あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 地域・旅行

皆さんはどんなお盆休みでしたか?人によっては9連休だったかたもいらっしゃるでしょう?

さて私は、今年のお盆は遠出しませんでした。

で行ったのは能登。能登に行くのは久しぶりです。

昨年は羽咋まで行きましたが、七尾まで行くのは加賀屋さんにお邪魔したとき以来約5年ぶりです。

小松から七尾までは距離にしてちょうど100kmほど。北陸自動車道とのと里山海道を使えば1時間半ぐらいなのですが、感覚的に遠く感じてしまいます。^^;

今回、日帰り駆け足で七尾を巡ってきましたので、まずは観光編をアップします。

午前中、パン屋さんで買い物とカフェでいっぷく。なお、飲食については後日アップします。

お昼に行くお店の予約時間まで少し時間があってので、周辺で観光施設がないかぐぐって見つけたのが「能登歴史公園(国分寺地区)」というところ。
能登歴史公園

メインの施設は「のと里山里海ミュージアム」。昨年の10月28日にオープンしています。
能登歴史公園 (3)

七尾の市街地からは少し距離があり、行ってみて何でこんなところに作ったのか少々不可解でした。私が行った時はお盆休みのお昼前の時間帯でしたが、館内にお客さんはまばら。観光客向けの施設のような作りですが、であればもっと街中の方が人が集まりやすいような気がしました。

このミュージアムはHPによると、「連綿と受け継がれてきた能登の里山里海の自然環境や歴史的文化的価値のある暮らしを市民や市外・県外の皆さんに紹介する施設です。」と書かれています。

今回は時間の関係で駆け足で見ました。
能登歴史公園 (6)

新しい施設なので中はきれいです。
能登歴史公園 (7)

明るくて展示も見やすいです。
能登歴史公園 (12)

内容的にはいいコンテンツだったと思うので、先ほども書きましたが、もっと多くの人に見てもらえる場所にあったらなぁ~?とちょっと残念でした。

のと里山里海ミュージアム
石川県七尾市国分町イ部1番地
 能登歴史公園(国分寺地区)内
9:00~17:00
火曜(祝日の場合は開館),年末年始(12/29~1/3)休
入館料は無料

お次も比較的新しい施設で、こちらは七尾の中心地近くにある「花嫁のれん館」です。
花嫁のれん館 (3)

「花嫁のれん館」は、前は違った場所にありました。

冒頭書きましたが、5年前に七尾に行った時には一本杉通り商店街の中の一軒を使って無料で見学できる小さな「花嫁のれん館」でした。

今回、ナビの誘導で次の目的地に向かう途中で、新しくなった「花嫁のれん館」を見つけて入ってみました。

新しい場所で立派な建物を新築で作って新規開館していたとはまったく知りませんでした。帰って調べてみると2016年4月9日にオープンしているようです。

中に入ってびっくり!すごいお金をかけた建物です。
花嫁のれん館 (4)

「花嫁のれん」という、幕末から明治時代から伝わる、加賀藩の能登・加賀・越中で始まった婚礼の風習の一つをきちんと体系立てて見せてくれる施設です。
花嫁のれん館 (8)

館内には、明治から平成までの花嫁のれんを見ることが出来るのですが、見学には550円が必要です。
花嫁のれん館 (7)

また企画展では「夏のれん展」というのをやっていました。

館内はガイドの女性が説明付きで案内してくれますが、10分ほどで見てまわることが出来ます。

花嫁のれん館
石川県七尾市馬出町ツ部49
TEL 0767-53-8743
9:00-17:00(入館は16:30まで)
年末年始(12月29日-1月3日)
展示替え期間休館

最後は、「石川県七尾美術館」です。
七尾美術館

設計は内井昭蔵氏。石川県では「石川県金沢港大野からくり記念館」の設計を担当したことでも知られています。
七尾美術館 (3)

さて七尾市といえば、 国宝「松林図屏風」などで有名な安土桃山時代の絵師、長谷川等伯の生誕地ですが、七尾美術館では毎年短い期間ですが、長谷川等伯の作品を展示しておます。
七尾美術館 (6)

いまは「大正ロマンとモダンデザイン」という展示が開催されていました。

石川県七尾美術館
石川県七尾市小丸山台1丁目1
TEL 0767-53-1500
9:00~17:00(入館は16:30まで)
月曜(祝日を除く)祝日の翌日休(土日を除く)
展示替え期間、年末年始休
※展覧会によっては会期中無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、木場潟までウォーキングで出かける回数が少なくなってきました。

何となく、木場潟まで行くのがおっくうになり、近くをウォーキングするケースが多いのです。^^;

いまは梅雨真っ只中。昨日の朝も雨だったので歩けなかったので(その後雨はやみましたが)、今朝雨が降っていないのを見て、妻と一緒に木場潟に行くことに。

一周歩きながら、梅雨の合間の木場潟の景色を楽しみました。

この時期、雨が降った後の緑が鮮やかできれいですね。
木場潟

花菖蒲の季節は終わりましたが、紫陽花は見頃。
木場潟 (3)

あと、いつの間にできたのか、花ハス畑にハスの花が咲いていて、その花の写真を写すために多くの人が撮影をしていました。
木場潟 (2)

それを見て我々もちょっとだけ撮影タイム。
木場潟 (4)

植えられているのは中尊寺ハスとマコトハスの2種類です。

カヌーコースでは、どこの国でしょうか?妻曰く、ポルトガル語が聞こえたと言っていましたが、事前合宿を行う6か国でポルトガル語を使用する国ではブラジルだけ!?
木場潟 (5)

練習に来ていたのでしょうか??

久しぶりの木場潟はやはり気持ちよくウォーキングが出来る場所でした。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

未公開編を書くのは久しぶりかもしれません。

5月に行ったお店の話題はまだ続きますが、ここらで飲食店以外の話題を2つほど。

新緑の季節ということで、新しくオープンした施設の紹介とヴァイオリンコンサートの話題を紹介します。

まずは5月26日に小松市の「空とこども絵本館」の別館の「絵本館ホール夢の本棚」で開かれたヴァイオリンコンサートについて紹介します。

ウイーン在住のヴァイオリニストのヴォルフガング・ダヴィッドさんのコンサートです。

ダヴィッド (5)
私もよく存じ上げている小松市在住の建築家、木田智滋さんと奥さまの徳子さんが主体となって開催されているのですが、昨年も開かれました。

昨年のことはこちらで紹介しています。

今回はバッハの曲でした。
ダヴィッド

「無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番イ短調」と「無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番ニ短調」。

今回もダヴィッドさんの素晴らしい演奏を聴くことが出来ました。

「無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番ニ短調」の最終章「第5楽章 シャコンヌ(Chaconne)」はよく聞く曲です。

「シャコンヌ」といえば、バッハのこの作品を指し、シャコンヌの代名詞ともなっていて、変奏曲の題の通り凄い変奏が繰り返し聴くことが出来、演奏家の腕が試される曲ですね。

ここでコンサートの紹介ですが、こちらも毎年開かれているのですが、今年も11月26日(火)にはダヴィッドさんのヴァイオリンと梯剛之さんのピアノのデュオ・リサイタルが、「石川県こまつ芸術劇場うらら」で開かれます。
ダヴィッド (4)

素晴らしいヴァイオリンの音色と、盲目のピアニストとして世界を股に活躍されている梯剛之の素晴らしいピアノ演奏を聴くことが出来ますよ!

今年で6回目となります。是非皆さんもどうぞ!

ヴォルフガング・ダヴィッド&梯剛之デュオ・リサイタルⅥ
石川県こまつ芸術劇場うらら
11月26日(火)
※チケットは8月から販売予定
問合せ先
オトガク(主催)
TEL 0761-22-9366
kida.tomozi@sepia.plala.or.jp

お次は野々市に新しくオープンした「無印良品」の郊外型独立店舗の話題です。

無印良品は、商業ビルに店舗を構えていることが多く、郊外型の独立店舗はこれまでなかったようです。

いまは「無印良品」は、独立した資本系列の株式会社良品計画が運営する生活関連商品のブランドとなっています。

今年4月には東京銀座にホテル「MUJI HOTEL GINZA」をオープンさせて話題になりました。

実は私は、この「無印良品」の最初のころから立ち上げにかかわっていた方をよく存じ上げています。

我々の結婚式にも参列してくれた方で、その方がスーパーの西友に在籍していたころにかかわっておられました。

そういうこともあって、野々市明倫通り店に出かけてきました。
無印良品

ファサード(外観)や内部には、石川県産も木材をたくさん使っていて、ナチュラルな「無印良品」のイメージをよく表した店舗になっているのではないかと思います。
無印良品 (2)

外光が差し揉む中庭があって、福井県の木が植えられていました。
無印良品 (4)

店内は広々として品数や種類も多くあって、ゆったり選んで買い求めることが出来ますよ。

ただ一つ残念だったのは、これだけ広いスペースがあるなら、一部展開している「Cafe&MealMUJI(カフェ ムジ」があるとうれしかったです。

無印良品 野々市明倫通り店
石川県野々市市堀内4丁目126番
TEL 076-294-1147
10:00~20:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は先月小松市に新しくできた施設「九谷セラミック・ラボラトリー」の紹介です。

通称は「CERABO KUTANI(セラボ・クタニ)」ということで、2020年東京オリンピックのメイン会場の「国立競技場」の設計を担当した建築家、隈研吾氏が設計を手掛けています。隈研吾氏は先日のオープニングセレモニーにも来ていました。

彼の設計した建築については私も興味があって、色々な地域にある彼の設計の施設に行っています。

昨秋には熱海まで足をのばして、彼の設計した旅館「ATAMI 海峯楼」やアカオハーブ&ローズガーデン内の絶景カフェ「COEDA HOUSE(コエダハウス)」まで行ってきました。

さて、今日紹介します「九谷セラミック・ラボラトリー」は、製土工場・ギャラリー・体験工房・レンタル工房・外土間を兼ね揃えた、複合型の九谷焼創作工房となっていて、入場料金300円(大人)はかかりますが、それらを見学することが出来るようになっています。

ただし九谷焼の陶石を加工する製土工場の稼働は平日のみとなっているので注意が必要ですが。

小松市は、「『珠玉と歩む物語』小松~時の流れの中で磨き上げた石の文化~」として日本遺産に登録されています。

今回の「九谷セラミック・ラボラトリー」は、その中核施設として建てられました。
九谷セラミックラボラトリー (26)

一部の屋根には小松マテーレの緑化素材「グリーンビズR」を使用して緑化されています。
九谷セラミックラボラトリー (21)

また、同社の製品は壁の一部にも炭素繊維複合材の補強として使われているようですね。
九谷セラミックラボラトリー (23)

エントランスです。

これらの写真は正式オープン前に開かれた内見会のとき、妻が写した写真です。いい天気だったので、こちらを使いました。私が行った時はあいにくの天気だったので。

外観。木と土が多用されています。
九谷セラミックラボラトリー (31)

隈研吾氏のサインプレート。
九谷セラミックラボラトリー (47)

内部は新築だから当然ですが、新しくてきれい。内部にも木と土の温もりを感じさせてくれています。

内はそれほど広くは無く、見学用のスペースも10分もあれば十分見ることが出来るでしょう?
九谷セラミックラボラトリー (56)

約半分のスペースは製土工場になっていて、実際に九谷焼に使われる陶土を作っているのです。
九谷セラミックラボラトリー (19)

こちらは体験工房のスペースで、料金を払えば九谷焼製作を実際に体験することが出来ます。
九谷セラミックラボラトリー (44)

ギャラリーでは現在、小松市周辺の九谷焼の作家の作品が展示されていました。
九谷セラミックラボラトリー (57)

右が人間国宝の吉田美統氏の釉裏金彩。左は中田一於氏の釉裏銀彩ですね。

世界でも有名な九谷焼が、小松市から産出される陶石によって作られていることを小松市民も、もっとわかっていた方がいいと思いました。是非皆さんも一度行ってみてください。

九谷セラミック・ラボラトリー
石川県小松市若杉町ア91番地
TEL 0761-48-4235
10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
水曜・年末年始休館
一般 300円
学生(高校生以下)150円


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は「飲食店における接客」について考えてみたいと思います。
DSC06730

ただし私自身は飲食業にかかわっているわけではありませんので、これまでの飲食店を利用させていただいた経験をもとに書くことになります。

2017年に倒産した企業の平均寿命は23.5年というデータをネットで見ました。一方、開業して2年で飲食店の約半数が閉店するというデータもあります。

飲食業は比較的参入の容易な業種です。そんな中で持続可能な飲食店経営を目指して日夜ご努力されている飲食店の皆さまにとっては、「接客」は大事なテーマだと思います。

「接客」は英語だと「serve」になります。「serve」には色々な意味がありますが、ここでは「サービス」つまり「給仕する」という意味として考えます(あまりいい言葉ではないかもしれませんが)。
DSC06812

では、何のために「給仕する」のでしょうか?

当然、お金を稼ぐためという理由もあるでしょう?しかし、本来は「お客様に喜んでいただくため」ではないでしょうか?収益はあくまでも結果です。

「働」という字の意味は「はたをやくにする」ということなのです。そのような思いで接するところには、必ず「福の神」がまわってくるのです。しかし「お客様は神様」ということではありません。

一方、同様な意味でも使われる最近はやりの言葉として「ホスピタリティ」という言葉があります。直訳すると「おもてなし」です。

東京オリンピックの誘致活動の際に流行語となりましたが、日本人にとって、この「おもてなし」の良し悪しが、お客の「満足度」に大きく影響しているのではないでしょうか?

「おもてなし」については、受ける側の感じ方によっても評価が変わっていき、初回よりも2回目のほうが期待値があがっていたりします。

著名なホテルや、航空会社の機内でのサービスを見ていると参考になるのではないかと考えますが、共通しているのはお客様と積極的にコミュニケーションを取りながらサービスを行い、それ以上の期待領域についてはお客様の要求があった場合に最善を尽くしていくというやり方です。

もちろん、ホテルや飛行機の中は宿泊や移動という人の営みそのものがウリであって飲食物を提供する飲食店とはちょっと違うとは思いますが…。

さて、海外に行くと日本の飲食店でのサービス面がいかに良いのかかわかります。

といっても近年はアジアの国しか行ったことがありませんが、この前行ったシンガポールでは、高級店は除きお店で「おしぼり」など出してもらえないので、手は自分できれいにするしかありません。

もちろん。「おしぼり」もコストですから、その分安くするという考え方もできるでしょう?しかし、日本では初めから汚れることを想定できる食べ物の場合は、おしぼりに類するものは必ず用意されていますよね。

当然のこととしてモノやサービスには必ず質が伴います。しかし、サービスの質はモノの質と違っては一定ではありません。時と場合によって変化します。あんまり過度なサービスは好まれない方も多いと思いまし、当然マニュアル化されたサービスでもありません。

欧米の飲食系や大手の居酒屋チェーンなどでは、「サービスマニュアル」というものが存在していて、事細かに「こうしなさい」と書かれていると思いがちですが、いまマクドナルドでは「あなたならどうしますか」と自分で考える問いかけになっていて、トレーナーの方が場面に応じて指導されていると書かれていました。変化しているのですね。

日本の昔からの言葉に「ハレとケ」という言葉があります。ハレの日と日常の営みです。高級店に行くときは普通の人だったら非日常を求めていくはずです。

個人的には、ほっておかれることが「ホスピタリティ」と感じることもあります。

そんな場面場面での気配りをお客側は、気付かなくても求めているのではないでしょうか?

私はコンサルタントではありませんので、解決策を書くことは出来ませんが、一つ言えることは「当たり前のことをきちんとおこなう」ことが大事だということです。是非、ひとの温かさを感じるようないい接客であってほしいと思います。

何ともとりとめのない話になってきましたので、今日はこの辺で。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ