あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 地域・旅行

毎年10月末から11月頭にかけて毎年行っているお墓参りの旅。

いつも箱根に行って、温泉旅館に宿泊したり、食事を食べたりしているのですが、今年はなぜか箱根をコースに組み入れていませんでした。

そうしたら、10月の台風19号の大雨で土砂崩れが起き、箱根登山鉄道が不通。温泉旅館へ温泉を供給する配管が壊れたりと甚大な被害がありました。

謹んでお見舞い申し上げるとともに一刻も早く復旧されますことを願っております。

さて、今年は山梨県の山中湖周辺を観光してまわることにしました。

宿泊したホテルや食べたお店については後日紹介しますが、今日は観光編ということで巡ったところについて書きます。

雨の日が多かった今年の10月。出発する前日まで雨が続いていましたが、行った日以降はとても天気がよかったので、いい富士山が見えるだろうと期待していました。しかし、我々が山中湖周辺に居た約20時間ほどの時間帯では残念ながら富士山はほとんどの時間雲の中に隠れていました。
山中湖

これは山中湖村の手前にあるビュースポットの山中湖パノラマ台から写した1枚。天気がよければ左側の雲のところに富士山が見えるはずです。
山中湖 (8)

あと、移動中富士山が見えたということで、こちらも山中湖のビュースポットである長池親水公園まで急いで向かうも、到着した時には雲の中に隠れてしまいました。
富士山

この写真は、車を運転中に富士山の山頂付近が顔を出したので、急いで車を停めて写した写真です。

また今年は温かく、例年ならばちょうど行った時期辺りが紅葉が見ごろになっているはずでしたが残念ながら我々が行った時はまだ早かったです。
山中湖 (9)

一部色づいていた木々もありました。今日あたりが見頃でしょうか?
山中湖 (4)

こちらは「旭日丘湖畔緑地公園」というビュースポットで、白鳥たちが水辺でくつろいでいます。スワンボートと一緒に一枚。

夏の時期は多くの観光客でにぎわうのでしょうが、10月末ともなると平日は閑散としていました。

そこで到着して山中湖から少し北に行ったところにある「忍野八海(おしのはっかい)」に向かいます。
忍野八海 (10)

富士山の雪解け水が地下の溶岩の間で、長年の歳月をかけてろ過され湧き出したものが8つの泉になったところです。

国指定の天然記念物や名水百選に指定されていて、2013年には「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として世界文化遺産にも登録されています。
忍野八海 (11)

平日でしたがこちらのほうは多くの人で賑わっていました。ただしほとんどが海外からの観光客。日本の観光地も変わったものです。
忍野八海 (7)

本当にとてもきれいな水で透き通っていますね。

この後ホテルにチェックインしてひと風呂浴びてから、夕方、日が沈むころに「旭日丘湖畔緑地公園」に向かいました。
旭日丘湖畔緑地公園 (3)

約600mの紅葉回廊がライトアップされる「夕焼けの渚・紅葉まつり」が開催されていたからです。

しかし、こちらもまだ紅葉には少し早くて、訪れる人も少なかったです。
山中湖夕焼けの渚 (6)

「山中湖夕焼けの渚」という場所の辺りで、ちょうど雲の切れ間から陽が漏れて夕焼けが見えました。ちょっと良かったです。

やはりこのあたりの観光にとって富士山は大きな存在です。行ったときほとんど見えなかったので余計感じましたね。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

渋谷の街がここ数年で大きく変わっています。

もっとも私自身は東京に住んでいないので、どこかどう変わったのか詳しく理解していませんが、東京生まれの東京育ちの妻によると、昔の面影が少なくなっているとのこと。

毎年この頃に妻の父のお墓参りに富士山麓と東京に来るのですが、今年は東京では渋谷でホテルを取りました。

旅行のことや食べたものに関しては後日書きますが、今日はその先鞭として渋谷ネタを少々紹介します。

宿泊したのが10月31日の日。そうです!ハロウィーンの日です。
渋谷 (4)

いつもTVニュースで、ハロウィーンの様子は観てはいたのですが、その場の雰囲気などどうなのかな?と思っていました。

今回、ディナーを友人夫妻と食べた後、怖いもの?見たさで渋谷のスクランブル交差点に立ち寄ることにしました。
渋谷 (7)

まぁ、様子は皆さんもよくご存じなので詳しくは書きませんが、私の感想を書けば、思ったより秩序ある?感じで、平日だったからかもしれませんが仮装の人たちもそんなに派手な感じではなく、数も少なかったような気がしました。
渋谷

ちょっと失礼して後ろ姿をパチリ。

もちろん大きな声をあげて騒いでいる人も居ませんでした。その代わり?外国人の姿が目につきましたね。
渋谷スクランブルスクエア (9)

そして我々が宿泊したホテルのほぼ隣に。11月1日に新しくオープンした渋谷エリアで一番背の高いビル「渋谷スクランブルスクエア」。
渋谷スクランブルスクエア (15)

この日は東棟のみ今回オープンしています。ここは東急電鉄とJR東日本、東京メトロが事業主体。地上47階建て、高さ約230mの複合施設で主に商業施設とオフィスが入っています。
渋谷 (9)

こちらの写真は当日の朝9時ごろの写真で、すでに多くの人が順番待ちの列を作っていました。
渋谷 (11)

メディアも多数来ていました。

14時過ぎに再度渋谷に戻ってきたときには待ち時間60分ということで入るのをあきらめました。^^;

地下鉄銀座線の渋谷駅は、新駅舎での営業を2020年1月3日より開始すると発表していますが、さらに変わり続けている渋谷周辺。はてさてどの様に変貌していくのか楽しみです。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

皆さんはどんなお盆休みでしたか?人によっては9連休だったかたもいらっしゃるでしょう?

さて私は、今年のお盆は遠出しませんでした。

で行ったのは能登。能登に行くのは久しぶりです。

昨年は羽咋まで行きましたが、七尾まで行くのは加賀屋さんにお邪魔したとき以来約5年ぶりです。

小松から七尾までは距離にしてちょうど100kmほど。北陸自動車道とのと里山海道を使えば1時間半ぐらいなのですが、感覚的に遠く感じてしまいます。^^;

今回、日帰り駆け足で七尾を巡ってきましたので、まずは観光編をアップします。

午前中、パン屋さんで買い物とカフェでいっぷく。なお、飲食については後日アップします。

お昼に行くお店の予約時間まで少し時間があってので、周辺で観光施設がないかぐぐって見つけたのが「能登歴史公園(国分寺地区)」というところ。
能登歴史公園

メインの施設は「のと里山里海ミュージアム」。昨年の10月28日にオープンしています。
能登歴史公園 (3)

七尾の市街地からは少し距離があり、行ってみて何でこんなところに作ったのか少々不可解でした。私が行った時はお盆休みのお昼前の時間帯でしたが、館内にお客さんはまばら。観光客向けの施設のような作りですが、であればもっと街中の方が人が集まりやすいような気がしました。

このミュージアムはHPによると、「連綿と受け継がれてきた能登の里山里海の自然環境や歴史的文化的価値のある暮らしを市民や市外・県外の皆さんに紹介する施設です。」と書かれています。

今回は時間の関係で駆け足で見ました。
能登歴史公園 (6)

新しい施設なので中はきれいです。
能登歴史公園 (7)

明るくて展示も見やすいです。
能登歴史公園 (12)

内容的にはいいコンテンツだったと思うので、先ほども書きましたが、もっと多くの人に見てもらえる場所にあったらなぁ~?とちょっと残念でした。

のと里山里海ミュージアム
石川県七尾市国分町イ部1番地
 能登歴史公園(国分寺地区)内
9:00~17:00
火曜(祝日の場合は開館),年末年始(12/29~1/3)休
入館料は無料

お次も比較的新しい施設で、こちらは七尾の中心地近くにある「花嫁のれん館」です。
花嫁のれん館 (3)

「花嫁のれん館」は、前は違った場所にありました。

冒頭書きましたが、5年前に七尾に行った時には一本杉通り商店街の中の一軒を使って無料で見学できる小さな「花嫁のれん館」でした。

今回、ナビの誘導で次の目的地に向かう途中で、新しくなった「花嫁のれん館」を見つけて入ってみました。

新しい場所で立派な建物を新築で作って新規開館していたとはまったく知りませんでした。帰って調べてみると2016年4月9日にオープンしているようです。

中に入ってびっくり!すごいお金をかけた建物です。
花嫁のれん館 (4)

「花嫁のれん」という、幕末から明治時代から伝わる、加賀藩の能登・加賀・越中で始まった婚礼の風習の一つをきちんと体系立てて見せてくれる施設です。
花嫁のれん館 (8)

館内には、明治から平成までの花嫁のれんを見ることが出来るのですが、見学には550円が必要です。
花嫁のれん館 (7)

また企画展では「夏のれん展」というのをやっていました。

館内はガイドの女性が説明付きで案内してくれますが、10分ほどで見てまわることが出来ます。

花嫁のれん館
石川県七尾市馬出町ツ部49
TEL 0767-53-8743
9:00-17:00(入館は16:30まで)
年末年始(12月29日-1月3日)
展示替え期間休館

最後は、「石川県七尾美術館」です。
七尾美術館

設計は内井昭蔵氏。石川県では「石川県金沢港大野からくり記念館」の設計を担当したことでも知られています。
七尾美術館 (3)

さて七尾市といえば、 国宝「松林図屏風」などで有名な安土桃山時代の絵師、長谷川等伯の生誕地ですが、七尾美術館では毎年短い期間ですが、長谷川等伯の作品を展示しておます。
七尾美術館 (6)

いまは「大正ロマンとモダンデザイン」という展示が開催されていました。

石川県七尾美術館
石川県七尾市小丸山台1丁目1
TEL 0767-53-1500
9:00~17:00(入館は16:30まで)
月曜(祝日を除く)祝日の翌日休(土日を除く)
展示替え期間、年末年始休
※展覧会によっては会期中無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、木場潟までウォーキングで出かける回数が少なくなってきました。

何となく、木場潟まで行くのがおっくうになり、近くをウォーキングするケースが多いのです。^^;

いまは梅雨真っ只中。昨日の朝も雨だったので歩けなかったので(その後雨はやみましたが)、今朝雨が降っていないのを見て、妻と一緒に木場潟に行くことに。

一周歩きながら、梅雨の合間の木場潟の景色を楽しみました。

この時期、雨が降った後の緑が鮮やかできれいですね。
木場潟

花菖蒲の季節は終わりましたが、紫陽花は見頃。
木場潟 (3)

あと、いつの間にできたのか、花ハス畑にハスの花が咲いていて、その花の写真を写すために多くの人が撮影をしていました。
木場潟 (2)

それを見て我々もちょっとだけ撮影タイム。
木場潟 (4)

植えられているのは中尊寺ハスとマコトハスの2種類です。

カヌーコースでは、どこの国でしょうか?妻曰く、ポルトガル語が聞こえたと言っていましたが、事前合宿を行う6か国でポルトガル語を使用する国ではブラジルだけ!?
木場潟 (5)

練習に来ていたのでしょうか??

久しぶりの木場潟はやはり気持ちよくウォーキングが出来る場所でした。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は先月小松市に新しくできた施設「九谷セラミック・ラボラトリー」の紹介です。

通称は「CERABO KUTANI(セラボ・クタニ)」ということで、2020年東京オリンピックのメイン会場の「国立競技場」の設計を担当した建築家、隈研吾氏が設計を手掛けています。隈研吾氏は先日のオープニングセレモニーにも来ていました。

彼の設計した建築については私も興味があって、色々な地域にある彼の設計の施設に行っています。

昨秋には熱海まで足をのばして、彼の設計した旅館「ATAMI 海峯楼」やアカオハーブ&ローズガーデン内の絶景カフェ「COEDA HOUSE(コエダハウス)」まで行ってきました。

さて、今日紹介します「九谷セラミック・ラボラトリー」は、製土工場・ギャラリー・体験工房・レンタル工房・外土間を兼ね揃えた、複合型の九谷焼創作工房となっていて、入場料金300円(大人)はかかりますが、それらを見学することが出来るようになっています。

ただし九谷焼の陶石を加工する製土工場の稼働は平日のみとなっているので注意が必要ですが。

小松市は、「『珠玉と歩む物語』小松~時の流れの中で磨き上げた石の文化~」として日本遺産に登録されています。

今回の「九谷セラミック・ラボラトリー」は、その中核施設として建てられました。
九谷セラミックラボラトリー (26)

一部の屋根には小松マテーレの緑化素材「グリーンビズR」を使用して緑化されています。
九谷セラミックラボラトリー (21)

また、同社の製品は壁の一部にも炭素繊維複合材の補強として使われているようですね。
九谷セラミックラボラトリー (23)

エントランスです。

これらの写真は正式オープン前に開かれた内見会のとき、妻が写した写真です。いい天気だったので、こちらを使いました。私が行った時はあいにくの天気だったので。

外観。木と土が多用されています。
九谷セラミックラボラトリー (31)

隈研吾氏のサインプレート。
九谷セラミックラボラトリー (47)

内部は新築だから当然ですが、新しくてきれい。内部にも木と土の温もりを感じさせてくれています。

内はそれほど広くは無く、見学用のスペースも10分もあれば十分見ることが出来るでしょう?
九谷セラミックラボラトリー (56)

約半分のスペースは製土工場になっていて、実際に九谷焼に使われる陶土を作っているのです。
九谷セラミックラボラトリー (19)

こちらは体験工房のスペースで、料金を払えば九谷焼製作を実際に体験することが出来ます。
九谷セラミックラボラトリー (44)

ギャラリーでは現在、小松市周辺の九谷焼の作家の作品が展示されていました。
九谷セラミックラボラトリー (57)

右が人間国宝の吉田美統氏の釉裏金彩。左は中田一於氏の釉裏銀彩ですね。

世界でも有名な九谷焼が、小松市から産出される陶石によって作られていることを小松市民も、もっとわかっていた方がいいと思いました。是非皆さんも一度行ってみてください。

九谷セラミック・ラボラトリー
石川県小松市若杉町ア91番地
TEL 0761-48-4235
10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
水曜・年末年始休館
一般 300円
学生(高校生以下)150円


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ