あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: カフェ・喫茶・その他飲料

石川県を代表するイノベーティブ・フュージョン料理のお店「SHOKUDO YArn(ショクドウ ヤーン)」。

「ミシュランガイド北陸 2021 特別版」で星1つを獲得している名店で、私のブログではこちらで紹介しています

そんな有名なお店の隣に、昨年12月1日に小松市浮柳町から移転リニューアルした「のさか小松店」がオープンしています。

イオンモール新小松から東に延びる道沿いにも色々なお店が出来てきて発展してきました。

今回の移転リニューアルの際、「のさか」としては新しいサービスであるカフェを併設していました。

「雑貨や新商品を取り揃えて新しい靴屋のかたちを皆様に体験していただきたいと取り組んでおります。」ということで始められたようです。
のさか小松店 (2)

とても立派な建物です。
のさか小松店 (3)

店内は吹き抜けで解放感がある作り。面積も靴屋さんとしてはとても広いです。
のさか小松店 (11)

私自身は、靴についてはほとんどこだわりがない方で、こちらのお店のようなオーダーメイドに類するような靴は一足も持っていません。
のさか小松店 (17)

こちらの工房で靴が作られているようですね。

今回、こちらの店舗を訪れた目的は、併設のカフェを使用するため。靴の見学はそこそこにカフェスペースに移動します。今回はイートインで利用しました。

こちらでオーダーしてから席に座ります。
のさか小松店 (4)

オーダーした品はテーブルまで運んでくれますが、飲み終わったあとは、返却コーナーまで運んであげましょう。
のさか小松店 (10)

広いスペースでインテリア系の雑貨なども並べられていて、買い求めることが出来ました。
のさか小松店 (9)

こちらはテーブルに置かれていたメニュー表です。
のさか小松店 (12)

妻と二人で頼んだのは「自家製レモネード(495円)」と
のさか小松店 (13)

「自家製ジンジャエール(495円)」。容器はテイクアウト兼用でした。

炭酸割でお願いしました。両方とも甘さ控えめ。

あと「ワッフルプレーン(220円)」も頼んでいます。
のさか小松店 (14)

オーダーが入ってから焼き上げたもので、それほど甘くないホットなワッフルでした。

靴屋さんの新しい試みの今後に注目かもしれません。ご馳走様でした。

プロフェッショナル シューフィッティング のさか小松店
石川県小松市吉竹町1丁目39
0761-46-6627
TEL 10:30〜19:00
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

デジタル技術の進化が著しい昨今。

デジタル技術を活かしたサービスについても色々出てきています。

今日は、石川県加賀市が取り組み始めた事例の紹介です。
hana-no-ya・cafe-no-ya (4)

加賀市山代温泉でAR(拡張現実)技術を活用した石川県内初の次世代型の公園「山代スマートパーク」が4月末にオープンしました。

場所は山代温泉の大型旅館だった松籟荘の跡地。松籟荘は私も何度か行ったことがありますが、ヨーロッパ調の建物が印象的な温泉旅館でした。

さて、山代温泉の「山代スマートパーク」は、基本的には都市型公園をベースに多目的な用途をサービスとして加えた施設だと言えます。
hana-no-ya・cafe-no-ya (7)

「山代スマートパーク」では、「デジタルサイネージ」「コワーキングスペース」「ワーケーション」と横文字が並びますが、AR(拡張現実)技術を使って近未来的な公園の活用の在り方を提案しているようです。

これらの横文字の意味についてここでは書きませんが、この辺りは今回行ってみての感想としては、正直あまり良さがわからなかったところがあります。

謳い文句として「なんにでも使える」ということは結果的に個別の使い勝手が悪くなるといった要素をはらんでいるからです。まぁ、今後のアイデア次第ということなのでしょう。

この「山代スマートパーク」に中には、前述の色々な使われ方をサポートする目的で、「hana-no-ya・cafe-no-ya」というフラワーショップ&カフェが入っていました。
hana-no-ya・cafe-no-ya (5)

ただ、カフェは「コワーキングスペース」「ワーケーション」をサポートする機能としてはわかるのですが、花屋さんがどのような意味合いを持つのかはいまいちわかりませんでした。
hana-no-ya・cafe-no-ya (11)

ちなみにこちらの花屋さんは、小松駅の西口側にあったお店が移転しています。
hana-no-ya・cafe-no-ya (15)

一方「cafe-no-ya」のほうで我々は、ドリンクを買って春の陽気な中テラス席で一服することにしました。
hana-no-ya・cafe-no-ya (8)

店内にはカウンター席もありました。ガラスの扉が多く、明るい日差しが差し込んでいます。
hana-no-ya・cafe-no-ya (14)

こちらがメニューです。
hana-no-ya・cafe-no-ya (12)

ガラスケースの中にはスコーンが並んでいます。
hana-no-ya・cafe-no-ya (21)

私は「ブレンドコーヒー(320円)」を頼むことに。
hana-no-ya・cafe-no-ya (20)

妻は「チョコ・ラテ」を頼んでいます。テイクアウト可能な容器
hana-no-ya・cafe-no-ya (22)

あと、「ちょっこっと贅沢チョコ((100円)」も頼んでいます。口溶けがいいチョコでした。
hana-no-ya・cafe-no-ya (19)

ちょうどいい季節で、外でドリンクを飲むと爽快な気分に浸れました。

さて今後「山代スマートパーク」がどうなっていくかについては興味津々です。ご馳走様でした。

フラワーショップ&カフェ
hana-no-ya・cafe-no-ya
石川県加賀市山代温泉15-39-1
 山代スマートパーク内
TEL 0761-77-0087
10:00~18:30
年始のみ休み



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

私自身若いころはクラッシック音楽については興味がありませんでした。

しかし、10年前に小松に戻ってきてから毎年「ラ・フォル・ジュルネ金沢(現在は風と緑の学都音楽祭に変わっています)」のコンサートを聴きに行くようになって、だんだんと好きになってきました。

今年のGWにも行っています。

もっとも、特にどんなジャンルが好きとか決めていないので、まぁ、にわかファンと言ってもいいのかもしれませんが。

先日のGWにも風と緑の学都音楽祭に行って、2つのプログラムを聴いてきました。
CAFEヤギヤ

今日紹介するのは、そんなクラッシック音楽を楽しめる金沢市寺地のカフェ「CAFEヤギヤ」。

なぜヤギがモチーフなのか聞きませんでしたが、苗字が八木さんなのかな?
CAFEヤギヤ (4)

こちらのお店は、店内で単にCDでクラッシック音楽を聴くということだけではなく、実際にクラッシックのミニコンサートが開かれているカフェなのです。
CAFEヤギヤ (16)

木造の2階建ての建屋。

店内に入ると、2階まで吹き抜け。靴を脱いで店内に入ります。

店内も木の温もりを感じる空間。音響的にもちゃんと設計されているのでしょうね?1階には色々な楽器と大きなスピーカーをはじめとする音響機器が並んでいました。
CAFEヤギヤ (5)

置かれているグランドピアノは世界三大ピアノの一つ「ベヒシュタイン」だそうです。

我々は、2階の窓と壁際にある席に座ることにしました。
CAFEヤギヤ (6)

2階からコンサート演者の演奏を見下ろすことが出来るようになっています。

この日かけられていたのはオペラの楽曲でしょうか、荘厳な音楽でした。
CAFEヤギヤ (9)

カフェメニューです。
CAFEヤギヤ (8)

裏面にはランチメニューもありました。

私が頼んだのは「自家製ゆず・ジンジャーティー(600円)」。
CAFEヤギヤ (11)

ゆず皮を生姜シロップに漬け込んであるのを使ってのオリジナルティー。

飲み終わった後のゆずはもちろん食べることが出来ます。この日はまだ少し肌寒かったのですが体が温まりました。

妻は「フレーバーティー(550円)」です。
CAFEヤギヤ (10)

この日はブラッドオレンジ。ほど良い酸味でした。

こちらのお店でお茶をしていると、心地よい音楽も相まって、時間がゆったりと流れているような気になりました。

今回は時間の関係で慌ただしくお店を後にしましたが、本当は時を忘れてゆっくりしたいところです。

ちなみに、こちらでは10時半まではモーニングもやっていて、朝の清々しい時間にゆったりモーニングなんてのもいいですね!?ご馳走様でした。

CAFEヤギヤ
石川県金沢市寺地1-5-21
TEL 080-8696-6158
8:00~17:30
モーニング8:00~10:30
ランチ11:30~15:00
日曜・月曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

福井県北部のそば巡りの合間に一服したお店の紹介です。

Nora」という坂井市三国町にあるアグリツーリズモを体験できる施設にあります。
Noraカフェ (18)

ミニ動物園・いちご狩り・農園レストラン・宿泊・パスタ食堂・カフェなどがある複合型のところで、駐車場は第5駐車場までありました。大きな施設ですね。

ミニ動物園まであるので、いいお天気で家族連れに方が多くいらっしゃいました。
Noraカフェ (19)

ヤギがのんびりとひなたぼっこ。

ちなみにAgritourismo(アグリツーリズモ)とは、「アグリカルチャー(農業)とツーリズム(観光)をあわせた造語で、農作業を手伝いながら宿泊する」という意味があるようです。
Noraカフェ

さて、我々が入ったのは「Noraカフェ」。イチゴを使ったパフェ・スイーツ専門店&カフェです。
Noraカフェ (6)

店内に入ると、こちらではイチゴを使ったケーキやプリンが売られています。
Noraカフェ (5)

メニューにはイチゴのパフェなど並んでいます。

2階がカフェスペースになっていて、イートインする場合は、まずはカウンターでオーダーをして料金を支払って2階に上がって呼ばれるのを待つわけです。
Noraカフェ (8)

2階は多くの人が入れるスペース。

広い窓から太陽の光が注ぎ込んで明るい空間でした。

呼びブザーが鳴って取りに行きます。

我々が頼んだのは「いちごプリンアラモードパフェ(900円)」と「いちごのカフェオレ」。

「いちごプリンアラモードパフェ」は細長くて不安定な形状で、セルフサービスのため2階まで持って上がるとき緊張しました。汗
Noraカフェ (11)

自家農園で作られてたいちごがたっぷり使われています。あとはプリンとパイ、そして生クリーム、上にはチョコがトッピングですね。細長いので少し食べにくかったです。
Noraカフェ (12)

「いちごのカフェオレ」のほうはいちごの風味が楽しめるカフェラテ。

いちごミルクのほんのりいちごの風味。甘さは控えめでした。

なお。いちごの季節以外は旬のフルーツを使った商品になるようです。

駐車場が5か所ありますすが、近くの駐車場は混みあっていましたが、他はそれほどでもなく、カフェのほうも我々がいる間は、行った時点で他の方はお一人だけいらっしゃっただけでした。

あと、人手不足なのか飲み食べ終わったグラス類が返却スペースにたくさんたまっている状態でした。汗

「アグリツーリズモ」という、ある意味先進的な試みの複合施設。ちょうど今がイチゴの旬の時期で、GW期間中多くのお客さんで、さぞや賑わうだろうと思います。ご馳走様でした

Noraカフェ
福井県坂井市三国町池上53-1
TEL 0776-97-8783
10:00~17:00(L.O.16:30)
火曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

いよいよGWになりました。新緑の季節ですね。

さて、小松市にも景観的に素晴らしいと思える場所はいくつかあります。

その中でも個人的には、木場潟から眺める白山の眺望が一番ではないかと思います。

霊峰白山、当然のことですが見る位置によって形を変えます。木場潟から見る白山は、手前に木場潟が入ることによってより雄大な姿に見え、また両側にほぼ均等に流れる形は美的にも素晴らしいです。

ただ、2024年春の開業を目指して工事が進んでいる北陸新幹線の高架工事。小松市内はすべて完成しているわけですが、ちょうど木場潟湖畔に沿って北陸新幹線が通ることで、木場潟の西側から木場潟沿いに見る白山の眺望が高架によって悪くなりました。

今日はそんな白山と木場潟を眺める絶好のロケーションにあるカフェを紹介します。
コッコロ (18)

それは「Coccolo(コッコロ)」で、前回は6年半前にお邪魔しています

行ったのは4月の最初の日曜日。当初雨が降る予報だったのですが、いい方に外れて午前中を中心にいいお天気に。

我々は、いいお天気に誘われて木場潟まで桜を愛でに出かけました。

しかし桜のほうは、残念ながらこの時点では3分咲きくらいで、まだ見頃ではありませんでした。

そのまま木場潟周辺のどこかでランチをしようと何軒か電話をするも、当日だと予約で一杯とか日曜日が休みだったりして、なかなか行く店が決まりません。

やっと、こちらのお店で「混んでいるので料理を出すまで時間がかかりますがいいですか?」という条件付きでお邪魔することに。
コッコロ (3)

大きな窓から眺める景色は素晴らしい!
コッコロ (4)

ただ、前述の通り景観面では新幹線の高架は邪魔と言え、その面では景観はスポイルされました。

もっとも北陸新幹線が開通すると、新幹線を見るためにお店には子供連れの家族の利用が多くなる可能性はありますが…。

また山側には雲がかかっていて、白山を見ることが出来ませんでした。
コッコロ (7)

ランチメニューです。

「Coccolo Lunch(1,600円)」はパスタ、ロコモコ、オムカレーという3つから選べて、さらにパスタは5種類からチョイスできました。6年半前とそれほど変わっていませんね。

値段は1,380円から1,600円になっています。

私は前回オムカレーを頼んでいるので、今回はロコモコにしてみました。

この日、子供連れの家族が何組か居ましたが、オムカレーとロコモコは子供向けのメニューとしてもいいのかもしれません。

まず前菜のサラダプレートが出されます。
コッコロ (9)

こちらの内容も6年半前と似ている気がします。もちろん、変わっていないことはいいことだとも言えます。

野菜サラダのドレッシングはオリジナルでおいしかったです。
コッコロ (8)
コッコロ (11)

パスタの妻のセットにはパンが付いていました。

そしてロコモコ。白いご飯だけではなく玄米も選べるので私は玄米にしています。地元の矢崎町で栽培されているお米を使っていると書かれていました。
コッコロ (12)

ハンバーグは自家製。ハワイではではロコモコにはグレイビーソースが定番ですが、こちらではデミグラスソースでした。少し甘めです。

また玄米は柔らかめに炊かれていました。

妻はパスタで、「タコと春キャベツのバジルソース」。前回もバジルのをチョイスしているバジル好き。
コッコロ (10)

バジルの季節には少し早いので、出来合いのバジルソースを使っているのでしょうか?
コッコロ (15)

デザートは3点盛り。
コッコロ (14)

何れもデミサイズですが二人で内容が違っているので色々楽しめてよかったです。
コッコロ (17)

ドリンクは私はアイスティー。
コッコロ (16)

妻はコーヒーです。

余談ですが、料理はそれほど出されるまで時間がかかりませんでしたが、デザートとドリンクが出てくるまで時間がかかりました。しかし、予約時の電話でわかっていましたのでノープロブレムです。

大きな窓からは白山と木場潟の綺麗な景色を望みながらのランチ、心が癒されますよ。ご馳走様でした。

Coccolo(コッコロ)
石川県小松市矢崎町ナ-198
TEL 0761-23-5563
11:30~18:00(L.O.17:00)
(ランチタイムは11:30~14:00)
木・金曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ