あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > かほく・津幡以北・能登地方

久しぶりの道の駅の紹介は、津幡町にある「道の駅 倶利伽羅源平の郷」です。
倶利伽羅源平の郷

今から840年ほど前の平安時代末期寿永2年5月11日(1183年)6月2日に、この地倶利伽羅峠で源氏と平家が戦っています。

それが「倶利伽羅峠の合戦」で「砺波山の戦い(となみやまのたたかい)」とも呼ばれます。

「倶利伽羅峠の合戦」では、源氏の木曽義仲軍が「火牛の計」と言われる奇襲で平氏を破ったことが語り継がれているわけですが、数百頭の牛の角に松明をくくりつけて敵中に向け放つということが実際可能だったかどうかなど疑問を呈する学者もいるようです。

さて、そんな合戦の記憶を偲べる施設が「道の駅 倶利伽羅源平の郷」なのです。

先月、津幡町に行ったついでに立ち寄りました。
倶利伽羅源平の郷 (3)

こちらは津幡町の見どころを紹介する情報棟。
倶利伽羅源平の郷 (2)

入口には「火牛の計」をモチーフにした大きな牛のモニュメントが飾られていました。
倶利伽羅源平の郷 (7)

中には戦の様子が描かれた屏風など、倶利伽羅峠の今昔や歴史を、パネルや映像で紹介したり、町の概要がわかる品々が展示されています。
倶利伽羅源平の郷 (8)

そして「倶利伽羅塾」という宿泊が出来る施設と、中には宿泊客以外も利用できる入浴施設「源平の湯」があります。その右側には飲食が出来る食堂「源平茶屋」が併設されています。
倶利伽羅源平の郷 (4)

「源平の湯」は残念ながら天然温泉ではなく「別府温泉(湯の華)」の湯質感を再現した自然派の人口温泉でした。
倶利伽羅源平の郷 (11)

こちらには入浴客などがくつろげるスペースがありました。
倶利伽羅源平の郷 (9)

道の駅なので、津幡町の農産品や特産品などを売るスペースなどもあり、
倶利伽羅源平の郷 (10)

わたしはここで、ハルディンの「チキンケバブロール(税別380円)」と
倶利伽羅源平の郷 (17)

これだけ入っていて150円と安かったショウガを買い求めました。
倶利伽羅源平の郷 (16)

「ハルディン」という単語、調べてもわかりませんでしたが、お店か何かでしょうか??
倶利伽羅源平の郷1

ちなみに「チキンケバブロール」は私はチキンが苦手なので食べていませんが、クミン・コリアンダー・キャラウェイなどの香辛料が使われていたようです。

皮は全粒粉で作られたものでした。

日本の中世の歴史に興味がある人にとっては興味深い道の駅ですね。

道の駅 倶利伽羅源平の郷
石川県河北郡津幡町字竹橋西239-14
TEL 076-288-1054
24時間営業
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

一昨日紹介した洋食店「ミエル」にランチを食べに行った時、近くにあったパン屋さんに立ち寄っています。

津幡町に行くにあたって、事前に食べログで検索で探して、こちらが一番点数が高かったところ。
八橋ぱん (5)

お店の名前は「八橋ぱん」。この看板が目印です。オープンして4年半ほど経っているようです。
八橋ぱん

こじんまりとしたかわいいお店で、ベテランの雰囲気?を漂わされているご夫婦がお二人で切り盛りされていました。

中に入ると、いまでは珍しい対面販売のお店。頼むと奥さまがパンを取ってくれます。
八橋ぱん (2)

対面販売の良さは、目の前にお店の人がいらっしゃるので、お聞きすると人気の品や食べ方などを教えてくれることです。
八橋ぱん (8)

ショップカードの裏には「八橋ぱん3つのこだわり」が書かれていました。

では買い求めたものを紹介します。

私はこちらの「マルゲリータ風バゲット(216円)」。
八橋ぱん (6)

マルゲリータ風バゲットは、半分に切ったバゲットにパールモッツァレラチーズ、スイートバジルをトッピングして焼き上げてあります。

ロングサイズですね。

私はレンジでチンして食べましたが、オーブンで加熱したほうが美味しいと思います。

妻は「木いちごのカンパーニュ(216円)」。
八橋ぱん (7)

こちらは土曜日限定で、ホワイトチョコとマカダミアナッツが入った少し甘いカンパーニュだったようです。

娘には「キッシュ(324円)」を買い求めています。
八橋ぱん (3)

中には具がたくさん入っていて、見た目よりはボリュームあったようです。

金沢の隣町。金沢にたくさんいいパン屋さんがあるということで逆に商売が難しいかもしれませんが、しっかりと地元に根を下ろされての人気のパン屋さんでした。ご馳走様でした。

八橋ぱん
石川県河北郡津幡町横浜ろ70-5
TEL 076-225-7211
月~金9:00~19:00
土8:30~17:30
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日紹介した「ミエル」でランチを食べた後、せっかく津幡まで来たので、もう一軒ハシゴしてお茶をすることに。

見つけたのが「Dining Cafe Soluar(ソルア)」というお店。

ちなみに「Soluar」という名前は、ポルトガル語の「Sol=太陽」と「luar=月光」を組み合わせた言葉です。

カーナビで住所を入力して向かいます。「ミエル」から1分もかからずにお店に到着。
ソルア

外観はちょっと古い一般の家のようで、看板がなければわからないかもしれません。私はすぐわかりましたが。

写真で見える格子戸を開けて中に入ると、さらに蔵戸のような重い引戸がありました。そのため玄関は狭いです。

ここで靴を脱いで店内に入ります。

すぐにカウンターがあり。右側に畳敷きのテーブル席がありました。

前は「和風カフェ樹々」という名前で、畳の上に座る形式で着物で応対してくれるお店だったようです。

同じ経営の方なのでしょうか?わかりませんが、お店の名前が変わると同時にリニューアルされているようです。いまの時代は畳敷きでもテーブルと椅子の方が好まれるのでしょうね?

我々は一番奥の2人掛けのテーブル席に座り、了解を頂き窓側と蔵戸のほうを撮影してみました。
ソルア  (9)

和の風情満載のお店ですね。

この日ギャラリーでは「折戸恵版画展~やわらかな調べ~」というのが催されていて、折戸恵さんご本人もいらっしゃいました。展示は残念ながらいまは終了しています。

了解いただいていないので写真掲載は出来ませんが、かわいい版画でしたよ。
ソルア  (2)

メニューです。
ソルア  (3)

カフェですが、カレーやドリア、サンドイッチなどの食事メニューもありました。

調べてみると「スローフードランチ」というのもあるようですが、こちらは2日前までの完全予約制でした。

我々はランチを食べてきたのでカフェ利用です。
ソルア  (10)

最初に出されたほうじ茶が美味しかったです。

私は「ブレンドコーヒー(税別400円)」を頼みます。
ソルア  (12)

ブラジル・グァテマラ・コロンビアなどの南米の豆をブレンドしたクセの少ないコーヒーでした。飲みやすいです。

妻のほうは「チャイ」です。
ソルア  (14)

「キャラメル・ラム・シナモン(税別530円)」というルイボスティがベースのチャイです。
ソルア  (15)

こちらの「追いスパイス」ができます。妻はジンジャーとシナモンをたっぷりかけて飲んでいました。

ドリンクにはお茶菓子としてクッキーが付いていました。

あとスイーツも一品だけですが、「もっちり抹茶プリン(税別320円)」を頼んでみました。
ソルア  (11)

名前の通り、もちっとした食感のプリンで、一番下にカラメルソースが敷かれていました。全体的にはそれほど甘くはなかったです。

小さなカフェですが、ギャラリーも兼ねているのでアートがお好きな方にはいいお店だと思いました。ご馳走様でした。

Dining Cafe Soluar(ソルア)
石川県河北郡津幡町横浜ほ4-3
TEL 076-289-7304
水~日11:00~18:00(L.O.17:00)
月・火曜休(祝日は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログで初めて津幡町のお店を紹介します。

その記念すべき?第1号は「ミエル」という洋食のお店。ちなみに「ミエル(miel)」とは、フランス語で「はちみつ」の意味です。
ミエル

こちらのお店は「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」で紹介されています。

津幡町は、遠い昔、大学の同級生の家が津幡町に別宅を持っていて、時々休みなどにお邪魔していました。その頃が懐かしいです。

しかし、大学を卒業してからは、津幡町は通過することがあっても目的地としてはご縁がありませんでした。

今回、ブログネタの新規開拓ということで、妻と一緒にランチを食べに「ミエル」にお邪魔することに。
ミエル (20)

遠いので行って空いていなかったらショックなので、念のため予約の電話を当日でしたが入れると何とかok。我々が食べ終わってお店を出るころには、5~6名の方が順番待ちをしていたので空いていてよかったです。

お店には色々な有名人のかたのサインが相当数飾られていました。
ミエル (18)

中でも目を引いたのは、星稜高校のピッチャーで、昨夏、甲子園を沸かせ、秋のドラフトでヤクルトから1位指名を受け入団した奥川投手のサインです。

石川県出身でドラフト1位といえば、同じく星稜高校出身の松井秀喜さんが有名です。県民期待の星ですね。
ミエル (2)

こちらがランチメニューです。オムライスとパスタ、ハンバーグ。

特にオムライスがウリで、ミシュランガイドで紹介されていたのは「ビーフシチューオムライス」でした。
ミエル (7)

こちらのコース料理は1週間前までの予約が必要です。
ミエル (3)

こちらはディナーメニューです。
ミエル (9)

そしてお店のこだわりが書かれたものも置かれていました。

私は最初オムライスが食べたいな!と思っていたのですが、お店の方に確認すると鶏肉を使っているとのことで断念。

そこで「こんがりハンバーグステーキ」を頼むことにしました。ソースの味によって値段が違います。

私は珍しいので「自家製のにんにく味噌ダレ」をチョイス。税別で1,100円です。

自家製のにんにく味噌ダレは、ニンニクに赤味噌などを加えて作ったオリジナルの味噌ダレ。ニンニクの匂いは気になりませんでした。

なお料理は単品なので、主食が必要であれば、ライスかパンを追加で頼む必要があります。

私は、メニューの下の方に書かれていた「ミエルお得セット」を頼みました。

こちらだと税別355円の追加で、ライスかパン、本日のスープ、プティサラダ、
ミエル (4)

そして、こちらに書かれている「ひといきバイキング」というセルフサービスのデザートとドリンク飲み食べ放題が付いています。お得です。

まず、本日のスープ、プティサラダが運ばれてきました。
ミエル (8)

スープはコーンポタージュです。
ミエル (14)

ハンバーグは熱々の鉄板に乗せられて出されます。ただあまりに熱々だったからか、運ばれてきた時点で下に敷かれていた玉ねぎが焦げてしまっていました。
ミエル (14)

ハンバーグ自体は柔らかめ。味噌ダレとの相性は良かったですが、味自体は当然ですが濃いめです。お肉の味を楽しみたいのならば、デミグラスの方がいいかもしれません。
ミエル (15)

ちなみにデミグラスソースは、牛筋・牛ばら肉、そして香味野菜を3日間煮込んで作られています。ライスに合います。

付け合せとして、柔らかく下ごしらえされたポテトが2個添えられていました。

妻のほうは、ミシュランガイドで紹介されていた「ビーフシチューオムライス」。やはり人気のようです。
ミエル (13)

とろとろの玉子とデミグラスソースの中は、きのこと梅のピラフ。珍しいですね。。

私も2~3口食べましたが、濃いめのデミグラスとさっぱり系のほんのり酸味がするピラフという組み合わせで美味しいです。さすが人気メニューだけあります。しかし、どうも鶏肉は使われていないようです。^^;
ミエル (11)

こちらが、「ひといきバイキング」のセルフサービスのデザートとドリンク飲み食べ放題コーナー。
ミエル (17)

ケーキは4種類で、その内3種類を取ってきました。

ドリンクはコーヒーです。

全体にはコスパ的に素晴らしいということはありませんが、味の面ではよかったです。お客さんもどんどん入ってきているようでしたし、このあたりでは有名な洋食屋さんですね。ご馳走様でした。

ミエル
石川県河北郡津幡町北中条2-15
TEL 076-289-7255
11:00~21:00(L.O.)
火曜・第2水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日から10月。なのに8月未公開編です。

8月はお盆休みがあったためブログネタを集めやすかったこともあって、ネタがたまってしまいました。^^;

ちょうど9月末で8月に行ったお店は全部紹介したので、今日アップすることが出来ます。

今日から消費税アップが実施されます。

今までのアップのときと違って、食料品の軽減税率が加わって何となくややこしくなりますね。

特に持ち帰る食料品や食料品以外、さらにお店で食べる場所を設定しているところは大変でしょう?

さて、グルメブログをやっている身としても、同じものでもお店で食べるのとテイクアウトするのとで値段が違うようになると少し考えます。

もちろん、お店で食べる方が美味しいに決まっているのですが、そうは言っても2%安くなるのであれば、持って帰って家で食べることも増えそうです。

さらには、これを機会にグルメブログのために外食することをセーブするか否か!?についても少々検討しないといけないのでは?と思い始めてきました。

個人的には、来年6月まではポイント還元があるので、キャッシュレス決済をうまく活用しながら出費を抑えていきます。

それ以降については、今年12月でブログを始めて丸15年経過するので、今後もやっていくかどうかを含めて考えていきたいと思います。

では8月未公開編です。今回は簡単な内容ですみません。

まずは能登方面に行くとき、必ずと言っていいほど利用する「のと里山海道」にある「道の駅高松」。
道の駅高松

この日は台風の影響で海が荒れていました。

で、帰りに買い求めたのがこちらの品。「のどぐろ昆布〆」と「いか団子」です。
道の駅高松 (2)

「いか団子」は前にも買ったことがありますが、「のどぐろ昆布〆」は初めて買いました。

「のどぐろ昆布〆」は賞味期限が長く日持ちがしました。食べてみると酢で締めたのどぐろで、その酢の味の方が強くて、おぼろ昆布のうま味が負けていたような気がしました。

お次は七尾市にある老舗に乾物屋さん「しら井」です。
しら井

こちらへも七尾へ行くと立ち寄ってお土産を買い求めます。
しら井 (5)

今回買ったのは「天然わかめ」「しそ昆布」「白とろろ」の3品です。
しら井 (8)

上品なお味でさすが老舗の品でした。

最後は小松にあるパン屋さん「まままんま工房」の米粉を使ったピザ風味の惣菜パンです。

今回は「道の駅こまつ木場潟」で買い求めています。
まままんま工房

「ピザナン」「カレーウインナー」「バジルベーコン」の3種類。1個220円です。
まままんま工房 (2)

そして菓子パンの「シュガー(170円)」も買いました。

さて、消費税アップと軽減税率導入が飲食店に与える影響は如何に!?ご馳走様でした。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ