あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: カフェ・その他飲料

白山市でランチを食べた後に立ち寄ったお店の紹介です。

それは松任駅近くの白山市松任文化会館ピーノ1階に、5月に移転オープンした「コーヒーハウス 茶々」という喫茶店です。

私はあまりこのような喫茶店には近年行かないのですが、たまたま松任駅近辺でカフェがないかネットで調べていたところ、新聞記事の電子版にこちらのお店が紹介されていました。グルメの記事ではなかったのですが内容的に少し気になって立ち寄ったのです。

その記事を読むと、こちらのお店は放課後児童クラブを運営するかたが経営されていて、いまは7つの児童クラブの理事長をしているほど。児童クラブの子どもたちを放課後に支援したいということ云々で、こちらの方に移転されてきたようです。

そのような方が経営する喫茶店がどんなお店なのか興味が湧いたから行ってみることにしました。

結論から言うと、お店自体はいたって普通でした。^^;
茶々 (9)

入口は会館の外側と、
茶々 (5)

こちらの会館内部からも入ることが出来ます。

さて私が行った、とある5月の土曜日。真夏のような暑さの日。12時半ごろお店の入ると、小さなお子さん連れのお客さんがいらっしゃいました。
茶々 (3)

お店は意外と広く、ガラス面が多く、明るい店内です。

この日はランチを別なお店で食べた後だったので、カフェ利用でした。
茶々 (2)

ランチメニューもありましたよ。
茶々

私はこちらのケーキメニューの中から、ドリンクが付いて850円のケーキセットをオーダーすることに。

ケーキは「りんごのタルト」です。家ではまず食べないケーキです。^^;
茶々 (8)

甘そうですが、それもなかったです。煮りんごもたっぷり入っていて、辛党の私にも食べやすいタルトでした。

お店オリジナルのヨーグルトのようなチーズ「フロマージュ・ブラン」が添えられています。
茶々 (7)

ドリンクはコーヒーです。

普段は紅茶にすることも多いのですが、新聞記事に「看板メニューはコロンビアなど4種類の豆を組み合わせたブレンドコーヒー」と書かれていたため頼んでみました。

コーヒーは特段に美味しいと感じたわけではありませんが、万人受けする味だったかもしれません。

小さな子供たちの支援をこれからも頑張って続けていただきたいと思います。ご馳走様でした。

コーヒーハウス 茶々
石川県白山市古城町2
 白山市松任文化会館
TEL 076-227-9323
10:00-18:00
月・火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

賃料の高い東京や大阪などの都会では、昼と夜、別々の飲食店が営業しているというところが多くあります。

大体がお昼営業の方が間借りしているという構図です。

特にお昼がカレー店で、夜がバーとか小料理屋さんとかやっているケースが目立ちます。

でも石川県ではまだまだそのような例は少ないのではないでしょうか?

今日は白山市(旧鶴来町)に、この2月11日にオープンした日本茶と西洋甘味のお店「胡京(KOMACHI)」の紹介です。
胡京

まずはお店自体がユニークです。

典型的な地方の寿司店に日本茶と西洋甘味のカフェ?の組合せは、やはり少し変わっています。日本茶と西洋甘味という組み合わせが「おや?」と思わせてくれます。

営業は、寿司店の夜の営業に影響がないように15時クローズと、時間厳守で終了となります。

間借りで賃料を相当低くしてもらっているのでしょうね?原価を抑えるためやむを得ないのでしょう?
胡京 (10)

中には生けすがありました。やはり寿司店です。
胡京 (4)

我々が行った時は13時ごろ。座敷は一杯でカウンター席に座ります。

お一人で切り盛りされているので、満席に近くなると対応に少し時間がかかるようです。

なお、こちらのお店をやられているのは、金沢駅前のポルテ金沢の地下で営業している「The Olive Oil Kitchen」でシェフを務めていたかたです。
胡京 (9)

カウンターの付け台と冷蔵ネタケースは白いクロスで隠されていて、茶葉が置かれていました。
胡京 (18)

こちらの写真のタブレット錠のものがおしぼりです。
胡京 (19)

水をかけると膨らんできて冷たいおしぼりになりました。
胡京 (7)

そしてメニューです。

色々な種類の日本茶が楽しめますね。

私はその中から、好きな日本茶(温かいもの)3種類のお茶が楽しめる「利き茶(税別500円)」を頼みました。一杯250円の日本茶を3種類で500円というお得なセットになっていました。
胡京 (21)

出されたのがこちらです。出されてから気が付きましたが、色合いが緑一色で、もう少し見た目が違う種類を頼めばよかったと反省。^^;

左から「煎茶 静岡の水車むら農園」「深蒸し茶 八女の牛島製茶」「抹茶入り玄米茶 高村園」。

やはりプロが入れると、よりお茶の甘みを感じることが出来て美味しかったです。

スイーツは、私は「理想のぷりん(税別450円)」。
胡京 (16)

個人的にはプリンをシンプルに頂きたかったですが、デコレーションがされていました。プリンは濃厚な味わいで美味しかったです。

本当は温かい加賀棒茶と合わせて食べるのがベストマッチだそうです。
胡京 (20)

妻は「温かい日本茶セット」で、甘味の値段プラス税別150円(税別)です。2種類の内「水出し煎茶 静岡の水車むら農園」にしていました。
胡京 (11)

スイーツのほうは「ANMITSU:2019(税別500円)」と横文字で書かれている「あんみつ」です。
胡京 (13)

シャンパングラスに入れられた蜜をお椀の具の中に注ぎ込んで食べます。
胡京 (14)

こちらはインスタ映えするスイーツで、味の方もあんこナシでハーブが添えられていて、和と洋を合わせたような後口のいい甘さのスイーツでした。
胡京 (15)

お聞きすると、色々やりたいことはあるので、ずっとこちらで営業するわけではなく、本当は金沢市内に出てやりたいと話されていました。頑張ってほしいですね。ご馳走様でした。

日本茶と西洋甘味 胡京(KOMACHI)
石川県白山市井口町ろ56-17
「寿し善」内
TEL 090-5681-5947
12:00~15:00
木曜休(その他HP参照)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お旅まつりの時に駅前のイベントや商店街などをぶらぶらしていて、のどが渇いたのでお茶することにしました。

入ったのは飴屋通りにある「ティールーム 泉」。
ティールーム 泉

知る人ぞ知る小松の老舗の純喫茶です。いまや純喫茶という呼称も天然記念物的な響きがあります。

もしかしたら学生時代に入ったことがあるかもしれませんが記憶にありません。

何と趣のあるお店なのでしょう!看板から店内の細部に至るまでこだわりが感じられます。オープン当時は最先端の喫茶店だったでしょう?

お店の名前の「泉」の字もデザインされています。いいデザインですね。
ティールーム 泉 (3)

店内に入ると、「珠玉と石の文化」として日本遺産に登録された小松の石材をお店の至るところにふんだんに使っていたり、いぶし銀のようにデザインされた木材の仕上げ。
ティールーム 泉 (12)

国宝級のレジスター。(笑い)
ティールーム 泉 (8)

メニューまで年代物です。^^;

創業53年経過しています。飴屋通りの商店街のアーケードも多分そのぐらいの時間が経っているでしょう?

まぁ、そろそろ、というかだいぶ前からでしょうが、このアーケードをどうするか?といった問題があると思いますね。

そんなことはさておき、「ティールーム 泉」は、おいくつくらいでしょう?だいぶ相当ご年配の女性の方一人で切り盛りされています。
ティールーム 泉 (7)

喫茶店を始めて53年になるそうです。20年前までは今は亡き旦那さまと一緒にやられていたようです。先月、平成から令和に変わったばかりですが、こちらのお店はいまも昭和の時間が流れている感じです。

奥さまに伺うと、旦那さんは趣味の絵画に没頭?されていたようで、用事があって留守番頼んだ時しかお店に居なかった!と笑っておられました。
ティールーム 泉 (6)

その旦那さんの描かれた絵が店内に飾られていました。

ここで一つご注意を!奥さま、お耳がだいぶ遠いようなので大きな声で話しかけたほうがいいです。

先ほどのメニュー、いつから価格改定されていないのでしょうか?コーヒーが1杯350円です。
ティールーム 泉 (9)

妻はそのコーヒーを。
ティールーム 泉 (10)

私はアイスコーヒー(400円)をお願いしました。
ティールーム 泉 (4)

中庭に面した日当たりのいい席に座り飲みます。緑を眺めながらゆっくりと飲みます。時間が止まったような感覚です。

いつまでお店を続けられるかわかりませんが、今後ともお元気で美味しいコーヒーを淹れていただけることを願っております。ご馳走様でした。

ティールーム 泉
石川県小松市飴屋町20
8:00~17:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

GWに大阪に遊びに行った時は本当に良く歩きました。

普段から歩く方なのですが、それでも一日に約20kmは歩いた方です。

天王寺から新世界、そしてなんばOCATまで歩いてのどが渇いたので入ったお店が「野菜直売 Green Cafe(グリーンカフェ)」です。
グリーンカフェ

産地直送の八百屋さんを併設していて、こんな都心に八百屋さん?って思うほど野菜の品揃えが豊富でした。
グリーンカフェ (2)

大阪に住んでいた時には、OCATは2~3度しか利用したことがありません。当時からこのお店があったかどうか覚えていません。
グリーンカフェ (3)

こちらではそんな野菜をふんだんに使った日替わりのランチメニューが人気なようです。
グリーンカフェ (4)

我々はランチはすでに食べていたので、新鮮野菜を使ったドリンクを飲む目的で入りました。

セルフサービスのお店で、席を確保してカウンターでオーダー、その場で支払って出来上がるのを待ちます。

我々は、フレッシュスムージーの「赤野菜スムージー」と「緑野菜スムージー」を頼んでシェアして飲むことに。

こちらの「赤野菜スムージー(560円税込)」には、トマト・人参・セロリ・バナナ・りんご・オレンジが使われています。リコピンたっぷり赤色野菜で美肌にも効果的だそうです。
グリーンカフェ (5)

ちょっと舌に刺激がある感じで、酸味も合わさってある意味スパイシーな味でした。

「緑野菜スムージー(同)」には、小松菜・法蓮草・りんご・キウイ・豆乳が使われています。ビタミンUがたっぷり入っています。
グリーンカフェ (6)

こちらの方は、りんごとキウイの甘さが最初にきて、緑系野菜が健康的な味をプラスしてくれている感じがしました。

のどが渇いていたので、二人してあっという間に飲み干してしまいました。

体も元気になった気がして、この後も二人とも頑張って心斎橋経由で長堀橋まで歩くことが出来ました。ご馳走様でした。

野菜直売 Green Cafe(グリーンカフェ)
大阪府大阪市浪速区湊町1-4-1
 OCAT 1F
TEL 06-6644-3051
8:00~21:00
モーニング8:00~10:30
ランチ10:30~15:00
定休日はOCATモールに準ずる


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

GWは観光地はどこも賑わっていました。

私はGWに県内外の色々なお店に行き、だいぶブログネタがたまりました。順番に徐々にアップしていっています。

さて、前に紹介した「風と緑の学都音楽祭」に行った時、金沢の街をぶらり歩きました。

この日はいいお天気で気温も上がり夏日になるような陽気だったので、のどが渇いたため、どこかでお茶すことにしました。

せせらぎ通りに新しいカフェがオープンしたことを知っていて、近くなので行ってみることに。

北陸新幹線が金沢まで延伸してからは、鞍月用水沿いにはおしゃれなお店がたくさん並んでいます。

そんなお店の中で、東京からのIターンした若い男性がオーナーとしてカフェを昨年オープンさせています。
カフェ アシト (3)

金沢の街が気に入ったようで、縁もゆかりもないそうですが、移住してお店をやることにしたそうです。近頃、東京から金沢に移り住んでお店をオープンする人が増えていますね。一極集中と言われて久しいですが、こんな形で石川県に住んでくれるというのはうれしい限りです。
カフェ アシト

そのお店の名前は「カフェ アシト(cafe ASHITO)」。

狭いお店で、2人掛けのテーブル席が2つ。カウンターにもイスが2脚置かれていて、あとは立ち飲みです。
カフェ アシト (8)

「アシト」は漢字ではこの字をあてます。コースターに書かれていました。意味は「葦のように長く」というようなことだったでしょうか?そのように聞いたと思いますが間違っていたごめんなさい。

さて、カフェでコーヒーを淹れる男性というイメージは「寡黙なスタイル」ですが、このお店の男性は違いました。よくしゃべります。さすが都会育ち?です。

我妻も東京出身なので、それがきっかけで話が弾みました。
カフェ アシト (2)

メニューです。ただし毎日のように変わるようです。

それほどきれいな字ではありませんが、手書きの温かみのあるメニューですね。種類は多くありません。人気の月とピエロさんのパンを使ったトーストなども食べることが出来ます。

のどが渇いていたのと、この日は気温も高かったので、二人とも冷たいドリンクを所望しました。
カフェ アシト (7)

私はアイスカフェオレ(550円)。
カフェ アシト (6)

妻はアイスコーヒー(450円)です。
カフェ アシト (9)

一杯一杯ハンドドリップして淹れてくれます。

コーヒーは深煎り豆(スマトラ)を使用したものでした。

客層も若い人が中心で、気軽に訪れて飲んでいくスタイルでの利用が多いのかもしれません。

彼には金沢でこれからも頑張ってほしいですね。ご馳走様でした。

カフェ アシト(cafe ASHITO)
石川県金沢市香林坊2-11-5
TEL 080-9673-8010
7:30~18:00
水曜休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ