あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 石川県

小松の街中に新たなお店が9月14日オープンしました。

洋食・欧風料理のお店「欧風ビストロGRIVE」です。

場所は有川さんの前、勝ちゃんの2軒隣。
欧風ビストロGRIVE (4)

前は九谷焼の販売店だったところをリノベーションしています。こちらの写真に見える後ろ側はその時からある蔵ですね。

お店の左側に掲げられている看板も、その時の雰囲気を残しています。

この厨房は事務所?があったエリアを改装。食べるところは蔵の前半分のみを使っています。

蔵全部では広いということでしたが、2階にもスペースがあって、席数は相当ありました。

オーナーシェフの方は小松のフランス料理「ミュー・レ・ミュー」で働いていた人でした。

なぜこの場所に?とお聞きしたら、「惜しまれながら閉店した24時間営業の『みなとや食堂』がなくなって、飲食店のかたがお店終了した後で食べに行くお店がなくなったので、その役割を少しでも」と話されていました。素晴らしいですね!?

我々はオープン時間の18時に予約を入れ、最初のお客さんとして店内に入りました。
欧風ビストロGRIVE (6)

店内に入ると入口右手に厨房があり、カウンター席らしきスペースがありましたが、この時点では使っていないようでした。
欧風ビストロGRIVE (15)

蔵の部分に入るとテーブル席が並んでいます。
欧風ビストロGRIVE (11)

壁には黒板メニューが掲げられていました。
欧風ビストロGRIVE (9)

肉系の料理が多かったです。
欧風ビストロGRIVE (14)

ドリンクメニューはこちら。

では、頼んだものを紹介していきます。

お酒はボトルでスパークリングのロゼを二人で飲むことにしました。
欧風ビストロGRIVE (16)

「カバセレクションエスペシャル ブルットロゼ(表記はすべて税別3,000円)」です。

辛口でお値段もお手頃。2人でちょうどよかったかな?
欧風ビストロGRIVE (17)

食べ物の最初はサラダで「GRIVE風サラダ(780円)」。野菜サラダです。
欧風ビストロGRIVE (18)

「オリーブ盛り合わせ(380円)」も一緒に頼んでいます。
欧風ビストロGRIVE (19)

こちらは「カマンベールのロースト(1,058円)」です。
欧風ビストロGRIVE (21)

熱々のとろ~りカマンベールを切り分けてバゲットに乗せて食べます。フレンチビストロならではです。
欧風ビストロGRIVE (22)

「本日の魚料理(1,058円)」はハチメのポワレでした。ソースは何のソースだったか忘れました。表面カリッと中身ジューシーでふんわり調理されていました。さすが「ミュー・レ・ミュー」で腕を磨いていた方です。
欧風ビストロGRIVE (23)

これは「フォアグラのソテー ナスのコンフェ添え」で、大と小があって、こちらは小で980円です。
欧風ビストロGRIVE (24)

最後の締めとして「アサリとフルーツトマトのパスタ(980円)」を頼んでいます。ボリュームもありました。いい塩梅の味付けでしたよ。

値段も手ごろで遅くまでやっていて、パーティや2次会などでも使い勝手がよさそうなお店でしたね。ご馳走様でした。

欧風ビストロGRIVE
石川県小松市土居原町400
TEL 0761-58-1738
18:00~26:00
不定休?


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログではパン屋さんについて昨今金沢のお店の紹介が増えています。

今日は消費税アップ前に家具類を購入のため、金沢駅西エリアの家具店やショールームを見てまわるついでに翌朝のパンを買い求めたお店「金沢パン工房 クーシュ」を紹介します。
クーシュ

店名の「クーシュ」とはフランス語で「層」を意味しているようです。

クロワッサンの生地が何層にも折り込まれているところから命名されたということで、その通りにクロワッサンがお店のウリになっていました。

お店の外観はポップで明るい感じで、店内も同じく明るい空間です。売り場自体は少し狭く、並べられているパンの種類もそれほど多くは無かったです。
クーシュ (5)

ハード系のパンはなく、ソフトなものが主体で、菓子系と惣菜系のパンを得意としているようでした。

では買い求めたものを紹介します。
クーシュ (12)

もちろん、お店の名前に関係するクロワッサン(140円:価格表記はすべて税別)を買いもとめていますが、娘が食べたので今回感想はナシです。

私は夏限定のパンだった「枝豆とコーンのちぎりパン(1本240円、ハーフ120円)」の1本のを買って、妻とシェアして食べました。
クーシュ (10)

ネーミングの通り6ブロックに分かれているちぎりパンスタイルで、枝豆とスイートコーンが入ったほんのり甘めの、見た目よりは柔らかめの優しいパンでした。

妻は「焼きカレーパン(160円)」を、お腹が空いたということで車の中で食べてしまいました。
クーシュ (9)

表面にココナッツファインがまぶされています。少しピリ辛なカレーパンだったようです。
クーシュ (11)

娘はクロワッサンと同時に「シャキシャキごぼうサラダ(税別180円)」も食べています。

ささがきごぼうと枝豆、ゴマは金ゴマと白ゴマが使われていました。

お店自体も新しいようで、パンの値段もお手頃。家族全員で楽しめるパン作りでこれからまだまだ期待できそうな予感がしました。ご馳走様でした。

金沢パン工房 クーシュ
石川県金沢市北安江4-10-22
TEL 076-209-5528
9:00~18:00
火曜・金曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

この度の台風19号において被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。 

金沢外環状道路(海側幹線)が出来てから、小松から金沢の西側方面に行くのにとても便利になりました。

海側環状に入ってからそれほど混雑する区間がなく快適に走ることが出来ます。

さて、小松からだと海側環状から金沢海みらい図書館の交差点を越えて次の信号を左に少し入った場所にある「アリーカフェ」。自家焙煎珈琲豆専門店です。


私は初めてお邪魔しましたが、コーヒー好きの間では有名なお店のようです。

調べてみるとオーナーのかたはブログをやられていて、そちらを見るとJ.C.Q.A認定コーヒーインストラクター1級の資格をお持ちのようです。

北國新聞文化センター講師の講師もされているほど、コーヒーのプロフェッショナルなかたです。

9月の3連休、いいお天気の日に一人でお邪魔しました。
アリーカフェ

外観はなかなか雰囲気のあるお店です。
アリーカフェ (7)

店内に入ると、真正面にコーヒー豆の販売用のカウンター。
アリーカフェ (6)

左側には大きな焙煎機があって、右側が小さなスペースですが店内でコーヒーが飲めるスペースになっていました。

お店の理念としては以下の3つが掲げられています。

・安全、高品質を提案しよう!
・香り高いコーヒーでくつろぎのひと時を提供しよう!
・美味しい飲み方、淹れ方を伝えよう!

素晴らしいでですね!?なので美味しいコーヒーが飲めるわけですね。
アリーカフェ (2)

こちらがメニューです。

私はこの中から「本日のブレンド(450円)」を頼むことに。
アリーカフェ (8)

出されたのがこちらですが、コーヒーカップで出されると思っていたら、ガラスのグラスでした。お代わり用の一杯も付いていました。

この日のブレンドは「環(めぐる)ブレンド」。エチオピア・タンザニア・ニカラグアの3種類の秋限定ブレンドで中煎りでした。香りがよく、とても優しい口当たりのコーヒー。キャラメルのような風味がして美味しかったですよ。

あとついでに「アフォガード」が気になったのでそちらも頼みました。
アリーカフェ (10)

アイスリームにエスプレッソをかけて楽しむスイーツです。
アリーカフェ (11)

甘いバニラアイスにビターで濃厚なエスプレッソをかけて食べる大人のスイーツ。こちらも美味でした。

私がお店にいる間に、バイクのツーリング中の2名組や、家族で豆を買いに来るお客さんなど数名がお店に入ってきました。さすがに人気なのですね。ご馳走様でした。

アリーカフェ
石川県金沢市畝田西3-583
TEL 076-268-7577
9:00~20:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

金沢市畝田の住宅街、市立工業高校のお隣に「越前五福そば」はあります。
越前五福そば

調べてみると、こちらのお店は50年以上も前に福井県大野から金沢に移転していて、昔は百貨店の「丸越(この名前を知っている人は相当年配のかた?現めいてつ・エムザ)」の地下にお店があったようです。
越前五福そば (6)

9月の3連休の真ん中の日曜日。11:30のオープン時間少し過ぎにお店に到着。私が最初の客でしたが、私が食べ終わってお店を出る前までお客さんはありませんでした。

男性の店主?のかたお一人が切り盛りされています。
越前五福そば (5)

最初にお茶ではなく そば湯がでてきます。

個人的には最初は、これから食べるそばの風味を楽しむためにも、お水かお茶のほうがうれしいかもしれません。
越前五福そば (3)

こちらがお品書きです。
越前五福そば (4)

お値段は良心的です。

そばの種類は一種類。ネット情報では国産のそばを石臼挽きすることにこだわっているそうです。

店名に「越前」という冠が付いているように「越前そば」をウリにしています。

私は「越前そば」といえば「おろしそば(700円)」とイメージしていて、当然こちらのお店でもそれを頼みました。

ご主人から「甘いのと辛いのどちらにしますか?」と聞かれたので「辛いの」をお願いしました。

夏大根は辛いのですが、さらに青首大根を使用しています。その部位によって辛さが違っているので、それで辛さのオーダーを聞いてくるのですね。

出されたのがこちら。
越前五福そば (7)

大根おろしがたっぷり入ったつけ汁とセパレートで出されましたが、「越前そば」はやはりぶっかけです。
越前五福そば (8)

全部かけました。さすがに辛かったですが、やはりこれでなくっちゃ!越前おろしそばは。

そばは、コシというか噛み応えが相当ありました。

最後に最初に出されたそば湯を飲みましたが、これだけ濃いそば湯なので前日からのため置きでしょうね?

日曜日の稼ぎ時のお昼に、私以外お客が居なかったのが少し気にはなりましたが、そばは美味しかったです。ご馳走様でした。

越前五福そば
石川県金沢市畝田東1-84
TEL 076-267-1269
11:30~16:00
18:00~19:30
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

温泉地には昔はどこも芸妓さんがたくさんいました。

片山津温泉では昭和40年代には400人近い芸妓たちがいたということですが、いまほど娯楽が多くない時代、遠来の温泉客はもとより地元の旦那衆も芸妓さんたちと優雅に宴を楽しんでいたのでしょう?いまは何名ぐらいいらっしゃるのでしょうかわかりませんが、いまでは遠い昔のことですね。

当然のことながら私はそんなことをした経験がないので何ですが、そんな時代の雰囲気を味わうことが出来る施設が片山津芸妓検番「花館」です。
茶房 富久紗

大正9年に芸妓の練習の場として建てられた施設をリニューアルしていて、新しい内外装になっています。紅殻格子のファサードが素敵な感じです。
茶房 富久紗  (2)

中に入ると、建物の1階の左側が源泉と柴山潟の湖底土を使った「晶子染め体験:ができる場所。右側が「茶房 富久紗」という喫茶店となっているのです。
茶房 富久紗  (3)

ミニ提灯がぶら下げられていて、当時の検番の雰囲気が忍ばれますね。
茶房 富久紗  (4)

店内は畳敷きに囲炉裏を囲む席、座卓の席、そしてカウンター席がありました。

この日は雨だったので、靴を脱ぐのも面倒だったため、唯一あったテーブル席に座りました。

お店は検番を取り仕切っていた女将さん?のような女性の方が切り盛りされていました。

ちなみに「茶房 富久紗」では、片山津温泉の特徴であるナトリウム、カルシウム、塩素成分を多く含んだ源泉で「源泉豆腐づくり」体験ができます。

私は食事をしてきた後で、かつ一人だったので「源泉豆腐づくり」は諦めてコーヒーを飲むことにしました。
茶房 富久紗  (5)

お品書きです。
茶房 富久紗  (6)

甘味処でもあるので和の甘味もありました。
茶房 富久紗  (8)

出されたコーヒー(400円)はマシン抽出で普通のコーヒーです。

こちらの施説ではいま話題の「コト消費」が出来るので、観光客のかたも気軽に入って、華やいでいた時代をしのびながらいっぷくされてはいかがでしょうか!?ご馳走様でした。

茶房 富久紗(さぼう ふくさ)
石川県加賀市片山津温泉モ2-2
TEL 0761-75-4440
 片山津芸妓検番花館1F
9:00~18:00(L.O.17:00)
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ