あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:和食系 > 蕎麦

うどんとそば、どちらが好きと言われれば「うどん」のほうが好きです。

しかし、東京に来たときはそばを食べます。

少し前までは、残念ながら東京のうどんは好みに合わないお店が多かったのですが、近ごろは全国各地のうどんの味を楽しめるお店が出来てきたので、うどんも選択肢になったところです。

先日は西新橋の博多うどんのお店を紹介しましたが、今日はそばのお店の紹介です。
かんだやぶそば (2)

行ったのはJR水道橋駅と神田駅の間ぐらいの位置にある「かんだやぶそば」。
かんだやぶそば

「やぶ」といえば東京のそば屋さんの大看板の一つとして知られています。

前のお店は1923年に建てられた数寄屋造りのお店でとても情緒があったのですが、2013年2月に火災により半焼して、新しく建て替えられています。

でも新しくなっていますが、前の建物の面影を感じさせてくれます。

さて、昔からそば屋における老舗御三家というのがあって、江戸生れの「藪」、大阪が発祥の「砂場」、信州の「更科」がそうなのですが、その「藪そば」の中でも江戸の町では藪御三家(かんだやぶそば、並木藪蕎麦、池の端藪蕎麦)というほど、こちらは昔からの格式あるそば屋なのです。

今回、仲間4名と一緒に夜に行ってきました。昔からそば屋で粋に飲むのが江戸っ子!?我々もそれを目指して飲むことにしました。

到着したのが18:25分ぐらいでしたが、お店はまだ1~2分の入り。
かんだやぶそば (4)

しかし我々が飲み食いしている間にほぼ満席近くになってきました。
かんだやぶそば (8)

そばのお品書き(一部)です。
かんだやぶそば (6)

肴のお品書きです。
かんだやぶそば (7)

こちらもです。
かんだやぶそば (5)

季節のおすすめもありました。

では、頼んだものを紹介していきます。
かんだやぶそば (11)

まずは生ビール(税込770円)。エビスでした。そして、この蕎麦味噌がお通しということかな?でもレシートには載っていなかったのでサービスでしょう?

でも、この蕎麦味噌だけで酒が相当飲めそうです。^^;
かんだやぶそば (17)

こちらは「やきのり(税込715円)」。そば屋では当然火種を置いたのり箱に入れられて出されます。フタには北斎の「凱風快晴(赤富士)」が描かれています。

のりのいい風味がしますね。
かんだやぶそば (10)
これは「そば屋の刺身」ともいわれている「かまぼこ」。これで税込825円します!びっくりです。

小田原産の極上蒲鉾だそうです。さすがに滑らかな舌触りでした。

かんだやぶそば (12)

季節のおすすめからは「牡蠣の南蛮漬け(税込1,100円)」を頼んでみました。大ぶりなのが3粒入っていました。
かんだやぶそば (18)

それに「季節の天ぷら(税込1,650円)」もお願いしています。こちらは6種類の冬の天ぷらでした。
かんだやぶそば (20)

「穴子焼き(税込2,145円)」は白焼きでお願いしました。最初時間がかかるといわれましたが、時間そんなにかかりませんでした。

こちらもちょっとお高いですね。^^; 小ぶりの穴子ですが、スダチを搾ってわさびしょう油で食べると、上品な穴子の風味を楽しむことが出来ました。

締めはもちろんそば。
かんだやぶそば (23)

私は「せいろそば」ではなく「せいろうそば(税込825円)」。艶やかでのど越しのいいそば。
かんだやぶそば (24)

そばつゆは昆布とカツオの濃いめのもの。「かえし」が違うのでしょう?他にない風味を感じました。
かんだやぶそば (22)

一緒に行った一人は「かけそば(税込825円)」です。
かんだやぶそば (25)

最後にはもちろんそば湯が出されます。サラッとしたそば湯でした。
かんだやぶそば (14)

あとアルコールのほう、私は長野のそば焼酎「草笛」のそば湯割りを頼んでいます。焼酎は少し薄めでしたが、ダブルでそばの風味を楽しむことが出来ました。

以上飲み食いして一人4,500円ほど。それほど食べるものは頼んでいませんが、まぁ、老舗で粋に飲み食いできるので満足感が違います。ご馳走様でした。

かんだやぶそば
東京都千代田区神田淡路町2-10
TEL 03-3251-0287
11:30~21:00(L.O.20:30)
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先週に引き続き、今週も蕎麦を食べに出かけてきました。
亀平

金沢市新神田にある「香り蕎麦 亀平」というお店です。

ブランドオフと道を挟んだところにあります。

11月の土曜日の12時ごろに念のために予約を入れて伺いました。

行った日、我々が到着した時間はカウンテーにお一人のみお客様がいました。

こちらのご主人、今年夏に行って私のブログで紹介した、かほく市の「亀屋」の息子さんのようです。

お店を継がずに金沢でご自分のお店を出したのですね。

ということで、まだ40歳前の若いご主人です。
亀平 (2)

外観も店内も蕎麦屋の雰囲気とはちょっと違った感じで面白いです。
亀平 (3)

お品書きです。
亀平 (4)

こちらもそうです。
亀平 (5)

この中から私は「天二色せいろ(価格はすべて税込1,650円)」を頼みました。

こちらは「せいろ」と「粗挽き」の2種類の蕎麦を楽しめて、それに野菜の天ぷらが付いているセットです。
亀平 (6)

「せいろ」は外一の九割蕎麦のようで、「粗挽き」は十割蕎麦です。

野菜の天ぷらは塩で食べますが、まず最初、その塩に「せいろ」と「粗挽き」を少しつまんでつけて食べてみました。

「せいろ」の二八ではなく外一なので、「粗挽き」との差はそれほどなかったような気がしました。

「粗挽き」の打つ太さが違っていたならば、もう少し感じたかもしれません。しかし冷たく水切もよくさてれていて、のど越しがよく蕎麦の風味を感じる美味しい蕎麦でした。
亀平 (10)

つけ汁もかえしがきいた美味しいつゆでした。
亀平 (6)

天ぷらは当然揚げ立てでサクッといい感じでした。
亀平 (8)

妻は「かき揚げ天せいろ(1,480円)」で、蕎麦を粗挽きに変えていました(+100円)。
亀平 (9)

かき揚げも美味しそうですね。かき揚げには天つゆが付いていました。
亀平 (11)

最後には何も言わなくともそば湯が出されます。ちょっとつけ汁が多すぎたかな?

かほく市の「亀屋」の息子さんだけあって、蕎麦そのものにこだわりが感じられるいいお店でした。ご馳走様でした。

香り蕎麦 亀平
石川県金沢市新神田2-12-2
TEL 076-292-1156
火~木・日11:30~15:00
金・土11:30~15:00,18:00~21:00
月曜休(休日の場合は翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

最近蕎麦のお店の紹介が多くなっています。

秋から初冬にかけて新そばの季節なので、知らず知らずにそばのお店に足を向けるのかもしれません。

もっとも、今の時代、そば粉の保存技術が発達してきているので、昔ほど新そばでなければ!と言ったことではなくなったかもしれません。(ツウの方はこだわりがあるかもしれませんが)

さて、今日紹介します野々市市の「そば処 敬蔵」は、主に福井県産を使って石臼挽き自家製粉したそばを食べさせてくれるお店です。
敬蔵

お店は独立した店舗でお昼のみの営業です。
敬蔵 (3)

暖簾をくぐると、すぐにそば打ちの部屋と石臼挽き自家製粉の部屋が現れます。

つなぎを加えず挽きたての荒挽粉と水だけで打つ十割のこだわりのそばがここで打たれているわけです。

店内に入ります。
敬蔵 (11)

カウンター席。
敬蔵 (4)

座敷席は畳にテーブル仕様。
敬蔵 (5)

我々は小上がりの席に案内されました。
敬蔵 (8)

お品書きです。色々な種類のそばが並んでいます。上が冷たいそばで下が暖かいそば。
敬蔵 (10)

壁にも張られていました。

それらの中から私が頼んだのは「塩つゆおろしそば(900円)」。
敬蔵 (14)

醤油を使わず塩だしで食べるおろし蕎麦です
敬蔵 (15)

大根おろしは中辛となっていましたが、かなり辛めの大根おろしでした。
敬蔵 (18)

薬味を乗せて塩だしをぶっかけて食べます。
敬蔵 (20)

太打ちの10割蕎麦は外側の固い殻の部分を少し加えた粗挽きで、色は相当黒っぽいです。すごくコシがあって、のど越しで味わうそばではなく、よく噛んでそばの風味を感じながら食べるそばでした。なかなかの他では味わえないそばかもしれません。

あと、こちらのお店の名物だと書かれてた鰊(にしん)を使った「にしんジャガ(500円)」も頼んでみました。
敬蔵 (19)

自家製の甘辛く炊いたにしんとジャガイモや根菜。上品な味でにしんが本当に柔らかくておいしかったです。
敬蔵 (12)

妻のほうは「鴨汁そば(1,400円)」。こちらは温かい鴨汁に冷たいそばの組合せ。

本来は細打ちなのですが、太打ちに変えてもらっていました。

こちらのほうも美味しかったそうです。
敬蔵 (21)

最後にそば湯が別の器に入れられて出されました。

なかなかの個性のそばで印象に残るお店でした。ご馳走様でした。

そば処 敬蔵
石川県野々市市本町1-8-28
TEL 076-294-1486
11:30~14:30
※売り切れ終了あり
水曜、第3火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

普段はグルメネタは1日に1件だけと決めているのですが、今日は臨時で朝にもグルメネタをアップします。
すみげん (2)

それは、私がよく買い物に行ったりお蕎麦を食べに行ったりしている小松三日市町の老舗乾物屋さん「ふる里の味 すみげん」が、金沢カレーの雄「チャンピオンカレー」とのコラボメニューを昨日16日からやっているというのを聞きつけて、昨日の初日にランチを食べに出かけてきました。
すみげん

ちなみに、この11月1日付で亮さんが老舗「すみげん」の6代目の社長に就任されています。

「すみげん」の蕎麦は、ランチタイムのみ営業の手打ち蕎麦&1級だしソムリエの作る特上出汁の組合せで人気なのですが、これに今回スペシャルメニューが加わるということで、楽しみに出かけてきました。

普通お蕎麦屋さんでカレーを使ったメニューといえば「カレー南ばん」が定番ですが、私は鶏系の肉が一番苦手なので食べたことがありません。

今回完成した新メニュー「焼きネギチャンカレー蕎麦(税別950円)」は、出汁が決め手なので、和風の味で、さらに鶏肉が使われていません!
すみげん (4)

先ほども書きましたが、蕎麦は主役の蕎麦はもちろん大事なのですが、出汁も命。さて一方、チャンピオンカレーといえばドロッとしたカレールーでおなじみ。
すみげん (5)

その両者が合わさって、どんな味になるのか!?
すみげん (6)

答えは、サラッとした和風カレーでダシのうま味がプラスされ、とても食べやすい蕎麦に仕上がっていました。そして焼いたネギがアクセントになっていました。
すみげん (8)

別に頼んだトッピングの温泉卵(税別100円)を途中で加えると、さらにまろやかさが加わり、違った美味しさを味わうことが出来ます。

汁は最後まで飲み干せそうでしたが、塩分取り過ぎ?を気にして少し残しました。

最後の〆に白いご飯をぶち込んで食べたい!と思わせてくれるほどでしたが、こちらも我慢しました。^^; 残念!

なお、12月から新年の1月のしばらくの期間は、おそばの営業は休止になります。その前に是非食べに行ってくださいね。ご馳走様でした。

ふる里の味 すみげん
石川県小松市三日市町9
TEL 0761-22-4214
9:30~19:00
蕎麦は11:30~売切れ次第終了
水曜休(蕎麦は木曜日も休み)
※12月~1月初旬まで蕎麦の営業はお休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

超大型の台風19号が上陸した日、所用があって金沢へ。

午前中はまだ影響少ないだろうということで、予定をだいぶ早めて金沢に向かいました。

そのついでにお昼を取ったお店が今日紹介する「十六文亭」です。
十六文亭

用事を済ませてお店に到着したのは、お店の開店時間前。なかなか立派なお店です。

営業時間は11時から15時までと短いです。

お店の前で少し待って店内に入ります。
十六文亭 (3)

店内は、民芸風の6人掛けのテーブル席が3つと、小上がりの座卓席が4つありました。なかなか広いです。
十六文亭 (7)

お品書きです。こちらは冷たい蕎麦。
十六文亭 (6)

そして暖かい蕎麦。

お品書きにお店の蕎麦のウリが書かれていました。

要約すると、
蕎麦粉は石川県産、特に門前産蕎麦粉に、こだわり
十割蕎麦と二八蕎麦のいいとこどりした蕎麦(で2×8=十六蕎麦→十六文亭?)
二八だが小麦粉の割合は0.5で後は加賀レンコン

ということで、「十割蕎麦の風味の良さと二八蕎麦のコシの良さを同時に味わえる金沢発祥の十六蕎麦です。」になるらしいです。

昨年は能登産の蕎麦が不作だったと聞いたことがありますが、1年間の分を同じ産地から確保するのはなかなか難しいのではないかと思います。産地を決めるということは大変でしょうね?

十割蕎麦もありましたが。この日は台風のためでしょうか?ありませんでした。
十六文亭 (4)

私は、こちらの1日20食限定の「蕎麦御膳(税込1,200円)」を頼むことに。

天ぷらが美味しそうだったのと、「限定」という文字に弱いのです。
十六文亭 (11)

出されたのがこちらです。ご飯は少なめでお願いしています。
十六文亭 (12)

天ぷらは、エビ1尾・かぼちゃ・さつまいも・かぼちゃ。あら塩で食べます。
十六文亭 (13)

さばの味噌煮。柔らかく煮込まれていて美味しいです。

あと切り干し大根がおかずとして付いてきます。
十六文亭 (15)

蕎麦の量は少な目になっています。

蕎麦つゆはご主人の出身地である関西風の甘め。天ぷらに添えられているあら塩で食べてもokです。

肝心の蕎麦のほうは、水切りがきっちりとされていて、のど越しを楽しむというよりは噛んで味わったほうがいいかもしれません。

妻が頼んだのは、こちらの「かき揚げせいろ(税込1,100円)」。
十六文亭 (9)

かき揚げが美味しそうですね!?
十六文亭 (16)

最後にはもちろん蕎麦湯をお願いします。濃いめの蕎麦湯です。そば湯は頼む必要がありました。

能登産の蕎麦粉にこだわったり、加賀レンコンをつなぎに使うなど、石川県の地産地消の蕎麦を食べることが出来る貴重なお店だと思います。

よく見ると、お店のマークがレンコンを輪切りにした形でした!ご馳走様でした。

十六文亭
石川県金沢市北間町ハ-186-1
TEL 076-237-6040
11:00~15:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ