あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: フレンチ・ビストロ

お店の正式な名称は「Installation Table ENSO L'asymetrie du calme(インスタレーションテーブル エンソ ラシンメトリー ドゥ カルム)」。

とても一発では覚えられない長い店名です。^^; そのため普通は「エンソ」と呼んでいるようです。

しかし舌をかみそうな読みです。なぜこのような名前にしたのでしょうか?
エンソ

お店の場所は、片町にもほど近いところですが、住宅街の中に入ったところにありちょっとわかりづらいです。お隣は天ぷらの小泉さん。
エンソ (3)

オーナーシェフの土井誠さんは欧州各国からのオファーを断って、金沢に店を構えたということです。

昨年オープンしてしばらくのときに行ったことがある妻が言うには、その時はサーブしてくれたのが東京から移ってきた男性スタッフだったそうですが、いまは女性のかたでした。

ランチは通常は6,000円です。ディナーコースは8,000円と12,000円(共に税込、サービス料10%は別途)という、地方のお店としてはちょっとお高い値段設定となっています。各コースともシェフのお任せコースのみです。

まぁ、ランチで6,000円という値段。私であれば鮨なら出すでしょうが、フレンチではランチに出すのには躊躇してしまう値段だったので、これまでは行くことがありませんでした。^^;

今回行くことにしたのは東京からの客人ご夫妻をお連れするということと、こちらのお店、1月13日で一周年を迎えたということで、その記念として期間限定で3,800円というランチコースが設定されたと聞いたからです。(笑い)

ちなみに3,800円の一周年記念ランチは2ヶ月間限定となっています(2月いっぱいまでか3月12日までの2ヶ月かは聞き忘れました)。

さて、店名に「インスタレーション」と付けられていますが、「インスタレーション」とは、Wikipediaには「絵画・彫刻・映像・写真などと並ぶ現代美術における表現手法・ジャンルの一つ。ある特定の室内や屋外などにオブジェや装置を置いて、作家の意向に沿って空間を構成し変化・異化させ、場所や空間全体を作品として体験させる芸術。」と書かれています。

つまりは「食事をする場」というものと料理そのものも含めて「料理をひとつの表現方法として空間すべてで提供」するレストランとしたかったようです。
エンソ (39)

お店は元洋裁学校だった古い建築だったところをリノベーションしています。コンセプトとして、家庭のキッチンをイメージして造ってもらったそうで、白を基調としたレトロでありながらモダンな空間になっていて、落ち着いて食事をすることが出来ます。
エンソ (4)

オープンキッチンで料理をしている様子が丸見えです。^^; シェフも緊張するでしょうね?

このキッチンにだいぶかかっているようです。

ところで、小松にも「SHOKUDO YArn」というイノベーティブ・フュージョンのお店があり、いま人気のお店になっています。

「SHOKUDO YArn」のオーナーシェフは、スペインの超有名3つ星レストラン「エル・ブジ(El Bulli)」(いまはすでに閉店しています)でも働いていたことがあります。こちらのお店も料理のエッセンスは、そのような感じがします。

この日、東京からの客人ご夫婦をお連れして、ランチのラストオーダー時間間近の13:25にお店に到着しました。

お店は事前に予約してありました。

3,800円の一周年記念ランチは基本、魚と肉のフルコースになっていますが、私は肉が苦手なのであらかじめ伝えてあったら、一部変更してくれました。(予約のときは少し値段がアップすると伝えられていましたがレシートを見る限りは追加料金はありませんでした)

結論を先に書けば、3,800円の一周年記念ランチはとてもよかったです。

私は、今回が初めて訪れましたが、一度行ったことがある妻は、通常のランチ6,000円はもっと凄い!と言っていたので、これでやっと通常のランチコースが6,000円という価格設定も納得できました。

通常のコースの場合は、よりアートの様に表現された形で供されますが、3,800円の一周年記念ランチの場合は、それほどではありませんでした。

写真は、前に妻が行った時に写してきたものです。
IMG_2526

見せ方も驚きの連続だったようです。

こちらはお店のウリの料理の一つで「チキンスキン」。
IMG_2520

リボンのついた木箱の中身は、ドライに仕立てた鶏皮に二種のチョコレートをのせてあります。ダークチョコレートにはレバー、ホワイトチョコレートにはニンニクの風味を付けてあるようです。ちなみに、こちらのは今回紹介するコースには入っていません。

では出されたものを順番に紹介していきます。ただし、ランチながら相当飲んでしまったのと、遠来のかたとの話が弾んでしまって、あまり料理の説明を覚えていません。不確かな情報もあるかと思いますがお許しください。

今回、東京からのお客さんのリクエストもあり、最初にシャンパンを頼みます。
エンソ (6)

頼んだのはアンリ・ジローの「エスプリ・ナチュール」。

「ナチュール」はヴァン・ナチュール(自然派ワイン)ではなく、自然と共存しシャンパーニュ造りに取り組むという信条を表しているようです。

写真がへたくそでわかりませんが、色はきれいなシャンパンゴールド。フレッシュでフルーティ。さすがに美味しかったですね。
エンソ (8)

まずオードブルの前にアミューズブーシュとして出されたのは一品目は、エクレアにビーツのクリームを挟んであります。
エンソ (11)
エンソ (12)

二品目として、ホタルイカが乗せられたほうれん草のムース?と、えんどう豆の小さなスープ。
エンソ (14)

三品目は海老芋をテリーヌ仕立てにしています。

この時点でシャンパンはすでに空いてしまいました。^^;
エンソ (44)

白ワインを頼みますが、お店のグラスワインで富山県氷見の「SAYS FARM(セイズファーム)」というワイナリーでつくられているシャルドネ(2015)です。

こちらのお店、当然のことかもしれませんがワインの種類も豊富で、国産、特に北陸のワインを多くそろえていました。

ちなみに、器も、金沢の独自のモノづくりを展開するユニット「secca」の柳井友一さんはじめ、地元の作家に作ってもらったものがほとんどで、お店の料理とコンセプトに合った品々が使われています。

そして、やっと「本日の前菜」です。こちらは3種類の中からチョイスできました。

私は「ししゃも」です。まったく日本的な食材ですが、どのような料理が出てくるか楽しみにしていましたが、このようなカダイフ巻きに仕上げてありました。
エンソ (17)

フランスでは「天使の髪」とも呼ばれる料理法で、サクッとした食感の衣の中にジューシーなししゃもが隠れています。
エンソ (20)

中はこんな感じです。
エンソ (18)

フォアグラは妻がチョイス。ピスタチオのフレークにブルーベリーのソース。ボリュームがありました。
エンソ (19)

東京の方々はカニです。真丈風のコンソメスープ仕立てになっていました。

「旬鮮魚」はなんだっただろう……?忘れました。^^;
エンソ (24)

だいこんの花?が乗せられ、少しからしのきいたソース。美味しかったです。

本日の肉料理は「牛ハラミ」か「イノシシ」をチョイスできました。
エンソ (28)

私以外全員が「牛ハラミ」を頼みます。私は食べていないのでわかりませんが、ソースは香り高かったようです。
エンソ (29)

私の方は、タラの白子、上には生のマシュルームが乗せられています。

私を除く3名はワインは当然赤に移ります。
エンソ (21)

白と同じく「SAYS FARM(セイズファーム)」のメルローです。
エンソ (22)

こちたは信州のワイナリー「ファンキー・シャトー」。
エンソ (31)

パンは2種類出されます。
エンソ (25)

こちらはポービリア?アオサが練りこまれたものです。モチッとして美味しかったです。
エンソ (32)

料理を食べ終わったあとで出されたデセールは、冷たく冷やされた石の器の上に乗せられて出されました。みかんとオレンジを交配したタンゴール、愛媛の「媛まどんな」を使った一品です。
エンソ (34)

飲み物は、コーヒー、紅茶、エスプレッソからチョイスでき、私はエスプレッソをお願いしました。
エンソ (35)

最後にちゃんとプティフールも出されます。カヌレとフィナンシェ、それとクッキーでしょうか?乗せられている

いや、これだけ飲み食いしたら満腹になりました。^^;

最初、3,800円という通常のコースよりもだいぶ安いので、これほどの内容とボリュームの料理が出されるとは思ってもいなかったので、少し驚きました。ここまでくると料理はアートですね。ワインとのマリアージュも楽しめました。

一周年というアニバーサリーな限定メニューということでしょうが、お店の方の感謝の気持ちが表れた素晴らしいランチでした。ご馳走様でした。

Installation Table ENSO L'asymetrie du calme
インスタレーションテーブル エンソ ラシンメトリー ドゥ カルム
石川県金沢市池田町4番丁33
TEL 076-208-4052
11:30~13:30
18:00~21:00
月曜休、不定休
 


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近はあまりフランス料理のお店に行かなくなりました。

別に嫌いになったわけではないのですが、年を重ねていくとどうしても和食系が多くなってくるのと、コース主体で時間がかかるということもあるかもしれません。^^;

そんなフランス料理のお店に久しぶり?に行ってきました。
コンフォート (25)

今日紹介します「コンフォート(Comfort)」は、白山市のアピタ松任のすぐ近くにひっそりとあります。最初、カーナビに住所を入れて向かったのですが、違う場所を指図されて探すのに少し苦労しました。^^;
コンフォート (4)
コンフォート (6)

こちらのお店は、たぶん店舗兼ご自宅となっているのでしょう?外観や内装とも清楚でかわいい感じにまとめられています。
コンフォート (26)

カジュアルフレンチのお店として、気軽にお箸でフレンチを楽しむことが出来ます。
コンフォート (2)

ランチはご覧のようなコースが5種類設定されていました。

一番ベーシックな基本構成のサラダ・メイン・デザート・飲み物が付く「お手軽ランチ(1,380円)」に、値段に応じて前菜・スープがプラスされたり、メイン料理に肉・魚両方付くようになっていきます。

我々はその中からちょうど真ん中の「おすすめランチ(1,980円)」をお願いしました。こちらはメインが3種類から選べて、前菜・サラダ・スープ・パンまたはライス・デザート・コーヒーまたは紅茶が付いています。
コンフォート (10)

まずは前菜盛り合わせが出されます。

右から、デミカップに入っているのはズワイガニの茶碗蒸しでダシのジュレがかけられています。そのお隣はスモークサーモンとガンド・水菜、さらに菜の花のキッシュ、生ハムの4種類が並べられています。
コンフォート (12)

う~ん、ワインが欲しいですね~!?(笑い)
コンフォート (14)

続いてサラダが出されますが、鶏肉ハムが添えられていました。^^;

鶏肉ハムは妻の胃袋に消えます。
コンフォート (15)

スープは安納芋のポタージュスープ。安納芋は種子島を代表するさつまいもの一種ですが、甘さが特徴の安納芋らしく甘めのスープでした。
コンフォート (5)

この日のメインは、ご覧の黒板に書からている肉2種類、魚1種類からのチョイス。
コンフォート (18)

私は必然的に「スズキのポワレ レモンバター風味」となります。

妻は「豚ヒレ肉のロースト アンチョビソース」を選びました。
コンフォート (21)

「スズキのポワレ レモンバター風味」はレモンバター風味ですが、ソースはトマトベースでサラッとした感じで、レモンバターを溶かしながら食べるとレモンの風味も加わって美味しく食べることが出来ました。
コンフォート (20)

バゲットにソースを付けて食べるといい感じです。
コンフォート (17)

妻のほうは、柔らかいヒレ肉にマスタードとアンチョビの、それなりに濃いめのソースだったようです。
コンフォート (22)

飲み物はコーヒーか紅茶ですが、ソフトドリンクでもokです。
コンフォート (23)

デザートはコーヒーのムースとキャラメルのアイスでした。
コンフォート (24)

内容的には、本格フレンチということではありませんが、逆にカジュアルで気取らない味で私にはよかったです。それにしっかりとしたコース設定になっていながら1,980円という値段も魅力的でした。

この日のランチ時間、私以外はほぼ女性客で一杯。気軽に食べられるフレンチということで人気なのでしょう?ご馳走様でした。

コンフォート(Comfort)
石川県白山市三幸町8-6
TEL 076-214-6226
月11:30~14:00
水~日11:30~14:00
17:30~21:00(L.O.20:30)
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、三国ネタが多くなっています。何というか、非常に三国の町が気にいりました。(笑い)

石川県でいえば、橋立の街と同じような規模や雰囲気を持つ街だと思うのですが、ややもすると単なる過去の遺産になってしまうような建築物をうまく活用し、かつ、三国以外の人・物・金をうまく活用しての「まちづくり」をおこなっているところが魅力的に感じるからです。

また、北前船の寄港地ではないですが、小松の安宅も、こんな近くにいいモデルがあるので参考になるのではないかと思っています。(当然観ていらっしゃるとは思いますが……)


その時も少し触れましたが、おなじ経営母体がやっているフレンチのお店が、おなじ三国に今年4月にオープンしています。
LULL (4)

それが「デスティネーションレストランLULL(ラル)」。「デスティネーション」は英語で目的地を意味しています。「LULL」とは英語で「凪」の意味です。
LULL (10)

世界で活躍する指揮者 小松長生氏の生家でもある築120年の北前船の頭首によって建てられた由緒ある古民家をリノベーションしたレストランで、三国港のすぐ近くに立地しているため汐のかおりを感じられる素敵なところです。なお、リノベーションを担当したのは地元の建築家です。

料理のプロデュースは、坂井市出身の小川智寛シェフ。マイナーリバーズ共同代表で、麻布十番で「エルブランシュ」という有名なフランス料理店などを何店か経営しています。
 
LULLのシェフは堀田剛氏。そして提供される料理のテーマは「Surf&Turf(サーフ&ターフ)」。これは、海のものと大地のものを一皿で表現する新しいスタイルのフレンチなのだそうです。
LULL (13)

場所は三国港の越前松島水族館のすぐ近くです。道路を挟んで港に面していて、夕方陽が落ちるころだと夕日がさぞきれいだろう?と思います。
LULL (56)

お店自体は少しだけ高い位置にあるので、窓からの眺めも最高です。
LULL (55)

エントランスも、店名の「LULL(凪)」のイメージを感じさせてくれます。両側は昔の蔵です。
LULL (8)

そういえば「HALF MOON BAY(ハーフ ムーン ベイ)」も蔵を改装したお店でした。
LULL (11)

昔ながらの玄関の引き戸を開けると、いきなりオープンキッチンが目の前に現れます。

メインダイニングは広いです。奥の蔵にもつながっていて、40席ほどもある広いレストランとなっています。天井も高く、また三方が外に面しているので余計広がりを感じさせてくれるのでしょう?
LULL (21)

120年も経過した古民家なので、内部は梁や柱などを除いては、見えるところはほとんど新しくなっていますが、元々の古民家だったころの面影を感じさせてくれるように上手にリノベーションしています。

ただ、使われている素材はそれほど高級なものをふんだんに使っているわけではなく、募金形式で改修費用を募っていたためでしょう、最低限の内装材で仕上げています。

ランチメニューは3,500円と5,000円の2種類。ランチとしては高めの設定です。我々は今回は3,500円でお願いしました。ちなみにディナーは6,500円、8,500円、10,000円の3種類となっていました。
LULL (27)

運転しない妻はさっそく白ワインを頼みました。サンセール(Sancerre)が好きなようです。^^;
LULL (30)

まずアミューズ・ブッシュは、ホタテのソテーを和食の茶碗蒸しのような感じで出されます。錫の器が涼やかですね。
LULL (34)

前菜は「サーモンのタルタル」。名前からは何となく洋食のタルタルソースがかかったサーモンフライをイメージしますが、実際に出されたものは全然違います。

みじん切りにされたサーモンに、地の野菜がたっぷり。脇にはラタトュイユも添えられていました。ソースは栗とピーマンの甘めのソースと、アリオリ、ニンニクと卵黄のソース。あぁ~、私もワインが飲みたくなります。
LULL (38)
LULL (36)

パンも美味しかったです。
LULL (47)

もちろん、お代わりも可能です。

メインは私はあらかじめ肉が苦手だということを伝えてあったので、魚に変更されていました。
LULL (43)

福井ということで「若狭ぐし(甘鯛)のポワレ オマール海老のソース」。松笠焼きにしています。ウロコがカリッとした食感を生み出しています。

サクッとした食感で、甘鯛の名前の通りの甘みのある身がたっぷり食べられて幸せでした。
LULL (42)

妻のほうは「やまと豚ロースのロティ」、つまりやまと豚のローストですね。こちらにもオマール海老のソースが添えられています。

そして最後のデザートですが、内容を聞いて忘れるので。スマホに入力していたら、すっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。^^;
LULL (49)

飲み物はコーヒーか紅茶がチョイス出来ます。

私は紅茶をお願いしました。妻はコーヒーです。

使われている食器やカトラリー類も洗練されています。さすがミシュラン2つ星のレストランのシェフがプロデュースしているお店です。

伺ったのは10月の3連休の初日の土曜日でしたが、席はまだ余裕がありました。ただ、厨房2人、サーブの方2名で切り盛りしていたので、一杯になったらまわらないと思います。人数も制限していたのでしょう?

素晴らしいロケーションでの、美味しいフレンチ。ハレの日に利用するのみならず、家族やグループでも満足すること間違いないでしょう?ご馳走様でした。

LULL (ラル)
フレンチ
TEL 0776-97-8903
福井県坂井市三国町崎31-25
11:30~13:30 17:30~20:30(L.O)
木曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

個人的には、それほどフランス料理のお店に行くことはありません。年に数回と言ったところでしょうか?

今日はそんなフランス料理のお店の紹介です。
カラト (4)

大阪帰りの、小松停車のサンダーバード最終列車までの時間、駅周辺で夕飯を食べようとグランフロント大阪8Fの「リュミエール大阪KARATO(カラト)」に予約を入れてありました。
カラト (5)

心斎橋に「ミシュランガイド関西」で7年連続星を獲得している「フレンチレストランリュミエール」というお店がありますが、そこの姉妹店です。
カラト (9)

どちらかというと、こちらのほうはカジュアルなお店で、ディナーでも3,800円からという手ごろな値段でフランス料理を楽しむことが出来ます。

お店のウリは「現代風野菜フレンチレストラン」。野菜をたっぷり使ったヘルシーなフランス料理を楽しむことが出来るのです。

我々はこの日、記念日近くだったので、お店のスペシャルコースで7,800円(税込)という一番高いコースを頼みました。一番高いと言っても7,800円というお値段は良心的ですね。
カラト (11)

これでフルコースでグラスシャンパンまで付いてきます。
カラト (12)

まず最初にはアミューズがわり?のマンゴー?だったかな?聞いたけど忘れました。^^;

そのあとは前菜で、テーマは「海」。
カラト (13)

「北海道函館産ホッキ貝と雲丹 青々しい辛味大根の甘みとクリアな貝のジュレ」という、魚介と野菜の旨みと甘みを感じさせてくれる、最初の一品としてシャンパンを飲みながら楽しめる前菜でした。
カラト (18)

お次は季節の一皿でテーマは「大地の恵み」。
カラト (19)

「香ばしく焼き上げたフォアグラとインカのめざめニョッキ コリンキーのピューレに濃厚な落花生のエスプーマ」という長い名前ですが、濃厚なフォアグラとコリンキーというピューレに、黄色いカボチャの落花生までエスプーマで泡状にしたものを合わせて食べるという、濃厚トリプルな手のこんだ逸品でした。
カラト (23)

メインの魚料理は「甲殻類と鮮魚の旨味」と名付けられていて、ご覧のようにフィルムに包まれて出されます。
カラト (26)

北海道函館産地直送の「活〆鮮魚」の低速調理と凝縮した甲殻類の旨みや旬野菜を熱々にして食べさせてくれました。残念ながら魚の名前は忘れました。^^;

先ほどのエスプーマもそうですが、こちらの料理法、見せ方など見ていると、今は閉店したスペインの3つ星「エルブジ」の料理を彷彿とさせてくれます。もっとも「エルブジ」には行ったことありませんが……。^^;
カラト (31)

肉料理は、今回のコースの場合通常は子羊のローストが出されるのですが、我々は+1,000円(税込)で牛フィレに変更しました。
カラト (32)

「閉じこめた旨味」ということで、旬野菜と肉のエッセンスがお皿に散りばめられています。ソースも色々添えられていて、美味しく頂くことが出来ました。
カラト (38)

デザートのテーマは「南国の恵み」。マンゴーのかき氷とオレンジのジュレ。南国フルーツをパッションのムースで和えています。
カラト (16)

パンは2種類でお代わりもきます。
カラト (17)

フランス料理だとバターが付くのが普通ですが、こちらのお店ではトマトのソースが添えられていました。変わっていますね。
カラト (40)

食後の飲み物は、妻はエスプレッソと、
カラト (39)

私はハーブティーを頼みました。
カラト (29)

お酒は、シャンパンの後、白と赤をハーフずつ出していただきました。両方とも2,700円でしたが、フルボトルで頼まなくてもいいので良心的なサービスだと思います。
カラト (41)

カジュアルなお店なので気軽に行けるお店でしたし、料理の内容、コスパ、そして夜景を見ながら楽しめることも相まって、とてもいいお店だったと思います。ご馳走様でした。

リュミエール大阪KARATO(カラト)
大阪府大阪市北区大深町4-20
 グランフロント大阪 南館 8F
TEL 050-5570-5155(予約専用)
06-6485-7515(問合せ専用)
11:00~23:00
休みはグランフロント大阪南館に準じずる


気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

三国ネタが続きますが、三国湊町にはなかなか面白いお店が色々ありました。

今日紹介する「HALF MOON BAY(ハーフ ムーン ベイ)」は、これまでブログで紹介したジェラートやカフェのお店のすぐそばにあります。

ここは、一度目に三国に行った時に気になっていたので、二度目に行った時に夕食のおかずとして惣菜を買い求めました。

福井県坂井市三国町は、北前船でむかし栄えたことは書きましたが、街には古い町家が多く存在しています。ただ、なかなかそのままの状態では住むことも商売として利用することも難しいのは、三国に限らず全国的な街の抱える課題かもしれません。

そんなおり、にぎわい創出を図る「三国湊町家活用プロジェクト」の一環として、使われていない町家などをリノベーションして、入居者を公募したのです。
HALF MOON BAY (2)

旧市街地中心部にある明治期に造られた、こちらの土蔵もその一軒で、それに応募してお店を開いた女性オーナーは東京で通訳会社を経営されている方です。

そして、共同経営者で、ここの料理を監修しているのが麻布十番で「エルブランシュ」という有名なフランス料理店などを何店か経営している小川シェフです。元々は三国のお生まれだそうです。

お二人は、この近くで著名な指揮者の生家をリノベーションしたフランス料理店も、この4月にオープンさせています。よさげな感じなので、機会があればそちらにも今度お邪魔して観たいと思っています。

さて、今日紹介の「HALF MOON BAY」は、そんな一流料理人が監修したフレンチ惣菜を家でも楽しめるということで人気なようです。
HALF MOON BAY (4)

入口に上る階段には、こんなアクセントも。
HALF MOON BAY (11)

内部も、むかしの蔵の雰囲気を残しながら、ウッディでシックモダンにまとめています。

お店自体は一応、テイクアウトが基本のようですが、写真の右にテーブル席が、外にもテント張りの席があって、イートインでも楽しむことが出来ます。また、ランチ時には雑穀米かバターライスに惣菜を組み合わせたランチボックスなどの設定もありました。

ここは、地元の野菜や魚介類、そしてフランスからも食材を取り寄せて、本格フレンチ惣菜を作っています。
HALF MOON BAY (9)

色々聞きなれない名前の惣菜がたくさんあってどれも美味しそうでしたが、私が買い求めたのは、「おまかせ前菜盛合せ(980円)」「つぶ貝とほっき貝のガーリックバターマリネ(850円)」「フランス産ウズラのバロティーヌ(800円)」の3種類。
HALF MOON BAY (16)

きちんとしたパッケージに詰め、保冷剤も付けてくれます。
HALF MOON BAY (17)

おまかせ前菜盛合せには、サラダ・フリュイド・メール(海の幸のサラダ)とブロッコリーのアヒージョ、ひよこ豆入りラタトゥイユ、自家製パテ・ド・カンパーニュ、コンフィが入っていました。

色々な種類を少しずつ楽しめたよかったですし、味も美味しかったです。さすがでした。
HALF MOON BAY (19)

つぶ貝とほっき貝のガーリックバターマリネは酸味もほどよくきいて、つぶ貝とほっき貝もたくさん入っていました。
HALF MOON BAY (18)

フランス産ウズラのバロティーヌは妻の胃袋へ消えています。

これらを泡物を飲みながら食べました。たまには家で本格フレンチ惣菜を楽しむのもオツなものです。

私の地元小松にも、前はフランス惣菜のお店があったのですが、残念ながら閉店になってしましましたし、加賀地方だけ見てもテイクアウト中心の、これほど本格的なフランス惣菜のお店の存在を知りません。

こんなお店が近くにあったら、月に何度かは利用すること間違いなしですね!ご馳走様でした。

HALF MOON BAY(ハーフ ムーン ベイ)
福井県坂井市三国町南本町3-3-34
TEL 0776-43-9961
10:00~19:00
木曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ