あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 九州・沖縄

今日は昨年末に飲んだり食べたりしたものを紹介したいと思います。
東酒造

まずは、おなじみ小松市の蔵元東酒造の新酒の話題です。
東酒造 (7)

神泉のしぼりたて、昨年までより約一か月早めの発売でした。
東酒造 (4)

昨今の日本酒ブーム再来で、仕込む量も増やしたそうです。
東酒造 (6)

昨年12月に「しぼりたて たれくち」「しぼりたて にごり酒」「しぼりたて純米吟醸」の3種類が新発売でした。私は毎年、この仕込みや絞りの時期に見学がてら買いに行っているのです。
東酒造 (11)

特にこの季節の一番の楽しみは「しぼりたて にごり酒」。
東酒造 (16)

瓶内発酵で開栓時危険な発泡酒。この時期のみの味です。アルコール度数も高めでほどよい酸味の口当たりの良さがクセになりますね。

すぐに売切れになるので、買い求めはお早めに!

東酒造株式会社
石川県小松市野田町丁35
TEL 0761-22-2301
9:00~17:00
日・祝休

お次は、こちらも毎年お世話になっている熊本は南阿蘇「日出や」から取り寄せている年越し蕎麦について。

近年は、我が家では年越し蕎麦はこちらのお蕎麦が定番になっています。

南阿蘇は久木野産の在来種の蕎麦の実を石臼で自家製粉し、阿蘇山の伏流水で手打ちしています。久木野は熊本でいい蕎麦が採れるところとして有名です。
日出や (2)

出来立てを生のまま宅急便で送っていただいています。
日出や (4)

ちなみに今年は、大根と生わさびをおろして、おろし蕎麦にして食べました。
日出や (7)

細打ちのきれいなお蕎麦、のど越しもよく蕎麦の風味が強く感じることが出来る美味しい蕎麦でしたよ。

手打ちそば 日出や
熊本県阿蘇郡南阿蘇村一関1873
TEL 0967-62-8108
11:00~16:00
木・金曜休、不定休(SNSにて告知)

最後はおまけの話題です。

6年前に休業した加賀市山代温泉の巨大ホテル「ホテル百万石」。そこを大阪市の建設会社「ビッグ総合開発」が30億(?)ほどかけて大改装。昨年末12月27日に新たな旅館「みやびの宿 加賀百万石」として再オープンしました。
百万石1

閉館中はこんな感じで立ち入り禁止に。
百万石

こちらの写真は、近くの温泉旅館「白山菖蒲亭」から閉館中の「ホテル百万石」を見たものです。広大な敷地を誇っていました。
加賀百万石 (11)

今回、オープンの2日後に行ってロビー付近だけですが見学させてもらいました。外観はお色直ししてきれいに!(当然か!?)
加賀百万石 (3)

中に入るとお祝いの花がたくさん飾られていました。
加賀百万石 (4)

だいぶ前の面影を残している改装でしたね。
加賀百万石 (5)

「ホテル百万石」のときは高級旅館としてお値段も高かったですが、「みやびの宿 加賀百万石」は比較的お手頃な宿泊料金のようです。オープン3日目の土曜日、お昼過ぎの時間でしたが、ロビーには誰もいませんでした。
加賀百万石 (13)

パンフレットももらいました。

しかし、この224部屋を有する巨大旅館。はたして勝算は有りや否や!?

みやびの宿 加賀百万石
石川県加賀市山代温泉11-2-1
TEL 0761-77-0200
チェックイン14:00
チェックアウト10:00

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福岡でこちらのホテルに宿泊するのは初めてです。
サットンホテル (3)

むかしはサットンプレイスホテル博多と呼んでいたホテルで、建物自体は年数が経過しています。

ベーシックな部屋はこんな感じで、ベッドは大きめのサイズでした。
サットンホテル

全室フローリングを使用していて、バスルームはタイル張り。バスタブも大きいのですが、私はホテルではバスタブにお湯を張らないほうなのであまり関係はありません。

では、朝食を食べたのでその内容を紹介します。
サットンホテル (11)

朝食を食べる場所は1階。昔は「うお蔵 長兵衛 博多駅前店」というお店だったのですが、いまは「博多 焼肉 サットンプレイス」という焼肉・韓国料理のお店のようですが、直営になったようですね?

朝食は料金は1人1,000円で、この手のホテルとしては良心的ですね。

6:30からオープンしているのがありがたいです。

この日は私はそのオープン時間に1階に下りていくと、一番最初の客でした。
サットンホテル (9)

店内はとても広いです。120席もあるようですね。
サットンホテル (4)

バイキング形式で、主に和食と洋食が中心。それほど種類が多い方ではありませんが、スタンダードなメニューは揃っていたようです。
サットンホテル (7)

私が食べたのはこんなものです。
サットンホテル (8)

なるべく炭水化物よりも野菜やタンパク質を食べます。

ご飯は明太子と高菜を食べるために少しだけ頂きました。

1,000円という値段を考えると、まずまずの内容ではないでしょうか?ご馳走様でした。

サットンホテル博多シティ
福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目4番8号
TEL092-433-2305
朝食6:30~9:00

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

日本の国民食と呼んでもいいほどに馴染みのあるラーメン。

全国至るところに、ラーメン集積型施設が存在しています。

有名なのは新横浜の「ラーメン博物館」。昔からあるところでは札幌のラーメン横丁でしょうか?

そんなラーメン集積型施設が、福岡空港のリニューアルに合わせて誕生しています。
ラーメン海鳴 (8)

福岡空港の国内線ターミナルビルの3Fにも昨年11月にオープンしました。その名も「ラーメン滑走路」。通路が滑走路のようにペイントされています。
ラーメン海鳴 (7)

ここは福岡だけではなく、全国各地の人気のラーメン店が9軒、軒を並べています。

今回は福岡から小松に戻る前に腹ごしらえで入ることにしました。

入るお店は事前に決めていました。

噂のラーメン「ジェノバ」を食べるために「ラーメン海鳴」にです。
ラーメン海鳴 (6)

こちらのお店は、福岡では比較的新しいラーメングループで、2009年創業の「海鳴グループ」。そのグループ初めてのラーメン集積型施設への出店で注目を集めたようです。

「ラーメンWalker福岡・九州」では3年連続で1位を受賞したお店でもあるのです。

進化系のとんこつラーメンを食べさせてくれるグループで、魚介とんこつ、ジェノバ、黄金の鶏白湯、ベジトンなど、ちょっと食べてみたくなるネーミングのラーメンをラインナップに加えているのです。

福岡空港店で食べることが出来るのは、魚介とんこつとジェノバ。基本のラーメンメニューはこちらのようになっています。
ラーメン海鳴

この食券機で食券を買い求めてから、空いている好きな席に座ります。

私はもちろん頼むのは「ジェノバ(820円)」。お値段は少し高めです。

数分待って出てきたのがこちら。
ラーメン海鳴 (3)

緑がかった豚骨スープは、ジェノベーゼを感じさせてくれる見た目です。とんこつ自体はそれほど臭みもなく、バジルの風味をスポイルしないような程度です。

バジルはバジルペーストを使用しているようですが、どの程度、本物のバジルを使っているのかはわかりません。

味的にはまとまっていると思います。

とんこつラーメンにバジルなんて発想は普通しないので、出来上がるまでには試行錯誤があったと思いますが、実際食べてみると、何で今までなかったのかが不思議なくらい違和感のない味です。
ラーメン海鳴 (4)

麺は中細ストレート。「カタ」でお願いしました。

具材はチャーシューが2枚のみ。

値段的にはショバ代込みなので、いい値段していますが、一度は食べる価値があるラーメンだと思います。ご馳走様でした。

ラーメン海鳴 福岡空港店
092-612-1102
福岡県福岡市博多区下臼井767-1
 福岡空港国内線ターミナルビル3F
10:00?21:45(L.O.21:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福岡に行くと必ず一度は食べるうどん。

何せうどんの発祥の地が福岡。市内の承天寺というお寺の境内に「饂飩蕎麦発祥之地」と記された石碑が建っているほどです。

博多うどんといえば、コシのない柔らかなうどんが有名ですが、近年は讃岐うどんのブームの広がりで、福岡にも讃岐うどんや、その他オリジナルなうどんを食べさせてくれるところが増えてきたようです。

でも、博多うどんは出汁を吸ってうまくなるうどんで、個人的には好きなうどんです。

ちなみに、私のブログで過去、西日本各地のうどんについて書いていますので、興味のある方は見てください。
侍.うどん (12)

今日紹介します、博多駅からJRの高架沿いに10分ほど歩いたところにある「侍.うどん」は、福岡のうどん屋さんの中でも人気のお店です。
侍.うどん (6)

オープン7周年だということで、私が福岡から出た後で出来たお店です。

こちらは、博多うどんの柔らかなうどんではなく、また、コシはあるが讃岐とはまた違った感じのうどんを食べさせてくれるのです。

人気店ということでお昼のオープン時間にお店に到着し一番乗り。
侍.うどん (3)

だれもいなかったので、ご主人に了解を頂き、店内の写真を写させていただきました。
侍.うどん (4)

オーナーは、髪を束ねて頭の上でくくる昔の侍さんのようなちょんまげスタイル?

店名の「侍.うどん」はそこから来ているのでしょうか?
侍.うどん (5)

メニューはこんな感じです。

お店の名前を冠した「侍.うどん」というのが名物ですが、こちらはゴボ天と肉が入ってて、肉が苦手な私は食べられません。

他にも「宮本武蔵(750円)」なんてのもあったのですが、こちらも肉吸いうどんのようなつけ汁につけて食べるうどんでパス。こちらがそうです。
侍.うどん (11)

一緒に行った人が頼みましたが、彼曰く、豆腐も入っていたので、肉吸いよりすき焼きのような味だと言っていました。

で、私が頼んだのは、かけうどんの欄に書かれていた「平和台球場(750円)」という名のうどん。

「丸天」と注記がされていたので、「丸天うどん」のことだと思い、それを注文することにしました。
侍.うどん (8)

ただ「丸天」のみだと少し物足りないかな?とも思い、ゴボ天をトッピングで追加(200円)することにしました。

昔、西鉄ライオンズだったころに本拠地の球場だった平和台球場。

福岡城跡の近くにありましたが、私は当然行ったことがありません。しかし跡地には行きました。

行くと意外に狭い土地で、こんなところに球場があったとは聞かないとわからない、と思ったことを記憶しています。

その平和台球場に「ホームランうどん」といううどん屋さんがあったそうです?

そこで出される「丸天うどん」が美味しかったようで、その名残と言うことで「平和台球場」というネーミングにされたようですね。
侍.うどん (7)

この写真は、これも一緒に行った人が頼んだ「平和台球場」です。澄んだ出汁ですね。

まずは汁を一口。イリコと昆布がほんのり効いた上品な出汁で美味しかったです。無添加にこだわっているとのこと。
侍.うどん (10)

うどんは、コシも十分あって、かつ弾力と柔らかさが抱き合わせのような不思議なうどんでした。

博多と讃岐を足して2で割ったような感じ?小麦の風味も感じられる逸品なうどんでした。

ゴボ天は揚げ立てサクサクで、厚めに切られたごぼうも噛みごたえ十分。逆に丸天はふんわり柔らかい丸天で優しい味でした。

「ホームランうどん」の丸天うどんを食べたことがないので、似ているのかいないのかわかりませんが、美味しいうどんであったことは間違いないですね。ご馳走様でした。

侍.うどん
福岡県福岡市博多区博多駅前4-36-20
 内山ビル1F
TEL 092-483-6300
11:30~麺が無くなる迄
月曜日(祝日の場合火曜日にスライド)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

2年間住んでいた福岡。

もう一度住んでみたい場所は?と聞かれたら、まず福岡を挙げると思うほど、住みやすい街でした。

九州の中心都市で人口も多いのですが、空港も近く、住む場所から繁華街も近くコンパクトにまとまっていて、観光地は目立ったところは少ないのですが、グルメの領域では全国有数の街でもあります。

玄界灘や九州各地の海で獲れる魚介類。そしてB級から高級まで、色々バリエーションが揃っているご当地グルメの数々。

今年は春に妻と一緒に、昔住んでい懐かしいエリアにも行ってきましたが、何度来ても懐かしいところです。
博多 Tetsuji (2)

今回は午後に広島から移動。一仕事済ませて夜、会社の仲間と出かけたのは、博多駅から少し離れた静かな場所にある「博多 Tetsuji」というちょっと高級な居酒屋。

居酒屋よりはちょっとリッチな気分になれるお店です。
博多 Tetsuji (5)

お店のモットーは「敷居の高い寿司屋のおもてなしを気軽に味わえる大人のための居酒屋」なのだそうで、先代の寿司店を引き継いで「博多 Tetsuji」にリニューアルされています。

便利な場所ですが、お店は裏通りにあるので静かに杯を傾けることが出来ます。客層もビジネス客が多そうで、居酒屋ほどうるさくはありません。

落ち着いて話が出来る雰囲気で、使い勝手もよさそうです。
博多 Tetsuji (7)
博多 Tetsuji (8)

そしてメニューの種類も豊富でした。
博多 Tetsuji (3)

まずは生ビールで乾杯。アサヒプレミアムドライ。
博多 Tetsuji (4)

お通しとして出されるのがTetsuji名物の「ガリトマト」です。

その名通り、小さめのトマト一個丸ごと使い冷たく冷やしたトマトの上に、寿司屋さんで出されるガリ(生姜の酢漬け)を薄くスライスしたものと、大葉の千切りされたものが乗せられています。

出汁が美味しかったです。ガリとトマトを一緒に食べると、甘みと酸味が口の中でハーモニーを奏でます。

さて、個人的には福岡に来て、お酒を飲むときに頼みたい肴No.1は「ゴマサバ」です。

出来れば一度は食べて帰りたいと思い狙っていましたが、残念ながらこの日はありませんでした。
博多 Tetsuji (13)

そこで、メニューにあった「天然ゴマカンパチ(値段はすべて税込900円)」を頼むことにしました。脂が乗っていて、上品で甘辛のゴマだれとよく合って美味しかったですよ!

あと頼んだものは、まずこちらは「長崎のヤイトカツオのタタキ(900円)」です。
博多 Tetsuji (9)

炙ったときの香りがほんのり。

「北海道の生サンマ塩焼(850円)」は脂が乗っていて美味しかったです。
博多 Tetsuji (14)

今年はサンマも昨年ほどの不漁ではないようで一安心です。

これからが旬のタラ。「タラの白子昆布焼き(500円)」を頼みました。
博多 Tetsuji (12)

濃厚なうま味が昆布でさらに引き立ちます。

こちらは「子持ちイカと彩り野菜のアンチョビバター焼き(950円)」。
博多 Tetsuji (16)

日本酒にも焼酎にも合いますね。

こちらは「雲仙ハムカツ(700円)」。
博多 Tetsuji (17)

「雲仙ハム」は長崎の有名なハム。豚肉の頭肉などを天然塩で熟成させたもので、分厚く切ってハムカツにしてあります。うま味が他とは違う感じがしました。
博多 Tetsuji (15)

「Tetsujiの厚揚げ(580円)」はジューシーに焼きあげてあって美味しかったです。
博多 Tetsuji (18)

「イカゲソの天ぷら(680円)」も頼んでいます。

最後にアルコールについても触れておきます。

生ビールのあとは焼酎で「三岳」を。芋の中では好きな銘柄です。前夜飲み過ぎたのでロックでちびりちびり飲みます。私はこれ一杯でこの日はエンド。
博多 Tetsuji (10)

一緒に行った人は、竹鶴のハイボールなども飲んでいましたね。

以上飲み食いして、3名で一人当たり5,000円弱。居酒屋価格でうれしいです。

居酒屋使いができるお店ですが、料理のクオリティも高くとても満足できるお店でした。ご馳走様でした。

博多 Tetsuji
福岡県福岡市博多区博多駅前3-7-3
 皐月マンション1F
TEL 050-5594-2661
17:00~24:00(LO23:30)
日曜、連休の場合のみ月曜休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ