あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 石川県

小松に「三草二木 西圓寺」という、もともとお寺だったところを改装したコミュニティセンターがあります。

温泉があったり、本堂だったところはカフェになっていたりする施設で、私のブログでも一度紹介したことがあります。
行善寺 やぶそば

今日紹介します、白山市の「三草二木 行善寺」も同じ運営母体で「社会福祉法人 佛子園」というところ。
行善寺 やぶそば (17)

理事長の雄谷良成氏は、日蓮宗普香山蓮昌寺の住職でもあり、若いころは青年海外協力隊員としてドミニカに行ったり、最近では、金沢に広い敷地内にさまざまな人が働き、生活できる1つの町「Share金沢」をオープンさせて、テレビ東京のカンブリア宮殿で取り上げられたりしています。

さて、ここはとても大きな施設です。理念として「老若男女、障害のあるなしに関わらずいろんな人が楽しく生き生きと暮らせる町を作る」ということを掲げられています。

ここではあまり詳しくは書きませんが、リンクを張っていますので、詳細はそちらを見てください。

そして、「三草二木 行善寺」の中にも温泉があり、そしておそば屋さんがあるのです。
行善寺 やぶそば (16)

最初、行く前は建屋の片隅にでもそば屋さんを併設しているのかな?と思っていましたが、とても大きなお店でびっくりしました。
行善寺 やぶそば (4)

きれいだし、超巨大な液晶テレビなども設置されていて、温泉に入りに来たお客さんが多く利用するのかもしれませんね。

私はこの日は温泉にも入らずランチを食べに来ただけです。

温泉やそば屋さんのほうでは、障がいのある人たちも一緒に元気に働いていました。

お店の名前に「やぶそば」と書かれています。「やぶ」といえば「更科」「砂場」と並んで蕎麦御三家の一つに数えられている有名なそば屋さんです。

有名な「かんだやぶそば」は2013年に火事で焼けてしまったニュースは記憶に新しいと思いますが、いまは新しい店舗で営業されています。

さて、何を食べようかと思いお品書きを見渡すと、大きなお揚げが乗っている「得田のいなりそば(680円)」が目にとまりました。

私も知りませんでしたが、白山市に得田食品というお豆腐屋さんがあるようですね。そちらで作っている大きな油揚げを使ったいなりそばなのです。

ビジュアル的にもいいので、それを食べてみることにしました。出されたのがこちらです。
行善寺 やぶそば (9)

そばは太いのを細いのを選ぶことが出来ます。私は細いのをお願いしています。ブータン産のそばを直輸入して自家製粉・自家製麺だそうです。
行善寺 やぶそば (11)

またブータンの蕎麦の実は日本のものより小さいということで、ルチンも多く含んでいるとも書いてありました。
行善寺 やぶそば (12)

出汁は、関東のそばのような黒い汁。かえしが特徴でかつおの風味がとても効いていました。これは美味しいです。

大きなお揚げにもしゅんでいてよかったです。

あと、こちらの黒いおいなりさんも一個(100円)食べてみました。
行善寺 やぶそば (10)

おそばのかえしで煮ているのでしょう?甘さが抑えられたおいなりさんでした。

さすが「やぶ」の名前を使うことが許されたお店です。クオリティ高かったですよ!ご馳走様でした。

行善寺(ぎょうぜんじ) やぶそば
TEL 076-275-0616
石川県白山市北安田町548-2
11:00~22:00
第2・4土曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

時々無性にカレーが食べたくなることってありますよね!?

秋真っ盛りの10月末、無性にカレーが食べたくなって出かけてきました。

ちょうど、妻が不在だったので、一人でぶらりと行ってきました。

どこに行こうか調べ、久しぶりのお店ということで、シエスタさんにお邪魔することに。
シエスタ (20)

昔、金沢市に行くとき、山側環状道路が完成する前は、よくこちらのお店の前を通っていました。
salina 037

前回お邪魔したのが11年半ほど前のこと。その時に同じアングルから外観の写真を写していますが、いまでは蔦がたくさん絡まっているのを見て、月日の移り変わりを感じます。
シエスタ
salina 040

店内でも、偶然に同じアングルで写していますね。
シエスタ (2)

飾り付けは変わっていますが、家具類は位置関係も含めてあまり変わっていません。
シエスタ (3)

メニューを見ますが、このメニュー内容についても変わっていないようです。

これは、ある意味凄いことです。定番メニューが長く続くお店というのは強いと思います。

「スタンダードカレーは、ポーク、チキン、シーフード、野菜の4種類。あとは、3ヶ月ごとに変わる季節限定カレーの計5種類が基本メニュー。野菜と季節限定カレーだけは100円プラスの値段となる。」と前回ブログで書いています。

いまも同じ文章が役に立ちます。^^;
シエスタ (4)

この日の季節限定カレーは「チキンとバジルのスパイスカレー」。チキンなので私はアウト!
salina 041

ちなみに11年半前のときは、季節限定カレー「イカスミカレー」を食べていました。

で、スタンダードメニューの中から私が頼んだのは「シーフードカレー」。
シエスタ (11)

Aセットにしてサラダを付けています。ドリンクかどちらかで1,000円という設定でした。
シエスタ (12)

カレーはライスとセパレートで出されます。
シエスタ (15)

ライスには、ポテト・ゆで卵・ピクルスが行儀よく並べられていますね。
シエスタ (16)

「イカスミカレー」のときも美味しかった記憶が今でも残っていますが、この「シーフードカレー」も逸品でした。

辛さもほどよく舌に来ます。美味しいです。さすが人気店ですね。ご馳走様でした。

シエスタ(CURRY LOVERS シエスタ)
石川県金沢市四十万台北ワ43-3
TEL 076-296-1316
火~日11:30~21:00(L.O.)
月曜休(祝日の場合は翌日休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨年10月に公開された、富山県や金沢が舞台となっている映画「カノン」が、今日からイオンシネマ新小松とイオンシネマ金沢フォーラスで再上映されています。

正確に書けば、イオンモール新小松は今年3月オープンなので、昨年10月の公開時はなかったわけで、今回が初上映ということになります。

この映画は、私の昔からの知人で金沢出身の村田さんがアソシエイトプロデューサーをつとめていて、本人と監督の雑賀俊郎さんも舞台挨拶されるということで観てきました。
カノン (6)

監督の雑賀俊郎さんは、2012年12月1日石川県で先行公開された、小さな町(志賀町が舞台)のアマチュアオーケストラの奮闘を描いた「リトル・マエストラ」の監督さんでもあります。

今回、再上映となったのは、この「カノン」が9月に行われた中国のアカデミー賞と言われる第26回金鶏百花映画祭の国際映画部門授賞式で、作品賞と監督賞、島田陽子が助演女優賞を受賞したということで決定しました。
カノン (8)

この3部門の受賞は、2008年に作品賞、監督賞、男優賞を受賞した映画「おくりびと」以来の快挙だそうです。

映画のストリーとしては、比嘉愛未さん、ミムラさん、佐々木希さんが姉妹を演じ、母へのわだかまりを抱えたまま大人になった三姉妹が、鈴木保奈美さんが演じる母親の過去をたどりながら、自分たちの傷に向き合う姿を描いたものです。

いや~、泣けました。クライマックスの三台のフルコンサートグランドピアノで「パッヘルベルのカノン」の三重奏を比嘉愛未さん、ミムラさん、佐々木希さんが弾くシーンも感動でした。

そして出演している女優陣もすごかった!特に母親役を演じている鈴木保奈美さんの熱演がすごかったです。観応えありましたよ!皆さんも是非観てください。
カノン (2)

映画の終了後、色々な裏話?も聞けて、会場を出てからオフィシャルガイドブックにサインしていただき、一緒に写真撮影もしていただきました。ありがとうございます。

イオンシネマ新小松では、一応22日までとなっています。詳しくはこちらのイオンシネマ新小松のHPを見てください。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市役所の周辺も色々な飲食店があったのですが、ここ1~2年ほどで閉店になった所が多くあります。

和食の「さい楽」、カフェ「SWITCH」、うどん・定食の「亀の家」などが次々に閉店になっていますね。
BARIN

さて、今日紹介しますビストロ&ワインバー「BARIN(バリン)」。私のブログでは3度目の登場となります。

夜と昼に一度ずつお邪魔していますが、ご主人は小松のフレンチ「ミュー・レ・ミュー」や金沢東山の「とどろき亭」を経て、今のお店を2013年6月にオープンされています。

「ミュー・レ・ミュー」でのフレンチ、「とどろき亭」での洋食の経験を生かされ、「BARIN」では、それを融合されてシェフの技術をミックスした料理を楽しませてくれています。

いまでは小松でも人気のお店として存在しているのです。

今回もランチを食べにお邪魔しました。

BARINランチは980円でサラダ・スープとカレーかオムライスの構成(デザート・コーヒー付は1,300円)。カレーは「俺の能登豚ゴロゴロカレー」。オムライスは限定10食で「俺のオムライス」となっていますが、前回食べたのはパスタランチでした

今回私は「俺の能登豚ゴロゴロカレー」を頼むことに。
BARIN (3)

まず、サラダと「西洋ゴボウとキノコのスープ」が出されます。上品なコンソメベースのスープでした。スープは+100円でポタージュに変更が可能です。

そして「俺の能登豚ゴロゴロカレー」がこちら。地元野菜が添えられています。
BARIN (6)

辛さのほうは、それほど辛くはなく、どちらかといえばマイルド。後のほうに少しピリッとした感じが舌に来るといった辛さです。

ネーミングの通り、能登豚がゴロゴロ入っていましたね。

味的には金沢東山の「とどろき亭」で働いていらっしゃっただけあって、安心して食べることが出来ました。

妻のほうは、パスタランチで、まず出されたのが「サラダ仕立てのオードブル」。
BARIN (4)

サラダ以外は「鯖のリエット」と「山芋のロワイヤル」が添えられています。
BARIN (5)

パンは2種類。フォカッチャとバゲット。

パスタは以下の4種類からのチョイスが可能でした。

・大海老とズワイ蟹のトマトクリームスパゲティ
・桜海老、ヤリイカ、ベーコンのペペロンチーノ
・和牛、能登豚のミートソース
・国産 鶏ムネ肉の白胡麻クリームスパゲティ

妻が頼んだのは「大海老とズワイ蟹のトマトクリームスパゲティ」です。
BARIN (8)

スープ仕立てのような感じで、見た目はアメリケーヌソースみたいですね。
BARIN (9)

パスタランチにはデザートと、
BARIN (10)

ドリンクも付いてきます。

ビストロ&ワインバーですが、メニューにカレーやオムライスの設定があるのもうれしいです。皆さんもお気軽に行ってみてはいかがでしょうか!?ご馳走様でした。

BARIN(バリン)
石川県小松市浮城町76-2
 ソシアルビル1F
TEL 0761-58-1728
ランチ11:30~14:30L.O.
ディナー18:00~23:30(L.O.)
    土日祝は17:30~
月曜、第2火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ラジャリーネ

今回、本当に久しぶりに行ってきました。

12年前は「スパイスレストラン」ということで、カレーが一番のメイン。その後、私は石川県を離れていたのでわかりませんが、占いのお店としても有名になったようです。

そして、現在ではオムライスが一番ウリのお店に変わってきているようです。

また、12年前は朝7時から営業していましたが、11時から夜までの通し営業となっていました。

さて、話は変わりますが、ブログで何軒もお店を紹介していますと、最近は南加賀エリアでは過去に紹介していないところを探すのも苦労するようになってきました。^^;

もちろん、1度紹介したら2度と紹介しないわけではないのですが、それでも新しいお店がオープンした場合は、そちらを優先しています。

今回、さすがに新規のお店が思い浮かばなかったので、過去に行って最近行っていないところと言うことで「ラジャリーネ」にお邪魔することにしたのです。

しかし、12年ぶりです!?ブログで過去を振り返ることが出来ることもあって、懐かしさがこみあげてきて、長いようで短かい気もします。

今回は10月のとある日曜日にお邪魔しました。11:40頃お店に到着すると、すでに先客が3組ほど店内にいました。
ラジャリーネ (2)

店内は12年前とあまり変わっていないようですね。
ラジャリーネ (7)

先ほども書きましたが、メニューの最初のページはオムライスメニューが並んでいます。しかし、これは12年前も同じでした。他にはハンバーグやパスタなどもメニューもあったので、洋食のお店といってもいいかもしれません。

私はこの日、頭の中は少しカレーモードだったので、色々種類があった中から今回はカレーオムライス(980円)を頼むことに。

カレーは辛さを選べます。+0.5、+1……辛さを選べるようですが、この+0.5という刻みは意味があるのでしょうか?^^;

私は、12年前に行ったときの記憶が飛んでいて、+0.5にしましたが、これが失敗でした。私にはちょっと「甘い」という感じ。前のブログでもよく見てみると、+2でも甘く感じたと書いてあったので、事前に自分のブログを読んでおくべきだったと反省。^^;
ラジャリーネ (4)

出されたのがこちらです。オムライスの玉子は、チキンライスを巻きこみタイプではなく、オムレツを乗せてから割っています。とろ~り感が出ていますね。

オーダーするときに、ベースのオムライスに鶏肉が使われているなら抜いてほしいことを伝えると、カレーも野菜カレーに変えてくれたようです。
ラジャリーネ (5)

そしてライスはカレーオムライスに合うようにターメリックライスでした。

多分、カレーオムライスの場合は、デミグラス(ケチャップ?)ライスではなくて、ターメリックライスなのかもしれません。その場合は鶏肉は最初から使われていないのでしょうね?

大盛りの設定もありますが、普通でボリュームは十分。全部食べきれませんでした。野菜もたっぷりです。
ラジャリーネ (3)

なお、最初にサラダが付いてきますが、こちらもやや多めでうれしいです。また、デザートやコーヒーは別途料金です。

私自身の辛さの選択ミスで、個人的には満足できなかったのですが、オムライスやカレーも種類がたくさんあって、色々バリエーションに変化をつけることができるので、何度行っても飽きないかもしれません。ご馳走様でした。

ラジャリーネ
石川県加賀市箱宮町ク-62-1
TEL 0761-74-5621
11:00~21:00(L.O.20:30)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ