あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 金沢市

お店の正式な名称は「Installation Table ENSO L'asymetrie du calme(インスタレーションテーブル エンソ ラシンメトリー ドゥ カルム)」。

とても一発では覚えられない長い店名です。^^; そのため普通は「エンソ」と呼んでいるようです。

しかし舌をかみそうな読みです。なぜこのような名前にしたのでしょうか?
エンソ

お店の場所は、片町にもほど近いところですが、住宅街の中に入ったところにありちょっとわかりづらいです。お隣は天ぷらの小泉さん。
エンソ (3)

オーナーシェフの土井誠さんは欧州各国からのオファーを断って、金沢に店を構えたということです。

昨年オープンしてしばらくのときに行ったことがある妻が言うには、その時はサーブしてくれたのが東京から移ってきた男性スタッフだったそうですが、いまは女性のかたでした。

ランチは通常は6,000円です。ディナーコースは8,000円と12,000円(共に税込、サービス料10%は別途)という、地方のお店としてはちょっとお高い値段設定となっています。各コースともシェフのお任せコースのみです。

まぁ、ランチで6,000円という値段。私であれば鮨なら出すでしょうが、フレンチではランチに出すのには躊躇してしまう値段だったので、これまでは行くことがありませんでした。^^;

今回行くことにしたのは東京からの客人ご夫妻をお連れするということと、こちらのお店、1月13日で一周年を迎えたということで、その記念として期間限定で3,800円というランチコースが設定されたと聞いたからです。(笑い)

ちなみに3,800円の一周年記念ランチは2ヶ月間限定となっています(2月いっぱいまでか3月12日までの2ヶ月かは聞き忘れました)。

さて、店名に「インスタレーション」と付けられていますが、「インスタレーション」とは、Wikipediaには「絵画・彫刻・映像・写真などと並ぶ現代美術における表現手法・ジャンルの一つ。ある特定の室内や屋外などにオブジェや装置を置いて、作家の意向に沿って空間を構成し変化・異化させ、場所や空間全体を作品として体験させる芸術。」と書かれています。

つまりは「食事をする場」というものと料理そのものも含めて「料理をひとつの表現方法として空間すべてで提供」するレストランとしたかったようです。
エンソ (39)

お店は元洋裁学校だった古い建築だったところをリノベーションしています。コンセプトとして、家庭のキッチンをイメージして造ってもらったそうで、白を基調としたレトロでありながらモダンな空間になっていて、落ち着いて食事をすることが出来ます。
エンソ (4)

オープンキッチンで料理をしている様子が丸見えです。^^; シェフも緊張するでしょうね?

このキッチンにだいぶかかっているようです。

ところで、小松にも「SHOKUDO YArn」というイノベーティブ・フュージョンのお店があり、いま人気のお店になっています。

「SHOKUDO YArn」のオーナーシェフは、スペインの超有名3つ星レストラン「エル・ブジ(El Bulli)」(いまはすでに閉店しています)でも働いていたことがあります。こちらのお店も料理のエッセンスは、そのような感じがします。

この日、東京からの客人ご夫婦をお連れして、ランチのラストオーダー時間間近の13:25にお店に到着しました。

お店は事前に予約してありました。

3,800円の一周年記念ランチは基本、魚と肉のフルコースになっていますが、私は肉が苦手なのであらかじめ伝えてあったら、一部変更してくれました。(予約のときは少し値段がアップすると伝えられていましたがレシートを見る限りは追加料金はありませんでした)

結論を先に書けば、3,800円の一周年記念ランチはとてもよかったです。

私は、今回が初めて訪れましたが、一度行ったことがある妻は、通常のランチ6,000円はもっと凄い!と言っていたので、これでやっと通常のランチコースが6,000円という価格設定も納得できました。

通常のコースの場合は、よりアートの様に表現された形で供されますが、3,800円の一周年記念ランチの場合は、それほどではありませんでした。

写真は、前に妻が行った時に写してきたものです。
IMG_2526

見せ方も驚きの連続だったようです。

こちらはお店のウリの料理の一つで「チキンスキン」。
IMG_2520

リボンのついた木箱の中身は、ドライに仕立てた鶏皮に二種のチョコレートをのせてあります。ダークチョコレートにはレバー、ホワイトチョコレートにはニンニクの風味を付けてあるようです。ちなみに、こちらのは今回紹介するコースには入っていません。

では出されたものを順番に紹介していきます。ただし、ランチながら相当飲んでしまったのと、遠来のかたとの話が弾んでしまって、あまり料理の説明を覚えていません。不確かな情報もあるかと思いますがお許しください。

今回、東京からのお客さんのリクエストもあり、最初にシャンパンを頼みます。
エンソ (6)

頼んだのはアンリ・ジローの「エスプリ・ナチュール」。

「ナチュール」はヴァン・ナチュール(自然派ワイン)ではなく、自然と共存しシャンパーニュ造りに取り組むという信条を表しているようです。

写真がへたくそでわかりませんが、色はきれいなシャンパンゴールド。フレッシュでフルーティ。さすがに美味しかったですね。
エンソ (8)

まずオードブルの前にアミューズブーシュとして出されたのは一品目は、エクレアにビーツのクリームを挟んであります。
エンソ (11)
エンソ (12)

二品目として、ホタルイカが乗せられたほうれん草のムース?と、えんどう豆の小さなスープ。
エンソ (14)

三品目は海老芋をテリーヌ仕立てにしています。

この時点でシャンパンはすでに空いてしまいました。^^;
エンソ (44)

白ワインを頼みますが、お店のグラスワインで富山県氷見の「SAYS FARM(セイズファーム)」というワイナリーでつくられているシャルドネ(2015)です。

こちらのお店、当然のことかもしれませんがワインの種類も豊富で、国産、特に北陸のワインを多くそろえていました。

ちなみに、器も、金沢の独自のモノづくりを展開するユニット「secca」の柳井友一さんはじめ、地元の作家に作ってもらったものがほとんどで、お店の料理とコンセプトに合った品々が使われています。

そして、やっと「本日の前菜」です。こちらは3種類の中からチョイスできました。

私は「ししゃも」です。まったく日本的な食材ですが、どのような料理が出てくるか楽しみにしていましたが、このようなカダイフ巻きに仕上げてありました。
エンソ (17)

フランスでは「天使の髪」とも呼ばれる料理法で、サクッとした食感の衣の中にジューシーなししゃもが隠れています。
エンソ (20)

中はこんな感じです。
エンソ (18)

フォアグラは妻がチョイス。ピスタチオのフレークにブルーベリーのソース。ボリュームがありました。
エンソ (19)

東京の方々はカニです。真丈風のコンソメスープ仕立てになっていました。

「旬鮮魚」はなんだっただろう……?忘れました。^^;
エンソ (24)

だいこんの花?が乗せられ、少しからしのきいたソース。美味しかったです。

本日の肉料理は「牛ハラミ」か「イノシシ」をチョイスできました。
エンソ (28)

私以外全員が「牛ハラミ」を頼みます。私は食べていないのでわかりませんが、ソースは香り高かったようです。
エンソ (29)

私の方は、タラの白子、上には生のマシュルームが乗せられています。

私を除く3名はワインは当然赤に移ります。
エンソ (21)

白と同じく「SAYS FARM(セイズファーム)」のメルローです。
エンソ (22)

こちたは信州のワイナリー「ファンキー・シャトー」。
エンソ (31)

パンは2種類出されます。
エンソ (25)

こちらはアオサが練りこまれたものです。
エンソ (32)

料理を食べ終わったあとで出されたデセールは、冷たく冷やされた石の器の上に乗せられて出されました。みかんとオレンジを交配したタンゴール、愛媛の「媛まどんな」を使った一品です。
エンソ (34)

飲み物は、コーヒー、紅茶、エスプレッソからチョイスでき、私はエスプレッソをお願いしました。
エンソ (35)

最後にちゃんとプティフールも出されます。カヌレとフィナンシェ、それとクッキーでしょうか?乗せられている

いや、これだけ飲み食いしたら満腹になりました。^^;

最初、3,800円という通常のコースよりもだいぶ安いので、これほどの内容とボリュームの料理が出されるとは思ってもいなかったので、少し驚きました。ここまでくると料理はアートですね。ワインとのマリアージュも楽しめました。

一周年というアニバーサリーな限定メニューということでしょうが、お店の方の感謝の気持ちが表れた素晴らしいランチでした。ご馳走様でした。

Installation Table ENSO L'asymetrie du calme
インスタレーションテーブル エンソ ラシンメトリー ドゥ カルム
石川県金沢市池田町4番丁33
TEL 076-208-4052
11:30~13:30
18:00~21:00
月曜休、不定休
 


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

富樫にある「パン屋 たね」は、自家製酵母と無添加の材料を使ったハード系のパンが美味しい人気のお店だとは聞いていますが、残念ながら私は買いに行ったことがありません。

そんな有名パン屋などで長年パン作りをされてきたオーナーが、昨年5月に独立されて作ったお店が今日紹介します「パン屋 まるしゅ」です。

お店の名前は何度か聞いたことがあり、今回、観音堂町の近くまで行く機会があったので、「パン屋 まるしゅ」に立ち寄りパンを買い求めることにしました。

場所は石川テレビ放送の近くです。
パン屋まるしゅ (9)

お店は新しく建てられていて、大きな窓と大きな一枚扉が印象的なお店です。自動ドアではありませんので扉はきちんと閉めましょう!^^;
パン屋まるしゅ (8)

店内はそれほど大きくありません。土曜日は朝から営業されているのですが、私が伺った12:40ぐらいの時間帯はお一人で切り盛りされていました。
パン屋まるしゅ (7)

買い求めた後に、お客さんが居なくなったころを見計らって、お店の中の写真を写させていただきました。
パン屋まるしゅ (6)

パンの種類は、それほど多くはなく、塩パンやクロワッサン、メロンパン、あんぱん、クリームパンなどのベーシックなパンが主体でした。

材料は主に国産小麦を使っているようです。形も端整で見た目も美味しそうです。

Webを見る限り「パン屋 たね」では、ハード系やベーグルなどの種類が豊富でしたが、お一人で切り盛りされていると種類も絞らないといけないのでしょうね?食パンやクロワッサンが人気のようです。

では私が買った品々です。
パン屋まるしゅ (10)

私は「ウインナークロワッサン(250円)」を食べました。サクッとした生地の中にジューシーな太めのウインナーが入っていて美味しかったです。
パン屋まるしゅ (12)

妻は「クルミのベーグル(200円)」。見た目にもモチッとした感じです。
パン屋まるしゅ (11)

こちらのエピは230円でした。細長い形です。
パン屋まるしゅ (13)

「豆パン(150円)」も買い求めました。
パン屋まるしゅ (14)

食パンの切れ端はおまけです。ありがとうございます。

将来的には自家製酵母を使ったパンを作っていきたいとのこと。

小松からはなかなか買いに来るわけにはいけないけど、今後とも美味しいパンを作り続けてください。ご馳走様でした。

パン屋 まるしゅ
石川県金沢市観音堂町チ8-1
TEL 076-255-3715
月・火・水・金
10:00~18:00
土9:00~17:30
木曜・日曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

海が間近に見えるカフェとして、ちょうど2年前に紹介した「カフェドレヴェリー(Cafe de Reverie)」。今、人気のカフェになりました。
お味噌汁食堂そらみそ (22)

「カフェドレヴェリー」は、今日紹介します金石の情報発信拠点として作られた「コッコレかないわ」を運営している会社の倉庫だったところをリニューアルしているお店です。

さて、そんな「コッコレかないわ」。運営母体は、金石西にある加賀建設という建設会社です。

人口減少などで活気が失われつつある金石を、地域資源を掘り起こして活性化させようと、情報発信拠点としての新複合施設として作ったのが「コッコレかないわ」。
お味噌汁食堂そらみそ (3)

この写真は、ちょうど朝方にみぞれと雪が降った日、訪れたときに写しました。「コッコレかないわ」としてのメインエントランスがなく、まるで小さい丘のような建築デザインになっているようで、そしてメインのお店が「お味噌汁食堂そらみそ」となっています。

ちなみに名前の「コッコレ」とは、ラテン語で「小さい丘」を意味する「colle」と、「集まる」を意味する「co」を組み合わせて作られた造語で、2階建ての施設の真ん中には公園のような小さな丘。囲うように3つの建物が建っているのです。

他にはグリーン&ブックやキッズファッションのお店などが入っている小さな複合施設となっていて、オフィス、大学のラボ、あと自由に使えるフリースペースなどがあるようですね。
お味噌汁食堂そらみそ

さて、「お味噌汁食堂そらみそ」は、先ほどの加賀建設が店舗運営を行い、男性2人のフードユニット「つむぎや」がメニュー開発を担当しています。

ここは、簡単に言えば「おむすびとお味噌汁」のお店。

こだわりは「地域のこだわり味噌と地元の新鮮な食材を使うのはもちろん、家庭の食卓で並ぶものにひと手間ふた手間かけた、新しくどこか温かい味をつくる」のだということ。

我々は1月のとある土曜日に伺いました。

中に入って、まずオーダーをして代金を支払います。電子マネーも各種使用可能だったのがうれしいです。
お味噌汁食堂そらみそ (6)

中はこんな感じです。
お味噌汁食堂そらみそ (7)

新しい施設で明るく開放感もあって、中にはグリーンも置かれています。
お味噌汁食堂そらみそ (8)

席数も多く、テーブル席に小上がりもあったりして40人ほど入れる広さです。

最初、この手のお店としては多すぎると思ったのですが、12時過ぎごろにはほぼ満席になっていました。グリーン&ブックやキッズファッションのお店も併設されているので、小さな子供連れのお客さんも多かったです。

そういえば働いている方の人数もこの手のお店としては多い方でしたね。

ただ夜の営業はされていないので採算が取れているのか少し気になりました。^^;
お味噌汁食堂そらみそ (4)

メニューはこんな感じです。
お味噌汁食堂そらみそ (19)

味噌汁とおむすびは単品でも楽しめるのですが、味噌汁とおむすび2個+おばん菜が付いて800円の「そらみそ定食」がお得になっています。我々はそれを頼むことにしました。
お味噌汁食堂そらみそ (13)

そして私はお味噌汁は「かぶのポタージュ」。こちらはぶりの炙りが乗せられています。ぶりはオーダーが入ってから炙るので少し時間がかかりました。
お味噌汁食堂そらみそ (15)

白みそを使った少し甘めの味で麹もたっぷりなのでしょうね?とろとろのかぶなど野菜もたっぷりで美味しかったです。
お味噌汁食堂そらみそ (18)

妻はお店の一番人気だそうですが「港町のめった汁」を頼みました。こちらは味噌豚の炙りのせとなっています。

めった汁は石川県の郷土料理。さつまいもが入っているのが特徴で、他にもこんにゃく、だいこん、ごぼう、にんじんなどなど根菜もたっぷり入っていて、美味しいですよ!

これらのお味噌汁は単品では450円です。隣町の大野の味噌を使ったおみそ汁で体が温まりました。

「そらみそ定食」は、おむすびが2個選べます。
お味噌汁食堂そらみそ (14)

私は「おかか切り干し大根」と「さばのこんか漬け&ごま」。オーダーが入ってから握ってくれるのでしょうか?優しさが感じられます。
お味噌汁食堂そらみそ (20)

「さばのこんか漬け&ごま」の中の具はさばのこんか漬けです。
お味噌汁食堂そらみそ (17)

妻のほうは「てんぱ漬け&カッテージチーズ」と「味噌豚のあぶり肉」。

てんぱ漬けの「てんぱ」とは「吹立菜(ふきたちな)」のこと。石川ではこう呼ぶます。
 
おむすびは単品では一個200円です。

お味噌汁のボリュームもたっぷりで、おむすび2個で満腹になりました。満足です。

地産地消なのかどうかはわかりませんが、地元の食材をふんだんに使っていて味的にもやさしく、健康にもよさそうでした。いいお店です。ご馳走様でした。

お味噌汁食堂そらみそ
石川県金沢市金石西1-2-15
TEL 076-256-5207
月・火・金・土
11:00~16:00
日8:00~17:00
水・木曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

石川県の人はパン好きの方が多いです。

いわゆる米どころの土地ではあるのですが、パンの消費量も多いのです。

実は金沢市民は「和」のお米に対しての和菓子はもちろん、パンに対してのケーキ、チョコレート、アイスクリーム・シャーベットへの支出額が毎年上位にランクされますし、それに伴ってコーヒーや紅茶の消費量も上位にランクインしています。

また特徴的なのは、それらも高い値段の物が良く売れるようです。やっぱ加賀百万石の文化を受け継ぐ土地柄、見栄っ張りなんですね!?^^;
ぱ・ぱん (8)

さて本題です。今日紹介します「ぱ・ぱん」は金沢市と野々市市や白山市のほぼ境にあります。イオン御経塚にも近い場所です。

この日初めての訪問です。祝日のお昼前にお店に到着しましたが、お客さんはいませんでした。
ぱ・ぱん (7)

ご覧のようにパンの種類が豊富です。ただしハード系はあまり見当たりません。ソフト系がほとんどの品揃えです。
ぱ・ぱん

ここは、幅広い年齢層に受け入れやすいようなパン作りが特徴で、値段的にもお手頃な価格に設定されているようです。
ぱ・ぱん (5)

私が買い求めたのは、これらのパンです。
ぱ・ぱん (9)

私はハッシュド・カリーというカレー味のハッシュドポテトが乗せられたパンを食べました。これは確か180円だったと思います。

朝、電子レンジで温めたら、少しハッシュドポテトがべちゃとした感じになってしまいました。トースターで少し焼いた方が美味しくなるでしょう。

あと家族用はラタトューユ・カスクルートピザ、カボチャ畑というカボチャを練りこんだ甘いパン、レアチーズクリームのデニッシュだったかな?を買い求めました。

お値段は非常にお手頃で、全部で840円。幅広い年代がいる家族におすすめのパン屋さんかもしれません。ご馳走様でした。

ぱ・ぱん
TEL 076-240-2113
石川県金沢市矢木2-139 ラベーテ139 1F
7:00~19:00
月曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

ひがし茶屋街から少し離れた、前田利家ゆかりの宇多須神社の真ん前に女優・タレントとして活躍するMEGUMIさんのお店が昨年10月にオープンしました。

店名は「cafe 多聞」。宇多須神社が「毘沙門天」を祭っていて、その毘沙門天のことを別名「多聞天」と呼びます。ちなみに宇多須神社は最初、卯辰治田多聞天社と呼ばれていたことがあり、そこから名前を拝借しています。

「多聞」とは「正しい教えを多く聞き、心にとどめるという意味がある。大事な人と楽しく笑ったり、いい話が出来る時間を提供したりする場所になれば」と彼女が話されているようです。
多聞

築100年以上の、当時として、さらにはこのあたりでも珍しい3階建ての町家をリノベーションしています。
多聞 (8)

1階はご覧のようなテーブル席。2階にも座敷席があり、合わせて35席ほどのカフェとしては広いお店です。
多聞 (18)

我々が行ったのはクリスマスイブの日。夕方17時、あたりはもう暗くなってしまったとき。店内はその時間でも賑わっていました。

席の間隔は東京サイズで狭かったです。^^;

基本はパンケーキのお店で、パンケーキといえば、最近、金沢でもお店が増えてきましたが、このあたりでも「fluffy(フラッフィー)」という人気のお店があったりします。

ちょうどこの日はクリスマスイブということで、期間数量(1日20食)限定のパンケーキを勧められたので、メニューをあまり見ずにそれにしました。^^;
多聞 (3)

あとで家に戻ってから、写したメニューの写真を見たら、ほかにも石川県の野菜やフルーツなどの食材を使ったパンケーキが多くありました。その中で一番ベーシックなパンケーキで980円です。

この「クリスマス限定パンケーキ」のお値段は1,280円で若干値が張ります。オーダーが入ってからメレンゲを立てはじめるので少し出されるまで時間がかかりました。
多聞 (15)

出されたのがこちらです。確かにクリスマス仕様です。ボリュームがありそうですが、パンケーキ自体はメレンゲが主なため、空気を含んで柔らかくて胃にもたれませんでした。
多聞 (17)
 
パンケーキを覆っているのはチーズクリームのホイップ。ベリーソースを流しかけてあります。

傍らには、イチゴサンタとアイスの雪だるまが。そしてホワイトチョコを雪に見立てて、金沢らしく金箔がかけられています。

値段はさておき、美味しかったですよ!
多聞 (12)

飲み物はコーヒー(400円)を頼みました。コーヒーはマシンで入れているので普通でした。
多聞 (10)

お店では器類は地元若手作家のものを使っているとのことで、店内では、それらの品を販売するコーナーもあります。
多聞 (9)

でも、MEGUMIさん、最近テレビなどで見かけないと思いましたが、事業家に転身かな??^^; ご馳走様でした。(書いたあとでフジテレビ系列のフルタチさんで見かけました!)

cafe 多聞
TEL 076-255-0370
石川県金沢市東山1-27-7
平日9:00~18:00(L.O.17:30)
土日祝9:00~19:00(L.O.18:30)
不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ