あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: うどん

勝手に始めた食堂シリーズですが、今回は加賀市の「三笠屋」。

私がなぜこちらのお店に行くことにしたのか?

まぁ、そんな大そうな書き方するほどではないのですが、それは久しぶりに「絹笠(衣笠)丼」を食べに行こうと思ったからです。

「絹笠(衣笠)丼」とは、油揚げと九条ねぎを卵でとじた丼のことで、京都では人気のご当地丼として丼メニューの一角を締めています。


まぁ、関西以外のエリアでは「きつね丼」的な感じがするもので、また、関西では似たような丼として木の葉丼がありますが、木の葉丼には竹輪やキノコが入っています。

石川県でも、この木の葉丼をメニューに入れているお店は多いと思いますが、衣笠丼はあまり見たことがないかもしれません。

さて、「三笠屋」は加賀市の大聖寺警察の近くにあります。
三笠屋

外観はいわゆる「店屋物(てんやもの)」のお店というより小料理屋さんのようでもあります。

しかし店内は、「店屋物」のお店そのものです。
三笠屋 (7)

12:40頃お店の到着すると先客は2組。この写真は私が食べているとき先客が出て行った後で写しました。
三笠屋 (3)

そしてお品書きはこちらと、
三笠屋 (2)

こちらで、うどん・そば・丼のみの設定。定食類は書かれていませんでした。

食堂シリーズとして行きましたが厳密にはうどん屋さんですね。

「絹笠(衣笠)丼」があり、またお店の名前が奈良の三笠山から取ったのかな?などから関西にご縁があるのかと思いお聞きしましたが、対応してくれた若女将?はよくわかりませんとのことでした。(若女将は兵庫県のご出身でした)

お品書きは見ましたが頼むものは最初から決まっています。「絹笠(衣笠)丼」です。
三笠屋 (4)

出されたのがこちら。ご飯大盛りです。^^;

少ないとお客さんが満足しないと思い、いつも大盛りで出しているそうです。今の私にとっては量が多すぎて、残念ながら食べきれずに残してしまいました。ごめんなさい。
三笠屋 (6)

玉子と油揚げの色が似ているので、見た目玉子丼のようですが、中にはご覧のように油揚げがたくさん入っていました。

ただ、「絹笠(衣笠)丼」のもう一方の主役が九条ねぎ(?)なのですが、こちらはあまり入っていません。

久しぶりの「絹笠(衣笠)丼」ですが、「きつね玉子丼」的な感じですね。
三笠屋 (5)

あとお吸い物とたくあん、プラスお椀に隠れていますが梅干しも一個添えられていました。

最近、丼物を食べることがめっきり減った私ですが、小さいころから家では「店屋物」を取って食べることが多くありました。

そんな時、幼心に何となく嬉しかったことを思い出し懐かしかったです。ご馳走様でした。

三笠屋
石川県加賀市大聖寺東町2-3-12
TEL 0761-72-2724
12:00~14:30
18:00~19:00
水曜休(都合により連休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

うどん好きな私ですが、柔らかいうどんとコシの強いうどん、どちらが好きか!?

答えは「両方」です。(笑い)

まぁ、最近、柔らかくてもコシがある、的なうどんが好きです。欲張りですか…??^^;

今日紹介します金沢学院大学キャンパスの近くにある「うどん よしの」は、そんな讃岐うどんのようなコシを持ちながら、金沢うどんののど越しのいい柔らかさを兼ね備えたうどんを食べさせてくれるお店です。

少し前に紹介した「カウリィ コーヒー(cowry coffee)」に行く前に、近くでランチを食べようと検索して見つけたお店なのです。
うどん よしの

外観は讃岐うどんの本場、香川県にでもありそうな製麺所併設のセルフのうどん屋さんの趣です。期待が持てそうです。
うどん よしの (13)

中はこちらのカウンター席と、
うどん よしの (2)

こちらの小上がり席。

それと我々が座ったテーブル席。セルフ店ではなく、普通のサービス形式のお店です。

営業時間はランチタイムのみ。こちらは本場香川のスタイルです。
うどん よしの (5)

それもそのはず、オーナーの方は本場香川でうどん修業をされていて、自家製麺の手打ちうどんを食べることが出来るのです。
うどん よしの (3)

私はこちらのメニューに書かれていた「選べるうどんと天ぷらのセット」を頼むことに。
うどん よしの (9)

暑くなってきたので、うどんは冷たい「ざるうどん」を。

天ぷらはこちらの「ちくわ天」をチョイスしました。これで900円のセットとなります。サクランボはサービスです。ありがとうございます。
うどん よしの (10)

ちくわ天には海老ちくわとタコちくわの2本付いてきました。

きれいなピンク色した海老ちくわと、ミンチしたタコが入って食感がいいタコちくわは、本場の香川県観音寺から取り寄せているようです。

ちなみに香川では練り物のことを「天ぷら」と呼びます。

肝心の「ざるうどん」のほうは、讃岐より細めで、確かにコシは讃岐うどんよりはだいぶ柔いけれど、その分のど越しもよく柔らかさと弾力がバランスとれた状態で楽しむことが出来るうどんでした。美味しかったです。

あと、プラス100円で「だしごはん」も頼みました。
うどん よしの (11)

「だしごはん」は、かけ出汁で炊いたご飯のことで、ほんのりだしの風味がいいご飯です。
うどん よしの (8)

妻が頼んだのは「カレーうどん(920円)」です。
うどん よしの (12)

野菜もたっぷり入った美味しいカレーうどんだったようです。私の頼んだ「だしごはん」とも相性がよかったそうです。

お客様は金沢学院大学の学生や地元の方でしょうね?ある意味山あいのこの場所で美味しいうどんが食べられるのはうれしいことです。ご馳走様でした。

うどん よしの
石川県金沢市辰巳町ロ96-3
TEL 076-256-0552
11:00~15:00(L.O.14:30)
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お店の場所はメインの道路には面していないのでわかりづらいですが、大聖寺警察署の裏になります。
三津野 (15)


確認していませんが厨房は同じなのでしょうか?
三津野 (2)

「フェアレディ」の入り口は目立つのですぐわかると思いますが、「三津野うどん・そば」のほうは、お店の右側にある細い通路を奥に進むと入り口があります。

通路は狭いですが、中は広いです。
三津野 (7)

2階まで吹き抜けのスペースがあって意外と開放的なお店です。

行った日のランチタイムは地元のかたらしい人たちで賑わっていました。
三津野 (3)

お品書きです。

凄い種類の多さです。びっくりしました。

しかしこれだと色々あって逆に選びにくいかもしれませんね。

印象としては、セット物が多くって、量を食べたい人向きかもしれません。
三津野 (5)

お得な日替わりランチメニューが人気のようですが、この日はカツ系メニューだったので諦め、私はこちらの当店人気メニューの中から、「ミニネギトロ丼セット(1,080円)」を頼むことにしました。1,080円なので税込かと思ったら税別でした。^^;
三津野 (8)

セットにはうどんかそばが付いてきます。私はうどんの冷たいのにしました。
三津野 (9)

オーダーして5分もかからずに運ばれてきました。スピード調理です。

ミニネギトロ丼と、温泉玉子にサラダ、漬物が添えられています。サラダも添えられているのはありがたいです。

一緒に運ばれてきた小さな醤油の入れ物は、聞いたことがないような醸造元の醤油でした。
三津野 (13)

麺は小松の中石食品のゆであげ麺。食べ慣れた小松うどんの食感と味です。ダシもそうなのでしょうか?まぁ、うどん・そばのお店だとさすがに自家製でしょうね?
三津野 (10)

ミニネギトロ丼のほうは、思っていたよりミニではなく、食べきれずにご飯を残してしまいました。^^;

説明がなかったのでわかりませんが、温泉玉子に入った器にわさびが盛られていたということは、一緒に出された醤油を温泉玉子にかけて、お好みの量のわさびも一緒に溶かしてネギトロにかける?ということかもしれませんが、ご飯の量が多かったので食べきれないと思って、別々に食べてしまいました。

コスパよく、ボリュームたっぷりで、素早く出されることを考えると、忙しいビジネスマンに重宝しそうなお店でした。ご馳走様でした。

三津野うどん・そば
石川県加賀市大聖寺東町1-16
TEL 0761-72-5510
11:00~20:30
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、山代温泉に色々なお店がオープンしています。

一般の観光地では観光客もターゲットにしているでしょうが、温泉地にある飲食店って、温泉旅館で夜と朝は食べることが多いでしょうし、温泉を訪れる観光客相手がターゲットでは難しい側面があるのではないでしょうか?

ということは地元の人、プラス商売がらみで訪れるビジネスマンなどをターゲットにしているのでしょうか?そのあたり詳しくわかりません。

今日紹介します「HANAMIYA」という名前のお店は、最初、フリーパーパー「Favo」の新店紹介のところに出ていたので知りました。

しかし、ネットで調べてもほとんど情報がありません。

うどんとそばのお店だというのは「Favo」で見てわかっていたので、まぁ、うどんとそばならいいか、ということで行ってみることにしました。

駐車場は、少し離れたところに2台分ありました。お店の方にお聞きしたらいいと思います。
HANAMIYA (4)

お店は3階建てで、2階はアロマやマッサージのリラクゼーションスペースになっていて、3階はキャンドルショップ。キャンドル作りを教えるキャンドル教室も開かれているようです。
HANAMIYA (3)

うどん・そばのお店との関係性がイマイチわかりませんが…。
HANAMIYA (6)

店内は海の家のような雰囲気です。
HANAMIYA (2)

3階のキャンドルショップで作られたキャンドルが1階にも売られていました。
HANAMIYA (9)

メニューは壁に貼られています。
HANAMIYA

6月に入ってだいぶ暑くなってきていましたが、私は「カレーうどん(600円)」を頼むことに。
HANAMIYA (5)

ダシは甘口ですが、「カレーうどん」なのでちょっぴり辛さもあって、普通に美味しいです。
HANAMIYA (8)

うどんは茹で上げ麺を使用していますが、もちっとした食感が残っていて、カレーにも合いましたよ。

牛肉もたっぷり入っていましたが、肉が苦手な私は食べません。^^;

冒頭に温泉地の飲食店の顧客ターゲットについて書きましたが、こちらのお店のターゲットは地元の方ですね。ご馳走様でした。

HANAMIYA
石川県加賀市山代温泉万松園通り
TEL 090-6689-1385
10:00~18:00
月・火曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

北陸自動車道の徳光PAの上りに「はくさん街道市場」というハイウェイオアシスがありました。

昨年にテナント運営会社が倒産して、相当数の店舗が退去を余儀なくされたというニュースが記憶に新しいところです。

一部の飲食店は自主運営という形で頑張っていましたが、私のブログでは昨年秋に「寿し処 高尾」という寿司店を紹介しています

今日紹介します「吉本製麺 嵐」も、そのはくさん街道市場の2Fにお店がありましたが、今年3月に、同じ白山市の白山インターのすぐ近くに独立店を構えて営業を始めています。

やはり自主運営では集客が難しいのかもしれませんね。
吉本製麺 嵐

お店は元々は「お多福 松任旭店」だったところを、ほぼ居抜きで使っているみたいです。
吉本製麺 嵐 (4)

店内は広いです。
吉本製麺 嵐 (2)

お店の入り口のサンプルケースです。サンプルケースを見る限りは「お多福」のようにうどん・そば・丼もの中心。
吉本製麺 嵐 (3)

奥にはうどんを打つスペースもありました。

朝9:00~11:00間はモーニング営業をしていますが、コーヒーとトーストと玉子のモーニングセットのみです。
吉本製麺 嵐 (6)

お品書きの中の、こちらの開店記念特別価格のメニューに目が行きました。
吉本製麺 嵐 (5)

数量30尾となっていて、たぶん海老天が30尾までの限定価格ということでしょうが、410円引きになっています。

私が頼んだ「冷海老天おろしうどん」の場合は半額になる計算です。

これは頼まないわけにはいかないでしょう!

で出てきたのがこちら。
吉本製麺 嵐 (7)

天ぷらは海老が一尾だけと寂しいですが、410円と考えたらやむを得ないですね。もっとも正規の820円も同じ内容なのか知りたいです。
吉本製麺 嵐 (8)

うどんは自家製手打ちでモチモチした食感で美味しかったですよ。海老天もレアな食感でした。

場所的にはそれほどいいところではないような気がしましたが今後どうでしょうか?頑張っていただきたいですね。ご馳走様でした。

吉本製麺 嵐
TEL 076-272-8211
石川県白山市中新保町75
9:00~21:30(L.O.21:00)
日曜は9:00~15:00
9:00~11:00モーニングメニューだけ


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ