あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 東京

今回の東京での宿泊は東京ドームホテルでした。
東京ドームホテル (22)

15年ほど前に一度子供たちを連れて東京ドームに野球観戦に来た時に利用して以来です。

普段はビジネスホテルに泊まるのですが、野球やイベントのない日は飛行機とのパック料金がめちゃ安い時があって、今回はそんなお得な日だったために泊まることにしました。

1006室もあるそうで、建築設計は丹下健三氏。彼の末期の作品ですね。
東京ドームホテル

普段宿泊するビジネスホテルに比べると、フロント・ロビーも広いです。
東京ドームホテル (2)

この日は運用ツインルームのシングルユースでした。部屋は広くて快適でした。
東京ドームホテル (13)

35階の部屋からの見晴らしも最高。
東京ドームホテル (3)

ドーム側の夜景です。

大きなホテルだけに飲食する場所もたくさんあります。
東京ドームホテル (21)

朝食は、3Fのスーパーダイニング「リラッサ」で取ることになりました。シティホテルなので朝食は2,300円もします。
東京ドームホテル (7)

ビュッフェスタイルで、さすがに大きなホテルだけあって、朝食の会場は席数も半端なく、料理の種類も数えきれないくらいありました。

客層は、いま全国どこへ行ってもビズネスホテルは中国系のお客様が多いのですが、こちらは少ないようで、欧米からのビズネス客が多い感じがしました。静かに朝食を取ることが出来ます。
東京ドームホテル (17)

東京ドームや東京ドームシティのアトラクションを眺めながらの朝食。お天気も良く気分よく楽しめました。
東京ドームホテル (9)

卵料理は目の前で作ってくれます。
東京ドームホテル (20)

ドリンクバー。

さて何を食べたか?最近はビュッフェスタイルでも、あまり多く取ってこないように気を付けています。^^;
東京ドームホテル (11)

こんな感じです。今回は洋食系で攻めてみました。野菜はたっぷり取ります。スープはミネストローネスープにしました。
東京ドームホテル (16)

フルーツも種類が多く、珍しくたっぷり食べました。

今回味の評価を出来るような料理を食べていないので書きませんが、気持ちよく食べることが出来た朝食です。ご馳走様でした。

東京ドームホテル
東京都文京区後楽1-3-61
TEL 03-5805-2111
スーパーダイニング「リラッサ」
TEL 03-5805-2277
6:3010:00(L.O.9:30)
大人2,300円(税別)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

神保町はカレーの激戦地です。

神保町のカレーのお店については私のブログでもこれまでにいろいろ紹介してきました。

一口に神保町のカレーと言っても、金沢カレーのように、一定の決まりごとがあるわけではありません。

私も有名どころは大体行っています。


欧風カレーから本格的なインドカレー、日本的なカレーまで各お店のオリジナルな味を楽しめます。本当に多種多彩。数日でも飽きずに楽しめます。さすが大都会東京!違います。
共栄堂

そんな神保町で「スマトラカレー共栄堂」は、大正13年の創業以外、この界隈では押しも押されもせぬ人気店。いわゆる御三家みたいなお店で、この界隈でも一番古くからカレーを提供しているところとして有名です。大正13年の創業というから凄いですね。
共栄堂 (10)

スマトラといえばインドネシアの島の名前ですが、スマトラカレーは過去に食べたこのないカレーで、どんなカレーなのか興味深々です。
共栄堂 (4)

そんな有名店なので人気なのは当たり前です。早めの時間に伺います。11:40頃でしたが、すでに店内は多くの人が食べていました。

この時間ではすぐ座ることが出来ましたが、12時前には順番待ちが出来ていました。
共栄堂 (6)

メニューはこんな感じです。

肉系のが多いですね!?私は必然的?に「エビカレー(1,350円)」となります。
共栄堂 (2)

最初にポタージュスープが出されます。優しい味のスープで、カレーの辛さを和らげてくれそうです
共栄堂 (7)

その後カレーが出されますが、ここのカレーはやはりルーに特徴があります。

黒濃色のソースは、小麦粉を一切使っていないのでサラッとしています。スープカレーのような感じでもあります。
共栄堂 (8)

当然口当たりもサラッとしたカレーで、最初は甘く感じて、後で上品な辛さがきます。

26種類の香辛料と、形のなくなるまで煮込んだ野菜がベースで、エビカレーの場合はエビの風味も入っています。

そしてエビのほうはといえば、白ワイン・バター・スパイスで味付けられていて、プリッとした食感とも相まって美味しい仕上がりでした。エビ好きな日本人にマッチしたカレーですね。
共栄堂 (9)

私は写真撮影のためもあって、最初にライスに全部かけてしまいましたが、この食べ方は失敗だったかもしれません。スープカレーのように、ライスをスプーンですくって、ルーの中に舌して食べたほうが美味しいかもしれません。
共栄堂 (3)

次回、もし行く機会があればそうしたいと思います。

考えていたより特徴のあるカレーで、病み付きになる人は多いと思いました。ご馳走様でした。

スマトラカレー共栄堂
東京都千代田区神田神保町1-6
 神保町サンビルディングB1F
TEL 03-3291-1475
11:00~20:00(L.O.19:45)
日曜休(祝日は不定休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京へ出張で行くと、夜は和食系のお店に行くことがこれまで多かったです。

一緒に行くメンバーの年齢が高いので、どうしても無難な居酒屋などになってしまいました。

今回の出張では、若干若いメンバーと一緒だったので、久しぶりにイタリア料理のお店に行くことにしました。

このあたりは東京ドームが近いため、気軽にワイワイできるカジュアルなお店が多いと思います。
ラ クッチーナ ビバーチェ (12)

今日紹介するお店は、店名に「クッチーナ(cucina)=台所」と付けているので、気軽に入れるお店を目指しているのでしょうね?
ラ クッチーナ ビバーチェ (2)

この日は小松から夕方飛行機で移動。お店に着いたのが20:45ごろと遅めの時間でした。予約を入れてありましたがお店は半分ぐらいの混雑。東京ドームで野球の試合やイベントがない日だったため、それほど混む日ではなかったのかもしれません。
ラ クッチーナ ビバーチェ (4)

まずは生ビールで乾杯!イタリアビールではなくドイツビールでした。^^;
ラ クッチーナ ビバーチェ (3)

料理のメニューはこんな感じです。

では、食べたものを紹介していきます。

まず、アンティパストの前菜。色々な種類があったので、お店のおすすめの料理をお聞きしました。

それは、メニューに赤字で書かれている「本日の魚介を使ったカルパッチョ(1,400円)」と岡山・吉田牧場のモッツァレラを使用して作られる「カプレーゼ(1,200円)」でした。

当然、両方とも頼みます。
ラ クッチーナ ビバーチェ (5)

本日の魚介は天然のカンパチで、オイリーなカルパッチョ。オリーブオイルはイタリアプーリア州産の「ディサンティ」のみを使うというこだわりです。美味しいカルパッチョでした。
ラ クッチーナ ビバーチェ (7)

もう一つの「カプレーゼ」のほうは、ナチュラルなミルク感たっぷりのモッツァレラチーズでこちらも美味しかったです。
ラ クッチーナ ビバーチェ (11)

プリモピアットのパスタは「からすみとねぎのスパゲッティーニ(1,500円)」。オイル系のパスタでカラスミがいい味出していました。

セコンドのメインは「天使の海老のソテー リボルノ風(1,800円)」。リヴォルノはイタリアトスカーナ地方の都市の名で、トマト煮込みのソースがかけられたソテーです。
ラ クッチーナ ビバーチェ (9)

ソースにも海老のうま味がダイレクトに伝わっていて、これは美味しかったです。
ラ クッチーナ ビバーチェ (6)

パンはフォカッチャで、足りなければ何度でも出してくれるのがうれしいですね。

生ビールのあと、お酒はワインに移行。軽めのフレッシュなものを中心に白と赤を何杯か頼みました。
ラ クッチーナ ビバーチェ (8)

白はガヴィとセレオーレ・ソアヴェ。

赤はキャンティだったかな?

以上飲み食いして、締めて一人6千円弱でした。大体予想通り。コスパ的にもいいのではないでしょうか?

イタリア人らしきお客様もいて、本場の味を味わえるのだろうと思います。ちなみにシェフはイタリアのローマ・ジェノバ・フィレンツェ・ブレシアで修行されているようです。ご馳走様でした。

ラ クッチーナ ビバーチェ(la cucina VIVACE)
東京都文京区本郷1-4-6
 ヴァリエ後楽園1F
TEL 050-5869-5040(予約専用)
TEL 03-3868-3741(問合せ専用)
ランチ11:30~14:00(L.O 14:00)
ディナー17:30~23:00(L.O 22:00)
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日紹介するのは「麺通団」というちょっと変わった名前のうどん屋さんです。
水道橋麺通団

「讃岐うどんブームの火付け役」と呼ばれたかたがプロデュースしているお店で、西新宿にある「東京麺通団」と水道橋にある「水道橋麺通団」の2店がありました。

東京以外に、福岡や名古屋にも同じ名前のお店がありましたが、いまは東京だけのようです。

むかし、福岡に「福岡麺通団」というお店があって、そこに行った時のことは、こちらに書いていますが、いまは「讃岐うどん 雷鞭」という名前に変わっていました。

お店のすぐ近くに「こんぴらさん(金比羅宮)」があり、そんな関係でこちらにお店を出したのかもしれません。

この夜は、仲間と4名で近くの「能登美」という居酒屋で飲んで、その足で私ともう一人だけこちらのお店で〆のうどんを食べることになりました。

香川で讃岐うどんのお店は、午後の早い時間に締まるお店が多く、夜までやっているところはすくないのですが、こちらのお店は朝10時から夜の11時半までの長時間営業です。
水道橋麺通団 (2)

飲み食いした後で食べるとき、「小」サイズがメニューにあったのが決め手でした。
水道橋麺通団 (6)

行ったのは20時半ごろ。先客は一人だけでした。

セルフのお店なので、入口でメニューを見てカウンターでオーダー。天ぷらなどをうどんが出来上がるまでに取り、ほどなくして出来上がるうどんをもらい、ネギやショウガなどの薬味を入れ、代金を支払います。
水道橋麺通団 (4)

私は、こちらの「冷かけ(小)」を頼みました。350円です。やはり東京値段ですね。

香川でセルフの店だと、200円前後ぐらいで食べることが出来ます。

ダシはイリコの風味が効いていました。まずまず美味しです。

そして、うどんのコシが凄かったです。
水道橋麺通団 (5)

香川ではいわゆる「エッジが効いている」と表現されるうどんで、ちょっとオーバーな書き方ですが、しっかり噛む必要があるのでアゴが痛くなるほどコシがしっかりしたうどんでした。

一緒に行った人は、カレーうどん(小)を頼んでいました。550円でした。
水道橋麺通団 (3)

和風のダシが効いていて、こちらも美味しかったそうです。

この夜2軒目ということで、このぐらいの量がちょうどよかったです。ご馳走様でした。

水道橋麺通団
東京都文京区本郷1-13-2
TEL 03-3818-8774
10:00~23:30(L.O.23:00)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

神保町はカレーの激戦区です。言ってみればカレーの聖地と呼んでいいかもしれません。

欧風カレーとしては、おなじく神保町の「ボンディ」が有名ですが、今日紹介します「ガヴィアル」も人気の欧風カレーのお店です。

平日のランチ時に仲間を連れだって4名でお邪魔しました。
ガヴィアル (12)

小さな雑居ビルの2階にお店はあります。
ガヴィアル (2)

11:40頃だったのですが、店内は8分くらい埋まっていました。
ガヴィアル (3)

カレーメニューはこんな感じです。
ガヴィアル (5)

ランチは他にも日替わりメニューがあって、人気の野菜カレーと他一種類の具の組み合わせになっているようです。この日はホタテかチーズ。

単品メニューは少しお高いですが、日替わりメニューは2種類のカレーが楽しめて、しかも1,100円!頼まないわけがありません。

我々4名全員が「野菜+ホタテ」を頼んでいました。

ちなみに野菜カレーの単品は平日15時以降。土日は終日のみの提供なので、野菜カレーを平日のランチに頼もうとすると日替わりメニューになるということですね。

辛さは甘口、中辛、辛口の3種類から選べて、私のみ辛口にしてみました。
ガヴィアル (8)

カレーが出てくる前に、「ボンディ」と同じく茹でたジャガイモが出されます。

でもバターが添えられれていませんでしたね!?サイズも少し小さめでした。
ガヴィアル (4)

テーブルには福神漬けとらっきょうも置かれています。
ガヴィアル (10)

ライスには細かく刻まれたチーズが乗せられていました。
ガヴィアル (6)

そして肝心のカレーのほうですが、たくさんの玉ねぎを使って出される自然な甘みを感じることが出来て、その後で辛さが来る感じで、欧風カレーの特徴が出ています。
ガヴィアル (11)

ルーは創業以来、継ぎ足しを続けているそうで、何となく、大阪のカレーにも似ている味だとも感じましたが、28種類の香辛料をブレンドしているだけあってコクがあってとても美味しかったです。

野菜もホタテも、具がたっぷり入っていて、日替わりメニュー1,100円は安いと感じましたね。

見た目よりボリュームもたっぷりで、ライスを少し残してしまいました。ご馳走様でした。

ガヴィアル
東京都千代田区神田神保町1-9
 稲垣ビル2F
TEL 03-6273-7148
11:00~21:30(LO)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ