あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 石川県


小松にある、そこそこ大きな寿司屋では、割烹など料理を楽しめるお店が多いです。

そのようなところは、昔からあって、景気のいい時代から営業しているお店が大体だと思います。

地域エリアのハレの日を祝うために、仕出しや出前もこなして、座敷があって宴会需要にも対応するというようなお店の形式ですね。
福助


今日紹介します小松市福乃宮町の「寿し 福助」へは、約7年ぶりの訪問です。

前回は夜にお邪魔していて、こちらで書いています

今回はランチタイムに訪問ですが、ランチのことは8年半前に行った時のことをこちらで紹介しています

3月のとある日曜日に予約せずに開店時間の11:30少し前にお店に到着。一番乗りでした。

こちらのお店は常連客が多いので、この日も続々とグループや家族連れ?のお客さんが入ってきました。
福助 (5)


とても立派なカウンター席です。座った目の前には、能舞台のような背景に大きな石が鎮座しています。そして車エビがたくさん泳いでいる水槽。
福助 (6)


目を右に移すと青いタグが付けられた大きな加能がにが3杯。1杯3万ぐらいはしそうな大きさでした。

「昼ランチメニュー」は3種類あって、お得な値段設定です。8年半前から値段が変わっていないので、内容で調整しているのかもしれません。
福助 (3)


ランチタイムは11:30~14:00で、土日もokというのがうれしいですね。

我々は上にぎりランチを頼むことにしました。税込みで2千円です。
福助 (8)


まず茶碗蒸しが出されます。熱々でやけどしそうでした。

そしてほどなく上にぎりが出されました。8貫で、上の段の左は赤身のように見えますが中トロでした。
福助 (11)


あとはヒラメ、ガンド?エンガワ(何の?)、甘えび、煮ハマグリ、数の子、イクラ。

私にとっては8貫ぐらいがちょうどいい量でしたが、普通の成人男性だったら少し物足りないかもしれません。
福助 (12)


ランチにはお吸い物が付いていました。左側の茶碗には歌舞伎の隈取が書かれています。歌舞伎のまち小松です。

さて、久しぶりにお邪魔しましたが、少し駅から離れている場所なので、なかなか夜に行けないのが残念です。ご馳走様でした。

寿し 福助
石川県小松市福乃宮町1-106
TEL 0761-22-2929
11:30~14:00
16:30~23:00
月曜、年末年始休(月曜が祝日場合は営業 翌日火曜休)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

石川県の北陸放送が制作している毎週水曜19時からのローカル番組「絶好調W」。

グルメブロガーとしては一応チェックしています。

そちらの、とある回で紹介されていた「あんず乃森」という喫茶店。

白山市の美川インターチェンジのすぐ前にあって、小松から北陸自動車道にほぼ並行して走る石川県の県道25号(金沢美川小松線)を通って金沢方面に向かうときに、いつもお店の前を通っていました。

今回、番組で紹介されていたので初めて行ってみることにしました。

その時の番組の中では、テイクアウト用のお弁当が取り上げられていましたが、わざわざスタジオまでオーナーの男性の方が来てPRされていましたね。
あんず乃森

だいぶ前からあるでしょう?外観や天寧は昔懐かしい雰囲気の喫茶店です。
あんず乃森 (2)

客層は、たぶん、この辺りにお住まいの方だと思われる常連さんが多そうでした。

ランチタイムにお邪魔したのですが、タバコを吸われる方がいらっしゃって、少し煙が私のところまで流れていていました。喫煙可のお店です。

ランチタイムメニューです。
あんず乃森 (4)

いわゆる喫茶店でよく見られるような洋食系の定食がメインで、丼系もあります。
あんず乃森 (3)

こちらはパスタです。

私はこの中から、番組でもおすすめだとか言っていたような気がするハンバーグ、そしてエビフライが付いた「ハンバーグ&エビフライ定食(税込850円)」を頼むことに。

しばらく待って出されたのがこちら。
あんず乃森 (5)

ハンバーグには目玉焼きが乗せられ、エビフライが2尾。それに野菜サラダと付け合わせのケチャップスパゲッティ。絵にかいたような洋食屋さんのハンバーグ&エビフライセットですね。

そして小皿2種類と漬物、味噌汁が付いています。ご飯の量は多かったです。
あんず乃森 (6)

ハンバーグにはマッシュルームと玉ねぎが入ったデミグラス系ソースがたっぷりかけられていて、半分に切るとこんな感じです。
あんず乃森 (8)

柔らかくて煮込まれたようなハンバーグでした。エビフライもそれほど大きなサイズではありませんが、揚げたてサクッとした衣の食感がよかったです。

このボリュームで850円はお得感があります。

昔は、このような喫茶店が町のいたる所にあって、どこもにぎわっていた時代を思い浮かべてしまいました。ご馳走様でした。

あんず乃森
石川県白山市鹿島町ち16-4
TEL 076-278-6203
7:00~17:00
ランチタイム11:30~14:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

加賀棒茶で知られる加賀市動橋にある「丸八製茶場」。

我が家では献上加賀棒茶のティーバッグを常備して愛飲しております。

今回、「焙茶 noma」という新しい焙じ茶シリーズを3月20日に発売したということを、知人の書家の池多亜沙子さんがSNSでアナウンスされているのを見て、翌日に早々行ってみることにしました。
丸八製茶 (2)

中に入ると、新商品の「焙茶 noma」の春バージョンが入り口付近に並べられています。

この「焙茶 noma」は、焙茶(ほうじ茶)の春・夏・秋・冬の季節ごと限定のシリーズ商品で、池多亜沙子さんがパッケージの商品ロゴ(墨象)を手掛けていらっしゃいます。

毎年6月発売の「初夏焙茶」や9月発売の「印雑焙茶 マリコロード」については、今後はnomaシリーズとして販売予定だそうです。
丸八製茶 (4)

こちらの写真は光の関係で、パッケージのミントグリーンの色合いが出ていませんね。
実生 (5)

こちらのほうが実際の色合いに近いかな?

値段はティーバッグ3g×12ケ入りで1,188円(税込)。献上加賀棒茶のティーバッグよりもお高くなっています。
実生

すぐに「焙茶 noma」を飲んでみたいと思い、店内に併設されている「茶房 実生」に入ることにしました。前回お邪魔した時のことはこちらで書いています
実生 (4)

「焙茶 noma」は「茶房 実生」の正式なメニューとしてはないのですが、2杯目のお茶として出していただけるということでした。
実生 (11)

庭を眺めながらゆっくりできます。
実生 (12)

こちらがそうです。添えられているのはメレンゲ。

「焙茶 noma」の春の焙じ茶は「優しい甘みと桜葉のような香りの余韻をどうぞ。」というのを打ち出していて、確かに桜葉のような香りで優しい甘みをほのかに感じることができます。
実生 (9)

妻が頼んだ、こちらの季節の和菓子の桜餅と、深炒り焙茶「BOTTO!」とのセットに、ばっちりの相性です。

私は、前回来た時も同じものを頼んでいますが「加賀棒茶のロールケーキ」と、高知の一番摘み煎茶「土佐 東津野」です。
実生 (6)

「土佐 東津野」は、出されるときに茶碗に継がれて出されます。そして添えられている白湯を注いで2杯目、そのあと、ポットに入れられている熱いお湯を急須に注いで飲みます。だんだんお茶の味の変化を楽しめ、渋みと甘みのバランスがいいお茶でした。
丸八製茶 (5)

ちなみに、こちらがお店のメニューですが、お茶とお菓子のセットはすべて税込500円と、だいぶ前から値段据え置きでお得なセットになっています
実生 (3)

そして、紹介する順番が逆になってしまいましたが、こちらは最初に出される水出しの加賀棒茶。すっきりとした飲み口で1杯目にはいいですね。

そうそう!東京の方は品川駅中の「エキュート品川」にショップがあります。
https://www.ecute.jp/shinagawa/shop/1219

皆さんも是非、新発売の「焙茶 noma」を試してみてください。ご馳走様でした。

茶房 実生(みしょう)
石川県加賀市動橋町タ1番地8
TEL 0120-42-4251
TEL 0761-74-2425
10:00~17:00(L.O.16:30)
水曜休(祝日の場合は木曜休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

コロナ禍で居酒屋がしんどいという話は前にも書きました。

その状況を少しでも和らげるために、小松の居酒屋でも、業態を変えたり、ランチ営業を始めるお店が増えていってます。

私のブログでは飴屋町の「いもたこなんきん」がランチを始めたということは、2か月ほど前に書いたことがあります。

また、居酒屋をやめて、煮込みうどんのお店になったところもあります。
えんや亭 (7)

今日紹介します土居原町の「えんや亭」も居酒屋で、「いもたこなんきん」にほど近い場所にあって、7年前に一度ディナーにお邪魔していて、こちらで紹介しています

その「えんや亭」が3月9日から平日ランチを始めたということで、お邪魔してきました。

街中ですが、お隣のパーキングにランチタイム時は無料で停めることが出来ました。
えんや亭 (6)

さて、「えんや亭」は、昔行ったとき能登産の塩を使った塩だれメニューをウリにしていましたが、いまでもそれは健在のようで、行ってみると入り口にこのようなボードが出されていました。
えんや亭 (2)

店内は、昔の記憶があまりないのですが、何となく小上がりがテーブル席に変わったような気がします。

ランチメニューです。
えんや亭 (3)

基本、ランチタイムはラーメンが主なようですが、サイドメニューが何点かあって、その中に入り口のボードに書かれていた塩だれを使ったチャーハンが、なんと!500円と書いてあったので、迷わずチャーハンを注文することに。家で、昔書いた内容を読み返したら、この時も締めで「塩だれチャーハン」を食べていました。当時から人気なのですね!?

えんや亭
ラーメンの麺にこだわりがあるようですね。

さらにこの日はチャーハン50円引きで、450円となっていました。素晴らしい!

出されたのがこちら。
えんや亭 (4)

味のほうは、確かに塩だれというか、醤油より塩がきいている感じです。中華料理のお店で出されるチャーハンとは味が違います。好みで違うでしょうが、個人的には好きな味でした。

ボリューム的にもちょうどいい感じで、これで500円(この日は450円)という値段がとてもうれしいですね。

欲を言えば、値段少し上げてスープを付けて欲しかった気がします。ラーメンも作っているのでできると思いますがいかがでしょうか。

さて、このコロナ禍がいつまで続くかわかりませんが、色々努力されている飲食店には敬意を表したいと思います。ご馳走様でした。

えんや亭
石川県小松市土居原町480
TEL 0761-21-9881
ランチ(火~金)11:30~14:00
ディナー
(火~木)19:00~25:00
(金・土)19:00~27:00
日曜・月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

石川県内には台湾料理のお店が何店舗もあります。

それら多くは日本人のやっているお店ではなく、中国出身の方がやっているところが多いようです。台湾出身の方も比較的少ないと聞きましたが、間違ってたらごめんなさいです。

今日紹介します「四季の味 能美店」は、そのうちの一軒です。店名は日本食の店のようですが中華です。

こちらは手取フィッシュランド前にお店があったときに一度お店の前まで行ったことがあったのですが、その時にはすでに閉店していました。

なので、もうやめたのかな?と思っていたら、ネット情報で移転したのだということを知り、改めて行ってみることに。
四季の味 能美店 (3)

能美警察署の近くにある、「カーブス」というフィットネスクラブと同じ建屋にお店はありました。

最近、この手のフィットネスクラブが相当増えていますが、そんなに需要があるんですね。健康志向ブーム恐るべし!
四季の味 能美店 (2)

入り口はこちら。
四季の味 能美店 (7)

店内は思ったより広く、座敷を含めて、最大150名、座敷100名は入れるようです。こんなに入ったとき料理のほうはスムーズに出せるのでしょうか?
四季の味 能美店 (8)

土曜日のだいぶ早めの時間だったので、お客さんは2~3割ほど。でも、食べ終わることにはだんだんとテーブル席のほうは埋まってきました。

「カーブス」に来たついでに食べていかれる方が多いのかもしれません。
四季の味 能美店 (6)

麺飯メニューです。
四季の味 能美店 (5)

こちらは料理セット。
四季の味 能美店 (4)

セットメニューです。何れもリーズナブルな値段設定です。

私はこちらのセットメニューから台湾味噌ラーメンと炒飯のセットを頼みました。セットで830円とお得な値段です。
四季の味 能美店 (9)

まず台湾味噌ラーメンが出されます。

普通の台湾ラーメンは醤油味が多く、私も過去食べた台湾ラーメンは醤油味ばかりでした。そこで今回味噌味をチョイス。

台湾ラーメンということで炒めた豚ひき肉が盛られています。あとの具材はメンマともやしです。

台湾ラーメンといえば名古屋の「味仙」が有名ですが、唐辛子の辛さはそれほどではありませんでした。
四季の味 能美店 (10)

麺は少し柔らかめに茹でられていて、こちらのほうはボリュームは普通でしたが、セットのもう一方の炒飯は、めちゃ大盛りでした。
四季の味 能美店 (11)

こちらがそうですが、私のイメージしていた量の軽く1・5倍以上はあって、案の定、3分の1ほど残してしましました。

何となく嫌な予感はしていたのですが、炒飯好きないのでついつい炒飯をチョイスしてしまいました。(^^;

私がよく行く加賀エリアのこの手の台湾料理のお店は、大体がセット物でも安い値段設定のところが多いです。経営的に成り立つところがすごいですね。ご馳走様でした。

四季の味 能美店
石川県能美市三道山町チ1-1
TEL 0761-57-3999
11:00~14:30
17:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ