あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 地域・旅行

ここ最近は箱根に宿泊して富士山麓に墓参するパターン。

今年も、箱根に宿泊してお墓参りを済ませ、その後、少しの時間、箱根の観光地を巡りました。

しかし、箱根というところは本当に観光資源が豊富ですね。温泉、自然、美術館など、毎年行っていても見るところが尽きません。

さて昨年、本当は今日紹介する仙石原と大涌谷に行く予定でしたが、あいにくのお天気で諦めたこともあって、今年はそのリベンジということで行ってきました。
大涌谷 (18)

今年4月22日放送のNHKのブラタモリ「箱根~箱根の地獄が 極楽を生んだ!?~」の回で、箱根が出来た訳、的な内容だったのですが、その時番組のスタート場所が大涌谷だったのです。

そんなこともあって、今年は必ず行ってみたいと思っていました。

私も昔、一度だけ行ったことがあるのですが、すでに記憶も曖昧な状態。今回、いいお天気に恵まれたこともあって、短時間でしたが楽しむことが出来ました。

行ったのは11月初旬の平日でしたが、大涌谷は本当に混雑状態。他の観光地同様、中華系の方が多く来ていました。
大涌谷 (7)

2015年6月末の小噴火以来、周辺の観光地にも色々な影響があったようですが、いまはほぼ前の状態に戻っているようです。辺りに硫黄のにおいが立ちこめていて、火山地帯なんだなぁ、と実感させられます。
大涌谷 (2)

いいお天気だったので、富士山もきれいに見ることが出来ました。
大涌谷 (17)

そして、大涌谷名物と言えば、寿命が7年伸びると言われる黒たまごです。
大涌谷 (12)

大涌谷くろたまご館で買い求めました。5個500円。まだ温かい状態ですね。
大涌谷 (13)

卵の表面が黒いのは、温泉の成分の鉄分が付着して、それに硫化水素が反応して硫化鉄となったものです。
大涌谷 (16)

その場で早速食べてみました。何となく、普段食べるゆで卵とは違った味のようにも感じられましたね。^^;
仙石原 (6)

さて、大涌谷に行く前に立ち寄ったのは、仙石原のすすき高原。昨年も立ち寄ったのですが、濃い霧でほとんど見ることが出来なかったのです。
仙石原

無料の駐車場から10分ほど歩いたところにある、一面すすきの穂が風で揺れる雄大な景色で見ごたえがありました。
仙石原 (5)

本当は、朝焼けや夕焼けで黄金色に見える時間帯がおすすめのようです。
仙石原 (11)

11月末までが見頃です。

この後立ち寄った「箱根ラリック美術館」についても紹介しておきますね。
ラリック美術館

アール・ヌーヴォーとアール・デコの時代に宝飾とガラス工芸の世界で活躍し、作家でもあった、ルネ・ラリック氏。

そんな彼の生涯を綴っているのが「箱根ラリック美術館」です。
ラリック美術館 (12)

私も今回初めて訪れましたが、展示されているオリエント急行の実物の客車と庭のきれいさに感動しました。
ラリック美術館 (18)

オリエント急行の実物の客車は、1988年のフジテレビ開局30周年記念特別企画「オリエント急行日本一周」で実際に日本国内を走った実物です。番組内容自体、バブルの時代らしい企画ですね。^^;
ラリック美術館 (25)

ヨーロッパでも実際に使われていた本物が持つ凄さを垣間見ることが出来ました。
ラリック美術館 (22)

あと、きれいに手入れされた芝と色づく木々のコントラスト。箱根の景色、流れる小川などを借景にした落ち着いた庭は一見の価値があります。
ラリック美術館 (28)

あぁ、美術館で展示されていたジュエリーやガラス工芸。私にはわかりません。^^;

これからが紅葉も本番。観光客で混雑するでしょうね?

箱根ラリック美術館
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186番1
TEL 0460-84-2255
9:00~17:00(入館は16:30分まで)
一般入館料は1,500円
無休(展示替のため臨時休館あり)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

この10月の三連休は、石川県はいいお天気に恵まれました。

皆さんはどのように過ごされたでしょうか?

こちらでは、7日、8日の二日間、小松市民のお祭り「42回小松市どんどんまつり」が開催されていました。市民のお祭りと言うことで、手作り感が強いお祭りです。

このお祭りは昨年も書きましたが、元々は「小松市発展の契機になった前田利常公の遺徳を偲ぶとともに、これからの産業、文化、市勢を発展させようとの願いを表した秋の市民祭」として始まったお祭りで、昔から小松で盛んだった大太鼓を祭りの象徴にして、太鼓の響きに乗せてどんどん集まろう、どんどん産業を文化を、そして市勢を発展させようとの願いをあらわしたものなのです。
どんどんまつり (6)

まずは7日の土曜の夕方に小松天満宮をスタートした「あんどん行列」。
どんどんまつり (14)

昨年23年ぶりに復活した「あんどん行列」ですが、今年もそれほど変化はありませんでした。
どんどんまつり (4)

変化と言えば、今年は梯川の拡張工事もほぼ完了に近づいた小松天満宮の周辺にイルミネーションが施されるということを聞いて期待して行ったのですが、こんな感じでした。
どんどんまつり (8)

実際にやっている方々は大変でお疲れ様だったとは思いますが……。^^;

来年以降どうなるのでしょうか??

お祭り二日目の8日は、朝から小松駅周辺を会場に、色々な催し物が開かれていました。

妻が仕事でいなかったので、一人でぶらりとまわってきました。
どんどんまつり (27)

このあたりも毎年定番な内容ですが、昨年までは自衛隊や消防など、乗り物の展示などがあったのですが、今年はありません。
どんどんまつり (16)

こちらは毎年恒例の、パフォーマンスを披露するステージや場所が、街中至ることろにありました。
どんどんまつり (20)

多くの演者の方が、自慢のパフォーマンスを披露されていましたね。

そういえば、昨年はハイキングウォーキングがゲストでしたが、今回はタレント系のゲストはなかったみたいです。

あと、「どんどんまつり」には、地元の美味しいグルメが出店しています。こちらも楽しみの一つです。
どんどんまつり (17)

こちらはグルメ横丁。小松うどんや菓子組合の方々が頑張っておられました。

今回は、別なお店でランチを兼ねて食べたので、こちらでは食べていません。
どんどんまつり (21)

歌舞伎市にもたくさんお店が出ていました。
すみげん (2)

私は大判焼きとかお茶とか買って、
すみげん

すみげんさんで、こちらの笹寿しとぜいたく煮を買いもとめて家に戻りました。
すみげん (3)

行き帰りもすべて徒歩で巡り、計1時間半ほど歩きました。いい運動になりました。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

富山といえば「越中富山の薬売り」というフレーズが有名です。今で言う「配置薬」で、使った薬の代金は後払いという「先用後利」方式で知られています。

昔の富山の人は頭がよかったんですね!?

富山でなぜ製薬業が盛んになったか!?元々は富山藩二代藩主・前田正甫公が、江戸城内で、突然激しい腹痛に見舞われた他の藩主に、常備していた反魂丹を与えたところ、たちまち痛みはおさまったとうことで、諸藩の大名に名が知られ、その後、前田正甫公が富山での製薬業を奨励したことから始まっているようです。

今回、富山に行く機会に、昔からある老舗の製薬の会社を2つ訪ねてきました。
廣貫堂 (2)

まずは、「広貫堂」です。

「広貫堂」という会社名は、前述の前田正甫公の「広く救療の志を貫通せよ」の訓示に由来しています。
廣貫堂 (11)

本社工場内に白壁土蔵造りの「廣貫堂資料館」というのがあります。
廣貫堂 (10)

そこは、売薬展示室というのがあって、薬業史上貴重な「古文書」「扁額」など、広貫堂が所有する貴重な資料が収められています。
廣貫堂 (3)

また、越中売薬ならではの「懸場帳」なども展示しされていて、昔の富山の薬売りの様子を垣間見ることが出来ます。
廣貫堂 (4)

見学していると、こちらの「ジンセンファイトⅤ」がただでもらえました。
廣貫堂 (6)

さっそく飲んで元気を出しました。
廣貫堂 (5)

一通り展示物と映像を見て、中にあった売店でのど飴と美人飴を買い求めました。
廣貫堂 (12)

のど飴はさすがに製薬会社のもので、バンランコン、カンゾウ、キンギンカ、エキナセア、カリンのエキスに21種類のハーブエキスを組み合わせたのど飴でした。効いていそうな味ですね。
廣貫堂 (14)

家に帰って袋から反魂丹を出すと、ご覧の昔懐かしい紙風船が入っていました。
廣貫堂 (15)

昔の富山の薬売りの販促ツールに「おまけ」があったことは知られていますが、この紙風船もその一つですね。

廣貫堂資料館
富山市梅沢町2-9-1
TEL 076-424-2310
9:00~17:00
年末年始、臨時休館日あり
無料



お次は富山市の街中、前にも紹介した富山市ガラス美術館の近くの「池田屋安兵衛商店」です。
池田屋 (10)

富山の中心市街地では最も古い木造建築物の一つだそうで、白壁の土蔵造りに、元は倉庫や移住空間だったところを店舗として改装して使っています。看板が目立ちます。
池田屋 (3)

実際使っていた古い道具も展示されていて、こちらは反魂丹の昔使われていた製造装置ですね。
池田屋 (2)
池田屋 (7)

実は、こちらのお店、最初は2階にある「健康膳 薬都」という薬膳料理のお店でお茶でもしようと思って向かったのですが、何と!9月初旬は臨時休業。^_^;
池田屋 (12)

そこで気を取り直して、お店を見てまわり反魂丹を買い求めました。薬の説明を聞いていると反魂丹の中心成分は昔は熊の胆だったようですが、いま牛の胆を使用しているようです。

池田屋安兵衛商店
富山県富山市堤町通り1-3-5
TEL 076-425-1871
9:00~18:00(薬都は11:30~14:00)
無休(但し年末年始を除く)
薬都は水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

10月に入り、いよいよ秋本番です。

9月の最終日、秋晴れの中、恒例の木場潟ウォーキング!
木場潟 (5)

北陸新幹線の橋脚の工事が本格的に始まりました。北陸新幹線の足音が聞こえてきます。
木場潟 (4)

でも、この大きなクレーンが立ち並ぶのは、素晴らしい景観にはちょっと不釣り合いです。新幹線の通り道にあった田んぼはすっかり変わってしまっています。

そんなクレーンを横目で見ながら、いつもの通り木場潟を時計と反対廻りで一周しました。
木場潟 (9)

西園地には、10月7日オープンのラーゴ・ビアンコも建屋は完成していました。
木場潟 (8)

ラーゴ・ビアンコとはスイスにある湖の名前。

朝から夕方まではカフェ。夜はダイニングです。私も混雑が落ち着いたら行ってみたいと思っています。
木場潟 (10)

あと、カヌー競技場では、この日も多くの学生が練習をしていました。
木場潟 (14)

そして、この近くにクレソン畑があります。
木場潟 (12)

この日は無料で摘み取りできました。(いつまで摘めるかはわかりません)
クレソン1

九谷焼の作家、山下一三さんの器に盛り付け美味しくいただきました。ご馳走様でした。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は今の夏2度目の土用の丑の日。

7月25日のときは浜松に行っていながら「うなぎパイ」でしたが、今日はイラストのうなぎでした。^^;
円満朝市 (2)

そんな土用の丑の日に、小松市の本光寺で恒例の「円満朝市」が開かれました。
円満朝市

「円満朝市」へは11年ぶりとなります。私のブログでは12年前に行った時のことをこちらで書いています
円満朝市 (13)

「円満朝市」は、4月~10月の間、毎月第一日曜日の朝5:30~7:00に開催されていますが、最初に開催されたのが平成14年の7月ということで、すでに15年以上経過しているのです。素晴らしいですね。
円満朝市 (4)

この日も朝早くからですが大勢の方が来ていて、やはり人気です。

朝市というからその名の通り、色々なお店が出ています。惣菜、日本酒、お菓子、野菜、くだものなど盛り沢山。カイロプラクティックなどもやっていました。

私は、まずはインテリアデザイナーでイラストレーターでもある森秀一さん(KAZUさん)の元へ。
円満朝市 (3)

毎回、色んな所で素敵なイラストを描いておられます。ちなみに今年の暑中見舞いに頂いた絵葉書には、こんな素敵な金魚が書かれていました。
円満朝市 (20)

今回は、夏らしくうちわに絵を描いてました。そこで私も1枚書いてもらうことに。
円満朝市 (14)

目の前には、夏らしいスイカや花火、金魚などのイラストが描かれたうちわも並べられていましたが、それでは面白くないし、何のイラストにしようか迷いましたが、ちょうど今日が土用の丑の日ということもあって、うなぎの絵がいい!と思いお願いしてみたところこころよく描いていただきました。1枚千円でした。

それがこちらです。
円満朝市 (18)

ウナギの蒲焼というお題は少し難しそうでしたが、ものの数分でサッと描いていただきました。思わずかぶりつきたくなるほどの出来です。

そのあと、小松うどんのところへ行き、円満うどん(350円)を一杯食べることに。
円満朝市 (6)

きつねうどんです。暑い日に熱いうどんも暑気払いにいいでしょう!?
円満朝市 (5)

本光寺教務主事の河合さんも客引きされていました。彼はCMに出たり本を出したり、それにミュージシャンだったりします。多芸な方です。

久しぶりの「円満朝市」。相変わらずの盛況ぶりでした。短い時間でしたが楽しかったですよ!お世話をされている方に感謝です。

松陽山 本光寺
石川県小松市本折町52
TEL 0761-22-0638

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ