あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: 蕎麦

久しぶりの静岡でランチを食べたお店の紹介です。

静岡県は太平洋に面する長い海岸線を有していて、太平洋側ですが新鮮な海の幸を楽しめるところです。

今回、夜は、そんな魚介を中心に楽しめるお店に行くよう予約を入れてありました。

そこでお昼は別なものということで、おそばを食べることに。

行ったのは静岡駅からほど近い場所にある「くりた」という石臼引き自家製粉手打ちそばを食べさせてくれるお店です。

伝馬町小学校のグランドの通りを挟んだところにお店があります。
くりた

お店の正面は、意外に味気ないと言いますか簡素なつくりです。
くりた (11)

道路から見えるところにそばを打つ部屋がありました。
くりた (5)

お店の奥のほうにカウンテー席とオープンキッチンの調理場。手前側がテーブル席。我々はテーブル席に座ります。

お品書きです。ランチ限定のメニューはありません。
くりた (2)

そばは、二八と一九の田舎そばの2種類でした。

この中から私が頼んだのは、「おせいろ天盛り(税別1,450円)」。せいろに「お」が付けられています。そこそこいいお値段です。
くりた (7)

出されたのがこちら。
くりた (4)

薬味セット。個人的にはあら塩なんかも添えられていたらうれしかったのです。

まずは何もつけずにそばのみで食べます。そばの風味が鼻に抜けていきます。意外に弾力があるそばで噛み応えがありました。

こちらのお店のそばつゆは、かつおだしのいい香りがします。
くりた (9)

静岡といえばわさびが有名ですが、そばにもわさびが付きものです。今度はそのわさびをそばに乗せて少しつゆにつけて食べます。

こちらが天盛りの天ぷら。海老が2尾としし唐のみのシンプルな構成でした。
くりた (8)

もちろん注文が入ってから揚げられていて、サクッと上品な揚げ方で美味しかったです。

そば湯は、粉をよく落して湯がいているでしょうし、まだオープンして時間的に早かったからでしょうか?サラッとしたタイプでした。

一緒に行った人が頼んでいた、「山かけそば(税別1,080円)」。
くりた (6)

汁は関東風の黒っぽいもので、とろろは見ため粘度が高そうでした。
くりた (3)

そば屋さんって、ランチタイムでも意外といいお値段するところも多いのですが、手間暇かけてそばを手打ちして、美味しいだしを丁寧に取るのでやむを得ないですよね?

非常に美的なそばで風味もいい塩梅の美味しいそば屋さんでした。ご馳走様でした。

くりた
静岡県静岡市葵区伝馬町12-7
TEL 054-255-7838
平日11:30~15:00,17:00~21:00
日祝日11:30~21:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

友禅職人だった方が蕎麦屋をやられているということで出かけてきました。

まぁ、会社勤めしていた人が趣味が高じて蕎麦屋を開店させたという話は何度か聞いたことがありますが、友禅職人という前歴は珍しいと思います。

還暦を機に転身されたとのことです。

場所は金沢市郊外、西部緑地公園の近く。メイン道路からだいぶ中に入ったところにあるので、ふらりと飛び込みで来るお客さんはいません。
蕎麦処けんち

お店は立派な民家(ご自宅?)をほぼそのまま利用しています。

蕎麦はこちらでご主人が打っています。
蕎麦処けんち (20)

少し作業場の中に入らせていただいてお話をお聞きすることが出来ました。

蕎麦屋を始めて5年目だそうで、福井県の大野勝山産の玄そばを使って手挽き石臼で作った蕎麦を楽しめます。

いつもは珠洲産の蕎麦と大野勝山産を隔月で出していたそうですが、昨年の大雪の影響で珠洲産の蕎麦があまり採れなかったそうで、今年は福井県大野勝山産のを使っているとのことでした。
蕎麦処けんち (5)

一番目の客だったので了解を頂いて写真を写します。
蕎麦処けんち (4)

店内にはご主人が友禅職人をされていた時に手掛けた加賀友禅がいくつか飾られていました。

この日のメニューです。
蕎麦処けんち (3)

蕎麦以外にもけんちん汁がありますね。これは食べてみたい。

ということで私は、「玄、けんちん汁(1,300円)」を頼むことに。
蕎麦処けんち (11)

まず、蕎麦茶と揚げ蕎麦が出されました。こちらを頂きながら出されるのを待ちます。
蕎麦処けんち (14)

そして最初に蕎麦が出されました。きれいな玄蕎麦です。艶っぽいですね。
蕎麦処けんち (15)

最初、短めの蕎麦だったので二八ではなく、もっと蕎麦の割合が多いのかと思いましたが、お聞きするとやはり二八のようで、食感もしっかりめです。
蕎麦処けんち (16)

食べ終わるころに、そば湯が出されます。最初の客でしたが濃厚なそば湯でしたね。

そして、こちらのセットが運ばれてきました。
蕎麦処けんち (17)

季節の山菜の和え物が3種類付いています。わらびは前日に山で採ってきたばかりだそうです。浅漬けも上品で美味しかったです。

けんちん汁はおふくろの味でした。汁もやさしい味です。

そういえば、これを書いているときに気が付きましたが、お店の名前の「けんち」と「けんちん」と掛けているのでしょうか?^^;

あと、セットにはご飯まで付いていましたが、最近炭水化物を控えていて残念ながら少し残してしまいました。すみません。

蕎麦の営業は、まだ4年しか経っていないわけですが、蕎麦にはご主人の気持ちが乗り移っているような感じで、とても美味しい頂くことが出来ました。ご馳走様でした。

蕎麦処けんち
石川県金沢市袋畠町北112
TEL 076-266-1688
11:00~14:30(夜は要予約)
火曜・水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

前に同じ那谷寺の門前にある「花山亭」について紹介しました

那谷寺の門前には「花山亭」以外にもお土産や食事のできるお店が他にもあります。

1軒だけでは不公平だということで、今回は「寺前食堂」を紹介しようと思い行ってきました。

行ったのが春分の日。「花山亭」のときは真冬だったので那谷寺も人がまばらでしたが、この日は温かい日だったためか何組か参拝客を見ることが出来ました。
寺前食堂

さて、「寺前食堂」というお店の名前。那谷寺の前にあるから、そのような店名にしているのかと思いましたが、苗字そのものが寺前さん!ある意味凄いです。

お休みの日の正午前でしたが中に入るとお客さんは誰もいません。
寺前食堂 (2)

中は広く座席数も相当あったので、昔はさぞかし賑わっていたのだろう?と推測されます。
寺前食堂 (3)

メニューです。
寺前食堂 (4)

壁にも張られています。

お店はだいぶご年配の女性の方一人が切り盛りされていました。

私の目的は「花山亭」でも食べた「那谷寺うどん」を食べること。両方の味などを比べたいということで、「那谷寺うどん(850円)」を頼むことに。
寺前食堂 (5)

数分待って出されたのがこちら。あれ?「那谷寺そば」が出てきました!^^;
寺前食堂 (6)

麺は茹で揚げ済みの袋めん、出汁も製造メーカーのものだと思います。まぁ、この辺はあらかじめ予想していました。

肝心の「花山亭」との違いですが、値段が「花山亭」は1,000円で「寺前食堂」が850円。

「花山亭」は胡麻豆腐が別に出され、山菜以外にきのこが入っていました。一方の「寺前食堂」のほうは胡麻豆腐は最初から乗せられていて、きのこの代わりに栗が2個入れられています。

小松うどんの証のカブッキーのかまぼこ。そばでしたが2枚も入れられていました。

残念だったのは、山菜や胡麻豆腐が冷たいまま入れられていたので、出汁が出された時にはだいぶ温度が下がっていたということです。

あと、うどんとそばを間違えて出されたことも……。耳が遠いようで大きな声で注文されたほうがいいですね。

今回、ちょっと辛口の内容になりましたが、これからも頑張ってほしいですね。ご馳走様でした。

寺前食堂
TEL 0761-65-1904
石川県小松市那谷サ1-1
10:00~16:30


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

白山比咩(ひめ)神社は全国に2,000社以上ある白山神社の総本社です。
白山ひめ神社

初詣の時期だけではなく、週末などにも多くの参拝客が訪れます。

その表参道の駐車場の前にあるのが「いっぷく処 おはぎや」。

前々からお店の存在は知っていたのですが、今回初めて行ってランチを食べました。

実は先日紹介した「おもてや」に大判焼きを買いに行くときに立ち寄ったのですが、3連休だったこともあって白山比咩神社の駐車場は混雑していました。

こちらのお店は白山比咩神社の表参道にあり、お土産屋さんとしても営業していて、白山麓のお土産などが売られていました。
おはぎ屋 (2)

昔ながらの雑貨屋さんのような風情です。

お座敷のほうと窓際に作られたカウンター席で飲食が出来るようになっています。
おはぎ屋 (3)

メニューです。
おはぎ屋 (4)

こちらにも掲げられています。

そんな中から私が注文したのは「おはぎ屋定食」。地元食材を使った「十割そば(ハーフ)、笹寿司、天ぷら、厚揚げ焼き、小鉢」のセットになっています。

今回「おもてや」で大判焼きをオーダーして、その待ち時間を利用してのランチだったので、何と15分間しかありません!^^;

すぐできますかということで、お店の方にお聞きしたらすぐにできると言われたのでお願いしました。そうしたら5分ほどでこちらのセットが出されました。
おはぎ屋 (5)

短い時間だったので料理も出来合いのものかと思いましたが、天ぷらは揚げ立てでした。
おはぎ屋 (8)

十割そばも厨房の方でちゃんと湯がいて冷水で締めているのがを見えました。素晴らしい!
おはぎ屋 (6)

もっとも、ちょうどお店にいたお客さんはすべて食べていたので、待っているのは私だけだったということもありますが、混雑時はこうはいかないと思います。

そばぶっかけで最初から汁がかけられていました。

そしてこちらの「山下ミツ商店」の厚揚げも熱々で美味しかったです。
おはぎ屋 (19)

笹寿しの笹をめくるとこんな感じでした。下の方には鮭と油揚げが敷かれています。

この笹寿しは「ほうらい寿し」ということで白山市の白山麓で栽培されたこしひかり「宝来米(ほうらいまい)」を使っています。1個150円でお店でも売られていました。

今回、10分ほどで食べ終えたので、そばの味の方を楽しむことが出来なかったのが残念でした。
おはぎ屋 (7)

あと、こちらは昔、妻がお店に行った時に写した「おはぎ屋定食」の写真です。

このときは、笹寿しではなく卵かけごはんをフライパンで焼いた鶴来のご当地グルメ「つるぎTKGY」でした。いまはメニューには無いようですね。
おはぎ屋 (9)

鶴来のご当地グルメ「つるぎTKGY」というのはもうなくなったのでしょうか?

お隣に人気のお店「おもてや」が出来たことは商売上影響はどの程度あるかはわかりませんが、これからも頑張っていただきたいお店です、ご馳走様でした。

いっぷく処 おはぎや
石川県白山市白山町レ122-1
TEL 076-272-5510
月~金
9:00~16:30
土・日・祝
9:00~17:30
無休(1~2月は休みあり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松三日市の老舗乾物屋さん「ふる里の味 すみげん」が蕎麦をランチの時間帯に提供し始めてから2年が経過しました。
すみげん

過去に私は2度ほどランチを食べに行き、このブログで紹介しています

昨年「すみげん」の6代目の若旦那が1級だしソムリエの資格を取得!美味しい蕎麦にさらに磨きがかかっています。

昨年秋に1級だしソムリエの資格を取得したきっかけに、お店の中の蕎麦の飲食スペースを拡充して、営業日数を増加。さらには新メニューを追加するなど、より美味しく利用しやすくなりました。

今回、新しくなった「すみげん」の蕎麦を食べに出かけてきたので、紹介したいと思います。
すみげん (9)

ご覧のような2人掛けのテーブル席が増えています。今後も4人掛け席などを増やしていく予定だとか。
すみげん (10)

「すみげん」の蕎麦は、お店でも扱っている全国から厳選した素材を使って丁寧に出汁をとり、かえしも自家製。もちろん蕎麦も毎日丁寧に手打ちしています。

出汁は本枯れ節と亀節を使用するなど、さすがに長年乾物屋さんを営んできたお店だけあります。
すみげん (2)

お店の前に出されていた新メニューです。
すみげん (3)

私と妻は、その中から「花巻そば(税抜850円)」と、こちらの別メニューとして出ていた冬期間限定で1日5食限定の「きのこ蕎麦(税抜950円)」を頼むことに。

この日の蕎麦は北海道磯谷産を使用していました。うれしいことに大盛りが無料。約1.3倍の量です。もちろん、二人とも大盛りを頼みました。

冬季限定の「きのこ蕎麦」は、舞茸・しめじ・椎茸などのきのことネギがたっぷり。三つ葉も添えられています。
すみげん (4)

この出汁にきのこが合いました。
すみげん (5)

出汁は、6代目が勉強に行っていたのが関東のお店だったので、関東風です。かつお節のいい風味が食欲をそそります。本当は全部飲み干したいくらいでしたが、塩分控えめにしているので半ぐらい残してしまいました。^^;
すみげん (8)

蕎麦はご覧のように素直な蕎麦。暖かい蕎麦なので香りを楽しむことは出来ませんでしたが、コシもあっていい塩梅でしたよ。

冬季限定の「きのこ蕎麦」ですが、人気のため、季節によって使われるきのこは違ってくるようですが、定番メニューの仲間入りするそうです。

ちなみに温かいお蕎麦はつゆが切れ次第終了です。
すみげん (11)

こちらの「花巻そば」は、お店で売られている有明産焼を海苔が贅沢にも4枚使われています。器からはみ出していますね。あと薬味と桜エビが添えられていました。
すみげん (6)

海苔を含めて、香ばしい香りがする蕎麦でした。
すみげん (7)

人気なので週末は予約をしたいかれたほうがいいでしょうね!?

乾物屋さんとしても人気のお店。美味しい蕎麦まで食べることが出来るとあって、これからも目が離せなくなりました。ご馳走様でした。

ふる里の味 すみげん
石川県小松市三日市町9
TEL 0761-22-4214
9:30~19:00
蕎麦は11:30~売切れ次第終了
水曜休(蕎麦は木曜日も休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ