あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:石川県 > 小松市

今回は5月のお旅まつりのときの時以来の訪問です。少し間が開きましたね。


行ったのは三連休の土曜日。台風が通過しそうなときで、早めの時間帯に行き、サクッと飲んで帰りました。

最初にお断りしておきますが、この日、愛用のカメラを忘れたのでスマホのカメラで撮影しています。明るいところだとそこそこきれいには写るのですが、暗い場所だと厳しいですね。^^;

最初の客で、いつもの通りカウンター席の一番奥に座ります。
エスメラルダ (2)

今回は記念日イブイブ?で、ハーフボトルですがシャンパンを空けました。
エスメラルダ (4)

チャームと、今年開かれた全国バーテンダー技能競技大会が広島で開催されたときのお土産で買ってきたそうで、お好み焼きせんべいを出さてくれました。

普段、エスメラルダでは、最初に出されるチャーム以外はおつまみ類は頼まないのですが、この日は一品頼むことに。
エスメラルダ (7)

頼んだのはこちらの「トマトとモッツァレラ バジル風味」と色々なチーズ、
エスメラルダ (8)

サラミを頼みます。

シャンパンを飲んだ後、季節のカクテルを頼みます。今回は秋バージョンです。

いつも新鮮なフルーツを使ったカクテルが揃っていて、おすすめです。もちろん、どんなカクテルもイメージや好きなお酒の味などを伝えると、ちゃんと合うカクテルを作ってくれるので、普段、あまりカクテルに馴染んでいない方でも安心ですよ。

今回私は、ハロウィンの気分で「かぼちゃと紅茶のハロウィンカクテル」を。
エスメラルダ (11)

甘めのデザート向きのカクテルです。
エスメラルダ (10)

妻のほうはシャインマスカットとジンのカクテルです。

そして、これも広島からお土産で中田君が買ってきた「もみじ饅頭のリキュール」。
エスメラルダ (12)

飲んでみると不思議なことに、確かにもみじ饅頭の味がするのです。びっくりです。

こんなお酒が売っているのですね!?
エスメラルダ (14)

妻は最後にいつもの通り強いお酒で「クレメンティ キナ(CHINA)」。リキュールです。33度をストレートで!

今回はシャンパンをボトルで頼み、おつまみもお願いしたので二人で13,000円強かかりました。

ハレの日にバーでゆっくりプチ贅沢もたまにはいいですね!?ご馳走様でした。

バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)
石川県小松市土居原町339-1
TEL 0761-23-1283
月・水・木 18:00~26:00
金・土 18:00~27:00
日・祝 18:00~25:00
火曜・元旦休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

9月22日に新しくオープンした「遊粋 無垢」に行ってきました。

場所は小松グランドホテルのお隣の三角地のところ。小松市の中心エリアで久しぶりにオープンした和食のお店ではないかと思います。

1階が和食のお店「遊粋 無垢」。2階には和食と洋食系両方が楽しめる「Muku」があります。ちなみに2階の「Muku」は今年の春に先行オープンしています。

「無垢」とは「けがれがなく純真なこと。まっさらな状態。」のこと。まぁ、これからある意味「色」が付いてくる新しいお店ということでしょうね?
無垢 (3)

1階の入り口はこんな感じで、落ち着いた雰囲気を感じさせてくれますね。
無垢 (2)

2階はこの階段を上がって入ります。

私は今回、1階の「遊粋 無垢」にお邪魔しました。行ったのは台風が日本海を通過した三連休。
無垢 (4)

カウンター席と小上がりの席があり、先客は小上がりに4名のかたがいらっしゃいました。

内装は新しいお店なので、まさに店名の通り「無垢」な感じで、白を基調としたシンプルなものでした。

お店で働いている人は若い人が多かったです。
無垢 (5)

この日のお品書きはこんな感じです。お値段も手ごろでカジュアルな路線です。
無垢 (9)

こちらは飲み物のメニューです。
無垢 (8)

まずはハートランドでのどを潤わせます。この日は10月なのに台風の影響で30度を超えていました。^^;
無垢 (7)

お通しです。
無垢 (11)

すぐ出てくるだろうと思って「しおだれキャベツ(320円)」を頼みます。塩昆布が添えられていました。お通しと共にカジュアルです。^^;
無垢 (12)

もずく酢(400円)です。

お造りをお願いしましたが、この日は台風の影響もあって、あまりいいネタがないということで代わりに出されたのは、こちらのカツオのたたきととり貝。
無垢 (15)

とり貝は旬の時期ではないなぁ~?と思っていたら、翌日、小松のスーパー「犬丸屋」で愛知産の新物が売られていました。小松の飲食店は材料を犬丸屋で買われているので、こちらのお店もそうかもしれません。
無垢 (14)

ちなみにお造り1人前1,400円でした。
無垢 (18)

「うなぎ蒲焼(1,280円)」も頼みます。
無垢 (19)

あと最後に、「小松名物 濃厚かにみそ甲羅揚げ(1,100円)」があってので、こちらも解禁前だということはわかっていましたが、あえて頼んでみました。
無垢 (20)

石川では11月6日がズワイガニの解禁日ですが、新潟より北は10月1日解禁なので、もしかしたら生の身を味わえるかと期待しましたが、残念ながら冷凍物ですね。まぁ、1,100円という値段では難しいでしょう?
無垢 (13)

飲んだお酒は、神泉純米大吟醸(1合1,100円)と、

ハイボール(500円)。
無垢 (17)

ハイボール、なぜか甘みがありました。^^;

以上を飲み食いして2人で9千円弱。あまり料理をオーダーしていないので、まぁ、こんなものかもしれません。

新しいお店なので頑張って欲しいと思いますが、1階はお店のイメージよりはカジュアルなので、小松の舌の肥えた年配のかたには少し物足りないかもしれません。ご馳走様でした。

遊粋 無垢
石川県小松市本折町22
0761-46-6906
1F 17:00~22:00
2F 18:00~25:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

芸術の秋や食欲の秋、スポーツの秋と、秋は色々アクティブになる季節です。

10月の中旬から下旬にかけては天気も安定するときで、気温もちょうどよく屋外でのイベントにはもってこいの季節でもあります。
どんどんまつり (5)

そんな秋晴れの中、今年も私の住む小松市では「どんどんまつり」が開催されました。
どんどんまつり (6)

「どんどんまつり」は毎年秋に開催される市民祭で、手作り感が強いお祭りです。
どんどんまつり (9)

この前夜のあんどん行列は見ることが出来ませんでしたが、日曜日の「どんどんまつり」本番には、いいお天気に誘われてぶらぶら出かけてきました。
どんどんまつり (10)

市内外のグルメを集めた歌舞伎市や、ステージパフォーマンス、今年初めて開催された「北國とおり町マーケット」など、中心エリアを歩行者天国にして繰り広げられ、多くの市民で賑わっていましたよ!。
どんどんまつり (3)

また、今年は初の試みとなる「Supercar Festival in KOMATSU」も同時開催されていて、約50台ものスーパーカーが特別展示されていました。

フェラーリやランボルギーニなど、普段あまり見ることが出来ない車もたくさんあって、むかし漫画の「サーキットの狼」を読んでいた年代としては懐かしく見てまわりました。
歌舞伎市では、小松うどんや塩焼きそばの小松市のご当地グルメを始め、市内外の飲食店が多く出展、こちらも昼間からビール片手に飲み食いする人で賑わっていましたね。

ただ、今回飲食店ばかりで、いつも買っているお茶屋さんが、今年出店してなかったのがショックでした。
どんどんまつり (17)

今年初めて開催された「北國とおり町マーケット」は龍助町と龍助町北交差点間に、フード・雑貨・クラフトなどが集まって開催されたマーケットで、市内外から色々なお店が出展されていました。フリーマーケット式の古本市もやっていました。
どんどんまつり (15)

私の知っているお店も多く、こちらの日菓さんやヒラクベーカリーなど人気店も多かったです。
どんどんまつり (14)

こちらも多くの人で賑わっていました。

「北國とおり町マーケット」は毎年開かれるのでしょうか?

普段は街中の商店街は買い物客もまばら。昔のような賑わいは難しいのかもしれませんが、こんな時ぐらいはみんなで盛り上がりたいですね!?

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

出張などで小松空港を時々利用するのですが、大体が朝出発で夕方から夜に戻るというパターンなので、空港内のレストランを利用することがあまりありません。

今回、札幌へ出張があり、ちょうどお昼の出発時間だったので、空港でランチを取ることにしました。
空門 (7)

今回利用したのは「カフェ&バーレストラン空門(OOMON)」というカフェ&バーレストラン。運営はホテルサンルート小松や今年小松駅前に新しきできたホテルグランビナリオKOMATSUなども運営しているHifリゾート株式会社です。

むかし、夜のフライト前に軽く一杯やるために入ったことがあります。それ以来の訪問になります。ランチでは初めてです。

前はビュッフェスタイルだったのですが、いまは一般的なアラカルトメニューになっていました。

個人的にはランチやディナーでビュッフェスタイルのお店にはあまり行きません。ホテルの朝食は別ですが。

なぜか!?一つの理由は食べすぎるからです。

取ってきて残すのがイヤなのですが、並んでいるものを見るとついつい取ってしまうからです。^^;

今回、ビュッフェではないということで入ってみました。

札幌便は出発が12:15ということで、こちらのお店のランチタイム開始時間11:30まで待っていては、少し間に合わない可能性があるので、11時過ぎにお店に入りました。
空門

店内は広くて、多くのお客様が一度に入ることが出来ます。
空門 (3)

ランチメニューはこちらの2枚。
空門 (2)

ところが、11:30までのメニューでお腹がふくれそうなメニューはカツカレーしかありません。肉が苦手な私はパスなので、代わりに食べるものといえば、「生ハムとサラミハムの野菜たっぷりマフィン」しかありませんでした。

空港という場所柄、もう少し食事が出来る時間帯を広げてくれたらありがたいと思いましたが、どうなのでしょうか…?

結局それを頼むしかありません。「生ハムとサラミハムの野菜たっぷりマフィン」ドリンク付で950円(税込)です。

ドリンクはカフェメニューの中から選ぶことが出来るのはよかったです。私はカフェラテをチョイス。
空門 (4)

ただ、ドリンクはすぐに運ばれてきました。本当は食後に欲しかったのですが、せめてマフィンと一緒がよかったですね。オーダーのときには何も聞かれませんでした。カフェタイムだったから?
空門 (5)

出された「生ハムとサラミハムの野菜たっぷりマフィン」がこちら。
空門 (6)

業務用のイングリッシュマフィンを使用していると思いますが、正直、パサついていてイマイチ。これは再考したほうがいいのではないでしょうか?^^;

中の野菜もたっぷりというほどではなく、メニューを見るとトマトが挟まれていますが、なかったような…?^^;

石川県への空の玄関口なので、より良き印象を残してもらうために少し要望事項多めの内容になりましたが、是非お願いしたいと思います。ご馳走様でした。

カフェ&バーレストラン空門(COOMON)
石川県小松市浮柳町ヨ50
 小松空港ターミナルビル2F
TEL 0761-24-1512
10:30~19:30(L.O.19:00)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松の紅葉の名所「荒俣峡」。

あと半月ほどすると紅葉も見頃となるでしょうか?

その「荒俣峡」に私もよく行く川魚と山菜・きのこを食べさせてくれるお店「長寿庵」があります。

「長寿庵」へは行ったのは6年ぶりです
長寿庵 (3)

渓流大杉谷川沿いの一部が川に張り出す形で、1300年以上経過した古い木材を使って建てられているお店で、囲炉裏があって昔ながらの風情を感じる空間です。

しかし今年は、お盆から8月末まで水不足で休業していたそうです。珍しいことです。
長寿庵

ところが一転、9月に入ってからゲリラ豪雨や台風、秋雨前線と、毎日降るわ降るわ!大変でした。^^;

さてこちら「長寿庵」は、春は山菜、秋はキノコ類がお目当てなのですが、行った9月の中旬は端境期でした。

この日も雨模様で、しっとりと濡れた木々、大杉谷川の川の音が目と耳両方から癒してくれます。大杉谷川の流れも速かったです。

女将の花子さんは茨城出身で、いまは小松弁と茨城弁の混じったような会話で接待してくれます。

鮎は行った時期が一番美味しい時期だったかもしれません。

今回酒を飲んだのは私だけ、他の3名には悪いことしたかも知れません。こんな美味しいものを目の前にして飲めないのは私には我慢できませんでした。

今回はコースで5,000円。リクエストは東京からの客人のご希望が鮎!ということで、鮎をメインであとはおまかせでお願いしました。
長寿庵 (5)

いつもの座敷のお部屋です。
長寿庵 (9)

まず座卓に置かれたのは、左はぜんまい。右はミョウガのゴマ和えです。
長寿庵 (7)

そして出された、ザルに氷を敷き詰めた上に置かれているのは「イワナの洗い」。氷で冷やされたイワナの身にわさびを乗せ軽く醤油に付けて食べると、岩魚の身が凛として、そして美味しい。定番料理です。
長寿庵 (10)

まず最初の鮎は、少し小ぶりなものが唐揚げで2匹出されました。ガブリ!サクッ!という感じで食べます。
長寿庵 (11)

焼きも2匹。メスの鮎で子持ち。お腹もパンパンに張った鮎で、焼き具合も最高。頭から骨ごと食べることができます。
長寿庵 (4)

これもお店の囲炉裏で炭火で焼くことによって遠赤外線でじっくり焼いているからです。

この鮎には東京から来た客人も大いに喜んでいました。
長寿庵 (12)

そして次に出されたのがこちら。牛肉(どこの肉かは聞きませんでした)と松茸が野菜と一緒にソテーされたものです。

これまで「長寿庵」では一度も食べたことがないメニューです。

東京の有名店で料理人として働いておられた息子さんが数年前に戻ってこられたから出されるようになったのでしょうか?

この時期、松茸は海外産のものでした。
長寿庵 (14)

最後の締めは蕎麦。

ただ、これまででお腹がいっぱいになってしまっていたので、美味しかったのですが私は少し残してしまいました。^^;

いや~、もう胃袋パンパンです。

昔はこのぐらいは全然平気だったのですが、歳と共に食が細くなりましたね。
長寿庵 (13)

なお、お酒のほうはビール1本と神泉大吟醸1合。飲んでいるのは私だけだったのでこのあたりでやめました。^^;

久しぶりの長寿庵。花子さんもお元気で、そして鮎や岩魚の味は最高!満足満足。ご馳走様でした。

荒俣峡 長寿庵
小松市赤瀬町
TEL 0761-46-1605
11:00~14:00
17:00~19:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ