あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:和食系 > うどん

ちょうどこの日、この周辺で講習会があり、近くでランチを食べることになりました。

このあたりには全国各地の名物うどんのお店が何軒かあって、この日も讃岐・稲庭・博多の各うどんのお店の内からどれにしようか少し迷いました。

しかし最終的に、私が過去に住んでいてその当時何度も食べに行ったことがある博多うどんのお店に行くことにしました。

ひと昔前までは、ラーメンでもうどんでもそうなのですが、ご当地の名前が付いていても、東京など大きな都会では味的にはあまり満足できないお店があったりしたのですが、最近は相当近い味を楽しむことができるところが増えてきたように思います。

さて、行ったお店は「はし田たい吉 新橋店」。
はし田たい吉 (17)

調べてみると、元々は六本木ヒルズに博多うどんの「はし田」というお店があって、そこが3年連続ミシュランガイドブックにビブグルマンに選べれていたのですが残念ながら閉店。その後、オーナーのかたが福岡でうどん居酒屋「たい吉」を営む弟子の中川光雄さんとパートナーを組んで再度お店を出したという経緯のようです。

まず入口の食券機で食券を買って中に入ります。
はし田たい吉 (6)

お品書きです。

お店は小さなお店で店内はカウンターのみ14席。
はし田たい吉 (4)

入口付近にうどんを製麺する場所がありました。福岡糸島の小麦粉で毎日仕込む自家製麺です。(他の情報では国産小麦となっていたので、そのあたり仕入状況によって変わるのかもしれません?)

オープン時間は11時半なのですが、見る見る店内は埋まっていき、10分ほどで満席になりました。人気なのですね!?

私は、博多うどんといえば「ごぼう天うどん」だと思っている方なので、当然それを頼みます。「かけ」で600円です。まぁ、東京という場所柄、このぐらいはします。
はし田たい吉 (13)

出されたのがこちら。
はし田たい吉 (15)

うどんです。艶やかですね。ダシも澄んでいて美味しそうです。

博多うどんは、ダシを美味しく食べるために柔らかな食感を大切に作られているところもあるので、その辺を意識しながら楽しむのがオツなのです。

出汁はかつお節とあごだし。ことらも博多うどんのお約束。個性はそれほどなく万人受けする味かもしれません。
はし田たい吉 (14)

「ごぼう天」は別皿で出されます。

サクッとした食感を楽しみたければ、揚げ立てなのでそのまま食べ、汁に浸したほうが好みであれば、うどんの上に乗せて食べます。
はし田たい吉 (12)

こんな食べ方の心得みたいなものもカウンターに置かれていました、
はし田たい吉 (16)

私の場合は半分そのまま。残りはうどんを半分ぐらい食べてから上に乗せて食べることに。
はし田たい吉 (11)

途中で少し柚子胡椒も溶かしてアクセントをつけて食べました。
はし田たい吉 (8)

カウンターの上には他にも調味料系が色々ならんでいました。

全体的にはバランス重視の仕上がりの博多うどん。飽きのこない味で人気が出来るのも頷ける気がします。

東京に居ながら美味しい博多うどんを食べることが出来るのはうれしいですね!?ご馳走様でした。

はし田たい吉 新橋店
東京都港区西新橋1-15-7
TEL 03-6257-3009
月~金
11:30~麺が無くなり次第 営業終了
土・日・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

イオンモール新小松店がオープンして、そろそろ4年が経過しようとしています。
つるさく (6)

最初のころの超混雑する状況は、特定の日を除いてはなくなりました。

飲食店のほうも、相変わらず順番待ちが出来ているところは、もりもり寿しくらいで、他のお店は順番待ちせずとも入れることが出来ます。

2階にあるフードコートに関しても、席がなかなか確保できなといった状況は土日でもそれほどなくなったのではないでしょうか?

さて、昨年末のとある土曜日。用事がありお昼前にそれを済ませて、2階にあるフードコートでランチを食べることに。

これまで入ったことがないお店の中で今回チョイスしたのは「讃岐うどんの心 つるさく」という讃岐うどんのお店です。

こちらは、帰ってブログを書くために調べると、「はなまるうどん」の系列でした。知りませんでした。

「はなまるうどん」と同じような価格帯のお店に思うのですが、こちらのブランドはイオングループのショッピングセンター向けのようです。

全国に9店舗あって、すべてがイオングループのショッピングセンターにありました。

フードコート自体がセルフ方式なので、こちらもセルフ方式のお店。賑わっているようです。

讃岐うどんのお店ですが、おでんがメニューにありました。

システムは、香川県にある讃岐うどんのお店のように、天ぷらを取ってうどんをオーダーして最後に料金を払う方式です。

私はヘルシーに「サラダうどん(税別640円)」というのがあったのでそちらに。
つるさく (2)

野菜たっぷりで、タレというかドレッシングというか、味が3種類から選ぶことが出来、私は生姜風味だったかな?にしました。
つるさく (4)
ように各店舗ごとで製麺しているわけではありませんが、コシがあってモチッとした食感。普通盛りでしたが食べ応えがあります。
つるさく (3)

あと、天ぷらの「げそ天(140円)」を一つ。これが固かったです。丈夫な歯を持っている私でも苦戦。衣のみ口の中に消え、ゲソが裸状態になっても噛みきれず…。^^;
つるさく

妻は、こちらの期間限定「牛肉と玉子うどん(税別640円)」を頼んでいましたが、味付けが少々甘かったようです。もっとも個人の好みなので、甘めの味付けがお好きな方は食べてみてください。ただしいつまでの期間限定かわかりません。

フードコートにあるお店なので、手早く食べるには適したお店でしょうね?ご馳走様でした。

讃岐うどんの心 つるさく イオンモール新小松店
石川県小松市清六町315
 イオンモール新小松2F
TEL 0761-25-1870
10:00-20:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お久しぶりシリーズ。小松市若杉町にある「うどん工房 穂の香」です。
穂の香

こちらのお店、昨年12月3日で6周年だったのですが、私が6年前にお邪魔したのはオープン2日目のときでした。

実は、前回お邪魔した時はまだ開店して間もなかったからか、それほど良い印象を抱きませんでした。

今回行こうと思った理由は妻が一人で行って食べてきた「香箱ガニと加賀レンコンのすり流しうどん」が食べたいと思ったからです。

伺ったのは12月の中旬。比較的暖かくていいお天気の日曜日のお昼。
穂の香 (8)

12時前でしたが店内はテーブル席はだいぶ埋まっていましたが、カウンター席は誰も居なかったので、一番奥の席に座ります。
穂の香 (9)

一応、お品書きに目を通します。
穂の香 (5)

定食系のメニュー。
穂の香 (6)

単品物です。
穂の香 (3)

ただ私は最初から「香箱ガニと加賀レンコンのすり流しうどん(税別1,100円)」を食べることは決めていたので、そちらを頼みます。

さて昨年の香箱ガニ漁は、例年になく厳しかったようです。

高値が続いて、小さなサイズでもそこそこの値段がしていて、なかなか食べられませんでした。

年と共に漁獲量が減っていって、数年後には現在のうなぎのように高根の花になっていくのではないか心配です。
穂の香 (10)

出されたのがこちら。まずは汁を一口。

とろみが付けられていて、見た目は熱そうな感じがしないのですが、うっかりたくさん口の中に入れると火傷しそうでした。^^;

でも、出汁がきいていて、さらには加賀レンコン全部をすり潰すのではなく、刻められた状態のレンコンが残っていて、食感も感じられるような汁になっていました。そして香箱ガニのうま味も染みて、とても美味しかったです。
穂の香 (11)

香箱ガニは、身や内子・外子・ミソなどがきれいに取られていて乗せられていました。食べやすかったです。
穂の香 (12)

麺は小松産と国産の小麦粉をオリジナルブレンドした自家製のこだわり麺で、細めのツルッとした麺でしっかりとしたコシも感じられて、熱々のすり流しのとろみにもマッチしたうどんになっていました。

トータルとしてオリジナル感あふれる、今の真冬にはぴったりのうどんです。
穂の香 (13)

私は歳と共に麺類のスープはほとんど飲まなくなったのですが、この汁はとても美味しかったので完食してしまいました。^^;

いや~、なかなかのメニューですね!?

これまで、うどん+香箱ガニという組み合わせはありそうでなかったかもしれません。初体験かな?

期待以上の美味しさでした。一日、数量限定でなくなり次第終了ということで、遅い時間の場合じゃ確認されてから行ったほうがいいかもしれません。ご馳走様でした。

そうそう!最後に残念なお知らせです。このメニューは香箱ガニがすでに禁漁期間に入っているためメニューにはありません。今年の11月のカニ漁解禁までお預けです。

うどん工房 穂の香
石川県小松市若杉町3-21
TEL 0761-21-9418
11:00~15:00
17:30~20:30
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

博多うどんについては私のブログでも過去何度となく取り上げています。

うどん好きということもあって、福岡に行くと必ずうどんを1度は食べに出かけていますね。

今日紹介する「うどん平」は、そんな博多うどんを食べさせてくれるお店の中で人気上位に位置しています。

私は前のお店に相当昔に行ったことがあり、こちらで紹介しています

「うどん平」は元々はキャナルシティにもほど近い博多駅前3丁目で営業されていました。

お店も古くなったからでしょうか、8月に住吉公園近くに新しくお店を作って移転してきたのです。

この日、人気なお店なので12時前に到着したのですが、お店の外に7~8名の順番待ちが出来ていて、中にも数名待っていましたが、10数分ほどで店内に入ることが出来ました。
うどん平 (12)

こちらの外観写真は食べてお店を出た時に写した写真です。

店内はL字型のカウンター10席ほどとテーブル席10席。前よりは狭くなったかな?
うどん平 (2)

ご主人?がこちらの機械でうどんを常に打っています。

打ちたてをそのまま順次湯掻いていて、さらにオーダーが入ってから短時間温めなおして順番に出していくので、オーダーしてから出されるまでにそれほど時間がかかりません。

さすが、昔から人気のお店は手慣れたものです。
うどん平 (11)

お品書きは壁にかけられている札を確認します。昔のときとはメニューも若干変わっているのかな?私のブログで前に書いたのを見ると「えびごぼう」を頼んでいますが、いまはありませんでした。(もしかしたら1枚だけ裏返しの札があったので、そちらに書かれているのかもしれません)

そしてお店のウリはゴボ天と肉が入った「肉ごぼう」なのですが、壁には掲げられてはいませんでした。これは後からわかったのですが、「合わせ」という札がって、高い方のメニューにプラス100円で好きなトッピングが追加できるというもので、「肉(すべて税込表記で550円)」と「合わせ(100円)=ごぼう」で650円となるのです。
うどん平 (9)

聞いていると、来客の半分ぐらいはこの「肉ごぼう」を注文していました。人気なのですね。

しかし私は肉が苦手なので、普通の「ごぼう(450円)」だけ。
うどん平 (7)

見た目はお店が新しくなったからか、何となく上品なビジュアルになった気がします。

そしてこの澄んだダシを見てください。最初に一口飲みます。見た目通りの澄んだ味で昆布とカツオのうま味が出ています。
うどん平 (8)

うどんは博多うどんの基本の柔らかなうどんなのですが、もちっとした食感があって弾力と柔らかさのバランスがいいうどんで、ダシとの相性も抜群。

「ごぼう」も揚げ立てのサクッとした感じで美味しいです。
うどん平 (5)

あと、私はこちらの「いなり(200円)」を頼んでいます。小さめのいなり寿司が3個。
うどん平 (4)

他のメンバーは「かしわ(150円)」という鶏の炊込みご飯を頼んでいました。

「肉ごぼう」と「かしわ」の組合せが最強のようです。

次から次へとお客が入ってきて途切れることがありません。さすが人気店です。お値段は当然上がっていますが、それでもこのクオリティと美味しさなので満足です。ご馳走様でした。

うどん平
福岡県福岡市博多区住吉5丁目10-7
 第3住吉ハイツ
TEL 092-431-9703
月~金11:30~16:00(L.O.15:45)
土11:30~15:00(L.O.14:45)
日曜・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


そのときには、昔から人気の「徳光うどん」について書きましたが、帰って調べてみると、元々あった「徳光うどん」とは、今回食べた甘えびのかき揚げ天が乗せられている豪華版のうどんと同じではないことがわかりました。

当時の「徳光うどん」は、いまあるメニューの中では「天ぷらうどん」のほうがより近いということで、今回は上りのPAにある「金澤8(エイト)キッチン(里山店)」へ行って食べてきました。
金澤8キッチン

上りPAのお店のほうも、8番らーめんで有名な「ハチバン」が運営しています。

こちらがメニュー。当然といえば当然のことですが、野菜らーめんを始め8番らーめんメニューがラインナップされています。
金澤8キッチン (2)

セルフサービスで食券機で食券を買って窓口で出します。

前回下りPAのときは3連休の海の日、それも12時過ぎに行ったためか、すごい混雑でしたが、今回は8月の第1日曜日の11時ごろで、まだそれほど混雑はしていませんでした。

食べたのはもちろん「天ぷらうどん(450円)」。
金澤8キッチン (5)

七味をかけてカウンター席に運んで食べます。
金澤8キッチン (6)

うどんは柔らかめですが、コシがないほどではなく適度の歯ごたえがあります。

だしは透き通った、少し甘めの昆布だし。昔懐かしい味です。

天ぷらですが、具はアミエビのようなものが少々。ほぼ衣です。^^;
金澤8キッチン (7)

まぁ、昔は、これでも天ぷらが食べられるということでうれしかった記憶があります。

出された時から乗せられているので、すぐに汁を吸ってふやけてきます。サクッとした食感を楽しむのであれば、すぐに食べないとダメですね。
金澤8キッチン (22)

さて、最後に、いまの「はくさん街道市場(旧まっとう車遊館)」の状況ですが、2階の飲食店街は7月に長崎ちゃんぽんのお店が閉店になって、いま営業されているお店は寿司店と喫茶店の2軒だけのようです。
金澤8キッチン (18)

寂しい限りです。
金澤8キッチン (21)

こちらの2軒もいつまで続けられるかわかりません。新しい経営母体は建物を建て替えするような意向だと新聞では書かれていましたが、はてさてどうなりますか……?ご馳走様でした。

PS:8/31付けの地元新聞によりますと、8/31日を持って「はくさん街道市場(旧まっとう車遊館)」は閉館するとのこと。残念ですね。「金澤8(エイト)キッチン(里山店)」は当然引き続き営業されています。

金澤8(エイト)キッチン
石川県白山市徳光町2494-2
 北陸自動車道徳光PA(上り)
TEL 076-275-6411
7:00~19:30
ラーメン・丼ものは午前11時から
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ