あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: カフェ・その他飲料

2002年4月に開館した石川県九谷焼美術館。ここは石川県の伝統工芸として世界的にも有名な九谷焼の専門美術館です。
茶房古九谷 (2)

私のブログでも2005年12月に紹介しています

実は、この間も何回か行ったことがありますが、書いていませんでした。今回、「茶房古九谷」に行ってお茶を飲んだこともあり約11年ぶりの紹介になります。
茶房古九谷 (23)

美術館の外観は大人しい感じですが、内部は非常にユニークな内装です。

この美術館を設計した象設計集団は、「お皿にとって気持ちのいい美術館をつくりたかった」ということらしいのですが、確かに、「茶房古九谷」のある2階も何となくわくわくする構造や内装仕上げになっています。
茶房古九谷 (22)

美術館のエントランスには私も良く存じ上げている九谷焼の陶芸家、山下一三さんの「3×3」というネーミングの傘立てが置かれています。山下一三さんの、ユニークな造形でありながら温かみのある九谷焼。どこかホッとさせ、笑顔にさせてくれる作品は私も大好きです。
茶房古九谷 (20)

さて、今日紹介します「茶房古九谷」は2階にありますが、外からも直接お店に入ることもできる構造になっていて、美術館の開店時間以外にも利用が可能になっています。
茶房古九谷 (3)

なだらかな曲線も多用された空間は、壁には九谷焼の陶土が張られ、桟には漆が塗られ、ガラスは九谷五彩の色彩で彩られています。
茶房古九谷 (6)

天井も高く気持ちがいい空間です。
茶房古九谷 (9)

店内はギャラリーになっていて、九谷焼の作家の力作を展示。買い求めることも可能となっています。
茶房古九谷 (12)

天気のいい日には、ベランダから外の景色(山々や木々の緑)を眺めながらお茶をするというのもいいでしょうね?
茶房古九谷 (5)

メニューはこんな感じです。写真の上の方が定番メニューで、下が期間限定のメニューになっています。

私は「加賀の紅茶(880円)」を頼むことにしました。ちょっとお高いですがお菓子が付いてくるセットメニューです。
茶房古九谷 (16)

「加賀の紅茶」は、加賀市で栽培されているヤブキタ・オクヒカリのなどの緑茶用の品種を、打越地区にある打越製茶農業協同組合で紅茶専用のラインで紅茶葉にしています。見た目は棒茶のようですが、紅茶です。

加賀の紅茶は、茶葉に含まれるタンニンが少なく、フレーバーティーのような甘みと加賀棒茶のような香ばしさを感じさせてくれる味です。そのためお砂糖やミルク、レモンなど入れずにストレートで飲みます。
茶房古九谷 (17)

渋みの少ない穏やかな味わいで、最初の1杯目は、少し渋さも感じられましたが、2杯目、3杯目はだんだんとまろやかになってきます。

ポットの中には4~5杯分の紅茶が入っていました。

あと菓子付ということで、てっきりロールケーキなど洋風なのが出されるものと思っていましたが、上生菓子で確か名前を「ふじおあい」と言っていたような記憶があります。^^;
茶房古九谷 (18)

それほど甘くなく、加賀の紅茶にも合いましたよ。

それと、「菓子工房 Yodogawa」のメレンゲのお菓子「鈴玉 ぷれーん」も添えられていました。「和三盆糖」を使っていて、口に中に入れると溶けていきます。 

ホッとできる空間で、素敵な九谷焼に囲まれて、美味しいお茶でいっぷく。至福のときでした!?ご馳走様でした。

茶房古九谷
石川県加賀市大聖寺地方町1-10-13
 石川県九谷焼美術館2F
TEL 0761-72-6366
9:30~17:30
月曜日(祝日は営業)



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

イオンモール新小松も3月24日オープンが決定しましたが、そのオープンに向けて急ピッチで仕上げが行われています。
イオンモール新小松 (2)

上の写真は2月4日時点のものですが、外観はほぼ出来上がっていますね。

先日のニュースで、イオンモール新小松で働く人が集まらずに困っている!なんてことも流れていましたが、小松市民にとっては長い間、待ち焦がれていた施設です。

特にイオンシネマが入ることがとてもうれしいですね。何せ、小松市にはここ40年近く映画館が存在していないからです。

そのため、映画を観るには、一番近い映画館でも、御経塚にあるイオンシネマに行かないとダメだというときがずっと続いていたのです。

さて、本題です。
星乃珈琲

星乃珈琲小松店はイオンモール新小松のオープンに先行して、2月1日にオープンしました。イオンモール新小松の敷地に隣接して新築で建てられています。

星乃珈琲店、金沢に2店舗ありますが、石川県内、金沢以外では初出店ということです。

今回、星乃珈琲店初入店。印象的には何となくコメダ珈琲店にも似ています。もっとも私はコメダ珈琲には過去に一度しか入ったことがないのですが……。^^;

ブログでは、多くの人が知っている全国チェーンについてはわざわざ私が書かなくても皆さんわかっていると思うので、基本取り上げないようにしているのですが、今回のようなイオンモール新小松がオープン間近ということもあって紹介したいと思います。

さて、コメダ珈琲店といえば名古屋が本社です。その名古屋では飲み物のみの値段でパンやゆで卵、お店によってはミニサラダまで付いてくるというモーニングセットが有名ですね。

私は名古屋に大昔に4年ほど住んでいたことがあるのですが、名古屋の喫茶店のモーニングセットには相当お世話になりました。

話を星乃珈琲店に戻しますが、星乃珈琲店は埼玉県の蕨市が1号店(本店)です。

今回、この記事を書くにあたって調べたら、星乃珈琲店はドトールコーヒーと同じ系列なんですね!?知りませんでした。

つまりドトール日レスホールディング傘下の日本レストランシステム株式会社の一つの部門のようです。

また「エクセルシオールカフェ」も同じグループで、ドトールは、スターバックスに対抗して、エクセルシオールカフェはコメダ珈琲店に対抗して、そしてコメダ珈琲店に対抗して「星乃珈琲店」を展開しているのです。

さて、私はオープン4日目の土曜日、木場潟にウォーキングに行く前にモーニングセットを飲み食いするために行きました。

ちょうどこの時間、イオンモール新小松の建築現場で働く人たちの出勤時間帯で、場内に入るところで土曜日にもかかわらず小さな渋滞が発生していました。
星乃珈琲 (10)

外観は蔵造りで、内部もそのような造りのエリアがありますが、この蔵造りにはどんな意味があるのでしょうか?

7時20分くらいにお店に入ったら、すでに満席で2組ほど順番待ちがありました。オープンして間もなくだったために混んでいたのでしょう?
星乃珈琲 (16)

内部はシックな感じでした。席数も相当な数です。
星乃珈琲 (12)

入口には多くの開店祝いが並んでいて、コーヒーやサンドイッチなどテイクアウトも可能になっています。
星乃珈琲 (13)

モーニングメニューはこんな感じです。

先ほども書きましたが、11時までのモーニングの時間帯は本当にお得です。ドリンクのみの値段で、トーストとゆで卵が付いてきます。他にも、色々なモーニングセットがあって、選べるのがうれしですね。
星乃珈琲 (14)

スープモーニングなんてのも体が温まっていいと思いましたが、私が選んだのはこちらの「サラダモーニング(500円)」です。
星乃珈琲 (7)

サラダの中には、ゆで卵が四分の一隠れていました。あと、パンはトーストされ細かく切られて入れられています。そうそう、ハムも四分の一でした。^^;
星乃珈琲 (9)

胃袋的には満足できませんが、土曜の朝はこの程度がいいのかもしれません。
星乃珈琲 (8)

モーニングのドリンクは7種類から選ぶことが出来ましたが、やはりここはベーシックなコーヒーでしょう?「星乃ブレンド」をお願いしました。ちなみに、+50円でさらに7種類の選択肢が増えます。
星乃珈琲 (3)

星乃珈琲店では1杯ずつハンドドリップでコーヒーを入れてくれます。

定番コーヒーですが、他店に比べて深煎りのコーヒーですね。酸味もほどよく感じられ、それでいて飲みやすく好きなコーヒーの味です。

星乃珈琲店はモーニングだけではなく、食事メニューも色々あるようで、単に喫茶店というカテゴリーにとどまらない使い勝手のいいお店かもしれませんね。ご馳走様です。

星乃珈琲小松店
石川県小松市吉竹町4丁目394
(沖周辺土地区画整理事業地内19街区)
TEL 0761-22-5110
7:00~22:00(LO.21:30)
モーニング7:00~11:00
ランチ(平日)11:00~15:00



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  


8年ほど前から小松では「女性起業チャレンジ塾」というのが開催されていて、そこの卒業生たちが作ったグループです。

余談ですが、この塾のコーディネーターは、私も存じ上げている(株)ジーアンドエス代表取締役社長の萩原さんが務めていらっしゃいます。
壱會

さて、今日紹介します、小松市西町に新しくできたカフェ「未来創造空間 壱會-ichie-」は、「小まめ」というグループのリーダーの竹本ひとみさんが作った、未来を創造する空間をコンセプトに、ワークショップやセミナーができるスペースや、マッサージやネイルなどできる個室スペースなどがあるシェアオフィス「由縁(ゆかり)」の1階にあるお店です。
壱會 (3)

竹本さんとしては、このスペースを活用して、「起業を志す女性に試験販売やイベント開催の場所を提供する。自らの経験も伝えて利用者の挑戦を支援し、地域経済の活性化につなげる。」ということを狙いとしています。素晴らしい試みだと思います。

この建物は、昔からこの地にあるもので、元は銀行、医院などがあったところで、いまも2階は「建築研究室セクションアール」となっています。
壱會 (16)

ご覧の写真に見える扉は銀行時代の金庫の扉をそのまま使っていますね。
壱會 (5)

現在、この1階のスペースは、飲食業開業を目指している能美市の梅田さんというかたが、自然栽培の発芽玄米や有機栽培された野菜を用いたカレーや日替わりメニューなどを販売しています。
壱會 (4)

また、市内の女性の方々が製作した、アクセサリーやバッグなどの雑貨、それにご覧のような小麦粉や砂糖、乳製品を使わないロースイーツなども並んでいました。
壱會 (17)

ちなみに、先ほどの金庫の扉の奥は竹本さん経営のマッサージやネイルのエリアになっているようです。
壱會 (6)

さて、ランチメニューはこんな感じになっています。

月替わりプレートの内容をお聞きすると、今月はチキンがメインということで、これは妻が注文することに。

そこで私は、「こだわりカレー(950円)」を頼むことにしました。
壱會 (8)

出されたのがこちらです。グリーンサラダ・小鉢・ミニフルーツが付いています。
壱會 (9)

カレーは、リンゴ、玉ねぎ、トマト、ニンジンなどの、いわゆるベジブロス(野菜のだし)と、スリランカのオーガニックのスパイスを使っている手間暇かけたカレーになっていて、ほど良い酸味と甘みが心地よいカレーで美味しかったです。
壱會 (10)

ちなみに野菜は有機栽培のものを使うようにしていて、ご飯は自然栽培の発芽玄米を使うこだわりです。^^;

ちなみに、小さなビーカー計量カップにはドレッシングが入れられていて、このドレッシングも甘酒を使っていたりして、こだわりの姿勢が随所に表れていますね。

ただしこのカレー、一つ困ったことがありました。それは、ご飯が玄米なのですが、このカレーだと「カレーが飲み物」に変わってしまって、噛まずに喉の奥に流れ込んでしまうことです。^^;

皆さん、注意してください。(笑い)
壱會 (12)

月替わりプレート(1,350円)のほうはこちらです。
壱會 (13)

3種類の惣菜とグリーンサラダです。チキンはグリルでしたし、煮物もあったりしてバランス的にもいい感じに見えます。

お汁は味噌汁かと思ったら、けんちん汁のようなしょう油仕立てのすまし汁でした。
壱會 (14)

体中がデトックスされるようです。

小松のまちが、竹本さんのような女性企業家のかたが活躍の場を広げれば、もっともっと活性化していくと思います。応援していきたいと思います。ご馳走様でした。

壱會(いちえ)
石川県小松市西町75番地3
TEL 0761-46-5119
10:00~18:00
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

今日はホテル併設のカフェでの朝食の話題です

最近はいわゆるビジネスホテルでは、自前のレストランを持つよりは、同じ建屋内に他資本の飲食のお店を入居させて、そこが朝食も提供しているというところが増えています。
モリバコーヒー  (2)

新横浜で宿泊したホテル、ダイワロイネットホテル新横浜もそのような形態で、1階に「モリバコーヒー」があって朝食はこちらで食べるようになっています。

まぁ、もっともお金を払うのであれば、あえてホテルの1階で食べる必要もないのですが、わざわざ出かけるのも面倒なので、いつも朝食は併設のお店で取るようにしています。
モリバコーヒー

「モリバコーヒー」は現在、善祥カフェというゼンショーホールディングスの子会社が展開していて、首都圏で16店舗、愛知県で1店舗あります。北陸や関西にはないので私はこれまで入ったことはありませんでした。
モリバコーヒー (4)

モリバコーヒーはコーヒー豆をフェアトレードで直接現地で買い付け輸入しているようで、お店の内装も、会社のシンボルマークにも書かれているブナの森をモチーフにした空間になっているようです。
モリバコーヒー (5)

朝食はご覧の3種類のモーニングプレートから選ぶことができました。
モリバコーヒー (2)

この中から私はご覧の「カルツオーネ ベーコントマトソース」をチョイス。セットで520円となっています。

ベーコンとシンプルなマリナーラソース(トマトソース)をもっちりとしたピザ生地で包んで焼き上げているカルツオーネ。
モリバコーヒー (3)

生地はピザと同様の材料で作られ、三日月型に折りたたんで調理するのが特徴。ベーコントマトソースも美味しかったです。

小さなサラダとヨーグルトデザートも付いていました。

ブレンドコーヒーの「モリバブレンド」は、さすがコーヒー専門店だけあって、香りも良く美味しかったです。エクアドルをベースにブレンドしているようでバランスがいいコーヒーでした。

ホテルの朝食といえば、バイキング形式のところが多いと思いますが、時にはこのようなカフェ形式で、まったりしながら美味しい朝のコーヒーを飲むのもいいですね。ご馳走様でした。

モリバコーヒー 新横浜アリーナ通り店
(MORIVA COFFEE)
TEL 045-473-4155
神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-1
 ダイワロイネットホテル新横浜 1F
7:00~23:00
ホテルのモーニングとしては6:45~11:00

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

コーヒー専門店のマスターって、何となく気難しそうなイメージで少し話しにくい感じがしませんか?

まぁ、単なるイメージですが……。^^;

今日紹介するお店のマスターもまさにそんな感じの人でした。
焙煎室

さて、小松の芦城中学校の前に一軒ぽつりとコーヒー専門店があります。その名も「焙煎室」。

前々から気にはなっていたのですが、ずっと行けずじまいだったお店です。

たまたま妻が仕事で不在の、とある土曜日に一人で行ってきました。

建物は目立ちません。あえてそうしているのかもしれませんが、こちらのお店、コーヒー好きの方には有名なお店のようです。

中に入ると先客がお一人カウンターでコーヒーを飲んでいらっしゃいました。
焙煎室 (4)

カウンターの中には、色々な種類のコーヒー豆を見ることが出来ます。店内はコーヒーのいい香りが充満しています。

コーヒーをお店で飲むことはもちろん、焙煎された豆を買い求めに来るお客さんの多いのでしょうね?私がいた時にも買いに来ていました。
焙煎室 (2)

メニューはこちらです。本当にコーヒー専門店です。一杯一杯ドリップして入れてくれます。また、すべて1杯350円という値段がうれしいですね。

私は一番上に書いてあったイタリアンコーヒーをお願いしました。
焙煎室 (3)

イタリアンコーヒーとは深煎りのコーヒーだそうです。

でも、それほど深煎りだとは思えないほど、最初甘さを感じました。

どうも、こちらのお店は「甘さ」を感じるコーヒーがウリのようです。

私はコーヒーについてはそれほど飲むほうではないですし、知識もそれほどありませんが、それでも美味しいと思いました。

さて、冒頭書いたコーヒー専門店のマスターのイメージについてですが。

お店のご主人、私がお店にいる間、一人でずっとコーヒー豆の選別をしていました。^^;

もっとも、それほど欠点豆(貝殻豆や虫食い豆)の選別を真剣にやられているのであれば、美味しいコーヒーを飲ませてくれるお店だということは間違いないと思います。

ただ、何となく一人でカウンターで飲んでいると、少し相手してくれてもよさそうだと思いましたが……。^^;

まぁ、物事を極めるには、こだわりが大事なのかもしれません?ご馳走様でした。

焙煎室
TEL 0761-21-9616
石川県小松市古河町2
10:00~20:00 
日曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ