あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 金沢市・内灘町

金沢おでんが全国的にも知られるようになってからだいぶ経ちました。

昔から地元に根付いていたおでんが、北陸新幹線が金沢まで開通した後は、「金沢おでん」というブランドに昇華してしまい、地元の人がなかなか行けなくなるほどの人気になりました。

いまは残念ながらコロナ禍のなか、観光客が激減していますが、逆に地元の人が行きやすくなったのかもしれません。

さて、今日は久しぶりに、そんな金沢おでん屋のお店の紹介です。
ちくわ (6)

前々から「ちくわ」という名前の人気のおでん屋さんがあるということは知っていましたが、残念ながら行ったことがありませんでした。「和を築く」という意味がお店の名前に込められているそうです。(※原稿を書いている時点ではコロナ禍で休業中)

6月24日金沢百番街「西ゾーン」のリニューアルに伴いオープンした「百番キッチン」内にある「かなえきのちくわ」です。
FOODCLUB (22)

こちらの入り口から入ると、目の前の一番目立つ場所にお店はありました。
ちくわ

今回、「クロスゲート金沢」や「ハイアット セントリック 金沢」のメインダイニングで飲食のハシゴをしてから、小松に戻る電車の時間前の短い時間に立ち寄りサクッと食べてきました。

「かなえきのちくわ」とは変わっている名前ですが、わかりやすいといえばわかりやすいですね。
ちくわ (3)

こちらがおでんと酒肴のメニュー。
ちくわ (5)

到着したのが17時2分前ほど。ちょうど、こちらのメニューに書かれている「昼飲みセット」に間に合いました。

その日のお決まりのおでん3品とドリンクがセットになっているお得なメニューです。
ちくわ (8)

この日は、大根・小さながんも・豆腐。おでん種としては定番と言われるものばかりでした。

添えられているのは粒マスタードのように見えますが、福井の「麩市(ふいち)の地がらし」なのだそうです。こだわっていますね!
ちくわ (7)

で、私のドリンクはハイボールを。妻はハートランドの(中)を頼んでいます。

私の場合は計1,030円也!妻のほうは1,130円です。ドリンクは450円~550円の料金の種類が設定されていて、450円のハイボールだとそれほどお得ではないようです。(^^;

まぁ、その日のおでんの内容によっても違うでしょうが。

さて、肝心のおでんのほうですが、ここのウリは「飲み干せる出汁」ということ。

見た目にも上品そうな出汁で、確かにその通りでした。大根は上品にしゅんでいました。

あと、単品で「ちくわのちくわ(税抜280円)」と
ちくわ (10)

「手作りのはんぺん(税抜280円)」も追加で頼みました。
ちくわ (11)

この2つは自家製おでん。ビジュアル的にもほかのお店のものと違います。白いです。あまり製造工程について知らないのでわかりませんが。おでんには焼きちくわが定番ですが、こちらのは焼いたり、はんぺんは揚げたりしていないのでしょうか?

それにちくわには、山椒かな?練りこんでありますね!?
ちくわ (9)

ドリンクは「沖縄んブルー(税抜500円)」も頼んでいます。

カウンターのみのお店なので、仕事替わりなどに一杯やって帰路につく、なんて使い方がいいかもしれません。ご馳走様でした。

かなえきのちくわ
石川県金沢市木ノ新保町1-1
 JR金沢駅西口あんと1F
TEL 090-1635-0303
11:00~22:00(L.O.21:00)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

クロスゲート金沢で2軒目のお店の紹介です。
クロスゲート金沢 (5)

ランチを食べた後、「鼠多門・鼠多門橋」を見るために街中に出て、そのときにだいぶ歩いたので喉が渇きました。

夕食を食べる前に喉の渇きを癒すためビールが飲みたくなりました。

そこで、クロスゲート金沢2階「ブルワリーレストラン Bistro Oriental」に入ることに。
Bistro Oriental

オリエンタルブルーイングについてはひがし茶屋街の近くの東山にあるお店と、香林坊のお店に行ったことがあります。

醸造所は湯涌温泉にあります。

こちらのお店はオリエンタルブルーイングとしては初めて「Bistro」と銘打っています。

これまでのお店はあくまでもビールが中心でしたが、今回は季節の魚介をベースにした洋食レストランとなっていて、料理とビールのペアリングを楽しめるお店となっているのです。

ただお店自体はカジュアルな要素を大切にされているようで、オープンな空間にカウンターとこちらのテーブル席。ふらっと立ち寄れるお店になっていました。
Bistro Oriental (3)

行ったのが15:30ごろでお客さんは誰もいません。
Bistro Oriental (12)

こちらがビールのメニューで、
Bistro Oriental (13)

こちらがドリンクメニュー。
Bistro Oriental (2)

フードメニューです。
Bistro Oriental (5)

こちらも。

この中から妻が頼んだのは「能登塩セゾン(税抜700円)」。
Bistro Oriental (8)

謳い文句として「レモングラスのような爽やかで、ややスパイシーな香り、心地よい酸味の能登の塩味がマッチする夏にぴったりのビールです。」と書かれていました。

私も一口飲みましたが、謳い文句の通りで塩味より爽やかさが勝っていて飲みやすいビールでした。

私は「加賀棒茶スタウト(税抜700円)」を頼んでいます。
Bistro Oriental (7)

「加賀棒茶」の香ばしい風味を楽しむことが出来る黒ビールで、酸味もほどよくコクがありました。

前にも一度飲んだことがあります。そのため半分以上は妻の胃袋に消えています。(^^;

おつまみとして「加賀新レンコンビアフリット(税抜700円)」もお願いしました。
Bistro Oriental (10)

カレーパウダーがかけられていて、サクッと食感もよく、味のほうもスパイシーな仕上がりでした。ビールに合いました。

金沢駅からもすぐなので、仕事帰りに気軽に立ち寄って美味しい料理と一緒に美味しいビールを飲むのに適したビストロだと思います。ご馳走様でした。

ブルワリーレストラン Bistro Oriental
石川県金沢市広岡1丁目5-3
 クロスゲート金沢2F
076-255-0029
11:00~23:00(L.O.22:00)
無休(予定)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢駅西口の複合施設にオープンした「クロスゲート金沢」。
クロスゲート金沢 (2)

色々なグルメに関するお店が入っていて、県内初進出や人気店の新業態のお店などお好みで楽しめるようになっています。

今回、ランチを「ハイアット セントリック 金沢」のメインダイニング「FIVE - Grill & Lounge」で食べ、夕方から「クロスゲート金沢」の店舗2か所をハシゴして周ったので紹介したいと思います。。

まず1件目についてですが、「クロスゲート金沢」のお店の中でまず行きたかったところがありました。
FOODCLUB

㈱OPENSAUCEが新業態として始めたフードホール「FOODCLUB」です。
FOODCLUB (2)

行きたい理由は3つ。一つ目は㈱OPENSAUCEがやっているお店だということ。

㈱OPENSAUCEは、金沢片町で「A___RESTAURANT(ア・レストラン)」という実験的なレストランをやっていて、私も一度お邪魔しましたが、なかなか面白い展開をされている会社です。

二つ目の理由は、小松市出身のフォトグラファーであるデザイナーでもある高橋俊允さんの写真がお店に展示されていると聞いたからです。

三つめは、片町にあるミシュラン二つ星の銭屋さんの新業態「(鮨屋)録 ROKU by ZENIYA」の小椀鮨を食べてみたかったことです。

我々は夕方にお邪魔しました。
FOODCLUB (5)

中央のセンターコア部分に4つのお店がありますね。

そして金沢駅側に大きな窓があって明るい店内。座席数もフードホールなので多くありました。
FOODCLUB (21)

窓側は太陽光が燦燦と入り込んで暑いくらい?よくわかりませんでしたが、ブラインドやスクリーンなどはあったのでしょうか??
FOODCLUB (3)

で、我々は高橋俊允さんの写真が飾られている、一番奥のスペースの席に座ります。

イタリアで写したモノクロ写真ですが、雰囲気出てますね。

さて、こちらのお店のユニークなところは、メンバー制フードホールであること、モバイルオーダーと完全キャッシュレス、そしてセルフサービススタイルで運営されていることです。
ちくわ (4)

私は前日に支払いに使用するキャッシュカードまで登録しています。そうすると、スマホからオーダーすると同時に支払いが完了。そして出来上がるとご覧のメッセージがスマホに届きます。
FOODCLUB (23)

で、各お店にセルフで取りに行くのですが、こちらのフードホールにはドリンク含めて5つのお店が入っていて、個別に取りに行く必要があります。

初めての方でも、机上に置かれている二次元バーコードをスキャンしてすぐにアクセスすることができ、わからない方にはスタッフが丁寧に教えてくれますが、デジタルリテラシーを多少求められることもあって、苦手な人にとってはハードルがあるのではないかと思いました。

まぁ、一つの実験ですね。
FOODCLUB (9)

今回私が頼んだのは、「録 ROKU by ZENIYA」の小椀鮨の一番安いセットで、「菊の膳(税込1,650円)」。
FOODCLUB (14)

本鮪、平目、サーモン、ヤリイカの姿造り、味噌汁というセットメニューです。
FOODCLUB (19)

銭屋さんにとっては鮨は新しい試みですが、小椀鮨とすることでレシピ通りに現場で盛り付けるようにしているのではないかと思います。
FOODCLUB (15)

値段も抑えられていて、味噌汁も含めて味のほうはさすが銭屋さんと思いました。

あと、ドリンクを頼んでいます。
FOODCLUB (11)

私はスパークリングワインで「イエローグレン ピンクピッコロ(税990円)」。オーストラリアのロゼでやや辛口でした。
FOODCLUB (10)

妻はシードルで「スリーオークス シードル(税990円)」。南オーストラリア州のクラフトシードル。フルーティな香りで甘さを抑えたシードルでした。

ミニボトルと缶での提供となっていました。

正直なところ、この新しい試みの評価は難しいですね。フードホールなので気軽に飲食できるのはいい点で、新しいシステムも慣れれば便利なのでしょうが、リピーターがどの程度ついてくれるかにかかっているかもしれません。ご馳走様でした。

FOODCLUB(フードクラブ)
石川県金沢市広岡1丁目5-3
 クロスゲート金沢2F
TEL 076-255-1516
11:00~22:00(L.O.21:30)
無休(予定)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢駅の金沢港口(西口)もだんだんと変貌を遂げてきています。

昔は本当に何もなかったですが、北陸新幹線が金沢まで延伸してからの変貌は目覚ましいものがありますね。
クロスゲート金沢 (3)

今回、8月1日にオリックスグループが事業主体で、新しいホテルと商業施設エリアの「クロスゲート金沢」をオープンさせています。

当初は6月の開業予定でしたがコロナ禍のなか8月になっています。

メインは北陸に初進出するハイアットホテル。ハイアットのホテルの中では中グレードに位置する「ハイアット セントリック 金沢」と中長期滞在型の「ハイアット ハウス」とマンションがあるツインビルになっていて、「ハイアット ハウス」の1~2階に商業施設エリアの「クロスゲート金沢」という構成です。

2015年に誕生した新ブランド「ハイアット セントリック」はビジネスからレジャーまで幅広い客層をターゲットにしていて、金沢は東京銀座に次いで日本で2つめのホテルになります。

1階のエントランスから金沢の伝統工芸品をふんだんにあしらった内装や装備品。
ハイアットセントリック金沢 (8)

エントランスを入ると目に飛び込んでくるのが金箔を贅沢に張った能舞台の後ろの「鏡板」に描かれている松、もしくは兼六園の松?をモチーフにした造形。
ハイアットセントリック金沢 (9)

そして加賀獅子舞と
ハイアットセントリック金沢 (11)

エレベータ前には加賀友禅。
ハイアットセントリック金沢 (37)

3階のロビーエントランスには金箔や漆が塗られた壁など。なかなか地元の私のとっても見るべきものがありました。

今回私は、オープン最初のころやお盆休み中は混雑して密になる可能性があったので避け、お盆休み明けに見学がてらランチを食べに行くことにしました。

行ったのは「ハイアット セントリック 金沢」の3階にあるメインダイニング「FIVE - Grill & Lounge」。
ハイアットセントリック金沢 (12)

こちらの料理長に就任したのは「パーク ハイアット 東京」のメインダイニング「ジランドール」の料理長を務めていた市塚 学(いちづか・まなぶ)氏。彼は石川県小松市出身で、「環境王国こまつ親善大使」も務めている方です。
ハイアットセントリック金沢 (22)

ホームページを見てみると、「FIVE - Grill & Lounge」という店名は石川の伝統工芸である加賀友禅や九谷焼などで用いられる「加賀五彩」「九谷五彩」という特徴を持つ5つの色の「五」のインスピレーションと、店内の異なる「五つの空間」に由来しているということでした。
ハイアットセントリック金沢 (24)

確かに広い店内は5つのエリアに区分されていて、そのどれもが洗練された落ち着いた空間で、料理をさらにおいしくいただくことができること請け合いです。
ハイアットセントリック金沢 (25)

天井が高いのと大きなガラス窓で、外の明かりが差し込んできて料理も映えます。

さて、平日のランチメニューには税・サ別ですが1,500円というお手軽なお値段で楽しめる「Weekday Quick Lunch Menu Starter」の設定があります。

こんな素晴らしい空間で、一流のホテルシェフが作るランチを1,500円で食べることができるなんて凄いです。

そして当日お店に伺うまで知らなかったのですが、9月一杯までオープニング記念として、予約されたお客様に限り、ドリンクとアペリティフが無料でサービスされるという特典付きでした。予約にはネット予約が便利です。
ハイアットセントリック金沢 (27)

ドリンクは何と!シャンパンまでok!!もちろんシャンパンをお願いしました。
ハイアットセントリック金沢 (16)

アペリティフは生ハム。

これが1,500円のリーズナブルなランチにもついてくるのです。凄いですね。
ハイアットセントリック金沢 (30)

悪いので、あとで追加で白ワインも頼んでしましました。

「Weekday Quick Lunch」は、「今週のアペタイザー」または「本日のスープ」のどちらかが選べます。
ハイアットセントリック金沢 (17)

私は「本日のスープ」で冷製のコーンポタージュ。料金がお安いランチなのにカップスープではなく、フルサイズ?のスープでした。
ハイアットセントリック金沢 (18)

妻は「今週のアペタイザー」で夏野菜のサラダ。こちらもしっかりボリュームありますね。
ハイアットセントリック金沢 (14)

パンは2種類出されました。
ハイアットセントリック金沢 (15)

オリーブオイルも。

そしてメインの「今週のおすすめディッシュ」は海老とホタテのシーフードドリアの1種類のみの設定。肉料理でなくてよかったです。
ハイアットセントリック金沢 (31)

熱々でボリュームがあって、海老がたっぷり使われていました。私でも満腹になりましたね。
ハイアットセントリック金沢 (35)

ランチにはコーヒーまたは紅茶がついています。

以上が「Weekday Quick Lunch」の内容です。
ハイアットセントリック金沢 (33)

こちらは追加で頼んだペストリーシェフデザートの「桃のムース(+300円)」

以上飲み食いして全部で一人2,300円ほど。空間や席の間隔が広く、安心して食事をすることができ、値段もリーズナブル。満足度超高しです!!
ハイアットセントリック金沢 (41)

ちなみに妻は今週にもランチを食べてきています。この日のメインはパスタでした。

そんな私も、色々なシーンで利用できるので何度でも行きたいくらいでした。機会があれば次回はディナーで美味しい料理を堪能したいです!ご馳走様でした。

FIVE - Grill & Lounge
石川県金沢市広岡1丁目5-2
 ハイアット セントリック 金沢
TEL 076-256-1559
Dining
朝食6:30~10:30 (L.O.10:00)
昼食11:30~14:30 (L.O.14:00)
夕食17:30~22:00 (L.O.21:30)
Lounge
10:30~22:00 (L.O.21:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近朝のアップは珍しいですが、ネタがたまってきたためグルメネタ以外ということでアップします。

さて、金沢は観光産業が占める割合が比較的大きい観光都市だと言えます。

そのため、県や金沢市は、観光施設の整備に予算をかけています。

今日はそんな金沢に今年オープンした2つの観光関連の施設を紹介します。

まずは金沢港に新しく整備された海の玄関口となる「金沢港クルーズターミナル」。
金沢港クルーズターミナル (23)

一時クルーズ船が金沢にたくさん寄港して、インバウンドの観光客でにぎわっていたため、その需要増に応えるために県が整備を進めていました。

しかしながらオープン間際に新型コロナウイルスが蔓延して、オープンが延期、その後も1隻のクルーズ船の寄港もない状態で現在に至っているわけです。
金沢港クルーズターミナル (21)

今回、この施設に入っているレストラン「海の食堂 BAY ARCE」に行こうと思っていました。

しかしながら、この日は梅雨の中のとてもいいお天気の日だったため、すごい数の順番待ち。

で、あきらめて一通り施設を見回り写真を写しました。
金沢港クルーズターミナル (16)

1階のCIQエリアは現在は宝の持ち腐れ?
金沢港クルーズターミナル (15)

同じく1階の待合エリアには、九谷焼、加賀友禅、輪島塗、山中漆器、金沢漆器などの石川を代表する作家が協力して立てられたシンボルの柱二本が異彩を放っていました。
金沢港クルーズターミナル (20)

2階の展望デッキからは、クルーズ船の見学や見送りなどができ、
金沢港クルーズターミナル (7)

こちらの部屋はセミナーもできるスペースとなっています。
金沢港クルーズターミナル

この中は金沢港まなび体験ルーム。楽しく金沢港や船のことが学べるスペースです。
金沢港クルーズターミナル (4)

次回は「海の食堂 BAY ARCE」に行ってみます。

金沢港クルーズターミナル
石川県金沢市無量寺町リ-65
TEL.076-225-7030
9:00~21:00(金沢港まなび体験ルーム 9:00~17:00)
12月29日~1月3日休館
入館料無料

お次は金沢城・玉泉院丸庭園と尾山神社を結ぶエリアに2020年7月18日完成した「鼠多門・鼠多門橋」について。
鼠多門

新型コロナウイルスの影響で、今回、こちらに行くために金沢市街に約5か月ぶりに行きました。

尾山神社の裏側もしばらく来ないうちに、しっかり整備されていましたね。

この完成で、金沢城公園から鼠多門・鼠多門橋を通って尾山神社、そして長町武家屋敷跡界隈までの城下町巡りルートができたわけです。
鼠多門 (3)

黒い海鼠漆喰(なまこじっくい)が特徴の「鼠多門」は、鼠多門橋側からみるとすごく立派で大きく見えました。黒漆喰が見慣れていないからでしょうか?
鼠多門 (5)

基礎となっている石垣は、元々地下に埋まっていた石を今回の再建に合わせて掘り起こして、一部再利用されていました。
鼠多門 (6)

「鼠多門」の内部も無料で見学できます。
鼠多門 (7)

こちらの写真は、2階の窓から鼠多門橋を見たところです。

ただ、新しい施設できれいですが、暑かったので早々に立ち去りました。

なお、金・土、祝前日などには、ライトアップが行われます。

皆さんも、これらの施設にまだ行かれていないのであれば、是非行ってみてください。

鼠多門
石川県金沢市丸の内1-1
9:00~16:30(最終入館16:00)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ