あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: イタリアン・バール

お久しぶりシリーズですが、今回は何と!12年ぶりの紹介になります。

野々市にある「トラットリア イルガッビアーノ」は、金沢尾山町の「コルサロ(Corsaro)」の金山さんが経営するお店です。

金山さんはイタリアのシチリアや東京のイタリア政府公認のレストラン「ラ・ビスボッチャ」などで働いていたかたで、いつも本場イタリアの味を楽しませてくれます。


今回、「イルガッビアーノ」には12年ぶりの訪問でした。
イルガッビアーノ

前回はディナーにお邪魔しています。ちなみに、ランチでは13年半ぶりですね。

現在は、金山さんはコルサロに専念されているようで、こちらのお店のほうは別な方に任せています。

お店はトラットリアなので、気軽にワイワイ食事やお酒を愉しむことが出来ます。
イルガッビアーノ (2)

この日は土曜日で当日に予約を入れて11:30のオープンと同時にお店に入りました。
イルガッビアーノ (6)

店内は12年前と変わっていませんね!?
イルガッビアーノ (4)

ランチ(プランゾ)は2種類で2,500円(税別)の「ANSONICA(アンソニカ)」と3,500円(税別)の「MANIFICA(マニフィカ)。違いは前菜盛り合わせが付いているかいないかです。
イルガッビアーノ (3)

パスタ6種類とメイン3種類からチョイスするようになっていました。

私はこの中から、パスタは「アサリと万願寺とうがらしのスパゲッティ ビアンコ」を頼みます。
イルガッビアーノ (7)

いわゆるボンゴレ・ビアンコに万願寺とうがらしプラスということですね。

大きなアサリです。ニンニクがきいていました。

妻のほうは「イワシとズッキーニのバジルペースト タリアテッレ」。
イルガッビアーノ (10)

バジルペーストが思ったよりたっぷり使われていました。私も少し食べましたが、タリアテッレに絡んで美味しいです。
イルガッビアーノ (9)

パンはフォカッチャ。
イルガッビアーノ (11)

メインは私は、「本日の鮮魚のソテー セミドライトマトソース」。魚はこの日は鯛。ソテーされた鯛の下にはズッキーニがたっぷり敷かれていました。
イルガッビアーノ (13)

妻のほうは「鶏もも肉のロースト にんにく ローズマリー風味」です。
イルガッビアーノ (15)

ニンニクとローズマリーの風味がきいていたようです。
イルガッビアーノ (16)

ドルチェは、これは選ぶことは出来なくて、「チーズケーキフルーツゼリー寄せヨーグルトジェラート」でした。
イルガッビアーノ (17)

ドリンクも付いていて、我々はエスプレッソです。

金山さんは、塩気と味のパンチがきいた料理だったような気がしますが、いまのイルガッビアーノのシェフはパスタとメインとも、どちらといえば上品な味付けでした。でも日本人の舌にはあう味付けだと思います。

久しぶりに訪れたイルガッビアーノ。シェフが金山さんと違うようになってから初めての訪問で、味も少し変化していましたが、やはり本格的なイタリア料理を楽しめるお店でした。ご馳走様でした。

イルガッビアーノ
石川県野々市市位川273
 KSビル1F
TEL 076-248-0081
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お盆休みに軽井沢へ日帰りで行ったことは先日書きました

今回から軽井沢で食事をしたりお茶したりしたお店を紹介していきます。

まずはランチ編です。

六本辻のロータリーのところにあります「マジカメンテ ビバッコ」。カジュアルイタリアンのお店です。
マジカメンテ ビバッコ (3)

ネットでも予約することが出来ましたが、混雑期のランチタイムは11:30のみ予約可能ということで、その時間になりました。
マジカメンテ ビバッコ (2)

自然に囲まれたレストランで、店内はガラス張りのウッドデッキ。開放的で気持ちのいい空間でした。
マジカメンテ ビバッコ

我々はこちらの明るいテラス席に案内されました。
マジカメンテ ビバッコ (8)

都会ではなかなか無い環境でランチを愉しむことが出来ます。
マジカメンテ ビバッコ (4)

ランチは、基本は「信州食材にこだわった前菜盛り合わせ」とパスタ5種類からのチョイスのパスタランチ(税別1,980円)になっていて、ドルチェやドリンクなどは別料金です。

今回は他でも色々飲み食いしたいので、この方がありがたかったです。

まず出されるのが「信州食材にこだわった前菜盛り合わせ」です。
マジカメンテ ビバッコ (10)

この日は「有機野菜のインサラータ」「インサラータ・ルッサ」信州高原トウモロコシを使った「冷製ズッパ」イタリアヴェネト産サラミの「ソプレッサ・バッサ」となっていました。
マジカメンテ ビバッコ (12)

「インサラータ・ルッサ」は、ルッサはロシヤのことなので「ロシアのサラダ」ということ?つまりは信州産有機じゃがいものイタリア版ポテサラということです。

添えられているパンは中軽井沢ンのパン職人halutaさんのライ麦パン「マータロ」。カンパーニュです。

生産者から直送の無農薬有機野菜を使った安心安全な食材をモットーとしているのがうれしいです。

パスタは私はキュウゾーニというサフランを練り込んだサルディーニャ島のショートパスタを使った「サルシッチャ・ロッソ」を頼みました。
マジカメンテ ビバッコ (13)

佐久市オレイン豚で作る自家製サルシッチャとキノコをトマトで煮込んだソースですが、これが美味しかったです。自家製サルシッチャとキノコがいいうま味を出していました。

妻のほうは、「信州サーモンのクリームソース」です。
マジカメンテ ビバッコ (14)

こちらのパスタ「シュペッツレ」は、ほうれん草と地粉で作るトレンティーノ風小粒のニョッキです。名前がドイツ語でドイツ、オーストリア、アルザス、南チロル地方に伝わる料理で使われるパスタらしいです。

佐久穂町の八千穂漁業、佐々木さんの信州サーモンと無農薬キャベツのクリームソースで、私も少し食べましたが、シュペッツレとシャキッとしたキャベツの食感の違いが面白く、ソースも美味しいパスタでしたね。

あとドリンクは、こちらの赤ブドウジュース(税別600円)を別に頼んでいます。濃厚なブドウジュースでした。
マジカメンテ ビバッコ (11)

緑に囲まれた静かな空間で、石川ではなかなか食べることが出来ない種類のパスタ!そして味の面でも美味しいイタリアンをリーズナブルに楽しめる「マジカメンテ ビバッコ」。ランチにおすすめです。ご馳走様でした。

マジカメンテ ビバッコ
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1323-1387
TEL 050-5595-2593
11:30~15:00(L.O.14:00)
17:00~22:00(L.O.21:00)
月曜・隔週火曜休(夏季冬季期間を除く)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

阪神百貨店が今年6月1日、第一期棟が先行オープンしました。

それに伴い「食の阪神」をより強く打ち出すことになったようです。

私が大阪に住んでいた時から地下の食品売り場にはとてもお世話になりました。今回建て替えになったので行きましたが、6年ぶりぐらいになります。
阪神百貨店 003

ちなみに上の写真は、旧スナックパーク内を9年前に写した写真です。
スナックパープ (2)

建て替えられた第一期棟はモダンな外観ですね。右側では2期工事が進行していました。
阪神百貨店

1階には週替わりでパンのお店が変わるという「パンワールド」。食パンのセレクトショップがあったりするスペースもありましたね。
スナックパープ (3)

そして地下に降りると、目的の「スナックパーク」のエリア。
スナックパープ (11)

旧スナックパークにも入っていた「阪神名物 いか焼き」「ちょぼ焼き」「御座候」「うまかラーメン」「玉子丸」。そして新顔の「カドヤ食堂」「立ち食い魚 ふじ屋」「肉焼き みらく」「とり天うどん てんぼう」「天ぷらの山」「焼きスパ&ワイン ローマ軒」「魚がし 日本一」などが軒を並べています。

さすがに新築なので、前に比べたらずいぶんきれいになりました。
スナックパープ (10)

最初、「阪神名物 いか焼き」を食べようと思って向かったのですが、すごい行列で諦め、「スナックパーク」を一通りまわって選んだのが「焼きスパ&ワイン ROMA-KEN」です。
スナックパープ (9)

どちらかといえば、和系のお店が多い中で、ワインと焼きスパをウリにしていて、おつまみも洋系。今回の大阪出張での夜は和食系のところばかりに行ったので、最後は洋食系もいいかな?と思い入りました。

このあと、もう一軒行く予定をしていたので、軽めにします。
スナックパープ (5)

38度超猛暑の日だったため、無性に生ビールが飲みたかったこともあって、角打セットの生ビールセット(600円)をお願いしました。

前払いでオーダーします。セットは「合鴨ロースト」「枝豆ペッパー」「串カツレツ」「ドイツの生ハム」「ポテトサラダ」「カポターナ」「カマンベールチーズ」から3種類を選ぶことが出来ました。

ちなみにビールではなく、ワインだとワンコインの500円で楽しむことが出来ます。

私がチョイスしたのは、こちらの3種。「ポテトサラダ」「枝豆ペッパー」「ドイツの生ハム」です。

少量ずつですが、小さめのジョッキ1杯だと、この量で充分。色々楽しめて600円はお得でお勧めです。

本当は焼きスパも食べたかったのですが、次のお店のこともあったので諦めました。

新装なった阪神百貨店スナックパーク!どこのお店もお手頃値段で食べることが出来ます。またお世話になるでしょう!?ご馳走様でした。

焼きスパ&ワイン ROMA-KEN(ローマ軒)
大阪府大阪市北区梅田1-13-13
 阪神梅田本店B1Fスナックパーク
TEL 06-6345-1201
10:00~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢別院通りも最近新店が次々オープンしているエリアです。

こちらのお店は、ネット上でオープンしたことを知っていました。いつか行こうと思っていましたが、前に紹介した八木繁さんの篠笛のコンサートに行った後、小松に戻る前に軽く一杯やっていこうと思い、思い出したこちらのお店に空いているか確認したら、空いているということで駆けつけました。
夜木

別院通りの入り口付近にお店はあります。
夜木 (2)

昨年12月にオープンした新しいお店で、当然店内はきれいです。木と白が基調の内装と家具。

カジュアルな雰囲気で楽しめるお店になっています。

店内は1階にカウンター席と2人掛けテーブル2つ、4人掛けテーブル1つ。2階にもいくつかのテーブル席があるようです。日曜日の夜19:30ごろだったからか、お店は空いていました。

オーナーシェフの方は宮崎県延岡の出身で、金沢のイタリア料理店や和食店で腕を磨いていたようです。
夜木 (7)

まずは白ワインを頼みます。

この日は、15時から16時ぐらいまでクラフトビールのお店「Craft Beer Dive Futa's」で飲み食いしてきたので、それほどお腹が空いていませんでした。そこで料理のほうは野菜中心でお願いしました。
夜木 (8)

まずはお通しはナスの煮びたし。
夜木 (9)

サラダは、「ハモンセラーノのシーザーサラダ(950円)」というのがメニューにあったのですが、お願いして生ハムは抜いてもらいました。

朝どれ地物野菜を使用しているとのことで、確かに新鮮なのはよくわかりました。

そして続いても野菜メインの「アイオリの野菜(700円)」に「スモークしたタコ(480円)」をプラスしてあるものです。
夜木 (12)

アイオリとは、フランスのプロヴァンス地方やスペインのカタルーニャ州の伝統料理で、野菜や魚介をニンニクベースのマヨネーズにつけて食べる料理のこと。

色とりどりの野菜が目にも楽しいです。

スモークしたタコはそれほど燻されたものではありませんでしたが柔らかくていい味だしていましたよ。

最後に頼んだのは「能登ガキのこがしバター焼き(税別950円)」。
夜木 (11)

野菜ばかりではなく、最後は濃いめの味の料理で締めます。能登産の大ぶりの牡蠣が美味しいです。
夜木 (10)

飲み物は妻は白ワインを引き続き。私は最後が濃いめの料理だったのでハイボールを頼みました。

以上、飲み食いして7,000円弱。サクッと飲み食いするのはとてもいい感じのお店でした。おすすめです。

この日は、お腹がそれほど空いてなかったのであまり飲み食いできませんでしたが、次回はじっくりしっかり楽しみたいです。ご馳走様でした。

うみまち酒場 夜木(ヨギ)
TEL 080-3744-0428
石川県金沢市此花町2-4
17:30~翌1:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松駅近くにある「欧風食堂 LUCE(ルーチェ)」。
欧風食堂 LUCE

スイスのチーズフォンデュなどもメニューに書かれていましたが、基本的には地中海沿岸の国々の料理を味わえます。小松では他にないジャンルのお店だと思います。

オープンしてしばらくしてから伺ったことがありますが、その時以来、約4年ぶりに行ってきました。

前日の夜に予約を入れると、席は残り少ないような感じで、実際行ってみると同じ会社の方々でしょうか?グループのお客様が何組か入っていて、テーブルも2階席までフルに埋まっていました。

そのためかどうかはわかりませんが、料理をお願いする際、時間がかかるのでアラカルトの場合も順次オーダーするのではなく最初に全部オーダーしてほしいと言われました。

特にパエリアは時間がかかるので、ということでした。
欧風食堂 LUCE (2)

メニューはこんな感じです。
欧風食堂 LUCE (4)

欧風食堂、地中海沿岸の料理と言っても範囲は広いのですが、タパスやパエリアなどがおすすめなのでで、若干スペイン色が強いかもしれません。

前に伺った時は「おまかせ前菜盛り合わせ」といういわゆるタパスの盛り合わせがメニューにあったのですが、今回はありませんでした。
欧風食堂 LUCE (3)

まずは泡物を頼みます。スパークリングがグラスの設定があるのはうれしいです。トソ ブリュットで650円でした。
欧風食堂 LUCE (6)

まず出されたものは、メニューでお勧めと書かれていた「鮮魚のカルパッチョ(600円)」。この日は鯛、シンプルなカルパッチョでした。
欧風食堂 LUCE (9)

こちらはスペインの名物料理の「鱈のピルピル(700円)」。熱々でやけど注意です。
欧風食堂 LUCE (11)

スライスバケットが付いていて、上に乗せて食べます。
欧風食堂 LUCE (13)

「自家製オイルサーディン(500円)」を頼んだら大きなイワシを使っていました。骨まで軟らかくておいしかったです。
欧風食堂 LUCE (14)

こちらは「生ハムのスモーク(700円)」で、14か月熟成されたパルマ産の生ハムを使用しています。カシューナッツも添えられていました。ロゼワインがなかったのが残念。

そしてちょうどいい具合にパエリアが出来上がりました。
欧風食堂 LUCE (15)

前回に来たときと同じく漁師風パエリアにしました。小サイズで2人前ぐらいの量ですね。

魚介のうま味も染み出ていて美味しかったですよ。
欧風食堂 LUCE (12)

アルコールのほうは、白ワインのグラスとかハイボールを頼んでいます。
欧風食堂 LUCE (17)

グラスワインは赤白とも2種類の設定があったのがうれしいです。

この日はグループのお客様が多く満席状態だったので追加のオーダーは厳しいと判断して、これでおしまいに。

締めて一人4,300円ほど。コスパ的にはいい感じでした。

金曜日の夜で予約の段階で満席ということは、人気がある証拠でしょう。商売繁盛です。ご馳走様でした。

欧風食堂 LUCE(ルーチェ)
石川県小松市土居原町187-4
TEL 0761-48-4343
18:00~26:00(L.O.25:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ