あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: カフェ・喫茶・その他飲料

どんなジャンルでもそうですが、専門店が増えていますね。

飲食店でいえば、昔は何でも食べられるお店がもてはやされた時期がありましたが、今の時代、差別化といった理由が大きいのでしょう?それに提供範囲を絞ったほうが、初期投資が抑えられることも、専門店が増えている理由の一つだと思います。

さて石川県では、日本茶の中でもほうじ茶のほうが昔から親しんで飲まれています。いわゆる加賀棒茶ですね。だいぶ全国的にも認知度が上がってきました。

ただし石川県民は決して緑茶が嫌いなわけではなく、私が小さいころは普段飲むのは番茶であるほうじ茶で、お客様がいらっしゃった時に緑茶を出すといった使い分けをしていた記憶があります。

もちろん、金沢は加賀藩のころから茶道が盛んな土地柄で、抹茶に親しむかたも多いと思います。

今日紹介する金沢市富樫の日本茶専門店「ザ ティー ショップ チャノミ(THE TEA SHOP CHANOMI)」は、日本茶の中でも抹茶を楽しむお店で、日本茶専門店「茶のみ」が手掛けるカフェなのです。

ウェブを見てみると比較的新しい会社のようですが、茶の湯文化の盛んな金沢において抹茶は欠かせないアイテムです。

他に石川県内で抹茶を飲ませてくれる専門店があるかどうか私には不明なのですが、ある意味ないのが不思議なお店だったのかもしれません。

少し関係がありそうなお店としては、昨年、白山市の寿司店を間借りして営業している「日本茶と西洋甘味 胡京(KOMACHI)」というお店を紹介したことがあります

ちなみに、強い日差しが当たらないように育てられた茶葉で作られた碾茶(テンチャ)を粉末にしたものが抹茶で、普通の茶葉を粉末にしたものは単に粉末緑茶なのですね。

こちらのお店は2018年6月20日にオープンしています。堅苦しいお手前のようなものではなく、上抹茶をカジュアルに飲ませてくれるのです。
チャノミ (2)

白い建屋は日本茶のお店っぽくはありません。
チャノミ (8)

店内はモダンなインテリアで、大きな窓と長いカウンター席が目を引きます。
チャノミ (6)

こちらがメニューです。スイーツも充実していました。
チャノミ (5)

また抹茶以外の日本茶についても色々あります。

日本茶の産地は全国各地に有名どころは色々ありますが、こちらのお店では宇治・西尾・伊勢・八女の4か所の上抹茶を楽しむことが出来ました。

各々の特徴が書かれています。

宇治(京都)は口当たりがよく どんな食べ物でも相性抜群
西尾(愛知)は香りが抜群にイイ
伊勢(三重)は渋味がステキな上抹茶
八女(福岡)はふくよかなコクが口いっぱいに広がります

ドリンクとしては、上抹茶(ホット・アイスで普通のサイズ486円大きいサイズ594円)と上抹茶ラテ(ホット・アイスで普通のサイズ540円大きいサイズ648円)のどちらかを選び、そして先ほどの4つの産地を選びます。

上抹茶のほうは、本命?の宇治茶でお願いしています。
チャノミ (12)

抹茶ですが、ガラスの細長い器に入れられて出されました。

上抹茶ラテは普段あまりなじみのない伊勢のお茶でお願いしました。少し渋めのが特徴のようですが、ミルクフォームで優しい味になっています。ラテにしたのが間違いだったかな?^^;
チャノミ (15)

この細長い器はラテを飲むにはちょっと飲みにくかったです。ストローなどが欲しい気がしました。

お茶菓子に「棒茶の米粉ブラウニー(324円)」も頼んでいます。
チャノミ (11)

「碾茶棒焙じ」を使用していているようですが、クッキーに近い固さのブラウニーなので、もう少し柔らかいほうが香りが立つのでは?と思ってしまいました。。

少し勝手なことも書いたりしましたが、抹茶専門店というジャンルを確立してほしいと思うお店でした。ご馳走様でした。

ザ ティー ショップ チャノミ(THE TEA SHOP CHANOMI)
076-227-9400
石川県金沢市富樫2-8-24
9:30~19:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

ここ数年、石川県内にもオーガニックや自然食、さらにはベジタリアンやマクロビオティック、ヴィーガンなどの食事を提供するお店が増えました。

ひと口にオーガニック、自然食、ベジタリアン、ヴィーガンといっても各々定義が違うわけで、本当にピンからキリまであって、範囲も広いのではないでしょうか?
のっぽくん

今日紹介します野々市市に一昨年10月にオープンしたオーガニックとフェアトレード対応のお店「のっぽくん」。
のっぽくん (30)

1階部分は、オーガニックフードなどの飲食品を販売するお店。
のっぽくん (29)

そして2階がカフェになっていて、こちらは卵・乳製品・肉・魚などの動物性食材、白砂糖を使用しない料理を提供するお店です。
のっぽくん (7)

卵・乳製品・肉・魚などの動物性食材、白砂糖を使用しないのであれば「ヴィーガン」と謳ってもいいように思いますが、なぜか表立っては表記していないですね。
のっぽくん (21)

ちなみに「ヴィーガン」のお店については、私のブログで中ノ峠ミュージックラボ内で営業している「ヴィーガンカフェ ヘヴンズキッチン ヘルズバー」があります。

さて、カフェへは階段を上がって2階で靴を脱いで入るようになっていました。

床やテーブルには木が使われていて、シンプルな内装と家具。
のっぽくん (10)

子供連れのかたはこのスペースに案内されます。おもちゃや図書コーナーなどがあって気軽に小さな子供を連れての食事が出来ますね。

この日は1月の3連休の月曜日。小さなお子さん連れの家族のかたが多かったです。子供には身体にいい食事を食べさせたいという親心でしょうね!?
のっぽくん (13)

なお2階にもフェアトレードやエコロジーな雑貨・衣類を販売するコーナーがあって、我々はヤクの毛糸を使ったソックスなど色々買いました。
のっぽくん (11)

まずは席を確保してから、こちらでオーダー。料金は後払いです。
のっぽくん (18)

メニューはこんな感じでした。

ただし毎週月曜と休み明けの日は「のっけランチ」のみの提供となっていて、のっぽくんランチ(1,700円)、アルちゃんランチ(1,500円)、親子ランチ(2,000円)は毎週月曜と休み明けの日以外のときにオーダー可能です。

我々は、「のっけランチ」として設定されている「ベジタブルカレーランチ(税込1,450円)」と「ベジタブルタコライスランチ(税込1,450円)」両方を頼んでシェアすることに。

ご飯はもちろん玄米で、この日は林農産の「無農薬栽培のミルキークイーン」でした。

「ベジタブルカレーランチ」がこちら。
のっぽくん (24)

ライスはサフランライスと玄米が二層になっています。

カレーはお子様のことも考えて甘めの味付けで、辛さを求める方には辛みを付ける薬味みたいなものが添えられていました。

そしてこの日のおかずは「大豆ミートの唐揚げ」で照りソイマヨソースがかけられたもの。

またスープはこの日のサービスで付いていました。普段スープは別料金なのかな?
のっぽくん (28)

また食後に「ヴィーガンおまかせケーキ」とドリンクが付いていて、この日のケーキは「小松菜とくるみのパウンドケーキ」。サイズはミニサイズです。
のっぽくん (19)

ドリンクはこちらのコーナーで、好きなのをセルフで作って1杯のみ飲むことが出来ます。
のっぽくん (27)

私は久しぶりにカモミールティーにしてみました。ホッとできる風味です。妻はオーガニックコーヒーです。

もう一つの「ベジタブルタコライスランチ」がこちら。
のっぽくん (22)

サルサソースのタコミートには、牛肉ではなくソイミートが使われていますね。
のっぽくん (23)

味的にはカレーと同じくスパイスが効いた感じではなく、ソイミートの甘みが勝っている感じでした。

なお、食べ終わった食器類はカウンターまでセルフで返却してほしいとのことです。ご協力を!

おしぼりがなかったのと、紙ナプキンも付いてこなかったのが少し?マークでしたが、今流行りのSDGsに取り組んでいるなど、健康や環境、そして国際的な貧困対策につながる「フェアトレード」にも積極的な「のっぽくん」。応援したくなるお店でした。ご馳走様でした。

のっぽくん
石川県野々市市本町2-1-1
TEL 076-246-0210
10:00~19:00
第3月曜休(加えて不定休あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日もお正月休みのネタが続きます。

「まちカフェ」は建築家谷口吉生氏設計の「加賀片山津温泉 総湯」の2階にあるスタイリッシュなカフェです。
まちカフェ (2)

前回は片山津バーガーという加賀市のご当地グルメの一つである「イタリアンまちバーガー」を食べてブログで紹介しています

こちら正月3が日はお店がお休みで4日からの営業でした。さっそく4日に行ってランチを食べてきました。

混んでいることを予想していましたが、11:40ごろ到着で待ちは一組だけ。しかしながらなかなか席を立つ人がいなかったため、20分強待ったでしょうか?やっと席に案内されます。我々の後は、待つことなく案内されていました。
まちカフェ (15)

ご覧のように大きな窓ガラスが全面にあり、片山津の柴山潟を一望できるカフェです。残念ながらこの日は雲がかかって見えませんでしたが、天気がいいと柴山潟越しに白山を望むことが出来るので、景観もご馳走のカフェなのです。

冬の間は天気がよくないので、あまり映えないときが多いですが、春から秋にかけては、テラス席でお茶などするのがおすすめです。(ただし食事は出来なようです)
まちカフェ (7)

こちらがメニューです。

ランチタイムにはランチメニューの「まちカフェランチ」が設定されています。

こちらはパスタかピザにドリンクとデザートが付いたセットメニューとなっていて、税別で1,120円。
まちカフェ (5)

この日はパスタ2種類。ピザ3種類からチョイスできました。

我々3人とも「まちカフェランチ」を頼み、私は「エビとキノコとブロッコリーのグラタンピザ」にしました。
まちカフェ (10)

最初にスープが出されます。カボチャのスープです。バゲットはパスタ注文の人のみに付いています。
まちカフェ (13)

ピザのほうは最初相当濃いめの味かな?と思いましたが、ホワイトソースでそれほど飽きが来ずに食べることが出来ました。具もたっぷりでよかったです。

しかし昨年末のジョリーパスタから、今年の京都ペペロッソ、そして今日と、クリーム系のイタリアンメニューばかり食べているような気がします。^^;

私にとっては珍しいことです。
まちカフェ (12)

妻はパスタで「鴨と九条ネギの和風スパゲッティ」を頼んでいました。

鴨は燻製処理されているのが使用されていて、パスタは一般的なスパゲッティでした。
まちカフェ (11)

息子はピザで「マルゲリータ」。少々焼き過ぎの感も?

「まちカフェランチ」にはデザートとドリンクが付きます。
まちカフェ (14)

ドリンクは私は紅茶。デザートは冬でしたがソフトクリーム。加賀パフェ用のを使っているのでしょうね?

前回訪問してから約2年ぶりでしたが、開放感があるカフェで景色を眺めながらのランチタイムは、食べ物の味以上の幸せ感を感じることが出来ます。ご馳走様でした。

まちカフェ
石川県加賀市方片山津温泉乙65-2
TEL 0761-74-5500
10:00~17:00(L.O.16:30)
ランチ11:30~14:00
17:00以降の予約は要相談


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

辰口の芳珠記念病院の道路を挟んで建っている「社会福祉法人 陽翠水」が経営する「G-Hills ジーヒルズ」。ここは共生型福祉施設で、2018年4月にオープンした新しい施設です。

障がいを持った人たちだけが利用する施設ではなく、「子ども・障がい者・高齢者が共に生きる共生型福祉施設」となっています。

共生型福祉施設といえば、前に紹介したことがある「Share金沢」などもその一つで、今や全国的に普及してきているようです。
ちゃうすカフェ (10)

ゆったりとした敷地に平屋建ての施設が建てられていました。「Share金沢」は緑の中の環境でしたが、こちらは開放的な敷地ですね。
ちゃうすカフェ

さて、「G-Hills ジーヒルズ」の建物内には、だれでも利用できるカフェスペースがあって、名前を「ちゃうすカフェ」といいます。

11時半ごろお店に到着しましたが、誰もお客さんはいませんでした。
ちゃうすカフェ (5)

店内は木の温もりを感じさせてくれる明るい空間で、障がいを持った人たちにも優しい空間。女性の方お二人で切り盛りされていました。

我々がお店に入った後、2組ほどのお客さんが入って来られましたが、施設を見来られた方の利用のようでした。
ちゃうすカフェ (3)

こちらは入口に出されていた定番のメニューです。ランチはおおむねこんな感じです。
ちゃうすカフェ (7)

店内のメニューのランチ用のものです。こちらはパスタ。
ちゃうすカフェ (9)

カレーメニューです。

ドリンクを含めて、メニュー自体は一般的なカフェと変わらないでしょうね。

最初、パスタメニューの下の方に出ていた「タコライス」を頼んだのですが、冬期間はやっていないということで、私は「カニのトマトクリームソース(税別680円)」を頼むことに。メニューに「人気No.1」と書かれていたのでそれにしました。
ちゃうすカフェ (14)

最初にサラダが出されました。
ちゃうすカフェ (15)

トマトクリームソースで、カニの旨みがプラスされています。ソースが自家製かどうかは不明です。

妻のほうも「人気No.1」と書かれていた「オムレツカレー(税別730円)」です。
ちゃうすカフェ (16)

出された時は、こんな感じです。
ちゃうすカフェ (17)

きれいなオムレツです。このオムレツをスプーンで割って広げると、いわゆる「タンポポオムライス」のような感じになるわけですが、あまりうまくいかなったようです。^^;

カレーについてもルーはどうしているのでしょうか?まぁ、ちゃんとした調理環境が整っている感じがしませんでしたので、業務用のを使っているのかもしれません。

福祉施設内にこのようなカフェが併設されていると、ちょっとしたときにゆっくりお茶するなど便利ですね。これからもこのような共生型福祉施設が増えていくだろうと思います。ご馳走様でした。

ちゃうすカフェ
石川県能美市緑が丘11丁目49番地1
 G-Hills ジーヒルズ内
TEL 0761-51-7795
月~木9:00~17:30
金・土9:00~20:00(予約がある場合は22:00まで)
日・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

加賀市の動橋から山中温泉の手前にある四十九院トンネルへ向かうときに通る県道39号線。

山中温泉に行くときにいつも通る道です。

その途中に、コンテナを建屋に使用した飲食店が出来ていたのは前々から知っていたのですが、これまで行くことはありませんでした。

いつもそばを通る時、お店の前にビンテージカーというかオールドカーというか、昔懐かしいフェアレディZやスバル360などの車が置かれていて気になっていました。

たまたま山代温泉の別のお店でランチを食べようと思っていたところお休みで、ちょうど、こちらのお店のことを思い出して行ってみることに。

オールドカーを数台所有しているようですが、冬だったからかお店に前には置かれていませんでした。残念です。
ロフトカフェ

大きなコンテナを3連装して、外回りや中を改造してカフェにしています。
ロフトカフェ (4)

ただモノがコンテナなので、あまり断熱効果がなく冬の時期は相当寒いようです。
ロフトカフェ (3)

店内には一つ薪ストーブが焚かれていたのですが、薪ストーブのまわり以外は寒い感じでした。^^;

イスやテーブルは、こちらもビンテージモノ?を再利用していますね。
ロフトカフェ (6)

壁に貼られているポスターなども懐かしいものばかりでした。

私はストーブの隣に陣取りメニューを見ます。
ロフトカフェ (2)

基本、ランチメニューはうどんとそば類。他にはカレー・炒飯・牛丼です。

私はこの日は麺類の気分ではなかったので、炒飯を頼むことに。500円は安いです。
ロフトカフェ (7)

数分で出されたのが、こちらです。きれいに盛りつけされていますね。

見てすぐわかりましたが、我が家でもお昼などで時々食べていた炒飯です。^^;

まぁ、あまり炒める音がしなかったので変だなと思っていました。

500円と安いので、これはこれでアリかと思いますが、カレーや牛丼もそうなのかな?

もっとも、お店の様子からして、それほどランチ目当てで来るお客様が少ないので、そのために材料を揃えておくのはリスクがあると思います。

ランチはあくまでも、サイドメニュー的な位置付けでしょう?

オールドカーファンにはうれしいお店で、車談義に花を咲かせるにはいいお店かもしれませんね!?ご馳走様でした。

ギャラリーロフトカフェ
石川県加賀市塔尾町リ77
TEL 0761-71-0897
9:00~21:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ