あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

カテゴリ: カフェ・その他飲料

富山でランチをしたときのお店について紹介します。

「カフェブルーリーブス(cafe BLUE LEAVES)」は、富山空港へ向かう道の途中。マンションというか4階建てのアパートの1階にあります。
カフェブルーリーブス

富山空港から来ると、あまり目立たない作りで気が付かないかもしれません。

営業はランチの時間帯のみ。潔いです。
カフェブルーリーブス (2)

内装はシンプルでナチュラル感があります。

我々が伺ったとある平日は、女性のオーナー?のかた一人で切り盛りされていました。中にもしかしたら誰かいたのかもしれませんが?
カフェブルーリーブス (3)

ランチメニューはこんな感じです。

A(1,000円)とB(1,200円)の2種類ですが、お得なのは、メニューにも書かれていますがAとB両方とも頼むセットです。1,600円とお得になっています。一応、Aの単独メニューからおにぎりと、Bについてくるミニサラダはありませが、それでもすごくお得な価格設定になっています。

Aメニューは、野菜たっぷりプレートに玄米おにぎりとスープ付きで1,200円となっています。
カフェブルーリーブス (7)

ナムルのような感じのものあったり、とにかく使われている野菜の種類が半端なく多いのです。30種類ほど盛られているそうですが、見えるところでは、ヤングコーン・オクラ・カブ、キュウリ・ナス・カボチャ・サツマイモ・トマト・紫玉ねぎ・セロリ・もやし・ニンジン・カイワレ・レタス・ミョウガ・ごぼう・スプラウトなど。あと中にキャベツがあったかな?他にもあったかもしれません。

ひじき煮や松前漬のようなものも添えられていました。

写真ではわかり辛いかもしれませんが、ボリュームが凄いのです。
カフェブルーリーブス (10)

ドレッシングは白いのがヨーグルト、濃い色のはエゴマを使ったものでした。
カフェブルーリーブス (4)

寒い時期はせいろ蒸すになるようですね。ご覧の「富山やくぜん」の認定書も置かれていました。

Bメニューのセットは次の6種類から選ぶことが出来ました。

グリーンカレー
サラダアボカド丼
ねばとろ丼
タコライス
チキントマト煮込み
喫茶店の鉄板ナポリタン

この中から私はタコライスをチョイス。
カフェブルーリーブス (14)

出されたのがこちらです。タコミートとレタスがたっぷり。温泉玉子も乗せられていて、これらを混ぜて食べます。スパイスは押さえてあって大人しい味のタコライスでした。
カフェブルーリーブス (12)

一緒に行った人が頼んだのは、グリーンカレーと、
カフェブルーリーブス (11)

喫茶店の鉄板ナポリタン。喫茶店の鉄板ナポリタンは名古屋の喫茶店で出されるタイプの熱々鉄板に溶き卵を敷いた上に乗せられていました。
カフェブルーリーブス (13)

ちなみに、タコライスやグリーンカレーのご飯は玄米ご飯。

よく噛んで食べましたが、さすがにA+Bのボリュームが多かったので、私は少し残してしまいました。すみません。
カフェブルーリーブス (15)

あと、ランチにはこちらのスープも付いてきます。

AとB、両方セットで食べると、男の私でも食べきれませんでしたが、ヘルシーでセットの料理も色々選べてお得感もあるので、やはり両方頼むことをおすすめしますね。ご馳走様でした。

カフェブルーリーブス
 cafe BLUE LEAVES
富山県富山市萩原552-1
 アクアマリーンマンション1F
TEL 090-2830-1151
11:00~15:00
日曜・祝日休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福井で食事をするときは蕎麦のお店を選択することが多くなります。

しかし今回、たまには違った路線で選んでみることにしました。
ログハウス バロック

福井市にあります「ログハウス バロック」は、その名の通りログハウス作りのカフェ(喫茶店)です。
ログハウス バロック (3)

中も山小屋にいるような空間で、木の温もりを感じる空間です。

ここは喫茶店ですが、ランチも人気なのです。また、一杯一杯ハンドドリップで淹れてくれるコーヒーが美味しいことで知られています。
ログハウス バロック (2)

食事メニューはこんな感じです。

この中ではドリアが美味しいということでしたが、この日は台風の影響で暑さがぶり返した日で、さすがにドリアは…、と思い、入口に掲げられていた日替わりメニューのランチサービス(11:30~14:00で土・日・祝は除く)を頼むことにしました。
ログハウス バロック (9)

この日はチーズハンバーグ。コーヒー付で1,080円(税込)、なしの場合は831円(税込)です。

出されたのがこちら。サラダとキュウリとオクラの和え物が添えられていました。
ログハウス バロック (6)

チーズハンバーグはデミグラスソースがたっぷりかけられていて、とろ~り溶けたチーズとも相まって濃厚な味に。ご飯がすすみそうです。
ログハウス バロック (7)

切ると中はこんな感じです。

ライスとスープが付いてきます。ライスのボリュームは見た目よりは多かったです。

食後は私はアイスコーヒーを頼みました。
ログハウス バロック (8)

いつもコーヒーはホットもアイスも砂糖(シロップ)やミルクなど何も入れずにブラックで飲むのですが、こちらには濃いアイスコーヒーでしたね。

831円(税込)でお腹も満足。味の面も蛮族。プラス249円(税込)で美味しいコーヒーも付いてくるということで、コスパ的にも満足なお店でした。ご馳走様でした。

ログハウス バロック
福井県福井市成和1-2402
TEL 0776-23-4445
9:00~21:00(L.O.20:30)
第1木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日は珍しい台湾茶のお店を紹介します。

台湾茶は、元々は中国茶として大陸から来たお茶ですが、時間と共に独自の発展をしてきています。

中国茶といえば、小松のイオンモール新小松の近くに、私のブログでも紹介したことがある「清華茶荘」というお店がありますが、台湾茶を含めて石川県ではまだまだ珍しいと思います。

今回、能美市辰口の山間に今年4月にオープンした「茶藝館 茶楽(チャゲイカンチャラク)」に行ってきました。
茶楽

最初ネットで知って場所を調べましたが、こんなに山の中に入ったところにお店などあるのかと思いました。
茶楽 (2)

小松から車で30分強。かなり山の中に入ったところにある集落です。今年の大雪のときは2mほど雪が積もったそうです。
茶楽 (12)

築101年の古民家をご夫婦?お二人で一年かけて改築していますが、買った時は建物はだいぶ傷んでいて色々な獣が家に住みついていたようです。
茶楽 (6)

改装中、ハクビシンが夜になると帰ってきたと、ご主人が話されていました。 

台湾に7年間だったか住んでいたようですが、その時の経験がお店をオープンすることに生かされているようです。お話によると、仕事で「乾杯!」を繰り返していたら体を悪くして、それを台湾茶が治してくれたのが、台湾茶のお店を始めるきっかけになったとか?

そうしてご夫婦で中国茶のお店をオープンしたとのこと。昔の田舎の民家の造りで自然に囲まれたくつろげる空間でした。
茶楽 (20)

さて台湾茶は、半発酵されたものが多く、青茶、つまりは烏龍茶なのです。東方美人や凍頂烏龍茶などが有名ですね。
茶楽 (35)
茶楽 (10)

「茶藝館 茶楽」では多くの種類の台湾茶を揃えていました。
茶楽 (9)

我々はメニューの中から、お店お薦めの烏龍茶1種類と蒸し物4種盛りが付いている「飲茶セット(税込972円)」を頼むことにしました。
茶楽 (16)

セットにはベーシックなお茶「四季春茶」が付いていましたが、せっかくなので+100円の差額を出して妻のを「東方美人茶」に変えてもらいました。色々な種類を楽しみたいですからね。
茶楽 (18)

「四季春茶」は約30%発酵(ご主人は出してくれたのは32%ほどだと話されていました)の一般的な青茶なのだそうで、最初はご覧のように薄い色をしていますが、杯を重ねるほど香りと味の深みが増してきました。
茶楽 (29)

小さなお猪口のような「飲杯(いんはい)」で飲むのですが、10杯くらいは入れられるということでした。
茶楽 (33)

一方、「東方美人茶」のほうは60%以上の発酵で、紅茶に近い風味。利尿効果が高くダイエット効果があるので美人茶という名が付けられているのですね。
茶楽 (25)

セットには、こちらの点心が4種類付いてきます。
茶楽 (23)

そして何故かお茶請けとしてお漬物。
茶楽 (31)

この点心だけだとランチのボリュームとしては足りなかったので、追加で「中華豚ちまき2個(税込432円)」と、
茶楽 (28)

「手作り蒸し餃子3個(税込378円)」、
茶楽 (22)

さらには烏竜茶との相性バツグンとメニューに書かれていた「米ナスの田楽(税込324円)をお願いしました。

どれも本格派の味で美味しかったですが、特に皮から手作りの「手作り蒸し餃子」と味わい深い台湾茶の相性はバツグンでした!
茶楽 (34)

あとさらにデザートとして「手作り杏仁豆腐(税込270円)」も頼みました。プルンとした食感が良かったです・

我々は、なんだかんだ追加で頼んだら一人1,700円以上かかってしまいました。しかし、この値段でも満足度は高かったですよ。

ランチとして利用する場合は、前日までの予約で飲茶コースというのがあるので、そちらにした方がお得だと思います。

色々な中国茶をこれからも楽しみにいきたいのですが、少し遠いのがたまにキズでしょうか……?ご馳走様でした。

茶藝館 茶楽(チャゲイカンチャラク)
石川県能美市坪野町ホ1
TEL 090-4680-4645
11:00~20:30(夜は要予約)
火曜・水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

軽井沢といえば星野リゾートの総本山があります。

私は今の社長の星野佳路氏のお父さま(先代の星野嘉助氏)とは何度かお会いしてお話も色々お聞きしたことがあります。懐かしいです。

星野家は代々「嘉助」という名前を引き継いでいましたが、星野佳路氏はその名を継いでいません。いまは「星のや 軽井沢」のメインダイニングにその名を留めています。

星野リゾートは、中軽井沢に多くの観光施設やブライダル関係の施設が持っています。言ってみれば一大リゾート地と言っても過言ではありません。
ハルニレテラス (7)

この「ハルニレテラス」もそれらの施設の一つで、中軽井沢を流れる湯川沿いの森の一角に2009年7月11日に開業しています。
ハルニレテラス (5)

施設の設計は東 環境・建築研究所の東 利恵さん。星野リゾートの色々な施設を設計されているかたです。

我々がちょうど中軽井沢に到着したとたんにゲリラ豪雨がきて、少し雨宿りを兼ねてお茶しに入ることにしました。
ハルニレテラス

軽井沢の自然に囲まれた、とてもいい環境の中ウッドデッキが敷かれて、その道沿いに色々な店舗が並んでいます。家具やインテリア、衣料品、飲食店など見てまわるだけで楽しいです。

この日は、突然の雨ということもあったかもしれませんが、何せお盆のお休みのど真ん中!だいぶは「ハルニレテラス」内は混雑していました。どのお店も順番待ちの列が出来ているほどでした。
丸山珈琲 (10)

さて我々が入ったお店は「丸山珈琲 ハルニレテラス店」。丸山珈琲といえばフレンチプレスで淹れるオイリーなコーヒーが美味しいことで知られています。
丸山珈琲 (11)

こちらのお店も混雑していましたが、10分ほど待って席に座ることが出来ました。
丸山珈琲

ここは丸山珈琲で唯一の「Books&CAFE」となっていて、本を眺めながらゆったりとくつろいで過ごすことが出来るのです。もちろん、本は買うこともできます。

温かいコーヒーもいいのですが、レンタサイクルで坂道を上ってきたので、やはり冷たい飲み物が欲しくなって、私はエスプレッソのアイスラテ(596円)を頼みます。
丸山珈琲 (9)

ほど良い苦みと甘みのバランスがいいアイスラテでした。

妻のほうは「アイス・ゲイシャブレンド」という変わった名前のアイスコーヒーを頼んでいました。これはメニューに書かれていた内容をそのまま書くと「ピーチ、オレンジ、ライチの風味と花の香り。軽やかな舌触りと透明感のある味わい。」というアイスコーヒー用に2種類の銘柄のゲイシャ種をブレンドしたものなのだそうです。
丸山珈琲 (8)

夏季限定で802円。書かれていたような味だったのかはわかりませんでした。^^;

飲み終わってしばらくしたら雨も上がり、次の目的地にレンタサイクルで無事移動しました。ご馳走様でした。

丸山珈琲 ハルニレテラス店
長野県北佐久郡軽井沢町長倉星野2145-5
 ハルニレテラス内
TEL 0267-31-0553
8:00~20:00(~9/30)
夏季は7:30開店
9:00~19:00(10/1~)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回、軽井沢に行って訪れたかったお店の一つが、今日紹介する「離山房」です。
離山房 (15)

少しミーハーですが、ここは、今は亡き元ビートルズのジョン・レノンが、軽井沢滞在中によく訪れていたところなのです。
離山房 (4)

私が中学生になって洋楽を聴きだしたころビートルズは既に解散していましたが、熱狂的なファンではありませんでしたが、やはり偉大なグループであり、特にジョン・レノンの神秘的な雰囲気やメロディラインが好きでした。

さて、ジョン・レノンがよく訪れたという「離山房」。軽井沢での主要な観光地からは少し離れたところにあります。

ちなみに今のお店のオーナーは創業時の方ではないそうで、「離山房」というお店の名前の名付け親は作家の水上勉氏です。

名前の通り、市街地から離れた本当に森の中にあって、軽井沢でもまだ静寂な環境が残る場所。ジョン・レノンもそんな静かな環境が好きだったのかもしれません。
離山房 (5)

お盆休みの期間中だったので、最初さぞかし混んでいるのだろうと思っていましたが、レンタサイクルでお店の前を通ったら駐車場にも車が一台止まっていて、お店の中も空いていたのがわかったので入ってみることにしました。
離山房 (12)

店内にはジョン・レノンと家族の写真が飾られています。そして中は、木のぬくもりを感じる空間でした。
離山房 (11)

我々はお店の中ではなくテラス席に座ります。この席はちょうど暑くもなく寒くもない気温でした。レノン一家はこのテラス席をいつも利用していました。目の前は緑一色。空気も澄んでいて凛としています。
離山房 (6)

その緑の中に一軒の東屋(あづまや)があり、こちらでジョン・レノンはよくお昼寝をしていたそうですよ。
離山房 (3)

メニューはこんな感じです。

我々はレノン一家がよく飲んでいたという、開店以来の定番であるブルーベリージュースを飲むことを決めていたのでそれを一つ。
離山房 (8)

ブルーベリージュースは、ナチュラルな優しい味でした、
離山房 (9)

もう一つはアイスコーヒーです。こちらはなかなかの深煎りの味でした。

ビートルズやジョン・レノンのファンの間では聖地と言われるお店のようで、短い時間でしたが、ジョン・レノンになったような気分にさせてくれたひと時でした。ファンならずとも訪れる価値があるところだと思います。ご馳走様でした。

離山房(りざんぼう)
長野県北佐久郡軽井沢町長倉820-96
TEL 0267-46-0184
10:00~17:00
(8月は9:00~17:00)
冬季休業(12月から3月)
水曜休
(臨時休業の場合あり)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ