あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: イタリアン・バール

10年半ほど前にイタリアのミラノに行ったことがあります。

行く前からイタリア料理は好きでしたが、やはり現地で食べたイタリア料理は、日本で食べるものとは根本的に違っていて衝撃を受けたことがあります。
アルフォルノ (7)

さて、今日紹介する「アルフォルノ(Al Forno)」は、相当昔からあるお店のようです。

外観はカフェみたいですが、イタリアの国旗が掲げられているので、イタリア料理のお店ですよ!ということを訴えていますね。

お店自体は、中に入ってみると相当古い感じがします。そして店内は相当広いです。

内装は、いわゆる「年季が入っている」といった状態でした。「何となくイタリア」っぽい感じで作られていて、石造りのような雰囲気のデザインで、壁にはルネッサンスの巨匠、ミケランジェロがシスティーナ礼拝堂に描いた「アダムの創造」の一部が描かれた壁紙が張られていました。
アルフォルノ (5)

冒頭、ミラノに行ったことは書きましたが、その時に、スフォルツァ城の博物館でミケランジェロが生前最後に手がけた大理石彫刻「ロンダニーニのピエタ」を見たことがあります。
DSC06698

向こうでは芸術作品でも写真撮影が許されていることが多く、ご覧の写真がそうですが、未完の作となっています。

さて、話を「アルフォルノ」に戻します。
アルフォルノ (8)

ランチメニューの種類は多く設定されています。

サービスランチは日替わり限定10名で730円(税込)でしたが、この日はチキンだったのでNG。

一緒にいったメンバーは「ビジネスランチ(880円税込)」でハンバーグ、魚フライ、豚ロースが付いているメニューを頼んでしました。しかし私はこちらにも豚ロースが入っているのでNGです。

そこで、「レディースランチ(880円税込)」というのがあったので、男性でも大丈夫かをお聞きすると、okですということだったので、それを頼むことにしました。
アルフォルノ (2)

内容はハンバーグ、海老フライ、オムレツ。どれもが小さなサイズ。サラダとたらこスパゲッティも添えられています。
アルフォルノ (6)

なお、平日のランチメニューにはコーヒーが付いています。

一緒に行った人が頼んだ「ビジネスランチ」のほうはこんな感じです。
アルフォルノ (3)

私の「レディースランチ」より見た目ボリュームがありますね?
 
両方とも、イタリア料理というより洋食店の料理ですね。やはり、せっかくイタリア料理のお店に来たからには、パスタとか石窯まで焼いているというピッツァのランチにしたほうがよかったかな?^^;
アルフォルノ (4)

ちなみに、オーダーの時にパンかライスか聞かれなかったので、イタリア料理のお店なのでてっきりパンが出てくるものと思っていたら、ライスがデフォルトでした。^^; 

あと、広い店内でお客もそれなりに入るのですが、サーブしている人が2人で、厨房にもそれほどいる感じではなかったので、料理が出されたり食べ終えた後のテーブルの後片付けも少し時間がかかるようでした。

ランチの値段はリーズナブルでよかったのですが、もう少しお店のウリをフォーカスしたほうがいいのかもしれません。すみません。今日は少し辛口になってしまいました。^^;

どうもご馳走様でした。

アルフォルノ(Al Forno)
TEL 075-621-0278
京都府京都市伏見区竹田中内畑町2
11:30~14:00
18:00~22:30 
土日祝
11:30~15:30
17:30~22:30
月曜休(祝日の場合翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

ラヴィーヴ (21)

そこの女性シェフが「ラ・ヴィーヴ」で働いていたということをお聞きして、久しぶりに「ラ・ヴィーヴ」に行ってみることにしました。

前回は3年前にお邪魔していますね。人気のお店なので、週末に行くときは数日前に予約して伺います。
ラヴィーヴ (5)

4月下旬のいいお天気の日だったので、テーブル席ではなく、窓際に設置されているカウンター席に座ります。
ラヴィーヴ (7)

新緑がきれいです。

ランチコースは何種類か設定されていますが、今回、午後一にアポがあったので、早目に食べ終えることが出来るベーシックなコースにしました。

パスタランチとピッツァランチは1,100円(税抜)です。こちら、平日なら1,000円(税抜)と更にお得になっています。

値段を見て、あれ?こんなに安い設定のランチコースあったっけ?と思い、帰って調べてみると、5年前に同じメニューを食べていて1,365円でした。

ただ、デザートが今回は別料金になっています。

セットにはサラダ・本日のスープ・自家製ベーカリー・コーヒーまたは紅茶が付いてきます、
 
この日のパスタは、「カツオとオリーブのトマトソーススパゲッティ プッタネスカ」「鶏むね肉の和風ソーススパゲッティ」、そしてお店の定番で一番人気の「渡り蟹のトマトクリームスパゲッティ」という3種類から選びますが、「渡り蟹のトマトクリームスパゲッティ」のみ+216円(税込)の追加料金が必要でした。

ピッツァのほうは、「新玉ねぎとツナ・コーンのトマトソース」と「竹の子と照り焼きチキンの味噌マヨネーズ」の2種類となっていて「竹の子と照り焼きチキンの味噌マヨネーズ」のみ+216円(税込)の追加料金が必要でした。

我々はパスタでは「渡り蟹のトマトクリームスパゲッティ」を頼み、ピッツァでは「新玉ねぎとツナ・コーンのトマトソース」を頼み、2人でシェアして食べることに。
ラヴィーヴ (9)

まず運ばれてきたのは、自家製ベーカリーのフォカッチャ。
ラヴィーヴ (10)

本日のスープ「新玉ねぎのポタージュ」は、新玉ねぎの甘みが出てて美味しかったです。
ラヴィーヴ (11)

お次に出されたサラダです。

そしてメインのパスタ。
ラヴィーヴ (13)

「渡り蟹のトマトクリームスパゲッティ」は昔から設定があるお店の定番パスタの一つで一番人気です。

香箱ガニの漁の期間中は、渡り蟹が香箱ガニになります。

何れにせよ、カニの旨みがトマトソースに染み込んで、汐の香りとうま味がしっかりと入ったパスタになっています。

まぁ、入れられている渡り蟹の足や付け根のところは、それほど身を食べるようにはなっていなくて飾りだと思ってください(笑い) 。もちろん、噛んでうまく身を穿れば大丈夫です。

甲羅に入っていたカニ味噌や足の身は、ソースの中にたっぷり入っていますので、パスタに絡ませて食べれば、口の中はカニモード満開になります。
ラヴィーヴ (15)

ピッツァの「新玉ねぎとツナ・コーンのトマトソース」がこちらです。

石窯焼きのモチッとしたピッツァで、新玉ねぎの甘みがトマトソースに合います。

あと、セットに+324円で、こちらの自家製デザート盛り合わせ追加しています。
 
ラヴィーヴ (16)
パイナップルのケーキとガトーショコラ、フルーツです。
ラヴィーヴ (18)

飲み物は私は紅茶。
ラヴィーヴ (19)

妻はコーヒーを頼みました。
 
ラヴィーヴ (20)
帰りにお勘定を済ませたあと、小中チーフが挨拶に出てきてくれました。お元気そうですね。

「ラ・ヴィーヴ」はランチから本格ディナーまでお手頃な値段で楽しむことが出来るし、そしていつも美味しく豊かな気持ちにさせてくれる素敵なお店です。ご馳走様でした。

ラ・ヴィーヴ(La Vieve)
加賀市片山津温泉丁12-1
 かぼちゃ村ビル
TEL 0761-74-8566
11:30~14:30(L.O.)
17:30~22:00(L.O.)
火曜休(カレンダーによって変更有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

小松は意外とイタリア料理のお店が少ないのです。

このことは前にもブログで触れたことがありますが、そんな小松にも久しぶりにイタリア料理の新しいお店が3月1日に誕生しました。
 
場所は大領中町。最近、このあたりには私のブログでも過去に紹介しています「BRIDGE(ブリッジ)」や「CAFE CERCLE(カフェ セルクル)」などのカフェのお店も出来ていて、何となくあか抜けた?感じがしてきたと言えるかもしれません。
ARU

お店の名前は「ARU」。「ARU」の意味は「人と人の繋がる場所がここに在る」ということ。

住居と店舗一体のお店として新築をされています。

シェフは女性の方で小松市出身。旦那さまは千葉の方で、お聞きすると東京のお店で働いていらっしゃったときに知り合い、結婚されたようです。

ということは、旦那さまは奥さまの生まれた地へ引っ越してきたことになります。旦那さまはソムリエの資格を持っているようで、店内に大きなワインセラーを備えていて、もちろんワインの種類も豊富でした!

ちなみにシェフは石川に戻った後、片山津温泉の「ラ・ヴィーヴ」で働き修業を重ね、その上でめでたく独立されたようです。
ARU (2)

店内は明るく、自然の素材で暖かいテイストの家具は、たぶんですが、加賀市の「NEUTRAL」というオーダー家具のところで作ってもらっているものだと思います。

それに食器類も作家さんにオーダーしているのでしょう?空間も含めたお店全体が女性オーナーらしいこだわりを感じます。

そして、食材も地元の南加賀はもちろん、北陸の食材がメインのこだわりのイタリア料理を楽しめるお店になっているのです。

さて、私たちは4月初旬のとある土曜日、ランチにお邪魔しました。。
ARU (3)

そしてカウンター席に座りましたが、キッチンはオープンキッチンで料理の過程が丸見えです。
ARU (5)

行った日のランチメニューは3種類。パスタコース、メインコース、フルコースとなっていました。

ベーシックなパスタコースはサラダ・前菜・パスタ・デザート・飲み物となっていて1,400円(税込)。

メインコースは、上記にメイン料理が付いていて、サラダと前菜が合体して盛り沢山な前菜盛り合わせに変更されている内容で2,200円(税込)。

フルコースはメインが和牛のステーキになり、パスタが2種類付いていて3,000円(税込)です。こちらは要予約です。

各々、パスタは6種類。メインは4種類からチョイス出来るプリフィックススタイルとなっています。

さて、我々はこの中から2,200円のメインコースをお願いしました。なお、メニューにはパスタは「本日のパスタ」となっていますが、毎日メニューが変わるかについては確認していません。
ARU (8)

まず、自家製のパンが出されます。フォカッチャです、
ARU (15)

アンティパストの「前菜盛り合わせ」は、一番上の左から。パルマ産生ハム・しらすのフリッタータ(イタリアンオムレツ)・桜鯛のカルパッチョ・スナップエンドウの抹茶のマヨネーズ・千葉県の農家の野菜のサラダ・わかさぎのエスカベッシュ・加賀れんこんのマリネ・トマトとジェノベーゼソース・アスパラと菜の花のソテーという多くの種類が盛られていてうれしくなります。

少しずつの違った味を楽しめて、かつ、どれも美味しい前菜でした。
ARU (12)

スープは新玉ねぎのポタージュ。新玉ねぎのしとやかな甘さを感じられるスープでした。

そしてプリモ・ピアットの「パスタ」。私は「スナップエンドウのジェノベーゼ」を頼みました。
ARU (18)

シンプルな構成のパスタで、バジルと塩のうま味、そしてスナップエンドウの食感、いい感じに仕上がっています。
ARU (19)

妻は「いろいろ魚介のペスカトーレ」。エビ・ムール貝・あさりなどの魚介もたっぷりで、生トマトベースの酸味のソースもほどよく美味しいペスカトーレでした。

セコンド・ピアットのメイン料理は、私は4種類のうち唯一の魚料理だった「あから八目(あからばちめ)とあさり・トマトのグリル」。
ARU (22)

あから八目は正式名称はメバル。こちらでは単にアカラと呼びます。食べるとき小骨に注意しないといけない魚ですが焼いても煮ても美味しいので、我が家でもよく食べますね。
ARU (24)

いい塩梅に焼かれたあから八目の下にはたっぷりのあさりと、焼かれてうまみと甘みが際立っている一個丸ごとトマトが隠れていました。トマトは食べるときにはやけどに要注意です。
ARU (21)

妻はかほく市の河内物産の「健康鶏」のソテー。添えられているのはレモンのソースです。酸味のきいてさっぱりと食べることが出来ます。
ARU (25)

デザートは「イチゴのパンナコッタ」でした。
ARU (27)

飲み物はコーヒーか
ARU (28)

紅茶が選べます。

この内容で2,200円はお得です。味の面でも満足できました。

満席で17~18名ほど入れるのですが、シェフがほぼ一人で料理を作っていました。オープンキッチンで働いている姿はめちゃ手際がよくスピーディでした。感心しました。

また夜にもお邪魔したい、個人的におすすめのお店の一つです。ご馳走様でした。

ARU
石川県小松市大領中町1-227
TEL 0761-46-5761
ランチ11:30~14:00(L.O.)
ディナー18:00~22:00(L.O.)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

何だか近年は毎年1年に1度の訪問となっています、小松の人気のお店「クッチーナ」。
クッチーナ (8)

小松には、イタリアンのお店が意外に少ないのですが、こちらの「クッチーナ」はピッツァリアとカフェが一緒になったような感じのお店です。

私はもう25年ほど前からお邪魔していて、今のオーナーシェフのたつやさんが若かりし?ころから、たつやさんのお母さんの静代さんの、古着を使った人形に魅せられておりました。妖艶でまるでそのまま動き出しそうな姿に驚きを覚えたことが今でも思い出されます。「キツネの嫁入りシリーズ」なんてのは秀逸でしたね。

さて、3月のとある日曜日の正午前にお店に入ると、すでに駐車場はほぼ満車状態。当然店内も満席に近かったです。
クッチーナ (3)

一番奥の大きなテーブルの席(ジャイアント)に座ります。久しぶりですが、昔はいつもこのテーブルでランチを食べていたのを思い出します。

この日は脳内はパスタモードで、まずはパスタのメニューを見ます。
クッチーナ (2)

「クッチーナ」はパスタの種類が豊富なのがうれしくて、いつも何を食べようか悩むほどです。
クッチーナ

この日も、「本日のおすすめパスタ」を眺め悩み、最終的には基本メニューの中の「トマトソース」から久しぶりの「ペスカトーレ(1,470円)」を頼むことにしました。
クッチーナ (6)

個人的にはクッチーナでパスタを食べるときは、トマト味を頼むことがほとんどです。出されたのがこちら。

魚介もたっぷりで、その魚介の旨みがソースに染み出ていますね。

そしてもう一品。ピッツァも頼みます。
クッチーナ (4)

こちらのほうは、おすすめの中から選んだ「アンチョビと青じそ(1,300円)」。クリスピータイプのローマピッツァです。

混んでいましたが、薪窯で焼き上げるので短時間で焼き上がり、パスタより早く出されました。

アンチョビの塩気が効いていて、チーズのうま味と合います。

このピッツァと先ほどのパスタを妻と二人でシェアして食べましたが、ピッツァがクリスピータイプだったので、お腹8分目でちょうどよかったです。

しかし、店内はずっと混み合っていて、食べ終わって出るころには何人か待っている人がいました。相変わらず人気ですね。ご馳走様でした。

クッチーナ
石川県小松市城南町106-2 
TEL 0761-22-3775 
11:00~22:00(L.O.21:30)
ランチタイム11:30~14:30(日祝は無し) 
木曜,第4水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

珍しく一人で出張があり、新横浜に宿泊した日の夜に食べたものについて書きたいと思います。

お店の名前は「マルデナポリ 新横浜店(MAR-DE-NAPOLI)」。新横浜駅の近くにそびえ立つ円形の新横浜プリンスホテル。そこに隣接しているショッピングモール「新横浜プリンスペペ」の1階にお店はあります。
マルデナポリ (17)

こちらはプリンスペペの店内側の入り口です。ブルーを基調にしています。
マルデナポリ (14)

外に面しているほうはこんな感じです。ピッツェリアなのでカジュアルなお店です。
マルデナポリ (5)

これから暖かくなると、テラス席で一杯なんてのもいいでしょうね。

店名の語源はイタリア語で「MARE-DI NAPOLI(マーレ・ディ・ナポリ)」。「MAR-DE NAPOLI」はナポリの海辺とか浜辺という意味です。

ここは東京・神奈川に7軒、松山や長野にもお店があります。
マルデナポリ (4)

さて、平日の夜、19時ごろに一人でふらりと予約もせずにお店に行きました。この時間店内は空いていたので、ご覧の4人掛けのボックス席に案内されました。
マルデナポリ (35)

ただ、翌日の夕方に通りかかったら、お店の前の椅子にずらりと順番待ちの列が出来ていました!それも若い女性客がほとんど。人気のお店なのです。
マルデナポリ (3)

許可をもらい店内を撮影。厨房には、大きな薪窯がデン置かれて存在感を出しています。

個人的には、いつもは酒のつまみでピッツァを食べる方が多いので、いわゆるクリスピータイプのほうがお腹が膨れないから好きですが、元々イタリアのピッツァは、元祖と言われるナポリピッツァのようにふんわり、もちっとしたものが多いのです。

ピッツェリアに来たからにはピッツァを頼まないわけにはいかないので、最後に頼むつもりで入りました。

では、お店で頼んだものについて書いていきたいと思います。
マルデナポリ (6)

まずは生ビール。ハイネケンの生(税別550円)です。

一緒に頼んだのはアンティパスト。「本日の前菜の盛り合わせ5種(税別1,200円)」です。内容はシェフのおまかせになっています。生ハム、本日のゼッポリーネ(この日は青のり)、本日の鮮魚のカルパッチョ(この日はヒラメ)など。
マルデナポリ (7)

ゼッポリーネとはナポリの郷土料理で揚げピザのことです。サクサクというよりモチッとした食感で塩気もほどよく効いていて美味しかったですよ。
マルデナポリ (9)

シーザースサラダはハーフ(税別580円)でお願いしました。大きめのクルトンとカリカリのベーコンがアクセントになっています。
マルデナポリ (11)

生ビールの次のアルコールは白ワイン「ナポリビアンコ(税別480円)」を頼みます。

白ワインの量、多かったです。グラスが大きめでした。うれしいのはうれしいのですが、これで最後に赤を飲むのをやめました。^^;
マルデナポリ (12)

さて、最後に頼んだのはもちろんピッツァ!イタリアンピッツアといえば「マルゲリータ(税別1,180円)」!ナポリの代表的なピッツァですね。

トマトソースとモッツァレラチーズとバジル。定番のシンプルな具材ですが、これが美味しいのです。少し塩気がきいたピッツァでした。

以上、飲み食いして締めて4,310円。コスパ的にもいいし、味も美味しかったし、ピッツェリアなのでカジュアルに一人でふらりと行ってまったりできる感じのいいお店でした。ご馳走様でした。

マルデナポリ 新横浜店(MAR-DE-NAPOLI)
神奈川県横浜市港北区新横浜3-4
 新横浜プリンスペペ 1F
TEL 045-477-3855
11:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ