あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 関東(東京除く)

コロナ禍明けから全国のホテルの料金が上がっています。

東京など大都市の値上がりが顕著で、なかなか希望通りの値段では宿泊できないケースが増えていますね。

さて、今回新横浜での宿泊はスーパーホテルでした。
スーパーホテル

炭酸泉大浴場を完備した「ハナミズキの湯 スーパーホテル新横浜」という名前のホテルでしたが、今回、大浴場は利用していません。ちなみに大浴場は朝9:00まで利用可能でした。

スーパーホテルを利用したのは久しぶりです。

新横浜駅から近く、周辺には飲食店やコンビニが多数。ビジネスの人には便利なホテル。2018年6月に全館リニューアルしていてきれいです。
スーパーホテル (2)

部屋です。ビジネスホテルの標準でシンプルな内装。まぁ、寝るだけなので必要十分の広さでした。
スーパーホテル (3)

朝食はビュッフェスタイル。「焼きたてパン健康朝食」と書かれていますね。
スーパーホテル (4)

2階のこちらの場所で取ることになります。

オープン時間の6:30に行ったのですが、もうすでに何名かの人が居ました。
スーパーホテル (7)

無料の朝食でしたが、ウリのパンや料理の種類もそこそこあって、野菜はオーガニックを使用していました。
スーパーホテル (8)

私が食べたのはこちら。
スーパーホテル (5)

昨夜だいぶ食べたので、セーブしています。もっとも最近は元を取ろうとは思わなくなり、いつも控えめですが…。
スーパーホテル (6)

ヨーグルトもありました。上に乗っているのはぶどうゼリーです。

一泊無料朝食が付いて7,400円。昨今ホテル代も値上がりが続いていますが、さすがスーパーホテル。リーズナブルに利用することが出来ました。ご馳走様でした。

ハナミズキの湯 スーパーホテル新横浜
神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-20
TEL 045-473-9000
朝食6:30~9:00



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

コロナ禍が明けて、現地の仲間と夜一杯やることが増えてきました。

まぁ、コロナ禍前から3年半ほど経過して、自分の年齢も上がってきたので、昔のようにはしご酒をすることはなくなりましたが、やはり仲間と飲むのはうれしいですね。

今回、横浜出張は1泊でしたが、そんな久しぶりの仲間と4人で行ったのが「シンヨコ商店」。
シンヨコ商店

昼から朝5時まで通し営業しているようで、この辺りでは人気の居酒屋。全110席あるようですが、行く前に電話を入れたら予約枠は一杯で、当日用の席なら空いているということで仕事を終えて速攻で向かいました。

幸い、喫煙席かテラス席なら空いていて、さすがに夜は寒いテラス的ではなく喫煙席に座りました。
シンヨコ商店 (5)

今の時代、タバコを吸う人自体が少なくなってきたので、喫煙席でもそれほど吸う人はいなかったです。
シンヨコ商店 (3)

お品書きです。手書きのはその日のおすすめ。
シンヨコ商店 (8)

定番メニューも色々あって、非常に種類が多かったです。
シンヨコ商店 (13)

生ビールとお通しで乾杯です。最初の一杯はハッピーアワーに間に合い半額でした。

では、頼んだものを紹介していきます。

まずはサラダから。
シンヨコ商店 (15)

チーズがたっぷりかけられた「具沢山シーザーサラダ(768円)」と、
シンヨコ商店 (16)

細く切られたごぼうが素揚げされて乗せられた「ごぼうと香味野菜のサラダ(658円)」です。

シーザーサラダは「シーザードレッシング」か「スモークシーザードレッシング」の2種類ドレッシングから選ぶことが出来ます。
シンヨコ商店 (22)

素早く出る、とりあえずの「枝豆」。
シンヨコ商店 (14)

こちらは九頭竜という文字が気になって頼んだ「九頭竜まいたけ天ぷら(658円)」。
シンヨコ商店 (17)

「島原豚のハムカツ(548円)」にはつぶ胡椒たっぷり。
シンヨコ商店 (19)

こちらは「長芋のあげだし(658円)」です。
シンヨコ商店 (23)

焼き鳥メニューから「お月見つくね(1本273円)」を4本頼んでいます。
シンヨコ商店 (24)

「出汁巻き玉子(548円)」。
シンヨコ商店 (25)

「ちくわ生海苔磯辺揚げ(658円)」
シンヨコ商店 (27)

「いろいろキノコの和ヒージョ(760円)」というネーミングの一品。バゲットが添えられていてました。
シンヨコ商店 (21)

これは?「焼きナスと肉味噌」だったかな?
シンヨコ商店 (28)

そして、〆に頼んだのは「ソース焼きそば(658円)」です。

懐かしい味の焼きそばでした。

色々頼みましたね。
シンヨコ商店 (20)

あと、アルコールは各自お好みのものを頼んでいて、私は2杯目以降はハイボールでした。

以上を飲み食いして4人で12,000円強。コスパもよく料理の味もGood!明るく元気なお店で仲間とワイワイやってリーズナブルに楽しめてよかったです。ご馳走様でした。

シンヨコ商店
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-17
 GEMS新横浜 1F
TEL 045-534-7785
平日 11:30~29:00
土日祝11:00~29:00
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

全国各地に中華料理のお店がありますが、やはり中華街というと少し別格かもしれません。

特に三大中華街と言われる横浜・神戸・長崎は、私もすべて行ったことがありますが、中華系の方が経営しているところが多く、まさに異国情緒を感じる場所でした。

さて、横浜にある中華街へは何度も行ったことがありますが、新横浜にも中華のお店が非常に多く存在していて、これらも中華系の方が経営しているところが多いと思います。

今日紹介します「芳香園 新横浜店」も、そんな一軒で、店内では中国語が飛び交っていました。

今回、ランチに一人で邪魔しました。
芳香園 新横浜店

中華料理のカラーである赤と黄色が使われていますね。
芳香園 新横浜店 (6)

間口は狭く小さなお店かと思いましたが、奥の方はご覧のように広かったです。こちらの写真の部屋の手前にも席がありました。

こちらのお店は北京ダックがウリなようで、「中国から招聘した熟練の専門料理人が専用窯で焼き上げる」と書かれています。
芳香園 新横浜店 (4)

サービスランチのメニューです。曜日によってメニューが違いました。
芳香園 新横浜店 (3)

こちらは「定食と麺飯セット」。
芳香園 新横浜店 (2)

私は「本週定食メニュー」の中から「週替わり定食」にしました。

4番の「イカと海老の野菜炒め(900円)」です。
芳香園 新横浜店 (7)

すぐに出てきました。
芳香園 新横浜店 (8)

「イカと海老の野菜炒め」は、色々な野菜もたっぷりで味の方もそこそこ濃かったです。
芳香園 新横浜店 (9)

ライスお代わり自由で、デザート・スープ・漬物が付いていました。

値段的にもリーズナブルで、本格中華を味わえるお店で良かったです。ご馳走様でした。

芳香園 新横浜店
神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-17
 アポロ新横浜ビル1F
TEL 045-470-8918
月~土
11:00~26:00(L.O.25:30)
日・祝
11:00~23:00(L.O.22:30)
無休
※年末年始(12/31~1/2)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今回の旅の初日の宿泊は、鎌倉と江の島のほぼ中間の位置にある「鎌倉プリンスホテル」にしました。

プリンスホテルと言えば、日本におけるホテル・リゾートの草分け的な存在だと思いますが、私も何度か利用したことがあります。

「鎌倉プリンスホテル」は1995年開業で、相模湾を見下ろす高台に建つリゾートホテル。
鎌倉プリンスホテル (45)

江ノ電と一緒に写真を写してみました。

手前側が「バンケットホール七里ヶ浜」で、奥の高台が宿泊棟となっています。
鎌倉プリンスホテル (41)

建物は緩やかなカーブを描いていてすべての部屋から七里ヶ浜の海を一望できました。
鎌倉プリンスホテル (8)

ロビーは広く明るいです。ここが3階になります。
鎌倉プリンスホテル

私の利用した部屋がこちら。

屋外プール越しに相模湾・江の島を見渡すことができ、晴れた日には富士山を望むことができました。
鎌倉プリンスホテル (15)

日の入り。
鎌倉プリンスホテル (23)

日の出のときもきれいでした。
鎌倉プリンスホテル (6)

建物自体は30年近く経つので若干の古さを感じますが、バスルームとシャワースペースが分かれていて、部屋自体も十分な広さ。宿泊金額を考えるとお得感がありました。
鎌倉プリンスホテル (26)

朝食は2階にある「レストラン ル・トリアノン」で取ります。
鎌倉プリンスホテル (28)

大きな窓一面に広がる七里ヶ浜の海を正面に眺めながら「ごちそうモーニング」というセミビュッフェスタイルの朝食を楽しむことが出来ます。
鎌倉プリンスホテル (38)

ビュッフェはドリンクと、こちらのお茶漬け。あと、パンと小菓子などありました。

まずは、サラダプレートが出されます。こちらにはたっぷりのサラダに鎌倉ハムなどが盛られています。チーズっぽく見えるのは豆乳から作られたものでした。
鎌倉プリンスホテル (29)

あと、目覚めのスムージーと有田みかんジュース、そしてフルーツヨーグルトも一緒に出されました。

写真に写っているトマトジュースとグレープフルーツジュースはフリーのドリンクコーナーからを取ってきました。
鎌倉プリンスホテル (40)

こちらのスープもです。
鎌倉プリンスホテル (25)

そして、「選べるごちそうプレート」としては「エッグベネディクトプレート」か「オムレツプレート」を選ぶことが出来、私は「エッグベネディクトプレート」にしています。
鎌倉プリンスホテル (33)

イングリッシュマフィンにスモークサーモン、ベーコン、ほうれん草を添えたエッグベネディクトで、ソースはオランデーズソースでした。
鎌倉プリンスホテル (32)

妻は「オムレツプレート」で、サイズ的には小さなオムレツですが、とろ~り、ふわふわの仕上がりだったようです。

二つのメインプレートに添えられた煮込み料理はチキンでした。
鎌倉プリンスホテル (36)

妻は、こちらのパンも食べています。
鎌倉プリンスホテル (39)

ドリンクとしてコーヒー。そしてプチシューも食べています。

ビュッフェは一人3,500円という、この手のホテル相当の料金でしたが、宿泊費含めてのコスパはよかったのと、リゾート感もしっかり味わえるのでよかったのではないでしょうか。ご馳走様でした。

ただ1点、改善を求めたいところとしては、最寄りの江ノ電の駅との送迎バスがあってありがたかったのですが、接続時間が微妙で、かつ、ホテルの出発時間が勝手に延ばされて乗りたい電車に乗ることが出来なくなりました。

延ばす場合は確認して欲しいですね。最後は愚痴っぽい書き込みですみません。

鎌倉プリンスホテル
神奈川県鎌倉市七里ヶ浜東1-2-18
TEL 0467-32-1111
7:00〜10:00(L.O.9:30)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

湘南エリアといえば「しらす」が有名です。

先日紹介しました通り。江の島で生しらすを堪能しましたが、このしらすは「湘南しらす」とブランド化されています。
アンチョア

さて、今日紹介するお店は、鎌倉にある「anchoa(アンチョア)」というスペイン料理のお店。

お店の名前になっている「アンチョア」とは、スペイン語で「カタクチイワシ」のこと。

ちなみに「しらす」とはイワシ類や、ウナギ、アユなどの稚魚を示す総称ですが、「カタクチイワシ」の稚魚も一般的に「しらす」と呼ばれています。

そんな地元で獲れる食材で、まぁ、庶民的な、と言ってもいい「カタクチイワシ」を店名にしている意味としては、スペイン料理を肩肘張らずに楽しめるお店でありたいという思いを表現しているのかもしれません。

お店は江ノ電の鎌倉駅からほぼ線路沿いにある商店街から、少し線路側に入った場所にひっそりとありました。

今回、三浦半島に住む弟夫妻共々4名での訪問。コロナ禍もあって4名での会食は4年ぶり。

「anchoa(アンチョア)」のオーナーシェフは酒井涼さん。元々は代々木八幡に別名でお店を出していたようですが、2021年8月にこちらに移転オープンしています。
アンチョア (2)

店内はこじんまりとしたスペースですが、温かみのあるインテリアで、ゆっりと食事ができる空間でした。
アンチョア (4)

使われている食器やテーブルセットもかわいかったです。

たぶん、スペインの中でも美食の街として有名なバスク地方の料理を得意としているのかもしれませんが、スペイン各地の郷土料理をベースにシェフのアレンジを施した料理の数々。最初に結論を書けばとても楽しめたと思います。

今回は12,100円の「コース アンチョア」でお願いしてありました。

こちらのコースは、店名が冠されているようにお店のおすすめコースで、下記のような内容となっています。いわゆるデギュスタシオンコースでシェフの得意料理を少量多皿で出してくれます。

・アペリティーボ
・ピンチョス盛合せ
・タパス 5皿
・米料理
・デザート2品
・カフェ、小菓子

まず出されたのが、こちら。アペリティーボの「アンチョア コカ」。フィンガーフードで手でつまんでそのまま食べます。
アンチョア (10)

コカとは、スペインの野菜ピザのことで、生地に色々鎌倉野菜を煮込んだピストをのせて焼いて食べる料理ですが、上にアンチョビが乗せられていました。

お次はピンチョス盛合せ。
アンチョア (15)

色々な食材を色とりどり使って楽しませてくれました。もちろんしらすも!

この後、タパス料理が5皿続きます。

料理の説明はしてくれたのですが、全部は当然覚えきれないので、もし間違っていたらごめんなさいです。
アンチョア (17)

こちらはカンパチとナス、アーモンドを使った冷製のタパス。器はとても重かったです。
アンチョア (18)

こちらは太刀魚と冬瓜、細長いのもピーマンって言ったかな?をサフランのソースで食べさせてくれました。
アンチョア (22)


そして、こちらがシェフのスペシャリテ「ピキージョ」。
アンチョア (21)

トウガラシ属トウガラシの赤ピーマンですが、辛みはなく、水煮でソースも甘く味付けされていました。中にはタラと海老のすり身が詰められています。
アンチョア (24)

こちらは、この黒ムツを使ってニンニクとビネガーのソースで食べさせてくれました。
アンチョア (28)

取り分けてサーブされます。赤ムツだとのどぐろですが、黒ムツも赤ムツほどではないですが、脂が乗って美味しかったです。
アンチョア (30)

最後のタパスは、北陸ではなじみがないヒトミハタという魚を使った料理で、茸と里芋が添えられ、アーモンドのように見えるのはから付きの落花生でした。柔らかくて美味しかったですよ。ヒトミハタ自体は淡白な白身で、ソースで食べます。

そして料理としての最後に出されるのが、スペインの米料理の代表「パエリア」。
アンチョア (31)

お米から大きな鍋一杯に薄く広げた状態で炊かれていて、新鮮な地魚をふんだんに使ったスープでシンプルに炊き上げたパエリア。
アンチョア (32)

魚のうま味をたっぷり吸い、美味しさが口の中に広がりました。
アンチョア (33)

ニンニクが効いたアイオリソースが添えられていて、こちらを付けて食べると風味が変化して、それがまた美味!

シンプルがゆえに、シェフの腕が試されますね。とてもおいしかったです。
アンチョア (37)

デザートは、こちらはシャインマスカットにハチミツをかけて。
アンチョア (38)

バスクチーズケーキ。濃厚です。
アンチョア (40)

最後に小菓子。
アンチョア (39)

ドリンクは私はエスプレッソを頼んでいます。

最後に頼んだワインについて。

私と妻はペアリングでお願いしました。

5種類と9種類があって、各々日常使いのワインか少しリッチなワインどちらかをチョイスする組み合わせ。

妻は質より量の9種類で8,000円。私は量より質の5種類で8,000円を頼んでいます。

ワインはほぼスペインのものばかり。中にはなかなか飲めないものもあって楽しめました。
アンチョア (8)

発泡酒のカヴァに始まり、
アンチョア (29)

飲み口の違う白や赤など色とりどり。
アンチョア (27)

こちらはバスク産の微発泡ワイン「チャコリ」。
アンチョア (26)

高い位置から注ぐのがバスク式です。
アンチョア (12)

以上を飲み食いして、弟夫婦はアルコールをあまり飲まなかったので、4名で73,000円強でした。

ちょっとばかりの贅沢でしたが、たくさんのスペイン料理を楽しむことが出来たのと。弟夫妻とも久しぶりだったので、美味しい料理に舌鼓しながら楽しいひと時を過ごさせていただきました。

近くにあったら、リピート間違いなしのお店です。ご馳走様でした。

anchoa(アンチョア)
神奈川県鎌倉市御成町2-14-3
 御成ヴィレッジ A棟 1F
完全予約制
TEL 050-5571-9391
火.水 18:00~(20:00最終入店)
木.金 12:00開店12:15一斉スタート
    18:00~(20:00最終入店)
土.日 12:00開店12:15一斉スタート
   17:30~(19:00最終入店)
月曜休+不定休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ