あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 金沢市

いや~、今年は寒くて参りますねぇ~!?

雪の降る日が多くて。外出するのも億劫になります。

さて、昨年は金沢の街を散策する機会があまりありませんでした。といいますか散策どころか、金沢の街中に行くのもの8月に行って以来、5か月ぶりとなりました。

この日は夕方から先日紹介しました「村中美恵さんオフィシエ叙任祝賀会」に参加するため、久しぶりに金沢まで電車で午前中のうちに向かいました。

ところが、雪は降っていなかったのですが「雪のため」という理由でJRが運休と遅延。当初予定より1時間近く遅れて到着しました。やれやれ。

そして夕方までの時間、金沢をアート見学を主体に見てまわることに。

まずはランチを主計町で食べ、その足でひがし茶屋街へ。
ひがし茶屋街 (2)

この寒い中、大勢の観光客が来ていました。相変わらず人気です。
兼六園 (3)

そして兼六園を通って、金沢21世紀美術館まで歩きます。雪道で歩きにくかったですが、雪の兼六園もオツなものです。
兼六園 (5)

雪吊りも風情がありますね。
金沢21世紀美術館 (2)

金沢21世紀美術館では、有料の展示は見ずに向かったのは地下の市民ギャラリー。

ここで開催されていた、この日が最終日の「金沢ブランド100」を見たかったのです。
金沢21世紀美術館 (44)

この「金沢ブランド100」は、「金沢を輝かせる100のブランドをデザイナー8人の視点で解釈し、作品と文章で紐解きます。」という趣旨で、金沢美術工芸大学を卒業してデザインの第一線で活躍している方々が、デザイナー独自の視点で表現している作品を展示しているのです。

さまざまな切り口で見せてくれる展示は見ごたえがありました。
金沢21世紀美術館 (41)

こちらは、ご存じ俵屋のあめの暖簾です。

タブレットで文字を書いて投影するという参加型になっていました。
金沢21世紀美術館 (10)

こちらは「圓八のあんころ餅」の竹皮の包装を使った天狗が持つ大扇だそうです。圓八の創業の由来に天狗が絡んでいることが発想になっています。
金沢21世紀美術館 (29)

こちらは芝寿しの「おはぎのマリちゃん」をモチーフにした陶器人形です。
金沢21世紀美術館 (19)

あと笹寿しのクッションもありました。

こちらもご存じ、加賀棒茶をモチーフにした「缶棒茶」。
金沢21世紀美術館 (13)

これはアートというより、現実に近い提案ですね。パッケージには九谷焼の文様が描かれています。
金沢21世紀美術館 (18)

こちらのテーマは金沢カレーのスタンプラリーだそうです。ターバン、インデアン、チャンピオン、アルバの4種類でした。
金沢21世紀美術館 (36)

このユニークなのは「治部煮」がテーマです。

他にも色々楽しい作品ばかりでした。

金沢ブランド、もっともっと全国に知られるとうれしいです。

お次は、その足で向かった「しいのき迎賓館」で開催されていた「金沢湯涌創作の森 レジデント作家2人展」について。
しいのき迎賓館 (5)

いつも金沢21世紀美術館に来ると、とりあえず「しいのき迎賓館」に立ち寄ることにしています。

今回「金沢湯涌創作の森 レジデント作家2人展」をやっていることもまったく知らずに行ったのですが、ふらっと立ち寄ると、15時から作家さんのギャラリートークがあるというので、そのうちのお一人、大阪出身の木版画の作家、宮本承司さんのギャラリートークを最後まで聞くことにしたのです。
しいのき迎賓館

なぜ聞こうと思ったか、それは彼の作品が寿司をモチーフにした作品だったか名です。

寿司が好きな私にとってはネタ的にも美味しいのです。^^;

実際、この日のランチも寿司を食べてきたばかり!これも何かの縁でしょう!?(笑い)

展示会場に飾られていた作品のほとんどは、木版画シリーズ「木版おすし」で、写実的と言うより木版画の特徴を生かして、江戸の浮世絵でも使われている「ぼかし刷り」などの技法を駆使して、ある意味なまめかしいお寿司を描いています。

なかなか面白いです。
しいのき迎賓館 (3)

残念ながら版画自体の写真撮影が不可だったのですが、彼の写真を写すときにバックに一部写っていますが、興味のある方は、こちらのページをご覧ください

彼は昨年12月からこの1月中旬まで、金沢湯涌創作の森で滞在して制作するプログラムに参加していました。

そこで制作した「鰺(あじ)」という作品では、ネタ部分に金沢の銀箔をあしらうなど新しい試みにもチャレンジしています。

あと、この日が最終日だったので、終了後に実際に会場で刷られた木版画の寿司をもらうことが出来ました。
しいのき迎賓館 (4)

こんな感じです。まぁ、簡単に刷ったものでしょうから、実際の作品に比べるわけにはいきませんが……。

最後に再度お伝えしますが、「金沢ブランド100」「金沢湯涌創作の森 レジデント作家2人展」とも28日で会期は終了しています。

金沢はアートの面でも面白い街だと再認識させられた半日でした。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

日曜日に金沢のANAクラウンホテルで開かれた「村中美恵さんオフィシエ叙任祝賀会」に参加してきました。

「オフィシエ」という言葉自体が聞きなれない単語だと思いますが、これはチーズの世界の言葉です。

あまり専門的なことは私も全然わかりませんが、フランスで「フランスチーズ鑑評騎士の会」というのがあって、日本においてもフランス伝統チーズの普及啓蒙活動を広く行うために「フランスチーズ鑑評騎士の会 日本支部」が設けられています。

その会における、いわゆる「位」的な呼称の一つが「オフィシエ」です。
カジマート (42)

全国で47名しか任じられていないようで、北陸では今回任じられた村中さんお一人という、凄いチーズのスペシャリストであることを表しているのです。

彼女は、カジマートと言う北陸に展開しているハイクオリティ・スーパーマーケットのめいてつエムザ店「チーズ工房ミモレット」にお勤めされていて、私も前に紹介したことがありますミモレット主催の「チーズの魅力に触れる会」や、色々な集まりでご一緒させていただいています。

今回、ご案内を頂き、妻と一緒にお祝いをしに参加してきました。

会場には80数名の参加者。知っている方も多く、当然、食関係の方々が多くいました。
しいのき迎賓館 (7)

司会は彼女の友人で、野菜ソムリエのつぐまさん。少し緊張気味でした。
カジマート (53)

宴は結婚式の披露宴風に進められ、こんなウエディングケーキならぬチーズのカットも。

さて、私のブログはグルメブログなので、ここでは飲み食いしたものについて書きたいと思います。
カジマート (26)

「チーズ」関係のパーティなので、会場での食べ物の主役はもちろん「チーズ」です。

見たことがないようなチーズもたくさんあって、全部の種類を食べることは出来ませんでしたが1カ月分ぐらいの量を食べたかもしれないです。^^;
カジマート (14)

今の時期が旬のモンドールももちろんありました。
カジマート (20)

こちらは「バノン・ア・ラ・フォイユ」。山羊のミルクのチーズで、栗の葉に包まれています。栗の葉の香りがミルクの香りをさらに引き立ててくれています。
カジマート (22)

「フルムダンベール」は青かびタイプですが、それほど匂いがきついわけではありませんでした。
カジマート (5)

食べ物はフィンガー&ピンチョススタイルで食べられるものが多く、みんなでつまみながら話に花を咲かせていました。
カジマート (12)

パンは、金沢でも人気のお店「パン屋 たね」のもの。何と!藤田さんもシュバリエ・デュ・タストフロマージュ(チーズ販売士)の資格を持っているそうです。
カジマート (28)

お酒の種類もたくさん揃っていました。
カジマート (44)

最初は泡物で、その後は、白・ロゼ・赤などをたくさん飲みました。

日本酒もありましたね。近年はワインと日本酒のマリアージュなんてのも流行りですね。
カジマート  (2)

最後にはこちらのデンマークの「キャステロクリーム パイナップル」の手土産まで頂きありがとうございました。

さて、村中さん。名誉オフィシエやグラン・オフィシエを目指して、これからも頑張っていただきたいと思います。

チーズ工房ミモレット
金沢市武蔵町15-1
 めいてつエムザ地下1Fカジマート内
問い合わせ先
076-261-3897
10:00~19:30
不定休(めいてつエムザに準ずる)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

人気の「キングストングリル」が昨年11月に改装して、「ファンタブル」という名前に変わっていました。
ファンタブル

ここは、いまや金沢でも飛ぶ鳥を落とす勢いの「おまめ舎」のグループのルーツとも言えるお店で、2004年に「キングストングリル」としてオープンしています。

「おまめ舎」はプロデュース、デザイン、セールスプロモーション事業などを手掛けていて、「ハム&ゴー」もグループのお店として有名ですね。

「ファンタブル」に変わって、フリーのWiFiや充電設備も用意されていて、よりゆったりと過ごすことが出来るカフェになっていました。

今回、私は予約なしで11:30過ぎにお店に到着。中に入ると、13時までだったらokということで入ることが出来ましたが、お昼過ぎに来たお客さんはNGでした。ラッキーです。
ファンタブル (9)

中に入ると、「キングストングリル」のときの木の温かみを感じさせてくれる内装から、シンプル&クールモダンな内装に変わっています。
ファンタブル (19)

奥のほうはオードアメリカンな雰囲気を感じさせてくれるテーブル席になっています。

さてメニューのほうですが、ランチタイムは「デリコンボ」という季節のデリプレートにプラス、9種類のメインプレートからチョイスするのが基本となっています。
ファンタブル (13)

この日のメインプレートはこのようになっていましたが、料金はチョイスするメイン料理によって違います。

意外と肉系のメニューが多かったです。

私はこの中から、タコライスをお願いしました。本来であれば2段重ねのお重のように出されると思うのですが、タコライスは少し時間がかかるということで別々に運ばれてきました。
ファンタブル (18)

まず運ばれたのは「デリコンボ」。色とりどりのデリが詰められています。

内容は「紫キャベツとみかんのマリネ」「塩さばとじゃがいものローズマリー焼き」「金沢春菊と桜えびのてんぷら」「くるみとレーズンのかぼちゃサラダ」「ヤムウンセン-タイ風牛肉と春雨サラダ」。

これらは、デリとしてお持ち帰り用としても売られていました。

ヘルシーな内容で、ボリュームもたっぷり。女性が喜びそうですね。

そしてメインのタコライスです。
ファンタブル (20)

ご飯は白米、玄米、五穀米からチョイス出来、さらにはハーフ&ハーフも可能なのがうれしいです。
ファンタブル (23)

私は玄米と五穀米のハーフ&ハーフでお願いしました。

ひき肉・豆・野菜を、チーズと混ぜてたっぷりのサルサソースで食べます。

ドリンクは、ランチタイムにはお得な金額でプラスすることが出来ますが、7種類のドリンクファンタブルオリジナルハーブティーがウリです。
ファンタブル (15)

ハーブティーの原料は世界中から集められたオーガニック、無農薬、またはワイルドクラフトと呼ばれる自生の茶葉のみを使用しているというこだわりです。

私はお店の名前が付いた「ファンタブル」をお願いしました。何も言わなかったら最初に運ばれてきました。

エキナセアや、ジンジャーなどをブレンドしていて、くせがなくすっきりとした飲み口でした。ちなみにエキナセアは免疫力があがると言われています。

デリプレートと、メインプレートも量的には多かったので、お腹が一杯になりました。

私の食べたセットで1,480円。野菜もたっぷり取れるしお腹も満足。味的にもGood!土日は予約して行った方がいいでしょう?ご馳走様でした。

ファンタブル(FUNTABLE)
石川県金沢市南四十万1-181-1
TEL 076-236-2228
11:00~21:00(L.O.20:30)
(ランチ11:00~15:00)
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、金沢の中心地の飲食店にあまり行くことが出来ません。

妻の仕事の都合があったりするのと、昔は金沢市内でグルメやアルコール関係のイベントがあると、それを目当てに出かけて行って、ディナーを食べてから小松に戻るということが多かったのですが、今年の初めに痛風の症状が出てからは、少しアルコールの量も減らそうと、その手のイベントには行かなくなったことも理由の一つです。^^;

さて、そんなことで最近は金沢郊外のお店に、車でお昼を食べに行くということでお茶を濁しております。^^;

今日紹介するお店は金沢港にほど近い場所にある「アイル キッチン」。
アイル キッチン

ここは、金沢の若宮に「かなやキッチン」というお店があって、そこの姉妹店のようです。

外観から察すると、何か倉庫や工場のようなところを改修したお店でしょうか?内部もそれほどお金をかけていない造りです。
アイル キッチン (5)

しかし、お金をかけるかけないかは、いいか悪いかということではなくて、かけなくても素敵なところはたくさんあります。
アイル キッチン (4)

こちらのお店も、どこかの南の海のリゾート地にでもありそうな趣で、リゾート気分を味わえる店づくりをしています。

カウンターや棚、飾り付けなども手作り感満載です。

今回、妻と二人で県庁付近での所用のついでにランチを食べに出かけてきました。

ランチメニューとしては、基本2種類ですが、この2種類もデザートが付くか付かないかの違いなので基本1種類と言えます。

ただ、メインとデザートはプリフィックス形式で選べるのがうれしいです。

ベースとなるのは、デザートなしの「お手軽ランチ(税込1,280円)」で、前菜盛り合わせ・スープ・選べるメインディッシュ・ドリンク付という内容。

それにデザートが付くのが「アイルランチ(税込1,580円)」ということになります。

メインディッシュは、鶏と野菜の黒酢ソース・ロコモコ丼・本日のパスタ・本日の気まぐれランチ・ガパオライス・ローストビーフ丼(+100円)の中から選ぶことが出来ます。

ちなみに、本日のパスタは「ナスとベーコンの和風パスタ」で、本日の気まぐれランチは+200円でラザニアでした。

また、デザートは、かぼちゃのチーズケーキ・アサイーボウル・本日のプチパフェ・とろ~りフォンダンショコラの中から同じく選ぶことが出来ます

二人で「お手軽ランチ」と「アイルランチ」一つずつ頼みました。

まず、前菜盛り合わせとスープが運ばれてきます。
アイル キッチン (10)

そしてメインは私はラザニアを頼みました。
アイル キッチン (17)

熱々ですぐ食べるとヤケドしそうでした。
アイル キッチン (20)

見た目よりボリュームがありました。味も良かったです。
アイル キッチン (16)

サラダは別に出されました。
アイル キッチン (14)

妻のメインは「鶏と野菜の黒酢ソース」。野菜もたっぷりで、中華の酢豚のような感じですね。
アイル キッチン (22)

デザートは「パイナップルブリュレ」。パイナップルのブリュレというのも珍しいと思います。
アイル キッチン (21)

ドリンクは妻は紅茶。私は久しぶりのルイボスティーです。少しは若返るかな?^^;

この日は土曜日で、予約客でほぼ満席のようでした。人気なのですね。ご馳走様でした。

アイル キッチン
石川県金沢市無量寺3-47-1 
TEL 076-299-8195
ランチ11:00~15:00(L.O14:30)
ディナー月・火・木・日
18:00~23:00(L.O22:30)
金・土
18:00~24:00(L.O23:30)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

休みの日はパン食が多いのですが、さすがに金沢まで買いに行くことはありません。

今回、たまたま県庁付近で用事があり、そのついでに翌朝の朝食で食べるパンを買い求めました。

行ったのは、金沢でも人気のブーランジェリーとして有名な「Boulangerie YAMANEKOヤマネコ」です。
ヤマネコ (8)

オーナーは、恵比寿の「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」のブーランジェリー部門で働いていた方。

料理人として有名なジョエル・ロブションですが、パンのほうも有名なのでしょうか?私は知りませんが、著名なブランドには弱いので、どんなパンなのか楽しみに出かけました。

ちなみにブーランジェリーという呼称は、フランスでは「パン職人が冷凍処理など一切せず、店内で小麦から生地を作って焼いたパンを売る」お店だけが名乗っていい名前なのだそうです。

ちょうど土曜日のお昼過ぎに伺ったのですが、何と!店頭に出ているパンがほとんどありません。

4~5種類ほどしかありませんでした。^^;

次に焼き上がってくる前ぐらいだったようです。残っているパンから選んでレジに向かう途中で、他の種類のパンがラックに出てきたのですが、パンを戻して待つのも何なので、そのまま買い求めました。

私が食べたのは「トロワ フロマージュ」。アン ドゥ トロワ!つまり3種のチーズを使ったパンですね。
ヤマネコ (2)

見た目堅そうなのですが、少し温めて食べると濃厚なチーズがとろけて、中も柔らかくて最高でした。

「ベーコン エピ」は大山ハムのベーコンを使っています。マスタードがアクセントでした。
ヤマネコ

これは妻が食べた、クリームチーズ、ベリー、胡桃の入ったハード系のパンでした。
ヤマネコ (3)

それも他のパン屋さんのものとは、明らかに違っていて、人気の理由がわかったような気がします。さすが有名店で働いていたことはありますね。参りました。

我々がお店にいる間にも次から次へとお客さんが入ってきます。凄いですね。

次回は、もっと種類があるときに伺って、他の種類のパンも買い求めてみたいと思います。ご馳走様でした。

Boulangerie YAMANEKOヤマネコ
石川県金沢市西念4-19-26
 プレイヤード1F
TEL 076-232-7785
10:00~18:00(変動ありfacebookで確認がおすすめ)
火・水曜休(こちらも確認を)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ