あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 地域・旅行

小松市にある温泉地「粟津温泉」。

前は忘年会などでもよく利用していましたが、近年はさっぱり行かなくなりました。^^;

最盛期は多くの温泉客で賑わいましたが、いまは他の温泉地でも見られるように、廃業する温泉旅館が多く一抹の寂しさを覚えます。

さて、そんな粟津温泉ですが、私のブログでは総湯と足湯ぐらいしか記事として残っていりません。

今回、小松市粟津温泉にある伝統工芸のテーマパーク「ゆのくにの森」と「恋人の聖地」に久しぶりに行ってきましたので改めて書きたいと思います。

「ゆのくにの森」へは14年以上ぶりです。^^;

私のブログが始まったころに簡単に紹介したことがあるのですが、その時の内容は削除してしまったようです。
ゆのくにの森

「ゆのくにの森」は、とても広いエリアに茅葺の古民家を移築した建屋がいくつもあって、その中で石川や福井の伝統工芸を体験しながら楽しめるという、いわばテーマパークになっています。入場料金は大人税込540円。昔より安くなったでしょうか??

伝統工芸は九谷焼・山中漆器・加賀友禅・金箔・ガラス・和紙などです。
ゆのくにの森 (2)

こちらは園内のマップ。来園客はやはりインバウンドの方が多かったです。
ゆのくにの森 (12)

「伝統美術の館」では、古九谷の展示などありました。
ゆのくにの森 (15)
ゆのくにの森 (16)

昔のわらぶきの民家ですね。囲炉裏もありました。
ゆのくにの森 (19)

どこかで見たような書体の字。小松市在住のデジタルアーチスト、長谷川章さんの字です。
ゆのくにの森 (18)

こちらの「九谷焼の館」では、九谷のろくろ成形や色絵付けの体験コーナーがありました。
ゆのくにの森 (23)

「山中漆器の館」です。
ゆのくにの森 (26)

「ガラス工芸の館」でも体験できます。
ゆのくにの森 (30)

「和紙の館」でも手漉き和紙の体験コーナーと、そば打ち道場まであります。参加型テーマパークですね。
ゆのくにの森 (32)

「世界の色絵陶磁器ギャリー」です。
ゆのくにの森 (35)

他にもいくつか施設があって、伝統工芸が好きな人は一日居ても飽きないテーマパークかもしれません。

ゆのくにの森
石川県小松市粟津温泉ナ-3-3
TEL 0761-65-3456
9:00~16:30
GW、夏季期間17:00まで
冬期間や年末年始など臨時休業あり(詳細はHPで)

お次は、近年売出し中?の「恋人の聖地」としての粟津温泉です。

粟津温泉では毎年8月の最終木曜~土曜に「おっしょべ祭り」というお祭りが開催されています。

そこで「おっしょべ節」という民謡が謡われ、「おっしょべ踊り大会」が開催されるのですが、その「おっしょべ節」のもととなっているのが「おっしょべ物語」という宿屋の奉公人同士の恋物語なのです。
粟津温泉 (6)

伝承の物語としては珍しくハッピーエンドのお話だということにあやかって、「恋人の聖地プロジェクト」に申請して石川県で最初に認定された場所になったようです。
粟津温泉 (3)

お約束の「愛の南京錠」がたくさんかけられています。
粟津温泉 (5)

そしてこちらが「幸せの鐘」。
粟津温泉 (7)

1回鳴らすと「恋が見つかる」。3回鳴らすと「愛が深まる」。5回鳴らすと「あの頃の想いが蘇る」と書かれています。

恋を成就したい方は是非行ってみてはいかがでしょうか?

あわづ温泉 恋人の聖地
石川県小松市粟津町ル6
TEL 0761-65-1834

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今年も開催されました、東日本大震災復興イベント「キャンドルナイト&Music 2019」。
キャンドルナイト (19)

毎年3月第1日曜日に小松市八日市商店街のアーケードで開催されています。
キャンドルナイト (13)

ちなみに昨年の様子はこちらに書いています
キャンドルナイト (7)

仕掛け人はボランティアチーム「チームこのへん」。その中心が「月よみ山路」で有名な松葉屋の那谷くん。左側がそうです。右側は会場となっている八日市商店街が所属する小松中心商店街振興組合連合会の高野哲郎会長です。
キャンドルナイト (14)

今回、天気が少し心配だったのですが、開催されている時間帯は小雨が降りましたが大きく崩れることがなく、今年も多くの人で賑わっていました。
キャンドルナイト (22)

私はボランティアに参加できないので、ブログでの告知と会場に行ってお金を使ったり寄付したりするのみです。

今年はこれまでとは会場のレイアウトが逆になっています。
キャンドルナイト (10)

チャリティライブも例年通り開催されていました。

今年会場で期待していたのは、約1年後に小松市でお店をオープンするスリランカカレーを食べること。
みなとや食堂_0297

昨年6月にご主人が亡くなられて閉店になった、24時間営業で全国的にも有名だった「みなとや食堂」の場所で、新しく「兄貴のカレー」というカレー屋さんを開業するのです。
みなとや

話は横道にそれますが、昨年4月に福岡のホテルでテレビを観ていたらTBSの「あさちゃん」という番組で取り上がれれていたことを思い出しました。この2か月後にお亡くなりになられたわけです。
キャンドルナイト (25)

さてスリランカカレー!日本ではあまりなじみがないかもしれません。

大阪発祥でいま人気のスパイスカレーに通じるものがあります。ココナッツミルクが味の特徴ですがとてもスパイシーなカレーなのです。
キャンドルナイト (4)

この日のメニューはこんな感じでした。

私はチキンが苦手なので、「酸味は隠し味のチキンカレー」は除いてもらいました。そのためカレーは「風味高い豆カレー」1種類のみです。でも、かけられている春菊のサラダとカカオ風味のココナツふりかけがいい仕事していましたよ。
キャンドルナイト (5)

美味しかったです。来年小松のお店がオープンするのが楽しみですね。お話をお聞きすると、小松のお店がオープンするまでは各地のイベントなどに出ているそうです。

さて、この日はもう一軒、山中温泉に昨年移転オープンした「つぼ家」にもお邪魔しました。
キャンドルナイト (8)

私のブログではこちらで紹介しています

金沢の知人がお手伝いしていました。

この後、もう一軒別なところで食べる予定だったので、「オリジナルハーブ岩塩」の4個のみ。おつりは募金箱へ。
キャンドルナイト (24)

独特の少し俵型の形状です。

シンプルな味付けだけに生地の美味しさを味わうことが出来ます。美味しかったです。
キャンドルナイト (32)

帰りにお店特製の「つぼ家のスモークチーズ(800円)」を買い求めましたが、こちらはまだ食べていません。りんごのチップで燻されているようで食べるのが楽しみです。

ボランティアの「チームこのへん」の方々や、賛同してお店出してくださった方々、そして来場してくださった方々に敬意を表します。ありがとうございます。そしてご馳走様でした。また来年!

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

前回、熱海観光について紹介をしましたが、今回は箱根と東京でプチ観光してきたところの紹介です。

箱根エリアにはここ5年ほど連続で行っていますが、今回、芦ノ湖周辺を周りました。

熱海で宿泊して翌日は富士山の麓にある霊園まで墓参。移動はレンタカーです。

今回は芦ノ湖周辺ということで、行きは芦ノ湖スカイラインを通ることに。
富士山 (5)

熱海を出発するころは曇り空だったのですが、芦ノ湖スカイラインの絶景が見渡せる三国峠に着いた頃には、ご覧のように富士山もきれいに見えるようになりました。日頃の行いですね。(笑い)

去年はまだ冠雪がなかったのですが、今年は頂上付近が雪化粧した富士山を見ることが出来ました。

三国峠からは、駿河湾や遠く三島・沼津市街も眺めることが出来ます。
芦ノ湖

また三国峠からではありませんが、反対側には芦ノ湖の全景も見ることが出来ます。
芦ノ湖 (3)

裾野まで広がる雄大な富士山を見て気分も良くなったところで、妻のご先祖様のお墓参りを済ませて、帰りは短い時間でしたが芦ノ湖周辺を散策しました。
芦ノ湖 (2)

箱根神社の第一鳥居です。
箱根

そして箱根といえば箱根関所。かつて箱根にあった関所を復元した観光施設があります。
箱根 (4)

江戸後期の姿の大番所や獄屋、遠見番所などが復元されていて見学は有料で500円でした。社会見学でしょうか?小学生がたくさん来ていました。
箱根 (2)

箱根関所資料館も入ることが出来ましたが、歴史に興味のない方はあまりお金を払ってまで見なくてもいいかもしれません。^^;

箱根関所・箱根関所資料館
神奈川県足柄下郡箱根町箱根1番地
TEL 0460-83-6635
9:00~17:00(12月~2月は16:30まで)
※入場は閉館の30分前

そして、箱根関所の近くにある「箱根駅伝ミュージアム」にも行きました。
箱根 (10)

新春の風物詩とも言える箱根駅伝。来年の箱根駅伝は95回を数える歴史ある大学駅伝競技会です。
箱根 (8)

「箱根駅伝ミュージアム」は箱根駅伝のゴール地点隣にあります。

過去の大会の名シーンの写真や往年の名選手が愛用した品々などが展示されていて、こちらも入場料500円です。

残念ながら館内はグッズ売り場も含めて写真撮影禁止でした。

こちらも箱根駅伝に興味のある方にはうれしいですが、そうでない方にはあまり面白くないかもしれません。

箱根駅伝ミュージアム
神奈川県足柄下郡箱根町箱根167
TEL 0460-83-7511
平日10:00~16:30
土日祝9:30~17:00
入館は閉館の30分前まで
無休
※冬期営業については要確認

話題は箱根から東京へ移ります。

今回は東京では時間を決めずに周りました。
豊洲市場 (10)

ホテルをチェックアウトしてまず向かったのは10月11日にやっと開場した「豊洲市場」。開場までには色々ありましたね。
ゆりかもめ

「豊洲市場」へは新橋で久しぶりに「ゆりかもめ」に乗り換えて行きましたが、ビッグサイトで展示会が行われていたため、駅は大混雑していました。^^;
豊洲市場 (18)

もちろん市場のほうもです。

「豊洲市場」は新しい施設ですが、文化の日のニュースにもなっていた魚臭が水産仲卸売場棟付近でしていました。
豊洲市場 (6)

こちらは管理棟の中。築地でセリにかけられた過去最大のマグロの実物大の模型が置かれていました。
豊洲市場 (5)

こちらは東京都の公式ゆるきゃらである「イッチーノ」。市場の精なのだそうです。^^;
豊洲市場 (8)

水産卸売場棟の見学通路からは、近々マグロのセリの様子を見ることが出来るようになるそうです。
豊洲市場 (13)

また水産仲卸売場棟の通路見学ギャラリーには、市場でよく利用されている運搬車の通称ターレが展示されていました。
豊洲市場 (14)

水産仲卸の人たちが働いている姿も見ることが出来るよう覗き窓がありましたが、私が行った時間はもうすでに営業は終わっていました。

お次は皇居の近く北の丸公園にある「国立近代美術館&工芸館」。

私は2年前にも行っていますが、妻はまだ行ったことがなかったので再訪しました。
国立近代美術館工芸館 (3)

ちなみに、国立近代美術館工芸館は2020年に金沢に移転します。
国立近代美術館工芸館

この日は日本・スウェーデン外交関係樹立150周年「インゲヤード・ローマン展」というのをやっていました。

私は知りませんでしたが彼女はスウェーデンを代表するデザイナーであり陶芸家なのだそうです。

一部写真撮影可能なエリアがあったので写真を撮ります。
国立近代美術館工芸館 (6)

シンプルな造形ですが、温かみのある使いやすそうなデザインの食器でしたね。

「インゲヤード・ローマン展」は12月9日までの開催です。

その後、本館のほうも駆け足で見ます。
国立近代美術館

「MOMATコレクション」です。こちらは写真撮影okでした。
国立近代美術館 (2)

6点の重要文化財の絵画が展示されていました。内容・量とも見応えがありましたね。
国立近代美術館 (8)

こちらは2019年1月20日まで開催されています。

でもやはり東京は質の高い作品をいつでも見ることが出来てうらやましい限りです。

しかし、工芸品については2020年から金沢で楽しむことが出来るようになるので、こちらは期待大です。

国立近代美術館工芸館
東京都千代田区北の丸公園3-1
TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
10:00~17:00
入場は16:30まで
月曜休館

国立近代美術館工芸館
東京都千代田区北の丸公園1-1
10:00~17:00
入場は16:30まで
月曜休館

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎年行っているお墓参りを兼ねての旅行。

今年は熱海で宿泊して、翌日、レンタカーで向かうことに。

日本有数のリゾート地である熱海。私は初めてです。妻は東京で育っているので何度か来たことがあるようですが、石川県に住む者にとっては熱海という場所は意外に時間的に遠いため、なかなかなじみがない温泉地ではないでしょうか?

さて、熱海は東京から新幹線で40分弱という地の利を生かした一大観光地です。
熱海 (18)

駅ビルも新しくなっていました。

戦後の高度成長期の時代からバブル期にかけては、観光地として大いに賑わっていましたが、バブルがはじけて一転落ち込んでしまった時期がありました。景気がいいときは。山代温泉のホテル百万石が熱海にも巨大な旅館を経営していましたが、いまは「うたかたの夢のあと」です。

しかし近年、熱海の人気が「奇跡のV字回復を果たした」としてメディアにも取り上げられていいます。

この日も平日にもかかわらず観光客が多かったです。しかし、観光客の年代はちょっと高めでした。

今回、そんな熱海を半日という短い時間ですが、周遊バスでかけ足で観光してきましたので紹介したいと思います。

利用したのは地元のバス会社の周遊バス「遊~遊~バス」。その熱海発見クーポン2というのを利用しました。
熱海 (2)

私の利用したクーポンは、MOA美術館とアカオハーブ&ローズガーデンの入場料金込みで、普通に払うよりも800円お得になっているセットでした。

駅前でランチを済ませて、さっそくMOA美術館に向かいます。バスでは7分ほどのところにあるのですが、熱海の街は勾配がきつい土地に作られていて、急な坂を登って行きます。とても歩いていく気はおこりませんね。
MOA美術館 (3)

MOA美術館は、世界救世教の教祖である岡田茂吉氏が創立者した美術館で、彼のコレクションを主に展示してる施設です。

MOAはモアではなくエムオーエーを読みます。

熱海の勾配のきつい土地を利用した凄い建築物で圧倒されます。
MOA美術館 (4)

バス乗り場からの入り口から館内に入ると、まず長いエスカレーターを4~5回登ってロビー階まで移動します。そこが2階になっていて、上下フロアが展示室になっています。
MOA美術館 (8)

昨年ロビーエリアと展示スペースがリニューアルされていて、設計は世界的に活躍している現代美術作家の杉本博司氏と建築家の榊田倫之氏によって主宰される「新素材研究所」が手がけています。

ちなみに杉本博司氏の展示会は私は何度か見に行っています。
MOA美術館 (23)

メインロビーや屋外の階段から、初島や伊豆大島、房総半島から三浦半島、伊豆半島までを眺望できます。1大パノラマです。
MOA美術館 (15)

今回、美術館ではリニューアル記念の特別展「信長とクアトロ・ラガッツィ 桃山の夢と幻 + 杉本博司と天正少年使節が見たヨーロッパ」というのが開催されていたので、それを見ました(すでに終了しています)。

MOA美術館は、館所蔵の品は基本的に写真撮影ok!

SNSでの拡散も奨励されていたので、少し作品についてもアップしますね。

MOA美術館の所蔵作品で一番有名なのが尾形光琳の「紅白梅図」ですが、この国宝は梅の咲く時期にしか公開されないので残念ながらみることが出来ませんでした。
MOA美術館 (29)

これは国宝の色絵藤花文茶壺。野々村仁清作です。野々村仁清作の手がけた作品は、同じく国宝の色絵雉香炉が石川県立美術館にもあります
MOA美術館 (12)

館内には能楽堂まであります。
MOA美術館 (19)

こちらは秀吉の黄金の茶室を復元したものです。秀忠の直筆の掛け軸がかけられていました。
MOA美術館 (21)

時間の関係で今回はじっくり見ることが出来ませんでしたが、収蔵品は確かに豪華でした。

MOA美術館
静岡県熱海市桃山町26-2
TEL 0557-84-2511(代表)
9:30~16:30 (最終入館は16:00まで)
料金は大人1,600円
木曜休館(祝休日の場合は開館)


ここは海近くまで急こう配に山というか丘が迫っている熱海でも高台に位置していて、それが逆に見晴らしのいい景色を生み出している観光施設です。

ホテルニューアカオなどを経営するアカオグループが運営しています。

20万坪の広い場所にバラをはじめとする色々な草花が植えられていて、四季折々きれいな花を楽しめるガーデンになっているのです。

1月から菜の花やあたみ桜が咲き、4月にはチューリップ、5月から6月は園の名前を冠している約600種4,000株のバラが咲いて一番の見ごろになるそうですよ。

私が行った11月初旬は、園内も少し寂しい感じで、バラも一部の品種のみ咲いていました。

バスでガーデンの一番上まで上がって、下りながら順番にガーデンを見てまわりますが、急こう配に作られているため、足の悪い人にはちょっと大変かもしれません。
アカオハーブ&ローズガーデン (4)

日本庭園「天翔」にある大きな盆栽です。(笑い)
アカオハーブ&ローズガーデン (37)

アニバーサリーガーデンにはバラが何種類か咲いていました。
アカオハーブ&ローズガーデン (25)

このあたりは見晴らしがよく、初島もきれいに見ることが出来ます。
アカオハーブ&ローズガーデン (39)

なぜかブランコなんかがあったりします。
アカオハーブ&ローズガーデン (46)

イングリッシュローズガーデンやハーブガーデンもありました。

私が行った日もいい天気でしたが、天気がいい日はおすすめです。雨だと景色も素晴らしさ半減でそれなりの距離を歩くこともあり考えたほうがいいかもしれません。

アカオハーブ&ローズガーデン
静岡県熱海市上多賀1027-8
TEL 0557-82-1221
9:00~17:00 入園は16:00まで
12月・1月の毎週火曜休(※12/29~1/3は営業)
入園料1,000円

最後に、今回お昼は時間の関係で見ることが出来なかった、熱海観光のベタなところ「お宮の松」と像について。

宿泊した旅館で夕食を済ませた後、ぶらり歩いて見に出かけました。
貫一お宮 (2)

明治の文豪、尾崎紅葉が書いた小説「金色夜叉」に出てくる名場面の像と、金色夜叉の句碑、そしてお宮の松と呼ばれる松の木があります。
お宮の松

像はライトアップされていますが、松のほうはストロボを使用してもこんな感じにしか写りませんでした。

その足で、となりの「サンビーチ」に移動。こちらもライトアップされています。

世界的な照明デザイナーの石井幹子氏が手がけています。
熱海 (10)

月夜の海岸のイメージのようです。月の光をイメージした淡いブルーライトで砂浜が照らされ、幻想的な雰囲気です。

ただ、肉眼ではブルーの色が薄いので、これほどきれいに青色が見られるわけではありません。
熱海 (12)

ヤシの木はグリーンやイエローも入った3色で彩られていました。

熱海の海岸は夜でも賑わっているのかと思いましたが、11月の平日だとあまり観光客は出歩いていないようです。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

芸術の秋や食欲の秋、スポーツの秋と、秋は色々アクティブになる季節です。

10月の中旬から下旬にかけては天気も安定するときで、気温もちょうどよく屋外でのイベントにはもってこいの季節でもあります。
どんどんまつり (5)

そんな秋晴れの中、今年も私の住む小松市では「どんどんまつり」が開催されました。
どんどんまつり (6)

「どんどんまつり」は毎年秋に開催される市民祭で、手作り感が強いお祭りです。
どんどんまつり (9)

この前夜のあんどん行列は見ることが出来ませんでしたが、日曜日の「どんどんまつり」本番には、いいお天気に誘われてぶらぶら出かけてきました。
どんどんまつり (10)

市内外のグルメを集めた歌舞伎市や、ステージパフォーマンス、今年初めて開催された「北國とおり町マーケット」など、中心エリアを歩行者天国にして繰り広げられ、多くの市民で賑わっていましたよ!。
どんどんまつり (3)

また、今年は初の試みとなる「Supercar Festival in KOMATSU」も同時開催されていて、約50台ものスーパーカーが特別展示されていました。

フェラーリやランボルギーニなど、普段あまり見ることが出来ない車もたくさんあって、むかし漫画の「サーキットの狼」を読んでいた年代としては懐かしく見てまわりました。
歌舞伎市では、小松うどんや塩焼きそばの小松市のご当地グルメを始め、市内外の飲食店が多く出展、こちらも昼間からビール片手に飲み食いする人で賑わっていましたね。

ただ、今回飲食店ばかりで、いつも買っているお茶屋さんが、今年出店してなかったのがショックでした。
どんどんまつり (17)

今年初めて開催された「北國とおり町マーケット」は龍助町と龍助町北交差点間に、フード・雑貨・クラフトなどが集まって開催されたマーケットで、市内外から色々なお店が出展されていました。フリーマーケット式の古本市もやっていました。
どんどんまつり (15)

私の知っているお店も多く、こちらの日菓さんやヒラクベーカリーなど人気店も多かったです。
どんどんまつり (14)

こちらも多くの人で賑わっていました。

「北國とおり町マーケット」は毎年開かれるのでしょうか?

普段は街中の商店街は買い物客もまばら。昔のような賑わいは難しいのかもしれませんが、こんな時ぐらいはみんなで盛り上がりたいですね!?

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ