あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:洋食系 > イタリアン・バール

羽咋市のプチドライブシリーズの最後のアップとなります。

この日、ランチは早い時間帯に妙成寺の前にある「そば処 浄楽」でそばを食べたのですが、途中で少し小腹が空いてきました。

家に戻る前に、おやつ替わりに軽く食べることに。

入ったのが「Pasta&Cafe ORANGE Garden(オレンジガーデン) 羽咋店」。
オレンジガーデン

外観です。

13:30ごろ到着したのですが、店内に入ると満席で数組の待ち。

ランチタイムのほぼ終わりの時間帯だったのでしょうが、人気のお店ですね。

約10分弱待って席に案内されました。
オレンジガーデン (18)

店内はリニューアルしているようで、テーブル配置はゆったり。

個室もたくさんあるようで、広いお店でした。

メニューです。
オレンジガーデン (4)

パスタ。
オレンジガーデン (5)

ピッツァ。
オレンジガーデン (6)

能登牛と能登豚のメニューも。
オレンジガーデン (7)

こちらはアラカルトメニューです。色々選べますが、何を食べようか少し迷いました。

我々は「石焼きパスタ(1,188円)」のマルゲリータ風を頼み、妻と二人でシェアして食べることにしました。
オレンジガーデン (14)

トマトとバジル、チーズがたっぷり。自家製特製ソースはトマトたっぷりで酸味がきいていて、そして熱々。
オレンジガーデン (15)

石焼きなのでなかなか冷めません。辛みが足りなかったので、途中でハバネロをかけて食べましたが、粗さが加わると熱さが倍増!これからの季節は避けたほうがいいかもしれません。
オレンジガーデン (16)

パスタはデュラムセモリナ100%の生パスタでもっちもちの食感でした。
オレンジガーデン (13)

あと「あみあみフライドポテト(363円)」も頼んでいます。サクッとした食感と、中はポテトのしっとり感が残ったビールに合いそうなフライドポテトでした。
オレンジガーデン (12)

ドリンクはアイスコーヒーを頼みました。

熱いものを食べた後には冷たいドリンクです。

これで二人とも満腹になり、ゆっくりと帰路につくことが出来ました。ご馳走様でした。

Pasta&Cafe ORANGE Garden(オレンジガーデン) 羽咋店
石川県羽咋市中央町キ54-3
TEL 0767-22-9981
11:00~22:00(L.O21:00)
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

私がよく行く小松市城南の人気のイタリアンカフェ「クッチーナ」。

今日久しぶりの紹介になります、福乃宮町のイタリアカフェ食堂「cocoon(コクーン)」は、そんな「クッチーナ」で働いておられた方が2007年にこちらに出したお店です。
コクーン (2)

9年ほど前に紹介したことがあります。その時はこの周辺には建物があまりなかったと思いますが、いまでは隣にもアパートが出来ていて、昔のようなまさに隠れ家のようなお店というイメージは薄れつつあります。

実は4月の桜のシーズンに一度飛び込みで行ったら満席で入れなかったことがあり、今回は事前に予約を入れて伺いました。

11:30の開店めがけてお店に到着。すでに数台の車が駐車場に止まっていて、何名かの女性のグループが雑談をしていました。
コクーン (5)

我々はオープンと同時に店内に入ります。最初だったので誰もいないうちに許可を頂き写真を写します。
コクーン (4)

その後次々とお客さんが案内され、すぐに店内のテーブル席は満席に。カウンター席は12時過ぎに埋まりました。

予約なしのお客さんは、前回の我々と同じように断られていましたが、相変わらず人気のようですね。

私以外は全員が女性客でにぎやかでした。汗
コクーン (6)

こちらがランチメニューです。

平日はお得なランチメニューの設定がありますが、日曜日はパスタかリゾットの単品に550円追加する「サンデーセット」ということになります。こちらは「お好きなパスタ・ピザメニューに+¥500でスープ・サラダ・ドリンクがつきます。※スープの代わりに、生ビールもOK」という具合です。

これらのランチの設定はクッチーナと似ています。
コクーン (7)

他にも単品メニューがありました。
コクーン (8)

パスタの種類が豊富です。
コクーン (9)

あとピッツァとリゾットの単品メニューです。

たぶん、お客さんの多くは日曜のランチタイムは「サンデーセット」でしょうね。

我々もパスタの「サンデーセット」にしました。

まず出されるのが「グリーンサラダ」。シンプルですが有機栽培の瑞々しい野菜でシャキッとした食感。ちなみに、お店で使われる食材は地産地消を基本にしているようです。
コクーン (10)

ドレッシングは自家製の胡麻ドレッシング。このドレッシングが美味しかったです。お店で販売もしていましたよ。
コクーン (11)

そして「かぼちゃのスープ」。甘くておいしいスープでした。

メインは私はパスタで「無農薬バジルのジェノベーゼソース リングイネ(1,320円)」。
コクーン (13)

バジルがたっぷり使われていて、リングイネはモチっとした食感でいい感じ。美味しいパスタでした。
コクーン (12)

妻は「ホタルイカとアンチョビのネギだくスパゲッティ(1,320円)」。
コクーン (14)

この時旬のホタルイカとアンチョビの塩気が効いたソースにネギの風味がプラスされて、こちらの方も美味しかったです。

両方とも白ワインを片手に食べたいパスタでしたね。

ドリンクは私は紅茶で妻はコーヒー。
コクーン (15)

紅茶は「大西進 テテリア」。コーヒーは「コーヒーカジタ」のオリジナルブレンドでした。

私の紅茶のほうは、マイルドなテイスト。器もいいです。

久しぶりに伺いましたが、多くの女性客に支持されているお店だと再確認できました。ご馳走様でした。

cocoon(コクーン)
石川県小松市福乃宮町2-86
TEL 0761-22-9009
金・土 11:30〜23:00 (LO22:00)
日〜水 11:30〜22:00 (LO21:00)
木曜・第三水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

一昨日紹介した「とやま鮨 空港店たねや」でランチを食べた後、お茶をしたお店の紹介です。

空港ターミナルビル2階の搭乗口の前にある「エアポートキッチン(AIRPORT KITCHEN)」というイタリアン&カフェ。

こちらのお店は小松市出身の方がオーナーのお店です。

小松空港2階にある「海とハクサン」を昨年1月にオープンさせていて、その時に富山きときと空港内にもお店があるということを知り、一度行ってみたいと思っていました。

たぶん、料理の構成は同じような感じで、ピッツァ・パスタ・ハンバーガーがウリです。「海とハクサン」には2度ほど行っていて、こちらこちらで紹介しています。

この日はランチは同じ富山きときと空港の1階の「とやま鮨 空港店たねや」で食べているので食べ物は頼みません。少しの時間、ドリンクを飲みながら休憩しました。
エアポートキッチン (2)

外観は、空港と空のイメージか、青が基調。
エアポートキッチン (7)

店内はゆったり目なソファー席が並ぶ、外観からは想像できないほどの広い店内。
エアポートキッチン (13)

しかし、コロナ禍で三分の一ほどは使用されていませんでした。

こちらのお店がいつごろからやっているのかは知りませんが、北陸新幹線が金沢まで延伸されて、富山きときと空港の利用者が相当減ったことは間違いないので、延伸前からあったのであれば、いまは経営的には厳しいのではないかと予想されます。

我々は窓際のソファー席に座ります。
エアポートキッチン (8)

いいお天気だったので窓からは立山連峰が一望できました。
エアポートキッチン (10)

メニューです。こちらはピッツァ。
エアポートキッチン (11)

パスタ。
エアポートキッチン (12)

ハンバーガーです。
エアポートキッチン (9)

そしてドリンクメニュー。

この日は4月の初旬にも関わらず夏日となる日だったので、私は冷たいドリンク「柚子ハニーソーダ(480円)」を頼むことにしました。
エアポートキッチン (15)

シロップの甘さの中にも柚子がたっぷり入っているすっきりとした飲み口でした。
エアポートキッチン (14)

妻は「アイスティー(380円)」を頼んでいました。

鮨で満腹だったのが残念で料理を頼むことが出来ませんでした。次回改めて機会があれば食べてみたいと思います。ご馳走様でした。

エアポートキッチン(AIRPORT KITCHEN)
富山県富山市秋ケ島30
 富山きときと空港ターミナルビル2F
TEL 076-481-6873
11:00~21:00(L.O.20:30)
水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

私のブログでは、これまで南加賀のお店については相当紹介してきました。

しかしながら、金沢エリアとなると、人口が多く、その分飲食店がたくさんあってまだまだ紹介してないところが多いです。

金沢は、街中はもちろんですが郊外にも魅力的なお店が色々あります。

今日は三馬にある人気の「バール」の紹介です。

ここは前々から気になっていたところでしたが、今回やっと伺うことが出来ました。

さて、英語で「Bar(バー)」といえばいわゆる「酒場」のことです。イタリア語の読みでは「バル」とか「バール」となるわけですが、「バー」ということで夜のお店みたいに思われます。
バール・ジェルソ

今日紹介します「バール・ジェルソ(Bar Gelso)」は、確かに夜は気軽に酒と肴を楽しめるお店だと思いますが、こちらはランチも美味しくお得に楽しめる「バール」として人気なのです。

この日は平日だったのですが、念のため予約を入れて向かいました。
バール・ジェルソ (3)

到着したのが12時少し前。先客はいませんでした。了解を頂き写真を写します。

店内は「バール」らしい店内です。

カウンター席とテーブル席。奥には、この手のお店としては珍しく?小上がりの席もあるようです。
バール・ジェルソ (5)

ランチメニューは「パスタランチ(1,300円)」1種類。
バール・ジェルソ (4)

ディナー用のメニュー。
バール・ジェルソ (6)
単品メニュー。

「パスタランチ」には「本日の前菜とサラダ」「パスタ」「パン」「ドリンク」が付いています。

+200円でデザートを付けることが出来ましたが、我々はパスしました。

パスタは3種類からチョイス出来ました。ただ追加金額が必要ないのは「明太子ソース」のみでした。

私は「ベーコン小柱のクリームソース(+400円)」。妻は「ナスと豚ミンチのアラビアータ(∔300円)」を頼むことに。

まず、「本日の前菜とサラダ」が出されます。
バール・ジェルソ (8)

色々な種類が盛られていますね。冷製ばかりかと思ったら、ちゃんと温かく食べるものは温かくされ出されています。サラダたっぷりで他も内容的に充実しています。特に鯖のスモークが美味しかったです。肉系は妻の胃袋に消えました。

そしてパスタが出されます。私の「ベーコン小柱のクリームソース」。ボリュームがあります。
バール・ジェルソ (10)

そして小柱がたっぷりで、クリームソースはトマトクリーム。クリームクリームしていなくてよかったです。
バール・ジェルソ (11)

バターとチーズのクリームソースだと途中で飽きてしまうのですが、このソースは量がそこそこたっぷりあったのですが、飽きずに最後まで食べることが出来ました。美味しかったです。

妻の「ナスと豚ミンチのアラビアータ」のほうは辛味が効いたソースでした。
バール・ジェルソ (13)

豚ミンチはざっくりしたものから細かなものまで色々入っていて、食感の違いなども楽しめたようでした。
バール・ジェルソ (12)

フォカッチャとオリーブオイルも出されました。
バール・ジェルソ (15)

セットについているドリンクは10種類方のチョイスでき、私はエスプレッソ。妻は「カプチーノ(∔50円)」です。

ランチは、本格イタリアンのお店にも負けないパスタの味と、追加料金が必要でしたが内容的にも満足できる「パスタランチ」でおすすめです。

遠いので夜はいけませんが、たぶん夜も美味しい料理を肴に美味しいお酒を愉しめるのだと思います。ご馳走様でした

バール・ジェルソ(Bar Gelso)
石川県金沢市三馬2-232
 グリーンハイツ1F
TEL 076-241-1134
11:30~14:30(L.O.14:00) 
18:00~23:00(L.O.22:30)
月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

日本人が好きなイタリア料理。

しかしイタリア料理と一口に言っても、日本に色々な地方があり料理の個性が違うように、イタリアも地方でテイストや味が違うわけです。

ピッツァだけを見ても、ローマやミラノ、ナポリなどで違うようにです。あんまりいい例えではないか……。

今日紹介するのはイタリアトスカーナ地方の料理を楽しむことが出来るお店です。

トスカーナ地方といえば、代表的な都市はフィレンツェ。ご存じルネサンス時代の中心都市。

私はイタリアには2度行きましたが、残念ながらフィレンツェには行ったことがありません。

お店の名前は「トラットリア クアクア(TRATTORIA QUA QUA)」。

イタリア語で「Qua Qua」は「ガーガー」という鳴き声とか「ここ、ここ」っていう意味なのだそうです。

大都市ではトスカーナ料理を楽しむことが出来るお店は色々あるのでしょうが、石川県ではあまり知りません。

また、イタリアでトラットリアとは、日本でいえば大衆向けのレストランのことですが、ただ「大衆向けのレストラン」と言っても範囲は広いようです。

ちなみに、ブログを書き始めてから最初のころの15年前にイタリアミラノに行ったときのことをこちらで書いていますが、リストランテとか他のイタリアの飲食店のことなど紹介しています。

こちらは前々から人気のお店だということは知っていましたが、少しだけ街の中心からは離れていることもあって、いままで行く機会がありませんでした。

さて、この日は珍しく平日少し遅めのランチタイム。念のため予約を入れて伺いました。
トラットリア クアクア (17)

外観はイタリアトリコロールカラーに近い?
トラットリア クアクア (16)

店内もイタリアンな感じ?です。

でも一番イタリアンな雰囲気を感じさせてくれたのは、カメリエーラ(言い換えればウエイトレスですが、その呼び方では彼女に失礼)の女性のかたでしょう。メニューを説明するときの発音からが違いました!

オーナーシェフの方は小松出身のようですが、イタリアトスカーナで11年半ほど働いておられ、2013年夏にこちらのお店をオープンさせています。
トラットリア クアクア (5)

ランチメニューはこちらの3種類。

我々は真ん中の「プランツォ(1,600円)」を頼むことに。前菜盛り合わせ、パスタ、パン、ドルチェ2種類、カフェまたはソフトドリンクという内容になっています。
トラットリア クアクア (9)

まずは前菜盛り合わせが出されます。

内容の説明がなかったので、いい加減なことは書けないので説明は割愛しますが、どれも美味しかったです。

全てが冷製ではなく、温かいものはちゃんと温かく出されました。ワインが飲みたくなりました。
トラットリア クアクア (8)

パンはフォカッチャです。これは美味しかったです。
トラットリア クアクア (3)

パスタは、普段あまり食べることが出来ないものということで、こちらのパスタのメニューから、私は「兵庫アナゴと黒オリーブのスーゴ 全粒粉のメッツィリガトーニ リヴォルノ風」です。
トラットリア クアクア (12)

リヴォルノ風とはトスカーナのリヴォルノの漁師料理で「タラをトマトソースやハーブと煮込む料理」なのだそうで、アナゴと黒オリーブを煮込んだスード(ソース)でした。

またメッツィリガトーニとは、メニューにパスタの実物が貼られてありますが、ショートパスタで形状はマカロニと同じように穴の開いた円筒状。外側には波状の筋が入っています。

アルデンテで、ソースを絡めて食べると口の中で魚介の風味が広がりました。とても美味しかったです。

妻のほうは「鶴来産ブロッコリーのくたくたソースのフジッリアンチョビ風味」。
トラットリア クアクア (11)

フジッリとは、小さく厚いらせん状のパスタのこと。日本ではカールマカロニかな?

あんまりソースがかかっていないように見えますが、私も少し食べましたが、ブロッコリーがいい仕事していました。
トラットリア クアクア (14)

最後のデザート。左側はパイ生地に近いようなケーキでした。
トラットリア クアクア (6)

ドリンクはこちらからのチョイス。私はアイスティー、妻はアメリカーノです。
トラットリア クアクア (15)

ランチだったのでスピーディに済ませましたが、本当ならば昼間でもワイン片手にゆったりとした食事を楽しむのがいいような内容でした。

1,600円でこの内容。満足度高しです。夜にもお邪魔したいお店でした。ご馳走様でした。

トラットリア クアクア(TRATTORIA QUA QUA)
石川県金沢市増泉2-7-11
TEL 076-272-8865
11:30~14:00(L.O.13:30)
17:30~22:30(L.O.21:30)
水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ