あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 金沢市

加賀地方は3日と4日の午前中はあいにくの雨まじりのお天気でしたが、午後からは雨もほぼ止んで天気も回復しました。

そんな昨日・今日とGW後半に行ったイベントについて書きます。

まずは金沢市をメインに北陸三県を会場に開かれている「風と緑の楽都音楽祭」。昨年からこの名前に変わりました。
風と緑の楽都音楽祭 (7)

今年のテーマはモーツァルト。

昨年はベートーベンで、昨年の様子はこちらに書いています

3日に石川県立音楽堂の邦楽ホールで「田中 泯、モーツァルトを踊る」というのを観てきました。
風と緑の楽都音楽祭 (13)

NHKの連続テレビ小説「まれ」で、桶作元治役を演じていた、世界的に評価されているダンサー・舞踊家の田中 泯さんの本物がみられるということで出かけてきたのです。
風と緑の楽都音楽祭 (3)

午前中は雨模様。でも私が金沢に着くころには雨も上がり、多くの人が石川県立音楽堂まで聴きに来ていました。

この「風と緑の楽都音楽祭」の特徴の一つが、金沢市街の色々な場所で無料の演奏を聴けること。
風と緑の楽都音楽祭 (2)

この日も石川県立音楽堂の正面、金沢駅のコンコースや、もてなしドームなどで行われていました。
風と緑の楽都音楽祭 (6)

出演者のサインコーナーも。
風と緑の楽都音楽祭 (14)

さて、田中 泯さんの踊りですが、モーツァルトの弦楽四重奏曲 第13番 ニ短調とピアノ四重奏曲 第1番の調べ(いしかわミュージック・アカデミー弦楽四重奏団)に即興の踊りをのせているのですが、体の軸がやはり素晴らしいんでしょう…?素人目にも「凄い」ということが伝わってきました。

立見もでるほどの盛況だったのですが、会場内に凛とした空気が流れていました。

ただ凡人の私には少し難しい踊りでしたね!?^^;

あと、この「田中 泯、モーツァルトを踊る」の前の時間帯に交流ホールで行われた「新垣 隆もモーツァルトを語る」というミニイベントも観てきました。こちらはチケットを持ってる人は無料ということで開場時間前から多くの方が順番待ちをしていました。
風と緑の楽都音楽祭 (12)

新垣 隆さんといえば、あの一連のゴーストライター騒動から4年経過して、いまではTVのバラエティ番組などにも出演するほどです。

最初は堅めのトークでしたが途中から面白くなって、自虐ネタまで飛びだしました。30分ほどの短い時間でしたが楽しいイベントでしたね。もちろん、作曲家でもありピアニストでもある新垣さんのモーツァルトのピアノソナタも聴きごたえがありました。

そうそう、その中でもPR?していましたが、7日(月)TBS系列で夜7時からの「密着! 血糖値72時」 にも出演されているようです。

「風と緑の楽都音楽祭」は明日5日まで。

お次は、こちらも毎年GWの季節に開催されている九谷茶碗まつりについてです。
九谷茶碗まつり (7)

加賀地方で生産されている色絵の磁器としての九谷焼は、石川県を代表する伝統工芸で世界的にも有名です。
九谷茶碗まつり (2)

昨年は、春の嵐が吹き荒れて途中で中止になりました。今年も3・4日午前中は雨風が強くて心配されましたが、私が会場に行った4日10:30頃には雨も完全にあがり青空も出てきました。

今年の茶碗まつり会場には九谷焼の特設店約50店が出店。
九谷茶碗まつり (3)

私は九谷焼窯元 上出長右衛門窯で、こちらのポップな絵柄の皿を買い求めました。
上出長右衛門 (2)

何年か前に「クタニシール」ブランドとして、伊勢丹新宿店、雑誌「SPUR」とのコラボイベントでイラストレーター Akko氏とコラボレーションしたときの絵柄のデザイン皿です。
上出長右衛門 (4)

ちなみに、上出長右衛門窯の工場では、こちらのイベントをやっています(5日の明日まで)。
上出長右衛門 (6)

こちらにも掘り出し物などお得な価格で買い求めることが出来ましたが、残念ながらサイズと絵柄で欲しいのがなくなにも買い求めませんでした。
九谷茶碗まつり (25)

その後、能美市九谷焼資料館にも立ち寄りました。
九谷茶碗まつり (10)

開館以来35年を経てはじめての大型改修が終了して、リニューアルオープンしています。
九谷茶碗まつり (12)

「九谷五彩」の紺青・朱赤・紫・緑・黄の色壁別の五つの部屋で展示室を構成していて、装いも新たに楽しむことが出来ます。展示内容も充実されています。
九谷茶碗まつり (22)

紺青と朱赤の部屋は、今の展示では写真撮影ができ、じっくり観てまわれる作りに変わっていてよかったです。

九谷茶碗まつりの期間中(5日の明日まで)は無料で見学可能です。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

マリアージュドゥファリーヌ

その1階にあるのが今日紹介します「マリアージュ ドゥ ファリーヌ 金沢店」です。

「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」とはフランス語で「粉の結婚」という意味で、1号店は三重県菰野町にあります。

辻口博啓さんといえば、調理と製菓の専門学校などを運営している経営者でも有名で、石川県内にも「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」というカフェとスイーツのお店を2店舗持っています。

こちらのお店は前にも書きましたが、その専門学校の実地研修の場としても活用されていて、生徒さんが実際のビジネスの場で腕を振るうことが出来る貴重なお店となっています。
マリアージュドゥファリーヌ (6)

店名の通りに「粉」にこだわり、金沢有機小麦の自家製粉で生地を作り、店内厨房のスペイン製の石窯で手作りで薪によって焼いています。
マリアージュドゥファリーヌ (11)

ちなみに「ル・グリル ドミニク・ブシェ カナザワ」のパンは、ここで作られています。
マリアージュドゥファリーヌ (13)

店内は広く明るく、そしてたくさんのパンや菓子類が並べられています。ただ私は夕方に行ったので、パンの種類はだいぶ少なくなっていました。店内にはイートインスペースがあって、焼きたてをその場で食べられるのはうれしいですね。。

厨房には学生さんらしいかたが働いています。
マリアージュドゥファリーヌ (15)

では私が買い求めたパンを紹介します。
マリアージュドゥファリーヌ (17)

これは私が食べた「地中海野菜&ブロッコリーのフォカッチャ(200円)」。柔らかい生地のフォカッチャでした。
マリアージュドゥファリーヌ (16)

こちらの「リュスティッククルミとカリカリベーコンチース(150円)」も少し食べましたが、本当にカリカリで美味しかったです。
マリアージュドゥファリーヌ (18)

妻は「松坂牛入りカレーナン(200円)」を食べていました。柔らかいナン生地に、スパイシーなカレーが入っていて、松坂牛という豪華さ。その割には値段もリーズナブルです。作っているのが学生さんだから?

あと、自家製の松坂牛となっていましたが、三重県のお店で松坂牛でも飼っているのでしょうか……?地産地消にもこだわりのあるお店だとウェブで紹介されていましたが、能登牛は使わないのでしょうか?などと変な突っ込みをしたくなります^^;

金沢でも一等地。このような贅沢なお店で研修ができる生徒さんはうらやましいですね。卒業後の活躍が期待されます。ご馳走様でした。

マリアージュ ドゥ ファリーヌ 金沢店
石川県金沢市香林坊1-1-1
 香林坊アトリオ1階
TEL 076-255-3219
平日7:30~18:30
土日祝8:00~18:30
売切れの場合閉店
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢はお茶文化の街ですが、コーヒーについても消費量が全国有数です。

お茶やコーヒー好きなので、和菓子や洋菓子なども自ずと消費が多くなります。

まぁ、言ってみれば「おもてなし」の文化と「見栄」の風習が根付いた土地とも言えるかもしれません。

さて、これから紹介する「金澤屋珈琲 本店」は、金沢城公園の黒門横という観光客も多く出入りするという絶好のロケーションの場所にあります。
金澤屋珈琲店 (3)

町家風の造りです。中に入るとコーヒーのいい香りがします。
金澤屋珈琲店 (6)

「金澤屋珈琲」と名付けているのは、金沢の風土の中で育てられたコーヒーを提供することを目指しているためだそうで、そのため厳選されたコーヒー豆を熟練の焙煎人の手によって煎り上げており、その豆を使いネルドリップで一杯一杯ていねいに淹れて美味しいコーヒーを飲ませてくれるお店なのです。

我々は少し歩き疲れたので、ここでいっぷくすることにしました。
金澤屋珈琲店 (9)

デッキ部分や2階にも席があって、カウンター内にも店員さんが思ったよりたくさん働いています。
金澤屋珈琲店 (5)

コーヒー専門店のようですがメニューの種類は豊富で、軽食もやっているようです。

私はお好みのケーキと日替わりのコーヒーがセットになった「ケーキセット(880円)」を頼むことに。
金澤屋珈琲店 (12)

ケーキは「加賀の紅茶ブランデーケーキ」をチョイス。でも深煎りのコーヒーに加賀の紅茶のケーキはミスマッチかな?^^;

しかしながら濃厚なブランデーケーキだったので、深煎りのコーヒーにも負けない味でしたよ。
金澤屋珈琲店 (13)

この日のコーヒーはインドネシア産のマンデリン・アチェという品種。一番深煎りの豆を使用しています。苦みもありましたがコクがあり、滑らかな舌触りで美味しくいただくことが出来ました。
金澤屋珈琲店 (10)

泡物が好きな妻のほうは「エスプレッソ・トニック」という文字に魅かれたようで、そちらを頼んでいましたが、どうもあまりお好みの味では無かったようです。私も一口飲みましたが、苦みとトニックウオーターの相性に好みが分かれるかもしれません。もう少し甘みがあればよかったかも?

ちなみに「エスプレッソ・トニック(720円)」はオーストラリアでよく飲まれているようです。

お店に入って最初あまりお客さんは居なかったのですが、だんだんと増えてきて、我々が食べ終わって出るころには、グループの方が2階席に案内されていました。人気のお店のようです。ご馳走様でした。

金澤屋珈琲 本店
石川県金沢市丸の内5-26
TEL 076-254-5411
月~金9:00~18:00
土・日・祝8:00~18:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ミシュラン2つ星を獲得している東京・銀座「ドミニク・ブシェ トーキョー」。

店名に記されているドミニク・ブシェ氏はフランス料理の世界でも有名なシェフの方ですが、そのドミニク・ブシェ氏が、石川県七尾市出身の世界的パティシエ辻口 博啓さんとタッグを組んで作ったのが「ル・グリル ドミニク・ブシェ カナザワ」です。
ル・グリル ドミニク・ブシェ

香林坊アトリオのとなり、元は北國銀行だったところを改装して、1階には後日紹介します石川県出身パティシエ辻口 博啓さんのブーランジェリー「マリアージュ ドゥ ファリーヌ 金沢店」が店舗を構えています。

辻口 博啓さんといえば、調理と製菓の専門学校も運営しているなど経営者でも有名で、こちらの2店は、その専門学校の実地研修の場としても活用され、生徒さんが実際のビジネスの場で腕を振るうことが出来る貴重なお店となっています。

ドミニク・ブシェ氏は世界的にも有名な料理人ですが、そのような運営をokしたんですね?さすが辻口さん。

こちらのお店はオープンした時から、先ほどの運営も含めて興味があったのですが、やっと行くことが出来ました。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (4)

エントランスから階段をのぼって2階に上がると、ドミニク・ブシェ氏の写真が飾られています。

のぼりきると、ビニール製の大きなカーテンが!この手のお店にしては不釣り合いです。たぶん、寒い季節は奥の店内にも寒気が流れ込んできて寒いのでしょう……?^^;
ル・グリル ドミニク・ブシェ (5)

店内はこんな感じで、写真には写っていませんが大きな窓がって外光がたっぷり。明るい店内です。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (6)

サーブする人がたくさんいました。自動ドアが開いたときに厨房の中が見えると、そちらにも多くの人が。調理と製菓の専門学校の学生が実地研修に来ているのでしょうね。

金沢の「ル・グリル ドミニク・ブシェ カナザワ」は、基本は選りすぐりのステーキを楽しむことができるというのがウリのようです。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (3)

さて今回、我々はランチタイムにお邪魔しました。ランチメニューは3種類。季節替わり?月替わりでしょうか?

その中から我々は一番ベーシックなコースのメニュー・デジュネ「ル・グリル」でお願いすることに。税抜3,000円でメインは肉か魚かのチョイスになります。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (9)

本日のアミューズからスタートです。「グリュイエールチーズを使ったグジェール」。シュー生地のようなものでチーズ風味で美味しいです。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (8)

この日は記念日イブだったので、シャンパンを2杯赤(ロゼ)白で頼み乾杯です。(各1,500円)
ル・グリル ドミニク・ブシェ (10)

こちらは季節のヴルーテで「ホタテと菜の花のクリームスープ」。ヴルーテとはフランス語で「ビロードのように滑らかな」という意味です。はまぐりのむき身が浮かんでいます。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (11)

こちらのパンはもちろん1階にある「マリアージュ ドゥ ファリーヌ 金沢店」で作られています。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (15)

フランス料理のお店ですがバターではなくオリーブオイルが出されます。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (12)
ル・グリル ドミニク・ブシェ (14)

「燻製卵とズワイガニのサラダ仕立て」は、中にズワイガニが潜んでいて、見た目にもフレンチの前菜としての華やかさを感じます。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (20)

メインは私は「サワラのプランチャ焼き サフランのソース」をお願いしました。スペインのカタルーニャ地方の鉄板焼き料理のことです。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (17)

妻のほうは「仔羊のグリエ ソースロックフォール」で、骨付きの仔羊肉をグリエ、つまり網焼きしていますね。

メイン料理はステーキがウリのお店だけあって、両方とも焼きものですね。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (21)

本日のデセールは、オレンジクレープにアイスが乗せられていました。

このデセール専門学校の生徒さんが一生懸命3名ほどで作っていました。実際にお客さんに出すということでだいぶ緊張して作っていました。でも実際のお客様に出すほうが勉強になりますよね。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (23)

最後に小菓子が出されますが、こちらも専門学校の生徒さんが作ったものでしょう?何となくわかります。
ル・グリル ドミニク・ブシェ (24)

ドリンクは私はエスプレッソ。妻はカプチーノです。オリーブオイルといい、ドリンクにもイタリアンの趣がなぜか入っていますね?

サーブの方も学生さんがいて、緊張しているのが手に取るようにわかりました。このような一流シェフが監修しているお店で彼らが実践できるということは、辻口さんの専門学校にとっても大きな付加価値になっているのだと思います。ご馳走様でした。

ル・グリル ドミニク・ブシェ カナザワ
石川県金沢市香林坊1-1-1
 国際ビジネス学院香林坊2F~3F
TEL 050-5594-8256
11:30~15:00(L.O.14:00)
17:30 ~23:00(L.O.22:00)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢「にし茶屋街」にある人気の甘納豆のお店「甘納豆かわむら」。
かわむら茶房 (28)


この「甘納豆かわむら」の2階に「かわむら茶房」というカフェがプレオープンしたということを知り行ってきました。(もう正式オープンになったのかな?)

いいお天気の土曜日でしたが、にし茶屋街はそれほどの人出ではありません。にし茶屋街に向かう前に行ったひがし茶屋街は観光客でごった返していたのですが、やはりひがしとにしでは集客力に差があるようです。

お店に到着したのが16時過ぎ。オーダーストップが16:30ということでぎりぎりセーフ。

階段をのぼって2階に上がると店内には誰もお客さんは居ませんでした。貸切です。(笑い)
かわむら茶房 (5)

そこでお店の方に了解を頂き写真を写します。
かわむら茶房 (6)

2階からの眺めもいいです。
かわむら茶房 (3)

メニュー写真撮ったのですが、上半分のピントが合っていません。右側には今シーズンより酒造りを再開した、有名な杜氏である農口直彦研究所のお酒のメニューも書かれていました。

私が頼んだのは「国造ゆずソーダ(1,000円)」。少しお高いのは4種のアミューズが付いてくるからです。
かわむら茶房 (12)

そのアミューズがこちら。1階の店舗でも売られている甘納豆や和菓子・干菓子で、一番左が羊羹のオリーブとよもぎ味。真ん中が愛媛産のブラッドオレンジ。一番右は豆で大浜の黒豆と青えんどうでした。
かわむら茶房 (18)

ゆずソーダは、ソーダと柚子果汁、まめみつが別々に出されます。ソーダに柚子果汁とまめみつを入れてかき混ぜて飲みますが、ソーダに柚子果汁は溶けないので、かくはんしつつ飲んでいきます。
かわむら茶房 (24)

ソーダの炭酸と柚子の酸味が重なって深みのある酸味となり、そしてまめみつの上品な甘みが複層的に口の中から喉に広がっていきます。後口もすっきり爽やかで美味しかったです。

肝心の柚子は、能美市の国造(くにぞう)地区で生産されている無農薬有機肥料栽培の柚子を使っています。

妻のほうは、「珠洲市の二三味の豆茶(1,000円)」を頼んでいました。

二三味とは、永作博美さん主演、佐々木希さん共演の奥能登珠洲を舞台にした映画「さいはてにて」のモデルとなった二三味珈琲の女性オーナー、二三味さんの苗字です。

実は、この大豆を栽培しているのが彼女のお父さまなのです。
かわむら茶房 (22)

栽培している大浜の大豆を使った豆茶ということで、二三味珈琲を毎度取り寄せている妻が興味を持って頼んでみることにしました。
かわむら茶房 (20)

大浜だいず、青大豆、大浜の黒豆の3種類使われていて、ほんのり香ばしい香りと味のする上品なお茶でした。
かわむら茶房 (25)

飲み終ると、急須の中の大豆を少し取り出して、能登の揚げ浜塩と一緒に出してくれます。これも美味しかったですよ。
かわむら茶房 (13)

妻のアミューズは、一番左が羊羹のメープルと濃い抹茶。真ん中がくるみの和三盆糖。右は豆で能登大納言と北海道産の白花美人でした。

なかなかこだわりのある逸品ばかりでした。

「甘納豆かわむら」のお店はここだけ。他に出しているところも少なく、ここを目的ににし茶屋街に訪れる観光客も多いと思います。これから暑くなってきたら2階でいっぷくするのもいいのではないでしょうか?ご馳走様でした。

かわむら茶房
石川県金沢市野町2-24-7
 甘納豆かわむら2F
TEL 076-282-7000
平日10:30~17:00(L.O.16:30)
日祝10:30~16:30(L.O.16:00)
毎月第一火曜休
貸切営業の場合あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ