あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 東北・北海道

たまに思いついたように書くホテルの朝食編です。

まずは仙台。東京で仕事を済ませてから移動して宿泊しました。

雪がちらつく寒い日です。
JALCITY

「ホテルJALシティ仙台」は23~4年ぶりに宿泊。建築年度は古いですが、部屋はリニューアルされていてきれいでした。料金も超お手頃でした。
JALCITY (6)

朝食は1階の「レストラン ジョリー」でとります。中は広いスペースがあります。余裕がありました。

昔はビジネスホテルだと、トーストにハムエッグ、もしくはお決まりの朝定食が定番でしたが、いまはホテルの朝食をウリにしているところも多く、その土地土地でとれた食材を使ったメニューや、ご当地グルメなどを楽しむことが出来るホテルも増えてきています。

「ホテルJALシティ仙台」もご多分に漏れず、「食べて宮城の復興を応援」を合言葉にした地元食材が盛り沢山の朝食がウリです。
JALCITY (8)

朝食はブッフェ方式で飲み食べ放題です。

和と洋、多くの種類が並んでいてすべての種類を食べることは出来ません。
JALCITY (4)

でも、取ってきたのは、あまり郷土食は感じられないものばかりですね。^^;

もちろん、並べられていた中には他にも色々地元の食材を使ったものがありましたよ。
JALCITY (2)

その中でもこれは「牛タンカレー」。ライスはササニシキを使っているようです。

あと、仙台らしいと言えるのは「笹かまぼこ」ぐらいでしょうか?

左上の汁物は、鍋のようなものでしたが、何という鍋料理か見るのを忘れてしまいました。^^;
JALCITY (7)

あとはサラダとヨーグルトにミックスフルーツをかけて食べます。

これだけで満腹になってしまいました。ご馳走様でした。

ホテルJALシティ仙台
宮城県仙台市青葉区花京院1-2-12
TEL 022-711-2580
レストラン Jolie(ジョリー)
6:30~10:30(L.O.10:00)

お次は四国は香川県高松で宿泊したホテル「リーガホテルゼスト高松」。
リーガホテルゼスト (2)

あのリーガロイヤルホテルブランドで、唯一?のビジネスホテルに近いクラスのシティホテル。経営自体は地元の穴吹エンタープライズが行っています

普段はなかなかリーガロイヤルホテルには泊まれませんが、ここはお手頃価格です。
リーガホテルゼスト (3)

朝食会場は2階の「時香」。ビュッフェスタイルです。

朝食は朝7時からですが、1分前に到着すると一番乗りでした。
リーガホテルゼスト (8)

会場は広いです。料金は1,900円(税・サ込)。宿泊者は1,700円と少しお高めですが、料理・ドリンクの種類も豊富で、さすがリーガロイヤルホテルブランドの朝食です。
リーガホテルゼスト (4)

こちらの朝食のウリは、一流ホテルの朝食のようにオムレツや目玉焼きのオーダーができることです。その場で作ってくれます。
リーガホテルゼスト (11)

私はラタトゥイユ入りのオムレツをお願いしましたが、一番乗りだったので出来上がったばかりのをすぐにもらうことが出来ました。
リーガホテルゼスト (12)

あと、香川の名物料理なども色々あって、もちろん讃岐うどんもありました。
リーガホテルゼスト (10)

私が取ってきたのはこれらのもの。野菜系を中心に少量多品種をいつも食べるようにしています。

炭水化物は讃岐うどんです。
リーガホテルゼスト (13)

こちらは香川のしょう油豆と、玉子焼きのように見えるのは香川では「天ぷら」と呼ぶ練り物「ひら天ぷら」です。

写真では撮っていませんがヨーグルトとフルーツも最後に食べました。

素材のクオリティはそれほど高いわけではありませんでしたが、和・洋・中と種類や味の面ではさすがのものがありました。ご馳走様でした。

リーガホテルゼスト高松
香川県高松市古新町9-1
会場 時香(本館2階)
087-822-3555
7:00~9:30

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

個人的には担々麺をそれほど食べる機会がありません。

辛い料理については、弱い方ではありませんが、かと言ってそれほど好きでもありません。
吟 (2)

今回、仙台駅のほど近くに担々麺が美味しいお店があるということで、お昼に食べに行ってきました。お店の名前は「吟」といいます。

担々麺といえば、麻婆豆腐と同じく、陳建民氏が日本人に合う形で作ったと言われる、日本生まれの形態の中華料理です。

もちろん、中国にベースとなる同じ料理がって、皆さんもご存じの通り辛い中華料理の代表格、四川料理が本場です。

しかし本場中国では担々麺といえば「汁なし」のものなのです。

いまでは、お店によっては「汁なし」の担々麺をメニューに加えているお店も多いと思いますが、日本においては基本はラーメンのようにスープがたっぷり入っている麺料理だと思います。

また、日本ではひと昔前に激辛ブームがあって、その時に激辛料理の代表格として担々麺が出てきたため、「担々麺=辛い」といった印象を持つ方も多いのではないでしょうか?

しかし、担々麺の辛さの中身は、山椒と唐辛子。お店によってはラー油の辛さも加わりますが、担々麺のもう一つの主要な食材である胡麻の風味、それにお店によっては色々な魚介からダシを取ったスープと相まって、単純に「辛い」だけの料理ではありません。

もちろん、辛味も大事で、個人的には山椒が決め手だろうと思っています。

舌にピリッと山椒独特の、舌がマヒしそうな感触。これは好きな人は病み付きになるようです。

さて、こちらお店は12時前から混雑しているという人気店ということで、私は1正午の20分ぐらい前に伺いました。

店内は狭く、カウンター席が厨房と壁側にあって、10名ほどで満席になるほどの小さなお店です。

ちょうど一席空きがありすぐに座ることが出来ました。
吟

外に掲げられていたメニューはこちらで、担々麺以外にも塩そばや中華めんも書かれていました。もちろん、お店のウリは担々麺と餃子です。

餃子は焼餃子で、メニューには小ぶり(6個)と大ぶり(4個)の2種類。
吟 (3)

担々麺は通常メニューとしては担々麺は白(温かい汁あり)と黒(冷い汁なし)でしたが、期間限定で、通常メニューの逆となる黒(温かい汁あり)と白(冷い汁なし)もありました。

最初にお邪魔したお店ではベーシックなものを頼むことが多い私ですが、今回は「特製黒胡麻担々麺(800円)」が気になり頼むことに。

コンセプトが「体の中から温まる」ということで、香辛料とおろし生姜をふんだんに使用しているとのこと。この日はめちゃ寒い日だったのでちょうどいいと思いました。

10分ほど待って出されたのがこちら。
吟 (7)

ビジュアル的にも、食べたくなる気持ちがそそられる感じがします。見た目は大切です。

まずはスープを一口。胡麻の風味が心地よく感じる味です。

こちらは黒胡麻・黒酢・黒糖という3種の黒が付く素材で作った特製の芝麻醤(チーマージャン)に魚介系のダシを合わせたもの。最後までの干せるスープです。

そして肉みそは、椎茸、筍、干し海老など、うま味成分がばっちり入っていて、最初甘く感じますがコクのいい余韻が口に中に残ります。
吟 (8)

麺もスープの味に負けないように、通常のものよりも太めのを使っているようです。手もみして縮れさせてありました。
吟 (11)

途中で、こちらのカツオの削り節と宗田節で作った魚粉をかけて、味に変化を持たせて楽しみます。
吟 (9)

餃子は4個の「大ぶり」を頼みました。「大ぶり」と書かれているだけあって、1個のボリュームもたっぷり。中には餡がぎっしり詰まっています。(ピントが合っていませんね!?^^;)
吟 (10)

まずは何もつけずに食べてください、と言われたので最初はそうしました。確かに皮と餡のうま味をしっかり感じることが出来ますね。
吟 (6)

この後は、卓上に置かれていたタレで食べますが、担々麺と一緒に食べたらお腹いっぱいになってしましました。^^;

さすがに人気店だけあって、12時前からどんどんお客さんが入ってきて、あっという間にお店の外にも行列が出来ています。その理由は一度食べてみたらわかります。再訪したいお店です。ご馳走様でした。

餃子と担々麺 吟
宮城県仙台市宮城野区榴岡4-8-6
TEL 022-349-5349
月~土11:00~22:00
日祝11:00~15:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回私は「全日本一人呑み協会」という団体があるのを初めて知りました。

今日紹介します仙台駅近くの「飛梅 仙台駅前店」は、そこに登録されているうちの一軒です。

全日本一人呑み協会は 
1,一人飲みの文化を再燃させる
2,新しい価値観を一人飲みから生み出す
3,すばらしいお店とすばらしいお客様を繋げる
という3つのコンセプトで運営をしている協会ですが、主催されている方にとってはボランティアな活動なのでしょうか……?わかりません。

帰って調べてみると、石川県にも何店舗か協会に入っているところがありました。

どうなのでしょうね?基本的には私はどんなお店にも一人で行くことは全然平気です。

今回、珍しく一人で仙台に出張があり、ディナータイムにこちらのお店に行ってきました。

2月中旬で、仙台は雪が舞い散る寒い夜。「飛梅 仙台駅前店」は仙台駅や宿泊したホテルに近いこともあって、チェックインしてすぐにお店に入ることが出来ました。
飛梅

ペンシルビルの2階にあって細長くて狭いお店。帰って調べてみると、仙台に他のブランドで何店舗か展開していて、同じ「かき小屋 飛梅」としては東京内神田にも支店があるようです。
飛梅 (7)

各テーブルには卓上用の七輪が置かれていました。すでに火が入れられていて、すぐに焼き始めることが出来ます。
飛梅 (9)

お通し(500円)は、この七輪で焼いて食べる「たこの足」でした。これは珍しいですね。
飛梅 (8)

そして最初に生ビールを頼み、この日は一人で焼きながら飲み食いをしました。

さて、三陸の冬の味覚の代表格といえば牡蠣です。

こちらのお店では、三陸石巻の生産者直送の新鮮な牡蠣を取り寄せています。生産者の名前も書かれているものも多く、安心して楽しむことが出来ます。

基本は卓上炭火焼きで食べさせてくれますが、この日は生牡蠣もありました。もちろん地元産。
飛梅 (11)

この日は雄勝と女川産。食べ比べですね。一つはレモンのみを搾り、もう一つはポン酢をかけて食べます。

磯の香りと適度なミネラル・塩気、それとレモンの酸味が加わって、美味しいです。

当然、焼き牡蠣も食べます。
飛梅 (18)

焼き牡蠣のほうは店員さんが焼いてくれます。左の小手が付いた蒸し器で蒸し焼きにしてくれるので助かります。
飛梅 (20)

プリンプリンの身でツルンとした食感。味のほうも磯の風味が爆発しそうなうま味凝縮。こちらも美味しかったですよ。
飛梅 (13)

先ほどの写真の右側で焼かれていたのは、大ぶりな岩手気仙沼唐桑産の活きホタテを使用した浜焼き(580円)。数量限定で、本当に大きなホタテでした。
飛梅 (22)

貝柱が何せでかい!。濃い口醤油をかけて焼きあげます。こちらも最高でしたね。
飛梅 (12)

あと、三角形の形をした「定義三角あぶらあげ焼き(480円)」。こちらも仙台名物。定義豆腐店から直送しているようです。
飛梅 (15)

自分で焼いて、大根おろし・ネギ・生姜をたっぷり乗せて醤油をかけて食べますが、大豆のうま味を感じることが出来ました。
飛梅 (16)

あと野菜系も欲しかったので、こちらの「仙台せりのおひたし(380円)」を頼みました。クセも少なくニラの様な食感で美味しかったです。
飛梅 (17)

飲み物は生の後はデュワーズのハイボールです。
飛梅 (19)

以上、飲み食いして4,000円弱。いや、なかなかよかったですよ。もっと色々頼みたかったのですが、こちらのお店に来る前に少し鮨をつまんできたので、おなかもこれで満腹になってしまったのが残念でした。ご馳走様でした。

かき小屋 飛梅 仙台駅前店
宮城県仙台市青葉区中央1-6-39
 菊水ビル仙台駅前館 2F
TEL 050-5589-5073
11:00~14:00
17:00~24:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

立ち食いの鮨店には私自身はほとんど行ったことがありません。

大阪、梅田の新梅田食道街にある「しおや 寿司店」について昨年書いたことがありますが、たぶん、その一回のみだと思います。

実は仙台駅には、この立ち食いの鮨店が2軒あります。

他にはS-PAL仙台店に「塩竈 しらはた」という塩竈の人気のお店が立ち食い寿司のお店を出していたりしますが、もう一軒のほうがターミナルビルの3階にある「すし通り」にあり「北辰鮨 仙台駅鮨通り店」というところで、観光客や出張で遠方から仙台に来たビジネスマンにも人気のお店なのです。
北辰鮨 (2)

今回、仙台に行った時に到着後、軽く食べるために入りました。

北辰鮨は、こちらのお店以外にも、仙台駅の1階にもお店があります。そちらは立ち食いではなく、座って食べるお店です。
北辰鮨 (5)

鮮魚専門店として全国一の売上を誇る魚の北辰グループのお店で、その仕入れの潤沢さを生かした鮮度のいいネタを食べさせてくれるお店として人気なようです。

到着が夕方17時半ごろ。お店はいつも混んでいるとの情報でしたが、この日は半分ほどの入りでした。
北辰鮨 (4)

とりあえずのどが渇いたので、生ビールをお願いします。

握り専門なのでつまみ系はないかと思ったら、寿司ネタがあるものはつまみとしても出せるようです。
北辰鮨 (8)

そこで私は目の前のネタケースにあった、「なめろう」をつまみで頼むことに。
北辰鮨 (6)

少し生臭さが出ていましたが、ねっとりとした食感で生ビールのつまみにもよかったですよ。

そして握りに移ります。
北辰鮨 (3)

今回、こちらでは、立ち食いでリーズナブルに握りを楽しめるということで、普段は高いか珍しいかであまり食べられないネタを中心に、またせっかくなので東北産のものを頼んでみることにしました。
北辰鮨 (9)

まずは宮城産の「ほうぼう(280円)」。身が締まっています。ピンク色できれいです。
北辰鮨 (10)

岩手産「さわら(190円)」は炙りで食べさせてくれます。
北辰鮨 (11)

「活きほっき貝(190円)」。少し旬とはずれていますが、活きほっき貝なので、普段食べるものの色合いとは少し違いますね。食感は火を通したほうがいいかもしれませんが、生はあまり食べることが出来ないので、これもよしです。
北辰鮨 (12)

これは「どんこの肝のせ」です。「どんこ」とはアイナメのことで、正確にはエゾイソアイナメといいます。

太平洋岸の千葉から三陸あたりで獲れるようで、石川ではあまり食べない魚です。身自体は白身でクセのない淡白な味わいでした。

しかし、この「どんこ」は肝がキモらしいです。肝が乗せられていることで旨みが増しています。
北辰鮨 (13)

「あわび(280円)」はコリッとした食感で美味しかったです。
北辰鮨 (14)

最後は青森産の「本マグロの中トロ(380円)」。中トロと赤身のハーフみたいな部位でしたが上品な脂でさすが本マグロです。

この日は、もう一軒、牡蠣を食べる予定にしていたので、こちらではこのあたりで打ち止めです。

以上、飲み食いして2,600円ほど。飲み食いするのにかかった時間は20分ほど。さすが立ち食いのお店です。江戸時代、寿司は屋台のファストフードでした。そんな手軽さを味わえるお店です。ご馳走様でした。

北辰鮨 仙台駅鮨通り店
022-214-6180
宮城県仙台市青葉区中央1-1-1
 JR仙台駅3Fすし通り
10:00~22:30
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昔、ブログで書いたことがありますが、私自身としてはつけ麺をそんなに食べる方ではありません。

理由を簡単に言うと、スープがすぐ冷めるからです。

もっとも、「スープが冷めても美味しいのが本物のつけ麺だ」と、今は亡き「つけ麺」生みの親である山岸一雄氏の言葉もあります。

しかしながら、やはり寒い季節のつけ麺は避けていたのですが、こちらのお店でその危惧は木っ端みじんに打ち砕かれました。
おんのじ (3)

行ったのは、仙台では初のつけ麺専門店だという「つけ麺 おんのじ」です。

何故か、お店は仙台と熊本にあります。張り紙を見ると小麦粉も熊本産「阿蘇のいずみ」を使用していますね。確認できませんでしたが、店舗内に自家製麺場を設けているようです

平日のランチに食べに行きましたが、11:40に着くとすでに満席。しかし、自販機で食券を買っている間にテーブル席が空いて運よくすぐに座ることが出来ました。

その後もお客さんがどんどん来て、雪が降る寒い中、外で順番待ちの列が出来るほど。人気のお店なのですね!?
おんのじ

メニューはこんな感じで種類は豊富です。つけ麺だけではなく普通のラーメンもあったり、味も味噌やゴマなど少しアレンジしたものも揃っていました。

この日に働いていた店員さんは、一人男性の方がいらっいましたが、他の4名は女性の短員さんばかり。全員がテキパキと仕事をこなしていました。

私が頼んだのは「野菜つけ麺(並盛890円)」。お店のウリとしては「一日分の野菜が1杯で摂れる、食べるスープの野菜つけ麺です」ということ。スープの味は魚介豚骨味。豚骨・鶏ガラ・野菜・魚介などを大量に使った濃厚なスープで、野菜と魚介の旨みを強く感じて、かつ、臭みもありません。
おんのじ (6)

麺の並盛り320gは中盛り450gまで無料でアップすることが出来ます。麺は熊本産とオーストラリア産のブレンド。弾力(コシ)があって麺自体滑らかな食感で美味しい麺でした。

合わせてネギも増量可能です。

無料ということで、貧乏根性丸出しで中盛りとネギも普通の2倍の量が盛られている「追いネギ」でお願いしましたが、これが失敗でした。

何せ「つけ汁」のボリュームが半端じゃないのです。^^;
おんのじ (9)

大盛りの野菜で、見た目、これだけで野菜ラーメン一杯分のようなボリューム感があります。

麺は一緒に行った人に少し食べてもらって、なんとか完食することが出来ました。
おんのじ (12)

つけ汁自体は濃厚なタイプのスープですが、つけ汁に麺を入れるには、まず、山盛りの野菜を半分ほど片付けないと入れることが出来ません。
おんのじ (11)

中の方にはもやしがたっぷり入っています。
おんのじ (10)

ちなみに、「あつしる」という設定があってダシ汁に浸した麺になるのですが、これだと中盛りでも最後まで冷めない状態で、かつ、つけ汁の味も薄くならずに美味しく頂くことが出来るのです。つけ麺はこれまで冷めてしまうと敬遠していたのですが、この設定があればokかもしれません。
おんのじ (8)

一緒に行った人が頼んだのはこちらの「熟成 味噌野菜らー麺(850円)」。

3種の味噌をブレンドした濃厚味噌豚骨らーめん。麺は自家製のちぢれ麺で、こちらも野菜がどっさり乗ってます。チャーシューは塩チャーシュー。麺大盛まで無料です。

こちらも美味しかったそうです。

900円以下でボリュームたっぷりで、最後まで熱々のつけ麺を食べることが出来るお店。寒い日にも大丈夫ですね。ご馳走様でした。

つけ麺 おんのじ 榴岡店
宮城県仙台市宮城野区榴岡4-13-1
 サンアドバンスビル1F
TEL 022-299-5340
11:00~26:00
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ