あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 小松市

東日本大震災から早くも8年が経過しようとしています。

震災後、松葉屋の那谷くんはじめ、小松の有志が結成したボランティアグループ「チームこのへん」。

彼等が毎年開催している「キャンドルナイト&Music」というチァリテーイベントが今年も、小松駅前三日市商店街で開催されます。
キャンドルナイト (28)


今回は、会場の都合で少し規模を縮小して実施のようですが、熱気はこれまでと同じ、いやこれまで以上で開催されるので、皆さんも是非お越しになってください。
キャンドルナイト&Music2019

飲食、物販、ワークショップなどでの収益の全部、または一部が義援金となり被災者の方々に使われるようで、いわき市で開催される「夏祭り」の資金にもなります。

概要は以下の通りで、詳細は「キャンドルナイト&Music」のページをご覧ください。

日時:3/3(日)16:00~20:00
場所:小松駅前三日市商店街

同日開催特別講演
こまつ芸術劇場うらら2F
11:00~11:45
「第二の故郷・福島で震災を経験して~小松生まれの私が今福島で取り組んでいるコト~」
講師
藤本 菜月(ふじもと なつき)
石川県小松市出身
ベルフォンテ代表
入場無料です。

今年で8回目を数える「キャンドルナイト&Music」の復興イベント。ボランティアで携わっている方々に感謝。そしてまだまだ完全復興にはほど遠い地域も多いと思いますが、一日も早い復興を祈っております。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

イオンモール新小松周辺の道路は、お休みの日になると混雑します。

行った日は1月の3連休の中日。お天気に恵まれてイオンモール新小松にも多くのお客様が来ていました。

ここ「セルフィッシュカラー ビッケ」のあたりもそうで、その影響か、「セルフィッシュカラー ビッケ」の前の道路が混雑していて、信号待ちの列がお店の前まで続いていて、なかなか入ることが出来ませんでした。
ビッケ

また、数年前にこちらに移転されて駐車場がだいぶ広くなったのですが、多くのお客様が訪れていた場合は、駐車場の出入りがしにくくなっているときがあります。

さて、ここは小松でも人気のパン屋さん。お値段が手ごろで、かつ美味しいパンが多いので、我が家のお気に入りのパン屋さんの一軒です。

ハード系からデザート系まで色々な種類のパンが並んでいます。

またネット販売をやっていて、糖質制限パンやグルテンフリーのクラウドブレッド、ベーグルなどを全国に向けて販売しています。手広くやられていますね。

では、朝食用に買い求めたパンを紹介します。いつも思うのですが、お手頃値段がうれしいです。

私が今回食べたのは、こちらの「ジェノベーゼフランス(160円)」。
ビッケ (5)

もちっとしたフランスパンの上にたっぷりのジェノベーゼソース。ガーリックの風味もきいていました。
ビッケ (6)

妻は「キーマカレー(160円)」。シンプルなネーミングです。^^;
ビッケ (8)

あと「アップルデニッシュ(170円)」も買っていました。

国産リンゴを使用したフィリングを包み込み焼きあげたデニッシュです。
ビッケ (7)

娘は「小松菜とチーズのパン(160円)」でした。

あと、アップする前に妻が別な日に買ってきたパンも追加します。ただ名前はわかりません。
ビッケ1

チョリソかな?ソーセージが入ったパン。
ビッケ1 (2)

こちらはロングなエピ?

いつ行っても店内にお客さんがいないときはないほど人気のお店です。ご馳走様でした。

セルフィッシュカラー ビッケ
石川県小松市若杉町2-84
TEL 0761-21-0122
8:00~19:00(日・祝のみ~18:00)
月曜・第1.3日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先日から始めた「小松うどん」を再度紹介するシリーズ。

今回は、小松市希望丘にひっそりとあります「お食事処 はにう」。「小松うどん」認定店です。
はにう (8)

こちらには約6年ぶりの訪問になります。このときは、丼とのセットを食べていますね。

でも前回も思いましたが、こんな場所でお食事処として長く続いていることは素晴らしいと思うほど、ほんとうにひっそりとあるお店なのです。

行ったのは北陸の冬とは思えないほどの快晴の天気で暖かかった3連休。妻が仕事だったので一人でお邪魔しました。
はにう

11:50頃お店に到着。中に入ると先客はいません。この日は私が食べ終わるまで一人のお客様も入ってこなかったです。
はにう (4)

メニューはこちらと、
はにう (3)

こちら。種類は多いです。この日は奥さまお一人で切り盛りされていました。

この中から私が頼んだのは「カレーうどん(700円)」。小松うどんを紹介するサイトでおすすめメニューとして紹介されていたからです。

出されたのがこちら。
はにう (5)

うどん屋さんのカレーうどんの様相です。

まず汁を一口。おっ!意外にスパイシーです。出汁よりもそちらのインパクトの方が強い気がしました。しかし、熱々で火傷しそうになったので注意が必要です。
はにう (6)

うどんは、小松うどんのゆで麺を使用。いつもの通りの柔らかいうどんです。

カレーと熱々のうどんで、冬なのに汗が出てきました。^^;

でも、美味しく食べることが出来ましたし、また食べたくなる味でしたよ。ご馳走様でした。

お食事処 はにう
石川県小松市希望丘1-40
TEL 0761-47-1076
平日11:00~14:00,17:00~20:30
土日祝11:00~20:30
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お正月は我が家では朝昼兼で、お節やお雑煮を食べたりしますが、三が日過ぎるとさすがに飽きてきます。

そのため、毎年1月4日の朝食はパンにしています。

ただお正月3日までは、スーパーマーケットなどでは大手の製造メーカーのパンは売られているのですが、個人営業のパン屋さんは休みのところが多いのです。

そこで2日から営業している「ベーカーズ・ロリアン」に行って買うことにしました。
ロリアン1

こちらのお店は、前はアルプラザ小松にありましたが、一昨年にいまの小松市民病院前の場所に移転。龍助町にあった本店もクローズして、その時に再編成してパンのお店とケーキのお店に分かれました。

ちなみにケーキのお店は小松市城南町にあります。

「ベーカーズ・ロリアン」では多くの種類のパンを作っていて、ハードからソフト、食パンから菓子系まで幅広い品揃えを誇っています。
ロリアン (5)

一種類当たりの数も多いので、食べたいパンが売り切れてないというリスクも小さいと思います。(もちろん、時間帯によっては当てはまりませんが)

この日もお節やお雑煮を食べ飽きた?人たちがたくさん買いに来ていました。
ロリアン (10)

私が食べたのは「荒削りベーコンとチーズ(税別190円)」。ベースとなるフランスパンはモチモチとしていて意外と食べ応えがありました。荒削りベーコンとチーズも少し塩気が多めの味でしたが美味しかったです。
ロリアン (9)

こちらは同じような感じですが「豚トロウインナー(税別190円)」です。
ロリアン (11)

「ホイップフランス(税別160円)」は息子が食べました。甘そうなパンでした。
ロリアン (8)

「乾塩ベーコン&カマンベールクロワッサン(税別180円)」は娘が食べました。
ロリアン (12)

「パンプキンBOX(税別200円)」も買いましたが、こちらは裏ごししたカボチャを生地に混ぜてあって、フワフワでしっとりの食感のパンです。

小松は意外といいパン屋さんが多く、そこそこの激戦地だと思いますが、こちらは相変わらずの人気店で繁盛していました。ご馳走様でした。

ベーカーズ・ロリアン
石川県小松市向本折町ホ75-1
TEL 0761-24-4412
7:30~19:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松のご当地グルメ「小松うどん」については、私のブログでも何回か紹介してきました。

しかし最近では特に「小松うどん」自体を積極的には取り上げてこなかったような気がします。

今年は改めて「小松うどん」と、その加盟店について紹介していきたいと考えています。

お店の紹介の前に、改めて「小松うどん」についてのおさらいです。

「小松うどん」については、こちらに歴史などについて書かれているので見ていただきたいと思います。

小松うどんの定義8か条というのがあって、下記のようなものです。

小松うどん 定義八カ条
一、小松市内で製造された麺であるべし
一、手打ち、手打ち風のものであるべし
一、加水量は、小麦粉重量に対して35%以上52%未満を基準とすべし
一、食塩水濃度10%を基準とすべし
一、白山水系の水で仕込むべし
一、出汁は、うるめ、むろあじ、さば節等を主に用い、昆布をふんだんに使いひくべし
一、具材は、”じのもん”を出来る限り使うべし
一、こまつの発展を願い、茹で上げるべし

この定義に基づいて作られたうどんが「小松うどん」と認定されているのです。

さて、改めての第1回目は小松市の粟津温泉街にあります「食事処 宮ぞの」です。
宮ぞの


このときは夏だったので、しそ風味で爽やかな冷たい「あわづ夏うどん」というのを紹介しています。
宮ぞの (2)

今回は、寒の入り後の訪問で、最初から「あわづ温泉うどん」を食べることに決めていました。
宮ぞの (4)

お昼過ぎで、先客はお一人。地元のかたでしょうか?昼間からビールを飲んでおられました。
宮ぞの (7)

「食事処」というだけあって、メニューの種類は豊富です。
宮ぞの (5)

初志貫徹で「あわづ温泉うどん(600円)」を早々に頼みます。

出されたのがこちら。いわゆるあんかけうどんですね。
宮ぞの (3)

「小松うどん」の証?「かぶっきーのかまぼこ」が乗せられていますね。後の具材は、粟津温泉ということで温泉玉子、それに天かす・ネギです。
宮ぞの (9)

うどんにはとろみのある餡がかけられ、海苔の上に生姜が乗せられています。その生姜を餡に入れてかき混ぜ食べますが、あんかけは見た目は熱くなさそうですが、食べると熱いので注意が必要なうどんです。
宮ぞの (10)

最初は少しずつ食べ進めました。

餡が絡んで美味しいです。生姜とも相まって体が温まります。寒い日にはもってこいのうどんでしょう!?ダシもよかったです。

ボリューム的には私にはちょうど良い量でしたが、成人男性には少々物足りないかもしれません。ご馳走様でした。

食事処 宮ぞの
石川県小松市粟津町ワ18
TEL 0761-65-1405
11:00~22:30
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ