あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 小松市

サッカーのワールドカップロシア大会も決勝トーナメントが始まりました。

日本も何とか決勝トーナメントに残りましたね。

ブラジルは明日が試合です。

さて、今日紹介するのは、元本光寺でお勤めしていたお坊さんで、現在ブラジルに住んでいる泉原秀さん、ファビアさん夫妻を迎えて、「町屋ダイニング がじゅまる」を貸し切っての飲み会についてです。
がじゅまる (11)

こちらのお店は小松では珍しい沖縄料理のお店です、奥さまが沖縄出身ということで、小松にいながら沖縄の味を楽しめます。


今回、泉原秀さんの奥さまファビアさんのルーツが沖縄にあるということで、こちらのお店をチョイスしました。

今回は、ブラジルからウィリントン・モレイラウィリントン・モレイラ・ピンパさんというパンデイロ(ブラジルのタンバリンのことです)の名手の方と、7弦ギター奏者のクレーベル・サンシェスさん、サンバやショーロの演奏に使われるブラジルの弦楽器で、ハワイのウクレレと同じルーツを持つカヴァキーニョ奏者のジュニオール・アルヴェスさんの3名も一緒に参加しています。

その内のピンパ先生は2年前にも来日していて、全国各地を演奏していて、小松でも素晴らしい演奏を聞かせてくれました。

今年は、弦楽器もブラジルから持ち込んで、日本人のブラジル移住110周年を記念するコンサートを全国各地で演奏して聞かせてくれます。

この日も飲みながら歌いながら踊りながら、楽しい演奏を聞かせてくれました。

さて、6月のとある平日、開始時間は19時の予定。しかしブラジル時間でなかなか集合しません。^^;
がじゅまる (8)

お店自体はそれほど広くは無く、カウンター、テーブル、小上がりで14名で満席。10名以上で貸切もok!我々も貸切でお願いしました。
がじゅまる (3)

沖縄のオリオンビールを飲みながら待ちます。
がじゅまる (14)

そして、やっとこさ19時半ごろに到着し宴がスタート。
がじゅまる (25)

乾杯もそこそこに、ブラジルミュージシャンはお店に飾ってあった沖縄の三線に興味を持ち弾きだします。ここから一気に演奏モードに突入。
がじゅまる (53)

その後は途中でホテルにギターをわざわざ取りに行ってくれて、ミニコンサートが続きました。^^;

これが凄かった!息の合ったリズムとメロディでノリノリでした。

お店の人も一緒に聞き入っていました。もちろん、自然と踊り出したくなりますね。

では、グルメブログの話題に戻します。

料理は税込で3,500円+お酒でお願いしています。ちなみにコースは3,000円から可能でした。

内容的には沖縄料理中心に、メジャーなものから珍しいものまで色々出されました。
がじゅまる (16)

まず出されたのはこちらのカルパッチョと、
がじゅまる (17)

海ぶどう。夏向きにさっぱりと。
がじゅまる (18)

ジーマミー豆腐は、落花生(ピーナッツ)を使った沖縄の豆腐です。
がじゅまる (20)

豚の耳のミミガージャーキーが入ったサラダです。
がじゅまる (27)

沖縄ソーセージの盛り合わせは、沖縄のご当地ソーセージ「ポチギ」と「イカスミソーセージ」そして「アグー豚ソーセージ」の3種類。ポチギは辛口でつまみに最高。そして黒光りしているイカスミソーセージが美味しかったです。
がじゅまる (30)

沖縄産もずくの天ぷらと、右のポテトフライのように見えるのは島らっきょうの天ぷらです。島らっきょうを天ぷらで食べるのは初めてかもしれません。

沖縄の雪塩か濃いめの天つゆで食べます。
がじゅまる (35)

これは沖縄県の県魚グルクンの唐揚げです。フエダイ科の魚で白身のおいしい身でした。

がじゅまる (37)
ゴーヤーチャンプルは、沖縄以外の土地で一番知られている沖縄料理ですね!?
がじゅまる (38)

これは沖縄風お好み焼き「ヒラヤチー」だと思います。韓国のチヂミに似ています。
がじゅまる (39)

こちらはラフティーかな?ソーキなのかな?肉系は苦手です。^^;

ゴーヤーも乗せられています。私は食べませんでした。
がじゅまる (46)

最後の〆は「ソーキそば」でした。沖縄そばは昨年12月に沖縄に行った時にも食べていますが、その時の味を思い出しました。

これでお腹いっぱいになりました。税込3,500円の料理内容。満足でした。

さて、オリオンビールのあとも色々アルコールを頼んでいますが、こちらではなかなか口にすることが出来ない変わったものを中心に頼んでみました。
がじゅまる (29)

オリオンビールの「シークァーサーのビアカクテル(550円)」。シークァーサーの果汁とビールのカクテルという珍しい酒です。シークァーサーとビールの微妙な苦みの違いが感じられました。
がじゅまる (26)

こちらは100%純沖縄産のゴーヤーを使用したヘリオス酒造の「ゴーヤーDRY(680円)」。ゴーヤー独特の苦みをうまくマイルドにして飲み口爽やかに仕上げてありました。
がじゅまる (36)

そしてハブ酒の原酒35%使用したハイボールで「琉球ハブボール(550円)」。シークァーサー果汁も入ってほどよい酸味と甘みが心地よかったです。
がじゅまる (28)

妻は泡盛の「白百合」をロックで飲んでいます。

以上飲み食いして、一人6千円ほど。ブラジルの音楽を存分に聴き、沖縄のおいしい料理と、久しぶりの仲間との楽しいひと時。ありがとうございました。そしてご馳走様でした。

町屋ダイニング がじゅまる
石川県小松市龍助町63-1
TEL 0761-27-2161
ランチ11:30~14:00
ディナー18:00~25:00(L.O.24:00)
日曜、第4月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市城南の交差点角に5月28日新規オープンした「豚骨ラーメン・ギョーザ 満タン軒 とぎ元洋妥」。
満タン軒

前は「白龍」という中華のお店だったところです。

長いユニークな店名だと思いますが、「とぎ元洋妥」の意味は何なのでしょう??

こちらは北海道豚骨ラーメンと中華料理のお店です。

北海道豚骨ラーメンというジャンルがあるのでしょうか?私は知りませんでした。

豚骨ラーメンと言えば九州だし。北海道といえば味噌ラーメンですよね?

ネットで色々調べてみましたが、こちらについてもわかりませんでした。

さらに調べてみると、オーナーは富山の楓や東京の六厘舎など有名店でも働いていたという書き込みが出ていましたが、そうならば凄いですね。
満タン軒 (2)

あと、加賀市の人気のお店「アサヒ軒」でも働いていて、贈られた花輪も出ていました。

外観ですが、花輪で隠れていますが、お店の外観の色使いが赤と黄色で派手です。^^;

一瞬、楳図かずおさんの「まことちゃん」を思い出してしまいました。

オープン後の最初の日曜日の11:35ごろお店に到着。お客の入りは7割ほど。カウンター席に座ります。
満タン軒 (8)

店内の写真は帰る前に写しましたが、このときお店の前には7~8名のお客さんが順番待ちをしていました。
満タン軒1 (2)

メニューはこんな感じです。ラーメンの種類は基本「とんしお」の1種類のみ。800円と少し高めの設定です。
満タン軒 (5)

白濁しおとんこつスープに大きな海苔が一枚乗せられています。
満タン軒 (6)

逆から写すとこんな感じです。

トロトロすぎて形の崩れたチャーシューがたくさん見えます。

まずはスープを一口。見た目よりはクセのない味のとんこつスープです。美味しいです。

山頭火のしおらーめんのような感じもします。山頭火はむかし旭川まで食べに行ったことがあります。

麺のほうは山頭火のようではなく、札幌ラーメンの特徴の一つ黄色い縮れ麺。かん水率高めでしょうか?自家製麺ではないようです。
満タン軒 (7)

そういえば加賀市の「アサヒ軒」の「中華そば」もこんな黄色い麺でしたね。

白色のスープに黄色い麺。ビジュアル的にもインパクトありますね。

先ほども書きましたが、チャーシューがトロトロに煮込まれていて、さらに角煮のようなバラチャーシュー、メンマも多く入っていました。

私はこちらもお店のウリである「ギョーザ(380円)」も頼んでみました。
満タン軒 (4)

ギョーザのほうはそれほど特徴があるわけではなく、そこそこ美味しいといった感じでしょうか?

何れにせよ、小松や周辺エリアにも、とんこつラーメンのお店がだいぶできていて激戦地化してきています。頑張っていただけたらと思います。ご馳走様でした。

満タン軒
石川県小松市城南町81番1
TEL 0761-58-0008
10:00~15:00
17:00~23:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は小松市安宅町に4月6日にオープンした新しいケーキ屋さんの紹介です。

ブログではあまりケーキのお店は紹介していないのですが、カフェ併設ということで行ってきました。

ユウスイーツ

昔スナックだったお店を改装されています。
ユウスイーツ (11)

カフェスペースも併設されているお店で、カフェスペースはまさに前のスナック感が出ていますね。
ユウスイーツ (4)

ちなみに、オーナーパテシエのご実家が小松駅の高架下で営業されています人気のうどん店「小松うどん道場つるっと」なのです。

小松にUターンされていますが、一時、ご実家のうどん店のチーフとして働きながらケーキ作りをやられていました。その前は大阪でリーガロイヤルホテル堺やパティスリー まめの木などに勤務されて腕を磨いていたようです。

奥さまは大阪の方で、今年の雪にはさすがにびっくりされていました。

この日は一人でお邪魔しました。12時少し過ぎたころで、お店の前には車が4台ほど止まっていて、満席かな?と思うほど。
ユウスイーツ (2)

中に入ると、カフェ使いの方もいらっしゃいましたが、テイクアウトの方が順番待ちをされているかたが多かったです。

順番を待って、レジのところでケーキのオーダーしてテーブル席に座って待ちます。
ユウスイーツ (8)

食べたのは、「ベイクドチーズケーキ(380円)」。ケーキ類は大体400円前後。
ユウスイーツ (3)

他にも焼菓子類の種類が豊富にありました。糖質制限チョコバーなんてのもありました。面白いですね。
ユウスイーツ (13)

頼んだドリンクは、蒸し暑い日だったのでアイスコーヒー。
ユウスイーツ (7)

こちらのお店はドリンクもテイクアウトできます。
ユウスイーツ (12)

この日、私もテイクアウトしましたが、買い求めたのはケーキではなく、こちらのキッシュ(350円)です。
ユウスイーツ (14)

ベーコン・シメジ・ホウレンソウをバターでソテーした上で、胡椒・塩・ナツメグを効かせてある味。上品でケーキ屋さんの作るキッシュらしくほのかな甘さが心地よいものでした。美味しかったですよ。

このキッシュは常時あるわけではありません。あるかどうかはお店にご確認をお願いします。

小松のスイーツ店がいつの間にか増えていて、激戦地の様相ですが、こちらのお店はカフェ併設なのがうれしいですね。ご馳走様でした。

ユウスイーツ ケーキアンドベイク
YU SWEETS cake and bake
0761-66-8107
石川県小松市安宅町子1-1
木曜,2・4水曜
臨時休業あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松駅近くにある「欧風食堂 LUCE(ルーチェ)」。
欧風食堂 LUCE

スイスのチーズフォンデュなどもメニューに書かれていましたが、基本的には地中海沿岸の国々の料理を味わえます。小松では他にないジャンルのお店だと思います。

オープンしてしばらくしてから伺ったことがありますが、その時以来、約4年ぶりに行ってきました。

前日の夜に予約を入れると、席は残り少ないような感じで、実際行ってみると同じ会社の方々でしょうか?グループのお客様が何組か入っていて、テーブルも2階席までフルに埋まっていました。

そのためかどうかはわかりませんが、料理をお願いする際、時間がかかるのでアラカルトの場合も順次オーダーするのではなく最初に全部オーダーしてほしいと言われました。

特にパエリアは時間がかかるので、ということでした。
欧風食堂 LUCE (2)

メニューはこんな感じです。
欧風食堂 LUCE (4)

欧風食堂、地中海沿岸の料理と言っても範囲は広いのですが、タパスやパエリアなどがおすすめなのでで、若干スペイン色が強いかもしれません。

前に伺った時は「おまかせ前菜盛り合わせ」といういわゆるタパスの盛り合わせがメニューにあったのですが、今回はありませんでした。
欧風食堂 LUCE (3)

まずは泡物を頼みます。スパークリングがグラスの設定があるのはうれしいです。トソ ブリュットで650円でした。
欧風食堂 LUCE (6)

まず出されたものは、メニューでお勧めと書かれていた「鮮魚のカルパッチョ(600円)」。この日は鯛、シンプルなカルパッチョでした。
欧風食堂 LUCE (9)

こちらはスペインの名物料理の「鱈のピルピル(700円)」。熱々でやけど注意です。
欧風食堂 LUCE (11)

スライスバケットが付いていて、上に乗せて食べます。
欧風食堂 LUCE (13)

「自家製オイルサーディン(500円)」を頼んだら大きなイワシを使っていました。骨まで軟らかくておいしかったです。
欧風食堂 LUCE (14)

こちらは「生ハムのスモーク(700円)」で、14か月熟成されたパルマ産の生ハムを使用しています。カシューナッツも添えられていました。ロゼワインがなかったのが残念。

そしてちょうどいい具合にパエリアが出来上がりました。
欧風食堂 LUCE (15)

前回に来たときと同じく漁師風パエリアにしました。小サイズで2人前ぐらいの量ですね。

魚介のうま味も染み出ていて美味しかったですよ。
欧風食堂 LUCE (12)

アルコールのほうは、白ワインのグラスとかハイボールを頼んでいます。
欧風食堂 LUCE (17)

グラスワインは赤白とも2種類の設定があったのがうれしいです。

この日はグループのお客様が多く満席状態だったので追加のオーダーは厳しいと判断して、これでおしまいに。

締めて一人4,300円ほど。コスパ的にはいい感じでした。

金曜日の夜で予約の段階で満席ということは、人気がある証拠でしょう。商売繁盛です。ご馳走様でした。

欧風食堂 LUCE(ルーチェ)
石川県小松市土居原町187-4
TEL 0761-48-4343
18:00~26:00(L.O.25:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私も時々利用していた小松市上本折町にあったブーランジェリー「ラ プティ メティサージュ」。

粟津温泉にあるメティサージュの2号店で、フランス出身のアンデルス・ゲイトウさんがピッツァを焼きながらパンも売っていたお店でしたが、1年も経たずに閉店になってしまいました。

いま、アンデルス・ゲイトウさんはチリに家族で行かれているそうです。何をされているのでしょうか?

さて、そんなアンデルスさんがピッツァを焼いていた薪窯を活用したピッツァリアが新しくオープンしました。
スオリコ (2)

お店の名前は「Nostra pizza Suolico(ノストラ ピッツァ スオリコ)」。外観はほぼそのまま、色がエンジからホワイトに変えれていました。
メティサージュ (2)

お店の前には、アンデルスさんの写真が飾られていましたが、オーナーはアンデルスさんのままなのでしょうか?
スオリコ (9)

我々が行ったのは6月のとある土曜のお昼。ランチは予約できないのでオープン時間の11:30にお店に入ると、すでに先客がすでに食べていらっしゃいました。^^;
スオリコ (6)

お店の内部も、当然のことながら「ラ プティ メティサージュ」からは大きく変わっていて、白基調の明るく清楚な感じになっていました。
スオリコ (8)

こちらのピッツァを焼いている男性は、前は移動式ピッツェリア オチバーズ(Mobile pizzeria O'chiva's)で出張ピザ屋さんをやっていた農田悟さんです。

ピッツァはナポリスタイル。コルニチョーネと呼ばれるピザの縁の部分に特徴があります。「真のナポリピッツァ協会」なんてのもあり日本でも支部があって認定店があるほどです。さすがピッツァの発祥ナポリですね。

ランチメニューは、平日と土日祝日の内容が違います。
スオリコ (10)

平日はこちら。
スオリコ (5)

そして我々がお邪魔した土曜日のメニューは、こんな感じでした。
スオリコ (18)

あと、黒板メニューもありました。

今回、私は妻と2人で2枚のピッツァをシェアして食べることに。

マルゲリータのみ、土日祝日のドリンク付きのセットメニューがあったので、一つはそれに。

もう一つは黒板メニューから、トンノを頼むことにしました。
スオリコ (11)

あと、別にこちらのサラダ(200円)を頼んでいます。
スオリコ (12)

マルゲリータは5分ほどで出されました。ピッツァといえばシンプルなマルゲリータが定番です。
スオリコ (14)

もう一枚のトンノのほうは、ツナと黒オリーブのピッツァ。あとはマルゲリータと同じくモッツァレラチーズとトマトソースです。味的にはマルゲリータと同じですね。

こちらのほうは、マルガリータが出されてから少し間が開いて出てきました。

ピッツァは高温の薪窯で一気に焼きあげるので、生地のモチッとした食感がいい感じに仕上がっていました。美味しいです。
スオリコ (16)

食後は妻のみ、追加のジェラートをオーダーしています。味はレモンでさっぱりとした味で口の中をリセットしてくれます。
スオリコ (17)

マルガリータのセットのドリンクはコーヒーを頼んでいます。

最後にお店を出るときには私以外はお客様は全員女性!女性受けしそうなお店ではありました。でも、この手のお店は南加賀にはないのでうれしいですね。ご馳走様でした。

ノストラ ピッツァ スオリコ
 Nostra pizza Suolico
小松市上本折町76
TEL 0761-58-1410
ランチ11:30~14:30
ディナー18:00~22:30(L.O.21:30)
火曜,月一回水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ