あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 東京

久しぶり?に小田急線沿いの成城学園前駅で下車しました。

先日、札幌のお店「七番蔵」を紹介したときに書きましたが、栗山町出身の板垣さんとご一緒したお店です。

成城学園前駅の改札口出口で待ち合わせ。

さすが高級住宅街として知られる成城。清閑な住宅街です。豪邸が並びます。

駅からまっすぐ、徒歩で数分のところ、まさに閑静な住宅街の一角に「四季膳 ほしや」はあります。
ほしや

紅色に染め上げた屋号入りの暖簾が目印です。
ほしや (25)

板垣さんがこちらに私を連れて行ってくれた理由は、ご主人の星谷さんがお店で使う野菜類を近江町市場にある北形青果から仕入れているからです。

特に加賀野菜を積極的に使ってくれているなど、石川県民にとってうれしいお店なのです。
ほしや (2)

店内は、成城の場所にふさわしい清楚な感じにまとめられています。
ほしや (3)

こちらのカウンター席に、個室で掘りごたつの小上がり席1つと半個室のテーブル席が2つありました。
ほしや (7)

お店で出される料理は正統派の日本料理。夜のメニューはこんな感じになっています。

すべてにおいて手間暇を惜しまずに作られる料理の一品一品。加賀野菜は始め素材も吟味されていて、料理が出されるたびに「へぇ~」という驚きがありました。
ほしや (5)

まずは生ビールと突出しの一品。

そして最初に出されたのが、北海道のシャコとじゅんさいを生でジュレ状の出汁で食べさせてくれています。
ほしや (6)

使われている野菜のヤングコーンは北形青果から仕入れたもの。あとしし唐ですね。
ほしや (9)

八寸的に出されたのはタコの柔らか煮、カボチャの煮物、にこごり、焼枝豆、赤イカ炙り。紫陽花の花がきれいです。

お造りは、つぶ貝・鯛・北海道産の本まぐろ・鱒・千葉産の金目鯛。
ほしや (12)

まぐろは上品な脂が乗っていて美味しかったです。もちろん、他も美味しいですよ。
ほしや (17)

蒸し物は茶碗蒸しですが、ハモ、ホタテ、ウニ、花穂が具材として使われていました。
ほしや (18)

揚物は天ぷらで、しいたけ、新じゃが真薯(しんじょ)、五郎島金時、梅干し。ここでも加賀野菜が使われています。
ほしや (15)

あと焼物らしいこちらは記憶が定かではありません。^^;
ほしや (21)

締めの食事は稲庭うどん。ツルッと美味しいです。
ほしや (22)

デザートにフルーツも出ました。

さてお酒の方ですが、私はこの日はワイン系で攻めてみました。
ほしや (10)

スパークリングです。フランスの「デュック・ド・パリ・ブリュット」。

キレがあってスッキリとした酸味が心地よいスパークリングでした。スパークリングもグラスで提供してくれます。
ほしや (14)

この後は、白ワイン。こちらもフランスで「ミュスカデ・ド・セーブル・エ・メーヌ」。
ミネラル感があってスッキリな中に深みのある味のワインでした。
ほしや (19)

あと白州のハイボールも飲んでいます。

板垣さんのほうは日本酒です。
ほしや (8)

こちらは三重県の木屋正酒造「而今(じこん)」。純米吟醸です。
ほしや (16)

こちらは栃木県の小林酒造の「鳳凰美田(ほうおうびでん)」。こちらも純米吟醸ですね。

他にも飲んでいましたね!?

以上、二人で飲み食いして締めて2万円以下。この場所で料理のクオリティ、使用する器のセンスの良さ、サービスのホスピタリティなどを考えると、本当におすすめの一軒だと思いました。

そうそう!このお店で板垣さんに新たな出会いがありました!アルバイトでお店を手伝っていた子が板垣さんと同じ高校出身だったのです。それで話が弾んでましたよ!

板垣さん、いいお店を紹介いただきありがとうございました。そしてご主人!ご馳走様でした。

四季膳 ほしや
東京都世田谷区成城6-22-5
TEL 03-6411-2525
11:30~14:30
17:30~22:30
水曜休(祝日の場合は営業、翌日休)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

名物に旨いものなし!とよく言われますが、皆さんはどのように考えるでしょうか?

個人的な意見ですが、名物と言われ始めると同じようなものが周辺に登場します。そんな似たようなお店の味やサービスがそれほどでもないと次第に評判が悪くなっていくために、評判が落ちていくのではないかと考えます。

私も全国各地に行って、色々、名物とかご当地グルメと言われるものを食べたりする機会がありますが、感覚的には「さすがに美味しい!」と思うものは半分ぐらいではないかと感じています。

もっとも、やはり発祥のお店に限っていえば美味しい確率は高いと思うのですが……。

さて、ちょっとマイナスイメージの書き出しで始めましたが、今日はオムライスが有名な「たいめいけん」の紹介です。
たいめいけん

行ったのは日本橋の本店ではなく、上野駅の改札内にあるエキュート上野にある「洋食や 三代目 たいめいけん」。

「たいめいけん」といえば、故伊丹十三氏の映画「たんぽぽ」で有名になりました。

映画ではチキンライスに乗せられたオムレツを割るスタイルのオムライスが登場。それ以来色々なお店でも食べることが出来るようになりました。

さて今回紹介する上野の「洋食や 三代目 たいめいけん」は、場所柄、日本橋の本店と違ってカジュアル路線のお店です。

ちなみに一昨年3月に、富山県美術館内に地方初出店の「日本橋たいめいけん 富山店」を開店しています。
たいめいけん (2)

この日は、上野発の北陸新幹線で石川県に戻る前、夕飯を食べに入りました。
たいめいけん (9)

改札内ですが、広いスペースのお店です。

17時でまだそれほど混雑はしていませんでしたが、その後でどんどんお客さんが入ってきました。さすが上野駅です。
たいめいけん (5)

メニューです。
たいめいけん (4)

まずはビールですが、この「地域限定販売」という文字が気になってサッポロビールの「白穂乃香」を飲んでみました。
たいめいけん (7)

関東エリア限定のようです。

無濾過なので酵母が残っていて少し白濁していますね。フルーティで飲みやすく美味しいビールでした。

このビールと一緒に頼んだのは「たいめいけんサラダ(500円)」。
たいめいけん (8)

飲んだり食べたりする前はなるべく野菜をとるようにしています。

そして頼んだのは。こちらの「オムライス&国産粗挽きハンバーグ(1,650円)」のコンビネーションセットを頼みました。
たいめいけん (15)

ハンバーグをつまみに飲んで、締めでオムライスを食べるという塩梅です。

なお、オムライスにはケチャップ・デミグラス・トマトソースの3種類から選ぶことが出来て、私はトマトソースでお願いしました。

ハンバーグは美味しかったです。好みの固さでデミグラスソースもいい風味を出していました。
たいめいけん (16)

そして肝心のオムライスのほうは、う~ん、まぁ普通ですね。^^;
たいめいけん (18)

半分に割ると、中はこんな感じです。具はハムと玉ねぎのシンプルなオムライスです。

もっとも、この値段で贅沢は言えません。

日本橋の本店の2階のお店では、本格的なオムライスが2,200円、前述のタンポポオムライス(伊丹十三風)が2,800円もします。^^;

そちらはさぞかしおいしいでしょうね?一度食べてみたいです。

料理を待つ間に、樽詰めスパークリングワイン(500円)を頼みました。
たいめいけん (14)

キールロワイヤルというカシスがプラスされたものですが、これが甘かったです。^^;
たいめいけん (17)

で、口直しにハイボールを頼むことにしました。380円と安い!

以上飲み食いして3,800円円ほど。コスパはいいです。

帰宅する前に軽く一杯。もしくは食事をしてから帰る人も多いと思いますし、値段的にも使いやすいお店ですね!?ご馳走様でした。

洋食や 三代目 たいめいけん
東京都台東区上野7-1-1
 エキュート上野3F
TEL 03-5826-5622
月~土7:00~23:00
日・祝7:00~22:30
モーニングタイム7:00~10:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪に住んでいるときに大阪カレーの美味しさに目覚めました。

最初は甘く感じてその後で辛さが襲ってくるカレー。そんなカレーを食べたくて多くのカレー店に足を運びましたね。

有名どころでは「インデアンカレー」ですが、その他色々なカレー店が大阪ではしのぎを削っています。

そんな中、大阪ではスパイスカレーなどがブームになったりして、カレーのジャンルでは全国的に注目される場所になってきています。

そんな大阪のカレーが東京でも食べることが出来るということで、ランチに行ってきました。

そのカレーは「いずみカリー」。大阪では阪急うめだ本店となんばCITY店にお店があります。

そんな「いずみカリー」は東京にもお店を2店舗構えています。千駄ヶ谷と西神田です。

昨年、西神田にお店を出したのですが、この辺りはご存じの通りカレー激戦地。多くの有名カレー店があって競争が激しいエリアなのです。

さて、「いずみカリー」は私が大阪に住んでいた時にはお邪魔したことがありません。今回初めて食べるカレーということで楽しみに伺いました。
いずみカリー

外観はカジュアル。内部もカウンター席だけのカジュアルなお店です。近くに大学が多くその関係で学生が多いため、ターゲットはそんな学生なのでしょう?
いずみカリー (3)

行った日がちょうど一周年のころだったようです。
いずみカリー (4)

こちらがカレーメニュー。
いずみカリー (5)

平日限定のランチメニューがありましたが、行った日は肉だったのでパス。

で、私は「野菜どっさりカリー(900円)」を頼みました。ライスは普通盛りです。そこそこのお値段です。
いずみカリー (7)

ブロッコリー、トマト、ナス、オクラ、レンコン、カボチャ、ヤングコーンなど9種類の野菜が使われています。素揚げされていて見た目も色とりどりで鮮やかですね。

カレールーにもフルーツと野菜がたっぷり使われていました。

食べると最初は甘さがきます。そして酸味も。これはフルーツ、特にリンゴの酸味ですね。すぐにわかりました。その後辛さが襲ってき意外に辛いカレーでした。でも美味しかったですよ。

甘さのほうは完熟バナナが出しているとのこと。珍しいかもしれません。

これは一緒に行った人が頼んだ牛スジカレー(700円)です。
いずみカリー (6)

東京ではカレーはポークカレーがベースですが、大阪のカレーといえば牛肉が基本。この牛スジカレーがベースであとはトッピングをプラスというのがメニュー構成になっているようです。

大阪カレーのこの味。どこか懐かしい味でした。ご馳走様でした。

いずみカリー 水道橋店(Izumi Curry)
東京都千代田区西神田2-8-11
 西村ビル1F
TEL 03-6261-5407
月~金
11:00~21:00(L.O.20:30)
土・日・祝
11:00~18:00(L.O.17:30)
年末年始休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京へは出張ではよく行くのですが、プライベートでは基本、今回色々紹介しましたが年1回です。

いつも前の日は温泉旅館でちょっとリッチな時間を過ごすので、東京ではビジネスホテルかリーズナブルなシティホテルにしています。毎日毎日ではお金が続かないですからね。^^;

今回利用したのは品川駅の前にある「京急EXホテル品川」。
京急EXイン品川駅前 (20)

「京急EXイン品川駅前」から2018年10月1日に「京急EXホテル品川」に名前が変わっています。

品川駅前にあるので、羽田に行くにも便利なホテルです。外国人の宿泊客も多かったです。

シナガワグースの6~27階が部屋になっていて、3階がフロントとガーデンレストランなどがあります。

部屋はこんな感じ。
京急EXイン品川駅前

施設自体が相当年月がたっているので、設備は古いのですが、内装はリニューアルされていて比較的きれいでした。
京急EXイン品川駅前 (4)

目の前に品川駅が見えます。
京急EXイン品川駅前 (6)

さて朝食ですが、前述のガーデンレストランで取ることになります。

ビュッフェスタイルで宿泊客の場合1,600円と、このクラスでは普通です。宿泊者以外は1,900円となります。
京急EXイン品川駅前 (18)

このガーデンレストランは、名前の通り庭に囲まれていて、都会とは思えない景色を眺めながらゆったりと朝食を取ることが出来るのです。
京急EXイン品川駅前 (11)

スペースも東京のこの手のホテルとしては広くゆったりとしています。
京急EXイン品川駅前 (13)

料理のほうは和と洋中心で、野菜は都内近郊の地場野菜を使用、料理の種類もまずまずの種類が揃っていました。
京急EXイン品川駅前 (12)

干物街道ということで干物の種類が豊富でした。
京急EXイン品川駅前 (16)

私はこれらのものを取ってきました。和と洋、半々ですね。

パンの種類も豊富でしたが、私は軽めの内容ということで、2種類だけにしました。
京急EXイン品川駅前 (17)

あとヨーグルトとフルーツ、そしてトマトジュースとオレンジジュースです。

最近は、段々健康に気をつける歳になってきて、食べ放題だからと言って無理はせず、残さず食べるようにも気を付けています。ご馳走様でした。

京急EXホテル品川
東京都港区高輪3-13-3
TEL 03-6743-3910
シナガワグース6~27F
朝食3Fガーデンレストラン
6:30~10:00(最終入店 9:30)
1,600円(税込)
宿泊者様以外は1,900円(税込)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎年恒例の墓参のとき、こちらも恒例ですが小松に戻る前に品川で軽く夕食を済まることにしています。

羽田のほうが出発ギリギリまで食べることが出来るわけですが、空港内のお店は大手資本のお店が多く、ショバ代が高いのでコスパ的にも敬遠してしまうのです。

そこで品川駅近くで、最終便に間に合うように17時オープンのお店を探します。
トライベッカ

今回、そんな条件で見つけたところが、今日紹介しますアトレ品川4Fの飲食店が集まるフロアにある「トライベッカ SINAGAWA」というジャズの生演奏が楽しめるお店です。

もっとも、生演奏は19時からということで我々はその時間にはお店には居ませんが。^^;

念のために事前に予約を入れてありましたが、17時のオープン時間5分前にお店に到着しました。

少し待って17時のオープンと同時に中に案内されました。
トライベッカ (2)

入口の間口は狭いお店ですが、中は広かったです。入り口付近にはカウンター席がありました。ただ、このカウンター席はこのフロアのトイレがある場所のすぐ近くで、何となく居辛そうな場所でした。^^;

お店のキャッチフレーズとしては「五感で楽しむNYスタイル創作イタリアン」。ただ我々はライブ時間帯はいないので、聴覚は抜きです。
トライベッカ (8)

店内は赤を基調としたインテリア。正面に演奏するスペースがあって、その周りにBOXシート。少し高くなった後ろの席は革張りのソファー席。
トライベッカ (7)

今回我々は生演奏は聞くことが出来ませんでしたが、少しだけリハーサルというかチューニングというかを見ることが出来ました。

通常はジャズがメインのようで、ソウルやR&Bの演奏も行われているようです。
トライベッカ (4)

料理のジャンルは基本イタリアンで、ニューヨーク風にアレンジされた創作イタリアンを楽しむことが出来ます。

まずはビールで乾杯ですが、私は「プレモルのマスターズドリーム(900円)」。妻はベルギービールの「ヒューガルデン・ホワイト(1,100円)」。
トライベッカ (10)

サイズもそれほど大きなグラスではなかったのでお値段高めの設定です。
トライベッカ (14)

あと飲んだのは、私は「知多ハイボール(800円)」。妻はスパークリングを頼んでいます。
トライベッカ (12)

食べたものは、「本日おすすめ前菜の盛り合わせ3種(1,800円)」。3種類が2ピースずつ出されるので2人で食べるのにちょうどよかったです。
トライベッカ (15)

こちらは「ズッパ ディ ペッシェ(2,800円)」という魚介たっぷり入ったナポリの漁師料理です。鍋料理で業界のうま味が凝縮してスープに溶け込んでいる感じでした。美味しかったです。
トライベッカ (19)

最後にパスタで「オマール海老のトマトクリーム ほうれん草のフィットチーネ(2,400円)」を頼みました。

ほうれん草のフィットチーネはしっかりとしたほうれん草の風味が感じられ、アメリケーヌ・ソースのような感じのソースが絡んで美味しかったです。

お勘定を支払ってわかったのですが、サービス料金10%とミュージックチャージ料一人500円付いていて、合計14,000円以上かかってしまいました。思ったよりも高くついた感じです^^; 生演奏聞いていないのですが…。^^;

料理はよかったです。それに生演奏が聞ける時間だったら雰囲気よく飲食できたでしょうね?それが残念です。道理で我々がいる間は、誰もお客様が来なかったわけです。

我々も生演奏の時間に来ていたら満足度は高かったと思います。ご馳走様でした。

トライベッカ SINAGAWA(LIVE JAZZ LOUNGE TRIBECA)
東京都港区港南2-18-1
 アトレ品川 4F
TEL 050-5868-2391
平日11:00~24:00(L.O.23:00)
土日祝11:00~22:00(L.O.21:30)
不定休(アトレ品川に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ