あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 石川県

コロナ騒ぎの中、あまり行けなかったジャンルのお店が寿司店です。

2月に東京からの客人とお邪魔した金沢の「志の助」に行ったきり、今回4か月半ぶりに寿司店にお邪魔しました。

寿司店といっても回転寿司ですが、本当に久しぶりでしたね。
もりもり寿し (16)

行ったのはアピタ松任店敷地内にある「もりもり寿し 松任店」。

石川県では、「すし食いねぇ!」「金沢まいもん寿司」と並んで人気の三羽烏と呼ばれるところです。

しかし「もりもり寿し」は、いまどきお店でHPを持っていないので不思議です。それほどPRしなくてもお客が来るといった自信があるのでしょうか?

6月末の土曜日の11:30頃お店に到着。店内に入るとまだ席はたくさん空いていました。しかし、12時前には満席で数組の順番待ちが出来ていました。

カウンター席はイスが間引かれていてキャパが減少していることもあるのかもしれませんが、ひと頃は休日は長時間待たなければならなかったことを考えると、やはり影響はあるようですね。

我々はカウンター席に座ります。
もりもり寿し (4)

回転寿司でしたがいつも通りレーンは廻っていましたが、寿司は廻っていません。ただし元々、私はレーンに流れている寿司は食べないので関係ありませんが。^^;
もりもり寿し (5)

一応メニューがありますが、オーダーはタッチパネルで行います。
もりもり寿し

いつも通り、3貫盛りや5貫盛りを頼むことに。
もりもり寿し (2)

こちらは「北陸五点盛り(税別1,190円)」です。
もりもり寿し (7)

メニューでは、ガスエビ・梅貝・いか黒作り・ノドグロ・白エビとなっていましたが、ガスエビではなく赤イカでした。ガスエビのほうがよかったかな?^^;

いか黒作りは富山湾のほたるいかをしているのかもしれません?
もりもり寿し (8)

「まぐろ五点盛り(税別1,300円)」は、大トロ・トロ・中トロ・ネギトロ。赤身。トロ系は凄く脂が乗っていました。
もりもり寿し (15)

「かに三点盛り(税別700円)」は、ずわいの生と冷凍もの、かに味噌の3貫でした。
もりもり寿し (9)

こちらは「煮穴子(税別240円)」です。口の中に入れるとほろりととろけるような食感です。
もりもり寿し (10)

「活サザエ(税別480円)」は逆にコリッとしたちょっと固めのサザエでした。
もりもり寿し (11)

なかなか生では食べることが出来ない「真イワシ(税別280円)」はネギと生姜で。脂が乗っていました。
もりもり寿し (14)

「うにいくら(税別480円)」も頼んでいます。
もりもり寿し (13)

あと、「青のりの味噌汁(税別240円)」ですね。

以上を妻と二人で食べて一人2,700円ほど。まぁ、いいネタ中心に食べているので納得のコスパかな?

最後のお勘定の時、3度目でやっと来てくれたのは少しマイナスでしたが、ネタは新鮮で脂が乗っていて美味しかったですよ!ご馳走様でした。

もりもり寿し 松任店
石川県白山市幸明町256
 フェアモールアピタ松任店敷地内
TEL 076-259-0788
11:00~22:00(L.O.21:45)
※21:30が最終入店
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

激辛好きの人が世の中に数多くいます。

私は少し辛党なほうですが、普通より少し辛いくらいが好きで、妻の方が辛さには強いかもしれません。
竹乃家

さて今日紹介します金沢八日市出町にある「竹乃家」。

こちらのお店は、そんな激辛好きな人を喜ばせてくれるお店なのです。

さて、石川県白山市は「剣崎なんば」が名産として知られていて、毎年夏になると「KARA旨グランプリ」という激辛グルメを競うイベントなどあったりしますが、こちらのお店は2018年のゴールドグランプリを取っています。

そしてその勢いで何と!激辛グルメ日本一決定戦「京都KARA-1グランプリ2018」でゴールドグランプリしたことがあるのです。凄いですね。
竹乃家 (12)

その時のメニューがお店の外の幕に書かれていました。「とろけるパイカの旨辛丼」!
竹乃家 (5)

パイカとは豚バラ軟骨の事だそうです。つまり肉なので残念ながら私は食べることが出来ません。
竹乃家 (7)

メニューの種類も豊富なのですが、こちらは一般的なもの。他にも色々あって肉系のものが多くありました。
竹乃家 (6)

そして、こちらが昨年のお店の人気ランキング。

私はこれらはほとんどダメだったのですが、別に日替わりやサービスランチのメニューがあって「日替わりランチ(税込850円)」が、この日は「スズキのカルパッチョ」だったので、そちらとお頼むことにしました。
竹乃家 (8)

出されたのがこちら。
竹乃家 (9)

スズキのカルパッチョにはクリーム系のタレが。ご飯のおかずというより白ワインの肴といった感じです。^^;

柚子胡椒を付けて食べました。
竹乃家 (10)

小鉢に煮物が2種類付いていました。

一緒に行った人が頼んだサービス品は「豚バラとカンクン菜の塩タレ炒め丼(税込750円)」です。
竹乃家 (11)

温泉玉子を崩して柚子胡椒を混ぜながら食べていました。
竹乃家 (3)

あと、こちらのお店、マンガ喫茶にも引けをとなないようなマンガ本が多く揃っていた、お邪魔した時も一人で来られているお客さんはマンガを読みながら食事をしていました。

ランチタイムはお値段もお手頃でボリューム的ににも満足で、色々ユニークなメニューがあったり話題が多いお店で、激辛や肉好きの方にはおすすめです。ご馳走様でした。

竹乃家
石川県金沢市八日市出町27-2
TEL 076-249-5392
11:00~15:00
17:00~21:00
月曜・第3日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

街中にはひっそりとした感じで存在しているお店がそこかしこにあります。

車で通る分には気付かずに通り過ぎてしまうようなお店がありますね。

今日紹介します金沢市保古にある「Necojaraci(ネコジャラシ)」も、そんな住宅街にひっそりとあるお店です。
ネコジャラシ (14)

6月のとある梅雨の晴れ間がまぶしい日で青い空がきれいでした。
ネコジャラシ

入口が大通り側に面していないので少しわかりにくいです。
ネコジャラシ (4)

前は会社の倉庫だったところをリノベーションしていて、インテリアにもその名残りがそのまま残されていたりします。
ネコジャラシ (2)

こちらはカウンター席からキッチンを見たところ。いまカウンター席は使用されていませんでした。
ネコジャラシ (6)

ランチメニューです。ランチメニューは3種類で、メインとサラダ・ドリンクの一番シンプルな構成の「Nランチ(税別1,200円)」。それに前菜かデザートが付いた「Cランチ(税別1,500円)」。そして前菜もデザートも付いてくる「Jランチ(税別1,800円)」となっています。

我々は「Cランチ」にして、二人とも前菜をチョイスすることに。

まず最初に出された前菜がこちら。色々盛り沢山です。内容を中途半端にしか覚えていないので紹介するのは止めます。^^;
ネコジャラシ (8)

ソースがレモン系とかバルサミコとか酸味のきいた味のが多かった気がしました。
ネコジャラシ (5)

メインはこちらのリストより選びます。メインのほとんどが週替わりだそうです。

この中から私はパスタで「スモークオイルサーデンと新玉ねぎのトマトソース」を選びました。こちらは+100円となります。
ネコジャラシ (9)

トマトの酸味がきいたソースで、スモークオイルサーデンの苦みとあいまって、これまであまり食べたことがないような味になっていました。

量的にも満足できました。
ネコジャラシ (11)

グリーンカレー好きの妻は「鶏挽肉と夏野菜のタイ風グリーンカレー」をチョイスしていました。


ドリンクは普段見かけない名前の「あずき茶」を頼むことに。私はアイス、妻はホットです。
ネコジャラシ (12)

その名の通りあずきを煮出して作るお茶で、見た目はコーヒと一緒のような感じですね。
ノンカフェインで体にいい成分が色々含まれているようです。

すごくスモーキーな感じでした。

たぶん、夜には行けないでしょうが、ダイニングメニューはどんなのがあるのか興味があります。ご馳走様でした。

ネコジャラシ(Necojaraci)
石川県金沢市保古3-170
TEL 050-5872-8647
11:30~15:00(L.O.14:30)
18:00~23:00(L.O.22:00)
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県内でうどんの老舗として名があがるのは「加登長」「お多福」「中佐」など?

「加登長」は小松が発祥です。10年ほど前までは小松駅前にお店があったのですが、いまは残念ながら小松市内には「加登長」と名の付くお店はありません。現在は金沢市内に何店舗かありますね。

「お多福」は加賀地方には広くお店が点在しています。

一方「中佐」については小松市のみ、それも現在営業しているのは、今日紹介します「中佐本店」と、城南町と小松空港の2店舗ある「中佐中店」の3店舗のみとなってしまいました。
中佐本店

小松市内で製麺所を持っている「中石食品」も、元々は中佐から出たお店です。

まぁ、私が子供のころは、小松市内にあるうどん屋さんといえば出前営業が主体だったと思います。記憶では我が家御用達?のうどん屋さんは、うどんだけではなくそばや丼物などもやっていて、ある意味、準ハレの日に店屋物を取るといった使い方をしていました。

今回私は「中佐本店」に久しぶりにお邪魔して、うどんではなく丼物を食べてきたので紹介したいと思います。

丼物といえば、皆さんはどんな丼物が好きでしょうか?「牛丼」「カツ丼」「親子丼」「他人丼」「玉子丼」「天丼」「うな丼」などでしょうか?

意外と肉系のものが多いですね。

私のブログで丼物といえば定番になっているのが「木の葉丼」。肉が苦手な私は、丼物の中では、色々な材料が使われている「木の葉丼」が好きなのです。ただ小さいころは「木の葉丼」を食べた記憶はなく、社会人になってから食べるようになりました。昔から小松のうどん屋さんにもあったのかな?

今回はそんな「木の葉丼」を食べに「中佐本店」にお邪魔しました。
中佐本店 (6)

この日は13時少し前にお邪魔しましたが比較的空いていました。
中佐本店 (5)

お品書きはこちらです。
中佐本店 (4)

色々種類が多くなった感も。
中佐本店 (3)

こちらが私が頼んだ「木の葉丼」です。
中佐本店 (7)

見た目はオーソドックスなビジュアルです。昔から慣れ親しんだ木の葉丼ですね!?
中佐本店 (8)

蒲鉾、青ねぎ、シイタケ・タケノコ・すだれ麩の煮物を卵で綴じてあります。

汁はそこそこかけられていていますが、いわゆる汁ダクというほどではなく、ちょうどいい塩梅でした。
中佐本店 (9)

もちろん味噌汁と漬物も付いています。

どこか懐かしい味がする「木の葉丼」でしたね。

小さいころの昔を思い出させてくれるお店が長続きしてくれることを願っています。ご馳走様でした。

中佐本店
石川県小松市福乃宮町1丁目100
TEL 0761-22-1270
11:00~21:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


今日はそのお隣にある珈琲専門店を紹介します。
樹楽 (14)

お店の名前は「樹楽(きらく)」。
樹楽

ご主人がお一人で切り盛りされていますが、脱サラしてこちらのお店をほぼご自身で作ったという凄い人で年齢的には70代中ごろ?ご年配の男性でした。

お話をお聞きすると、お店をやりながらも自由にお暮しのようで、休みも長期間取ったりしてお店を休むこともままあるようです。

だいぶ昔からあるようですが、「ブロートルーフ ビオベッカライ」に行くまでは全然知る由もありませんでした。

今回、「ブロートルーフ ビオベッカライ」でパンを買った後で、こちらでお茶することにしました。

ログハウス造りの建物はだいぶ年季がはいっているようです。
樹楽 (8)

先ほども書きましたが、内部についてもご主人自身が作られていて、こちらのカウンターなどにも確かに手作り感がありました。
樹楽 (6)

暖炉が据え付けられています。
樹楽 (3)

メニューです。軽食もあるようですが、「ブロートルーフ ビオベッカライ」でパンを買った人は、こちらの店内で食べることが出来ます。
樹楽 (7)

私は「ヨーロピアンブレンド(税込400円)」を頼むことにしました。
樹楽 (10)

器がいいですね!?

ちょっとビターな中煎りのコーヒーで、思っていたより癖がない飲み口でした。
樹楽 (9)

妻はお店のおすすめの「スペシャルブレンド(税込400円)」。一番飲み口が大人しいコーヒーだそうです。個性があるドイツパンにも合うのかもしれません。
樹楽 (12)

サービスでこちらのみたらし団子を出していただきました。もしかしたら、もれなく付いているのかな?

こんなところにある喫茶店なので知る人ぞ知るお店だと思います。「ブロートルーフ ビオベッカライ」でドイツパンを買い求めて、その足でこちらで食べるのもオツなものかもしれません。ご馳走様でした。

樹楽(きらく)
石川県能美市松が岡5丁目30
TEL 0761-51-7207
営業時間は確認を
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ