あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 九州・沖縄


今日はクエグゼクティブフロアの宿泊者に限って利用できる、33階にあるエグゼクティブラウンジでの飲食について書きます。

こちらでは、チェックインした後で立ち寄ったカフェタイム。そして朝食もこちらでとることが出来ます。

カフェタイムは前回の施設編で書きましたので、今回は朝食編です。

エグゼクティブラウンジでの朝食は6:30~10:00に利用可能。ビュッフェ形式です。高さ120mからの景観は素晴らしく、博多湾と市街が一望できます。
シーホーク (32)

この日はいいお天気で、朝日が差し込んで明るいラウンジでの朝食となり、とても気持ちがよかったです。

追加料金なしで利用できるビュッフェなので、使われている食材もそれほど高級ではなく、また食べきれないほどの種類が並んでいるわけではありませんが、ベーシックなものは一通りそろっていて満足できる内容だったと思います。
シーホーク (65)

和と洋が中心で、こちらは和食系の品が並んでいます。
シーホーク (68)

こちらは洋食系です。
シーホーク (67)

フルーツとサラダ。
シーホーク (71)

パンとデザート。
シーホーク (76)

マンゴーラッシーがありました。
シーホーク (70)

シリアルもあります。

それらの中から我々が食べたのはこんな感じです。
シーホーク (77)

妻はホテルの朝食では珍しくご飯を食べましたが、私は炭水化物はこの日は控えることにしました。味噌汁のみ頂きます。
シーホーク (75)

和食系では九州のご当地グルメも楽しめます。さつま揚げとからしれんこん、明太子。
シーホーク (73)

洋食系はエッグベネディクトやサラミ・ハーブソーセージ・サーモン、チーズも何種類かありました。
シーホーク (82)

サラダ。
シーホーク (83)

フルーツは食べましたがデザートは今回はパス。
シーホーク (89)

ヨーグルトを食べます。
シーホーク (86)

ドリンクはエスプレッソを。大きなカップに注ぐと少しだけだったのでダブルにしました。

結局、昨晩は食べすぎだったのであまり取らないでおこうと思っていましたが、ついつい取りすぎてしまいますね。反省です。

もちろん、取ってきたものは残すことなく2人ですべて食べましたよ。
シーホーク (81)

33階からの景色もご馳走の一つです。都会にいながらリゾート気分を味わっての朝食、いいものです。ご馳走様でした。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は、今回福岡で宿泊したホテル「ヒルトン福岡シーホーク」についての紹介です。
シーサードももち (4)

設計はあのシーザー・ペリ。大阪では、あべのハルカス(基本設計)や国立国際美術館。羽田空港第二ターミナルビルもそうです。

「都市型リゾートホテル」というコンセプトで建設されたホテルで、最初は旧ダイエー資本のもと「シーホークホテル&リゾート」として開業。ダイエーが経営再建で売却。その後はJALホテルズに運営委託され、名称も「JALリゾートシーホークホテル福岡」に変更され営業していましたが、こちらも日本航空の経営再建の一環として手放し、今に至っています。

私も、「シーホークホテル&リゾート」のとき、確か2000年ぐらいに一度泊まったことがあり、今回が2回目ということになります。
シーホーク (16)

外観は博多湾に漕ぎ出す巨大な船をモチーフに。千室を超える部屋は全屋オーシャンビュー。ホテルのお隣はヤフオクドームです。
シーホーク (5)

もちろん、前回宿泊の時からは部屋や写真の巨大なアトリウム内にあるレストランや、
シーホーク (9)

ショッピングエリア「シーホークギャレリア」など大きく変わっていました。
シーホーク (20)

今回は、ちょっとリッチにエグゼクティブフロアに宿泊することにしました。
シーホーク (2)

もっとも、エグゼクティブフロアといっても、飛行機とのパック料金ではそれほど高くなるわけではなかったのでそうしました。
シーホーク (11)

エグゼクティブフロアに宿泊した場合、33階にあるエグゼクティブラウンジを無料で利用することが出来ます。
シーホーク (23)

朝食もこちらでとることが出来、昼間はカフェタイム、17時からはカクテルタイムとしても利用できます。

ただ、カクテルタイムは17:00~19:00で、この時間は普通はディナーの時間ですよね?せめて21時ぐらいまではやってほしいと思いました。

当然のことながら我々が外でディナーをして戻ってきたときにはやっていませんでした。

カクテルタイムには食事も準備されているようで、ここで済ます人はいいかもしれませんが、エグゼクティブフロアに宿泊する人は、それを目的にディナーを済まそうという人はそれほどいないのではないかと思いますが……?

ラウンジについては、今日はカフェタイムのときに利用した時のことを書きます。
シーホーク (31)

周りに高い建物がないので見晴らしがよく、天気のいい日で福岡の街も一望できました。

博多湾を眼下に望むことができて、福岡空港に着陸する飛行機を眺めながらぼんやりするのもよさそうです。

そしてお隣にはヤフオクドーム。やはり巨大です。
シーホーク (25)

カフェタイムにはドリンクはもちろんケーキ類やクッキー、ナッツなども楽しむことが出来ます。
シーホーク (27)

こちらに来るまでにだいぶ歩いたので、冷たいドリンクを飲みながら、
シーホーク (30)

マカロン
シーホーク (28)

ケーキ
シーホーク (29)

ドライフルーツとナッツなどをつまみました。
シーホーク (34)

なお、朝食の紹介については後日します。
シーホーク (41)

部屋のほうですが、エグゼクティブフロアでもスタンダードツインは通常の階と部屋と同じだと思います。
シーホーク (55)

リゾートホテル仕様でバスルームやバスタブも広め。アメニティも充実していました。

何よりもエグゼクティブフロアは30階以上の部屋なので、眺めが最高です。
シーホーク (50)

我々の部屋は福岡タワー側。シーサイドももちも間近に眺めることが出来ます。
シーホーク (62)

夜景はこんな感じです。

なお、エグゼクティブラウンジ内はWi-Fi環境が無料で使えますが、部屋は有料でした。ただヒルトン・オナーズの会員は無料で、この会へはチェックイン当日入会するとその宿泊日から無料で使えるので、それに入ったほうがいいでしょうね。
シーホーク (63)

あと、エグゼクティブフロア宿泊者は岩風呂も無料で利用することが出来たり、これは宿泊者全部なのですが、フィットネスジムも無料でした。

客室数1,053室のアーバンリゾートホテルで全室オーシャンビュー。施設内でも色々なことができる充実したホテルライフを楽しめました。

朝食編は2日後にアップります。


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

鉄道のターミナル駅の改札の中、つまりエキナカに本格的な飲食が出来るお店も全国各地で見られるようになりました。

私も時々ですが、このようなお店を利用することがあります。

一方、空港では、羽田空港にはチェックインした後も飲み食いできるお店が色々ありましたが、地方空港では立ち飲みや簡単な飲食が出来るお店はあっても、座ってゆっくりできるところはあまりなかったように思います。

福岡空港もこれまではそうでしたが、いまターミナルビルの大幅リニューアルに伴ってチェックイン後、中に入ってからもゆったりと飲食できるお店がオープンしています。

さて、話は変わりますが、ゴマサバというサバを使った福岡のご当地グルメがあります。

実はサバには、ゴマサバという種類がありややこしいのですが、福岡で言うゴマサバは真サバを使ったサバの料理の名前のことで、その名の通りゴマをたっぷり使った甘辛いタレをからめて食べる、酒の魚や白いご飯に合う逸品なのです。

近頃は福岡以外でも食べさせてくれるところも多くなりましたが、石川県のお店ではさすがにあまりお目にかかりません。サバを食べるときは大体が酢で〆たもので、それはそれで美味しいのですが、生のサバを使ってタレで食べさせるゴマサバという料理に私は11年前に福岡に住んですぐに虜になりました。

今回も福岡に来た時に一度は食べたいと考えて、帰りの飛行機の時間を待つ間に福岡空港のチェックインカウンター内にある「しらすくじら 福岡空港店」に入ることにしました。
しらすくじら

ANAのラウンジの前にお店はあります。

「しらすくじら」は福岡の磯貝という炉端・居酒屋のお店が展開しているブランドで、全国各地にも店舗数を広げています。

磯貝については、福岡に住んでいた時に一度だけ天神のお店に行ったことがあります。今回福岡に行った時お店の前を通ったので、昼間でしたが写真を写してきました。
しらすくじら (6)

空港内店舗ですが広いスペースを確保しています。
しらすくじら (5)

一応、店名に「角打ち」と付いているので、立ち飲みなのでしょうが、テーブル席がほとんどでゆっくりとしたスペースも確保されていました。
しらすくじら (7)

朝6:30から営業ということで、朝食メニューも人気なようです。

ちなみにこちらのお店では、私が利用した夕方早めの時間帯厨房で働く人は全員南アジア系?の方ばかりでした。どこも人手不足は続いていますね。

私は小松に戻ってから車の運転があったのでアルコールはなし。
しらすくじら (8)

妻のほうはANAのラウンジで生ビールを飲んで、その後、福岡に来たなら焼酎!とロックで頼んでいました。

料理のメニューの種類はそれほど多くはありません。

私は最初からゴマサバを食べる目的で入ったので、まずはそちらを注文します。880円と空港価格です。
しらすくじら (11)

味的には少し甘めのタレ。サバの身も柔らかでした。

つぼ鯛味噌焼き(980円)も頼みます。
しらすくじら (13)

つぼ鯛は11年前に福岡に来て初めて食べた魚です。

これまで食べたのは小さめのを半身で焼いているところが多かった気がしますが、こちらのは大きめのを切り身にして焼いています。
しらすくじら (14)

ひっくり返すと、こんな感じです。

見た目は辛そうですが、それほどでもなかったです。

帰ってから、天神の磯貝に行った時の内容を見てみたら、実はこれらの料理はそちらでも頼んでいました。^^;
しらすくじら (9)

妻は焼酎のアテに「もつ煮込み(580円)」を頼んでいました。

福岡空港を利用する人にとっては、食事の選択肢が色々増えることはいいことですし、これまでチェックインを済まして中に入った後で遅延などがあった場合、わざわざまた外に出るのも面倒だったのですが、これで時間をつぶすことが出来ると思います。

空港の使い勝手がよくなることは歓迎ですね。ご馳走様でした。

九州産直角打ち しらすくじら 福岡空港店
福岡県福岡市博多区下臼井778-1
 福岡空港国内線ターミナル2F
TEL 092-710-6113
6:30~最終便出発まで(オーダーストップ21:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

個人的にうどんが好きということもあって、福岡に来ると最低1回はうどんを食べているような気がします。

博多うどんはコシのない柔らかうどんが特徴でダシと一緒に食べるタイプです。どうしてそうなったかはここでは詳しくは書きませんが、大阪なども同じで、一つだけ理由をあげておけば商人の町は早く食べられるようにそうなったと言われています。

博多弁で言うと「何しぇ博多はうどんの発祥ん地やけん!食べんわけには行かんて!」(笑い) 使い方あっているかな?^^;

ってなことで、今回も食べてきました。
天ぷらうどん

唐人町駅そばにある店名が「天ぷらうどん」という、少し変わった名前のお店です。

場所は地下鉄唐人町駅の近く。決してきれいなお店の外観ではありません。当然店内も同じです。

営業は11時からでしたが、我々は11:15にお店に到着すると、時を同じくシャッターが開きました。

カウンター席がメインのお店で、年季が入った店舗です。長く続いているのでしょうね?
天ぷらうどん (2)

食券販売機で食券を買い求めて席に座ります。うどんだけではなく、そばのメニューもありました。

博多うどんの特徴あるトッピングはゴボ天と丸天です。

両方とも食べたかったのですが、丸天はこちらのお店にはありませんでした。

そこで私は、お店の名前が「天ぷらうどん」なので「野菜天ぷらうどん(450円)」にしました。

食券を渡して、キムチを小皿に取り分けたら、すぐにうどんが運ばれてきます。^^;

あらかじめ湯がいてあって、注文が入ったらサッと温めなおしてダシをかけて出すのですね。
天ぷらうどん (4)

大きな野菜天ぷらにネギがたっぷりかけられています。

野菜天ぷらは短冊形状にカットされた野菜がたっぷり入っていました。まずは半分ほど汁に完全に浸る前に食べ、残りは汁に浸して柔らかくしてから食べました。ダシを吸って美味しかったです。

まず、ダシを一口。少し甘めのダシが福岡のうどんの特徴です。こちらのお店のはイリコとカツオ(他の魚節もブレンドでしょうか?)が勝っている風味でした。
天ぷらうどん (7)

うどんは冒頭書いた通りの柔らかなうどん。福岡のうどんはやはりこれでなくっちゃ!
天ぷらうどん (3)

妻のほうは「ゴボ天うどん(450円)」です。太めのごぼうを少し厚めに切ってある食べ応えのあるゴボ天でした。
天ぷらうどん (6)

あと、こちらのお店でうれしいのは、カウンターに置かれている土鍋に入っているキムチが食べ放題なのです。
天ぷらうどん (5)

と言っても、このキムチが辛かった。さすがに辛いのですぐに口の中がヒリヒリして麻痺したようになり、あまり食べることは出来ませんでした。例えて言うと麻婆豆腐の辛いのを食べた時のような感じです。

白いご飯が欲しいところでしたが、この日はこの後に色々食べるつもりだったので、炭水化物はなるべく控えようと思い我慢。^^;

結局食べたのは小さな皿一皿分。食べ放題ですが普通の人はそんなに食べることは出来ないと思います。

我々が食べ始めるころから、どんどんとお客さんが入ってきます。そして我々が出るころには3分の2ほど席が埋まっていました。やはり人気のお店なのですね。博多うどん、久しぶりで美味しかったです。ご馳走様でした。

天ぷらうどん
福岡県福岡市中央区今川1-3-2
TEL 092-751-3970
11:00~翌1:30
月曜,お盆,年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先日紹介しました「鮨 巳之七(みのしち)」のあとに行ったバーについて書きます。

お店の名前は「BAR 倉吉」。中洲にもお店があるようですが、オーナーはホテルバーテンダー協会所属の重鎮、倉吉浩二氏です。

大名店は大名の飲食店が集まるエリアにある雑居ビルの7階にあります。
BAR 倉吉 大名店 (31)

入口は重厚な作りです。

事前に調べたところではオーセンティックなバーだということでしたが、意外に店内は広くて、バルコニー席やボックス席などもあって、思い思いの形で楽しむことが出来るカジュアル的な使いかたも可能なお店のようです。
BAR 倉吉 大名店 (27)

バルコニー席は、こんな感じです。大名の夜の街を眺めながらまったりと飲むことが出来ます。バーにバルコニー席があるお店は珍しいと思います。
BAR 倉吉 大名店

店内は落ち着いたインテリアで、もちろんカウンターの向こうにはお酒の瓶がずらりと並べられています。

「BAR 倉吉 大名店」を任されているのは「第9回HBAジュニアカクテルコンペティション キリンカップ2017」で見事グランプリを受賞した長澤優斗さん。この方もホテルバーテンダー協会の所属です。なかなかのイケメンです。(笑い)
BAR 倉吉 大名店 (2)

お店に、その時の大きな優勝トロフィーが飾られていました。
BAR 倉吉 大名店 (8)

キリンカップで優勝した長澤さんのカクテル「IYASAKA」は、ウオッカと梅酒ベースのカクテル「IYASAKA」。漢字で書くと「弥栄(イヤサカ)」。これは「これからもいつまでも」という意味で、結婚式などでお祝いのスピーチなどで使われる言葉です。

お店に入って私が最初に注文したのが、そのグランプリのカクテルです。

レシピがキリンのサイトに掲載されていました。下記がそうです。当然、キリンの商品が使用されていますね。

「シロック30ml」「完熟あらごし梅酒 樽まっこい20ml」「デカイパー アプリコットブランデー15ml」「フレッシュ レモン ジュース5ml」「モナン グレナディン シロップ1tsp」「キリンレモン30ml」という内容。
BAR 倉吉 大名店 (10)

出されたのがこちら。ガーニッシュは飾られていません。思ったより飲みやすくて女性に向いている味でしたね。
BAR 倉吉 大名店 (12)

妻のほうは、お店のおすすめのフルーツカクテル。白ブドウのウオッカマテイーニを最初に頼んでいました。さすが強い酒が好きなだけあります。^^;

私のほうの2杯目は、アイリッシュ・コーヒーです。アイリッシュ・ウイスキーをベースにコーヒー、砂糖、生クリームを加えたホットカクテル。寒い時期に飲まれるカクテルですね。
BAR 倉吉 大名店 (26)

たぶん、アイリッシュ・コーヒーはこれまで飲んだことないと思います。

アイリッシュ・コーヒーはアイリッシュ・ウイスキーを使用して作るカクテルで、スコッチ・ウイスキーなどではダメなようです。
BAR 倉吉 大名店 (25)

この作り方がまた見もので、炎を上手に操って作る様はインスタ映えする作り方でした。

コーヒーカップではなくシャンパングラスの間口の細いのを使用するのは、生クリームをほどよく残しながら飲むことが出来るということでした。

私自身はコーヒーも日頃はそれほど飲むほうではないのと、ましてや砂糖が入ったカクテルだということで、最初は正直期待半分だったのですが、これがなかなか美味しかったです。

コーヒーの苦みと砂糖の甘さのバランスがよくて、生クリームもアクセントになっていて期待以上の味でした。
BAR 倉吉 大名店 (16)

妻の2杯目はギムレットです。
BAR 倉吉 大名店 (14)

チャームがサンドイッチというのが変わっています。こちらをおつまみ代わりにして飲みました。以上を飲み食いして2人で7,000円弱。想定通りの支払いでしたね。

今回、個人的に印象に残ったのはアイリッシュ・コーヒー。こんなカクテルもあるのだと勉強になりました。

この日お店で働いていた2人のバーテンダー、どちらもイケメンの方でした。女性の方は是非行ってみてください。ご馳走様でした。

BAR 倉吉 大名店
福岡県福岡市中央区大名1-3-32
 ラ・コルテ大名7F
TEL 092-726-9405
19:00~28:00
無休(年末・年始のみ)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ