あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 関東(東京除く)

福岡や大阪に住んでいた時は出張が多かったため、移動の時間のついでに食事を済ませることが多かったのです。

そのため昔は駅弁や空弁を買って、機中や電車の中でよく食べていました。

ただ正直に言うと、駅弁は意外にがっかりさせられることがありました。

今回、家に帰るのが少し遅くなるため、北陸新幹線の中で夕食を食べて帰ることにしました。
北陸新幹線

JR八高線から北陸新幹線に乗り換えるため、高崎駅で12分という短い乗り継ぎ時間のなか、八高線ホームから少し距離がある乗り換えで、ちょっと慌ただしく新幹線の改札を入ってすぐのところにある駅弁の販売所「駅弁屋 上州」で品定めをしました。ここは高崎駅の3号店と言われるお店です。
高崎駅駅弁

ご覧のお店に目立つのぼりが出されていますが、群馬県の名物駅弁として横川駅の「峠の釜めし」が有名。最初はそちらを最初買おうかと思っていましたが残念ながら私の手前で売切れ。^^;

残っていた他の駅弁を見ると、群馬県は海なし県のため鶏肉などの肉がメインの弁当が多かったので、何にしようかと、お店の前でしばし悩みました。

その結果、肉が多分少ないだろうということで「上州舞茸弁当」にしたのですが、何と!こちらの駅弁にも鶏肉が使われていました。^^;
高崎駅駅弁 (2)

1,200円です。駅弁の値段も高くなったものです。

「上州舞茸弁当」はその名の通り、地元の舞茸をふんだんに使用した駅弁で、内容としては、舞茸の炊込みご飯、栗甘露煮、鶏照り焼き、舞茸入り肉団子、舞茸佃煮風味、舞茸金平風味、エビの天ぷら、舞茸天ぷら、ししとう素揚げ、赤こんにゃく、花豆煮、わさび風味野沢菜漬けといった構成になっています。まさに舞茸づくしです。
高崎駅駅弁 (5)

舞茸の炊込みご飯は、醤油味で炊いた茶飯に舞茸の具を炊き込んであるもの。こちらは冷めていても味は美味しかったのですが、ご飯はやはり冷たいと食感はどうしても悪くなります。

買ったビールは、ちょっとリッチに軽井沢ビールのプレミアムビール(360円)です。あと、角のハイボールも!

翌日が10月だというのにとても暑かったのでのどが渇いたという言い訳です。^^;

駅弁ですが、最近は個性があって、冷めても美味しいように工夫されたものもありますが、やはり出来立て熱々の料理には敵いませんね。ご馳走様でした。

駅弁屋上州 上州3号店
群馬県高崎市栄町1-25
 JR高崎駅(新幹線)構内
TEL 027-321-7201
6:30~20:30
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

埼玉県はさいたま市までしか普段は行かないですが、今回、所用で埼玉県のさいたま市からだいぶ秩父寄りのところまで行ってきました。

小松から北陸新幹線で大宮でJRに乗り換え、さらに川越で東武東上線に乗り換えて武蔵嵐山駅に到着したのが11時前。

東武東上線で池袋からは快速で武蔵嵐山駅まで1時間強の距離です。景色はだいぶ田舎の様子です。

お昼まで少し時間がありましたが、最初にランチを済ませてから向かうということでネットでお店を検索。しかし武蔵嵐山駅の周辺にはあまりありません。^^;

そんな中見つけたのが「満腹ラーメン三宝」という中華料理屋さん。
満腹ラーメン三宝 (7)

駅から3分ほどの距離を歩いてお店に到着。お店のオープン時間の11時ジャストでしたが、のれんは出ていません。

外観からは昔からあるような佇まいで、お店の歴史を感じます。

中を覗くと営業の準備をしていそうな感じだったので、お店の前から電話を入れると、「いま開けます」と少々慌てた声がして、ほどなく店内に入ることが出来ました。

カウンター席のみの小さなお店で、男性のかた2名で切り盛りされているようです。親子でしょうか?
満腹ラーメン三宝 (2)

厨房は狭く2人がすれ違うにも窮屈そうでした。
満腹ラーメン三宝

メニューが壁に一杯張られています。メニューの種類が多いですね。丼物まであります。それに値段が書かれた紙、いつから張られているのでしょうか?^^;

翌日からの消費税アップへの対応も気になりました。

その中から私は、チャーハン(630円)を頼みました。この日は10月になろうとするのに真夏並みの蒸し暑さだったため熱いラーメン類は遠慮したからです。
満腹ラーメン三宝 (4)

出されたのがこちらですが、この量が半端ない!写真ではわかりにくいかもしれませんが、たぶん、普通のお店の大盛りはゆうに超える量だと思います。

味的には好みの味だったので、だいぶ頑張って食べましたが、それでも少し残してしまいました。^^;
満腹ラーメン三宝 (5)

もちろんスープも付いています。

一緒に行った人はタンメンを頼んでいました。
満腹ラーメン三宝 (6)

こちらも大盛りの量です。

さすがに「満腹ラーメン三宝」という店名の通り、満腹になるお店でしたね。ご馳走様でした。

満腹ラーメン三宝
埼玉県比企郡嵐山町川島2315-7
TEL 0493-62-7746
11:00~21:30
水曜・第3木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は横浜に行った時に利用したホテルについてです。

ちょうどラグビーのワールドカップが開催する日で、新横浜駅周辺のホテルは混雑していて、だいぶ前に予約を入れたのですが、予算内ではこちらのホテルしか予約が取れませんでした。

エコノミーなホテルでしたが、ホテル自体は新しい感じで、リニューアルしているのでしょうか清潔感がありました。
新横浜SKホテル

部屋の中です。それほど広くはありませんが必要最低限のものは揃っていて、シモンズ製のベッドでよかったです。

それと最近この手のビジネスホテルに泊まって感じるのですが、無料の無線LANが遅くて使い物にならないことがあるのですが、こちらは快適でした。

またミネラルウォーターが1本サービスで置かれていました。
新横浜SKホテル (2)

朝食は宿泊者には無料で提供されます。
新横浜SKホテル (3)

場所は明るくそれなりに広いです。

前日のチェックイン時に使用時間帯の確認を取られたので、一杯の人かな?と思って出かけると、7時の時間帯はほとんどお客さんはいなかったです。ちなみに6:30からやっています。

朝食の内容は、パンとドリンク(コーヒー・紅茶・オレンジジュース)、そしてヨーグルトが付いている簡単なものです。
新横浜SKホテル (4)

一応セルフサービスのようですが、この日はお客さんが少なかったからか座る場所まで運んできてくれました。

パンはクロワッサンとアップルデニッシュの2個。無料なのであまり期待してはいけませんね。^^; ご馳走様でした。

新横浜SKホテル
神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目2-9
TEL 045-476-0088
朝食は6:30から


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昨日紹介した「無垢-muku-ツヴァイテ」を食べた後、新横浜ラーメン博物館で食べた2杯目のラーメンの紹介です。
新横浜ラーメン博物館 (6)

一軒目はドイツという海外生まれのラーメンでしたが、2店目は日本の最北端、利尻にあるラーメン店「利尻らーめん味楽」。

私は北海道は何度も行っていますが、行ったことがあるのは北は旭川までで、利尻島は行ってみたいと思うけれども石川県からは時間距離が遠すぎますね。

今日紹介します「利尻らーめん味楽」は「ミシュランガイド北海道2012,2017特別版」のビブグルマンに選ばれている人気店ですが、さすがに利尻島名でラーメンを食べに行くわけにはいかないです。でも、それだけを目当てに行く人もいるようです。
新横浜ラーメン博物館 (20)

お店の前の食券機で食券を買って、お店のかたの案内で店内に入ります。
新横浜ラーメン博物館 (14)

ちょうど混雑が始まった時間帯で、5分ほど待ちました。

こちらのお店が2杯目ということで、今回もミニサイズのメニューを食べます。「ミニ焼き醤油らーめん(税込570円)」です。
新横浜ラーメン博物館 (17)

だされたのがこちら。

見ただけで美味しいのがわかります。具材はチャーシュー、キクラゲ、メンマ、海苔。

最初に一口飲みます。極上のスープだと思います。

スープは日本三大昆布のひとつ「利尻昆布」をぜいたくに使って作られる、透き通ったうま味を感じることがスープ。豚骨や鶏ガラ、野菜を煮込んでいますが、あくまでも主役は「利尻昆布」ですね。それに焦がし醤油を加えてうま味を引き出させてあります。
新横浜ラーメン博物館 (18)

麺は中太のちぢれ麺。熟成麺です。黄色い色ですが、ここまで黄色いのは卵を加えているのでしょうか?

ちぢれ麺がスープを適度に絡めこんで口の中に入ります。さすがに美味しいですね。

こりゃ、わざわざ利尻まで食べに行く人の気持ちもわからんではないかな?

今回、新横浜ラーメン博物館でチョイスした2軒は大正解でした。もっとも他のお店も美味しいのでしょうが。ご馳走様でした。

利尻らーめん味楽 新横浜ラーメン博物館店
神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
 新横浜ラーメン博物館B2F
TEL 045-471-0503
月~金11:00~22:00(L.O.21:30)
土11:00~22:30(L.O.22:00)
日・祝10:30~22:00(L.O.21:30)
不定休(新横浜ラーメン博物館に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

旅行や出張で東京や大阪などに行くと、ランチ時に長い行列が出来ているのをよく見ます。

都会の方は長い順番待ちでも苦にならない人が多いのか、私としてはアンビリーバボーです。

私の場合は県外のお店はディナー行くときは基本、必ず予約を入れます。
さくら庵 (2)

今日紹介します新横浜駅にほど近いところにある「割烹 さくら庵」。今回予約してあったのですが、何と!予約が入っていませんでした。^^;

「聞いていない」と言われたので携帯電話の発信履歴を見せましたが、予約はお客にとって大事なことなので、割烹を名乗るからにはしっかりしてほしいと思いました。

この日は、予約客で一杯ということではなかったので、カウンター席に一緒に行った人と座ることが出来たました。

さて、こちらは割烹というより居酒屋と思ったほうがいいでしょう?
さくら庵 (15)

カウンターの目の前がすべて焼酎など酒瓶の置き場になっています。^^;

コースもあるようですが、ほとんどの人はアラカルトで頼んでいる感じでした。
さくら庵 (3)

お品書きです。
さくら庵 (4)

まずは生ビールで乾杯。
さくら庵 (5)

お通しは湯葉豆腐です。
さくら庵 (6)

では、頼んだものを紹介します。
さくら庵 (11)

最初はサラダからが定番で「アスパラサラダ(750円)」。アスパラが少し茹で過ぎの感も。マヨネーズも別皿で欲しかったです。
さくら庵 (9)

こちらは「ピリ辛こんにゃく(450円)」で、その名の通りピリ辛でした。濃い味で酒が進みます。
さくら庵 (7)

「ニラ玉(550円)」も頼んでいます。つゆダクでした。
さくら庵 (10)

「ししゃも(480円)」はスリムなししゃも。
さくら庵 (14)

「厚揚げネギミソ焼(550円)」は、こちらも酒が進むおつまみ。
さくら庵 (13)

最後に「金目鯛かぶと煮付け(980円)」も頼んでいます。金目鯛は東伊豆町稲取の金目鯛が有名ですが、神奈川から静岡にかけてよい魚場があります。
さくら庵 (8)

お酒のほうは生ビールのあと、ハイボールと、
さくら庵 (12)

カウンターの上にボトルが並べられていた屋久島の芋焼酎の「三岳」をロックで2杯ほど飲みました。

以上飲み食いを二人でして締めて1万円強。大体予想通りの値段でした。ご馳走様でした。

割烹 さくら庵
神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目6-15
 新横浜ビネスビル3F
TEL 045-476-5758
休みは未確認


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ