あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 小松市

2017年5月2日に小松インター近く、「らーめん寶龍」の目の前に新しいラーメン店がオープンしました。

それは、私も昨年ブログで紹介したことがある、片山津インターの近くの「虎と龍」の小松インター店です。

九州のとんこつラーメンをウリにしているブランドのチェーン店ですが、前にも書きましたが神戸に本部があるお店のフランチャイズのようです。

そのため、お店があるのは兵庫と大阪など関西。そして北陸のみとなっています。

実は、博多ラーメンのとんこつ味のお店でも、福岡以外に本店があって、福岡県内に一店もお店を持っていないところが意外に多くありますが、こちらもその一つです。

一時のとんこつラーメンブームの時に、その人気にあやかろうと色々なところが参入してきた結果かもしれません。

私も2年間、福岡市に住んでいたことがあるのですが、福岡の人にはかたくななまでの「とんこつ&地元愛」があり、さらにはそのとんこつ味についても一家言を持っているのです。

全国的に有名な「一風堂」や「一蘭」すらも、福岡の人に言わせたら「博多ラーメンじゃなか」といわれる始末。なかなか厳しいのです。

さて、話を本題に戻します。

「虎と龍 小松インター店」は、この5月2日にオープンしたばかりのお店です。前はコンビニだったところをリニューアルしています。
虎と龍

私が伺った5月中旬。お店の前には開店祝いの花輪が飾られてしました。
虎と龍 (15)
虎と龍 (5)

店内は広いです。内装はあくまでもシンプル。カウンター席が多めで30名ぐらい入れそうです。
虎と龍 (13)

壁には「虎と龍」の特徴がでかでかと掲示されています。
虎と龍 (2)

メニューはこんな感じで、基本はあっさりの「博多の虎」とこってりの「久留米の龍」の2種類のとんこつラーメンです。値段は両方とも650円。

麺は極細の低加水率極細ストレート麺と玉子を練り込んだ熟成生麺のどちらかを選ぶことができます。そして、トッピングの追加。
虎と龍 (3)

セットメニューもあります。
虎と龍 (4)

他にオリジナルのラーメンも何種類かありました。

私は、前回、片山津インターのお店で「こってりの久留米」を食べたので、今回は「あっさりの博多」でお願いすることにしました。

麺は、前回はストレート麺だったので、玉子を練り込んだ熟成生麺にしようかとも思っていたのですが、博多ラーメンには極細ストレート麺が合う!ということで結局今回も極細ストレート麺でお願いしました。
虎と龍 (8)

出されたのがこちら。

福岡のラーメン店のように小ぶりの器で丸いお盆の上に乗せられて出されます。

具材は小さめのチャーシュー3枚、キクラゲ、たっぷりのネギ。白ゴマも最初からかけられています。

ちなみに長浜ラーメンは「肉、ネギ、ごま」と「紅しょうが」。博多ラーメンは「薄めのバラ肉三枚、キクラゲ、細いメンマ、ネギ、ゴマ、(+海苔)」が正統派です。
虎と龍 (9)

麺は「かた」でお願いしました。
虎と龍 (6)

カウンターには、お約束の紅しょうがと辛子高菜が置かれていて、無料で入れ放題。
虎と龍 (11)

味的には臭みやクセもなく、万人受けするとんこつラーメンだと思います。

あと私は餃子も頼んでみました。
虎と龍 (7)

出されたのは福岡の小ぶりな餃子。中に餡がギュウギュウに使っていて、こちらもなかなか美味しかったです。

片山津インター店のときと今回、2回「虎と龍」のラーメンを食べてみて思うのは、そつなくまとまったラーメンだな、といった印象です。

目の前に人気の「らーめん寶龍」がありながら、堂々前に出店するということは自信があるのでしょう?これからの両店の競い合いを外野から拝見したいと思います。ご馳走様でした。

虎と龍 小松インター店
石川県小松市長崎町2-100
TEL 0761-58-2958
11:00~15:30
17:30~22:00
月曜休(祝日の場合は翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログでも何度も登場しています小松のオーセンティックバー「エスメラルダ」。

その「エスメラルダ」のオーナーバーテンダーの中田くんは、日本バーテンダー協会石川支部の支部長をしています。
2ff5fb50

彼が支部長をしている関係で、5月14日の日曜日に「KOMATSU HOT NIGHT」という日本バーテンダー協会石川支部主催のカクテルパーティーが開催されました。

過去はすべて金沢市内で開催されていましたが、今年は初めての小松開催。

会場のAPA HOTEL(小松グランド)に230名ほどの多くの参加者が集い大盛況のうちに開催。パーティでは金沢の名店のバーテンダーを含め30名ほどのバーテンダーが腕を振るいました。
バーテンダー (13)

まずはウェルカムドリンクを持って会場に入ります。

主催者の挨拶や乾杯の音頭がありパーティが開始。

私は料理に近いテーブルに陣取り、まずは腹ごしらえ。

色々美味しい料理、特にカクテルに合いそうな料理が取り揃えてありました。
バーテンダー (9)

「魚介類のオードブル」
バーテンダー (10)

「新玉ねぎのムース イクラを添えて」
バーテンダー (11)

「冷製ミートのオードブル」
バーテンダー (3)

「ポテトや春巻き」「ピッツァ マルゲリータ」
バーテンダー (4)

「ホエー豚のロースト 焼き野菜添え」「サーモンのパート包み エストラゴンのバターソース」

貧乏根性丸出しで、たくさん取ってきました。^^;

カクテルコーナーは、ロングとショートのカクテルのコーナーに分かれています。
バーテンダー (22)

ショートにはエスメラルダのバーテンダーの橘くんも頑張っています。
バーテンダー (36)

メティーニとジントニック。ジントニックのライムが全部使い切っていてもうなかったのでレモンになっています。
バーテンダー (19)

青いカクテルは何だったでしょうか?^^;
バーテンダー (33)

また途中、70~80年代の懐かしのダンスメニューじっくの演奏もあり、中田くんもトランペットで自慢の腕を披露してくれました。
バーテンダー (8)

会場には各種お酒のメーカーや代理店が協賛で入っていて、色々な珍しいお酒なども無料(一部有料)で振る舞ってくれました。
バーテンダー (27)

私は妻と違って強い酒は苦手なので、サントリーのプレモルを、こちらの泡立て器?で小さなを泡を立ててもらい美味しく飲みました。
バーテンダー (45)

終盤には、今年札幌で開催される第44回全国バーテンダー技能競技大会に参加する、金沢のバー・クルーズの京村さんと、若手のバーテンダーの方のカクテルの演技などもありました。
バーテンダー (47)

ちゃっかりとわが妻は完成したカクテルを頂いてきました。ウオッカベースで桜のリキュール、モナンシロップとサンジェルマン エルダーフラワー リキュールを使ってピンクのショートカクテルに仕上げています。

エレガントで洗練された味のカクテルだったそうです。(もうだいぶ酔っぱらっていた状態で飲んでいるので責任は持てません)
バーテンダー (53)

そして最後のエスメラルダの中田支部長の挨拶で会は終了。2時間半あっという間に過ぎましたね。
バーテンダー (48)

そうそう!何故か輪島の中浦屋の「ゆべし」が会場で売っていましたので、新しいブランド「柚雲」のカカオユベシとクラウドを買い求めてみました。
ゆべし

クラウドは柚子皮ダイス切りの欧風甘納豆。ワイン・ウイスキーなどに合います。カカオユベシはカカオと柚子の粒入りゆべしでおとなのおやつ?

スタッフのみなさん、大変お疲れ様でした。次回、小松でこのようなカクテルパーティが開かれるのはいつになるでしょうね?ご馳走様でした。

バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)
石川県小松市土居原町339-1
TEL 0761-23-1283
月・水~土18:00~27:00
日祝18:00~25:00
火曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

イオンモール新小松店がオープンしてから早2か月が過ぎようとしています。

オープン以来、予想通りの来店者数のようですが、平日などはさすがに駐車場も空くようになってきたようです。

中に入っている飲食店は、週末のお昼時はどこも混雑しています。また一部のお店などは順番待ちの長蛇の列が出来ていました。

イオンは館内写真撮影NGが原則ですが、飲食店などではお店の了解さえもらえば料理の写真撮影はok。個人的にはイオンの中に入っている飲食店については、あまり紹介はしないと考えているのですが、「チャンピオンカレーヌードル」など話題性のある所については例外ですね!

さて「チャンピオンカレー」といえば、元祖・金沢カレーのお店ということで知られていますが、色々ライバルの攻勢も厳しい中、金沢カレーの元祖としての意地もあるのでしょう?新商品や新レーベルの開発にも注力しているのではないかと思います。

イオンモール新小松店は、北陸では最大規模のショッピングモールで、飲食店も多数入っていますが、飲食店は一番西側に位置する1階と2階に広いスペースの飲食店街があり、「チャンピオンカレーヌードル」はその中でも1階出入り口に近い、いい位置に単独でテナントスペースを確保しています。
チャンピオンカレーヌードル (10)

今回の新レーベル立ち上げに際し、さすがに「チャンピオンカレー」単独では新レーベルであるラーメン店を成功させるのは難しいと感じたのか、あの博多ラーメンの有名ブランド「一風堂」を運営している株式会社力の源パートナーズとコラボによる立ち上げとなっています。

私たちが行ったのはGW真っ只中!12時少し前に到着するも、10名ほどが順番待ちをしていました。

イオンモール新小松店の飲食店はGWということもあって、どこも行列が出来ていました。

数分待って中へ。順番待ちの時に何を頼むかは決めてあったので、席に着くとすぐにオーダーしました。
チャンピオンカレーヌードル

メニューはこんな感じです。
チャンピオンカレーヌードル (2)

トッピングも色々ありました。

さて、チャンピオンカレーヌードルの3つのキーワードは、麺「固め」、スープ「熱々」、味「しょっぱめ」なのだそうです。

そしてこの3つのキーワードに基づき作られたメニューが、「旨味の濃厚」「さっぱり淡麗」「クリーミーなつけ麺」の3種類です。

そこで私たちは「旨味の濃厚」と「さっぱり淡麗」を頼み、2人でシェアすることにしました。
チャンピオンカレーヌードル (5)

淡麗カレーラーメン(750円)がこちらです。トッピングにキャベツを一緒に頼んでいます。
チャンピオンカレーヌードル (6)

「さっぱり淡麗」はより出汁の旨みを感じるような味付けです。
チャンピオンカレーヌードル (3)

濃厚カレーラーメン(750円)は、カレーの味は濃厚なのですが、決してカレーだけが濃い味なのではなく、カレーの味に負けないスープの味をしっかり感じることが出来ます。

最後まで飲み干せそうでしたが、カロリーのこともあるのでやめました。^^; 非常に万人受けするようなテイストに仕上がっています。

具材はチャーシュー2枚、粗切りの玉ねぎ、少量のキャベツ、ネギ。そして、梅と豆板醤を合わせたような辛味のあるものとカレー粉を溶かしながら味に変化を付けながら食べます。玉ねぎの食感がいいです。
チャンピオンカレーヌードル (4)

麺は中太ちぢれ麺で、モチッとしています。

さすが、「一風堂」を運営している株式会社力の源パートナーズが一枚かんでいるだけあります。正直、行く前はそれほどの期待をしていなかったのですが、いい意味で裏切られました。

味と値段とのバランスもいいと思います。ご馳走様でした。

チャンピオンカレーヌードル
 イオンモール新小松店
石川県小松市沖周辺土地区画整理事業区域内20街区
TEL 0761-48-4667
10:00~22:00(L.O.21:30)
休みはイオンモール新小松に準ずる

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松の街も3月末にイオンモール新小松が出来て何となく賑わっています。

石川県の有効求人倍率も、イオンモール新小松のおかげかどうかはわかりませんが、何と!全国3位にまでなり、人出が足りない状況が続いています。

周辺の道路も混雑、飲食店も心なしか繁盛しているところが増えたような気がします。

しかし、イオンモール新小松が出来て一番影響を受けているのは、小松のスーパーマーケットでしょう?

イオンモール新小松オープン1か月で数%程度売り上げが落ちたなんてニュースも新聞に出ていました。

影響の大きかったお店の一つに「アル・プラザ小松」があります。新聞では前年同時期と比べ8%前後のマイナスなどと書いてありましたが、確かにお客さんの数も目に見えるくらいに少なくなっている気がします。
三宝

今日は、そんな「アル・プラザ小松」の2階にある「和食 三宝」というお店についてです。

私のブログでも昔、他のお店と一緒に書いたことがありますが、単独での紹介は初めてです。

行ったのはGWの前半。イオンモール新小松はこの日お客様感謝デーということで混んでいると予想、「アル・プラザ小松」に買い物に出かけることにし、珍しく店内のお店でお昼を取ることにしました。

実は、偶然、「和食 三宝」のFacebookを事前に見たら、この日の日替わりランチのメニューが「筍御飯・ざる蕎麦・天婦羅」と書かれているのを見て決めました。それに「東山の筍が入りました。」という一言も効いています。

「和食 三宝」のランチメニューはとてもお得な設定になっています。
三宝 (4)

もちろん、そのほかのメニューも色々ありました。

先ほどの日替わりランチは850円。また、一緒に頼んだ本日のランチは何と!790円なのです。日替わりのランチは3時までokなのもうれしいです。

というわけで我々は2人で、この2種類を頼んでシェアして食べることにしました。

さて、お店ですが、12:40ごろのお店に入ると案の定混んでいました。広い店内はほぼ満席。ただ残念だったのは全面喫煙okだったこと。後ろの方の煙草の煙が流れてきました。でも、まぁ、これはやむを得ないでしょう。
三宝 (12)

店内にはカズさんのイラストがたくさん飾られていました。
三宝 (7)

出てきた日替わりランチがこちら。
三宝 (8)

筍ご飯も上品なお味でした。
三宝 (9)

本日のランチはこちら。
三宝 (11)

メインはチキンカツとエビフライ。揚げ立てサクサクです。サラダがたっぷりなのはうれしいですね。
三宝 (10)

そしてミニうどんも付いています。

この値段で、この内容のランチはとてもお得です。

さて、「アル・プラザ小松」に来るお客さんの数も減少して、こちらのお店にも少なからず影響があったと思いますがどうなのでしょうね?頑張ってもらいたいと思います。ご馳走様でした。

和食 三宝
石川県小松市園町ハ23-1
 アル・プラザ小松店
TEL 0761-24-6067
月~日
11:00~20:45(L.O.20:00)
アル・プラザ小松の休日に準じる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今年も5月の第2の週末に小松市最大の祭礼「お旅まつり」が盛大に行われました。

金曜日と土曜日の夜まで仕事だったので、「曳山八基曳揃え」は観ることが出来ませんでしたが、いいお天気に恵まれた日曜日にやっと「お旅まつり」に行くことが出来ました。

お旅まつり (3)
やはりお天気に恵まれると、縁日の通りは相当の混雑。菟橋(うはし)神社(お諏訪さん)の参拝にも長い列が出来ていました。
お旅まつり (8)

こちらは「こまつ曳山交流館 みよっさ」。普段は開けられていない大きな扉も解放されています。

昨年、曳山子供歌舞伎が最初に上演された明和3(1766)年から250年を迎えた節目の年で、その一環として2014年から4年間に渡って開催された「曳山250年」の曳山子供歌舞伎イベントの今年は最終年でした。

元々、曳山子供歌舞伎は龍助町と西町から始まったと言われているようですが、今年は、その龍助町が当番町(もう一つは中町)。
お旅まつり (14)

今回、その龍助町の千秋楽を観に行くことが出来ました。

私は今年初めて、五人衆の口上から演目の最後まで観ることが出来ました。
お旅まつり (10)

演目は義士外伝「土屋主税」という、赤穂浪士を題材にした内容で、あらすじがわかりやすく、
お旅まつり (15)

市川団四郎さんの前説もあって最後まで楽しく観ることが出来ましたね。
お旅まつり (11)

まずは五人衆の口上。
お旅まつり (12)

こちらも伝統の獅子舞。
お旅まつり (34)

そして、曳山子供歌舞伎本番。

子供たち(すべて中学生以下の女子)が演じる歌舞伎に圧倒されました。素晴らしい熱演です。

天気にも恵まれたので多くの見物客がいました。見せ場では皆さん、大きな拍手を送っていました。さすが「歌舞伎のまち小松」です。
お旅まつり (37)

終了して、縁日の通りを横切りましたが、21時少し前でも多くの人で賑わっていましたね。

このあとの250年も「お旅まつり」と「曳山子供歌舞伎」が盛大にとりおこなわれることを記念しております。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ