あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:洋食系 > イタリアン・バール

奥能登国際芸術祭2023」開幕と共にオープンした「潮騒レストラン」。
潮騒レストラン (24)

世界的建築家である坂茂氏が設計しています。

坂茂氏といえば、紙の建築で知られていて、2014に建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞されていて、主な作品としては、ニュージーランドのクライストチャーチ大聖堂や、国内では静岡県の富士山世界遺産センター、石川県ではぶどうの森のレストラン「レ・トネル」などを手掛けています。

さて、「潮騒レストラン」は「奥能登国際芸術祭2023」の展示会場でもある「スズ・シアター・ミュージア」に隣接して、今年新しく建築されたレストランです。

名前は、ここにあった学校のランチルームが「しおさい」という名前だったことから付けられていますが、ぴったりの名前ですね。
潮騒レストラン (20)

日本海の外浦を一望できる高台にあって、海側に面したところは総ガラス張りのハイカラな建築。
潮騒レストラン (22)

そのような造りなので、どの席に座っても外浦を一望することができるのがウリで、天気がいい時は素晴らしい眺望を眺めながらの食事やドリンクを楽しめるのです。
潮騒レストラン (7)

なお、「潮騒レストラン」は、一般的には鉄骨を用いたトラス構造で建築されているものを、鉄ではなく圧縮し強度を上げた木材で作っているのです。日本で初めて用いられた建物物なのだそうです。すごいですね。
潮騒レストラン (4)

店内は、ガラス張りのため明るく開放的。

席数は多いです。「奥能登国際芸術祭2023」の開催期間中は毎日営業しているようですが、終了後はどうするのか少し心配です。

こちらがメニューです。種類を絞っていますね。
潮騒レストラン

ランチは以下の3種類で、金沢のレストラン「ぶどうの木」の総料理長、米田岳人シェフが監修されていました。

・海と森のプレートランチ(2,200円)
・潮騒カレー(1,300円)
・日替わりパスタ(1,600円)

私は「潮騒カレー」を頼むことに。
潮騒レストラン (8)

最初にサラダが出されました。

そして彼は大浜大豆の豆乳カレーです。
潮騒レストラン (9)

意外とスパイシーで美味しかったです。

妻は「海と森のプレートランチ」です。
潮騒レストラン (12)

出されたセットがこちら。

内容は日なのか週なのか月なのかはわかりませんが、変わるようです。

この日は能登豚だったかな?のベーコンと、豆腐ハンバーグ。各2個ずつ乗せられていました・

野菜たっぷりなのはよかったのですが、妻曰く、ベーコンは2枚いらないので、他にサイドディッシュが欲しかった!と。汗

つまり、海のものの割合が少ないということですね。

おかげさまでバーコンと豆腐ハンバーグは各1個は私の胃の中に消えました。

ちなみにパンかライスかをチョイス出来ます。
潮騒レストラン (11)

さて、坂茂氏とも少々ご縁があり、ぜひ、このレストランへ行きたいといった思ったことが「奥能登国際芸術祭2023」へ行くきっかけになった理由の一つ。

いい経験をさせていただきました。ありがとうございます。そしてご馳走様でした。

潮騒レストラン
石川県珠洲市大谷町2-47
TEL 070-4802-2100
日曜~木曜
9:30~17:30(L.O.17:00) 
金・土曜
9:30~19:30(L.O.19:00) 
ランチ11:00~14:00
ドリンク11:00~17:00
原則6名様以上でランチプレート 2,200円のみ予約可能



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

東京の飲食店もスクラップ&ビルドがすすんでいます。

今回、東京出張の際、夕飯を食べようと事前にホテルの近くのお店を選んで置いてチェックイン後向かったのですが、何と閉店になっていました。

食べログでも「閉店」の表示はなかったのですが…。もっとも、食べログはユーザーが情報を食べログに伝えないと、情報が更新されない仕組みなので、そのお店が営業しているのかそうでないのかについてはそれほど信用していけません。

さて、閉店だとわかって、その場で再検索して見つけて向かったところは満席!この日はついていませんでした。

そこで、再度、検索して見つけたのが、今日紹介する「ジスタンプ トウキョウ(GStamp tokyo)」です。
ジスタンプ トウキョウ

満席だったお店からすぐ近くにあって、こじんまりとしたお店でしたが、結果は正解でした。

「ジスタンプ トウキョウ(GStamp tokyo)」のHPには「日本の食材と調味料で作る創作イタリアン。 世界各国&日本のワインが楽しめるお店です。
」と書かれていますが、ワインも料理も私好みの味でした。

お店は男性のシェフの方と、サーブする男性のお二人で切り盛りされています。

カジュアルな内装と雰囲気。私が伺った19時ごろは、先客は一組。しかし、私がいる間にカウンター席以外は満席になりました。人気なのですね。
ジスタンプ トウキョウ (5)

メニューです。こちらは黒板メニューで「本日のおすすめ」。
ジスタンプ トウキョウ (6)

定番物。
ジスタンプ トウキョウ (4)

グラスワインも白・赤3種類ずつの設定があってうれしいです。
ジスタンプ トウキョウ (7)

まずはスプマンテ(800円)で一人乾杯!「ダンデリオーネ」という銘柄で辛口です。

そして最初に頼んだのが黒板メニューの「本日のおすすめ」から「本日の鮮魚 カルパッチョ つぶマスタードソース」。お一人様サイズにしていただきました。フルサイズ1,400円、ハーフサイズは700円でした。
ジスタンプ トウキョウ (8)

この日の魚はブリ。今の時期、それほど脂が乗っているわけではありませんが、オリーブオイルが加わりつぶマスタードソースともマッチしてよかったです。

お次は「海老 ヤリイカのアヒージョ バゲット付き」。980円です。
ジスタンプ トウキョウ (9)

海老とヤリイカがたっぷり入っていて、ポテトと玉ねぎもいい仕事していました。当然熱々で、適時バゲットをスープに浸しながら食べます。ワインがすすむ味でした。

で、スプマンテの後に頼んだ白ワインは「テバルト ビアンコ(700円)」。スプマンテと白ワインは辛口のものばかりで、個人的にはうれしかったです。
ジスタンプ トウキョウ (11)

すっきりした飲み口爽やかで、料理に合いました。

〆のパスタは「イイダコと枝豆のプッタネスカ(1,600円)」にしました。
ジスタンプ トウキョウ (12)

フェットチーネでモチモチの食感。ソースの塩味があるのでトマトソースとの相性がよかったです。

ボリュームがあって、アヒージョでバゲットを食べていたので、さすがに満腹に!
ジスタンプ トウキョウ (13)

最後の赤は「テバルト ロッソ(700円)」。ミディアムボディでタンニンが効いていました。

以上、一人飲みで5,400円ほど。内容や味の面含めて満足度高かったです。ご馳走様でした。

ジスタンプ トウキョウ(GStamp tokyo)
東京都千代田区九段北1-6-7
 岡部ビル1F
TEL 03-6272-4076
月〜金 
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:30~23:00(L.O.22:00)
土17:30〜23:00(L.O22:00)
※状況次第では閉店時間を早める場合あり
日曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

大阪の大きなターミナルにある百貨店。

どうしても百貨店にある飲食店というと、少々値段的にも高いといったイメージがありますが。大阪の場合はそうでもありません。

賃料はそれなりに高いと思いますが、高価格路線ではなくリーズナブルな値段設定で回転率を上げようとしているところが多いのか、利用しやすい飲食店の割合が高いと思います。

この日は妻が夜不在のため小松に戻る前に大阪で早めの夕食を済ませて帰ることにしました。
酒屋食堂 スタンドましか

阪神百貨店梅田本店B2Fのバル地下は、オープンしてからスペイン料理のお店を2度ほど利用したことがあります。
酒屋食堂 スタンドましか (2)

今回チョイスしたのは「酒屋食堂 スタンドましか」。

こちらは江戸堀に本店がある人気のイタリアンバールが出したお店です。

むかし私が住んでいたことがある福岡の警固にもお店を出したことがありましたが閉店になっています。
酒屋食堂 スタンドましか (4)

イタリア料理のアテを楽しみながら午前中から飲むことができます。

基本カウンターだけのお店で、私もカウンター席に座りました。

最初の一杯は、本当はスパークリングを頼んだのですが、聞き取りにくかったのか生ビールが出てきました。
酒屋食堂 スタンドましか (5)

まぁ、ビールでもいいや、と思って飲みます。いい泡立ちでした。
酒屋食堂 スタンドましか (6)

メニューです。
酒屋食堂 スタンドましか (8)

メニューに出ていた前菜3種類の盛り合わせよりも、こちらの、より種類の多い「アテ盛り合わせ」がありました。

10種類ほどが一皿に盛られていて、色々食べられていいいということで、そちらを頼むことにしました。
酒屋食堂 スタンドましか (9)

内容的には「ましかのポテトサラダ」「アーモンドとクミン風味のキャロットラペ」「季節の野菜と果実のさっぱりピクルス」「生ハム」「フルーツトマトとモッツァレラ」「鯖のきずし りんごと玉ねぎのソース」「軽く燻製したもち豚のパテ」などかな?

冷製のものが中心ですが、メニューに出ているものなどを少量ずつ楽しめたので正解でした。
酒屋食堂 スタンドましか (15)

それと追加でお願いしたのは、こちらの「エビとレンコン椎茸のチーズ春巻きチリソース(350円)」。
酒屋食堂 スタンドましか (16)

添えられていたチリソースで食べますが、なかにはぎっしり具が詰まっています。
酒屋食堂 スタンドましか (14)

「ちくわの磯部揚げ(440円)」は揚げ立てで青のりたっぷり。

お腹の満足度は、これだけで十分でした。
酒屋食堂 スタンドましか (7)

最後にビールのあと頼んだワインについて。
酒屋食堂 スタンドましか (12)

白ワインは辛口の「ダンホワイト2020」はグラスで590円。一番安いやつです。
酒屋食堂 スタンドましか (13)

赤も一番値段が安かった「コトー・デュ・ボン・デュ・ガール。キュヴェ・デ・ガレ」。ワインの味には疎い方なのでこれで十分です。

でも、両方とも飲みやすくて、味の方もよかったと思います。

以上を一人で飲み食いして3,200円ちょい。納得のコスパでした。

さすが大阪の人気店がやっているだけあって、料理も多彩で美味しいのでお勧めですね。ご馳走様でした。

酒屋食堂 スタンドましか
大阪府大阪市北区梅田1-13-13
 阪神百貨店梅田本店B2F
TEL 06-6345-0721
11:00~23:00
不定休(阪神百貨店に準ずる)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

野々市に生パスタの量り売りのお店が出来たと知って妻と出かけてきました。
パスティフィーチョ ペーレ (3)


「PASTIFICIO PERE(パスティフィーチョ ペーレ)とはイタリア語で「パスタ工房(製麺所)」という意味だそうです。

ここはアルベログループで、オステリアアルベロやヴェッキオアルベロなどイタリア料理の飲食店数店を石川県内に展開しているKAI-craftが7月にオープンさせています。

そんな手打ち生パスタをお店でも食べることが出来るということで妻と二人でランチを食べに出かけてきました。

事前に予約を入れたのですが、11:30までに入店できる場合のみ予約できました。

我々は土曜日の11:30の予約でお店に入りましたが、食べ終わるまで結局満席になることはありませんでした。
パスティフィーチョ ペーレ

白い外壁が青い空に映える大きなお店です。

国産の小麦粉を使って作られる自家製の手打ち生パスタを「量り売り」しています。
パスティフィーチョ ペーレ (4)

店内に入ると、すぐに量り売りのショーケースがあり、たくさんの生パスタなどが中に並んでいました。
パスティフィーチョ ペーレ (5)

左手がイートインスペース。こちらも壁や天井は白一色のシンプルな内装です。

ランチメニューは、こちらのセットメニュー1種類のみ。1,600円です。
パスティフィーチョ ペーレ (6)

書かれている通り、フォカッチャ・彩りサラダ・デミカップスープ・生パスタ・ドリンクが付いています。

生パスタは7種類からチョイス出来ました。追加料金がかかるものが多いですね。

まず出されたのがこちら。
パスティフィーチョ ペーレ (8)

ワンプレートにフォカッチャ・彩りサラダ・デミカップスープ、そしてマリネ(彩りサラダの一部?)などが盛られていました。

パスタは、私が頼んだのは「白身魚のペペロンチーノ(+450円)」です。
パスティフィーチョ ペーレ (11)

白身魚、野菜、ニンニクチップなどの具がたくさん入っていて、パスタはリングイネを使用しています。濃いめの味付けでニンニクチップがきいていました。

妻は「魚介のジェノベーゼ(+200円)」です。
パスティフィーチョ ペーレ (10)

こちらの魚介はアサリとイカ、小海老。少し太めのフェットチーネでジェノベーゼソースは濃厚だったようです。

セットにはドリンクが付いていて。私はアイスティー。妻はコーヒーを頼んでいます。
パスティフィーチョ ペーレ (12)

見ためアイスコーヒーのようですが、まぎれもなくアイスティーでした。

さて、パスタの「量り売り」という、石川県では珍しいお店としての、これからの動向が気になりました。ご馳走様でした。

PASTIFICIO PERE(パスティフィーチョ ペーレ)
石川県野々市市上林3-56
TEL 076-287-6720
ランチ11:00~14:00
カフェ14:00~17:00
ディナー18:00~22:00(L.O.21:00)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

イオン御経塚ショッピングセンターの跡地にオープンした「アークスクエア御経塚」。

「ホームセンタームサシ」と家電量販店「ヤマダ電器」、そして食品スーパー「イオンスタイル」が共同で運営する複合商業施設です。珍しい組み合わせですね。

特にアークスクエア御経塚で買い物をする予定もなかったのですが、開業からしばらく経過したので混雑も収まったかな?と思い、一度行ってみることにしたわけです。

お盆休みの土曜日。11時ごろ到着すると広い駐車場は3割程度の埋まり具合。考えていたより空いていました。

そして、アークスクエア御経塚の2階にあるのが今日紹介のイタリアンカジュアルレストラン「Cento per Cento(チェント ペル チェント)御経塚店」。

こちらは、「かつや」や「からやま」などのブランドを展開する「アークランドサービスホールディングス」の子会社「フィルドテーブル」というところが石川県初出店したお店。大型ホームセンター内を中心に出店するカジュアルレストランだということです。

ホームセンターにあるイタリアンレストランという組み合わせが意外でしたが、こちらでランチをすることに。
チェント ペル チェント

外観や、
チェント ペル チェント (6)

店内は立派。多くの人が一度に会食することが出来ます。

そしてスペースが広く、ゆったりとした空間。見た目は高級レストランのような感じです。
チェント ペル チェント (3)

メニューです。
チェント ペル チェント (4)

ランチのセットメニュー。リーズナブルです。
チェント ペル チェント (14)

ピザ。

私は「長崎県産活〆穴子のジェノベーゼ」のパスタ単品を生パスタでお願いしています。1,485円でした。

それに「ワンプレートに盛り込んだ前菜5種(605円)」を追加で頼みました。
チェント ペル チェント (16)

こちらは、名前の通りワンプレートに色々な前菜・窯焼きのパンなどが詰め込まれた一皿。有機栽培のベビーリーフサラダやスープもあってよかったです。
チェント ペル チェント (17)
チェント ペル チェント (18)

「長崎県産活〆穴子のジェノベーゼ」のほうは、パスタの具として穴子というのが珍しいのではないかと思いますが、ジェノベーゼソースがたっぷり生パスタのリングイネに絡んで美味しかったです。
チェント ペル チェント (11)

妻はこちらのメニューに出ていた「季節のピアットウニコ(1,705円)」を頼んでいます。

こちらには「ワンプレートに盛り込んだ前菜5種」と「雲丹の冷製スパゲッティ」のハーフサイズ、そしてドリンクが付いています。こちらの方もなかなかお得ですね。
チェント ペル チェント (19)

私も一口食べましたが、熟成雲丹の濃厚なソースで焼きナスが入っていて、生パスタの細いカペッリーニ?に海苔とオリーブの黒いソースを絡めて食べると磯の香りがして美味しかったです。
チェント ペル チェント (20)

「季節のピアットウニコ」にはドリンクが付いていました。

広いスペースに一度の多くのお客さんが入れるのですが、お盆の期間のランチタイムに12時の時点で半分強ぐらいのお客さんの入りだったので少々気にはなりましたが、イタリア料理のお店としては多彩なメニューが揃っていて、かつリーズナブル。個人的には気に入りました。ご馳走様でした。

Cento per Cento(チェント ペル チェント)御経塚店
石川県野々市市御経塚2-92
 アークスクエア御経塚2F
TEL 076-225-5507
10:00~20:00
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ