あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 東北・北海道

昔、ブログで書いたことがありますが、私自身としてはつけ麺をそんなに食べる方ではありません。

理由を簡単に言うと、スープがすぐ冷めるからです。

もっとも、「スープが冷めても美味しいのが本物のつけ麺だ」と、今は亡き「つけ麺」生みの親である山岸一雄氏の言葉もあります。

しかしながら、やはり寒い季節のつけ麺は避けていたのですが、こちらのお店でその危惧は木っ端みじんに打ち砕かれました。
おんのじ (3)

行ったのは、仙台では初のつけ麺専門店だという「つけ麺 おんのじ」です。

何故か、お店は仙台と熊本にあります。張り紙を見ると小麦粉も熊本産「阿蘇のいずみ」を使用していますね。確認できませんでしたが、店舗内に自家製麺場を設けているようです

平日のランチに食べに行きましたが、11:40に着くとすでに満席。しかし、自販機で食券を買っている間にテーブル席が空いて運よくすぐに座ることが出来ました。

その後もお客さんがどんどん来て、雪が降る寒い中、外で順番待ちの列が出来るほど。人気のお店なのですね!?
おんのじ

メニューはこんな感じで種類は豊富です。つけ麺だけではなく普通のラーメンもあったり、味も味噌やゴマなど少しアレンジしたものも揃っていました。

この日に働いていた店員さんは、一人男性の方がいらっいましたが、他の4名は女性の短員さんばかり。全員がテキパキと仕事をこなしていました。

私が頼んだのは「野菜つけ麺(並盛890円)」。お店のウリとしては「一日分の野菜が1杯で摂れる、食べるスープの野菜つけ麺です」ということ。スープの味は魚介豚骨味。豚骨・鶏ガラ・野菜・魚介などを大量に使った濃厚なスープで、野菜と魚介の旨みを強く感じて、かつ、臭みもありません。
おんのじ (6)

麺の並盛り320gは中盛り450gまで無料でアップすることが出来ます。麺は熊本産とオーストラリア産のブレンド。弾力(コシ)があって麺自体滑らかな食感で美味しい麺でした。

合わせてネギも増量可能です。

無料ということで、貧乏根性丸出しで中盛りとネギも普通の2倍の量が盛られている「追いネギ」でお願いしましたが、これが失敗でした。

何せ「つけ汁」のボリュームが半端じゃないのです。^^;
おんのじ (9)

大盛りの野菜で、見た目、これだけで野菜ラーメン一杯分のようなボリューム感があります。

麺は一緒に行った人に少し食べてもらって、なんとか完食することが出来ました。
おんのじ (12)

つけ汁自体は濃厚なタイプのスープですが、つけ汁に麺を入れるには、まず、山盛りの野菜を半分ほど片付けないと入れることが出来ません。
おんのじ (11)

中の方にはもやしがたっぷり入っています。
おんのじ (10)

ちなみに、「あつしる」という設定があってダシ汁に浸した麺になるのですが、これだと中盛りでも最後まで冷めない状態で、かつ、つけ汁の味も薄くならずに美味しく頂くことが出来るのです。つけ麺はこれまで冷めてしまうと敬遠していたのですが、この設定があればokかもしれません。
おんのじ (8)

一緒に行った人が頼んだのはこちらの「熟成 味噌野菜らー麺(850円)」。

3種の味噌をブレンドした濃厚味噌豚骨らーめん。麺は自家製のちぢれ麺で、こちらも野菜がどっさり乗ってます。チャーシューは塩チャーシュー。麺大盛まで無料です。

こちらも美味しかったそうです。

900円以下でボリュームたっぷりで、最後まで熱々のつけ麺を食べることが出来るお店。寒い日にも大丈夫ですね。ご馳走様でした。

つけ麺 おんのじ 榴岡店
宮城県仙台市宮城野区榴岡4-13-1
 サンアドバンスビル1F
TEL 022-299-5340
11:00~26:00
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

仙台のグルメで有名なのは、やはりお寿司ですよね?

しかし、今回なかなか行く機会がなく、最後の日のお昼にやっと行くことが出来ました。
 
最初、「すし通り」の立ち食い「北辰鮨」を見に行ったのですが、凄い行列が出来ていたので諦めて向かったのが、エスパルの地下にある「塩竈 すし哲」です。
塩竈 すし哲 (12)

お店の名前に塩竈と書かれている通り、本店は塩竈市にあります。
塩竈 すし哲 (10)

塩竈市といえば宮城県のほぼ中央に位置し、仙台湾に面して太平洋と隣接する都市です。そのため日本有数の漁港を中心とする港町としても有名で、三陸の海の幸が水揚げされるところ。寿司店も多く市内にはあって、競争が激しいことは予想されます。

そんな場所で人気のお店ですから、安心してお店に入ることが出来るのです。

「塩竈 すし哲」は、地物の魚貝類を中心としたお寿司やお造り、一品料理がウリのお店ですが、近海物の生マグロも東北水揚げのものを主に、数カ所の産地を選び買い付けているようで、新鮮な生マグロを楽しむことが出来ます。
塩竈 すし哲 (2)

私たちが座ったカウンター席の前のネタケースには、ご覧のようにマグロが多く入れられていました。
塩竈 すし哲

さて、こちらのお店、ランチメニューは特に設定していないようです。昼も夜も同じメニュー構成ですね。写真では小さくて字が見えにくいかもしれません。

その中から私は一番お安い握りのセット「七ヶ浜物語」にしました。
塩竈 すし哲 (4)

マグロがウリだけあって、マグロ系のネタが多いですね。ちなみにこの日のマグロの産地は大間、壱岐、ほかでした。

一番お安い握りのセット「七ヶ浜物語」には大間のマグロは使っていないでしょうね?^^

あとは、ホタテ、イクラ、タイ、飛子(トビウオの卵の醤油漬け)、カニ、玉子。

細巻は鉄火に、珍しいわさびの葉と茎を巻いたわさび巻でした。

シャリは小ぶりで酢の塩梅もほどよく、やはりマグロが美味しかったです。
塩竈 すし哲 (9)

デザートして「いちごのシャーベット」も付いてきました。
塩竈 すし哲 (7)

セットにはお吸い物も付いてきましたが、私はこちらの「あら汁」にバージョンアップ。追加で480円かかります。
塩竈 すし哲 (8)

あらの素材はメヌケ(目抜)というメバルの一種。深海魚で釣り上げられたとき、水圧の急激な変化により目が飛び出すことから付けられた名前のようです。

あんこうのような感じの身でした。
塩竈 すし哲 (3)

こちらは一緒に行った人が頼んだ、ちらしの「七ヶ浜物語」です。

ネタはにぎりと同じものが使われています。ご飯は単純な酢飯ではなく、ダシ醤油か何かで味付けがされているそうです。

仙台駅直結のショッピング街の地下という抜群の立地を誇る「塩竈 すし哲」。板場には多くの職人さんが働いていて多くのお客さんでいつも賑わっています。

生マグロにこだわりという強みもあって、ネタ的にも昼も夜も変わらないメニューで、しっかりとした仕事をしている印象の寿司店でした。ご馳走様でした。

塩竈 すし哲
宮城県仙台市青葉区中央1-1-1
 エスパル仙台店 B1F
TEL 022-716-1075
11:00~23:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

JR仙台駅の3階フロアに牛たん通り・すし通り・ずんだ小径という飲食店やお土産屋さんが並んでいる通りがあります。
仙台倉庫 (5)

その一番北側奥に「すし通り」があって、宮城の人気寿司店が軒を並べて出店しています。

宮城県といえば、近くに気仙沼や石巻、塩釜などの有名な漁港を抱えていて、新鮮な旬の魚介を使った美味しい寿司をリーズナブルに楽しむことが出来るのです。
海風土 (19)

何軒もある寿司店で我々が選んだお店は、牡蠣も楽しむことが出来るということで、「かき鮮 海風土(うぶど)」というところにしました。

今の時期、三陸の牡蠣は押さえておきたいところです。

石川県にも穴水など牡蠣の産地はありますが、地元やイベントでもなければなかなか殻付きの生牡蠣がスーパーなどで売っていることはなかなかありません。

しかし、宮城の牡蠣は殻付き牡蠣で生食用として出荷されるものが多いようで、さすが日本で広島と並んで牡蠣の二大産地として知られる宮城県ならではです。

ターミナル駅のお店としては店内は広く、この日も大勢の人で賑わっていました。
海風土 (7)

さて、最初に頼んだには、ハイボール(650円)とお通し(400円)です。
海風土 (5)

そしてイの一番に生牡蠣を頼みます。産地も色々あって悩むところですが、まずはメニューにでかでかとでていた「生牡蠣の食べ比べ」です。
海風土 (11)

「生牡蠣の食べ比べ」は3Pで1,300円。3か所の牡蠣を食べ比べることが出来ます。

南三陸志津川、東松島産の鳴瀬、それに女川産の3ピースです。身自体はプリンとした感じではなかったです。まぁ、このあたりは値段との兼ね合いですかね?

レモンを絞って食べたり、ポン酢ともみじおろしにも合います。こんな風に食べると、ひと口に牡蠣と言っても3種3様の味の違いがわかりました。

東松島産の鳴瀬牡蠣と女川産の牡蠣は、甘みがあってレモンが合いましたが、南三陸志津川のはポン酢の方が良かったですね。
海風土 (9)

お次は、本日のおすすめ刺身ということで「金華サバ」。ブランドサバなので、これで1,200円とちとお高めです。

この貝がたくさん入っているのは「貝賊蒸し(1,100円)」です。この量で1~2人前。3~4人前にもありました。
海風土 (12)

牡蠣をはじめサザエ、ハマグリ、さざえ、赤貝、ホタテの5種類の貝が酒蒸しされています。残ったスープを飲むと、貝から出た汐のうま味がしみて美味しかったです。
海風土 (17)

「アスパラバター(670円)」。食感もよく甘みもありました。
海風土 (18)

こちらのししゃものような魚の干物は「メヒカリ(目光)」という小魚です。意外と脂が乗っていました。酒の肴によかったです。
海風土 (15)

これは私が飲んだのではありませんが、ヒレ酒(900円)です。火をつけてフタをしてしばらく。フタを開けると香ばしいかおりがしました。
海風土 (14)

私は、とある理由で麦のお湯割りに梅干しをプラスして飲みました。

締めにお寿司という選択肢もあったのですが、お昼にたっぷり食べすぎたので、この日は頼みません。^^;

以上飲み食いして一人5,000円強。大体予想の範囲でした。この日は食べませんでしたが、新鮮な魚介の刺身や牡蠣も色々な料理法で楽しむことが出来ます。合わせて寿司も食べられるということで、観光客にも人気のお店ですね。ご馳走様でした。

かき鮮 海風土(うぶど)
宮城県仙台市青葉区中央1-1-1
 JR仙台駅3F
TEL 022-212-2340
10:00~22:30(L.O.22:00)
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

仙台へは2年ぶりに訪れました。今回は1月の寒波襲来の、とても寒かったとき。
 
雪も少し積もって、滞在中、まさに冬らしい日が続きました。
かきの木 (6)

そんな中、ランチに伺ったのは仙台駅から少し離れた榴ヶ岡公園近くにある老舗の洋食屋さんです。

昔からあるようですが、目立たない場所にあるにも関わらず長続きしていることで味の面では期待できそうです。
かきの木

お店の入り口にランチメニューが掲げれれています。ランチメニューは「本日の日替わりメニュー」が3種類と、おすすめ3種類が設定されています。

「本日の日替わりメニュー」のほうが800円と、コスパもいいので我々全員それにして、3人AからCまでと、別々な種類をオーダーしていました。^^;

なんとなく仙台だとカキフライが食べたくなりましたが、まぁ、ここは安くあげたほうがいいでしょう!?

その3種類の中から私が頼んだのはCのハンバーグステーキです。
かきの木 (4)

サラダのほかに茄子の素揚げや、付け合せの野菜類・スパゲッティなどたくさん盛られています。もちろん、お味噌汁も付いてきます。
かきの木 (5)

ハンバーグステーキは、デミグラソースがたっぷりかけれれています。中身の方はといえば、粗挽き肉に玉ねぎもたっぷり入っていますね。玉ねぎの食感がいい感じで、ハンバーグ自身もソースも、オーソドックスでどこか安心する味付けでしたよ。

800円でこのボリュームと内容は満足度の高いランチです。
かきの木 (3)

一緒に行った人のAのカツカレーがこちら。それほど辛くはない洋食屋さんのカレーでカツ共々美味しかったそうです。
かきの木 (2)

もう一人のBの牛肉のたたき風がこちら。付け合せの野菜類は私のと似たような内容です。

昔から営業されているお店で常連のお客さんも多そうで、ランチの内容とボリュームを見てそれが納得できるものでした。ご馳走様でした。

かきの木
宮城県仙台市宮城野区東十番丁9-1
TEL 022-297-0035
月~金
11:30~14:00
17:30~22:00
土日祝休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

気仙沼や石巻、塩釜などの全国的にも有名な漁港をかかえる宮城県。北陸と同じく海の幸が豊富です。

宮城といえば冬の時期は牡蠣が一番有名だと思いますが、他にはタラなども冬の味覚として美味しいですよね?新鮮な魚介を使って作られる「笹かまぼこ」などの練り物もあります。

あと、魚介以外では「牛タン」も超有名です。
東家

さて、今回伺った「地酒と旬味 東家」は、これらの宮城県の名物料理を一通り楽しめるお店ということで、遠来の客はもとより地元のグルメ諸氏にも人気のお店ということです。
東家 (2)

場所は仙台駅からほど近く、前に朝市をやっていた市場(移転済み)だったところの目の前です。お店はビルの地下の飲食店街一番奥にあります。

お店の前には緑提灯が掲げられています。この緑提灯は国産や地場産品を積極的に使っているレストランや居酒屋だという証です。ちなみに国産比率が70%を超えれば星3つとなります。
東家 (19)

店内はご覧のカウンター席と、小上がり、座敷など、最初思っていたよりは広いお店ではありませんでした。我々3名は小上がりの席に通されました。

地酒の種類も豊富です。日本酒に限らず焼酎やハイボールについてもリーズナブルな値付けだったので安心して飲めます。
東家 (7)

黒板メニューもありました。 
東家 (10)

こちらはお通しです。二品付いてきました。 
東家 (13)

では、頼んだのものを紹介していきます。まずは「野菜サラダ(800円)」です。
東家 (14)

「仔牛の牛タン一本焼(2,400円)」は、仔牛の牛タンを一本そのまま豪快に焼き上げた一品です。「牛タンステーキ」と言ってもいいくらいかもしれませんね。

お店の人は、そんなにいい牛ではないと話されていましたが、なかなか一本丸ごとの牛タンを2,400円という安価に食べることができるところは少ないと思います。

独自ルートで調達した生後一年未満の仔牛なので、柔らかくクセもあまりありません。
東家 (17)

こちらは「海鮮香梅和え(1,000円)」。この日はヒラメでした。量は少なめでした。新鮮なお刺身でも食べることが出来るのを使っているから高いのでしょうか?でも、それなら刺し無で食べたほうが美味しいでしょう?
東家 (12)

こちらは変わっています「干し柿とバターのミルフィーユ(800円)」。干し柿のバターサンドです。
東家 (6)

頼んだハイボールに合いました。
東家 (11)

「ホヤチャンジャ(600円)」。ホヤの季節は春からですが、酒の肴にうってつけです。
東家 (16)

「海老のはんぺん(800円)」は、きめ細やかなはんぺんで、ほんのりと海老の香りと味がはんぺん全体に感じる美味しい酒の肴でした。
東家 (15)

「桜海老の蒲鉾(1,000円)」も、桜海老の香ばしい香りと味、そして食感の違いを楽しめる、こちらも酒の肴にはいい感じでした。
東家 (18)

最後に頼んだ「煮穴子(1500円)」は、とろ~りと噛まずに飲み込めるような柔らかさ。煮汁が上品に均一に染み込んでいてとても美味しかったです。

お酒は3人で10数杯頼みました。それで締めて14,000円弱。コスパも良かったです。ご馳走様でした。

地酒と旬味 東家(あずまや)
宮城県仙台市青葉区中央3-8-5
 新仙台駅前ビルB1F
TEL 050-5868-4317(予約専用番号)
022-211-5801(問合せ専用)
月~日
ランチ11:00~14:00(売切れ次第終了)
ディナー17:00~23:30
(フードL.O.22:30/ドリンクL.O.23:00)
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ