あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 東京

東京へは出張ではよく行くのですが、プライベートでは基本、今回色々紹介しましたが年1回です。

いつも前の日は温泉旅館でちょっとリッチな時間を過ごすので、東京ではビジネスホテルかリーズナブルなシティホテルにしています。毎日毎日ではお金が続かないですからね。^^;

今回利用したのは品川駅の前にある「京急EXホテル品川」。
京急EXイン品川駅前 (20)

「京急EXイン品川駅前」から2018年10月1日に「京急EXホテル品川」に名前が変わっています。

品川駅前にあるので、羽田に行くにも便利なホテルです。外国人の宿泊客も多かったです。

シナガワグースの6~27階が部屋になっていて、3階がフロントとガーデンレストランなどがあります。

部屋はこんな感じ。
京急EXイン品川駅前

施設自体が相当年月がたっているので、設備は古いのですが、内装はリニューアルされていて比較的きれいでした。
京急EXイン品川駅前 (4)

目の前に品川駅が見えます。
京急EXイン品川駅前 (6)

さて朝食ですが、前述のガーデンレストランで取ることになります。

ビュッフェスタイルで宿泊客の場合1,600円と、このクラスでは普通です。宿泊者以外は1,900円となります。
京急EXイン品川駅前 (18)

このガーデンレストランは、名前の通り庭に囲まれていて、都会とは思えない景色を眺めながらゆったりと朝食を取ることが出来るのです。
京急EXイン品川駅前 (11)

スペースも東京のこの手のホテルとしては広くゆったりとしています。
京急EXイン品川駅前 (13)

料理のほうは和と洋中心で、野菜は都内近郊の地場野菜を使用、料理の種類もまずまずの種類が揃っていました。
京急EXイン品川駅前 (12)

干物街道ということで干物の種類が豊富でした。
京急EXイン品川駅前 (16)

私はこれらのものを取ってきました。和と洋、半々ですね。

パンの種類も豊富でしたが、私は軽めの内容ということで、2種類だけにしました。
京急EXイン品川駅前 (17)

あとヨーグルトとフルーツ、そしてトマトジュースとオレンジジュースです。

最近は、段々健康に気をつける歳になってきて、食べ放題だからと言って無理はせず、残さず食べるようにも気を付けています。ご馳走様でした。

京急EXホテル品川
東京都港区高輪3-13-3
TEL 03-6743-3910
シナガワグース6~27F
朝食3Fガーデンレストラン
6:30~10:00(最終入店 9:30)
1,600円(税込)
宿泊者様以外は1,900円(税込)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎年恒例の墓参のとき、こちらも恒例ですが小松に戻る前に品川で軽く夕食を済まることにしています。

羽田のほうが出発ギリギリまで食べることが出来るわけですが、空港内のお店は大手資本のお店が多く、ショバ代が高いのでコスパ的にも敬遠してしまうのです。

そこで品川駅近くで、最終便に間に合うように17時オープンのお店を探します。
トライベッカ

今回、そんな条件で見つけたところが、今日紹介しますアトレ品川4Fの飲食店が集まるフロアにある「トライベッカ SINAGAWA」というジャズの生演奏が楽しめるお店です。

もっとも、生演奏は19時からということで我々はその時間にはお店には居ませんが。^^;

念のために事前に予約を入れてありましたが、17時のオープン時間5分前にお店に到着しました。

少し待って17時のオープンと同時に中に案内されました。
トライベッカ (2)

入口の間口は狭いお店ですが、中は広かったです。入り口付近にはカウンター席がありました。ただ、このカウンター席はこのフロアのトイレがある場所のすぐ近くで、何となく居辛そうな場所でした。^^;

お店のキャッチフレーズとしては「五感で楽しむNYスタイル創作イタリアン」。ただ我々はライブ時間帯はいないので、聴覚は抜きです。
トライベッカ (8)

店内は赤を基調としたインテリア。正面に演奏するスペースがあって、その周りにBOXシート。少し高くなった後ろの席は革張りのソファー席。
トライベッカ (7)

今回我々は生演奏は聞くことが出来ませんでしたが、少しだけリハーサルというかチューニングというかを見ることが出来ました。

通常はジャズがメインのようで、ソウルやR&Bの演奏も行われているようです。
トライベッカ (4)

料理のジャンルは基本イタリアンで、ニューヨーク風にアレンジされた創作イタリアンを楽しむことが出来ます。

まずはビールで乾杯ですが、私は「プレモルのマスターズドリーム(900円)」。妻はベルギービールの「ヒューガルデン・ホワイト(1,100円)」。
トライベッカ (10)

サイズもそれほど大きなグラスではなかったのでお値段高めの設定です。
トライベッカ (14)

あと飲んだのは、私は「知多ハイボール(800円)」。妻はスパークリングを頼んでいます。
トライベッカ (12)

食べたものは、「本日おすすめ前菜の盛り合わせ3種(1,800円)」。3種類が2ピースずつ出されるので2人で食べるのにちょうどよかったです。
トライベッカ (15)

こちらは「ズッパ ディ ペッシェ(2,800円)」という魚介たっぷり入ったナポリの漁師料理です。鍋料理で業界のうま味が凝縮してスープに溶け込んでいる感じでした。美味しかったです。
トライベッカ (19)

最後にパスタで「オマール海老のトマトクリーム ほうれん草のフィットチーネ(2,400円)」を頼みました。

ほうれん草のフィットチーネはしっかりとしたほうれん草の風味が感じられ、アメリケーヌ・ソースのような感じのソースが絡んで美味しかったです。

お勘定を支払ってわかったのですが、サービス料金10%とミュージックチャージ料一人500円付いていて、合計14,000円以上かかってしまいました。思ったよりも高くついた感じです^^; 生演奏聞いていないのですが…。^^;

料理はよかったです。それに生演奏が聞ける時間だったら雰囲気よく飲食できたでしょうね?それが残念です。道理で我々がいる間は、誰もお客様が来なかったわけです。

我々も生演奏の時間に来ていたら満足度は高かったと思います。ご馳走様でした。

トライベッカ SINAGAWA(LIVE JAZZ LOUNGE TRIBECA)
東京都港区港南2-18-1
 アトレ品川 4F
TEL 050-5868-2391
平日11:00~24:00(L.O.23:00)
土日祝11:00~22:00(L.O.21:30)
不定休(アトレ品川に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

東京プライベート旅のとき、必ず新しい施設に行くことにしています。

やはり新しい風というか、東京の先端のモノを見たいからです。

今回は2018年3月29日にオープンした東京ミッドタウン日比谷に行ってきました。

豊洲から地下鉄で有楽町まで移動。その足で歩いて向かいました。
ミッドタウン日比谷 (6)

地上35階建ての巨大なランドマークビルで、外観もご覧のように柔らかな曲線を取り入れていて、優しいイメージの高層ビルです。
ミッドタウン日比谷

地下のアーケードもアールデコ風の仕上げ。天井も高く開放感ある作りです。前身の三信ビルディングをモチーフとしているようですね。

一般的に地下街は狭い通路に天井も低いところが多いのですが、ここは違います。地下にいるということを忘れてしまいそうな空間です。

今回はあまり時間がなかったため、地下と1階を中心に軽く見てまわり、地下のカフェでお茶することにしました。
デリーモ

入ったのは「パティスリー&カフェ デリーモ」。色々なスイーツとドリンクを楽しめるお店です。ショコラティエが作るチョコレート菓子とパフェが人気なようです。

メニューには色々なスイーツが並んでいます。個人的には甘いものはあまり食べない私ですが、この日は11月というのに汗ばむ陽気で、また少し歩き疲れそうなので、普段はあまり食べないパフェを食べることにしました。
デリーモ (2)

それは、こちらのメニューに書かれていた「ラズベリーピスターシュ(税抜1,250円)」です。
デリーモ (6)

内容は、上に見えるのはラズベリーアイスとフランボワーズとカカオ67%のチョコが乗せられています。

その下にチョコチップ入りショコラクリーム、中にはシャンパンゼリー・ブルーベリー・フランボワーズ・フィヤンティーヌなど。そして一番下に56%ショコラソースが入っています。
デリーモ (8)

ショコラソースは別にも添えられていて、途中からかけて食べると、味の変化があって良かったです。

個人的にはあまりこの手の味覚に弱いので、どうこう書けないのが残念ですが、思ったほど飽きずに食べることが出来ました。

妻は先ほどのメニューに出ていたワインのほうに目が行っていました。^^;
デリーモ (5)

「NV ハイ!プロセッコ・エクストラ・ドライ」イタリアのヴェネト州ヴィニコラ・セレナのスパークリングです。

すっきりとした感じのフレッシュなスパークリングでした。

一杯500円という値段で、量は少なめでした。

私が頼んだ「ラズベリーピスターシュ」と一緒に飲むといいマリアージュかもしれません。

こちらのお店には料理も提供しているので、仕事帰りや休日のひと時に、常備していている50種類のワインを楽しむのもいいかもしれません。ご馳走様でした。

パティスリー&カフェ デリーモ
 東京ミッドタウン日比谷店
Patisserie & Cafe DEL'IMMO
東京都千代田区有楽町1-1-3
 東京ミッドタウン日比谷B1F
TEL 03-6206-1196
11:00~23:00(L.O.22:00)
休みは東京ミッドタウン日比谷に準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

豊洲の新市場に行ってきたことは先日書きました

豊洲市場に行った目的の大きなものが、場内のお店で寿司を食べることでした。

築地にあったときには、実は寿司店には入ったことがありません。

今回、開場後に東京にプライベートで行く機会があったので、是非実現しようと思い、事前に調べてみると、築地での人気寿司店は二大巨頭「大和寿司」と「寿司大」ということがわかって、このどちらかにするつもりでした。

さらに調べてみると、「大和寿司」が青果棟に、「寿司大」が水産仲卸売場棟に入っていて、「大和寿司」が2つのコマで店舗が広く、かつ職人が多く回転が早いという情報を見て、「大和寿司」のほうに行くことにしました。
大和寿司

青果棟の1階のお店に到着すると、ご覧のような順番待ちの列が出来ていました。
豊洲市場 (2)

ちなみに青果棟には他に2軒のみ飲食店がありました。水産棟に比べると圧倒的に少ないです。

初めてなので、この列でどのくらいの時間待つことになるのかわかりません。平日だから20~30分程度の待ちならしょうがないと思いましたが、実際は1時間10分ほど待つことに。

順番を待つことが大嫌いな私にとって、1時間10分待ったのは飲食店では最長時間です。^^;

この日は11月にもかかわらず、日なたは気温が高く、とても暑く感じる日でした。

いいお天気だったので、この日は新市場見学の人が多く来て、そのためこちらのお店もこの1週間では最高の客数だそうです。

市場内のお店のなので早朝5:30からの営業で閉店が13:30と早いため、私の30名ぐらいあとでクローズの札が出されていました。

あまりに遅い行列の進み具合で、途中で諦めようと思ったこともありましたが、なんとか我慢して12時過ぎに店内に入ります。
大和寿司 (3)

着座して早々、お品書きもなく「お任せでいいですか?」との声がカウンターの中から掛けられます。

個人的にはいつも基本お任せなのでウエルカムなのですが、「お任せにしなさい」というようなニュアンスに聞こえて、何となく流れ作業の感じが……?^^;

こちらのお店のお任せは7貫+細巻6つ+玉子で4,000円(税抜)です。少々お高いですね。煮切り醤油がつけられて出されるのでそのまま食べることが出来ます。

最初に、だいぶ待ってのどが渇いたので瓶ビールを一本もらい、妻と飲みます。
大和寿司 (5)

そしてビールを飲もうと思っていたら、早々に最初の握りが出されました。

ビールを頼んだので、「おつまみは?」ぐらい聞いてくれてもよさそうだと思いますが……。^^;

のっけから本マグロです。しかしながら、あまりに早かったので思わず写真を撮らずに食べてしまいました。^^;

中トロに近い感じで美味しかったです。握りは大き目でネタも厚く切られていて、食べたな!という実感がありました。
大和寿司 (6)

お次はイカです。何のイカかは忘れました。
大和寿司 (8)

車海老。石川では寿司ネタでは生の甘えびが主流ですが、東京では蒸し海老です。
大和寿司 (12)

この後、中トロが出されます。こちらは南マグロでした。脂が乗ってこちらもいい味でした。
大和寿司 (7)

お味噌汁はシジミです。
大和寿司 (9)

そしてこちらのウニが出されるのですが、これも写真撮り忘れです。

というか、次々と矢継ぎ早に出されるので、こちらもついつい食べてしまうのです。
大和寿司 (11)

鯛。

あんまりせかされて食べる寿司というのも考え物ですね。
大和寿司 (10)

この後、細巻で鉄火とイクラが出されます。イクラの鉄火は珍しいですね。
大和寿司 (13)

玉子です。
大和寿司 (14)

最後はお好みで頼めるので、煮穴子にしました。

さすがにこれは美味しかったです。

寿司はネタは市場直送で当然新鮮で美味しかったです。握りは少し大きめだったので、これでお腹は十分満たされました。

ただ、1時間10分待って20分ほどで食べ終わる。やっぱり寿司はゆっくりと楽しみながら食べたいです。行くのは東京近辺の人が多いのでしょうか?個人的にはあまり行きたくないお店でした。^^;

もしこれから豊洲市場に行っても寿司店には入らないと思います。^^; ご馳走様でした。

大和寿司
東京都江東区豊洲6-3-1
 豊洲市場5街区青果棟1F
TEL 03-6633-0220
月~土5:30~13:30
※豊洲市場の閉場日はお休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

個人的には、和食だと石川県で食べたほうがコスパ面を含めていいと思っています。

しかし洋系のお店は、やはり都会のほうがいいお店が多く選択肢が増えます。

今回の熱海・箱根・東京の旅では、これも通年通りなのですが、妻の友人との会食の機会がありました。

平日だったため、夜直接お店で合流することに。
アベス (3)

選んでくれたお店は恵比寿駅から徒歩5分ほどのところにあるビストロ「アベス(Abbesses)」。
アベス (2)

雑居ビルの2階にお店があります。
アベス (4)

フレンチだとかしこまった感じもしますが、ビストロだと気軽にワイワイやりながら飲み食いできますね。

こちらのお店のシェフはフランスで修業されていらっしゃいます。

お店自体は内外装含めて、イギリスのパブっぽい感じがしますが、やっぱりパリのレトロな雰囲気が漂うような感じもします。^^;

行ったのが平日19:30だったので、客層はビジネス帰りの男性が多かったです。
アベス (5)

全員揃ったところで、まずはシャンパンで乾杯です。

料理は友人のお二人にお任せしました。
アベス

メニューはこちらですが、これ以外にもあるようです。

まず出されたのは、「真サバのマリネ(1,900円)」。これは4人分です。料金はメニューに書かれていた金額になっていて4人分の料金かどうかはわかりません。
アベス (7)

マリネということは、日本流にいうと「しめ鯖」。フランスなのでワインビネガー味?
アベス (8)

身が厚く、脂が乗っている新鮮な真サバを使っていて、最初の一品としてとても美味しかったです。
アベス (11)

フレンチフライも出されて、こちらは料理の合間のつまみ代わりですね。

お次は「手長海老のラヴィオリ(2,500円)」。
アベス (12)

ラビオリの中に、一つに一本分の手長海老が包み込まれています。
アベス (13)

ソースも海老の出汁からとった泡のクリームソースで、濃厚な海老の風味がして素晴らしい!お店のスペシャリテな一品でした。
アベス (9)

ソースはパンにつけて食べると、また美味しく平らげることが出来ました。
アベス (14)

こちらは「地ハマグリのマリニエール(2,400円)」です。
アベス (15)

フランスでマリニエールといえばムール貝を使った料理が有名ですが、これは大きなサイズの地はまぐりを使っています。貝のうま味がよく出ていました。こりゃソースが美味しくなるはずだわ!
アベス (17)

ここまでが白ワインで、ここから赤ワインに変えます。

そして最後に出されたのは「黒毛和牛クリのロースト(4,200円)」。
アベス (16)

アベスの定番のメニューだそうです。クリとは首というか肩から前足上部の部位のだそうで、運動量が多く必然的に筋肉が発達していて脂肪が少ない肉質になるようです。

それを肉厚のステーキにしてありました。

すべて赤身だったので、これなら私も食べることが出来ると思って食べてみました。柔らかいのですがちゃんとした噛み応えもあって、ソースの良さも相まって美味しかったです。

この4人のメンバーはいつもアルコールが大量消費されるのですが、今回はいつもよりは少なかったと思いますが、以上飲み食いして、たぶん一人1万円くらいでしょうか?

友人夫妻が支払って、我々2人分としては18,000円渡しました。

本格的なフレンチとは違って、シンプルな中にもフランスの家庭料理を食べているような感覚で楽しめるお店だったと思います。サービスもアットホームな感じでいいお店でした。ご馳走様でした。

アベス(Abbesses)
東京都渋谷区恵比寿1-26-17
 阿部ビル2F
TEL 050-5570-4747
月~金
12:00~14:30(L.O.13:30)
18:00~23:30(L.O.22:00)
土・祝
18:00~23:30(L.O.22:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ