あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 金沢市

石川県の方でTVで紹介されたひとのなか、個人的に非常に印象に残っている方がいます。

そのお一人が、イグ・ノーベル賞という「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる、いわゆるノーベル賞のパロディー版の賞を受賞した金大名誉教授の廣瀬幸雄さんです。

その賞は「ハトに嫌われた銅像の科学的考察」という研究に対して与えられたもの。当時、金沢大学の教授だったことで、へぇ、こんな人が石川県にいるんだ!と、とても印象に残っていました。

そして昨年1月11日放送の日本テレビ、所さんの「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の新春2時間SPで再度紹介されていたのを偶然観て、より記憶に残っていたのです。

そんな方に、何と!偶然にもお会いすることが出来ました。

湯涌温泉に行った時、夜のバーベキューパーティまでの空いた時間を過ごすために、近くにカフェがないかどうか探して見つけたお店「ビタルコーヒー」です。

湯涌温泉から医王山の麓のほうに車を進めること20分。どんどんと山の中に入っていきます。途中、本当にこんなところにカフェがあるのか心配になってきました。
ビタルコーヒー (15)

そうしたら突然視界が開けて、ご覧の山小屋ロッジ風の建物に到着。ここが「ビタルコーヒー」でした。

金沢のこんな山の奥にコーヒー専門店があったとは驚きでした。

家に帰ってから地図で調べたら、医王山スポーツセンターの近くで、金沢市内からはそちら側から来た方がいいみたいですね。^^;

さて、お店に入るまでは、ここが廣瀬幸雄さんのお店だとは全く知らずに、ちょうどお店が閉店間際だったときで廣瀬さんがお帰りになる所に遭遇。コーヒー好きの妻のほうが廣瀬さんのことに気が付いたのです。
ビタルコーヒー (2)

いまは引退されて、現在は金沢大学の名誉教授。77歳でした(この内容がアップされる頃は78歳になられています)。

帰り際でしたが、少しお話もすることが出来てラッキーでした。

廣瀬さんは日本コーヒー文化学会副会長なども歴任していて、コーヒーにも造詣が深いことで知られています。
ビタルコーヒー

他に疑似戸室石の開発、山中温泉と水素水の研究など、幅広い分野で研究をされていて、とても話好き。楽しかったです。
ビタルコーヒー (6)

店内には暖炉もあって、こんな山の中ですが、冬期間も営業しているということをお聞きしてびっくりしました。
ビタルコーヒー (12)

色々な分野でこだわりを持つ方なので、コーヒーもサイエンスされています。(笑い)

焙煎機の内釜に戸室石をプラズマコーティングし、よりコーヒー豆の内側からも熱が伝わり、ふっくらと豆の組織を壊すことなく仕上がる効果を持つ遠赤外線焙煎をしていたり、真空状態にした炉に水素を入れて焙煎する水素焙煎機の製造に世界で初めて成功し、酸素に触れることなく焙煎できるようにしたり、さすがイグ・ノーベル賞を受賞された方。研究熱心ですね。
ビタルコーヒー (4)

コーヒーのメニューはこちら。
ビタルコーヒー (7)

私が頼んだのは、「テアニン珈琲(500円)」。お茶の成分を含んでいるコーヒーのようです。比較的軽めの煎り具合で飲みやすかったです。
ビタルコーヒー (8)

妻のほうは「水素焙煎珈琲ブレンド(600円)」。水素焙煎珈琲と遠赤外線焙煎珈琲のブレンドです。

ちなみに100%水素焙煎珈琲は何と!1,500円でした。
ビタルコーヒー (9)

こちらはサービスで出してくれた、しば舟のようなお菓子です。

意外なところで出会いがあり、楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございます。そしてご馳走様でした。

ビタルコーヒー
石川県金沢市俵町サ甲8
TEL 076-229-0910
10:30~17:00
月曜休(祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「ハム&ゴー」は「おまめ舎」という会社が運営するカフェブランドです。


あと、「ファンタブル(FUNTABLE)」というカフェも経営していて、こちらについても私のブログで過去に紹介したことがあります。
ハムアンドゴー (7)

その「ハム&ゴー」の3号店が香林坊アトリオの地下1階にあります。

ここは、前はソニープラザだった場所で2017年1月にオープンしています。多くの人が集まる場所にあって、いつも賑わっているのを見ていましたが、今回私は、7月の真夏日の休日に金沢を歩いて、のどが渇いたのでいっぷくをしに初めて入ることにしました。

「ハム&ゴー」のコンセプトは「ちょっとすてきなひまつぶし」。
ハムアンドゴー (6)

カフェに併設された食品・雑貨・文具なども店内で売っていて、カフェそのものがライフスタイルを提案するようになっています。

お店のサービス面を含めたイメージ的にはスタバを連想させてくれるものでした。
ハムアンドゴー (5)

カフェはセルフ方式で、先にカウンターでオーダー。番号が入ったスタンドが渡されます。そして席で待っていると、お店の方が運んでくれます。水もセルフです。また、帰るときには返却口に戻すことも必要です。
ハムアンドゴー

さて、我々は暑い日だったので、コーヒーではなく冷たいドリンクを頼むことにしました。
ハムアンドゴー (8)

私は「その日のグリーンジュース(Small480円)」。本当はレギュラーサイズを頼んだのですが、ちょうどSサイズ分しかなったため、そうなりました。^^;

色々体に良さそうな素材が一杯入っていて美味しかったですよ。
ハムアンドゴー (9)

妻のほうは「自家製ジンジャエール(Reguler480円)」。さわやかな酸味もほどよく、すっきり飲みやすい味でした。

お店自体はご飯メニューも色々あって、コーヒーもハンドドリップとフレンチプレスやエスプレッソも楽しめる、使い勝手がよさそうなお店です。

大和での買い物のついでに休むのもいいのではないかと思います。ご馳走様でした。

ハム&ゴー コーヒーアンドストック 香林坊アトリオ店
HUM&GO# Coffee and Stock
石川県金沢市香林坊1-1-1
 香林坊アトリオ B1F
TEL 076-225-8018
10:00~19:30(L.O.19:00)
不定休(香林坊アトリオの休みに準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

暑い夏にはバーベキュー?と思っていましたが、最近はあまり経験していないことに気が付きました。^^;

歳とともに、あんまり暑いときには敬遠するようになってきたからかもしれないです。^^;

今回、夏の鮎とジビエパーティがあるということで、久しぶりに出かけてきました。
つばき (4)

場所は金沢市「季節料理 つばき」。昨年の新年会のときに一度お邪魔したことがあります

その時は、野菜ソムリエでフードコーディネーターのつぐまたかこさんご夫妻、クックパッドの小竹貴子さん、「食」のライターHさん、チーズシュバリエ(いまはオフィシエに昇格)のMさん、地元放送局の方などとジビエ料理を楽しんできました。もっとも、私は肉が苦手で、当然ジビエもダメ!一人寂しく飲んでいました。^^;

今回は、夏の宴ということで、川魚が主体と思っていましたが、やはりジビエ系の肉が多かったです。^^; 私は食べ物も残念ですが、車ということでアルコールも飲めませんでした。
つばき (2)

お店の場所は、湯涌温泉へと向かう道の途中に、ご覧のような古民家を改装して使っています。

お店で提供される肉や川魚は、ハンターであるご主人が山から調達してきたものが主体。野菜は近所の農家さんからの調達された、いわゆる地産地消のおいしさを愉しむことが出来ます。
つばき (6)

この日はいいお天気で、外のバーベキューコーナーで楽しむことに。しかし、暑い日に炭火の熱さが加わり、日が沈んだ後でも暑かったです。^^;
つばき (18)

メンバーは前回から小竹さんが抜けて、つぐまさんの関係の方々が追加で参加、計13名が揃いました。
つばき (20)

猟は冬期間だけですが、ちょうど前日に駆除要請があって、イノシシの大型サイズの獲物が手に入ったということで、新鮮なイノシシと鹿の肉がありました。もちろん、ご主人が仕留めた獲物です。
つばき (38)

こちらは肩ロース。
つばき (28)

鮮度抜群のレバーも焼いて食べます。食べていないので味はわかりませんが、食べた人によると臭みもまったくなくとても美味しかったそうです。臭みがないのは血抜きがポイントだそうです。
つばき (7)

私が食べたものは、前日にこちらもご主人が釣ってきた若鮎。焼くのは串に刺して別の焼き場で焼かれて出されました。
つばき (15)

これは美味しかったです。もちろん頭からガブリです。
つばき (27)

天ぷらは鮎に、野草のカンゾウ・ミツマタ・昼顔など。普段食べたことがない野草ばかりです。
つばき (30)

野菜はきれいな色のトマト。
つばき (31)

きゅうり。
つばき (39)

最後の〆として出されたのは、鮎の炊き込みご飯。上品な味付けで鮎のうま味を活かした仕上がりで、これがまた最高でした。

ちなみに、お酒のほうも色々出されていましたが、飲んでいないので割愛します。^^;

なお、今年の秋のメニューのウリはすっぽん料理になるそうですよ。

ちなみにお店は、夜は予約の一組のみとなっていますので、予約の上お出かけください。ご馳走様でした。

季節料理 つばき
石川県金沢市上中町己1-2
TEL 076-229-0010
11:30~21:30
14:00~18:00(夜は要予約)
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します「金沢製麺処」は、前は、「本町製麺所」という名前のお店でした。

近江町市場近くのお店には4年半ほど前に一度行ったことがあります

元々は大阪本町に本店がある「本町製麺所」というお店の暖簾分けで、「本町製麺所」自体は大阪黒門市場で乾物問屋を営む「山長商店」が出したうどん店。文字通りダシが決めてのうどんがウリのところでした。

お店自体も繁盛していたようにみえたのですが、だいぶ前に店名が変わったので、あれ?と思っていました。

これは推測でしかないのですが、「本町製麺所」という名前では金沢では由縁があまりないので、金沢というブランドを前面に押し出すようにしたのではないでしょうか?
金沢製麺処 (7)

この日は一人で金沢に移動して、お昼をどこでとろうか迷っていて、更科藤井さんが行列が出来ていて諦め、こちらのお店に来たらカウンター席が空いていたので入ることにしました。

店内は狭いです。カウンテー席は7人で、少し間隔が狭いです。あとテーブル席が8名かな?

お店の壁にもメニューにも、「お店のこだわり」が書かれていましたが、内容は「本町製麺所」のときと同じ。
金沢製麺処 (4)

また「ルイボスティー」が置かれているのもの同じでした。
金沢製麺処 (2)

メニューはこんな感じ。

6月末の蒸し暑い日だったので、冷たいうどんを頼みます。

加賀野菜天ぷらや、鶏天ぶっかけなどがおすすめで人気なようでしたが、私はその中から、あまりお腹に溜まらないものを頼もうということでお願いしたのは「冷し梅若布うどん(税抜730円)」。

夏向きのさっぱり系のうどんです。

ちなみに、前にお邪魔した時は「加賀野菜天うどん」を頼んでいます。

で、出されたのがこちら。
金沢製麺処 (5)

若布というネーミングからすると、もう少しワカメの量が欲しいと思いましたが、昆布のとろろのほうが量が多かったです。(笑い)

そして梅干しは前は南高梅でしたが、いまは「南高」の文字がなくなっていました。^^;

濃いめのぶっかけつゆにわさびを溶かして食べます。
金沢製麺処 (6)

うどんは熟成麺で、コシが半端なく、のど越しというわけにはいかずに十分噛んで食べる必要があります。そのため、小麦の風味を感じることが出来るうどんでした。

トータルでも美味しいうどんだったことは間違いないのですが、この「冷し梅若布うどん」に関して言えば値段は少し高めでしたね。

金沢では数少ない讃岐系のうどん店。これからも期待です。ご馳走様でした。

金沢製麺処 片町店
石川県金沢市片町1-1-18
076-254-1661
月~金
11:00~15:00
18:00~23:00(L.O.22:40)
土・日・祝 
11:00~15:45
17:00~23:00(L.O.22:40)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今年3月、石川でも1・2を争う人気の鮨職人が、惜しまれつつこの世を去りました。

全国にも名が知れた、野々市にお店がある「太平寿し」の高谷さんです。本当に残念です。

しかし、石川のちには亡き高谷さんの教えをしっかりと引き継いでいるお店が何軒もあります。

八や、あいじ河原町 一(はじめ)など、そうそうたる顔ぶれのお店ばかりです。

今日紹介します「八郎すし」も、その内のひとつ。一番若い3代目が太平寿しで修業を積んでいらっしゃいます。

場所は浅野川にかかる梅の橋のたもと。鮨屋として3代続いている金沢でも老舗の一軒です。

近くにひがし茶屋街や主計町という観光客が多く訪れる場所がありますが、徒歩3分ほど離れたこの場所は観光客もあまり足を延ばさないので、静けさが残っているろころです。

太平寿しもそうでしたが、外観はモダンで今風の造りではありませんでしたが、こちらの「八郎すし」も昭和の趣を感じさせてくれるお店です。

日曜日のランチに事前予約を入れて伺いました。

12時少し前にお店に到着。先客は居ませんでした。
八郎すし (3)

まずは2代目が我々を迎えてくれます。

いま、金沢の有名鮨店はバブルと言っても過言ではない状況で、新しいお店が次々とオープンしています。

人気店は週末や休みの日はなかなか予約が取れず、観光客が客層の中心なところも珍しくはありません。

こちらの「八郎すし」は北陸新幹線が金沢まで延伸してきた後、一時、観光客もだいぶ増えたそうですが、いまは落ち着いて地元のお客さんが中心だと話されていました。

さて、この日は最初から食べる物を決めてありました。「ゆばそば御膳(3,000円)」です。

鮨屋でゆばそばを出すのはとても珍しいですね。この点をお聞きしたら、地元の常連さんに鮨ばかりではなく他の料理も楽しんでほしかったからと、2代目は話してくれました。
八郎すし (5)

めちゃ暑い日だったので、まずはきりっと冷えたビールでのどの渇きをいらします。
八郎すし (6)

一緒に出してくれたつまみは能登のイイダコ煮。
八郎すし (7)

最初に出されたお吸い物はあさり。

そして握りです。太平寿しのように何らかの仕事がされていて、醤油につけずに食べます。

握りのほうは3代目担当です。
八郎すし (8)

まずはひらめから。

わさびがいい風味でシャリも適度な大きさ。ランチなのでネタはそれほど大ぶりではありませんがいい味出していました。
八郎すし (9)

赤イカは能登のあら塩でさっぱりと。ねっとりとした食感で甘みもありました。
八郎すし (10)

とり貝です。
八郎すし (11)

アイナメは塩と醤油で食べさせてくれます。
八郎すし (12)

ヅケは、しっかり浸かっている感じでした。
八郎すし (13)

玉子。シャリが挟まれています。
八郎すし (14)

そしてゆばそばが出されました。

加賀湯葉に茶巾寿司のようにそばを包んで、揚げて蒸してある手間がかかっているゆばそばなのです。
八郎すし (15)

そばは茶そば。茶そばを食べるのは久しぶりです。

ダシは少し甘めでしたが、もみじおろしのピリッとした風味が味を締めてくれていました。
八郎すし (16)

最後に、かんぴょうを手巻きで出してくれました。こちらはわさびを多めに使って、かんぴょうの甘さとわさびのピリッとした辛みのマリアージュ。よかったです。
八郎すし (17)

最後にはデザートも付いています。ハート形?のさくらんぼに、抹茶のういろう。

瓶ビール1本とおつまみ一種類とゆばそば御膳で締めて2名で7,300円ほどでした。
八郎すし (18)

お店から出ると、3代目がお店に前に出られて見送ってくれました。

さて、地元のお客様を大事にされるお店の考え方が、料理や鮨に生かされている感じのする安心できるお店だったと思います。ご馳走様でした。

八郎すし
石川県金沢市並木町2-16
TEL 076-231-1939
12:00~14:00
17:30~22:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ