あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 東京

東京で数名で飲む場合、自ずと居酒屋が多くなります。

予算や食べ物の好き嫌い、アルコールの嗜好の違いなどを考えていると、何となく何でも揃っている居酒屋が無難な選択肢となるのです。
居酒屋なごみ (2)

今回お邪魔した神保町の「居酒屋 なごみ」はお店的には和風居酒屋です。オープン時間は17:30ということで18時にお店に向かったら、まだ「準備中」の看板が。

しばし外で待っていると、ご主人が中に入れてくれました。何らかの理由があったのかもしれませんが、お一人で準備をされていて開店が遅れたようです。

えっ?お一人でやられているの??と最初心配でしたが、後で女性スタッフの方がやってこられました。

料理はご主人がお一人で担当されていましたが、料理が出される時間はそれほどかからずに出されたので、とても手際がいいかたでしたよ。
居酒屋なごみ (4)

結論から書くと、居酒屋ですからそれほど敷居が高くはないお店なのですが、その中でも内容から考えても、とてもリーズナブルに楽しめるいいお店でした。
居酒屋なごみ (5)

壁にはたくさんのメニューが掲げられています。居酒屋の定番メニューが揃っている感じです。

イタリアンのシェフなども経験されたようで、メニューの中にもちょっぴりイタリアンテイストなものもありました。
居酒屋なごみ (6)

乾杯は生ビール。
居酒屋なごみ (8)

お通しはキュウリとダイコン、枝豆。キュウリとダイコンはもろみ味噌をつけて食べます。

では、頼んだものを紹介していきます。
居酒屋なごみ (10)

サラダは「シーザーサラダ(580円)」と、
居酒屋なごみ (9)

「ポテトサラダ(390円)」。
居酒屋なごみ (12)

こちらは「ハムカツ(480円)」です、めちゃ厚切りのハムカツでした。揚げ立てサクッ。
居酒屋なごみ (13)

「牛もつ煮込み(680円)」は、お店のお勧めの一品のようです。国産牛モツを圧力釜をあえて使わずにじっくり5時間かけて白味噌で煮込んでいるようです。元イタリアンのシェフらしく、トリッパ(ハチノス)が入っていますね。
居酒屋なごみ (15)

「ハンペンチーズ焼き(420円)」も少しイタリアンテイストです。
居酒屋なごみ (14)

こちらは「イカのバター醤油炒め(300円)」。
居酒屋なごみ (16)

「ピリ辛タコの唐揚げ(390円)」は確かにスパイシーな味付け。これらは酒がすすむおつまみでした。

今回一緒に行った4名は、年齢的にも高く、締めの炭水化物はそれほど必要ではないので、料理はこのへんでおしまいにしました。
居酒屋なごみ (11)

飲み物のほうは、私は生ビールの後はハイボールを。

他の皆さんは、日本酒「一ノ蔵」や、芋焼酎「八海山」などを頼んでいました。

以上、4名で飲み食いして締めて一人3千円弱という驚きのコスパ。素晴らしいです。

料理の味も良かったですし。満足度高めで、お店の名前の通りとても和める居酒屋でした。ご馳走様でした。

居酒屋 なごみ
東京都千代田区神田神保町1-18-11
TEL 03-6273-7762
ランチ
11:30~13:30
ディナー
17:30~23:00(L.O.22:30)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京は、うどんの美味しいお店が少ないような気がしていました。

もっとも、東京のうどん店を念入りに調査しているわけではないので、知らないところで美味しいうどん店があるのかもしれませんが……?

さて、神保町界隈には「うどん 丸香」という超有名さぬきうどんのお店があって、ここは11時のオープン時からランチ時は常に行列が出来ているほどの人気店なのです。
直白

今日紹介します、同じ讃岐うどんのお店「讃岐うどん 直白」は、その「うどん 丸香」から直線距離にして50mほどしか離れていません。お茶ノ水小学校のそばです。

ちなみに「直白」と書いて「ひたしろ」と読ませています。

「讃岐うどん 直白」のほうが「うどん 丸香」の後から出来たようで、こんな名店の近くで勝負するなんて、ある意味凄いことです。

「うどん 丸香」については、2014年7月にブログに書いていますが、「直白」はその翌月の8月にオープンしています。
直白 (15)

お店に入って自販機で食券を買って席に座ります。

うどんの種類や天ぷらなど色々ありました。

私は、久しぶりに「しょうゆ」ぶっかけを頼んでみることにしました。

こちらのお店、作り置きをしていないということで、注文してから出されるまで少し時間がかかります。もちろん、天ぷらもその都度揚げてくれます。
直白 (7)

さて、「しょうゆ」は香川では茹であげた麺にしょうゆをかけたものが美味しかったですが、こちらのは冷たいうどんです。
直白 (14)

しょうゆは別に出してくれた、こちらのをかけます。
直白 (8)

490円と香川のうどん店に比べて高めの設定です。今年小麦粉の単価が上がったため100円値上げしたようで、その代わりに大盛りも追加料金なしになっています。もっとも我々年配は大盛りは食べきれない感じがしたので普通でお願いしましたが、これで正解でした。十分満腹になりました。
直白 (13)

例えがいいかどうかわかりませんが、「剛麺」という感じの麺で、うどん自体がコシというより固いという表現の方が適切な麺でした。

麺自体も太いので、のど越しで食べるといったうどんではなく、よく噛んで食べたほうがいいでしょうね?ただ、そのおかげで、小麦そのものの味を感じることが出来ます。

この辺は「うどん 丸香」との差別化を意識したものになっているのかもしれません。

あと、「しょうゆ」のほう、個人的には大根おろしと酢橘、レモンなどもあったほうがうれしかったですね。うどん本来の旨みを感じてもらいたいとお店側が思って付けていないのかもしれませんが。
直白 (10)

他の人は、こちらの「かけ」うどんや、
直白 (5)

「ぶっかけ」うどんを頼んでいました。

天ぷらは、直白天、野菜天、ちく天を頼んでシェア。
直白 (6)

直白天には、鷄天2個、手羽先、下足、ナス。これで350円はお得です。鶏天は山梨の「甲州健味鶏」を使用しているようです。
直白 (4)

野菜天はオクラ、シイタケ、ピーマンの3個で210円。
直白 (9)

ちくわ天は大きなサイズで100円でした。エビのすり身を使っています。珍しいですね。

私が住んでいたところ(福岡・大阪・小松)は、どちらかといえば柔らかいうどんが主流で、このような「剛麺」は少し苦手なタイプかもしれません。でも、これは好みの問題で、そのようなうどんがお好みの方にはいいお店だと思います。

超強力ライバル「うどん 丸香」がすぐ近くにあることをバネに頑張っていただきたいですね。ご馳走様でした。

讃岐うどん 直白(ひたしろ)
東京都千代田区猿楽町1-5-3
 リッツお茶の水ビル1F
TEL 03-3219-4722
月~土
11:00~16:00(L.O)
月・火・木・金
18:00~21:30(L.O)
※麺切れ次第終了
日曜 祝祭日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

食の面では東京はやっぱりすごいです。

色々なお店が雨後タケノコのようにオープンしています。

料理のジャンルも当然のように、生粋の和食から超が付くほどのエスニックなお店まであり、お店選びでも困らないですね。

もっとも当事者である飲食店の方々にとっては大変です。競争激化で経営も大変だと思います。

特に神保町あたりは学生も多くいて、リーズナブルでありながらおしゃれで食べ物も美味しい!といった欲張りな要求も強いのではないかと思います。

さて、いつも東京へ出張で出かけた時は、仲間と一緒に夕食を食べることにしているのですが、今回は5名でお邪魔しました。
お店の外観は、バル風というか、オープンな感じでカジュアルなパブのようなお店です。お店の冠に「利き酒」という日本酒をウリにしているお店とは思えない店構えです。

2階にも席がありました。貸切もできるお洒落なパーティースペースになっているようです。

我々は1階の席に案内されます。

我々は事前に予約。「当店一押しのパーティプラン」の「最強ハッピープラン」をお願いしました。

こちらのコースは通常は5,500円ですが、ネットで予約を入れると5,000円。驚くことに、他の物を頼まなければ一人5,000円ぽっきりで済ますことが出来ます。他に料金は一切かかりませんでした。

「厳選日本酒30種類 2時間飲み放題付 お料理9品コース」という内容で、この「日本酒30種類」が飲み放題に付いているのがミソなのです。
ミスターハッピー (12)
ミスターハッピー (10)

飲み放題の場合、日本酒に限らず内容が限定されているところが多いのですが、こちらのお店では少しは範囲が狭くはなっていますが、日本酒だけでメニュー用紙2枚に渡る種類から選べたり、山口県の人気銘柄「獺祭」や各地のレアな銘柄もラインナップに加わっているので、選ぶのが楽しみでした。

料理のメニューはWeb上では一応この内容です。しかし、私が肉が苦手ということで事前に変更可能かと聞くと、心よく変更してくれました。(というか肉以外もだいぶ変わっていますが……^^;)

前 菜「特製ウニ豆腐 」
刺 身「築地直送♪旬のお刺身 五点盛り合わせ」
サラダ「豚しゃぶとゴーヤのサラダ」
焼 物「スペイン産赤豚肩ロースステーキ」
逸 品「タチウオのおろしポン酢」
揚 物「鶏もも肉の唐揚げ
ご 飯「オーロラサーモンと夏野菜のさっぱりうどん
甘 味「本日のデザート」

何はともあれ、まずは乾杯です。
ミスターハッピー (8)

みんなは生ビール。私はとある理由でハイボールです。

では、出されたものを紹介していきます。
まず出されたのは前菜と、
「サーモンとゴーヤのサラダ」です。豚しゃぶがサーモンに変わっていました。
こちらは「お刺身 五点盛り合わせ」。マグロ、タイ、タコ、スズキ、イサキ?

ウェブでは「産直の魚に徹底的にこだわる:と書かれていましたg、石川で新鮮な刺身を食べている身としては、まぁ普通?でも東京ではいい感じではないでしょうか?
焼物はサバの西京焼?だったかな?^^;
こちらは逸品として設定されていた「タチウオのおろしポン酢」です。
揚物はアジの竜田揚げ。

はは。見事に魚に変更してくれていますね。ありがとうございます。
締めの食事は、焼飯でした。しかし、みんな、飲み過ぎ食べすぎであまり食べませんでしたね~。ほとんど残してしまいました。

私も軽く2口ほど食べました。日本酒を飲み過ぎた後は、焼飯はのどを通りにくいかもしれません。こちらは既定通りのうどんのほうが良かったかもしれません!?

同じくこちらのデザートもパスしました。^^;
頼んだ日本酒は、まずは兵庫の「香住鶴 生もとからくち 原酒 但馬五百万石」。原酒の力強い辛口ですが口に含むとまろやかで旨みを感じさせてくれる酒です。
ミスターハッピー (24)

「獺祭」を飲んだことがない人がいたので、そちらも頼みます。磨き50です。

この後は、お店の利き酒師?のかたに、料理に合わせておまかせで出していただきました。ちなみに飲み放題は2時間です。
ミスターハッピー (17)

和歌山の平和酒造「紀土(KID) 純米吟醸 夏ノ疾風」は、これからの季節にいい軽めの爽やかな酒。
 
ミスターハッピー (18)
沖縄の「本醸造 黎明」。沖縄で唯一の日本酒の蔵元です。ラベルが純日本風で面白いです。私は飲みませんでしたがやはり本土の日本酒とはちょっと違った味だったそうです。
ミスターハッピー (20)

岡山の「大典白菊」。吟醸のにごり酒はもろみの成分が相当濃く残っています。
ミスターハッピー (21)

他にも何か頼んでいたと思いますが、写真は写していません。

行った5名とも酒好きのメンバーだったので、完全に元は取ったと思います。(笑い)

お店を出るときに、お菓子のお土産まで頂きました。

一人ぴったり5,000円で、相当飲んで、食べ物的にも満足できる内容でした。おすすめの一軒ですね。ご馳走様でした。

利き酒 GRILL Mr.Happy 神保町店
TEL 050-5593-4957(予約専用)
03-5577-4194(問合せ専用)
月~金17:00~24:00(L.O,22:45)
土曜16:00~24:00(L.O.22:45 )
日曜15:00~23:30(L.O.22:15)
不定休日あり


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

海外から帰ってくると、何となくお寿司が食べたくなります。

海外でも美味しい和食のお店が増えてきたと思いますが、やはり寿司は日本で食べるのが一番ですね。
又こい家 (3)

今日紹介する「又こい家」は、JAL羽田第1ターミナルの出発ゲートラウンジ内の立ち食い寿司屋さんです。

「又こい家」については、第2ターミナルのお店については、昔、こちらで書いたことがあります。

「又こい家」は、恵フードというところがやっている築地場外市場にある寿司店。毎朝、築地から仕入れる旬で新鮮な魚と自慢の流氷南鮪を食べられるお店と言うことで人気のところですが、その恵フードのアンテナショップとして羽田空港には5年半前にまず第2ターミナルに出店しています。

今日紹介する羽田第1ターミナル店も当然、毎日築地から直送される魚介を使って、リーズナブルな値段で寿司を食べさせてくれます。もっとも立ち食いのお店なので値段が高いとまずいですよね?^^;

この日、小松に戻るとき、お昼過ぎの便だったので、その前に腹ごしらえです。
又こい家 (2)

お店の前に看板のおすすめメニューが出ていました。
又こい家

まぁ、お好みよりもこちらに書かれているセットメニューの方がお得な設定になっているので、こちらから選びます。
又こい家 (8)

選んだのは、寿司8貫のセットで税抜1,500円。

シンガポールからの帰りの便では7時半過ぎに朝食が出されたので、それほどお腹が空いているわけではありませんでした。まぁ、このぐらいがちょうどいいでしょう?

この時間はまだ正午前だったので、お客は私一人でした。

そのため次から次へと握られて出されます。

握り寿司は握りたてが美味しいと思っているので、急いで食べようとしてしまい、ついつい早食いになってしまいました。^^;
又こい家 (4)

マグロとサワラ
又こい家 (5)

サーモン、アオリイカ、タコ
又こい家 (6)

桜海老と玉子
又こい家 (7)

最後は手巻の鉄火。

これらを5分ほどで食べてしまいました。^^;

ネタはそんなものでしょうが、マグロは確かに良かったかも?

飛行機に乗る前の時間があまりないときでも、早く出され、そして食べる。そんなニーズに合っているかもしれません。ご馳走様でした。

又こい家 羽田第1ターミナル店
東京都大田区羽田空港3-3-2
 羽田空港第1旅客ターミナル
 出発ゲートラウンジ(中央)
 キャプテンズトーキョー2F
TEL 03-3747-0133
6:30~20:00
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

東京へ出張のとき、小松の住むものとしては、金沢始発の北陸新幹線よりも小松空港から飛行機で飛ぶ方が時間的有利です。

当然、羽田空港を利用する機会も多いのですが、ただ羽田空港も、あくまでも空港ターミナルなので通過点でしかありません。

そのため、それほど羽田空港で食事をとることはありません。小松に戻るときも、なるべく家で食べるようにしています。

今回は、たまたまお昼時に横浜まで移動する機会があったので、ランチを羽田空港で済ますことにしました。

食べたのは羽田空港第1ターミナルの北ウィング2F。第1ターミナルは日本航空がメインのターミナルビルです。
HITOSHINAYA

そこに「Hitoshinaya(ひとしなや)」という、空港などに普通にあるレストランとは一見して趣が違うお店があります。

出来た時から存在は知っていたのですが、先ほど書いた通りなかなか羽田で食事をする機会がなく、入ることはありませんでした。

ここは2014年にオープンし、「小さな町屋」をイメージして作られたようです。ちなみに空間設計は建築家の松井亮氏。料理の監修と指導は、日本料理界の「現代の名工」にも選ばれている長島博氏。

すみません。お二方とも私は存じ上げませんでした。^^;

さて「Hitoshinaya(ひとしなや)」。いまは「あさごはん」「どんぶり」「らーめん」の3つのお店が並んで営業しています。

オープンのときは「あさごはん」「ひとはち」「すりながし」というお店でしたが、どうも「ひとはち」と「すりながし」は何を食べさせてくれるお店なのかイマイチわかり辛かったからでしょうか?メニューなどを変更していまのような形になっています。

ウェブで調べたところ、各お店の料理コンセプトは、以下の通りです。

「あさごはん」だしが引き立つあさごはんが、一日中食べられるお店。
「どんぶり」だしあんと食材を一つのどんぶりで楽しむお店。
「らーめん」鴨だしと和だしを使用したあっさりとしたつゆと、タピオカを練りこんだ自家製の中華麺の絶妙なコラボを楽しめるお店。

このようにダシを中心に置き、それぞれのお店を展開しているようです。

そういえば、私が小松に戻るために羽田空港を使用するのは、夕方から夜にかけてなのですが、いつも見る限りにおいては大体がお客さんがあまり入っていなかったような気がします。
HITOSHINAYA (3)

今回、私は初めて入りましたが、メニューを見て入るのを決めたのは「どんぶり」のお店です。

メニューは基本は以下の3つです。

こだわり出汁の地鶏親子丼(1,100円税込)
高原豚麹炙り焼き出汁あんかけ丼(1,300円税込)
ブリと野菜の出汁あんかけ丼(1,500円税込)

その中から私は「ブリと野菜の出汁あんかけ丼(1,500円税込)」をオーダーしました。といいますか、肉が苦手な私はこの中からはこれしか選択の余地がありません。^^;
HITOSHINAYA (9)

12時半ごろに行きましたが、数席空きがありました。しかし、その後すぐに満席になり順番待ちも出来るほど。お昼はさすがに混雑します。

空港のお店らしく荷物を置くスペースもあったりして、比較的ゆったりと食事を楽しむことが出来ます。
HITOSHINAYA (8)

お店に入ると、中は3店ともカウンター席のみ。オープンカウンター、オープンキッチンで清潔感があります。

そして私は一番端の席に座ります。

座ると、最初にお茶代わりに出されるのが「出汁」なのです。これは3点共通です。
HITOSHINAYA (6)

見た目はお茶っぽいのですが、マジで「出汁」のみなのです。カツオ・アジ・マグロ・イワシの4種類をブレンドして作っているようですね。上品で本当にお茶代わりに飲めました。

厨房は2人で切り盛りされていましたが、支払のお客がいるたびに、女性の店員さんが対応し、それなりに料理が出されるまでに時間がかかりました。まぁ、コストとの兼ね合いもあるのでしょうが、導線も含めて一考の余地がありそうに思えましたね。
HITOSHINAYA (10)

で、「ブリと野菜の出汁あんかけ丼」。出されたのがこちらです。
HITOSHINAYA (11)

ビジュアルはいいですね~!

油通しされた野菜の色が輝いて見えます。
HITOSHINAYA (15)

鰤の切り身は3切れ。脂ものっていました。
HITOSHINAYA (12)

添えられているとろっとしたべっ甲餡をかけて食べます。甘めの味ですが、油通しされた野菜との相性は良かったです。

ご飯も羽釜で炊かれています。美味しかったです。
HITOSHINAYA (13)

味噌汁は大豆のすり流しを入れた呉汁です。口当たりがやさしいですね。内臓にも良さそうです。

「ブリと野菜の出汁あんかけ丼」は税込で1,500円という、少しお高い設定になっています。ショバ代が高いのでやむを得ないし、まぁ、味や雰囲気も含めると納得できるかもしれません。ご馳走様でした。

Hitoshinaya(ひとしなや)
東京都大田区羽田空港3-3-2
 羽田空港第1旅客ターミナル北ウィング
TEL 03-5757-8853
あさごはん 5:30~20:00(L.O.19:30)
どんぶり10:30~19:30(L.O.19:00)
らーめん10:30~19:30 L.O.19:00)
無休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ