あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 関東(東京除く)

近年、ホテルの朝食も、ある意味競い合っていますね。

インバウンド需要が相当量増えて、ホテル業界も売り手需要が続いていますが、朝食のほうはグレード上がってきているように感じます。

私のほうも県外出張がそこそこあり、なるべく色々なホテルに泊まるのですが、泊まるたびにどんな朝食が食べられるのか、いつもわくわくしながら泊まっています。

さて、今日は東と南の、新幹線の駅前にある2つのホテルの朝食を紹介します。
新横浜グレイスホテル (13)

まず一軒目は東海道新幹線の新横浜駅のアリーナ側出入口の真ん前にあります「新横浜グレイスホテル」。

ここは冠婚葬祭の互助会グループが経営をしているホテルで、新横浜でも開業が1989年12月という昔からある主要ホテルの一つとなっています。
新横浜グレイスホテル

昨年まで、地下1階で営業していた「レストラン ローザ」は、ランチや夜の営業もしていたようですが、昨年10月でお店自体は閉店していて、いまは朝食やパーティでの利用の場所「パーティールーム ローザ」として使われてます。
新横浜グレイスホテル (4)

朝食はビュッフェ形式。

元々はホテルのメインダイニングだった場所なので、内装・家具類はいい感じです。ゆっりと食事をすることが出来ます。
新横浜グレイスホテル (2)

ビュッフェの中身は、内容的には特徴があるわけではありませんが、和・洋、質・量とも充実していました。
新横浜グレイスホテル (7)

思わず貧乏根性丸出しでたくさん取ってしましました。しかし、炭水化物は最小限にしています。^^;
新横浜グレイスホテル (6)

味的にもよかったですし、朝から元気が出る朝食でした。ご馳走様でした。

新横浜グレイスホテル
神奈川県横浜市港北区新横浜3-6-15
TEL 045-474-5111
7:00~10:00
料金1,800円(税込)

お次は鹿児島中央駅の西口前のホテルアービック鹿児島。

ここは鹿児島に行った時はよく宿泊するホテル。何せ料金がお手頃なのです。
アービック (3)

このホテルに宿泊して、上の階、それも鹿児島中央駅が見える側の部屋だと、天気のいい日は桜島もよく見えます。
アービック (2)

朝食はビュッフェ形式で、特徴は鹿児島の郷土料理もメニューにあることです。

さつま揚げ(つけ揚げ)はもちろん、奄美地方の郷土料理「奄美鶏飯」や、「がね」という鹿児島特産のさつま芋入りかき揚げなどが並んでいます。
アービック

この日は前日に薩摩料理を食べすぎたので、少な目にしました。^^;

あと、朝食が6:30からokなのもビジネス利用にとってはうれしいです。ご馳走様でした。

ホテルアービック鹿児島
鹿児島県鹿児島市武1-3-1
TEL 099-214-3588
平日6:30~9:00
日・祝6:30~9:30
料金 大人800円(税込)
小人(6~12歳)600円(税込)
上記は宿泊者の料金

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

新横浜駅の西側は、横浜アリーナや日産スタジアムなどがあったり、オフィスも多数あり平日、土日に関わらず賑わうエリアです

当然、飲食店も多く存在しているのですが、意外と大手資本のお店で、いわゆる新横浜店という位置付けのお店が多いような気がします。

また、平日のお昼は、都会のオフィス街の光景として出店のお弁当屋さんが多く出ていて、それを買ってオフィス内で済ます人も多いのです。

そのような新横浜。個人的には、地元で昔から人気のお店というのが紹介するにはいいと思っているのですが、なかなかいいお店が見つからず、この日、ランチで何を食べようか迷いました。
大観 (9)

で、チョイスしたのは、横浜アリーナにもほど近いビルの1階にある「すしの大観」というお店です。

夜は江戸前の寿司を食べさせてくれるお店らしいですが、食べログでの点数も高かったので決めました。

混むのを避けるため、少し早目に食べに出かけます。
大観 (8)

中は雰囲気のいいお店です。
大観

入口にお品書きが出ていました。ランチの値段は寿司店としては安い設定だと思います。もちろん、値段と内容のバランスが大事なのですが。

我々はカウンター席に座ります。

私が頼んだのは、久しぶりの「鉄火丼(900円)」。
大観 (5)

まず、サラダとお吸い物が出されます。そのサラダを食べ終わったころに鉄火丼が出てきました。
大観 (7)

写真ではわかりにくいと思いますが、ご飯の量が意外と多かったです。

そして値段的にはやむを得ないのですが、マグロの切り身が薄く切られていて、ご飯のおかずとしては少々釣りあっていなかったです。^^;

それに量そのものも多かったために、ご飯をだいぶ残してしまいました。
大観 (6)

こちらは一緒に行った人が頼んだ「ちらし(800円)」です。こちらもご飯の量は多めでしたが。これを見て、私もこちらにすればよかったと思いました。^^;

でも、コスパ的にはいいと思いますし、ランチメニューなのであまりぜいたくは言えませんね。

夜は本格的な江戸前握りを楽しむことが出来るということ。本当はそちらを楽しむべきかもしれません。ご馳走様でした。

すしの大観
神奈川県横浜市港北区新横浜3-16-15
 SKビル新横浜1f
TEL 045-473-1266
ランチ11:00~14:00
ディナー17:00~23:00
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

珍しく一人で出張があり、新横浜に宿泊した日の夜に食べたものについて書きたいと思います。

お店の名前は「マルデナポリ 新横浜店(MAR-DE-NAPOLI)」。新横浜駅の近くにそびえ立つ円形の新横浜プリンスホテル。そこに隣接しているショッピングモール「新横浜プリンスペペ」の1階にお店はあります。
マルデナポリ (17)

こちらはプリンスペペの店内側の入り口です。ブルーを基調にしています。
マルデナポリ (14)

外に面しているほうはこんな感じです。ピッツェリアなのでカジュアルなお店です。
マルデナポリ (5)

これから暖かくなると、テラス席で一杯なんてのもいいでしょうね。

店名の語源はイタリア語で「MARE-DI NAPOLI(マーレ・ディ・ナポリ)」。「MAR-DE NAPOLI」はナポリの海辺とか浜辺という意味です。

ここは東京・神奈川に7軒、松山や長野にもお店があります。
マルデナポリ (4)

さて、平日の夜、19時ごろに一人でふらりと予約もせずにお店に行きました。この時間店内は空いていたので、ご覧の4人掛けのボックス席に案内されました。
マルデナポリ (35)

ただ、翌日の夕方に通りかかったら、お店の前の椅子にずらりと順番待ちの列が出来ていました!それも若い女性客がほとんど。人気のお店なのです。
マルデナポリ (3)

許可をもらい店内を撮影。厨房には、大きな薪窯がデン置かれて存在感を出しています。

個人的には、いつもは酒のつまみでピッツァを食べる方が多いので、いわゆるクリスピータイプのほうがお腹が膨れないから好きですが、元々イタリアのピッツァは、元祖と言われるナポリピッツァのようにふんわり、もちっとしたものが多いのです。

ピッツェリアに来たからにはピッツァを頼まないわけにはいかないので、最後に頼むつもりで入りました。

では、お店で頼んだものについて書いていきたいと思います。
マルデナポリ (6)

まずは生ビール。ハイネケンの生(税別550円)です。

一緒に頼んだのはアンティパスト。「本日の前菜の盛り合わせ5種(税別1,200円)」です。内容はシェフのおまかせになっています。生ハム、本日のゼッポリーネ(この日は青のり)、本日の鮮魚のカルパッチョ(この日はヒラメ)など。
マルデナポリ (7)

ゼッポリーネとはナポリの郷土料理で揚げピザのことです。サクサクというよりモチッとした食感で塩気もほどよく効いていて美味しかったですよ。
マルデナポリ (9)

シーザースサラダはハーフ(税別580円)でお願いしました。大きめのクルトンとカリカリのベーコンがアクセントになっています。
マルデナポリ (11)

生ビールの次のアルコールは白ワイン「ナポリビアンコ(税別480円)」を頼みます。

白ワインの量、多かったです。グラスが大きめでした。うれしいのはうれしいのですが、これで最後に赤を飲むのをやめました。^^;
マルデナポリ (12)

さて、最後に頼んだのはもちろんピッツァ!イタリアンピッツアといえば「マルゲリータ(税別1,180円)」!ナポリの代表的なピッツァですね。

トマトソースとモッツァレラチーズとバジル。定番のシンプルな具材ですが、これが美味しいのです。少し塩気がきいたピッツァでした。

以上、飲み食いして締めて4,310円。コスパ的にもいいし、味も美味しかったし、ピッツェリアなのでカジュアルに一人でふらりと行ってまったりできる感じのいいお店でした。ご馳走様でした。

マルデナポリ 新横浜店(MAR-DE-NAPOLI)
神奈川県横浜市港北区新横浜3-4
 新横浜プリンスペペ 1F
TEL 045-477-3855
11:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

今日はホテル併設のカフェでの朝食の話題です

最近はいわゆるビジネスホテルでは、自前のレストランを持つよりは、同じ建屋内に他資本の飲食のお店を入居させて、そこが朝食も提供しているというところが増えています。
モリバコーヒー  (2)

新横浜で宿泊したホテル、ダイワロイネットホテル新横浜もそのような形態で、1階に「モリバコーヒー」があって朝食はこちらで食べるようになっています。

まぁ、もっともお金を払うのであれば、あえてホテルの1階で食べる必要もないのですが、わざわざ出かけるのも面倒なので、いつも朝食は併設のお店で取るようにしています。
モリバコーヒー

「モリバコーヒー」は現在、善祥カフェというゼンショーホールディングスの子会社が展開していて、首都圏で16店舗、愛知県で1店舗あります。北陸や関西にはないので私はこれまで入ったことはありませんでした。
モリバコーヒー (4)

モリバコーヒーはコーヒー豆をフェアトレードで直接現地で買い付け輸入しているようで、お店の内装も、会社のシンボルマークにも書かれているブナの森をモチーフにした空間になっているようです。
モリバコーヒー (5)

朝食はご覧の3種類のモーニングプレートから選ぶことができました。
モリバコーヒー (2)

この中から私はご覧の「カルツオーネ ベーコントマトソース」をチョイス。セットで520円となっています。

ベーコンとシンプルなマリナーラソース(トマトソース)をもっちりとしたピザ生地で包んで焼き上げているカルツオーネ。
モリバコーヒー (3)

生地はピザと同様の材料で作られ、三日月型に折りたたんで調理するのが特徴。ベーコントマトソースも美味しかったです。

小さなサラダとヨーグルトデザートも付いていました。

ブレンドコーヒーの「モリバブレンド」は、さすがコーヒー専門店だけあって、香りも良く美味しかったです。エクアドルをベースにブレンドしているようでバランスがいいコーヒーでした。

ホテルの朝食といえば、バイキング形式のところが多いと思いますが、時にはこのようなカフェ形式で、まったりしながら美味しい朝のコーヒーを飲むのもいいですね。ご馳走様でした。

モリバコーヒー 新横浜アリーナ通り店
(MORIVA COFFEE)
TEL 045-473-4155
神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-1
 ダイワロイネットホテル新横浜 1F
7:00~23:00
ホテルのモーニングとしては6:45~11:00

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

一か月に1~2度は無性にカレーを食べたくなることがあります。

カレーという食べ物は、最近はご当地カレーなども各地であったり、そんなカレーをカフェなどでも食べられたりして、食べたい時に食べることが出来るようになってうれしい限りです。

さて、この日、横浜に出張があって、お昼にカレーが食べたくなりました。
コンカフェ (11)

そこで探して見つけたのが、新横浜国際ホテル南館に入っているカフェ「コンカフェ(Con Caffe)」です。
コンカフェ (7)

ホテルに入っているカフェだと、何となく敷居が高い気もしますが、こちらのカフェはお手頃な値段で楽しむことが出来るのがうれしいです。

またこちらは一応カフェなのですが、本格カレーをウリにしているのと、平日のランチは1,000円でサラダビッフェと持ち帰りコーヒーが付いていることで、近場で働いているビジネスパーソン、特に女性客に人気なようです。
コンカフェ (4)

私が行った時も、食べている最中、多くのお客さんが来て順番待ちが出来ていました。その内、四分の三は女性客でした。
コンカフェ (10)

お昼のメニューはこんな感じです。ランチのカレーはすべて1,000円です。カレー以外にはパスタ(1,200円)と和牛の切り落し(1,200円)が設定されています。

その中から私は「五穀米と彩り野菜のグリーンカレー」を頼みました。
コンカフェ (2)

オーダーをしてまずはサラダビッフェでサラダ類とスープを取りに行きます。サラダビッフェの内容はグリーンサラダと温野菜が中心。サラダ類の種類は豊富でした。
コンカフェ (3)

もちろんお代わり自由。私は最初に盛ってきた分のみでエンドです。

スープはミネストローネ。具もたっぷり。
コンカフェ (5)

それらを飲み食いしているうちにカレーが運ばれてきます。五穀米がうれしですが量は少なめです。もっとも、サラダビッフェがついているのでこれで十分ですが。

こちらのほうも素揚げされた野菜類がたっぷり乗せられています。

グリーンカレーはさらっとしていて、意外と辛さが効いていましたよ。11種類のスパイスを調合して作ったこだわりのルーだそうです。
コンカフェ (6)

一緒に行った人は、こちらの「揚げたてサクサクカツカレー」。こちらのほうも美味しそうでした。
コンカフェ (8)

テイクアウトのコーヒーをセルフで入れて歩きながら飲みます。

カフェということから最初、そんなに期待していませんでしたが、なかなかどうしてコスパ的にもよく野菜もたっぷりとれるおすすめカレーランチでした。ご馳走様でした。

コンカフェ(Con Caffe)
TEL 045-474-0136
神奈川県横浜市港北区新横浜3-7-8
 新横浜国際ホテル南館1F
月~金10:00~18:00(L.O.17:30)
ランチ11:00~14:00
※10:00~11:00/14:00~18:00はドリンクのみ
土・日・祝10:00~18:00(L.O.17:30)
※ドリンクのみのご提供。食事の用意はなし
年末年始はお休み、他無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ