あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 中国・四国

緊急事態宣言が解除されてから初めての泊りがけの出張は広島でした。

夜に広島入り。前なら会社の仲間と一献やるところですが、新しい生活様式などを考えて一人で夕食を取ることにしました。

ホテルの近くでお店を探します。

広島一の歓楽街である流川。多くの飲み屋さんが軒を並べるエリアです。

今回は街の中まで入らなかったのでわかりませんが、コロナ禍の中、多くのお店では厳しい状況であることは想像に難くないと思います。

今日紹介します「ふみちゃん 流川店」は、その流川町の手前にあるお店です。流川町には入りません。
ふみちゃん

場所柄深夜まで営業しているので人気なお店で、コロナの影響がなければ平日でも満席になることが多いということでした。

平日の夜、19:40頃に伺いました。
ふみちゃん (9)

広島なのでカープカラーの赤色一色!
ふみちゃん (8)

著名人のサインがたくさん飾られていましたが、たぶんカープの選手のも多いのでしょう。
ふみちゃん (6)

私は一人だったのでお隣の方から2m離れた一番端のカウンター席に座って、目の前の鉄板で焼かれるのを見ながら飲み食いしました。お店の方は全員マスクを着用されています。
ふみちゃん (4)

メニューです。
ふみちゃん (3)

それほど種類が多いわけではありませんね。
ふみちゃん (2)

頼んだのは、まずは生ビールと「とりあえず…」と書かれていた素早く出せるおつまみの中から「チャンジャ(350円)」を頼みました。
ふみちゃん (5)

確かにチャンジャは速攻で出されました。
ふみちゃん (12)

こちらも「とりあえず…」にあった「ホタテのわさび漬け(350円)」です。

鉄板焼メニューも色々あって、私は「げそ焼き」を頼むことに。
ふみちゃん (10)

レモンを絞ってもらいます。

敷かれているキャベツ、甘みが出て美味しいです。

最後の〆はもちろんお好み焼きです。一番人気「ふみちゃんスペシャルそば(1,150円)」を頼みました。
ふみちゃん (13)

豚肉・生イカ・エビ。玉子・野菜が入っていました。

そばはカリッ焼かれていて、キャベツが蒸されて甘みが増しています。美味しいお好み焼きでした。
ふみちゃん (11)

ドリンクはハイボールを頼んでいます。

以上飲み食いしてお代は締めて4,000円を少し超えるくらい。独り飲みなので、こんなものでしょう?

コロナ禍の中、お客さんはまだまだ戻ってきていませんでしたが、広島のお好み焼きの味は健在です。ご馳走様でした。

ふみちゃん 流川店
広島県広島市中区堀川町1-20
TEL 082-542-8777
11:30~27:00
日・祝11:30~24:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の広島出張は中国の春節の時期でした。

いつもなら地方のホテルでも中国人で一杯なのですが、行きの新幹線を含めて中国人の姿があまり見かけず、山陽新幹線も空席が目立ちました。

これも新型肺炎の影響なのかな?。

さて今日は、広島出張の時に宿泊したホテルの紹介です。
ホテルビスタ

「ホテルビスタ広島」は一昨年の8月にオープンした比較的新しいホテル。

場所は前に紹介した「みっちゃん総本店 八丁堀本店」のすぐそばでした。街中にあって便利です。

ホテルビスタチェーンは2020年1月現在で全国に16か所のホテルを展開していて、この後も新規オープンがいろいろ控えている、今伸び盛りのホテルです。

金沢にもありますし、私自身も仙台で2度ほど利用したことがあります。

フロントは2階にあり、1階にコンビニがあるのが便利でした。
ホテルビスタ (2)

値段からするとカテゴリー的にはビジネスホテルでも、少し上あたりを狙っているのでしょうか?、エントランスやフロント・ロビーは明るく内装もビジネスホテル以上!モダンでスタイリッシュなインテリアです。
ホテルビスタ広島 (2)

他のビジネスホテルとは明らかに差別化を図っています。
ホテルビスタ (3)

部屋は、お風呂とトイレ、洗面がセパレートされていました。この方が使い勝手はいいですね。

浴槽は洗い場もあって、椅子に座って体を洗うことが出来ました。
ホテルビスタ広島

さて、朝食の場所は2階のフロントロビーの奥にあって、こちらがエントランスです。

朝食はビュッフェ形式のバイキング。
ホテルビスタ広島 (3)

和食と洋食、おかずの種類が豊富に揃っていました。

その中の何種類かは小鉢に入れられていて、そのまま持っていけるのもgood!
ホテルビスタ広島 (4)

サラダやフルーツコーナーも充実していました、

今回食べたのがこんな感じ。
ホテルビスタ広島 (5)

ボリュームありそうですが、ほとんどはサラダです。後で気が付きましたがサラダ用のボウルがあったようです。^^;
ホテルビスタ広島 (6)

ご飯はひじきご飯。この手の何とかご飯と言っても具材が少しで味がイマイチとがっかりさせられることがたまにあるのですが、ここホテルではとても具沢山でよかったです。それに味の方もグッドでした。そしてお味噌汁も具沢山です。
ホテルビスタ広島 (7)

食後にはヨーグルトとフルーツ。

これで朝食料金は1,600円(税込)。ビジネスホテルとしては少し高めですが、種類と味の面で満足度高しです。もちろん宿泊を含めても高評価です。ご馳走様でした。

ホテルビスタ広島
広島県広島市中区鉄砲町6-15
TEL 082-502-7008
朝食6:30~10:00(L.O.9:30)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

広島に行くと名物のご当地グルメが色々あって何を食べようか悩みます。

夜は先日紹介したお好み焼きのみっちゃんに行くことは決まっていたので、お昼は別なものにしようということでカレー屋さんに行ってきました。

実はこの日は口の中が時々襲ってくるカレーモードでした。

そこでチョイスしたのが、こちらの「ガリバー」という欧風カレーで人気のお店です。
ガリバー

昼はカレー、夜はバーというカウンター数席ほどの狭いお店。カレーの仕込みは2階で行っているようです。

経営はお隣にあるバーが行っていて、元々は1884年創業で昔からあったカレーのお店を引き継いで営業されています。

この日は冷たい雨が降りしきるあいにくの天気でした。お店に到着したのは11:40頃。この時点では店内には先客はいません。

お店は若い女性の方お二人で切り盛りされています。夜のバーとは別運営なのでしょうね?

メニューです。
ガリバー (2)

種類が豊富ですね。選ぶのに迷いました。設定されているメニュー以外にもトッピングが可能でした。

辛さも選べます。3辛までは無料ですが、それ以上は追加料金がかかりました。

私はこれらのメニューの中から、これまでありそうで食べたことがないカレーだったことから「キノコのカレー(税込1,000円)」を頼むことに。

辛さは中辛レベルだという3辛でお願いしました。
ガリバー (4)

最初にサラダが出されます。

カレーはオーダーが入ってから、カウンターの中で具と一緒に調理をおこない辛さを調整して出してくれます。
ガリバー (8)

出されたのがこちら。ライスはほんのりサフランをまとったライス。ルーは別皿で提供されます。

私は最初に全部かけて食べます。
ガリバー (9)

入っているキノコはしめじ・マシュルーム・えのきの3種類です。

20種類のスパイスと国産野菜とお肉を使用して3日間かけてじっくり作られるカレーで、特に野菜の旨みと甘みが感じられる欧風の優しい味でした。

中辛でしたが、個人的にはもう少し辛いほうがよかったかな?辛いのがお好きな方は4辛以上にした方がいいかもしれません
ガリバー (7)

一緒に行った人は「ナスとベーコンのカレー(税込1,000円)」を頼んでいます。

夜のバーはどんな形で営業されているのかはわかりませんが、昔からの味を守って頑張っておられるのがうれしいですね!?ご馳走様でした。

ガリバー
広島県広島市中区本通4-1
TEL 082-243-4914
11:00~21:00(LO:20:30)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

広島には色々なご当地グルメがあります。

お好み焼きを筆頭に牡蠣や穴子、尾道ラーメンなどが有名ですが、もう一つ忘れてはいけないものがあります。それが汁なし担担麺です。

2010年あたりから汁なし担担麺として本格的(第二次ブーム)に流行り出して、いまでは広島だけに限らず全国的にもその名が知られています。

担担麺といえば、日本では辛くて熱い肉みそが入ったラーメンのようなものが普通ですが、本場の中国では汁がない担担麺が一般的です。

日本で普及している汁ありのは、中国四川省出身の陳建民氏(陳健一氏の父)が日本人向けにアレンジして完成したものなのです。

私はこれまで、汁なし担担麺の本場である広島で食べたことがありませんでした。

今回、初体験ということで人気のお店「麺や すずらん亭」へ行ってきたので紹介したいと思います。
すずらん亭

お店は広島中区の街中にあります。ランチでお邪魔しましたが、オープン11:30に行ったらまだ開店の準備中でした。少し待ってお店に中に入ります。
すずらん亭 (4)

カウンターだけの席で、ランチはオーナーのかたでしょうか?男性お一人で切り盛りされていました。
すずらん亭 (5)

入口の食券機でチケットを買って席に座ります。汁なし担担麺以外にも広島菜グリーンカレーなんて興味をそそられるメニューがありましたが、今回はシンプルに「汁なし担担麺+温泉玉子(680円)」を頼むことにしました。
すずらん亭 (9)

出されたのがこちら。

麺の下にお店独自のタレを敷き、湯掻いた麺を乗せ、その上に具材の青ネギと味が付けられたそぼろ肉を乗せてあるものです。
すずらん亭 (10)

これに温泉玉子を割って加えてよくかき混ぜるのです。
すずらん亭 (11)

かき混ぜたあとがこちら。

これが期待以上の美味しさでした。

花椒の風味は舌にピリッと来る辛さですが、むせるほどではありませんでした。お店の人に頼めばより刺激的な辛さにしてくれるようです。

麺はストレートの細麺で、低加水率なので、食感も含めてどこか博多ラーメンに通じるものがありました。
すずらん亭 (8)

一緒に行った人は小ライス(50円)を追加しています。
すずらん亭 (12)

そぼろ肉は追加で乗せてくれます。

これも美味しそうでしたが、炭水化物はあまり取りたくなかったので私はパス。でも店を出てから食べなかったことを少し後悔しました。^^;

汁なし担担麺初体験は期待以上の美味しさで、またどこかで追いライス付きで食べてみたいと思います。ご馳走様でした。

麺や すずらん亭
広島県広島市中区本通3-1 2F
TEL 080-8234-1029
11:30~15:00
17:30~22:00
月曜休(祝日の場合は火曜)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

広島のご当地グルメの代表格がお好み焼き。

私も広島に行くたびに一度は食べています。

今回の出張でも現地のメンバーと夜に食べに行ってきました。

行ったお店は「みっちゃん総本店 八丁堀本店」。

昭和25年(1950年)創業という広島のお好み焼き屋さんとしては古くからあるお店で、今の広島のお好み焼きの形を作ったのが、こちらのお店のご主人である井畝満男氏だといわれています。

私のブログを見てみると13年前に一度お邪魔しています。この時はお店は別な場所にありましたね。
みっちゃん

冷たい雨が降る夜の18:15。順番待ちのお客さんがいました。

我々は予約を入れてあったのですぐに案内されます。
みっちゃん (3)

一番奥の席です。そこから店内を写したのがこちら。多くのお客さんで賑わっています。

広島のお好み焼き屋さんは予約不可のところも多いのですが、こちらは時間帯や人数によってはokということでありがたかったです。
みっちゃん (9)

お品書きです。
みっちゃん (7)

こちらもです。
みっちゃん (5)

お好み焼き以外にも色々おつまみの種類が充実しています。
みっちゃん (13)

まずは生ビールで乾杯!

最後にお好み焼きは食べるということで、まずはおつまみです
みっちゃん (11)

私は食べませんでしたがお店のおすすめメニューの「牛すじ煮込み(450円)」。
みっちゃん (15)

広島名物の牡蠣を使った「牡蠣焼き(880円)」はもちろん頼みました。

大粒の牡蠣で美味しかったです。
みっちゃん (14)

全国的には知られていませんが、こちらも広島名物の「がんす焼き(380円)」。魚のすり身、言ってみればさつま揚げのようなものをフライにしたものです。
みっちゃん (12)

これは「さきいかの辛旨あえ(350円)」。ピリ辛で酒のつまみにいいですね。
みっちゃん (16)

「ホルモン焼き(830円)」は私は食べていません。
みっちゃん (17)

そして「もやし炒め(380円)」です。
みっちゃん (18)

「野菜と海老の炒め物(680円)」はお好みソースがかけられていました。ちなみに、このお好みソースもこちらのお店が発祥ということです。

少し甘めのソースかもしれません。
みっちゃん (19)

こちらは「豚キムチ(630円)」ですが私は食べていません。
みっちゃん (21)

そして最後の〆に頼んだお好み焼きは、こちらは生イカ、生エビ、豚肉、玉子が入っている「スペシャルのそば入り(1,150円)」と、
みっちゃん (22)

「スペシャル」にプラスして、イカ天、それに餅まで入っていて、ネギたっぷりかれられている「DXスペシャルのそば入り(1,550円)」を2枚頼んでシェアして食べました。

これだけ美味しいおつまみがあれば酒がすすむのは当たり前!

生ビールの後は「ハイボールのダブ
みっちゃん (20)
ル(500円)」を数杯飲みました。ダブルはウイスキーが2倍で入っているということです。

これだけ飲み食いしたらさすがにお腹がいっぱいになりましたね!

以上飲み食いして一人4千円ほど。広島のお好み焼き発祥と言われるお店は庶民の味方でした。ご馳走様でした。

お好み焼 みっちゃん総本店 八丁堀本店
広島県広島市中区八丁堀6-7
TEL 082-221-5438
平日
11:30~14:30(L.O.14:00)
17:30~21:00(L.O.20:30)
土日祝11:00~21:00(L.O.20:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ