あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 告知・その他


元日に能登を震源とする大きな地震が発生してから今日でちょうど1か月。

親戚や友人は被災地にはいないのですが、個人的な知り合いの方が何人いて、その方は皆さん無事。また、我が家は灯篭が倒れたり本棚が変形したりしましたが、ほぼ被害がなかったのが幸いでした。

現地では災害復旧はまだまだ。復興はその先という段階で、今後気の遠くなるような時間が必要です。現地に行ってのボランティアは難しいいので、義援金や支援金の形で何か所かに寄付をしました。

さて、私自身は昨年、一昨年と奥能登を訪れています。
輪島朝市 (7)

一昨年の輪島では、今回の地震の際の火事などにより壊滅的な被害を被った朝市通りを歩いたり、知人の輪島塗の桐本さんの工房「輪島キリモト」にお邪魔しています。
輪島キリモト
輪島キリモト」は幸い人的被害はなく、数年前に新しく建てられた工房で避難生活を始めていますが、ご実家のほうは大きく損壊している状況で輪島塗の仕事の方もいつから開始できるか分からないようです。
輪島ドラマ記念館 (3)

朝ドラ「まれ」の記念館も全焼。

ラトリエ・ドゥ・ノト

その時にディナーを食べた人気のフレンチ「ラトリエ・ドゥ・ノト(L'Atelier de NOTO)」もお店が倒壊されたようです。
ラトリエ・ドゥ・ノト (19)

また、昨年、一昨年とも訪れた輪島白米千枚田も地割れが多く発生しています。
千枚田珈琲 (17)

昨年は珠洲へ行って奥能登芸術祭を見に行き、能登町の「能登イタリアンと発酵食の宿 ふらっと」に宿泊しました
ふらっと (2)

ご主人のベンジャミンフラットさん(ベンさん)とは、むかし妻とご縁があって、その日も昔話で盛り上がったことが、昨日のことのように目に浮かんできます。
ラトリエ・ドゥ・ノト (19)
幸い建物自体は無事でしたが、設備に大きな損傷がでたようで、営業再開はまだ先のようです。

ふらっと (48)

そして珠洲市で巡った奥能登芸術祭のアートの数々。それらの多くも被害にあっている思われ心配です。
奥能登国際芸術祭 (112)

現状、義援金以外はあまり出来ることが少ないのですが、復旧から復興へ向かうときには、改めて現地へ赴き、お店を巡りたいと思います。

被害にあわれた皆様。どうか健康に留意されお過ごしください。


さて、最後に一つ告知です。

明日2日(金)から石川県が舞台となる映画「レディ加賀」が石川県で先行上映されます。

加賀温泉郷の温泉旅館や飲食店の女将で結成された「レディー・カガ」がモデルになっています。
レディ加賀

先日、別な映画を観にイオンシネマ新小松に行ったときに、通路に「レディ加賀」の撮影風景などの写真パネルが掲げられていました。

何故、ここで紹介するかと言えば、映画の配給収入の一部(5%)が、元日に発生した能登半島地震で被害にあわれた方々への義援金として石川県に寄付されるからです。

また、この映画のプロデューサーの一人である村田徹さんとは20年以上のお付き合いになります。

なかなか現地でのボランティアが出来ないところもあるかと思いますが、多くの方に観ていただくことによって、少しでも被災地の復興につながるのではないかと思っています。

今日で2023年も終わりです。皆さんにとって今年はどんな年でしたでしょうか?

今年は新型コロナが第5類になり、色々なことがコロナ禍前に戻ってきました。

飲食店にも徐々にお客さんが戻ってきて、混雑する店内を見かけることが多くなりましたが、反面、閉店になるところもありました。

南加賀でも、人気だったのになぁ~?と思ってたところが閉店になったりすると、もしかしたらコロナ禍による影響ではないかもしれませんが、寂しい気がします。

今日は、そんな2023年の私のブログで紹介した中で、個人的に気になったお店や料理についての振り返りです。

まず最初は「すし処 まる。」でたべた生わかめのしゃぶしゃぶ
まる。 (14)

出汁にくぐらせるとすぐに鮮やかな緑色の変わります。これが美味しい!新鮮なので出来る食べ方です。

お次は川北町で唯一の料亭「喜水苑」のランチで出された箱膳です。
喜水苑 (11)

箱膳の中に9種類の料理が詰められていました。さすが料亭の一品でした。

次は白山市美川で人気の「御料理 こめや」。こちらでは石川県産マフグを使うフグのおやこコースを愉しみました。
御料理 こめや (19)

その中で出された「フグの子グラタン」はお店のオリジナルメニューで、上の方に見える黄色いのがフグの子です。

築100年超の金沢町家をフルリノベーションした「ORIGO」。こちらではイタリア人が作るイタリアンヌーベルキュイジーヌを楽しむことが出来ます。
ORIGO (25)

写真は能登のブランド椎茸「能登115」を使用したアンティパストです。しいたけのうま味がダイレクトに伝わってきました。
昼どころ 高崎 (17)

こちらは香林坊東急スクエア「昼どころ 高崎」で加能ガニを堪能したときに出された香ばしい焼きガニです。

能美市仏大寺「イタリア料理 イル ボッツォロ(iL Bozzolo)」へは何度かお邪魔していますが、我が家のお気に入りのお店の一軒です。
イル ボッツォロ (11)

今回は「山陰ホタルイカと鶴来菜の花のアーリオオーリオ」と「橋立炙り鰆のブッタネスカビアンカ」の2種類を頼んでシェアしました。イカスミを練り込んだタリオリーニと細打ちのタリオリーニです。

春には砺波市庄川町「鮎料理専門店 鮎や」で庄川の鮎を楽しんできました。
鮎料理専門店 鮎や (22)


新潟で人気のラーメン店「中華そば 石黒」。
中華そば 石黒 (6)

食べたのは煮干しと貝のみで出汁を取った「煮干しと貝の中華そば(830円)」は濃厚スープでした。
新潟古町 而今 (17)

同じく新潟古町の和食割烹「新潟古町 而今(じこん)」のコースの再度に出された〆のご飯は土鍋ご飯でホタルイカでした

札幌に行ったならば札幌中央卸売市場の場外市場!「定食 めし屋」新鮮なネタがたっぷり乗せられたお得な「海鮮四品丼」を食べています
定食 めし屋 (10)

ホタテ・キングサーモン・イクラ・(ズワイ)カニの4種類がたっぷり盛られていました。

同じく札幌ではJR札幌駅の「RISTORANTE&BAR ITALIANA ミア アンジェラ 大丸札幌店」で塩水ウニの冷製スパゲティを食べています
ミア アンジェラ 大丸札幌店 (9)

北海道産ムラサキウニにソースはエシャロットをベースに帆立だしと昆布だしで作られていて、ウニの味を邪魔しないような仕上がりでした。
加賀丸芋麦とろ 陽菜 (15)


イオンモール白山「il Fri sio HAKUSAN(イル・フリージオ白山)」運よく奥田政行氏自ら腕を振るってくれたメインを食べています
イルフリージオハクサン

カサゴをアクアパッツァで。あさりとオリーブがたっぷり入っています。

お盆休みに小松市「粋庵(すいあん)」でコースを頼んでいます
粋庵 (17)

〆の食事はウナギの釜炊きご飯。ご主人はウナギの老舗ご出身だけあります。

東尋坊雄島が見える「Brilliant Heart Museum」はアートディレクター戸田正寿氏の私設美術館です。
Brilliant Heart Museum (25)


秋の旅行では鎌倉の人気店「anchoa(アンチョア)」でコースを堪能。最後に食べた「パエリア」です
アンチョア (31)

お米から大きな鍋一杯に薄く広げた状態で炊かれていて、新鮮な地魚をふんだんに使ったスープでシンプルに炊き上げたパエリアは、魚のうま味をたっぷり吸い、美味しさが口の中に広がりました。
東京ステーションホテル (53)

こちらは東京で宿泊した「東京ステーションホテル」の朝食会場の「アトリウム」です。モーニングビュッフェがすばらしかったです。

能登町矢波「能登イタリアンと発酵食の宿 ふらっと」では能登イタリアンと発酵食を楽しんでいます。
ふらっと (35)

写真はアオリイカのイカスミパスタ。自家製の手打ちの生パスタ「アッラキタッラ」で、切り口が正方形の縮れたパスタに濃厚なチーズを絡めていて、イカスミの濃厚なソースも一緒に絡めながら食べると、海の香りがチーズに乗り移って、得も言われぬ風味を楽しむことが出来ました。

先日紹介したばかりですが、長野駅前で人気の味噌ラーメン専門「らぁめん みそ家」は信州みそと信州産小麦を石臼挽きした麺がおいしかったです
らぁめん みそ家1

スープの色は味噌ラーメンにしては優しい色で上品で甘みを感じました。緬との相性もばっちりでトータルの完成度が高い美味しい味噌ラーメンでした。

こうやって振り返ってみると、2023年も色々なところにお世話になり、美味しい料理を食べていますね。ありがたいことです。

来る2024年が皆さんによい年でありますように願って、今年の最後としたいと思います。飲食に関しての各お店にも感謝いたします。ご馳走様でした。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日の話題は「ふるさと納税」について。

皆さんは「ふるさと納税」をしたことがありますか?
furusato_nouzei

同じ税金を納めるのであれば、返礼品をもらえる方がうれしいといったことから人気になっていて、各自治体が知恵を絞って地元の「ご当地グルメ」や特産品などを競うように設定、PRをしています。返礼品はやはり食べ物が人気で、その土地土地の特産品を中心に人気を集めているようですね。

私が住む小松市も当然やっているわけですが、令和3年のデータでは全国順位583位、石川県内順位8位という結果でした。

ちなみに2022年で石川県ふるさと納税金額ランキングの1位は金沢市、2位は輪島市、3位は白山市でした。

さて、この「ふるさと納税」は、個人にとって節税効果があるということがミソですが、私は「ふるさと納税」を一度もしたことがありません。
building_kokuzeikyoku

理由として大きいのは、他の自治体に「ふるさと納税」すると、逆に住んでいる自治体(の住民税が削減されるから。私自身が住んでいる小松市に税金を納めるほうがいいと思うからです。

地方出身のかたが東京や大阪など大都市で働き、生まれ故郷に「ふるさと納税」するならいいのですが、縁もゆかりもない自治体に納税することに対して個人的には疑問があります。もちろん、災害などで被災された地域に寄付といったことはいいと思いますが、私はそんな時は「ふるさと納税」ではなく、会社を通じてや個人として直接寄付をするようにしています。

あと、控除の対象期限末の年末になるとTVでもふるさと納税に関するCMがバンバン流れていて、仲介サイトがこれだけCMを打てること自体が仕組みとしてあやしい、おかしいと思っていることも利用しない理由として大きいです。

調べてみると、「ふるさと納税」の返礼品の割合は30%以下、仲介業者に支払う手数料は最大でも20%と決められているようですが、どうも納得できません。

個人個人の考え方によって、「ふるさと納税」を利用するのもしないもの勝手ではありますし私の考えが古いかもしれませんが、疑問に思うことはやらないことにしています。

皆さんはいかがでしょうか?

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

東日本大震災への支援を目的に2011年から開催されている「キャンドルナイト&Music in 小松」。
キャンドルナイト

「月よみ山路」で有名な松葉屋の那谷くんなどが中心となって結成されたボランティアチーム「チームこのへん」と「NPO法人カブッキータウンこまつ」が主催。
42ee8fe9

私はボランティアに参加できないので、会場に行ってお金を使ったり寄付したりするのみですが、2019年まで毎年行っていました。しかし2020年から昨年までの3年間はコロナ禍で残念ながら開催中止になっています。

2019年の様子は私のブログではこちらの方で紹介しています

今年は4年ぶりの本格開催となり、次週3月5日(日)16:00~20:00、小松市三日市商店街で開催されます。詳しくはこちらをご覧ください

昨年8月の豪雨による小松市中海町の水害支援などを含めて開催ということ。

小松市による防災ブースや、グルメ的にはキッチンカーが来るようでっす。

義援金はすべて被害者支援に使われますので、多くの方の来場をお待ちしています。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

昨年秋、市川海老蔵さんが十三代目 市川團十郎白猿を襲名しました。

市川團十郎という大名跡が9年ぶりに復活したわけですが、その襲名披露の地方巡業が小松市から始まります。
勧進帳 (3)

小松市にはご存じ安宅関があり、歌舞伎十八番「勧進帳」の舞台となっていて、その関係もあって十二代目の市川團十郎の時から、小松市と深い関わりがありました。
勧進帳 (21)

十三代目 市川團十郎白猿が海老蔵時代には、実際に安宅関でも「勧進帳」が演じられ、私も観に行っています

石川県での公演は3月4日(土)~3月6日(月)で計4回もあって、以下のようになっています。小松市で3回、金沢市で1回です。

①3月4日(土)開演13:00(團十郎芸術劇場うらら大ホール)
②3月5日(日)開演12:00(團十郎芸術劇場うらら大ホール)
③3月5日(日)開演16:30(團十郎芸術劇場うらら大ホール)
④3月6日(月)開演12:00(金沢歌劇座)
演目
歌舞伎十八番の内「勧進帳」/口上/他
出演
海老蔵改め市川團十郎/中村梅玉/他

私も観に行く予定ですが、こちらは公演のチラシと、
勧進帳

東京歌舞伎座で行われた 襲名披露のときのポストカード?です。
勧進帳 (7)
勧進帳 (4)

残念ながら公演のチケットは売切れのようですが、3月4日の公演に先立ち出演者のお練りが行われ、こまつ曳山(ひきやま)交流館みよっさを経由し、JR小松駅前の市民公園までの約400mをお練りする予定となっていて、こちらの方は無料で見ることが出来ます。

お時間のある方は是非見に行かれてはいかがでしょう。
うらら (5)

なお、これまで「石川県こまつ芸術劇場うらら」とういう名称で親しまれてきましたが3月4日から「石川県小松市團十郎芸術劇場うらら」という名称に変わります。この劇場をつくるときに先代の團十郎が関わっていますが、歌舞伎公演に適した舞台を持っているからの改名でしょうか?

館内には「歌舞伎のまちギャラリー 成田屋と小松の絆」というコーナーがあって、十三代目 市川團十郎が名誉館長に就任することが決まっています。

團十郎さんと小松市との絆がこれからも続くことを願っております。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ