あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: うどん

大阪のうどんは大好きです。大阪に住んでいるときにも、何度もうどん屋さんに足を運びました。

大阪うどんの特徴は澄んだ上品なお出汁と柔らかな麺です。

今日は、そんな大阪うどんを食べさせてくれるお店「松屋うどん」を紹介したいと思います。
松屋うどん (4)

あべのキューズタウン内に、この地区の再開発時に元々あったお店などが入っているエリアがあり、そこで営業されています。移転前は立ち食いのお店だったようですが、いまはちゃんと座って食べるお店に変わっています。
松屋うどん (6)

立ち食いのとき値段がどうだったかは知りませんが、こちらに移転してからも立ち食いのときと同様、とてもお財布にやさしいお店だと思います。
松屋うどん (5)

お店の前にご覧の食券の販売機がありますが、かけうどんやそばは一杯200円です。丼物の種類もたくさんあって選ぶのに迷いました。

店内は、11:45の時点ですでに一杯です。我々は相席で4人掛けのテーブル席に何とか座ることが出来ました。その後も次から次へとお客さんが入ってきます。繁盛しています。

私が頼んだのは、天とじ丼ときつねうどんのセット(530円)です。
松屋うどん (3)

まず、きつねうどんが出されます。器の色が黒いので写真ではわかりにくいかもしれませんが、とても澄んだ汁で味も上品この上ないダシ。でもしっかり昆布とかつおの旨みが効いています。

お揚げも長方形の大き目なのが1枚乗せられています。甘めの仕上がりです。
松屋うどん (2)

麺も大阪うどんそのもの。柔らかくてのど越しもよく、ツルリと胃の中に入っていきます。
松屋うどん

天とじ丼のほうは、こちらもダシで美味しくとじられていて、天ぷらの衣にシュンでます。

最近は、このようなセットだと全部食べきれなくなって、丼のご飯を少し残してしまいました。^^;
松屋うどん (7)

こちらは一緒に行った人が頼んだ親子丼。うどんは同じきつねうどんにしていました。何となく大阪に来ると、うどんはきつねうどんを頼んでしまいますね。

ワンコインちょっとで、美味しいおうどんを丼をセットで食べられるのはうれしいお店です。ご馳走様でした。

松屋うどん
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1
 あべのキューズタウン
TEL 06-6644-6777
月~土7:00~22:00
祝8:00~22:00
日曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

上海には日本人が10万人ほど住んでいるようです。小松市の人口とほぼ同じですね。^^;

それだけ多くの日本人が住んでいるということは、自ずと和食のニーズも多くなるわけです。

さて、今回出張で上海に行き、ランチを食べたお店について書きたいと思います。

場所は上海虹橋(ホンチャオ)というエリア。外国企業のオフィスビルが多いところで、日本企業も数多くオフィスを構えています。
上海 (6)

写真は石川県上海事務所の入っている上海国際貿易中心です。

また、この近くには日本総領事館もあって、日本人が多く働いていたり住んでいたりするエリアでもあります。そんな関係で和食のお店が多いわけです。
上海 (8)

お店は、これらにほど近い場所、虹橋新世紀広場の前のR形状したビルの2階にあります。

このビルに入っているお店は和食のお店が多く何軒もありました。
絞兵衛 (2)

その中から選んだのが今日紹介する「そば処 紋兵衛 虹橋店」です。経営は日本人のようですが、チェーン展開されており上海に8店舗も構えています。

提携の蕎麦産地より直接取り寄せた蕎麦を使用していて、出汁とともに自家製。そんなことで人気のお店のようです。
絞兵衛 (5)

お店は2階で、靴を脱いで入ります。琉球畳が敷かれていました。お店も広く我々は一番奥のテーブル席に通されました。
絞兵衛 (4)

メニューの種類も多く、ランチメニューはこんな感じです。本当に日本のお店と同じようか感覚で選ぶことが出来るほど豊富な種類です。
絞兵衛 (3)

ここに出ているのは蕎麦のメニューばかりでしたが、お店の入り口に出ていた日替わりメニューに「野菜あんかけうどんセット(65元)」というのがあってそちらが気になりました。そこで結局、二人ともそれを頼むことにしました。

このセットには、先ほどのメニューに記載のミニ丼ぶりから一つを選ぶことが出来ます。
絞兵衛 (8)

私は、本日の炊き込みご飯の「五目ご飯」を、
絞兵衛 (7)

一緒に行った人は、こちらの「かきあげ丼」を頼むことに。
絞兵衛 (6)

「野菜あんかけうどんセット」はこんな感じです。
絞兵衛 (9)

茶碗蒸しと小鉢、大根サラダ、香の物、味噌汁が付いてきます。

結論から書きますと、日本のこの手のお店の味と変わらないといいますか、日本の味そのもので美味しかったです。値段がその時のレートで1,140円ほど。若干日本で食べるよりは高めですが、満足度は高かったですね。

五目ご飯もそうです。ご飯もパサついた感じもなくよかったです。
絞兵衛 (10)

野菜あんかけうどんも、太めのうどんに餡がからんで熱々。上海も寒い日だったので体が温まりました。
絞兵衛 (11)

食後にはコーヒーも付いてきます。(ほか梅茶や昆布茶も選べます) 

お店に入ったのが11:40頃で、我々が食べ始める12時ごろには、大勢のお客さんが入って満席状態でした。

もちろん、日本人のお客さんは多かったですが、中国人のビジネスマンの方も多くいましたね。

いや、参りました。海外でも手軽に蕎麦やうどんを食べることが出来るのは、麺食いの私としてもうれしいです。ご馳走様でした。

そば処 紋兵衛 虹橋店
上海長寧区興義路48号
 虹橋新世紀広場西部商場2階
TEL 021-6231-8677
11:00~14:00
17:30~24:00

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング 

先日紹介した「はかた天乃 KITTE 博多店」があるKITTE博多のビルのとなりにJRJP博多ビルはあります。
福岡屋 (12)

地下通路で両ビルはつながっていて、JRJP博多ビルのほうは「駅から三百歩横丁」というネーミングの飲食店街となっています。ここは、いわゆるフードコートのような感じです。
福岡屋 (4)

駅近くの一当地ですが、福岡でも人気店となっているところが出店していて、ランチ時にはとても混み合っているようです。
福岡屋

さて、今日紹介する「福岡屋」は、薬院にある人気の居酒屋「二〇加屋 長介(/ニワカヤチョウスケ)」が経営しているうどん居酒屋。

また、警固四つ角(大名)近くの「釜喜利うどん」も姉妹店にあたります。

いつもの通り、少し早目の時間にお店に到着。フードコートに並んでいるようなオープンな作りの店舗ばかりで、ここも、カウンター席に狭いテーブル席(高めのテーブルで当初は立ち飲みのような使われ方?)が数席だけのお店です。
福岡屋 (3)

ランチメニューはこのようになっています。
福岡屋 (8)

その中から私が頼んだのは「あさりうどん(税別900円)」。

他の方のブログなどを見ると、当初はメニューにはなかったようで、「二〇加屋 長介」で出していたうどんメニューのようです。

うどんであさりの具が乗ったものはあまり食べたことがないですが、あさりの旨みとうどんのダシとは相性はいいと思いますので、当然組み合わせとしてはばっちりだと思い頼んでみることにしました。

値段は900円と少し高めですが、美味しいうどんのダシに、さらにあさりの旨みが加わってなかなか美味しかったです。
福岡屋 (9)

うどんは、博多うどんのようなコシのない柔らかいうどんではなく、弾力のあるコシでツヤもありのど越しもいい麺です。

博多うどんは、コシのなさがある意味特徴でありウリ。私もひそかに好きなうどんですが、こちらのうどんもなかなかよかったですよ。
福岡屋 (10)

驚いたのは、あさりの量です。殻入れが一人分で一杯になるほどの量でした。これはうれしいですね。
福岡屋 (5)

お昼は、「かしわおにぎり」と「おいなりさん」が一個ずつ付いたセットが+100円で頼むことが出来るのもうれしいです。福岡のうどん屋さんでおにぎりといえば「かしわおにぎり」が定番です。
福岡屋 (6)

こちらは一緒に行った人が頼んだ「ごぼ天うどん」。大きなごぼ天が乗せられています。
 
福岡屋 (7)
カウンターには「干し海老入り天かす」が置かれていました。これを途中で加えると、香ばしい香りと味がプラスされました。
福岡屋 (11)

あさりの旨みが染み出たお汁。飲み干したかったんですが、年を取ると塩分のことも気になるので、この辺でやめにしました。残念。

夜も人気で。居酒屋メニューも多いみたいなので、機会があれば行きたいと思います。ご馳走様でした。

福岡屋
福岡県福岡市博多区中央街8-1
 JRJP博多ビルB1F
TEL 092-409-0302
月~金11:00~14:30 16:30~24:00
土・日・祝11:00~24:00
無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

昨年に、北陸新幹線が金沢まで延伸したことで、石川県と長野県はずいぶんと近くなった気がします。

昔は、車でも電車でも4~5時間はかかったところ、いまでは新幹線で1時間5分という短さです。

しかしながら、私も長野県については、プライベートでは実に久しく行っていなかったり、知識的にもほとんど知らないということに気づきした。^^;
春近 (3)

今日紹介します、東京は湯島。そう!湯島天神で有名なところですが、その地下鉄の駅の出入口隣にあります「おざんざ」のお店「湯島 春近」に行ってきました。

「おざんざ」とは信州うどんのことで、山梨県の「ほうとう」に近いようです。

実は、「湯島 春近」は、私もよく存じ上げていて、小松にも昔、公私ともに何度も来ていただいたことがある荒井久さんのお店なのです。そうそう!だいぶ前のことですが私の披露宴にもわざわざ東京から遠路はるばる出席していただきました。

お店がオープンしたのは今年の2月。荒井さんは長野県佐久市出身。「湯島 春近」をオープンさせる前も、長野県産の野菜などの野菜をオンラインショップで販売したり、その野菜を使ったベジタブルダイニングのお店をやっていたりしていました。そしてこのたび、生まれ故郷である長野に関係するビジネス経験をいかして、今回の「湯島 春近」というお店のオープンに至ったということです。

ちなみに、お店の名前は、荒井さんの亡くなられたお兄さんのお名前だそうで、6人兄弟の5番目だった荒井さんは、小さいころお兄さんが作ってくれた「おざんざ」の味を忘れられずに、このお店をオープンさせたのです。

お店のシェフは、荒井さんの奥さまの俊恵さん。生まれが静岡県伊東市。実家が鮨屋を営んでいたということで、小さいころから料理に興味を持っていたということでした。某有名ホテルに勤務のあと、別の会社勤めを経験し、荒井さんと結婚後は、前述のベジタブルダイニングのお店での経験が、料理人としての本能を目覚めさせました。

そして、ヨーロッパでのイタリア料理研修などを積み重ね、いまの「おざんざ」のお店「湯島 春近」の味のベースを作っています。

さて、いわゆる郷土料理である「おざんざ」は、基本はうどんですが、今の時代、美味しいうどん屋さんは東京にもたくさんあります。いくら料理の素質があってもなかなか勝負するのは苦しいと思うのですが、俊恵さんはヨーロッパでのイタリア料理研修で培った経験と、鮨屋が実家という彼女の生まれ持った料理のセンスをいかして、後述するような創作系の「おざんざ」をメニューに加えるなどの工夫をしています。そしていまではお品書きには和洋色々な「おざんざ」が並ぶようになっています。

また素材や水にもこだわっていて、化学調味料を使わず、できる限り天然素材・無添加。全国各地から美味しくなる調味料を取り寄せおり、うどんの命ともいえる出汁は、羅臼昆布と伊吹産イリコ大羽を前日から水出しし、鰹節・宗田節・鯖節の厚削りを加えて白出汁を作っているのです。また、使っている水は「πウオーター」です。

讃岐うどんで有名になったイリコを使っているうどん店は最近は増えていますが、特に冷たい出汁のときにエグミのない美味しいのを作るのが難しいのです。
春近 (4)

シェフが奥さまで、ご主人の久さんはサービス担当。店舗面積は8坪でカウンターのみ12席の狭い店内。ご主人の久さんは、少しお邪魔なようです。(笑い)

そしてこの日は、もう一人懐かしい人との再会がありました。墨絵アーチストの岡林里依さんです。

彼女とも、むかし、東京や小松で色々ご一緒させていただいた仲で、今回、約11年ぶりの再会となりました。高知出身の里依さんは女性ながら豪快そのもの?^^; 思ったことをずばりと話されます。その性格は作品である墨絵にも表れていて、墨の濃淡を躍動感に描いた彼女の墨絵は、著名建築のインテリアの一部として重要な要素となっていたり人気のアーチストなのです。

私がお店に伺ったのは、夜の8時少し前。ちょうど入れ違いに外国人のご家族がお店から出てきました。海外からのお客さんも多いということです。

「うどん」という日本文化から生まれた料理の認知度も上がってきているのですね。鮨や天ぷら、すき焼きなど、これまでの日本食におけるステレオ的な、通り一辺倒の食べ物だけではなく、色々正確な認識が世界で広まるのはいいことです。

この日、一軒目は別なお店で軽く飲んできた私は、岡林里依さんが到着するまでの間、日本酒と軽めのおつまみを出してもらいながら、荒井さんと積もる話をして待ちます。
春近 (8)

飲んだのは、こちらの信州のお酒「千曲錦」の辛口特別純米酒。アルコール度数も高くなく、さらりとした飲み口で美味しかったです。限定酒だそうです。
春近 (7)

酒の肴には冷たい揚げ出しナスを出していただきました。

ほどなく岡林里依さんが到着して、これまた懐かしい話をたくさんしながら、美味しい料理に舌鼓をうちます。
春近 (11)

こちらは北海道の柳ダコの卵だそうです。タコの卵というのは初めて食べました。卵そのものに味があるわけではなく、穴子の稚魚のノレソレのようにツルッとした食感、ポン酢醤油でのど越しを楽しむものです。
春近 (16)

ワカサギ天です。長野のわかさぎの旬は冬なのでしょうが、これは茨城産だそうです。茨城産のワカサギは「夏ワカ」と呼んでいて、7月21日解禁。行った時がちょうど解禁直後だったので旬の味を楽しむことが出来ました。ちなみに茨城産のワカサギは7月から12月まで出荷が続きますが、7月、8月の夏ワカが柔らかくて天ぷらに最適とされています。酒のつまみに最高でした。
春近 (15)

胡麻豆腐です。濃厚な胡麻の味です。
春近 (18)

こちらは、里依さんが頼んだ「牛肉とナスの生姜焼き」だったかな?私は食べていません。
春近 (14)

この酒は里依さんが頼んだ、私と同じ千曲錦の純米大吟醸の原酒です。
春近 (17)

あと、宮崎県の王手門酒造の芋焼酎で「牢(ろう)」なんて、面白い酒も置いてありました。牢屋をイメージしてラベルは畳表?ムシロ?という代物でした。こちらは飲んでいません。

そして最後は締めは、もちろん「おざんざ」です。今回、「湯島 春近」で食べたいおざんざは実は決まっていました。「ツナニラペペロンチーノ」と「豚野菜チーズカレー」です。

この2品は、グルメ通で有名なアンジャッシュの渡部さんが、こちらのお店に来て食べていたからです。彼は大変この2品を気にいってくれたそうです。

と聞けば食べないわけにはいかないでしょう!?
春近 (19)

こちらが「ツナニラペペロンチーノ」です。具材はメインのニラとツナ、ナス、しめじ。まさにパスタ感覚で食べられる「おざんざ」です。

「おざんざ」に使われている麺は、「ほうとう」に使われる太麺を2mm幅に切り出した細麺を使っていますが、この麺が何とも言えない食感でした。うどんとは少し違った弾力というか食感で、グニャとした感じなのですが、コシもあって不思議な感じでした。

ペペロンチーノの味の決め手であるオリーブオイルには、エキストラバージンオリーブオイルを使っているそうです。濃厚な味でしたが、後味すっきり、具だくさんのおいしい「ほうとう」でした。

まさに「和」と、奥さまの得意分野である「イタリアン」の融合ですね。
春近 (21)

「豚野菜チーズカレー」はこちらです。「ツナニラペペロンチーノ」も美味しかったですが、個人的にはこちらのほうが好みの味です。ヒットでした。
春近 (23)

先ほどの「ツナニラペペロンチーノ」の2mm幅の細麺より、1mm太い3mmのを使っています。この2が3になるだけで、食感や食べた時の味などがこれほど違うのですね。

モチッとした食感の麺になっていて、チーズカレーという濃厚な味にも負けない麺になっていました。

うどん屋さんで食べるカレーは、出汁がきいたサラッとしたのが多いのですが、チーズカレーということで、この味を出すことに苦心したと話されていました。ちなみに、カレーのスパイスの調合はご主人の久さん担当だそうです。

本当は、昔からある「おざんざ」の食べてみたかったのですが、この日はこれでお腹が一杯になりました。これは次回の宿題ということで。

さて、本当に久しぶりにお会いしたお二人。昔のままのお元気な姿を拝見して、10数年前に色々ご一緒させていただいたころのことが走馬灯のように記憶がよみがえってきました。

この日は「おざんざ」という新しいうどんの味にも出会えました。そして、なつかしく、そして束の間でしたが楽しいひと時を過ごすことが出来ました。ありがとうございます。そしてご馳走様です。

湯島 春近
東京都文京区湯島3-47-10
TEL 03-5842-1134
11:30~15:00 
17:30~22:00
日曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング    

小田井駅にほど近い場所にあるうどん店「和家(なごみや)」は、名古屋名物のきしめんではなく、普通のうどんを食べさせてくれるお店です。

この日は梅雨明け後の名古屋日帰り出張でのランチネタです。

気温が34℃だったこともあって、さっぱりとしたうどんでも食べたいということで探して見つけました。
和家

最初、表通り側からお店に入りましたが、裏にも大きな駐車場がありました。おっと、入口は表も裏も同じような作りで、どちらが主とかはわかりません。駅に近い方が表でしょうか?

店構えも、エントランスから店内への導線もうどん店らしくないです。
お店にはちょうど12時に到着しましたが、意外と広いお店には、15~16名ぐらいの先客がすでに食事をしていました。なかなか人気店のようです。

我々が入った後も次から次へとお客さんがやってきて、店内はほどなく一杯に。
メニューを見渡すと、御膳・定食・丼セットなども色々あって、品数は豊富です。

我々は、お店の入り口に掲示されていた、火曜日限定で数量も限定の「鉄火丼ランチ(850円)」が、お得そうだったので頼むことにしました。

温かいうどんと冷たいざるうどんがチョイス出来ます。ざるうどんは+100円となっています。一応、ミニうどんも普通サイズも同じ値段ということだったので、私は冷たいざるうどんの普通サイズをお願いしました。
和家 (2)

こちらがそうです。これだけでもボリュームがあって、鉄火丼のご飯を全部食べきることが出来ませんでした。すみません。^^;
鉄火丼もマグロの切り身もそこそこ量があってよかったです。これで950円はお得ですね。
こちらは、一緒に行った人が頼んだ温かいミニうどん。ダシは名古屋ということで、関東と関西の中間のような感じです。こちらも美味しかったようです。

うどんもコシがあってのど越しもよく、コスパも優れているので人気があるお店なのでしょう?ご馳走様でした。

うどん・御膳 和家
愛知県名古屋市西区八筋町212-1
TEL 052-505-1201
11:00~14:00
17:00~21:30(L.O.20:45)
月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング         

このページのトップヘ