あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 小松市

昔の小松の旦那衆は粋でした。

夜な夜な街に繰り出しては、美味しい酒と肴に舌鼓を打っていました。

そんないい時代があったからこそ、小松の街中には今も割烹や会席、料亭が街のいたるところにあるのです。
割烹つか1さ

さて、そんなお店の中の一軒である「割烹つかさ」。創業してから50年弱経過している老舗です。昨年の初めにランチでお邪魔して、一度ブログでも紹介したことがあります

今回は、会社の仲間と夜飲み会でお邪魔したので紹介したいと思います。

ディナーでの利用で2階のお座敷の部屋でしたが、今の時代は畳の上に座卓ではなく、テーブルにイスというセッティングになっています。

現代人は長時間畳の上に座ることが苦痛になってきたのでしょうね?

今回、コース料理でお願いしています。8品出されました。なお、コース料理は4,000円からとなっています。

では、出されたものを順番に紹介していきます。
割烹つかさ

「先付け」です。枝豆、とうもろこし、鴨肉、海老唐揚げと野菜の煮物。
割烹つかさ (2)

「刺身」は、甘えび、イカ、サワラ、ヒラメ。一般的な内容ですね。
割烹つかさ (3)

「椀物」はしんじょうのおすまし。上品なお味です。
割烹つかさ (4)

「焼き物」は鮭。
割烹つかさ (5)

もう一品ローストビーフも出されました。
割烹つかさ (6)

「蒸し物」は、もち米と豆?を団子にして蒸しあげたものに、うすめの餡がかけられています。
割烹つかさ (8)

「揚げ物」は天ぷら。アスパラ、白魚、かき揚げなど。
割烹つかさ (9)

最後に出された「酢の物」は「うなきゅう」でした。

今回のコースはご飯ものとデザートはなしでお願いしました。そして量より質重視ということもお願いしてあって、一品の量も少な目。個人的にはこんな感じがうれしいです。
割烹つかさ (7)

アルコールは最初は全員生ビールで乾杯。その後、私はハイボール。他の人は焼酎の水割りや日本酒は神泉の生酒を飲んだり、福井の黒龍を飲んだりしました。

以上飲み食いして、締めて一人7,500円ほど。少し飲みすぎだったのかもしれません。^^; ご馳走様でした。

割烹つかさ
石川県小松市東町34-1
TEL 0761-22-0934
11:30~14:00
16:00~22:30(L.O22:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

台風一過。いよいよ秋本番です。秋は読書の秋・スポーツの秋・芸術の秋など色々言われますが、やはり食欲の秋でしょう!

実りの秋ということで、色々美味しいものが旬を迎え、美味しくなる季節です。

今日は、そんな秋本番で、ここ3週間ほどで我が家で飲み食いした、諸々美味しいものを紹介していきますね。

まずは、秋の限定酒「ひやおろし」。
ひやおろし (4)

寒い冬に仕込まれた日本酒も、貯蔵桶でひと夏越して調熟させ、いよいよ熟成状態になりました。

9月8日から一斉に発売されています。
ひやおろし (6)

毎度おなじみの小松市にある東酒造まで出かけて「純米大吟醸 穂の香」と「ひやおろし 純米吟醸」の2本を買い求めました。飲み頃になったものを生詰で秋の味覚と共に愉しみまましたよ。
ひやおろし (5)

こちらは「ひやおろし 純米吟醸(720ml税込1,728円)」。お手頃な値段で旬のひやおろしを楽しむことが出来ます。2000本限定ですでに残りわずかだそうです。

ほのかな香りと旨味のひろがる辛口。
ひやおろし (2)

あともう一本は「純米大吟醸 穂の香(720ml税込2,592円)」で、酒造好適米山田錦50%精米の純米大吟醸です。

少し甘く感じるお酒ですが、こちらは食中酒として合いました。ご馳走様でした。

東酒造株式会社
石川県小松市野田町丁35
TEL 0761-22-2301(代表)
    0120-47-2302
平日9:00~17:00
日曜、祝日9:00~17:00(休日の場合あり)
土日祝日は急に休みになる場合があります

お次は、私のブログでも何度も出てきている、能美市のシャルキュトリーのお店「ガリビエ」です。
ガリビエ

毎月1回以上は買いに行きます。
ガリビエ (5)

今回は久しぶりに店内の撮影許可を頂きパチリ。
ガリビエ (3)

ショーケースの中には美味しそうなシャルキュトリーがいっぱい並んでいますね!?
ガリビエ (6)

我が家での定番は、こちらの和風ソーセージ。それと今回は加賀棒茶のを買い求めました。これらはソテーして食べると美味しいです。本当は出来上がったものを写そうと思っていたのですが、うっかりして忘れてしまいました。^^;
ガリビエ (7)

あと、こちらのオリーブを加えたスライスソーセージも買い求めています。

いつもながら美味しくいただくことが出来ました。ご馳走様でした。

シャルキュトリー ガリビエ
石川県能美市徳山町ヤ55-1
TEL 0761-58-2013
10:00~18:00
火曜休

最後の紹介は、小松のベーカリー「ビッケ」のパンです。店名は正式には「セルフィッシュカラー ビッケ」といいます。

今回は妻が買ってきたものです。あまり覚えていませんが、クセで写真を写してしまいます。^^;
ビッケ

私が食べたのは、ハムエッグとポテサラをサンドしてえるハムエッグマフィンです。
ビッケ (2)

開けてみるとこんな感じです。マフィン自体も美味しいのでした。
ビッケ (3)

こちらは妻が食べたものですが、スモークベーコンとバジルのピザトーストです。こちらも美味しそうですね。

我が家は「ビッケ」のパンのファンです。ご馳走様でした。

セルフィッシュカラー ビッケ
石川県小松市若杉町2-84
TEL 0761-21-0122
8:00~19:00(日・祝のみ~18:00)
月曜・第1.3日曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

4年前のディナーにお邪魔したことがある「町屋ダイニング がじゅまる」。
がじゅまる (9)

前に行った時は、まだオープンしてからそれほど時間が経っていないときで、奥さんもどんな理由だったか忘れましたが、まだお店に出ていなかったときでした。

その時食べた沖縄料理の片鱗?としては「沖縄産もずくの天ぷら」ぐらいで、その頃はイタリアンテイストも少し感じられる和食のお店みたいなイメージでした。

その後、沖縄料理メニューも増やされていますが、いまでは沖縄の味を楽しめるランチもやっているということ。さっそくランチを食べに行きました。

ちなみに、ランチやっているよ!情報は、こちらのお店の近くにある松葉屋の那谷くんに頂きました。

ランチは夏限定で、平日月曜日から木曜日で11時半から13時半ラストオーダーとなっています。

さて、ランチは平日(金曜除く)しかやっていないので、私は毎月の通院の日(平日)にお邪魔してきました

久しぶりに伺いましたが、外観も中も、前に見た感じそのままのようでした。
がじゅまる (6)

前のときと同じように、カウンターの中には日本酒が並べられています。
がじゅまる (8)

そしてランチメニューはご覧の3種類。タコライス、ゴーヤチャンプル、沖縄そばという沖縄のご当地グルメの人気メニューばかりですね。

それらが定食になっていて、小鉢や味噌汁などがセットになっています。すべて税抜850円、税込では910円です。

その中から私は、タコライス定食を頼みます。
がじゅまる (3)

出されたものには、二つの小鉢、味噌汁、そしてサーターアンダギーが付いていました。
がじゅまる (4)

タコライスはいまでは沖縄料理として人気ですが、元はメキシコの郷土料理のタコスの具として用いられる挽肉・チーズ・レタス・トマトを米飯の上に乗せて、サルサという辛みをつけたソースをかけてかき混ぜて食べるものです。
がじゅまる (5)

小鉢は、海ぶどうともずく酢。

タコライス。そんなに料理としては味付けが簡単で手間がかからない感じもしますが、具材全体が絶妙な味を醸し出していて、とても美味しかったです。
がじゅまる (7)

味噌汁の具はあさり。デザートのサーターアンダギーも久しぶりに食べましたね。

お腹もちょうどいい具合に満腹になりました。

あっ、そうそう!こちらのお店、駐車場がないのでご注意を。

奥さまにランチはいつまで出されるのかお聞きしたら、一応、今のところ9月一杯?までということでしたが、しかし、ランチが人気なのでどうしようか迷っているとのこと。是非続けてほしいものです。ご馳走様でした。

町屋ダイニング がじゅまる
石川県小松市龍助町63-1
TEL 0761-27-2161
ランチ11:30~14:00
ディナー18:00~25:00(L.O.24:00)
日曜、第4月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お盆のときは飲食店はどこへ行っても混雑しています。

お盆には休みのお店も多いので、やっているところにお客さんが集中してしまい、家族みんなで食べに行くときなど苦労することもあります。
海天すし (19)

そんなお盆のとある日。ちょうどお墓参りに行ったときに、そのままみんなで夕飯を食べるために「海天すし」にお邪魔してきました。ここは我が家でも、テイクアウトの寿司を買って家で食べたりすることがある回転寿司なのです。

混むのはわかっていたので、17時過ぎという早目の時間に到着。この時間だったらすぐにボックス席に案内されました。

この後、17:30には順番待ちが出来て18時前には店内の待つための椅子が満杯になるほどでした。読みは当たりました。

こちらのお店、昔は、土日でもこのような順番待ちは見たことがあったのですが、最近では、これほどの順番待ちが出来るのはGWとお盆、正月のとき以外はあまり見なくなりました。

私のブログでは「海天すし 小松平面店」については、4年7か月前に紹介しています

また、小松南店についても今年初めに行っています

寿司自体は江戸前の仕事をしているわけでありませんが、ネタの新鮮さと高級ネタの品揃えが豊富でお値段的にもリーズナブル。好きな回転寿司店です。
海天すし (11)

ネタの種類も豊富で、店内の黒板には当日限定のおすすめ品が書かれています。

今回は、寿司を多く頼むより、私と妻のほうはつまみ系のものを頼んで飲むパターン。母と娘は握り中心で頼むという使い方です。

食べたものすべて写真を写したわけではありませんが、食べたものを紹介したいと思います。
海天すし

まずは生ビールを頼み、備え付けの用紙にオーダーを書き込んでお店の人に渡します。

普段あまり食べることがないものを中心に頼むことにしました。
海天すし (5)

まずは野菜からで「グリーンサラダ(298円)」。ドレッシングも添えられていました。
海天すし (2)

これは「活あわびの刺身(598円)」です。この大きさだったらあわびと呼んでいいものかな??^^;
海天すし (7)

「カキフライ(358円)」は揚げ立てでサクッとしていました。
海天すし (3)

「おつまみ穴子(598円)」も頼んでみました。寿司ネタ用ですね?それほど脂が乗っているわけではありません。
海天すし (9)

この後、私は焼酎を。妻は日本酒を頼みます。「獺祭(998円)」と何だったかな?
海天すし (14)

そして握りに移ります。まず頼んだのはボタンエビです。大きなボタンエビでした。値段は398円で安いです。妻と母も同じく頼んでいました。

このボタンエビは一貫のみの値段で、あとは一皿を頼んで妻と二人で一貫ずつ食べました。
海天すし (18)

こちらは「かすご(298円)」。「かすご」は「春子」と書きます。本鯛の稚魚のことで、その名の通り春の時期に産まれた小鯛です。小鯛を軽く酢でしめてあります。
海天すし (10)

「能登ふぐ昆布締め(398円)」はポン酢でさっぱりと食べます。
海天すし (15)

「はもあぶり(358円)」もさっぱり系です。
海天すし (17)

「あゆ塩あぶり(398円)」だったかな?
海天すし (13)

「うなぎ(498円)」も頼みましたが、こちらは焼いてから時間が経っていたのでイマイチでした。^^;
海天すし (6)

母と娘が頼んだ「白身の五貫盛り(998円)」はノドグロ、ふぐ、えんがわ、鯛、あと一つは何だろう?カンパチかな?
海天すし (4)

こちらも二人が頼んだ「店長五貫盛り(998円)」で、ノドグロ、中トロ、赤身、サーモン、ブリ。
海天すし (8)

娘は豚汁も頼んでいました。

相変わらずの人気でしたが、お盆のこの時期、ネタ的には少し厳しい感じがしましたが、居酒屋使いも出来て、一人これだけ飲み食いしても3千円強で済むというのは、やはりありがたいですね。ご馳走様でした。

海天すし 小松平面店
石川県小松市平面町カ74-1
TEL 0761-24-0448
11:00~21:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

もしかしたら焼肉専門料理店の紹介は初めてかもしれません。

ご存じの通り私は肉が苦手です。特に鶏と豚、羊もダメです。唯一、牛の脂があまりない赤身のところやハンバーグやソーセージなどの加工品は食べます。

皆からはおかしい!と言われたりするのですが、まぁ、好き嫌いというものはそんなものです。(笑い)
かが元泉

「炭火焼肉 かが元泉」は、前は加賀市で43年間営業されていましたが、今年の3月にこちらに移転オープンされています。
かが元泉 (5)

「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」にも掲載されていて、多くのファンが居ます。わざわざ金沢あたりからも食べに来るお客さんもいるようです。

この日は妹一家と一緒に訪れました。

店内は、テーブル席が12席。カウンター席が7席。新しいので焼き肉店にもかかわらず匂いがまだしみついていません。
かが元泉 (2)

お肉などの料理は、単品でお願いしてもいいのですが、グループで行かれた場合は「特選セット」のヒレ(12,000円)・サーロイン(10,500円)・赤身(8,700円)の各種類のどれかをお願いしたほうが、ローストビーフ、サラダ、焼き野菜、キムチ、ナムルなども付いてきて、お得に迷わずに楽しむことが出来ますね。

全体のボリュームとして大体2人前の量だそうで、内容的にはメインの肉以外は同じ内容のようです。

また、メニューにお店の肉へのこだわりが記載されていますが、肉は黒毛和牛A5ランクの中でも最高ランクの8~12番を厳選しているそうです。この日は静岡産でした。

出された七輪には備長炭が入れられていました。
かが元泉 (3)

まず生ビールを頼みます。
かが元泉 (6)

セットでまず出されるのは白菜キムチ。少し甘みの感じる辛さで心地よかったです。
かが元泉 (8)

ナムルは三色ナムルで、上品な味付けでよかったです。
かが元泉 (7)

ローストビーフは、サシが一杯入っていました。何とか1枚だけ食べました。

そして焼肉に移ります。
かが元泉 (9)

まず出されたのは、牛タンです。
かが元泉 (11)

こちらも脂がたっぷり乗ったタンでした。私は一番赤いところを1枚だけ食べました。

メインのお肉は赤身、サーロイン、焼き野菜が一緒に出されました。赤身は薄切り。サーロインはスティック状に切られています。
かが元泉 (10)

各自お好みの焼き方で楽しむことが出来ますね。私は赤身中心です。^^;
かが元泉 (16)

最後に、特上ミノとテッチャン。これは私は食べませんでした。
かが元泉 (17)

以上がセットの内容で、追加で我々は、テールスープ(900円)と、
かが元泉 (18)

わかめスープ(500円)、
かが元泉 (15)

そしてテールスープ(900円)。
かが元泉 (21)

メニューには載っていなかったテールクッパ、
かが元泉 (19)

冷麺(900円)などを頼みました。
かが元泉 (20)

冷麺は私も半分ほど食べましたが、ビジュアル的にも味的も良かったです。
かが元泉 (12)

あとアルコール類は、ハートランドに、
かが元泉 (13)

ハイボールやワインなどを飲みました。
かが元泉 (14)

妻はメニューになかった生マッコリなども頼んでいましたね。

以上を飲み食いして、締めて一人7千円弱でした。思ったよりは少し安くつきました。^^;

まぁ、肉嫌いの私はイマイチ充足感がなかったですが、行った家族は満足していましたよ。さすがミシュランガイドに掲載されただけのことはありました。ご馳走様でした。

炭火焼肉 かが元泉(げんせん)
石川県小松市天神町49-3
TEL 0761-58-2558
17:30~21:30
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ