あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 金沢市・内灘町

コーヒー好きが多い金沢。コーヒー豆の消費金額は全国有数です。

街中の至るところにカフェやコーヒー専門店があります。

石川県庁にほど近い場所にある「チャペック 西都店」。元々は、近江町市場近く、いまは「東出珈琲店」となっていのところに「チャペック」がありましたが、そこを「東出珈琲店」のマスターの東出陽一さんに任せて、こちらに出したのが2号店。


故に「チャペック 西都店」となっていますが、「チャペック」という店名はここだけなのです。

この日は近くのイタリアンレストラン「クチーナ・イタリアーナ パルティーレ」でランチを済ませた後にお茶するためにお邪魔しました。
チャペック

かわいい外観で、ご主人でしょうか?似顔絵が描かれています。

店内に入ると、コーヒーのいい香りがします。
チャペック (11)

ガラス越しに大きな焙煎機が見えますね。相当な量を焙煎しているのですね?こちらはネット販売もされています。

こちらは「良いコーヒー」の条件として重要な「欠点豆除去」をきっちりと行っているお店としても知られています。
チャペック (12)

焙煎する前の生豆の状態で一回ハンドピックにより欠点豆を取り除いている時の写真ですが、焙煎後にもう一度行うというほど気を付けていらっしゃいます。

メニューはこんな感じです。
チャペック (2)

コーヒーは浅煎りから深煎りまで4段階あって、私は中深煎りの「チャペック・ブレンド」をお願いしました。
チャペック (10)

店名が付くブレンドなので一番自信があるのではないかと思ったからです。

中深煎りには「苦味が勝つが、まろやかな酸味も残る焙煎」と書かれていました。

妻は一番深煎りのほうから「イタリアン・ブレンド」を頼んでいました。こちらは苦味中心でコクがある焙煎だそうです。
チャペック (7)

家庭で飲むときにはペーパードリップでコーヒーを入れることが多いと思いますが、そのペーパードリップに敢えてこだわって一杯ずつコーヒーを入れてくれます。
チャペック (4)

あと、デザートとして何か頼もうと思ったら、14時前でしたが、ガトーショコラのみしかないということで、そちらをお願いすることに。セットで50円引きになります。
チャペック (5)

ほどよい甘さと苦みがあって、コーヒーのデザートしては相性ぴったりでした。

冷たい雨が降る日だったので、温かくておいしいコーヒーとデザートで、こころもホッとなった午後のひと時でした。ご馳走様でした。

チャペック 西都店
石川県金沢市西都1-217
TEL 076-266-3133
10:00~19:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県庁のある鞍月あたりには人気のレストランが色々あります。

とくにイタリアンのお店は、先月紹介した「トラットリア インフィニート」や「ル・クリマ」など競争が厳しいですね。
パルティーレ (3)

今回紹介します「クチーナ・イタリアーナ パルティーレ(cucina italiana Partire)」も人気のお店で、平日ランチでも予約をしないと満席で入れないことが多いことで知られているお店です。

実は私は前に、当日に行こうと念のため電話したところ、満席です!と言われたことがあります。

今回は平日でしたが、前日に予約の電話を入れると、すでに11:30からは満席で12:30ならば大丈夫ということでした。危なかった。^^;
パルティーレ

外観はこんなお店です。
パルティーレ (15)

中に入ると、冷たい雨の降る日でしたが、店内は私以外はすべて女性客でした。^^;

ランチメニューはこちらです。
パルティーレ (6)

基本はパスタコースの「プランゾA(税込1,620円)」で、それにメインとデザートが付いたプランゾC(2,900円)」の2種類の設定となっています。

「プランゾA」はデザートが別料金(270円)となっていました。

我々は「プランゾA」を頼むことに。「プランゾA」には前菜の盛り合わせ、自家製パン(フォカッチャ)、パスタ、ドリンクが付いています。

まずは前菜の盛り合わせが出されます。ご覧のように色々な前菜が盛られているのはうれしいです。
パルティーレ (7)

内容はボロニアハム?・田舎風パテ・バゲットにサーモンのリエット・サバのマリネ・イタリア風オムレツ・サラダにバーニャカウダドレッシングなどです。

多くの種類を楽しめ、そしてどれもが美味しい前菜でした。
パルティーレ (9)

パンは2種類。フォカッチャはオリーブとオイルも練り込まれている好みのタイプでした。
パルティーレ (4)

パスタのほうは、こちらに書かれている通り、選べる種類は豊富でしたが、追加料金がかかるものもいくつかあります。(Cコースの場合は追加不要になっているものが多いです)

生麺を使っているパスタの設定はありませんでした。
パルティーレ (11)

その中から私は、「アオリイカとサルデーニャ産カラスミのスパゲッティ(+350円)」を。
パルティーレ (12)

カラスミがたっぷり使われていて、イカとパスタに絡めて食べると深みのある美味しさです。

妻のほうは「石川県産 能登牡蠣と焼き葱、茸のスパゲッティ(+250円)」。
パルティーレ (10)

私も少し食べましたが、プリップリの能登牡蠣がたっぷり使われていて、焼き葱がいい仕事していました。
パルティーレ (5)

ドリンクはこちらに書かれている9種類からチョイス出来ます。
パルティーレ (14)

我々はエスプレッソを頼みます。
パルティーレ (13)

あと、追加でデザートもオーダー。「紅玉りんごの焼き込みタルト」。ほどよい甘さで美味しいです。

追加料金がかかるパスタを頼んだので、一人2,000円ほどかかりました。でもそのお値段以上の価値がある内容と美味しさでした。

予約必須ですが、おすすめのランチです。ご馳走様でした。

クチーナ・イタリアーナ パルティーレ
(cucina italiana Partire)
石川県金沢市鞍月3-27
 HRビル1DTEL 076-255-3336
11:30~14:30(L.O.)
17:30~21:30(L.O.)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

芝寿しといえば、石川県民では知らない人がいないほどメジャーなお寿しです。

ご存じ、笹の葉に包まれた押し寿司は、県内のスーパーマーケットには必ずと言っていいほどお店があって売られています。

その笹寿しを始め、芝寿しの商品は金沢市と白山市の境にある「芝寿しいなほ工場」で作られています。
芝寿しのさと

その工場の敷地内に、昨年11月1日にオープンした新しい施設が「芝寿しのさと」なのです。
芝寿しのさと (3)

ここは芝寿しの歴史を知ったり、芝寿しが作っている色々な商品を買い求めたり、また、芝寿しの美味しさを作りたてのその場で味わうことが出来るなど、新しい試みの、いわば芝寿しのミニテーマパークみたいな施設となっています。
芝寿しのさと (8)

調味料や雑貨など自社商品以外も売っているコーナーがあって、
芝寿しのさと (28)

私はこんなものを買ってみました。
芝寿しのさと (10)

建屋は築160年以上の家屋を移築再生させて作られていますが、中は新築みたいにきれい。
芝寿しのさと (13)

そしてお店では、ご飯はこちらのかまどで炊きあげられたものを使用したおにぎりや和菓子などが作られていているほか、芝寿しの定番ものまで、その場で食べることが出来るようになっているのです。
芝寿しのさと (11)

それも本格的?なお料理を、芝いっぱいの庭園を眺めながら楽しめるという芝寿しファンにはたまらないお店ですね。
芝寿しのさと (15)

カウンター席もあります。

ただ営業時間が18:00までなので、ランチ利用が基本ということになります。

さて、我々がお邪魔したのは12月のとある土曜日。

予約をせずに伺いましたが、11時半ごろはまだお客様はいませんでした。
芝寿しのさと (5)

その後で何組か来客がありましたが、一杯になることはなく、まだ穴場のお店かもしれません。
芝寿しのさと (12)

メニューはこんな感じです。

我々は芝寿しは普段からよく食べているので、それ以外のものを食べようと思い、「おむすびご膳(880円)」と「さとご膳(1,500円)」を頼むことにしました。
芝寿しのさと (21)

こちらは「さとご膳」の内容で、「紅鮭の手まり寿し」「小笹 金時草」「本ズワイ棒寿し」「寝かせ玄米巻き寿し 野菜と蒸し鶏」「天下様 いなり寿し」。

これは「小笹 金時草」です。
芝寿しのさと (22)

おかず類は「茶碗蒸し」「牛たたき」「生麩の田楽」「さつま芋 レモン煮」「蓮根・舞茸・ししとうの天ぷら」「季節のお浸し」「8種の野菜の生春巻き」という内容です。
芝寿しのさと (20)

それに「特製のめった汁」が付いています。豚肉と具だくさんの味噌汁でした。
芝寿しのさと (16)

「おむすびのご膳」は、竈ごはんと寝かせ玄米のおむすび2個を選ぶことが出来ます。
芝寿しのさと (2)

紅鮭・福井産梅干し・昆布・塩・ツナマヨ・おかかチーズからチョイス出来ましたが、私は紅鮭を寝かせ玄米で、福井産梅干しを竈ごはんで頼みました。
芝寿しのさと (17)

まだ温もりが残ったおむすびで美味しかったです。

それに「油淋鶏」「8種の野菜サラダ」「季節のお浸し」「自家製ぬか漬け」「特製のめった汁」が付いていました。

両品とも色々な味が楽しめて、とくに女性にはうれしい内容になっていますね。

あとメニューに面白いものがあったので頼んでみました。
芝寿しのさと (24)

こちらの笹寿しの形をしたチーズケーキです。滑らかな舌触りで確かにチーズケーキでした。面白いですね!?

食事の場合はドリンクとセットで400円です。
芝寿しのさと (25)

ドリンクはコーヒーを頼んでいます。
芝寿しのさと (29)

お土産に笹寿しも。穴子と牛しぐれです。牛しぐれはこちらのお店限定になっています。

海環沿いに「芝寿しいなほ工場」はあるのですが、あまり目立たないということもあるのでしょうか、完成から2か月あまり経過していますが、まだまだ穴場のレストランかもしれません。ご馳走様でした。

芝寿しのさと
石川県金沢市いなほ2-5
 芝寿しいなほ工場敷地内
TEL 076-240-4822
8:30~18:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ホホホ座」というネーミングは、一度聞いたら忘れないというか、思わず笑みがこぼれるネーミングです。

昨年の夏に金沢市大野に金沢店となる「ホホホ座金沢」が出来たということを何かで見て、いつか行こうと思っていました。

行く前にどんなお店かを知るためにネットで調べましたが、本部というか大元は銀閣寺や法然院、哲学の道からほど近い浄土寺にあって「京都の編集・企画グループが手掛ける本と雑貨の店」ということはわかりましたが、実際はあまりよくわかりませんでした。^^;

そこで金沢に行くついでに、まずは行ってみることに。
ホホホ座 (12)

場所は大野川沿いの河口近く、金石の大野マリーナの近くですが、ナビで誘導してもらわないとわかりにくいかもしれません。

Webページを拝見すると、店舗は京都市内に「ホホホ座三条大橋店」、広島県尾道市に「ホホホ座尾道店コウガメ」、愛媛県今治市に「今治ホホホ座」、大阪市阿倍野区に「ホホホ座西田辺」、大阪府交野市に「(本)ぽんぽんぽん ホホホ座交野店」、石川県金沢市に「ホホホ座金沢」、コーヒー焙煎所「ホホホ座珈琲大野」があると書かれていました。

ホホホ座の各店舗は店名は共有していますが、経営、運営はそれぞれ独立して行なわれているようです。ブランドを共有した緩やかなフランチャイズといったところでしょうか?
ホホホ座 (11)

ここ「ホホホ座金沢」は元鉄工所の建物をリノベーションしています。
ホホホ座 (7)

窓からは大野川や大野の街並みを眺めることが出来ます。
ホホホ座 (3)

内部はショップと飲食もできるフリースペース、そして奥に事務所があります。
ホホホ座 (14)

お店は食品や雑貨・衣類・本など色々なものが売られていました。オリジナルのお菓子を作っているお菓子工房・コーヒー焙煎所も併設されているようです。

我々は今回、カフェ利用でお邪魔しているので、入口でオーダーをし代金を支払って席に着きました。
ホホホ座 (23)

そしてスタッフの方に了解を頂き店内の写真を撮影。一見雑然としているような店内ですが、家具やディスプレイなどには相当こだわりを感じました。
ホホホ座 (22)

カフェメニューはこちら。最低限の品揃えです。
ホホホ座 (19)

そんな中から我々が頼んだのは、こちらの「ホホホ座金沢のガトーショコラ(抹茶)」と、
ホホホ座 (20)

マンゴージュース、
ホホホ座 (18)

そしてコーヒーです。

ドリンクのカップはテイクアウト用との兼用でした。

この抹茶味のガトーショコラが思ったより美味しかったです。

チョコの甘さを抹茶がビターに包んでくれて、甘いものが苦手な私も美味しいと思える逸品でした。

行ったのが13時半ごろでしたが、スタッフの方が三々五々出社してくる(もしくはランチから戻ってくる?)感じで、ゆったりとした時間が流れる空間でした。ご馳走様でした。

ホホホ座金沢
石川県金沢市大野町3丁目51番地6
TEL 076-255-2038
12:00~19:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

12月の、とある日曜日に野暮用があって金沢の鞍月まで行きました。

その時にランチを食べに入った「トラットリア インフィニート」について書きたいと思います。
インフィニート (2)

この場所は昔、ベルギー料理のお店「ル・マルカッサン」があったところです。

ベルギーの「サングリエ」というレストランで修行をして、在日ベルギー王国大使館公邸料理長もしていたシェフがやっていたお店で美味しかったのですが、ほどなく閉店。その後のフランス惣菜のお店についてもしばらくの間に閉店しました。両店とも私のブログでも書いていたのですが、閉店したので削除してしまっています。

こちらのお店の隣の歯医者さんを挟んで、さらにお隣には、これまた人気のイタリアン「ル クリマ」があるという場所で、ここに敢えて同じイタリアンのお店を出しているということは腕に自信があると思われます。
インフィニート (6)

お店自体は最大16名が入ることが出来る小さなお店です。

この日は日曜日。金沢行きは急遽の予定だったため、当日の10時過ぎに予約の電話を入れたのですが運よく空いていました。

我々がランチを食べている間にも何組のお客様が飛び込みでお店に入ってこられましたが、最初のお客様以外はすべて断られていました。人気なのですね。

手打ちのパスタが美味しいと人気のお店で、今回はもちろん私も妻も手打ちのパスタを食べました。
インフィニート (4)

ランチメニューはこちら。

一番ベーシックなパスタランチが1,050円で、パスタ・パン・ドリンクが付いています。そちらに前菜とミニデザートが付いたAランチが1,650円。さらにメインが付いた(パスタはハーフサイズ)Bランチが2,650円となっています。

我々は今回Aランチにしました。
インフィニート1

市販の乾燥パスタを使用したメニューが3種類。自家製の生パスタを使用したメニューが3種類設定されていて、生パスタには追加料金がかかります。

今回はタリオリーニを使用した「燻製した牡蠣とキノコのペペロンチーノ(+300円)」と、ほうれん草を練り込んだフィットチーネを使用した「カニとパプリカのクリームソース(+200円)」を頼んで妻とシェアすることにしました。

まず前菜が出されます。サラダと3種類の前菜が盛られていました。
インフィニート (7)

ローストポークには春菊とりんごのソースがかかっています。あと、マッシュルームのスープ、カニのムースの3種類です。

マッシュルームのスープ、とても味が濃く深みがありました。春菊とりんごのソースも変わっています。

そしてパスタ。

「燻製した牡蠣とキノコのペペロンチーノ」は、燻製した牡蠣の風味がペペロンチーに合っていて美味しかったです。
インフィニート (11)

細めのタリオリーニも、アルデンテでコシが適度にあって美味しい麺でした。

「カニとパプリカのクリームソース」は、太めのフィットチーネに練り込まれたほうれん草自体がこのパスタの特徴を決めていて、ほど良い濃厚さのクリームソースとの相性も良かったです。
インフィニート (10)

個人的にはパプリカの食感がもう少しあったほうがいいと思いましたが、全体的にはまとまった味で美味しいパスタでした。
インフィニート (9)

パンは2種類。オリーブオイルもたっぷり添えられています。お代わりは聞かれませんでしたのでランチではないのでしょう?
インフィニート (12)

デザートは「栗のティラミス」。濃厚なお味でした。
インフィニート (13)

ドリンクはコーヒーや紅茶を始め7種類からチョイスできて、私はエスプレッソ。妻はコーヒーです。
インフィニート (5)

ちなみに夜はこんなメニューが店内に掲げられていました。

この内容でこのお値段はお得で、味のほうも手間暇かけたことがわかる美味しさでした。おすすめのランチですね。ご馳走様でした。

トラットリア インフィニート
石川県金沢市鞍月5-110
TEL 076-238-1245
ランチ11:00-15:00
ディナー17:30-22:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ