あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:洋食系 > イタリアン・バール

加賀市にある「元気コミュニティー かぼちゃ村」には、同じグループ内の飲食店が並んで営業しています。
ラ・ヴィーヴ

欧風料理の「ラ・ヴィーヴ」、和食・居酒屋の「いちごいちえ」、カフェ「村カフェ アレコレ」、ケーキ・洋菓子の「ア・ポワン」などがあって、どこも人気のお店となっているのです。

私は特にビストロ「ラ・ヴィーヴ(La Vieve)」に行くことが多く、前回お邪魔した時のことはこちらで書いていますが、今回約3年ぶりの訪問となりました。

店内は多くの座席があるのですが、週末はいつも一杯。とても人気のお店です。実は今年の正月に行こうと思って電話したら満席で断念したことがありました。
ラ・ヴィーヴ (4)

久しぶりに店内の様子を撮影しました。
ラ・ヴィーヴ (7)

カウンター席からは裏の緑を眺めながらゆっくり食べることが出来るので、我々はカウンテー席に座ることが多いです。
ラ・ヴィーヴ (6)

ランチメニューです。
ラ・ヴィーヴ (8)

プレミアムランチは前からあったかな?期間限定となっていますね。

このランチメニューの中から私は「アルモランチ(税別1,600円)」。妻は「グルメランチ(税別2,200円)」を頼みました。

「アルモランチ」はサラダ・本日のスープ・メイン・ライスかパン・ドリンクという構成。
 
メインは、「鶏もも肉のコンフィ 生姜の和風ソース」か「鮮魚のオーブン焼き 季節野菜のソース」から選ぶことがきました。
 
ラ・ヴィーヴ (9)
最初に出されたサラダ。
 
ラ・ヴィーヴ (11)
本日のスープはカボチャーのポタージュ。甘くて美味しいです。
 
ラ・ヴィーヴ (13)
パンは自家製フォカッチャ。適度な塩気とオリーブオイル&ローズマリーの風味。好きなタイプのフォカッチャです。
ラ・ヴィーヴ (14)

メインは「鮮魚のオーブン焼き 季節野菜のソース」を頼みました。身が厚くジューシーに焼かれていました。
ラ・ヴィーヴ (17)

ドリンクは紅茶です。
 
妻の頼んだ「グルメランチ」のほうは、好きな組み合わせで楽しめるコースになっていて、地元食材のオードブル盛合せ・本日のスープ・自家製フォカッチャかライス・パスタ・メイン・デザート・ドリンクという豪華版。

「アルモランチ」と「グルメランチ」の値段は600円しか違わないので、「グルメランチ」のほうが相当お得な感じがします。
ラ・ヴィーヴ (10)

まず最初は「地元食材のオードブル盛合せ」が出されます。色々バラエティに富んでいますね。右上に見えるのは白子のフリット!濃厚でした。

スープとフォカッチャは私のと同じ。

パスタは、「香箱のトマトクリームソーススパゲッティ(+300円)」「生ハムとジャガイモのガーリックスパゲティ」「あさりのトマトソーススパゲティ」からチョイスできますが、ここは「ラ・ヴィーヴ」のスペシャリテと言っても過言ではない「香箱のトマトクリームソーススパゲッティ」を選ぶべきでしょう!?300円の追加料金がかかりますが。
ラ・ヴィーヴ (12)

出されたのがこちら。

私も少し食べましたが、香箱の身、内子と外子、ミソのうま味がソースに全部出ていてとても美味しいです。

行ったのは1月中旬で、すでに北陸では香箱漁は終わっていましたが、漁の期間中にある程度の量を仕入れて冷凍?もしくはまだ漁期間中の新潟産を使っているのでしょうか?

ちなみに香箱が終わると渡り蟹に変更になります。前回はそれを食べています。
 
ラ・ヴィーヴ (16)
メインは「牛ロース肉のステーキ100g(+200円)」「鶏もも肉のコンフィ 生姜の和風ソース」「鮮魚のオーブン焼き 季節野菜のソース」の3つから選ぶことが出来て、妻は「鶏もも肉のコンフィ 生姜の和風ソース」をチョイスしています。
ラ・ヴィーヴ (18)

そしてデザート盛り合わせです。
 
ドリンクはコーヒーを頼んでいました。

いつもながらの人気店は安定の内容と味の良さ、ボリューム。安心して楽しむことが出来ますね。ご馳走様でした。

ラ・ヴィーヴ(La Vieve)
加賀市片山津温泉丁12-1
 かぼちゃ村ビル
TEL 0761-74-8566
11:30~14:30(L.O.)
17:30~22:00(L.O.)
火曜休(カレンダーによって変更有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年3月にオープンした「京都ペペロッソ」にランチで再訪してきました。

1月3日のお昼に外食しようと、やっているお店を探していて、ちょうどこちらのお店に電話したらこの日より営業ということで予約を入れて向かいました。

前回、オープンして1か月ほど経過してからお邪魔しましたが、コスパのいいランチだったのでやっていてよかったです。
京都ペペロッソ

オープン時間の11:30の数分前にお店に到着、まだ車が1台も停まっていないときに外観を写して待っていると、開店前に次々に車が到着。その中には奈良ナンバーのレンタカーなどあり、どうも京都にお店があった時の常連さん?のような感じでした。

こちらがランチメニューです。
京都ペペロッソ (2)

ランチは3種類と変わらず。一番ベーシックなメイン(パスタ・ピザ・ドリアからチョイスはこちらも変わらず)にサラダとドリンクが付いたAランチが、消費税アップもあって税込1,100円と100円値上がり。Aにデザートが付いたBランチは1,380円から1,400円に少しの値上げをしていましたが、前菜の盛り合わせが付いたCランチは1,580円と値段が据え置かれていました。

我々3人はCランチをチョイス。

前回はパスタを食べたので、今回は私と妻はパスタとピッツァを頼んで、二人でシェアすることにしました。
京都ペペロッソ (3)

まずはペペサラダが出されます。

前菜の盛り合わせには、ブルスケッタ(ガーリックトーストのトマトのせ)とイタリアン キッシュ、そしてポテトサラダ。
京都ペペロッソ (4)

ブルスケッタはこちらのお店のウリだけあって、ほど良いトマトの酸味が心地よい味です。

メインのピッツァは「マルゲリータ」。
京都ペペロッソ (5)

一番ピッツァの中ではシンプンですが味の良し悪しがわかる「マルゲリータ」がおすすめです。

トマトソースが少なめでしたが、モチッとしたピザベースとモッツァレラの風味と食感がいい感じで仕上がっていました。

パスタは生パスタ使用の「きのこのポルチーニ風味 クリームソース」をチョイスしました。この生パスタは100円の追加料金がかかります。
京都ペペロッソ (6)

ポルチーニ風味となっていましたが、エリンギとしめじ、それと風味付けのため乾燥ポルチーニが入っていたかもしれません。
京都ペペロッソ (8)

生パスタは太さとしてはフェットチーネやタリアテッレほど?

クリーミーなソースなので、これらの太めのパスタと相性が良いですね。

ただ、やはり一人で全部食べるとちょっと飽きそうで、二人でシェアして食べたのでよかったです。
京都ペペロッソ (7)

息子が頼んだのは、私が前回食べた「アンチョビとレタスのペペロンチーノ」です。
京都ペペロッソ (9)

ランチセットの食後には小さなデザートとドリンクが付きます。

相変わらずのコスパの良さで、混雑してましたがサービスもスムーズでした。もうすぐ小松に移転して1周年を迎えますが、小松に根を張りいいお店になってきたのではないでしょうか?ご馳走様でした。

京都ペペロッソ
石川県小松市矢崎町ネ20-1
TEL 0761-48-4445
ランチ11:30~14:00(L.O.)
ディナー18:00~22:00(L.O.)
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

個人的な話ですが、子供が大きくなってからファミレスには行かなくなりました。

まぁ、地元のお店に行く機会の方がやはり多いですね。皆さんはいかがですか?

さて、そんなファミレスといえば、大手資本が運営する全国チェーンがほとんどです。

私のブログでは、全国的に展開している飲食店はあまり紹介していません。それは紹介しなくても皆さんのほうがよく知っているからです。

今回紹介する「ジョリーパスタ」というイタリアン料理の大手レストランチェーンは、ゼンショーグループの会社です。

今回、小松に新しいイタリアンのお店が出来たということで、珍しく書いてみたいと思います。
ジョリーパスタ (10)

場所は国道305号線の「和食麺処サガミ」の近く。建物は新築で、フォミレスそのものの外観です。
ジョリーパスタ (6)

店内もまさにそんな感じで、ターゲットであるファミリー層向けのインテリア。座席もボックスシートですね。
ジョリーパスタ (5)

こちらがパスタメニューです。
ジョリーパスタ (3)

パスタ専門店ですが、パスタ以外にもピザやドリアなどイタリアンメニューが色々揃っていました。

もちろんパスタの種類が半端なく、選ぶのに苦労するほどです。

我々はお店の名前に「パスタ」が付いていることから、やはりパスタを頼むことにしました。
ジョリーパスタ

せっかくなので普段食べることが出来ないようなメニューということで、「港町パスタフェア第1弾」という期間限定メニューの中から選ぶことに。

私はこちらの「港町サルデーニャのうにクリームソース(税抜1,190円)」です。
ジョリーパスタ (9)

サルデーニャはイタリアにある地中海に浮かぶ大きな島のことで、島なので当然新鮮な魚介がメインのパスタが有名。

ウニを使ったパスタはクリームソース系のが多く、ウニの濃厚な風味と相性がいいのでしょう?

この値段でウニの量がたくさん入っていました。そしてイクラもたっぷり。しかしながら866kcalとカロリー高めです。^^;

クリーム系ですが、最後まで飽きずに食べることが出来ました。

妻のほうは「イタリア港町ブイヤベース(税別1,290円)」。
ジョリーパスタ (8)

ブイヤベース風のパスタで、トマトベースの味。ズワイガニ、エビ、アサリ、ムール貝、イカなどたっぷり具が入っていて、そのうま味がしみているので美味しいです。

ドリンクやデザートなどは別料金で、ドリンクはファミレスのよくあるドリンクバーでした。

値段的にはそれほど安いわけではありませんが、食材がいいのと味の面でも良かったと思います。

さて、次はいつ行くかわかりませんが、小松にも色々な種類のパスタを楽しめるお店が出来たことはよかったです。ご馳走様でした。

ジョリーパスタ 小松店
石川県小松市園町ヌ73-1
TEL 0761-58-0622
11:00~24:00(L.O.23:30)
ランチタイム11:00~17:00(土日祝除く)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年秋に、東京池尻大橋の人気のイタリアン「ドン・ジョバンニ」というお店に行ったことをブログで書きました

「ドン・ジョバンニ」は、今日紹介します「イル ボッツォロ」のシェフが修業されていたお店なのですが、今回その報告?を兼ねて、昨年2月以来10か月ぶりにお店を訪問しましたので紹介したいと思います。
イル ボッツォロ

12月初旬の土曜日。師走にもかかわらずいいお天気で、比較的暖かい日でした。

週末のランチは予約が必須のお店で、我々は前日でしたが何とか滑り込みセーフ。

店内は薪ストーブが炊かれていて温かいです。

ランチのメニューです。
イル ボッツォロ (2)

ランチメニューはいつも通りの「プランゾA(税別1,500円)」と、スープとメインが付いた「プランゾ ボッツォロ(税別2,500円)」の2種類。

今回初めて「プランゾ ボッツォロ」を妻が頼んでみました。

「プランゾA」とは千円の違いですが、アンティパスト(前菜)に1品プラスになったり、追加料金のかかるパスタやドリンクでも追加なしok!さらにドルチェにも1品プラスされているなど、「プランゾA」でも相当お得感はあるのですが、「プランゾ ボッツォロ」のほうがもっとおすすめかもしれません。

しかし、メインが肉料理1種類のみの設定だったでパス。私は「プランゾA」にしました。
イル ボッツォロ (7)

まずアンティパスト(前菜)です。毎日の仕入によって内容が変わるのですが、この日は生ハム・ハム・サラミ。フリットの魚は寒サワラ。そしてグリーンサラダと車鯛が一切れ添えられていました。
イル ボッツォロ (8)

妻の頼んだ「プランゾ ボッツォロ」には、ギアラという牛の4番目の胃、別名「赤センマイ」とか「アカセン」とも呼ばれていますが、その煮込み料理がプラスで添えられています。
イル ボッツォロ (10)

「プランゾ ボッツォロ」コースに付いているスープは「小松産カブのポタージュ」でした。イタリアでスープのことをズッパと呼びます。

こちらは「プランゾA」には付いていないのですが、私は追加で頼んでいます。

パスタは、私は「ゴルゴンゾーラとマスカルポーネのクリームソース」。妻は「地物ヤリイカと小松菜のアーリオオーリオ」を頼んで、シェアして食べることにしました。ちゃんと半分ずつに分けて出してくれます。
イル ボッツォロ (13)

「ゴルゴンゾーラとマスカルポーネのクリームソース」はとても濃厚なソースで、両方のチーズの風味をうまくミックスされた味に仕上げてあるのはさすがでした。

ニョッキは少し小さめで柔らかく調理されていました。

そして黒い色のパスタ「地物ヤリイカと小松菜のアーリオオーリオ」が美味しかったです。

パスタはタリオリーニでイカスミが練り込まれています。そしてオリーブオイルに唐辛子を少し多めに辛さと香り付け。ニンニクの風味も効いていて、イカスミの味が引き立つようなソースに仕上げてありました。美味しいです。

妻のメインは「ペポーゾ」というイタリアトスカーナ地方の伝統料理で 「牛ホホ肉のキャンティワイン煮込み」。
イル ボッツォロ (16)

キャンティワインと粒胡椒でじっくり煮込んであります。脂身のない牛肉なら食べられる私も一口食べましたが、牛のホホ肉がとろっとろ。たっぷりかけられたスパイシーなソースが美味しかったです。

添えられている野菜は、ワイルドルッコラとも呼ばれているセルバチコです。ルッコラに似ているのでそう呼ばれていますが、ルッコラとは違う品種です。

あと料理と野菜の下に隠れてよくわからないかもしれませんが、下にはじゃがいもをペーストにしたものが敷かれていました。

パンはいつもの通りトスカーナパンとフォカッチャ。
イル ボッツォロ (9)

トスカーナパンには塩気がないのでスープやパスタ、またはメインの煮込み料理のソースにつけて食べると美味しいです。

最後のドルチェ。私は能美市の有名ブランド「国造(こくぞう)ゆず」を使ったパンナコッタと打越製茶の加賀棒茶ジェラートの2種類。
イル ボッツォロ (18)

「国造(こくぞう)ゆず」は農薬不使用、有機肥料栽培。なかなか手に入りません。
イル ボッツォロ (17)

妻にはクルミの入ったケーキが付いてきました。
イル ボッツォロ (20)

ドリンクは私はコーヒー。
イル ボッツォロ (19)

妻はカフェラテを頼んでいます。

ご主人はバリスタの資格をお持ちなので、ドリンクもおすすめですよ!

今回妻が食べた「プランゾ ボッツォロ」。初めて紹介することが出来ましたが、おすすめメニューです。ご馳走様でした。

イタリア料理 イル ボッツォロ
(iL Bozzolo)
石川県能美市仏大寺2番地
TEL 0761-58-0540
11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナーは予約制
月曜休(加えて不定休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

もう10数年前のことになりますが、小松から福岡に転居することになりました。

その時、福岡で美味しいお店を探すのに重宝した「福岡no街」というブログがあります。いまもページは残っていますが残念ながら更新は止まっています。

そして実際に福岡に住むことになり、その後グルメブロガー仲間とオフ会をしたときに彼と知り合いになり、何度か一緒に食べ歩きをしたことがあります。

私が大阪に移った後で、同じブログ仲間の彼女と結婚することになって、その結婚式にも呼ばれて出席し乾杯の音頭まで取ることに。

福岡では色々なグルメブロガーの方たちとも知り合いましたが、小松に戻ってからは物理的にも遠くなってしまって、残念ながらなかなか会う機会がありませんでした。

今回、そんなグルメブロガー仲間のお一人が新しく飲食のお店を出したということで行ってみました。

お店の名前は「OLENOVA(オレノバ)」。「OLE(オレ)」はスペイン語で「いいぞ」「素敵」。「NOVA(ノバ)」はラテン語で「新しい」の意味だそうで、あわせて「私たちの新しいスタイルの素敵な場所」ということで名付けています。
オレノバ1

場所は西鉄高宮駅の名店街ガード下にあります。駅前なのでこのあたりに住んでいる方は仕事帰りに一杯なんてこともできて便利なお店です。

そんなお店で「福岡no街」の奥さまともお会いできて、しばし昔話に花が咲きました。

お会いするのは結婚式のとき依頼ですから9年ぶりくらいになるでしょう?

さて、「OLENOVA(オレノバ)」は、2019年6月にオープンしたお店で、彼女自身食べ歩きが好きで、福岡はもちろん、全国各地へも食べ歩いていた方で、ある意味趣味が高じて出したお店ということになります。

基本はカフェ&バーです。土日はお昼から営業していて、キーマカレーが美味しいということで人気です。(12月からは平日ランチも始めたようです)

私はこの日、仲間と一軒目の居酒屋で飲み食いした後で向かいました。

そのため、こちらでは軽く飲んで帰るつもりで入りました。
オレノバ (6)

奥にカウンター席、入口側にテーブル席があります。
オレノバ (8)

そして夜は飲み放題付きのコースがウリのようです。
オレノバ (7)

滞在時間制となっていて30分から可能なのがうれしいですね。

私は白ワイン2杯とと赤ワインを1杯飲みました。
オレノバ (2)

自然派ワインの種類が揃っています。
オレノバ (4)

おつまみとして、チーズの盛り合わせと、

こちらのアヒージョを頼みました。
オレノバ (9)

アヒージョは熱々で、プリプリの大きなエビが入って美味しかったです。
オレノバ (10)

小一時間ぐらいいたでしょうか?今回出張3日目で少々飲み疲れの感があったのでこのあたりでお暇することにしました。

久しぶりに福岡時代のグルメブロガー仲間に会うことが出来て、昔を懐かしむことができてよかったです。

締めて3千円弱だったと思いますが、気軽に入れてワインから焼酎までお酒のセレクトも豊富で、お酒の好きな方にはいいお店でした。ご馳走様でした。

OLENOVA(オレノバ)
福岡県福岡市南区大楠3-20-18
 高宮西鉄名店街ガード下
TEL 050-5597-7050
月~金16:00~24:00
土12:00~24:00
日・祝12:00~22:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ