あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ:和食系 > 蕎麦

白山市の旧鳥越といえば蕎麦が有名です。

夏の時期はその鳥越の蕎麦の収穫時期ではありませんが、夏の暑い時期は冷たい蕎麦が恋しくなります。

今日は白山市に3年ほど前にできたJA白山ファーマーズマーケット「よらんかいねぇ広場」に行ったついでに店内併設のお店で蕎麦を食べてきたので紹介したいと思います。

昨今、各地のJAの直売所が至る所にできているようですが、その土地土地の農産物や加工品を一堂に集めて思い思い買い求めることができるということで人気です。
一向衆蕎麦 (10)

建屋内に、「いっぷく処 一向衆蕎麦」というお店があって、鳥越産の二八蕎麦を食べることができます。

店名に「一向衆」という文字が付けられていますが、旧鳥越は戦国時代、一向一揆により治められていたことがあったことから付けられているのです。

お盆前の日曜日に行きましたが、お昼少し前の時間帯で「よらんかいねぇ広場」店内は混み合っていました。

「いっぷく処 一向衆蕎麦」の店内はそれほど広くはありませんでしたが、それほど混雑していませんでした。セルフサービスのお店で女性の方一人で切り盛りされています。
一向衆蕎麦 (2)

食券機で食券を買ってオーダーします。「地元鳥越手打ちそば」と書かれていますね。
一向衆蕎麦

お店のメニューはこんな感じです。食券機にはほかのものもありました。

蕎麦中心ですが、うどんもありました。
一向衆蕎麦 (7)

私はこの中から「山菜おろしそば(税込620円)」を頼むことに。暑い日だったので冷たいぶっかけです。蕎麦は冷たいのができますがうどんはできないようです。
一向衆蕎麦 (8)

「地元鳥越手打ちそば」と書かれていますが、この店内で手打ちされているわけではなく、どこかの製麺所から持ってきているのでしょう?

つゆはそれほど特徴があるわけではないと思いましたが、蕎麦はもちっとした弾力があっておいしかったです。
一向衆蕎麦 (5)

妻は「山菜とろろそば(税込680円)」でした。蕎麦はざるで頼んでいますが、ぶっかけとざる両方チョイスできるのはいいですね!?

営業はランチタイムだけですが、買い物でふらっと立ち寄って蕎麦でも食べるといった使い方ができるので重宝するかもしれません。ご馳走様でした。

いっぷく処 一向衆蕎麦
TEL 076-273-3002
石川県白山市井口町に58-1
 よらんかいねぇ広場内
11:00~14:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

個人的に蕎麦は冷たいほうがいいので、夏は麺類の中では蕎麦を食べることが多くなります。

今回は白山市の国道8号線沿いにある「めん房つるつる松任店」でさっぱりとした夏の蕎麦を食べてきたので紹介したいと思います。

「めん房つるつる」は福井県にある株式会社ピリケンという会社がやっているブランドです。

石川県の店舗は子会社の株式会社めん房金沢というところが運営しているようですが、なぜ会社を福井県と石川県でわけているかは不明です。

「めん房」と付いていますが福井のお店なので蕎麦がメインです。

お店は11時オープン。私はちょうどその時間3~4分前にお店に到着。しばらく車の中で待って店内に入ると、すでにお客さんが入っていました。(^^;
めん房つるつる

外観は、店内の内装を見て気が付いたのですが、昔の芝居小屋をモチーフにしているのでしょう?

店内は広く、天井も高く、提灯がたくさんぶら下げられていますね。まさに芝居小屋の雰囲気です。
めん房つるつる (3)

2階のように見える場所には席は無いようでしたが、それにしても何人が入れるのでしょうか?

広いので隣のお客さんとの間隔が取れ、コロナ禍では3蜜を避けることができるのでいいかもしれません。
めん房つるつる (7)

お品書きです。立派なお品書きでした。

蕎麦の種類が豊富で、石臼挽き100%のそば粉を自家製麺のニ八そばとして提供しています。
めん房つるつる (5)

こちらは夏の季節のメニューです。
めん房つるつる (6)

土用の丑の日の前日だったのでうなぎのメニューもありました。

お値段的には比較的高価格路線かな?

この中から私が頼んだのは「海老サラダそば(税込1,340円)」。
めん房つるつる (8)

まず蕎麦を揚げたものが出されます。

そのあと少々時間がかかりましたが、出されたのがこちら。
めん房つるつる (10)

水菜とトマト、小海老天、コーン、温泉卵などが盛られていて、彩り鮮やかでヘルシーそうなお蕎麦です。
めん房つるつる (11)

蕎麦が隠れて見えませんが、下から出して持ち上げてみると、越前蕎麦のような感じではなく普通の蕎麦のようです。

黒酢とかつお出汁のドレッシング仕上げでした。少し甘めでした。

途中で温泉卵を崩して食べます。見た目よりはボリュームがありましたね。
めん房つるつる (12)

最後のデザートとしてあんみつが出されましたが、私は餡がちょっと苦手なので餡は残してしまいました。(^^;

8月が終わろうとしていますが、まだまだ暑い日が続くと思うので、冷たい蕎麦も出番が多いですね。ご馳走様でした。

めん房つるつる松任店
石川県白山市倉光1-210
TEL 076-276-9901
11:00~21:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石臼で粗挽きした手打ち十割そばを食べさせてくれるお店「そば処 松晶」。
松晶

アルビスの幸町店の近く、JRの高架脇にあります。

基本お昼しか営業していません。そば屋さんが意外にお昼のみの営業のところが多いですね!?

「そば処 松晶」へは過去何度かお邪魔したことがあって、前回は約3年前にお邪魔しています
松晶 (3)

しばらく行かないうちに、ご覧のように色々メニューの種類が増えていました。

こちらはベーシックなお品書きです。
松晶 (4)

「そば処 松晶」では、いつも3種類の産地のそばを楽しめることができます。この日は「えちぜん(福井)」「ほっかい(北海道)」そして「とちぎ(栃木)」です。

前にお邪魔した時は「えちぜん(福井)」は大野で「とちぎ(栃木)」は日光産でした。
松晶 (11)

私は産地の違いが分かるほどそばに関してわかっているわけではないので、このあたりの違いについては知る由もありません。

私は「鮭とイクラのおろしそば(税込1,480円)」を頼むことに。おろしは普通と辛味大根が選べて、私は辛味でお願いしました。
松晶 (7)

そばでは珍しい組合せだと思います。そばは「とちぎ(栃木)」で最初からぶっかけでした。

鮭にも塩気がありました。
松晶 (9)

かき混ぜて食べると、いくらは箸に掛からずに最後まで残ってしまいました。小さなスプーンがあるとよかったかも知れません。もしくはいくらは別盛りでお好みで掛けてもそのままで食べてもといった選択できたらいいかも?

辛味大根はいい辛さでしたね。

妻のほうは「もりそばのかき揚げ2個付き(税込1,280円)」です。そばは「えちぜん(福井)」を選んでいました。
松晶 (8)

かき揚げを一個もらいましたが、揚げ立てサクサクで美味しかったです。
松晶 (10)

最後にはそば湯をお願いします。
松晶 (6)

こちらの写真は、ちょうど1巡目のお客さんが帰った後で写したものですが、我々が食べている間にもお客さんは次々入ってきていました。人気のお店です。そしてご馳走様でした。

そば処 松晶
石川県小松市八幡町111  
TEL 0761-27-1294
11:00~15:30(蕎麦が無くなり次第閉店)
木曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

緊急事態宣言が解除されて、6月19日に都道府県をまたぐ移動自粛も解除されました。

私もこれまで仕事でもプライベートでも石川県外から出ることをやめていましたが、解除されてから初めて県外に仕事で出ることに。

その最初の場所は福井市。まぁ、お隣の件から徐々にですね。

さて、福井といえば蕎麦!?と私の記憶に刷り込まれています。

行ったのは福井市内からは足羽川沿いを上流に車で数分行ったところにある「音市楼 かくれ庵」という蕎麦屋さん。
音市楼かくれ庵

入口には門があって高級店の趣?その名の通りの隠れ家的なお店です。

早めの時間帯だったのですが、すでに駐車場には多くの車が停車していました。
音市楼かくれ庵 (2)

門をくぐって中に入ると最初に「石窯ピッツァZIO -チオ-」があって、その奥に「音市楼 かくれ庵」があります。

ピザと蕎麦が一緒の敷地にあるというちょっと変わった形態ですね。

店内に案内されると、我々が通されたテーブル席とカウンター席の部屋は、3組ほどのお客様がいらっしゃいましたが、車の量を見ると空いている感じがしましたが、どうも個室や大部屋があって、そちらにグループでお越しの方がいらっしゃったようです。
音市楼かくれ庵 (3)

通されたのは吹き抜けのある部屋で明るくて開放感があります。玄関の昔ながらの佇まいとは違った雰囲気です。
音市楼かくれ庵 (5)

こちらは定番のお品書き。
音市楼かくれ庵 (4)

ランチのセットメニューです。
音市楼かくれ庵 (6)

他にも色々あって、そば屋さんとしては種類が豊富なお店でした。

私はランチのセットメニューから、こちらの「ひつまぶしとお蕎麦の膳(税別1,600円)」を頼みました。
音市楼かくれ庵 (8)

小鉢・香の物・味噌汁が付いてきます。

小鉢は茄子の煮びたしでした。
音市楼かくれ庵 (9)

ひつまぶしを食べる時は、まず最初にほどよくかき混ぜて、お椀に盛って山椒を少しかけそのまま食べます。
音市楼かくれ庵 (12)

2杯目は薬味を乗せて。
音市楼かくれ庵 (13)

3杯目は出汁をかけて。
音市楼かくれ庵 (14)

4杯目はお好きな食べ方で!ということですが、4杯目を食べるほどの量ではありませんでした。

でも、お蕎麦があるのでそれで充分です。
音市楼かくれ庵 (11)

蕎麦はおろしつゆにつけて食べます。自家製のつゆは出汁やかえしにこだわって作られていて濃いのですが、おろし汁の辛味と混ざっていい塩梅のおろしつゆでした。辛み大根が心地よいです。

細めの蕎麦を最初何もつけずに食べたら、蕎麦の風味が鼻に抜けていい感じ。

おろしつゆに漬けて食べると、のど越しがよく噛むと細いのに腰が強くてしっかりとした蕎麦で好きなタイプ。弾力のある美味しい蕎麦でした。
音市楼かくれ庵 (15)

そば湯はそば猪口に入れられて個別に出されました。

一緒に行った人は「ヒレカツとお蕎麦の膳(税別1,500円)」を頼んでいましたが、写真を撮り忘れました。^^;

この内容でひつまぶしと美味しいおろしそばが付いて1,600円はお得で満足度高しですね!?ご馳走様でした。

音市楼 かくれ庵
福井県福井市下馬2-1906-5
TEL 0776-33-5838
月~金
ランチ11:30~14:30
カフェ14:30~17:30
ディナー17:30~20:30
土・日・祝
ランチ11:30~15:00
カフェ15:00~17:30
ディナー17:30~20:30
火曜、第一月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

夏になると飲食店では夏季限定のメニューを加わえるところが多いと思います。

蕎麦屋さんの場合は、真冬でも冷やした蕎麦を食べることが出来るわけですが、夏野菜などの季節の食材を使って、より夏の季節にふさわしいメニューを設定してくれるところも多々あって、私もそんなメニューを見つけると、ついつい頼んだりすることがあります。

蕎麦屋では、いわゆる「変り種蕎麦」として蕎麦に色々練り込んだり、具材として乗せたりして夏向きの涼しさを演出するような形で実現しています。

蕎麦との相性のいい夏向きの具材を使ったメニューとしては「すだち蕎麦」などが有名ですね。大阪福島に「蕎麦 まき埜」というお店があって、そちらの「すだち蕎麦」が美味しくて有名です。私も大阪に住んでいた時に行きました

ちなみに今日紹介します小松三日市商店街にある「ふる里の味 すみげん」は、「蕎麦 まき埜」にフグの子を卸しているようです。
すみげん

さて「すみげん」は、いわゆる乾物屋さんですが、2016年3月より店内で蕎麦の飲食を始めています。そして今では早い時間に蕎麦が売切れになる日があるほど人気の蕎麦屋さんになっているのです。

乾物屋さんだけに、自慢のかつお節を使って作る出汁が秀逸です。

今回、この6月6日から夏季限定でメニューに加わった「ごまトマト蕎麦」を食べに出かけました。

「ごまトマト蕎麦」は2種類。「冷かけ」と「つけ」があって、どちらも小松特産のフルーツトマトと、すみげん特製の出汁、そして練り胡麻が使われています。「冷かけ」「つけ」共一日5食限定です。

昨年から食べることが出来たのですが、昨年は行くことが出来なかったので、今年はスタート早々に食べに出かけました。
すみげん (3)

席にはアクリル板の仕切りが出来ていて、新型コロナウイルス対策もバッチリです。

私は「冷かけ」を頼みました。出されたのがこちらです。
すみげん (4)

普通の蕎麦とは違っていて、なかなかそそられるビジュアルではないですか!?
すみげん (5)

胡麻が沈んでいるので、よくかき混ぜて食べます。

すみげん自慢の出汁の旨み、胡麻のほのかな甘味、そして小松市特産のフルーツトマトをふんだんに使っていて酸味がプラスされ、うまくバランスが取れた汁になっています。

フルーツトマトはそれほど甘いものを使っていなくて、どちらかというと酸味を多めに感じる夏向きなものでよかったです。

一方の「つけ」のほうはより胡麻の風味が増していて、少し甘めのタレにつけての蕎麦になります。こちらの方も機会があれば食べてみたいと思います。

昨年新作メニューとして出すとき、小松産の食材を使いたいという思いが強く、何度も試作を繰り返して今の味にたどり着いたとお聞きしました。その甲斐があったのではないでしょうか!?

これから本格的な夏がきますが、「ウイズ コロナ」のなか、熱中症にも気を付けながら、冷たく美味しいそばを食べて夏を乗り切っていきましょう!ご馳走様でした。

ふる里の味 すみげん
石川県小松市三日市町9
TEL 0761-22-4214
9:30~19:00
蕎麦は11:30~売切れ次第終了
水曜休(蕎麦は木曜日も休み)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ