あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 石川県

私のブログでも2回ほど、関係する飲食店を紹介していますが、社会福祉法人佛子園グループは色々なことをやられています。

私のブログはグルメブログなので、前回は「三草二木 行善寺」というそば屋さんについて書いていますが、それ以外にも温泉、牧場、ビールレストランなども。

さて、今日はその社会福祉法人佛子園グループがやっているカフェ「美川37カフェ」について書きたいと思います。
37cafe (12)

実はJR美川駅を維持管理しているのが社会福祉法人佛子園で、日本初の社会福祉法人による駅舎の管理なのだそうです。

つまり佛子園グループとして、この美川駅の「美川37カフェ」をはじめ、色々な飲食関係の施設の運営を福祉施設が受託しているということです。

今回、JR美川駅を利用するのは初めて。と言ってもJRを利用したわけではなく車で行きました。

駅前の駐車場に車を停めて、駅の2階に上がります。

駐車場から駅舎までは2階部分で赤い橋でつながれていますが、冬期間は使用できませんでした。それにしても、この橋は必要だったのでしょうか??^^;
37cafe

1階部分は駅になっています。2階にも広いスペースがあって、その半分ぐらいの広さのエリアが「美川37カフェ」となっています。こちらもとても広いですね。もともといまの駅舎が出来た時は「ふるさと館」というコミュニティ施設だったようですが。
37cafe (6)

ちなみに店名の「37」は「みんな」という意味です。
37cafe (5)

店内に入ると思っていたよりいい家具使っていました。
37cafe (4)

メニューはこんな感じです。美川や白山市の食材を使ったオリジナルなメニューもあったりして面白いです。

私も実は、味噌だれの美川おでんを食べてみたいと思っていたのですが、なかったので諦めました。
37cafe (13)

お店はセルフサービスになっていて、食券を買うのですが、食券機が奥のほうにあって初めての私は最初気が付きませんでした。
37cafe (2)

入口のほうにはレジがあって、最初はこちらでオーダーしようとしました。

その時に「ハーフ&ハーフカレー」というメニューの掲示があったので、そちらを頼もうとしたら、食券機には登録がされていなくて、結局、入口のほうのレジでオーダー。

しばらく待って受け渡しカウンターの取りに行ったのがこちら。
37cafe (7)

ハーフ&ハーフカレーは何れも単独メニューにある「タイ風イエローカレー(400円)」と「キーマカレー(400円)」の合いがけとなっています。

単品で400円という値段もそうですが、「ハーフ&ハーフカレー」も500円という値段はうれしいですね。
37cafe (9)

イエローカレーのほうは、ターメリックとココナッツクリーム、そしてスパイス類もきいていてスパイシーなカレーでした。
37cafe (10)

キーマのほうも、本格的な感じのする味で美味しかったです。

小松の西園寺のらっきょうも添えられていますね。私はそれほどらっきょうは好きではないのですが、これは食べやすかったです。

駅にあり、朝は7時から営業。夜は20時までやっているということで、JR利用者にとっては便利なお店だと思います。

カフェ単独では経営的にはどうなのかわかりませんが、美川駅を維持管理していることも合わせて考えると、面白い試みでとても価値があることではないでしょうか?ご馳走様でした。

美川37カフェ
石川県白山市美川中町ロ221-1
 JR美川駅2F
TEL 076-278-7788
7:00~20:00
無休(お盆・年末年始のみ休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

沖縄に出かけるとき、小松空港から飛びましたが、その時にちょうどお昼を空港でとることとなり、久しぶりに「中佐中店 小松空港店」に入りました。
中佐中店 (5)

小松といえば「小松うどん」がご当地グルメとして認知されつつありますが、残念ながら全国的な知名度はいま一つです。

ここ「中佐中店」は小松のうどん店の中でも、1,2を争う人気店ですが、本店で食べることが出来る「うどん鍋」が人気の品。この「うどん鍋」は本来の「小松うどん」とはちょっと違ったうどんです。

こちらの空港店は、場所柄スピードが要求されるため、「うどん鍋」メニューはありません。

メニューには蕎麦もありますが、何れも素早く出すために一度湯がいてある麺を温めなおして、トッピングを乗せて出す種類のものがほとんどです。

全国的に認知された、きつねや天ぷらなどのうどんもありますが、小松を題材にして作られたうどんが人気です。

それは、小松は歌舞伎「勧進帳」の舞台として有名ですが、その主役の3人のうちの2人、義経と弁慶の名前にちなんだうどんです。

ちなみに「義経うどん」には蟹身・とろろ・鰹節・温泉たまご・ネギ・刻み海苔。「弁慶うどん」にはなめこ・とろろ・大根おろし・ネギ・刻み海苔が入っています。

私は「義経うどん(940円)」を頼みます。冷たい「義経うどん」もあって、こちらは980円でした。
中佐中店 (2)

「義経うどん」。本当に久しぶりに食べました。というか過去いつ食べたのかも記憶がありません。

「弁慶うどん」についてはだいぶ前に食べて紹介したことがありますね。

オーダーしてからしばらくで出されます。
中佐中店 (3)

とろろはサラッとしたタイプ。カニ身は、紅ズワイのようですね。缶詰のを使っているのでしょうか?

冷やしのうどんを使った「カニ味噌うどん」のほうも年中設定があります。
中佐中店 (4)

肝心のうどんは小松うどんの特徴である、柔らかくてモチッとした食感が残り、ダシのうま味をすって美味しくなるうどんです。

そのため、澄んだダシが命ですね。私も小さい頃から慣れ親しんだ味でホッとできます。
中佐中店

こちらが、一緒に行った人が頼んだ「きつねうどん(550円)」。

出張の行く前に小松の味をしっかり舌に焼き付けていきました!ご馳走様でした。

中佐中店 小松空港店
石川県小松市浮柳町ヨ50
 小松空港ターミナルビル2F
TEL 0761-21-7534
7:00~19:35
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

片山津温泉のご当地グルメに「片山津バーガー」というハンバーガーがあります。

「片山津温泉の高濃度の塩泉で作った温泉卵を使うこと」が唯一の条件なので、比較的緩めの条件設定です。

私のブログでも何軒か紹介していて、過日も片山津の総湯の2階「まちカフェ」において「イタリアンまちバーガー」を食べた内容を紹介していますが、こちらも温泉たまごは別に添えられているだけで、ハンバーガー部分は何もしばられていないのです。「片山津バーガー」の特徴は何なのか!?少しぼやけた感じにも思えます。
ブッチャーズクリーム (19)

今日紹介する「BUTCHERS CREAM(ブッチャーズクリーム)」もハンバーガーをウリにするお店ですが、「片山津バーガー」ではありません。

お店の名前が個性的ですが、東京練馬の大泉学園に「ブッチャーズテーブル」というハンバーガーのお店がありますが、関係あるのでしょうか?ハンバーガーのビジュアルが非常に似ていますが……。

あと、お店の名前の「クリーム」とは、アイスクリーム(ジェラート)も品ぞろえが豊富なことに由来しているのかもしれません。

伺ったのは昨年のクリスマス休みのときで、予約せずに行ったらだいぶ混んでいました。

幸い、カウンター席が空いていたのですぐに座ることが出来たのですが、オーダーしたものが出されるまでに相当時間がかかりました。
ブッチャーズクリーム (4)

内装は白を基調としたカジュアル。明るくきれいなお店です。

基本はハンバーガーとジェラートがウリなのですが、もちろんそれ以外にもメニューはあります。単品のご飯ものではロコモコやタコライスもありました。

ランチタイムはハンバーガーにサラダもしくはスープ、そしてドリンクとジェラートがついてくるセットと、ランチプレートの設定がありました。

ハンバーガーの種類は、よくある種類の設定が多く、いわゆる定番で勝負です。

私はその中から一番シンプルで定番の「ハンバーガー」をオーダーしました。一番安い「ハンバーガー」でも1,000円ということで、最初少し高いと感じましたが、パテやバンズなどの食材へのこだわり、オーダーが入ってから炭火で丁寧に焼く調理方法、そしてサラダもしくはスープ、ドリンク、ジェラートが付いていることを考えると、決して高くはありません。
ブッチャーズクリーム (9)

添えられているポテトフライもオーダーが入ってから揚げられているので熱々。
ブッチャーズクリーム (10)

そして私はスープではなくサラダにしています。

パテはステーキ肉100%を使っていますし、バンズは、同じ片山津にある「ヒラクベーカリー」のを使用しています。
ブッチャーズクリーム (13)

バンズが少し焦げ過ぎだったのはご愛嬌です。しかし高さ20cmはあるかな?インスタ映えするビジュアルです。
ブッチャーズクリーム (14)

ハンバーガー用の紙袋に包んでガブリとかぶりつきます。

最初は何もつけずに食べます。パテは肉汁溢れる感じでいい具合に焼かれていてジューシーです。

レタスのシャキッとした食感と厚切りのトマトの酸味が加わってとても美味しいです。
ブッチャーズクリーム (6)

その後、トマトケチャップとマスタードをかけて食べます。
ブッチャーズクリーム (15)

お腹も十分膨れました。
ブッチャーズクリーム (8)

ドリンクは、コーラや果汁系のジュース、コーヒーなどからチョイス出来ました。私はジンジャーエールです。
ブッチャーズクリーム (18)

ジェラートは、この中から選べましたが、私はシチリアピスタチオにしてみました。
ブッチャーズクリーム (17)

片山津エリアも、こちらのお店がオープンしたことでハンバーガー競争が激化しそうですね。どのお店も頑張ってほしいと思います。ご馳走様でした。

BUTCHERS CREAM(ブッチャーズクリーム)
石川県加賀市潮津町ロ9-1
TEL 0761-80-9017
11:30-23:00(L.O. 22:00)
いまのところ不定休
(火曜日や水曜日が休みのことが多いそうです)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

発酵食品が人気になって久しいですが、日本で発酵食品といえば糀(こうじ)のパワーが欠かせません。

糀からは、清酒・味噌・醤油・甘酒・みりんなど、我々の食生活に欠かせない調味料が数多く作られて、それらを使って美味しい料理の数々が生み出されてきているのです。

この発酵食品ブームは、世の中の健康志向の高まりとともに起こったものだと思いますが、日本人は昔から大切にしてきた食文化とも密接に結びついています。

寒い地域の冬の間の一定期間保存がきく食品としても重宝され、北陸に住む私たちが栄養を補給するためにも大切なものであったと思います。

北陸地方では、冬の野菜の代表格である大根を使った「大根ずし」が家庭でよく食べられていましたし、いまも食卓にはよく登場すると思います。

同じようなものに、有名な「かぶらずし」がありますが、こちらは大根の代わりにかぶらを使っています。しかし、「かぶらずし」は値段的にも高く、贈答品として使われる食品として認知されています。福岡のめんたいこと同じですね。

昨年のシーズン初めのころは、このかぶらが不作のようで、ただでさえ高い「かぶらずし」がさらに高値になっていて、我々庶民の口には入らなくなっていたようです。

さて、今日の本題のお店「リード(REED)」は、能美市の根上総合文化会館「タント」の近くにある焼き肉屋さんです。
リード

私もずいぶん前から知っていましたが、何せ焼き肉屋さんということで行く機会がありませんでした。
リード (2)

大きなお店で、このあたりでは人気のお店なのでしょう?

ここは、通常はランチ営業はしていないのですが、冬の期間だけ「能美糀づけ大根ずしラーメン」のみのメニューでランチ営業しています。

では、なぜ焼き肉屋さんが「能美糀づけ大根ずしラーメン」というラーメンをメニューに加えるようになったのか!?
リード1

それは、「能美・大根ずしラーメン研究会」というのがあって、能美市の広見製麺所、高橋糀店、そして「リード(REED)」の3つの異業種業者が中心となって、このラーメンの開発にこぎつけたのです。
リード (5)

このラーメンには色々なこだわりがあります。
リード (8)

小麦粉を使わず米粉で、つなぎに加賀丸いも入りを使った麺。またラーメンでは卵を使うことも多いのですが、それも使わず、いわゆるグルテンフリーな麺になっています。中太でモチッとした食感が特徴です。

スープは、鶏がらベースで醤油・かつお節・昆布の和風だし。澄んだ味です。
リード (7)

そしてトッピングとして、自家製の大根ずしが少し小さく切られた状態でそのまま乗せられています。

あと白髪ネギとユズも加わって、全体として調和のとれた味になっていました。確かに糀で旨みを増した大根ずしが加わることによって、スープの甘みもほんのり出て美味しかったです。何となく少し韓国料理のクッパのスープのような味です。焼肉店だからでしょうか?

そうそう!運ばれる時に「器が熱いので気を付けてください」と言われましたが、本当にグツグツ煮立った状態で出されました。大根ずしという冷たい食材を乗せるためにラーメンが冷めないための工夫なんですね。

これで770円は納得の値段です。あと、230円プラスすると残ったスープにご飯を入れてオジヤにしてくれます。私はラーメンだけでお腹がふくれたので頼みませんでした。

地産地消で作られる「能美糀づけ大根ずしラーメン」は、2月末まで提供される予定です。皆さんの是非一度食べに行ってみてください。

これを能美市のご当地グルメとして認定して、市内のラーメンを提供するお店でも出したらいいのでは?と思いました。ご馳走様でした。

リード(REED)
石川県能美市大成町2-82
TEL 0761-55-4552
ランチ11:30~14:00
※ランチは冬季限定
17:00~24:00(L.O 23:30)
火曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

まず最初は、山中にある人気のパン屋さん「山羊パン」に久しぶりに行きました。

人気のお店で、Facebookなどでは早い時間に「売り切れました」というアナウンスが書かれているのを見て、何となく行くのを躊躇していました。
山羊パン (12)

お聞きすると、富山や福井からもわざわざ買いに来られるお客さまが何人もいらっしゃるとか。相変わらずの人気ですね。
山羊パン

外には冬の寒さを防ぐためのシートが設置されていました。
山羊パン (4)

私が行ったのは13時ごろで店内には一組の客様がいらっしゃいましたが、残念ながらお店に残っていたパンは「カンパーニュ」のみ。
山羊パン (8)

そこで8分の1ぐらいのサイズのを7枚にスライスしてもらうことに。これで600円です。
山羊パン (16)

家に帰って、翌朝。生ハム、ハム、チーズ、野菜を乗せてオープンサンドで食べましたが、ライ麦の香りをダイレクトに感じながら美味しくいただくことが出来ましたよ。
山羊パン (15)

前にカフェを併設するということを聞いたことがあるのですが、現時点ではいつになるかはわからないそうです。何せパンの人気がすごくて忙しいのでしょう?

個人的にはカフェが出来るのを心待ちにしています。ご馳走様でした。

山羊パン
石川県加賀市山中温泉長谷田町リ-313
0761-78-0252
水~金10:00~18:00
土日祝10:00~16:00
パンが売切れ次第、閉店
月・火曜、第1・3日曜休



お次は、私のブログでも何度か登場しています、小松のベーカリー「ビッケ」です。

正式な店名は「セルフィッシュカラー ビッケ」といいますが、我が家のお気に入りのパン屋さんの一つです。

この日買い求めたのは、我が家でもよく買い求める、スモークベーコンとバジルのピザトーストとハムエッグとポテサラをサンドしてえるハムエッグマフィン。

今回は私がスモークベーコンとバジルのピザトーストを食べ、妻がハムエッグマフィンを食べました。
ビッケ

スモークベーコンとバジルのピザトーストは、バジルのしっかりとした味で、スモークベーコンとチーズと一緒に味のアンサンブルを口中で奏でていました。美味しいです。
ビッケ (3)

これは娘が食べたのですが何だったかな?チーズを使ったパンだったと思います。^^;
ビッケ (2)

こちらのお店はいつ行っても多くのお客様がいらっしゃいます。お店自体も大きく、パンの種類も色々あって、お年寄りからお子さん、さらには小麦ふすまパンや糖質制限パンなどダイエットに適したパンもあるので幅広い方から支持されているんでしょうね?ご馳走様でした。

セルフィッシュカラー ビッケ
石川県小松市若杉町2-84
TEL 0761-21-0122
8:00~19:00(日・祝のみ~18:00)
月曜・第1.3日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ