あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: カフェ・その他飲料

9月29日にサンパーク辰口内に新しいお店がオープンしました。
ブラウンドロップ (2)

もっとも私はこれまでにサンパーク辰口に行ったことはありませんで、今回初めて店内に足を踏み入れることに。

店名は「ブラウンドロップ(Brown Drop)」。野々市にあるカフェ、ドライフラワーのリースなどの制作体験、ワークショップを行う「nuit」というところが姉妹店として出したお店です。

了解を頂き店内を写します。
ブラウンドロップ (5)

テイクアウト中心ですが、お店にはカウンター席のイートインコーナーがあって、コーヒーなどのドリンクと一緒に、サンドイッチやマフィン、キッシュなどを店内で食べることが出来ます。
ブラウンドロップ (6)

サンパーク辰口内の他のお店と違って、ちょっと違和感がある感じがしました。^^;

「nuit」がドライフラワーのリースなどの制作体験をやっているだけあって、リースがたくさん飾られていました。
ブラウンドロップ (4)

メニューはこんな感じです。

ベジランチ弁当というのもありますが平日限定ということで、私が行った土曜日は、サンドイッチとスイーツはカウンターに並んでいるものの中から選んで食べることになります。。

何種類かサンドイッチがカウンターに並んでいましたが、ハーフサイズであったり、鴨ロースが使われていたりして、結局私は「厚切りベーコン(430円)」を食べることに。
ブラウンドロップ (15)

中に挟まれているベーコンは確かに厚切りで、パンはどちらのを使っているのかはわかりませんが、モチッとした食感のカンパーニュでした。
ブラウンドロップ (17)

ブレンドコーヒーも一緒に頼んでいます。400円です。金沢の別院通りに4月28日移転オープンした「Sunny Bell Coffee」の焙煎コーヒーを使用していました。
ブラウンドロップ (16)

一杯一杯ドリップで淹れてくれます。バランスのとれた味のブレンドですね。
ブラウンドロップ (14)

あとテイクアウトとして、最後の一個となっていたこちらの「サーモンとクリームチーズのキッシュ(300円)」と、
ブラウンドロップ (13)

おやつとして「ブルーベリーとクリームチーズマフィン(250円)」と「アップルシナモンクランブルーマフィン(250円)」を買い求めました。

キッシュはクリームチーズの味がきいていました。

マフィン2種は私は食べていないのでわかりませんが、上品な甘さで美味しかったようです。

この手のイートインのお店って、意外に経営が難しいのではないかと勝手に思っていますが、頑張ってほしいと思います。ご馳走様でした。

ブラウンドロップ(Brown Drop)
石川県能美市辰口町505
 サンパーク辰口内
TEL 080-9809-7967
10:00~19:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 


今回、熱海ではもう一軒、隈研吾氏デザインの絶景カフェがあるということで、そちらにも行ってきました。なお、このカフェには「アカオハーブ&ローズガーデン」の入園料を支払う必要があります。

場所は先日観光編で紹介した「アカオハーブ&ローズガーデン」の一番見晴らしのいい場所です。

熱海は海の近くまで山が迫っている土地。その急な斜面に作られた「アカオハーブ&ローズガーデン」からは、本当にすぐ間近に海を眺めることが出来ます。
アカオハーブ&ローズガーデン (26)

初島もきれいに見ることが出来ます。
アカオハーブ&ローズガーデン (8)

急な坂をバスで登って降りたら、すぐに目的のカフェ「COEDA HOUSE(コエダハウス)」があります。
アカオハーブ&ローズガーデン (10)

完成オープンは昨年9月。まだ新しいカフェです。

ところで、富山県に富山市呉羽舞台芸術パークという施設があって、その敷地の中に「呉音(クレオン)」というカフェ&レストランがあります

ここも同じく隈研吾氏がデザインしたお店なのですが、基本的なコンセプトや構造は同じようなものではないかと思えるほど似ています。

ただ、富山のほうは外部にも木組みが出ていて、内部も木組みという少し空間的には開放感を犠牲にしている構造なのに対して、こちらはすべての壁が強化ガラスになっています。テーブルトップまでガラスでした。
アカオハーブ&ローズガーデン (16)

そのため、本当に開放感があるカフェで、進化しているというわけです。隈研吾氏曰く「自然と共鳴した空間」なのだそうです。構造的には、中心に1500本のヒノキを49層に積み上げた柱があって屋根を支えています。

この進化は、構造強度を高めるためにカーボンファイバーを使っているとのこと。推測するに石川県の会社である小松マテーレ(旧小松精練)の熱可塑性炭素繊維複合材料「カボコーマ・ストランドロッド」を使っているのではないでしょうか?

何せ、小松マテーレ(旧小松精練)の研究施設「ファブリック・ラボラトリー [fa-bo(ファーボ)]」の設計を手掛けているのも隈研吾氏なのですから。あぁ、これは私の単なる推測ですが。

ガラス部分は一部開閉可能になっていて、私たちはその海に面したカウンター席に席を確保しました。

メニューにはドリンクとスイーツ。
アカオハーブ&ローズガーデン (15)

「アカオハーブ&ローズガーデン」の中にあるカフェらしく「バラ」にちなんだドリンクやスイーツがありますね。

スイーツはオリジナルで、世界的なパティシエの辻口シェフがオーナーの七尾の「LE MUSEE DE H(ル ミュゼ ドゥ アッシュ)」のシェフパティシエの藤井幸治さんがプロデュースしています。彼は2016年のパティシエ世界大会で第3位に輝いています。

熱海産の橙を使用したタルトフロマージュがお店のウリのようで、ほのかに香る柑橘の風味とチーズの味わいが口の中に広がる人気No1商品なのだそうです。
アカオハーブ&ローズガーデン (20)

我々は、同じタルトフロマージュのショコラミント味にしてみました。期間限定のチョコミント味で、園内で栽培されたミントが使われていました。
アカオハーブ&ローズガーデン (19)

そしてこちらの「コエダクーヘン」も頼みました。

みかんハチミツを使用したバウムクーヘンで、確かにみかんの香りがほんのり、上品な甘さで美味しかったです。

ドリンクは私はこちらの「バラのサイダー(450円)」を頼みました。
アカオハーブ&ローズガーデン (23)

ほのかにバラの風味がするサイダーで、アロマ感があって優しい味でした。
アカオハーブ&ローズガーデン (21)

妻は「ローズヒップ&オレンジ(550円)」。妻の母は「ローズジュース(500円)」を頼んでいました。

全員、ローズで決めてみました。

開放的な空間で、外の新鮮な空気をいっぱい吸って、この日移動やなにやらで疲れていた体と心まで癒してくれました。ご馳走様でした。

アカオハーブ&ローズガーデン
 内 COEDA HOUSE(コエダハウス)
静岡県熱海市上多賀1027-8
TEL 0557-82-1221
9:00~17:00 入園は16:00まで
12月・1月の毎週火曜日(※12/29~1/3は営業)
入園料1,000円が必要


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

歳を重ねていくとともに食べるものについても意識するようになります。

出来れば体に良さそうな食材や味付けを好むようになってきました。

とは言いながら、外食ではヘルシーよりはやはり美味しいものを食べたいのが人情。まぁ、誘惑に負けることが多いかもしれません。^^;

今回お邪魔した金沢市大額にある「レディバードキッチン」は、肉や魚を使わず、卵もなるべく使わないようにしていて、調味料についても、添加物の入ったものは使わず、可能な限りオーガニックなものや国産のものを選んでいるそうです。

そんな情報を仕入れて行ってみることにしました。
レディバードキッチン (3)

カーナビに入れてお店に向かいます。でも、最初お店がわからずに周辺を一周。よーく見たら見つかりました。緑に囲まれ建物も緑色なので目立たないお店なのです。

予約を入れて行きましたが、土曜のお昼12:10頃、先客は2組。

男性のオーナー?の方お一人で切り盛りされていて、何となく時間がかかりそうだと思ったら、確かにオーダーから料理が出されるまで30分ほどかかりました。

いつもお一人で切り盛りされているのかわかりませんが、行かれる方は時間に余裕を持っていかれたほうがいいかもしれません。
レディバードキッチン (4)

内部はこんな感じです。
レディバードキッチン (7)

窓が大きいのですが、緑が垂れ下がってきていて、店内は少し暗めです。

この手のお店では珍しく小上がりのスペースもありました。
レディバードキッチン (9)

メニューはこんな感じです。ランチもディナーも共通のようで、ワンプレートのセットランチがウリのようです。

しかし、私は、そのメニューの下に書かれていた「ブラウンライスバーガー」という文字に目が行き、オーガニックなカフェで出されるライスバーガーとはどんなものか興味がありオーダーしました。
レディバードキッチン (14)

で、出されたのがこちら。見た目は中のパテ?に使われているソースが濃い味のように見えます。黒いです。
レディバードキッチン (15)

それに真逆の白いソースも!こちらもマヨネーズや玉子は使っていないので、さっぱりとした味でした。

黒白両方合わさってちょうどいい塩梅!?

パテ?にはレンコンと玉ねぎが入っていてシャキッとした食感がありました。肉はソイ・ミート。それにスーパーフードとしても知られている「高きび」が使われているようです。
レディバードキッチン (17)

サラダとみそ汁が付いています。
レディバードキッチン (16)

サラダももちろん有機野菜を使っていて、量もたっぷりよかったです。みそ汁は塩分控えめ、みそ汁の具として野菜たっぷり下に沈んでいます。しかし、動物系の素材を出汁で使っていないので、若干うま味が少ないかもしれません。

妻のほうはワンプレートのセットランチで、9月から5月限定メニューの「蓮根団子のチリソース」を頼んでいました、
レディバードキッチン (10)

こちらにはサラダと季節野菜の小さなおかず4品に玄米ごはんと味噌汁が付いています。色々な食材を楽しめていい感じです。
レディバードキッチン (11)

メインの「蓮根団子のチリソース」は、チリソースというよりは味的には酸味がきいていて酢豚のソースのようでしたね。

こちらのお店のワンプレートのセットランチはヘルシーなメニューが多いのですが、中華風のテイストの味付けが多かったです。もしかしたら中華料理のお店で働いていたことがあるのでしょうか?
レディバードキッチン (8)

今回は頼みませんでしたが、ドリンクやスイーツもオーガニックなものが多かったです。

最近はこのようなお店も増えてきましたが、こちらのお店はオープンして7年ほど経っていて、続いているのは支持されているからでしょうね?ご馳走様でした。

レディバードキッチン
 lady bird kitchen
TEL 076-287-5414
石川県金沢市大額3-169
10:00~21:00
Lunch(月、火、木、金、土)11:00~15:00
Dinner(月~土)17:30~21:00
日曜、水曜のランチ休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

大阪にプライベートで行った時に必ずと言っていいほど立ち寄るのが靭公園です。

大阪に住んでいた時に買い物に行くときによく通っていたところで、緑が比較的少ない大阪でも心が休まるオアシス的なエリアだからです。
靭公園 (7)

ちなみにこちらの写真は昨年の末に来た時のものです。

今回、妻が近くのキャンドルショップで買い物をしている間に、当初は靭公園を散策するつもりだったのですが、残念ながら大粒の雨が降りしきる時間だったため、公園の散策は諦めて雨宿りを兼ねてお茶することにしました。

そこで見つけたのがこちらのお店です

この場所は私が大阪本町に住んでいた時には有名なパン屋さん「ブランジュリ・タケウチ」があったところです。時々買いに来ていました。懐かしいです。

懐かしいので調べてると、「ブランジュリ・タケウチ」は今は西宮で「生瀬ヒュッテ」という店名になっているようです。

「ブランジュリ・タケウチ」のあとは、飲食店ではない店舗だった記憶がありますが、商売の場所としてはどうなのでしょうか?
チャシツ ジャパニーズ ティー アンド コーヒー

さて、「チャシツ ジャパニーズ ティー アンド コーヒー」とカタカナが並んでいるお店は、日本茶とおはぎのお店です。
チャシツ ジャパニーズ ティー アンド コーヒー (3)

日本茶とおはぎというと、本当に日本的なお店のようですが、店内には本が並べられていて、「働く」や「仕事」をキーワードに集められたおよそ300冊以上の本を自由に読むことができるというユニークなスペース。内装もシンプルでナチュラルな空間となっていました。

お店は2階と3階にも席があります。
チャシツ ジャパニーズ ティー アンド コーヒー (4)

こちらの1階は、本を読みながら落ち着いてゆったりとくつろいだり、和菓子のおはぎがバーガーになった「おはぎバーガー」を気軽にテイクアウトしたり、色々な楽しみ方が出来るお店になっています。

中に入って最初にオーダーをして支払いを済ませてから席で待ちます。
チャシツ ジャパニーズ ティー アンド コーヒー (2)

私はおやつセットを頼むことにしました。おやつセットは好きなドリンクと好きな味のおはぎバーガーもしくはパウンドケーキが付くセットで、合計金額から50円割引になります。
チャシツ ジャパニーズ ティー アンド コーヒー (5)

私はドリンクは「抹茶ラテ(450円)」。おはぎバーガーは「塩ずんだ(280円)」を頼みました。
チャシツ ジャパニーズ ティー アンド コーヒー (6)

最初、おはぎバーガーというからには、それなりの大きさがあるのかと思ったのですが、小さなサイズでしたね。

でも、これはよかったです。それほど甘くなく塩気もほんのり効いていて、一緒の抹茶ラテともいい関係でした。

「抹茶ラテ」は甘さも希望で変えてくれます。私は甘さ控えめでお願いしました。

テイクアウトを考えた紙カップでしたが、抹茶ラテが450円なので、個人的には店内で飲食する場合はちゃんとしたカップで飲みたい気がしました。

靭公園という大阪でも住環境のいいエリアで、この手のお店は貴重だと思います。これからも頑張っていただきたいと思います。ご馳走様でした。

チャシツ ジャパニーズ ティー アンド コーヒー
大阪府大阪市西区靱本町1-16-14
 HELLOlife 1F
TEL 06-6147-3286
月~金
11:00~18:00
土・日
10:00~18:00
第2第4火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

皆さんは「スモーブロー」という北欧の郷土料理のことはご存じでしょうか?

私は、今回こちらのお店のことを知るまでは知りませんでした。

「スモーブロー」とは、北欧、特にデンマークの郷土料理のことで、「スモー」はバター、「ブロー」はパンを意味しているようです。


中之島図書館は1904年に「大阪図書館」として開館しているので、114年経過していることになります。
中之島図書館

入るのは今回が初めて。ネオ・バロック様式でなかなか荘厳な雰囲気の図書館です。歴史を感じます。
中之島図書館 (6)
中之島図書館 (3)

内部は、この中央ホールエリアのも写真撮影が可能でした。
スモーブロー キッチン ナカノシマ

そんな中に「スモーブロー キッチン ナカノシマ」があります。

西日本初のスモーブロー専門店だそうで、2年半前にオープンしています。
スモーブロー キッチン ナカノシマ (15)

中に入ると、ケースに色々な「スモーブロー」が並んでいます。美味しそうです。
スモーブロー キッチン ナカノシマ (2)

店内は昔の面影を残していて、天井も高く開放感もありました。
スモーブロー キッチン ナカノシマ (4)

ちょうど我々が行ったのは朝10時過ぎ。この時間はモーニングタイム(11時まで)で、ご覧のようなA~Cの3種類の設定がありました。

そこで私は「エッグ(税別880円)」のBセットをお願いすることに。「温泉卵とベーコンとパルメジャーノのスモーブロー」です。

セットにはスープ・サラダ・ドリンクが付いています。
スモーブロー キッチン ナカノシマ (9)

まずスープが出されます。カボチャのポタージュです。
スモーブロー キッチン ナカノシマ (8)

モーニングセットですが、サラダは大きなお皿でたっぷり出されます。

そして「スモーブロー」が出されます。いわゆるオープンサンドイッチです。
スモーブロー キッチン ナカノシマ (12)

中のパンが見えません。何だか見ためはシーザーサラダですね。
スモーブロー キッチン ナカノシマ (14)

サラダを少しのけるとライ麦パンが顔を覗かせます。モーニングなので薄めの切り方でした。

温泉玉子を崩してサラダ・ベーコンと一緒に食べました。ボリュームもたっぷりでよかったです。

妻が頼んだのはCセットで、「牛肉の自家製ハムとレムラードソースもスモーブロー(税別1,000円)」。
スモーブロー キッチン ナカノシマ (11)

こちらも中のパンがまったく見えないほど盛られています。妻はお腹いっぱいになったようです。
スモーブロー キッチン ナカノシマ (10)

ドリンクは私は本日のハーブティで、この日はカモミール。すっきりした後口でした。妻はアイスコーヒーです。
スモーブロー キッチン ナカノシマ (3)

ちなみにお水はデトックスウォーターでした。

最初、モーニングなので、それほど量的には期待していなかったのですが、味も含めてですが期待以上でした。

場所の雰囲気も良く、初体験の「スモーブロー」も味わえて満足です。ご馳走様でした。

スモーブロー キッチン ナカノシマ
 Smorrebrod kitchen Nakanoshima
050-5592-6244
大阪府大阪市北区中之島1-2-10
 中之島図書館2F
9:00~20:00(フードL.O.19:00 ドリンク19:30)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ