あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 九州

今日は久しぶりにラーメンの話題です。

12月に鹿児島に行った時にお昼に食べた「Noodle shop KUU(クウ)」というお店です。
ヌードルショップ クウ (8)

鹿児島ラーメンといえば、基本、とんこつベース味ですが、若干しょう油などが加えられていて、それほど白濁したスープではありません。ただ、お店によって少しずつ違った味なのが鹿児島ラーメンの特徴といえば特徴です。
ヌードルショップ クウ (2)

また、鹿児島ラーメンのお店では甘酢大根の千枚漬けが出されるところが多いのですが、こちらのお店では出ませんでした。

メニューはスタンダード設定されているラーメン類がこれら。
ヌードルショップ クウ (5)

基本はやはりとんこつ味ですね。あと「からねぎ」「みそ」「たんたんめん」「からみそ」のバリエーションと、つけ麺もありました。

私はこれらではなく。お店の外にも張り出されていた、12月限定のラーメンを頼むことにしました。

これが「紅白」とネーミングされたラーメン。ボリューム感がありますね。
ヌードルショップ クウ

ネーミングの由来をお聞きしなかったのでわかりませんが、12月限定なので紅白歌合戦にかけているのでしょうか?ビジュアル的には紅白ではなかった気がします。

とんこつをベースで、背脂もだいぶ使っているようです。かつお節・ニンニク・大きな海苔がトッピングとしてプラスされています。ニンニクが入っていましたが、スープはそれほど臭みも少なく美味しかったです。

それに、白ネギたっぷり、ゆで卵半分と、チャーシューも厚くて大きなのが入れられていました。
ヌードルショップ クウ (3)

麺はこちらのお店では初めて使用する中太麺なのだそうです。かん水もあまり加えていない感じで白っぽいストレート麺です。モチッとした食感でとんこつ味にも合いました。満腹になりました。

再度になりますが、これは昨年12月末までの限定メニューで、いまはやっていないのであしからず。
ヌードルショップ クウ (4)

一緒に行った人が頼んだのは、こちらのとんこつラーメンに味玉子(120円)をプラスしたラーメン。
ヌードルショップ クウ (6)

あとチャーシュー丼も食べていました。よく食べます。(笑い)

お店の外観や内装はラーメン店とは思えないような作りで、我々が行った日も女性2人連れのお客さんも食べに来ていました。ラーメン自体も女性受けするような感じです。ご馳走様です。

Noodle shop KUU(ヌードルショップ クウ)
鹿児島県鹿児島市西田2-21-16
TEL 099-221-1017
ランチ11:30~14:00
(日祝は~15:00)
18:00~23:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

出張に行くとどうしても居酒屋に行くことが多くなります。

まぁ、いつもある程度年齢を重ねたメンバーと一緒に夜食べに行くことが多いので、それもやむ得ないのですが、3泊目ともなると、ちょっと変わったものも食べてみたくなります。

今回の出張では3泊目が鹿児島でした。
ハゼル

そこで私がチョイスしたのは、鹿児島中央駅からほど近い場所にある「旬感酒場 ハゼル(HAZERU)」というお店。

ここは、ワインを飲みながら創作料理を楽しめることで人気のお店です。
ハゼル (23)

店内に入ってすぐにオープンキッチンがあり、それを囲むようにカウンター席。奥のほうがテーブル席になっていて、2階にも席があるようです。

今回、地元の人と一緒に5名でお邪魔しました。我々は一番奥の掘りごたつ式のテーブル席に案内され、メニューを見渡すと、ネーミングもそうですが、ビジュアル的にもよさげなものが並んでいました。

それらは限定で2~3食限り!と書かれていたので、まずはそれらを注文することに。
ハゼル (7)

お通しはスパークリングワイン(432円)というのも変わっています。
ハゼル (8)

あっ!この生ハムとチーズもお通しです。

限定メニューからお願いしたのが、こちらの限定3食「極上ウニとイクラのこぼれ盛れ(1,382円)」と、限定2食の「本マグロのカツレツ(1,382円)」です。
ハゼル (9)

「極上ウニとイクラのこぼれ盛れ」はいわゆる「インスタ映え」するやつですね。しかし、枡の中までウニとイクラが入れられているわけではありません。
ハゼル (12)

「本マグロのカツレツ」は中がレアで外がサクッと。こちらも良かったです。

こちらの「至福の牛肉盛り(1,274円)」は、食べ応えがあって2回もオーダーしてしまいました。
ハゼル (14)

ローストビーフ・牛ハツロース・生ハムの盛り合わせになっていますが、牛ハツロースが分厚かったです。
ハゼル (17)
ハゼル (20)

「ホタテと旬菜のアヒージョ(1,058円)」は、熱々のオリーブオイルで煮込みます。
ハゼル (19)

「明太子と大葉のブルスケッタの大盛り(1034円)」も誰かが頼んでいました。
ハゼル (22)

こちらは25cmの特大チョリソを使ったオイルソテー(842円)。巨大なチョリソでスパイシー。SNSのビジュアル的にはいいかもしれません。

締めとして「特大赤海老とバシルのペペロンチーノ(大盛り1,382円)」を頼みます。
ハゼル (21)

こちらは大盛りにしてもらっています。でも、特大赤海老はそれほど入っていませんでした。^^;
ハゼル (15)

アルコールのほうですが、あとはワインを頼まず結局、生ビールやハイボールにしました。^^;

これらを飲み食いして締めて一人4千円弱。コスパ的にはよかったですし、ビジュアル的にもいい料理の数々で、SNS向けにもいいお店だと思いました。ご馳走様でした。

旬感酒場 ハゼル(HAZERU)
鹿児島県鹿児島市中央町20-11
 ole de solaビル1F
TEL 099-251-3366
11:1514:00
ランチ11:1514:00(L.O)
平日16:3024:00(L.O.23:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

鹿児島には、もう何度も来ていますが、なぜか「氷白熊(しろくま)」の本物を食べたことがありませんでした。

むかし、スーパーなどで売っているアイスのほうは食べたことがあるのですが、本物には縁遠かったのです。

今回、沖縄から鹿児島に移動して、お昼前に鹿児島中央駅に到着。その足で駅ビルのアミュプラザの地下でランチをとることにしました。

その時にふと、「氷白熊(しろくま)」の発祥のお店「天文館むじゃき アミュプラザ店」が目にとまりました。
むじゃき (12)

「天文館むじゃき アミュプラザ店」では、「氷白熊(しろくま)」のような甘味だけではなく、お好み焼きや焼きそばもやっているということがわかり入ることに。
むじゃき (13)

そのついでと言っては何ですが、せっかくなので食後のデザートとして、「氷白熊(しろくま)」を初体験してみることにしました。
むじゃき1

まずは腹ごしらえで、私は「海鮮焼きそば(990円)」を頼みます。少し値段は高めです。

焼きそばは調理場で作ってきてくれて、テーブルの温められた鉄板の上に乗せてくれます。
むじゃき (6)

値段は高いですが、魚介はたっぷり入れられていて、エビ・イカ・ホタテだけではなく、カツオも入っていました。

麺は太めで食感もしっかりある焼きそばでしたね。

こちらは、一緒に行った人が頼んだベーシックな「焼きそば(550円)」で豚肉入りです。
むじゃき (8)

食材は自家製にこだわっていて、麺に限らずソースやマヨネーズも自家製のようです。

そしてデザートの「白くま小(430円)」です。
むじゃき (3)

色々な種類がありましたが、やはり最初はベーシックなものを選びました。
むじゃき (10)

店頭のサンプルでは小サイズはそれほど大きいとは思わなかったのですが、実際のは、やはり食べ応えがある大きさです。
むじゃき

上から写真を撮ると、チェリー、アンゼリカ、干しぶどうで白くまの顔がデザインされています。かわいいですね。

胴体は氷に自家製のミルクと蜜がかけられていて、もちろん白くまをイメージしていますね。

外側にはチェリー・レーズン・プラム・みかん・もも・バナナ・パイナップル・寒天・メロン・スイカ・ぶどうが貼り付けてあります。

氷の下にも寒天やフルーツ、白豆(十六寸豆)などが入っていました。

ただ、さすがに真冬に食べるのは少しきつかったですね!?^^;
むじゃき (14)

お店では、焼きそばに限らず、お好み焼きや「氷白熊(しろくま)」もテイクアウトが可能です。ご馳走様でした。

天文館むじゃき アミュプラザ店
鹿児島県鹿児島市中央町1-1
 アミュプラザ鹿児島B1F
TEL 099-256-4690
11:00~21:00(L.O.20:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

沖縄のご当地グルメとして知られている「沖縄そば」。

沖縄に行ったら食べないわけにはいかないでしょう?

ただ、「沖縄そば」や「ソーキそば」は、豚肉の存在感がハンパない食べ物です。肉が苦手な私は、あまり過去に食べたことがありません。

沖縄には7~8回ほど来ていますが、たぶん食べたのは1回だと記憶しています。

そんな沖縄そばを今回食べに入ったお店が「宮良そば」です。
宮良そば (13)

場所は国道330号線、いわゆる浦添バイパス沿いです。北部・中部方面から那覇に向かう途中にあります。

先ほども書きましたが、私は肉が苦手なので、なるべく三枚肉やソーキがトッピングされていない沖縄そばを探して見つけたのがこちらのお店なのです。

こちらには「やさいそば」の設定があります。

なかなか大きいお店ですね。
宮良そば (3)

店中も多くのお客さんが入ることが出来そうです。
宮良そば (2)

メニューを見ます。基本はこちらの5種類。メニューを見る限りはお店としては八重山そばがメインなようです。

私は初志貫徹で「やさいそば」を頼みます。大が700円、中が620円、小が500円となっていましたが、私は中でお願いしました。
宮良そば (7)

麺は太麺と普通麺をチョイス出来、私は太麺でお願いしました。
宮良そば (4)

テーブルに、「沖縄そば指南の書」が置かれていて、食べ方について教えてくれています。

その教えの通り、まずはスープを一口飲みます。上品で何となくうどんのダシにも似たような風味がしました。薬膳としても使われている長命草(サクナ)なども入っていることで健康にも良さげで味も美味しいです。
宮良そば (8)

麺は写真での見た目はうどんのように見えますが、分類としては「中華めん」。モチッとした食感が印象的でした。スープにも合っていました。
宮良そば (9)

途中でフィファチという香辛料と紅ショウガを入れて味を変えて楽しみます。
宮良そば (10)

フィファチとは基本胡椒の一種のような香辛料。八重山諸島でよく使われているようですが呼び名も少し違うようです。シナモンに似た風味もしました。

乗せられている野菜もシャキッとした食感で、全体としても美味しかったです。

こちらは一緒に行った人が頼んだ「八重山そば」。サイズは小で500円。
宮良そば (6)

八重山そばの特徴は具材に、醤油とみりんで煮た豚の赤身とかまぼこを細切りにしたものが乗せられていること。

私は食べていないのでわかりませんが、スープや麺は私の食べた「やさいそば」と同じでしょう。
宮良そば (11)

なお、こちらのお店では「そば」を頼むと、食べ放題のサラダバーついてくるのもウリの一つとなっています。
宮良そば (5)

どうもオーナーが女性の方で、そんな気遣いがうれしいと思います。

少しですが沖縄独特の野菜も置かれていましたが、味がわからなかったので今回は取るのを止めました。^^;

お昼時は大勢のお客様が来て、店内は混雑していました。人気なのですね。ご馳走様でした。

宮良そば
沖縄県浦添市当山1-7-17
TEL 098-876-7082
平日11:00~15:00 17:00~21:00
土日祝11:00~21:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

年末年始、皆さんはどのように過ごされたでしょうか?

少し時間が経ってしまいましたが、我が家で年末年始に食べたものを紹介したいと思います。

年末最後のグルメといえば「年越し蕎麦」。

一昨年と昨年末は、南阿蘇にある「日出や」さんから久木野在来種の新蕎麦を使った年越しそばを取り寄せています。石臼でひいた自家製そば粉を井戸から汲み上げた天然水で打ったそばもちろん手打ちの生蕎麦です。

ちなみに久木野といえば熊本ではいい蕎麦が採れる場所で有名なところです。
日出や (3)

4食入り、つゆ付きで2,500円(送料別)でした。
日出や (7)

新そばの風味がすごくてとてもおいしいそばでした。
日出や (9)

それに、つゆも最高です。かつおがきいていて濃いめのかえしとの相性が秀逸でしたね。
日出や (10)

あと私は、こちらの蕎麦のセットに「しあわせマルシェコラボセット」というお菓子セットも一緒に頼んでいます。
日出や (2)

これらのココナツクッキー、オートミールクッキー、チアシードチョコレートケーキ、グラノーラが各1袋ついていました。こちらと蕎麦のセットで3,750円(送料別)でした。

こちらもナチュラルな甘さで美味しかったですよ。ご馳走様でした。

手打ちそば 日出や
熊本県阿蘇郡南阿蘇村一関1873
TEL 0967-62-8108
11:00~16:00
木・金曜休(祝日の場合は変更)

お次はお正月のおせち料理についてです。

我が家の今年のおせち料理は、一昨年にもお願いしました「加賀旬彩 梅八」さん。二段重で送料込みで19,700円ほど。値段は一昨年に比べて2,000円ほどの値上がり。

一昨年のはこちらですが、今年のは値段もそうですが少しだけ内容が変わっています。

基本的なものは変わりはなかったのですが、より酒のアテに適した内容になっていたような気がします。あくまでもオードブルとは違って揚げ物系はほとんど入っていません。
梅八

こちらが一の重。祝い肴や煮物が入っています。
梅八 (2)

二の重は酒の肴や焼物が入れられています。
ロゼ (4)

このおせち料理を食べながらお正月最初に飲んだのはシャンパン「BILLECART SALMON BRUT ROSE)ビルカール・サルモン ブリュット・ロゼ)」。
白ワイン

そして、白の「Dom. du Chapitre Le S(ドメーヌ・デュ・シャピトル)」でした。

しかし、さすが会席料理の梅八さん。一品一品が丁寧に作られています。美味しいです。
家族5名で元日のお昼であっというまに完食でした。

梅八さん、昼会席(ランチ)でも3.500円からということでお店にはなかなか食べに行くことが出来ませんが、今年こそはと思う次第です。ご馳走様でした。

加賀旬彩 梅八
石川県小松市八幡ロ5-41
TEL 0761-47-8885
11:30~14:30
17:00~22:00
月曜休(祝日の場合は翌日)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ