あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 九州

珍しくお土産の紹介です。九州で買った人気の品です。

福岡空港大改装中だということは、先日の因幡うどんの紹介のときに触れました。

行ったのが2月の後半ということで、ちょうど苺、「あまおう」の季節。

空港内のお土産屋さんには、「あまおう」を使ったお菓子類が、ここぞとばかりに並んでいます、

そんな中、私が買ったのは、これらの品々です。
福岡土産 (2)

福岡の和菓子の老舗、石村萬盛堂の「あまおう苺鶴乃子」と、花福堂「まっかな苺のミルフィユ」。季節限定の商品です。

「まっかな苺のミルフィユ」はホワイトデー用のパッケージ?白色でした。中もホワイトチョコレートを使用しています。

さて、今回紹介するのは「伊都きんぐ」の「どらきんぐ生」という生菓子です。
あまおう苺

こちらの品は11月下旬~5月末頃までの「あまおう」の収穫期間限定の商品。今回、家へのお土産で1個410円で4個買い求めました。
あまおう苺 (3)

中には糸島産「あまおう」が、丸ごと1粒ぜいたくに使われています。

苺のブランドとしては全国区となった福岡の「あまおう」。

その「あまおう」をあんこでくるみ、さらに塩バニラでくるみ、それをどら焼きのような生地の皮でくるみ焼きあげたものです。
あまおう苺1

通常どら焼きよりは団子っぽい形ですね。中にあまおう苺が、丸ごと1粒入っているので当然といえば当然です。
あまおう苺  (2)

生地はしっとりとしています。切ってみるとこんな感じです。見ただけで美味しそうです。

あんこの甘さを塩バニラの塩分と「あまおう」の甘酸っぱさが、絶妙に混ざり合ってとても美味しいです。

410円と、少し値段は高いのですが、その価値は十分あります。家族全員が美味しいと言っていました。

塩バニラ以外には、普通のバニラ味、抹茶味があって、他にも「あまおう」が1個丸ごとではなく刻んだりクリームにしたりしたり、値段を抑えたものも何種かありましたが、空港で買えるのは全部ではありません。

伊都きんぐ 福岡空港店
福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1
 福岡空港ターミナルビル内北側出発ゲート前仮設店舗営業
TEL なし
6:30-21:00
無休

お次は鹿児島名物のさつま揚げ。

さつま揚げという呼称は、今でこそ鹿児島でも一般に呼ばれますが、主に東日本での呼び名。関西、とくに大阪では「天ぷら」の中に包含されていたりしています。鹿児島では一応「つけ揚げ」というのが正式な呼称です。

そのさつま揚げの業界でも、いまトレンドとして新しい、創作系?のオリジナルさつま揚げが人気となっています。

今日紹介します「玖子貴(きゅうじき)」という難しい読みのお店は、鹿児島県日置市に本社があって、鹿児島中央駅に本店があります。

東京では「COREDO室町2」にもお店を出しています。

すべて、お店で揚げ立てのを販売していて、ほかにネット通販もやっています。

今回鹿児島に出張があり、お土産を調べていたら、ここは「黒柳徹子とマツコがTV番組で絶賛した鹿児島の人気店」だということを知りました。

私はミーハーではないと思いますが、あの黒柳徹子さんとマツコデラックスが押すのならば一度買ってみようと思い立ち寄りました。
玖子貴 (5)

しかし、実は買ったのは博多駅にあるお店です。^^;

何故か、出来立てが美味しいさつま揚げ。鹿児島で買うよりは飛行機で帰る地、福岡で買ったほうがいいと思ったからです。

ということで、博多駅の駅ビル内、マイングに入っている「マイング博多駅店」で買い求めました。
玖子貴

黒柳徹子さんとマツコデラックスが一押しなのが「やきもろこし(270円)」と「葱しお天(227円)」。(金額はすべて税込)
玖子貴 (4)

特に「やきもろこし」は累計100万個を突破している人気商品なのだそうです。

こちらのお店、さつま揚げの内容やビジュアルも、他店とは少し異彩を放っています。
玖子貴 (7)

「やきもろこし」も、まさにとうもろこしの見た目を彷彿とさせてくれる形状で、切るとこんな感じです。

味の方も、とうもろこしの甘み、中のさつま揚げも、その日に揚げられたものは温めると、柔らかくて甘みとうま味が口に中に広がります。

とうもろこしは、缶詰のものを使っているわけではなく、北海道産のとうもろこしを焼いてまぶしているのです。そのため、お値段も少々お高くなっています。
玖子貴 (10)

「葱しお天」はこんな感じです。ネギの風味が練り物そのものの味をさらに引き立てます。
玖子貴 (6)
 
他にはこんなのも買い求めました。「エビレンコン(130円)」「ごぼうかき揚げ(162円)」「たっぷり安納芋(270円)」「みたらし生姜だんご(180円)」です。
玖子貴 (12)

どれも素材の味を大事にした仕上がっているさつま揚げで、脂っこくなくとても美味しかったですよ。

玖子貴(きゅうじき)マイング博多駅店
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
 JR博多駅マイング
TEL 092-483-6077
9:00~21:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

福岡空港が、いま大きく変わろうとしています。
因幡うどん

滑走路をもう一本増設するにあたって、その前の誘導路の複線化工事が進んでいます。そのため、現在のターミナルビルを今の位置からセットバックして増築する大掛かりな工事が進行しています。
福岡 (2)

小松と福岡の路線の搭乗ターミナルがあった第一ターミナルビルも取り壊されるために解体工事中でした。
因幡うどん (2)

ご覧のように、天井にもビニールがかかっている状態で、至るところが工事中。仮設の状態のところも多く、地下鉄の駅から搭乗口までも距離が遠くなったりして、だいぶ混乱している状態でした。
因幡うどん (4)

そのリニューアルの一貫として、2017年1月に福岡空港内の2階に新しく完成したフードホール「the foodtimes」がオープンしました。
因幡うどん (5)

全350席を持つ大きなスペースに、ご覧の8つのお店が入っています。一般的なフードコートより、デザイン的にも凝っていて、落ち着いた空間です。

フードコートの性格上、ラーメンやカレー、ハンバーガー、カツ丼などファストフード系のお店が多いですね。

私が行った時点では、これらのうち、まだ工事している最中のところもありました。

私がその中から選んだのは、福岡うどんで人気店「因幡うどん」。
因幡うどん (6)

昭和26年創業という老舗の一軒で、私のブログでも本店や博多駅にあるお店について過去に紹介したことがあります。

「因幡うどん」は自家製麺。塩分が均一になるように一晩寝かせた塩水を混ぜ生地をこね、足で踏み、さらに一晩寝かせて麺を作ります。

いまでは、機械化も進んでいるようですが、足踏みは人の足でやらないとダメだとか、前に聞いたことがあります。

工場で、茹であがる少し前の状態して、各店に配送。お店では最後にひと茹でされ完成です。

さて、「因幡うどん」には今回、福岡から小松に帰る最終便に搭乗する前に、少し腹ごしらえをしに入りました。

家に帰ってからも飲み食いするので、うどん一杯だけを頼むつもりで入りました。
因幡うどん (7)

メニューはこんな感じです。

福岡空港店限定メニュー「博多鶏うどん」なんていううどんもありましたが、鶏チャーシューのようなお肉が乗せられていたので、涙ながらにパス。

そこで、前に因幡うどんで紹介したのは、何れも「丸天うどん」だったため、今回は「ごぼう天うどん(税込530円)」を頼むことにしました。

フードコートなので、セルフサービスです。
因幡うどん (10)

うどん自体はお店の方が作ってくれ、こんな感じで出来上がります。ごぼう天もその時点で乗せられて出されます。ただ、セルフサービスなので、代金を払い、ネギなどの薬味を乗せて席まで持っていき食べるころには、ごぼう天は汁を含んでベチャとしてしまいます。
因幡うどん (12)

できれば、ごぼう天は別皿に乗せて出してくれたらうれしいと思いました。

あと、他のお店では、ごぼう天は一つ一つのごぼうに衣を付けて揚げていたり、それをまとめた形のが多いですが、こちらのは丸い、いわゆる立ち食い店でよく見られる形状で、衣の量の方が多くごぼうの量が少なかったです。

また、工場で衣の部分は機械で作られますが、ごぼうをのせるのは手作業で行われています。

このあたり、いい悪いではなく、昔からの因幡うどんの流儀のようです。
因幡うどん (14)

しかし、さすが博多うどん。逆にお汁を吸わせた方が美味しいです(笑い)。

柔らかくて、澄んで雑味の少ないダシとの相性、抜群です。

ダシは昆布とカツオ節にイリコやサバを加えて取っています。因幡うどんの汁は私の好きな味です。

出張や旅行のときに、少し小腹が空いたとき、時間がなくてもサッと食べることが出来るので重宝しそうです。ご馳走様でした。
福岡 (7)

そうそう!福岡からの帰りの飛行機、きれいな夕陽を見ながらのフライトでしたよ。

因幡うどん 福岡空港店
福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1
 福岡空港国内線ターミナル 2F
TEL 092-611-1011
8:00~21:30(L.O.21:00)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

皆さんは、テレビ東京系列の番組「孤独のグルメ」という番組をご存じでしょうか?

私の地元石川県では、テレビ東京系列の地方局がないので残念ながら観たことはありません。

「孤独のグルメ」は元々が扶桑社の「月刊PANJA」で1994年から1996年にかけて連載された漫画で、それを原作にオリジナル映像化したのがテレビ東京系列の番組「孤独のグルメ」なのです。

さて本題です。今日のお店は正直、書くか書かないか迷ったお店です。

飲食店の場合、一般の製造業のように、Q(品質)、C(価格)、D(納期)の3つで評価できると考えています。つまり料理の味や素材・サービスの質、コスパ、出来上がりや料理の提供のタイミングや速さなどです。

私がブログで紹介する場合のスタンスとして、直接的な表現では悪くは書かないようにしていることがあります。特に料理については、そのようにしていて、サービス面に関してだけ気になった所は書くようにしています。

料理は料金との兼ね合いがあって、また、すべての料理を食べた上で評価が出来るわけではないこと、また、基本、高いお金を出せば美味しいものが食べられるのは当たり前だということなど、単純な評価だけでは、公平さを欠くのではないかと思っているからです。

一方、サービス面は高いお店だろうが、そうでないお店だろうが、基本的には対等だと思っています。もちろん、仲居さんが一部屋に一人付くようなお店や旅館と、ご主人や女将さん一人だけでやっているところはおのずと違うことはわかっていますが、一人だろうと大勢だろうとホスピタリティの良し悪しはある程度の基準で評価できると思っています。
 
あと、出来上がりや料理の提供のタイミングや速さについては、当然、混んで来れば料理が出されるのが遅くなったり、タイミングもずれたりすることはままあると思いますが、大事なことは、一般的な常識の問題としてとして「身の丈を超えるお客さんの数は入れない」や「時間がかかるときはお客さんにちゃんとその旨を伝える」ことが、お店をやっていく上でとても重要なことではないかとも考えています

今回のお店についてはこの時間やタイミングに関して大きな問題がありました。時間のこと以外については、具体的なことはあまり書きませんが、美味しいものもあれば、普通の物もあり、決してまずいものがあったわけではありません。つまり普通の味の料理でした。ただサービス面に課題あり!といったところです。

さて、前置きが長くなりましたが、ここ「味の店 一富(かずとみ)」へは、福岡の繁華街中洲で人気のお店があるということで出かけてきました。

冒頭書きました、テレビ東京系列の番組「孤独のグルメ」で紹介されたお店です。「孤独のグルメ」は元々が扶桑社の「月刊PANJA」で1994年から1996年にかけて連載された漫画ですが、テレビ番組のほうはオリジナル版で漫画版のお店とは違うようです。

番組版「孤独のグルメ」では、「特別編! 真夏の博多出張スペシャル」の中で「博多区中洲の鯖ごまと若どりスープ炊き」という内容で紹介されていました。料理としては「鯖ごま」「鯖納豆」「変わり茶碗蒸し」「若どりのスープ炊き」が紹介されていました。

このような情報を見て、かつ食べログでも3.5点以上付けられていたので、これはいいお店だろうと思って仲間を誘って3名で出かけてきたのです。
一富 (15)

お店は、中洲の路地にある人形小路という、私もこれまで立ち入ったことのない飲み屋街の一角にあります。
一富

外観から見てもわかる通りお店が出来てから相当年数が経っているようです。料理がこない間に他のお客さんと話している内容を聞いていたのですが、どうも2代目のご主人で、お店が出来てから57年とか言っていました。
一富 (2)

人気のお店だろうということは推測できましたので、3週間ほど前に予約を入れて、18:30少し前にお店に到着。中に入るとカウンター席はすでに満席で、我々は小上がりの席に通されました。この写真は店内の一部を写したものです。この小上がりの右側の席もほどなく予約の5人グループで埋まりました。

19時の時点でほぼ満席の15名のお客さんが入っていたことになります。我々が居る間にも何組かのお客さんが飛び込みで来られましたが、すべて断っていました。やはりテレビや漫画の影響力は凄いですね。

しかしながら、お店に入った時点でもすでにいやな予感はしていたのですが、この15名をご主人お一人で切り盛りしているのです。

そのため我々は、最初に料理のオーダーを多めにしておくという作戦を取ることにして、6品ほど頼んでおきました。

まずはざっと紹介しておきます。

こちらは「孤独のグルメ」でも取り上げられていた「鯖ごま」です。(もう一つの「若どりスープ炊き」は夏の熱い一日だったので頼みませんでした)
一富 (9)

この「鯖ごま」は美味しかったです。福岡では「ごま鯖」と逆に呼ぶのですが、こちらでは「鯖ごま」です。他店ではゴマダレが多めにかかっていますが、こちらではほんのりと感じる程度で、鯖の旨みを出すような感じに仕上げていてわさび醤油をつけて食べます。九州の醤油は甘めなのですが、これに合います。身も厚くこれはよかったです。
一富 (11)

あと、鰯の刺身と
一富 (10)

私は食べませんでしたが、若鶏おろしポン酢和え。
一富 (13)

焼き茄子です。
一富 (14)

これは、レモンサンドで、普通に大根にレモンを挟んだだけのものです。
一富 (12)

そして「びゃんにゃん」という名前に興味があってお聞きしたところ、「じゃこおろし」だということで、そちらも頼んでおきました。

見てお分かりの通り、手の込んだ料理はありません。

最初に出された「鯖ごま」が出来きたのが30分後。他の品は1時間以上、最長は一時間半ほどかかりました。

しかし、レモンサンドがなぜ一時間半もかかるのか不思議です。普通に大根にレモンを挟んだだけのものなのに……?

19時15分ごろに、女将さん?らしき方がお店に加わったのですが、サービス面をするだけで料理はすべてご主人が一人でやっているようです。

自分でこの混み具合だったらどのくらいの時間がかかるかは料理人はわかるはずなのに、オーダーするときも途中にオーダーが通っているかを確認した時も、「混んでいるので〇〇分くらいかかります」とかの説明は一切ありません。
一富 (5)

飲んだお酒は、最初に出された枝豆に生ビール。
一富 (7)

次に黒霧島のロックを頼んだのですが、つまみがないとあまり酒を飲めない私は、ずっと料理が出来るまで待っていたら、水割りになってしましました。(笑い)

以上、飲み食いして一人4千円強。最後に出るときも、特に遅くなったことへの言及はありませんでした。

今日は辛口の内容になってしましました。むかし、札幌で、これも人気グルメ漫画「美味しんぼ」で取り上げられていたお店に行った時も、同じくがっかりしたことがありました。もう、漫画やTVで紹介されていたお店というだけでは行かないようにしないといけないかもしれません。

もしかしたら、この日だけ特別だったのかもしれません。でも、テレビ番組で紹介されるお店だからこそ、多くのお客様が来てくれるわけで、その方々のためにも私としては書く必要があると思い書きました。ご馳走様でした。

最後までお読みくださりありがとうございます。

味の店 一富(かずとみ)
福岡県福岡市博多区中洲4-2-24
TEL 092-281-5120
18:00~25:00
日祝休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

元々、こちらのお店は「元祖赤のれん 節ちゃんラーメン博多住吉店」というお店でした。

本店は天神にあって、私は本店とこちらのお店、両方に行ったことがあります。

私が福岡から転居した後に独立されたようです。ちなみに「元祖赤のれん 節ちゃんラーメン」のときは、こんな店構えでした。
sumiyoshi_001

主に看板を改装されていますね。
赤のれん和亭

「昼は忙しい方の為に、早い、安い、旨い」をモットーにしているようで、前のお店の時代からいままで変わらずに人気があります。

ここのラーメンの特徴は、博多ラーメンとしては珍しい少し赤褐色のスープ。トンコツが粉々になるまで煮込んでいるようで濃厚な味です。実は私は濃厚なスープは、そんなに好きではありませんが、こちらのお店はそれほど臭みがなく普通に食べることが出来ます。
 
ランチ時には、先ほどのモットーを地でいくようなセットメニューがあります。

並ラーメンと半チャーハンがセットになったAランチが税込で620円。それに3個の餃子が付いたラーメン定食が720円と、とても良心的な値段のセットがあるのです。

並ラーメンはワンコイン500円で食べられるのですが、通常300円の半チャーハンを付けて620円ですからとてもお得ですね。

私はラーメン定食のほうを頼み、一緒に行った人は、それぞれAランチとラーメン定食を頼んでいました。

「昼は忙しい方の為に、早い、安い、旨い」のとおり、ラーメンもチャーハンもすぐに運ばれてきます。
赤のれん和亭 (5)

むかし食べてからずいぶんと月日が経っていますので、前の時の味の記憶がないのですが、何となく懐かしさがこみあげてきました。
赤のれん和亭 (7)

麺は極細平麺。コシもそこそこありました。でも、バリカタにすればよかったかも?
赤のれん和亭 (8)

味に変化を付けるために、紅生姜とすり胡麻を途中で加えます。高菜は置いてありませんでした。
赤のれん和亭 (4)

チャーハンのほうは、どちらかといえば大人しい味付けでした。
赤のれん和亭 (6)

餃子も、それほど特徴があるわけではありませんでした。

しかしコスパは抜群で、「昼は忙しい方の為に、早い、安い、旨い」という忙しいビジネスマンに最適のモットーだと思います。ご馳走様でした。

赤のれん和亭
福岡市博多区博多駅前4-24-10
TEL 092-474-6454
11:30~15:00
17:00~23:00(L.O.22:45)
日曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

九州北部は玄界灘をはじめ、美味しい魚が獲れる漁場も多く存在するところです。

長崎県の五島列島のその一つで、日本海と東シナ海の境目に位置するところで、世界でも有数の大陸棚が広がってることも相まって、色々な魚が獲れ、それらが九州各地の漁港に水揚げされます。

福岡市内にも、五島列島の魚をウリにしているお店も多く存在しており、今日紹介する「馳走 やまとや 博多駅東店」もその一つです。
馳走 やまとや 博多駅東店

この日は、事前に予約を入れて、仲間と一緒に訪れました。筑紫口から徒歩5分ほどの少し路地を入ったところにあります。なかなか立派な造りのお店ですね。

ただ、入口にあったいけすには一匹も魚が泳いでいませんでした。
馳走 やまとや 博多駅東店 (2)

中に入ると、カウンター席が並んで、その前に小上がりの席があります。我々は小上がりの席に通されました。

冒頭、こちらのお店は「五島列島の天然魚をつかった料理を楽しめる」と書きましたが、実は、こちらのお店を選んだ一番の狙いは、新鮮なイカの活き作りが食べられることでした。

ところが、何と!この日はイカの入荷がなかったのか、そのイカの活き作りがなかったのです。ガーン!

ホームページの写真でも、お造りの写真にデカデカと載っているのですが、残念です。

いけすで活かしておくわけにはいかないのでしょうか?^^;

あと、福岡に来たら必ず食べる「ゴマサバ」も置いていなかったり、少し寂しい夜になってしまいました。

最初に愚痴っぽくなってしまいましたが、思い直して頼んだものを紹介していきます。
馳走 やまとや 博多駅東店 (7)

オーダーは直接店員にオーダーしてもいいのですが、タブレット端末からも出来て便利です。
馳走 やまとや 博多駅東店 (5)

まずは生ビールとお通し。

そして我々は最初に刺身の盛り合わせを頼みました。
馳走 やまとや 博多駅東店 (6)

こちらは3~4人前の「椛島(2,160円)」です。内容はイサキ、カンパチ、メジナ、ハガツオ、石鯛です。どれも身が締まっていましたよ。
馳走 やまとや 博多駅東店 (10)

こちらは「自家製 らっきょう(350円)」。らっきょうは久しぶりに食べました。いい塩梅で漬けこまれていますね。
馳走 やまとや 博多駅東店 (4)

島らっきょうも頼んでみました。
馳走 やまとや 博多駅東店 (8)

「トマトスライス(420円)」はマヨネーズと塩で。
馳走 やまとや 博多駅東店 (9)

「ベーコンと野菜炒め」は濃いめの味付け。酒がすすみます。
馳走 やまとや 博多駅東店 (11)

「とろとろ豆腐のやっこ(660円)」は、本当にとろとろで美味しかったです。
馳走 やまとや 博多駅東店 (13)

「やまとや風 トーフステーキ(660円)」です。焼きたて熱々。
馳走 やまとや 博多駅東店 (12)

これは「チーズ餃子」です。揚げ餃子で本当に一口サイズでした。
馳走 やまとや 博多駅東店 (14)

「出し巻玉子小(460円)」は小を頼みました。

この日は、このあたりで打ち止めにしました。

お酒は4名で日本酒やハイボール、焼酎などを相当飲みました。お代は一人4,500円ほど。まずまずのコスパです。

イカと胡麻サバがなかったのは返す返すも残念でしたが、次回のリベンジということで。ご馳走様でした。

馳走 やまとや 博多駅東店
福岡県福岡市博多区博多駅東2-6-15 やまとやビル
TEL 050-5869-8383(予約専用)
092-433-7778(問合せ専用)
月~金
17:00~25:00(L.O.24:00) 
土・日
17:00~24:00(L.O.23:00) 
祝日休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ