しているので人気なお店で、コロナの影響がなければ平日でも満席になることが多いということでした。

平日の夜、19:40頃に伺いました。
ふみちゃん (9)

広島なのでカープカラーの赤色一色!
ふみちゃん (8)

著名人のサインがたくさん飾られていましたが、たぶんカープの選手のも多いのでしょう。
ふみちゃん (6)

私は一人だったのでお隣の方から2m離れた一番端のカウンター席に座って、目の前の鉄板で焼かれるのを見ながら飲み食いしました。お店の方は全員マスクを着用されています。
ふみちゃん (4)

メニューです。
ふみちゃん (3)

それほど種類が多いわけではありませんね。
ふみちゃん (2)

頼んだのは、まずは生ビールと「とりあえず…」と書かれていた素早く出せるおつまみの中から「チャンジャ(350円)」を頼みました。
ふみちゃん (5)

確かにチャンジャは速攻で出されました。
ふみちゃん (12)

こちらも「とりあえず…」にあった「ホタテのわさび漬け(350円)」です。

鉄板焼メニューも色々あって、私は「げそ焼き」を頼むことに。
ふみちゃん (10)

レモンを絞ってもらいます。

敷かれているキャベツ、甘みが出て美味しいです。

最後の〆はもちろんお好み焼きです。一番人気「ふみちゃんスペシャルそば(1,150円)」を頼みました。
ふみちゃん (13)

豚肉・生イカ・エビ。玉子・野菜が入っていました。

そばはカリッ焼かれていて、キャベツが蒸されて甘みが増しています。美味しいお好み焼きでした。
ふみちゃん (11)

ドリンクはハイボールを頼んでいます。

以上飲み食いしてお代は締めて4,000円を少し超えるくらい。独り飲みなので、こんなものでしょう?

コロナ禍の中、お客さんはまだまだ戻ってきていませんでしたが、広島のお好み焼きの味は健在です。ご馳走様でした。

ふみちゃん 流川店
広島県広島市中区堀川町1-20
TEL 082-542-8777
11:30~27:00
日・祝11:30~24:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

広島のご当地グルメの代表格がお好み焼き。

私も広島に行くたびに一度は食べています。

今回の出張でも現地のメンバーと夜に食べに行ってきました。

行ったお店は「みっちゃん総本店 八丁堀本店」。

昭和25年(1950年)創業という広島のお好み焼き屋さんとしては古くからあるお店で、今の広島のお好み焼きの形を作ったのが、こちらのお店のご主人である井畝満男氏だといわれています。

私のブログを見てみると13年前に一度お邪魔しています。この時はお店は別な場所にありましたね。
みっちゃん

冷たい雨が降る夜の18:15。順番待ちのお客さんがいました。

我々は予約を入れてあったのですぐに案内されます。
みっちゃん (3)

一番奥の席です。そこから店内を写したのがこちら。多くのお客さんで賑わっています。

広島のお好み焼き屋さんは予約不可のところも多いのですが、こちらは時間帯や人数によってはokということでありがたかったです。
みっちゃん (9)

お品書きです。
みっちゃん (7)

こちらもです。
みっちゃん (5)

お好み焼き以外にも色々おつまみの種類が充実しています。
みっちゃん (13)

まずは生ビールで乾杯!

最後にお好み焼きは食べるということで、まずはおつまみです
みっちゃん (11)

私は食べませんでしたがお店のおすすめメニューの「牛すじ煮込み(450円)」。
みっちゃん (15)

広島名物の牡蠣を使った「牡蠣焼き(880円)」はもちろん頼みました。

大粒の牡蠣で美味しかったです。
みっちゃん (14)

全国的には知られていませんが、こちらも広島名物の「がんす焼き(380円)」。魚のすり身、言ってみればさつま揚げのようなものをフライにしたものです。
みっちゃん (12)

これは「さきいかの辛旨あえ(350円)」。ピリ辛で酒のつまみにいいですね。
みっちゃん (16)

「ホルモン焼き(830円)」は私は食べていません。
みっちゃん (17)

そして「もやし炒め(380円)」です。
みっちゃん (18)

「野菜と海老の炒め物(680円)」はお好みソースがかけられていました。ちなみに、このお好みソースもこちらのお店が発祥ということです。

少し甘めのソースかもしれません。
みっちゃん (19)

こちらは「豚キムチ(630円)」ですが私は食べていません。
みっちゃん (21)

そして最後の〆に頼んだお好み焼きは、こちらは生イカ、生エビ、豚肉、玉子が入っている「スペシャルのそば入り(1,150円)」と、
みっちゃん (22)

「スペシャル」にプラスして、イカ天、それに餅まで入っていて、ネギたっぷりかれられている「DXスペシャルのそば入り(1,550円)」を2枚頼んでシェアして食べました。

これだけ美味しいおつまみがあれば酒がすすむのは当たり前!

生ビールの後は「ハイボールのダブ
みっちゃん (20)
ル(500円)」を数杯飲みました。ダブルはウイスキーが2倍で入っているということです。

これだけ飲み食いしたらさすがにお腹がいっぱいになりましたね!

以上飲み食いして一人4千円ほど。広島のお好み焼き発祥と言われるお店は庶民の味方でした。ご馳走様でした。

お好み焼 みっちゃん総本店 八丁堀本店
広島県広島市中区八丁堀6-7
TEL 082-221-5438
平日
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:30~21:00(L.O.20:30)
土日祝11:00~21:00(L.O.20:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松から四国高松へは北陸線・新幹線・マリンライナーを乗り継いで5時間前後もかかります。

この日は夕方のJRに乗って高松へ移動。新大阪駅で新幹線に乗り換えをするために35分ほど待ち合わせ時間がありました。

高松へ到着するのは21時過ぎになるので、それまでお腹が持たないと思い、その乗り継ぎ時間を利用して新大阪駅のエキナカで軽く腹ごしらえすることに。

35分という時間だと、ゆったり座って飲み食いする時間はないということで、事前にいいお店がないか調べたところ、串カツで有名な「松葉総本店」の支店があるではないですか!?
松葉総本店 (9)

こちらのお店は立ち食いで、オーダーが入ってから揚げはじめるのではなく、あらかじめ揚げ置きしてあるお店なのです。

個人的には揚げ物は出来立てがいいと思っているので、これまで入ったことがありませんでしたが、こんな時には便利なお店かもしれません。それに大阪の人はせっかちなので、そんな土地に合っているのかも?
松葉総本店 (6)

もちろんソース二度漬け禁止で、キャベツは食べ放題です。
松葉総本店

さて、お店に到着した時にはカウンター席はほぼ埋まっていましたが、何とか間に入れてもらって、まずはハイボールを頼みます。
松葉総本店 (3)

メニューはこんな感じです。

串の形状で最後に精算する感じです。

見た目だけでは何が揚げられているのかわからないので、店員さんに確認しながら食べます。

まず最初は野菜系から。
松葉総本店 (2)

左からナス・レンコン・椎茸。1本130円です。
松葉総本店 (5)

続いて魚介で、エビとキス。こちらも1本130円でした。
松葉総本店 (7)

最後は玉ねぎです。

これだけ食べて、ハイボールを最初の一杯を飲み干したら、あとが続きませんでした。

なぜか手がとまりました。久しぶりの串カツ。私の胃腸にはあまりよろしくなかったようです。^^;

以上、締めて1,180円也!ご馳走様でした。

松葉総本店 エキマルシェ新大阪店
大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1
 JR新大阪駅在来線改札内
9:30~22:00(L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

行列が出来るお店ということで昨年秋に「秘密のケンミンSHOW」で紹介された白山市吉野にある「山法師」。

大判焼きやたこやきのお店なのですが、冬期間はお休みになります。

3月1日に、その「山法師」の姉妹店「おもてや」が、白山比咩神社の表参道の駐車場前にグランドオープンしました。

2月18日までは仮オープンということで、私は仮オープンの時に行ってきました。

実は白山比咩神社へ行くときは、いつも北参道の駐車場に車を停めて行きます。そのほうが歩く距離が短いからです。

そのため表参道に行ったのはこの日が初めて。^^; 改めて神聖な気持ちになりました。

さて私は基本あんこが苦手で、こしあんでもつぶあんでもほとんど食べることはありません。

たぶん私のブログではあんこグルメの紹介は過去していないと思うので、今回が初めてです。

「秘密のケンミンSHOW」で紹介されると、ただでさえ人気のお店なのに昨年の冬期間休みの前は凄い人だったようです。

白山比咩神社の姉妹店「おもてや」は、まだ広く認知されていないこともあって、私が行った日は建国記念の日だったのですが、11時半頃で15分ほどの待ち時間で購入することが出来ました。
おもてや (4)

新しいお店なのできれいです。新しい暖簾がかけられています。
おもてや

お店の前には出来上がるまで待つお客さんが大勢いました。
おもてや (12)

店内はこんな感じ。
おもてや (5)

仮オープン期間でもこのようなメニューを店内で食べることが出来ました。
おもてや (3)

テイクアウトのオーダーは外の左側の窓口でして、名前が呼ばれたら店内に入り、料金を支払うシステムです。グランドオープン後はわかりませんがたぶん同じでしょう?
おもてや (2)

今回私が買った大判焼きは、一番人気の「つぶあん(税込150円)」を4個。白あん(160円)・抹茶小倉(180円)・カスタード(140円)を各2個買い求めました。

常時作られているので、熱々のを買い求めることが出来ます。
おもてや (8)

家に帰って食べましたが、本当に久しぶりにあんこの入った大判焼きを食べました。^^;
おもてや (6)

半分に切ると、こんな感じです。

「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されていましたが、まさに薄皮の中にあんこがたっぷり入っています。

このつぶあんは愛知県のあんこメーカーの特注のこだわりあんこを使用。生地は吉野谷の水と富山県小矢部産の卵を使用、さらには焼き色がきれいになるようにはちみつを混ぜ、メレンゲ状態にするなど、手間暇かけて丁寧に作られています。人気な理由がわかりました。

確かに上品な甘さで、甘さが後に引かないのが個人的にはうれしかったです。
おもてや (11)

カスタードの中はこんな感じです。カスタードも美味しかったですよ。
おもてや (9)

あとこちらの「たこ焼き(450円)」も買って食べました。ソースは一種類だけですが、かけられているマヨネーズは普通のと、からしマヨネーズを選ぶことが出来ます。

吉野まで行かなくても人気の大判焼きが買えるのはうれしいですし、何よりお客さんが分散されるので「山法師」のほうも買いやすくなるかな?ご馳走様でした。

おもてや
石川県白山市白山町レ120-1
TEL 076-272-1003
9:00~17:00
火曜休
土・日・祝は予約を受け付けていません


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します小松市にある「ステーキ 西洋料理 Shigeru」。
shigeru

お店自体は前から知ってはいたのですが、ステーキ専門店だと聞いていたので、肉が苦手な私はこれまで行くことができませんでした。

このたびお店が2月よりランチ営業を始めたと聞いて調べてみると、ステーキ以外にもハンバーグなどのメニューがあるようなので行ってみることに。注:調べてみるとこれまでは火曜日の定休日にも、お昼のみランチ営業をしていたことがあるようです。

肉は苦手ですが、ハンバーグは食べられるのです。^^;

前日予約をして、2月最初の土曜日に伺いました。
shigeru (3)

外観から想像したより店内は広く、ゆったり食事が出来る空間でした。さすがステーキ専門店だけあります。
shigeru (4)

さて、オーナーシェフはホテル日航金沢や金沢東急ホテルで修業されていて、フランス料理が専門ジャンルだそうです。

お店自体はステーキの専門店となっています。ホテルで鉄板焼の経験と、またパティシエもそちらで経験があるようです。

専門がフランス料理なのですが、そんな経験を活かしながら洋食のメニューも各種出来るようで、今回のランチメニューでは、それらの経験を活かしたメニューを楽しめるように工夫されていました。
shigeru (23)

扱う肉は日本三大和牛の一つである「近江牛」が主な種類ですが、価格によっては他の国産牛も使われていました。

ランチのメニューはこんな感じです。
shigeru (5)

ランチメニューにも近江牛を前面に主張されています。基本は2,200円のランチということですが、他に数量限定ランチとして「近江牛サイコロステーキ」で3,500円やスーパーロース100g6,000円なんて、少し高級なものもありました。そしてパスタもありますね。
shigeru (6)

ちなみにディナーがこちら。色々アラカルトメニューが揃っていました。魚料理もありました!

ランチメニューの中から私が頼んだのは「近江牛100%ハンバーグ」のランチセットで2,200円。

サラダ、ご飯またはパン、コーヒーが付いています。
shigeru (8)

まずはサラダが出されます。色々な種類の野菜が使われていますね。紅心大根も入っていました。

そしてハンバーグです。つなぎを一切使っていないので、ほろっと崩れそうで、スプーンで食べてくださいと言われました。
shigeru (11)

そこでそ~と乗せられた目玉焼きをどけると、中からチーズをかけられたハンバーグが顔を出します。
shigeru (12)

スプーンで中を割るとこんな感じ。粗めと細かめにミンチされた近江牛が比較的しっかり焼かれていました。

食べると、確かに普通?のハンバーグより味が濃いというか、うま味をより感じて美味しいし、食感を残したいい焼き加減でした。

赤ワインソースも味を引き立てています。
shigeru (16)

ご飯かパンが選べましたが、私はご飯をお願いしたら、ご覧のセットが運ばれてきました。

味噌汁の具はアオサです。
shigeru (10)

妻は「近江牛の赤ワイン煮込み」です。こちらもすべて手づくりで、牛の骨でスープを取るところから始め、1週間かけてつくる煮込み料理。美味しくないわけがありません。
shigeru (14)

妻はパン。
shigeru (17)

パンにはスープが付いていました。
shigeru (18)

ドリンクは紅茶か
shigeru (20)

コーヒーが選べます。
shigeru (19)

デザートは別途料金かかりますが、300円でご覧のような色々楽しめる内容でお得です。さすがホテルで修業されていただけありますね。

火曜日定休ですが、しばらく(2月一杯?)は休みなしで営業して、その後定休日をどうするか決められるとは話されていました。

2,000円以上というランチの値段は、少し値が張りますが、逆に考えると2,000円少しオーバーで日本三大和牛の一つである近江牛を食べることが出来ると考えれば安いと思います。

次回は夜にも行ってみたいと思います。ご馳走様でした。

ステーキ 西洋料理 Shigeru
石川県小松市園町ニ78-1
予約専用 050-5340-8090
TEL 0761-58-2955
月・水~日・祝・祝前
18:00~22:00 (L.O.22:00)
火曜休(2月は無休)でランチタイム営業


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ