あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 石川県

いまの白山市は平成17年(2005年)2月に1市2町5村(松任市・美川町・鶴来町・河内村・吉野谷村・鳥越村・尾口村・白峰村)の合併により誕生しましています。

もう14年半経つのですね。早いものです。

小松から白山麓方面に向かうときは、中ノ峠から鳥越に抜ける道を通るので、個人的にはそんなに馴染みのないエリアです。

今回、157号線の道沿いにあります河内地場産業センター「河内じばさん」で豆腐料理を食べに行くということで久しぶりにこのあたりを通りました。
河内地場産業センター

11;10ごろ、少し早い時間に到着しました。
河内地場産業センター (2)

センター内では旧河内村エリアの農産物や特産品が売られています。
河内地場産業センター (15)

レストランが併設されていて、営業は11時からで一組だけ先客がいました。
河内地場産業センター (3)

一番奥の2人掛けのテーブル席に座って写真を写します。窓が大きく明るい店内です。
河内地場産業センター (7)

メニューです。

色々地元で取れたり作られた食材で作られる料理を楽しむことが出来ます。
河内地場産業センター (6)

私は「数量限定」という文字に弱いので、こちらの「河内じばさん定食(税込1,130円)」を頼むことにしました。

この定食はメインの食材が豆腐です。肉や魚は一切使っていなくてヘルシーな定食になっています。
河内地場産業センター (9)

意外と早く出されたのがこちら。
河内地場産業センター (11)

特産品である「半固豆腐」を使っていて、こちらの豆腐サラダに使われているものが「半固豆腐」そのものです。胡麻ドレッシングがかけられています。

木綿豆腐ともまた違った風味と食感でした。
河内地場産業センター (10)

厚揚げも「半固豆腐」で作っているのでしょうか?
河内地場産業センター (13)

表面を見ると焼き直しているわけではなく、揚げ立てでした。薬味を乗せて醤油をかけて食べると揚げの表面のサクッとした食感と、ジューシーな中身!美味しいです。
河内地場産業センター (12)

こちらの豆腐団子は、少し甘めに煮てありました。乗せられているショウガがアクセント。中はフワフワでこちらも美味しかったです。

この定食には、豆乳が付くはずなのですが、この日はあいにく入荷がなかったのか品切れで、代わりに小さなそばソフトクリームが出されました。
河内地場産業センター (14)

でも、このそばソフトクリームもそばの風味がいい感じでした。

私が食べている間に、次から次へとお客さんが入ってきます。見た感じは地元の方が多いような気がしましたが、11:40頃には満席近くになりました。人気なのですね。

代金を支払うときに。そばに置かれていた「おからサラダ(200円)」が美味しそうだったので家に買って帰って夕飯に食べました。写真を写し忘れましたが、ポテトサラダのポテトの代わりにおからが使われているサラダです。こちらもヒットでしたよ。ご馳走様でした。

河内じばさん
(河内地場産業センター)
076-273-1190
石川県白山市河内町福岡124
11:00~14:00(L.O)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

個人的にはミシュランで星を獲得していたり、食べログアワードを受賞したお店を目指して行くことはありません。

ひねくれているかもしれませんが、値段が高かったり予約が取りにくかったりして、どちらかといえば敬遠するほうかもしれません。

実際、ミシュランで星を取っているお店は、獲得前に行ったところは別として、継続していっているお店以外では、石川県では一軒もありません。

さて、今日紹介します加賀市大聖寺の「へら亭」は、「ミシュランガイド富山・石川(金沢) 2016 特別版」で加賀市で唯一、星を一つ獲得されているのです。

当然星を取った時から気にはなっていましたが、ランチでも4千円~という情報だったので行くのをためらっていました。

今回、空いているかどうか確認するために電話したら、ランチが3,500円の設定があることがわかり、何となく得した気持ちになり、つい予約を入れてしまいました。

今回はもちろん、その一番お安い3,500円(税別)でお願いすることに。

しかし、結論を先に書くと、ランチは意外と穴場かもしれません。それはたぶんですが、ミシュラン星取得のお店としては予約を取るのに苦労しないことや、さすがに星の付いたお店なので料理についてはお墨付きだからです。それを3,500円(税別)で楽しめるのですからいかない理由なんてありません。

お店は一応、完全予約制となっています。

お店には月末のとある土曜日に妻と二人で出かけてきました。
へら亭

いつから営業されているのかわかりませんが、建物はある程度年季が入っています。写真には写っていませんが、この左側にあるお店の看板がないと、何の建物かわからないくらいで目立たないお店です。駐車場は少し使い勝手が悪い場所とスペースでした。
へら亭 (2)

こちらが入口です。

中に入ると、正面にカウンター席があって、左側に個室がありました。2階にも部屋があるのでしょうね?今は使っているのかわかりませんが。
へら亭 (3)

案内されたのは一番奥の部屋。たぶん2人用でしょうか?狭い和室でした。
へら亭 (4)

だれにも邪魔されずに、静かにゆっくり食べることが出来ます。

頼んだ3,500円のコースは、食材もそれほど高級なものを使っていませんが、やはりご主人に素材のいいところをうまく引き出す腕があるのでしょう?なかなか楽しませてくれました。

では出された料理の紹介です。
へら亭 (6)

お通し代わりで出されたのはこちら。上がもずく、下が長芋をすりおろしたものを冷菓のように成形してあります。
へら亭 (8)

次に出されたのは「稚鮎の南蛮漬け」。稚鮎のワタの苦みが心地よいです。

お刺身はヒラメ・甘えび・梅貝・マグロ。季節のミョウガが添えられていました。
へら亭 (9)

ちなみに、こちらの器は加賀市の九谷焼作家、山下一三さんの作品です。山下さんは私もよく存じ上げていて我が家でも使っています。
へら亭 (12)

こちらは焼物で出された一品。
へら亭 (14)

米ナスと牛肉に味噌で作られた田楽ソースがかけられていて、お酒が欲しくなるものでした。

こちらは酢の物として、タコに梅肉、あと魚がもう1種類使われていましたが失念してしまいました。^^;
へら亭 (15)

サラダ仕立てになっていて、オクラには小松菜のドレッシング仕立てのソースがかけられていました。

ご飯は加賀地方のお祭りの定番「柿の葉寿し」。
へら亭 (16)

乗せられているのは、鱒とクジラ。

「柿の葉寿し」に鱒は定番ですが、クジラっていうのは珍しいです。甘辛く煮てあって美味しかったですよ。
へら亭 (18)

デザートはフルーツ。
へら亭 (20)

最後にお抹茶が出されました。
へら亭 (19)

お菓子は金沢の諸江屋の「唐松せんべい」です。

これらの料理をお出ししてくれたのは、たぶん奥さまでしょう?

上品なかたで、その方が立ててくれたお茶ですね。

決して華美ではなく、しかし丁寧で堅実な美味しさの料理を味わえ、器も地元九谷焼の味のあるものを使用していて、納得できる内容でした。さすがミシュランで星を獲得されているだけありました。

ランチは予約のみですが、逆にランチが穴場でおすすめかもしれません。ご馳走様でした。

割烹 へら亭
石川県加賀市大聖寺南町ニ-56-20
TEL 0761-73-3199
12:00~14:00
17:00~21:00
年末年始※
不定休日あり
※2、3日前より要予約(完全予約制)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢の木倉町といえば飲食店街として知られたエリアですが、この周辺には昔ながらの飲食店がひしめいているディープなエリアが多数あります。

新天地、味食街などですが、その一つ「やきとり横丁」金沢の人は「やきよこ」と呼ぶ古い長屋敷の小さな飲食店街があります。

しかし、この木倉町エリア、私も昔は時々行っていました。しかし北陸新幹線が出来てからは観光客が多くて少し行くのを躊躇していましたが、今回久しぶりに行ってみることに。

いや~、久しぶりに行きましたが凄い人出でびっくり!私がこれまで見た限りでは最高の人出だった気がします。

それに、しばらく行かないうちに知らないお店がたくさんできていて、改めて金沢の人気のほどがわかりました。

さて「やきとり横丁」といっても焼き鳥屋さんはありません。(笑い)

長屋形式の飲食店街なので、どこも数名入ると満席になるような小さなお店ばかりです。
今日紹介します、ちょっと変わった名前のお店「ひげの店」。オーナーが髭さんという名前なのです。


「やきとり横丁」の一番入口のところにお店はあります。
ひげの店 (5)

ひげの店 (4)

お店の看板が変わっていました。

店内は8名ほど座ると窮屈なほどの狭いお店。我々が入店した後で3名のお客様が来られてすぐに満席になりました。
ひげの店 (2)

こちらが髭さんです。

体の調子は、とある数値が高いのを自慢するほど元気でした。マラソンも頑張っておられるようです。

この日は、昼間から飲んでいて、久しぶりにお酒を満喫していたので、一杯だけ飲んで帰ることに。

小さいお店ですがリーズナブルなワインを中心に品揃えも意外と豊富です。

私は赤ワイン、妻はロゼを。銘柄はわかりません。
ひげの店

あとチーズも頼みました。
ひげの店 (3)

色々な種類をちょっとずつ盛り合わせてくれて、それをミモレットはそのまま、他はバゲットに乗せながら食べます。

以上で2,000円を少し超えるくらい。

サクッと飲んで帰るなど、遅い時間まで空いているので、2次会以降におすすめのお店です。髭さん、お元気でお店を続けてください。ご馳走様でした。

ひげの店
石川県金沢市木倉町6-4
 やきとり横丁内
TEL 076-261-9989
19:00~27:00
日祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

パン屋さんというのは比較的新規出店しやすい業種なのでしょうか?

もちろん単に売るだけではなく、自分のところで作って売るお店のことですが、まぁ、パンを焼くオーブンがあれば出来るといえばできるとは思うのですが、それにしても石川県内でも新しいパン屋さんが色々オープンしていますね。

今年4月、尾山神社のすぐそばに新しいパン屋さんが出来ていたので行ってきました。

白い壁に小さなショップネーム。
COYA (9)

空き家だったところをリノベーションされていますが、目立たないのでパッと見、パン屋さんではないような感じです。

中に入り、了解を頂き店内を撮影しました。
COYA (5)

女性の方お二人で切り盛りされていて、オーナーの田尻さんはせせらぎ通りのひらみぱんで働いておられた方です。

小さなお店で、パンの種類はそれほど多くはありません。ハード系が主体のようでしたが食パンも。
COYA (3)

窓の外には緑が見えて、お店のパンが緑を背景にすると生き生きとして見えたのは気のせい??
COYA (4)

カヌレやレモンケーキなども並べられていました。

2階のカフェスペースは日曜日のみの営業です。我々は土曜日に行ったため営業していなかったので、写真のみ撮らせていただきました。
COYA (7)

白い壁に、窓の外に見える木々の緑が目に映えます。美味しいコーヒーを飲みながら緑を眺めてゆったりと出来る空間でしたよ。

では私が買い求めたパンを紹介します。
COYA (11)

私と妻は「いちぢくとクリームチーズ(250円)」と、
COYA (12)

「クルミとチーズ ブラックベリー入り(250円)」を半分カットして食べました。
coya1

中はこんな感じです。左が「クルミとチーズ ブラックベリー入り」で、右が「いちぢくとクリームチーズ」です。

「クルミとチーズ ブラックベリー入り」は、クルミもたっぷりで小麦の風味を楽しめるパンでした。美味しかったです。
COYA (10)

娘には「とうもろこしのぱん(200円)」を買いました。

こちらは見た目は柔らかそうな感じのパンでした。

人気のお店で10時からオープンしていますが、売切れ次第閉店なので、お好みのパンがある場合は早目に行かれたほうがよろしいかと思います。ご馳走様でした。

COYA.
石川県金沢市尾山町13-2
TEL 076-222-5271
10:00~なくなり次第終了
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢で地ビールのお店が増えています。

さきがけは広坂ハイボールの元氣さんが始めた「香林坊ジビルバ」。

その後、ジビルバから独立した「Futa's」など何店舗か金沢にあります。

今日紹介します「オリエンタルブルーイング」は、地元金沢でクラフトビールの醸造所を経営している会社が出しているお店で、この3月に市内3店舗目の金沢駅店をオープンしています。
オリエンタルブルーイング

この日は香林坊店にお邪魔しましたが、あとひがし茶屋街入口近くにもお店があります。
オリエンタルブルーイング (2)

香林坊店は北國新聞のお隣の雑居ビルの1階にあるのですが、少し目立たない感じでした。
オリエンタルブルーイング (13)

店内はパブのようなカジュアルな雰囲気でカウンター席とテーブル席は大きなテーブルが中心に置かれていて、窓や壁際が4人掛けの席になっていました。
オリエンタルブルーイング (11)

お店ではこの日、こちらのメニューに書かれている自社醸造のクラフトビール5種類と、黒板に書かれている他社の3種類のビールを楽しむことが出来ました。

直性の醸造所が金沢市の奥座敷、湯涌温泉にあって、金沢に馴染みの素材を使って面白い地ビールを製造しているのです。

今回妻と二人でNo.1~4までを飲み比べしてみることに。(金額はすべて税別)
オリエンタルブルーイング (9)

「加賀棒茶スタウト(700円)」は、いまでは全国的にも名の通ったお茶「加賀棒茶」の香ばしい風味を楽しむことが出来る黒ビールです。酸味もほどよくコクがありました。
オリエンタルブルーイング (14)

「湯涌ゆずエール(700円)」は、醸造所がある湯涌で栽培したゆずを使用したエールビール。さわやかな風味を楽しめます。
オリエンタルブルーイング (15)

「きまビール(700円)」は山椒の香りが隠し味になっていてスパイしーな風味のするビール
オリエンタルブルーイング (8)

「シングルホップシトラ(700円)」は柑橘系のホップのシトラのみ使った、苦みが心地よい爽やかな味でした。

なお、これらはテイクアウトも可能です。
オリエンタルブルーイング (6)

おつまみで頼んだのは、こちらは「加賀野菜ピクルス(400円)」。
オリエンタルブルーイング (10)

酸味もほどよく美味しかったのですが、ネーミングが加賀野菜となっていましたが、加賀太きゅうりはわかりましたが、あとは加賀野菜なのでしょうか?わかりません。

打木赤皮甘栗かぼちゃに見えたのはニンジンだったし、紅芯大根のようなのは加賀野菜にはありませんよね??まぁ、あんまり固いことは言いませんが……。^^;
オリエンタルブルーイング (12)

こちらは黒板メニューに出ていた「カリーブルスト(550円)」。ドイツ料理で、ブルストはドイツ語でソーセージの意味ですすが、焼いたソーセージの上にケチャップとカレー粉をまぶしただけの単純な料理でした。さすがドイツ料理!ビールのアテには合いましたね。

オリエンタルブルーイングの醸造所で作られているクラフトビールは、どれも個性があって美味しく飲めるものばかりでした。

それにこちらは昼間から営業しているので、のどが渇いたときなどふらっと入ってビールを昼飲みすることが出来るのもいいですね。ご馳走様でした。

オリエンタルブルーイング 香林坊店
石川県金沢市香林坊2-4-26
TEL 076-256-0776
月~金,祝前日16:00~23:00(料理L.O.22:30 ドリンクL.O.23:00)
土12:00~23:00(料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 23:00)
日,祝日12:00~22:00(料理L.O.21:30 ドリンクL.O.22:00)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ