あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:洋食系 > 洋食・ハンバーガー

皆さんは「洋食」というとどんな料理を思い出しますか?

「洋食」のより広義の解釈だとフレンチやイタリアンなども含めてしまいますが、私の年代だと、「洋食」とは「日本で独自に発展した西洋料理」という狭義の解釈のほうがピタッと来ます。

ちなみに洋食屋さんにおける5大定番メニューを個人的に挙げるとすると、カレーライス・オムライス・ハンバーグ・エビフライ・トンカツかな?

今日はそんな日本の洋食を食べさせてくれるお店に仙台で行ってきました。
おにおんとまと

お店の名前は「おにおんとまと」。仙台駅からもほど近い場所にあって、お店ではテイクアウト用のお弁当販売と、お店で食べる洋食店の2つの顔を持っていて人気です。
おにおんとまと (6)

ご覧のようにテイクアウト用の色々な洋食弁当もたくさん置かれていました。

店頭に出されていた看板のメニューです。
おにおんとまと (2)

ランチは日替わりのメニューが2種類。
おにおんとまと (3)

ハンバーグ系と洋食系のがあり、洋食系のは肉系メニューが多かったですが、水曜日は「カレーの日」ということでラッキーでした。

ランチメニューはライス大盛り無料。「カレーの日」のハンバーグカレー、ビーフカレーには 目玉焼きのトッピングが無料という太っ腹。大盛りは遠慮して目玉焼きのみお願いしました。

一緒に行った人も同じものを頼んでいます。
おにおんとまと (9)

まずサラダが出されます。

そしてハンバーグカレー。
おにおんとまと (10)

なかなかのボリュームです。

ハンバーグは洋食屋さんの味そのもの。柔らかくて甘辛のソースがたっぷりかけられていました。
おにおんとまと (11)

切るとこんな感じです。

カレーは辛さは控えめの中辛。味は万人受けしそうな感じです。

ボリュームがあって、値段も800円とお得。急ぎの人はテイクアウトのお弁当を買って食べることが可能など、使い勝手のいいお店でした。ご馳走様でした。

おにおんとまと
宮城県仙台市宮城野区榴岡4-12-2
 オダシマビル1F
TEL 022-349-8588
月~金11:30~22:00(L.O.21:30)
土11:00~22:00(L.O.21:30)
日11:00~20:30(L.O.20:00)
祝11:00~16:00(L.O.15:30)
不定休(年末年始,GW,お盆休み有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

神田神保町界隈にはカレーやフライ物を出す洋食系のお店が数多く存在しています。

学生の街といったことも大きいのでしょうね。

そんなお店の中には人気店・有名店が数多く存在していて、ランチ時などにはお店の前に順番待ちの列が出来ているところが多くあります。

一方私は、歳と共に洋食店に行く機会が少なくなってきました。

その理由の一つは揚物メニューが多いこと。そしてボリュームが多く食べきれない量が付いてくるお店があることです。

昨今、フードロス問題が叫ばれる中、食べきれずに残すのをなるべく避けたいので行くことをためらうようになってきました。

今回、久しぶりに、そんな神保町の洋食店に行ってきたので書きたいと思います。

そのお店は「キッチン マミー」。この界隈でも人気店の内の一軒です。

この日は、他の都市からの移動で、ちょうど12時ごろに神保町に到着。

お昼時だったので空いているところに入ろうと思って、あまり調べずに入りました。

お店に到着すると、ランチ時は順番待ちを覚悟のお店ですが、先客は2名で拍子抜け?
キッチン マミー

昔ながらの喫茶店のような外観で、中も簡素なインテリアです。
キッチン マミー (4)

カウンターの中ではご年配の女性の方が調理されていました。

カウンターの上にメニュー黒板が掲げられています。
キッチン マミー (2)

A~D、そしてなぜかMセット、おすすめセットやミックスセットもあって。ネーミングに統一感がありませんでした。

意外と肉系メニューが多くある洋食店。その中から選ぶとなると選択肢が限られます

私は肉が苦手なのですが、ただしハンバーグ・ミンチカツはokという少し変なところがあるので、そのミンチカツと海老フライがセットになったAセット(税込1,100円)をお願いしました。

オーダーが入ってからフライを上げ始めるので少し時間がかかりますが、そのほうが美味しいフライを食べることが出来るのでウエルカムです。

出されたのがこちら。
キッチン マミー (7)

出されたとたんにびっくりしました。
キッチン マミー (8)

セットにはご飯とみそ汁が付いてきます。

フライのボリューム、そして同じく山積みにされたキャベツの千切り。

一目見て、これは食べきるのは無理だな…?と思いました。

そこでキャベツをまず食べ吸収を抑えることに。その後でフライを食べつつ、食べられそうだったらご飯に手を付けるという方法を取ることにしました。

フライ自体は揚げたてなのでサクッと美味しいのですが、案の定、途中でご飯までは食べられないとわかり、料理を全部食べてご飯は残すことにしました。

わかっていながら洋食店に入ってしまう、また反省です。^^;

一緒に行った人は、Dランチを頼んでいました。Dランチはエビフライと豚ヒレカツのセットです。
キッチン マミー (6)

完食していたので素晴らしい!

今回、移動の途中であまりよく調べずに入ったので、デカモリで有名なところだとわからなかったこともあって、ご飯を大量に残すことになりごめんなさい。そしてご馳走様でした。

キッチン マミー
東京都千代田区神田神保町2-28
 加瀬ビル1F
TEL 03-3262-6659
11:30~14:30
日曜・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

名物に旨いものなし!とよく言われますが、皆さんはどのように考えるでしょうか?

個人的な意見ですが、名物と言われ始めると同じようなものが周辺に登場します。そんな似たようなお店の味やサービスがそれほどでもないと次第に評判が悪くなっていくために、評判が落ちていくのではないかと考えます。

私も全国各地に行って、色々、名物とかご当地グルメと言われるものを食べたりする機会がありますが、感覚的には「さすがに美味しい!」と思うものは半分ぐらいではないかと感じています。

もっとも、やはり発祥のお店に限っていえば美味しい確率は高いと思うのですが……。

さて、ちょっとマイナスイメージの書き出しで始めましたが、今日はオムライスが有名な「たいめいけん」の紹介です。
たいめいけん

行ったのは日本橋の本店ではなく、上野駅の改札内にあるエキュート上野にある「洋食や 三代目 たいめいけん」。

「たいめいけん」といえば、故伊丹十三氏の映画「たんぽぽ」で有名になりました。

映画ではチキンライスに乗せられたオムレツを割るスタイルのオムライスが登場。それ以来色々なお店でも食べることが出来るようになりました。

さて今回紹介する上野の「洋食や 三代目 たいめいけん」は、場所柄、日本橋の本店と違ってカジュアル路線のお店です。

ちなみに一昨年3月に、富山県美術館内に地方初出店の「日本橋たいめいけん 富山店」を開店しています。
たいめいけん (2)

この日は、上野発の北陸新幹線で石川県に戻る前、夕飯を食べに入りました。
たいめいけん (9)

改札内ですが、広いスペースのお店です。

17時でまだそれほど混雑はしていませんでしたが、その後でどんどんお客さんが入ってきました。さすが上野駅です。
たいめいけん (5)

メニューです。
たいめいけん (4)

まずはビールですが、この「地域限定販売」という文字が気になってサッポロビールの「白穂乃香」を飲んでみました。
たいめいけん (7)

関東エリア限定のようです。

無濾過なので酵母が残っていて少し白濁していますね。フルーティで飲みやすく美味しいビールでした。

このビールと一緒に頼んだのは「たいめいけんサラダ(500円)」。
たいめいけん (8)

飲んだり食べたりする前はなるべく野菜をとるようにしています。

そして頼んだのは。こちらの「オムライス&国産粗挽きハンバーグ(1,650円)」のコンビネーションセットを頼みました。
たいめいけん (15)

ハンバーグをつまみに飲んで、締めでオムライスを食べるという塩梅です。

なお、オムライスにはケチャップ・デミグラス・トマトソースの3種類から選ぶことが出来て、私はトマトソースでお願いしました。

ハンバーグは美味しかったです。好みの固さでデミグラスソースもいい風味を出していました。
たいめいけん (16)

そして肝心のオムライスのほうは、う~ん、まぁ普通ですね。^^;
たいめいけん (18)

半分に割ると、中はこんな感じです。具はハムと玉ねぎのシンプルなオムライスです。

もっとも、この値段で贅沢は言えません。

日本橋の本店の2階のお店では、本格的なオムライスが2,200円、前述のタンポポオムライス(伊丹十三風)が2,800円もします。^^;

そちらはさぞかしおいしいでしょうね?一度食べてみたいです。

料理を待つ間に、樽詰めスパークリングワイン(500円)を頼みました。
たいめいけん (14)

キールロワイヤルというカシスがプラスされたものですが、これが甘かったです。^^;
たいめいけん (17)

で、口直しにハイボールを頼むことにしました。380円と安い!

以上飲み食いして3,800円円ほど。コスパはいいです。

帰宅する前に軽く一杯。もしくは食事をしてから帰る人も多いと思いますし、値段的にも使いやすいお店ですね!?ご馳走様でした。

洋食や 三代目 たいめいけん
東京都台東区上野7-1-1
 エキュート上野3F
TEL 03-5826-5622
月~土7:00~23:00
日・祝7:00~22:30
モーニングタイム7:00~10:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今年の年末年始は雨が降る日が多かったですが、4日だけは晴天に恵まれました。
木場潟 (25)

その日は久しぶりに木場潟に行って散策して、冬の束の間の太陽の日をたっぷり浴びて歩いてきました。

そんな日だったので、ランチもいい景色を眺めながら食べたいと思い、妻と息子を連れだってランチを食べに出かけることに。
さとやまカフェ (18)

行ったのは、辰口にある「さとやまカフェ」。約4年ぶりにお邪魔しました。

前回は「和風おろしオムライス」と「リコッタチーズパンケーキ」を食べています。こちらを見てください
さとやまカフェ (3)

お店の内外装はオープン当初からそれほど変わっていませんでした。

ご覧のように、窓の外は雪景色。
さとやまカフェ (12)

でも、薪ストーブに火が入っていて遠赤外線で店内は暖かいです。
さとやまカフェ (2)

景色を眺めながらゆったりとした気分で美味しい食事やドリンクを楽しむことが出来ます。
さとやまカフェ (5)

メニューはこちら。
さとやまカフェ (4)

前回お邪魔した時よりメニューの種類が大幅に増えていますね。

「さとやまカフェ」はオムライスが有名なので、我々3名は全員オムライスを頼むことに。それも普段あまりお店で食べることのないメニューにしました。
さとやまカフェ (16)

私は「お好み焼風オムライス(950円)」。その名の通りお好み焼き風に仕上げた一品です。
さとやまカフェ (15)

中はバターライス仕様。豚ばら肉も入っていました。玉子は地卵を使用していて、見た目も黄色く濃厚な味。お好みソースが合いました。

でも、中のバターライスとの相性も良く、美味しくいただけました。
さとやまカフェ (13)

妻のほうは「レモンサラダ風 野菜添え(900円)」。地ベビーリーフ、トマト、パルメザンチーズ、レモン果汁がかけられています。こちらもバターライスです。

私も一口食べましたが、レモン果汁でさっぱりとして美味しかったです。

息子は「ラザニア風オムライス(1,000円)」です。
さとやまカフェ (14)

こちらはライスはケチャップで味付けされていました。

時間の関係でドリンクはオーダーせずオムライスのみ。あとパンケーキも美味しいのですが、今回は残念ながら頼んでいません。

冬の時期でしたが天気のいい日だったので景色もご馳走でした。次回またゆっくりとお邪魔したいと思います。ご馳走様でした。

さとやまカフェ
石川県能美市湯屋町へ116番地
さとやま設計社内
TEL 0761-51-5330
11:00~19:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県では最近ハンバーガーをメインにしているお店がだんだん増えています。


他には金沢のせせらぎ通りに「The Godburger(ザ・ゴッドバーガー)」などがあります。

どれも比較的高価格路線を取っていますが、まぁ、2つの巨大M(頭文字)のハンバーガー店とまともに勝負してもダメなので、差別化した品揃えで高級路線で勝負!といったところでしょうか?どうなのでしょう?
行善寺

さて、今日紹介します白山市の行善寺佛子園内にあります「883Cafe(パパサンカフェ)」。
883cafe (16)

883cafe (7)

「行善寺やぶそば」は行善寺の同じ建屋にある温泉施設に併設された飲食店で、温泉に入ったお客さんが主だったと思います。
883cafe

こちらの「883Cafe」は、施設からいったん外に出て、お店に行く必要があります。ちょっとわかりにくかったですね。

佛子園の経営ではなく、テナントとして入っているのでしょう?経営も違うようです。
883cafe (9)

コンセプトは「いろんな分野のちょいワル親父、パパさんが集まるカフェ」だそうで、店内にはパパサンカフェ仕様のドンとハーレーダビッドソンが飾られていました。
883cafe (2)

店内はアメリカンな内装で統一。でも比較的落ち着いた雰囲気でした。

しかしながら、行善寺佛子園には多くの子供さんが来ているのですが、その子たちがお店に出入りするたびに、自動ドアではない引き戸を開けっぱなしにするので店内は寒かったです。

どんなご縁でお店を出したのかはわかりませんが、内外装やコンセプトを見た感じは、正直、この場所には似合わないお店ような気がしました?^^;
883cafe (6)
883cafe (4)

こちらが飲食メニューです。

ハンバーガー屋さんなので、ハンバーガー屋さんで売っているようなメニューしかありません。

カウンターでオーダーをしてお金を先に払います。

私はこちらの「883ハンバーガーセット(900円)」を頼むことにしました。883バーガーの単品は650円するので、やはり高級なハンバーガーですね。
883cafe (10)

883バーガー、フライドポテト、ドリンクがセットになっています。当然ながら別々に頼むよりはお得です。
883cafe (11)

ハンバーガーの中に挟むチーズとソースは2種類からチョイス出来ます。私は普段食べない組合せで、モッツァレラチースとテリヤキソース。

セットドリンクは10種類から。私はピーチソーダを頼みました。
883cafe (15)

883バーガーはさすがにボリュームたっぷりで、バンズの厚みもたっぷり。袋に入れたままでかぶりつきます。

肝心のパテの方も牛肉のうま味がそのままな感じの仕上がりで美味しかったです。ただ、モッツァレラチースとテリヤキソースの組合せはモッツァレラの良さが消えてしまっていたので、ここはハンバーガー定番のチェダーをチョイスすることをおすすめします。
883cafe (5)

妻のほうは新発売の「焼肉ライスバーガー(700円)」を頼んでいました。
883cafe (13)

バンズには、いま話題のスーパーフードらしいのですが「もち麦」も使用して、国産牛の焼肉がたっぷり挟まれたハンバーガーでした。こちらもボリュームありますね!?
883cafe (14)

あと「883スムージー(350円)」を一緒に頼んでいます。バナナ・キウイ・マンゴー、あと小松菜テイストを書かれていましたが、テイスト?ってどういう意味でしょうか??^^;

「いろんな分野のちょいワル親父、パパさんが集まるカフェ」でしたが、先ほどの書きましたが場所的にはそんな雰囲気と違っていたので、いいのかわるいのかわかりません。今後も頑張ってもらいたいですね。ご馳走様でした。

883Cafe(パパサンカフェ)
石川県白山市北安田548-2
 行善寺内
TEL 076-275-0616
11:00~17:00(L.O.16:45)
第2・4木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ