あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: イタリアン・バール

天王寺駅や阿倍野周辺は、あべのハルカスを中心に再開発がほぼ一通り終わったようです。

街全体が様変わりしたようにきれいになりました。

さて今日紹介します「青いナポリ イン・ザ・パーク」は、天王寺駅や天王寺公園に隣接する天王寺公園エントランスエリアにあります。
青いナポリ (18)

1015年10月にリニューアルオープンした「てんしば」と命名された場所で、ここからあべのハルカスも全部見渡せます。
青いナポリ (15)

天王寺動物園にもつながるエリアは芝生が広がり、都心では珍しい開放感あふれる場所となっています。
青いナポリ

その中に大きなレストランとしてあるのが「青いナポリ イン・ザ・パーク」で、大きな店内は外の空間も含めると200名ほど入ることが出来るほどです。
青いナポリ (3)

本店は東京の小石川にあります。

今回、我々はランチを食べに出かけてきました。
青いナポリ (7)

2階もあって天井が高くて開放感があるお店で、2階は結婚式の2次会や各種宴会などにおすすめです。
青いナポリ (6)

店内にはピザを焼く薪窯もありますね。
青いナポリ (5)

ランチメニューはこんな感じです。
青いナポリ (4)

ランチメニューは、いわば日替わりランチ的な位置付けの「AOI NAPORI 青いナポリ イン・ザ・パーク ランチ(1,380円)」。
青いナポリ (2)

パスタ系は「パスタランチ(950円)」と「生パスタランチ(1,050円)」の2種類。

ピッツアァ系も「ピッツァマルゲリータランチ(950円)」と「ピッツァビアンカランチ(1,050円)」の2種類になっていました。

パスタにはスープとパン。ピッツァにはスープのみが付いています。

またパスタと「ピッツァビアンカランチ」のピッツァの種類は日替わりになっていて、各々1種類のみ。このあたりはもう1種類ずつくらい設定があってもいいと思いました。それは私は肉が苦手なので、今回、生パスタランチかピッツァマルゲリータのどちらかしか選択肢がなかったからです。

そこで私は「生パスタランチ」をチョイス。シェフ吉本おすすめのもちもち生パスタランチだそうです。
青いナポリ (9)

まずスープが出されます。ミネストローネです。野菜たっぷりなのがうれしいです。
青いナポリ (10)

パンはフォカッチャ。熱々でハーブも適度にきいていて好みの味でした。
青いナポリ (11)

そしてメインのパスタ「サーモンとスナックエンドウのトマトソース」です。
青いナポリ (12)

生パスタはフィットチーネですね。サーモンとスナックエンドウもたっぷり。トマトソースのシンプルなお味でした。
青いナポリ (13)

一緒に行った人が頼んだパスタランチのパスタは「牛ミンチとマッシュルームラグーソースと冬キャベツ」でした。

大きな箱のイタリアンレストランで、まぁ、平日はそれほど満席にはならないだろうと思いましたが、ふと思ったのが、そんなに人が入る可能性があるときは、何人のスタッフで運営するのか?ということでした。凄いですね。ご馳走様でした。

青いナポリ イン・ザ・パーク
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町5-55
 てんしば内
TEL 050-5589-9174
ランチ11:00~15:00(L.O.) 
ディナー
月~木/日17:00~22:00(L.O.)
金土祝 17:00~22:30(L.O.) 
CAFE 月~木/日 11:00~22:30(L.O.)
金土祝 11:00~23:00(L.O.)
年末年始 施設に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県庁のある鞍月あたりには人気のレストランが色々あります。

とくにイタリアンのお店は、先月紹介した「トラットリア インフィニート」や「ル・クリマ」など競争が厳しいですね。
パルティーレ (3)

今回紹介します「クチーナ・イタリアーナ パルティーレ(cucina italiana Partire)」も人気のお店で、平日ランチでも予約をしないと満席で入れないことが多いことで知られているお店です。

実は私は前に、当日に行こうと念のため電話したところ、満席です!と言われたことがあります。

今回は平日でしたが、前日に予約の電話を入れると、すでに11:30からは満席で12:30ならば大丈夫ということでした。危なかった。^^;
パルティーレ

外観はこんなお店です。
パルティーレ (15)

中に入ると、冷たい雨の降る日でしたが、店内は私以外はすべて女性客でした。^^;

ランチメニューはこちらです。
パルティーレ (6)

基本はパスタコースの「プランゾA(税込1,620円)」で、それにメインとデザートが付いたプランゾC(2,900円)」の2種類の設定となっています。

「プランゾA」はデザートが別料金(270円)となっていました。

我々は「プランゾA」を頼むことに。「プランゾA」には前菜の盛り合わせ、自家製パン(フォカッチャ)、パスタ、ドリンクが付いています。

まずは前菜の盛り合わせが出されます。ご覧のように色々な前菜が盛られているのはうれしいです。
パルティーレ (7)

内容はボロニアハム?・田舎風パテ・バゲットにサーモンのリエット・サバのマリネ・イタリア風オムレツ・サラダにバーニャカウダドレッシングなどです。

多くの種類を楽しめ、そしてどれもが美味しい前菜でした。
パルティーレ (9)

パンは2種類。フォカッチャはオリーブとオイルも練り込まれている好みのタイプでした。
パルティーレ (4)

パスタのほうは、こちらに書かれている通り、選べる種類は豊富でしたが、追加料金がかかるものもいくつかあります。(Cコースの場合は追加不要になっているものが多いです)

生麺を使っているパスタの設定はありませんでした。
パルティーレ (11)

その中から私は、「アオリイカとサルデーニャ産カラスミのスパゲッティ(+350円)」を。
パルティーレ (12)

カラスミがたっぷり使われていて、イカとパスタに絡めて食べると深みのある美味しさです。

妻のほうは「石川県産 能登牡蠣と焼き葱、茸のスパゲッティ(+250円)」。
パルティーレ (10)

私も少し食べましたが、プリップリの能登牡蠣がたっぷり使われていて、焼き葱がいい仕事していました。
パルティーレ (5)

ドリンクはこちらに書かれている9種類からチョイス出来ます。
パルティーレ (14)

我々はエスプレッソを頼みます。
パルティーレ (13)

あと、追加でデザートもオーダー。「紅玉りんごの焼き込みタルト」。ほどよい甘さで美味しいです。

追加料金がかかるパスタを頼んだので、一人2,000円ほどかかりました。でもそのお値段以上の価値がある内容と美味しさでした。

予約必須ですが、おすすめのランチです。ご馳走様でした。

クチーナ・イタリアーナ パルティーレ
(cucina italiana Partire)
石川県金沢市鞍月3-27
 HRビル1DTEL 076-255-3336
11:30~14:30(L.O.)
17:30~21:30(L.O.)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年3月に阪急三番街の北館地下2階がリニューアルして出来たフードコート「ウメダフードホール」。

昨年末にやっと行ってきました。

ここは大阪駅からも少し離れている場所だったのでなかなか行けなかったのです。大阪に住んでいた時も、阪急三番街の北館まで足を延ばしたことは多分ないと思います。前は何のエリアだったのでしょうか?

今回いつもの通り、小松に戻る前に軽く一杯とお腹を満たすために行きました。

地下2階の広いスペースが丸ごとフードコートになっています。通路や食べるスペースも比較的広めに作られていて、阪神百貨店やルクアの地下に比べてゆったり飲食できそうです。
ウメダフードホール

行った時がちょうどクリスマス前のときで、ツリーが飾られていました。
ウメダフードホール (5)

さて肝心のお店ですが、フードコートなので和・洋・中、色々なお店が入っていて、どこがいいか目移りします。
ウメダフードホール (3)

18店中11店が関西初登場ということでしたが、北陸から大阪まで来て、大阪以外のお店に行くことはやめたいと考えていました。
ウメダフードホール (2)

とりあえず、今回は洋系のお店と決めていて、2~3ピックアップしてあった中から選んだのは、「イタリアンダイニングペスカ」というお店。
ウメダフードホール (12)

ここは、北新地、心斎橋、なんばにお店があって、オリジナリティあふれる個性的なピザが人気なのだそうです。

とりあえず一番の決め手は、パイ生地のピッツァ、その名も「パイッツァ」を食べられるということ。どんなものか興味がありました。

フードコートなので、席を確保してお店でお金を払ってオーダーします。

ドリンクとセットだと、ドリンクの料金がお得になるのがあったのでそちらに。スパークリングや白・赤ワインが+300円でした。

頼んだ「パイッツァ」は、「たっぷり野菜のパイッツァ(1,080円)」でした。
ウメダフードホール (9)

こちらがそうですが、外側がクロワッサンのような食感です。風味もバターがたっぷり使われていて美味しい生地です。
ウメダフードホール (11)

ただ食べる時に、生地があまりにサクサクなので、口の外こぼれます。^^;

確かに野菜もたっぷり入っていて、ソースのしっとり感と生地のサクサク感も楽しめる美味しい「パイッツァ」でした。頼んだスパークリングにも合いました!
ウメダフードホール (7)

この日は、ここが2軒目だったので、この1枚食べただけで終わりです。また機会があればウメダフードホールの他のお店にも行ってみたいと思いました。ご馳走様でした。

イタリアンダイニングペスカ
 ItalianDiningPESCA
大阪府大阪市北区芝田1-1-3
 阪急三番街北館B2Fフードコート
TEL 06-6450-8151
11:00~23:00
阪急三番街の休日に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

12月の、とある日曜日に野暮用があって金沢の鞍月まで行きました。

その時にランチを食べに入った「トラットリア インフィニート」について書きたいと思います。
インフィニート (2)

この場所は昔、ベルギー料理のお店「ル・マルカッサン」があったところです。

ベルギーの「サングリエ」というレストランで修行をして、在日ベルギー王国大使館公邸料理長もしていたシェフがやっていたお店で美味しかったのですが、ほどなく閉店。その後のフランス惣菜のお店についてもしばらくの間に閉店しました。両店とも私のブログでも書いていたのですが、閉店したので削除してしまっています。

こちらのお店の隣の歯医者さんを挟んで、さらにお隣には、これまた人気のイタリアン「ル クリマ」があるという場所で、ここに敢えて同じイタリアンのお店を出しているということは腕に自信があると思われます。
インフィニート (6)

お店自体は最大16名が入ることが出来る小さなお店です。

この日は日曜日。金沢行きは急遽の予定だったため、当日の10時過ぎに予約の電話を入れたのですが運よく空いていました。

我々がランチを食べている間にも何組のお客様が飛び込みでお店に入ってこられましたが、最初のお客様以外はすべて断られていました。人気なのですね。

手打ちのパスタが美味しいと人気のお店で、今回はもちろん私も妻も手打ちのパスタを食べました。
インフィニート (4)

ランチメニューはこちら。

一番ベーシックなパスタランチが1,050円で、パスタ・パン・ドリンクが付いています。そちらに前菜とミニデザートが付いたAランチが1,650円。さらにメインが付いた(パスタはハーフサイズ)Bランチが2,650円となっています。

我々は今回Aランチにしました。
インフィニート1

市販の乾燥パスタを使用したメニューが3種類。自家製の生パスタを使用したメニューが3種類設定されていて、生パスタには追加料金がかかります。

今回はタリオリーニを使用した「燻製した牡蠣とキノコのペペロンチーノ(+300円)」と、ほうれん草を練り込んだフィットチーネを使用した「カニとパプリカのクリームソース(+200円)」を頼んで妻とシェアすることにしました。

まず前菜が出されます。サラダと3種類の前菜が盛られていました。
インフィニート (7)

ローストポークには春菊とりんごのソースがかかっています。あと、マッシュルームのスープ、カニのムースの3種類です。

マッシュルームのスープ、とても味が濃く深みがありました。春菊とりんごのソースも変わっています。

そしてパスタ。

「燻製した牡蠣とキノコのペペロンチーノ」は、燻製した牡蠣の風味がペペロンチーに合っていて美味しかったです。
インフィニート (11)

細めのタリオリーニも、アルデンテでコシが適度にあって美味しい麺でした。

「カニとパプリカのクリームソース」は、太めのフィットチーネに練り込まれたほうれん草自体がこのパスタの特徴を決めていて、ほど良い濃厚さのクリームソースとの相性も良かったです。
インフィニート (10)

個人的にはパプリカの食感がもう少しあったほうがいいと思いましたが、全体的にはまとまった味で美味しいパスタでした。
インフィニート (9)

パンは2種類。オリーブオイルもたっぷり添えられています。お代わりは聞かれませんでしたのでランチではないのでしょう?
インフィニート (12)

デザートは「栗のティラミス」。濃厚なお味でした。
インフィニート (13)

ドリンクはコーヒーや紅茶を始め7種類からチョイスできて、私はエスプレッソ。妻はコーヒーです。
インフィニート (5)

ちなみに夜はこんなメニューが店内に掲げられていました。

この内容でこのお値段はお得で、味のほうも手間暇かけたことがわかる美味しさでした。おすすめのランチですね。ご馳走様でした。

トラットリア インフィニート
石川県金沢市鞍月5-110
TEL 076-238-1245
ランチ11:00-15:00
ディナー17:30-22:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎年恒例の墓参のとき、こちらも恒例ですが小松に戻る前に品川で軽く夕食を済まることにしています。

羽田のほうが出発ギリギリまで食べることが出来るわけですが、空港内のお店は大手資本のお店が多く、ショバ代が高いのでコスパ的にも敬遠してしまうのです。

そこで品川駅近くで、最終便に間に合うように17時オープンのお店を探します。
トライベッカ

今回、そんな条件で見つけたところが、今日紹介しますアトレ品川4Fの飲食店が集まるフロアにある「トライベッカ SINAGAWA」というジャズの生演奏が楽しめるお店です。

もっとも、生演奏は19時からということで我々はその時間にはお店には居ませんが。^^;

念のために事前に予約を入れてありましたが、17時のオープン時間5分前にお店に到着しました。

少し待って17時のオープンと同時に中に案内されました。
トライベッカ (2)

入口の間口は狭いお店ですが、中は広かったです。入り口付近にはカウンター席がありました。ただ、このカウンター席はこのフロアのトイレがある場所のすぐ近くで、何となく居辛そうな場所でした。^^;

お店のキャッチフレーズとしては「五感で楽しむNYスタイル創作イタリアン」。ただ我々はライブ時間帯はいないので、聴覚は抜きです。
トライベッカ (8)

店内は赤を基調としたインテリア。正面に演奏するスペースがあって、その周りにBOXシート。少し高くなった後ろの席は革張りのソファー席。
トライベッカ (7)

今回我々は生演奏は聞くことが出来ませんでしたが、少しだけリハーサルというかチューニングというかを見ることが出来ました。

通常はジャズがメインのようで、ソウルやR&Bの演奏も行われているようです。
トライベッカ (4)

料理のジャンルは基本イタリアンで、ニューヨーク風にアレンジされた創作イタリアンを楽しむことが出来ます。

まずはビールで乾杯ですが、私は「プレモルのマスターズドリーム(900円)」。妻はベルギービールの「ヒューガルデン・ホワイト(1,100円)」。
トライベッカ (10)

サイズもそれほど大きなグラスではなかったのでお値段高めの設定です。
トライベッカ (14)

あと飲んだのは、私は「知多ハイボール(800円)」。妻はスパークリングを頼んでいます。
トライベッカ (12)

食べたものは、「本日おすすめ前菜の盛り合わせ3種(1,800円)」。3種類が2ピースずつ出されるので2人で食べるのにちょうどよかったです。
トライベッカ (15)

こちらは「ズッパ ディ ペッシェ(2,800円)」という魚介たっぷり入ったナポリの漁師料理です。鍋料理で業界のうま味が凝縮してスープに溶け込んでいる感じでした。美味しかったです。
トライベッカ (19)

最後にパスタで「オマール海老のトマトクリーム ほうれん草のフィットチーネ(2,400円)」を頼みました。

ほうれん草のフィットチーネはしっかりとしたほうれん草の風味が感じられ、アメリケーヌ・ソースのような感じのソースが絡んで美味しかったです。

お勘定を支払ってわかったのですが、サービス料金10%とミュージックチャージ料一人500円付いていて、合計14,000円以上かかってしまいました。思ったよりも高くついた感じです^^; 生演奏聞いていないのですが…。^^;

料理はよかったです。それに生演奏が聞ける時間だったら雰囲気よく飲食できたでしょうね?それが残念です。道理で我々がいる間は、誰もお客様が来なかったわけです。

我々も生演奏の時間に来ていたら満足度は高かったと思います。ご馳走様でした。

トライベッカ SINAGAWA(LIVE JAZZ LOUNGE TRIBECA)
東京都港区港南2-18-1
 アトレ品川 4F
TEL 050-5868-2391
平日11:00~24:00(L.O.23:00)
土日祝11:00~22:00(L.O.21:30)
不定休(アトレ品川に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ