あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:洋食系 > 洋食・ハンバーガー

私のブログであまり紹介していないお店のジャンルについて最初に書きたいと思います。

あまり登場しないのは、まずは肉料理専門店です。肉が苦手なので当然ですね!?

そして意外?にもバイキングや食べ放題のお店もそうなのです。

理由は、歳とともに量は食べられなくなってきたことと、バイキングだとついつい取りすぎてフードロスになってしまうから。ただしホテルの宿泊に付いてくる朝食などのバイキングは別ですが。
ゴッツォーネ

今日紹介します大領町にある「しあわせ食彩 ゴッツォーネ」は、こらまではランチバイキングをウリにしていたお店です。
ゴッツォーネ (10)

しかし、このコロナ禍のなか、バイキングでの営業は難しく、再開以来、セットや単品メニューに衣替えしてランチ営業をされています。

今回、バイキングではなくなったと聞いてランチを食べに出かけてきました。

加賀市にある社会福祉法人の南陽園が経営しているお店で、今年紹介した片山津温泉にあるパン屋さん「ベーカリー&カフェ パンドーネ」と同じですね。

ここは昔「レスト三湖」というレストランだったところで、私の子供のころはハレの日は「レスト三湖」で食事をすることがうれしかったといった記憶が残っています。

さて、行った日は会社がお休みだった、とある平日のランチ。それも早めの時間に行ったので最初のお客さんでした、
ゴッツォーネ (8)

店内に誰もいなかったので了解を頂き写真を写します。

とても広いスペースで3密は皆無の状態です。使用は有料ですが個室の和室もあるようですね。
ゴッツォーネ (9)

こちらは本来であればバイキングの料理が置かれていたスペースです。

メニューです。
ゴッツォーネ (4)

正式なメニューとしては、「本日のプレート(税抜1,000円)」のみです。一日限定20食となっていました。

あと、写真の右側はテイクアウトメニューですが、店内での飲食が可能となっていました。税抜ですがワンコインの500円という安さです。

「本日のプレート」の内容は、日替わりのパスタ、サラダと前菜類が盛られたワンプレート、そしてスープです。

最初にサラダと前菜類が盛られたワンプレートが運ばれてきました。
ゴッツォーネ (11)

この日の内容は「葉っぱちゃんサラダ」「ツナと里芋のマッシュポテト」「ブロッコリーソテー」「ひじき豆腐つくね」「エビのマリネ」「筑前煮」。
ゴッツォーネ (5)

「葉っぱちゃんサラダ」は、お店に入ったところで水耕栽培が行われていた「菜っ葉ちゃん」と呼ばれるレタスのサラダです。レタスの特徴であるシャキッとした食感はあまり感じられませんが、優しい味のレタスでした。

後の前菜も肉類が使われていないものばかりだったので、私にとってはよかったです。
ゴッツォーネ (12)

そしてメインのパスタはこの日は「ボンゴレロッソ」。
ゴッツォーネ (13)

その後、コンソメスープがだされました。

パスタは大粒の身が入ったアサリが使われていて、トマトソースがたっぷりの「ボンゴレロッソ」。量は通常サイズよりも少し小さめ。でも、先ほどのワンプレートの前菜とあわせて、男の私にとっても十分満腹になるボリュームでしたね!そして税込で1,100円という値段もお値打ちな感じがしました。

バイキング営業は果たしていつになったら再開できるかわかりませんが、社会福祉法人が経営しているお店なので是非頑張ってい欲しいと思いました。ご馳走様でした。

ゴッツォーネ
石川県小松市大領町ロ212 
TEL 0761-46-6000
11:00~16:00(L.O.14:00)
不定休(年末年始休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


(追記:6月18日に売却されるという記事が出ていました)

肉が苦手な私が「いきなりステーキ」を紹介しようと思ったのは、人気を誇っていた「いきなりステーキ」が多くの店舗を閉店するということがニュースになっていたからです。

そういえば「いきなりステーキ金沢御経塚店」がこの6月21日で閉店になります!?(御経塚店はFC店)

さて、ご存じの通り新型コロナウイルスの影響で外食市場が縮小する事態となっていますが、少し前、石川県ではだいぶ遅く放映されているテレビ東京のカンブリア宮殿という番組を観ていたら、「いきなりステーキ」や今日紹介する「ペッパーランチ」などを運営するペッパーフードサービスの社長が出演されていたのを見ました。そこで「ペッパーランチ」についても一度行って紹介しようと思い立ちました。

小松にはイオンモール新小松店にお店があります。
ペッパーランチ (7)

「ペッパーランチ」は「いきなりステーキ」よりもカジュアル路線です。

元々はイオンモール新小松店のフードコートにはなかったのですが、他のお店が出ていったあと、2018年4月25日にオープンしています。

「いきなりステーキ」のほうが有名なのですが、元々は1994年に低価格ステーキ店「ペッパーランチ」という名前のお店をスタートしてから成長していき、その後、立ち食いステーキの「いきなりステーキ」で人気が爆発して今に至っているのです。
ペッパーランチ

メニューです。ステーキ屋さんなので当然肉メニューがほとんど。

「いきなりステーキ」よりもリーズナブルに肉料理を楽しめるという設定で、このようなショッピングモール内のフードコートなどで人気なのだろうと推測されます。

こちらのお店で食べるものは事前に決めていました。

肉が苦手な私ですがハンバーグは食べることが出来ます。ただ正月に「いきなりステーキ」でハンバーグを食べていたので、少し変わったものということでお店の名前にも付いているペッパーの文字があるメニューを頼むことにしました。

それが「ベーコンチーズペッパーライス」です。ご飯はMサイズで税別650円とリーズナブル。

オーダーすると、2分ほどで出されました。まぁ、この時期フードコート自体にお客さんは少ないこともありますが、スピードは大事です。
ペッパーランチ (2)

出てきたのがこちら。石焼ビビンバのような感じで、客自身がかき混ぜて作る洋風焼飯ですね。
ペッパーランチ (5)

飛び散り防止に巻かれていた紙に作り方が書かれていました。
ペッパーランチ (4)

石鍋ではなく熱々の鉄皿にご飯・ベーコン・チーズ・コーン・ネギが盛られていて、それを急いでかき混ぜます。1分ほどかき混ぜてこんな感じで完成。

店名の通り、オリジナルのペッパーペーストが味の決め手なのでしょう?なかなか美味しいです。

ある意味、原価はそれほどかからないメニューですが、自分で簡単に作れること、熱々の出来立てを食べることが出来るなど、低コストながら楽しめるメニューではないかと思いました。

一度ずつ食べただけで「いきなりステーキ」とフードコート営業の「ペッパーランチ」を単純に比較することはできないと思いますが、個人的には「ペッパーランチ」のほうが好みでした。ご馳走様でした。

ペッパーランチ イオンモール新小松店
石川県小松市清六町315番地
TEL 0761-58-0508
9:30~21:00(L.O.20:30)
無休
休みはイオンモール新小松店に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログでは過去に大阪のフードホールやフードコートについていくつか紹介してきました。
ブー・ジュニア (15)

今日は天王寺駅にある「ミオえきッチン&LOOP」と「エキうえスタンド」についての紹介です。

2019年3月にリニューアルした「ミオえきッチン&LOOP」と新しく出来たゾーン「エキうえスタンド」は、天王寺駅の中2階にあるエリアをぐるりと周回できるような場所に色々なお店が軒を並べています。
ブー・ジュニア

「ミオえきッチン&LOOP」では、カウンター越しに天王寺駅を下に見ながら飲食できるスペースがあります。
ブー・ジュニア (2)

「エキうえスタンド」はどちらかというと夕方からアルコールを飲みながら一杯といったお店が多くあってランチタイムは人がいませんでした。

今回はランチで利用したので、「ミオえきッチン&LOOP」の中にある「ブラッスリー・ブー・ジュニア」にお邪魔しました。

自然派ワインを飲みながら楽しめるという、こちらもディナー向きのお店かもしれませんが、お酒の専門店と、魚や肉の卸、産直青果店などをグループに持つ会社が共同運営するお店ということで、ディナーだけではなくランチタイムにも美味しい料理を楽しめるお店となっています。

ただこちらのお店は昨年のリニューアルされる前からあったところですね。
ブー・ジュニア (12)

外観はカジュアルな感じ。
ブー・ジュニア (5)

中もそんな感じで、気軽に入れるような雰囲気でした。
ブー・ジュニア (7)

こちらのお店からも天王寺駅を見下ろすことが出来ます。
ブー・ジュニア (3)

ランチメニューです。
ブー・ジュニア (4)

こちらもです。

私はこの中から「じっくり煮込んだデミグラスソースのハンバーグ(税込1,000円)」をチョイス。
ブー・ジュニア (8)

それほど忙しくなかったので意外と早く出てきました。サラダはグリーンとポテトが付いています。
ブー・ジュニア (10)

デミグラスソースがたっぷりかけられていて、半分に切るとこんな感じです。

肉汁がしたたり落ちるという感じではありませんが、精肉卸会社が共同経営に名を連ねているだけあって、しっかりとした感じの食感が残る仕上げで美味しかったです。
ブー・ジュニア (9)

ご飯は雑穀米でした。よく噛んで食べました。

天王寺駅の真上という便利な場所で、税込千円という値段で美味しいハンバーグをはじめ、色々食べることが出来るのはうれしいですね。ご馳走様でした。

※この内容は3月末に行った時のものです。現在、営業時間や営業形態が変わっているかもしれませんので、ご確認の上、ご参考に願います。

ブラッスリー・ブー・ジュニア
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-48
 天王寺ミオプラザ館M2F
TEL 050-5890-9673(予約専用)
TEL 06-6773-1159
11:00~23:00(L.O.22:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログで初めて津幡町のお店を紹介します。

その記念すべき?第1号は「ミエル」という洋食のお店。ちなみに「ミエル(miel)」とは、フランス語で「はちみつ」の意味です。
ミエル

こちらのお店は「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」で紹介されています。

津幡町は、遠い昔、大学の同級生の家が津幡町に別宅を持っていて、時々休みなどにお邪魔していました。その頃が懐かしいです。

しかし、大学を卒業してからは、津幡町は通過することがあっても目的地としてはご縁がありませんでした。

今回、ブログネタの新規開拓ということで、妻と一緒にランチを食べに「ミエル」にお邪魔することに。
ミエル (20)

遠いので行って空いていなかったらショックなので、念のため予約の電話を当日でしたが入れると何とかok。我々が食べ終わってお店を出るころには、5~6名の方が順番待ちをしていたので空いていてよかったです。

お店には色々な有名人のかたのサインが相当数飾られていました。
ミエル (18)

中でも目を引いたのは、星稜高校のピッチャーで、昨夏、甲子園を沸かせ、秋のドラフトでヤクルトから1位指名を受け入団した奥川投手のサインです。

石川県出身でドラフト1位といえば、同じく星稜高校出身の松井秀喜さんが有名です。県民期待の星ですね。
ミエル (2)

こちらがランチメニューです。オムライスとパスタ、ハンバーグ。

特にオムライスがウリで、ミシュランガイドで紹介されていたのは「ビーフシチューオムライス」でした。
ミエル (7)

こちらのコース料理は1週間前までの予約が必要です。
ミエル (3)

こちらはディナーメニューです。
ミエル (9)

そしてお店のこだわりが書かれたものも置かれていました。

私は最初オムライスが食べたいな!と思っていたのですが、お店の方に確認すると鶏肉を使っているとのことで断念。

そこで「こんがりハンバーグステーキ」を頼むことにしました。ソースの味によって値段が違います。

私は珍しいので「自家製のにんにく味噌ダレ」をチョイス。税別で1,100円です。

自家製のにんにく味噌ダレは、ニンニクに赤味噌などを加えて作ったオリジナルの味噌ダレ。ニンニクの匂いは気になりませんでした。

なお料理は単品なので、主食が必要であれば、ライスかパンを追加で頼む必要があります。

私は、メニューの下の方に書かれていた「ミエルお得セット」を頼みました。

こちらだと税別355円の追加で、ライスかパン、本日のスープ、プティサラダ、
ミエル (4)

そして、こちらに書かれている「ひといきバイキング」というセルフサービスのデザートとドリンク飲み食べ放題が付いています。お得です。

まず、本日のスープ、プティサラダが運ばれてきました。
ミエル (8)

スープはコーンポタージュです。
ミエル (14)

ハンバーグは熱々の鉄板に乗せられて出されます。ただあまりに熱々だったからか、運ばれてきた時点で下に敷かれていた玉ねぎが焦げてしまっていました。
ミエル (14)

ハンバーグ自体は柔らかめ。味噌ダレとの相性は良かったですが、味自体は当然ですが濃いめです。お肉の味を楽しみたいのならば、デミグラスの方がいいかもしれません。
ミエル (15)

ちなみにデミグラスソースは、牛筋・牛ばら肉、そして香味野菜を3日間煮込んで作られています。ライスに合います。

付け合せとして、柔らかく下ごしらえされたポテトが2個添えられていました。

妻のほうは、ミシュランガイドで紹介されていた「ビーフシチューオムライス」。やはり人気のようです。
ミエル (13)

とろとろの玉子とデミグラスソースの中は、きのこと梅のピラフ。珍しいですね。。

私も2~3口食べましたが、濃いめのデミグラスとさっぱり系のほんのり酸味がするピラフという組み合わせで美味しいです。さすが人気メニューだけあります。しかし、どうも鶏肉は使われていないようです。^^;
ミエル (11)

こちらが、「ひといきバイキング」のセルフサービスのデザートとドリンク飲み食べ放題コーナー。
ミエル (17)

ケーキは4種類で、その内3種類を取ってきました。

ドリンクはコーヒーです。

全体にはコスパ的に素晴らしいということはありませんが、味の面ではよかったです。お客さんもどんどん入ってきているようでしたし、このあたりでは有名な洋食屋さんですね。ご馳走様でした。

ミエル
石川県河北郡津幡町北中条2-15
TEL 076-289-7255
11:00~21:00(L.O.)
火曜・第2水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介します能美市大長野町の「あじの牧場丸太小舎」。
あじの牧場丸太小舎 (10)

普段あまり通らない道なので、こんな場所にこんなお店があるとはつい最近まで知りませんでした。

別なお店を探していてネットでマップを見ていたら気が付いたお店で、急きょ、その日のお昼に行ってみることに。

「あじの牧場丸太小舎」という店名はちょっと変わっています。名前だけでは何のお店かわかりませんね。
あじの牧場丸太小舎

最初、丸太を組んだログハウスのようなお店かと思ったら、まぁ、喫茶店というか和風の建物。
あじの牧場丸太小舎 (4)

中に入ると、居酒屋風の作りでした。写真はカウンター席です。

行った日は日曜日。11:40頃お店の到着すると先客はいません。テーブル席や座敷もあるようです。意外と広いお店です。
あじの牧場丸太小舎 (3)

こちらがメニューです。年季が入っています。
あじの牧場丸太小舎 (2)

こちらも。

特にランチメニューっていう設定はなく、夜でもこれらの定食類を頼むことが出来るようですね。

基本は肉料理のお店のようで、ステーキなどウリとしています。

私は肉が苦手ですがハンバーグは食べることが出来る変わったやつなので、「ハンバーグ定食(税別1,200円)」を頼むことにしました。

10分くらい待ったでしょうか?まずこちらのセットが出されます。
あじの牧場丸太小舎 (5)

ライスに味噌汁、サラダ、冷奴、漬物です。

そしてすぐに熱々の鉄板皿に乗せられてハンバーグが運ばれていました。
あじの牧場丸太小舎 (6)

意外にボリュームがあります。ソースもたっぷりかれられていますね!^^; 濃厚なのでご飯が進みます。
あじの牧場丸太小舎 (7)

切るとこんな感じ。
あじの牧場丸太小舎 (9)

脇には野菜がたくさん添えられていました。ただ鉄板皿が熱々なので最後の方に食べると、さらに接している面が焦げていましたね。

全部食べるとさすがに満腹になりました!

このあたりだと、なかなか飛び込み客というのは期待できなかもしれませんが、たぶん地元のお客様が常連さんになっているのでしょう?ご馳走様でした。

あじの牧場丸太小舎
石川県能美市大長野町ル-24
TEL 0761-58-5950
11:30~14:00
17:00~23:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ