あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 蕎麦

小田原といえば、江戸日本橋から京都に向けて東海道を行くと、箱根を越える手前の宿場町だったところです。

東海道はご存じ、京都まで五十三次ということで宿場が53ヶ所ありました。ここは最初の宿場があった品川から数えて9番目に位置する宿場町で、箱根という難所を超えるために、しばし足を休める必要があることから宿場町として栄えたようです。

今日はそんな小田原でランチを食べたお店の紹介です。

お邪魔したのは「寿庵」というそば屋さん。大正9年、小田原駅の開業とともに創業したという老舗のそば屋さんです。
寿庵

店構えも、昔の旅籠の趣を感じさせてくれるような雰囲気を醸しだしています。

私たちは、朝、家を出るのが早かったこともあり、11時のオープンと同時にお店に入りました。

内部はこんな感じ。きれいなお店です。
寿庵 (4)

お品書きです。
寿庵 (2)

その中から私が頼んだのは「宿場そば(1,700円)」です。

これは、先ほども紹介しました、小田原が9番目の宿場町だったことにかけてメニュー化されたそばなのです。

9種類のそばを楽しめるという引っ掛けですね。
寿庵 (11)

上の写真の左の上から下に順番に刻み海苔・ちくわの磯辺揚げ・ネギ。

2番目の列が上から、大根おろしに小ネギと一味・海老天・錦糸卵と椎茸煮。
寿庵 (10)

こちらの写真で一番右の列の上から、海老天に隠れてわかりにくいですが、大根おろしに小ネギとゴマ・ととろ・山菜の計9種類です。

肝心のそばのほうものど越し良く、そばの風味も感じられる美味しいそばでした。他に、小田原名物のかまぼこと漬物も添えられていました。

そばはボリューム的には2人前ぐらいあるそうです。この「宿場そば」は色々な味を少しずつ楽しめてよかったですね。
寿庵 (6)

妻の母は「とろろそば(900円)」を頼んでいました。
寿庵 (7)

最後にそば湯を飲み干して満足です。オープンしてから間がなかったので、サラッとしたそば湯でした。
寿庵 (13)

この後、江戸時代とは違って、レンタカーで箱根の温泉にひとっ走り!わずか40分ほどで旅館に到着です。

昔の人は大変だったんですね~?お疲れ様でした。そしてご馳走様でした。

寿庵
神奈川県小田原市栄町2-1-26
TEL 0465-22-2862
11:00~20:00
火曜のみ11:00~15:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎週月曜日の夜に放送されている「鶴餅の家族に乾杯」という番組で、11月13日に加賀市が取り上げられていました。

その中で私も知らないそば屋さんがオープンしているということを知り、さっそくウェブで調べて出かけてきました。

行ったのは放送の週の土曜日です。

場所は、加賀市でも山奥に近い東谷地区(荒谷町・今立町・大土町・杉水町)というところで、国の重要伝統的建造物、いわゆる重伝建の指定を受けている建物が残っています。

昔ながらの赤瓦で葺かれた屋根と煙出しが特徴で、私のブログでも昨年の春に紹介したことがあります。

今回、お邪魔した「和楽庵」は、荒谷町というエリアにあります。

山代温泉に「手打ちそば 加賀上杉」という純白のそばを食べさせてくれるお店があって、ここはその別邸となります。名前は「和楽庵」。2017.9.19にオープンしています。なお「加賀上杉」については私のブログでも二度ほど書いています。

今回、その「加賀上杉」の現在のご主人のお父さまが「和楽庵」のほうで、新しくそば店を始められたということなのです。

元々、山代でそば屋を開業したのは、お父さまのほうでしたが、いまは息子さんに譲られています。

両店とも、そばの実の中心部の一番粉(御前粉)だけを使用するという、純白な御前そばをウリにしていて、打ちたてにこだわり、上品でありながらコシもあってのど越しのいい美味しいそばを食べさせてくれるところとして人気があります。

実は「和楽庵」、今日紹介するわけですが、もうすぐ冬期間の休業期間に入ります。

山間部のため冬期間は積雪が多く、その間営業やめているのです。ご主人にお聞きすると、営業は12月の最初の土日ぐらいまでだとか話されていましたが、積雪になるとその時点で終わりなのでしょう?

先週の月曜日に「鶴餅の家族に乾杯」が放送された後、早々に予約を入れて土曜日に食べに出かけたわけですが、そのようなことなので急きょアップすることにしました。
加賀上杉和楽庵

お店は重伝建の建物を活用しているわけではなく、平成元年に建てられた比較的新しい民家。ご主人が縁あって購入したそうですが、長期間使われていなかったため、改修に相当かかったようです。
加賀上杉和楽庵 (17)

内部は囲炉裏もあって、広く開放的な空間です。
加賀上杉和楽庵 (3)

我々は奥の座敷の部屋に通されました。
加賀上杉和楽庵 (6)

お品書きはこんな感じです。
加賀上杉和楽庵 (13)

この日は冷たい雨風の日で、私は温かい「にしんそば(税込1300円)」を頼むことにしました。
加賀上杉和楽庵 (14)

にしんの甘露煮とおそばは別に出されるので、冷たいそぼもokです。
加賀上杉和楽庵 (16)

先ほども書きましたが、雪のような御前そばは、そばの実の中心部分のみを使用しているためにこのような白いそばとなっています。

最初、にしんをそばの上に乗せて食べようかと思いましたが、何となく純白さを汚すような気がしてやめて、別々に食べました。

そばも上品ですが、出汁も上品。澄んだ味です。山代温泉のお店でも暖かいそばは食べたことがありません。今回、上杉では初めての暖かいそばでした。

にしんもほどよい味で美味しかったです。
加賀上杉和楽庵 (10)

妻は、一番お高い「天おろしそば(1,600円)」。こちらも別盛りです。
加賀上杉和楽庵 (11)

おろしは辛くないもので、抹茶塩も添えられていました。
加賀上杉和楽庵 (12)

暖かいそばでは白さはわかりにくかったと思いますが、この冷たいそばでその白さがわかっていただけると思います。

天ぷらは海老一本と野菜です。
加賀上杉和楽庵 (19)

食後に出されたそば湯と、デザートのフルーツ。柿と梨でした。

もうすぐ冬期間の休みとなるので、興味のある方はお早めに!

なお、同じ御膳そばは、山代温泉の「加賀上杉」でも食べることが出来るので、冬の間はそちらでどうぞ!ご馳走様でした。

手打ちそば 和楽庵
石川県加賀市山中温泉荒谷町ヌ42
TEL 0761-78-0151
11:30~15:00
不定休
(12~3月ごろまでの冬期間は休み)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松に「三草二木 西圓寺」という、もともとお寺だったところを改装したコミュニティセンターがあります。

温泉があったり、本堂だったところはカフェになっていたりする施設で、私のブログでも一度紹介したことがあります。
行善寺 やぶそば

今日紹介します、白山市の「三草二木 行善寺」も同じ運営母体で「社会福祉法人 佛子園」というところ。
行善寺 やぶそば (17)

理事長の雄谷良成氏は、日蓮宗普香山蓮昌寺の住職でもあり、若いころは青年海外協力隊員としてドミニカに行ったり、最近では、金沢に広い敷地内にさまざまな人が働き、生活できる1つの町「Share金沢」をオープンさせて、テレビ東京のカンブリア宮殿で取り上げられたりしています。

さて、ここはとても大きな施設です。理念として「老若男女、障害のあるなしに関わらずいろんな人が楽しく生き生きと暮らせる町を作る」ということを掲げられています。

ここではあまり詳しくは書きませんが、リンクを張っていますので、詳細はそちらを見てください。

そして、「三草二木 行善寺」の中にも温泉があり、そしておそば屋さんがあるのです。
行善寺 やぶそば (16)

最初、行く前は建屋の片隅にでもそば屋さんを併設しているのかな?と思っていましたが、とても大きなお店でびっくりしました。
行善寺 やぶそば (4)

きれいだし、超巨大な液晶テレビなども設置されていて、温泉に入りに来たお客さんが多く利用するのかもしれませんね。

私はこの日は温泉にも入らずランチを食べに来ただけです。

温泉やそば屋さんのほうでは、障がいのある人たちも一緒に元気に働いていました。

お店の名前に「やぶそば」と書かれています。「やぶ」といえば「更科」「砂場」と並んで蕎麦御三家の一つに数えられている有名なそば屋さんです。

有名な「かんだやぶそば」は2013年に火事で焼けてしまったニュースは記憶に新しいと思いますが、いまは新しい店舗で営業されています。

さて、何を食べようかと思いお品書きを見渡すと、大きなお揚げが乗っている「得田のいなりそば(680円)」が目にとまりました。

私も知りませんでしたが、白山市に得田食品というお豆腐屋さんがあるようですね。そちらで作っている大きな油揚げを使ったいなりそばなのです。

ビジュアル的にもいいので、それを食べてみることにしました。出されたのがこちらです。
行善寺 やぶそば (9)

そばは太いのを細いのを選ぶことが出来ます。私は細いのをお願いしています。ブータン産のそばを直輸入して自家製粉・自家製麺だそうです。
行善寺 やぶそば (11)

またブータンの蕎麦の実は日本のものより小さいということで、ルチンも多く含んでいるとも書いてありました。
行善寺 やぶそば (12)

出汁は、関東のそばのような黒い汁。かえしが特徴でかつおの風味がとても効いていました。これは美味しいです。

大きなお揚げにもしゅんでいてよかったです。

あと、こちらの黒いおいなりさんも一個(100円)食べてみました。
行善寺 やぶそば (10)

おそばのかえしで煮ているのでしょう?甘さが抑えられたおいなりさんでした。

さすが「やぶ」の名前を使うことが許されたお店です。クオリティ高かったですよ!ご馳走様でした。

行善寺(ぎょうぜんじ) やぶそば
TEL 076-275-0616
石川県白山市北安田町548-2
11:00~22:00
第2・4土曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

広島の豊平町に「達磨・雪花山房」という、そば指導を中心とした活動を行っているという高橋邦弘氏がいらっしゃるようです。

高橋氏はそば打ち名人として有名なようで、全国のそば会などで全国を飛び回っているそうです。

そのHPには、彼のスケジュールなども掲載されているほど。凄い方なのですね。

今日紹介します、西広島駅の前にお店を構える「手打ちそば はっぴ」は、その高橋名人のもと修業された方です。
手打ちそば はっぴ (12)

広島というと、お好み焼きや牡蠣が両巨頭でしょうか?他にも色々あるとは思いますが、そばはあまり聞かないですね?
手打ちそば はっぴ

お店は11時オープン。我々は神戸に移動する時間の都合で、オープンと同時にお昼ご飯を食べに入りました。当然、我々が最初の客さんです。
手打ちそば はっぴ (4)

こちらはひきたて、打ちたて、ゆでたての「三たて」をモットーとしていて、お店の入り口にはそばを挽く自動の機会が設置されていて、もちろん、そばを打つ部屋もあります。
手打ちそば はっぴ (3)

お店は広く、奥のほうはカウンター席とテーブル席。入り口近くには小上がりの座敷席もあって、大勢のお客さんが入ることが出来るスペースでした。

個人の方がやられているそば屋さんでは珍しいかもしれません。前は小料理か居酒屋のお店を居抜きで使っているのか、そば屋さんの雰囲気とは違っていました。

テーブル席に座りお品書きを見ます。
手打ちそば はっぴ (6)

基本、かけ・たぬき・山かけ・にしん、そして暖かいそばだけに鴨南ばんがありました。
ネットでは鴨南ばんがおすすめのようですが、今回は誰も頼みません。
手打ちそば はっぴ (7)

私が頼んだのは、山かけそばです。この日はめちゃ寒い日だったので、全員暖かいそばを頼んでいました。

冬だとお店も暖房がきいていて冷たいそばを頼むのですが、10月の中旬でまだ暖房も入っていなかったので、暖かいそばが恋しくなりました。
手打ちそば はっぴ (11)

さて、そばは品書きなどには何の説明も書かれていませんでしたが、二八のようです。

一味は京都の原了郭さんのを使っていました。原了郭さんは黒七味が有名なお店です。

艶のあるそばです。そしてツユも澄んだ味で全体としては上品なそばに仕上がっていましたね。

これなら全部飲み干せそうです。

とろろも粘り気があって美味しかったです。ただ、かけそばから410円もアップしてしまいます。^^;
手打ちそば はっぴ (9)

他の人は、一人はたぬきそばを。
手打ちそば はっぴ (10)

他の二人はにしんそばを頼んでいました。

そば屋さんの通例で、普通盛りのそばでは少し量的には少ないかもしれません。私は腹八分目でちょうどよかったです。

全体的には、とても美味しい食べることが出来て満足です、ご馳走様でした。

手打ちそば はっぴ
広島県広島市西区己斐本町1-19-14
TEL 082-275-2772
月~金
11:00~14:00
土・日・祝11:00~17:00
火・水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎度おなじみの福井のそばネタです。

坂井市のそばは「越前坂井 辛み蕎麦」という「大根おろしの絞り汁にダシを合わせたつゆをぶっかけている」ものが有名ですが、坂井市のお隣、あわら市のほうでも、似たような辛み蕎麦があるわけです。

今日紹介しますあわら温泉街にある「越前そば処 福乃家」。芦原温泉街の中心地近くにあって、地元の人はもとより温泉に来たお客さんも多く訪れる人気のお店です。
越前そば処 福乃家 (3)

外観はそば屋さんというより小料理屋さんのような趣で、店名の看板などもよく見ないとわからないほど控えめです。
越前そば処 福乃家 (6)

暖簾をくぐって中に入ると、少し暗めの店内。入り口近くに大きな木製のテーブル。
越前そば処 福乃家 (5)

奥は小上がりの座卓席になっています。
越前そば処 福乃家 (4)

お品書きはこんな感じです。よく見るとうどんも一部メニューに書かれています。そば御膳なんかもあったりしますね。

私は、この日はもう一軒そば屋をハシゴする予定だったので、目的のおろしそばを一杯のみ頼むことにしました。600円です。

さて、このあたりのおろしそばは、冒頭書きましたが、大根おろしをそのまま乗せて食べるおろしそばではありません。

私のおろしそばのオーダーが通ったあと、ご主人が大根をかき氷機のような機械ですりおろしています。

その後ほどなくして、少し強面のご主人が運んできてくれました。昭和3年創業というから三代目なのでしょうか?

たっぷりのおろし汁が入ったつゆの器と、そばの器がセパレートで出されます。
越前そば処 福乃家 (7)

前に行ったことがある永平寺町にある人気有名店「けんぞう蕎麦」もこのような出し方をしていました。
越前そば処 福乃家 (8)

しかし、このつゆの量が半端じゃないです。とても全部かけるわけにいきません。^^;

また、そばの盛られている器は福岡県の小石原焼ではないですか!こちらでは珍しいですね。

確かに辛いおろし汁です。でも、直接辛い大根が舌に触れないからか、何となく優しい辛さに感じます。
越前そば処 福乃家 (10)

そば自体も非常にきれいなそばで、ツヤも感じられる美味しいそばでした。
越前そば処 福乃家 (9)

最後にそば湯を頂き、腹6分目で余裕を残しながらお店をお暇しました。ご馳走様でした。

越前そば処 福乃家(ふくのや)
福井県あわら市温泉5-303
TEL 0776-77-2075
11:30~20:00
水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ