あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 地域・旅行

先日のシルバーウイークから本格的に旅行する人が増えているような気がします。

10月に入ると「Go to トラベル」キャンペーンに東京が対象に加わり、さらにその流れが加速するようです。

一方、このコロナ禍において、星野リゾートの星野代表が提唱するマイクロツーリズムという言葉を初めて知ることになりました。

まぁ、近場の旅行という意味なので、特段新しくできた用語ではないとは思いますが、横文字だと何となくいいイメージで捉えられていますね。

今日は、シルバーウイークの白峰まで足を延ばしたときの話題です。プチ・マイクロツーリズムです。

さて本題です。白峰地区はご存じの通り豪雪地帯です。
白峰 (12)

冬になると多くの雪が積もり、いまでこそ道が整備されて真冬でも車で行き来は簡単なのですが、昔は住んでいる人にとっては、冬の間はまさに「籠る」という言葉がぴったりくるような生活を送っていたわけです。

そんな白峰には、重要伝統的建造物群保存地区、いわゆる「重伝建地区」があります。
白峰 (10)

この日はそんな重伝建に登録されている「山岸十郎右衛門家」が一部公開されているという情報を聞いて出かけることにしたわけです。
白峰 (9)

白峰は江戸時代は幕府直轄地(天領)だったところで、旧山岸家は白山ろく十八か村における取次元(大庄屋)を勤めた家柄。旧山岸家住宅は、そんな大庄屋がいまから180年前に建てた家屋なのです。いまはだれも住んでいなくて白山市が所有管理しています。

入館料は無料で、地元の方の説明も受けることができます。
白峰 (5)

公開は一部のところのみで、立派だったであろうお庭の側から入り、縁側越しに見ることができます。家の中には入ることができません。
白峰 (4)

仏間の立派な天井が印象的でした。

11月3日までの土・日・祭日、10時~16時で公開されています。

最後にグルメブログとしてグルメネタを一つ。

この帰りに立ち寄ったのが、山下ミツ商店
山下ミツ商店 (4)

堅豆腐が有名ですが、国産大豆と天然にがり、そして霊峰白山の名水を原料に使った商品を色々作っています。
山下ミツ商店

買い求めたのは「焼きいなり」。
山下ミツ商店 (5)

これは元々は加賀市の加賀守岡屋が売り出したもので、羽田空港で空弁としても人気となっています。

使われている厚揚げがこちらの山下ミツ商店のもの。

羽田空港でちゃんとしたパッケージのを買うと、800円ほどしたと思うのですが、こちらの山下ミツ商店で買うと500円でした。

加賀守岡屋で作っているのではなく、山下ミツ商店で作っているのでしょうが、味的にはほぼ同じではないでしょうか?
山下ミツ商店 (6)

2個入りで「鶏ごぼう」と「ちらし」。出汁がしみ込んでいる分厚くて大きい油揚げの中に「鶏ごぼう」と「ちらし」が詰められていました。

私は「ちらし」を食べています。

香ばしい大豆の風味と酢飯の相性もよかったです。ご馳走様でした。

山下ミツ商店(白峰工場)
石川県白山市白峰イ23
TEL 076-259-2024
10:0018:00
木曜休


最後に9月21日から営業が始まった小松の木場潟の流し舟の話題について。
木場潟 (13)

木場潟公園の南園地のところで、今年は11月29日までの土曜と日曜そして祝日に9時と11時の2便、予約制で運航されていて、運航時間は20分程度。乗船料は一人500円です。
木場潟 (12)

舟は加賀市の旧大聖寺川で観光船として使ったものを譲り受けています。

私も一度は乗船してみたいと思います。皆さんも是非。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近朝のアップは珍しいですが、ネタがたまってきたためグルメネタ以外ということでアップします。

さて、金沢は観光産業が占める割合が比較的大きい観光都市だと言えます。

そのため、県や金沢市は、観光施設の整備に予算をかけています。

今日はそんな金沢に今年オープンした2つの観光関連の施設を紹介します。

まずは金沢港に新しく整備された海の玄関口となる「金沢港クルーズターミナル」。
金沢港クルーズターミナル (23)

一時クルーズ船が金沢にたくさん寄港して、インバウンドの観光客でにぎわっていたため、その需要増に応えるために県が整備を進めていました。

しかしながらオープン間際に新型コロナウイルスが蔓延して、オープンが延期、その後も1隻のクルーズ船の寄港もない状態で現在に至っているわけです。
金沢港クルーズターミナル (21)

今回、この施設に入っているレストラン「海の食堂 BAY ARCE」に行こうと思っていました。

しかしながら、この日は梅雨の中のとてもいいお天気の日だったため、すごい数の順番待ち。

で、あきらめて一通り施設を見回り写真を写しました。
金沢港クルーズターミナル (16)

1階のCIQエリアは現在は宝の持ち腐れ?
金沢港クルーズターミナル (15)

同じく1階の待合エリアには、九谷焼、加賀友禅、輪島塗、山中漆器、金沢漆器などの石川を代表する作家が協力して立てられたシンボルの柱二本が異彩を放っていました。
金沢港クルーズターミナル (20)

2階の展望デッキからは、クルーズ船の見学や見送りなどができ、
金沢港クルーズターミナル (7)

こちらの部屋はセミナーもできるスペースとなっています。
金沢港クルーズターミナル

この中は金沢港まなび体験ルーム。楽しく金沢港や船のことが学べるスペースです。
金沢港クルーズターミナル (4)

次回は「海の食堂 BAY ARCE」に行ってみます。

金沢港クルーズターミナル
石川県金沢市無量寺町リ-65
TEL.076-225-7030
9:00~21:00(金沢港まなび体験ルーム 9:00~17:00)
12月29日~1月3日休館
入館料無料

お次は金沢城・玉泉院丸庭園と尾山神社を結ぶエリアに2020年7月18日完成した「鼠多門・鼠多門橋」について。
鼠多門

新型コロナウイルスの影響で、今回、こちらに行くために金沢市街に約5か月ぶりに行きました。

尾山神社の裏側もしばらく来ないうちに、しっかり整備されていましたね。

この完成で、金沢城公園から鼠多門・鼠多門橋を通って尾山神社、そして長町武家屋敷跡界隈までの城下町巡りルートができたわけです。
鼠多門 (3)

黒い海鼠漆喰(なまこじっくい)が特徴の「鼠多門」は、鼠多門橋側からみるとすごく立派で大きく見えました。黒漆喰が見慣れていないからでしょうか?
鼠多門 (5)

基礎となっている石垣は、元々地下に埋まっていた石を今回の再建に合わせて掘り起こして、一部再利用されていました。
鼠多門 (6)

「鼠多門」の内部も無料で見学できます。
鼠多門 (7)

こちらの写真は、2階の窓から鼠多門橋を見たところです。

ただ、新しい施設できれいですが、暑かったので早々に立ち去りました。

なお、金・土、祝前日などには、ライトアップが行われます。

皆さんも、これらの施設にまだ行かれていないのであれば、是非行ってみてください。

鼠多門
石川県金沢市丸の内1-1
9:00~16:30(最終入館16:00)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市の観光資源として大きなものに安宅関があります。
安宅 (2)

ご存じ歌舞伎の「勧進帳」の舞台となったことで全国的に知られていて。歌舞伎では大名跡である十二代目の市川團十郎さんも小松によく来られて子供歌舞伎の指導などを熱心にされていました。

今年5月に十三代目の市川團十郎白猿を襲名することになっていた海老蔵さん。残念ながらコロナ禍のなか延期になってしまいましたが、彼も2016年に安宅関で「勧進帳」の弁慶役を見事に演じています。私も観に行きました

さて、小松市では、これまでこの最大の資源を活かしていたかといえばそうではないところがありました。

5年ほど前に私のブログでも「北陸新幹線金沢延伸後の小松市の未来を考える(食と観光を中心に)」というシリーズで書いたことがあって、その7回目に安宅関と勧進帳について取り上げたことがありますが、やっと重い腰?をあげて安宅関周辺の整備にお金を投入するようになりました。

一昨年は安宅ビューテラスをリニューアル。そして今年は併設する「勧進帳ものがたり館」が令和2年7月26日に全面リニューアルされました。また今後3カ年で関所跡の安宅公園の再整備と、屋外デッキや広場、休憩施設などを作る計画だそうです。

私もオープン翌週に見に行ってきました。
ATAKA CAFE

前は直接「勧進帳ものがたり館」に入りましたが、いまは「安宅テラス」から「『安宅の関』こまつ勧進帳の里」に館名が変わったこちらから入り、入り口右側の窓口で検温。入場料を支払ってからカフェの中を通って入ります。
勧進帳ものがあたり館 (2)

入ってすぐ、北前船の寄港地だった安宅町で実際にお祭りに使用された「曳船(ひきふね)」が展示されています。そしてその奥に本館?がありました。
勧進帳ものがあたり館 (3)

コロナ禍で住所記名が必要でした。
勧進帳ものがあたり館 (7)

展示の特徴はいまのIT技術を取り入れた体験型展示となっているところですかね。
勧進帳ものがあたり館 (6)

こちらの写真の右側には歌舞伎の世界を歴史上の資料や現物で見せていた展示があるのですが写真NG。一部、展示okなところがあったのでそちらを入れて、左側にあるのはデジタル着せ替え。AR技術により、自分が歌舞伎の衣装を着た様子を見られたり、歌舞伎の隈取もバーチャルで体験できるものです。
勧進帳ものがあたり館 (9)

これはこれで面白いのですが、一度やったらやらないと思うのと、この手の技術は日進月歩ですぐに陳腐化するのが心配ですね。

そしてお隣のメイン展示?安宅勧進帳シアターでは「勧進帳」の映像を8分間のダイジェスト版で見ることができます。

なんと!弁慶役が十二代目の市川團十郎さん、富樫役が現海老蔵さんという親子共演の「勧進帳」。

元NHKアナの葛西さんのわかりやすい解説と相まって見ごたえのあるコンテンツでした。

そして見終わった後、併設の「ATAKA CAFE」でお茶することに。
ATAKA CAFE (5)

ちょうど梅雨が明けたときで天気が一気に回復。青空のもと日本海を眺めながら一服することにしました。

「ATAKA CAFE」については過去2度ほど紹介していますが、前回はこちらに書いています

今回は食事はせずにドリンクとスイーツのみです。
ATAKA CAFE (10)

私は冷たい加賀紅茶(税込500円)。

すっきりとした飲み口でおいしい!
ATAKA CAFE (8)

妻はアイスコーヒー(税込500円)です。

あと能登のマルガージェラートの「マンダリンジンジャーミント(税込400円)」も頼みました。
ATAKA CAFE (11)

マンダリンの甘さをジンジャーとミントがすっきりと締めてくれます。夏のフレーバーですね。

その後しばらく外を眺めながら気分をリフレッシュでしました。ごちそうさまでした。

勧進帳ものがたり館
石川県小松市安宅町タ140-4
TEL 0761-21-6734
9:00~17:00
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため当面の間は16時まで
水曜休、年末年始
※祝日の場合は翌日休
大人300円、高校生以下150円
小松市在住の65歳以上は無料

ATAKA CAFE(安宅カフェ)
小松市安宅町タ140-4
 安宅ビューテラス内
TEL 070-1461-7561
11:00~21:00(L.O.20:30)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日からの続きで沖縄観光編です。

2日目の午後2時過ぎ。うるま市から移動して15時少し前に宿泊先のヒルトン沖縄北谷リゾートに到着。

チェックインを済ませて早々にホテルから歩いてすぐの「アメリカンビレッジ」を散策。
アメリカンビレッジ (2)

広いエリアにアメリカウエストコーストの雰囲気を模したショッピング、エンターテイメントエリアにあって「アメリカンデポ」などの施設が所狭しと並んでいます。
アメリカンビレッジ (19)

元々はアメリカ軍の基地があった跡地をリゾート開発して出来たのですが、いまでは沖縄を代表する観光スポットとしても有名で、年間多くの観光客が訪れます。

ただいまはコロナ禍の中、インバウンドの観光客が少なく、どのお店もお客さんが少ないようで、まだ締まっているところ(やめてしまった?)がたくさんありましたね。今後しばらくは苦戦が続くような気がします。

行った時はちょうどアメリカの建国記念日の休前日で米軍関係の人が目立ちました。

しかしド派手な色使いと建築様式で建物の中も迷路のような造り。中年世代以上は疲れますな…?^^;
アメリカンビレッジ (16)

沖縄本島の西側にあるので、サンセットの時間帯は夕日がきれいなのですが、残念ながらこの日は曇り空で見ることが出来ませんでした。
アメリカンビレッジ (33)

ちなみに夜はライトアップ&イルミネーションできれいです。

翌日10時にホテルをチェックアウトして那覇方面に向かいました。

最初は沖縄県立博物館・美術館に行く予定だったのですが、何と!メンテナンス休館中!気を取り直して近くの免税店「Tギャラリア 沖縄」でお買い物。
Tギャラリア

こちらもインバウンドのお客さんがいないので閑散としていました。

そして首里城公園まで移動。

ご存じの通り昨年10月末に火災で正殿と北殿、南殿が全焼しました。その後6月12日より有料区域が一般公開されたのです。
首里城

守礼門はじめ途中にある門は大丈夫。
首里城 (2)

こちらは龍樋(りゅうひ)と呼ばれ、龍の口から湧水が湧き出している石彫刻で出来ていて、首里城公園内にある彫刻物の中で唯一当時制作されたものだそうです。
首里城 (9)

ここは御庭(うなー)だった場所です。
首里城 (13)

こちらは正殿前にあった大龍柱でかろうじて燃え残っていたようです。
首里城 (20)

正殿跡では、前は床にガラス張りで上から覗く形で見えていた遺構がそのまま見ることが出来ます。
okinawa 036

ちなみに、こちらが在りし日の正殿です。だいぶ前に行った時に写したものです。
okinawa 038

内部です。
首里城 (24)

そして建物の屋根に33体の龍が飾られていましたが、その龍の髭(ひげ)や鬣(たてがみ)が無残に置かれていました。
首里城 (26)

こちらは世誇殿(よほこりでん)。次期国王の即位の礼が行われた建物です。
首里城 (34)

最後は一番高い位置にある東(あがり)のアザナから、いま巡ってきたところを眺めて終了です。

昼食は知人ととる約束があったため時間に余裕がなくなり、最後に復興の少しでも足しになればということで、売店でこちらの復興Tシャツのみを買いました。
ホテルWBF新大阪スカイタワー (7)

そしてランチを済ませて向かったのは、レンタカーを返却する場所に近い「イーアス豊崎」。
イーアス沖縄豊崎 (5)

こちらはショッピングモールで、加賀市発祥の企業DMMグループが沖縄に2つめの水族館「DMMかりゆし水族館」を作ったことで有名になりました。
イーアス沖縄豊崎 (4)

それほど時間がなく今回は水族館に入ることが出来ませんでしたが、店内でお茶を飲んで少し店内をまわってレンタカー会社へ車を返却して那覇空港へ。
那覇空港 (12)

那覇空港では短時間、ANAのラウンジで休憩。こちらも昨年リニューアルされていてきれいになっています。しかし、伊丹と逆で前は飛行機が見える位置にあったのが、いまは窓がありません。16時頃でしたがガラガラです。

そして泡盛でも飲もうと思ったのですが、何と!コロナ禍の影響で氷が置かれていない!
那覇空港 (13)

コロナ対策でなぜ氷がとばっちりを受けないといけないのかよくわかりませんでしたが、しょうがないのでオリオンビールを飲みました。
那覇空港 (11)

伊丹から那覇は機材が787で客数は3割ほど。帰りはA320で7割程度の混み具合でした。飛行機は空気の循環は問題ないので安心です。

でも機内サービスが冷たいお茶かアップルジュース飲みのチョイスしかなく、帰りは頂きませんでした。長距離のフライトではちょっと辛いかな?
大阪 (4)

でも、今回、伊丹空港に着陸する前、大阪市街が夕陽に照らされてとてもきれいだったのが幸いでしたね。

さて、観光編はこれで終了。次回の沖縄編からは飲食の紹介になります。今回ネタが多いです。^^;

乞うご期待ください。今後沖縄に行ってみたいと思われる方に少しでも参考になれば幸いです。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

4月9日から運休していた小松~那覇の直行便が今週22日に運航を再開します。

それに伴って22日からは観光庁が実施する「Go To トラベル」キャンペーンが始まります。

それに先駆けて沖縄に行ってきました。

色々事情があっての沖縄旅行でしたが、行く日まで沖縄の感染者は2ヶ月以上出ていない。石川県も10日間ほど感染者が出ていませんでした。

また、海外からの観光客はいないのと、実施に関して紆余曲折がありましたが「Go To トラベル」キャンペーンが始まる前ということで、人が多くないと思われた今が狙い目かと、結果的にこの時期に行くことにしました。

これからいろいろ写真をアップしますが、有名な観光地にもほとんど人がいない状態だということがわかっていただけると思います。。

今回の旅行は正月明けから予約していたのがコロナ禍で延期になったり、その後も小松からの飛行機の便が経由含めてダメになり。今回何とか伊丹空港経由で移動が出来たという次第です。

沖縄は梅雨明けしていましたが、我々が行く前日までは雨が続いていて心配しました。しかし何とか一度も雨に降られずに過ごすことが出来たのでラッキーでしたね。
伊丹空港

伊丹空港は8年ぶりくらいの利用。しばらく来ないうちに新しい空港ビルが出来ていて、ANAのラウンジが新しくなっていました。
伊丹空港 (5)

前は滑走路が見えない位置にあったラウンジは、いまは離着陸が真正面に見える位置に変わっていて、出発までゆっくり過ごすことが出来ます。
伊丹空港 (4)

ラウンジにはほとんど人がいません。

大阪は出発のときは天気がよかったのですが、機中からの景色は下界は雨のところが多くあまり楽しむことはできませんでした、那覇空港着陸前になってやっと雲の切れ間から沖縄の島?が見えました。
那覇空港 (2)

ちなみに行きの飛行機は787でしたが、3割程度の搭乗率でした。そして無事、今年3月に運用開始された第2滑走路に着陸。
那覇空港 (3)

「めんそーれ」と迎えてくれます。
那覇空港 (5)

到着口の出口には体温測定設備が置かれていて、行った時点では感染者0が長期間継続している沖縄ということで水際対策がなされていました。
那覇空港 (6)

余談ですが、私のブログは常に2週間以上ストックを保って順次アップしていっています。つまりアップ時点で発症してないということは、紹介したところでは一応感染していないことになりますね。

そして目的地までのバスの時間まで那覇空港内をぶらり。昨年3月にオープンしたばかりのインバウンド需要がターゲットの物販施設「ゆいにちストリート」がシャッター通りになっていました。しばらくは復活は難しいでしょうね?
瀬長島ホテル (17)

そして食事とホテルで飲むさんぴん茶とオリオンビールなどの買い物などを済ませて向かったのは瀬長島。
那覇空港 (9)

那覇空港から車で15分くらいの距離にあり現在は橋を渡って行くことが出来るリゾートの島です。行きは我々2人以外にお客は一人。帰りは0でした。^^;
ウミカジテラス (30)

島からは那覇空港が近くに見えます。
ウミカジテラス (6)

イメージとしては、私も行ったことがないのですがギリシャ・サントリーニ島のように白色で統一された観光施設。
ウミカジテラス (25)

ウミカジテラスという名前で50軒近くの飲食や物販のお店が並んでいます。
ウミカジテラス (15)

また島には温泉施設があって、ウミカジテラスにも足湯がありました。
ウミカジテラス (4)

ウミカジテラスではセレクトショップのLOVALOTでオリジナルデザインのディズニーTシャツを買い求めました。
ウミカジテラス (13)

なお、那覇空港で食べたランチや、瀬長島での宿泊・飲食ネタは後日アップします。しかし観光客がいません。
サンスタッシュコーヒー (20)

翌日はレンタカーを借りて移動。向かったのは中部エリアの東側に位置するうるま市。
海中道路 (3)

海中道路という海の上を走っているような感覚になる道路を通っての島めぐりでした。

まだ雨の名残りで真っ青な空!というわけにはいきませんでしたが、帰りには逆さ虹が見えたり出来て楽しめましたよ。
海の道あやはし館

中間地点には「海の駅 あやはし館」があって、そちらで休憩。2階には無料で見学できる「文化資料館」がありました。
海の道あやはし館 (4)

海中道路を渡り切り、ビーチで有名な伊計島の手前の宮城島にあるのが、海の絶景ポイント「果報(かふう)バンタ」。
果報バンタ (2)

沖縄の言葉で幸せ岬と言う意味だそうで、とてもきれいな絶景ポイントでした。
果報バンタ (23)

詳しくは後日また触れたいと思いますが、このあたりには3つのパワースポットがあって、そのおかげかはわかりませんが、ちょうどお昼頃で太陽が真上にある時間帯で、太陽の周りにリングが見えました。
果報バンタ (5)

後で調べてみると「日暈(ひがさ)」または「ハロ」とも呼ばれる現象らしく、高層の雲に含まれる氷の粒に太陽の光が反射して生じるのだそうです。

なかなか見ることが出来ないようで、これもパワースポットのおかげかもしれません。

このあと東から西へ沖縄本島を横断して2日目の宿泊施設のある場所へ向かいます。

しかし今日はこのあたりで終わり。夏の大人?の沖縄旅行後半は明日アップしますので乞うご期待!?

「Go To トラベル」キャンペーンを利用して沖縄旅行を検討されている方がいらっしゃいましたら参考になれば幸いです。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ