あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 地域・旅行

今日は「飲食店における接客」について考えてみたいと思います。
DSC06730

ただし私自身は飲食業にかかわっているわけではありませんので、これまでの飲食店を利用させていただいた経験をもとに書くことになります。

2017年に倒産した企業の平均寿命は23.5年というデータをネットで見ました。一方、開業して2年で飲食店の約半数が閉店するというデータもあります。

飲食業は比較的参入の容易な業種です。そんな中で持続可能な飲食店経営を目指して日夜ご努力されている飲食店の皆さまにとっては、「接客」は大事なテーマだと思います。

「接客」は英語だと「serve」になります。「serve」には色々な意味がありますが、ここでは「サービス」つまり「給仕する」という意味として考えます(あまりいい言葉ではないかもしれませんが)。
DSC06812

では、何のために「給仕する」のでしょうか?

当然、お金を稼ぐためという理由もあるでしょう?しかし、本来は「お客様に喜んでいただくため」ではないでしょうか?収益はあくまでも結果です。

「働」という字の意味は「はたをやくにする」ということなのです。そのような思いで接するところには、必ず「福の神」がまわってくるのです。しかし「お客様は神様」ということではありません。

一方、同様な意味でも使われる最近はやりの言葉として「ホスピタリティ」という言葉があります。直訳すると「おもてなし」です。

東京オリンピックの誘致活動の際に流行語となりましたが、日本人にとって、この「おもてなし」の良し悪しが、お客の「満足度」に大きく影響しているのではないでしょうか?

「おもてなし」については、受ける側の感じ方によっても評価が変わっていき、初回よりも2回目のほうが期待値があがっていたりします。

著名なホテルや、航空会社の機内でのサービスを見ていると参考になるのではないかと考えますが、共通しているのはお客様と積極的にコミュニケーションを取りながらサービスを行い、それ以上の期待領域についてはお客様の要求があった場合に最善を尽くしていくというやり方です。

もちろん、ホテルや飛行機の中は宿泊や移動という人の営みそのものがウリであって飲食物を提供する飲食店とはちょっと違うとは思いますが…。

さて、海外に行くと日本の飲食店でのサービス面がいかに良いのかかわかります。

といっても近年はアジアの国しか行ったことがありませんが、この前行ったシンガポールでは、高級店は除きお店で「おしぼり」など出してもらえないので、手は自分できれいにするしかありません。

もちろん。「おしぼり」もコストですから、その分安くするという考え方もできるでしょう?しかし、日本では初めから汚れることを想定できる食べ物の場合は、おしぼりに類するものは必ず用意されていますよね。

当然のこととしてモノやサービスには必ず質が伴います。しかし、サービスの質はモノの質と違っては一定ではありません。時と場合によって変化します。あんまり過度なサービスは好まれない方も多いと思いまし、当然マニュアル化されたサービスでもありません。

欧米の飲食系や大手の居酒屋チェーンなどでは、「サービスマニュアル」というものが存在していて、事細かに「こうしなさい」と書かれていると思いがちですが、いまマクドナルドでは「あなたならどうしますか」と自分で考える問いかけになっていて、トレーナーの方が場面に応じて指導されていると書かれていました。変化しているのですね。

日本の昔からの言葉に「ハレとケ」という言葉があります。ハレの日と日常の営みです。高級店に行くときは普通の人だったら非日常を求めていくはずです。

個人的には、ほっておかれることが「ホスピタリティ」と感じることもあります。

そんな場面場面での気配りをお客側は、気付かなくても求めているのではないでしょうか?

私はコンサルタントではありませんので、解決策を書くことは出来ませんが、一つ言えることは「当たり前のことをきちんとおこなう」ことが大事だということです。是非、ひとの温かさを感じるようないい接客であってほしいと思います。

何ともとりとめのない話になってきましたので、今日はこの辺で。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎年5月の第二週の週末に開催される小松市最大の例祭「お旅まつり」。

令和の時代に入ってはじめての開催で昨日から明日まで行われています。

五月晴れのいいお天気で、午後は多くの人が訪れていました。

私もいいお天気に誘われて見学がてらぶらぶらしてきました。
お旅まつり

お諏訪さん。
お旅まつり (3)

今年も露天がたくさん出ていますね。
お旅まつり (9)

お神輿です。
お旅まつり (18)

子供獅子も頑張っています。
お旅まつり (7)

駅前の通りにも地元のかたが色々なお店を出していました。
お旅まつり (14)

妻はランチを食べていなかったので、航空自衛隊小松基地名物の「小松基地カレー」を買って食べていました。
お旅まつり (8)

あと、家に中ノ峠物産販売所の岩魚の塩焼などを買い求めました。
お旅まつり (15)

そのまま、細工町も交差点へ移動。曳山子供歌舞伎と曳山曳揃えを観るためです。
お旅まつり (30)

見物の曳山曳揃えは、今年は残念ながら6基となっていました。
お旅まつり (31)

曳山子供歌舞伎上演は、今年の当番町は大文字町と京町で、出し物は大文字町は「碁太平記白石噺 新吉原揚屋の場」。京町は「恋飛脚大和往来 封印切の場」。

子供たちが精いっぱいの熱演で会場を盛り上げていました。

明日も曳山子供歌舞伎は上演されます。是非観に行ってくださいね。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は私がブログで紹介するお店をアップする基準について書きたいと思います。
イメージ2

まぁ、選択基準みたいなことなのですが、偉そうに選別するとかではなくブログネタとして取り上げるかどうかの判断材料です。

前にも書きましたが、特に厳密に決めているわけではないのですが、始めた時から大まかに決めていることがあります。

まずは、だれもが知っている全国チェーンのお店は書きません。紹介する必要がないと思っているからです。

特段理由があるわけではありませんが、菓子類のお店は店内にイートインできるところがある場合紹介していて、パン屋さんについてはイートインが無くても紹介しています。

また、新規店を追いかけることはしませんし、あと取り上げたら基本1年以上期間を空けるようにしています。

ただしこれらはあくまでも基本であって、当然例外もあります。ブログ的に面白いネタであればこれらにこだわらずに書きます。

個人的にお店や第三者から何かお礼など頂いて書くことは一切ありません。

あと、大げさかもしれませんが、一番重要視しているのは、地元のお店最優先ということです。まずは小松市内のお店、その次は南加賀エリア、そして金沢含む加賀エリア、石川県ということになります。なかなか能登まで行けないのが残念ですが…。^^;

ここで話は横道にそれますが、私のブログへどこからアクセスされているかについてもご紹介しておきます。

私のブログへは石川県内からのアクセスは全体の3割弱ぐらいです。他の都道府県の内、東京・神奈川・大阪・名古屋で55%ほどを占めています。つまり石川県内より県外の方の方が圧倒的に多いのです。ちなみにアクセス数は一日4~7千アクセス(旧も含んで)ぐらいです。

そんなこんなで、石川のお店がネット上に多くあるほうが、県外からの訪れる人も多くなると思っているからで、いつもそのことを意識しながら書いています。

ただ石川県内だけにこだわっているとネタ的に厳しいので、他の土地に仕事やプライベートで行った時に入ったお店のことは書きます。特に過去住んでいた大阪・福岡については多く書いていますね。

けど、そのお店に行くためにわざわざ県外に出かけることはしていません。

このテーマの最後に、今の時代は情報を発信するところに情報や人が集まる時代です。小松に住む人も積極的に情報発信してほしいとも思っています。自治体のほうも、その促進に対する仕掛けを是非やってほしいです。ちなみに加賀市や金沢市は観光に力を入れているので頑張っているのではないでしょうか?

今日のところはこの辺で。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

長いGW、皆さんはどう過ごされましたか?
イメージ

私は大阪に行ったり金沢に行ったりしましたが、それでも10連休はさすがに長かったので、家でブログ原稿を書く時間をだいぶ持つことが出来ました。

そこで、いつものグルメネタとしてお店の紹介ばかりではなく、他の視点で「グルメ」についても書きましたのでアップしていきたいと思います。

さて、前にアップしました「ターミナルなどにある飲食店の対応が、その土地のイメージを悪くすることもある」という内容に少し反響がありました。この後アクセス数が相当増えました。

飲食店で働いている人も人間ですから、時には機嫌が悪いこともあるでしょうし、ミスもするでしょう?私だって同じです。

起きてしまったことややってしまったことは、もうどうしようもないわけです。大切なのはその後です。

偉そうなことを書いていますが、これは自分自身に当てはめても同じことだと思っています。「ごめん」と思っても素直に謝ることが出来ないということもありますが、そこは一呼吸置いてから考えてみることにしています。

では、閑話休題

今日は飲食店をチョイスするコツと言いますが、自分がやっていることについて書きたいと思います。

私がグルメブログを始めたのが約15年前。当時はまだあまりブログ自体もやっている人が少なかった時代です。

そこから、まさに相当数の飲食店に行きました。前のココログ時代のブログは閉店したお店については削除したろころも500軒ぐらいありますが、いまのLivedoorブログ含めてトータルでは3,500軒前後は行ったのではないでしょうか?

たまたま転勤で県外にいたり、いまでも出張が多く石川県以外のところにも行くことが多いのでそんな軒数になりましたが、過去にはお店選びで失敗したな~、と思うことも数知れずあります。

おかげさまで最近はだいぶ確率がよくなって、外れが少なくなりました。

まず、失敗しないためには当たり前のことですが、そのお店について調べることです。

いまは便利な時代になってネットで色々なことがわかります。

食べログRettyなどのグルメ系のサイトや個人がやっているブログにもグルメ情報を書いている人も多くなりました。

食べログを利用されている方も多いと思います。

その付いている点数について、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、少し説明したいと思います。

食べログの点数は単純平均ではありません。また、「評価が集まらないと点数は付かない」仕組みになっています。そして食べログのお店の点数ですが、食べログのサイトを見ると下記のような説明が書かれています。

概ね 4.00点以上 (全体のTOP500前後)
食べ歩き経験の豊富な食べログユーザーの多くが高い評価をつけたお店。満足できる確率のとても高いお店。

概ね 3.50点以上、4.00点未満 (全体のTOP約4%)
多くの食べログユーザーに人気のお店。満足できる確率の高いお店。

概ね 3.50点未満 (全体の約96%)
食べログユーザーの十分な評価がまだ集まっていないお店や評価が割れているお店。ー隠れた名店も多数存在し、将来3.5以上になる可能性がありますー

つまり言えることは、食べログで3.5点以上ついているお店は外れが少ないということなのです。もちろん、点数が3.5点以上であっても個人の好みや相性などによって外れる場合もあります。私も経験があります。でも参考にするにはいい点数です。

また、食べログのレビュアーと呼ばれる人がある程度書かないと、お店の点数があがって行かない仕組みになっているので、食べログのレビュアーが行きやすいといいますか、人口が多い場所の飲食店のほうがいい点数が付きやすいということが言えるのです。

そのため、地方のお店、特に地方でも市街地ではなく交通の便が悪いところに立地しているお店は不利と言えます。(でも、小松では「SHOKUDO YArn(ショクドウ ヤーン)」のように高得点のお店がありますが)

そのような理由で地方では3.5点以下のお店でもいいところがたくさんあることも事実です。そんな場合はレビュアーの書いている内容を読むしかありません。特に自分の好みに合致していそうなレビュアーの書いている内容が参考になると思います。

ここまで書いて、これらのことから言えることについて。私見ですが付け加えます。

人口の多い土地にある飲食店は、「食べログの点数が付きやすい」ことはレビュアーの書き込み数が多いということの影響が大きいということ。つまり小松や南加賀(金沢除く)でも食べログのレビュアーの数が増えて書き込みが増えれば点数が上がるということです。

しかし小松はレビュアーの人数が少ないです。(笑い) あまり前々に出ることが苦手な人が多いのかもしれませんね!?

そのため、小松市の場合(同様の地方都市にもあてはまる)レビュー自体の数が少ないので、こんなお店がこんな点数⁉︎と思うお店が相当数ありますね!

皆さん!もっと書きましょう!(笑い)おっと私は「食べログ」の回し者では決してありませんが、点数が上がれば他の土地の飲食店ではなく、小松の飲食店で食べてみよう!と思う人も増えると信じています。

私自身も、5年前からそのことに気が付き食べログにもアップするようにしました。もちろん、最初は点数を付けるなんておこがましい、と思っていましたし、つける点数はそれなりに公平な点数であることは必要(主観なのである程度)です。当然書く内容も大事ですが。

食べログはそれなりの件数をレビューしないと点数に反映されないことを承知願います。

最後に!これも当たり前のことですが、お店選びは友人・知人に聞いたりするのが一番かもしれませんが、いないようであれば私が書いた内容が参考になれば幸いです。

今日のところはこの辺で。お読みいただきありがとうございました。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

平成の時代が終わり、新しい年号の令和になりましたが、我々はその瞬間を大阪で過ごしました。

10連休もあると、小松でずっと過ごすというのもさすがに寂しいかな?と思い、宿泊先のホテルはだいぶ前に予約を入れ、JRのチケットも1か月前の発売開始と同時に確保。万全を期して出かけてきました。

目的は大阪市立美術館で開催されている「フェルメール展」を見ること、大阪城ナイトウォークの「サクヤルミナ」、買い物、そしてもちろんグルメ。

食べたお店については後日紹介しますが、今日は「フェルメール展」「サクヤルミナ」について紹介します。

まず、大阪に到着してホテルに荷物を預けて向かったのは天王寺。「フェルメール展」が開催されている大阪市立美術館です。
フェルメール (5)

大阪に住んでいる時、一度だけ行ったことがありますが久しぶりです。

近くに天王寺動物園があって、家族連れの方も多くとても混雑していました。
フェルメール

中はごった返すほどではなかったですが。さすがに混雑していて、フェルメールの絵が6枚展示されていましたが、あまりゆっくり見ることは出来ませんでした。

しかし「光と影の天才画家」とか「光の魔術師」と言われたりするフェルメール。また「フェルメール・ブルー」と言われる鮮やかな青色を随所に見ることが出来て楽しめましたね。

フェルメール展」の大阪展は5月12日(日)までで、詳細はHPで確認してください。

その足で向かったのは新世界。こちらも久しぶりです。
新世界 (4)

コテコテ大阪を満喫できますが、いかんせん人が多くて歩くのも大変。通天閣は何と!75分待ちということで諦めて、そのまま難波まで再度歩いて移動。さらに心斎橋まで歩きました。
大丸心斎橋

新しく建設中の大丸の心斎橋店もだいぶ出来上がってきました。

夜まで相当歩いたので、この日は約20km、2万歩ほど歩くことになりました。^^;
サクヤルミナ (3)

その後ホテルにチェックインして、別な場所でディナーを食べて、夜開催される大阪城ナイトウォーク「SAKUYA LUMINA(サクヤルミナ)」に参加しました。
サクヤルミナ (21)

参加と言っても、まぁ、ナイトエンタテインメントなので楽しんできました!というのがホントのところかな?
サクヤルミナ (13)

いわゆるプロジェクションマッピングなのですが「光と音、演出、映像、そしてインタラクティブな仕掛けを通じて、言語を超えて人々の心を動かす体験型ナイトウォークです。」というものです。
サクヤルミナ (10)

大阪城の石垣などをスクリーンにして、何ヶ所かに分かれている場所をウォーキングしながら楽しめるように構成されていました。
サクヤルミナ

あまり詳しく書くと面白くなくなるので、是非足を運んでください。上の写真は、一番最後の大阪城天守閣の石垣のところですが、花の真ん中部分に、途中で写した自分の顔が映し出されます。^^;

特に子供連れのご家族が楽しめるアトラクションだと思います。2021年末までの長期開催が予定されてるようですが、詳細はHPで確認願います。

しかし、GWの大阪はインバウンドの海外からの観光客、それに国内旅行の人・人・人。どこ行っても一杯の人で疲れました。^^;

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ