あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:洋食系 > 洋食・ハンバーガー

とんかつのお店は私にとっては縁遠い存在です。

基本的には肉が苦手なので「とんかつのお店」というだけで足が遠のいてしまうのです。(^^;

今日はそんなとんかつのお店を紹介します。

「とん祥亭」という名前で、国道305号線を小松から能美市に入り8号線に合流する手前にあります。
とん祥亭 (8)

私はお店の存在は前から知っていましたが、肉が苦手なのと、お店自体が何となくやっているかどうかわからないような感じで、これまで行ったことがありません。

今回始めて、お盆の休みに妻と一緒にランチを食べに行きました。
とん祥亭

立派な建屋で、店内は広く、多くのお客さんが一度に入ることができます。
とん祥亭 (2)

11:30ごろお店に到着しましたが、お盆だったからでしょうか?次から次へとお客さんが店内に入ってきました。人気なのですね!?
とん祥亭 (3)

メニューです。種類が多いです。
とん祥亭 (4)

基本は豚肉を使用したメニューですが、牛肉のもの、丼もの、カレーやイタスパまでありました。

メニューだけ見るととんかつのファミレスのような感じです。

あとメニューにも書かれていますが、こちらのお店では「パン粉、タレは自家製」、「お米はコシヒカリ」を使用されています。

これらの中から私は、ハンバーグ(は食べられる!)を食べようと思っていったのですが、何と!この日?はやっていないとのこと。

お盆休みの最初の日だったということもあるかもしれませんが、ほかのお客様がオーダーした他のメニューについても「今日はありません」と伝えられていました。

気を取り直して私は「キムチチャーハン(税抜700円)」を頼むことに。
とん祥亭 (7)

キムチ色に染まった焼飯です。

サラダがたっぷり盛られているのがうれしいですね。

ドレッシングもたっぷりかかっていたのですが、ドレッシングがキムチチャーハンの下に流れ込んでいました。

個人的にはサラダは別皿、もしくはドレッシングを別につけてもらえるとありがたいと思いました。

妻は「ヒレかつ定食(税抜1,250円)」です。
とん祥亭 (5)

冷奴が付いています。
とん祥亭 (6)

ヒレかつはボリュームがありました。確かに自家製のパン粉がサクッとしていておいしそう。

肉料理のお店なので、これまであまり気に留めていませんでしたが、周辺には人気のお店がまだまだありますね!?ご馳走様でした。

とん祥亭
石川県能美市大長野町リ-25-1
TEL 0761-57-2299
11.00~22.00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

日本一の高さを誇る大阪のあべのハルカス。オープンしてから早6年半が経過しようとしています。

ご存じ近鉄グループのビルで、近鉄百貨店や大阪マリオット都ホテル、近鉄の大阪阿部野橋駅などが入っています。

その近鉄百貨店には全国の多くの百貨店がそうなのだと思いますが、12~14階に「あべのハルカスダイニング」というレストラン街があって、今日はその「あべのハルカスダイニング」にあるハンバーグ専門店「昭和町BOSTON あべのハルカスダイニング店」を紹介したいと思います。
ボストン (2)

こちらのお店は12階にあって、こちらが外観です。
ボストン

サンプルケースがありました。ハンバーグ専門店なので当然メニューはハンバーグばかりで種類が豊富!
ボストン (3)

そのサンプルケースの上にはお店の歴史が書かれたパネルがあって、そちらを見ると同じ阿倍野区の昭和町発祥で元々は音楽喫茶をやられていたようです。
ボストン (11)

店内に入ると、カジュアルな内装ながら落ち着いた雰囲気で、この日は4割程度の入りでした。
ボストン (5)

メニューです。
ボストン (4)

こちらはランチタイムメニュー。ランチにはライスは小と中が無料でした。

私は「ホットサルサハンバーグ」を頼みました。200gで税抜1,330円と少々お高め。場所的なものもあるでしょう?

「ホットサルサ」と書かれていたので、お店の人に「サルサソースは辛いですか?」と聞いたらそれほどそれほど辛くないといわれたので頼みました。
ボストン (7)

出されたのがこちらです。熱々の鉄皿に乗せられていて、シュージューと音を立てています。
ボストン (8)

100%ビーフハンバーグで、そのの下にはもやし、右には小ぶりなジャガバタ1個丸ごと添えられていました。
ボストン (10)

こちらはソースをかけて半分に割ってみたところ。熱々なので火傷に注意!

確かに具沢山のサルサソースはあまり辛くなかったです。
ボストン (9)

一緒に行った人が頼んだのは「てりたまハンバーグ(200gで税抜1,530円)」。照焼ソースに温泉玉子がトッピング。女性に人気なようです。

場所柄ちょっと価格が高かったですが、美味しいハンバーグを食べることが出来るのでうれしいお店ですね。ご馳走様でした。

そういえばこちらのお店の前にあったカレーのお店「ピッコロ」が閉店になっていました。新型コロナの影響でしょうか?残念です。

昭和町BOSTON あべのハルカスダイニング店
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
 あべのハルカス12F
TEL 06-6654-6745
月~金
11:00~15:00(L.O)
17:00~22:00(L.O)
土・日・祝
11:00~22:00(L.O)
不定休(あべのハルカスに準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログであまり紹介していないお店のジャンルについて最初に書きたいと思います。

あまり登場しないのは、まずは肉料理専門店です。肉が苦手なので当然ですね!?

そして意外?にもバイキングや食べ放題のお店もそうなのです。

理由は、歳とともに量は食べられなくなってきたことと、バイキングだとついつい取りすぎてフードロスになってしまうから。ただしホテルの宿泊に付いてくる朝食などのバイキングは別ですが。
ゴッツォーネ

今日紹介します大領町にある「しあわせ食彩 ゴッツォーネ」は、こらまではランチバイキングをウリにしていたお店です。
ゴッツォーネ (10)

しかし、このコロナ禍のなか、バイキングでの営業は難しく、再開以来、セットや単品メニューに衣替えしてランチ営業をされています。

今回、バイキングではなくなったと聞いてランチを食べに出かけてきました。

加賀市にある社会福祉法人の南陽園が経営しているお店で、今年紹介した片山津温泉にあるパン屋さん「ベーカリー&カフェ パンドーネ」と同じですね。

ここは昔「レスト三湖」というレストランだったところで、私の子供のころはハレの日は「レスト三湖」で食事をすることがうれしかったといった記憶が残っています。

さて、行った日は会社がお休みだった、とある平日のランチ。それも早めの時間に行ったので最初のお客さんでした、
ゴッツォーネ (8)

店内に誰もいなかったので了解を頂き写真を写します。

とても広いスペースで3密は皆無の状態です。使用は有料ですが個室の和室もあるようですね。
ゴッツォーネ (9)

こちらは本来であればバイキングの料理が置かれていたスペースです。

メニューです。
ゴッツォーネ (4)

正式なメニューとしては、「本日のプレート(税抜1,000円)」のみです。一日限定20食となっていました。

あと、写真の右側はテイクアウトメニューですが、店内での飲食が可能となっていました。税抜ですがワンコインの500円という安さです。

「本日のプレート」の内容は、日替わりのパスタ、サラダと前菜類が盛られたワンプレート、そしてスープです。

最初にサラダと前菜類が盛られたワンプレートが運ばれてきました。
ゴッツォーネ (11)

この日の内容は「葉っぱちゃんサラダ」「ツナと里芋のマッシュポテト」「ブロッコリーソテー」「ひじき豆腐つくね」「エビのマリネ」「筑前煮」。
ゴッツォーネ (5)

「葉っぱちゃんサラダ」は、お店に入ったところで水耕栽培が行われていた「菜っ葉ちゃん」と呼ばれるレタスのサラダです。レタスの特徴であるシャキッとした食感はあまり感じられませんが、優しい味のレタスでした。

後の前菜も肉類が使われていないものばかりだったので、私にとってはよかったです。
ゴッツォーネ (12)

そしてメインのパスタはこの日は「ボンゴレロッソ」。
ゴッツォーネ (13)

その後、コンソメスープがだされました。

パスタは大粒の身が入ったアサリが使われていて、トマトソースがたっぷりの「ボンゴレロッソ」。量は通常サイズよりも少し小さめ。でも、先ほどのワンプレートの前菜とあわせて、男の私にとっても十分満腹になるボリュームでしたね!そして税込で1,100円という値段もお値打ちな感じがしました。

バイキング営業は果たしていつになったら再開できるかわかりませんが、社会福祉法人が経営しているお店なので是非頑張ってい欲しいと思いました。ご馳走様でした。

ゴッツォーネ
石川県小松市大領町ロ212 
TEL 0761-46-6000
11:00~16:00(L.O.14:00)
不定休(年末年始休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


(追記:6月18日に売却されるという記事が出ていました)

肉が苦手な私が「いきなりステーキ」を紹介しようと思ったのは、人気を誇っていた「いきなりステーキ」が多くの店舗を閉店するということがニュースになっていたからです。

そういえば「いきなりステーキ金沢御経塚店」がこの6月21日で閉店になります!?(御経塚店はFC店)

さて、ご存じの通り新型コロナウイルスの影響で外食市場が縮小する事態となっていますが、少し前、石川県ではだいぶ遅く放映されているテレビ東京のカンブリア宮殿という番組を観ていたら、「いきなりステーキ」や今日紹介する「ペッパーランチ」などを運営するペッパーフードサービスの社長が出演されていたのを見ました。そこで「ペッパーランチ」についても一度行って紹介しようと思い立ちました。

小松にはイオンモール新小松店にお店があります。
ペッパーランチ (7)

「ペッパーランチ」は「いきなりステーキ」よりもカジュアル路線です。

元々はイオンモール新小松店のフードコートにはなかったのですが、他のお店が出ていったあと、2018年4月25日にオープンしています。

「いきなりステーキ」のほうが有名なのですが、元々は1994年に低価格ステーキ店「ペッパーランチ」という名前のお店をスタートしてから成長していき、その後、立ち食いステーキの「いきなりステーキ」で人気が爆発して今に至っているのです。
ペッパーランチ

メニューです。ステーキ屋さんなので当然肉メニューがほとんど。

「いきなりステーキ」よりもリーズナブルに肉料理を楽しめるという設定で、このようなショッピングモール内のフードコートなどで人気なのだろうと推測されます。

こちらのお店で食べるものは事前に決めていました。

肉が苦手な私ですがハンバーグは食べることが出来ます。ただ正月に「いきなりステーキ」でハンバーグを食べていたので、少し変わったものということでお店の名前にも付いているペッパーの文字があるメニューを頼むことにしました。

それが「ベーコンチーズペッパーライス」です。ご飯はMサイズで税別650円とリーズナブル。

オーダーすると、2分ほどで出されました。まぁ、この時期フードコート自体にお客さんは少ないこともありますが、スピードは大事です。
ペッパーランチ (2)

出てきたのがこちら。石焼ビビンバのような感じで、客自身がかき混ぜて作る洋風焼飯ですね。
ペッパーランチ (5)

飛び散り防止に巻かれていた紙に作り方が書かれていました。
ペッパーランチ (4)

石鍋ではなく熱々の鉄皿にご飯・ベーコン・チーズ・コーン・ネギが盛られていて、それを急いでかき混ぜます。1分ほどかき混ぜてこんな感じで完成。

店名の通り、オリジナルのペッパーペーストが味の決め手なのでしょう?なかなか美味しいです。

ある意味、原価はそれほどかからないメニューですが、自分で簡単に作れること、熱々の出来立てを食べることが出来るなど、低コストながら楽しめるメニューではないかと思いました。

一度ずつ食べただけで「いきなりステーキ」とフードコート営業の「ペッパーランチ」を単純に比較することはできないと思いますが、個人的には「ペッパーランチ」のほうが好みでした。ご馳走様でした。

ペッパーランチ イオンモール新小松店
石川県小松市清六町315番地
TEL 0761-58-0508
9:30~21:00(L.O.20:30)
無休
休みはイオンモール新小松店に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログでは過去に大阪のフードホールやフードコートについていくつか紹介してきました。
ブー・ジュニア (15)

今日は天王寺駅にある「ミオえきッチン&LOOP」と「エキうえスタンド」についての紹介です。

2019年3月にリニューアルした「ミオえきッチン&LOOP」と新しく出来たゾーン「エキうえスタンド」は、天王寺駅の中2階にあるエリアをぐるりと周回できるような場所に色々なお店が軒を並べています。
ブー・ジュニア

「ミオえきッチン&LOOP」では、カウンター越しに天王寺駅を下に見ながら飲食できるスペースがあります。
ブー・ジュニア (2)

「エキうえスタンド」はどちらかというと夕方からアルコールを飲みながら一杯といったお店が多くあってランチタイムは人がいませんでした。

今回はランチで利用したので、「ミオえきッチン&LOOP」の中にある「ブラッスリー・ブー・ジュニア」にお邪魔しました。

自然派ワインを飲みながら楽しめるという、こちらもディナー向きのお店かもしれませんが、お酒の専門店と、魚や肉の卸、産直青果店などをグループに持つ会社が共同運営するお店ということで、ディナーだけではなくランチタイムにも美味しい料理を楽しめるお店となっています。

ただこちらのお店は昨年のリニューアルされる前からあったところですね。
ブー・ジュニア (12)

外観はカジュアルな感じ。
ブー・ジュニア (5)

中もそんな感じで、気軽に入れるような雰囲気でした。
ブー・ジュニア (7)

こちらのお店からも天王寺駅を見下ろすことが出来ます。
ブー・ジュニア (3)

ランチメニューです。
ブー・ジュニア (4)

こちらもです。

私はこの中から「じっくり煮込んだデミグラスソースのハンバーグ(税込1,000円)」をチョイス。
ブー・ジュニア (8)

それほど忙しくなかったので意外と早く出てきました。サラダはグリーンとポテトが付いています。
ブー・ジュニア (10)

デミグラスソースがたっぷりかけられていて、半分に切るとこんな感じです。

肉汁がしたたり落ちるという感じではありませんが、精肉卸会社が共同経営に名を連ねているだけあって、しっかりとした感じの食感が残る仕上げで美味しかったです。
ブー・ジュニア (9)

ご飯は雑穀米でした。よく噛んで食べました。

天王寺駅の真上という便利な場所で、税込千円という値段で美味しいハンバーグをはじめ、色々食べることが出来るのはうれしいですね。ご馳走様でした。

※この内容は3月末に行った時のものです。現在、営業時間や営業形態が変わっているかもしれませんので、ご確認の上、ご参考に願います。

ブラッスリー・ブー・ジュニア
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-48
 天王寺ミオプラザ館M2F
TEL 050-5890-9673(予約専用)
TEL 06-6773-1159
11:00~23:00(L.O.22:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ