あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: イタリアン・バール

昨年末の12月、加賀市大聖寺にイタリアのワインや食材を扱う専門店「enoteca CEDRO STELLA(エノテカ チェドロ ステッラ)」がオープンしています。

知人のFacebookに出ていたのを見て、早々行ってきました。

場所は少しわかりにくいかもしれません。小松から行くと大聖寺の街中に入る手前あたり、菅生石部神社の斜め向かいになりますが、ナビに頼ったほうがよさそうです。
enoteca CEDRO STELLA

しかし、失礼を承知で書くのですが、このような場所に、それもイタリア食材のお店!と思ってしまいました。^^;
enoteca CEDRO STELLA (2)

お聞きすると、奥さまの実家の作業場をリノベーションしているそうです。

オーナーの杉田さんはイタリアのワイン・食材を扱う商社に11年勤務していたようで、イタリアのワインや食材については熟知していると自信を持って話されていました。
enoteca CEDRO STELLA (9)

イートインスペースもあって、店内でワインやチーズを楽しむことが出来ます。将来的には試飲試食会などのイベントもやりたいと考えているなど、もっと本格的な形にしたいというこでした。

もっとも車でしか行けないので、ワインを飲むためには代行を利用するか、タクシーで行くしかないのです。^^;
enoteca CEDRO STELLA (11)

きれいなお店で中に入ると、オープンのときの祝いの花が多く飾られていました。こちらは小松の「SHOKUDO YArn(ショクドウ ヤーン)」からのもの。
enoteca CEDRO STELLA (4)

温湿度管理のされたワインセラーにはイタリアのワインやビールがたくさんありました。 
enoteca CEDRO STELLA (3)

イタリア食材は、パスタ、オリーブオイル、チーズや生ハムの種類も豊富で、当然ご主人のこだわりチョイスです。
enoteca CEDRO STELLA (7)

加賀地方のイタリア料理のお店にとって、このようなお店があると重宝するんでしょうね?

ちなみに少し長めの店名の中の「エノテカ」はイタリア語で「酒屋」という意味。「チェドロ ステッラ」とは旦那様と奥様の名前をもじったそうです。
enoteca CEDRO STELLA (19)

買い求めたのはこれらの品々ですが、今回一番の目的はビッラ・フレア社のイタリアン・クラフトビールを買い求めること。

ノンフィルターの瓶内二次発酵の地ビールです。4種類ありましたが、軽めのから3種類を今回買い求めました。
enoteca CEDRO STELLA (24)

黄色はコスタンツァはブロンドエール(ゴールデンエール)です。

軽めのラガーのようなスッキリとした味わい。ホップの香りが楽しめました。
enoteca CEDRO STELLA (27)

青色のビアンカ・ランチャはベルジャンホワイトエールで、注いだときに少し白濁して、コリアンダーとオレンジのスパイシーな香りがします。
enoteca CEDRO STELLA (28)

緑色のフェデリーコⅡはIPAスタイルのストロングエール。

フレッシュですが苦い味わいで、最後に飲むと味わい深いです。あまり冷やし過ぎると美味しくないかもしれません。

我が家で使用しているオリーブオイル「アルドイノ エキストラヴァージン オリーブオイル フルクトゥス 750ml」も売っていました。
enoteca CEDRO STELLA (26)

このオリーブオイルと、買ったアンチョビで、この日の夕食はパスタ。
enoteca CEDRO STELLA (23)

あと黒部のヤギのチーズもありました。前に能美市のソリッソというイタリアンのお店でも、こちらのY&Coのチーズを使っていましたが、私はヤギのチーズ「La Capra(100gで1,300円)」は。ヤギ乳のみで作られています。3~5か月熟成しているセミ・ハードタイプでキャラメルのような風味があります。クセもなかったです。このチーズはその日のうちに全部胃の中に消えていきました。^^;

個人的には興味津々のお店です。今後も利用させていただくことになると思います。ご馳走様です。

enoteca CEDRO STELLA
石川県加賀市大聖寺敷地ル乙55番地
TEL 0761-75-7910
11:00~20:00



気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

年末のお休みのときSNSを見ていたら、インテリアデザイナーで書家でもあるkazuさんこと森秀一さんが素敵な絵をアップしていました。

それは、加賀市の人気イタリアン「カーサ フォルトゥーナ」に納品するkazuさんの書いた絵でした。

それを見て、今日のランチはここにしよう!と電話で予約。その後、妻と一緒に出かけてきたのですが、残念!ちょうどお店に入ると同時にkazuさんから返事が……。お店での公開は年明けになると……。^^;

気を取り直して、改めてお店の紹介です。
カーサ フォルトゥーナ

私がお邪魔するのは約10年ぶりになります。10年前のことはこちらに書いています

ここは、地元の食材をふんだんに使った創作イタリアンを得意にしていて、野菜は自家栽培をしています。

人気のお店で、この日も多くのお客さんが訪れていました。そのため料理が出されるのにも時間がかかっていました。(ちゃんと予約するときにその旨の告知があったのでノープロブレム)

お店の場所は加賀温泉駅の裏側、東へ1kmほど離れたところにあります。
カーサ フォルトゥーナ (8)

内部は10年前よりテーブルの数が増えていました。
カーサ フォルトゥーナ (5)

これは、昨年末までお店に飾られていたkazuさんの絵です。
カーサ フォルトゥーナ1

これが、いまはこんな感じのにかけ替えられていると思います。

実は、この絵に描かれている加賀カニごはんを食べたかったのですが、残念ながらこの日の分は予約でいっぱい。通常のランチメニューからチョイスすることに。

ランチは、プランツォ(プランゾ)が2種類。それ以外にコースもあります。

プランツォは「やさい畑のプランツォ(1,470円)」と「山の恵みプランツォ(1,970円)」で、私は「やさい畑のプランツォ」を、妻は「山の恵みプランツォ」を頼みます。

「山の恵みプランツォ」は、10年前に食べた時はメイン料理が魚と肉のどちらかを選べたのですが、この日は肉のみとなっていたので、私は「やさい畑のプランツォ」を頼みました。
カーサ フォルトゥーナ (9)

まず出されたのは、アンティパストとして「カーサ畑のカラフルごちそうサラダ」。

自家農園の野菜が使われています。あとリンゴなどのフルーツも入っています。ドレッシングにも柿や洋ナシのサワークリームドレッシングが使われていました。
カーサ フォルトゥーナ (10)

ボローニャハムは「山の恵みプランツォ」のみに付いてきました。このハム、グリルされていて香ばしさもあって美味しかったです。
カーサ フォルトゥーナ (14)

「山の恵みプランツォ」はパスタの前にも+一品「ポーク肩ロースのミニグルメ」が付いてきます。
カーサ フォルトゥーナ (11)

パンは能美市のたけもと農場のカルナローリというイタリア米を使用した「自家製イタリアパン クレッシェンテ」(とメニューには書かれていました)。

クレッシェンテとは「クレシェンティーナCrescentina)」のことでしょうか?クレシェンティーナは揚げパンですが、こちらはフォカッチャのようでした。ローズマリーがきいていましたが、米粉なのでしっとりというよりモチッとした食感ですね!?
カーサ フォルトゥーナ (15)

そしてパスタ。私は「あっさりオイルソース」。

具材はあさり(それで「あっさり」??^^;)と加賀市三谷の山野草サラダを自家製味噌で味付けされていました。グリルされたカブがよかったです。

オイルソースですが和風のテイストになっていて美味しかったですよ。
カーサ フォルトゥーナ (17)

妻のほうは、先ほどのパンでも使われていた能美市のたけもと農場のカルナローリというイタリア米を使ったリゾットです。

合鴨のパストラミととろけるチーズがいい仕事しています。温泉たまごも乗せられていますね。妻も美味しいといっていました。

こちらのお店は自家栽培野菜とグリルの使い方が秀逸です。
カーサ フォルトゥーナ (18)

デザートは、通常はご覧のようなプチデザートですが、+430円でぜいたくデザートに変更できるということです。
カーサ フォルトゥーナ (20)

5種類の中から選べましたが、妻が選んだのはこちらの「カーサ風旬のフルーツタルト」です。確かに色々手が混んでいてたくさんのフルーツを楽しむことが出来ました。

飲み物はコーヒー・紅茶・フレーバーティー・加賀棒茶・ハーブティー・エスプレッソの6種類から選びます。
カーサ フォルトゥーナ (22)

私は紅茶をお願いして、
カーサ フォルトゥーナ (23)

妻はミントのハーブティーです。 

10年ぶりに行きましたが、美味しいイタリアンを楽しむにはいいお店だと、改めて納得する次第。家からは遠いのでなかなか夜には行けないのですが、ランチにはまた行きたいと思います。ご馳走様でした。

カーサ フォルトゥーナ
石川県加賀市作見町ラ18-7
TEL 0761-74-5088
11:00~17:00
18:00~21:00
月曜・第3日曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

前はイル・コラッジオだったところに、昨年春にオープンした「キッチン カルロ」に行ってきました。

イル・コラッジオも手打ち生パスタで人気のお店だったのですが、なぜ閉店になったのでしょうかね?残念です。

私は、この場所のときは行っていませんが、前の場所の時に行ったことがあり、「ほうれん草のフェットチーネ」を食べ感動した覚えがあります。(残念ながら閉店後に記事は削除しました)
キッチン カルロ (14)

さて、「キッチン カルロ」は、そのイル・コラッジオ時代のお店をリニューアルしていますが、外観のイメージはそのままです。(内部は入ったことがないのでわかりません)
 
ウッドデッキのテラス席もありますが、冬の期間は使用不可です。^^;
キッチン カルロ (4)

内部もテーブルや席のレイアウトも柔軟に出来そうな感じで、色々な用途やシチュエーションで使い勝手もよさそうな気がします。
キッチン カルロ (2)

ランチメニューはパスタのセットが4種類。ピッツァが2種類設定されていました。各々、野菜の前菜・ミニドルチェ・飲み物、パスタにはパン2種類が付いてきます。

その中から私は「10種野菜と桜海老の八百屋さんパスタ(1,380円税別)」を頼むことにしました。
キッチン カルロ (5)

まず出された野菜の前菜がこちらです。野菜の前菜ということで安心していたら、肉の中で一番苦手な鶏のもも肉のハムが付いていました。^^;

こちらは妻の口の中へ。

そして運ばれてきたパスタがこちら。
キッチン カルロ (9)

揚げたての桜海老と色々な旬の野菜がオイルベースソースの中でハーモニーを奏でています。野菜それぞれの美味しさや旨みを感じますね。
キッチン カルロ (10)

麺はタリオリーニですが、見た目では若干の平打ちになっています。

妻のほうは「小海老とホタテの豆乳クリームソース(1,480円税別)」です。
キッチン カルロ (7)

幅広の太麺「タリアテッレ」を使用しています。これは北イタリアでの呼び方で中部イタリアではフェットチーネ。ボロネーゼでよく用いられるパスタです。
キッチン カルロ (8)

私も少し頂きましたが、モチッとした食感で生の手打ちの良さが出ていました。

キャベツのように見えますが白菜でした。生に近い状態で食感もサクッとした感じでした。
キッチン カルロ (6)

パンはフォカッチャともう一種類。フォカッチャはロースマリーがきいていて好きな味でした。 
キッチン カルロ (11)

飲み物はコーヒー、紅茶、ウーロン茶やコーラ・ジュースなどからチョイス出来ます。

私は紅茶、妻はコーヒーを頼みましたが、紅茶はダージリンでした。
キッチン カルロ (13)

ミニドルチェには、ガトーショコラとジェラート。

手打ちの生パスタを使用していることもありますが、このあたりの周辺のお店に比べると少し高めのランチかもしれませんが、イタリアンのお店としてはこの値段での「手打ちの生パスタ」として付加価値はあると思います。ご馳走様でした。

キッチン カルロ(Kitchen CARLO)
石川県野々市市御経塚1-474
TEL 076-259-6678
11:30~22:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

石川県は戦災や大きな震災にあっていないので昔ながらの町家(町屋)が多く残っていることで知られています。

特に金沢市では多く見ることができます。

そこで金沢市ではその景観保護と価値保存にむけて「金澤町家の保全及び活用の推進に関する条例」に基づき、金澤町家保全活用推進基本方針を出して、町家の保全に努めているのです。
はっち

町家(町屋)は住居として使用することはもちろんですが、リノベーションして飲食店に変わっているところも多くあります。今日紹介する金沢駅にも近い「金沢町屋 はっち」も、そんな町屋を粋なイタリアンレストランにしたお店です。
はっち (4)

内装は「和モダン」?お店のコンセプトにも合致している空間です。
はっち (6)

落ち着いた感じですが明るくカジュアルにまとめられていて、家具類もゆったりとくつろいで飲食が出来るようなものでした。
はっち (14)

ライトアップされた中庭には小さいながらも日本庭園。雪吊りも見られました。
はっち (32)

これは和紙の堀下さんという作家さんの「和紙あかり」です。

さて、オーナーシェフの日南さんは加賀市山代温泉の近くのお生まれ。イル・ガッピアーノ&コルサロの金山さんのところでも一時働いていらっしゃったようです。

最初は小松近辺でお店を出そうとして物件を探したそうですが、なかなか条件が合わずに断念。そしてこの金沢駅の近くで作りたいイメージに適した町屋を見つけて今に至っています。

金沢駅から歩いて5分程度で着けるので便利な場所だと思います。
はっち (31)

そういえば、小松での物件探しのときがご縁となって、いまお店で使われている食器類は小松の宮本泰山堂で揃えられたと話しておられました。

また、加賀市出身ということで食材も加賀のものを使うことも多く、魚介の仕入れは橋立港で水揚げされたものを直接仕入れているそうです。

お米は「加賀ティール」というコシヒカリの品種を無農薬栽培している加賀の農家。菌床しいたけは小松市滝ヶ原から仕入れていました。

これらは実際に日南さんがアルバイトしたりお会いしたりしたところと契約しているようです。生産者の顔が見えているから食材の良さや特徴をわかって調理できるのでしょうね?

そんな器類や食材を使ってのイタリア料理は、和食の技法も取り入れてのものになっています。
はっち (10)

まずはスパークリングで乾杯!「ガンチア・プロセッコ・スプマンテ」のミニボトルです。
はっち (16)

お通しは、車海老。お通しとしては珍しいです。

あわせて最初の料理として「はっち 前菜盛合せ(1,380円)」を頼みます。はっちのエッセンスが詰まっているようです。
はっち (17)

橋立港直送の真鯛とハチメ(だったかな?)のカルパッチョ仕立てや、イタリアのハム「モルタデッラ」、生ハムとモルタデッラのスライス、前述の加賀の農家のブロッコリー、パン屋たねさんのドライフルーツパンなどをちりばめた素敵な前菜でした。
はっち (20)

サラダは「旬のいろいろ野菜サラダ 自家製ドレッシング(880円)」。本当に色々な野菜が宝石箱のように散りばめられています。
はっち (21)

こちらはお店おすすめの「はっち春雨」。とても太い春雨です。初めてこのような太い春雨を食べましたが、もちもちで存在感ありまくりです。(笑い)
はっち (19)

とても美味しくビールに合いそうですが、我々は日本酒をここで1合頼みました。

この後、この日能登産の牡蠣が入ったということをお聞きし、少しご無理をお願いして、牡蠣を使って温製の料理を一品作っていただきました。
はっち (26)

パスタのメニューに「梅貝とフレッシュトマトのオイルソーススパゲッティ」というのがあって、そちらのスパゲッティ抜きのアレンジのようです。
はっち (22)

もちろん、お酒は白ワインです。
はっち (29)

最後は「能登豚のラグーソース パッパルデッレ(1,380円)」で締めます。
はっち (30)

このめちゃめちゃ幅広のパスタはパン屋たねさんの手打ちパスタを使っているということです。たねさんはパスタまで作るようになったんですね。

能登豚もミンチかと思ったら思いっきりぶつ切りでした。^^; これは「食べたな~!」ってな気のするパスタでしたね。(笑い)
はっち (27)

締めはもちろん赤ワインです。

以上、なかなか個性あふれこだわりの料理を、雰囲気のある空間で楽しめて、2人で締めて11,000円強。コスパ的にも良かったです。再訪したくなる一軒でした。ご馳走様でした。
 
金沢町屋 はっち
石川県金沢市本町2-18-26
TEL 076-254-5686
18:00~23:00(L.O.22:00)
月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

小松市の街中にも、和食だけではなく、洋系の新しいお店が出来てきました。

特にワインをウリにしているお店も、ポツリポツリとですがオープンしていて、外食の選択肢が広がっていくのはうれしい限りです。

実は、こちらのお店は10月18日にオープンしたのですが、関係者のお披露目があった日にちょうど前を通りかかったことで知りました。

最初、外見だけでは何のお店かわからなかったので、お店に張り出されていたチラシを見て、「ワインの酒場」であることがわかったのです。

その後、なかなか行く機会がなかったのですが、海外出張から帰ってきた日、妻が友人たちと外食だったために、家に帰る前にどこかで軽く済ませて帰ろうということで立ち寄ってみました。
mono

お店は街中の民家を改装したような造りです。行くときに小松駅の側から一人で夜歩いて向かったのですが、気が付かずに通り過ぎてしまいました。^^;

あれ?違う通りだったかな?と別な通りを歩いて探しても当然なく、再度反対側から歩いてやっと見つけることができました。^^;

後から考えると、最初通った時は18時のオープン時間前だったので、お店の入り口の灯りが付いてなかったために気が付かなかったのかもしれません?

こちらのお店は「世界各国のワインを始め、美味しいお酒と創意工夫に凝った欧風料理」を楽しめるところで、メニューを見ても、料理やワイン、そしてチーズの品揃えが豊富なようでした。
mono (3)

18時過ぎにお邪魔したら私が最初の客。一人だったのでカウンター席に座り、そして黒板に書かれているメニューを見渡します。
mono (5)

まず目についたのは、「あふれスパークリング」の文字。おっと!一杯500円!!これにしようということで頼んでみました。
mono (4)

日本酒のお店で、升にグラスを置きなみなみとお酒を注ぎ、グラスからあふれた酒が升にもたまるといった感じを思い起こす方もいらっしゃるでしょうが、まさにそんな感じです。

私も グランフロント大阪8Fの「チャオ ナチュレ(CIAO NATURE)」というイタリアンのお店で、「こぼれスパークリングDB」という同じようなのを飲んだことがあります。

量的には、普通のグラスワインの倍は注がれているでしょうか?それに500円という価格もうれしいです。

この日は、「ブランドール ブリュット」。

ただ、この「あふれスパークリング」は最高だったんですが、他のグラスワインは逆に注がれる量が少なかったのが残念でした。^^;
mono (13)

「あふれスパークリング」が強烈だったので、逆に少なく感じたのかもしれません。写真はポールローランの赤ですが、白も赤も同じような量でした。こちらは逆に普通のグラスワインの量の半分ぐらいだった気がします。

もっともグラスワインは400円からの設定だったのでとても安いのですが……。

まぁ、「あふれスパークリング」と合わせるとバランスが取れているといえばそうかもしれません。

貧乏性な私は最後の一杯に、また「あふれスパークリング」を頼んでしまいました。^^;

ちなみにグラスワインは白が2種類、赤が3種類設定されていたのはうれしいです。

では、食べた料理についても紹介したいと思います。

まずはタパス感覚で、1皿300円のこちらの2品。
mono (9)

アンチョビポテトサラダと
mono (8)

オリーブのマリネです。

そして、この日は11月のとても寒い夜(関東で積雪がった日)だったので、暖かいお料理を中心に頼むことにしました。
mono (10)

これは「こだわり野菜たちの温野菜 ハーブ塩で(880円)」です。なかなかよかったです。温野菜で甘みが引き立ち、色々な種類の野菜を楽しめました。
mono (11)

どこの野菜を使っているかは聞きませんでしたが、ほかの冷菜にも野菜のメニューが色々あったので、野菜にはこだわっているようです。
mono (12)

こちらは「ムール貝の白ワイン蒸し ハーブ風味(1,000円)」。たっぷりのムール貝が白ワインで香りの衣をまとって出されます。

ハーブ風味となっていましたが、緑色のスープには複雑な風味が感じられました。
mono (14)

「真いわしのオイル煮(500円)」です。運ばれてきたときも熱々のオイルでグツグツ煮たぎっていました。これも美味しかったです。
mono (15)

以上、色々飲み食いして5,000円強でした。

カウンターで一人で気軽に美味しい料理を肴にワインを楽しむのも良し。家族や仲間とワイワイやるのも良し。もちろん、熱々カップルでワイン片手に語るのもの良し。色々使い勝手の良さそうなお店でした。ご馳走様でした。

ワインの酒場 mono
石川県小松市土居原町302-1
TEL 0761-68-9312
18:00~26:00(L.O.25:00)
日曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ