あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 石川県

梅雨明けの7月中旬、とても暑かったのですが天気のいい日が続きました。

グルメブログをやっていると、どうしてもカメラがそれなりにいいのが欲しくなり、時々買い替えます。

食べ物だけを写すのではなく、景色や建築物、それにイベントごとなどにも活躍することになりますが、私の場合はあくまでも食べ物・飲み物が主体なので、動くものに強いカメラである必要がありません。

あと、今の時代、インスタ映えなんて言葉が流行っていますが、個人的に構図やカメラ上のテクニックを駆使してきれいに撮ろうということではなく、見たまま、そのままの形で全体像をきちんと見せるように撮るようにしています。

この日、日曜日でいいお天気。家に居てもヒマなので妻とドライブがてら近場でお茶をするために出かけました。

向かったのはまずは加賀市の加佐の岬倶楽部。そこで緑の中、写真でも獲ろうかと思い出かけましたが、残念ながら満席。
冬の華 (30)

諦めて向かったのが、片山津温泉の中谷宇吉郎「雪の科学館」内にあるカフェ「ティールーム冬の華」です。

冬の華 (27)

世界的な建築家である磯崎新氏が設計した「雪の科学館」と「ティールーム冬の華」。柴山潟に隣接していて、とてもいい景観と一体になった設計です。
冬の華 (10)

中に入ると、お客様が多く居て、柴山潟に面したテーブルは満席でしたが、すぐに空きが出てそちらに移動しました。
冬の華 (9)

正面には30分ごとに高さ約70mまで噴き上がる噴水が見えます。

この日は残念ながら白山は雲に隠れていましたが、夏らしい青い空と雲。柴山潟と噴水。それらがお店の大きな窓から一望でき、ホッとできました。

こちらで頼んだものについても紹介します。

私は暑かったので冷たいものをということで、珍しくパフェで、お店の名前が付いた「冬の華パフェ」です。
冬の華 (11)

通常パフェに使われる細長い器ではないですね。添えられている雪の結晶をかたどった小さなビスケットがかわいいです。

加賀野菜を使ったオリジナルジェラートが入った3種類のジェラートをパフェ風に仕上げた、オリジナルのパフェです。
冬の華 (6)

店外のメニュー内容では、加賀野菜の「打木赤皮南瓜」のジェラートとなっていましたが、店内の看板では「能登紫芋」に変更になっていました。
冬の華 (21)

あと2つは、加賀野菜の金時草と抹茶のジェラートです。
冬の華 (14)

雪の科学館のティールームにふさわしいパフェかもしれません。

妻は「紅茶ババロアセット(750円)」。これはおはよう珈琲と紅茶ババロアの組合せとなっているメニューです。
冬の華 (16)

紅茶ババロアは、ドイツの高級紅茶ロンネフェルトのロイヤルミルクティーを使用したババロアで、ほんのり紅茶の味がする上品なババロアでした。
冬の華 (17)

おはよう珈琲のほうは、インドネシア産カロシトラジャ豆使用のストレートコーヒーで、朝飲むのに適しているそうです。

景観やメニューもインスタ映えするところでホッとしてはいかがでしょうか?ご馳走様でした。

冬の華
石川県加賀市潮津町イ106
TEL 0761-75-3323
9:00~17:00
水曜休
年末年始その他
(雪の科学館臨時休館日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県地方は早目に梅雨明けで、その後は猛烈な暑さの日が続きました。

7月の3連休はその最たるもので、さすがに通常のラーメンは食べる気がしませんでした。

そこで、冷たいものを食べようということで、冷麺のおいしいところを検索。今回チョイスしたのが「よっしー製作所」です。
よっしー製作所 (11)


ここは、小松の中でも、ある意味異色のラーメン店だと思います。

手作りにこだわった自家製麺を使用していて、素材も極力地元産にこだわり、さらには身体にやさしい健康志向ラーメンを食べさせてくれるのです。

さて、我々は11:40ごろお店に到着。お店の前の駐車場にはすでに数台の車が止まっていました。
よっしー製作所 (3)

4組お客さんが店内にいましたが、この時間帯で4組というのは、相変わらず人気なのですね。

テーブル席に座ってメニューを見渡します。

相変わらずのメニューの豊富さ。冷やし系も何種類かありました。

私は、「伝統 冷やし中華(840円)」を頼んでみました。
よっしー製作所 (6)

さっぱりとしたしょう油味で、一般的な冷やし中華の味に近いのですが、より甘酸っぱいスープで酸味も抑えた感じで、玉子ちぢれ麺の、モチモチとしたコシのある食感とも合っていました。
よっしー製作所 (10)

うれしいのは、キャベツの千切り、もやし、キューリ、トマトなどの野菜とコーン、三陸産のわかめがたっぷり上に乗せられていて、麺が見えません。あと海苔、煮玉子もトッピングされていました。野菜がたっぷりで、サラダ感覚で食べることが出来ました。
よっしー製作所 (7)

チャーシューは別に出されますが、こちらもジューシーでした。

妻のほうは夏季限定の「冷たいイノシシのしょうゆラーメン(780円)」の生姜スープ使用(+50円)のを頼んでいました。
よっしー製作所 (5)

生姜は身体を温めるものと思っていましたが、生姜を生で食べと逆に身体を冷やす効果があるのですね!?知りませんでした。^^;

そういえば、冷奴やカツオのたたきなどの夏の食べ物には、すりおろした生の生姜を使いますね。
よっしー製作所 (8)

麺は小松産の大麦を練り込んだ、かん水を使わずに打っている平打ち麺を使用しています。ツルッとしたのど越しがよかったです。

あと、小松市内には冬の期間、ジビエ食材をウリにしているお店が何店かあります。

それら小松市内の飲食店が中心となって、イノシシ等の食肉利用を促進しつつ小松地域ブランドとして育成ようという狙いで「こまつ地美絵」というイベントを毎年冬に行っているのです

「よっしー製作所」もその内の1件ということで、その関係で、1年中ジビエメニューを提供しているのだと思います。

我々が食べ終わってお店を出るころには、店内は満席になっていました、人気のお店なのですね。ご馳走様でした。

よっしー製作所
0761-21-9899
石川県小松市沖町口25-1
11:00~14:30
17:30~21:30
土曜日のみ22:00~24:00も営業
毎週火曜日と水曜日は夜の部は休み
火曜夜水曜夜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県の方でTVで紹介されたひとのなか、個人的に非常に印象に残っている方がいます。

そのお一人が、イグ・ノーベル賞という「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる、いわゆるノーベル賞のパロディー版の賞を受賞した金大名誉教授の廣瀬幸雄さんです。

その賞は「ハトに嫌われた銅像の科学的考察」という研究に対して与えられたもの。当時、金沢大学の教授だったことで、へぇ、こんな人が石川県にいるんだ!と、とても印象に残っていました。

そして昨年1月11日放送の日本テレビ、所さんの「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の新春2時間SPで再度紹介されていたのを偶然観て、より記憶に残っていたのです。

そんな方に、何と!偶然にもお会いすることが出来ました。

湯涌温泉に行った時、夜のバーベキューパーティまでの空いた時間を過ごすために、近くにカフェがないかどうか探して見つけたお店「ビタルコーヒー」です。

湯涌温泉から医王山の麓のほうに車を進めること20分。どんどんと山の中に入っていきます。途中、本当にこんなところにカフェがあるのか心配になってきました。
ビタルコーヒー (15)

そうしたら突然視界が開けて、ご覧の山小屋ロッジ風の建物に到着。ここが「ビタルコーヒー」でした。

金沢のこんな山の奥にコーヒー専門店があったとは驚きでした。

家に帰ってから地図で調べたら、医王山スポーツセンターの近くで、金沢市内からはそちら側から来た方がいいみたいですね。^^;

さて、お店に入るまでは、ここが廣瀬幸雄さんのお店だとは全く知らずに、ちょうどお店が閉店間際だったときで廣瀬さんがお帰りになる所に遭遇。コーヒー好きの妻のほうが廣瀬さんのことに気が付いたのです。
ビタルコーヒー (2)

いまは引退されて、現在は金沢大学の名誉教授。77歳でした(この内容がアップされる頃は78歳になられています)。

帰り際でしたが、少しお話もすることが出来てラッキーでした。

廣瀬さんは日本コーヒー文化学会副会長なども歴任していて、コーヒーにも造詣が深いことで知られています。
ビタルコーヒー

他に疑似戸室石の開発、山中温泉と水素水の研究など、幅広い分野で研究をされていて、とても話好き。楽しかったです。
ビタルコーヒー (6)

店内には暖炉もあって、こんな山の中ですが、冬期間も営業しているということをお聞きしてびっくりしました。
ビタルコーヒー (12)

色々な分野でこだわりを持つ方なので、コーヒーもサイエンスされています。(笑い)

焙煎機の内釜に戸室石をプラズマコーティングし、よりコーヒー豆の内側からも熱が伝わり、ふっくらと豆の組織を壊すことなく仕上がる効果を持つ遠赤外線焙煎をしていたり、真空状態にした炉に水素を入れて焙煎する水素焙煎機の製造に世界で初めて成功し、酸素に触れることなく焙煎できるようにしたり、さすがイグ・ノーベル賞を受賞された方。研究熱心ですね。
ビタルコーヒー (4)

コーヒーのメニューはこちら。
ビタルコーヒー (7)

私が頼んだのは、「テアニン珈琲(500円)」。お茶の成分を含んでいるコーヒーのようです。比較的軽めの煎り具合で飲みやすかったです。
ビタルコーヒー (8)

妻のほうは「水素焙煎珈琲ブレンド(600円)」。水素焙煎珈琲と遠赤外線焙煎珈琲のブレンドです。

ちなみに100%水素焙煎珈琲は何と!1,500円でした。
ビタルコーヒー (9)

こちらはサービスで出してくれた、しば舟のようなお菓子です。

意外なところで出会いがあり、楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございます。そしてご馳走様でした。

ビタルコーヒー
石川県金沢市俵町サ甲8
TEL 076-229-0910
10:30~17:00
月曜休(祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

探せば、まだまだ見知らぬお店があるものです。

今日紹介します加賀市の久藤病院の近くにある「福ふく庵」。目立たない場所にあるので、これまで私も気が付きませんでした。

それもそのはず、場所は住宅地の、それも路地を中に入ったところにあり、お店自体もご自宅を活用されているので目立たないはずです。

何せ初めてのところで土地勘もない場所だったので、カーナビに頼ることにしましたが、カーナビは電話番号入力しても個人宅の登録になっていて出ませんでした。

そこで住所を入力して向かいます。
福ふく庵 (12)

久藤病院を背にして直角に曲がる小路に入ると、ご覧のように「そば」という張り紙が見えます。
福ふく庵

お店の前にも、新しい家(こちらもご自宅?)があって、その脇を少し入るとお店の入り口になります。このあたりは改装されているようでした。そばのお店にときどき見かける脱サラ?のかたでしょうか……?
福ふく庵 (3)

ご夫妻でやられているようですが、お昼のみの営業でした。
福ふく庵 (4)

中に入ると、まさに客間だったところが食べる場所になっています。そこには「福井県そば使用店」の認定書が掲げられていました。

そばは福井産、それも武生のものを主に使用しているようです。
福ふく庵 (6)

お品書きはこんな感じです。

私は、その中から一番お得な「そば定食(1,100円)」を頼みます。

そばは温かいかけそばか、冷たいおろしそばが選べます。もちろん、私が頼んだのは冷たいおろしそばです。

おろしそばの大根も辛みのあるものとそうでないものをチョイス出来ることがうれしいですね。

出されたのがこちら。
福ふく庵 (8)

おろしろば以外には、厚揚げと小芋の煮物、だし巻き玉子、炊き込みご飯(生姜)、紅白なます、漬物。蕎麦湯も一緒に出されます。
福ふく庵 (9)

そしてデザートとして、そば豆腐は出汁と黒蜜で食べさせてくれます。
福ふく庵 (10)

肝心のそばは、9割のようです。あらかじめツユがかけられているぶっかけそば。辛み大根とぶっかけのダシ、そしてそばがマリアージュして美味しかったです。
福ふく庵 (11)

全体的にはボリュームもあって、ご飯が食べきれないかな?と思ったのですが、何とか食べきることが出来ました。

だし巻きはしっかり味。煮物は上品な味。

そば豆腐は、何となく胡麻豆腐的な風味を感じてしまいました。

税込1,100円で、この内容、ボリュームは満足感もあってお得ではないかと思います。ご馳走様でした。

福ふく庵
石川県加賀市大聖寺永町142-2
TEL 0761-73-2678
11:00~14:00
土曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は能美市は緑が丘の住宅街にあるパン屋さん「モンドール(Mondor)」を紹介します。

あっ、お店のWebページは更新されていなくて情報が少し古いかもしれません。

辰口丘陵公園や宝珠記念病院にもほど近い住宅街にお店はあります。

このあたりは私もあまり通ることがない道沿いで、これまでお店の存在も知りませんでした。

ちょうど、辰口に出来た新しいお店「四季の遊 道草」にランチ食べに行くときに、翌朝のパンを買い求めるために一人で立ち寄りました。

入ってこられるお客さまを見ると、緑が丘の住宅街もだいぶ前に開発されたので、住んでおられる方も年齢が高くなっていると思います。こちらのお店は、そんな方にも愛されている地元に根付いたお店のようです。

さて「モンドール」といえばチーズを思い出してしまいます。そこが気になった所以です。
モンドール (5)

お店自体は30年以上前からあるようで、お店は山小屋かロッヂ風のイメージの外観です。

30年以上営業されているからでしょう、お店にいらっしゃった方、そして厨房から出てこられた男性のパン職人の方もご年配の方でした。

了解を頂きお店の中をパチリ。
モンドール (4)

並んでいるパンもソフト系のが多いようです。パンの種類は思っていたより多くありました。

その中で私は、こちらの「ベーコン・チーズバゲット(200円)」を食べました。
モンドール (7)

ロングサイズで食べ応えもあります。

妻は「ガーリックフランス(170円)」です。
モンドール (6)

しかし、朝からガーリックはNGだと叱られてしまいました。^^;
モンドール (8)

あと、娘には「シーチキンパン(185円)」です。

地元地域に根付いたお店で、これからも美味しいパンを作る続けてほしいと思いました。ご馳走様でした。

モンドール(Mondor)
石川県能美市緑が丘9-60
TEL 0761-51-5665
7:00~19:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ