あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 石川県

私は田上にあったお店を昨年の9月10日に紹介しましたが、その2週間後に火事でお店が焼けてしまいました。

田上あたりでは人気のパン屋さんで老若男女色々な世代の人から喜ばれているパン屋さんでした。

原因等は知りませんが、さぞかし残念だったでしょう!?

そんなことで、心機一転?移転先として選んだのが野々市市。1月13日にオープンされています。
ハニーポット

行ったのは1月25日の土曜日。オープンからまだ2週間も経っていないころでした。

この場所は同じパン屋さん「フレッシュベーカリー エッセン」だったところです。
ハニーポット (7)

「フレッシュベーカリー エッセン」を営んでおられたのはご年配のご夫婦でしたので引退されたのでしょうね?

前の田上の「ハニーポット」のときは大きなお店でイートインコーナーもあったので、それに比べたら小さなお店です。

店内は居抜きで使われています。
ハニーポット (3)

12時半ごろにお邪魔したら、何と!ほとんどパンが売切れでありません。

空になったところに値札が置かれていたのを見ると、朝から多くの種類のパンを焼いているようですが、12時半で売切れということで、オープン以来人気が続いているようですね。
ハニーポット (5)

残っていたのが、こちらの「丸太ブレッド・レーズン(税別270円)」と、あとは食パン系ばかり。

どうしようかと思ってお聞きすると、「野沢菜おやき」があと数分で焼き上がるということで待つことにしました。
ハニーポット (6)

出来立てほかほかの状態で2個買ってきました。
ハニーポット (9)

カットするとこんな感じです。こちらは私と娘が食べました。

「丸太ブレッド・レーズン」は妻が食べ、甘さほんのりソフトなパンだったようです。

さて、お店としても色々大変だったでしょうが新しい土地で心機一転、美味しいパンを作り続けていただきたいと思います。ご馳走様でした。

ハニーポット(honey pot)
石川県野々市市新庄5丁目52
TEL 076-246-3545
7:30~18:00(なくなり次第)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します白山市の「味吉亭(ミヨシテイ)」。


洋食のお店は最近紹介していないと気付いたこともあって、先月に一人で食べに行ってきました。
味吉亭

郊外店ですが、駐車場がお店の前にしかないのかわかりませんが、2台で満車でした?

少し離れた場所に車を停めて向かいます。

外観は年季が入った昔ながらの洋食屋さんといった趣。

店内も同じです。
味吉亭 (4)

カウンター席とテーブル席、そして小上がりの席もありました。

ご年配のご夫婦が切り盛りされています。

先客は二組。その後お店に来られたお客さんも見ると地元のお客さんばかりのようでした。地元の?常連のかたに人気なのでしょうね?
味吉亭 (2)

私は一人だったのでカウンター席に座ってメニューを見ます。
味吉亭 (3)

洋食屋さん定番の品が並んでいます。

日替わりの定食がありましたが、この日は焼肉とミンチカツだということで諦め、再度メニューを見渡します。

その中から私はナポリタンスパゲッティ(700円)を頼むことに。

待つこと数分。
味吉亭 (5)

熱々に熱せられた鉄板の上に乗せられて出てきました。鉄板を見ると使い込まれている感じです。
味吉亭 (6)

ナポリタンスパゲッティはケチャップがたっぷりの濃厚な味でしたが、どこか懐かしい味です。

途中で口直しにタバスコと粉チーズをかけて完食しました。

アットホームな感じのお店で、これからも末永くお元気でお店を続けてほしいと思いました。ご馳走様でした。

味吉亭(ミヨシテイ)
石川県白山市熱野町イ52-8
TEL 076-273-2823
11:00~14:30
17:00~20:30
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

「福喜寿司」といえば「つるぎ福喜寿司」を思い浮かべる人が多いかもしれません。

また、私のブログで紹介したことがある「まっとう 福喜寿司」というお店もあります。

ちなみに「まっとう 福喜寿司」のご主人は「つるぎ福喜寿司」で働いていた方が独立して作られたお店です。

そして今日紹介するのが能美市の「福喜寿司」なのです。

これら3軒は資本的なつながりはありません。

残念ながら事故で亡くなられた「つるぎ福喜寿司」の先代のご主人と、能美市の「福喜寿司」のご主人が同期で、お二人とも金沢にあった「福喜寿司(現在の香林坊東急スクエア裏)」で兄弟弟子として修業されていたようです。

さて、こちらの「福喜寿司」のご主人は能登出身で、いまは息子さんが跡継ぎで一緒に切り盛りされていました。
福喜寿司

お店は能美根上駅からも近い場所にあります。立派な造りです。
福喜寿司 (5)

伺ったのは1月のとある日曜日のお昼。お店の前の駐車場は1台分のみ空いていて後は満車。これは一杯か!?と思い店内に入ると、団体のお客様がいらっしゃったようで、カウンター席や小上がりの席は誰もお客さんがいませんでした。
福喜寿司 (4)

お店自体は、加賀地方の昔ながらの寿司店のように、割烹を兼ねたようなお店で、寿司だけではなく色々な料理を楽しめるお店になっています。
福喜寿司 (3)

ランチメニューは、基本は普通のにぎり(税別1,600円)と上にぎり(税別2,700円)、そして盛り合わせ寿しと上盛り合わせ寿し(税別2,400円)の4種。

我々は上にぎりを頼んだつもりでしたが、お勘定のときに値段を確認すると上盛り合わせ寿しが出されたようです。

でも結果的には上盛り合わせ寿しでも満足でした。
福喜寿司 (8)

まず出されたのはこちらの4貫。甘えび、ヒラメ、イカ、中トロ。
福喜寿司 (9)

続いてカニとうなぎ。
福喜寿司 (11)

軍艦でウニとイクラ。
福喜寿司 (12)

最後に細巻で、うなきゅうとエビ明太だったかな?
福喜寿司 (10)

きのこと豆腐のすまし汁が付いていました。

基本的には、この地で昔から出されている握り寿司でネタ的にもオーソドックスなものばかりでしたが、逆にそれが安心できました。

カウンター席でご主人とも色々お話しながら食べることが出来て、家族経営ってこともあってアットホームな雰囲気のお店でしたね!ご馳走様でした。

福喜寿司
石川県能美市大成町リ-96-1
TEK 0761-55-1166
11:30~14:00
17:00~23:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

一昨日紹介しました「金剱宮」と「みよしの」に行った帰りに、翌日のパンを買い求めに行きました。
あさひ屋ベーカリー

「手作りパンの店 あさひ屋ベーカリー」は、我が家では過去何度も利用しているパン屋さんですが、前回は一昨年の11月にお邪魔してから1年2カ月ぶりくらいにお邪魔したことになります。少し間が開きました。

こちらのお店は人気のお店で、鶴来の街中でも一番のパン屋さんだと思います。

何せ干しぶどうから抽出した酵母菌を発酵させたものを使って作るパン生地がとても美味しくて、そしてハード系から蒸しパンまで品揃えが豊富なので、小さな子供から、我が家のようなおばあちゃんがいる家庭でも、家族全員の分を揃えることが出来るのがうれしいのです。
あさひ屋ベーカリー (2)

お邪魔したのは土曜の13時ごろ。多くのパンが並んでいました。回転が早いので何度も焼いているのでしょう?

店内にはイートインコーナーがあり、その場でドリンクを一緒に頼んで食べることが可能です。

私は「半熟たまごのキーマカレーパン(値段はすべて税込表記238円)」。スパイシーなキーマカレーでした。
あさひ屋ベーカリー (12)

普通揚げパンだとあまり感じることがない生地の美味さを感じることが出来ます。
あさひ屋ベーカリー (8)

あと蒸しパンで「いちぢくくるみ(194円)」を妻と二人でシェアしています。
あさひ屋ベーカリー1

これらを半分に切るとこんな感じです。

いちぢくはドライいちぢくの白ワイン漬けを使用していました。うどん粉を使っている蒸しパンで弾力抜群。こちらも美味しいです。
あさひ屋ベーカリー (10)

妻はあと「4種のチーズとくるみとはちみつのピザ(302円)」も食べています。
あさひ屋ベーカリー (9)

娘には「クリームチーズベーコンエピ(270円)」。人気のエピのようです。
あさひ屋ベーカリー (11)

母には蒸しパンの「なると金時(194円)」です。焼き上がったばかりのを買い求めることが出来ました。

やはり、わざわざ鶴来まで買に行く価値があるお店です。ご馳走様でした。

手作りパンの店 あさひ屋ベーカリー
石川県白山市鶴来本町1-ワ-59
TEL 076-272-4224
8:00~18:00
日・月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

加賀市にある「元気コミュニティー かぼちゃ村」には、同じグループ内の飲食店が並んで営業しています。
ラ・ヴィーヴ

欧風料理の「ラ・ヴィーヴ」、和食・居酒屋の「いちごいちえ」、カフェ「村カフェ アレコレ」、ケーキ・洋菓子の「ア・ポワン」などがあって、どこも人気のお店となっているのです。

私は特にビストロ「ラ・ヴィーヴ(La Vieve)」に行くことが多く、前回お邪魔した時のことはこちらで書いていますが、今回約3年ぶりの訪問となりました。

店内は多くの座席があるのですが、週末はいつも一杯。とても人気のお店です。実は今年の正月に行こうと思って電話したら満席で断念したことがありました。
ラ・ヴィーヴ (4)

久しぶりに店内の様子を撮影しました。
ラ・ヴィーヴ (7)

カウンター席からは裏の緑を眺めながらゆっくり食べることが出来るので、我々はカウンテー席に座ることが多いです。
ラ・ヴィーヴ (6)

ランチメニューです。
ラ・ヴィーヴ (8)

プレミアムランチは前からあったかな?期間限定となっていますね。

このランチメニューの中から私は「アルモランチ(税別1,600円)」。妻は「グルメランチ(税別2,200円)」を頼みました。

「アルモランチ」はサラダ・本日のスープ・メイン・ライスかパン・ドリンクという構成。
 
メインは、「鶏もも肉のコンフィ 生姜の和風ソース」か「鮮魚のオーブン焼き 季節野菜のソース」から選ぶことがきました。
 
ラ・ヴィーヴ (9)
最初に出されたサラダ。
 
ラ・ヴィーヴ (11)
本日のスープはカボチャーのポタージュ。甘くて美味しいです。
 
ラ・ヴィーヴ (13)
パンは自家製フォカッチャ。適度な塩気とオリーブオイル&ローズマリーの風味。好きなタイプのフォカッチャです。
ラ・ヴィーヴ (14)

メインは「鮮魚のオーブン焼き 季節野菜のソース」を頼みました。身が厚くジューシーに焼かれていました。
ラ・ヴィーヴ (17)

ドリンクは紅茶です。
 
妻の頼んだ「グルメランチ」のほうは、好きな組み合わせで楽しめるコースになっていて、地元食材のオードブル盛合せ・本日のスープ・自家製フォカッチャかライス・パスタ・メイン・デザート・ドリンクという豪華版。

「アルモランチ」と「グルメランチ」の値段は600円しか違わないので、「グルメランチ」のほうが相当お得な感じがします。
ラ・ヴィーヴ (10)

まず最初は「地元食材のオードブル盛合せ」が出されます。色々バラエティに富んでいますね。右上に見えるのは白子のフリット!濃厚でした。

スープとフォカッチャは私のと同じ。

パスタは、「香箱のトマトクリームソーススパゲッティ(+300円)」「生ハムとジャガイモのガーリックスパゲティ」「あさりのトマトソーススパゲティ」からチョイスできますが、ここは「ラ・ヴィーヴ」のスペシャリテと言っても過言ではない「香箱のトマトクリームソーススパゲッティ」を選ぶべきでしょう!?300円の追加料金がかかりますが。
ラ・ヴィーヴ (12)

出されたのがこちら。

私も少し食べましたが、香箱の身、内子と外子、ミソのうま味がソースに全部出ていてとても美味しいです。

行ったのは1月中旬で、すでに北陸では香箱漁は終わっていましたが、漁の期間中にある程度の量を仕入れて冷凍?もしくはまだ漁期間中の新潟産を使っているのでしょうか?

ちなみに香箱が終わると渡り蟹に変更になります。前回はそれを食べています。
 
ラ・ヴィーヴ (16)
メインは「牛ロース肉のステーキ100g(+200円)」「鶏もも肉のコンフィ 生姜の和風ソース」「鮮魚のオーブン焼き 季節野菜のソース」の3つから選ぶことが出来て、妻は「鶏もも肉のコンフィ 生姜の和風ソース」をチョイスしています。
ラ・ヴィーヴ (18)

そしてデザート盛り合わせです。
 
ドリンクはコーヒーを頼んでいました。

いつもながらの人気店は安定の内容と味の良さ、ボリューム。安心して楽しむことが出来ますね。ご馳走様でした。

ラ・ヴィーヴ(La Vieve)
加賀市片山津温泉丁12-1
 かぼちゃ村ビル
TEL 0761-74-8566
11:30~14:30(L.O.)
17:30~22:00(L.O.)
火曜休(カレンダーによって変更有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ