あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: うどん

今日紹介するのは「麺通団」というちょっと変わった名前のうどん屋さんです。
水道橋麺通団

「讃岐うどんブームの火付け役」と呼ばれたかたがプロデュースしているお店で、西新宿にある「東京麺通団」と水道橋にある「水道橋麺通団」の2店がありました。

東京以外に、福岡や名古屋にも同じ名前のお店がありましたが、いまは東京だけのようです。

むかし、福岡に「福岡麺通団」というお店があって、そこに行った時のことは、こちらに書いていますが、いまは「讃岐うどん 雷鞭」という名前に変わっていました。

お店のすぐ近くに「こんぴらさん(金比羅宮)」があり、そんな関係でこちらにお店を出したのかもしれません。

この夜は、仲間と4名で近くの「能登美」という居酒屋で飲んで、その足で私ともう一人だけこちらのお店で〆のうどんを食べることになりました。

香川で讃岐うどんのお店は、午後の早い時間に締まるお店が多く、夜までやっているところはすくないのですが、こちらのお店は朝10時から夜の11時半までの長時間営業です。
水道橋麺通団 (2)

飲み食いした後で食べるとき、「小」サイズがメニューにあったのが決め手でした。
水道橋麺通団 (6)

行ったのは20時半ごろ。先客は一人だけでした。

セルフのお店なので、入口でメニューを見てカウンターでオーダー。天ぷらなどをうどんが出来上がるまでに取り、ほどなくして出来上がるうどんをもらい、ネギやショウガなどの薬味を入れ、代金を支払います。
水道橋麺通団 (4)

私は、こちらの「冷かけ(小)」を頼みました。350円です。やはり東京値段ですね。

香川でセルフの店だと、200円前後ぐらいで食べることが出来ます。

ダシはイリコの風味が効いていました。まずまず美味しです。

そして、うどんのコシが凄かったです。
水道橋麺通団 (5)

香川ではいわゆる「エッジが効いている」と表現されるうどんで、ちょっとオーバーな書き方ですが、しっかり噛む必要があるのでアゴが痛くなるほどコシがしっかりしたうどんでした。

一緒に行った人は、カレーうどん(小)を頼んでいました。550円でした。
水道橋麺通団 (3)

和風のダシが効いていて、こちらも美味しかったそうです。

この夜2軒目ということで、このぐらいの量がちょうどよかったです。ご馳走様でした。

水道橋麺通団
東京都文京区本郷1-13-2
TEL 03-3818-8774
10:00~23:30(L.O.23:00)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します「金沢製麺処」は、前は、「本町製麺所」という名前のお店でした。

近江町市場近くのお店には4年半ほど前に一度行ったことがあります

元々は大阪本町に本店がある「本町製麺所」というお店の暖簾分けで、「本町製麺所」自体は大阪黒門市場で乾物問屋を営む「山長商店」が出したうどん店。文字通りダシが決めてのうどんがウリのところでした。

お店自体も繁盛していたようにみえたのですが、だいぶ前に店名が変わったので、あれ?と思っていました。

これは推測でしかないのですが、「本町製麺所」という名前では金沢では由縁があまりないので、金沢というブランドを前面に押し出すようにしたのではないでしょうか?
金沢製麺処 (7)

この日は一人で金沢に移動して、お昼をどこでとろうか迷っていて、更科藤井さんが行列が出来ていて諦め、こちらのお店に来たらカウンター席が空いていたので入ることにしました。

店内は狭いです。カウンテー席は7人で、少し間隔が狭いです。あとテーブル席が8名かな?

お店の壁にもメニューにも、「お店のこだわり」が書かれていましたが、内容は「本町製麺所」のときと同じ。
金沢製麺処 (4)

また「ルイボスティー」が置かれているのもの同じでした。
金沢製麺処 (2)

メニューはこんな感じ。

6月末の蒸し暑い日だったので、冷たいうどんを頼みます。

加賀野菜天ぷらや、鶏天ぶっかけなどがおすすめで人気なようでしたが、私はその中から、あまりお腹に溜まらないものを頼もうということでお願いしたのは「冷し梅若布うどん(税抜730円)」。

夏向きのさっぱり系のうどんです。

ちなみに、前にお邪魔した時は「加賀野菜天うどん」を頼んでいます。

で、出されたのがこちら。
金沢製麺処 (5)

若布というネーミングからすると、もう少しワカメの量が欲しいと思いましたが、昆布のとろろのほうが量が多かったです。(笑い)

そして梅干しは前は南高梅でしたが、いまは「南高」の文字がなくなっていました。^^;

濃いめのぶっかけつゆにわさびを溶かして食べます。
金沢製麺処 (6)

うどんは熟成麺で、コシが半端なく、のど越しというわけにはいかずに十分噛んで食べる必要があります。そのため、小麦の風味を感じることが出来るうどんでした。

トータルでも美味しいうどんだったことは間違いないのですが、この「冷し梅若布うどん」に関して言えば値段は少し高めでしたね。

金沢では数少ない讃岐系のうどん店。これからも期待です。ご馳走様でした。

金沢製麺処 片町店
石川県金沢市片町1-1-18
076-254-1661
月~金
11:00~15:00
18:00~23:00(L.O.22:40)
土・日・祝 
11:00~15:45
17:00~23:00(L.O.22:40)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

加賀市山中と言えば温泉地として有名です。
道の駅山中温泉 (11)

今日紹介します道の駅は山中の温泉街から福井方面に向かう国道364号線を進むとすぐに「山中温泉ゆけむり健康村」という施設があって、その中にあります。
道の駅山中温泉 (2)

ゆ~ゆ~館という温泉を使用した健康湯と温水プールなどが隣にあって、大きな施設で家族で楽しめる施設となっています。
道の駅山中温泉 (10)

こちらには北陸鉄道加南線として大聖寺~山中間を走っていたしらさぎ号の実物が展示されています。当時では珍しいアルミ製の電車ですね。

山中温泉と言えば山中漆器でも有名なところで、道の駅でも売られていました。
道の駅山中温泉 (7)

こちらは外に展示されていたとても大きな山中塗りのお椀です。
道の駅山中 (5)

道の駅としては「郷土物産館」で買い物をすることが出来、地場産の野菜やお菓子、工芸品などを買うことが出来ます。
道の駅山中温泉 (4)

温泉たまごが人気なようです。
道の駅山中 (7)

このカラフルなバックはエコバック。
道の駅山中温泉 (5)

素材は紙で山中塗りで仕上げられていて、こちらでしか買うことが出来ないようです。
里山

冒頭紹介したゆ~ゆ~館の館内には「食事処・里山」という飲食で来るスペースもあって、軽食や喫茶メニューがあります。
道の駅山中

ゆ~ゆ~館の広いロビー。私も中に入っていっぷくしました。
道の駅山中 (2)

庭のほうもきれいでした。
里山 (2)

そしてついでに「食事処・里山」で「菊の湯たまごうどん(410円)」を食べてきました。

食券機で食券を買って席に座りますが、食べるところは簡素な場所でした。

ちなみに「菊の湯」とは、山中温泉街にある総湯のことです。
里山 (3)

そこで作られた温泉たまごが一個、うどんの汁の中に落とされているだけのシンプルなうどんです。
里山 (4)

まぁ、この手のお店ではうどんは、湯がいてある袋めんを使用しているので、味的には特徴があるわけではありません。

とりあえずブログネタということで食べてみました。^^; 

ゆ~ゆ~館で温泉を使用した健康湯に浸かっていっぷくがてら腹ごしらえするのもいいでしょう?ご馳走様でした。

道の駅 山中温泉ゆけむり健康村
石川県加賀市山中温泉こおろぎ町イ19
TEL 0761-78-5546
ゆ~ゆ~館 10:00~22:00(受付21:30まで)
道の駅 9:00~18:00
食事処・里山
11:00~15:00
16:00~20:00(L.O.19:30)
火曜休(道の駅は年中無休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

個人的にうどんが好きということもあって、福岡に来ると最低1回はうどんを食べているような気がします。

博多うどんはコシのない柔らかうどんが特徴でダシと一緒に食べるタイプです。どうしてそうなったかはここでは詳しくは書きませんが、大阪なども同じで、一つだけ理由をあげておけば商人の町は早く食べられるようにそうなったと言われています。

博多弁で言うと「何しぇ博多はうどんの発祥ん地やけん!食べんわけには行かんて!」(笑い) 使い方あっているかな?^^;

ってなことで、今回も食べてきました。
天ぷらうどん

唐人町駅そばにある店名が「天ぷらうどん」という、少し変わった名前のお店です。

場所は地下鉄唐人町駅の近く。決してきれいなお店の外観ではありません。当然店内も同じです。

営業は11時からでしたが、我々は11:15にお店に到着すると、時を同じくシャッターが開きました。

カウンター席がメインのお店で、年季が入った店舗です。長く続いているのでしょうね?
天ぷらうどん (2)

食券販売機で食券を買い求めて席に座ります。うどんだけではなく、そばのメニューもありました。

博多うどんの特徴あるトッピングはゴボ天と丸天です。

両方とも食べたかったのですが、丸天はこちらのお店にはありませんでした。

そこで私は、お店の名前が「天ぷらうどん」なので「野菜天ぷらうどん(450円)」にしました。

食券を渡して、キムチを小皿に取り分けたら、すぐにうどんが運ばれてきます。^^;

あらかじめ湯がいてあって、注文が入ったらサッと温めなおしてダシをかけて出すのですね。
天ぷらうどん (4)

大きな野菜天ぷらにネギがたっぷりかけられています。

野菜天ぷらは短冊形状にカットされた野菜がたっぷり入っていました。まずは半分ほど汁に完全に浸る前に食べ、残りは汁に浸して柔らかくしてから食べました。ダシを吸って美味しかったです。

まず、ダシを一口。少し甘めのダシが福岡のうどんの特徴です。こちらのお店のはイリコとカツオ(他の魚節もブレンドでしょうか?)が勝っている風味でした。
天ぷらうどん (7)

うどんは冒頭書いた通りの柔らかなうどん。福岡のうどんはやはりこれでなくっちゃ!
天ぷらうどん (3)

妻のほうは「ゴボ天うどん(450円)」です。太めのごぼうを少し厚めに切ってある食べ応えのあるゴボ天でした。
天ぷらうどん (6)

あと、こちらのお店でうれしいのは、カウンターに置かれている土鍋に入っているキムチが食べ放題なのです。
天ぷらうどん (5)

と言っても、このキムチが辛かった。さすがに辛いのですぐに口の中がヒリヒリして麻痺したようになり、あまり食べることは出来ませんでした。例えて言うと麻婆豆腐の辛いのを食べた時のような感じです。

白いご飯が欲しいところでしたが、この日はこの後に色々食べるつもりだったので、炭水化物はなるべく控えようと思い我慢。^^;

結局食べたのは小さな皿一皿分。食べ放題ですが普通の人はそんなに食べることは出来ないと思います。

我々が食べ始めるころから、どんどんとお客さんが入ってきます。そして我々が出るころには3分の2ほど席が埋まっていました。やはり人気のお店なのですね。博多うどん、久しぶりで美味しかったです。ご馳走様でした。

天ぷらうどん
福岡県福岡市中央区今川1-3-2
TEL 092-751-3970
11:00~翌1:30
月曜,お盆,年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ここは高松市郊外、国分寺町の人気うどん店が高松市街に出したお店で、昨年1月にオープンしています。

東京は神田外堀通り沿いにも支店があり、そこは「ミシュランガイド 東京 2017」ではビブグルマンに選ばれています。次回は神田のお店にも機会があれば行ってみたいと思っています。

さて、「うどん一福 まちなか店」は、琴電の瓦町駅にほど近い場所、商店街のアーケードの中、少し杯あったところにあります。
一福

赤い看板が目立ちますね。
一福 (9)

入り口左手にはうどんを打つ部屋があります。
一福 (7)

中に入ると、セルフ店らしく長いカウンターがあって、そこでうどんをオーダー。その後天ぷらやおにぎりなどの副食を取ってお勘定。
一福 (12)

その後、こちらでダシをかけたり薬味を自由に加えたりしてから座席で食べます。
一福 (5)

簡素な内装でしたが、店内は相当人数が入れるスペースが確保されていました。

私は11:40頃お店に到着しましたが、半分弱ぐらいの混雑ぶり。12時でお店を出ましたが、それほど長い行列は出来ていません。

私は、3月でしたがちょうど寒かった日だったので、「かけうどんの小(230円)」を頼みました。

調べてみると国分寺町の本店は220円。こちらは10円高い230円。しかし神田店は何と!430円でした。場所代や人件費が違うのでしょうが200円も違うのはちょっとびっくり。
一福 (11)

ちなみに、期間限定メニューなどもご覧のようにありました。

前の人のところでちょうど茹であがったうどんがなくなり、新しく茹であがるのを少し待ちます。

まぁ、そのほうが美味しいに決まっているのでウエルカムです。
一福 (2)

地元の人に聞くと、初めて行くお店ではかけうどんを頼むようです。そのほうがそのお店の実力がわかるとのこと。確かに「かけ」のほうがダシの良し悪しもシンプルにわかりますしね。
一福 (6)

うどんは少し他店と比べて細めの麺で、モチッとした弾力。そして小麦の香りを感じることが出来る、さすがのおいしさでした。

そしてダシが秀逸でした。色合いや味も上品なクセの少ないイリコ(+α)ダシに好感が持てます。好きな味でした。
一福 (4)

天ぷらはちくわ天(120円)とタケノコ天(120円)を取りましたが、どちらもまだ温かい状態で、美味しくいただくことが出来ました。
一福 (8)

タケノコ天は味が付いているタケノコを使用しています。

以上食べて470円です。さすが本場の讃岐うどん。お財布にも優しく、店名のように一つの「福」を感じました。

セルフなので、最後に返却口に食器などを戻してお店を出ますが、15分ほどでランチを済ますことが出来るのは、讃岐うどんならではのスピーディさですね。ご馳走様でした。

一福 まちなか店
香川県高松市南新町8-3
TEL 087-863-6110
10:00~15:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ