あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 地域・旅行

今日は天皇皇后両陛下のご臨席のもと「第68回全国植樹祭とやま2017」が魚津桃山運動公園で開催されました。

全国植樹祭といえば、一昨年の第66回は石川県小松市で開催されています。

そんな富山に昨日行ってきました。今日は、まず観光編ということで少し紹介したいと思います。

4年前までは、プライベートで富山に時々行く用事があったのですが、ここ最近はあまり行く機会がありません。

石川県のお隣の県ではありますが、南加賀に住む私としては福井県に比べて遠いので、なかなか「行こう」と思うには至りませんでした。^^;

なお、昨日は「第68回全国植樹祭とやま2017」に行ったわけではなく、あくまでも別件の用事を兼ねて行ってきたのですが、どうも「第68回全国植樹祭とやま2017」のために逆に富山市内は空いていたような気がします。

富山滞在が5時間ほどの短い時間で訪れたのは、主に「富岩運河環水公園」「富山県美術館」「富山市ガラス美術館」の3か所。「富山県美術館」「富山市ガラス美術館」については後日別な機会に紹介したいと思いますが、今日は「富岩運河環水公園」について紹介したいと思います。
富山県美術館 (9)

富岩運河環水公園」は、1988年から富山駅北地区の新都市拠点整備事業「とやま都市MIRAI計画」のシンボルゾーンとして水辺空間の豊かさを大切にしながら整備されたエリアで、この周辺に色々な施設が出来ていて人気のスポットなっているようです。
環水公園1 (2)

私も今回初めて行ってみて、ちょうど朝、小松を出るときは雨だった天気も、「富岩運河環水公園」に着いたときにはすっかりいいお天気になっていて、ぶらりと歩きながら各施設を散策することが出来ました。
環水公園 (6)

無料の駐車場に車を停めて、こちらの野外劇場から、
環水公園 (13)

天門橋のほうにまわり、
環水公園 (10)

スターバックス富山環水公園店に立ち寄りました。
環水公園 (12)

日本で初めて都市公園内に店舗を構えるスターバックスのお店です。2008年にスターバックスのストアデザイン賞の最優秀賞を受賞していて、「世界一美しいスターバックス」と称されたこともあるのです。

いまでも混んでいて、私が行った9:40ごろも大勢の人が居ましたが、アジア家の方が多い感じがしました。
環水公園1 (12)

今回はお店に入るのは止めて、途中、「富岩水上ライン」の乗り場を通り、
環水公園 (24)

「キュイジーヌ フランセーズ ラ・シャンス」という フレンチの鉄人坂井宏行監修のレストランの脇を通って、
富山県美術館

そのまま「富山県美術館」のほうに移動。「富山県美術館」については後日詳しく紹介します。

いや~、「富岩運河環水公園」とってもきれいでしたね。石川県には残念ながらこのようなエリアはありません。気にいりました。
富山城 (2)

この後、「富山城址公園」に行き、
ガラス美術館

車を地下の富山市営城址公園駐車場に停めて、ランチを食べた後に歩いて向かったのは「富山市ガラス美術館」です。

ここについても、後日書きますので、ランチのお店共々乞うご期待ということで!

富岩運河環水公園
富山県富山市湊入船町
TEL 076-444-6041(パークセンター)
終日開放 無休
富山駅北口から徒歩9分
駐車場 171台(9:00~22:00) 無料

スターバックスコーヒー 富山環水公園店
富山県富山市湊入船町5
 富岩運河環水公園内
TEL 076-439-2630
8:00~22:30
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は4月未公開編のvol.2です。

まずは福岡の割烹「稚加榮」がつくる明太子のお菓子について。

福岡天神の近くの大名エリアにある割烹「稚加榮」。私が福岡に住んでいた時、こちらのお店から歩いて数分のところに住んでいました。

当時、買い物で天神方面に行くときにお店の前を歩いていつも通っていました。懐かしいお店です。

私のブログでは、ランチ夜に行った時のことも紹介しています。

もちろん、「稚加榮」で食べる料理も美味しいのですが、こちらで作る明太子が全国的にも人気なのです。
いか明太 001

私はいつも福岡に出張に行くと、帰りに福岡空港の稚加榮のお店「いそ玄」で、イカが入った明太子をお土産で必ず買い求めます。
めんたいこ

今回、福岡に行ったときに買い求めてあった、こちらの新商品「明太子チーズサンド(税込648円)」を食べてみました。
稚加榮

乾燥させた稚加榮の辛子明太子を濃厚なチーズに練り込んであって、それをサクサクの海老煎餅でサンドした商品なのです。

食べると、最初煎餅の海老の風味が口の中に広がり、そのあと、中のクリームのバターの甘さ、そして最後に明太子のピリッとした辛さがきます。

お次は、少し時期がずれてしまいましたが、小松城跡の桜についてです。

今年の桜についても、私のブログでいろいろ紹介しましたが、小松城跡の桜については触れていませんでした。
小松城跡 (2)

小松城の天守閣跡の石垣は小松高校のグランドに隣接しています。
小松城跡

この周辺も小松の桜の名所でしたが、桜の木が寿命を迎え伐採されたものも多くあり残念です。

写した写真のみになりますがアップします。

お城と桜。合います。

最後は片山津温泉総湯です。スタイリッシュな共同浴場ですね。
片山津総湯 (3)

設計は著名な建築家、谷口建設設計研究所 谷口吉生氏。

片山津温泉総湯については、むかし、こちらのほうで書いていますので詳しくは書きません。

2階がカフェ「まちカフェ」となっていて、柴山潟を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。
片山津総湯 (4)

今の季節は、外のデッキがおすすめです。でも2012年のときの写真を見ると、デッキやテーブルなどがとてもきれいです。^^;

こちらも写真のみのアップとします。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

西暦717年(霊亀3年)に元正天皇は、元号を「霊亀」から「養老」へ改元しています。

その年から今年が1300年ということになりますが、この西暦717年の年には色々な変化が起こっているようです。

そのため、今年、全国色々なところで1300年を迎えるところがあり、記念の行事が取りおこなわれています。

小松にある名勝「那谷寺(なたでら)」と日本三名山のひとつ「白山」も、今年1300年を迎えます。
那谷寺 (2)

那谷寺は紅葉の名所としても知られていますが、寺伝によれば、養老元年(17年)に泰澄法師がこの地に千手観音を安置したのが始まりとされています。
那谷寺 (10)

現在は高野山真言宗別格本山として、また多くの観光客が訪れる、小松でも屈指の観光地として人気があるところです。
那谷寺 (5)

開創1300年御開帳法要は4月23日に、高野山真言宗管長や俳優の松平健さんがいらっしゃる中で、すでに執り行われています。
松葉屋 (4)

私は残念ながら諸事情で行くことが出来ませんでしたが、ご先祖様が那谷の地侍をしていたという縁で、苗字が「那谷」となったという、小松の月よみ山路で有名な菓子店「松葉屋」の御曹司によりますと、盛大に行われたということでありました。
松葉屋 (3)

私は東京からの客人をお連れして、後日、那谷寺を訪れました。
那谷寺

寺の入り口には御柱も立てられていました。
那谷寺 (3)

そして中に入ると、塔婆(とうば)も立てられていて、金堂華王殿に安置される本尊である十一面千手観世音菩薩の手と紅白の綱で結ばれています。
那谷寺 (4)

柱に触れると観音に触れたのと同じ御利益があるということで、じっくりと触れてきました。^^;

また、ご本尊の十一面千手観世音菩薩も26年ぶりの御開帳も行われています。一見の価値がありますよ!

4月30日には白山開山1300年神式大祭も執り行われて、那谷寺と同じく西暦717年に泰澄法師が初めて白山に登頂したと言われていて、今年で開山1300年を迎えるのです。

白山比咩神社の宝物館では、記念特別展と題して「白山と中西悟堂」展を4月1日から5月31日まで開催しています。こちらも是非ご覧願います。

さて、今日は那谷寺に関連した、もう一つの施設をご紹介します。
生雲

それは小松にある円行山の山頂に、那谷寺の宿坊ともいえる「自然智の里 生雲」についてです。
生雲1

「自然智の里 生雲」は、前述の那谷寺と白山を結ぶ線上に、かつて修験者たちが修行したとされる伝説の山「円行山」があり、ここに那谷寺が自然智行の求聞持堂を建てたのがはじまりです。

さらに、白山・那谷寺・円行山を結ぶ線の延長線上には、加佐ノ岬・木曽御嶽山・富士山も存在し、パワースポットで名高い場所ということらしいのです。

昔は、食事をしたりも出来たのですが、いまは宿泊施設として一般の方も利用できるようになっています。
生雲3

天気のいい日は日本海まで見えるほどの景色を楽しめます。
生雲2

また、白山を眺めながらの写経なども出来ます。
生雲4

夜は星空がきれいですし、部屋でも焚火で幻想的な一日を過ごすことが出来ますよ!

ちなみに、私が昔、食事に行った時のことはこちらに書いています

那谷寺
石川県小松市那谷町ユ122
宗派 高野山真言宗 別格本山
本尊 千手観世音菩薩
創建年 養老元年(17年)
開基 泰澄

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市のここ4年間の桜の開花は4月1日前後という早い時期となっていました。

昨年も4月2日に木場潟と芦城公園に行って桜の写真を撮り、その翌日にブログにアップしていますが、もう満開に近い状態でした。

そういうことでは、今年はだいぶ遅い開花だと思います。もっとも、近年は温暖化の影響か開花も早くなっていますが、昔は桜と言えば北陸では4月の中旬ごろが見頃だったような気がします。

今年は3月になってから、雪はほとんど降らなかったのですが、寒い日が続きました。開花が遅かったのもその影響かもしれません。

しかし、一昨日から急に暖かくなり、春を通り越して初夏の陽気。一気に桜の開花が進み今からが見頃になっています。
木場潟 (81)

まずは木場潟の桜です。
木場潟 (72)

あいにくの曇り空でしたが、今朝8時半ごろの木場潟の桜は3~5分咲き程度でした。
木場潟 (48)

ちなみに4/10(月)まで中央園地(ふれあい広場)で夜間は桜のライトアップが行われていますし、明日は「木場潟公園さくらまつり」が開催される予定で、11:00から色々なイベントが開催。家族で楽しむことが出来るようです。
木場潟 (47)

さて、最近は昔に比べて木場潟をウォーキングやジョギングする人がとても多くなり、周回道路も混雑しています。木場潟の良さも知れ渡るようになったからでしょうが、一昨年の5月に開催された全国植樹祭も一役買っていると思います。
木場潟 (112)

こちら、天皇皇后両陛下のお手植えのクロマツもすくすくと育っていました。
木田さん (4)

あと中央園地の管理事務所、通称「メダカハウス」では、4月1日(土)~5/7(日)まで「アートな木場潟展示会」が開催されています。
木田さん (3)

この中で小松の設計事務所の「家楽舎」の代表、木田智滋氏の写真も展示されています。
木田さん

木田さんのブログも開始されてから10年経過し、その中で紹介された木場潟と桜の写真を中心に24点の作品が展示されているのです。

とってもきれいな写真ばかりでした。皆さんも木場潟に桜を見に来られるときには、足を運んでみてくださいね。

では、以下、今日私が木場潟で写した桜の写真をアップします。
木場潟 (62)
木場潟 (44)
木場潟 (37)
木場潟 (108)

この下の写真は、クレソン畑越しに桜を写したものです。
木場潟 (95)

お次は小松の桜の名所「芦城公園」の桜です。

まずこちらの夜桜の写真は、昨晩写したものです。
芦城公園 (9)

ぼんぼり点灯とライトアップされていてきれいでした。
芦城公園 (6)

昨日20:30頃に行ったときのもので、桜見物の人はそれほど多くありませんでした。まぁ、まだ昨晩の段階では3~5分程度の開花状態だったので、今日の夜や明日あたりは多くの人出で賑わっているでしょうね?
芦城公園 (3)

昨年も行われていましたが、ぼんぼり点灯期間中、同市公会堂の屋上展望スペースが午後9時まで開放されています。
芦城公園 (15)

上の写真は今日の午後写しに行った時の物です。
芦城公園 (26)

さすがに多くの人が花見に来ていました。
芦城公園 (28)

昨日や今日の初夏のような温かさで、小松の桜の開花を確認する標準木も一気に満開!

この陽気だと、桜が散るのも早そうですね!?^^;

日本人にとって桜は特別な感情を持たせてくれます。特に北陸では長い冬が終わり、これから暖かくなり陽の光が多く降り注ぐようになる節目の時期に咲く桜。心もウキウキしてきます。

これから一週間ぐらいが花見シーズンでしょうが、皆さんはどちらの方で見るのでしょうか?

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

新年度が始まって、最初の土曜の休み。つまり4月1日に滋賀県に所用もあって出かけてきました。

天気は良かったのですが、風が冷たく冬のような寒さでした。

そのため、行くのを決めた時は桜も開花しているかと思っていたのですが、滋賀県内はどこもつぼみ状態で桜見物は諦めることに。代わりに梅が見頃でした。^^;

今回行ったのは観光施設は2か所。「琵琶湖博物館」と「彦根城」です。
琵琶湖博物館  (5)

滋賀県の観光リソースとして誰もが知っているのは「琵琶湖」です。日本で最大の面積と貯水量を誇っています。そんなことはいまさら説明する必要もありませんが、調べてわかった「琵琶湖」物知り事実。皆さんも以下の琵琶湖についての事実を知っていましたか?

琵琶湖は世界で3番目に古い湖だそうです。でも大きさでは琵琶湖は、淡水湖のみで129番目、塩湖を含めると188番目の大きさです。(滋賀県HPより)

意外に世界にはいろいろ大きな湖があるんですね~!?
琵琶湖博物館  (3)

そんな琵琶湖を知るには「琵琶湖博物館」に行くのが一番です。県立の施設で昨年20周年を迎えました。昨年一部をリニューアルして新しくなっています。
琵琶湖博物館 (4)

施設は少し小高い丘の上に建っていて、琵琶湖も間近に見えます。
琵琶湖博物館

一応名前が博物館になっていますが、実際は博物館+水族館のような施設で、春休み中ということもあって子供連れのご家族連れが大勢来ていました。

大人の入場料金は750円。意外と高いと最初思ったのですが、十分元がとれるほど充実した内容だったと思います。

チケットを買い求めて、エスカレートで2階に上りここから見学します。ここでは琵琶湖の生い立ちや、琵琶湖の歴史とそこで暮らす人の営みを学ぶことができます。
琵琶湖博物館 (8)

巨大な黄河象の骨格模型や、
琵琶湖博物館 (16)

むかし琵琶湖で活躍した交易船などが復元展示されていました。

そして昨年リニューアルしたC展示室と水族展示室に移動。

C展示室のテーマは「琵琶湖地域のいま~身の回りの環境と暮らし再発見~」。
琵琶湖博物館 (22)

琵琶湖の環境・生態系や、
琵琶湖博物館 (24)

むかしのひとの生活・営みなどが幅広く学べるようになっていました。
琵琶湖博物館 (26)

そして、水族展示室。

淡水の琵琶湖がテーマの水族展示室なので、淡水に生息する生き物が主となっています。
 
琵琶湖博物館 (28)
これは琵琶湖の沖合を再現したトンネル水槽。フナ・マス・コイ・ウナギ・ナマズなどがいます。
琵琶湖博物館 (32)

あと、巨大ななまずや、淡水に住む唯一のアザラシ「バイカルアザラシ」が関西初の展示などが見どころでしょうか?

最初、すぐに見てまわれる広さかと思っていたら、じっくり見てまわると2~3時間はかかりそうでした。そこを1時間少々で駆け足で見てまわりましたが、この内容だと750円も納得できますね。

滋賀県立琵琶湖博物館
滋賀県草津市下物町1091
TEL 077-568-4811
常設展示観覧料
大人750円、高校生・大学生400円、中学生以下無料
9:30~17:00(入館は16:30まで)
月曜休館(休日の場合開館)
館内点検、年末年始も休み

お次は国宝の彦根城です。

日本で国宝となっているお城は5つ。松本城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城です。私はこの中で松本城だけにはまだ行ったことがありません。
彦根城 (25)

彦根城は江戸幕府の大老を何人も輩出した譜代大名である井伊氏の居城で、今年が築城410年。そのため「国宝・彦根城築城410年祭」という催し物が行われていました。
彦根城 (24)

到着したのが夕方16時ごろ。見てまわるにはギリギリの到着時間で、見学は彦根城の天守閣内部を見るだけに終わってしまいます。

さらに普段は料金は大人600円なのですが、「国宝・彦根城築城410年祭」のおかげで大人1,000円となっていました。^^;

金額には玄宮園・開国記念館を含んでいましたが、残念ながら、そちらのほうは見ることが出来ません。
彦根城 (2)

さて、下から天守閣までのぼるためには、昔ながら?の悪路の階段坂をのぼる必要があります。年老いた母を連れて行ったので、そこに至るまでに時間がかかりました。
彦根城 (9)

こちらが天守閣です。
彦根城 (6)

満開の梅の木越しにもパチリ。

そして案の定と言っては何ですが、城の中は何もありません。(笑い)
彦根城 (12)

今年のNHK大河ドラマは「おんな城主 直虎」。彦根藩の藩祖となった井伊直政を育てた井伊直虎を主人公としたドラマ。
彦根城 (16)

そのせいもあって、天守の最上階にのぼるにも、16時20分ごろでも行列でした。城ガール?もたくさんいました!最上階にのぼるにも時間がかかります。
彦根城 (15)

最上階から琵琶湖もきれいに見えます。天気がイマイチだったのが残念。

でも、この天守閣を見るだけだったら1,000円は高くつきました。まぁ、行くならもっと早い時間に行って、ゆっくりと他の施設も見学したかったですね。^^;

彦根城
滋賀県彦根市金亀町1-1
TEL 0749-22-2742
大人600円、小人200円
平成29年3月18日~平成29年12月10日の間は「国宝・彦根城築城410年祭」の開催に伴い、大人1,000円、小・中学生300円
8:30~17:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ