あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: カフェ・その他飲料

「働き方改革法案」が4月から施行されました。

そんな中、シェアオフィスなどが注目されていて、東京などの都会のオフィス事情もだんだんと変わってきているようです。

それと似たような形態で「コワーキングスペース」というものがあります。「CO-WORKING」つまり「共同で仕事をする場所」ということになります。

シェアオフィスはその名の通りオフィスをシェアするもので、「コワーキングスペース」の場合は利用者同士が交流を図り、コミュニティを形成することでビジネスを活性化するという目的があります。

「コワーキングスペース」については私のブログでも前に紹介したことがある、同じ加賀市の「FUZON KAGA Cafe and Studio」のときも少し紹介していますので、そちらも合わせて読んでください。

今日はそんな「コワーキングスペース」にあるカフェについて紹介したいと思います。

それは山代温泉のメイン通り温泉通り沿いにあります「Coworking Cafe 山代コドン」というところ。
山代コドン (14)

元は普通の民家だったところをリノベーションしています。
山代コドン (11)

大きな窓と、開放的なスペースに木の暖かさが心を落ち着かせてくれます。
山代コドン (9)

こちらは小松市の「SWAY DESIGN」の永井さんがリノベーションの設計を担当されています。
山代コドン (16)

普段は火曜から金曜までの平日のみ営業なのですが、月2回ぐらい「ココペリ珈琲」の特別営業日というのがあって、土日休みの人でも利用することが出来ます。(営業その他についてはFacebookをみてください。)

今回私は、そんな営業日の3月の日曜日に行ってきました。
山代コドン (13)

この日はハンドメイドのアクセサリーの作家さんがお店を出していました。
山代コドン (8)

こちらのDJブースのようなところで、「ココペリ珈琲」が美味しいコーヒーを入れてくれます。
山代コドン (17)

「ココペリ珈琲」は固定の店舗を持たずに、このような場所やイベントなどに出張してコーヒーを淹れてくれるのです。
山代コドン (4)

メニューはこんな感じでした。

私は珍しさのあまり、コーヒーチェリーの種子を取り除いた果肉と果皮を乾燥させた「カスカラティー(400円)」を頼んでみました。ちなみにコーヒーは種子を乾燥・焙煎したもので、果肉と果皮は捨てられていたわけで、「カスカラティー」はとてもエコな飲み物ということになりますね。
山代コドン (19)

一応ティーバッグで抽出するお茶なのですが、ほのかにコーヒーの酸味と味がする変わったお茶でした。
山代コドン (18)

妻はこの日のブレンドコーヒー「サクラ・ブレンド(400円)」を頼んでいました。
山代コドン (12)

一杯一杯ドリップして淹れてくれます。

平日はなかなか行くことが出来ませんが、コワーキングスペースの今後を占う意味でも注目すべきお店なのかもしれません。ちなみに平日は「カスカラティー」はないと思います。ご馳走様でした。

Coworking Cafe 山代コドン
石川県加賀市山代温泉温泉通24
10:00~18:00
火~金10:00-18:00
土・日・月・祝休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

2泊4日のシンガポール出張。

短い滞在でしたが、仕事も無事終わり、深夜便で日本に帰るだけになりました。

シンガポールは国土が狭いので空港はチャンギ国際空港のみ。そのため国内線というのがありません。

しかし、その国際線のみの空港が超巨大。ターミナルが4つあって、いま5つめが建設中。名実ともにアジアのハブ空港となっているチャンギ国際空港は、シンガポールの空の玄関口にふさわしい威容を誇っています。
チャンギ国際空港 (5)

こちらの写真は行きのチャンギ空港に着陸するときの様子を写したものです。

空港があまりに巨大なため、ターミナル間はモノレールで移動。各ターミナルの中もめちゃ広く歩いて周るだけで疲れてしまいます。
チャンギラウンジ (4)

免税店も多くあって、化粧品が安かったです。ウイスキーも2本お土産で買い求めました。
シンガポール3

あと、シンガポールで人気の「Bengawan Solo(ブンガワン・ソロ)」のクッキー!これが美味しかったです。

さて今回、私の利用したANAはターミナル2からのフライト。

空港に到着して、出国する前に空港の中でちょっとひと休みすることにしました。

入ったのはたまたまその場所にあった「Terminal2 O'Coffee Club」というカフェです。
チャンギ国際空港

こちらはシンガポール発のコーヒーチェーン店。主にシンガポールに10数店舗ほど出していて、チャンギ国際空港ではターミナル3と4にもあるようです。
チャンギ国際空港 (6)

開放的なお店で、出発や到着時のちょっとした時間にコーヒーグレイクすることが出来ます。
チャンギ国際空港 (7)

そこでアイスカフェラテを頼んだのですが、全部ホットで出されました。私の英語の発音が悪かったのかな?^^;

トールサイズで一杯530円強でした。少し日本より高いかな?

さて、シンガポール。身近な国ですが7時間以上かかります。今度はいつ行けるかな?ご馳走様でした。

Terminal2 O'Coffee Club
CHANGI AIRPORT TERMINAL 2
60 Airport Boulevard, Level 2 Public Area, Singapore 819643
24時間営業


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

日本人にとってシンガポールの観光名所といえばマーラーオンが一番有名ではないでしょうか?

しかし5月6日まで定期清掃中ということで囲いに覆われていました。GWにシンガポールに行かれるご予定の方は要注意ですね。
 
当然、この間は口からの放水もストップしています。 
PSCAFE

さて、この日の夜は地元の方と一緒に夕食を食べることになりました。行ったお店がマーラーオンのすぐそばの「PS.Cafe at One Fullerton」。

シンガポールで何店舗か展開している有名なお店で、こちらは一昨年の8月末にオープンしたようです。
PSCAFE (2)

一応カフェのようですが、入ってすぐにバーカウンターがあって、奥にテラス席、メインダイニングのテーブルなどがあります。立派なレストランです。
PSCAFE (17)

インテリアは白が基調の清楚な感じでまとめられていて、また生花がたくさん飾られていて

我々はメインダイニングのテーブルへ案内されます。

マリーナ湾を臨む絶好の位置にあって、冒頭紹介したマーライオンもすぐ近くに見ることが出来るロケーションです。
PSCAFE (9)

最初の一杯として頼んだスパークリングは、イタリアを代表するスプマンテ「プロセッコ」。
PSCAFE (7)

お水と炭酸水ペリエも。

まずおつまみとして頼んだのはポテトフライ。といってもただのポテトフライではありません。
PSCAFE (10)

「トリュフ・フレンチフライ(PS.TRUFFLE SHOESTRING FRIES)」。「PS.Cafe」のスペシャリテの一つです。パルメザンチーズがたっぷりかけられ、トリュフオイルのいい香りが食欲をそそります。

これが美味しかった。もちろん揚げ立てでサクッとした食感。食べる手がとまりませんでした。

あとサラダも頼んだと思いますが写真はありません。

こちらは「ツナの春巻き タルタルソース(TUNA TARTARE SPRING ROLL AVRUGA CAVIAR SESAME SAUCE)」。
PSCAFE (11)

「黒い真珠」と呼ばれるアブルーガ・キャビアに胡麻のソースで。アブルーガはスカンジナビアニシンの卵をレモン果汁などで調味加工したものです。

メインは「真鯛の炭火焼 ブロッコリー アスパラガス タルタルソース(CHARGRILLED SNAPPER & GREENS CHARGRILLED BROCCOLINI ASPARAGUS ZUCCHINI TARTAR)」。
PSCAFE (14)

ソースもさっぱりとした感じで美味しかったです。

最後は「ビーフルンダン(レンダン)丼?(BEEF CHEEK RENDANG RICE BOWL SNCKY TEMPE TOFU PICKLED BROCCOLI CAULIFLOWER FRIED QUAIL'S EGG 2FSTY SAMBAL)」。
PSCAFE (15)

「ビーフルンダン(レンダン)」は、ココナッツミルクと香辛料で長時間煮込んだ肉料理でマレー由来の伝統的な煮込み料理のことです。これは肉料理だったので私は食べませんでした。
PSCAFE (12)

アルコールの2杯目は「スイカとバジルスマッシュカクテル」です。
PSCAFE (13)

こちらは一緒に行った人が頼んだシンガポール・スリング。シンガポール・スリングといえば、ご存じシンガポールの有名ホテル「ラッフルズ・ホテル」内にある「ロングバー」発祥のカクテルです。

ちなみに今、「ラッフルズ・ホテル」は全館改装中ですが、「ロングバー」は営業しているようです。

以上飲み食いして、一人50S$。日本円で4,200円ほどでした。

内容と味、コスパ的にも満足できました。しかし、地元の人のアテンドがなかったら入らないお店だったかもしれません。ご馳走様でした。

PS. Cafe One Fullerton
1 Fullerton Rd., #02-03B/04 One Fullerton
Singapore 049213
TEL: +65 8812 3198
月~木11:30~23:00
金11:30~24:00
土9:30~24:00
日9:30~23:00
(フードのラストオーダーは22:30)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


いつの間にか閉店になっていて残念だなぁ~と思っていました。

2月末の日曜日、天気がいいので粟津方面にでも写真を写しに行こうと思いぶらぶら。

そうしたら、ふとしたことで気が付いたのですが、いつの間にか大王子の眼下にある粟津温泉交流広場の真ん前にカフェが出来ているではないですか!?
トロワ

外観は最初美容室かと思ったくらい味気ない?感じがして、すぐにはカフェが併設されているとはわかりませんでした。

お店の名前は「SALON de CAFE トロワ」
トロワ (4)

中に入ってお聞きすると、昨年12月にオープンしたということで、まだ新しいお店です。

そのまま少しお話させていただくと、冒頭書いた「ケールキッチン(KALE KITCHEN)」が移転オープンしたお店だと知りびっくり!

本当は違うお店でランチしようと思っていましたが、急きょこちらで食べることにしました。
トロワ (3)

前の「ケールキッチン(KALE KITCHEN)」では、野菜だけ、それも熱を加えていないローフードのランチ、そしてケールなど自然食品だけで作ったドリンクを出すお店だったのですが、掲げられていたランチメニューを見ると、スパゲッティやピラフなど普通のカフェメニューが並んでいるではないですか!?
トロワ (6)

こちらについてもお聞きすると、ドリンクメニューや食事の素材にはこだわっていて、健康にいいものを使っているとのこと。ローフードは夏メニューに加えるとのことでした。

内装ですが、「ケールキッチン(KALE KITCHEN)」のときもケミカル系のインテリアで理科の実験室的な雰囲気があったのですが、こちらは、それが進化して未来の実験室的な感じになっていました。
トロワ (5)

お店には何故かミラーボールが!これは前のお店のもの??まぁ、居抜き感がある内装でした。こちらも創創点の村井くんが手がけたのかな?

そして私がランチメニューの中から選んだのは「ナポリタン定食(税別1,200円)」。単品では1,000円ですが、ランチは200円プラスでスープとサラダが付いてきます。
トロワ (15)

ウオーターグラスは、「ケールキッチン(KALE KITCHEN)」のときもそうでしたが、理科の実験の時に使用されるビーカーです。
トロワ (13)

まずはスープとサラダが出されます。
トロワ (12)

サラダは無農薬野菜にオリジナルのドレッシング、ソイマヨ。野菜の味が濃いです。
トロワ (16)

中にはポテトサラダが隠れていました。

スープはオニオンスープ。この味は玉ねぎだけで出しているのかな?美味しいです。

そしてナポリタンです。

「ケールキッチン(KALE KITCHEN)」のときのイメージがあったので、変わったナポリタンが出されるのかな?と密かに期待して待っていましたが、出されたものはいたって普通(笑い)のナポリタンでした。
トロワ (18)

スパゲッティの麺は「アサクラパスタ」の古代小麦を使ったものでした。色々こだわっていますね。味は素通に美味しかったです。(笑い)
トロワ (19)

ちなみに、ピラフのほうは残留農薬無のお米を使用して、ギー(グラスフェッドバターで自家製で精製)で仕上げているようです。

セットには食後のドリンクやデザートは付いていません。別途でしたがこの日は頼みませんでした。ローフードメニューが始まったら、また行ってみたいと思います。ご馳走様でした。

SALON de CAFE トロワ
石川県小松市粟津温泉ワ38-3
TEL 080-1956-9269
9:00~21:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

いちごの品種も色々ありますね。いっぱいありすぎてここでは書きません。^^;

で、いちごの生産量1位は栃木県なのです。ちなみに2位は福岡県。

栃木県では、とちおとめ、スカイベリー、ロイヤルクイーンが有名で、福岡県はご存じあまおうです。

ということ、今日は栃木のいちご「とちおとめ」ネタです。

宇都宮から小松に戻るとき、帰りの新幹線の時間まで少しあったので、駅ビルをぶらぶら。そこでお茶することにしました。
縁

お店はパセオの1階にある「縁(enishi エニシ)」。
縁 (2)

お店は昔懐かしい駄菓子屋さんのような趣で、その中にカフェコーナーがあります。

駄菓子屋さんのように見えるスペースは、いわゆる「栃木のセレクトショップ」で、お店のWebページを見ると「農業と食を通して繰り広げられる豊かで健康的なライフスタイル。人と人との出会いから生まれる様々な地域の物語。栃木から全国、それぞれの縁を結ぶ場所。それが「縁」enishiの提案です。」と書かれていました。
縁 (11)

カフェコーナーも、昔風の食堂?にインテリアされていました。

中に入って掲げられていたメニューを見ます。カフェメニューは一般的なドリンク類が多かったです。
縁 (3)

その中から「とちおとめフレーバーティー(380円)」という文字が目に入りました。

せっかく栃木に来たのだから、ここは栃木らしい?ものを飲もうということで、そちらをオーダーすることに。
縁 (5)

出されたのがこちら。

昔からあるアルミ製のお盆に乗せられて、こちらも昔のポットでしょうか?そちらにストレートティ(ダージリン)がたっぷり入った状態で出されました。

ティーカップの方も白い味気ない感じのもので、その中にドライイチゴ(ドライトチオトメ)のスライスが入れられています。栃木を代表するいちごの品種「とちおとめ」を一般的な凍らせてから水分を蒸発させるドライフルーツ製法ではなく、1ヶ月かけて水分だけを抜く「ヒートドライ」によるドライフルーツ製法で作られているのです。

そのため、保存料、着色料、香料、甘味料などの添加物を一切使用しなくて、イチゴの酸味や甘み、そして自然な色合いを保ったまま保存がきくのだそうです。

さて、ダージリンティを注いでしばし待ちます。
縁 (8)

ドライイチゴのせいなのか、紅茶の風味以外はあまりしないようです。

一杯飲んでから、ドライトチオトメを食べてみましたが、こちらは酸味も甘みもあってイチゴの風味を感じることが出来ました。

結局、お茶は3杯以上の量で、お茶でお腹がふくれました。^^;
青源 (12)

ちなみに、こちらのドライトチオトメは、お店でも売られていました。

カフェ主体のお店ですが、オムライスなどのランチメニューもありましたよ!ご馳走様でした。

縁(enishi エニシ)
栃木県宇都宮市川向町1-23
 宇都宮駅ビルパセオ1F
TEL 028-612-2271
10:00~20:00 (L.O.19:00)
食事は11:00~19:00
パセオの休業日に順ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ