あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 東京

今日紹介するのは「麺通団」というちょっと変わった名前のうどん屋さんです。
水道橋麺通団

「讃岐うどんブームの火付け役」と呼ばれたかたがプロデュースしているお店で、西新宿にある「東京麺通団」と水道橋にある「水道橋麺通団」の2店がありました。

東京以外に、福岡や名古屋にも同じ名前のお店がありましたが、いまは東京だけのようです。

むかし、福岡に「福岡麺通団」というお店があって、そこに行った時のことは、こちらに書いていますが、いまは「讃岐うどん 雷鞭」という名前に変わっていました。

お店のすぐ近くに「こんぴらさん(金比羅宮)」があり、そんな関係でこちらにお店を出したのかもしれません。

この夜は、仲間と4名で近くの「能登美」という居酒屋で飲んで、その足で私ともう一人だけこちらのお店で〆のうどんを食べることになりました。

香川で讃岐うどんのお店は、午後の早い時間に締まるお店が多く、夜までやっているところはすくないのですが、こちらのお店は朝10時から夜の11時半までの長時間営業です。
水道橋麺通団 (2)

飲み食いした後で食べるとき、「小」サイズがメニューにあったのが決め手でした。
水道橋麺通団 (6)

行ったのは20時半ごろ。先客は一人だけでした。

セルフのお店なので、入口でメニューを見てカウンターでオーダー。天ぷらなどをうどんが出来上がるまでに取り、ほどなくして出来上がるうどんをもらい、ネギやショウガなどの薬味を入れ、代金を支払います。
水道橋麺通団 (4)

私は、こちらの「冷かけ(小)」を頼みました。350円です。やはり東京値段ですね。

香川でセルフの店だと、200円前後ぐらいで食べることが出来ます。

ダシはイリコの風味が効いていました。まずまず美味しです。

そして、うどんのコシが凄かったです。
水道橋麺通団 (5)

香川ではいわゆる「エッジが効いている」と表現されるうどんで、ちょっとオーバーな書き方ですが、しっかり噛む必要があるのでアゴが痛くなるほどコシがしっかりしたうどんでした。

一緒に行った人は、カレーうどん(小)を頼んでいました。550円でした。
水道橋麺通団 (3)

和風のダシが効いていて、こちらも美味しかったそうです。

この夜2軒目ということで、このぐらいの量がちょうどよかったです。ご馳走様でした。

水道橋麺通団
東京都文京区本郷1-13-2
TEL 03-3818-8774
10:00~23:30(L.O.23:00)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

神保町はカレーの激戦区です。言ってみればカレーの聖地と呼んでいいかもしれません。

欧風カレーとしては、おなじく神保町の「ボンディ」が有名ですが、今日紹介します「ガヴィアル」も人気の欧風カレーのお店です。

平日のランチ時に仲間を連れだって4名でお邪魔しました。
ガヴィアル (12)

小さな雑居ビルの2階にお店はあります。
ガヴィアル (2)

11:40頃だったのですが、店内は8分くらい埋まっていました。
ガヴィアル (3)

カレーメニューはこんな感じです。
ガヴィアル (5)

ランチは他にも日替わりメニューがあって、人気の野菜カレーと他一種類の具の組み合わせになっているようです。この日はホタテかチーズ。

単品メニューは少しお高いですが、日替わりメニューは2種類のカレーが楽しめて、しかも1,100円!頼まないわけがありません。

我々4名全員が「野菜+ホタテ」を頼んでいました。

ちなみに野菜カレーの単品は平日15時以降。土日は終日のみの提供なので、野菜カレーを平日のランチに頼もうとすると日替わりメニューになるということですね。

辛さは甘口、中辛、辛口の3種類から選べて、私のみ辛口にしてみました。
ガヴィアル (8)

カレーが出てくる前に、「ボンディ」と同じく茹でたジャガイモが出されます。

でもバターが添えられれていませんでしたね!?サイズも少し小さめでした。
ガヴィアル (4)

テーブルには福神漬けとらっきょうも置かれています。
ガヴィアル (10)

ライスには細かく刻まれたチーズが乗せられていました。
ガヴィアル (6)

そして肝心のカレーのほうですが、たくさんの玉ねぎを使って出される自然な甘みを感じることが出来て、その後で辛さが来る感じで、欧風カレーの特徴が出ています。
ガヴィアル (11)

ルーは創業以来、継ぎ足しを続けているそうで、何となく、大阪のカレーにも似ている味だとも感じましたが、28種類の香辛料をブレンドしているだけあってコクがあってとても美味しかったです。

野菜もホタテも、具がたっぷり入っていて、日替わりメニュー1,100円は安いと感じましたね。

見た目よりボリュームもたっぷりで、ライスを少し残してしまいました。ご馳走様でした。

ガヴィアル
東京都千代田区神田神保町1-9
 稲垣ビル2F
TEL 03-6273-7148
11:00~21:30(LO)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

うどん・そばの場合、基本的には西のほうではうどん。東のほうではそばを食べます。

今回もランチを食べるときに、麺類が食べたくなって、東京でそば屋さんに入りました。

膳
お店の名前は「手打ちそば 膳」。場所は地下鉄九段下駅5番出口を上がって、すぐ近くです。2016年4月にオープンした比較的新しいお店です。
膳 (2)

手打ちで十割そばを食べさせてくれるところで、天ぷらも美味しいお店として人気があります。
膳 (5)

雨の日で横浜から移動してちょうど11:30ごろだったため、ランチを食べてから目的地に向かうことにしました。

開店してから次々とお客さんが入ってきます。雨が降っているにもかかわらずです。

オープンして2年少し経つお店ですが、人気なのがわかります。

そばは自家製粉手打ち十割。最近ではそれほど珍しくはないですが、それでも魅力はあります。
膳 (6)

ランチメニューは天ぷらとのセットがお得です。

雨が降って蒸し暑かったので、私は冷たいそばに、選べる天ぷらが付いた「昼天もり(冷)」を頼むことにしました。

天ぷらは「天然海老」「活〆穴子(半身)」「鱧」「安曇野産アスパラ」の4種類から選ぶことが出来て、どれも捨てがたかったのですが、お店の人にもお聞きして今回は「鱧」を頼むことにしました。

数分待って出されたのがこちらです。

そばの産地は季節によって変わるようです。
膳 (12)

きれいなそばです。コシも相当あって風味も生きていました。量もそばの専門店にしては多かったような気がいします。
膳 (11)

天ぷらは鱧は大きめのが一切れ。あとは野菜天でナス・しし唐・カボチャ・ニンジン・しいたけ。
膳 (13)

柚子塩で食べましたが、カラッと揚がっていて美味しかったです。
膳 (8)

一緒に行った人は、温かいそばと組み合わせた「昼天もり」を頼んでいました。
膳 (9)

「天然海老」も美味しそうでしたね。
膳 (15)

そば湯は、まだ時間が早かったせいで、薄めのものでした。

なかなか人気のお店のようで、この時は12時前に満席になったほどです。東京では夏は冷たいそばに限ります(個人的感想です)。ご馳走様でした。

手打ちそば 膳
東京都千代田区九段北1-3-9
03-6265-6005
11:30~14:00 18:00~21:30(L.O.20:45)
土・日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京は人口が多いので、専門性を追求した飲食店も多いと思います。
かわな

今日紹介します九段下の「かわな」は、四季折々の旬の味覚を専門にした料理を楽しめるということで、ちょっと変わったお店です。
かわな (4)

春は鯛めし、夏は穴子、秋はイクラ、冬はアンコウというラインナップで営業されているのです。

何とも潔いと言いますか、そこには単一の食材でコストも抑えるということもあると思います。

いまはちょうど夏の穴子の時期で、仲間4名でランチを食べに出かけてきました。

こちらのお店は目白通りの一本裏通りにあって、アド街ック天国でも紹介されたようです。
かわな (2)

夏の穴子のメニューはこんな感じです。写真ではランチは左側の「お食事」と書かれたところになります。

穴子重特上(税込2,500円)
穴子重上(税込1,900円)
穴子と野菜の天ぷら膳(税込1,700円)
穴子吹き寄せ丼(税込1,500円)

なお、穴子重はお持ち帰りも可能でした。

私はこの中から一番安い「穴子吹き寄せ丼(税込1,500円)」を頼むことに。

何となく、穴子だけではなく色々な食材を食べたいと思ったからです。

数分待って出されたのがこちら。
かわな (8)

色鮮やかですね!?飛び子がたっぷりかけられていました。

穴子はさすがにそれほどふんだんに入っているわけではなかったですが、そのかわりにタコや玉子やインゲン、カイワレなどが散りばめられていてよかったです。
かわな (9)

もちろん味噌汁と香の物も付いてきました。
かわな (5)

そして、ランチには夜は300円となっている「穴子トースト」が一人一個サービスで付いてきました。

バケットにバターを塗り、更に煮穴子のペーストを塗って焼き、甘だれをかけたトーストです。香ばしく焼かれた煮穴子のペーストの風味が鼻に抜けます。
かわな (6)

一緒に行った人は、江戸前の天然穴子を使用した「穴子重上(税込1,900円)」と、
かわな (10)

「穴子と野菜の天ぷら膳(税込1,700円)」を頼んでいました。

両方とも美味しいと言っていましたが、穴子重は特に見た目も美味しそうでしたね。

この手のお店は都会だから成り立つのかもしれません。次回は、夏以外の季節に伺って、他の食材の料理を楽しみたいと思います。ご馳走様でした。

かわな
(鯛めしや・穴子屋・いくら家・あんこう屋)
東京都千代田区飯田橋1-5-5
 I.W.Oビル1F
TEL 03-3263-7597
11:00~14:00
17:00~22:00
日・祝休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近、東京にも石川県の加賀と能登とか金沢とか、地方や都市の名前など付いた飲食店が増えてきました。

特に北陸新幹線が金沢まで延伸して以降は顕著です。

今日紹介する「能登」という地名が付いた居酒屋「能登美」には、4年半ほど前に一度お邪魔したことがあります
能登美

その当時は新幹線開業前で、「能登七尾漁港より朝捕れ空輸の味覚を味わえる」といううたい文句でしたが、新幹線が開通したあと新橋にも支店を出していて、相変わらず人気のお店のようです。

今回も10日ほど前に予約の電話を入れると、座席が残り少なく危なかったので、いまも人気なお店ですね。

今回は4名で訪れ、2階の掘りごたつの席に通されましたが、2階はそれほど広いスペースではありませんでした。我々4名以外は同じ会社のグループ10名ほどがすでに盛り上がっていました。

前回は寒い時期だったので、体が温まるメニューを中心に頼みましたが、今回はまた違ったメニューを楽しむことにしました。
能登美 (5)

まずは生ビール(550円)で乾杯です(書いてある値段はすべて税抜です)。

「お通し(350円)」は何だったかな?写真撮り忘れました。^^;
能登美 (7)

こちらは、あらかじめ予約時頼んであった「お造りの盛り合わせ(3,080円)」です。冒頭書きましたが、「能登七尾漁港より朝捕れ空輸」された魚介です。

中心に置かれている赤いものは、七尾湾で獲れる赤西貝という巻貝です。

石川で食べるのは、もう少しオレンジ色っぽい感じなのですが、ちょっと違いましたね。食感は赤西貝独特のコリッとしたものでした。

あとは石川の貝の中では一番有名かもしれない梅貝やサザエ、生たこ。魚は、ハチメ(メバル、石鯛、しめ鯖でした。
能登美 (3)

能登の岩牡蠣は1ピース580円。
能登美 (10)

これらの生の魚介は、活きの面では石川で食べるよりは劣るかもしれませんが、東京で石川で獲れた魚介を食べることが出来るのはうれしいですね。
能登美 (12)

アジでは一般的ですが、こちらは「天然ガンドのなめろう(680円)」です。もう少しねっとり感があったらよかったかも?
能登美 (9)

サラダは「カマンベールチーズサラダ(700円)」を頼んでみました。
能登美 (11)

日本酒は石川の地酒を中心に頼みましたが、それに合わせて肴として頼んだ「珍味三種盛り(880円)」。チーズの自家製たまり醤油漬・イカの赤造り・鯖の糠漬け(へしこ)の3種が盛られています。イカの赤造りは柚子入りでした。
能登美 (22)

酒の肴としては「チャンジャ(480円)」もお願いしました。ネーミングが「大阪のお婆さん手作りチャンジャ」となっていましたが、鶴橋のものでしょうか?
能登美 (21)

あと「厚切りベーコン焼き(800円)」と、
能登美 (23)

「ふぐの唐揚げ(980円)」も頼んでいます。
能登美 (20)

こちらは、我々が石川県から来たというと、サービスで出さてくれた一品。いぶりがっこだったかな?

最後に、頼んだ日本酒の紹介です。
能登美 (19)

手取川の「大吟醸吉田蔵(780円)」と「限定酒 夏(750円)」。「宗玄(780円)」「加賀鳶 山廃純米超辛口(880円)」「黒帯 悠々特別純米酒(600円)」を頼んで私以外の3名で8合ほど頼んでいます。

私はこの日はハイボールです。しかし、よく飲みました。^^;

以上飲み食いして締めて一人5,500円弱。前回より安くつきましたね。

東京で石川県の山海の幸を楽しめるというのは、石川県人にとってうれしいこと。石川県のPRにもなるので、今後とも頑張っていただきたいお店です。ご馳走様でした。

能登美(のとみ) 本店
東京都文京区本郷1-14-5
TEL 03-5805-1808
15:00~23:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ