あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: カフェ・喫茶・その他飲料

小松市安宅と言えば歌舞伎「勧進帳」の舞台として知られています。

しかし、子供のころの安宅といえば海水浴場のイメージでしたが、近年は砂場自体がほとんどなくなり設備的にも完備していないので、海水浴自体を安宅の海岸で楽しむ人はほとんど居ません。

さて、普段安宅海岸に行く機会はあまりなくなっていますが、GWの前半2日目。妻とランチを食べに「ATAKA CAFE」へ。

久しぶりに行って見ると、駐車場やその周辺が整備されてきれいになっていました。
ATAKA CAFE (12)

安宅関跡の門もきれいに。
ATAKA CAFE (10)

こんなものも出来ていますね。
ATAKA CAFE (2)

「ATAKA CAFE」へは、約4年前にリニューアルオープンした「勧進帳ものがたり館」へ行き、こちらでお茶して以来の訪問です。
ATAKA CAFE (4)

こちら「安宅の海で獲れた新鮮なお魚と地元の食材にこだわり、心を込めた創作料理やお飲み物」をご提供するカフェです。
ATAKA CAFE (6)

店内は明るく、お土産売り場を併設しているため、飲食以外の方も入ってきます。
ATAKA CAFE (3)

メニューです。

前に来た時より種類が増えているかな?

私は「生わかめと山菜のヌードル(1,000円)」にしました。メニューだけだとどんな麺料理かわからなかったので聞いてみると、ラーメン系です、と言われ頼んでみることに。
ATAKA CAFE (9)

出されたのがこちら。

美川産の生わかめと、コシアブラ&わらびが具として使われていました。珍しい組み合わせです。

小松塩焼きそばの緬が使われていて、モチっとした食感。そしてラーメンというよりスープそば?ブイヤベースのような風味のスープで美味しかったです。

妻のほうは「お魚ごはん(1,500円)」。
ATAKA CAFE (7)

このメニューは前からあって、私は4年半ほど前に一度食べています

ただ、地産地消でその日手に入る食材によって内容は変わります。

この日はサワラとアジでした。

私も少し食べましたが、和でもない洋でもないアジアンな風味も感じて美味しかったです。
ATAKA CAFE (8)

こちらには味噌汁が付いていました。

オープンしたのが2018年。すっかり小松安宅に根付いたお店になりました。ご馳走様でした。

ATAKA CAFE
石川県小松市安宅町タ140-4
安宅ビューテラス
TEL 070-1461-7561
11:00~21:00(LO.20:30)
水曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

昨日の「MAGONDO(マゴンド)」で食べた後に一服したカフェの紹介です。

「MAGONDO(マゴンド)」へ行く前にもう一軒のカフェを見つけたので、来たついでといっては何ですが入ることにしたわけです。

2022年11月30日にオープンしているようで全然知りませんでした。

さて、「MAGONDO(マゴンド)」のときも少し書いたのですが、橋立エリアは日本遺産や重要伝統的建造物群保存地区になっていて、昔、北前船で栄えたころの建物が相当数現存しています。

しかし、そのお宝を観光資源として活かしきっていない側面があると思います。
橋立

例えば、こちらの地区紹介の案内板。これは今日紹介するカフェ「カフェ彦兵衛」の方が手作りで自費で作ったものなのです。
カフェ彦兵衛 (2)

私も橋立には時々来ることがあるのですが、橋立港付近や加佐の岬へ車で行くことがほとんど。街中を歩いて散策することなどありませんでしたが、このようなマップがあると便利だと思いました。

「カフェ彦兵衛」は「北前船の里資料館」のすぐそばにあります。「MAGONDO(マゴンド)」からも徒歩一分です。

ここは、凪うどんというのを食べさせてくれる「ばん家」というお店だった場所で、15年半前に行ってこちらで紹介しています
カフェ彦兵衛 (18)

東京から移住されてきたご夫婦が営んでおられるようですが、店内には加賀四大船主だった久保家の船主資料を常設展示しているコーナーがあったり、加賀特産の丸いもを練り込んだうどんや蕎麦。厳選した生豆を自家焙煎し提供される色々なコーヒーなど、ある意味ユニークな体験ができるカフェなのです。
カフェ彦兵衛 (10)

メニューです。
カフェ彦兵衛 (7)

食事はうどん・そば・ラーメンなどとても種類が多いですね。
カフェ彦兵衛 (13)

モーニングからディナーの営業までされているようでした。なお、ディナーは予約があった時のみの営業です。

我々は「MAGONDO(マゴンド)」でランチを食べているので、ここではドリンクと少しスイーツを食べることに。

まず4種類のスイーツからチョイス出来るスイーツセット(1,000円)というのがあったので、ジェラートを頼みました。
カフェ彦兵衛 (19)

セットのドリンクとしてほうじ茶をお願いしています。こちらは私が飲んでいます。

ジェラートは4種類の中から2種類をチョイスすることが出来たので、ミルクと黒ゴマにしています。こちらは2人でシェアして食べています。
カフェ彦兵衛 (20)

口当たりが滑らかでおいしいジェラートでした。
カフェ彦兵衛 (22)

妻のほうのドリンクは「橋立船主五人衆珈琲(600円)」という面白いネーミングのコーヒーがあったので、その中の一番深煎りの「久保彦兵衛」を頼んでいました。
カフェ彦兵衛 (21)

エスプレッソのような濃厚な感じのコーヒーのようです。

また機会があればランチにお邪魔したいと思います。ご馳走様でした。

カフェ彦兵衛
石川県加賀市橋立町ラ63番地
TEL 080-8498-7517
10:30~17:00(L.O.16:30)
不定休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

加賀市橋立の個人的なイメージというと、橋立港の加能ガニ。

もちろん、冬のカニ以外にも新鮮な魚介類が獲れる南加賀随一の漁港です。また、このエリアに建つ家は赤瓦が特徴で国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

しかし観光地としてのイメージは薄く、近年北前船の寄港地として日本遺産に登録され知られるようになりましたが、観光地としての整備は遅れていると感じます。

観光素材としては既存の「北前船の里資料館」や「北前船主屋敷 蔵六園」へは私は行ったことがありますが、むかし北前船貿易で栄え、当時の栄華を忍ばせてくれる建築がいたるところにあって、うまく整備すれば面白いエリアになるかもしれません。

さて、そんな橋立に古民家と蔵を改装した一棟貸しコンドミニアムが何軒かできています。

今日は、その内の一つである「MAGONDO(マゴンド)」の見学と、併設しているレストランでランチをしてきたので紹介したいと思います。

「MAGONDO(マゴンド)」は、橋立の加佐の岬にある「加佐ノ岬倶楽部」が経営。4月18日グランドオープンしています。

私は何度も「加佐ノ岬倶楽部」に行って飲食していますが、このような新しい展開をしているとは知りませんでした。

伺った日、ちょうど「加佐ノ岬倶楽部」の宮本さんがいらっしゃったので、コンドミニアムのほうを見学させていただきました。

MAGOICHI・MAGONI・MAGOSANと3棟の古民家や蔵を改装した一棟貸しの宿泊施設、民泊(コンドミニアム)となっています。

MAGOICHIとMAGONIは定員2人でMAGOSANは5人です。
MAGONDO (20)

こちらはMAGOICHI。少し丘の様なところにあって、移築したと言っていたかな?
MAGONDO (18)

館内はこのような感じです。

完全な和の空間ですが、畳と囲炉裏があって、奥の方の寝室にはベッドが置かれていました。
MAGONDO (23)

こちらはMAGONIです。100年以上昔に建てられた蔵を改装していました。木の香りがして癒されそうです。
MAGONDO (22)

館内はこのような感じ。和洋折衷の空間です。
MAGONDO (28)

MAGOSANは、一番広くて一軒家の間取りをほぼそのまま利用。モダンで機能的に改装されていました。
MAGONDO (26)

各棟とも長期滞在が出来るようにキッチンやランドリーなどの設備が完備されています。

宿泊料金は各棟とも一棟貸し料金でMAGOICHI・MAGONIが1泊17,600円。MAGOSANが35,200円となっていて、食事は別料金です。
MAGONDO (9)

そして、これらの宿泊施設の管理棟がカフェ&BARとなっていて、今回そちらでランチを楽しんできました。
MAGONDO (6)

店内はオリジナルの雰囲気を大切にしながらモダンに改装。いい雰囲気です。
MAGONDO (7)

こちらは半個室で、作家さんの食器などがギャラリーのように売られていました。山下一三さんのもありました。
MAGONDO (10)

オーナーの宮本さんの想いとしては「北前船主の里橋立町にある古民家カフェ。昔の賑わいを取り戻し、活性化させたいという思いで設立しました。」ということ。

もちろん、コンドミニアムの飲食機能を兼ねているわけですが、宿泊しなくてもランチのみを楽しめるのはいいですね。
MAGONDO

ちなみに、夕食と朝食は、このように別料金で楽しめます。
MAGONDO (3)

我々が食べたランチメニュー「MAGOランチ」はこんな感じになっていました。

出されたのがこちら。
MAGONDO (11)

1,995円で少量ずつのおかずが色々並んでいて、バランス的にも良さそうですね。
MAGONDO (12)

魚はサワラの西京焼、肉はローストビーフでした。

全体的に味付けは上品で塩分控えめな感じで良かったです。

なお、ご飯はピロール米で炊き立て!美味しかったですよ。
MAGONDO (13)

「MAGOランチ」にはデザートとドリンクが付いていて、デザートはこちらの棒茶プリンか米粉クッキー。
MAGONDO (14)

ドリンクは4種類からのチョイスで我々2人はコーヒーお願いしています。

宮本さんによれば、橋立でまだ建物を買っているそうで、これからも色々新しい試みを提案していきたいということでした。

機会があればコンドミニアムにも宿泊してみたいと思います。ご馳走様でした。

MAGONDO(マゴンド)
石川県加賀市橋立町ム2
TEL 0761-71-2810
カフェ10:00~17:00
 水・木曜休
BAR営業日 金・土曜日
 19:00~23:00



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

モーニングセットを食べることは近年なかなかないのですが、今日はそんなモーニングセットの話題です。

この日イベントが県立音楽堂であり、その前に少し腹ごしらえで入った「ツナグカフェ MAPLE HOUSE(メープルハウス)」の紹介です。

メープルハウスは石川県内に何店舗も展開している人気洋菓子店。洋菓子がメイン事業ですが、金沢21世紀美術館内のカフェやパン屋さんなど、現在は手広くお店を展開していて、私のブログでも金沢市高柳町の「ベーカリー&カフェ メープルハウス」など、何店舗か紹介しています

平日でしたが金沢駅は外国人が多数で賑わっていました。

「ツナグカフェ MAPLE HOUSE(メープルハウス)」は,その金沢駅のRinto内にあるのですが、人通りも多い場所で賃料はお高いと思います。

まだ11時前だったので、飲食店はまだ空いていないところがほとんど。うどんにしようか少し迷いましたが、そのうどん店の隣にあるこちらに入ることにしました。
ツナグカフェ メープルハウス (7)

入口にカウンターがあって、こちらでオーダーしてお金を支払います。ただ出来上がったものは席まで運んできてくれました。
ツナグカフェ メープルハウス (3)

奥にある飲食スペースは意外に広く、喫煙席もありました。

メニューです。
ツナグカフェ メープルハウス (8)

モーニングのセットが何種類かあって、私は「ドッグモーニング(650円)」を頼むことに。
ツナグカフェ メープルハウス (4)

こちらはホットドッグ・ゆで卵・ドリンクがセットになっていて、ドリンクは何種類からチョイス出来ました。
ツナグカフェ メープルハウス (6)

ホットドッグはフランスパン生地のハード系で、こちらがなかなか美味しかったです。

ウインナーもシャキッとした食感がジューシー。予想していた以上の満足感がありました。
ツナグカフェ メープルハウス (5)

ただドリンクとして頼んだホットコーヒーはアメリカンなタイプで、個人的には少し物足りなかったかな?

ゆで卵は、喫茶店のモーニングでは定番ですが、ゆで卵丸ごと1個を食べるのは10数年以上ぶりだと思います。

短時間で慌ただしく食べてお店を出ましたが、次から次へとお客さんが入ってきていました。人気です。やはり場所がいいと思いました。ご馳走様でした。

ツナグカフェ MAPLE HOUSE(メープルハウス)
石川県金沢市木ノ新保町1-1
 金沢駅Rinto内
TEL 076-260-3848
7:00~21:00(L.O.20:30)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

小松市や加賀市で飲食店の新店が何軒かオープンしています。

これも北陸新幹線延伸効果でしょうか…?

今日紹介するのも3月22日オープンしたばかりのカフェ「BLUE(ブルー)」です。

場所は粟津駅からすぐのところ。

ここは、前は「ペティ・ルゥ」という西洋料理のお店だったところで、私のブログではこちらの方で紹介しています
BLUE ブルー

お店の外観を見ると、「ペティ・ルゥ」の時とほとんど変わらないです。
BLUE ブルー (4)

店内は壁は塗り(張り)直していますが、同じような感じでほぼ居抜きでした。でも、雰囲気的にはリニューアル感がありましたね。

私がお邪魔したのは3月末の日曜日。11時からの営業で私が到着したのが11:15。

新しいお店だったので混まないうちにということで早めにお邪魔しましたが、最初の客でした。

一人だったのでカウンター席に座りましたが、オープンしてまだ日が経っていないので、地元のお知り合いの方のグループなど、私が退店する頃には満席になっていました。
BLUE ブルー (5)

メニューです。ランチのオムライスセット。
BLUE ブルー (7)

それ以外にもアラカルトの食事メニューが色々あります。
BLUE ブルー (6)

ドリンク。

私は「シーズン野菜のせオムカレー(1,300円)」を頼むことに。
BLUE ブルー (9)

ランチメニューには、こちらのサラダと、
BLUE ブルー (10)

ドリンクが付いていました。ちなみにドンクは13種類からチョイスできて内5種類は追加100円必要。私は暖かい日だったのでアイスコーヒーを頼んでいます。
BLUE ブルー (11)

「シーズン野菜のせオムカレー」は、生だったり、焼かれたり、素揚げされたりした野菜がたっっぷり乗せられています。

自家製カレーには隠し味にエスプレッソを加えてありました。
BLUE ブルー (12)

とろとろ玉子焼きの中のご飯は白ご飯でした。全体的な味としては美味しかったです。

粟津駅前も昔に比べたらだいぶ寂しい感じになっていますが、新店が出来ることはいいことです。ご馳走様でした。

BLUE(ブルー)
石川県小松市符津町ウ86
TEL 090-3694-0356
11:00~21:00
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ