あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 関東(東京除く)

神奈川県には、横浜や箱根などはよく行きますし、昨年は小田原にも行きました

しかし、湘南・江の島辺りには行く機会はほとんどありません。

今回たまたま辻堂に行くことがあり、お昼ご飯を食べに入ったお店について書きたいと思います。
五島

お店の名前は「天ぷらと天丼 五島」。場所は辻堂駅のすぐ近くですが少し路地に入ったところにお店はあります。
五島 (2)

お店の前にメニューが掲げられていますが、これ以外にも種類があって、店内のお品書きにはもっとたくさん書かれていました。お昼も夜も同じお値段のようです。

店内に入ると、ご夫婦でしょうか?お年配のお二人で切り盛りされていました。

小さいお店でカウンター6席と小上がりに3卓。でもこれで20名ほど入れますね。

関東の天ぷらのお店なので、当然、関東風の天ぷらを食べさせてくれます。

関東風は衣に卵を混ぜゴマ油で揚げますが、関西風は卵を入れずにサラダ油で揚げる違いがあります。

天つゆも違いますが、基本、関東のほうが天ぷらも天つゆも濃い色となっています。

我々は4人で、各々好きなものを頼みました。結果、全員別なものを頼むことに。

値段は丼が1,050円。定食が1,550円とわかりやすい設定です。
五島 (7)

私はかき揚げ丼です。蓋付きの丼で出されます。かき揚げが丸いのでそれほど蓋からはみ出していませんでしたが、他の人のはしっかりはみ出しているほど。一目見ただけでボリュームがあるとわかりました。
五島 (8)

実際、上に乗せられているかき揚げのボリュームがすごかったです。衣も厚かったしタネの種類と量も多かったです。

蓋を開けるとゴマの香りがほんのりとします。しかし、それほど強くなかったので、油はブレンドして使っているのかもしれません。

使われているタネは小海老・イカ・小柱・オクラ・さつまいも・なす・かぼちゃ・玉ねぎなどなど。本当にたくさんの種類が使われていました。

タレもたっぷり目にかけられていました。それほど甘くなく、私の好みの味でしたね。

最初、ボリュームがあっても食べきれるかな?と思っていましたが、かき揚げのボリュームが意外と多くて、ご飯を残してしまうことに。^^;

衣の厚みが思ったよりあったためです。
五島 (6)

赤だしと白菜の漬物も付いています。この白菜の漬物はボリュームある天ぷらの丼には口直しに欠かせないお供でしたよ。

一緒に行った人が食べたものも紹介していきます。
五島 (3)

こちらは「海老、魚、野菜天丼(1,050円)」。たぶん、私のかき揚げ丼のタネと同じような感じでしょうか?
五島 (4)

こちらは「いか野菜天丼」です。いかの厚みがすごかったです。
五島 (5)

この「えび天丼」だけは色味があまりありませんね。とは言っても天ぷらは丼に一緒に盛られているとビジュアル的には何が何だかわからないのがつらいところです。^^;

しかし、他の3名も味とボリュームとも満足していたようです。

この値段でたっぷりボリュームで揚げ立ての天ぷらが食べられるというのはうれしいですね。ご馳走様でした。

天ぷらと天丼 五島
神奈川県藤沢市辻堂2-6-6
TEL 0466-36-5500
11:30~14:00(L.O.)
17:00~21:30
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

関東を襲った大雪の日、大宮駅の近くでお昼と取ることに。

大宮のご当地グルメとしては「大宮ナポリタン」がありますが、雪のため目的の店に行くのは諦めました。
のと亭

そこで、とりあえずネットで探して入ることにしたのが、今日紹介します「日本料理 のと亭」というお店です。

名前に「のと」の文字が入っていますが、石川県の能登と関係があるかはわかりません。JA共済のビルの地下に入っています。

我々3名はテーブル席に座ります。お店にはカウンター席と奥のほうには座敷席も多くあるようでした。

お店の名前に「日本料理」という冠が付いています。一見、お高いお店のようですが、ランチメニューはお手頃価格でした。
のと亭 (2)

ご覧のようにランチメニューは色々揃っています。

野菜はやはりJAから仕入れているのでしょうか?(笑い)

日本料理なので魚系のメニューが多かったみたいですが、海なし県の埼玉県。我々北陸に住んでいるものとしては積極的に食べてみたいとは思いません。

そこで我々が頼んだのは、今回3名とも「日替わりランチ(850円)」。

この日のメニューは「煮込みハンバーグ」でした。煮込みなので和食らしいということでしょう。
のと亭 (3)

少し待って、ご覧のセットが運ばれてきました。
のと亭 (4)

ハンバーグは2個付いていました。味は確かに和風のテイストです。

小鉢にはひじきとマカロニサラダ。
のと亭 (5)

デザートとして水ようかんも付けれれていました。

まぁ、850円という値段なので、こんなものかもしれないと思いますが、「日本料理」と付けているのですから、もう少し値段も高めで、それなりの内容にグレードアップされたほうがいいのでは?とも思いました。ご馳走様でした。

日本料理 のと亭
埼玉県さいたま市大宮区土手町1-2
 JA共済埼玉ビルB1F
TEL 048-641-2737
11:30~14:00
17:00~21:00
日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

埼玉県はご存じ!海なし県です。

海がないところで、本来はあまり鮨などを食べたいとは思わないのですが、たまたま大宮駅近くで夜行くお店を探しているときに、私の好きな江戸前の握りを食べさせてくれるこちらのお店「豊鮨(とよずし)」があることがわかって予約の電話を入れてみました。
豊鮨 (8)

しかしながら、昨年末までは無休だったのですが、何と!今年より月曜日を休みにしたと言うことで残念ながら夜には行けませんでした。
豊鮨 (2)

ということもあってリベンジと言うことで、翌日のお昼にランチを食べに出かけてきました。我々は小上がりの席に通されます。

この日は、前日に関東に降った大雪の影響で、食材が届くのが少し遅れたためにランチ営業も若干の影響があったようで、出されるまでに少し時間がかかりました。

さて、ランチメニューはこんな感じです。ランチはお値段も手ごろです。
豊鮨

ベーシックな握りは9貫(税込900円)と12貫(税込1,000円)を選ぶことが出来ます。あと少し高級なネタを使った「ぼたんにぎり(税込1,380円)」や、海鮮ちらしやづけ丼などもメニューにあります。

その中から私は「ぼたんにぎり」を頼むことに。
豊鮨 (5)

内容は、中とろ・大えび・ほたて・上白身・こはだ・芽ねぎ・特上うに・玉子・ズワイガニ、鉄火巻3切。

シャリは赤酢と通常のものと2種類から選ぶことが出来ます。シャリを選ぶことが出来るのは珍しいですね。私たちは全員赤酢にしました。
豊鮨 (3)

まず最初に茶碗蒸しが出されます。熱々です。
豊鮨 (7)

お味噌汁の具はアラでした。
豊鮨 (6)

肝心の握りのほうも、赤酢の少し甘みを感じるシャリがよかってです。ネタもウニや、中トロも脂が乗っていて美味しかったですよ。

この内容で、1,380円という値段はお得だと思います。

夜は本格的な江戸前で、何らかの仕事がされている握りを楽しめるでしょうが、ランチメニューは赤酢は使っていますが、ネタ自体に仕事はされていません。まぁ、値段的にはやむを得ないと思います。

あとの人は握りの12貫にしていました。こちらもボリュームがあって男性にはおすすめかもしれません。
豊鮨 (4)

内容は、中とろ・えび・いか・かに・白身・サーモン・たこ・穴子・ほたて・光物・うに・いくら・自家製かんぴょう巻2切となっています。バラエティーに富んだネタの種類です。

一緒に行った人は赤酢の鮨を食べるのが初体験ということで喜んでいました。コスパ的にも味的にも満足度が高いお店でしたね。ご馳走様でした。

豊鮨(とよずし)
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-4-3
 いちまるきゅうビル1F
TEL 048-643-5578
ランチ11:30~14:00
ディナー火~土
17:00~23:00(L.O.22:30)
日・祝
17:00~22:00(L.O.21:30)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログで埼玉県のお店を紹介するのは今回初めてです。なぜかこれまでご縁がありませんでした。

埼玉県は移動ではしょっちゅう通るところですが、経由するばかりで、宿泊は他のエリアですることが多かったからです。

今回は仕事で大宮に出張があり、珍しく大宮駅近くのホテルで宿泊しました。

しかし、さいたま市へは金沢から北陸新幹線のかがやきで2時間強。小松からも2時間半ほどで大宮駅に到着します。北陸新幹線のおかげでずいぶん便利になったものです。

今回、その日の仕事を終え、ホテルにチェックイン。その後、事前に予約を入れてあったこちらのお店「点ス(ともす)」に仲間と一緒に食事をしに行きました。
大宮駅

ちょうど関東地方が大雪だった日で、大宮駅前も雪国の様相です。

雪も降り続いている中、何とかお店に到着しました。
点ス

道路に面したところはビニールで囲われていて、中が丸見えです。真冬は外に面した側は寒そうですね。

お店の名前は「点ス」。これで「ともす」と呼ばせます。変わった店名です。

お店のウリは、毎日、金沢漁港から直送で日本海の海の幸を取り寄せていること。今回、こちらのお店を選んだ理由もそこにあります。

お店は炉端焼きと居酒屋を足したような感じで、気軽に入ることが出来るお店です。
点ス (28)

中に入ると、コの字の大きなカウンターがあって、その中は炉端焼きの調理場になっていました。
点ス (5)

奥にはテーブル席があり、我々はそちらの方に案内されました。

メニューの種類も豊富で、変わったネーミングのものもありました。

では、食べたものを紹介していきます。
点ス (3)

お通しは「湯葉刺し」。湯葉がお通しで出されるのは珍しいですね。
点ス (2)

乾杯のビールは「ASAHIエクストラコールド」。

余談ですが、この「エクストラコールド」を頼む時いつも思うのですが、ビールがキンキンに冷えているのに、なぜグラスのほうをもっと冷やしておかないのか!?ということです。すぐに普通の生ビールのようになってしまうからです。

さて、食べたものを紹介していきます。
点ス (8)

まず頼んだのは、こちらの「おばんざいお任せ3種盛り(714円)」です。煮物3種は「ロールキャベツ」「大根とタコの柔らか煮」「ナスの煮びたし」。

これがなかなか美味しかったです。タコも柔らかくて、他のもダシがしゅんでいてよかったです。
点ス (9)

海鮮サラダだったかな?も頼みました。魚介たっぷりでした。
点ス (10)

金沢漁港直送をウリにしている「本日の刺盛3種盛り(1,200円)」は、カンパチ、マグロの赤身とトロ、生タコ、イクラ。
点ス (14)

そして海苔と酢飯が添えられていて、手巻き寿司としても楽しむことが出来る配慮がされています。

しかし、この内容では金沢漁港から直送されたものは少ない気がしますね……。
点ス (13)
点ス (15)

「だし巻き玉子(609円)」はふわふわで上品な味付け。オーダーを受けてから作りはじめます。

あと、お店の名物の「生削り節のおひたし(399円)」も頼んでみました。
点ス (18)

その場でかつお節を削ってかけてくれます。今の時代、インスタ映えする演出も大事ですよね。
点ス (20)

削りたてかつお節の香りがします。かつお節だけでもおつまみになります。そしておひたしと一緒に食べるとおひたしのダシとかつおのうま味がプラスされ、より美味しくなります。

この削り節はかつお節専門問屋の「丸眞」のものだそうです。
点ス (11)

こちらはあん肝です。ポン酢をかけて食べますが、はやり濃厚な味でした。
点ス (12)

こちらは「れんこんとエビの挟み揚げ」。あら塩で食べます。
点ス (23)

あと、炉端焼きのメニューも頼んでみました。と言ってもこちらの「大しゃもじつくね」のみですが。^^;
点ス (26)

ハリのある黄身をかけて食べると、より濃厚なうまみを感じることが出来ました。
点ス (17)

飲み物のほうは、生ビールの後は、私はハイボール。

他の人は、日本酒を色々頼んでいました。茨城の「来福」や新潟の「たかちよ」、栃木の「仙禽」、青森の「陸奥 八仙」などです。私は今回日本酒は一口も飲みませんでした。

以上、飲み食いして一人5,000円強。大体思った通りのお値段でした。

この日は大雪の日で、お客さんもそれほどいなかったのでわかりませんが、普段は賑わっているお店なのだろうと感じるとることが出来ました。ご馳走様でした。

点ス(ともす)
埼玉県さいたま市大宮区仲町1-33-4
 逸志ビル1F
TEL 048-643-6801
月~土17:0~25:00(L.O.24:30)
日・祝17:00~23:00(L.O.22:30)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

箱根シリーズ、今回は2日目のお昼に食べたものの紹介です。

最近、地元ではあまりフランス料理のお店に行っていなかったので、久しぶりにフランス料理のお店の紹介です。
箱根ハイランドホテル

とは言っても、今日紹介します箱根ハイランドホテル内のレストラン「ラ・フォーレ」は、グランド・キュイジーヌの伝統技法をベースに日本料理の食材や技法、盛り付けを取り入れた「フレンチジャポネ」というジャンルだとHPには書いてあります。
箱根ハイランドホテル (3)

ちなみに、箱根ハイランドホテルは今年開業60年を迎えています。
箱根ハイランドホテル (8)

木々もだいぶ色づき始めた景色を、一面ガラス張りの大きな窓から眺めながら楽しめるレストランです。
箱根ハイランドホテル (22)

内装もホテルのレストランらしく、ヨーロッパのモダンフレンチの象徴「濃紺と金」で彩られていますね。

さて、我々は事前に予約を入れて伺いました。

「ラ・フォーレ」の特徴は、ガーデンブロッシュの薪火で焼く料理。ガーデンブロッシュでは、「ロティサリー」「スモーク」「グリル」の3つの料理法でお客様を楽しませてくれるようです。

ランチメニューは、ホテルのダイニングなので、コースはそれなりのお値段ですが、気軽に食べることが出来るセットメニューもありました。

一番人気は仙石原ランチで3,326円(税込)。

「サラダ風 オードブル」「メインディッシュ(魚又は肉料理)」「パン又はライス」「パティシェより本日のスイーツ」「コーヒー又は紅茶」という内容。

妻と義母は、このセットを頼み、私は1日10食限定の「薪火焼きハンバーグセット(税込3,326円)」にしました。

「薪火焼きハンバーグセット」には、サラダ、スープ、パン又はライス、コーヒーが付いています。
箱根ハイランドホテル (18)

まず私のサラダと、
箱根ハイランドホテル (11)

スープが運ばれてきます。

サラダは瑞々しく、スープはカボチャのポタージュで甘くてとろ~りスープでした。さすがホテル仕様です。
箱根ハイランドホテル (9)

メインの薪火焼きハンバーグは、こちらのガーデンブロッシュの薪火で焼いてくれます。
箱根ハイランドホテル (15)

出されたのがこちら。外側は香ばしく薪火で焼かれた感じがします。
箱根ハイランドホテル (19)

少し残念ですが、焼き過ぎの感があって、当初期待したほどの感動はありませんでした。火の調節が難しそうです。

添えられていた野菜も薪火で焼かれているようで、こちらは野菜の甘みが引き立っていました。
箱根ハイランドホテル (17)

パンは2種類です。
箱根ハイランドホテル (21)

ハンバーグにはデザートは付いていなくて、コーヒーのみです。

妻と義母が頼んだ仙石原ランチのほうは、最初の「サラダ風 オードブル」がこちら。
箱根ハイランドホテル (12)

スモークサーモンです。薪火でスモークされているのでしょうか?

メインは、「豚肩ロースの薪火焼き 森の茸ソース」か「本日の魚介料理と彩り野菜のグリル」のどちらかのチョイス。
箱根ハイランドホテル (14)

妻は「豚肩ロースの薪火焼き 森の茸ソース」を。
箱根ハイランドホテル (16)

義母は「本日の魚介料理と彩り野菜のグリル」。魚の種類は何だったでしょうか?忘れました。今見るとこちらも薪火焼きのようですね。
箱根ハイランドホテル (20)

仙石原ランチのデザート「パティシェより本日のスイーツ」は、レアチーズケーキとシャーベット、フルーツ。

いいお天気の日。日差しがさんさんと降り注ぐ店内で美味しいガーデンブロッシュの薪火で焼いた料理の数々。箱根も美味しいレストランがたくさんあって羨ましいですね。ご馳走様でした。

箱根ハイランドホテル「ラ・フォーレ」
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原品の木940
 箱根ハイランドホテル
TEL 050-5571-6208
朝食7:30~9:30
ランチ11:30~14:00
ディナー17:30~20:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ