あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 小松市

私のブログでも小松市の飲食店については相当数紹介してきました。

もちろん、まだ紹介しきれていないお店もたくさんあるわけですが、そんな中何度か登場するお店があります。
クッチーナ

今日はその中の一軒「クッチーナ」の再登場です。

皆さんご自身も常連や馴染みのお店っていうのをお持ちだろうと思いますが、私にとっては「クッチーナ」はそんなおなじみの一軒。過去何度となくお邪魔しています。

3月のとある日曜日、ランチを食べに行きました。

約10か月ぶりになりますね。前回はランチのプランゾについての紹介でした。

コロナウイルス騒動真っ只中で、予約せずにランチタイムが始まる11:30に到着。順番待ちせずに席に座ることが出来ました。
クッチーナ (6)

他のテーブル席にはだいぶ「予約席」の札が置かれています。さすが人気です。
クッチーナ (2)

定番のパスタのトマトソースのメニューです。
クッチーナ (3)

同じくパスタのその他のソース。
クッチーナ (4)

パスタの本日のおすすめ。
クッチーナ (5)

そしてピッツァ。

パスタとピッツァの種類が豊富で、定番ものと季節や月・週によって替わる内容があります。

「クッチーナ」のパスタ、個人的にはトマトソースがお気に入りで、行くとトマトソースを頼むことが多いのですが、ここはトマトの酸味を活かすというよりは甘みを引き出すうまさがあります。

今回は私と妻、両方ともトマトソース味となってしましました。^^;

私は久しぶりの「ポルポ(税別1,050円)」。
クッチーナ (7)

青しそとタコというシンプルな構成ながら、トマトの酸味と甘みを一杯まとって口の中にタコが飛び込みます。

私は別なお店ではポルポは頼むことはないのですが、ここクッチーナでは無性に食べたくなる逸品なのです。

妻のほうは「ホタルイカと菜の花のトマトスパゲッティ(税別1,350円)」。
クッチーナ (8)

旬の素材を使ったパスタで、ホタルイカのうま味が出ていました。

私もシェアして食べましたが、ポルポとこちらは味的にも似ていましたね。

グルメブログをやっていると、本格的なイタリアン系のお店にも行くのですが、ここはカフェのような気軽さで美味しいパスタとピッツァを楽しめるので重宝するところです。ご馳走様でした。

クッチーナ
石川県小松市城南町106-2 
TEL 0761-22-3775 
11:00~22:00(L.O.21:30)
ランチタイム11:30~14:30(日祝は無し) 
木曜,第4水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

洋系レストランではパンが必要不可欠です。

レストラン自家製のパンを出すお店もありますが、多くのお店はパン屋さんから仕入れているのではないでしょうか?

料理が主役ですが、主食であるパンの良し悪しについてはやはり気になりますよね!?

さて今日は、先日紹介しました小松市吉竹町の「SHOKUDO YArn(ショクドウ ヤーン)」でディナーを食べた時に、お店で出されたパンがこちらの「こうぼパン うたたね」で特別に作られているパンを使用していることを知って、改めてお店に行ってみようと思いました。
うたたね (4)

木で作られたお店。
うたたね (6)

お店の前に出されている看板や、
うたたね (10)

袋にもうたたねするネコが描かれています。かわいいですね。

「こうぼパン うたたね」については、前回のことはこちらに書いています

お聞きすると「SHOKUDO YArn(ショクドウ ヤーン)」には週に何度かをお届けしているとか?

何せ、あのこだわりのレストランが依頼して作っているほどのパン。改めてその良さを感じてみたいということで食べてみました。

「こうぼパン うたたね」のパンは、国産小麦に自家製天然酵母で作った生地は3日間かけて作られています。

「SHOKUDO YArn」で出された時、確かに一口食べたら香ばしい小麦の香りが口の中で花開いたのです。当然ですが、やはりパンにもこだわりを持っているようです。

では買い求めたものを紹介していきます。

私と妻が食べたのは「ゴルゾー(240円)」。
うたたね

ゴルゴンゾーラ・クルミ・カシューナッツ・アカデミア・チーズなどの材料で作られていて、ゴルゴンゾーラの風味は当然感じられ、ハチミツも使われてるのでちょっと甘めのパンでした。

あと、「フリュイ(480円)」も買ってシェアして食べています。
うたたね (3)

こちらはフランスパンの生地で、持つとぶっしりとした重さ。いちぢく・オレンジ・グリーンレーズン・クルミ・アプリコットなどが入っていました。
うたたね (9)

ちょっとお高いですが美味しいです。

娘には「チーズクロワッサン(210円)」。
うたたね (2)

大山ベーコンとカマンベールチーズが使われていました。

小松の誇るレストランに採用されているパン。さすがに美味しいです。皆さんも是非どうぞ!ご馳走様でした。

こうぼパン うたたね
石川県小松市大領町な5-1
TEL 0761-23-1058
7:30~18:30
日曜・月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログでも数度紹介している「Panetteria ひなたパン」。
ひなたパン

小松でも山の手の方に位置する小松市中海町の、商売する場所としてはちょっと不利だと思うところに「Panetteria ひなたパン」はあります。

週末の土日しか営業していないお店で、前回はこのように書いていますが、今回約1年半ぶりの紹介ということになります。

お店の建物や、料理研究家のしもおきひろこさんがお店を作るに至った経緯についてについては過去に紹介したことがあります

昔の医院だったところを改装して作られたお店は、昔の雰囲気を残すこじんまりとしたパン屋さんで、イートインコーナーがあって、店内でコーヒーを飲みながらパンを食べることが出来るのです。
ひなたパン (4)

今回お邪魔したのは2月の3連休の間の日曜日。翌朝のパンを買いに行きました。

お昼過ぎでしたが、まだパンの種類は色々残っていました。
ひなたパン (5)

コッペパンの種類が増えているような気がします。

イートインコーナーもありますが、消費税が持ち帰りの場合と違うようになったので、聞かなかったけど、イートインコーナーで食べる人は減ったのかもしれません?

私は「キーマカレーパン(税別220円)」を買って食べました。
ひなたパン (7)

店長イチ押し!お店で人気の商品と書かれていました。
ひなたパン (10)

半分に切るとこんな感じです。野菜の水分だけで煮込んだ特製カレーが入っていて、スパイシーさも適度にあって美味しいカレーパンでした。

娘が食べたのは「スパイシーチキンの黒カレーパン(税別250円)」。
ひなたパン (8)

黒い色は竹炭入りで、中のカレーには大きなチキンがゴロゴロ入っています。

妻には「厚切りフレンチトースト(税別200円)」。
ひなたパン (6)

その名の通り分厚いフレンチトーストで、レーズンがたっぷり入っていました。

このあたりはのんびりとした時間が流れているエリアで、「ひなたパン」も店名の通りほっこりとした空気感で優しい気持ちにさせてくれるお店ですね。ご馳走様でした。

Panetteria ひなたパン
石川県小松市中海町6-216
TEL 080-3744-9898
土・日のみ営業
11:00~17:00
その日のパンが売切れるまで
月~金休(祝祭日も休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市は今年12月に市制施行80周年を迎えます。

80年前に小松町が周辺の他の7つの町村と合併して出来たのが今の小松市です。

今年1年間、市では色々な記念行事を行っています。詳しくは小松市のHPをご覧ください

さて、そんな小松市の南の方のエリアは合併前は粟津村と呼ばれ、その一番加賀市寄りの町が矢田野町。

今日はそんな小松市の最南に位置する矢田野町にある中華料理屋さん「中華料理 錦」を紹介します。

国道8号線がこの先の加賀市に入ったところからバイパスが出来て、8号線は小松市内はほぼ建物がない山側を走るようになりました。

元々は「中華料理 錦」の前の道路が8号線だったころで、いまでも交通量はそこそこ多いと思うのですが、現8号線が出来てからは車の通行量が大幅に減りました。そのため至るところに喫茶店や飲食店が立ち並んでいたのですが、その多くは残念ながら廃業されています。

そんな中、昔から頑張っておられる飲食店の一つが「中華料理 錦」なのです。
錦 (2)

なかなか立派なお店です。

地元の人に人気で休みの日になると多くのお客さんが訪れます。

私がお邪魔した2月の連休の日曜日。私が食べている途中に店内は満席になって、順番待ちをする人や帰っていかれた方がいらっしゃいました。

テーブル席や小上がりの席など、そこそこの数のお客さんが入ることが出来て、店内には調理担当の男性の方と、4~5名の女性の人が働いていました。
錦 (7)

若い方が多かったのですが、小松大学の学生アルバイトかな?
錦 (6)

私は一人だったのでカウンター席に座ってメニューを見渡します。
錦 (5)

メニューの種類は豊富でした。
錦 (3)

この中で最初に目についたのがこちらのメニューに書かれていた「錦 特製」の冠が付いている「マーラー麺(税込830円)」という文字。

「マーラー」ということで、最初は「麻辣」、つまり酸辣湯麺のようなものをイメージしていたのですが、出されたものを見ると麻婆丼のご飯を中華麺に変えたものでした。
錦 (9)

普通に考えれば「あっ!なるほどね!」というものなのですが、私はたぶん麺タイプは食べるのは初めてかもしれません。
錦 (10)

まずは写真を写してから、麺と麻婆豆腐を混ぜ混ぜします。

ウィキペディア(Wikipedia)によると「麻辣味(まーらーあじ、マーラーウェイ)は花椒(かしょう、ホアジャオ、中華山椒)と唐辛子による中華料理の味付け。」ということですが、それほど辛さをウリにしている味付けではありませんでした。

ほんのりと花椒の風味を感じるくらいの、一言でいうと「甘辛」という表現がぴったりくるかもしれない味です。

麺の茹で上げ加減は柔らかめ。
錦 (11)

途中で温泉卵を割って、中の黄身を混ぜながら食べようと思ったのですが、半熟よりかは堅めでとろ~りという感じではなく断念しました。^^;

今回こちらにはたぶん初めて入りましたが、まだまだ知らないお店やメニューがあるのだと再認識させられたランチタイムでした。ご馳走様でした。

中華料理 錦
石川県小松市矢田野町ヌ-18-1
TEL 0761-43-2818
11:30~15:00
17:00~21:30
火曜と月曜夜は休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

いま小松では一番全国から注目を浴びているレストラン「SHOKUDO YArn(ショクドウ ヤーン)」。

いや!石川県内を見渡しても3本の指に入るほどの注目店です。世のガストロノミーと称する人たちの舌をうならせているようです。

いわゆる「イノベーティブ・フュージョン」のジャンルなのでしょうが、そんな簡単なくくりで語ることが出来ないお店。正直、観光都市ではない小松で、このようなお店があること自体不思議かもしれません。

そのあたりはオーナーシェフの米田ご夫妻の思い入れがあって、使われる水や食材についても石川県へのこだわりを感じさせてくれるのです。

ちなみに美食のエキスパートがすすめるレストランガイドとして世界的にも有名な「ゴ・エ・ミヨ」2019年度版で米田ご夫妻は「明日のグランシェフ賞」を受賞されています。

お店は2015年の夏にオープンしていますが、私もオープンして2週間後ぐらいに行っています。この夏5周年ですね!?おめでとうございます。早いものですね。

4年半ぶりの訪問になりました。

今回、東京より友人夫妻が来るときにあわせてチョイスしました。前からおすすめしていたお店だったのですが、やっと実現することができました。

なお、お店の予約は2か月前から可能。この日の予約もちょうど2か月前の日が変わるような時間に入れたのですが、我々が予約完了したらすぐに満席になっていました。

前回はランチで、それも3千円というコースでしたが、今回はディナーで税サービス別15,000円のコースのみの設定になっています。

また、今年1月よりランチ・ディナー共に1コースのみの提供となったようです。ランチは税サ別で1万円です。

あと、前に行った時には写真撮影okですべてをブログでアップしました(その当時はダメだとは言われませんでした)が、その後、写真のネットでのアップは1~2枚ぐらいにしてほしいとのこと。

料理が出てきたときのサプライズがこちらのお店の肝の一つだからでしょう?

あと、料理の名前が書かれた紙(メニュー)が置かれているのですが、こちらも写真撮影はNG。

一ひねりというか、ダジェレ満載のネーミングで、思わず吹き出しそうなものもあったのですが、こちらも、お店に来て初めて驚きを感じてほしい?ということだと思います。

残念ながら全部覚えきることが出来ないため、覚えている範囲(お店側の意図としてはそこも期待していないと思いますが)で紹介します。

また、料理の写真も1~2枚ということだったので、今回はあえてまともにはアップしていません。テーブルで最後の仕上げにシェフが一手間加える様子をアップさせていただきました。
YArn (60)

しかし、ちょうど行った日の前日に地元の雑誌「月刊 金澤」が出て、「SHOKUDO YArn(ショクドウ ヤーン)」も4ページにわたって紹介されていました。いくつかはそちらで写真入りで紹介されているので参考にしてください。
YArn (2)

今回、2月のとある金曜日の夜にお邪魔しました。
YArn (21)

中にあるオリーブの木も元気。

まずは全員が泡物を頼みます。ディナーは15品出されます。
YArn (11)

本日の突き出しとして出されたのが、ワインを写した写真の右に見えるレジ袋のような半透明な袋の中に入れられて、ちらっと見えるのが「地物フキノトウの天ぷら」です。「ヤーゲンダッツ」と銘打たれた容器に入れられて出されました。

中身については普通にイメージする「フキノトウの天ぷら」ではもちろんありません!食べてのお楽しみです。

また「旨きサラダ」と名前が付けられた料理は、ハードブリックに巻かれていて、中には炭火で焼いた能登産のうまぎ、野菜、キヌアなどが入っています。キヌアにもひと手間かけられているようです。

「フキノトウの天ぷら」と「旨きサラダ」については「月刊 金澤」に写真と説明が出ていますのでそちらを参考に願います。
YArn (25)

こちらの写真は、肉NGの私には出なかったのですが「NIKUJAGA」という料理。使用しているお皿は白山市の「ニッコー」にわざわざオーダーしたもの。盛り付け位置も、発注段階で決められているということですね。

「炭火焼きとうもろこし」と銘打たれたものは、前にグルメで知られるアンジャッシュの渡部氏がお店に来た時に出されていた料理で、見た目は焼きとうもろこしのようですが、実は……、食べてみてビックリ!

あと「かつお追いかける。たらちゃん」「しらコッタ」などのネーミングの料理が出されました。

この写真は「ケ 加21」というカニを使った料理の時に、シェフがキッチンから出て来られて、かつお出汁をその場で作ってお椀に注いで完成の品となります。
YArn (41)

ライブ感満載ですね。ちなみにかつおは直前にかつお節から削ったものです。
YArn (39)

アルコールのほうは白と赤を頼んでたくさん飲みました。^^;

デザートとドリンクももちろん付いています。

デザートや最後に出される小菓子についても、ここまでこだわるか!というほど徹底したサプライズの仕掛け。凄いです。

あとお店で出されるパンは、小松市内の自家製酵母で作るパンをウリにされている「酵母パン うたたね。」に作っていただいているオリジナル。さすがに美味しい生地でした。
YArn (51)

食事に使用したこちらの「能登ヒバかほり箸」は持って帰ることが出来ます。

以上、料理の写真がないので、皆さんにどのように伝わったかはなはだ疑問なのですが、まずは一度お店に行かれて実際の料理を楽しんでみることが一番!

ちなみにディナーでは、飲みながら料理やデザートを全部食べ終えると3時間以上かかりました。ゆったりと楽しむことをおすすめしますが、一度行く価値のあるお店だと思いますよ!ご馳走様でした。

SHOKUDO YArn(ショクドウ ヤーン)
石川県小松市吉竹町1-37-1
TEL 0761-58-1058
12:00~12:30(L.O.)
18:00~19:30(L.O.)
日・月曜、火曜昼休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ