あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > かほく・津幡以北・能登地方


元日に発災した能登半島地震。能登の伝統産業にも大きな被害が出ています。

珠洲では珠洲焼、輪島では輪島塗など、よく知る工芸品以外にも多々あると思いますが、早く元のようになることを祈っております。

我が家には輪島塗の食器が何点かあります。輪島塗は手入れが難しいイメージがありますが、それほどでもなく、ハレ以外の日常遣いでも活躍してくれています。

さて、輪島塗の作家さんの中にも有名な方がいらっしゃいます。そのお一人が塗師の赤木明登さん。文筆家や美食家でも知られていて、また、妻の智子さんもエッセイストとして著名です。

そんな赤木明登さんが昨年輪島市の山中、旧門前町エリアにオープンしたのが日本料理オーベルジュ「茶寮 杣径」。

建物は著名な建築家中村好文氏が手掛けていて、一日一組だけの宿泊者を受け入れています。赤木明登さんの輪島塗などの器と、地元の食材を使った日本料理という贅沢な組み合わせを楽しむことが出来るオーベルジュとして知られていました。

しかし、ご存じの通り地震による被害で現在は営業休止になってしまい、そんな中、手を差し伸べたのが彦三町にあるお茶屋Bar「金沢 紋」です。
金沢 紋 (9)

ちょうど貸し切り営業になっていたことから、3月31日まで「茶寮 杣径(そまみち)」の味を「金沢 紋」の素敵な空間で味わうことが出来るという期間限定コラボが実現したわけです。

ちなみに期間については復旧までの仮営業といことで4月以降も延長になっているかもしれません。お店の方の確認を。

今回、赤木智子さんのファンでもある我妻が、ハレの日を祝うためにディナーをご馳走してくれるということで、こちらを予約してありました。

建物は300坪の敷地に明治時代に建てられた一軒家。内部は素敵にリノベーションされています。
金沢 紋 (10)

中に入るとギャラリーになっていて、赤木明登さんの作品を見ることが出来ました。
金沢 紋 (2)
もちろんその場で買い求めることもできます。

金沢 紋 (13)

そして2階が、元々カフェだったスペースで、そこを使って料理を楽しむことが出来るようになっていました。
金沢 紋 (12)

「茶寮 杣径」の料理長は小松市出身の方。私は10年半ほど前に金沢木倉町で彼がやっていた「六味一滴」というお店に行ったことがあります

窓からは立派な庭と浅野川。
金沢 紋 (15)
こちらの方には主計町や浅野川大橋を望むことが出来ました。


ただ、ある意味間借りのスペースだったので、サービス面ではやりにくさを感じました。

では、この日の料理と飲んだお酒について紹介していきます。
金沢 紋 (20)

最初の一杯がお店のサービス。こちらの日本酒が出されました。
金沢 紋 (21)

私は最初の一杯はビールがいいと思い注文。

まず出てきたのが先付けで、イイダコと紅芯大根と、生薬として知られるカンゾウ。
金沢 紋 (23)

銀杏の生地を極限まで薄く挽き、拭き漆で仕上げてある器で、持ってみると超軽量。もちろん赤木明登さんの作品で素晴らしいです。

イイダコは超柔らかくて滋味あふれる味付けでした。

お造りの1品目は高台の磁器に入れられて出てきました。
金沢 紋 (29)
ナメラの昆布締め。かぶらとプンタレッラ添え。プンタレッラはチコリの仲間でカタローニャのイタリア野菜の新芽のことです。


上品な昆布締めで、しっかりとした食感のナメラ。白醤油で食べさせてくれています。

お造りの2品目は、朱塗の丸盆に置かれれて出された「タイラギ サヨリの酢味噌掛け」。
金沢 紋 (31)
サヨリの下にタイラギ貝が隠れています。酢味噌は酢が控えめでした。

金沢 紋 (36)

椀物はバイ貝酒蒸しで七尾産のもち米を使った玄米餅と菜の花、白いんげん豆が添えられていました。

この後、肴が3品出されます。
金沢 紋 (38)

最初は「メジマグロのコンフィに葉ニンニク」。脂が乗ったメジマグロにほんのりと燻製の香りづけ。そして紅くるり・イチゴ・ビーツが添えられています。
金沢 紋 (39)

陶芸家松本かおるさんのレンガのような焼き物の器には「春のとう葉とりどり 富山湾ホタルイカ そら豆」。こんかさばのピュレとリコッタ添えです。

3皿目は肉料理で「牛すね肉の煮込みと熟成じゃがいも ふきのとう」。
金沢 紋 (41)

禅宗の修行僧が使う応量器のような朱塗りの器に入れられていました。
金沢 紋 (43)

ご飯は「ガスエビのあられと芹のごはん」。ガスエビの天ぷらが乗せられていて上品な仕上がり。美味しいです。
金沢 紋 (44)

味噌汁は田舎味噌仕立てで、かじめと青菜が具材でした。
金沢 紋 (45)

最後のデザートは「いちご 金柑 紅はるか 粒あん」。ハレの日のデコレーション付きです。笑

では、こちらで頂いたアルコールについても触れていきます。

「茶寮 杣径」でのお酒は瓶ビールとワイン、そして能登の日本酒が中心でした。

しかしながら、ご存じの通り奥能登の酒蔵は地震で酒造りが不可能になっているため、安定した入手が難しく、今回は、幸いまだ残っている能登の日本酒を楽しむことにしました。
金沢 紋 (28)

まずは輪島の白藤酒造の特別純米酒。
金沢 紋 (35)

こちらは珠洲の数馬酒造の「竹葉」。昨年秋に私もお邪魔したばかりでしたが、現在は白山市の車多酒造の設備で酒造りしていて、こちらがその新しいボトル。特別純米酒です、

最後には、「茶寮 杣径」のオリジナルで赤木明登さんご自身が輪島の白藤酒造と一緒に作った日本酒。生酛作りで特別純米の無濾過生原酒も飲んでいます。

こちらは19度とアルコール度数が高めなので、最後に頂きました。すごく個性があるというかうま味をダイレクトに感じるお酒でした。

洗練された器と料理を、素晴らしい席で愉しむことができたので満足でした。なお、料金は料理のみで一人2万円だったようです。

オーベルジュ「茶寮 杣径」が一日も早く復活されますことを祈っています。ご馳走様でした。

金沢 紋
石川県金沢市彦三町1丁目9-12
TEL 076-234-0153
茶寮 杣径
石川県輪島市門前町内保コ30
※ランチとディナーを提供
予約はこちらのインスタからⅮⅯ



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング


元日に能登を震源とする大きな地震が発生してから今日でちょうど1か月。

親戚や友人は被災地にはいないのですが、個人的な知り合いの方が何人いて、その方は皆さん無事。また、我が家は灯篭が倒れたり本棚が変形したりしましたが、ほぼ被害がなかったのが幸いでした。

現地では災害復旧はまだまだ。復興はその先という段階で、今後気の遠くなるような時間が必要です。現地に行ってのボランティアは難しいいので、義援金や支援金の形で何か所かに寄付をしました。

さて、私自身は昨年、一昨年と奥能登を訪れています。
輪島朝市 (7)

一昨年の輪島では、今回の地震の際の火事などにより壊滅的な被害を被った朝市通りを歩いたり、知人の輪島塗の桐本さんの工房「輪島キリモト」にお邪魔しています。
輪島キリモト
輪島キリモト」は幸い人的被害はなく、数年前に新しく建てられた工房で避難生活を始めていますが、ご実家のほうは大きく損壊している状況で輪島塗の仕事の方もいつから開始できるか分からないようです。
輪島ドラマ記念館 (3)

朝ドラ「まれ」の記念館も全焼。

ラトリエ・ドゥ・ノト

その時にディナーを食べた人気のフレンチ「ラトリエ・ドゥ・ノト(L'Atelier de NOTO)」もお店が倒壊されたようです。
ラトリエ・ドゥ・ノト (19)

また、昨年、一昨年とも訪れた輪島白米千枚田も地割れが多く発生しています。
千枚田珈琲 (17)

昨年は珠洲へ行って奥能登芸術祭を見に行き、能登町の「能登イタリアンと発酵食の宿 ふらっと」に宿泊しました
ふらっと (2)

ご主人のベンジャミンフラットさん(ベンさん)とは、むかし妻とご縁があって、その日も昔話で盛り上がったことが、昨日のことのように目に浮かんできます。
ラトリエ・ドゥ・ノト (19)
幸い建物自体は無事でしたが、設備に大きな損傷がでたようで、営業再開はまだ先のようです。

ふらっと (48)

そして珠洲市で巡った奥能登芸術祭のアートの数々。それらの多くも被害にあっている思われ心配です。
奥能登国際芸術祭 (112)

現状、義援金以外はあまり出来ることが少ないのですが、復旧から復興へ向かうときには、改めて現地へ赴き、お店を巡りたいと思います。

被害にあわれた皆様。どうか健康に留意されお過ごしください。


さて、最後に一つ告知です。

明日2日(金)から石川県が舞台となる映画「レディ加賀」が石川県で先行上映されます。

加賀温泉郷の温泉旅館や飲食店の女将で結成された「レディー・カガ」がモデルになっています。
レディ加賀

先日、別な映画を観にイオンシネマ新小松に行ったときに、通路に「レディ加賀」の撮影風景などの写真パネルが掲げられていました。

何故、ここで紹介するかと言えば、映画の配給収入の一部(5%)が、元日に発生した能登半島地震で被害にあわれた方々への義援金として石川県に寄付されるからです。

また、この映画のプロデューサーの一人である村田徹さんとは20年以上のお付き合いになります。

なかなか現地でのボランティアが出来ないところもあるかと思いますが、多くの方に観ていただくことによって、少しでも被災地の復興につながるのではないかと思っています。

今日はかほく市にあるパン屋さん「Bakery Cobitto(ベーカリー コビット)」の紹介です。

一昨日紹介した「海天すし かほく店」に行ったときに立ち寄りました。

こちらは2023年5月12日にオープンしています。

ネットで調べてみると、店名の由来は、おとぎ話に出てくる木靴をつくる小人で「パンを作る小人がいてもいいんじゃないか」ということで、この名前にしたのだそうです。

地元TVでも紹介されていたので、オープン当初から知っていましたが、小松市からはかほく市まではそこそこ距離があるので、なかなか行けずにいました。
ベーカリー コビット

国道159号線沿いにあって建物は意外と大きくすぐにわかりました。

店内に入ると、こちらも広いスペースをぜいたくに使っています。
ベーカリー コビット (2)

前はカフェバーのお店だったようで、写真の右側にはカウンターがあって、そちらにもパンが置かれていました。毎日30種類ほど作られているようです。

パンはかわいくディプレイされていますね。

オーナーの方は石川県内や東京で修業されているようです。店員の方も何名か働いていました。

ハード系からデザート系まで色々なパンがあって、選ぶのに少し迷いました。

では、買い求めたものを紹介します。
ベーカリー コビット (8)

私が食べたのは、まずは「おやき風野沢菜めんたい(259円)」。
ベーカリー コビット (11)

半分にカットするとこんな感じです。意外にも中にはくるみが入っていました。あくまでもおやき風ですね。
ベーカリー コビット (9)

妻とシェアして食べているこちらは「クリームチーズレーズン(270円)」。
ベーカリー コビット (10)

半分にカットするとこんな感じです。クリームチーズとレーズン、そしてこちらにもくるみが入っていました。

クルミを使っているパンが多いのでしょうか。

こちらは妻が食べた「きのことベーコンのグラタンデニッシュ(270円)」です。
ベーカリー コビット (7)

きのことベーコンをオリーブオイルで炒め、ホワイトソースをチーズ、そして黒胡椒でアクセントを付けて焼き上げてありました。デニッシュ生地でサクッとした食感です。

かほく市ということで、小松からは遠いので何度も行くわけにはいかないですが、地元でも人気なのでしょうね。ご馳走様でした。

Bakery Cobitto(ベーカリー コビット)
石川県かほく市木津イ73-13
TEL 076-204-7812
8:00~18:00(パンが無くなり次第終了)
水曜、木曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

12月中旬のとある平日。午後から通院の予定があり終日有休をとっていました。

そこで午前中は、かほく市にある人気の寿司店でランチを食べようと、オープン時間の11時に間に合うように家を出ました。

しかしカーナビの案内が少々わかりにくく、お店に到着したのが11:15ごろ。案の定満席でお店の人に確認すると食べることが出来るのが13:30頃になるとということ。

予約は3名以上しか受けていないので、一応平日はめちゃめちゃ混雑してはいないだろうという予想のもとで向かいましたが、当てが外れました。汗

頭の中が寿司モードだったので、ネットで近くの寿司店を探して見つけたのが「海天すし かほく店」です。イオンモールかほく店の隣にあります。
海天すしかほく店

こちらの小松平面店へは時々行っていますが、ネタと料金のバランスがいい回転寿司店という認識がありました。

入口が表通りには面していなくて、ちょっと殺風景?
海天すしかほく店 (8)

店内はとても広かったです。ボックスごとに仕切られた席が多いですね。
海天すしかほく店 (5)

おすすめのメニューです。
海天すしかほく店 (4)

こちらはランチメニュー。天ぷら・茶碗蒸し・味噌汁がついたお得なセットは天ぷらがとり天だったのでパス。また、この後診察予定があったの味噌汁を頼むのもやめています。汗
海天すしかほく店 (6)

居酒屋メニューもありますね。
海天すしかほく店 (3)

こちらのキオスク端末でオーダー。私が頼んだのは「本日昼十貫膳(1,798円)」です。
海天すしかほく店 (3)

握りは10貫で上段はブリ・イワシ・イカ・甘えび・たら白子、下段は数の子・ウニ・コハダ・能登フグ・真鯛。

いわゆる高級ネタも色々入っています。この値段でこの内容はコスパいいと思います。

回転寿司は全国チェーン含めて色々あり競争が激しいと思いますが、地元の会社が運営している「海天すし」なので応援したいと思っています。ご馳走様でした。

海天すし かほく店
石川県かほく市内日角ヲ10番
TEL 076)283-1144
土・日・祝
11:00~21:00(L.O.20:45)
平日
11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~21:00(L.O.20:45)
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング


輪島の有名な観光資源として白米千枚田は外せないでしょう。

奥能登国際芸術祭2023」に行った帰り道。外浦の海岸沿いを走り輪島を経由して小松に戻りました。

その途中で、実は「しお・CAFE」でお茶しようと思っていたのですが、何と!臨時休業。(閉店するようです)

そこで、車で走りながら思い出したのが、今日紹介する「千枚田珈琲(SENMAIDA COFFEE)」です。

昨年、輪島に来た時に、千枚田に立ち寄り、こんなところにカフェがあるんだ!?と思っていたのを、ふと気が付いたのです。

ちょうどいいお天気の日だったので、見晴らしがいいお店の方がいいということで向かいました。

お店は、ちょうど千枚田を真下に見下ろせる絶好のロケーションです。
千枚田珈琲

普通の民家だった空き家をリノベーションしたお店で、2階をカフェにしていました。
千枚田珈琲 (2)

玄関に入ると、ご覧のメニューが掲げられていて、この場所でオーダーと料金を支払って2階に上がります。
千枚田珈琲 (7)

ご覧のような絶景が目の前に広がります。
千枚田珈琲 (6)

ちょうど、稲刈りの最後の時期だったので、千枚田に稲刈りの人が数名いらっしゃいました。
千枚田珈琲 (15)

現在はコンバインで刈り取ってからそのままカントリーエレベーターに持っていくので、このような光景は見ることが出来ません。
千枚田珈琲 (16)

しかし、千枚田はコンバインが入らないので手で刈り取ったあと、刈り取った稲の束をハザという木組みの棚に架けて天日干しにするのです。

昔の稲刈りの風景をそのまま見ている感じでした。

さて、ドリンクとして我々は、「千枚田ブレンド(600円)」を頼んでいます。
千枚田珈琲 (12)

自家焙煎で、深煎りっぽかったですが、程よい苦味ですっきりとした後味でした。

あと、こちらの「能登塩のシュークリーム(500円)」を頼みました。
千枚田珈琲 (11)

オーナーの方がパティシエのようで、こちらも自家製のスイーツです。

皮の上部をカットして外してあるほど中のクリームがたっぷりで、最初はふたの部分にクリームを乗せ食べました。

軽く能登塩がかけられているのでしょう?上品な甘さのクリームでしたが、その甘さを引き立ててくれています。美味しいです。
千枚田珈琲 (13)

この日は最高の天気のため絶景を楽しめたので、こちらのお店の価値が相当上がっている感じですが、コーヒーとシュークリームも美味しかったのでおススメのお店です。

輪島で千枚田に行った折に行かれてはいかがでしょう。ご馳走様でした。

千枚田珈琲(SENMAIDA COFFEE)
石川県輪島市白米町ホ-50
TEL 080-3749-6008
10:00~17:00
水曜、木曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ